「ババア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ババアとは

2017-10-23

中学から友達フレネミーだった話

 「フレネミー」という言葉をご存知だろうか。

アメリカ大人TVシリーズセックスアンドザティ」などにも登場し、「フレンド(友達)」と「エネミー(敵)」から作られた造語で、いわば友達の顔をしながらも実は敵である人を指す言葉だ。

かげながら悪口を言ったり、マウンティングしてくる人などを思い浮かべる人もいるだろうが、フレネミーのなかでも厄介なのが「居場所をとる」「対象と成り代わる」人たちだ。

 私は最近中学時代からの友人Aをこれを理由音信不通にした。

Aと友達であった時は、得体の知れないモヤモヤを感じながらも「私の心が狭いのかも」とあまり考えないようにしていた。

ある日「フレネミー」とい言葉を知りぐぐると、ネットにかかれた説明はまさにAそのものだった。

そして多くの人、とくに女性で悩んでいる人が多いこともビックリした。

私のように長年「なにかおかしい、でもなにがおかしいんだろう?」とモヤモヤストレスをためながら、でもどうしていいかからない人たちの少しでも助けになればと思って書こうと思う。

 初めに結論を述べるとフレネミーへの対処法は「距離をとる」というのが一番効果的だ。

穏便に済ませたい人には申し訳ないが、フレネミー普通関係を築くのはほぼ無理だと思ったほうが良い。

 Aとの付き合いは長い。中学高校と一緒で、よく遊んでいたし連絡も取り合っていた。

大学は私は東京、Aは地元大学へいき少し間疎遠になった。

ある日、中学同窓会があった。そこでAと2年ぶりに再会しまた連絡を取り合うようになった。

専攻が近いためレポート前などはお互いスカイプしながら徹夜したり、彼女東京へ遊びに来ることもあった。この頃のAは私にとって何でも話せる気の合う友人だった。

 大学卒業後、Aは地元社会人になり、私は地元にはもどらず東京フリーターをしながら資格勉強をしていた。

Aは志望していた業界が人気だからと諦め、近いけど違う業界就職した。お互い新生活に追われながらも時々連絡をとりあっていた。

私が資格をとってやっと社会人になれたのがそれから3年後の春、ある日Aから東京で改めて学生をすることにした、初上京から色々よろしくー!不安がいっぱいだー!」とラインがきた。

私は嬉しかった。中学からの友人が近くに住むぞ!と意気揚々東京で仲良くなった友人達にAを紹介しようと飲み会などをセッティングした。

 夏にAが上京しまカフェで会うことにした。

私の電車人身事故で遅延し走ってカフェへいくとAが店前で待っていた。そのとき「あれ?」と思った。

彼女が着ているスカートが私がお気に入りのものだとSNSに何回かあげているものと全く一緒だった。

でもブランド品だしかぶることだってあるかな、とその時は何も言わずそのスカートについても触れなかった。

 諦めた業界へ30歳までにもう一度挑戦したい、と専門学校へ入りなおすことを決めたA。

夢を語る彼女の姿に私も嬉しくなったが、Aがふとカフェ内のすみの方で手を握り合っているカップルに対して「あんな顔でよく人前でいちゃつけるよねー気持ち悪くない?年齢考えてって感じ!」と周りに聞こえる声で言った。

私は突然のことにビックリしたし隣の席にいたおじさんたちは怪訝な顔をしていた。

 この頃はAのこういう行動に対して「東京生活ストレスが溜まっているのかも」「環境がかわって神経がたっているのかな」と思っていた。

これは私に非があるが、あまり深く考えないようにしていた。同級生の悪い方向への変化を認められるほど私自大人になっていなかった。正直このとき違和感を信じていれば、と今でも思う。

 私はAをよく遊ぶグループ趣味グループ習い事や同僚など様々な自分が属するコミュニティの人たちに紹介した。

Aは少しシャイだが、私の長くからの友人ということもあり私をネタにしつつ徐々に皆と仲良くなった。

18歳で上京したとき友達ができるか、親元を離れて生活できるか不安だった自分を思い出し、なるべく彼女孤独を感じないよう色々なイベントにも呼んだ。

春はお花見、夏はバーベキュー、秋はおうちパーティー、冬はスキークリスマスパーティー忘年会などなど、私が今まで毎年していたことにAが加わった。

 冬のある日、お台場イベント大人数で遊びにいくことになった。

駅で合流し、Aもそこにいた。私と全く同じコートを着て、同じカバンをもってそこにいた。

周りは「おおおーさすが中学からの仲だね!」「おそろい可愛い!」と盛り上がり、Aは「私このブランド大好きだからなあ~」と何食わぬ顔で話している。

このときもしかして真似されてる?」と、前のスカートの件とあわせて疑うようになった。

その日はあまりAと話さないようにした、なんだか話す内容から次なにか真似されたら嫌だな、となんとなく思った。

 そのあとも真似は続いた。一度違う友達に「真似されるのってちょっと辛い」と漏らしたときに「あなたのことは大好きなのよ」「そんな真似とかなんとか中学生みたいな悩みもつなんて」と笑われた。

なんだか自分の心が狭く子供っぽいことで愚痴ってるように感じてその後、このことは誰にも言わないようにした。

新しい服やアクセサリーをつけて次にあったら彼女が同じものを持っている、それについて特に触れるわけでもなく、周りも「おそろいだ~」と笑うのみ。そのたびにちょっともやっとしてる自分人間として未熟なんだと落ち込んだ。

 その後、Aの真似はファッションだけでなく趣味や考え・意見にも及んだ。

私が軽い気持ちで参加したボランティアで関わったスウェーデン伝統工芸に惚れ込み、実際にスウェーデンへいったり友人にも「本当に好きなんだね、いつかスウェーデン人結婚したりして」と笑われるレベルにその話をしていた。

Aは最初興味がなさそうにしていたが、「最近スウェーデンに興味がある」に始まりあたか自分はずっと前からスウェーデンが好きというような態度をとるようになった。

私が参加しているボランティアにも来て「私の友人なんです~」と色々な人たちと仲良くなっていった。

この頃になるとAの髪型服装は後ろからみれば私と区別つかないレベルに一緒になっていた。

 私はこの頃には彼女のまるで私の居場所というかコミュニティ内のポジションに居座るかのような、私の成り代わりになるかのような態度にかなりイライラしていた。

しかし、最初に色々な自分コミュニティにAを紹介したこからどのコミュニティで遊んでも彼女がいる状態になっていた。

どのコミュニティでも私が誰かと話していたらAが寄ってきて、いつのまにか私が話していた人とAが話し、私が傍観者のような立ち位置になることが繰り返された。

 Aの他者に対する暴言ますますひどくなり道端で「あんデブでよくあんな服着れるね」「ババアのくせにあの髪型痛い!」と言ったりしていた。

私はそういう言葉をきくたびに疲れるようになっていった。

 この頃一度ネットで「友達に居場所を奪われる」「友達コミュニティを乗っ取られる」と検索たことがあった。

ヒットしたのはほぼほぼ中高生の悩みで、それに対して「人をとるとかとらないとかものじゃないんだから」「まねしたっていうけど自意識過剰では?」という意見を読み、自分モヤモヤしていること自体が間違っているように感じた。自分性格が悪い心の狭い人間だといわれてるような気持ちだった。

 段々私はAに限らず友人たちと会うのが億劫になっていった。

何か買ってもそれを着たり使ったりするのが怖くなり、何か新しいことに興味がわいてもそれを人に話すのが嫌いなった。集めたスウェーデン工芸品も全部売り払った。

不思議なことに私が中々イベントなどに顔をださなくあると毎日あったAからラインはパッタリと途切れた。

 Aに真似されるというのが、大げさだが自分アイデンティティをどんどん奪われていくような感覚だった。

同じ趣味教室に通う同僚が心配して声をかけてくれた時、いっそぶちまけてラクになろうと思ったときに「Aも心配してたよー!」と言われ何ともいえない脱力感に襲われた。

 Aはその後も私の友人達遊んだ様子などをSNSにアップしていた。

最初は同郷の長い付き合いの友人が自分の友人達と仲良くなっていくのが楽しかったし嬉しかった。

なのに私はなぜか友人達と会いにくくなり、孤独を感じるようになっていた。

28歳にして人間関係を丸ごとAにもっていかれたような感覚だった。

 春先に会社帰りにバーへ立ち寄った。

久々にお酒が飲みたくなったけど誰かを誘うのも面倒だし、誘って「Aも呼ぼう」ってなるのが怖かったので一人だった。

しばらくぼんやり飲んでると隣に40代くらいの女性が座った。とても身なりが綺麗な人、仮にBとする。

マスターを介してBさんが話しかけてきた、彼女大手アパレル企画をしている人でいわゆるキャリウーマンだ。

しばらく他愛もない話をしてたが、私はふとAのこと、今の自分の現状を話したくなった。

バーで会った私のことを今日知った人、私の属しているコミュニティのどこにも属していない「他人」だから話せると思った。

 ポツポツと話し出しBさんは真剣な顔で聞いていた。

私は「子供ぽいんですが」「本当こんな悩み馬鹿馬鹿しいんですけど」「自分の心が狭いのはわかっているんですが」「女子中学生みたいですよね、ほんとしょうもないんですが」とそういう前置きを何度も使った。

話している最中に、自分が寂しいと思っていることをやっと受け入れられるような不思議感覚だった。

 18歳で初めてきた東京最初友達も知り合いもいなかった。

大学でできた友達大学の外でできた友達フリーター時代にであった人たち、就職してから一緒に働いている同僚、ボランティアで一緒に一生懸命になった仲間…それまで考えたこともなかったけど、人間関係というのは自分が築き上げてきた財産だ。

それが、その財産が急に人の手に渡ってしまったような感覚、Aに対する不信感とそれを誰にも相談できない孤独さ、私がいた場所に私と同じ服やアクセサリーカバンをもっているAがいる違和感

 話しながら涙と鼻水がでていた。Bさんがティッシュをくれたけどたりなくてマスターが箱ティッシュをくれた。

Aとの楽しかった思い出がいっぱい頭をかけめぐった。でもAが東京にきてからは辛い思い出の方が多くなった。

Bさんは「それってフレネミーってやつよ、辛かったね」といってお酒を一杯奢ってくれた。

 「年齢の話はしたくないんだけど」と前置きしてBさんが話してくれた。

人間は年齢と共に人格が少しずつ変わること、それがいい方向に変わる人もいれば悪い方向に変わる人もいる。私はながいAとの付き合いのなかで無意識にAの味方をして自分直感違和感を信じずそれでストレスが溜まっていること。

子供っぽいというが誰だって自分が見つけたものや持っているものを真似されたら気分が悪いこと。自分テリトリー必要以上に入ってくる人間には注意しなきゃいけないこと。

そして、Aは私がいたポジションにおさまることで優越感や承認欲求を満たしているのだから、それはもう友人とはいえない、と。人との関係には寿命があるということ。

 決定的だったのは「あなたはAさんを色んなコミュニティに紹介したけど、Aさんはあなを彼女コミュニティに紹介はしてくれた?」という質問だった。

私はハッとした。Aは学校での友人の話やイベントの話をしてくれるが私をその人たちにあわせたり、イベントに呼んでくれたことは一度としてなかった。

 Aは他の友人たちに悪口を吹き込んだりはしてない(と思う)が、なんというか私と他の友人達遮断する影のようだった。

私の前にAがいて私は彼女の影のなかにいるような、段々彼女が私のオリジナルで、私がコピーのような感覚というか、成り代わられるというのは自分を消されるような恐怖感があった。

今でも何でAがそういうことをしだしたのかはわからない。私は真似されるような魅力のある人間ではない、もしかしたらAはAで寂しくて必死だったのかもしれない。

決定的なことをしたわけじゃないが徐々に食い込んでくるあの不気味さから、私はもうAに会うのはやめようと決意した。

 Bさんは別れ際少しこわばった顔で「彼氏旦那ができたときに、彼女に紹介しちゃダメよ」と言った。

私は帰って「フレネミー」で検索をかけた。冒頭にのべた通り、多くの人々がこの厄介な存在に悩んでいることを知って、不謹慎ながら少しホッとしてしまった。

 Aとの関係は綺麗には切れない。

自分所属しているコミュニティ彼女もまたしっかり根を下ろしているか共通の友人が多い。

でも、Aとは今では全く会っていない。何度か会う機会はあったが私がそういう場には絶対に行かないようにしている。

友達結婚式などどうしても会わざるえない事で今後会う可能性はあるが…。

そういう制限のなかでなかなか会えない人もできてしまったが、前より心が平穏だ。

周りは不思議がっている人もいるし、友人伝手にAの話も聞くことがあるが、それはもうあまり気にしないようにしている。

 夏になって私は新しい趣味に手を出しそのつながりで新しい友人ができた。

前に比べ人に警戒心を抱くようになったけど、やはり人との繋がりから得るものは大きい。

自分が着たい服、身につけたいもので遊びに行き、好きな話をしても真似される心配がないのが嬉しい。

ずっと付きまとっていた違和感がなくなって、孤独感が消えた。

 「フレネミー」は十人十色、Aのように真似をしてポジションをとろうとする人や、マウンティングしてくる人、心配するふりして不安を煽ってくる人…色々いるみたいだ。

今もし、友達のことでしんどい思いをしている人がいたら、一旦冷静になって考えて欲しい。その人は本当に友達なのかどうかを。

「そんなことぐらいで」と他人が言う事でも自分しんどいのなら、それは「そんなことぐらい」じゃないのだ。

 時々Aと過ごす時間が多かった十代を思い出し少し悲しくなったりもする。

しかしたらずっと先の将来でまた友達になっているかもしれないし、もうこのまま会わずに終わるかもしれない。

 長文&駄文失礼しました。

2017-10-21

「クソババア」を容認するママは死になさい。

エレベーターで一緒になった他の子ママに「ババア」とか言っていたから、「お母さんのことをそんな風にいうな」と拳骨したことある

相手ママは状況に付いてこれなくて黙っていた。

 

俺は「クソババア」なんて言ったことない。周りの友人も言ってる奴なんかいなかった。

「クソババア」容認ママらは、悪い方向に慣れてしまってないか? 「ダンスィ」なんて言ってる場合じゃないぞ。

 

人を罵倒する言葉に慣れている子は、すれ違う女性に「ブス」と言って冗談にする人間に育つんじゃないのか? 

 

俺はエレベーター相手ママを叱ればよかったのだろうか。

でも俺に拳骨や叱る権利なんかなかったよな。

anond:20171021183346

戦後インフラを整えてきたのはいまのジジイババアからなあ…。高度成長期地方から金の卵と呼ばれ上京日本経済成長を土台で担った。道路電気水道などのインフラが整ったのもこの頃。その当たり前の便利をいま享受している。バブル期24時間戦えますかと働いた。男女雇用均等法が施行されたのもこの頃。

ジジイババアになって弱者になったらポイ捨てかぁ〜。弱者排除していけば数十年後には姥捨山ができてるでしょうね。あなたはそこに行きたいのね。

子育て世代や若年層の不満を高齢者にぶつけるのは理論すり替えですよ。どちらの福祉も両立する方法模索することすら放棄してるのですか。

1020代若い衆へ

1020代若い衆。

どうか選挙に行ってほしい。

老人の老人による老人のための社会を、もういい加減終わりにすべきだと思う。


私は今30代前半だけど、私やその上の世代は本当にふがいなかった。

政治について真面目に語るのはなんかやべーみたいな謎の連帯意識があって、

なんにもわからないままこんな歳になってしまった。

なんにもわからない上に、投票率も低い。

恥ずかしい限りです。

本当にごめんなさい。


振り返って考えれば、20代のうちから、わかんないなりに投票すればよかった。

テレビで見たとか、親が言ってたとか、そういう雑な情報を元にしてでもいいから、

「今はまだよくわかんねーけど投票する意志はあるんだよ」っていうことを、

ちゃんと行為で表明してくればよかった。


今、日本ジジイババアばっかりです。

若い世代人口比で圧倒的に負けてる上に、投票率が低いです。

そんな期間がずーっと続いて、どうなったかっていうと、

みんなから集めた税金年寄り連中にばっかり使われるようになってしまいました。

若い世代はなめられてるんです。


年寄りをいたわることは大事です。

でも、子供教育医療や、子供を持つ若い夫婦を蹴散らしてまで、

老い先短いジジババにガンガン税金つっこんでく今のスタイルで本当にいいのか、

今夜寝る前に30秒でいいから考えてみてください。


1020代若い衆。

なにが本当にいいのか、そんなことまだわかんなくて全然問題ない。

自信を持って選べる政党政治家がいなくなって、なにひとつ問題ない。

そんなの、この先5年10年で徐々に身につければいいことだから

でも選挙にだけは行ってくれ。

若年層の投票率を上げてくれ。

「わかんねえなりにやる気はある」ってところを、年寄り連中に見せつけてやってくれ。


投票日は明日です。

頼む。

どうかなにとぞよろしくお願いします。

2017-10-19

anond:20171019172531

ババアたちが働いて帰ってきた夫にメシマズしても許されるのに

俺がしたらいけないなんて不平等じゃん

anond:20171019170549

まるでどっかの飯炊きババアみたいなやつですね

2017-10-18

anond:20171018184618

分かりやす平等じゃん。女が好き、あとは嫌いってw

どうやってなるのかは、自分でもわからん

なんとなく気づいたらなってたから。

今ほどゲイとか一般的じゃなかったせいか自分が男好きだってなかなか自覚してなかったけどね。

女の人はキレイなだとおもうよ。花とか景色とかとおんなじ。

中には女の人みたくなりたいって人もいるけど、自分はちがうけどね。

まあ、女体が好きっても太いのが好きとか細いのが好きとか、ババアが好きなんて信じられないとか、いや熟女大好きとか、いろいろ線引きがあるっしょ?

自分場合なぜかその線引きが男女の向こう側にいっちまったみたい。

あ、どうでもいい自分語りしてしまって。ごめんよ。

anond:20171018183439

いやいや、全然いいやつじゃない。良く考えたらジジイババアも嫌いだし。

若い女だけが好き。というか女体が好き。

ゲイなのかー。俺は分からんわ。嫌な思いさせたらごめんなさい。

そういうのってある日を境になるの?好きになった男が出来てみたいな?女に興奮しないの?

河相我聞

ブログ記事はてなーに人気の河相我聞だが2時間サスペンスファンとしては

我聞をみるとどうしても「人間のクズ」という言葉が頭に浮かんでしまう。

もちろん役の上ということはわかってるんだけど、思わずそう刷り込まれしまうほどクズ役が多い。

2サスの犯人には大きく分けると悲しい事情があって罪を犯す犯人私利私欲のために犯罪を犯すクズがいるけど我聞は圧倒的に後者だ。

不倫相手子供まで産ませたけど逆玉に乗るために邪魔になったから殺した(看護師戸田鮎子の推理カルテ)みたいな。

更に我聞の凄いところは犯人役以外にもミスリード役や殺され役で出演した時もほぼクズ役というところ。

金のために上司である年上の女社長と付き合っていたけど相手過去犯罪を知るやいなやババア呼ばわりして脅しにかかって殺される(再捜査刑事片岡悠介9)みたいな。

安心してみられるのはレギュラー出演してた火災調査官・紅蓮次郎シリーズくらいなもんである

なんていうかもう顔がクズ顔なんだろうな。

バサーのハゲ

スカイツリー浅草が近くにあるからかその辺りに観光しに行くババア集団通勤中よく見かける。

80%はめかしこんだババアオンリーグループだけど、たまにジジイが紛れてる時がある。

でもジジイは大体一人か二人でババアに囲まれて嬉しそうにしてる。

あと大体ハゲだ。

電車の中のババア集団よりうるさい生き物はこの世に存在しないので奴らの会話はよーく聞こえてくるけど、ハゲはそのババアの誰かの夫というわけではないよう。

まり独り身か、嫁を置いてババア会合に混じってるのだ。

そもそもどういう集まりかわからないのでハゲがどんな役割なのかは知らないが、○○さん○○さんとやたらとババア達に慕われてるケースが多い。

たまにテレビで見かける観光ボランティアか何かだろうか。

それにしてもババア達に慕われるハゲの生き生きとした顔ときたら。

はっきりと言って羨ましいの一言だ。

同じ電車で抱えたリュックと同じくらいグッタリとくたびれたサラリーマンや、手に持ったスマフォLINE開きっぱなしで個人情報駄々漏らししながら居眠りしてるOLにその精気を分けてやってほしい。

あのハゲ達がどんな人生を歩んできたかは知らないが、これだけは言える。今の日本にいる数少ない勝ち組高齢者だろうと。

しかしたら電車の中ではキラキラしてるか、実生活ゴミ屋敷暮らしで…という可能性もあるかもしれない。

でもそれはそれで構わないじゃないか。昼間から女性(ババアでも)に囲まれて色んなことに挑戦してる。

家にこもってソファに張り付いてテレビに怒鳴ってるうちの祖父に比べれば500倍はまし。

今の若者達があのハゲになれる可能はいか程だろうか。

女性でさえ、30年後にはキャッキャとはしゃいで外に出る元気がなくなっているんじゃなかろうか。

バサーのハゲ永遠なれ。

2017-10-17

anond:20171017211100

仕事連続で入ってて勃起が維持できない、または相手がドブスやババアでどんなに自分の体が元気でも勃起できない、

そんな状態で無理やりセックスしたらもたないから手マンバイブで済ませる

これなら心身ともに負担が少ないか安心

っていうわけにはいかないんだろう

セックスできるはずの仕事なのにセックスができないストレス

勃起できる気分じゃないのに相手の気分を盛り上げつつエロいことしなきゃいけないストレス

勃起できないレベルの女とたとえ手マンでも性的行為をするストレスとかありそう

anond:20171017022149

オタク(31)「ママ(14)だいしゅき! あ?ババア(22)どっかいけよ」

こうでしょ?

https://anond.hatelabo.jp/20171017105753

いやでも確かに全然興味ないババアから言い寄られたとしても、

「ああー俺モテモテじゃん」って気概はないだろ?

せめてかわいいから言い寄られまくらないと

2017-10-16

初めて「馬鹿野郎死にてえのか!」ってのをやられた

自分いい年したリーマンだけど

ついさっき生まれて初めて「馬鹿野郎死にてえのか!」的なことをやられた

ただし軽自動車だったけど

信号のない見通しのあまりよくない交差点で、ちょっと油断してたのもあるけど横断しようとしたらいきなり猛スピード軽自動車が直進してきて目の前を通り過ぎていった

こっちは一瞬ヒヤッとしたんだけど、その直後後ろから冒頭の言葉(正確にはわめき言葉だったので何言ってたのかよく聞き取れなかったけど)がして振り返ったら70~80くらいのババアだった。

いやーこわかったわ。

レジバイトって外国人多いけど

ババアより使えるし満足度が高い。

ババアは使えない癖に態度がでかい

2017-10-15

anond:20171015172626

あなた文化資本を測ることにもなりますし、

書名を出すと、その場で検索して、適当にあらすじだけ読んで、

頓珍漢ないちゃもんを返してくる人がネットには大勢ます

自分たまたま読んだ本を周囲が知らないことを理由に「文化資本がない」とはこれまたおそれいったわ。

単に同じ本を既に読んだことがある人がいて、細かい突っ込みされるのが嫌だったってだけだろ。ばーか

粘着レスきもちわりーし、お前やっぱキモいババアだわ。確信を得たわ。

anond:20171015170400

よくわかんないけど増田ポエム投下してる時点でお前が気持ち悪いババアであることはよーくわかる

2017-10-13

https://anond.hatelabo.jp/20171013164418

わかったよ。ごめんね。

でも、ジジイババアには優しくしてあげて。

anond:20171013164004

元増田じゃないよ!

だけどババアって切りかからなくてもいいじゃん!

休みの日(かもしれない)にちょっと書き込んだら性欲ババアやら性欲ジジイって

言われたらかわいそう。

anond:20171013162558

からって、

星野源好きとか公言するババアってだいたい勝手自分の性欲肯定されたみたいな勘違いしてるよな。

こんな風に切りかかってこなくてもいいじゃないか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん