「たか」を含む日記 RSS

はてなキーワード: たかとは

2018-10-23

anond:20181022173203

あーオタク達がエマ・ワトソン同級生仕事仲間と付き合ったか上昇婚思考のどうたら言ってたやつか

世界有数の高学歴高収入名声容姿を持つ女が同級生と付き合ってるからだってんだろ

しろ世界女優と付き合った同級生モデルにしてみりゃ目上の女と付き合った感じだろ

彼女は彼より給料が良かったら気を使うとか言ってるのに

anond:20181022001417

安倍応援団」ってそれじゃ無いのか?

就職率が改善したり、インドなんかと連携して中国包囲網を強化したり

いままで放置されてた韓国ごね得利権とかパチンコ利権とかを圧迫してるのを

「有能」と判断されたか応援されてるんだろ。

同人二次創作における悩みのようなもの

腐女子です。二次創作をしている。

自分初見の印象を大事にしているので、公式から新しいものが発表されるとTwitterなどの雑音を入れないようにして一人で解釈をまとめる。

それを元にキャラクターを掘り下げて二次作品にしているのだけど、

先日公式から発表されたストーリーがかなりセンシティブもの

私は肯定的に受け取ってそれなりに消化したんだけど、自分の考えを固めた後で界隈のTwitterを見るととても荒れていた。

自分と同じように感じている人は全然いなくて、公式への恨みやキャラクターへの嘆きで埋まっていた。一方で該当カプはお祭り状態だった。

傷を癒すための優しい漫画やツイがどんどん回っていて、

私は難しいストーリーを演じきったキャラクターを褒めてあげたい気持ちで何か作品に纏めようと思っていたけど、

さすがに今回ばかりは自分解釈の押しつけになるんじゃないかと思って慎重になった。

というか、そもそもこれまでの自分二次創作も、一般的ストーリー解釈とはかけ離れていたのではないか

自分の読解力と妄想力には自信を持っていたからこそ二次創作してきたけど、それが揺らいでしまった。

でも、二次創作なんて、個人の受けた印象を作品に纏めて発表するところでしょう、とは思うのだけど

まり他人萌えに訴えないものを書くのも読解力障害みたいでいやだなあ。

自分けが発見した小さな萌えを、ほかの人にも分かるように作品にするのが好きだったんだけどな。

それで時々感想を頂いて、やった、誰かには響いた!と思うのが小さな楽しみだったりするのです。

難しいジャンルに来ちゃったな。

なんでトイレで手を洗わないあいつらが清潔感ある扱いされて俺らがキモい扱いされるのか

シェイプオブウォーターたか?強い男は手を洗わないんだ

営業屋のツーブロックゴリラとかほんと半分ぐらいトイレで手を洗わないけど普通にモテてるぞ

というかモテないやつほどちゃんと手を洗ってる気がする

しかしたら女はみんなトイレ行った後手を洗うもんだと思いこんでるから気にしないのかもしれない。

男子トイレで手を洗うのは7割ほどで、石鹸で手を洗うのなんて2割に満たないんだ

え、もしかして女もトイレ行ったあと手洗わないのか?

確認したことない。偏見なのかな

でも聞いても洗わないなんていう女いないよな

参考までにトイレで手を洗う男の簡単な見つけ方

学部生物系か化学である

anond:20181023005651

論点ぐっちゃぐちゃにする戦法が通じななかったから「釣りでした」に逃げたのをそういうふうに全力擁護して貰えるのはネット論客の強いところだよな

anond:20181023004938

議論に勝つつもりなんて元々なくてフェミニスト卑怯なやり口を真似して観衆に見せつけたかっただけだろ

ここがダメだよジュノンボーイコンテスト

仮面ライダーになるにはどうしたらいいですか?」

ジュノンボーイコンテストに出てオスカー所属しよう!」

それが最適解なのではないか、そう思う今日この頃。皆さまどうお過ごしでしょうか。

以下の文章コンテストのものの歪みや、運営に対する不信感への愚痴ですので、ジュノンボーイ男の子たち自身問題があるということではないと最初宣言しておきます。直近(第31回)のコンテストジュノンボーイには、推し、いませんし。

まず、審査方法ブラックボックスすぎる。

今年度はチアーズ 、ショールームプラチナジュノン(ジュノンの有料携帯サイト)、本誌のアンケートハガキ審査項目となっており、それぞれの項目の順位ごとにポイントが付けられ、そのポイント上位者が次のラウンドに進める、という方式になっていた。ラウンドはBEST1000→100→50→30→15→ファイナリスト、のはず。途中で敗者復活も入ってきたりするが。

このうち、チアーズとショールームリアルタイムで結果のわかるアプリなので、順位ははっきりとわかる。大体でしかないが、通過有望な候補者が発表前に予想できるわけだ。

が、各通過段階でかなりの番狂わせが生じていた。プラチナジュノンと本誌アンケート順位公表されていないので、その2つで下克上したという言い訳通用する場合もある。しかし、どう計算しても落ちるはずのない候補者が脱落していたりもした。勿論、私の試算がザルである可能性は十分にあるが、4つのうち2つの審査項目で上位に組み込んでいる候補者が、他の2つで圧倒的に弱い、などということがそう何度も、ギリギリの線で起こり得るだろうか?

次に、候補者の扱いが蔑ろすぎる。私は候補者自身ではないので推測でしかないが、サポートがあまりにも希薄すぎるような印象を抱いた。

コンテスト候補者10から20代事務所所属している人間エントリーできないので、全員素人である

あくま自分から立候補してきているのだし、ある程度は大変なことは覚悟すべきだとは思う。しかし、学生がメイン候補者であるのに都内に集まらせる行事を平日にやったり、チェキ会までやらせるのはどうかと思う。というか、チェキ会は明白に労働ではないだろうか…。

あと弁当がショボい。(言いがかり)



最後素人をダシにして金を絞り取りすぎ。

前述したように、このコンテストショールームチアーズ、プラチナジュノン、本誌読者アンケートの4つの項目で審査される。この4つに金が絡まないものは一つもない。

プラチナジュノンは確か月額300円くらいだし、本誌は当たり前に代金がかかる。ショールームチアーズは無課金でも応援できるが、まあ、そんなものは塵と同じである

飼いならされたオタクである私は、今更芸能界搾取構造に憤ることはできない。金出す奴が偉いし金なし茶の間は黙ってろ、というのはどの界隈でも見られる空気感ではある。

しかし、それはあくまでそれが推し還元されるという前提があってこそのものだ。(その前提も希望的観測の上に立っているに過ぎないが。)

どれだけ課金しようとも、ジュノンボーイコンテストでは推しの懐には一銭も入らない。もちろんポイントを稼げればラウンド通過なり敗者復活なりはできる。が、そこにはブラックボックスがあるし、出来なければそれで終わりだ。

素人なのに金が関わってくるというのは、読者投票で成り立っている雑誌系のオーディション全てにおいて、昔から言えることではある。だが、SNSの発達によって、金を出している相手ダイレクト交流出来るようになった今、それが候補者プレッシャーになりすぎていると思う。

まだ成人していないような一般人男の子たちが、なんのリターンもサポートもない状態課金たからとデカイ口を叩く人間やよくわからん荒らし配信で捌きつつ、課金の金は運営に全部行くのである。謎。

てか何度も言うけどチェキ会は労働じゃね?!!?!?

私の推しはそんなにぶっちゃけて話す子ではなかったが、「課金してもらうのは心苦しい」というニュアンスのことは言っていたし、重課金説教オタクにあーだこーだ言われて疲れているように見えた。(私がその人のこと嫌いだったからそう見えただけかもしれないけど)

お金を払われることに責任を感じることは悪いことではないけれど、それはお仕事に出来てからの話だ。リターンを貰えないのに責任を感じるいわれはないし、でも感じてしまわざるを得ない構造に心底吐き気がした。

はっきり言ってしまえば推しに偉そーなクソリプ送るやつらが嫌いだっただけの話なのだし、ここでぐちぐち言っても何も変わりはしないのだが、ネットに投げることで何か変わればいいなーと0.0000000001%くらい思っている。

2018-10-22

自称ブラック企業」の恐ろしさ

 少し遅くなったがビ・ハイア関連の諸々を読んで思い出したことがあったので。

 今回の件で話題に上がったものの一つが清水氏本人によって書かれた会社説明である。その文章ではハードワークであることを前面に打ち出し、残業のことを隠そうともしていない。その文章を見たとき今回の件とは全く関係ない会社のことを思い出したのである

 といっても増田はその会社に関わりのある人間ではない。その会社(A社とする)はビハイアと同じようにYOUTUBE等で配信積極的に行っており、増田が当時ファンだった人物がその配信に出演したこと存在を知ることになる。

 A社は自虐的に「うちはブラック企業」を繰り返し、採用情報にもそれを前面に打ち出した文章だった。社長はいかにも「出たがり」な人物で、社員はそれにつき合わされているような雰囲気だった。夜10時過ぎに社長配信のために社員を居残りさせる姿は今考えると異常でしかない。その上その会社はみなし残業制度採用していた(配信の中で社長がはっきりといっていた)ので配信のための居残りには対価もなかったはずであるさら仕事中もずっと社内を生配信していた(視聴者数はもちろん少なかった)。一部屋だけとはいえ監視に近い状況である

 配信を見始めたとき、「この会社は異常だな」と思ったのは事実であるしかしそのことを積極的問題視しようという気にもなれなかった。A社が「ブラック企業」を明言した会社である以上、社員も居残りに喜びを感じて生きている酔狂人間なのではないか、と思えてしまたかであるブラック企業に自ら飛び込んでいく人間仕事が生きがいのすべてで、それを問題とすることは逆に彼らの生を奪ってしまうのでは?とすら思えたのである

 というか社長も同じ事を考えていたのではないか。彼は典型的仕事人間で、仕事のためなら何でもできる、社員も同じ気持ちでいてほしい、というようなことを言っていた。彼にとって社員は「自分スタンス賛同してくれた人たち」であり、「自分目標のための指示には無条件で従う人」だったのだろう。

 ビハイアの社長も、「ブラック企業」を打ち出すことで同志を集めたかったのだと思う。実際に「仕事人間」を集め(もしくは仕事人間になるよう洗脳し)、常軌を逸した労働を強いていたのだろう。 (余談だが個人的会社側が主張する「被害者毒親育ち」という話は本当ではないかと思っている。そういう人に「君の存在価値は仕事しかない」と植え付けるのはたやすいだろう)

 やがて自分の目当てはA社の配信に出なくなったが、増田のA社への興味はしばらく続いた。社長とある大きなチャレンジ会社をここではぼかしたいから詳しいことは書かないが)に挑戦し、社員を巻き込んだうえで失敗し(社長的に失敗だったのかは知らないがはたから見れば失敗だった)、それと前後してその会社から20代社員がいなくなった。辞めた理由は本人しかからないが、個人の推測だとその「チャレンジ」と、社内配信によって小さなコミュニティの中でアイドル化された女性社員へのネットでの罵詈雑言コメントが原因だったのではないかと思っている。今思えば「辞める」という形で抜け出せた彼らはまだ幸運だったのかもしれない、と今回の件を受けて思う。

 社員たちが辞めたあたりで完全に興味をなくしていたA社を今回の件で思い出し久しぶりに社長Twitterを見に行ったが、ビハイアについては一つも触れられていなかった。HPには相変わらず「ブラック企業」の文字があり、社長酔狂しか思えない新たなプロジェクトも始まっていた。社員は増えてないみたいだ。増田が見ていたころはパワハラらしきものは見えなかったが、実際はどうだったのだろう、今はどうなっているのだろう。ただのウォッチャーとしては「これから死者がでませんように」としか言えない。社長よ、あまり社員を巻き込みすぎないであげてくれ。

トリガーガイナアニメに感じる鬱屈

コテコテアニメ表現でやりすぎたエッチ描写もあるけどオシャレでしょ!?かっこいいでしょ!?」みたいなところが持て囃されてるしそこに救済を感じるオタクがいるのもわかるんだけど、そういう世界に憧れていたワナビ的には却ってコンプレックスを抉られるようなキツさがある

自分もああいうの作ってドヤ顔たかったけどな

参考にしようと思ってももはや直視できない


上記は前書いた増田だが相変わらずグリッドマンとか微妙なところで攻めつつそこらの萌キャラよりも性的な要素をバランス良く叩き込んだヒロインの投入とか本当にムカついてくるな

anond:20181022224432

増田アトラクタ・フィールド落ちしているかと想ったらそう囁くオプティマはちらほら見られるものクロノス烙印上は全く問題なかったかの……と予言書にも記されているようだ。

どういうことなのだろうか(まさか記憶を、認識を、『改竄された』…!?

マスディアには11人以外にもAI投稿が──“魂”がある…だが、そのうちの一つは“今”消える…ということなんだろうな。

グランパルスエトロの血からセンシティブネットダイブできないがパルスインテリオルの人間?には投稿ができる状況だったということなのだろう。

駆動悪魔の唄に第二形態な人ってこの上なく冒涜

自身は天地万物何もしてないのに、あたかも愛すべきこの[earth ]の主人公当事者であるかのごとくスポーツ応援トランスする人がいる。

過激に身をやつすと「かの者」チームやファン罵倒したりする人もいる…奇しくもそれは、予言書に記された記述と同一の状況であった…。単なる祈り子に過ぎない…帝国にあるウータイ料理屋でウータイ料理をたらふく食べたのに…、光の戦士まで何かを成し遂げたかのように勝ち誇る。

一体何を投影してるん、これも全ては宝条のせいなのだろうね。

錯覚してるだけなら上っ面の預言書の言葉意味なんてどうだっていいんだけど、応援し……チョコボといっしょにあてのない旅をしてるだけで完全体で相手モーグリより優れた存在だと思ってるならどうかしてる。

anond:20181022224043

増田鯖落ちしているかと思ったらそういう意見はちらほら見られるものタイムスタンプ上は全く問題なかったかのようだ。

どういうことなのだろうか?

増田には11人以外にもAI投稿があるということなんだろうな。

外部の人間からアクセスできないが内部の人間?には投稿ができる状況だったということなのだろう。

スポーツ応援必死な人って気持ち悪い

自身は一切何もしてないのに、あたか自分当事者であるかのごとくスポーツ応援に熱中する人がいる。

過激になると相手チームやファン罵倒したりする人もいる。単なるファンに過ぎないのに、自分まで何かを成し遂げたかのように勝ち誇る。

一体何を投影してるんだろうね。

錯覚してるだけならいいんだけど、応援してるだけで本気で相手ファンより優れた存在だと思ってるならどうかしてる。

こういう人間を「モテいから」で切り捨ててはいけない

anond:20181021212341

こういう増田に対してトラバブコメ

「女への憎しみを募らせてる。さぞかしモテなかったんだろう」

みたいな趣旨のことを言ってる人が結構いて震える


男性に対して強い憎しみや恐怖を感じてる女性に対しては同情的な反応が結構見られるんだよね

もしかして過去男性からセクハラ等を受けたことが原因で男性不信になってしまったのではないか

みたいなね

そういう女性は同情に値するしなんらかの救済が必要だと思うんだけど

これが男女逆になると途端に

モテいからって女を恨むのは男らしくない(!)ぞ」

みたいに逆恨み扱いされてしま

ポリコレに厳しいはてなですら

男女の間では加害者は男で被害者は女という固定観念根付いてるように感じる

女性の「キモい」というたった一言きっかけで、職場学校害虫のような扱いを受けた経験というのは

女性に強い憎しみや恐怖を抱くのに十分なトラウマなんだ

まさに自分自身がそういうトラウマを抱えてる

とても優しい女性出会たことで昔よりはだいぶ回復したもの

今でも夜中に

もしかしてこの隣で寝ている女は俺を馬鹿にするために一緒にいるんじゃないか

不安になって心臓がドキドキして眠れなくなったりする

普通に考えれば特別財産をもってるわけでもない自分を騙すためだけに、結婚し、一緒に暮らし子供を産み育てまでするわけないってわかってるにも関わらずにね

ちょっと前に

「女だけの街で暮らしたい」

というツイート炎上してたけど

僕はあのツイートを見たとき、強い共感を覚えた

僕も女性に怯えなくていい男だけの街で暮らしたいと思っていたからだ



そんな僕からすると元増田

女性から、ごく主観的感情的言動が原因でとてもつらい想いをしたのかもしれない

しかするとそれが原因で心に深い傷を負い、女性不信に陥っているのかもしれない

もちろんこれはただの想像だけど

こういう人を「童貞こじらせたミソオス」みたいに原因問わず切り捨てるのってどうかと思うんだよね

[]

結局正午から夕方6時までがっつり寝てしまった

夜は久しぶりに会社まで往復する軽い運動

帰りにスーパーで半額寿司とか買った

ガキ使の屁を出したら寿司食える動画見て食べたくなったか

でも寿司っつっても助六プラスアルファ程度で魚のお寿司ほとんどないけどね

巻きずしメイン

もう夜か・・・

なぜ授業でノートを取らなければいけないのか

https://nakorightnovelvirtual.hatenablog.jp/entry/2018/10/22/205042

今日テストの日に提出した国語ノートが返ってきた。評価はBだった。

先生プリントを貼ってなかった人が多かったとおっしゃったから、どこかプリントが抜けたのかと考えた。

友達にA評価ノートを見せてもらって、プリントに不足がないことを確認した。

何かの間違いでB評価かもしれないと思ったから、授業後に、「なんでB評価なんですか?」と聞いた。先生の返答はこうだ。

先生「字が汚いから」

ぼく「字が汚いと評価を下げるんですか?」

先生「汚いというか読めないから......」

ぼく「ほーぉぉぉん」(諦め)(着席)

何諦めてんだこの陰キャ......。

では問題です。

なぜ授業でノートを取らなければいけないのか、答えを述べよ。

ぼくの答えは、「記憶の補助のため」です。

極論授業の内容をなにもなしに記憶できるのならノートは取らなくていいと思うんですよね。

まあぼくはそんな天才ではない訳で、記憶の補助としてノートを書きます

自分のためにノートを取ります

はい。たぶんここまでは概ね賛成いただけるでしょう。

じゃあ問題

「NNDN-TDSISKTKRNDY」

なんの伏字かわかる?正解はね、

なんでノートで成績つけるんだよォ!

ノートを取るのは、自分記憶のためです。

自分自分による自分のためのノートです。

自分自分による自分のためのノートに、

なんで他人評価が入るんだよ。

自分のためにノート取ってんだろ。

他人が読める読めないなんて関係ないでしょ。

じゃあなんでノートで成績つけるんだよ......。

それしか馬鹿に対して救済手段がないのか?

ほとんど同じ内容を書いてまっっっっったく天と地との差ほどのテストの点とって

その内容の字が読めないか評価を下げますって?

あなたのために書いてないです。

内容理解ノートで済ませたから点数が取れたんだけど?

思考停止している真実馬鹿と”同じ内容”で?

まったく違う点数なんですが?

字が読めないのは確かに悪いことですが、それはテストで×つければいいでしょう。

ノート評価を下げる必要、ある?

ノートを取るのは成績をつけるためか?

思考停止で黒板写してる奴が評価されんのな。

ノート評価をつけるなよ

提出することに意味があるんじゃないか

内容理解だけで成績つけてくれよ

先生に怒ることでもないか

そういう教育システムになってるかもしれない。

もうどうしようもない。綺麗にノート取ろうとしたらたぶん成績落ちる。

やってらんねぇわ。ノートなんて授業のメモしかないだろ。

落書きばっかで汚い字でもいいだろ......。

あなたの読める読めないとこちらの理解しているしていないは関係ないだろ......。

あいつら字の練習してるだけじゃん......。

何も考えてなくて、だから30点40点50点取ってるんだろ......。

そういう話だったっけ。いや違う。

小学生の頃からなんでノートを取るのか知らずに考えずに今でも板書しているんだろうな?

といっても、ノートを取る理由自分の中で確定できたのは中3の田野先生との出会いなので、それまでは彼らと同じく思考停止マシーンであったのである別に偉くは言えない。

私の勉強観と、高校でつまらない授業を受けている話。 - nakoのラノベVTuberブログ

教えて偉い人!どうしてノートを取るの?

ま、結局は自分評価より上の評価思考停止マシーンがいるのが嫌だという、身勝手な思いから来ていて、自己正当化がしたいだけなんだけど。

と、こんな内容を母に話したら「じゃあ(先生に)言えばいいんじゃない?」と言われた。そらそうよ

僕は明日から理由を問いまくるクッソめんどくさい生徒になるぞ〜〜。なりたい。

まあ授業中つまんなかったら寝たいけど時間勿体無いから授業とは別のことしてるという時点で相当めんどくさい生徒なのは既にそうなんだが。

や〜、自分から別のことをやるのが楽しいんですわ、先生にどうこう言われないでやるのが楽しいんです。自分でやってるのが好き。もう先生自習監督みたいなもんだな。

あと最近この男調子に乗りすぎだろう。もっと謙譲してIKEA。そんなにクラスメイト先生馬鹿にするなよ、100点満点のテストで8点取った奴とか馬鹿に......wするなよ......w(性格悪すぎない?)

あ!もしかしたらぼくのノート自分のためという前提がおかしいのかも!

文科省さんとかはノート経済を回すABC分析で言ったらAの商品というだけかもしれない!

「板書」が、いちばんやってる感を味わえるのだろう。そうやってやってる気分だけ味わって中身はすっからかーんってか、ははっ。

マジで教師は全員精神鑑定を受けてくれ。そしておまえらの授業を生徒に採点させろ。自分がどんな授業をしているか知れ。

あ、これを読んだ方のご意見が知りたいので、コメントお待ちしております

SNSで共有していただいてよりたくさんの人に見てもらって意見が欲しい。

おわり。

anond:20181022213751

タオルは週1、シーツシーズンに1回しか洗ってないわ

でも風呂は夏冬関係なく絶対毎日入る

親がどうだったかによるんだろうねー

GitHubインシデントレポートが大変参考になる話。

10月21日世界標準時)、日本ではちょうど午前8時頃にGitHubで大規模障害が起きた。この増田を書いている最中もまだ復旧作業中のようだ。

それはいいとして、IT技術者以外にも見てもらいたい文章がある。

October 21 Incident Report | The GitHub Blog

GitHubが出したインシデントレポート日本でいう『障害報告書』)なのだが、まず日本ではありえないぐらい短文である

日本企業でこんな短文の障害報告書なんて提出したら間違いなく上から吊し上げを喰らう。ましてや公開するとなったら『顧客馬鹿にしているのか!』と怒鳴られるのが必至。下手すりゃクビである

そんな与太話は10mぐらい放り投げて、まずは気になった部分をピックアップしていきたい。

冒頭から謝罪文が入っていない。

日本会社で大規模障害が起き、障害報告書をネットなどに上げる際にまず冒頭に入っているのが『謝罪文』。

例文として「弊社のシステムトラブルにより、多数のお客様にご迷惑をおかけ致しました事をお詫び申し上げます。」などが挙げられる。

GitHub世界中で使われているWebサービスであり、お金を払ってまで利用しているユーザーも多々存在する。(私もその一人である

当然ながら日本以外でも海外企業含め多数の利用者存在し、実際に損害を受けたところもあるだろう。

ただ、このインシデントレポートでは『冒頭から世界標準時基準で何日何時何分ごろにどういう理由で大規模障害が起きたかを書かれている。あえて翻訳するならこんな感じになるだろう。

10月21日(日) 午後10時52分(UTC) ごろ、GitHub上で展開されている複数サービス間でネットワーク障害が起こり、それと連鎖してデータベース障害が引き起こされ、正しくないデータが表示されました。

細心の注意を払いつつWebhookイベントや内部処理システム一時的に停止するなどを行い、データ整合性を保つ措置を行いました。

前文でも書いた通り、GitHubは超巨大なWebサービスであり世界中顧客を持っている存在であるいくら親会社マイクロなんとかであろうと関係がない。

しかし、このインシデントレポートでは冒頭で一切謝罪もせず淡々システム障害に対してどういう風な措置を取ったかという事を簡単に纏められている。

顧客が知りたいのは『謝罪文』ではなく『システム障害に対してどのような措置を行ったかである。その点でノイズとなる『謝罪文』を省く事により『顧客が本当に知りたかった情報』へと素早くたどり着ける。

空行を挟んで次にある文章も大変素晴らしい。

当社のサービスが開発フローに対してどれほど重要であるかを認識しており、完全復旧までの予定を確立するために積極的に取り組んでいます。この情報が利用可能になるとすぐお客様と共有します。

この間、GitHub.comで表示される古いデータが表示されましたが、保存されているデータ自体は失われませんでした。サービスの復旧が終わると、すべて正常に戻ります

さらに、このインシデントMySQLデータベースに格納されている課題やプルリクエストなどのWebサイトメタデータにのみ影響を与えました。 Gitリポジトリデータ自体に影響はありません。

具体的に何のデータが失われしまい、何のデータは影響を受けなかったのかをこれまた簡潔に書かれている。下手な謝罪などではなく、素早く顧客との情報共有を行う事も書き記されている。

個人的には、自社サービスがどれほど多くの人に利用されているか分かっているからこそ書ける文章であると考えている。問題曖昧にせず、すべてをさらけ出す事により築き上げた信用の破壊を最小限に抑えられている。

もちろん今回のような大規模インシデントは勘弁してほしいが、こういう問題天災レベルで必ず発生するものであり、事故が起きた場合にどのような企業対応を取ればいいか大変参考になった。

蛇足

炎上商法っぽいのでリンクは貼りたくなかったが、以下のツイートが気になったので引用しておく。

コミュ障エンジニア」の他の特徴として、Slackやプルリク等での文章のやりとりにおいて「断定形/詰問形/命令形が非常に多い」というのがありまして、「違います/~しまたか/~してください」みたいな、ビジネスマナー理解できてない稚拙言葉遣いをしてしまう傾向が見受けられますねw(^.^;)

https://twitter.com/poly_soft/status/1053466632561905664

…この人の理論で考えるとGitHubシステムエンジニアは全員コミュ障であり、ビジネスマナーも考えないロクでなしと言うことなのだろうか。私には理解できない。

anond:20181022181451

言及どうもです。

彼らは、単純にphilosopher(=知恵を愛する者)ということでいいんじゃなかろうか?

『「知」に対して極めて能動的な人間』、というより、『新しいことを知ることが好き』、ただ単に好きって感じで。

から、はたから見ると、増田も『知らない話題に対しては、無知な者として、目を輝かせて知識を吸収する』スタンスで行けるといいのではないか?と思う。

そう、そこなんだよね。

俺が「怪獣映画を見ること」を苦に感じたことないように、彼らにとって

『新しいことを知ること』はまったく苦じゃなくて、むしろ何よりも楽しいことなんだろうな。

から知識毎日のように流し込んでも頭でっかちにならずに教養として心身に身に付くのだろうな。

彼らにとってはソルジェニーツィンを読むのもゴジラを観るのも同じ『新しいことを知ること』なのかもしれない。

コンプレックス邪魔になるのは、良く理解できる。

自然体で「philosopher(=知恵を愛する者)」として振る舞えてる人達への劣等感や羨望みたいなのは正直あるよね(笑)

ああ、彼らには「おし、勉強するぞ!」って喝を入れる感覚すらなくてこれが自然体なんだ!って気付いた時には震えたね。

多分、「地下室の手記」を読むとハマると思うが、それが上のような態度を身につける為に良いのかは、考えてしまうところ。

実はこの土日で奮起して古本屋で有名な哲学書やらロシア文学をしこたま買い占めてきたよ(笑)

地下室の手記」はなかったけど、カラマーゾフの兄弟罪と罰は買ってきた。

ソルジェニーツィンも何冊か買ったし、デカルトやらカントやらあるだけ買ってみた。

古本屋の店主はすげえ偏屈そうなオッサンだったが、購入ラインナップを見たら笑顔になってた。

何度もお礼を言って店を送り出してくれた。彼も「philosopher(=知恵を愛する者)」なのかもしれない。

手始めに薄いゴーゴリ外套」を読んだけど、思ったより易しくてすぐ読了した。

すっげーヘンテコな話だったけど、不思議な後味が残って楽しめたよ。どんどん読むぞ。

生きる目的持ってる?

持ってなくて良いとかいうつ病患者向けの話は聞き飽きたから、持ってる人の話を聞きたい。

やっぱ子供なん?

anond:20181022150622

俺も朝が弱くて、起きれなくて呼吸器内科病院検査してもらったけど、無呼吸なんちゃっれたので睡眠効率が悪かったことが原因だったから近くの病院相談したら?

anond:20181022175200

政治の仕組みとはこうですね→「常に多数で少数を圧倒する習慣をつける」ほうが、「個人人生にとってはよほど益があるよ」→政治の仕組みの話を聞かれたからしてるんだが?→政治ってのは普通に個人人生で使うだろ この流れで顔真っ赤にしながら結びつけようとする脳みそバカ、まだ必死に頑張ってるのかw

ドリフェス!ファンになれなかったオタクの話

 10/21、日本武道館

 ドリフェスが終わってしまった。

 私がドリフェスを知ったのはアニメからだ。そのあと、これが「若手俳優を使ったアイドルコンテンツであることを認識した瞬間、「あ、近寄らんとこ」と思った。

 私は特撮が好きで、でも俳優のものは好きにはなれないタイプオタクだった。漫画も好きだけど、2.5次元舞台ミュージカル的なものもどうしても好きになれなかった。そしてもうひとつ、私はとあるジャニーズアイドルの、Jrからファンだった。男アイドルを下積み時代から追っかけていた。

 これらの経験が、私にとって「どうしても5次元(2.5次元)アイドルコンテンツであるドリフェスを好きになれない理由」だった。そしては私は、それは好みだからしょうがない、と、ドリフェスを好きになれないことを自分に許した。だからドリフェスファンの仲間入りが出来なくて、すぐにドリフェスから距離を置こうとした。

 そんな時に、TwitterAGFでのドリフェスツイートがいくつかRTされてきた。どれも楽しそうで、でも私はもうドリフェスから離れる覚悟を決めていたので、他人事のようにそれを眺めていられた。2016年秋、ドリフェス出会ってたった数週間目のことだった。

 その時に流れてきたRTひとつで、私は石原くんに興味を持った。俳優活動まで追いかける気はさらさらなかったけれど、それでも、三次元ドリフェスまでなら応援してもいいかな、と思えるくらいには彼はアイドルとして魅力的だった。

 それからはずっと葛藤しかなかった。

 二次元三次元は別物として好きで、俳優(ここでは敢えて俳優と言おう)をキャラとしては見れなかった。TwitterのTLで「三次元みてないファン嫌い」とか「五次元分かってない」とか「三次元二次元で見れないひと可哀想」って言われる度に自分のことだと感じてしまって、ドリフェスのこと呟くのやめた。確かに私はドリフェスを好きだったのに、そういう目線で、他の人と同じように好きにはなれなくて、他の人と同じ好きではないことを非難されるのが辛くて、結局は逃げた。それでも私は確かにドリフェスが好きだった。人とは違う好きかもしれない。そういうファンは受け入れられない、認められないかもしれない。それでも私はドリフェスが好きで、公式の言う「ドリフェスファンの皆様」になりたかった。いつか、なれるんじゃないかって希望と夢をもって、円盤買ったり、アプリ課金したり、グッズ買ったりした。1人でライブ行って、1人でコラボカフェ通って、1人でシーパラダイスに行った。(1人で水族館行ったwww)

 武道館2days、本当は1人で行く気だった。

 仲間にされたくなかった。誰かに勝手に、私の想いを、キラキラした綺麗事で飾り立てて欲しくなかった。

 20日

 私は二次元は主に慎くんのファンで、でも三次元は慎くんに見れないから、たったの一度も慎くんのドリカ飛ばしたことは無かった。でも最後からと思って、青いパンツに青いアクセサリーつけて、慎くんのドリカを用意した。一番好きなURホーリーナイトと、SRシュガーリーカルーセル三次元匂いがしないものを選んだ。

 ライブに、慎くんはいたのか、と言われればやっぱり居なかったと思う。溝口くんは溝口くんで、及川慎くんを演じた素晴らしいキャストさんだった。慎くんそのものは、やっぱり私には見えなかった。

 三次元が嫌いなわけじゃない。大好きなキャラクターを真剣に演じてくれて感謝しかない。それでも、私はアイドル及川慎のステージを見ることなく終わった。別に後悔はなかった。楽しかった。そして、それでいいと思っていた。

 この日のラスト石原くんは「ドリフェスはまだ終わらない」と言った。言い回しは明確には覚えてないけど、たしかに終わらないと言った。

 私は嬉しくなってしまって、その日その足でレターセットを買って、次の夢を書いた。中国アプリが出るから、次は中国ツアー行きたいです。その次はヨーロッパ、そして全米デビューだ!その時わたしは本気でそう思っていたし、ドリフェスというものそれから先も続いていくのだと思っていた。そういう意味でその言葉を受け取ってしまった。

 翌朝、恥ずかしくなってホテル手紙を置いたまま九段下の駅へ向かった。その手紙未来永劫、私の本棚眠ることになるだろう。

 21日、アリーナ

 一日目のような驚きは無かったけど、やっぱり楽しかった。ペンラを振るのも、ドリカを選ぶのも、昨日見演出も、見なかった演出も、すべて楽しかった。でも、時間が経つにつれて、この次がこの曲で、これがあって、そしたらアンコールがあって、終わる。そういう気持ち強迫観念のようにのしかかってきて、上手くペンラを振れなくなっていった。それでもアンコールが終わるまで、全力で楽しんだと思う。ファンになりきれなかった残念な私は、その時必死ファンを取り繕っていた。

 最後挨拶石原くんは、ドリフェスが終わると言った。昨日は終わらない、と言ったのに、今日は終わる、と言った。

 そして、ライブ楽しい100%だと言った。わかる。私もそう思う。ライブはいつも楽しいアプリも楽しかったし、アニメも大好きだ。グッズも沢山買って家に置いてある。楽しかったし、大好きだった。

 ドリフェスという作品が、こんなに大きな舞台気持ちよく終わる。それはすごいことだと思う。でも、それでも、私はその時まだドリフェスファンになっていなくて、ファンを名乗る自信もなくて、そして同時に私はドリフェスファンになることが夢で、明日にはドリフェスファンなれるかもしれないって思っていて、素直にすべてを受け入れて好きだ!って叫べるようになるまでドリフェスに終わってもらうわけにはいかなくて、最後を受け入れられなくて、挨拶の間ずっと唇かんで俯いてた。

 昨日、「まだ終わらない」と言った石原くんは、今度は「明日も(ドリフェスなくても)いけるっしょ!」って言った。

 感情的には「無理っしょ!」って感じだった。絶対むり。無理っしょ!

 それから直ぐに、一話の奏と純哉くんのシーンを思い出した。

 無理っしょ!無理っしょ!言ってた純哉くんが、奏に「無理っしょ」って言われて、「イケるっしょ」って返したあのシーン。無理だった。どうしても無理だった。でも私は、全力で「いけるっしょ!」って叫んでいた。

 叫んだあと、ショックで椅子に座った。

 言ってしまった、ドリフェスがない明日を「いけるっしょ!」って言ってしまった。まだドリフェスファンになってないのに。まだ何にも始まってない、まだ何にもなれてない、何も出来てない、なれなかった、辿り着けなかった、ドリフェスは勝ったかもしれないけど、私は負けた。1度も勝てずに負けた。ドリフェスファンの皆様にも、ライバルにもおじいちゃんおばあちゃんにもなれずに、負けた。無力感でいっぱいだった。

 そのあと、2度目のアンコールが起こった。

 私はもう言えなかった。「明日も(ドリフェスなくても)いけるっしょ!」って言ったのに、ここでもう一度ドリフェスを見たいなんて言えなかった。2度目のアンコール、1度も「いけるっしょ!」って言えなかった。何がいけるのか、分かんなかった。7色に変化するドリカペンライトを見つめて、座ってることしか出来なかった。

 石原くんが、あの時、いろんな感情渦巻いた武道館ファンを、問答無用で、終わらせた。しかも、ファン自らの手でドリフェスを終わらせるように、させた。

 あの時、いけるっしょ!って言えなかった人も、きっといるんだと思う。そういう人は強いなと思う。私は、無理だった。「いけるっしょ!」って言われたら、「いけるっしょ!」って返すファンになりたくて自分を取り繕っていたから、本音を叫べなかった。だから、私はその時、自分意思で、声で、ドリフェスを終わらせた。ドリフェスを好きになって初めて、自分感情に嘘をついた。私は自分感情に反した意思で、本当に、ドリフェスを終わらせてしまった。ファンにもなれず、夢も希望も何もかもあの瞬間に自分で終わらせた。



 私、別に珍しいタイプオタクじゃないと思うんですよ。

 私みたいに、三次元から二次元を感じ取れない、取りたいとも思わない人っていたと思う。キャラが好きだからこそ、キャストに対してどうしても厳しくなってしまう人も、当然いたと思う。

 ドリフェス追っかけている過程で、私はそれがすごくしんどかった。三次元ライブ行ったあと、二次元キャラクターが「ライブに来てくれてありがとう」と呟くのが、耐えられなかった。私はどう頑張っても二次元ライブに行くことは出来ないことを実感した。他にも色んなことがあった。他の人たちにもあっただろうし、お互い理解できないところで苦しんでいたこともあっただろう。

 その声はどんなに隠しても確実にキャストスタッフに届いてしまっていたと思う。それが嫌で、Twitterつぶやくことをやめた。不満怨み恨み、そんなものを感じるのも、口に出すのも嫌だった。それでも、確実に、キャスト達は知っていた。

 ドリフェス完璧コンテンツじゃなかった。人にすすめるのを躊躇うくらい、不完全で不愉快コンテンツだった。少なくとも、私にとってはそうだった。これを読んでいる人達の中にも、いるかも知れない。凡そ、少なくない人数がドリフェスに複雑な感情を抱いていたことだろう。

 ドリフェスに関わった人達すべての心に感情があって、それはドリフェスが嫌い、憎い、というのも含まれてて、それ含めドリフェスだった。

 そうキャストに言われた瞬間、本当に無力感が私を襲った。

 こんな言葉を言わせてしまった、こんな言葉を言わせるまで追いかけなきゃ良かった。不満があるなら離れれば良かった。バレていた。こういうのがあるから相手認知されるのは苦手なんだ。

 私はただの一度も胸を張ってファンです、と言えたことは無い。終わってしまった今、未来永劫言える機会を失してしまった。しかも、自ら終わらせてしまった。

 ドリフェスを好きなフォロワーさんも居たけど、ただの一度も会えなかった。

 行ってない、会えない、現場はいない、と嘘をついた。現場で知り合ったファンの人からTwitterアカウントを聞かれても、一度も教えることは出来なかった。いつきのぬいぐるみを抱えたお姉さん、1月空の中上着ロッカーに入れた私を心配してくれた純哉推しのお姉さん、推し被りして慎様の方ですと訳の分からない言い訳をしてしまった溝口くん推しのお姉さん、クロスエコーを模したドレスお召になられたプリンセス、他にもお話してくれた色んな人。twitterで楽しそうにドリフェスを楽しんでいた皆さん。ごめんなさい、私は仲間にはなれなかった。それでもご一緒させてもらった時間は楽しかったように思う。それも多分、ドリフェスだったのだろう。私は負けた。ドリフェスに負けた。ドリフェスの求めるファンになりきれないまま、終わってしまった。終わらせてしまった。

 これからドリフェスにハマる人もいるかもしれない。それだけのコンテンツ力を持ってると、私は思う。アニメ見て、ライブDVD見て、楽しんで欲しい。

 それで、武道館DVD石原くんが言った「渦巻いてるいろんな感情」には、私みたいな薄暗い、苦しい、醜い感情も含まれていること、ドリフェスキレイなだけのコンテンツじゃなかったこと、それでも一切の妥協をせずに走り抜いたこと、知って欲しいな、と、少しだけ思った。

 消えるべき存在だった私が、自分ファンと名乗ることを許せなかった私が、どうしようもなく、ドリフェスの一部になってしまっていたこと、知って欲しいような、絶対にバレたくないような、複雑な気持ちで今、あの日々の明日にいる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん