「保健所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 保健所とは

2021-05-18

正直なところワクチン接種の進行は失敗してほしい

ワクチン接種がオリンピックにさっぱり間に合わなければいい。

怒鳴り散らして詰めるのが仕事だと勘違いしているパワハラ野郎が、無能さを満天下に晒して大恥をかいてほしい。

もうずっと働き詰めの医療従事者の方々、無理をなんとか調整している保健所役所の方々、災害時にいつも動いてくださる自衛官の方々、その他社会を回し続けているエッセンシャルワーカーの方々には頭が下がる思い。

指揮官無能さを現場の頑張りでカバーしてしまうのはどうかと思う。

7月中に終わらせろ」と喚いて部下にただプレッシャーをかけただけなのに、何かを成し遂げたかのような誇らしげな顔をするところなど見たくない。

2021-05-17

anond:20210517204227

話がズレるけど、保育園落ちた日本史ね、の件があったこともあって、

個人的に全国の保育園情報収集してたときがあるんだけど、

あれも厚生労働省が全国の保育園情報管理している感じではないんだよなあ

厚労省の下の厚生局とか、その更に下の地方自治体に丸投げで管理させてないか、と思ったんだよなあ

だって厚労省側で地方自治体とかから情報を全部吸い上げて、

全部くっつけたデータを公開すればいいだけなのに、それさえもない感じなんだもん…

地方自治体が公開しているExcelWebデータも誤字、マイナスとかハイフンとかがごちゃまぜ、

そのうえ住所を緯度経度変換すると住所も間違っていたり、もうマスターデータ無茶苦茶

しかコロナ保健所の話ではないけど、そういう情報吸い上げもFAXとか使っている感じみたいだし、

なんか保育園事件が起こっても、そもそも厚労省には情報がないんだと思ったんだよなあ

寧ろ、事件が起こって初めて地方自治体に、

「〜って保育園があるの?」

みたいな話になるということではないかと思うんだけど…

子供生命とか関係してるんだからちゃんとやろうよ、と思ったんだよなあ

ワクチン大規模接種 起こりそうなこと

東京センター大阪市センター対象外の県だけど東京に行けば接種できると思って予約しようとする人がいる。


テレビでやってるから全国のことかと思って問い合わせセンターに連絡しちゃう

(自分のところには接種券来てない!もしくは他県の接種券持ってるからOKかと思って問い合わせする)


・予約方法が分からなくて(あんなに周知して案内にデカデカと書いても分からない人は分からない)

自分の住んでる市役所電話ちゃう


電話が繋がらないから、市役所保健所に直接行っちゃうアクティブな人が出てくる。


・お隣さん、お友達の分も、と思って、重複予約する人がいる。


ワクチンは回数打てばより効果があると勘違いして、2回目なのに予約しようとする。

(もしくは、期間を開けずに2回目を接種しようとする)


不安のあまり、予約の電話口で世間話をしてしまう。


・予約電話に繋がったとたん、今まで電話が繋がらなかったことに対してのクレームを話し出し、15分以上話す(そして他の人が繋がらないから原因に…)


サイトで予約した日と違う日に行ってしまう。

(そして会場に行った時に「なんで打てないんだ!」とごねる)


・予約した日に用事が入ったので、別のお友達や知り合いに枠を譲ってしまう。

(お友達も接種会場に行ったら、予約した当人でなくても接種できると思っちゃう)


・1日でも早く打ちたいので、毎日朝7時位から会場に並んでキャンセル待ちをする。



他、予想されるトンデモってあるかな

2021-05-15

anond:20210515230255

子供の頃の可愛い時期を楽しんで大きくなっちゃった保健所に持ち込んで殺してもらうみたいな親がほとんどだから

ほんと狂ってる

2021-05-14

頼む、犬の迷子札や鑑札はつけてくれ

2日前、散歩中にリードが取れてうちの犬行方不明になった。

幸い、迷っていた所を保護され、首輪につけていた鑑札によって連絡が行き、自分が回収に向かい今では餌を食べてグースカ寝ている。

保健所で犬を連れてきて貰う間、少しだけ職員の方と話をした。

あくまでも自分地域管轄で言うと、

・昔は野良犬が多かったが今では飼い犬が迷ったケースか捨て犬のケースが多い

・どう見ても飼犬なのに、鑑札や迷子札がないのでそのまま保護団体に引き取られたり、運が悪ければそのまま安楽死になる

・手製の迷子札も携帯番号が変わっていたり、住所が変わるとどうしようもない(よくあるらしい)

・最強なのが鑑札。行政を通じて登録されている飼い主に連絡がいく

とのこと。

かに鑑札札が見栄え良くないのは分かるけど、つけていると付けてないとでは迷った時に助かることが多い。

2021-05-12

維新吉村橋下に関するデマとその反論

維新保健所減らしたので医療崩壊

デマ保健所は橋下〜吉村府政、市政でひとつも減ってない。

維新大阪市医師看護師給与削減したので医療崩壊

デマ

大阪市 減額措置除外者

以下の職員は減額措置を行わないこととする。

医師及び歯科医師

市民病院及び弘済院に勤務する看護師准看護師及び助産師




維新看護学校への補助金カットで閉校に追い込まれ医療崩壊

デマ

文科省方針看護師教育四年制大学に移行。大阪府内でも看護学科の新設ラッシュが相次ぎ、専門学校受験者が減少し、閉校。

結果的看護学生の数は増加している。



維新医療従事者を減少させて医療崩壊

デマ。橋下〜吉村府政、市政で減少した衛生行政職員のは、主にごみ収集など。医師看護師はむしろ増加。



吉村緊急事態宣言解除後にコロナ病床を減らした

デマ。確保病床は減ってない。大阪府コロナ重症センター病院ではなく臨時医療施設であり、患者が減れば運用病床も減る仕組み。



吉村コロナ病床を増やさなかった

デマ更地臨時医療施設として大阪コロナ重症センターを作り、大阪市十三市民病院コロナ専門病院にするなど、リーダーシップコロナ病床を増やし続けた。



維新住吉病院を潰して医療崩壊

デマ。閉院ではなく府立病院統合。この時減少した病床は産科小児科新生児科であり、コロナ医療崩壊には影響してないと思われる。



在阪メディア維新を贔屓してる

→人気があるだけ

吉村は何もやってない

デマ。めちゃくちゃようやっとる。

2021-05-11

マスコミワクチン報道は酷すぎる

数ヶ月前「ワクチン副反応ヤバイよ!看護師でも接種を拒否することがいるんだって!」

リスクを極度に恐れて(諸外国では普通やっていないような)慎重に慎重を重ねた国内治験を行い、供給スケジュールが大幅に遅れる。

現在日本先進国で最も接種率が低いんだってマジで遅すぎるだろ!政府は何をやっているんだ!」

⇒とにかく接種を急ぐことを優先した結果、電話は繋がらず、窓口は長蛇の列で、現場パンク状態

これまで報道してきたことを考えれば、「副反応への厳しいリスク対応を求めてきたのは私たちなので、遅れるのもまあ仕方がないのかもしれませんね」くらい言わなきゃダメだろう。あまり無責任すぎる。

この20年あまりを振り返っても、メディアは「税金の無遣い」の名の下に人件費が高すぎるという声を煽ってきて、それに乗っかった政治家がたくさん出てきてしまい、コロナ以前から医療行政現場は深刻な人手不足になっていて、普段から余裕はまったくなかった。それに対する反省もまったくない。「日本はもともと人口あたりの医師公務員の数が先進国最低なので・・・」くらいの枕詞はつけてほしい。

あと左派の人たちの「無能」とか「やる気がない」という批判も非常に筋が悪いのでやめてほしい。そうした声で最も追い込まれるのは政権幹部ではなく、すでに疲労困憊しきっている現場の人たちだから自分が書いたツイートを読んだ人の何%かが、保健所クレーム電話をして対策業務妨害している可能性を、少しは想像して欲しい(それも菅政権が悪いと言うんだろうけど)。

2021-05-10

そもそも満員電車をクラスター認定って可能なの?

コロナウイルス流行してから1年以上経ったわけだが、いまだに「満員電車クラスターは発生していない」というような主張を目にする。

満員電車クラスターが発生してないから、百貨店の休業要請イベントの無観客要請無意味だ、とか。

しかし、そもそも満員電車クラスター認定って可能なのか?

去年からずっと疑問だったが、誰も、どのメディアもそこを論じていない。

みんな電車の中は喋らないからとか、実は空気の入れ替えが頻繁に起こってるとか、そんなことばかりだ。

例えば、東京郊外に住み、週5日電車都心オフィス通勤する人がある日、コロナ感染したとしよう。

保健所から、直近2週間の行動履歴を聞かれる。

そこでその人は、

1. 何時何分の電車

2. 何両目の前から何番目のドアから乗り

3. 車両のどこらへんに立ち(または座り)

4. 前から何番目のドアから降りたのか

という質問に、出勤した10日間の行き帰り計20回分を正確に答えられるだろうか?

機械のように毎日全く同じ電車車両、ドアで乗り降りしている人なら簡単だろうが、実際にはおそらく1番目の質問すら怪しい人が多いと思う。少なくとも自分は答えられない。

特に小さい子ども保育園幼稚園に送らなきゃいけない親御さんなんかは厳しいんじゃないかと思う。

自分独身なので自分の幼い頃の親のことを思い出すと、毎日決まった電車に乗るとかよりもまず、子ども朝ごはんを食べさせ、歯磨きをしっかりさせて、服を着替えさせて、必ずトイレに行かせて、遅刻しないように保育園幼稚園に連れていく、ということに全力だったように思う。当然、機械のように毎日同じ電車に乗ることはできず、いつだってギリギリの朝なのだ

そんな日常の中で2週間分の電車時間車両位置など覚えられるはずがない。

また、今は少ないかもしれないが、時間割によって毎日通学時間が異なる大学生にも、難しい人がいるんじゃないかと思う。

結局のところ、人間記憶ベース感染経路の調査なんて限界が見えている。

COCOAほとんどの人がインストールし、なおかつ外出する時は必ず有効化しているのであれば、この問題は解消できただろうが、リリース後の運用がまずくて陽性者登録が進まなかったり、不具合放置機能していなかったりでグダグダすぎてそれも望めない。

SuicaPASMOの入場・出場記録では、改札を通った時刻は分かっても上記の1番目の質問にすら答えられない。

満員電車でのクラスター報告がゼロ満員電車クラスターが発生していないなんて、全く言えないはずだ。

だって満員電車クラスターが発生しているかどうかなんて、わからないのだから

anond:20210509223610

神戸市内の民間病院コロナ病棟勤務の看護師をしている。

当院は軽症〜中等症の病棟のはずが、先月くらいからずっと人工呼吸器の患者がいる。

その頃からウォークインで救急受診して即挿管レベル患者でも神戸市内の重症病床への転送が断られ始めたような記憶

医療圏を越えた広域救急の受け入れもそこそこ。保健所FAX送信先神戸市ではないのでどうするのー?と迷う。

最近主治医の転棟OK判断があれば、PCR陽性でも人工呼吸器装着中でも、一般病棟ICUに押出しでコロナ病棟のベッドを開けて受け入れしている状況が続いている。そして開けたベットにはその日に次の患者が入る。なので休み明けだと初めて看る患者情報収集から。ということが増えた。

一般病棟ICU負担は大きいと思う。コロナ病棟○ねって思ってるんだろうなと感じながら毎回申し送りに行っている。

神戸市病院群も重症患者ギリギリなんだろうと思う。最近、え?こんなコロナ患者さん看れないの?って軽症患者転送が何件か続いてあった。たぶん、軽症のベッド・スタッフ重症シフトしてるんだろう。

これは口頭で聞いただけなので真偽はわからないけど、どこかの市民病院からコロナ治療撤退した人工呼吸器患者転送依頼が当院にあったらしい。断ったみたいだけど。あと、自宅待機の患者さんも先生達は診ていて、入院している人の誰よりも肺が真っ白だった!って言っていたことがあった。

ヒト・モノ・カネの支援はいろいろ受けているみたいなので頑張ります。国・兵庫県神戸市も何もしてないわけではないんだろうけどね…。個人コロナ病棟勤務のお小遣い貰えました。ありがとうございます

あと、保健所は深夜・週末いつでも電話繋がるし、電話口の人の声が暗いし辛そう…頑張ってください!

2021-05-07

濃厚接触者疑いってなんだよ。

GW何処にもいかなくて家でゆっくり過ごしていて、いざ仕事に出たら後輩が濃厚接触者で保健所にしょっ引かれた。

そいつと一緒に仕事をしていた俺は濃厚接触者に接触していた、「濃厚接触者疑い」とかいカテゴリにはめられて、

出社停止指示。これから無駄有給消化だよ。指示なら有給と何せず特別休暇くらいにしろや。

糞が。有給無駄使いだよ。くそくそ

このご時世に遊び腐る後輩や、アホな政府役人の事はとりあえず、中国マジで死ね

2021-05-04

やまもといちろうセックス産業持続化給付金解説について

なるほどねえ。不健全が良くない!!!かい脊髄反射バカには全くリーチできない知見で大変参考になった。

国が不健全認定するからにはその根拠があるわけで、

その根拠とは

1.セックス商品にしている

2.薬物の温床となる素地がある

3.納税していない

そしてもしこれを健全にしていくには、セックス管理して薬物を排し納税をする必要がある。

その中でも「管理」が大事であって、

これに国が積極関与するとなると「責任」を負うことになるというわけなんだね。

まり飲食店に対する保健所のような設えが必要になってくる。

クラミジア梅毒感染があったら事業所営業停止処分にするとか、

また感染した風俗嬢には労災申請させなきゃいけないとか、

なるほど国家の枠組みにセックス産業を組み込んでいくことになるんだけど良いんですねそれで?

ってはなしになるわけね。

しかも今回のニュースでは事業者が持続化給付金を出せとか言い出して、

それって想定ケースの中でもかなり筋悪で、

風俗嬢個人事業主として訴えるならまだしも(それでもお前納税てへんやろのツッコミがあるのに)、

事業者ならじゃあお前不健全とは言えないレベルで嬢の面倒を見てて納税もしてて性病が起きたら治療とか所得保障とかもしてて、

そういうことやってんだなお前?って「責任」を問われる。

責任ある意味対価として持続化給付金がある。

無責任事業者がカネだけよこせじゃあ話は通らない、と。

なるほど。

ニュースを見る限り、「どうせろくでもない事業者なんだろ」という漠然とした意識却下していたが、

国の制度に組み込んだと仮定した場合どうなるかという思考実験としてはここまで踏み込む必要があったんだな。

まあはてなーバカから女が絶対正義被害者なのでこうした枠組みを考察するだけの知性など持ち合わせることはかなわないだろう。

これだからはてなはもう限界集落なのだな。というか、思想セクトみたいな位置づけになってしまっているのだろう。

おしまい

2021年8月の誰かの手記

先日、母が亡くなった。死因はもちろん新型コロナだ。

ワクチンは届かなかった。

私が何日も画面とにらめっこをしてやっとのことで予約した接種予定は、オリンピック選手の接種が優先されて無くなってしまった。

ニュースを見ると、開会式に出るからという理由スポーツ団体役員政治家まで接種を受けたようだ。

パソコンが得意じゃないか私自身では予約は無理だった。ありがとう。」と笑ってくれた顔、役所から延期の連絡が入り、少し不安そうにしていた顔が今でも忘れられない。

母が体調を崩した当初は検査すら受けられなかった。

保健所電話をし頼み込んだが、「今はどこの病院でも無理だから勘弁してほしい。」と逆に頼み返されてしまった。オリンピック選手村の選手を何度も検査するから検査用の薬品が全てそちらに回っていたようだ。

うつるから来ちゃだめ。」と弱々しく私を遠ざけようとした母の姿を忘れることができない。

母の感染は、簡易キットの赤い帯で知らされた。

病院入院することはできなかった。

やっとのことで往診に来てくれたクリニックのお医者さんからは、オリンピック選手用に病床が確保され、一般人が入れるベッドが削られていること、

選手村で大規模なクラスターが発生してしまったためそこも満床となり、実際には一般人用のベッドにすら割り込む選手が発生していることを教えてもらった。

看護師さんやお医者さん自体もそちらの対応に人を取られて臨時の病床も作れないのだそうだ。

私の母は、自宅でその命を終えた。

私は悔しい。

これまで何も悪いことをせずに生きてきた母が、ほとんど何の対応も受けられず亡くなってしまった原因は明らかだ。

ただ体を動かして得意気になっている特権階級気取りに私の母は殺されたのだ。

数年すらも待てずに騒いだこいつらのせいで私の母の数十年が失われたのだ。

私はスポーツを、ひいてはアスリート自称する者達を一生許さない。

この文章タイトルからも分かるとおりただの想像を膨らませた創作である

だが、今の日本にこれを頭から否定できる材料が何かあるだろうか?

これが現実になってしまったとしたら、起こした人達責任を取るつもりは果たしてあるのだろうか。

友人がCovid-19感染

新型コロナ蔓延してから久しく友人と会うこともほぼ連絡することもなく過ごしていたところ

ある友人からCovid-19に感染したとの連絡があった。

その友人は今国内で一番大変になっている地域に住んでいる。


先月半ばに発熱し、近所の病院に連絡したそうだが受け入れ拒否されたらしく、

訪問にて医師に来てもらいPCR検査したところ陽性と判明。


本来なら隔離しなければならいが、保健所コロナ対応ホテルを探してもらったそうだが

全く対応してもらえず、自宅療養せざるを得なかったらしい。


幸いにも重症化することはなく、最近になって再度のPCR検査では、陰性の判定。

陰性とはいえ、体調がすぐに戻った訳ではなく、しばらく辛い日々を過ごしていたらしい。

ようやく最近になってましになったらしく、友人同士のグループLine感染していたとの連絡があった。


最悪の結果にならず本当に良かった。

状況的に最悪のパターンも十分あり得たわけで戦慄が走る。


れいつか本当に終息するの?

母をコロナで亡くした

去年の年末に、大阪市内暮らしていた母が突然倒れた。原因はコロナだった。

母が倒れてから亡くなるまでの経過を、当時つけていた自分日記から転載していく。

日記の部分は長いので、時間のない方は最後の所感だけでも目を通してほしい。)


============


2020/12/17(木)

夕方17時頃、仕事中だった。叔母から私の携帯に連絡があり、実家で母が倒れたということを知らされる。

この時点で、電話からは「母はコロナ感染していて、心肺停止状態だ。救急搬送されて今は病院にいる。」という情報が耳に入ってきた。

いきなりだったので何のことか理解が追いつかずにうろたえていると、とりあえず搬送先の病院に連絡してほしいと言われる。

母がコロナ感染しているということもショックだったが、心肺停止ってどういうことだ?感染が判明して、いきなり重症化したってこと?

とりあえず病院電話をかけると、担当医師から、母の現在状態説明するのですぐに病院まで来てほしいと言われる。

慌てて職場を飛び出して病院にかけつけた。母はコロナ感染の疑いがあるということで、面会は禁止されていた。

遅れて病院にかけつけてきた姉と共に、ICUの前で医師から説明を受ける。

今日のお昼前に、実家で母が突然倒れた。側にいた父が気づいて、すぐに救急要請し、救急隊員がかけつけてくれた。

その時点ですでに心肺停止状態だったので、病院まで搬送される間に心臓マッサージ等の蘇生処置が取られた。

すると、止まっていた心臓が動き出した。その状態病院ICUに運び込まれた。

精密検査をしてみると、膝に血栓ができていることがわかり、それが肺に飛んで、肺がつまって呼吸ができなくなり、それに伴い心臓も停止したらしい。

現在意識はなく、心臓を動かす薬を最大限に投入して、さら心臓を動かす装置を取り付けて、無理やり動かしている状態だという。

蘇生処置の時に折れた肋骨が肺に突き刺さっていて、身体に大きなダメージが出ている。

心肺停止中に脳に酸素が届いていない時間が長かった為、脳にも大きなダメージが出ている可能性が高い。

今夜間か翌日中には、また心停止する可能性が高く、そうなったときにはおそらくもう助からないとはっきり言われた。

コロナ検査も行われていて、2種類ある検査の内の1つ目では陽性と判定が出ている。もう1つの検査で陽性と出れば確定らしいのだが、それは明日に結果が出るとのこと。

そしてここで、医師から重要決断を迫られることになる。

次に心停止した場合には、心臓マッサージ等の蘇生処置を取るかどうか確認されたのだ。

姉と二人でしばらく悩んだが、心停止した場合には、もう蘇生処置は取らずに自然に任せてくださいと回答した。しんどい

コロナ陽性の疑いがあるので母とは面会することはできないのだが、看護師さんのご厚意でリモートで面会させてもらえることになった。

姉のスマホと私のスマホラインビデオ通話でつなげておき、その状態看護師さんが防護服を着て、母の病室に姉のスマホを持ち込んでもらい、私のスマホから母の様子を見せてもらったり、話しかけたりさせてもらえた。

母の意識はないし、当然反応もないのだが、様子は大体わかった。口に管をつながれてつらそうな感じだった。気の毒で涙が出そうになる。

その後は、ICUの前で待機することもできないので、一旦帰宅することにする。

看護師さんから、次に病院から連絡をもらうタイミングをいつにするか確認された。母が心停止した時に連絡してもらうことにする。しんどい

しんどい決断ばかり次々と求められる。

帰り道のタクシーの中で姉と少し話をしたのだが、どうもよくわからない。

同居していた父から少し話を聞いた感じでは、母は一週間くらい前から喉が痛かったり咳が出たりして、具合が悪そうだったらしい。

母は今年で73歳。基礎疾患などはなく、最近まで健康のものだった。

コロナ感染すると、風邪に似た症状が続いて、その後いきなり重症化するというのは知識としてあったが、膝の血栓が肺に飛ぶとはどういうことなのだろう。コロナと何の関係があるのだろうか。血栓ができやすくなるというのは聞いたことがあるような気がするが、それのことなのだろうか。

コロナ 血栓」でネット検索して色々調べると、やはり血栓ができる可能性が高くなることが最近わかってきつつあるというニュース記事トップにあがっていた。


2020/12/18(金)

から仕事に行く。急ぎの仕事を手っ取り早く片付けておく。

日中いつでも病院からの呼び出しに応じれるように身構えていたが、結局連絡はなかった。

一日ハラハラして気がかりで落ち着かない。

気を抜くと涙が出てくるので、気持ちを抑え込むのに精一杯だった。

まり頭が回っていないので、頭を使わない単純作業を中心にこなしていた。

昼過ぎに姉から連絡があって、母のコロナの残りの検査の結果がわかった。母はコロナ陽性で確定らしい。

同時に、同居していた父が濃厚接触者になってしまうとのことで、思わず頭を抱えてしまった。

母だけではなく、父まで感染したとなっては目も当てられない。


2020/12/19(土)

保健所から実家に連絡があって、父のPCR検査の日程が決まったらしい。次の月曜日だ。

もし陽性だったらどうしようと思いながらも、その可能性は高そうだと覚悟を決める。

とりあえず、保健所から要請で、当面は父は自宅から外出することは禁止されているので、その間の食料品などの物資供給を、私がサポートすることになった。実家とは電車で15分ほど離れた場所に住んでいる私が、姉と比べると比較的近所だということで、私の担当になった。

午前中に父から必要ものの注文をメールで聞いて、午後から実家近くのスーパーに行って買い物した。それを実家玄関先に置いておく。父と顔を合わせることは絶対にしてはいけないので、ピンポンダッシュした。


2020/12/20(日)

今日も父から注文が入ったので、救援物資を届けに行く。昨日は食料がメインだったが、今日日用品が多かった。

父のPCR検査だが、タクシーで来るように指示されているらしく、お金を払う時に手間取らないように千円札10枚を封筒にいれて、それも救援物資と一緒に届けておいた。

帰宅後、姉とラインで、母の感染経路が本当にわからないという話をした。

からの話では、最近の母は普段から買い物や銀行くらいしか行っていなかったそうなのだが、どこで感染したのかが本当にわからない。

不織布ではなく、自作した布マスクをしていたから、それで防御力が弱かったのだろうかとか、そのくらいしか要因が思いつかない。


2020/12/21(月)

から普通に仕事に行く。

昼過ぎに、姉から連絡あり。病院から電話があって、母が元気になってきているらしい。

一時は危なかったが、今は心臓ちゃんと動いてきた。血圧も元に戻ってきたとのこと。

父のPCR検査も無事に終わったらしい。

検査は市内の大学に併設の病院でやっていたのだが、大学建物の中ではなく、小さなテントの中でやっていたらしい。

テントの中には小さなヒーターが置いてあって、他にも何人か来ていたが、間隔を開けて並んでいたそうだ。もちろんお互い会話はなし。

検査は一瞬で、「上を向いてください、チクっとしますよ」って言われて、鼻から管みたいなものを入れられてすぐ終わったらしい。

検査費用はかからなかった。保健所からの指示で受ける分には無料らしい。


2020/12/22(火)

昼頃に父からメールが入り、検査の結果は陰性だとわかった。

ひとまずほっとした。

これから2週間の間はまだ外出禁止で、保健所から2日に一回連絡があって、健康状態を聞かれることになるらしい。

どうして一緒に暮らしていても、感染しないのかが不思議だった。

そのことをラインで姉と話し合ったが、よくわからないという結論で終わってしまった。

最近コロナ変異して感染力が上がっている?母はそれで感染したのか?

でも、父には移っていないのが謎。かかりにくい人とそうでない人がいる?


2020/12/23(水)

から電話で連絡があった。

保健所から勧告書」が届いたとのこと。

どうも母に対する勧告書のようで、コロナから回復した際には、他人接触する仕事をしたら罰則があるとかそういうことが書かれているらしい。

母が回復することはあるのだろうか。なんとか意識が戻るところまでいってくれないだろうか、そんなことばかり考えてしまう。


2020/12/24(木)

母が倒れて今日でちょうど一週間。病院からの連絡は特に何もない。

どうなっているのかが気になる。


2020/12/25(金)

今日仕事納めだが、明日から休みになるという開放感がまるでない。

頭の中は母のことでいっぱいだ。


2020/12/26(土)

父に救援物資を届けに行った。

母が倒れてから実家に帰る頻度が上がっているが、家の中には絶対に入れないので、あまり帰宅した感触がない。


2020/12/28(月)

家でぼんやりしていると、夕方16時頃に、母の担当医師から連絡があった。

母の症状は横ばいで、もう睡眠薬は与えていないが、ゆさぶったりしても反応はなく、意識が戻らない状態であるということ。

そして、12/24(木)に2度目のPCR検査を行ったが、結果は陰性に変わっていたとのこと。

意識を失っている間にコロナから回復したのだ。

1/4(月)から一般病棟に移ることになるので、そのタイミングで面会できる機会を設けると言われた。

一般病棟であっても原則面会は禁止なのだが、今回だけ特別に認めると言われた。

そこからは、今後の治療方針の話になった。

もし今後、血圧が下がっていったり、酸素の取り込み状態が悪くなるなどした時に、心臓マッサージ血圧を上げる薬の投与をするかということを尋ねられた。

どちらも体に負担をかける行為になってしまうが、どうしますかと訊かれた。

「今後、母の意識が戻ることはあるんですか?」

心停止していた時間が長く、脳に酸素が届いていない時間が長かった為に、再起不能なまでにダメージがきているので、回復は難しい」

とはっきり言われた。

じゃぁ、と思った。

今の母は、死ぬのを待っているだけの状態ということなのか。

徐々に死に向かっていくのを、ただ見送ることしか私達にはできないのか。

そのことを踏まえたうえでの選択だ。

姉と電話小一時間相談した結果、母の容態が悪化した際には積極的回復処置は取らずに、自然に任せる方針でいくことにする。

肉親の生死に関わる方針を、こんなに短時間決断していかないといけない残酷さに打ちのめされた。しんどい


2020/12/29(火)

今日病院から姉に連絡があったらしい。

母の症状は横ばいとはいえ、高熱が出ていたり、少しずつ呼吸が弱くなっていったりと、厳しい状態であるらしい。

それを聞いて、またしんどくなってくる。

実家へ、四度目の救援物資配達に行った。今日は姉にもついてきてもらった。

保健所によると、明日で父の外出禁止は解除になるらしい。なので、配達するのも今日最後になるだろうとのこと。

墓参りのことを父が気にしていたので、それもあわせて行ってきた。

姉はお金を触ったり、玄関ベルに触ったりするたびに、逐一手をアルコール消毒していて、結構神経過敏になっているみたい。

でも、大阪市内に入ったら、そこまでしないと今は危ないのかもしれない。


2020/12/31(木)

父によると、母の友人から、自宅に電話がかかってきたりしているらしい。

携帯がつながらず、音信不通になっているので、母のことを心配しているのだろう。

ちょっと家の用事で忙しくしているということにして、父が適当ごまかしているようだ。


2021/1/1(金)

元旦だが、一日家でじっとしている。

何もする気になれない。


2021/1/3(日)

姉とラインで少し話しをした。

父の生活をこれからどうサポートしていくか?

いままで母がやってあげていたことが全部抜け落ちてしまうので、それをどう拾い上げていくか?

ごはん生協のお弁当配達を使うとか、家事も最低限やりやすいような形を模索していくとか、色々とそんなことを相談した。


2021/1/4(月)

今日仕事初めだったが、なかなか集中して仕事に取り組めなかった。休憩多めでなんとか乗り切った。

今日から母が一般病棟に移る。でも、コロナの影響で、一般病棟であっても面会は全面禁止らしい。

でも、この間医師から連絡があったように、条件付き(一度に二人までの入室、事前に検温すること)で一度だけ面会が許可されるとのこと。

今日は、父と姉が二人で面会に行くことになった。

面会に行った時の様子を姉からラインで聞いた。

人工呼吸器が繋がれているので、口の周りは痛々しいけど、それ以外はそんなに変化はなかったらしい。

しかけたり、手をさすったりしたけど、反応はない。手はすごくむくんでいて、結婚指輪が入らないので外されていたらしい。

母が救急搬送を受けた時に身に着けていた衣服が返却されてきたけど、ビニール袋でぐるぐる巻にされていたらしい。ウィルスはもう消えていると思われるけど、空ける場合洗濯して欲しいと看護師さんから言われたとのこと。なんか怖いからそのままゴミの日に出すことにしたらしい。

私は、明日一人で面会に行くことになる。


2021/1/5(火)

仕事を途中で抜けて、お昼すぎに母の病院へ面会に行った。

ところが事前の検温で37.4度が出てしまい、病室には入れてもらえなかった。また後日来てくださいとのこと。

もよりの駅から病院まで20分くらい歩いたので、体が温まっていたのかもしれない。

また金曜日あたりに行こうと思う。

次は駅から病院までタクシーで行って、コートは脱いで、事前に一階で体温を何度か測って安全なのを確認してから挑むことにする。


2021/1/6(水)

病院からの連絡がないので、母の様子に変わりはないのだろう。

毎日しんどいのが少し薄れてきたような気がする。

もう母が倒れてから三週間近く経つからだろうか。この異常な状態にも、体が徐々に慣れてきているのかもしれない。


2021/1/7(木)

東京で2500人くらい感染者が出ているらしい。

首都圏緊急事態宣言が出たが、大阪ももうすぐ出ることになるようだ。


2021/1/8(金)

母の面会に行ってきた。

仕事を抜けて、最寄り駅まで電車で移動し、そこからタクシー病院まで行った。

1階ロビー腰掛けて、自分で持ってきた体温計で検温してみたら36.5度だったので、今日大丈夫であることを確認して7階へ。

「お待ちしてました。お熱どうですか?」と看護師さんから言われ、「さっき測ったら36.5度でした」と応えると「じゃぁ、入ってください」と言われる。

母は口に管を入れられていて、そこだけ痛々しかったが、鼻から上は顔色もよく、穏やかな表情だった。

10年ほど前に咽頭がんで亡くなった義父が、亡くなる直前、意識を失った状態でとても苦しそうな表情をしていたのを覚えていたので、そのイメージで予想していたのだが、ぜんぜん違った。まるで眠っているみたいに見えた。

姉が言っていたように、手はむくんでぱんぱんだった。手と二の腕を握りながら何度も話しかけてみたが、反応はない。

いまにも目を開けて起き上がってきてもよさそうな感じがするのに、そうはならなかった。

時々、母がつながっている機器からピコピコーン!」というアラート音が鳴るので、それが母にとってうるさくないのかなと気になった。

面会する時には、看護師立ち会いで、時間は5分だけだと事前に聞いていたのだが、看護師さんはすぐ病室からいなくなって、その後も一切呼びにこなかったので、結局一時間くらい母の側にいた。

時間くらいたって、「ちょっとお体拭きますねー」と言いながら看護師さんが病室に入ってきたので、そのタイミングで帰ることにした。

職場の私の席の2つ後ろの島(5メートルくらい離れている)に座っている人が、コロナ感染の疑いがあって、今PCR検査を受けていて、結果が出るのが明後日らしい。

その島の人たちは全員帰宅していた。多分、当面はリモートになるのだろうか。

もし検査が陽性ならば、保健所が消毒しに来るし、その間はオフィス立ち入り禁止になるのだろうか。


2021/1/11(月)

今日母親状態に変化はなし。

私の方は相変わらず時々、しゃくりあげるような呼吸と涙が出てくる。不意に母親のことが頭をよぎって、それに引きずられるようにして乱暴に心が揺さぶられるような感じだ。


2021/1/12(火)

連休明けて今日仕事

仕事してると不意にしんどくなってくる。どこまで行ってもしんどいタイプのしんどさ、絶望感。

大阪明日から緊急事態宣言が出るらしい。


2021/1/13(水)

明後日から毎週金曜日リモートワークをすることになった。

出勤率を下げるような圧力職場全体的にかかっているようだ。


2021/1/14(木)

今日で母が倒れてからちょうど4週間。

もうどうしたらいいのかわからない。どうしようもないのだけど。


2021/1/15(金)

今日は初めてリモートワークをした。

出社してる時と特に変わりなく、集中力途切れずに仕事できたと思う。

今は週イチだが、これならフルリモートでもやっていけそうな気がする。

できるだけ出社時と同じ環境に自室を揃えることがコツだと思った。

仕事終わりの疲労感は、出社時とあまり変わらない。けど、通勤時間の2時間有効活用できるのがいい。


2021/1/17(日)

一日家でぼんやりしているだけだった。何もする気がしない。


2021/1/18(月)

仕事に行っていたが、夕方病院から私の携帯電話があって、母の酸素の取り込み量が低下していて、今夜にも亡くなるかもしれないと告げられる。

慌てて姉と父に連絡し、病院へ向かう。

病室に入る前の事前の検温で、また37度が出た。いい加減にして欲しいこの体温計。体温計をリセットして、「熱はなかったです」って嘘の申告をして突破する。

二人づつしか面会できないとのことなので、はじめに父と二人で病室に入る。

母は苦しそうな感じもなく、穏やかな感じだった。今日髪型に乱れもなく、きれいに見えた。

酸素取り込み量の数値が90を切るとまずくて、一時は70くらいまで低下していたが、持ち直して80くらいまで戻してきていると看護師さんから説明される。

母の意識はないが、それでも苦しかったりの感覚はあるのだろうか。

一旦、全員帰宅することにした。また容態が急変するようなことがあれば、連絡が貰えることになっている。


2021/1/19(火)

病院からの連絡はなかった。

またすぐに連絡が来る可能性が高いので、それを待っているようで心身が疲弊していく。


2021/1/20(水)

今日病院からの連絡はない。

ずっと非日常が続いているようで、そういう緊張状態いつまでも心身が慣れていかずに悲鳴を上げている。


続き

https://anond.hatelabo.jp/20210504175800

anond:20210503213749

マスクさえしてりゃ


夜行バスの同乗者や

同じ部屋の従業員

感染者が出ても

濃厚接触者ではない

というのが保健所見解から


そら拡がるわ。

保健所はいまだにPCR陰性、CTコロナ肺を コロナ感染者と認めていない。

現場では、どう考えてもコロナ感染者なのに、PCR陰性のせいでどうにもできない患者が溢れている。

2021-05-03

anond:20210228021045

里親募集アプリ里親募集した側です。

ひょんなことから、うちで子猫を産まれしまい、既に先住猫もいたこから、何とか子猫をの貰い手を探そうと、アプリを利用してみました。

私が出した条件は、譲渡があまり難しくならないように、居住県の隣接地域の方と言う事だけで、募集開始時の子猫の月齢も小さかった事もあり、応募者の方は少なくありませんでした。

こちらとしては、先着順でOKのつもりでしたが、最初から地域外の方からの応募があったり、また、母親野良猫という事で心配されたり、譲渡時期のすり合わせや、応募された方と連絡が出来なくなったり、8週齢以降の引き渡し(子猫販売してもよい月齢)では遅すぎると断られた方と、いろんな方がいらっしゃいました。

ただ、結果から先に言うと、譲渡前の母子検診時に、母猫が猫エイズキャリアであることが発覚し、里親希望者様にその旨報告すると、流石に皆様辞退され、こちらも、そのまま募集するのも気が引けて、募集を終了しました。

幸い先住猫が全て雄で、生まれ子供が全て雌だったので、思い切ってうちで飼う事にしました。

私としては、それでも子猫を引き取ってくれるとおっしゃってくれる方がいたのなら、交通費こちらもちで隣接県ではなくてもお届けさせてもらいますし、男ばかりというだけでお断りすることはないように思います

それはさておき、

自分の周りに声をかけただけでは、貰い手0と思えた子猫が、アプリを使うと、びっくりするぐらい応募がありました。

私が利用したのは、有料の里親募集アプリで、無料里親募集サイトは怖いので利用しませんでした。

そんなアプリでも、明らかにおかしいと思える里親希望者さんはいましたが(プロフィール記述内容に矛盾がある)、アプリの方で、募集や応募の時点で、ある程度の条件があるためか、募集者さんの方からいきなり可否の判定をするような仕組みにはなっていませんでした。

個別のやり取りも、規約違反となっていて、サイト上で、何度かやり取りをして、それからい具体的な話に進む感じでした。

又、私が利用したアプリでは、募集者や応募者を評価する仕組みもありました。

元増田さんが書かれたようないきなり「否」という返事は、とにかく子猫里親をみつけたいと思っている人の反応としてはかなり意外ですし、サイト側も無責任に見えます

利用されたサイトがどういったサイトなのか分かりませんが、子猫保護する方法は、里親募集サイトだけではありません。

まれ子猫は、結果的に飼う事になってしまいましたが、エイズキャリアが判明する前は、何とか里親をみつけようと、周りに声をかけ、アプリを利用し、保健所の方にも登録しようと思っていました。

増田さんとの出会いを待っている子猫はまだまだ沢山いると思います

どうか懲りずに子猫を求め続けて下さい。

でもさ、コロナの現状、全て国民が望んだ結果じゃん

入院拒否感染者、罰則から懲役刑」削除へ…野党修正協議

2021/01/26 15:00

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210126-OYT1T50155/

個人刑罰課す法案を出してきたとき

メディアも含めてバッシングして修正させたでしょ

そんなことより病床増やせって

からインドから入国者強制隔離できなくなったし

インド株の陽性者がマスクつけずに外出しまくっても入院強制逮捕もできなくなった

マイナンバー活用ですら監視国家だの資産監視されるだのなんだの言って拒絶して

結果的に各種給付金も遅れるし事業規模ごとの給付スムーズに行うこともできないし

1日の検査数ですら正確に把握できない国になった

保健所に集まったビックデータ科学的に分析できない国になった

海外のように陽性者をGPSで行動追跡したりそのビッグデータを集めて分析して対策に活かすこともできない

日本政府権限与えることをメディア国民拒否してきたわけ

ワクチンだってそうだろ

子宮頸がんワクチン危険だのなんだの風評ばらまいて勧奨接種を潰して

結果的ワクチン作れない集団接種のノウハウも捨てた国になった

海外が羨ましい?

お前らが望んだ現状だろ?

いくら死者が出ても自由に過ごせる国が良かったんだろ?

政府に介入されない国が良かったんだろ?

望んだ通りになったじゃん

長尾医師いわく、変異株はPCR陰性、CT画像はコロナ肺炎。

保健所PCR陰性をコロナと認めない。

https://www.youtube.com/watch?v=tORi1n1b2Xk

もうヤバすぎるやろ。これ。

2021-05-01

GWなのに10代で新型コロナ

東京大学生


4月は仲間とフツーに遊んでた

周りにかかったやつがそもそもほとんどいなかったし

そもそも若いからかかっても大したこと無いんだろ?って高をくくってた

このとき、俺はコロナ現実感を感じていなかった

危機感がマヒしていた



4月中旬に仲間の一人が熱っぽいなんて言い出してて

おいおいコロナかよーなんて、からかってたんだけど

次の日からLINEの返信がなくなった



あいつは本当にコロナだったのか?

だとしたら俺は濃厚接触者じゃないのか?

こうなってついにコロナというもの現実感危機感がふつふつと沸いて来た

今にして思えば、危機感を持つのが遅すぎた



友達から返信なくなって次の日

俺はご飯を食べるとき匂いや味がしなくなってることに気づいた

どうしたらいいのかちょっとパニックになった

病院に直接行っていいのか?まず保健所なのか?街のPCR検査にいくべきなのか?

そうこうしてるうちに、どんどん熱が上がって、どんどん気分が悪くなっていく

昨日まで無症状だったのに進行が早すぎないか

若い人は大丈夫なんじゃないのか?

考えがまとまらず、意識朦朧としていく

そこで俺の意識は途切れた



俺は救急車病院搬送された

やはりコロナだったそうだ

進行が急激だったことや、俺は若いのにかなりの重症になったのも

最近変異型の特徴だそうだ

どうりで仲間も突然音信不通になるわけだ

今、俺の体は点滴と酸素吸入器がつけられている

血栓が沢山できるのも特徴で、体中に紫色の痣が浮かび上がっている

意識がいつ回復するかもわからないらしい

このGWはずっと酸素吸入器をつけて過ごすことになりそうだ



俺みたいなことにならないよう

緊急事態宣言飽きたなんて言ってないで

ちゃん危機感を持ってこのGWを過ごしてくれ

頼む

2021-04-30

anond:20210430173554

おそらくだが、病院なりホテルなりに案内されることは無いだろう。

保健所委託業者から、自宅療養パックとして、インスタント食材の詰め合わせが送られてきておしまい

医療は既に崩壊しつつある。

自宅で自分を看取れる準備をしておいたほうがよほど有益だ。

anond:20210429223739

お疲れさま

こっちは宿泊療養施設勤務だけど病院勤務じゃないからってワクチン回ってこないわ

入院させたい中等症が流れてくるから度々室内に入って接触するんだけどね

そのくせ保健所では75歳以上の老人がワクチンの予約電話が繋がらないだけで「死ねって言うのか」「お前らの怠慢だ」「仕事しろボケ」と散々怒鳴ってくるんだからみんな死ねって思う

2021-04-27

千分の一のコロナ訪問看護


今の神戸の実情です。

神戸訪問看護藤田愛さん投稿コピーして皆様にご紹介させていただきます

自分事としてどうぞ皆さんお考え下さい。



敗戦中の従軍看護師はこんな気持ちだったのだろうかとか、毎日ぼきぼき心が折れてゆく。1日回れても8人、重症者が増えてきたので1件ずつの訪問時間が長くなる。

「せめて入院までの間、訪問してくれる訪問看護ステーションをご存じないですか?」

うそ保健師さの声が悲鳴である

知っているけどないとは言えなかった。「行きますよ」と返事してしてしまうのが、自分の弱さだと分かっている。

有料道路を乗り継いでいく初めての土地、真っ暗だからここは県外か?どこに向かうのかとか訪問先のことなのか、自分のこと何か分からん問いがわいてくる。

到着が21:00になった。家のドアを開ける時に心が定まる。できることをする。

待たせてごめんね。病院廊下でもいいですから入院させてほしいとお母さんに手を合わされても、私にはどうすることもできない。咳き込んでいるので、窓全開でも気が散りそうになる。集中して血管を探す、よし入った。ステロイド入りの点滴、焼け石に水でもないよりまし。来てくれただけでも命が見捨てられてないと感じて希望が持てます

こんなこと誰が知っているのか、どう発信すればいいのか。

今ここに居合わせている私でさえ、信じたくなさの気持ちが反発しているくらいなのに。

呼吸数54回、酸素吸入72L、39度台の発熱が続く。

病院で陽性だけ検査して帰宅後、1週間。おいおい、これはこのままじゃ今夜死ぬかも。持病の薬が床に散乱してる飲めないよね呼吸数54回じゃ、まだ30代できることは正しく、危機感が伝わる報告をすること。

保健センターに、数値と判断を伝える「早急な入院治療必要です、そうでなければ感染症呼吸不全心不全かで急死の可能性があります。」

どれだけ同じような報告を保健師が聞いているだろう、悲鳴の向こうにまた悲鳴がある。

訪問を終えての帰路、保健センターから電話が入った。

10分後に救急送できることになりました。」

「もしよろしければ搬送先を教えていただきたい。」

「○○病院です。」

おー、重度者治療病院である。救えるかも。

「ああ、よかった、ありがとうございます。」

保健師とほんの数分言葉を交わし、一緒に悲しんだり喜べるのが支えとなる。

コロナ訪問100件を超えただろうか。入院調整中の数の増加に1000分の1と思う。急変を見つけても頼るかかりつけ医入院もないなら私のやっていることに意味があるのか。いや、あるからやっているのだ。信じたくなくても、一丸となって本気の緊急事態宣言を皆でがんばるしかない。飲食観光、私の人生の一部だ、絶対に守りたいと思う。だけど今の命なくして、未来はない。

全例入院治療がいいに決まっている。でも叶わないなら、医師コロナ特例で免責されて、対面なしで在宅酸素ステロイド抗生剤、解熱剤、点滴をコンフォートセットにして処方できるようにしてほしい。まだ私自身は実施例は少ないが、これで救える命もかなりある滞在時間も30分以内に留められる。

でも回復約束できるわけじゃない。何もせずにいつとも分から入院を待つよりいい。それを離れた家族は知っておいてほしい。たかがそれでも引き受け手がない中で全力を尽くしていることを理解してほしい。この事態について全国民理解必要である。県外に住む家族に「おいこらオマエ、治療せんか、入院させろ」とすごまれたってできんものはできん。

心配でしょう、そうですよね。私たちが生まれて、急病なら医師の診察、救急車があたりまえでしたね。残念ながら今の神戸はその状況にありません。静かに強く現実を伝えてゆく。もう何回目か覚えていない。30分から1時間はかかる。10しか担当していない私でさえそれだから保健所電話がそんな電話で埋まる。保健師が次々倒れて、より人が減るのもあたりまえだ。倒れなければ休めない。

1000分の1のコロナ訪問看護を綴ってゆきます

今、酸素飽和度85%だった方、あかんかと思ってたら酸素ステロイド抗生剤3日目、94%にあがったと電話。そんな会話できる人だったことを今初めて知ったわ。私、こう見えて商売人やもの。話得意やねんで。うれし泣きで始まる今日の朝。

anond:20210427000049

医者って言うか保健所にTELだと思う

おそらく町医者相談しようとしても、「保健所へ連絡してください」じゃないかなぁ

2021-04-26

究極のコロナ対策

先に結論

たった3週間でいいから、全国民が家に引きこもればいいだけ

3週間後には国内からウイルス消滅してる

必要コスト

政府による3週間分の収入補償、および食料等の配給(国・自治体

外をほっつき歩いてる人を速やかに除去するシステムにかかるコスト(国・自治体

金融の一時停止措置によるヘッジコスト(民間

その他メリット

PCR検査などは一切不要。膨大な検査費用が全額浮く

保健所病院が混乱することもない

3週間後以降、入国時の防疫をしっかりすればワクチン不要

その他デメリット

一時的に人が大勢死ぬかもしれない

感染者の再生産による長期に渡る死者数増加と比較して多いか少ないか計算してないので不明シナリオ次第)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん