「情緒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 情緒とは

2019-04-22

最後のサビの前の、切ないパートが好き

音楽は詳しくないけど、曲って大体下記みたいなパートだよね

1:イントロ

2:1番

3:1番のサビ

4:2番

5:2番のサビ

6:間奏

7:切ないパート ★ここが好き

8:最後のサビ

最後のサビに入る前の盛り上がり部分というか、

ちょっと切なくて精神的な弱さ みたいなもの垣間見れるのが情緒があって好きだ。

ストーリー性があって、RPGでいうとラスボス戦前の夜みたいな、今までの旅を振り替えって心の整理をすると同時に、勇気を振り絞って覚悟を決める感じ。

わかる?

2019-04-20

anond:20190420173709

その視点自体客観性による。

普通選挙とか男女雇用機会均等法は、フェミニズムが正しいと思う。

ただし、「文科省証言」によって、「医学部合格のしやすさ」なる根拠不明統計を以て、強者に対して配慮しろ、というのは間違っているし、それは学問ではない。

ていうかあの数字って2018年だけのものなんだよ?(ハフポストの謎記事http://rochejacmonmo.hatenablog.com/entry/2018/08/12/021856

しか合格やすさってたぶん、男子合格者数/学力に対する女子合格者数/学力で出すんだけど(だから文科省の「男女の学力差はない」という表現必要だった。男女に学力差があれば、別に1.00を超えるのは当たり前になる。)、これがなあ…どうやってその文科省の人は受験者の学力を調べたんですかねぇ…?それが学問なんですかねぇ…?

「男女に学力差はない」っていう「仮説」は、当然(政治的に)正しいから、提出されるのは当然だと思うよ。でもそれを研究する?どうやって?研究して結果男性の方が論理的空間把握力が高く、女性の方が情緒的だ、という結果を東大入試に反映させるの?社会的弱者との面接グループワークでも取り入れてみる?

2019-04-16

anond:20190416213841

ずるいといってもあんたも平凡な家庭ではあるでしょ

ガチャを恨むなら↓こんな家に生まれから恨むべき

梶川美由紀仮名)は、軽度の知的障害を持って生まれた。IQは60台。背が低く、ふわーとした雰囲気で、何も考えずに相槌だけを打っている女性だ。

両親の意向小学校中学校普通学級で学んだが、中学時代いじめにあったため、卒業後は特別支援学校高等部入学した。その後、障害者を多く受け入れているクリーニング店で働きはじめた。

由紀が13歳年上の谷亮(仮名)と知り合ったのは、その職場でのことだった。亮は自閉症わずらっていた。2人は家が近所だったことと、趣味ゲームが同じだったことで、お互いの家を出入りするようになり、やがて恋に落ちた。

結婚が決まったのは、出会ってから5年目のことだ。美由紀妊娠したのである。当初は両家の親が話し合って、中絶することも考えたが、本人たちがどうしても生んで結婚をしたいと言い張ったので、認めることにしたのだ。

まれたのは、女の子だった。2人は子供が1歳になってからアパートを借りて暮らしはじめる。だが、すぐに壁にぶつかった。美由紀離乳食づくりやおむつ替えを毎日続けて行うことができないのだ。

夫の亮もそうだった。彼は極度の潔癖症だったこともあって、よだれを垂らしたり、お漏らしをしたりする赤ん坊を触ることができない。

そこで美由紀の両親が毎日アパートに来て、赤ん坊の世話をすることになった。離乳食をつくり、お風呂に入れ、オムツを変える。熱を出した時は駆けつけて病院へ連れて行った。育児のすべてを両親が代わりに行ったのである

こうした生活は長くは続かなかった。娘が2歳になって間もなく、美由紀父親脳梗塞で倒れてしまったのだ。半身が麻痺して1人でトイレすら行けなくなった。母親は夫の介護と、孫の世話を同時にすることになる。

この状態が、母親の心をすり減らした。間もなく母親うつ病わずらい、2年後に自宅で自殺をしてしまった。

母親を失った美由紀は、保育園に通う娘の育児を1人でしなければならなくなった。

生活は立ち行かなくなった。美由紀は懸命に育児をしているつもりでも、保育園の送り迎えを忘れてしまったり、ご飯を何日も食べさせなかったりしてしまったのだ。本人も無自覚なところで、育児放棄が起きてしまったのである

夫の亮にも大きな負担がかかった。美由紀子育てをできないことから、亮が代わりにしなければならないことが増え、情緒不安定になっていったのだ。亮は娘を害虫のように嫌うようになり、時折パニックを起こして暴れたり、美由紀や娘に手を上げるようになったりした。

家庭の状態にいち早く気がついたのが、保育園だった。娘が通園しなくなったばかりか、連絡も取れないようになり、市に通報したのである職員家庭訪問に訪れた時、娘はやせ細り、全身が垢だらけになって、しゃべることさえできなかった。美由紀DVによって全治2週間の怪我を負っていた。

その後、勤め先の上司などが間に入って2人は離婚することになった。亮に子育ては無理だという判断もあったのだろう。美由紀は娘を連れて母子生活支援施設に入居することになった。

母子生活支援施設にいる間、職員が家庭の世話をしてくれた。美由紀も支えてもらうことで少しずつ精神の安定を取りもどしてきた。

そんな中で、美由紀は新たな恋をする。ビデオレンタル店で、精神疾患を抱えた男性と知り合ったのである男性無職。親が所有するアパート一人暮らしをしており、美由紀は娘を職員に預けてそこへ通い詰めるようになった。

ある日、職員が美由紀お腹が大きくなりはじめているのに気がついた。病院へ連れて行ったところ、妊娠が発覚した。どうするのかと問われ、美由紀は答えた。

「産む。彼と結婚する」

何を言っても意志を曲げることはなかった。そして、施設には黙って、精神疾患を抱えた男性と何も言わずに籍を入れてしまったのである

夫婦となった2人が望む限り、結婚を妨げることはできない。だが、母子生活支援施設には夫婦で入ることは許されていない。母子のみでの入居が条件なのだ。とりあえず、施設の側は美由紀がお産を終えるまでは面倒を見ることにした。

数ヵ月後、美由紀は第2子となる女の子出産した。ここで想定しなかったことが起こる。第2子の赤ん坊ダウン症であることがわかったのだ。

知的障害を持った母親が、精神疾患を抱える無職男性結婚して2児、しかも1人はダウン症の子を育てるのは難しい。

職員たちは何度も美由紀への説得を試み、ダウン症の第2子を乳児院へ預けさせることにした。

ある知的障害もつ女性が抱える、恋と育児にまつわる様々な問題

育てられない母親たち④

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52673

2019-04-11

母親が閉経して更年期症状も落ち着いて

「これまで女性ホルモンの周期にどれだけ思考や気分をメチャクチャにされていたかわかった」と言い出したんだけど、

娘の私には生理が来ているので比較ができない。そういえば、初経の前のほうが「情緒不安定」というものが無かったような気がしないでもない。

閉経したはてなユーザーの方、いらっしゃいますか。実感はどうですか。

同じく閉経した母を持つ娘の方、閉経した妻を持つ夫の方から見た客観的な様子でも良いです。

2019-04-10

お金

実際のところ、お金がたくさんある人は精神的にも余裕があって優しい場合が多いし、逆に貧乏な人は情緒不安定で常にイライラしていたりネガティブを周りに振りまいている人が多いよね

でもお金持ちは意地悪く汚く描かれたり表現されたりするのに対して、貧乏人は優しくて心優しいキャラとして扱われることが多いよね

なんで?嫉妬

(以下、記事への反応を見ての更新)

書き忘れましたがこれは生まれながらにしてお金を持っている、裕福な家庭に生まれた人とそうでない人という話であって貧乏から成りあがった金持ちの話をしてるんじゃありません。すいません

2019-04-09

娘への授乳がやっと終わった

男親だから正確には粉ミルクサーブ母親のそれに比べると大変さは全く及ばないんだけど、その有り様を見てこれは授乳だと妻は言っていた。

産後、妻の母乳の出がよくなく娘も飲むのが下手で、上の子が完全母乳で妻に負担が集中したのもあってミルクを飲ませ始めるとすぐに母乳は終わり完全ミルクになった。

当初負担シェアはしつつも特に夜中の対応積極的に請け負ってたら、ほどなくして娘は俺が入れたミルクしか飲まなくなった。夜泣きに対して妻がミルクをあげようとしても酷く泣くだけで飲まない。おまけに娘は俺がミルクを作る最中俺に抱っこしてもらわなければ怒るようになった。それなのに代わりに妻が作ることも許さない。乳児期を過ぎても毎晩2〜3回はサーブした。

これが2年半続き、ようやく先日断ミルした。

飲んで帰った夜中に一向に起きない俺を娘が大泣きしながら揺り起こそうとしてたことも何度かあったが、まあ全体を通じて及第点対応はしたはずだ。

今なら授乳を頑張った母親がその苦労に意味付けをしたくなる気持ちがわかる気がする。周囲からやって当然と思われて褒められることもない中、子供健康的になったり情緒がより安定したりとプラスの影響を与えたと思うことでこの苦労が報われたと思いたい。

有り難いことに俺の頑張りが報われて娘は健康だし肥満気味でもないし、情緒は安定してて感情は豊かだ。授乳によって俺と娘の親密性もこの上なく高まっている。うちの場合シリコン乳首を通じてだけど。

世のお母さん方はもっと苦労してると思うし(少なくとも母乳対応の人は酒飲めないし)、誰に言いたいわけでもないけどやりきった達成感はやはりあるのでここに書かせてください。

里帰り出産が終わった

泣くほどさみしい。

死すら願うほどに。

命すら生み出したいほどに。

出産のため、3ヶ月ほど実家に世話になった。

臨月を過ごし、無事出産。そして床上げ、実家から自宅へ帰った。新幹線でも数時間距離

実家の父母とは仲も良く、みんなで旅行に行くような関係性で、今回の里帰りもとても楽しく過ごし存分に甘えさせてもらった。

可愛い我が子と、喧嘩もするが大好きな両親と、日々の暮らし幸せだった。

30代にもなったのに大人になりきれないのだろうか。両親と離れるのが死ぬほど辛い。

旦那と暮らせないことよりも実家を離れるほうが断然寂しい。誰にも言えないが、旦那が迎えに来る日は本当に嫌で嫌でしかたなくて、事故にでも合ってくれたらまたこのまま実家で暮らせるのにと本気で考えたし、今でもその思いは、脳の引き出しの割りとよく使う棚にきちんとしまわれている。

さらに寂しさに拍車をかける事実として

今回の出産子供は2人目。

3人目は考えていないし、万が一出来たとしても、長く里帰りすることなどは到底無理だろう。上の子には学校もあるし、ヤンチャな時期の子供を2人も抱えて里帰りすることの気苦労を想像するだけで胃が痛くなる。

数年前の話だが、1人目の里帰り終了時も例に漏れず、帰宅後は1ヶ月ほど毎朝泣いていた。

朝起きたら母がいて父がいて、おはようと声をかけて、ニュース番組ツッコミを入れながら朝ごはんを食べる。そんな和やかな時間は失われた。

旦那は早朝に仕事に出かけてしまうため、言葉の通じない赤子と二人きり、誰の声もしない朝を迎えるたびに涙が溢れた。

でもその時はまだ未来に夢があった。

「2人目を産む時はまた帰れる」

愛しい葬儀屋に会うために、身内を殺す女の話を思いだす。

しかし今回は、もうその夢はない。

産後ホルモンバランスがこれでもかと崩れる。毛は抜け、肌は荒れ、情緒ゼリーで出来たジェンガのように脆い。

この辛く寂しい気持ちも、そのホルモンバランス悪戯だとわかっている。現に1人目を産んだ時は寂しさを少しずつ忘れることができたし、旦那子供の3人暮らしを楽しく過ごせていた。

でも今、今、

この瞬間に死ぬほど寂しいのだ。

殺したいくらい辛いのだ。

怖い夢を見て、母のベッドに潜り込む我が子のように、寂しさから逃げて実家屋根の下で安心したい。母のぬくもりに包まれて再び眠りにつける我が子が羨ましい。

今、結婚する前にタイムスリップすることが出来たなら、全力で止めるだろう。

さみしいつらい。

さみしい、つらい。

現実にこんな話をする子持ちのおばさんがいたら皆引くだろう。しかも涙まで流し、世間的にも私から見ても「出来た旦那」の命すら惜しまないと語るのは異常だ。匿名しか吐露できないこの気持ちを、文字に起こすことで少しでも捨てたかった。(が、実家への慕情確認し募らせる行為しかならなかった。)

人間は忘れていく生き物だし、あと1ヶ月も経ってホルモンバランス落ち着けばこの気持ちも緩和されるだろう。

でも私はきっと思い出す。

旦那運転する車の後部座席

流れる晴れた空を見つめながら

かにいたことを。

あの暮らしが、両親と過ごした時間

幸せだったことを。

孫のおむつを替える母の手を

眠る孫を見つめる父の横顔を。

孫と大人気ない喧嘩をする母の声を

孫と手を繋いでコンビニへ行く父の背を。

今後、子供が成長する節目のたびに

夜に布団の中でそっと泣くだろう。

入学式を終えたその足で、ランドセルを背負った孫を見せに行きたかった、などと思うのだろう。

さみしいつらい。

さみしい、つらい。

遠距離でも、両親が揃って元気に生きているだけ幸せなんだと自分に言い聞かせている。

次に会える日を指折り数えて待っている。

私が思う最良の人生を夢見ている。

2019-04-08

anond:20190408001020

情緒とか感情とか勘」が差別言い訳になると思ってるの?

俺は女性専用差別だと言い切れるし、もやもやしてるのはこういう差別差別とも認めようとしない奴だよ

anond:20190408000442

元増田です。

いか、それ以上に強いもの情緒とか感情とか勘とか別の何か)があるから答えにくいんじゃないんでしょうか?

女性限定○○が差別でないと言い切れないモヤモヤした何かの核心がそこにあるのではないでしょうか?

別にこのFC店長さんを糾弾したり責めたりしたいわけじゃないんです。

そこに何があるのかを知りたいんです。

2019-04-07

anond:20190407201918

何でもかんでもというのは語弊があったし、

指摘の点については、あなたの言う通りだと思います

私は、女性専用車両のような利用者安全に関わるものは一旦おいといて、

必ずしもそうでない女性専用デーとか女性専用メニュー男女差別だと思いますが、おそらく日本ではそれが男女差別に当たらないとする声が圧倒的だと思います

なのに、それらが男女差別ではないとする明快な論理的理由を私は知りません。

これは情緒的なもの雰囲気場の空気で決まってないでしょうか?

ゲーセン未亡人

自由ゲーセンが閉店してしばらく経った。体感的にはもう結構経った。

寂しいのはそうだし、単純に自分が通える範囲内ではあそこの台が一番よかったから、他店でのプレイにまだ慣れない。が、なくなってしまったものは仕方ない。

通っていたゲーセンが閉店するのは二度目だ。高校生の時は凄く悲しんだ。ゲーセンのあった建物自体がなくなったし、今も多分更地だったはずだ。今回は悲しいというより、寂しかった。受け取る人間情緒の発達か。

さて、自由ゲーセンが無くなって、多くの人は他のゲーセン移民した。私がライバル登録している女性もその一人だ。いつか声をかけたい、かけたかった人だ。その人を先日他のゲーセンで見かけた。

結果から言えば、声をかけることはできなかった。これからも二度とそんなことはできないだろうと思った。

プレイが終わって隣の待ち椅子に座ってくる彼女に、何も話せなかった。前のゲーセンならまだ、気持ち悪がられても彼女はここに戻ってくるだろう、そんな気がしていた。でも今は違う。何かヘマをしたら二度と彼女に会えない気がした。だから声をかけられなかった。

よくよく文章に起こしてみるとだいぶ気持ち悪いなこれ。(なお私の性別は♀でした)

2019-03-29

anond:20190329215019

更年期障害情緒不安定なのでしょう

てか中年の方がヒステリーも多いし、おばさんの方が泣かないはずって認識おかしくね

2019-03-22

anond:20190320210053

子育て向いてないから君は。

さっさと然るべきところに子供渡してね。

子供情緒に影響が出るね確実に。

虐待よりひどい。

社会不適合限界夢女はオタク彼氏三次)を両立できるのか

はてな投稿

多分私の友人知人の範囲に私の複雑な心境を真剣問題と受け止めてくれる人はいないだろう。(正確に言えばひとりだけいたがそのひとりが今問題人物であるから相談するわけにもいかない)

しかしこの広いネットの海なら共感批判どちらかはさておき真剣問題理解してくれる誰かがいるのではないだろうかと思い投稿してみることにした。

半年ほど前に小学生の頃から10年位1キャラの夢女をし続けてきた大学生(私)(19)に三次(同級生)の彼氏ができた。

優しくて情緒不安定世間から見たら奇妙な言動が多いらしい私に寛容、すぐ疑いがちな私でも不安なく穏やかに過ごせるくらいの愛情をくれて友人も多く優秀で、運動部、異性からアプローチもそこそこ受けてきたらしいどうして私と付き合っているのかよくわからない所謂ハイスペック。私が長年夢女子をしていることもよく知っていて理解を示してくれている。

出会いというか付き合うに至る経緯は彼が私のオタク活動や夢活動に対する愚痴をひたすら聞いてくれていたことだと思う。

私は基本無関心故に温厚にみられがちだが自分の関心のある分野に関しては日に数回単位でキレるタイプの心の狭い面倒くさいオタクだ。

しかし夢女子としてネット上で活動する際には(人によってスタンスは違うだろうが私の場合自分キャラカップリング推してくれる人(所謂固定)を獲得したかたか炎上絶対に避けたかったしスタンスの合わない夢女子にも媚び売りというと大げさかもしれないが♡を送ったりリプを送ったりしていた。(彼は人気が高かったから気を抜くと他担夢女子の彼の固定がわたしでなくなってしまう)

そんな生活をしていると推し推し作品は好きでも正直ネット上での活動は基本楽しくないどころかストレスが溜まる一方だった。しかネット上に吐き出すと万一のことがあった際に面倒であるため私は界隈と無関係かつ文字に残らない状態愚痴が言える場所を求めた。しかしそこでは基本的二次元ガチ恋をすることそのもの理解が得られず愚痴を吐き出しても消化不良になりがちだった。そしてそもそも根が面倒くさい性格をした、推し以外への関心が薄く人間関係を築いてもすぐ壊したくなり、休日は家に引きこもりたい連絡無粋には(一般には理解が得難い)愚痴をひたすら聞いてくれるような友人はいなかった。(

しかし彼はずっと話を聞いてくれるうえにそこに(多分)理解を示してくれていたため界隈で嫌なことがあっても話せば気持ちが落ち着いた。そしてまた何かあると愚痴っていた。(最低)

そのうちほかの話もするようになって気が付いたら彼氏になっていた。

ただ、あれから半年ほど経っても未だにこのまま付き合っていてもいいのだろうかという思いが拭えない。

正直長い間ずっと夢見た二次の彼は今でも誰よりもかっこいいと思う。尊敬できるところもたくさんある。恋愛感情ほとんどなくなった(と信じたい)が元々推し恋人関係であることが苦手?で恋人というより崇める(しか恋愛感情はある)オタクだったため推し、執着、尊敬…etx諸々の感情は以前ほどでないにしろ界隈でオタクとみなされるには十分すぎるほど残っている。一番彼に熱を上げていた頃ほどほかの誰かに愛情を注げるかはまだわからない。しかし今は全力を注ぐことはできていない。

どちらにも全力を注ぎきれない宙ぶらりんのまま付き合っていてもいいのだろうかと思ってしまう。

そもそも私が一番理解できなかった夢女子は「彼氏旦那、(好きな人)がいる夢女」と「複数夢女」だった。(あと「二次元ならありのまま自分を受け入れてくれる♡」とかいう夢女も理解できないが今回の話とは特に関係ないので割愛

愛(狂気?)を注いでも注いでも無反応(ブラインド商法のグッズで推しを引いたりはするけど)で、フィアンセと言いながらも結局自称であるから常に不安が付きまとって、そもそも会えなくて、話したことがないどころか見たこともないといえばない。そんな不安定な中でもほかに目移りしないで浮気しないでアプローチも断って、一途に推しの夢女をしていたらもしかしたらいつか…って思ったりもしていた。

少なくともその過程で心や脳が蝕まれて可笑しくなって、そのうち幻覚かなにかで会えるんじゃないかくらいには思っていたし、だからいっそ自分自分の脳の働きを正常じゃなくそうみたいなこともちょっとしたりしていた。それに彼がいるのに次元違いとはいえ他がいるというのは彼が二次元存在であることを自分自身が認めてしまことなのではないかとも思っていた。二次元浮気し放題とかいう奴らは大嫌いだった。

からそれをしていた上記の夢女達は私には理解不能だった。

しかし今私はまさにその一番理解できない夢女になった。

そして三次の彼に対してもこんな不良品なうえに中途半端な私と付き合っている時間から早く解放していい人を見つけたほうがいいんじゃないかって思う。

上記のように悩むことはあるとはいえ毎日不安定で泣いたりキレたりしつづけていたころに比べると私の精神状態は断然良い。

付き合う前にいろいろいっていたことや私の顔に出やすから想像するに恐らく彼はある程度上記のことも察しているだろうし(おそらくその上で)

私を逃したら私のような子と付き合うどころか知りあいになることさえできないだろうからいつまでも待っている、みたいなことも言ってくれている。

初めて見た種類の人間らしい。彼に限らずよく言われる。

(確かにいかいかはさておき珍種ではあるよね… いや珍しいだけで特にそれ以外に価値はないけどね?しか恋人に珍しさ要る??)

でも別れたいかと言われると個人的には別れたくない。

そもそもこの良すぎる彼氏に対してもこんなに悶々とする程度には彼氏ができるということに抵抗があったタイプ(僻みでも強がりでもなく恋人がほしいという感情理解できなかった)にも関わらず一緒にいたいと思ったから付き合うという申し出を受け入れたわけだから正直に言えば相当好き。

ただ未だに推しを見るとなんだか罪悪感が湧いて複雑な気持ちになったりもするし彼に対しても罪悪感が湧くときはある。

でも長年ずっと大好きだった推しはいつまでも大好き。

から本当は(恋愛感情で)彼氏が好きで、罪悪感なく楽しい気持ち推しに対してオタ活したい。

推しオタクは一生やめたくないしやめられない。ただ見るたびに沸く罪悪感がなくなってほしい。

我儘だとは思うけど、推しを見たときの罪悪感、なくならないかなあ。

推しを見ているのは楽しいけどね、ふとした時に罪悪感が頭をよぎったりするよね。

それに今がしあわせだけど私のキャパは決まっているか推し人生を全振りできないのはすこし淋しいよね。

人生全部賭けて推します!!!みたいな若くて熱のあったオタクだったころが懐かしいくなったりもする。

夢女としてではなく一オタクとしてならまた(以前ほどとはいかなくても)オタクできるんじゃないかなあと思ったりもするし解決したい。

2019-03-21

恋愛人生における必修科目。

私はまだ未履修。

しかし、私は恋愛していないことについて私を褒めたい。人を好きになったことがないというのは意外とすごいことなのだ。

私は顔が良くないし、善い人間ではないし、異性とも喋らないので恋人ができる要素というのは皆無である

まあなので喋ってしまったら好きになることもあるかもしれない。気を引きしめていきたい。

人を好きになりたくない。

人を好きになるとはどういう感情なのか。まだその経験がない私には怖くてしょうがない。

世の中の人間は恋人ができると大体変わる。偉そうに恋愛の話をしてきたり、恋愛してない人に恋愛はすべきだという価値観押し付けてくる。

これはかなり怖い。大体同じような経験をしても、感じることは人それぞれなのに、恋愛に関しては皆ぼんやり恋愛はした方がいいという共通認識を持って恋愛という体験を終えるのである。これは全くもって謎。

進化過程で得た生まれときから備わってるシステムか何かなのかな。

もちろんそんなことをしない人も多くいる。私の尊敬する人は言わない。

しかし、恋愛をすべきとはいったいどういうことなのか。なぜ恋愛はいことなのか。

気づいたときから思案しているが、恋愛したことないので結局わからない。

大体他人を好きになるとはなんだ。

ずっと一緒にいたいと言う。なら友人でいいではないか

独占したいと言う。なぜ独占したいのかわからない。

肉体的な関係が持ちたいと言う。それはなんとなくわかる。恋人じゃなくてもできるが、それは世間からの風当たりが強い。

他人情緒理解できないのかな。

私は自分他人評価で作りたがるので恋愛をしていないというのは結構痛手だ。やばい人間だとしょっちゅう思われる。

でも人を好きにならない。なるところもないし、なられることもない。世間に流されがちで他人にどう思われるかとても気にする私だけどそこだけは流されなくて偉いと思う。

私は上記の通り、また、これまでの文章からわかる通り、全ての面で善い人間ではないから、人を好きになることで相手が被る迷惑を誰にもかけたことがないのは本当に偉い。褒めたい。これからも一生人を好きにならないでほしい。

私ならできる。一生誰を好きにもならずに一人で2LDKの家にお気に入り家具と本を置いて暮らして死んでほしい。

でもちいさい子は好きだから友人の子どもには会いたいな。と思ったけど私みたいなのに子ども会わせてくれる人はいるかな。

日本語も内容も意味が全くわからないけど楽しかった。

2019-03-20

https://anond.hatelabo.jp/20190319153621

ここ数年のだとローラン・ビネ「HHhH

ナチス第三の男ラインハルトハイドリヒ暗殺作戦をめぐる話。

語り口は情緒的だけど、そうやって泣き言を言いながら容赦ない話を書いていく著者の姿勢がグッときた。

 

ハン・ガン少年が来る」

こっちは韓国光州事件をめぐる話。

著者の感情吐露が後半まで全く出てこないので、HHhHより容赦なさは上だと思う。

読むのも書くのも体力使うし「なんで好き好んでこんな本を」って思いながら進めたけど、本を閉じて「すごいもの読んだ…」としばらく放心した。

 

どっちも近現代の悲痛な出来事を、体力のしっかりしたヒューマニズム作家が追いかけた本。

2019-03-19

かいんだけど積もるストレス

SESでの常駐先の細かいストレス

精神的なもの



技術ポンコツ具合】



非常識的なもの




早く契約期間終わらないかなあ

先日押し入れから初代PSゲームが出てきたのでスマホに取り込んで通勤中にPSエミュでやってみたらソシャゲを全くしなくなった

毎日1〜2時間アズールレーンやFEHをしてたんだが

フロントミッション3が楽しすぎて全く起動しなくなった

オフライン専用で、更に当時のトップクラス企業が作った大作ソフト

解像度テクスチャーであろうと狂気を感じる描き込みは今でも最高に美しく(特にヴァンツァーのススや油汚れの自然さが凄い!)

全くストレスのない戦闘

ストーリー面白い

キャラも立ってる

演出もかっこいい

本気で初代PSが表示できるグラフィック限界を突き詰めようとしたのが感じ取れる


課金アップデートなんて不可能時代ゲームは、1本のゲームいかに楽しませて次回作も買わせるかを焦点に作っているのもあってか

あらゆる面で楽しめるようにストレスを感じさせないように工夫している


情緒的な表現をするなら「魂の入った仕事」とはこういうのを指すのだろう


しばらくソシャゲは起動しないと思う

しかすると二度と起動しないかもしれない

古くてもその当時の全力で作られたゲーム面白さが圧倒的だわ

2019-03-17

同性の後輩が、私のことを好きらしい

タイトルまま、アルバイト先の、同性の、多分お互いバイト先では一番仲がいい人という認識だったであろう同性の後輩が、私の事を、恋愛的な意味で、好きらしい。

らしい、というのは、これが又聞きの話であって、告白されたわけでも、それとなくアプローチされた訳でもないからだ。いや、もしかしたらアプローチはされてたのかもしれない。同性だからと、私がそれを女の子同士のスキンシップしか認識していなかっただけで。

知ったのは、昨日の夜だった。後輩と、何歳か年上の先輩とご飯を食べに行った。

まず、先輩にバイだとカミングアウトされた。別に偏見はなかったし、先輩が「一緒に暮らしてる子」という度に、薄々、彼女さんなんじゃないのかなぁなんて思っていたので、自分の観察眼と勘づきの良さに感動した。

それからしばらくして、後輩が、電話をするからと席を立った。その時だった。

ぶっちゃけ、どう思ってるん?」

「あの子あんたのことほんまに好きやで」

「無理に好きになれとは言わんけど、ちょっと考えてあげてほしい」

「これから先、しんどいことがあった時、拠り所のひとつとして考えてもいいと思う」

怒涛だった。怒涛すぎる。

でも、薄々気付いてないわけではなかった。

仲良くなって2年経った。見た目も、中身も正反対な私達が仲良しなのは、先輩と後輩という関係性だからなんだろうなって思ってた。共通趣味も、話題も、何にもなくて、強いていうなれば学校で学んでいることが少し近いしいけど、ほんとそれぐらいで。

から、なんでこの子は私とこんなに仲良くしてくれるんだろう?って何度も思ったし、その時にまさか、なんて過ぎってしまってはいやいやいや、自意識過剰か?てか女同士だしな、うんうん、なんて思ってた。

思ってたからこそ、なんか、好きにならせない方法はなかったかななんて思ってしまう。

あぁ、もう書けば書くほど申し訳ないっていうか、自分への嫌悪感がすごくなってくる。気付かないうちに、後輩の心を惑わしてしまった。答えられないのに好きにさせてしまった。自覚はないけど。だいたいほんのりでも気付いてたならなにか出来たんじゃないかな。

2ヶ月ぐらい前に元彼と別れ話をしてて、その話を後輩にしている時に、「なんでこの子男の子じゃないんだろう」って思ってた。男の子だったら付き合ってたな~~なんて。もうその時点で答えは出てる。私は彼女の事を、恋愛的な意味で愛せない。女の子同士のスキンシップとして、手を繋いだり、ハグしたりはできても、チューしたり、セックスしたりなんて出来ない。性的欲求があることが=好きには繋がらないけれど、性的欲求がないこと=好きじゃないには繋がるんだなぁって思った。私は女で、恋愛対象は男だ。

もう私の中で答えは出てるし、後輩が行動に移した時の対応だって考えた。

LINE自分から用事がない限りやめようと思った。遊びに行く予定もあるけど、必要以上の接触は避けようと思った。

それに、幸か不幸か、私は春から就職地元を出る。そうなると後輩とは物理的な距離が出来る。出来れば、それで、私への恋心が自然に冷めてくれないかな、なんて、思ってしまう。それか、私が彼氏を作れば諦めてくれるだろうか。

あぁ~~~~もうなんか、頭が未だに混乱してて、情緒不安定すぎる。

後輩は、同性である私のことを恋愛的な好きだと言えるらしい。

でも私は、めちゃくちゃ大好きで、これから一生仲良くしていけるな!って思っていた後輩のことは、同性というそれだけで恋愛的にすきだと言えない。たった性別が同じだけなのに。なんか、すごい、自分が、なに?あさましい?いやしい?言葉が見つからないけど、なんか無理。

恋愛ってほんとに人間関係を壊してしまうんだなって思ってしまった。私は後輩と今まで通りに仲良く出来なくなる覚悟を決めなきゃ行けない。辛い。辛いけど私は男が好きで、変えられない事実。ごめんな。

好きになってくれてありがとうなんて思えない。なんで好きになったの?私はこのままずっと、めちゃくちゃ仲良しな先輩後輩の2人でいたかったよ。ごめんなさい。

こんな最低な人間だと知っていれば、後輩は私のことを好きにならなかったかな。もうわかんないよ。

上司情緒が安定してなくて怖い

ふつうに接してくれることもあるけれど、どうしてそんな言い方するのか?って思うぐらいきつい言い方や嫌な言い方をしてくることがある。言っていること自体理不尽なわけではないけれど、とにかく言い方が理不尽早口で、こんなの常識だよね?こうするのが普通でしょ?という言い方をしてくる。自分の考えを断片的にしか言葉にしないので、言っている意味がわからないことが多い。小型犬ワンワン吠えまくるみたいな話し方。どうしてそういう言い方をするのか、と思うし、こちらが理解できるように言ってほしい。私にだけでなく、他の社員や、下請け会社の人に対しても同じようなきつい態度をとる。ただ、部下のうち数人に対しては、常にふつうに接しているように見えるので、意識しているのかどうかはわからないけど、相手を選んでやっていると思う。自分の仲間かどうか?っていうのがたぶん上司の中にあって、仲間じゃない人間には攻撃的になってしまうんじゃないかと感じる。

上司は、仕事をたくさん抱えすぎていて余裕がなく、常に疲れているし、やること・考えることが多すぎて頭回ってないと思う。上司の心身が心配だし、気の毒だなと思う。知識経験責任感もあって、ふつうコミュニケーションを取ってくれれば、信頼できる、尊敬できる人。彼女もっと落ち着いて仕事ができて、いつも普通にふるまえるような環境になってほしい。人が足りない今の状況だと難しいんだろうな・・・。頭ではそういう事情がわかってても、意味不明なきつい言い方されたり、タイミング相手によって態度が全然違ったりすることが重なると、信用ならないなと思うし、コミュニケーションをとろうという気持ち萎えしまうわ。

一切関わらないようにするということができない相手なので、とりあえず、関わる時にできるだけダメージ受けないようにしたいんだけど、何かコツとかありますか?

2019-03-11

理想配偶者に求める10の条件

1.政治運動をしない。右翼活動左翼活動もしない。反原発運動をしないし、SNS政治的話題シェアしない。

2.自然保護環境保護活動をしない。過度に有機食品自然食品を信奉しない。

3.専門家を信じる。アカデミズムを信じる。

4.美味しそうな話を持ってくる人間詐欺師だと疑ってかかる。

5.特定イデオロギーに接近しないようにする。無意識イデオロギーに染められたら自力脱出できる。

6.理想を追求するよりも現実追従してしぶとく生き延びることを重視する。

7.文化芸術を好む。ただし情緒的に好むだけでなく歴史理論としての興味も持つ。

8.サブカルチャーが好きでもよいがメインカルチャーへの敬意を持っている。メインあってこそのサブカルチャーであると考えている。

9.中高生とき運動部に所属していること。メンタルに傷を負ったとき予後が、肉体的強さではるかに良くなるため。

10.両親の仲、両親との仲がよい。経験則として両親の不仲や離婚、心身的虐待経験した人は、人生パートナーとして支えきれないため。

2019-03-10

春先で情緒不安定になってるだけかもだけど、懐いてくれてた親戚の幼児が前ほど懐いてきてくれなくなったことにかなりショック受けてる

自分でもなんでこの程度で?って不思議に思うくらい気持ちが沈んでる

あと周囲の人間関係について考えては落ち込みまくってる

2019-03-05

会議に出る女性の声が耳に響いてうるさい

私も女なんだけど、同性の声がうるさすぎて耐えられない。

近くで会議をしているのが聞こえることもあるんだけど、

ヒステリック叫びだす一歩手前みたいに、本の少し押すように話すんだよね。キンキン声で。

すごく耳に痛いし、ハラハラするのでやめてほしい。

そして、社外の人にめちゃくちゃキツイ物言いしているのは理解してるんだろうか。

(お願いする立場なのに、それはマズイよ……)

話し方的には、「○○××なんですか!?」って感じ。毎回そう。普通の会話でもそう。

情緒不安定かよって思ってしまう。

私はハスキーボイス。どう足掻いても真似はできない。自分で話をしてても耳が痛くなりそうだし。

うーん。Web会議用のヘッドホンでもしとくか……怒られそうだけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん