「否定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 否定とは

2024-07-17

anond:20240717122531

う~ん、こっちは「可能性」「権力闘争次第」と二重に抑制的に言ってるのになぜそこまで踏み込んで確信をもって他人意見否定できるのか

その自信がわからん

10年の付き合いの親友と縁を切った話

●はじめに

これは相手に向けて書いたものではなく、相手批判する意図はない。

もしこれを読んで相手批判しているように思えたのならそれは私の表現力の乏しさによるものである

また、フェイクを入れずに書いているので、両者の友人知人は「もしや」と感じるかもしれない。

だとしても二人に触れずにそっとしておいてほしい。

以上のことを踏まえて、了承していただける方のみ先を読み進めてほしい。

登場人物

私=筆者

一次創作をする。

絵と文章を嗜む。

A

私の親友だった人物

絵を描くことが生きがいであり、人生のもの

この文章は、Aとの出会いから別れまでの備忘録私自身の反省のためのものである

再三になるが、この文章にはAを批判する意図はない。

●Aと私の関係

Aと私は高校入学して出会った。

そして縁が切れたのが我々が28歳になる年の2月ごろ。

10年を共に過ごしてきた仲だった。

間違いなく、一番仲が良かった友人だった。

高校3年間はクラス替えもなく、いろいろな話をして、真剣な話もして、時には喧嘩をしたりすることもあったが、それも乗り越えてきた。

大学は別々の道に進学することになったが、それでも毎日のようにLINEで会話を交わし、時々二人で遊びに行っては日が暮れるまで話し、解散後も夜が明けるまでLINEで話をしていた。

大学卒業してからもその関係は変わらない。

私が新卒入社した会社研修で2か月東京に行くという話をしたときはとても寂しがってくれたことを今でもよく覚えている。

Aは絵を描くことが好きだ。

絵を描くことが好き、と一概に言っても色々幅があるが、私から見ればAの「絵を描くことが好き」とはAのアイデンティティであり、Aの人生のものなのだと思っている。

自分気持ち言葉にするのは少し苦手のようだったが、感情を絵に込めるのは大得意でAの描く絵には喜怒哀楽様々な感情が乗せられていた。

私も少し絵を描けるが、どちらかといえば絵を描くことは好きではなく自分の描く絵は好きという難儀な性格をしている。

そんな私と比べると、Aの絵に対する思いは尋常じゃないものなのだと思う。

Aは私の一次創作ファンだった。

私の作ったキャラクターお話ファンで、この世のキャラクターの中で一番、私が作ったキャラクターが好きとまで言われたこともあった。

Aは私のキャラたちのファンアートをたくさん描いていた。

そのキャラたちしか描いてないのではないかという時期があった程度にはたくさん。

Aが絵を描いてくれることが嬉しくて、私はAにたくさん自分創作の話をした。

長くなったがここまでが大まかなAと私の関係である

●事のあらまし

Aと私は今までの一次創作の積み重ねを本にしたいという話になった。

私が書いた小説や、私から聞いた話をもとにAが描いた漫画の断片はいくつかあれど、それらを本という形に残したくなった。

そこで一次創作同人誌即売会を調べ、Aと私の二人で本を出すことになった。

私は今まで書いた小説を集め、書き下ろしの話を追加した短編集などを3冊作り、Aは私が文章で書いていた短い話を漫画の本にした。

ところが肝心の即売会は諸事情で中止となり、半年後に延期になってしまった。

頑張って作った本たちはひとまず通販に置いて、Twitterフォロワーを中心に頒布することができた。

半年後になってしまった即売会を待つ間、Aと私は喧嘩をしてしまった。

Aが私の地雷を踏みぬき、私が苦言を呈したこときっかけだった。

私としてはその場で謝罪をもらって、それで終わりで良かった。

喧嘩をしたつもりはなかったのだが、思えばAの様子が変わったのはそこからだった。

多分おおもとの原因はここなのであろう。

Aの様子が変わり、Twitterにも出てこなくなったことが心配で、私はAに手紙を書いた。

Aと大事な話をするときは、手紙を書くことがしばしばあった。

その手紙きっかけでAと仲直りをすることができた。

仲直りをしたとき電話で、数か月後に迫った即売会の話になった。

「せっかくまだ少し時間もあるし、もう一冊本を作りたい」とAに伝えた。

Aもそれに賛同してくれたので、私は本の攻勢について説明した。

前に話していたネタで、漫画の本を作りたい。長くなりそうで作画が大変だから、今回は私が全部作画をする予定で、と。

Aは「あの時のネタか」と喜んでくれ「すごくいいね」と言ってくれた。

その会話の中でAが言った。「その漫画読みたいな、何なら私が描きたいくらい」と。

しかしどうにも作画コストがありそうなので、Aに全部描いてもらうのは申し訳ない。

だがAがそこまで言ってくれたのが嬉しくて、Aにも制作に参加してもらえたらと私は返答した。

結果、表紙と人物紹介ページの立ち絵だけAに作画を頼み、あとは全て私が自分で描くことに落ち着いた。

そして私は自分が描く予定で考えていた表紙のラフや、キャラ立ち絵ポーズイメージを送り、Aに制作をお願いした。

私は今までAが描いてきたファンアートに対して何か対価を支払ったことはなかった。

強いて言うなら「新しくお話を作ること・考えること」を対価としていたのかもしれない。

だが先の喧嘩のこともあり、好意で描いてくれたものに対しても何かお返しをしたいと感じていた。

なので今回の制作に対しても「お礼をする」とAに伝えていたのだった。

Aの作業も私の作業も少し進んだころ、二人で遊びに行く機会があった。

そのときに私はAに「お礼として晩ご飯ご馳走するよ」と伝えた。

Aはそれを聞いて少し渋い顔をしたあと「じゃあ2回分で」と答えた。

Aの返答に少し違和感はあったが、私は2回分の晩ご飯をご馳走することを了承した。

だがしばらくした後、Aから晩ご飯2回分と、表紙・立ち絵を描くことは釣り合ってないと思う」と言われた。

私はさら違和感を覚えた。

もともと私が全て描くつもりで考えていたものを、Aが描きたいと言ったから急遽参加してもらうことになったのだ。

まり好意で描いてもらうものに対して、私も好意でお返しをするという形だったはずだ。

どちらかと言えば同じサークルメンバーで1つの本を共同制作する形に近い認識であった。

から「"依頼"に対しての"対価"が釣り合ってない」と言われたことは、私としては違うと感じたのだ。

しかし、自分の描きたい絵を後回しにして人からまれた絵を描くことは大変なのは私にも分かる。

「じゃあ、何なら釣り合うと思う?」とAに聞いてみた。

Aは「考えておく」と一言。この話はこれで一旦おしまいになった。

Aから"対価"の話はされないまま、その後もお互い制作を進めた。

とうとう絵と漫画は完成し、本が出来上がった。

私は刷り上がった本を一冊と、同時に一人で制作していたグッズを合わせてプレゼントした。

Aのリアクションには違和感があったままだった。

本を開き完成した漫画を読み、楽しそうにリアクションを取るAの姿は、無理をしてそのように演じているように見えた。

長い付き合いなので、Aが気持ちを抑えてそれらしく振舞う癖があること、しかしそれが下手でバレバレなことは私にはわかっていた。

Aはそのときも、何かの感情を押し殺してそれらしく振舞っていた。

そのまま迎えた即売会当日。

その日はたまたまAの誕生日でもあり、私は今回のお礼と誕生日プレゼントを兼ねていくつかプレゼントをした。

細かくは覚えていないが、確かお土産菓子と、Aが一番好きな私のキャライメージ香水

それからAは自分へのプレゼントとしてiPadを購入していたので、1000円ほどの有料のイラストアプリを入れてもらおうとiTunesカード1500円分をあげたのは覚えている。

iTunesカードは突発的な思い付きで、昼ご飯を買いにコンビニに買いに行ったときにふと目についたのだ。

「昼ご飯買ってきたよ。あとこれはい、あげる」と、さらっと渡したのだが、Aのリアクション

「はあ……」と言ったものだった。

即売会も終わりに近づいた時刻、Aから「そういえばお礼の話だけど」と話が始まり「いろいろ考えたけど、1万円で」と告げられたのだった。

……イラスト有償依頼で、表紙(カラーイラスト)と立ち絵名分を依頼した、となると確かに1万円は破格だろう。

しかし今回の話は果たして"依頼"だったのだろうか。

友人同士の"共同制作"ではなかったのだろうか。

"共同制作"ならAが「印刷費をいくらか出した方がいい?」と聞いてきた際に頂いておいたほうがよかったのだろうか。

私にはわからなかった。数年経った今でもわからない。

私は1万円を支払わなかった。

友人同士で金銭のやり取りをすることに抵抗があったからだ。

その代わり1万円分のお礼はすると伝え、今回渡したプレゼントはお礼も兼ねていることと、今日ご飯代、打ち上げカラオケ代で1万円くらいになりそうだから、それでどう?と言った。

続けて「もし対価としてお金要求するなら、それは話を引き受けるときにするべき話で、後から1万円でと言われても了承はし難い」と伝えた。

「今回はお互いのすり合わせがちゃんとできてなかったから、それは両方の責任だと思う。お礼に関してはあくま好意で渡している。もし足りなかったら今後遊ぶときに代金持つよ」とも伝えた。

Aは最後まで納得がいかなそうな顔をしていて、頑なにカラオケ代を受け取ろうとしなかったが、私はそれらの代金を全て押し付けて、その日は解散になった。

あくまで私の価値観として、金銭が発生するやり取りは"契約"だと思う。

"依頼"を受ける"対価"として「これくらいの金額で」と提示し、双方合意の上で契約が成立するものだと思う。

今回はただの口約束で、そこに契約など存在しなかったのだ。

「描いてもらいたいんだけどいい?」「描くよ」「ありがとう。お礼はするよ」

そこに金銭のやり取りが発生するとどちらも言わなかった。

私はこのやり取りのことを友人同士の口約束だと捉えていたのだった。

Aはその後、即売会の後処理や事務的なやり取りを私と交わし、私と連絡をすることはなくなった。

またもや大変長くなったが、ここまでが事のあらまし。

●縁切りに至ったきっか

約1年、Aと会話をしなかった。

そんなことは今まで初めてだった。

AのTwitterからは私のキャライラストが消えていた。

しかし連絡がなかったとは言え、TwitterLINE相互のまま。

リアル友人用のインスタも見られる状態にあった。

まだ縁が切れたわけじゃなかったのだ。

私は中途半端状態が好きではない。

Aが私に対して思うところがあるのは嫌でも分かった。

まだ友人関係を続けるなら清算必要だし、縁を切るならそれはそれも仕方がない。

迷ったが、Aの誕生日に「おめでとう」と送った。約1年ぶりに発した言葉だった。

そのときのやり取りは消してしまってもう残っていないので、事実とは異なる可能性がある。

ぽつりぽつり、とぎこちなくやり取りを交わしたが、かつての親友を歓迎する雰囲気は全くない。

まだ怒っているか尋ねたところ「そうだね」と返事が来る。

「私のことが嫌いになったならもう現れない。あなたの前からいなくなる」と縁を切る提案をした。

とてもとても時間が空いて、Aから「嫌いとか、勝手に決めつけるのやめてほしい」と返事が来た。

『なんだその返事は。どう考えても「お前もう無理」が態度ににじみ出てるんだよ』

そもそもお互いちゃんとすり合わせができてなかったことが原因だからどっちも悪いところあったんじゃないのか』

『なんで私だけが悪いみたいな態度を取られなきゃいけないんだ』

『謝ろうにもそっちの意見を聞かない限りは本当の謝罪なんて無理だろう』

『いい加減自分意見を隠して察してちゃんするのはやめろ』

私のこのときの率直な思いだ。

しかし、まだこれなら修復ができるかもしれない。

「私は今でもまだ友達だと思っている」と伝えると「私も同じかな」と返ってきた。

しっかりと話し合う時間が欲しかった。

会う約束をすることになったのだが、いろいろあって実際に会えたのはさら半年後だった。

ちゃんと話し合おう、主観で悪かったと思うところは謝って、相手の口からもきちんと思いを聞いて、

粗相があるなら謝ろう。誤解があるなら解けるまで言葉を交わそう。

そう思っていたはずなのに、久しぶりに会って私の口から出るのは、薄っぺらい近況話や中身のない話だった。

その日の私とAは、傍から見ればいかにも友人っぽかったと思う。

しかし確実に、距離が空いていた。お互い腹を探りあっていた。

私に至っては。もはやAのご機嫌取りに近かったのかもしれない。

いかにも友人っぽい二人は、大事な話もできずにいかにも友人っぽいまま解散してしまった。

その日を境にTwitterなどでやり取りは再びするようになったが、心理的距離は変わらないままだったと思う。

それでも私の誕生日には簡単イラストが贈られたので、私もAの誕生日イラストを贈った。

私はその年、結婚式を挙げる予定があったため、Aのことも誘ってみたのだが

Aはその日どうしても外せない予定があったらしく、申し訳なさそうな顔をして断られた。

しかし祝福はしてくれていて、Twitterに載せた前撮り写真にもコメントをくれたり、

ドレスの色の相談もしたりしていた。

式当日の写真にも、いいねコメントがきていた。

行くことはできなかったけど、祝福はしているという雰囲気であった。

年末、式に招待した人たちに年賀状を出そうとリストを作っていたところ、

招待したけど来られなかった人にもお礼状として年賀状を出そうと考えた。

AにLINEで住所を聞いた。Aの一人暮らし先の住所は知らなかった。

Aからは「正月帰省しているので実家に送ってほしい」と返事が来た。

私は過去年賀状ファイル実家に置いてきていたため、再度実家の住所を聞き、送った。

送った年賀状は「あて所に尋ねあたりません」のスタンプが押され、返ってきた。

Aに聞くと「省略した住所だったからかな?これが正式な住所だから送ってみて」との返事。

住所を訂正し、切手を貼り直し、再度送った。

再び、スタンプが押され返ってきた。

原因はどうやら転居届を出していたことだと分かった。

Aに「一人暮らし先の住所教えて。それか、直接渡すからどこかで遊ぼう」と伝えた。

Aは「年賀状のためだけに会うのは申し訳ないし、仕事が忙しくなりそうな予感がしてるから

しばらく遊ぶのは無理かも。何か手間かけない方法で……局留めとかできないかな」と返信した。

(やりとりは削除済みなので記憶だよりである

……私はもう疲れてしまった。

わずかに繋がっていた糸が切れてしまった感覚があった。

Aの仕事は土日休みだし休日出勤もなさそうなのに。

年賀状のためだけに会うのは申し訳ない」はどう考えても「会いたくない」の言いかえだと思う。

局留めなんて提案バカバカしい。住所を教えたくないだけなのがよく分かる。

「分かった。じゃあ会わなくていいから、どこかで話をする時間がほしい」

私はそう伝えたが、これは仲直りだとか謝罪だとかのためではない。絶縁のための話がしたかった。

しかし、Aからの返事が来ることはなかった。

話したくないの意志のものだったと思う。

話したくないことはよく分かったがそうも言ってられない。

私たちが縁を切るにはもう少し事務的手続き必要だった。

大事な話なので」と念を押しても無視された。

Aは私の連絡は無視し、Twitter更新を続けていた。

LINEブロックされたのかと思い、確認してみたがそんなことはない。

ただただ、無視をされていた。

日経って、AがTwitterでスペースに参加しているのが見えた。

別のフォロワーホストのスペースにスピーカーとして参加しているようだった。

よく見てみると、スペースに入る際に匿名で聞く機能が追加されているのが分かった。

盗み聞きのような気分だったが、そういう機能があるのだから使ってみることにした。

他愛のない会話。Aは楽しそうにしていた。

少なくとも元気であることが分かって一安心

同時に無視意図であることも分かった。

私はAに追加でLINEを送ってみることにした。

目につきやすいように、短文で3件ほど。

わざと気を引くような言葉も選んだと思う。

スペースで何か反応があることを期待したものだった。

しばらく待つと。案の定Aはその件について触れ始めた。

そこからはもう出るわ出るわ本音の嵐。

それを聞いたフォロワーも一緒になって私への悪口を言う。

いや中学生か……。いい歳した大人が……。

だがしっかりと聞きたかった言葉を聞くことができた。

「まあ、私(A)の中ではね、友達としてはね、もうあのときで終わってるから……」

これだ。私が聞きたかったのは。

私は確信を持ちたかったのだ。

その後、スペースは「謎の匿名リスナー」の存在がばれたため、

アカウントの方へ移行していった。

私はAの全ての連絡先を削除し、SNSブロックした。

そしてAとの関係肯定するものをすべて処分した。

Aからもらった絵も、渡すはずだった年賀状も、一緒に撮った写真も何もかもすべて。

Aの魂のこもった絵を処分していくのはさすがに心が痛んだが、私にはもうすでに必要のないものだった。

絵を捨てることで、私はAという存在すべてを否定した。

実家を出て、新居に必要ものだけ持ってきたはずだったのに、やたらとAの痕跡が多かったことを私は忘れないだろう。

(余談……事務的手続きをやり残したまま処分を始めてしまったため、後始末に少し苦戦した。

他人も巻き込んでしまったためここは大いに反省すべき点だと思う。)

主観と推測と反省

タイムマシンがあったら戻るか?と聞かれても、私はもう戻ることはない。

やりなおしたいわけではないが、自分の行動のどこがまずかったのかは今でも考える。

私はあのとき、ポンと1万円を支払っていればよかったのだろうか。

誕生日プレゼントとお礼を混合したのが良くなかったのか。

そもそも、お礼に何をするかを前もってすり合わせておくべきだったのか。

いっそのこと、自分の本なのだから他人に絵を描いてもらおうなんて思ったこ自体が間違いだったのか。

……恐らくすべての点で間違っていたのだろうと思う。

Aはきっと、私に対して「自分の絵(=自分人生のもの)に対して1万円の価値もないと思われた」と

感じているのだろう。

もちろんこれは断固否定するが、そんなことは決してないし、Aの絵と絵に向き合う姿勢リスペクトしていたつもりだ。

だが、思っていてもそれが相手に伝わらなければ意味がない。

私の思いはAに伝えたつもりだが、その通り受け取られなかったのなら、それは私の言葉表現方法が悪い。

そもそも受け取ってもらえなかったのはきっと今までの積み重ねもあるのだろう。

私の信用は、もっと前には既になかったのだろう。

Aが私に対して「許せない」と感じているのはもう仕方がない。

許されないことも仕方がないと思っている。

しかし、今でも私はきちんとした謝罪ができなかったことを悔やんでいる。

Aは私の謝罪必要としていないのかもしれない。だが私が謝罪をしない理由にはならない。

人間として、相手のことを本当に大事に思うのならば、きちんと謝罪をするべきだったのだ。

ここまでで書いたことはあくまでも私の主観に基づいたものだ。

ない頭を振り絞りAの立場に立って考えたつもりではあるが。本心はAにしかからない。

Aの本心を聞けなかったこと、強引な手段しか本音を聞けなかったことも非常に後悔している。

何にせよ、もう私たちは戻れない。二度と戻ることはできない。

Aが私を許せないのと同じくらい、私もAのことが許せないのだ。

かつての親友であっても、二人の共通の友人とは今は関わりがほぼない。

共通コミュニティに属していない以上、時間とともに価値観の相違は生まれものだ。

Aも私も、少しずつお互いにずれていっただけなのだと思う。

Aが使っていた「ばかたれ可愛い」という語彙がなんとも下品で嫌いだった。

家に招いたとき、部屋中に飾った好きなキャラのグッズやぬいぐるみを見て

ちゃんと定期的に埃とか取らないと汚い」と言ったことが許せなかった。

言いたいことをはっきり言わずに態度に出まくりなところが本当に嫌だった。

自分けが被害者のような態度を取られるのが不満だった。

誰が聞いてるかもわからないオープン場所で人の悪口を言ってる姿が情けなかった。

「もうとっくに友達じゃない」と思っていたのならさっさと切ってほしかった。

友達として終わってる」なら私の結婚関連の祝いの言葉は何だったのか。

これらは全てAが悪いのではなく、私の価値観に合わなかっただけである

それでも私はAを許さないと思う。

Aが私を許さないのではない、私がAを許さないのだ。

以上、非常に長く見苦しい文章を読んでくださった方に感謝します。

anond:20240717002504

でも逆に、傾向にすぎない統計的事実を使って、個々のケースの成否を100%否定してくるやついるからな。

 

あなた学歴が低いので幸福ではないはずです」

「いや幸せですけど……?」

 

こういうの。

anond:20240717093326

俺は毎週のプロYouTube番組を見ている趣味勢だが、

最近連写性能が120コマカメラなどが出てきて、120コマ全てでオートフォーカスによる微調整が入るそうで、

また大体のフォーカスだけを合わせてあとはトラッキング自動追尾なんてのもできるし、

明らかにオートフォーカスによってスポーツ関連の取れ高が増えたらしい

プロは100点の1枚の写真より、どんな場合でも80点を量産する「取れ高」がそのまま収入になるらしく

マニュアルフォーカスで決められた位置だけに置きピンしてその数枚だけを撮る人よりも

オートフォーカスバンバンいろんなシーンを撮る人の方が仕事上有利だとは言っていた

(ただし、その人はソニープロからバイアスはあるかもだけど)

単純にMFプロは、最新テクノロジーによって自分MF技術否定されたような気持ちになって

テクノロジーに意地でも適応しようとしないというのはあるんだろうなと思ってる

あと、YouTube動画プロ撮影方法を見るけど、オートフォーカスを使っていないプロにはあまり出会わないね

それも、YouTubeを使いこなすプロオートフォーカスをはじめとする新技術対応できているだけかもしれないけどね

「お風呂が面倒くさい」って言うお風呂スキップ

存在否定するわけじゃないんだけど

「面倒くさい」っていう理由絶対嘘だよね

他に理由があると思う

なんとなくの忌避感を面倒くさいって言ってるのでは

anond:20240716201813

どの規模が大風呂敷なんだよ? どうせ「その程度は大風呂敷じゃねぇよw」って後出し否定するのが見えている。

まれてればいいじゃない1枚でも(ジュビロ藤鷹の背中を見ながら)。

anond:20240717012233

勝ってくれてぜんぜんいいよ、別に否定してないよ・・・傷つくのが怖いのかな?防衛しなくていいよ

みんな違ってみんないいんだから

明日からクラス替えですと言われて、今日まで異性のものとしていた装いをして異性のトイレ風呂に入る暮らしを大した違和感苦痛もなくできるなら性自認がわからないと言っていいと思う。

性自認否定するとすぐにこういう(お前はシスから違和感ないんだ的な)こと言う人いるけど、法律文化で決まってるなら、俺は多分普通にできると思う。

多くの男が女装しない理由って性自認ではなくて世間の目だと思うんだよな。

「Aの集団にはBという傾向があることがわかった」「私はAだけどBじゃないよ」

統計データや傾向調査の結果として、「Aの集団にはBという傾向があることがわかった」という報告があったとする。

これに対して、「私はAだけどBじゃないよ」とか「AだけどBじゃない人を知っているよ」といった意見を述べて、

その調査結果に疑念を抱く人たちについて一言言いたい。

まず、統計というのは個々の例外を探すためのものではなく、集団全体の傾向を把握するためのものだ。

例外存在するのは当然のことで、それは統計信頼性を損なうものではない。

統計の結果に「私は違うからそのデータは間違っている」という主張をするのは、

そもそも統計意味理解していない証拠だ。

例えば、「喫煙者には肺がんリスクが高い」という統計データに対して、

「私の祖父喫煙者だったけど肺がんにはならなかった」とか

喫煙者の友人がたくさんいるけど、誰も肺がんになっていない」といった反論をする人がいる。

しかし、これらの意見個別例外を引き合いに出して全体の傾向を否定しようとしているだけで、

データ信頼性を損なうものではない。

また、統計データは多くのサンプルから導き出されるものであり、個々のケースをすべて網羅することはできない。

それにも関わらず、特定例外を引き合いに出して全体の傾向を否定するのは、データの読み方として極めてナイーブだ。

自分がその例外であることを誇るのは勝手だが、それでデータ有効性を否定するのは誤りだ。

さらに、統計的な傾向はあくまで「傾向」であって、「絶対的事実」ではない。

からこそ、統計データは「全員がこうだ」と言っているわけではなく、「多くの人がこうだ」という話をしているに過ぎない。

自分や知り合いがその傾向に当てはまらいからといって、そのデータ自体無意味にすることはできない。

統計や傾向を示すデータに対して無意味個別例を持ち出して否定するのは、単なる自己満足に過ぎない。

それよりも、そのデータが示していることの本質理解し、全体像を把握することが重要だ。

個別例外を探すことに固執するよりも、データが何を伝えようとしているのかを真摯に受け止めるべきだ。

いい夫と結婚する方法

こちら側から彼に尽くすことはしない

勝手に全奢りしてくれる

デートの誘いは100%向こうから

自主的プレゼントをくれる

・一回もやらないでおく。その上で離れていかない

・彼と会う時はいつもニコニコしておく

・彼の意見否定しない・間違いがあっても指摘しないで見て見ぬふりをする

・連絡は1日1通しかしないでおく

・めんどくさい女にならない

結婚する気がなさそうならすぐ別れる

・一生独身でもいい覚悟をする

・男側が浮気したらごちゃごちゃ言わずにすぐ別れる

これ、古のインターネットで有名だった「ユキコ道」なんだが(うろ覚えから自分流になってるが)、全部やるの意外とすげー難しい。

・尽くさな

→尽くすと無意識に見返りを求めてしまい、不満が溜まりメンヘラ化するのを防ぐ役割がある

・めんどくさい女にならない

→めんどくさい女は彼の中で降格させられて雑に扱われる。雑に扱われる女はメンヘラ化するので、結果的自分メンヘラ化を防ぐ役割がある

結婚する気がなさそうならすぐ別れる

→「この女を逃したら二度といい女が来ない!他の男に渡したくない!」と思われたら態度にも出るので、結婚に対して消極的な時点で縁がない。※事情があったり自信がないパターンもある


わたしはこれに完璧に該当して尽くしてくれる男性が数人いたが、全員難あり(パチンカスとか、境界知能とか)だったので「わたし恋愛市場価値ってこんなもんか…」と感じた。

その後年齢的なタイムリミットが来てしまったので、これらを半分くらい満たすだけの男性結婚した…

2024-07-16

なぜ政治増田運営から削除されたのか

自称リベラル界隈、と言うか立憲共産支持者界隈が限界化しててヤバい」という増田ホッテントリした後に削除された。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20240716042300

ブクマページのタイトルが「Not Found」になっていたので運営から削除を食らったものと思われる。

 

運営から削除された増田

ブクマページに魚拓Googleキャッシュを貼ってくれている人がいたので、どんな内容だったか分かるように引用しておく。

自称リベラル界隈、と言うか立憲共産支持者界隈が限界化しててヤバい

 

蓮舫女性から嫉妬で叩かれているのです!」「選挙結果操作されている!」「我々の正しい思想理解しない都民のせいで〜」末端の連中じゃないんだよ、商業媒体執筆やってるようなネームドの連中すらこれだよ。

こんな事叫んだところで事実に基づかないお気持ち論でしかいから、野党が何故支持されないかという問題解決には何ら寄与しない。

間内気持ちよくなったり傷を舐め合う為に都合のいい世界観を作ってるとことか、事実二の次なところが陰謀論者と全く同じ。ヤバいだろ。

 

https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:https://anond.hatelabo.jp:443/20240716042300

増田規約的には言及された当事者から申し立てがあれば、問答無用記事は削除されるようになっている。

しか元増田の書き方では誰の発言をどこから引っ張ってきたのかハッキリしない。

見る人が見れば分かるのかもしれないが、元増田が言うところの「商業媒体執筆やってるようなネームドの連中」とやらがホッテントリを嗅ぎつけてわざわざ自分の事として削除申請をしたのだろうか。

ちなみに蓮舫氏に言及している他の増田が一斉に消えたというわけでもない。

https://b.hatena.ne.jp/q/%E8%93%AE%E8%88%AB%E3%80%80anond.hatelabo.jp?date_range=all&target=all&users=3&sort=recent&safe=off

仮に蓮舫氏がこの増田だけピンポイントで削除申請したのだとしても余計に意味が分からない。

 

削除された理由についての考察

あくまでも想像だが、投稿者複垢自演トラバ自演ブクマをした結果、垢BANされてNot Foundになったのではないかと考えている。

なぜならこの増田の1、2番目に付いていたトラバも同時に消えているからだ。

ここ10年の傾向がまさにこれなんだよな。内輪ウケ狙いでどんどん先鋭化していって、まともな人が離れていく。最近国民民主があっちの層と距離置き出したのもこれが大きい

anond:20240716042545

嫉妬で叩かれてる」って思い込んでるとことか根拠の無い自信で都知事選出て3位になるとことかsyamu_gameみたいで草

anond:20240716042829

どちらも元増田肯定的であり、元増田投稿されてから数分でトラバしているのだが、綺麗さっぱり消えている。

まり元増田の用意していたアカウントがBANされたのと連動して、今まで投稿した記事元増田トラバ)もすべて削除されたんじゃないかということ。

ちなみに増田投稿された記事Not Foundになることはそんなにない。

元増田にもそこまで過激なことが書いてあるわけでもないので、裏で余程のことをやらかし可能性があると思っている。

 

同じタイミングで別の増田運営から削除されている

関連性があるかは不明だが同じタイミングで似たような増田Not Foundになっている。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp:443/20240713065536

■ 『リベラル』や『左派』を名乗ってる他人自由権利侵害するのが大好きな人達の名称を考えよう

 

別にリベラルでも左派でもない正義コーティングして人を殴りたいだけのカスでしょ

あんなのが『リベラル』って呼ばれてるのは無いわ

 

https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:https://anond.hatelabo.jp:443/20240713065536

こちらも最初の方に付いたトラバが一緒に消えている。

ポリコレ全体主義

anond:20240713073354

自分が気に入らなくても他人権利擁護するのが「リベラルなのだが、特定人権だけチェリーピックして気に入らないものお気持ち否定、みたいなのが自称リベラル左派

anond:20240713075148

しかしたらリベラル左派立憲民主党共産党みたいな属性の人たちが嫌いすぎて自演して叩いていたらBANされたという事なのかもしれない。

anond:20240716211549

否定しながら情報量0の返事しててワロタ

答え合わせじゃん

  練馬区光が丘公園について、何の文化性もないし、7月15日に検索した際に発見した、屋台くらいしか、魅力のあるものはないと思った。戦後30年の時代において、光が丘公園

  が公共的に完全な場所として、市民が憩う公園として形成されたことは否定しないが、実践面ではとうに役目を終えているし、屋台の内容からしても、美しさなどがあるとは思えないし、

  昭和50年代を通じて発達した屋台には価値があるが、公園内の図書館看板掲示された内容は、古色蒼然としている。

anond:20240716192334

ちょっとなにいってるかわからない

元増田の題自体作品とその読者が嫌い」なのに

作品を読んでるか関係ないってどういうこと?前提自体否定されても困る

結婚出産しないと後悔するよ」と脅しをかけてくるのは勿論嫌だけど

からといって「後悔なんかしない」と否定する意見にも賛同できないんだよな

だって結婚出産って

する/しない以前の問題として出来る/出来ないがあるので、

自分意思でどうにかなる問題ではない。

から自分は後悔していると言えばしているし、していないと言えばしていない。

だって結婚すれば良かった」は、「美人に生まれれば良かった」や「白人に生まれれば良かった」と同意義なので、

もう生まれた時点で不可能から、後悔しても無駄から

この話題って後悔するよと言い切ってる人達も、それに反論する人達

女は結婚したいと思いさえすれば無条件で出来るという前提で話している人ばかりなのが本当に謎だ。

独身女性の大半は自分のような不本意未婚者だと統計で出ているのに何故かいつも無視される。

anond:20240716161821

この際だからはっきり言うけどさ

性自認がどうでも、陰茎切除しても乳房建造しても、男として生まれれば男だよ

絶対に女にはなれない

君らは身体改造までしてるやばいオカマというモンスターなんだよ、一般人達から見ればね

否定はしないし、そういうモンスターでも心穏やかに差別されずに生きていける世の中になればいいなと本気で思う

だけどどうにかすれば女になれるかもしれないという夢だけは抱かないで欲しい

ごっこ遊びを隠れてやる分には文句言わないからさ

anond:20240716151406

他マス兼任アイマス最高コール容認

モバエムは4年間プレイ10万円台前半課金


出来ることはコール否定派はコール肯定派と、コール肯定派はコール否定派と距離を置くことしか無いと思う

ミュート・ブロック

お互いの考えを変えることは出来ない

お気持ち表明の対象否定派は否定派同士、肯定派は肯定派同士で話が閉じる分には問題ない

それを別の派閥の人の意識に入り込もうとするから軋轢となる


解決方法

否定派が新たなコールを主流にする

ライブお気持ち表明の場じゃない。P同士で戦う場じゃない

志がある人が新しいコールをしてもアイマス最高コール否定からも指を刺され叩かれることになる


お気持ちを持ってる人は確かにいる

ただたいていの人は黙っている。いわゆるサイレントマジョリティ

意見表明するのはごく一部だ。ノイジーマイノリティの望む形を実現しようとしても、サイレント否定派・肯定派ともに幸せにはならないと思う


そのため私の考える【解決方法】は最初に書いたように

・お互いの派閥に関わらない・無視する

ライブ現場では会ってしまうが、お気持ち自分派閥内の人と話す

消極的方法だがこれくらいだと思う

インド人は誰の子孫なのか?

Navin Kabra

https://x.com/NGKabra/status/1812797936927170849

インド人は誰の子孫なのか?ヨーロッパからアーリア人か?ずっと「ここ」に住んでいたドラヴィダ人か?インダス文明の人々か?

150年以上にわたって論争の的となってきたが、現代ではDNAエビデンスによって高い確度でこれらの質問に答えることができる。

論争の歴史

この論争はインドヨーロッパペルシャ言語共通祖先を持つという理論として始まったが、すぐに人種差別的な白人ヨーロッパ人に採用され現在否定されている「アーリア人侵略説」となった。

論争は18世紀後半に言語学者のウィリアム・ジョーンズベンガル最高裁判所判事に任命されたときに始まった。

彼はインドに来て、サンスクリット語ペルシャ語、ゴート語、ギリシャ語ラテン語の間に驚くべき類似点があることに気付いた。

ジョーンズは、これらすべての言語共通起源である古代言語現在ではProto-Indo-EuropeanまたはPIEとして知られる)の存在仮定した。

19世紀中頃、マックスミュラーは、コーカサス山脈にPIEを話す古代の人々が存在していたと提唱した。

彼らの一部はヨーロッパ移住してヨーロッパ人になり、他の一部は南に移住ペルシャインドへ移動した。

後者グループは、サンスクリット語古代ペルシャ語の両方に見られる「アーリヤ」(arya)という言葉からアーリア人」と呼ばれた。

人種差別的なヨーロッパ人はこの考えを気に入った。

「優れた」白人ヨーロッパ人(「コーカソイド」または「アーリア人」)がイランインド移住し、「劣った」地元人種支配したというものだ。好きに決まってますよね。

彼らの中には、これらの人々がコーカサス山脈アララト山周辺から起源したと主張する者もいた。なぜアララト山なのか?

それは、聖書によれば、ノアの箱舟洪水の後に着陸した場所とされているからだ。

晩年マックスミュラー言語を話す人々の集団が「人種」と同じではないことを強調しようと努力した。しかしそれは遅すぎた。

多くの人種差別主義者がこの理論に飛びつき、最終的にはヒトラーナチスを生むことになった。

この理論現代証拠によって否定されている。

具体的には、

1. 地元の人々は原始的ではなかった(インダス文明は非常に進んでいた)

2. 侵略はなかった

3. 「アーリア人」が「乗っ取った」わけではない

インド起源説」の否定

本題に進む前に、もう一つの否定された理論についても触れておこう。

ヒンドゥー至上主義者たちはアーリア人侵略説を非常に嫌っており、もう一つの極端な理論であるインド起源説」を提唱している。

この理論は、すべてがインドから始まったと主張している。

彼らの理論によればアーリア人は7000年以上前インド起源を持ち、サンスクリット語(最も完璧言語)を発明ヴェーダ(最も完璧書物)を書き、

その後世界中に広がりペルシャ人やヨーロッパ人を生み出したという。

学界ではこの理論真剣に受け取る者はいない。証拠がまったくないからだ。

考古学証拠遺伝証拠言語学的証拠人類学証拠、そして文学物語神話)すべてがインドへの移住を示しており、その逆ではない。

数千年前に起こったことがなぜ分かるのか

数千年前に起こったことに対する証拠として、どのようなもの存在するのだろうか?DNAの例を見てみよう。

過去15年間でさまざまな考古学遺跡から出土した人間の遺骨のDNAシーケンシングを行うことができるようになった。

それぞれの人間について1人あたり最大600,000の遺伝マーカーからなる遺伝配列があり、さら炭素年代測定により彼らが生きていたおおよその時期も分かる。

簡単な例を考えてみよう。

timeREGION AREGION B
9000BCEBCDEPQRS
8000BCEBCDEPQRS
7000BCEBCDEPQRS
6000BCEBCDEBCRS
5000BCEBCDEBCRS
4000BCEBCDEBCRS
3000BCEBCDEBCRS
2000BCEBCDEBCRS

これは、2つの地域発見された人間の遺骨のDNA配列を、7000年間にわたって表していると仮定する。

B、C、D、E、P、Q、R、SはDNA材料の塊(「ヌクレオチド」)を表している。

明らかに7000BCから6000BCの間に人々が地域AからBに移住したことを示している。

同様の考古学証拠存在する。陶器製法陶器デザイン、道具に使用される異なる材料、道具の種類など、移住方向性一方的に推測するための例がある。

言語学的証拠も同様だ。

そして、考古学的、言語学的、人類学的、遺伝学的など、さまざまな種類の証拠に基づく何百もの論文存在する。

特に過去15年間に遺伝DNA証拠に関する数十の論文が発表されている。そしてそれらが明らかにする歴史は非常に興味深い。

DNAから分かるインド人起源

ここでは、2019年に「Nature」に掲載されたNarasimhanらによる論文に主に焦点を当てる。

この論文には18か国から100人以上の著者が参加しており、インド大学から研究者も含まれている。

彼らは、12000BCEから1BCEの間の269の異なる年代にわたる800以上の人間の遺骨のDNA配列を、19の異なる場所調査した。

この論文DNA分析の結果は、他の種類の分析を行っているほとんどの論文の結果と一致している。

ではインド人起源について何を示しているのか?

現代インド人は、3つの波で到来した人種DNAを持っている

1.65,000年前にアフリカから来た古代狩猟採集

2.紀元前6000-4000年頃の中東の先農民

3.紀元前1800-1500年頃のウクライナカザフスタンステップ牧畜

これらの移住からアーリア人インダス文明ドラヴィダ人現代インド人形成された。

最初インド人

すべての人類アフリカ起源を持つ。

アフリカ古代狩猟採集民は移動を始めた。彼らは紅海渡りアラビアイランアフガニスタンパキスタンを経てインドにたどり着いた。

その後さらに移動を続け、アンダマン諸島インドネシア、オーストラリアに到達した。

これらの人々は約65,000年前にインドに到達しここに留まった。学界では彼らを「古代南インド先住民(AASI)」と呼んでいる。彼らが最初インド人だ。

このDNA現在でもアンダマン諸島部族に見られる。

イラン農民

その後、紀元前6000年から4000年頃、現在イラン地域から農民インドに向かって移動し始めた。

彼らはまだ定住農民ではなかったが、小麦大麦栽培方法を知っていた。学界ではこれらの人々を「イラン農民」と呼んでいる。

イラン農民は北西インド亜大陸の川沿いの谷に定住した。この時、AASIの狩猟採集民がすでにその地域に住んでいた。

イラン農民はAASIとしばらく共存し、交易婚姻を通じてインダス文明を生み出した。

インダス文明(IVC)は紀元前2600年から紀元前1900年の間に最盛期を迎えた。

その後、IVCは衰退し始めた。なぜこの衰退が起こったのかは確かではないが、アーリア人が現れる前にこの衰退が始まったことは確かだ。

おそらく川が干上がったことが原因だろう。

かにこれは、古代インドの諸文献において言及されているが現在存在しない、有名な「サラスティー川」が干上がったことによるものかもしれない。

しかし確かなことは分かっていない。ただこの時期に既存の川が干上がり土地乾燥したため、インダス文明都市が衰退したと考えられている。

インダス文明の人々は、数千年にわたるイラン農民DNAとAASIのDNAの混合の結果として存在していた。

彼らはインド亜大陸内に移動し始めた。この時期AASIはまだインドに住んでいた。

インダス文明の人々はAASIと交易婚姻を通じて関係を築いていった。

彼らは北西インドから移動してきたため北インドにはインダス文明の人々が多く、南に行くにつれてその数は減少していったことは容易に理解できる。

この後の数千年にわたる混合により次の二つのグループ形成された。

北インドガンジス平野に住む祖先北インド人(ANI)はインダス文明DNAが多くAASIのDNAが少ない。

一方、ヴィンディアス山脈の南に住む祖先南インド人(ASI)は、インダス文明DNAが少なくAASIのDNAが多い。

ステップ牧畜

もう少し早い時期に中央ユーラシアステップ草原地帯ウクライナカザフスタンから牧畜民が移動を始めた。

つのグループは西へ移動してヨーロッパへ向かい、もう一つのグループは南へ移動し、タジキスタンに到達した時点で二つに分かれた。

一つはイランに向かい、もう一つはインドに向かった。

紀元前1800年頃(インダス文明がすでに衰退した後)からステップ牧畜民がインドに到達し、他のグループと同様に徐々に地元の人々と混ざり合い始めた。


証拠によれば、これらの人々は馬と戦車地元の人々が持っていなかったもの)、サンスクリット語祖先、そしてヴェーダ宗教祖先を持ち込んだ。

しかし、彼らが持ち込まなかったのは彼らの「女性」だ。

現代DNA技術では男性祖先Y染色体遺伝マーカーを通じて、女性祖先母親から100%受け継ぐミトコンドリアDNAを通じて別々に追跡することができる。これが何を示しているか

ほとんどの現代インド人女性DNAは、アフリカから来た祖先狩猟採集であるAASIから来ている。一方、男性DNAの量は、南に行くほど、そしてカーストによって異なる。

どうしてこれが分かるのか?それは、これら古代人の遺伝マーカーをインドの異なる地域、異なるカーストやジャティの70の異なるグループDNA比較たからだ。

そして、いくつか興味深い発見があった!

ステップ牧畜民、主に男性であった彼らは、紀元前1800年から1300年頃にインド移住し、現地の人々との間で交流を始めたことが明らかである

この移住侵略ではなく「乗っ取り」を伴うものでもなかった。

実際、インド人の中でステップ牧畜民のDNAは最大でも30%を超えることはなく、残りはIVCとAASIのDNA構成されている。

特に注目すべきは、北インド人はステップ牧畜民のDNAが最大30%まで存在し、これは南インド人(約10%のみ)に比べて高い割合である

さらに、北インドにおいては上位カーストが他のカーストに比べてステップ牧畜民のDNAを多く含んでいる。

したがってカザフスタンまたはウクライナカフカス山脈ではない)出身ステップ牧畜民がインドに入り、現地の男性と競合しながら現地の女性関係を築き、最終的に上位カーストとなったことが確認される。

要約すると

要約すると、現代インド人DNA構成は以下の通りです:

北インド人:イラン農民DNAが40%、AASI(アフリカ先住民)のDNAが30%、ステップ牧畜民のDNAが30%

南インド人:AASIのDNA50%イラン農民DNAが40%、ステップ牧畜民のDNA10%

また、これは男性DNAに関するものであり、すべての女性DNAはAASIです。

アイドルマスターSideMライブの「アイマス最高」コールから見るファンの分断

【起きた事象

最近行われたライブの「アイマス最高!」のコールを巡ってXが若干学級会の様相を呈した

否定派に多い人】

SideMをサ終より前から知っていたP

以前からバンナムの行い※1によりアイマス最高コール文化に疑問を持っていたPが多いが、アイマスブランドで唯一ゲームが全てサ終を迎えたことでその不満は爆発。

それにより「SideMは好きだけどバンナムは好きじゃない」という思いを持っているPが多い

(勿論サ終前からユーザーが全員同じ気持ちではないだろうが)

※1

アニメが765・デレは2クールだったにも関わらず1クール。そのため半分のユニットしか出番がなく、アニメに出たユニットと未登場ユニットで曲数格差も発生した。

・4thライブ時期のCDリリース頻度の低下(おそらく3D音ゲーとの兼ね合いが原因)

音ゲー1(エムステ)の不出来(過度な低難易度仕様)からサービス終了

・後継の音ゲー2(サイスタ)から3Dモデル削除(後にMVという形で後から追加はされたが、全ユニット実装の前にサービス終了)

・突然の音ゲー2・モバゲー版の終了によるゲーム全滅

サービス終了発表直後に新ブランド(ヴイアライヴ)の発表

・各ブランドから何人か集めた家庭用ゲームSideMキャラハブられた

その上最初公式からきちんとした説明がなく、声優生放送番組ツッコミを入れる事態が発生した

肯定派に多い人】

・他マス兼任P

SideMはサブの場合もあるし、他マスもSideMガチ推し場合もある

他マスPなのでSideMもひっくるめてアイマスが好きなためコールをしている

SideMゲームプレイ済の人もいればそこまで詳しくなく、中にはサ終のことやそれにより界隈が荒れたことすら知らないでライブに参加する人もいる

・サ終後にSideMを知ったP

YouTube歌ってみたtiktok(特にS.E.Mというユニットの曲が最近バズった)曲を知り、そこからSideMライブに来るようになったP

ゲームに触れてない層であるため、いざこざがあったことを深く知らない

ここまで記載した事柄に関して、あくま肯定派/否定派に多いPの属性というだけあって必ずしもその限りではないことに留意してほしい

問題

多分否定派が毎度ライブで「アイマス最高!」を聞いて複雑な心境になるくらい

元々ファン文化なので、無くなったところで公式にとってもそこまで大きな問題にはならないと思われる

SideM関連でPが揉めてることがXで話題になるというネガキャンはあるが

解決方法

否定派が新たなコールを主流にする

Pにできるのは精々これくらいなのではないだろうか

Xの意見では肯定派だけでなく否定派も「個人自由ではあるよね…」という形が多い

結局風化して終わると思う

ライブ後の度に同じ話題で盛り上がる可能性も高そうだが

【筆者について】

推しがいたためゲームは全てプレイし、6th〜7thあたりまてライブに参加してたP

他マスはデレステアニメ時期にプレイライブ経験

少し前なら界隈のことを知っているので、野次馬根性もありつつ書いてみた

Pの派閥はXを参考にした

セフレ人格

から依存だったので大人になってからワンナイト相手を漁りまくり、気に入った子をセフレにしていたが、最近そのルーチンを崩される相手ができた。

俺はあまり風俗には行かない。風俗サービスを受けるよりナンパアプリ出会い、タダでセックスしたいからだ。会う相手には年齢や職業を詳しく聞かないし言わない。どうせ相手も嘘をついているから。相手だって俺を値踏みしてくる。セフレを漁る市場では女の方が価値が高く、どうみても怪しい女の誘いに男が群がっている。数を打たないとやれないのが鉄則だ。クラブバーで酔っぱらった女と目が合えば声を掛けてホテルに誘った。

男の誘いにすぐ乗ってくる女は寂しく自己肯定感が低い。女たちはどうでもよくないことをどうでもいいと思い込んでセックスをする。俺は女が我に返る前に「かわいいね」と言って褒めまくりどうにかセックスをする。なかには話好きな女がいる。女の長くどうでもいい話をうんうんと聞いてやると「優しいね」と言われる。俺を優しい人間と思うなんてどうかしているが、俺も女にかわいいと嘘を言っているからここでは真実になる。

俺にとってはセックス気持ちよさだけが本当だった。多少乱暴にしても、終わった後ごめんと言って抱きしめればどうにかなった。セックスの後の「ごめん」も「またね」も嘘だ。かわいくてスタイルがいい女にも「またね」をいう。こっちは本当だがこんどは相手が「またね」と嘘をつく。

やりたくてたまらないのに女が捕まらないことも多い。そういう時はブスで暇な女に電話をする。「会いたくなった」と言えばたいがい喜ばれる。女が勘違いして「ごはん」や「デート」を要求してきて死ぬほど面倒くさくなるがむりやり一緒に過ごす。未来自分スムーズセックスするための保険からだ。そこまで投資していても急に音信不通になることもザラだ。彼氏ができたから、結婚するからという理由知る権利も俺にはない。出会い系では出会っただけの分、皆が別れている。前日セックスをしたのに顔も思い出せないようになる。俺にとってセックス食事や排泄と一緒だった。

その日のその女の印象は「まあまあ当たり」だった。俺の「セックスしたい人募集」という直球のコメントDMを送ってきた女だったので身構えて挑んだが、会ってみると拍子抜けするほど毒気のないひとだった。会ってすぐホテルへ行き、セックスをした。ことが終わるとふいに「すごく良かったから、またお願いします」と言われ、気持ちが舞い上がった。まじで?

セフレになってくれるってこと?」「そうですね」と短く会話をし、じゃあまた、と別れた。

彼女と別れた後に妙に気持ちがうわつき、わざわざ少し遠くのスーパーに立ち寄ってビールつまみを買って帰路についた。女から直接セックス感想を聞くことはめったにない。すっきりと欲求から解放された身体に「すごく良かったから…」という言葉が巡り続け、単純だが満たされた。

めでたくセフレになったとはいえ社会人同士ではなかなか予定が合わないことが多い。三日もたてば性欲が支配しだし、次の約束の取り付けをしたかったが彼女夜遅くまで働いているらしく、しばらく空振りが続いた。保険のブスがよぎったが、適当オナニーでしのいだ。

結局彼女に次に会えたのは2か月後だった。会ってすぐにホテルにつれこみ、彼女乳房やおしりのやわらかな肌にむしゃぶりついてゆさぶった。とにかく死ぬほど気持ちよく、2回射精できた。ホテルを出た後ご飯に誘うと少し驚かれたが、なんとか一緒にファミレスへ行った。俺がもう少し一緒に居たいだけだった。

会えない2か月間のやり取りの中で、多少知ったことがあった。彼女職種、年齢、住んでいる場所、既婚者であること、子供はいないこと、夫とはセックスレスであること。俺は独身だったのに理由はわからないが自分も既婚でレスだと嘘を言っていた。

食事をしながら会話をした。飼っている犬のこと、最近見たドラマ、育てている野菜職場でのできごと。俺もめずらしく自分の話をした。俺を知ってほしいと思っていた。自分でも彼女のことを好きになっているのを分かっていたが、頭の中で否定した。既婚者を好きになってどうする?

そのあと日を開けずに彼女から誘いの連絡があった。女性の性欲は急に来るのか、突然ねだられることが多い。いつもなら快く応じるが、彼女にちんぽとしてしか見られていない事実が俺を安心させる半面、胸を苦しくさせた。そしてなんとなくその日を誘いを断ってしまい、後悔してまたすぐ約束を取り付けた。俺が断って合わない間、他の男と会っているんじゃないかと考えるだけで死ぬほどイライラした。

それから今は半年たち、俺はまだ彼女と会い続けている。

anond:20240716142630

日本人は変化を否定し安定を求めた

その時点でこの民族未来は終わった

2024年共和党綱領

https://www.presidency.ucsb.edu/documents/2024-republican-party-platform

アメリカを再び偉大に!

献辞:アメリカの忘れられた人々へ

前文

アメリカ第一主義:常識への回帰

我が国歴史は、アメリカ世界史上最も偉大な国にするために全力を尽くした勇敢な男女の物語で満ちています

世代にもわたるアメリカ愛国者たちは、一見乗り越えられない困難を乗り越えるために、強さ、決意、そして愛国心というアメリカ精神を呼び起こしてきました。

アメリカ国民は、いかなる障害いかなる勢力も克服できることを何度も証明してきました。

我が国建国初期には、建国世代が当時世界がかつて見たこともない最強の帝国を打ち破りました。

20世紀には、アメリカナチズムファシズムを打倒し、44年間の冷戦の末、ソビエト共産主義勝利しました。

しかし今、我が国は深刻な衰退の真っ只中にあります我が国の将来、我が国アイデンティティ、そして我が国生き方のものが、かつてないほどの脅威にさらされています

我が国をより明るい未来へと導くためには、過去のあらゆる困難を乗り越えさせてくれたのと同じアメリカ精神を今一度呼び起こさなければなりません。

数十年にわたり私たち政治家たちは、不公平貿易協定グローバリズムの誘惑を盲目的に信じ、私たち雇用生活海外高値で入札する人々に売り渡してきました。

彼らは批判や自らの悪行の結果から身を守り、国境侵略され、都市犯罪に乗っ取られ、司法制度武器化され、若者絶望感を抱くのを許してきました。

彼らは私たち歴史価値観否定しました。簡単に言えば、彼らは私たちの国を破壊するために全力を尽くしたのです。

2016 年、ドナルド J. トランプ大統領は、アメリカ国民の率直な擁護者として選出されました。彼はアメリカ精神に再び火をつけ、国民の誇りを新たにするよう私たちに呼びかけました。

彼の政策は、歴史的な経済成長雇用創出、そしてアメリカ製造業の復活を促しました。トランプ大統領共和党は、何十年にもわたる失敗したリーダーシップによって引き起こされた悲観主義からアメリカを導き出し、アメリカ国民が再び国の偉大さを望んでいることを示しました。

しかし、バイデン政権が始まってほぼ4年が経った今、アメリカは猛烈なインフレ国境開放、犯罪蔓延子どもたちへの攻撃、そして世界的な紛争、混乱、不安定さに揺さぶられている。

我々より先にこの国を築き、守ってきた英雄たちのように、我々は決して諦めません。我々は国民の、国民による、国民のための国を再建します。我々はアメリカを再び偉大な国にします。

私たち真実正義、そして常識に基づいた国家になります

常識は、トランプ大統領言葉で「国境がなければ、国はない」と明確に教えてくれます

賢明国境警備と移民政策回復するには多くのステップ必要ですが、それらはすべて、明らかに必要で良いものとして、以前の世代では当然のことと考えられていたはずです。

トランプ大統領が始めた国境の壁を完成させることで、南部国境を守らなければなりません。すでに数百マイル建設され、見事に機能しています。残りの壁の建設は、迅速かつ効果的かつ安価完了できます

また、他のルート入国する人々を注意深くチェックし、法的権利を持たない人が入国できないようにする必要があります。また、ジョー・バイデン意図的に国への侵入奨励した何百万人もの不法移民国外追放する必要があります

最も危険犯罪者を優先し、地元警察と協力することから始めますバイデン移民侵入で国を変えてはなりません。それは容認されるべきではありません。トランプ政権共和党議会の下では、この法案直ちに否決されるだろう。

常識的に考えれば、インフレ率の低い国内製造業がなければ、我が国経済さらには軍事装備や物資外国の言いなりになるだけでなく、我が国の町、地域社会国民繁栄できないことは明らかです。

共和党産業製造業インフラ労働者の党としての原点に戻らなければなりません。インフレを終わらせ、製造業雇用を復活させるというトランプ大統領経済政策は、米国経済米国労働者が今必要としているものであるだけでなく、彼らが今望んでいるものでもあります

常識的に考えれば、インフレを打破して価格を急速に引き下げ、史上最高の経済を築き、防衛産業基盤を復活させ、新興産業活性化し、米国世界製造超大国として確立したいのであれば、米国エネルギー解放する必要があることは明らかです。

私たちは掘削、掘削、掘削を続け、エネルギー自給自足さらには再び優位に立つでしょう。米国は他のどの国よりも多くの流動性のある金を足元に抱えており、それには遠く及びません。共和党はその潜在力を活用して、私たち未来に力を与えます

常識的に考えれば、強い軍隊がなければ、自国利益を守ることはできず、敵国の言いなりになるのは明らかです。

共和党政策は、アメリカ軍隊世界で最も強く、最も装備が整っていること、そして政府がその強大な力を控えめに、そして国益が脅かされる明らかな場合にの使用することを保証するものでなければなりません。

常識的に考えれば、共和党はすべての人に対する平等な扱いを支持しなければならないことは明らかです。

同様に、共和党政治的所属個人的な信念に関係なく、すべての人に法が平等適用されることを保証しなければなりません。最近民主党主導の政治的迫害は、250 年にわたるアメリカ原則実践破壊する恐れがあり、阻止されなければなりません。

アメリカは、我々の生存のものに対する根本的な脅威、すなわち、破滅的に開かれた国境、弱体化した経済アメリカエネルギー生産に対する壊滅的な制限、弱体化した軍事力、アメリカ司法制度に対する攻撃などに対処するために、政府のあらゆるレベルで断固とした共和党リーダーシップ必要としている。

私たちの決意を明確にするために、私たちアメリカ国民に「アメリカを再び偉大にする 2024 年共和党綱領」を提示します。これは、ホワイトハウス下院および上院共和党多数派を占めれば、すぐに達成できる次の 20約束から始まる、将来を見据えたアジェンダです。


アメリカが団結し、自信を持ち、我々の原則に専心すれば、決して失敗することはありません。

今日私たちは国への愛、国民への信頼、そして神の慈悲への信頼をもって、アメリカを再び偉大な国にしていきます

第1章インフレを克服し、すべての価格を迅速に引き下げる

共和党は、中流階級破綻させ、家計破綻させ、何百万人もの人々の夢である住宅所有を不可能にしてきた、過去 40 年間で最悪のインフレ危機を逆転させます私たちインフレを克服し、生活費の危機に取り組み、財政健全性を改善し、物価の安定を回復し、迅速に物価を引き下げます

インフレアメリカの家庭にとって大きな負担です。歴史が示すように、政策が変わらなければインフレ魔法のように消えることはありません。

私たちは、アメリカエネルギーを解き放ち、無駄支出抑制し、過剰な規制を削減し、国境を守り、強さを通じて平和を取り戻すことに尽力します。

私たちは共に繁栄を取り戻し、経済安全を確保し、アメリカ労働者とその家族のためにより明るい未来を築きます。これらの政策への私たち献身は、アメリカをかつてないほど強く、より回復力があり、より繁栄したものします。

1. アメリカエネルギーを解き放つ

2. 無駄連邦政府支出抑制する

3. コストがかかり面倒な規制を削減する

4. 不法移民を阻止する

5. 強さを通じて平和を取り戻す

第2章国境を封鎖し、移民侵入を阻止する

我々のコミットメント

共和党は、不法移民、致死性の薬物、移民犯罪洪水を招いた国境開放政策を阻止するための積極的計画提案しています私たち南部国境侵略を終わらせ、法と秩序を回復し、アメリカ主権を守り、すべてのアメリカ人に安全で豊かな未来をもたらします。

1. 国境安全確保

2. 移民法を施行する

3. アメリカ史上最大の国外追放プログラムを開始する

4. 厳格な審査

5. サンクチュアリティを阻止する

6. 合法的移民制度アメリカ労働者第一に考えるようにする

第3章史上最大の経済を築く

我々のコミットメント

アメリカ労働者地球上で最も生産的で、才能があり、革新的です。彼らを妨げているのは、民主党の息苦しい政策だけです。

私たちアメリカ第一経済政策は、規制の削減、減税、公正な貿易協定の確保、信頼性が高く豊富な低コストエネルギーの確保、そして革新の推進という 5 つの柱に基づいています私たちは力を合わせて、すべてのアメリカ人のために経済繁栄と機会を取り戻します。

1. 規制を削減する

2. トランプ減税を恒久化し、チップ課税しない

3. 公正かつ互恵的な貿易取引

4. 信頼性が高く、豊富な低コストエネルギー

5. イノベーションを推進する

 共和党は新興産業世界リードすることで、将来の経済的偉大さへの道を切り開くだろう。

 暗号通貨

 人工知能AI

 宇宙における自由繁栄安全の拡大

第4章アメリカンドリームを取り戻し、家族若者、そしてすべての人にとって手頃なものにする

我々のコミットメント

共和党は、アメリカンドリームを再び手頃な価格にするための計画提案しています私たちは、住宅教育医療費を削減するとともに、日常的な出費を抑え、機会を増やすことに尽力します。

1. 住宅の購入可能

2. アクセスやす高等教育

3. 手頃な医療

4. 日常的なコストを削減

第5章アメリカ労働者農民を不公正な貿易から守る

我々のコミットメント

共和党愛国的な「アメリカ第一」の経済政策を掲げています共和党は、アメリカ労働者農民産業不公平外国競争から守るための強力な計画提案しています

私たち貿易バランスを取り直し、戦略的独立を確保し、製造業活性化することに尽力しています国内生産を優先し、必須商品サービスにおける国家独立を確保します。私たちは力を合わせて、強く、自立し、繁栄するアメリカを築きます

1. トレードバランスの調整

2. 中国から戦略的独立を確保する

3. アメリカ自動車産業を救う

4. 重要サプライチェーン国内に持ち帰る

5. アメリカ製品を購入し、アメリカ人を雇う

6. 製造業超大国になる

第6章高齢者保護

我々のコミットメント

トランプ大統領は、メディケア社会保障から1ペニーも削減しないことをはっきりと明言していますアメリカ国民一生懸命に働き、社会保障やメディケアに貢献しています

これらのプログラム高齢者への約束であり、彼らが尊厳を持って老後を送れるようにするものです。

共和党はこれらの重要プログラムを守り、経済の安定を確保します。私たちは偉大な高齢者活動的健康でいられるように協力します。私たち Permalink | 記事への反応(2) | 12:48

一票が軽いか選挙に行く

内田樹の「民主政の終わり」という記事があった。

http://blog.tatsuru.com/2024/07/12_0846.html

記事全体の論旨についてはここでは問題としない。

ただこの中にあった、

投票する人たちは「自分たち利益をもたらす政策を実現してくれる人」を選ぶのではなく、「自分と同じ部族の属する人」に投票しているように私には見えた。

という一節が気になった(もちろん内田氏は「自分に似た人」に投票する行動を批判している)(この論とは別に、「勝馬を当てる」みたいな投票行動も最近は多いようですね)。

自分個人としてはそもそも自分たち利益をもたらす人を選ぶ」意識がなく、「損得は別として(何なら自分にとっては損でも)、こうあってほしいなぁ、という理想に少しでも近そうなもの投票する」イメージでやってきた。ちなみに個人的には選挙権を得てからほとんど毎回投票している(特定支持政党はない)。

損得だけで言うなら、そもそも選挙なんか行かないでバイトでもしている方が個人レベルではよほど得だ。投票したところで「この」一票が世の中をガラリと変えるわけはなく、徐々に変わるにしてもはるか未来だろう。損得を享受する自分自身がもういないかもしれない。

SNS界隈でも「選挙に行こう」と促す(善良な)人々は多いし、そもそも政府自体投票率を上げようと一応は努力している。その文脈の中で、一人ひとりの意識の大切さ、投票重要性、「一票の重さ」みたいなことが言われることがあるが、本当のところ一票はそんなには重くない。

選挙制度の意義を否定する気はないし、一票がどうでもいいと言うつもりもないが、その重みは数十万分の一、数百万分の一といった程度、正直チリのようなもので、重い軽いかで言えば、ゼロではないが重いとまでは言えないと思う。

はっきり言って、権力にとっての選挙とは、「君たちの意見はもう聞きましたので、これ以上余計な政治行動はしないで下さいね」「政治参加は選挙にとどめてくださいね」というアリバイ工作的な面も大きいだろう。もしかすると選挙などボイコットする方がよほど政治的意義があるかもしれないし、実際にそういう運動存在する。

それでも自分個人は割と選挙には行っている。なぜ行くのかと言えば、むしろ一票が「軽い」からだと思っている。

どう考えてもわたしの持っているこの一票に大した重みはないからこそ、損得を抜きにして理想のために投じられる。

自分の損得なんて、誰でも毎日それを中心にあくせくしているのだから、このクソどうでもいい一枚の紙くらい、夢のために投じてもよいではないか七夕短冊のようなものだ。

今日自分よりは明日のため、もしかしてもう自分もいなくなった未来のために、この軽い一票くらい投げてやってもよいと思う。

内田氏の記事から話が始まったので、一応補足?しておくと、内田氏の言う「自分たち利益をもたらす」の「自分たち」とは共同体全体をイメージしているように思うし、大局として「個人としての損得を度外視して」みたいな考えもあるのかもしれない。そこはわからない。

それでも「自分たち」は引っかかる。自分自分の子もも全部いなくなっても世の中は(多分)あるし、そういう世界想像できないなら生きている甲斐がないというか、つまらないと思う。

自分自分関係ある人たちが全部いなくなった、決して見ることのない世界のために、この百年に満たないクソどうでもいい生を生きて年老い病気になって死ぬだけのアホみたいな存在が、紙きれ一枚程度の夢を投じられるなら、なんとなく生きていて楽しい気がしてくる。

蛇足になるが、自分個人としては選挙なんかやめてアミダクジで選んでもよいんじゃないかくらいの気持ちはある。ただ「アミダクジにしましょう」を公約に掲げる候補は出てきそうにないし、自分立候補する気もないので、七夕イベントエンジョイするに留めている。

anond:20240715122602

政策を見るべきってのはまさにその通りなんだけど

じゃあ暇空やらジョーカーやらAIメイヤーやらが素晴らしい政策を掲げたとして

彼らに君は投票しないだろうし実際に彼らは当選しないだろう

そうなると正当化のために信用というのを持ち出したくなるだろうけど

小池百合子以外はみんな並んで新人のはず

国政での信用が引き継がれることを否定しないのなら

国政でのイメージが引き継がれることだけを否定するのは都合がよすぎる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん