「説教」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 説教とは

2017-09-21

xevraって何者なの?

瞑想野菜運動睡眠言いまくってて、常軌を逸してない?

さら社畜ディスって起業万歳であるところから、おそらく経営者なのだろうけど、会社経営の合間にはてブ説教やっているのか

酔狂なことをやるもの

何の会社で、どういう経歴で経営者になったのか、とても気になる

単著とか出ないものかね

xevra流、4つの成功習慣みたいな

ちょっと欲しいか

元々顧客たり得ない層に上から目線説教垂れて炎上してブランドイメージだけ毀損するとか広報として有能すぎる。

2017-09-20

anond:20170920082907

「まず声かけろ!好きになるのはそれからでいい!」って説教してる奴と対消滅してからお願いしま

2017-09-19

まれ身分他人説教するのは常識範疇だろ

そうやって俺はいつも他人にアウトにさせられてきた

要は嫉妬なんだけどね

ほとんどの人にとって国籍は選べないものだし、アメリカ国籍どころかグリーンカード取るだけでも大変な苦労をしなきゃいけないんだが、

彼女は「アメリカ国籍在日韓国人ハーフ」というチート属性で、3か国ぐらいの国籍選択できる立場にある。

そういう人が1つの国籍に縛られた人を相手に「私は地球人」だとか言ってたら、そりゃ反感買うだろう。

本人の努力も何も関係なく生まれ身分他人説教するっておこがましすぎないか

anond:20170919183150

初心者多いと説教したいだけマンも集まってくるから更に役に立たなくなるという

2017-09-18

寺の融通の利かなさ

うちのお墓を置いているお寺に毎年管理料を払わなければならないのだが、これが面倒臭い

支払い可能期間が毎年一週間のみ。それも直接寺まで出向いて納付しなければならない。

しか微妙お盆お彼岸の時期を外している。

うちはちょっと離れたところにあるので、この時期にわざわざ出向くのがちょっとしんどい

うっかり払いに行くのを忘れてしまうと、来年の所定の期日にまとめて払えと督促が来る。

それをリマインダーに入れときゃ良かったんだけど、なんとなく忘れてまた今年も「来年まとめて払え」と手紙が来た。

「振込か、現金書留で送ることはできませんか」と問い合わせると、逆に仏のことをないがしろにするなと説教された。

確かに仏さんは大事だしリマインダーに入れなかったのも悪いけど、もう少し融通を利かせてくれてもいいのでは?

それでいて寺改築費を回収する時には「カードで分割も可」等と言い出す。

もやもやする。

そんなこと言っているか檀家減るのでは?

なんてことを言うのは罰当たりなんだろうか…

2017-09-16

父を愛することが出来ない

 父は貧しい個人商店長男で、奨学金を貰いながら大学に通った。やがてお見合い結婚をし、母との間に私と妹が生まれた。妹が生まれる直前に、土地付きの家を買った。家族旅行にもよく連れて行ってくれた。私も妹も、名の通った私立大学を出ている。

 専業主婦の母と娘二人を養ってくれた、世間的には平凡だが立派な父。

 理屈ではそんな風に考えられるのに、私は父を愛することが出来ない。30歳になった今でもだ。


 子供の頃、我が家には大きなピアノがあった。私がピアノ教室に通い始めてすぐ、音楽の心得のある父が付きっきりで練習を見てくれたことがある。幼稚園児だった私にとっては、トラウマと言ってもいいような記憶である

 私がうまく弾けないでいると、父は厳しく叱り付けた。正しい運指を見せて、この通りにやれ、と言う。殴られたわけではないが、涙が出る程度には恐ろしい口調だった。両手が塞がっているので、涙も鼻水も垂れるがまま、いつ間違ってしまうかと怯えながらピアノを弾いた。見せてもらったばかりのお手本の真似も出来ない自分は、きっと出来の悪い子供なのだと思った。

 その後も父にはしばしば、「同じところで何度も間違うな」と注意されたことを覚えている。間違えると叱られる。私にとってのピアノとはそういうもので、演奏を楽しんだり、褒められた記憶はない。今でも鍵盤を前にすると、誰かに監視されているような気がする。弾くことは、もう一生ないと思う。

 子供にも音楽やらせたい、最初に正しい型を叩き込むのが肝心。それは父なりの愛情表現だったのだろう。ピアノは高価な買い物だったはずだし、月々の月謝も安くはなかったはずだ。何より、わざわざ時間を割いてくれた。練習の様子も気に掛けてくれてはいた。

 そう、理解はしている。理解はしているのだが。


 家族食卓を囲んでいても、父は原則として、人の話を聞いていない。「お父さんはどう思う?」と水を向けても、大抵は無反応である

 テレビを見ながらの大人同士の雑談なら、それでもいいかと思えるが、毎日出来事を話したい盛りの子供には辛いものがあった。進路や学費といった相談事まで無視されるのには辟易した。仕方なく何度も話し掛けたり、大きめの声で注意を惹くと、ものすごく不機嫌になる。金は出してやるから好きにしろ、とだけ言って背を向けてしまうので、どのみち会話は成立しない。

 そのくせ父の方は突然ウンチクを語り出したり、つまらオヤジギャグ飛ばし、望んだような反応が得られないと機嫌を損ねるのだ。

 そんな壊滅的な父の対話能力は、酒が入ると完全に消滅する。自分語りやお説教を垂れ流すのはともかく、好意的な反応を返さないと拗ねたり怒鳴ったりするのが厄介である

 体のためにも酒量は控えて欲しいと、家族がどれだけ注意したところで、ネットショッピング無尽蔵に取り寄せられてしまう。それでも家計に響かない程度に稼いでいるのは父自身なので、経済的な切り口から禁酒を勧めることも難しい。健康診断は既に要注意項目が複数あるのだが、どれも「危険」の一歩手前であるため、「これくらいは大丈夫ってことだろ」と言い張って毎日のように飲む。

 酔った時の父について、私は子供の頃、まるで人語の通じない別の生き物みたいだと思っていた。大人になり自分自身が酒を嗜むようになった今でも、その印象は変わらない。お酒楽しい時間を過ごすためのもので、酔って記憶も正体もなくすのでは本末転倒だと思う。

 私は思春期を迎えると共に、夕食を食べ終えた後は子供部屋に引きこもるようになった。妹は部活動アルバイトで、なかなか帰って来なくなった。

 父の帰りが遅かったある日、嫌味を言われたことがある。

「俺の金で生活出来てるくせに、女同士でだけ楽しそうにしやがって」

 何も言えなかった。父がいない日は妹も早く帰ってくるし、私だって居間宿題をやった。


 父はたぶん、精神的には幼児のまま、体と職能けが立派になってしまった人だ。父方の親戚や祖父母の家を見れば、経済的にも精神的にも恵まれない育ちだろうと想像はつく。発達障害の特徴もある。それでも一家大黒柱として、アルコール依存症気味になりながらも私たちを育ててくれた。

 立派だね、頑張ったんだね、育ててくれてありがとう

 きっと、そう言えるのがいい娘であり、いい大人だ。

 分かっていても、気持ちが追い付かない。虐待を受けたわけでもないのに、愛情を注がれてきたはずなのに、肉親を愛せない自分失望する。


 食卓に出された料理を、自分が欲しい分だけ取ってしまう父。一人二つずつだからね、と食べ始める時に母が釘を刺したにもかかわらず、無視して三つも四つも食べる。それが久しぶりに帰省して来た娘の好物であってもお構いなしだ。酒が入ると、もう手が付けられない。

 だから小皿に分けてって、いつも言ってるのに。ごめん、大丈夫だと思ったんだけど。母とは目と目でそんな会話をして、肩をすくめた。

 父は視野の狭い、ただの子供だ。悪気はないんだ。ならば歩み寄れる、愛せるようになるはずだ。

 そう自分に言い聞かせようにも、欲のままに飲み食いする還暦過ぎの酔っ払い視覚インパクトがあり過ぎる。卑しい、醜悪だ、という感情を打ち消すことが出来ない。自分の血肉の半分がこの男から受け継いだものだと思うと、身の毛がよだつ。どうして母は、こんな男と一緒に暮らし正気を保っていられるのだろう。

 こんなことは誰にも言えないから、ここに書く。

 私には、父を愛することが出来ない。

2017-09-15

こち亀昭和庶民レストランの話で

両津コロッケは平べったく潰してソースびしょびしょにして味を濃くして一個で何杯もご飯を食べるんだと説教しているところに、それはあなた家だけの話じゃないのと突っ込まれる回好き

2017-09-14

aukusoeは9月8日に何が起きたのかを説明する責任がある

発端はハイク

http://h.hatena.ne.jp/aukusoe/316622392682823685

恥ずかしすぎる

恥ずかしすぎる

今もう顔が真っ赤か

こういうのは増田で解消するに限るけど

徹夜中なので寝て起きてまだ恥ずかしかったら、書きます

恥ずかしいことがあったらしい

その後、ゲーム日記

https://anond.hatelabo.jp/20170909113251

そこでたまたま隣に座った女性と、やたらと意気投合して、朝の7時まで飲み歩いた。

さすがに、7時まではヘトヘトで、喉も痛いしで、今もまだヘトヘトです。

なんかこう、艶っぽいワンナイトラブ的なサムシングに関しては、もう顔が真っ赤になるぐらい恥ずかしい展開が待っていて、

いい歳してこういう展開に場慣れしていないことが、もう、この、その、あー。

いやもうね、そのね、忘れよう。

ここで女性と朝まで飲み明かしたあとエロいことと恥ずかしいことが起きたことを示唆している

さらに、その後もブコメ

http://b.hatena.ne.jp/entry/344691456/comment/aukusoe

手コキが入ってないでござるか!? いや、自分で手でしごくことと手コキは違うでござるか? 拙者女性経験があまり豊富では…… ないから、金曜の夜から土曜の朝まで飲んだ後コメダで一時間説教を食らうんだな。

と結果説教をうけたことを告白している

けど、どうして説教をされたのか、なぜ恥ずかしかったのか

まったく説明責任果たしていない

いったいなんだなにがあったんだ

おい、aukusoe!

みているんだろ!

説明しろ

説明しないなら、女性を家に連れ込んだがコンドームなしでしようとして怒られたことにするぞ

それでもいいのか?

生ハメしようとして怒られたといってまわるぞ

増田中全員でいいつけるぞ!!!!!

コンドームは男のエチケットだぞ!!!!!!!!!!!!

2017-09-13

キャラクターが優しくない。キャラクター言動攻撃である

・話が説教臭い

時間が急速に流れる

ストーリーが緻密

ものすごく泣けて、かつ、ものすごく笑える

「優しい系アニメ」を見よう

優しい系アニメとは何か?

キャラクターが優しい。キャラクター言動攻撃的でない

・話が説教臭くない

時間がゆったりと流れる

ストーリー希薄

ものすごく泣けたり、ものすごく笑えたりしない

などを満たす俺が提唱する日常系アニメの一ジャンル

該当作品としては、個人的にはあんハピ、ふらいんぐうぃっちのんのんびよりなどがある。今期だとひなろじがそれに当たる。

基準結構曖昧で、例えばのんのんびよりはギリセーフだけどきんモザはギリアウトだ。きんモザ好きだけど。

日常系アニメの中でも特にこれらのアニメは完全にストレスフリーで、癒やし以外ほぼ全くないから、心がすれている人はぜひ見てほしい。

以上。

2017-09-12

anond:20170912185937

おやおや

他の増田読書履歴を知っている気になってるぞこの低能

それはただの妄想だよ低能

しか読書しないと発達障害になるとかNATROMゴミクズ説教されてこいよw

anond:20170912132727:読み間違い

お前のまわりの臭気がどれだけいいのか知らんが

それでもやることが昼間から増田でくだらない説教ってんじゃ

臭気ってものにどれだけ意味があるのかよくわからないっすね

お前のまわりの景気がどれだけいいのか知らんが

それでもやることが昼間から増田でくだらない説教ってんじゃ

景気ってものにどれだけ意味があるのかよくわからないっすね

相手気持ち配慮してたらコミュニケーションなんてできない

相手気持ち配慮してたらコミュニケーションなんてできない。

自己肯定感のない人間にとってはそうだ。

だって自分みたいな奴が他人と接触したら不快感迷惑や加害を与える可能性が高いんだから他人への迷惑回避大事にしたら引きこもって童貞処女ニートしてるのが一番誠実ってことになる。

なのに引きこもってると叩かれるわけで。

それでいて配慮しろってお説教も世の中には溢れてるわけで。

どうしろっつうの。

とかこういうことをネットに書くと「他人がどう言うかなんて気にしなきゃいいだけのこと」とかやたら偉そう&強そうに言われがちで、かんたんにいってくれるなあ!って腹が立つ。

もうちょい優しい口調の人とか、或いはリアルで話すカウンセラーとかは「ふだんから気にしいな人はそんなに配慮しなくてもいいと思うよ」とか言ってくれて、それはありがたいんだけど、でも世の中の多くのメディア上は配慮しましょう気にしましょうっていうメッセージの方がずっと多くて、一人二人に「気にしなくていいよ」と言われても、気にしろっていう膨大な説教の方がずっと強く心にのしかかるから気持ちは楽にならないし態度も変えられない。

釘を刺しておかないと悪さをする人が大多数だから、世の中は事前に釘を刺す言説が多く、それでうまいこと回ってるんだろう。

でも刺すまでもなく悪さをしないヨイ子ちゃんは、ただ釘をブスブス刺されて穴だらけになるだけだ。

生きてるだけで辛いし、他の人たちが人生を楽しめてそうなのが羨ましいし妬ましいし、孤独で寂しいし、ニート自分クズだと思うし、でも他人と接するのは暴力だしレイプなのですべきでないと思うし、とにかくつらいので、誰か、助けてほしい。

なんつって、本当に他人配慮してる、自然と悪さをしないヨイ子ちゃんだったら、こんな罵倒みたいな文体で書き捨てたりしないだろうから、語るに落ちてる書き込みって感じだけど。

でも、少なくともこの半年は両親と病院の人とスーパーコンビニ店員さん以外とは会話してないし、交際したこともないし、就職したこともないので、その辺はちゃんと節度を守れてるから一定の評価はしてほしい。

2017-09-11

[] かねもりあやみ 「サチのお寺ごはん」1巻(ギブアップ

いろいろあきらめて活力なく毎日生きててインスタントとかコンビニばっか食ってる27歳OL主人公

ある日コンビニで寺に住む3人の男と出会ってから食事にお呼ばれしたり自炊するようになる


久住 昌之 (原案協力)ってことと新聞テレビ欄でドラマやってるのを知ってたから読んでみた

でも途中でギブアップした

理由1:説教がうざい

寺ってことで毎回坊主説教が少しあるけどそれがうざい。しかもそれほどうまいこと言ってなくてすかっとしない

理由2:会社の同僚、上司がうざい

主人公の勤め先の同僚やら上司がほんとむかつく

主人公仕事押しつけて飲み会行ったり、主人こうが弁当作ってったっら、そのせじで梅雨入りしたとかいいがかりつけてくるし

ほんと胸糞悪い

お寺ごはんっていうからには疲れたOLがお寺の精進料理で心をいやすくらいでいいのに、なんでわざわざストレス要素をぶっこんでくるのか

男3人と仲良くするってのも都合よすぎっていうか少女漫画チックで気持ち悪い

グルメマンガエロが混じってる不倫食堂と同じような、食欲と性欲いっしょにしちゃいかんだろてきなものを感じる

こっちは性欲じゃないけどそれと同等の少女漫画的都合いい展開があってほんと読んでて気持ち悪い

2017-09-09

亡くなった祖母の宝物

祖母が亡くなった。

去年まで元気だったのに、半年前に骨折

それから寝たきりで

脳梗塞になり、しゃべれなくなってあっという間だった。

祖母とは、高校卒業まで同居していて

私が大学上京してからは、お正月に顔を合わせる程度になっていた。

在学中、「美味しいもん食べなはれ。たまには元気な声きかせて」と

ダンボールにいっぱいの食料を詰めて

絵葉書と共に送ってくれていた。

一度だけ都内旅行に来たことがあり

ほおずき市に連れて行った事を今も覚えている。

汗だくで、化粧もすぐ落ちてしまった、暑い日だった。

私は当時大学四年生で、祖母自由に使えるお金が少なく

二人して安いお鮨やさんに入って、おいしいおいしいと言いながら

たくさん食べた。


卒業してから数年経って、お正月に帰るたびに

結婚するなら、優しい人にするんやで」

自分若い頃は…」

色々と説教をされていた気がする。

ありがたくも、少し鬱陶しく感じていた気もする。


そうこうしているうちに

正月帰省せず、友人や彼と過ごすことも増えていた。


去年のお正月帰省した時に

祖母自分宝石を入れてるケースを引っ張りだしてきた。

これとこれをあげる、と 大事ネックレスやブローチを中から出して

私に手渡し、「自分が死んだら、中のもの全部持ってってええ」などと言うが

そんな辛気臭いこと言わないで、あのババアまだ生きてる!ぐらい長生きしようと

二人で笑っていた。



先日、祖母の遺品を整理していた時

ふと、宝石のケースを思い出し のぞいてみた。

中に宝石らしい物は何もなかった。

その代わりに、私と一緒に撮った写真や、在学中書いてあげた手紙や、

小さい時に作ってあげた折り紙などが入っていた。

あのお正月にもらったもの以外は、全部換金していたようだ。




ボーナスでたら、日帰りでなく泊まり

もっともっと美味しいお鮨やさん連れていくから

東京遊びにおいでよ」

そんな、のんびりしたことを言っていた自分が悔しかった。

来年は、婚約している彼と お墓参りをするのかな。

2017-09-08

転売チケ購入者愚痴ブログを読んだ

実際読んでみて、開き直りすぎだと思ったよ。

なんで「他の人は見つからなかったのに自分だけ」「被害者だ」みたいな態度を取ってるんだよ。

あんたは正規販売店以外から買った時点で、正規チケットではないことを認識していたはずだ。

現状、売り手が転売屋でなければ、チケットを買っても罪にはならない。

だが、そのチケットは「(あんたにチケットを売った)Aさんがコンサートを観る権利の引換券」だ。

あんたが買ったとしても、あんたにコンサートを観る権利はない。

俺の解釈ではそういうことだ。

受験と同じ。

あんたがAさんから学校合格通知を買った場合も、合格したのがAさんだという事実は変わらない。

あんたは合格していないんだから、その学校、そのコンサートには入れないんだ。

え? 俺に説教する権利はないだって? わかったよ。すまなかった。

でも、もう二度と転売チケットを買うなよ。

2017-09-07

キリンビール営業を叩いてる人たち

もし本編を見ずにあの画像だけで判断して叩いてる人がいたら、本当に許せないなって思う。

はっきりいって、説教してた人、これで人生狂ってもおかしくないですよ。そういう重みって感じてるのかね。

本編を見て、言葉や表情や関係性や経緯、そこに含まれニュアンス理解した上で叩いてるならまだいいけど、見もせずに叩いて、人を社会的に追い詰める行為に加担してる人がいるならそれは本当に許せないと思う。

2017-09-06

くっそ

いい感じの夢を見てたのに近所の子供が突然手のひらにゴキブリでも乗ってきたような悲鳴をあげるもんだから半端に目が覚めてしまった

その後鬼母がなんかくどくど説教してたから、外に出すぞみたいな脅しを受けたんだろうけど時間帯考えろよ

2017-09-04

https://anond.hatelabo.jp/20170904161028

教師暴力禁止だし生徒の暴力禁止だろうがよ。

昔でも「恐怖の対象になってる先生」は暴力振るうからじゃなく説教が怖いからだったわ。

人間に「決して間違うな」と言っているような気がする

ネット意識バリバリ高いお説教をしてくるタイプの人って、とにかく他人の間違いに厳しい。どんだけ間違えない生活を送っている人なんだろう?と思う。

2017-09-03

https://anond.hatelabo.jp/20170903223959

横だけど

男が好きな時に風俗行けるみたいに女も女性向け風俗で後腐れなく性欲発散したーいって話だよね

たとえ短期間でも名前や顔晒し風俗店に勤務するなんて一般女性にはリスク高い上に好きな時にセックスはできないかあん意味なさそう

賢者タイムに嬢に説教したり性器を傷つけるようなプレイをする人もいるだろうし

(同じビジネスセックスでも女が金払うより男が金払う方が女の扱いが雑になりそう)

クラブ行ってもたとえ穴があるとはいえわざわざ汚いデブスを選んで手をつけるパリはいないと思う

[] #35-2「非人道的な寛容」

「おい、うるさいぞ! 黙らせろ!」

どこから野次が飛ぶ。

どうやらミミセンよりも先に耐えられなくなった人間が出てきたようだ。

「はあ、やれやれ

俺はため息を吐くと、そう言った。

確かに赤ん坊の泣き声は耳障りだが、怒ったところで泣き止むものでもないだろうに。

あいったバカ大人にはなりたくないもんだな。

かといって、あん大人説教しても意味がないことも俺は知っている。

事態が余計に煩くなるだけだ。

俺が気になったのは、どちらかというとミミセンだ。

明らかに様子がおかしい。

耳当てを押さえつけて、更に何かぶつぶつと呟いている。

「お、おい、大丈夫か」

極端すぎる行動に、俺も心配になる。

だが、そんな俺の声すら今のミミセンには届かない。

そして、とうとう耐え切れず他の車両に小走りで逃げてしまった。

赤ん坊の泣き声もそうだが、それに怒り狂う人の罵声、これもミミセンにとって聞くに堪えない雑音であったようだ。

それが同時に襲い掛かったことでミミセンのキャパティオーバーしてしまったのだろう。

俺は心配になって後を追うことにした。


「マスダの兄ちゃん……心配かけてゴメン」

別に保護者ってわけでもないし、そんなことを俺に言う義理はないさ」

俺が追いついた時には、ミミセンも幾分か落ち着きを取り戻していた。

耳当ても外しており、俺の声を聞く程度の余裕はありそうだ。

「いきなりブツブツ言い始めたときは、さすがにビビったぞ」

「周りの音を気にしないよう、自分の声に意識を集中させていたんだ。最終手段だね」

「その最終手段でもダメだった、と」

目的地までは、お互いもうしばらく時間がかかる。

俺は話を聞いてやることにした。


「僕、嫌なんだよ。赤ん坊の泣き声が。でも同じくらい、それで怒り狂う人間の声も嫌なんだ」

「まあ、それは何となく分かる」

「それでも何とか対処してきたのに……こんなにキツい状態になったのは久しぶりだよ」

「長く生きていけば、似たような状況には何度か遭遇するぞ。バスとかで移動すれば?」

バスで遭遇する可能だってある。それにバスはそれ以外の雑音が酷いし、他の車両に逃げることすらできない」

自転車とかで移動するか?」

耳栓をつけながらは危ないよ。僕の家から図書館までは距離が遠すぎるし」

「じゃあ……我慢するしかないな」

彼の苦悩に対して、我ながら不甲斐ない返ししか出来ない。

俺の言っている程度のことは、耳にタコができるまでもなくやっているだろうからだ。

それでも看過できないから、ミミセンはここまで苦しんでいる。

「音もそうだけどさ、それをツラいと思ってしま自分の心が何より嫌なんだ。いつか自分赤ん坊の声に怒り狂って、あんな風に忌み嫌う雑音の一員になってしまうんじゃないかと思うと、怖くて仕方がないんだ。でも、どうすればいいかからないんだよ」

ミミセンはかなり参っているようだった。

なまじミミセンが物分りのよい子供だったが故の悲劇といえる。

理想現実自我

それらに自分の体が帳尻を合わせられず、ギャップに苦しんでいる。

成熟していく過程で折り合いはつけられるものだが、ミミセンは早熟すぎて身体精神バランス感覚が狂ってしまった。

このままではミミセンは青い果実のまま腐り落ちるかもしれない。

荒療治が必要だ。

というか正直、こんなところでミミセンにまで泣かれたら俺が困る。

(#35-3へ続く)
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん