「情緒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 情緒とは

2018-11-13

今日も女は愚痴エッセイ

どういう顔して描いてんのやろこういうの

2018-11-11

小学生の頃、感情を抑えきれないワガママで暴れん坊だった。
結果、孤立した。

中学生になると、それに加えてエゴ自尊心肥大化した。ついでに体も。
当たり前だがイジめられて嫌われた。

高校生になった頃に、同郷がほとんどいない高校に進学し、ウェイ化した。
同時に自分からふざけることで笑いを取って結果的に好かれる(様に見えるだけだろうが)人間を目指した。ついでに運動部で鍛えて体を絞った。
小中の嫌われぶりが嘘みたいになった。でもピエロを演じ続けるハメになった。

大学に入ってからもしばらくそ路線で頑張った。が、結局抑えきれないエゴ道化師の振る舞いを求められる風潮に我慢できず、色々あって友人を失った。
情緒不安定メンヘラクソ野郎と化したが故に、不健康ガリガリになった。

仕事をしている。身の丈に合わないピエロ役も、感情を暴れさせるアンタッチャブルも、自分を苦しめるだけなので、自分を守るために得た手段感情表現を極力減らす事だった。
当然だが硬い人間と言われた。これなら嫌われない。もちろん好かれもしないけど、またやらかして失うぐらいなら最初からいないほうがいい。
体型はガリガリのままだ。

後輩に「ロボットみたいな人」と言われた。前の自分ならきっと怒り散らしてたかもしれないのに、何も感じなかった。驚くほど穏やかだった。

俺の正解はこれだったんだろうか。失敗して得られた答えと見て良いのだろうか。

2018-11-07

増田民なす問題

日本国民が一億五千万くらい居ても平日昼間に増田書いてるニート極めて少なく、同一個体の息吸う不見識が5~10箇所くらいで昭和レベルの(ラフィング・)ストック意見開陳しており、三箇所くらいで鏡を立てて直視させてやるとあからさまに情緒不安定になって物理的に暴れだすのでそれはそれで面白いのだが、人は一回しか死なないので面白くないといえば面白くなくもあり、従って増田民少なす問題が呈される。

まあ不見識自己責任なのだが…

2018-11-03

あなたにとって異国はどこですか?

異国っていいよね。でもアメリカとか中国はなんか異国っぽくない。都市部の印象が強いせいかな。イメージと違う。

東南アジアとか、ベネチアとか、どことなファンタジー的な要素を含んでいるところが自分には適切かなあ。

サバンナとか、アマゾンとかはまた違うんだよなあ。文明色が強くないからかなあ。自然が強すぎるのもダメなんだと思う。

カナダカナダはどうかなあ。水力発電と壮大な山々。でもなんか違うなあ。やっぱり異国って情緒あふれていてほしい。

トルコはなんか異国っぽい。サウジアラビアは逆にだめな気がするなあ。

国の名前だとあんまりよくないのかもしれないなあ。地域名や地方都市なんかだと、より異国っぽい感じが出るのかもしれない。

これって、日本以外の国の人はどんな答えになるんだろう。

2018-10-31

共感リベラル論理保守

韓国徴用工の個人賠償請求問題論理的に考えた場合は、「個人請求権消滅してないが、その請求先は韓国政府のみであり、日本対象とした請求日韓基本条約において最終的に終了している。これを反古にするとは、日韓基本条約の破棄に相当する行為等価とみなされてしかるべきである」以外の解答は出てこないはず、ではあるんだけど、リベラル方面論調は「かつて韓国人に負担を強いたことに対する被害者感情清算が済んでいない証左だ。個人賠償権は消失してないのだから日本はあえて韓国が納得するまで謝罪すべきである」というようなものが多い。

こうした、意味不明に思えるリベラル論調を分かりやす表現すると、被害者に対する共感や同情と怜悧に突き放す日本対応への反感のみがあって、いかにも情緒的な考え方が大事にされていて、正しさは重要ではない事が分かる。保守ネトウヨ界隈で、こうした「共感」と「正しさへの反発」は、受け入れられない。保守界隈は現実主義者自称する人が多いだけに、法的根拠客観的事実を筆頭にした、曖昧さを認めない冷たさがある。

様々なニュースについてるブコメの平均的な傾向として、共感リベラル論理保守って傾向は強い。もちろん、例外はあるでしょうが


保守リベラルもの道理が分からないバカと罵っても、感情が収まらないリベラル理屈には共感するはずがない。韓国人可愛そうと、韓国人は間違っている、の間に議論は成立しない。感情的な女性と、理性的男性との間で齟齬が起きたときの様なもので、理屈くそもない駄々こねで譲歩を引き出してきた韓国リベラルだけど、徴用問題では客観的根拠が明確なだけに決して日本の譲歩は引き出せないだろう。

個人としては他人共感できる事は好ましい事だけど、共感政治問題社会問題にまで延長してしまう事はどうなんだろうね。社会論理的であるほうが正常だ。

anond:20181031131030

女性の言うことじゃなくてもソースなければ信用に値しないが。

被害妄想はいいかソースだせや

情緒に逃げてんじゃねーよ

センター試験国語論理学っぽくなるらしい

いいことじゃね

文学大好きなら趣味でやればいいし文学で学べることはどっちかというと思想

情緒たっぷりな人が科学やっても批判的思考できないし

まあ全体的に変わるとしたら急すぎてアホだし

大門丸々1個をそれにして論説とかも残す感じに軟着陸させろよとは思う

2018-10-29

何で国語の授業って文学エッセイばかりなの?

契約書の読み方を学校で教えたら文学が消えますぞー日本が滅びますぞーとか言ってる人いるけど、ちょっとやそっと他の授業入れたぐらいじゃ押し出しきれないぐらいに今の国語教育って文学一色でしょ。

文学エッセイポエム1その他1 ぐらいの割合じゃない?

俺の曖昧記憶に過ぎないし、こんな増田のためにわざわざ国語教科書子供から借りたり立ち読みしてまで割合統計を取る気にもならないけどさ(ブログネタに困ってる人はちょっと調べてくれると皆喜ぶんじゃねーかな)

本当になんでここまで文学文学になっているのかが俺は不思議でならないよ。

国語力ってのはいろんな所で関係してくるわけで、それを教えるための手段アンバランスな物になっているのは非常によろしくない。

情緒的な表現抽象化について一度も学んだことがない人間を作れというわけではなくて、そういったことばかり学ばせて国語力は完璧だぜって世に送り出すのはどうなのかって話だ。

そこに極論を持ち出すような人間国語力は本当に不安だし、こんな奴ばかりになるんだから学校文学を教える量を減らして論理的国語力を鍛えやがれって方向に話を持ってきそうになるけど、それじゃ同じ穴の狢になるからここは大人対応をとって放置だ。

というわけで彼らの脳みそがどうなっているのかは置いといて、国語教育がなんでこんなに文学に偏っているのかについて我々は一度真剣に話し合うべきなんじゃないかってことだよ。

2018-10-20

キズナアイ批判三人衆でラーメン三銃士のコラ作ってほしい


浮世絵アイコンの「わたし感覚が公の感覚。薙ぎ払え→腐ってやがる。早すぎたんだ」の即オチコマおばさんを含めて四天王のコラでもいいよ

2018-10-18

セフレへの片想いをやめた

10月18日。1年以上好きだった人を諦めた。諦めると言えば大そうに聞こえるが、1ミリ希望もない恋だった。

好きでいることをやめる。この1年と4か月、どれだけ冷たい態度をとられても、数少ない友人たちに口をそろえて諭されても、検討すらしなかった選択肢今日自分で選んだ。

好きな人がいた。顔を見た瞬間一目ぼれだった。誰が見てもわかるくらいに整っていた。バンドが好きないまどきの若者だった。

特別可愛いわけでもスタイルいいわけでもない私は、ものの数日で目も当てられないくらい夢中になってあっという間にフラれた。好意プライドもズタボロになって、しばらくは抜け殻みたいだった。一人でいたくなくて、マッチングアプリで知り合った男の子と頻繁に会っていた。彼は、その中の一人だった。

好きだった人と同じ髪型だったかLIKEして、マッチして、しょうもないやりとりをして、初めて会ったとき「ああハズレだな」と思った。タイプじゃなかった。背丈は私と同じくらいで、髪は写真よりもずっと短かった。

「どこか行きますか?」と聞いてもめんどくさそうな声で「どうしましょうね」と返ってきた。待ち合わせ場所でしばらくグズグズしていたけれど、ようやく入ったファミレスで彼はずっと携帯を触っていた。気を遣って話しかけるとようやく液晶から顔を上げる。眠そうな目がこちらを向くのも少し怖かった。

私が「ハズレ」だと思ったように、彼も私を「ハズレ」だと判断したのだろう、と自分を納得させた。ドリンクバーデザートのみの会計は彼が払ってくれたけれど、それくらい自分で払いたかった。

いざ帰るとなったとき、彼は駅のホームまで送ってくれた。自分が乗る反対方面の電車が行ってしまっても、私が乗る電車が来るまで隣で待っていた。乗り込んだ電車が発車するまで見送り、すぐに「気を付けておかえり、また会おうね」とLINEをくれた。

これは「ハズレ」だとは思われていない?しばらく様子を伺いながら連絡を続けたけれど、彼のLINEは会う前と変わらず好意的で、なんなら会う前よりも少しくだけたように思えた。

「変わった人だなあ」が第一印象だった。

その後は以前よりも親しげに、日常的なこともLINEで話すようになった。なんとなくレスしていただけだったけれど、次に会うのが少し楽しみになった。

2回目に会ったときにはもう夏も間近で、2人でかき氷を食べた。くすりとも笑わずに、淡々と話をする彼は、言葉選びから仕草視線の移し方に至るまで私のこれまで知る男の子とは違っていて面白かった。彼は、一通り二股にはげむ友人のクズエピソードを話し終えたあと、最後に残った餡子に向かって「もう1つくらい白玉入ってると思ったのに…」と小さく悪態をついていた。

それからは急速に仲良くなっていったように思う。そう思いたい私の記憶いかもしれないが、7月に入るころには、無愛想な受け答えやつまらなそうな振る舞いに悪気はなく、それが彼の癖のようなものだとわかるようになっていた。「今日はどうしようか」と聞けば相変わらず「どうしようね、決めて」とめんどくさそうな返事が戻って来たけれど、「いつも私が決めるんだけど?」と軽口を返すことができた。彼に興味があった。見ていて飽きなかった。別れ際はいももう少し一緒にいたかった。でもその感情好奇心とよく似ていて、私はまだ自分の恋心が動きつつあることに気づかなかった。

ホテル映画見ようよ」と誘ったのは私だった。彼は一度断ったけれど、不機嫌な私の態度を見てか、「いいよ、行こう」と言い直した。何度も「たぶん俺すぐ寝るよ」と言っていたのに無視をした。私が選んだ映画再生して、眠そうな彼を何度か起こして、エンドロール流れるころには深夜2時を回っていた。彼は髪を撫でたり、頬を触ることはあってもそれ以上のことはしなかった。「ここまできてキスしないんだね」とけしかけたのも私だった。彼は「そういうこと言わなくていいから」と言った。私たちは付き合う前にセックスをした。

それ以降、泊まりが増えた。元々向こうのバイト終わりに会うことが多かったから、時間を気にしなくていいのは嬉しかった。お金に多少ルーズな彼と会うために、ホテル代は私が多めに出すことが多かった。

このころには、「彼のことを好きになれそうだ」と思い始めていた。まだ失恋を引きずっていたし、次に依存できる恋愛を見つけたかっただけかもしれない。

それでも男女の関係にありながら、普通に「この間会った男の子がね、」なんて彼に話していたし、彼はそれを興味なさそうに聞いていた。

彼はたまに、らしくない、思わせぶりなことを言った。「他の男の人の話されるの好きじゃない」と言ってみたり、「俺のあとに他の人に会いに行くって俺は気分良くないよ」と言ってみたり。失恋自尊心を損なった私にはそれがとても気持ち良かった。ある土曜日、私は他の男の子との約束をやめて彼とホテルに泊まった。彼と会う前に少し嫌なことがあって、本当に本当に馬鹿だと思うけれど、抗不安薬オーバードーズした。視界がぐらぐら揺れて、手足がしびれるような感覚がしていた。彼は私の腰を抱いて「馬鹿じゃないの」と叱ってくれた。嬉しかった。どうしようもない女だと思う。そこから記憶は途切れて、次のシーンはホテルのベッド。「他の男のところに行かせなくてよかった」そう言われて抱きしめられて、私はいとも簡単に恋に落ちた。あるいは、いとも簡単に落ちていた恋に気づいてしまった。

そこからはまた、一瞬だった。失恋を忘れたい、新たな恋愛依存したいという気持ちが、このしょうもない恋愛アクセルをかけた。踏み込んだら思った以上に加速した。告白をしたらもう止まれなかった。

「フるわけじゃないけど、今は付き合えない」

保留にされて、少し冷静になって、「あれ、ブレーキのかけ方知らないや」って気が付いたときにはもう遅かった。7月中旬には、彼を好きでいることが私のアイデンティティになっていた。どうして付き合ってくれないの?「もう好きに寄ってるよ」って言ってくれたのは嘘だったの?告白を保留にされていた期間は不安心臓が千切れそうだった。幼稚な私はそれをそのまま彼に伝えて、彼は「わかるよ」とだけ言って肝心なことはいつもはぐらかした。それでも、どれだけ不安でも寂しくても辛くても悲しくても、このころが人生で一番幸せだった。

はいつまで経っても告白の返事をくれなかった。

告白からひと月がすぎ、彼の返信は少しずつ遅くなっていった。「会いたい」といえば「忙しい」と言われた。

「好きでいることは迷惑ですか?」と聞いたことがある。彼は「これまたクズって言われると思うんだけど」と前置きをして、「好きでいてほしい」と言った。

8月14日お盆休みの4日目。ようやく彼と約束を取り付けた。朝10から連絡を取って、会えたのは18時。喫茶店他愛もない話をしながらお茶をして20時には彼は駅のホームまで私を送って行った。「まだ一緒にいたい」というと「もう充分でしょ」と笑い、「充分に見える?」というと「俺はもう充分だから帰るよ」と返された。

ホテル行こうよ」と誘ったのは私だった。彼は初めて誘ったあのときよりもずっとめんどくさそうな顔をして嫌だと言った。「これが最後から」と腕を引っ張ると、「だったらお茶してまた会えた方がいいんだけど」と小さく言っていたけれど、すぐ「ホテル代タダならいいよ」と言い直した。ホテルを出た帰り道、彼は駅の階段の前で「じゃあ元気で」と言い、私の顔を見ると「また泣くじゃん、泣く前に帰ってね」と冷たく言い放って手を振った。ひとりホームまで歩いて電車に乗り、方面を間違えたことに気づいたら我慢できずに泣けてきた。

それでもこの頃の私は、この恋がこれまでしてきた恋と何一つ変わらないと思っていたし、こんな気持ちもまたひと月すれば忘れられると思っていた。

すぐに彼氏ができた。すごく優しい人だった。私に好きな人がいることも知ったうえで、「僕のことを好きにさせます」と言ってくれた。一緒にいれば楽しかったし、だんだん惹かれ

ていったのは確かだった。

でもデートをして、車で送ってもらい、別れ際にキスをして部屋に戻ると見るのは好きな人SNSで、ただでさえ不安定気味な私の情緒さらに揺れて、そう長くは続かなかった。

「好きだけどもう疲れた」と言われたとき、「やっぱり私には好きな人しかいないんだ」なんて馬鹿たことを思った。

そこからまたひと月、ふた月と過ぎて、気持ちは一向に変わらず。最後だと言っておきながら彼に連絡をしては、無視をされたり冷たい言葉で返されるような日々が続いた。毎日毎日彼のことだけを考えた。いつしか私の生活は会うこともできない一人の男の子のためにあると思うようになった。SNSを盗み見るのが習慣になり、彼の友人に彼の写真をもらったり、彼の好きなものを調べては行きそうな場所待ち伏せをした。

彼が手に入るなら何もいらなかったし、彼が手に入らないのなら生きている意味がなかった。それでも私が明日を生きるのは、明日返信が来るかもしれないから。数年先の未来には、彼の隣で私が笑っているかもしれないから。

彼は最後の日から今日にいたるまで、2回だけ、気まぐれに私に会ってくれた。

2月17日、たった1時間ちょっと時間だったけれど、本当にこれまで頑張って生きていてよかったと思った。渡したバレンタインチョコにお返しはなかったけれど、おいしいと言ってくれただけで嬉しかった。

2回目は、そこからまた4ヶ月。1年前、まだ仲が良かったころにも遊んだ6月17日。二人でウィンドウショッピングをした。人がごった返す渋谷駅で、私には彼だけが輝いて見えていた。彼は優しかった。面倒なセフレに対する態度ではなく、親しくない友人にするように。どんどん距離は離れて、それでも私は何も変わらず彼が好きだった。

10月16日。彼のSNSひとつに鍵がついた。もうひとつSNSでは落ち込んでいるような旨の投稿をしていた。彼の友人から、私との出会いきっかけでもあるマッチングアプリを消したときいた。「真面目に生きる」のだそうだ。彼女ができたのだと思った。ついに恐れていた日が来てしまったと思った。

息がすえなくて抗不安薬をたくさん飲んだ。「もう薬たくさん飲んだりしちゃだめだよ」ってあの日優しく言ってくれた彼がちらついてあるだけ飲んだ。気絶するみたいに眠りについて、気がついたら15時間が経っていた。彼女かあ。彼女いいなあ。可愛い子なんだろうな。こんな惨めな女がいることなんて知りもせず、当たり前のように彼と手を繋ぎキスをして、セックスをするんだろうな。

悲しくて悲しくて、だけど好きな気持ちは変わらなかった。好きで好きで好きで好きで、笑った顔を思い出しては、彼がその彼女と楽しそうに過ごしているといいと思ったり、すぐに別れてほしいと思ったり、どうか幸せになってほしいと思ったり、殺してやると思ったりしていた。

これから私は彼女持ちの男に不毛な恋をしていくんだなあ、とぼんやり思っていた。

ただそんなことを考えながら泣いているだけで、丸1日が経った。

彼のSNSには相変わらず鍵がついていたけれど、祝福のコメントひとつでも読んでやろうと彼あてのメッセージ検索した。涙も枯れて、何を見ようとこれ以上悲しいことなんてないと思った。でもこれが、彼を諦めるきっかけになった。

好きな人には、彼女はできていなかった。

「両想いだと思っていた女性から連絡が来ず、傷心している」といった内容のことを彼の友人が茶化して書いていた。投稿に添付された写真には、大好きな彼が写っていた。やっぱり世界中の誰よりもかっこいいと思った。でも私の知らない横顔だった。私の好きな彼じゃなかった。

喉の奥がきゅっと詰まるような感覚がした。虚しくて、寂しくて、吐き気がして何度もえずいて、信じられないような気持ちで見返しても写真は変わらず切なげな表情の私の知らない好きな人だった。

好きな人が、私を好きにならないことにはとっくに諦めがついていた。でも私以外の誰かを好きになる好きな人は見たくなかった。私がどうやっても手に入らない彼の好意が、無下にされていることも虚しかった。私は誰かを好きだと思う彼を知らない。彼の事を知らない。これまで散々私と恋愛をする彼の妄想も私に愛をささやく彼の夢も見てきたけれど、現実の「恋をする彼」は、あまりに遠くて、遠くて、遠くて。もう潮時だと思った。大好きだけどもう好きでいてはいけないのだとようやく気が付いた。

彼の写真を消した。何度も見返したLINEも消した。

SNSももう見ないと決めて、一番そばにいてくれた友人と姉に「諦める」と連絡をした。

私の人生で一番大きな恋が終わった。はたから見れば遊ばれたメンヘラ女の、惨めで愚かなよくある話だと思う。

今はどうしたらいいのかわからない。たった1年と数か月でも、もう彼は私の生活だった。彼に出会う前に何を思い何を考えて生きていたのかわからない。死にたくはない。

やめた方がいいのだとたくさんの人に言われたし、諦めたと言えば「頑張ったね」「よかったね」と大切な人が喜んでくれた。これは進歩なのだと思う。本当にできるのかもわからないけれど、彼を忘れることは喜ばしいことなのだ。私が彼を好きでいることは誰にとっても悪いことのようだったから。でも今はまだそれが悲しい。こうして、何度も思い返すうちにすりきれてしまったような曖昧な昔の記憶を引っ張り出しては誰にも言えない心情とともに匿名日記にするくらいには悲しい。

本当に本当のことを言えば、これは備忘録だ。忘れることを強いられた私の最後の逃げ道だ。たとえ叶わなくても、私は君にずっと好きでいさせてほしかった。毎日がすごく苦しくて悲しくて幸せだった。君は迷惑だったかな。好きになってごめんなさい。ずっと好きでいてごめんなさい。気まぐれに言っただけの「好きでいてほしい」を一年以上も信じてごめんね。君は優しくてかっこよくて面白くて愛おしい、最高の男の子から絶対絶対絶対幸せになってね。

2018-10-16

ときおり増田に来るたびに喧嘩売られまくるんだがホント増田の連中情緒不安定すぎるでしょ。そんな短気でまともに生活できてんのかね。

anond:20181015214429

端的に言えば「やさぐれ大人」のアイコン

しろ「吸ってて当たり前」の時代ではなくなったことで

「なぜ吸っているのか」という背景を想像させるようになって情緒は増しているような。

2018-10-15

描写アイテムとしてのタバコ意味の分からなさ

タバコと言う存在が、「自分は吸わないが他人が吸ってる」と言う日常普通過ぎたので、創作タバコと言うアイテム特別感を持って使っているor特別感情をいだく人の感覚が良く分からない

自分では吸わないので、「嗜好品としての興味」はない。

しか個人的には、箸を使うのを見るよりも、タバコを吸っているのをみた回数の方が多い。それぐらい普遍的ものだ。

例えば小説でも漫画でも箸を使ってる様子を描いて、そうそ特別感は出ないように、創作タバコを吸っているのを見ても何の感慨もない。

タバコに何の情緒成分があるのか良く分からない。

それが少し寂しい。

 

まあ、それとは別の話になるが、これからタバコを吸う人が少なくなっていって、私とは別の意味タバコ情緒を感じない人が増えていくんだろう。

最近イラストなどで定番ブルマには興奮しなくて、育った時に見ていたショートパンツの方が興奮する若者が増えているそうだ。

それと同じように、タバコ自体意味不明さを感じていく世代も増えていくんだろうか。

それはそれで寂しい話かもしれない。

2018-10-13

anond:20180925051542

どうしてもコメントしたくて登録した。

あんまり自分の持っているそれと似ていたから。

状況は似ているところもあれば全然違うところもある。私は自分感情をここまで言葉にできていない。しようとはしているけど。ぴったりな言葉を見つけたかと思ってフォロワー0のTwitterに書き留める。すると数日後にはそれはまったく見当違いに思えてくる。

から、"そんなふうに散らかった情緒自分の力できれいに整理することは難しく、彼女のことを「嫌いだ」と疎もうとする強い感情が、私にはもっとも手近で易しい感情に思えた。"が、とても、馴染む。

"負けたくない" よくわかる。本当にわかっているかは分からないけれども。勝ちたい、勝ちたい、勝ちたい。何が勝ちなのかわからないが、相手から認められることはたしかに勝ちだし、その逆は負けだと感じる。

"そんなに嫌なら見なければいいのに…と呆れる(あるいは唾棄する)意見一般的で、健康的" そのとおりで、自身に何度もそう言い聞かせていたけど、ままならない。

一緒に戦っているよ、は言い過ぎだと思うけど、すこしそれに似た気持ちです。

2018-10-08

週末の家族旅行の予定を出発後の当日になってから教えてくる彼氏にわりときれてたけど、よく考えたら私たち二人の間には共有していないことが多すぎる。

もう5年も付き合っているのに。

私は相手家族のことを知らないし、相手も私の家族情報ほとんど持っていない。

どうして私がいまの道を選んだか、その理由も、背景となる過去も彼は知らない。

恐らく私が彼について知らないこともたくさんある。

私たちの間にあるのは「今の二人」の情緒的・性的な満足だけだ。

家族旅行の件で私がきれているのは、余計な邪魔が入ったように感じたからなんだろう。

整理終了。

2018-10-05

妊娠したらお金ゴリゴリ減る

妊娠で首切られたんだけどさ〜(社長からやめるように説得→社長の言いなりの部長嫌がらせつわりストレス相手するのが辛くなりやめた)

まじお金がなくなってやばい。弟の借金100万立て替えて普通貯金が半分以下になったところに健康保険年金市民税がわーっときやばい

出産で、一時金引いても10万以上足が出るのが確定済み。赤子に問題があって処置したらさらに50万プラスもあるんだってうぇーい

市内で出産できる病院は3つしかいから安いところに行くなんてのもできない。そもそも旦那実家から圧力病院決まったから選びようがなかった。

やばい文章にしたら不安で泣きそうになってきた。

冷静になろう。これはきっと妊娠のせいで情緒不安定になっているのだ。

ここ数日、明らかに何かのホルモンが分泌されているな、という感覚がする。ふわーっとして少し体温が上がるのだ。きっとこれの影響だ。

私には定期預金もあるじゃないか。解約すればまだ持つ。

旦那?奴に金などない。月収は高い保険通信料登録した何かの月額、アマゾン定期購入と買い食いで消えている。

借金が無くて犯罪を犯さず、親戚がまともで一緒にいて楽な人間を選んだ。お金最初からあてにしていない。

そうだ、自分にかかるお金自分でなんとかすると決めて結婚したのだ。

そのためにお金だって貯めてきた。借金の立て替えは完全に予定外でオレは悪くねぇし!もっと申し訳なさそうにして媚びろやコラ!!

そうだー!!!私はまだ戦えるぞーーー!!うわーーーー!!

よし、定期解約しよ。

育児って

経験いから思っただけなんだけど、物理的な育児もっと社会大勢シェアした方がいいんじゃないか。

だって一人の人間を生まれから20歳まで面倒みるのめちゃくちゃ大変じゃん。親だって一人の人間で、別に完成してるわけでもないのにさ。

子どもには変わらない安全基地必要。だから、親は情緒的なケアだけを中心にすればいいのでは。

物理ケアにパワーをとられて疲弊するあまり情緒ケアをできないケースとかもありそう。互いにしんどいよね。

もっと地域とかで物理分散できたらいいのにね。もちろん、情緒的な拠り所は多けりゃ多いほど良いしさ。

って、いい大人なのに、自分物理情緒ケアも満足にできない未完成大人として思う。近所の大人として、地域の子ども見守りたいな、くらいの気持ちはある。

追記

過去どんなふうに分散してたのか、実感としてよくわからないよな。

がっつり関わる余裕はないが、子ども食堂への支援はいいな。すごくいい。親が毎食、栄養ある食事を作らなきゃならないって、冷静に考えたら無理。子ども食堂に出資して、時々食べに行って、ついでに宿題教える、とか。もちろん安全面の配慮はいる。あと思いつくのはスポーツ支援

働きすぎで生活おざなり大人だって栄養運動を補える場が欲しい。退職後の老人は言わずもがな。うまく出資ボランティアを巻き込んで、全年齢的に使える場所を作れないもんかね

2018-10-03

anond:20181003192023

増田だけど、そもそも職種違いすぎて焦りとか感じないわ

それにスキルレベルはどうあれ、会社批判愚痴は実際言ってるけど、そういうつもりじゃないって、情緒不安定

最大限に良い方向に解釈って事かな?

anond:20180914205746

遅くなったごめん。

なんとなくだけど、同僚氏、増田を好きなのはそうだと思うけど、読んだだけだと精神的優位に立っているつもりがある感じする。肩抱き寄せるとか、そんなんしたら嫌われちゃうかもみたいなマインドの男にはできないよ。

なし判定してるんなら、(まだ話してないなら)少なくとも片想いしてることは話しちゃった方がいいかもね。それでもワンチャン狙いにくるようだったら増田のことより自分欲求大事にしてるということだよね。

ただ、恋愛なんて初めはだいたいそんな感じで始まって、そのあとに相手のことをよく知っていく中で持続可能関係なら持続するし、ダメなら解消するというのが多いのかなとも思う。確率的にはそのほうが、しっくりくる相手が見つかりやすそうかも。

増田距離感が独特なのはなんとなく想像つく。コミュニケーション情緒的というか、行間で語る部分が多くて、言語だけでなく滲み出る雰囲気とかが含む情報量が大きい方だなって印象ある。

素っ気ない態度とか、ちょっとしたトゲとかに敏感で、それを回避するためにちょっと愛想よくしすぎてしまうとかもあるかな…?

それで勘違いされたり、スキがあるように見えたりということもあるかなと思う。やり捨て男に狙われやすいかも知れないから気をつけてほしい。

一方で、ほかの人にはなかなか見せない弱ってるところをさらけ出せる相手というのも貴重だと思うし、ちゃんと受け止めてくれるんだったらそういう人と付き合うのも幸せなのかもしれない。

2018-10-02

東京工業大学学費値上げ騒動と立看板について

2015年学士課程入学文系教養に乏しいとされる世代から2016年度以降の文系教養に明るい素晴らしい学生たちへ

教養

私は君たちが豊かな文系教養科目を受講できていることを羨ましく思う。

自分たちまでの世代文系教養科目というと、オーソドックスで最高の座学か、“学士しかないのに都の西北教授になった金髪胡散臭いインターネット昔話”くらいしかなかった。

ああ、悪魔祓いの話をしてくれるオタク蔑視クレイジージャーニーもいた。

彼は文化人類学が専門らしいが、弊学のオタクたちの情緒理解できなかったのかな。

あれほどまでに他者と向き合ってきた学者オタクとなると未成熟なヒトとしか捉えられないらしい。

自分石川台人間なので彼が今どうしているかは知らない。

立看

さて2016年以降入学聡明学生諸氏においては、最近の立看板張り紙など学費値上げに関連した様々な活動を展開されているようで大いに結構である

しか2016年以降入学学生リベラルアーツ教育無限教養を手に入れているというのは自分の誤解であったのか、もしくはあの素晴らしいリベラルアーツ教育ではあまり社会学に触れる機会がなかったのか、はっきりとはわからないが、ここはひとつ景観」という概念について述べたい。

景観

学生諸氏が知らないのはNHKニュースおじさんが教えてくれなかったのが悪いのだが、「景観」というのは社会的に共有される財産の一つである

景観とは誰もが参加しうる実体に関わる価値であるために、スワンボートまことちゃんハウス批判されていたのだ。

そもそも大学キャンパスというのは実際には難しい公共的な立場にある。

完全に公共に開かれた場所ではなく、指定国立大学法人管理する土地である

しかしその法人性質上、ある程度まで公共に開かれて地域に貢献することが望ましい。

また近隣住民銀杏を拾っているだけで烈火のごとく怒り出す理学部教授と、自転車走行禁止区域の傘さし子連れ自転車マダム調停するのも大学法人責任ではないかと思うが、その問題自体はここでは無関係である

大学

ここで大学キャンパスには上記のような公共性が求められているということがわかるだろうか。

まり学内から地域社会とは独立である、もしく国立大学なので自由市民が利用できる、という言説はどちらも間違っていて、端的に不寛容価値観だと言わざるを得ない。

このような状況の中で「景観」について考えると、大学の中にあってもその景観破壊することが何を意味するのか。

社会

景観社会的な共有財であることは先に述べた。

ここから明らかなように、景観破壊することはそれを共有する全ての人々の財産破壊しているということになる。

もちろん大学キャンパスの中では大学許可があれば自由看板を建てられるし、百年記念館の素晴らしい扉にポエムを書きつけることだってできる。

しかしそのような行為によって景観破壊することは高等教育を受けているような知性の持ち主に要求される倫理において当然許されることではない。

そもそもあの立看板無許可であったのだが、それは今回述べたこととはあまり関係ない上に、この大学学生による自治概念絶望的に欠落していることと文化的京都大学を経由していることによって私の語りうるところではない。

ちなみに社会工学科の人は、川喜田二郎によって弊学の学生運動が懐柔させられたという噂の真偽をコメントしてほしい。

環境

話が脱線したが、大学において求められる景観について十分に説明できただろうか。

私は景観とは都市的な文脈の中で位置付けられるものであると考えており、そのため京都大学に立看板を立てることを問題視する立場にはない。

この大学景観を良いとは言えないが周辺の住宅地は幾分マシな方である

主張

端的に言おう。

景観破壊するのはやめてほしい。

特に百年記念館の扉にダサいポエムを貼ったり、80周年記念館の壁に「ここは80周年記念館です」などと意味不明のダサい案内を貼るのはやめてほしい。

ダサさが問題なのではない。

それがどれだけ格好良くとも、周囲と調和が取れておらず景観破壊しているのが問題なのである

施設管理課の人間がどれほどの教育を受けた人間なのかは知る由もないが、おおよそ高等教育を受けた人間のすべきことではないので中卒だと思う。

大衆

意図せず大学批判になってしまったが、この日記目的2016年以降入学聡明学生景観について考えてほしいということである

実はポピュラリティ問題なのかもしれない。

今や街にアニメキャラクターの巨大な広告があってもそれほど問題にはならなくなったことや秋葉原ではそもそも問題ではなかったことを思い出してほしい。

教育

大学教育というものについてよく理解できていない人間が多いようだが、大学教育を受ける機会を与えるのみである

「〜を教えてくれないのはおかしい」や「〜を教えるな」など批判にもならないような意味をなさなヒステリーtwitterに書き殴るのも本当はやめたほうがいい。

そもそも現在行われているようなリベラルアーツ教育意味をなしていないのは学生教養が足りていないかである

高等学校までで教わるような基礎的な知識をロクに覚えてもいないから、議論をしても無が展開されるのみであるのだ。

文系科目を雑に批判して自らの無教養を醜く晒すのではなく高校教科書などを読むとよろしいかと思う。

かにクレイジージャーニーNHKニュースおじさんの施策は最悪だが、大学という場所自分勉強することができる場所でもある。

皆さんは優秀なので、必修の文系科目など適当にこなすくらいでちょうどいいのではないか

2018-10-01

精神障害者の「加害行為」をどこまで社会が許容すべきなの?

精神病者の疑いがあるコンビニ店員子供に怒声を浴びせて子供が怖がり傷ついて帰ってきたという話。

http://b.hatena.ne.jp/entry/blogos.com/article/328188/


はてブでは当然建前論しか出てこないだろうから増田ならではの身も蓋もない心の闇をオープンにしてみようと思うのだが、

まあ言いたいことは表題のとおりだ。

今回の例では被害妄想症っぽい人の怒声という加害行為だったが、

ネットスラングで言うところのパワー系知障のレイプ等の性的加害行為なども当然あるわけで。

まあそういうと差別偏見だ、健常者だってレイプするっていう奴出てくると思うけど、

情緒的に抑制の効かない症状が発症する」っていう点を無視されると困るんだよね。

コンビニ店員だってそういう症状のある人だって分かってれば多少は心構えもできるだろうけれど、

見た目わからいからね。

まあ名札とかで障害ありってことがわかるようにしろなんて話したらそれこそ怒涛の差別許さん!という声が出てくるだろうけれど、

見た目で分からなければ健常者として接するのがデフォルトなわけで、

健常者だと思ってたら異常な反応をされた時「あ、精神的に困難なお方なのかもしれないな」なんて菩薩のような反応しろってのはあまりにも建前論すぎる。

meganeya3 こういう「ワーストコンタクト」を一般人に乗り越えろっての、知的マッチョすぎだろ

というブコメが指摘しているとおり。

例えば視覚障害者白杖持ってるから視覚障害とわかるので、

その人の白杖が私の足を小突いたとしてもまあ仕方ないと理解派できる(それでもムッとはする)。

それに建前論で菩薩っぽいこと言ってるようなはてな民の中でも、

精神障害定義を巡って言い争いが起こってる。

molytack id:niam 素人統合失調症風邪みたいに言わないで。遺伝の影響は相当大きく、一卵性双生児50%が2人とも発症し二卵性は17%。抗精神病薬で症状は抑えられるが、薬をやめればほぼ再発するため治癒ではなく寛解という。

niam 私は善意で多少正確性に欠けても統合失調症が広く知られた方がよいと思いましたがid:molytackから抗議されました.ここをみて統合失調症を知るはずだった方に,id:molytackさんが責任を持って正確な知識をお伝え下さい.

建前論を振りかざしてる人々にしてはあまりにもおそまつ子供のような喧嘩口調の言い争いが起きる始末なわけで。

「正確な理解」なんぞ建前論者の中でもコンセンサスは得られないというこの現状。

少なくとも、精神障害だろうとなんだろうと人を傷つけるような行為をしたなら、それはちゃん批判しなきゃダメだろ。

障害者だから割り引けってのも、障害者としての扱い(見た目でわかる、ちゃん治療通院をしている)ことを前提としてありえるべきで、

障害者側が何の対処もしないで社会にだけ過剰な負担押し付けたら、

必ず強烈なバックラッシュが起きるぜ。

建前で綺麗事言えば言うほど、本音の心の闇は蓄積し、巨大な爆発で社会に四散することになるだろう。


追記

何かブクマ付いたんで。

アレは難しかった、ってそりゃ難しい話だろうよ。

それをどうするのかって話。

ダメものダメ批判するのも難しいのなら、

見て見ぬふりするのか、加害を受けても我慢しろというのか、

それともそういう意見表明するリスクを避けて被害者泣き寝入り強要するのか、

っていう選択肢になるよね。

難しいって言うなら、

精神障害者の加害行為理解して受け入れて我慢する」が最も難しいって話よ。

まあ分かってて無視してる奴らも大勢いるんだろうけど。

ってこういうこというと

精神障害者を叩いて済ませてる増田簡単でいいよな」って逆ギレする奴も必ず出てくるが、

難しい問題から逃げて批判者を叩いてオシマイにするのも同じくらい簡単からいいよね、と今のうちに言っとくわ。

所詮精神障害者の問題真正から向き合うなんてムリって結論になりそうだな。


さら追記

koenjilala氏のように「どうしようもない」とちゃん現実を見て無理なものは無理、と堂々と宣言する方がずっと誠実だわ

croissant2003氏のコメも沁みる

Arecolleみたいな偽善者には吐き気を催す

2018-09-30

anond:20180930110944

君が自分で言ってるように情緒不安定で、こういう話題無駄に噛み付くほど気にしているように見受けられるから「みんな揃って」勧めるんじゃないかな?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん