「うるか」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うるかとは

2018-12-03

anond:20181202235356

返信ありがとうございます

わかります。要はどんな方向性でもいいか価値を生み出せるだけの能力を磨けってことですよね?

まったく持ってその通りだと思います

しかしですね。小さいうちからそれに気付ける人は多くないのです。

日本では小・中・高と基礎的な学力を身につける学校12年間通うのが比較的に一般的ですが、そこで最大公約数的に学べる事はせいぜい『より上の学校に行くための問題の解き方』でしかありません。

勿論中には世の中の仕組みとか、今の世をどう生きていけばいいか等を持論でもって教えて、生徒を『開眼』させる教師いるかもしれません。でもそんなのは正直言って運でしかない。

であれば、やはり今の社会は一つのルートしか示せていない。すなわちより良い学校に行って、より良い会社に入って、より良い給料を稼ぐ。その行き方しか教えないのに、「実はこんなルートもあるんだよね~。でも気付けなかったのは君が悪いね~」と言われている様に感じてしまます

そういう価値を生み出すための何らかの行為をしてこなかったことに対して自己責任が無いとは思わないかなぁ。

勿論最終的には各々の責任しかないでしょう。

ただ『何らかの行為をしてこなかった』という指摘には少し反感を覚えます。どうも貴方は『何らかの行為』をしさえすれば必ずそれが花開くと考えている節がある。現在花開いていない人間は何もしてこなかった人間だ、と。

自分能力とは『適性(才能と言い換えてもいい)』×『自信』×『費やした時間』だと考えています。適性と時間マイナスになることはありませんが、自信は曲者です。こいつはマイナスに成りうるからです。

大体世の中を見ていると「適性ってものがあるはずなのに、何故この人は何をやっても上手く行って、あの人は何をやっても上手く行かないのだろう…」と思う事が多々あります。で、観察していて思ったのは、上手くやれる人は大体背筋がピンとしていて受け答えがハキハキしています。対して上手くいかない人は大抵オドオドしている。

じゃあ自信を持てばいいじゃん、と思うでしょうが、小さい頃から成功体験のない人間にそれを求めるのは酷です。失敗が失敗を呼び負のスパイラルに陥っているのです。そうするといくら努力をしても空回り。次第に自分の殻に閉じ籠り努力しなくなる…。

厄介です。

私の事を少し話せば、別に底辺職でも良いんです。生きていくのに最低限のお金があれば良いんです。

anond:20181201172117

例の正社員から相手にされない増田のツリーひとつ、ここからの片っ方は私なのですが、見下しを正当化する増田には一時的とはいえ正直本当に殺意を覚えました。

自己責任でも何でもいい。低賃金でもいい。一生結婚出来なくても子孫を遺せなくてもいい。

ただ見下さないで欲しいのです。差別しないで欲しいのです。1人の人間として見て欲しいのです。それだけです。

2018-12-01

anond:20181201143018

ロリコン性犯罪者なら矯正には賛成するけど、ロリコンってだけで矯正対象としちゃうのはどうよ…。

そもそも性的嗜好は生まれつきなのか?矯正は出来ないのか?」という疑問に「社会が許容しうるか矯正の是非を判断すべし」と言うのは会話が繋がってないよ。

2018-11-27

https://twitter.com/kumi_bk/status/1058974445035937792

頻度的にはそうかもしれないが、

人生において人によっては希少で重大な出来事であろう、

相手にも望まれた性行為を、

反出生主義っぽい考えを理由にしなかった人とかいると思うが。

やや詳述すると、

自分と喜んで性行為をしたいと思っている相手がいて、

自分もその相手と喜んで性行為をしたいとも思っているが、

反出生主義っぽい考えを受け入れているがゆえに、

出生につながりうる性行為は避けなければならず、

そのため相手距離を置かざるをえなくなるとか。

日常的な倫理的負荷としては、

肉体が触れうる範囲にいる異性の姿を見ることに喜びを感じることは、

最終的には出生につながりうるから避けなければならないとか。

〔書きすぎた。目に入って喜びを感じることは避けにくい。

なので、女性だとわかったら目をそらすようにするとか、

もうしばらくは見ていたいと思っても注視しないようにする、

とかだな。〕

2018-11-22

Vtuberブサイク救世主

になりうるか?見てくれでちやほやされる可能性皆無でも

Vtuber受肉して美少女化すれば完全に人格のみの世界

これまで見た目のハンデを愛嬌トークで埋めてきたような者たちにとっては絶好のチャンスだと思うな

2018-11-18

anond:20181118032735

たんにタスクを達成すること=頑張るという考えがなかったわ。夕食にしても、送り迎えにしても、いろんな工夫がありうるから、それを頑張ることだと見なせば、がんばりようはいくらでもある。

2018-11-15

AIは神になりうるか

シンギュラリティ起こって

AIAIを生み出すようになって

恐ろしいスピード森羅万象すべてのことをAI解決したり

新しいものを生み出したりしていけば

そのうち宇宙科学医学だってすべて解明されて

人間とは何か、地球とは何かが分かって

それらすら生み出せるようになれば

それはもはや神なのでは

2018-11-11

anond:20181111172157

自分は、この女性書き込みを興味深く拝見させて頂きました。男性視点からではなかなか見えない部分を記載して下さっているので『はぁ〜なるほど』という所ばかりでした。勿論、一般論化するのは危険ですけど、男女の考え方のギャップを埋めるヒントにはなりうるかと思いました。

長文ありがとうございました!あなたに良い御縁がありますように!

2018-11-09

anond:20181109021618

性別より容姿レベル重要だと思うけどな

いくら異性でも造形が汚かったら引いちゃうでしょ

個人的には、ネットオフ会も行かないようにしている

自分容姿他人に引かれ、自分他人容姿に引く事態も容易に起こりうるからね

2018-11-02

妻が夢の中でオーガズムにいたった

昼寝してた妻のようすがおかしかったから起こした。なんか苦しそうなかんじ。起きてもしばらく変だったか救急車呼ぼうとしたら止められた。イってるだけだからって言われて最初意味わからんくて、マジで脳卒中言語野がやられたのかと思った。

妻によると夢の中で推しキャラセックスしたらしい。誰とは言わんがチンコデカそうなキャラ。その推しキャラ執拗にクリ攻めしてきて、脳が勘違いして現実でも感じてしまいイったんだと。イって半分目が覚めて、妻はイくとちょっと痙攣というのか、なって体の自由がややきかない変な状態になるんだが、それになってあー早く止まれーって思って体をこわばらせたらしい。その一連の動作が、たまたま妻の寝顔を見ていた俺に見つかり声をかけられた、と。ちなみに妻、無意識オナニーはしてない。横になって枕の下に手を入れてたし。完全に脳イキってやつ。

昔、目隠ししてこれは君の血だよと言って水を垂らすと脳が勘違いしてショック死するという都市伝説いたことあるが、オーガズムが脳の勘違いで起こって痙攣ぽいことが起こるんだからあながちありうるかもな……と思ったりした。その妻は夜なのにチュロス揚げてる。うまそう。

2018-10-19

anond:20181018221901

胸が大きいですね〜とか連発


これは文言からして明らかにセクハラ判断できるからそもそも問題とならない。

文言判断場合でも主観問題とならず、一般的に見て性的屈辱を受けうるか判断する。

問題となるのは、カワイイですねーといった文言からセクハラ要素が見出せない場合。その場面ではじめて当事者権力関係とか発言回数とか文脈議論される。

2018-10-18

anond:20181018140326

パフェ食べるのが可愛いって褒めるのはセクハラではないと思う。

セクハラというのは当事者主観ではなく発言者とそれを受ける人との権力関係をふまえて類型的に心理的圧迫を与えうるかをみるというのが判例です。だから、部下が異性の上司カワイイ発言しても、上下関係を前提とすると上にたいしては心理的な圧迫を与えたとは評価しにくいと思う。上司としてはその部下を遠ざけることも可能なんだから

逆にファッションが素敵だという一見ニュートラル発言でも、例えば正社員派遣に言ったりすると、時と場合によってはセクハラになりかねないと思う。

2018-10-11

anond:20181011184334

エビデンス

実証重視の方々にとっては「物語」の代表に見えるであろう精神分析系の心理療法も、ちゃん効果確認されるようになってきたたことです。

それこそ、そのエビデンス(論文)でも提示されればいいんじゃないですかね。

この辺りのこと?

Jonathan Shedler,"The efficacy of psychodynamic psychotherapy."(American Psychologist 2010)

Falk Leichsenring,Sven Rabung,"Effectiveness of Long-term Psychodynamic Psychotherapy: A Meta-analysis"(JAMA 2008)


フロイト理論の諸々の失敗

精神分析医のフィーリス曰く(1)、フロイト派のセラピービクトリア時代の人たちには、うまく機能していたが20世紀半ば以降、人々の「性格の鎧」の質が変わり、セラピーはうまく機能せずに行き詰まって失敗することが多かった。

フロイト派の精神分析法は、「幼少期の体験が成人してから人格の基礎となる」というものが骨子の一つ(2)だが、そのことに大打撃を与える調査が出てきた。1990年代マシュマロ実験の文献を詳しく調べたマーティンセリグマンは、幼年期のできごとが成人してから人格に影響を与えるということは、ひどい心的外傷や栄養失調があった場合にはありうるかもしれないが、それ以外では有力な証拠ほとんどないと結論づけている(3)。子供時代と成人してから性質に、ごくわずかな相関は認められるが、それは主に遺伝的(生まれつきの)性質、つまり概して明るいとか気難しいといった性質の反映として説明できるという。

また心理学者のバウマイスター一同がフロイト提唱する理論メカニズムの数々を現代の文献と付き合わせて検証したところ、最も最悪な理論昇華説だということが判明した(4)。そもそも昇華説には根拠がない上、事実はその逆だと考えられる理由が多いからだ。

もちろん、フロイト理論示唆的で興味深いものが多いし、余談だが「快感原則彼岸」については現代思想の中ではかなり重要位置づけになっている。ラカン執拗にこの論文にこだわるわけだしね。

それに、フロイト批判をしたバウマイスターは、フロイト提唱する説でエネルギー重要位置に置かれていることに敬意を表して、フロイトが使っていた自己を指す言葉自我(エゴ)」を使って、「自我消耗」という言葉を「人の思考感情や行動を規制する能力が減る現象」に名付けた。自我消耗に関しては、後に脳波記録検査法(EEG)で脳内の前帯状皮質におけるスパイク発火(エラー関連陰性電位)が対応する脳機能であることが確認された(5)。


科学的な心理学

著名な心理学者であるスティーブン・ピンカーは、 今回で言えば「人生全体」「物語の蓄積」「人生の深み」といったことで、科学基本的研究方略である単純化(simplify)」を退けようとしていることに苦言を呈している(6)。 研究対象をとなる複雑な現象をいろいろなレベル単純化し、いろいろなレベルごとに 解明していくことを拒んで、複雑な現象ありのまま理解しようとしていたのでは研究はいつまでたっても現状に停滞したままになる。単純化を嫌って、複雑な現象を複雑なままで捉えようとする人文系学問に多く見られるのこうした研究方略を、ピンカーは完全な正確さを求めて「原寸大の地図」 を作った愚かな地図職人を描いたホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)の寓話批判している。

現代心理学の始まりブント(Wilhelm Wundt: 1832-1920)のライプチヒ大学での心理学実験室創設とされるように、そのスタートから科学を目指したものだった(7)。 人文学科学化と言っても、物理学化学実験を導入するのではなく、心理学実験手法神経科学実験手法(EEGfMRIなど)を取り入れればいいのである。また、国際的科学心理学学会APS(Association for Psychological Science)の会長だったカシオッポはこうした点に注目し、心理学科学と他の文系学問とのハブとなるべきであると主張している(8)。

個人的には、人生全体から人間理解フロイト理論人間理解よりも、人類史から人間理解(進化心理学)(9)や神経科学から人間理解の方(10)がより多くのことと整合性が有ると思うし、「物語」を一切考慮しないで休職者の約53%を予測したリシテア(11)といったことの研究心理学がより一層取り組んでいくことを願ってるわ。


▼出典

(1)Allen Wheelis,"The Quest for ldentity"(New York: Norton,1958).

(2)Sigmund Freud,"Drei Abhandlungen zur Sexualtheorie(『性理論三篇』)"(1905)

(3)M.E.P.Seligman,"What You Can Change and What You Can't :The Complete Guide to Succesful Self-Improvement"(New York:Alfred A.Knopf,1993).

(4)Roy F. Baumeister,Karen Dale,Kristin L. Sommer,"Freudian Defense Mechanisms and Empirical Findings in Modern SocialPsychology: Reaction Formation, Projection, Displacement, Undoing, Isolation, Sublimation, and Denial"(Journal of Personality,1998)

(5)Michael Inzlicht,Jennifer N. Gutsell,"Running on Empty: Neural Signals for Self-Control Failure",(Psychological Science 2007)

(6)Pinker, S."Science Is Not Your Enemy: An impassioned plea to neglected novelists, embattled professors, and tenure-less historians." (New Republic, 2013)

(7)Bringmann, W. G., Bringmann, N. J., & Ungerer, G. A."The establishment of Wundt's laboratory: An archival and documentary study." (W. G. Bringmann, & R. D. Tweney (Eds.), Wundt studies: A centennial collection (pp. 123-157). Toronto: Hogrefe. 1980)

(8)John Cacioppo,"Psychology is a Hub Science"(Observer 2007)

(9)Martin Daly, Margo Wilson,"How evolutionary thinking inspires and disciplines psychological hypotheses." Pp. 15-22 in XT Wang & YJ Su, eds., Thus spake evolutionary psychologists.(Peking University Press,2011)

(10)一例を挙げれば、心の理論(Theory of mind)における神経科学役割とか。サイモン・バロン=コーエンが有名だろうが、研究は色々有りすぎて挙げきれない。

(11)HR テクノロジーで、人や組織パフォーマンスの最大化を図る 「リシテア/AI 分析サービス販売開始(https://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2016/1201.pdf)

2018-10-01

anond:20181001125925

以前、盲目女子高生が駅で何者かに暴行を加えられ、リベラル勢力を中心に世論が湧き上がったことがあった

何て心ない行為だろう、弱者に厳しい日本社会象徴している、などなど各方面から非難の声が上がった

しか犯人が見つかるとキモくて金のない…だけでなく、知能もないおっさんだった

心ないというより知能がない犯人、これが知れ渡った瞬間、リベラル紙を含むメディアは一斉に報道を打ち切った

かわいそうに、女子高生覚悟を決めて記者会見までおこなったのに、梯子を外された形となった

周りの人は、知能がなさそうな人だからといって、彼の行動を抑止できない

そんなのは自由尊厳を奪う行為人権侵害から

事件が起きるまでは黙って見守るしかない

一方で加害者であれ、被害者であれ、事件が起こりうるか外出禁止とするのも人権侵害である

この手の事件はどう防ぐべきで、また起きてしまったらどう対処すべきか

リベラル解決問題の一つである

2018-09-21

境界線上のホライゾン』表紙イラストは「意図せず描かれたステレオタイプ女性」だったのか

今回の件では、ラノベ批判する側も決して一枚岩でなく、いくつかのグループがありました。

そのうちのあるグループがこう主張していました、

エロい表紙だからダメ」でも「差別的意図があるからダメ」でもなく、

私たちに『差別的意図がある』と思わせたかダメなのだ」と。

ストレートに受け取れば単なる被害妄想です。

なかなか理解できずにいたところ、ふと思いついたのが、

差別的意図はなかったとしてもステレオタイプ黒人を描くのは差別」という論理でした。

差別的意図はなかったとしてもステレオタイプ巨乳女性を描くのは差別」。

なるほど、対応しているように見える。

同時に強烈な違和感も覚えます

いったい何が問題なのでしょうか?

意図的でない」の意味

なぜ「意図的でなくとも」なのか。

それは、差別的ステレオタイプを「無自覚に」支持していることがありうるからです。

とすると、これはむしろ意図的でなくても」というより、

意図的でないからこそ」と考えたほうがいいでしょう。

意図的にそのような表現をしている場合

そこからは作者の「意図」が差別的かどうか、という問題となり、

表層的な「見た目」の問題ではなくなるからです。

境界線上のホライゾンXI中』の表紙に描かれた、

葵・喜美というキャラクターの格好には、もちろん作者の「意図」がありますが、

その「意図」を評価するには、作品内容に踏み込まねばならないでしょう。

被害者差別的に感じればすべて差別」という論法が使われることもあるらしいですが、

これは「差別かどうか」を機械的分別しうる分かりやす基準が欲されているだけだと思います

当然ながら、「そこに意図はあるのか」「その作者の意図差別的か」といった判断思考放棄は許されず、

何らかの問題が起きるその都度に吟味する必要があるでしょう。

ステレオタイプ」の食い違い

「頬を紅潮させた半裸の巨乳女性」のイラストを見て、

男性への媚びや隷属、あるいは羞恥といったイメージを抱く人がいます

一方で、オタクには「エロい女は強キャラだ」というステレオタイプがあります

あられもない格好をして興奮しているようなキャラクターが弱いはずがない。

境界線上のホライゾンXI中』の表紙に描かれた、

葵・喜美というキャラクターもまた作中屈指の強キャラであり、

主人公も含め、多くのキャラクターが頭の上がらない存在でもあります

たとえば「ハーレム」というと男性優位をイメージするでしょうか?

多くのハーレムラブコメにおいて、男性主人公は情の深さと優柔不断を併せ持ち、

その性格がためにむしろ周囲のヒロインたちに奉仕する構図になりがちです。

(もちろん英雄好色を地で行く奔放なキャラも一つの類型として存在しますが)

ハーレムヒロインたちが恋敵ではなく戦友として結託して、

主人公をみんなで「管理」するような展開すらままあるのです。

言うまでもなく「いずれのステレオタイプが正しいか」と主張したいわけではありません。

ステレオタイプというものは意外に食い違っているものだということです。

女性の頬が紅潮しているのは男性への媚びである」が「黒人の唇は厚い」などと

同程度に共有されたステレオタイプであるのかは議論余地があるでしょう。

それは「女性」なのか

境界線上のホライゾンXI中』の表紙に描かれた、

葵・喜美というキャラクターはもちろん女性です。

(ちなみに境ホラⅤ下の表紙は男性です)

しかし、たとえばセリーナ・ウィリアムズカリカチュアライズして炎上した風刺画とは違い、

オタクにとってあのイラストは、あくまで葵・喜美というキャラクターの「真像」です。

これは、あのイラストを広く遍く「女性」のカリカチュアとして捉える人々との深刻な齟齬となります

特に、葵・喜美はキャラクターとして「ごく一般的女性」として設定されているわけでもありません。

シリーズに深く親しむファンほど、「女性」全体のイメージと結びつけるような見方に反発するでしょう。

キャラクター性を度外視できる「見た目の過激さ」についてだけではなく、

その意図差別性にまで踏み込んで議論するのであれば、

この認識の溝を埋める努力必要となってくるはずです。

2018-09-20

anond:20180920203123

怖くて聞けないんだよ。

ボケね。

水道節約の方がありうるかな。

2018-09-19

anond:20180919195044

id:envsです。


ヘイトスピーチ論に関してはルワンダ虐殺の例も含め、私の不勉強な面があります

ヘイトスピーチをどの程度規制するか、規制する際の法的手続をどうするか、検察刑事で訴えるのかそれとも民事で訴えるのか、民事で訴える場合誰が原告となりうるか権利制限するものから憲法に明記すべきではないかヘイトスピーチの事前抑制は認められるべきか、そしてヘイトスピーチ定義をどのようにすべきか(件の新潮45記事ヘイトスピーチか)、など、私の中で立場を決めかねている問題が多々あり、現時点で満足行く回答をすることができません。


ヘイトスピーチ規制は、ともすると、ポリティカルコレクトネスの徹底的運用による対立の深化・表現の萎縮や、ポルノグラフィティ規制論など、あまり私が望まない方向へと繋がりかねないのではないかという懸念があります
当然上記によって割を食う表現やその表現愛着を持っていた人の権利よりも、ヘイトスピーチ侵害される人間権利を守る方が重要ではないかという意見理解できます


現時点では、私の考えを上手くまとめることができません。不勉強申し訳ありません。

2018-09-15

anond:20180911165115

今後のご活躍を祈念します。

研究所トップ

 研究員に対する「まだそんな研究していたのか」発言は、研究機関では多々見られます。これは、不器用な期待表現の一つと思われます一般企業研究場合研究テーマ事業部門から委託によるものが多く、将来の事業創出につながるブレークスルー研究は誰がやっているんだという指摘があります現場研究からすると事業部門から要請があるのだから何が悪いという意識もあり、事業から委託研究金科玉条免罪符となりがちです。研究所幹部には、会社経営トップから事業部門から要請のみを行う研究所不要という指摘もあり、苦悩は並大抵ではありません。もちろん研究投資は、現状の事業ニーズに基づく明日テーマと現状ニーズの延長上にない明後日テーマポートフォリオ上に位置づけられるべきです。現状の事業ニーズに応える研究者は必要であり、「まだそんな研究していたのか」発言は、人格テーマ重要性を否定するものではありません。現状事業ニーズに基づいた今今の研究投資事業部門が行うべきという考えによるものだと思われます事業部門は、自部門損益確保のため開発投資抑制して、研究所投資活用したいという想いがあります。その発言は、研究所責任者としては無理から意見と思います。そのテーマ継続したければ事業部門でやってほしい、大きな期待をかける研究者にはもっと大きな飛躍につながるテーマをやってほしいという意味理解すべきでしょう。

ビジョンとつながらない研究

 研究事業ビジョン関係は、具体的に経営者やCTOが示すべきかもしれませんが、専門性の高い研究テーマ事業ビジョンは、現場研究者がある程度示さざるを得ません。それができなければCTOではないという指摘もありうるかもしれませんが、CTOとしては、できるだけ将来のビジョンを示して、そこにつながる研究現場研究者に考えてほしいという想いがあります。その結果、最高給のブロガー揶揄される批判を甘んじて享受して発信を続けます。そんな批判に耐えて情報発信する経営幹部は、稀有ではないでしょうか。その内容は、もしかすると共感する読者からみて最高級といっても過言ではないかもしれません。もちろん、読み手によっては、薬にも毒にもならないビッグワードの垂れ流しの評論で、具体的な行動や指示ではないと感じる方もいるでしょう。それは読み手解釈であり、自身研究テーマファンドを得るために彼のブログの内容を活用してやろうと思う研究者にとっては宝の山に見えます。したたか研究者にとっては、彼のブログ予算獲得のための親切なヒントであり、金科玉条的指針となります。つまるところ、CTO自身立場キャピタリストとして位置づけたのではないでしょうか。そのCTOは、研究予算を獲得して何が何でもこの研究をやりたいという研究者をフィルタリングして、キャピタリストを納得させる研究提案提示させるというフレームワーク確立したようです。そのフレームワーク機能させるために、研究投資の指針やヒントをブログにを垂れ流し、そのブログを薬や毒にするのも研究者次第というスタンスだと思います

人事

 個人的には、CTOキャピタリストみたく受動的でいいのかなと感じます。あまり他人事過ぎて研究に対する熱さがない冷徹マネージメントとなりがちです。研究所長やCTOたる者には、スティーブジョブズ本田宗一郎のような熱いリーダーシップを期待したくなりますしかしながら、研究の中身がわかってリーダーシップを発揮できる分野は、一個人だと限界があります。したがって、分野ごとに任せる存在必要になります。そのあたりは、高度な信頼関係に基づく極めて難しいマネージメントになります。その役割は、理事とやらが担うのかもしれません。一般に、現場研究者のことを考え自ら具体的に行動して指示してきた方が、成功するかどうかは、その仕事を任せるCTO次第です。失敗を部下の責任とすること(成功と認めないこと)もよくある話です。CTOもの言う方であれば、なおさらありそうな事です。そのあたりは、幹部当事者でないとわからないので、表面的に論評するのは控えたほうが良いかもしれません。

最後

 個人努力が報われるかどうか、個人努力だけではどうしようもないことがあります。ただし、研究者として生きていくためには、研究ファンドの獲得(キャピタリストの信頼獲得)は、不可欠です。プロ研究者として、ご自身をどのように位置づけるか、つまりキャピタリスト自分適応させるのか自分投資するキャピタリストを見つけるのか、どちらかにチャレンジしければなりません。おそらく、CTO現場研究者に自分適応させるのか、自分方針に従う研究者を集めるのか、苦悩の上決断してチャレンジしているのでしょう。そんな苦労もなく好きな研究に没頭できるのは、恵まれた方だと思います。遅かれ早かれ、誰もが経験するチャレンジです。今までの経験を踏まえて、技術立国日本リードするプロ研究者としてご活躍されることを祈念しております

anond:20180914235511

さすがにそれは被害妄想だと思う

一般的には実力主義は誰に忖度もしない平等ものとして一応認識されていると思う

まあ時代が進んでいったら「生まれつき遺伝子スコアがよくない子供がいる中で実力主義差別だ!」という近未来がありうるかもしれないけど

2018-09-07

男と女友情はあり得ない

という説について性的対象になりうるからあり得ないのであればもう友情なんかどこにもないのではないかと思う



自分別に性別関係なく普通に友情あると思う派ではあるが結局相手のある事なので相手がどう思うか次第である

なんにせよ友達はいない

2018-08-27

anond:20180827111941

なるほど

場にちんちんゼロではなくイチから始まるから

ちんちん無しには語れないのか

 

百合っくすくらいか、と思ったが

百合っくすの場合メタファーとしてのちんちん存在うるから難しい

そういえばちんちん存在しないライト百合っくすが好きな人

ちんちんありのもっとハード百合っくすが好きな人がいるな

2018-08-25

anond:20180824221459

図書館戦争はある種の「反体制フィクション」なのかもしれないけど

大元増田がいう「ネトウヨっぽい」へのカウンターたりうるかというと

深い思想は深い思想でも表現規制反対という思想物語になってるものだし、

昨今の表現規制問題への扱われ方を考えるとそれで本当に大本増田は満足するのかと言うと疑問だと思う。

思慮深けりゃ何でもいいって話ならあれはとても思慮深いししっかりしてるし良いものだと思うけど

2018-08-22

anond:20180822004337

気にしすぎとは思いません。

現実にどの程度起こりうるか大事な話であって、実際にあったという証言大事だと思います

からツイートされたことに対して、嘘でも本当そこまで重要ではないという論には同意できません。

作り話ならそう言ってくれというのは理解してもらえてるみたいですが。

2018-08-21

スウェーデン声明

スウェーデンは、プロトコル1及び4の改正に関する欧州連合モロッコ王国協定署名と締結に関する理事会決議を採択する提案について、仕方なく指摘させていただく。スウェーデンは、欧州連合モロッコ王国間の協定に対するプロトコル適用に関する交渉開始承認に賛成票を投じたときスウェーデン国家としての声明において、将来の協定は、欧州司法裁判所ケースC-104/16 Pの判決を含め、国際法を完全に尊重するもの理解することが、それを行う際の基礎であるとはっきり申し上げた。法的確実性はすべてにとって必要である。かかる判決では、西サハラ領土カバーするモロッコとの協定は、西サハラの人々の同意を得なければならないと述べている。 しかるにスウェーデンは、この国家声明にて、この判決に沿って「利害関係者」が「西サハラの人々」である理解したことを明確にした。スウェーデンは、協議プロセス実施を含め、交渉過程での欧州機関実質的作業感謝する。スウェーデンは、「西サハラの人々の同意を確かめるためにすべての合理的かつ実現可能措置が取られた」と結論した理事会法務サービス(WK 10738/18)の貢献をよく覚えている。スウェーデン西サハラの人々がこの協定同意することが重要である再確認し、協議過程相談した団体西サハラの人々である規定うるか曖昧であると指摘した。 協議プロセスおよび/または協定案に対する拒否特に国連プロセスにおけるサハラ以南の人々の公式代表であるリサリオによる反対に鑑みて、西サハラの人々の自由インフォームドコンセント構成すると言える……との当協議プロセスの結果に、スウェーデンは満足していない。

ていうかパーソナルスペース云々の人、双方とも実際に裁判自分の主張がどの程度判決に影響を及ぼしうるか考えてるんかな

もし敗訴しそうなガバガバ論理を振りかざしてる自覚があるならさっさと法廷で確かめてきてください、としか言いようが無いが

お前らみたいな法的な情弱ノータリンに何言っても通じないだろうから別にいいんだけどさ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん