「農業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 農業とは

2018-01-15

たか

お前またか

お前は俺か時間知識技術搾取できるだけして

散々疲弊させた挙句に今度は人脈まで手突っ込んでくるのかよ

それをしれっと何事も無かったかのように振舞う感じ、正直しんどいわ。

まあせいぜい焼き畑農業に精を出してくれよ。

2018-01-09

7Days To DieというゲームMODをいれた

夜走るゾンビがいる世界観で狩りをして、衣食住を揃え、7日ごとのゾンビの襲撃に耐えるゲームである

MODだと、作れるものが増え、飲食物が腐り、敵の種類が増える、等々ゲームの複雑化と難度上昇が行われる

特殊場合しかめったに合わないゾンビはいるが、

野生生物はこっちが初日サバイバーなどとは考慮してくれない

初日サバンナ歩いてるサイに画面端(壁)でハメ殺された

二日目は帰る途中にハイエナに殺された。もう一度同じ道を行こうとしてハイエナオオカミペアに殺された

しかし、この飲食物が腐るっていうのがヤバくて、

なるべく調理したらすぐ食べないといけない

農業も難度が増していて、すぐ虫がついて作物が枯れたり、ゾンビネズミが湧いて襲ってくるので、

まだ碌に試みることができない

なんとか育てたのに、病気になったトウモロコシを壊す! かなしい!

果樹はそういった事がないので、とりあえず果樹園を作った

バナナアボカドが加工の幅が無くて泣いた。そのまま食うしかねぇ~

やっと鉄を精錬できるようになったので、乾燥棚を作った

カットしたフルーツや肉を干すことができるのだ

それらの食品はとても腐りにくい 旅のお供にぴったりだ

リアルの朝食だと、フルーツグラノーラを食べているのだが、

7DTD世界だとこれ、とてつもなくごちそうだよな~みたいな思いをはせながら食べた

あべかわ餅用に買って余ってたきなこもかけちゃおうっと

2018-01-04

何とそれは二次方程式の解き方であった。

論語の一節「学んで思わざれば罔(くら)し。思って学ばざれば殆(あや)うし。」の注釈として、宮崎市定は次のようなエピソード創作?)を記している。

「むかしある農村青年が非常に数学が好きで、小学校を終えたあと、農業従事しながら十年か かって数学上の大発見をしたと、町の中学教諭に報告してきた。何とそれは二次方程式の解き方であった。中学に入って習えば一時間で済むことなのだ。独力 でそれを発明する力をもっと有効に他に使えば本当に有益研究ができたかも知れない。」

でも、世の中的には、二次方程式の解法は学ぶ必要がないらしい。

2018-01-01

anond:20180101111231

それ農業自営業が減った事ではなく、子供人権と言う概念が生まれた事が原因だけどな

昔みたいに子供学校にも行かせず強制労働OK、売っぱらってもOK、な世の中に戻せとでもいうのか

anond:20180101105134

農業自営業場合子供は直接、その家の労働力になるので、子づくりし易かった。

家が豊かになるには、ずっこんばっこんやっちゃった方が都合が良かった。

ところが、子供は家を出て都会で働くようになるのが主流になると、

子作りの目的が、親の贅沢な暮らしではなく、親の人生道楽に成り代わった。

すると、一人産めば十分となり少子化が進んだ。

306 名前名無しさん@1周年[] 投稿日:2017/12/31(日) 10:36:50.16 ID:U71HfC/00

1970年代に一気に少子化になったが、

オイルショックが原因じゃなくて、

この年代ぐらいから、農業従事者や自営業者がすげー減ったんだよな

これが少子化の主因

企業・勤め人文化少子化の原因

逆に考えて農業従事者や自営業者一定数確保される場合余剰生産力を子育てに割り振るだけの何かが生じているので少子化抑制になると想定出来るとか言うそう言う理屈ですか

普通に考えて企業・勤め人文化においてはあくま企業への勤務体制問題とされ続けるので余剰生産自体が生じにくいと言うそう言う理屈ですか

ブルジョワジープチブルジョワジーの皆さんお答えください

人口減少】来なかった第3次ベビーブーム 産めない、産まない

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514682008/306

306 名前名無しさん@1周年[] 投稿日:2017/12/31(日) 10:36:50.16 ID:U71HfC/00

1970年代に一気に少子化になったが、

オイルショックが原因じゃなくて、

この年代ぐらいから、農業従事者や自営業者がすげー減ったんだよな

これが少子化の主因

企業・勤め人文化少子化の原因

2017-12-17

から医者を目指す人の気がしれない

将来どうなるかなんて、ほとんどの人にはわかりませんが、医者だけはやめとけ、と言いたいです

お金儲けたいのに今から医者を目指すのなんて情弱じゃね?とすら感じます

しかしたら不治の病を研究して治したいとか、医者になって医者AIを発展させる側なのかもしれませんが

予言しま

医者に行く事自体が減るようになる世の中になります

医者病気になったら必要とされる職業ですが、そもそもAIが日々の体調を調査、及び管理し、医者に行く事自体が減るようになる世の中になります

個人マネジメントしてくれるAIが一人に1つついて、朝起きたら、家庭用のAIセンサー睡眠時間、体温、脈拍をチェック

また家庭用のCTができれば、それで体内まで毎日検査して日々の違いをチェック

体重脂肪筋肉等もチェックして食事運動アドバイスをしてくれる

もちろん寝る時の部屋の温度も調整してくれるので、寝冷えもない

そんな未来が来るんですよ!SFでよくでてくる感じの未来ですよ!素敵!

---

まあそこまではないとしても、現状、医者の診断って

1 症状がいつおきて、どんなかんじた伝える

2 聴診器で何か聞いてる

3 診断する

こんぐらいじゃねーすか

1 の症状なんて そもそも医者に行く前にWEBベースでの問診に答えればいいだけだし、問診なんてAIチャットボットでできるし

2 の聴診器で聞くのなんて、それ用の機械つくればいいだけだし

3 診断なんて、入力にもとづく判断なので、そんなのはしろAIの得意分野ですよ

1,2が入力で、3が出力

ただそれだけなんですよ

---

インドのDocsAppしってますか?

https://www.houdoukyoku.jp/posts/15647

問診→診察→処方箋発行→薬の宅配OK

スマホだけで完結するんですよ

医者の居ない地域のためのアプリだったのが、便利すぎて既存医者領域侵食してきます

だって「早い」し「安い」、つまり便利だもん

(※個人的には、採血キット送られてきても、自分採血は嫌だな)

日本語のできる医者がいるなら俺もやってみたいぐらいだし

これが、今は人間医者が診断してますが、これがAIにとって替わられます

絶対

だって、そのほうが安いし、正確だし

人間医者って、名医ややぶ医者がいるように個人差あるけど、AI医者基本的に同じAIなら全て同じ能力

やぶだったら全てやぶ医者

毎日何万件も診察してて、データを日々アップデートしてるんですよ

そりゃ人間に勝てるわけないじゃん

1人5分の診察を1時間やって12人、1日8時間やって96人

1万人になるのに約100日ですよ

それを1日で万単位の診察するAIに勝てるわけがない

---

てきとー検索してたら富士通に下記のサイトがありました

AIがお医者さんに医療診断をアドバイス、これから医療AIでどう変わる?

http://journal.jp.fujitsu.com/2017/11/29/01/

トップレベルプロ囲碁棋士を打ち負かして有名になったAlphaGoにしても、囲碁において最適な次の一手を打つだけのシステムに過ぎず、他に何かできるわけではありません

これねー

富士通も、まあ汎用AIの開発はまだまだ先だと考えてたんだろうけど、でも下の記事をみてください

AIアルファ碁」を改良、将棋チェスでも最強

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24325500W7A201C1FF1000/

最強囲碁AIアルファ碁ゼロ」、将棋チェスマスター

https://www.technologyreview.jp/nl/deepminds-groundbreaking-alphago-zero-ai-is-now-a-versatile-gamer/

まあ汎用AIができましたって記事です

さすがgoogle強い

酒飲みながらなのでgdgdですが、まあ若者医者やめとけよって話でした

じゃあ何を目指せば儲かるかといえば、わかんないけどとりあえずAIを基本としてそれを他の業界に展開できるような仕事ならあと50年はいけるんじゃないかな?

金融AIとか、医療AIとか、農業AIとかあるけど、データを取るのが難しい業界ほど時間はかせげると思うよ

---

つーかねー

年々増えてく老人の医療費を、AI医者にすれば、かなり削減できると思うんだよねー

しかネットを整備すれば過疎地域カバーできるし

医療費が減れば今の若い世代負担が減って、生活も楽になるはずなんだよね

俺は年収500万だけど、厚生年金健康保険あわせて年間90万ぐらい払ってて泣けるわ(毎月6万、夏冬のボーナス20万もってかれてる)

家が欲しいけどこれ、嫁も子供も居るし、これからもっと高くなる事を考えたらローンなんて怖くて組めない

全じゃないくていいから、希望する国民に定期的にレントゲンCT実施して、AI医者のための基礎データになるようにならないか

そしたら今やってるあんまりおしろくない保守仕事すっぱりやめて、AI医者業界に粉骨砕身の覚悟でがんばります

大学受験東京に行くか、地元医学部行くかで悩んで東京にしてちょっと後悔してたけど、まさか医者AIができる世の中まで生きられるとは思ってもなかった

やっぱり世界はすげーなぁ

安定な仕事より、もっと先端な仕事たかったなぁ

という酔っ払いの戯言でした

2017-12-11

anond:20171210154226

自分のことかと思うくらい、とても良くわかる。

20代、30代、40代と、他人の言うことを最優先にしてやってきた。

上司からも「お前はそういうやつだし、そういうところが良い」とまで言われ

自分ボスには向いていない、副委員長タイプだと思って、

言われたことはなんでもしてきた。

あの人に頼めばなんとかしてくれる、という地位を勝ち取った。

長男ということもあり、親の言うことをよく聞く子だった。

小さい頃に虐待されたような記憶はないが、いろいろ厳しかった。

高校は、地域では指折りの進学校に入ったので両親は喜んでくれた。

地元にいることが親孝行になると思って、地元起業就職した。

結婚も、考えてみれば親の希望を叶えるためにしたようなもの

八方美人であることは認める。八方美人であることが、自分の良さだと思っていた。

怒られることや拒否されることを極端に恐れ、飲み会でも自分意見はなるべく言わず

他人同調して場を盛り上げることは得意だ。

しかし、50歳を目前にした今、猛烈な後悔に襲われている。

きっかけは、高校同級生ミュージシャンとして成功している(ように見えること)。

ほんの短期間だけど自分も彼と一緒にやっていた。

田舎農家出身という点も彼との共通点だった。

しかし彼は自分の夢を追い、東京に出て勉強し、今の地位についた。

決して楽な仕事ではないだろうが、テレビで見かけることもあり、まぶしい。

かたや自分は、親や周囲の目を気にして地元に残り、

何もせず誰にも嫌われない人生を歩んできた。

誰かの反対を押し切って東京に出るなど夢にも考えられなかった。

農業から離れて「あの息子もやっぱりダメか」と言われることが耐えられなかった。

他人の目が人生のすべてになり、他人から見て立派であることが人生目標になった。

自分自身が何をしたかったのか、もう忘れた。

自分はいったい何なんだ。

かに人には嫌われていないが、それが何なのか。

自分自分を好きになっていないではないか

人生最後の日に向かうカウントダウンの音が聞こえるようになってきた今、

このまま何もしないで死んでいいのか。

今までは何もしないで死ぬのが自分人生だと思っていたけど

なんか違う気がしてきた。

だけどもう遅い。

独立開業しようにも、他人意見尊重して組んだ住宅ローンの残債が重すぎる。

貯金もないから今の会社をやめられない。

妻子を持つ身としては身動きが取れない。

このまま何もしないで終わる人生を望んでいたのに

何もしないで終わる人生が耐えられなくなってきた。

ふと、漫画の「君たちはどう生きるか」を読んだ。

人間はそういうふうにできている」とのこと。

もっと若い頃にそういう考えをして、自分をきちんと認めるような生き方をすべきだった。

もう50年近く、自分を殺して生きてきた。

何が何だかからない。

このまま気が狂いそうな後悔を抱えたまま死ぬのだろうか。

発達障害と一括りにしちゃうけど

文章の断片を強く捉えてしまって全体像を見ていない

自分の言いたい事を言うだけで相手に何を伝えたいのか意識してない

・新しい作業が増えると今までやってた作業の質が下がる

こういう人々はチームワークが必要作業には向いてないから、農業とかモノ作り系の職人とか1から10まで全部自分作業する職業に就いて欲しいわ。

職場にこういう人が居るんだけど全部フォローしきれないし、フォローしてでも本人にやらせ続けるのが良いのか、ちょっと疑問。

何というか相性の悪いエリアレベル上げをしているように見えて、もうちょっとコスパの良い狩場を探した方が良いのでは?と言いたくなる。

2017-12-10

学生運動に巻き込まれたうちの親の話

どどどどどど田舎に住んでいたうちの親は、あの時代、とっても勉強がしたくて、大学に行きたかった

田舎農家で、大学に行くなんてあの時代、考えられない

農家を継げという親に土下座してお願いして、東京大学に行かせてもらった

3畳一間のアパートで、お金はなかったけれど、最高学府入学し、勉強するんだ、頑張るぞと息巻いていた親を襲ったのは学生運動の嵐だった

ただただ勉強たかった親は、学生運動のせいで、毎日大学に行っても授業はなく、授業が始まるのを待ちながら、参考書を読むだけの生活だった。教授学校は危ないから来なかった。

お金学生運動必要から、とやくざ学生どもに半強制的に奪われた。必死バイトした金をだ。

二年耐えたそうだ

いつまで経っても学生運動は終わらず、バイトをしたお金学費を入れても勉強できない。貧乏な親はなけなしの金を仕送りしてくれる

父はとうとう大学生活を断念し、中退し、故郷に戻った

そして、連合赤軍は壊滅し、学生運動は終わった

あの時騒いでいた奴らは平気な顔をして就職していった

酒を飲むと、父は未だに、あの時の学生運動をした奴らに対しての愚痴を言う

あいつらはあれでよかったかもしれない。ただ、単純に勉強したくて、高いお金を払って大学に行った人間からその機会を奪った奴らを、俺は一生許さない、と。

田舎に帰っても父はもともと地頭のよかった人間なので、農業など廃業し、会社を興して成功しているが、あの時の学生運動は本当に理解できなかったし今も一生理解できないと言っている。

2017-12-08

anond:20171208201629

異民族との戦争生存競争かな

農業っても1粒植えた麦が2粒になるなんて

ものすごい非効率農業だったか

あとエジプトはナイル近辺や、エルサレム近辺などは

穀物地帯で生きるのに必要だったか

ローマはこれに加えて世界を広げるのに熱心だったけど

 

奴隷制は何事にもマンパワー必須だったか

ちょっと違うけど今で言う派遣に近い部分も

あとは口減らしもあった

 

支配階級社会作ったか

船頭多くして船山に登る、の格言そのまま

あと世襲にして支配階級化しないと、皆がみんな口を揃えて

「今はアイツが王やってるけど、別に俺が王でもいいんじゃ?」 

と言い出すから権威とそれに対しての歴史による重み付けなどが必要だった

 

女性制限

制限というかやれなかったか

腕力がないからと体調を崩す意味で。

農民が9割の世界で、しかも米や麦を作る畑や水路

家や道具を作る木の伐採など仕事、そして戦争

もしやれるならやってもらってたはず

だって飢饉が頻繁に起きてる時代

餓死にしてでも女性の行動制限します!なんてこと誰もやらない

アラブ地域なんかだと上記に加えて交易が主な産業だったか

それに連れていけなかった(体力・体調に加えて対盗賊意味でも)

https://anond.hatelabo.jp/20171207233258

農業でも同じことが言えるんだが要はそれをだれがやるかということだ

農家もきついが兵隊もきついぞ

2017-12-06

農業IoTボトムアップ

「もうからないのが一番の問題だ」 IIJが語る“農業IoT”の課題 - ITmedia NEWS

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/05/news092.html

 

まあ、これはこれで良いのかも知れないが、「儲かる・儲からない」の話にするならば、例えば、家庭菜園用の農業IoTキットを売り出すとか、

目的論的にやるのでは無く、趣味的にやらないと上手く行かない気もする。

民間企業を巻き込むなら尚更、勝算のある戦いでないと巻き込めないと思う。

 

プログラムにしても、"Hello world"の表示から始める訳で、小さなことから始めて応用発展させて実用に耐えうる物を作っていく、

という流れの方が収益化は早いと思う。

もちろん、寄り道したり、ステップを踏んだ発展をするので、時間はかかると思うが(なので、目的論的な研究必要だとは思うが)、

まず米農家問題解決よりも先にビニルハウス野菜問題を先に解決しよう、的なスタンスもありではないかと。

穴埋め問題のように楽な所から問題解決する。

 

今までの研究の流れというのは軍需産業からトップダウン的に降りてくる物が多かったが、これからもっとボトムアップ的なやり方を

有効に利用するべきではないかと思う。深センの流れにしても、ボトムアップ的に技術が育ちやす土地からという面は大いにあるあるだろうし。

 

セールしている下の本も似たようなことを言っているのではないかと思うが(ステマという訳ではない)

 

シビックテックイノベーション 行動する市民エンジニア社会を変える (#xtech-books(NextPublishing))

https://www.amazon.co.jp/dp/B075Y93Y67/

anond:20171204193945

おいおい、なんで農家農業勉強しない前提になってんだ

農家の家にいったことあるか?蔵書すごいぞ

2017-12-05

AT免許をダサく言うのはExcelマクロをずると言うのと同じ」

世間知らずの都会ツイッターインテリRTしてるみたいだが、中小零細や農家の車を今すぐAT車更新する補助金を出してくれるんですかね。軽トラ農業トラクターAT車への更新はぼちぼちされてますけど、各種トラック社用車ボロボロMT車を使い続けるしかないんですね。限定解除すらも自前でできない、MT乗れない使い者にならない人をダサい馬鹿にする風潮くらい一体何の問題があるんですか。AT車更新への金を出そうとしない都会在住ツイ廃自称インテリにとってMT免許趣味に見えるのでしょうね。下の階級を見ようとしない、闘争に発展する想像することもできない、こういう無自覚地方中小零細企業農家を見下すクズ日本社会を分断しているのだなあ。

2017-12-04

anond:20171204192221

その画期的な農法は実は農業を学ぶ人の基礎知識でしたという可能性の方がはるかに高いな。

この手の「新しいものを生み出せる人=既存の枠組みを学んでない人」という安っぽい設定はなんとかならんものか。

車輪何度でも発明されるべきだろう

この記事が人気になっている。

京大ナンバーワン教官が教える「勉強することのホント意味」 これがミライの授業だ

http://news.livedoor.com/article/detail/13971240/

いろいろ異論があるのだけど、その中でも些細かもしれないがけっこう「ちがうだろ!」と強く思ったところ、ここ。

「昔、中国田舎に、数学がすごくできる中学生がいました。ある数学研究者がその子の才能を見抜いて、『君は都会の学校に行って、数学勉強をするべきだ』とアドバイスしました。しかし、その子の親は『うちで農業を手伝わせます』と進学を止めたのです。

何年かして研究者がその子に再会すると、彼はこう言いました。『先生、僕はすごい発見しました。この公式を使うと、あらゆる2次方程式が解けるんです』。彼が見せたのは、皆さんが中3で必ず習う『解の公式』でした」

生徒たちがどっと笑う。「ゼロから車輪を再発明する」ようなことは、時間無駄しかない。すでに解明されている真理や、かつての人々が見出した知見、発明された技術は、できるだけ効率的に学ぶことが、新しいものを生み出すためには必要なのだ



実はこの「解の方式の再発見」、自分中学生の時にやっている。学校の授業がさっぱりわからず、「けど、xに当てはまる数を出せばいいんだろ。絶対もっと楽な方法あるはずだから」と授業も聞かずに真剣に考えてたら、何か手応えのあるのが出てきた。何回使ってみても正解が出る。「オレって天才」と思って数日の間は得意の絶頂にいたんだけど、気がついたらそれって解の公式だったってオチ

でも、おかげで二次方程式が何なのかが理解できたんだから自分にとっては無意味とか時間のムダだとか、そんな訳は絶対にない。教師説明じゃわからなかったところを自分で導き出したのは、とことん貴重な経験だったと思ってる。

解の公式なんてのはしょせんは道具だ。道具としてみたときには、再発明するよりは既にそこにあるものを使ったほうが賢いだろう。再発明バカのやることだ。

けれど、重要なのは道具が必要なことに気づき、その道具を作り出すことができる能力だ。そういう立場からは、道具そのもの意味を見出すのはバカげている。

ここで笑った高校生たちは、そういうことを教えられずに育ってきたんだろうと思う。車輪何度でも発明していい。電話だって発明できたんだから

2017-12-03

anond:20171203145152

腐敗だのはよくあるけど、それをやる奴は少ないだろ?

ほとんどの社員不正腐敗に憤り、まじめに働いてる奴だよ

農業自営業などは、周囲にいい加減な奴が多いんだよ

田舎場合特に

朱に交われば赤くなるというのか、それに慣れてしまう奴が多い

2017-12-01

anond:20171201041008

都会では農業ビジネス流行ってるらしい

10年やった農業経験が活きるのでは

36歳から転職

農業を営んでおります

体力的にも金銭的にも限界

転職したい。

36歳

農業10数年やってただけの職歴

体力の限界理由での退職

どう見ても転職出来なそう。

詰んだ人生詰んだ

あー、普通にサラリーマンしたい

週休二日とかボーナスとか

それだけで恵まれてると感じる。

このまま体力仕事

ジジイになるまで

週休半日で頑張るしかないのかな

あー、死にたくなってくる

2017-11-25

アーミッシュ技術

アーミッシュ電線を使わないのは、発電設備など高度なインフラ必要とするものがあると、『貧富の格差』が生まれしまうから、というのが理由だそうです。同様な理由ガソリンも使わなかったと。

正確に言うとインフラ否定なので、アーミッシュは自宅家屋電線を引きこむ(つまりインフラ)を否定してるんだよね。別に電気使うのは否定してない。アホみたいなロジックだと思うけれど、彼らはそう言ってる。

また自動車免許を取ることを否定している(若いアーミッシュは両親や教会に無断で免許を取り、これがしばしばトラブルの種になる)けれど、自動車に乗ることは否定してない。なので外部と接触するとき相手側に運転要求する。

アーミッシュ技術進歩について「新しいもの悪魔のもの」っていう信仰をもってて否定的なんだけど、一方で「聖書現代医学を禁じてない」という理由現代医療を受けることは認めてる。これもダブスタに見えるけれど、まあ、そういうふうに言ってるんだからそうなんだろう。一方で彼らはその宗教観から医療保険(と言うか社会保障全般)を認めていない(神の試練だとしている)ため、それらの参加をしないし、アーミッシュの参加を許さない。なのでフリーライダーとしての批判が根強い。

総じて「自分らは開発しないし手を汚さないがその利益を受け取ることはやぶさかじゃない」というのがアーミッシュポリシーらしい。機械農業はしないけれど通販で農機具は買うとか。

最後だけど彼らはそう言った自分たち文化宗教上の要請だとして、アメリカ法律から減免を求めている。

2017-11-23

anond:20171123225609

ほんと、万能テンプレートだよな。

電気がない時代も生きていたのに

水道がない時代も生きていたのに

農業がない時代も生きていたのに

石器がない時代も生きていたのに

酸素がない時代も生きていたのに

地球がない時代も我々を構成する原子存在していたのに

日本女性の不健康問題解決するには「健康指導を見直す」しかない

これなら中国人の方が健康度がマシだ

日本女性1980年代好景気時代に本格的に社会進出した。もともとビジネスワーカーとしての生活に慣れていなくて、昭和ドラマを思い出せばわかると思うが家庭環境も相まって世代的なビジネスマンとしての経験地が低い。つまり専業の家事をしていた人が急に職場に顔を出すようになったので、生活スタイル形成されていないといえる。

大抵の日本国内男性社員は、もともと主要な企業戦力として経験地が詰まれており、そういった環境下で健康的な生活可能な人が多い。障碍者もあるいみでは彼らに倣うことであとからやって来た人たちも高度な生活秩序を形成してきたと言える。ある意味牧歌的暮らしていた女性経済成熟期に急増したため、軋轢が生じているのが健康問題の原因だ。

日本人女性ビジネスマンは適切な健康指導であればここまで悲惨なことにはならないと思う。もともと牧歌的だったことを考えると、中国人はどうだろう。調べてみるとと、案外その不健康度はキツくない。社員健康意識も意外と悪くもないので、それくらいが日本の働く女性本来理想である

日本女性精神性・記憶力・民度の3ポイントで「理想的」なだけであって、ビジネスマンとして十分に活躍できる社会ではない。だが現代学歴ビジネススキル語学スキルや成人スキルばかりが評価され、さらにはプライベートへの侵害を嫌う社会なので、人事の人には苦労がないのである

社畜の正体がまさに社会進出途上の女性だということ。日本社会は上っ面の合理性だけで人材を選ぶ。つまりスキルがあり「仕事になる」ということで障碍者女性を採る。どの会社役所の人事の男性安直選択をすると、ああいう風にストレスフルになるし、みんな残業などでヤセ我慢する人だから、過労者が出る。

北の韓国、南の日本という厄介さ

米韓の「ブラック社会問題って全部これに集約されると思う。ヤセ我慢をしている人たちの過度なインフレである。たとえば過労死餓死の多い韓国だってそう。封建的大企業公務員ぐらいしか選択肢がなく、日本人から見れば日本可愛いくらいである。妥協選択肢だ。選択肢外資外国にまで広げれば、回避手段いくらでもあるのに。

アメリカも同様に労働トラブル日常的になっているが、ここもある意味で閉鎖的である欧州のような労働者カバーする手厚い仕組みがなく、労働者フォローできる部分が少ない。政治資本第一である

「南の日本、東のアメリカ、北の韓国」という感じか。韓国ソウルからちょっと地方都市に行けば農業工業が残る場所アメリカもやはり世界有数の資本主義あっての富でしかない。これらの問題はすべてつながっている。つまり欧州先進国成熟社会の水準に値しない強引な経済成長経験値の貧しさがもたらした不幸なのだ

解決方法はたった1つしかないと思う。それは「健康指導の徹底」である日本健康指導はあまりにも適当すぎる。イギリスフランスと比べても緩い傾向がある。これはいただけない。どうにかして厳しくすべきではないか

飢餓女子」という言葉もある。障碍者食事が不健康であるように、女性食事健康的ではない。富裕層ほど健康的で貧乏人ほど太りやすい。微妙にズレた要因が、社会によってさらに串刺しにされたら、健康的な問題オーバーヒートを起こすのは当然なので、ではその要因を防止させればいい。たとえば女性カロリー不足を昼食でカバーできたらどうだろう?夕食や夜食依存している人は、食事の重心が夜から昼間に切り替わる。胃の負担が移動し、睡眠ストレスが軽減されることになる。昼間よりも夜間の方が実は胃の負担が凄い。太りやす障碍者も同じように逆にすればいい。

しかも今はIT化などによりオフィス全国的分散しているので、満員電車の緩和という副作用だって夢じゃない仕事科学化もあるわけで、もはや誰がやっても機能するような事務的仕事障碍者なり機械に任せるして人間負担を軽減する方向性にあった方がいいのではないか

マレーシアシンガポール香港に学べ!

その点は「マレーシアシンガポール香港」という成功事例がすでにある。2001年以降わず10年ほどで経済社会が成長。国家はそれに恵まれていて、実際の住み心地などもいいのでこれらの国は世界屈指の優秀都市として知られるようになった。

この2国と1都市が他と違うのは、社畜がすべてだからではないということだ。実際に富裕層に仕える家政婦が健在だったり、高度な医療システムがあったりする。そして支配者は多様である。明るい北朝鮮ならぬ明るいアメリカだ。結果的一方的社畜精神だけにならずに済むわけである

こういった地域都市国家的なわけで、国や民族のつながり以外の市民の「繋がり」があるわけで、やはりそれを見習う必要が今の日米韓大人にはあるんじゃないか中国人をひいきするわけじゃないけど、健康指導もっと厳格化権威化させる必要があるだろうね。

マレーシアシンガポール香港社畜がいないことはないけど、韓国日本みたいな話は聞かないし、アメリカみたいな「廃人」もいないでしょ。黄色人種社会からといって現地の右翼暴力団外国人に対して威張っているわけでもない。やはりこれ、イエロー何とかだからバカにするんではなく、むしろ学ぶべきだな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん