「ジャンル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジャンルとは

2017-08-23

絵柄の多様性って意味だけなら

日本より海外漫画サイトの方があると思う。

向こうは国によって政治的金銭理由漫画雑誌作れないとこがあるし。

漫画雑誌がないし作品単行本出すにも人気が必要から、似たり寄ったりで埋もれず個性出していかないといけないっていうのもあると思う。

あと、地域によっては漫画作りのノウハウも全くなくて独学で学んで描いている人もいる。

政治的理由が絡むとこでも特にジャンル多様性が損なわれている印象はないかな。まぁ、日本漫画アニメもある程度輸入してる国だけど。

うちの上司

うちの上司はぱっと見の印象と実際の性格仕事のやり方が全然違う。普段はへらへらして適当冗談が大好きで、暇さえあれば飲み会ゴルフばかり行っているように見えるし、実際飲み会ゴルフの回数は半端ではないんだけど、仕事資料を作って「見てください」と持っていくと案外きちんと見てくれる。しかも私が休んでいるとき本社からその資料について「数字おかしい」と指摘が入ったら私の代わりに数字計算しなおしたうえに本社側で直した部分の確認までしてくれていた。昔経理系の部署にいたせいか日本語単語固有名詞を度忘れすることはあっても、案外数字には厳しかったりする。

その上司と同じ歳でとっくに管理職になっている人もいるので、別に出世が早いわけではないけど、人脈が広いうえに、偉い人に気に入られ度が半端でないので、下手に評判の悪い管理職より強い権力を握っているのではないかと思う。うちみたいな大きな組織で何が重要かって、人脈とコミュ力と周囲の評判だ。私より少々年上なだけなんだけど、持っているものの量が果てしなく違う気がする。なんかね、自分は人脈とかコネとか作るのすごい下手くそで、別に嫌いじゃない相手にも壁を作ってしまうところがあるので、正式ルート以外の情報が入ってくるということが全然ない。非正式ルートをいっぱい持っている人、いろんなところに仲良しがいる人の情報収集能力が羨ましい。

う~ん、自分はどこで乗り遅れちゃったんだろう?確か就職して2年目ぐらいのとき上司に「いろんなところで立ち話をできる相手がいるぐらいが良いのよ」と言われたけれど、私が苦手なジャンルがまさにそこだった。ある程度人脈を持っていれば、人事異動シーズンになるといろんな情報が飛び交ったり、「お前は今度はここだ」という話が一足早く来たりするものらしいけど、私は正式ルートで話が来るまでただただ待っているしかない。

別に出世を望んでいるわけじゃないけど、そういう情報を教えてくれたりする人がいないのがとても寂しい。あと、ある程度評価の高い人は「○○さんってどんな感じ?」などと情報提供を求められるらしいが、そういう話も来たことがない。一言でいえば「信用がない」で片づけられてしまうんだろうけど何だかなぁ…。普通に上司や同僚や先輩・後輩と仲良く働ける環境を求めて生きていたはずなのに、気が付いたら全然違うところに来てしまっている気がする。

扇風機

うっかり倒したり、37℃とかの中、風力最大で一日中つけっぱなしとかの使い方してたせいもあって長年使っていたのがとうとう壊れたので新しいの買おうかと見てたら、今は結構前に話題になったダイソン以外にもDCモーターだなんだと高級扇風機なんてジャンルがあるのな。

タイマーなんて使わないし、大抵強風で首振りもたまに使う程度なんで、無駄機能なんていらないか適当に安いの買うんだろうけど。

2017-08-22

恋愛作品アレルギー

最近、とことん「恋愛」がダメになってしまった。

こんな急な変化は初めてで、自分でも困惑している。

恋愛できないーとか、彼女ができなーいという話ではなく、実は最近物語に「恋愛」が絡む度に不思議気持ちを抱くようになったのだ。

私は高校1年生で、本、アニメドラマと幅広いジャンル作品を見ている方だと思う。TV番組に関しても、ドラマに限らず、密着ものバラエティからドキュメンタリーまで色々見ている。

それらのほとんどに「恋愛」が絡み出すと、急に心が、もやもやとした、自分でもなんとも形容し難い気持ちで埋まっていく。

それは気持ちのいいものとは言い難く、正直つらい。

それが顕著に現れた作品の1つに、「冴えない彼女の育てかた」がある。

見ているうちに、もやもやとしたものが胸に溜まっていって、それはそのあと一日程全く抜けない。

話題ドラマコードブルーも、藍沢と白石の間で恋愛が発生するのでは、というファンの予想を見た。コードブルーを見てもその気持ちに包まれるのだろうか。

別に、私は最近感情学習したアンドロイドなわけではないので、これがいわゆる「キュンキュン」などに代表される恋愛の時の感情群とは違うものだなぁ程度は考えられた。しかし、それ以上は、自分感情のはずなのに何もわからなかった。

また、今までは、恋愛映画小説を見たり読んだりした時、感情移入することも多々あった。

しかしここ数ヶ月はそのような感情は起こらなくなってしまった。

別にここ数ヶ月に恋愛絡みの出来事特に起きたわけでもなく、ある日突然、なぜかこんな気持ちに囚われてしまった。

思春期特有の〜」ってやつかなーとも思ったりしましたが、周りでそんなことを言う人は一人もいなかった。

恋愛を絡めて物語を描く手法を使う人は多く、世の中は恋愛話に溢れかえっている。

正直つらい。自分でもなんだかわからないこの感情が溜まっていくのがつらい。

これは時間解決してくれることなんだろうか。

絵が

描けない。描く意欲はあるが描くまでいかない。

ツイッターで絵を通して人と関わってしまってその関係が途切れたから?そのジャンルに集まる人たちがいやになったから?

わからん

わからんから描くしかない!!らくがきでもいいから描きたい!!

楽しく夢中になりたい!!

[]8月21日

○朝食:なし

○昼食:味ご飯おにぎり(二つ)、からあげ昆布おにぎり

○夕食:天一

○間食:クッキーアーモンドスライスチーズ

調子

はややー。

お仕事適当にそれなりにこなしたつもりだったけど、微妙にピントのずれたことを主張してて、意見がかみ合わなかった。

ある条件を僕が決めたにもかかわらず、ど忘れしてた感じ。

こういうの、別に自分がそれを決めたことに関わってなかったら、知らなかったり、細かい話だから覚えてなくても仕方ないんだろうけど、普通に自分で決めて自分が書いた部分なので、恥ずかしかった。

いやもう、去年末の話だから半年近く前の話なんで勘弁してほしい。

水族館殺人

小説ジャンル本格ミステリ

ごりごりのロジックフーダニットもの

楽しく読めたし、めちゃくちゃ面白かった。

ただ、途中で何度も描写があった卓球お話が一切事件に関わらないのはどうかと思う。

そういう作風じゃないってことがわかってなかったから、叙述トリックとかのどんでん返し系で卓球部分と事件部分が繋がるのかと思った。

いや、トリックを解くヒントにはなるんだから一切関わらないは言葉が間違えてるかもだけど、ヒントはヒントだしなあ。

3DS

ポケとる

レベルアップステージを75までクリア

まあメガスキルアップもらえたからよしとしよう。

2017-08-21

アイドルマスターなのか、SideMなのか

私はSideMプロデューサーです。

最初アイマスを知ったのは、アイマス箱でしたが実際にプレイをしたのはSideM最初でした。

女の子が出てくるゲームは好きですが、どちらかというと年上女性好き&当時は別にアイドルに興味がなかったためアイマスにはノータッチ

そして何年も経ち、たまたまモバゲーで見かけたアイドルマスターSideM

アイマス男の子版出たんだ~という軽い気持ちプレイしてみると、プラチナスカウトから出てきてくれた今の担当出会いどっぷりハマってしまいました。

そうしてプレイしている間に担当にも声がつき、運良く中の人も大好きになれたためライブなども遠征するほどにはPとして楽しんでいます

初めて行けたライブ現地は2ndで、男性がとても多かったことには本当に驚きました。

・・・が、驚きはすぐに怒りに変わりました。

「もうゲームはやってないんですけど~」

名刺どうぞ!〇〇(他マス)の呟きばっかりですけど、よかったらツイでお話しましょう!」

自分も××好きです!(多分〇〇というユニットだったんだろうけど読み方が違っている)」

「□□担当です!(他マスのシャツを着て他マスアイドル名前を叫ぶ)」

「△△と〇〇以外の曲曖昧だわ~w」

「ファスライに続いて1枚で当たったんですけど倍率低すぎてちょっと心配ですよねw正直予定あけるの大変でしたw」

毎度二桁CD積んでもリリイベから1度もチケットがご用意されなかった人間が、ようやくご用意されて楽しみにして行ったライブ

こんな会話を間近で聴いてしまった時、私は一体どんな顔をしてしまっていたんだろうと今でも思います

どうして誇らしげにゲームをしていないことを公言するんだろう?

どうしてライブより女性との名刺交換に生き生きとしているんだろう?

どうして好きなはずのユニット名前を間違えて覚えているんだろう?

どうしてSideMライブに他マスのシャツを着て他マスへの愛を叫ぶんだろう?

どうして曲が曖昧ということを大声で話さなくてはいけないんだろう?

どうして毎回ガシャでも2枚取りしている私がご用意されなくて、こんなパネミどころかログインすらしていないようなのにご用意されるんだろう?

そんな「どうして?」で頭がいっぱいになりました。

私自身ずっとチケットが当たらず、こんなひどいことばかり言う人達が現地にいて、同僚の重課金の子が来れなかったこともとても悔しかったし辛かった。

彼等が大なり小なりCDにはお金を払ったから現地にいる、ということは解っていました。

けれど、納得ができなかった。

ただ、「アイマスから」という理由で、惰性で、勝手義務感でゲームもしない人達が来られたのに、

ずっとゲームプレイして声が付く前から応援して愛があってイベにもCDにもお金を沢山費やしてきたのにチケットが取れなかった人達があまりに報われないと思った。

正直、公式を憎みました。

開場して席についてからは折角初めてのライブだし目一杯楽しもう!愚痴は終わったあとに他ジャンルの友人に吐き出しまくろう!と思いました。

そして、ライブが始まる前に曲が流れてとあるユニットの曲になった時に野太くて汚い男性叫び声が聞こえました。

結構な人が笑っていましたが、私はぞっとしてしまいました。

どうして時間お金をかけてきた場所で、こんな汚い声を聴かされなくてはいけないのかわからなかったから。


そうして不安や不満がありつつ始まったライブ

曲の間奏中、そこそこ近くの男性が大声で言った「せーの!」

それだけでも十分不愉快だったのに、担当ユニット歌声に被せられる汚い大音量の客の声。

え?今歌ってるよね?

声優さんたちはこの日のために一生懸命練習したんだよ?

ダンス含め沢山の人達の沢山の努力を、どうして汚い声で邪魔してくるの?

と、また「???」が頭に浮かんだ。


勿論、女性騒音も沢山あった。

担当歌声邪魔されて、同じくらい不愉快だった。

でも、それでも先程まで耳にしていた沢山の男性言葉が許せなくて、

そんな苛立ちで100%ライブを楽しめなかったことも悔しかったし、

なにより初めて担当の晴れ舞台を観られたのに、余計なことを考えていた自分にすごくいら立った。

ライブが終わって、ホテルに戻った。

やっぱり担当が好きだな、これから応援していきたいなと思った。

そして、次の日の帰り道でふと、あの「せーの」とか、歌声に被せてくる声はなんだったんだろう、と思い調べた。

あの騒音はどうやら「コール範疇」で、「アイマスルール特別」だからホモマスコール文化を教えてやった」という投稿を見た。


は?と思った。

コールという文化はなんとなく知っていたけれど、それは合いの手的な意味であって決して演者歌声かぶさって邪魔していいものではないと思っていたから。

つーかホモマスって何?SideMという文字も読めないの?同じ字数エムマス、って呼び方もあるのにそれも頑なにしたくないの?

なんでわざわざCDチケ代・交通費宿泊費を使ってきたライブで一番大切な歌声邪魔されなきゃいけないの?

盛り上げるためのコール演者のひとたちに盛り上がりを届けたいならペンラ振ってあげた方がいいんじゃない

よく歌声を届けるまでに行った努力を踏みにじってドヤ顔できるね?

つーかライビュはともかく現地なんてお前らが来なくても女性Pだけで埋まるから

教えてやった、とかホモマス()とか、その謎の上から目線なんなの?SideMは他マスの子分じゃないし、なによりお前らより下の存在じゃないんだけど。

名刺渡してニヤニヤしてんじゃねーよクソ出会い厨かよ。

もう、そんな怒りが一気にきた。


アイドルマスターSideMは、アイドルマスターシリーズひとつであることは間違いない。

けれど、あくまSideMなのだ

同じバンナムで言うと、「ファンタジアからファン」が「レジェンディアだけのファン」にマウントを取りながらいつまでも暴れているようなものだと思う。

しかテイルズではあるけれど、別に全部のシリーズひとつ物語というわけではないし何作目から始めたって、何作目だけやったって、それはユーザー自由

それすら理解できずに、ホモマスという蔑称を使って何目当てなのかライブにだけは来て騒音と悪意をまき散らして満足して帰っていく。

そういう人達が本当に許せない。

から、「男性Pが増えるの嬉しい~」という同性の声にも「男性の『SideMP』ならね」と思ってしまう。

ライブ勢の男がいたとしても、ゲームでもグッズでもコンテンツお金を落とす客が増えるわけじゃないのに歓迎する意味がわからない。

というか倍率上がるだけだからホント勘弁して。

公式ゲーム課金金額順にチケット当てていって、としかもう思えない。




ここまで、お前ただの男嫌いなんじゃねーの?と思われるようなことを言ってきましたが、

男性にも、ちゃんと担当がいてクソマズガシャにも課金して愛を叫んでいる人がいることは知っています。本当に、本当にごくわずかですが。

そういった人達とは、同僚として仲良くしたりイベで楽しく蹴落としあっています

勿論私の知らない男性SideMPたちも沢山いて、日夜ゼリーとバーをむさぼってメガホン3個を叩き割っているのだと思います

それでも私は2ndでの、「これはアイマスから」「これがアイマス」「SideMである前にアイマス」という声や実際に耳にしてしまった本当にひどい言葉たちが忘れられません。

私は、「SideM」が大好きです。


最後に、

ホモマス、じゃねーよSideMだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

蔑称使ったりにわか知識適当に叩いてんじゃねーよ!!!!!!!!!!!!!触んな!!!!!!!!!!!!!!!!!誰も無理して興味持てなんて言ってねーよ触んな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

https://anond.hatelabo.jp/20170820230119

学ぶのと教えるのは別ジャンル

いざ師匠になり教えようとしたらそれに気づいて考える時間も気力もなく

自分がやらされたことを弟子にやって楽しようとする

https://anond.hatelabo.jp/20170821072917

つのジャンルで見ればごく少数だが多様すぎてね。

メルカリ族が自転車沼やライブ沼の住人と一致しているようには見えないし。

各沼の住人を併せてたらごく一部とは言えないんじゃないかと。

https://anond.hatelabo.jp/20170820140305

完全に旬を過ぎてるけど読み終わったので感想

これ、そもそも女性向けじゃないと思うわ。

ノクターンノベルズ業界では、貞操観念が逆転して、男が娼館金もらって女に抱かれる小説が人気なわけ。

で、女体化して男に抱かれたいっていうのは言わずと知れた一大ジャンルじゃん?

この二つと異世界要素の合体がこの小説だよ。

作者の他の作品を見てもわかるし、ほかのムーンライトノベルズ小説比較しても異質さで理解できると思う。

なんで女性向けの方に載せてるのかはわからん。なろう業界ではこういうジャンルにそういう不文律があるんじゃね?

そういう性癖が無くて女性理解のある(皮肉じゃないよ)人間好意的に読むと元増田みたいな感想になるんだな。

あと、終盤の展開のそれやっちゃうのって話には完全に同意

いっきストライクゾーンの内容だったので無事勃起射精させていただきました。

作品の紹介、ありがとうございました。

2017-08-20

https://anond.hatelabo.jp/20170820214441

たくさん書いてるプロポルノ作家なんでしょ?

ポルノ作品を沢山公開していて、プロとして文章を書いているらしいことも分かっている。ポルノ作家かは不明

公開している内容とプロとしての活動内容は結び付けられていないし、公開されている過去作品書籍化されたりした例もないので、「当てに行くビジネスモデル」というのは考えにくい。

ポルノ作家だったなら普通に出版できそうなレベル作品を書いてるので、たぶんポルノ作家ではないんじゃないかな。

自分達にとって面白くない分析を書く奴はみんな○○」って

  1. 普通に読めばヘイト小説じゃない
  2. 明らかに読んでないのに、フェミヘイト小説認定している人がいる
  3. 読んでいることが分かる人でヘイト小説認定している人は見当たらなかった

という3点から、「そう認定しているのは、作品を読んでないアンチフェミだけなんだな」と評価したんだよ。

現にあなたは読まずにヘイト小説認定しているわけだし。

そういう人がムキになって庇う作品というと、”そのツボ”を気持ちよく押してくれる作品ということになるよね

こちらは、そもそも作者が男性向けに書いてたエロ小説ファンなんだよ。マイナージャンルに、感動できるくせに何回も繰り返し活用できる神小説を何本も投下してくれてる神作家なのだよ。(ハルを読み終わって「これと同レベルネット小説書いてるのはnakamiさんくらいしかいないな」と思ったら当のnakamiさんだったっていうね)

そういう人の作品が読みもしない人から的はずれな批判を受けていれば、そりゃ、反論するよ。缶蹴りバトルがあんなに熱いのに。

自作品子供に近いんだよな

過保護な「ジャンル」という枠に監視されてはいるが、借りて来た子供を育てる感じ

から極端な話、活かすも殺すも自由

そこに我が物顔で他人が「地雷だ」と意見を述べていく。

産み出す以上の愛情など存在しない。

無論、量産された作品群が稚拙であっていい理由など無いが

やれ躾がなってない、最近の子供は知能が低い、と貶しにかかる第三者と何も変わらない

発達障害彼女が許せない

僕は発達障害だ。集中力計画を立てる能力短期記憶物事を手順通りに行うことがかなり苦手だ。

仕事中は全然集中できなかったし、友達と飲みに行くだけの予定だって立てられなかった、バイトだってちゃんと手際よく働くことが出来なかった。

今、僕は25歳。ちゃんと働いているし、周囲から発達障害だなんて思われていない。少なくとも僕はそう思われていないと確信している。

ここに辿り着くまでに様々な努力や工夫があった。

集中力の欠如・何かに取り組めない時は、目を瞑って10秒数える。その10秒間でリラックスすると共に自分爆弾なんだと思い込む。10秒後に爆発する僕は、以上なスピード物事に取り掛かる。

計画が立てられない時は、まず滅茶苦茶な計画を立てる。批判は得意なので、その計画批判改善する。

記憶物事の手順は全てメモオンラインストレージに入れる。しなければいけない行動をする時間タイマーをかける。

そうやってテクノロジー自己暗示のおかげでなんとか社会生活を営めている。

そんな僕は今、21歳の彼女暮らしている。彼女も僕と同じく発達障害者だった、これは偶然だ。

彼女暮らしはいかにも発達障害者のそれで、片付けられない、何かをしようと思っていてもどこから手を付けていいのか分からない、依存症になりやすい、多動性といった感じ。おまけに薬のオーバードーズをやっていて、ここに書けないようななんやらも昔やっていたらしい。

彼女生活は乱れており、公的手続きや支払い等もまともに出来ていない。

発達障害者同士、理解し合えるのではないかと思うかもしれないがそんなことはない。寧ろ、苛立ちが募る。

なぜ、自身の欠陥に気づかないのか、改善しようとしないのか、その為にどんな手段があるのか。

欠陥という表現は良くないのかもしれない。例えば自身失明しているからと言って他者をメクラと呼んでよい訳ではないと思う。

ただ、自身のそういった「特性」が気に入っているのならば良いが、恐らくそうではないだろう。ならば、自身の「改善したい部分」をなぜ改善しないのか。

僕は自身発達障害への対策高校生の頃から自覚的に行ってきた。そして、それはある程度上手くいっているみたいだ。

そして、彼女にも自然とそれを求めてしまう。足がない人を叱ったところで足が生える訳でもないのに、目が見える様になる訳でもないのに。発達障害は目に見えないから叱ってしまう。

もし僕が何かのラッキーでこの発達障害への対策を身につけたんだとしたらここまで怒りは湧かないだろう。彼女はアンラッキーだったんだと思える。

でも僕は自身努力と突き詰めた自己分析によって今の自分を得た。自分の特徴だったら何だって分かるし何ができないのかだって分かっている。完璧に分かっているんじゃないかとさえ思う。

そうした努力彼女はしてこなかった。もちろんそうした努力をしようと思いたったということが、自身特性若いうちに理解出来たということがそもそもラッキーだったのかも知れない。そんなことを考え出すとキリがない。頭の中がぐちゃぐちゃなのでまとまらない。とにかく彼女に腹が立つ。

前職で、確認はしていないが発達障害の特徴が強く出ている先輩がいたが、その人にもやはり怒りを感じた。

社会という大きなコミュニティの中では僕は低層(コミュニケーション能力適応能力において)だが、発達障害者というグループ(グループというよりジャンルか?)においては僕はおそらく上層(社会適応能力・健常者と変わりないと思われる能力)なのではないかと思う。

障害者特に努力してある程度健常者に近づいた障害者こそ、同様の障害を抱えた他者に対して不寛容になるのではないか僕は思う。そして思うのだ、「僕はあいつらとは違いますよ。健常者とほとんど変わりませんよ。なんならそこらへんの人よりもまともですよ。」と。

発達障害彼女が許せない

僕は発達障害だ。集中力計画を立てる能力短期記憶物事を手順通りに行うことがかなり苦手だ。

仕事中は全然集中できなかったし、友達と飲みに行くだけの予定だって立てられなかった、バイトだってちゃんと手際よく働くことが出来なかった。

今、僕は25歳。ちゃんと働いているし、周囲から発達障害だなんて思われていない。少なくとも僕はそう思われていないと確信している。

ここに辿り着くまでに様々な努力や工夫があった。

集中力の欠如・何かに取り組めない時は、目を瞑って10秒数える。その10秒間でリラックスすると共に自分爆弾なんだと思い込む。10秒後に爆発する僕は、以上なスピード物事に取り掛かる。

計画が立てられない時は、まず滅茶苦茶な計画を立てる。批判は得意なので、その計画批判改善する。

記憶物事の手順は全てメモオンラインストレージに入れる。しなければいけない行動をする時間タイマーをかける。

そうやってテクノロジー自己暗示のおかげでなんとか社会生活を営めている。

そんな僕は今、21歳の彼女暮らしている。彼女も僕と同じく発達障害者だった、これは偶然だ。

彼女暮らしはいかにも発達障害者のそれで、片付けられない、何かをしようと思っていてもどこから手を付けていいのか分からない、依存症になりやすい、多動性といった感じ。おまけに薬のオーバードーズをやっていて、ここに書けないようななんやらも昔やっていたらしい。

彼女生活は乱れており、公的手続きや支払い等もまともに出来ていない。

発達障害者同士、理解し合えるのではないかと思うかもしれないがそんなことはない。寧ろ、苛立ちが募る。

なぜ、自身の欠陥に気づかないのか、改善しようとしないのか、その為にどんな手段があるのか。

欠陥という表現は良くないのかもしれない。例えば自身失明しているからと言って他者をメクラと呼んでよい訳ではないと思う。

ただ、自身のそういった「特性」が気に入っているのならば良いが、恐らくそうではないだろう。ならば、自身の「改善したい部分」をなぜ改善しないのか。

僕は自身発達障害への対策高校生の頃から自覚的に行ってきた。そして、それはある程度上手くいっているみたいだ。

そして、彼女にも自然とそれを求めてしまう。足がない人を叱ったところで足が生える訳でもないのに、目が見える様になる訳でもないのに。発達障害は目に見えないから叱ってしまう。

もし僕が何かのラッキーでこの発達障害への対策を身につけたんだとしたらここまで怒りは湧かないだろう。彼女はアンラッキーだったんだと思える。

でも僕は自身努力と突き詰めた自己分析によって今の自分を得た。自分の特徴だったら何だって分かるし何ができないのかだって分かっている。完璧に分かっているんじゃないかとさえ思う。

そうした努力彼女はしてこなかった。もちろんそうした努力をしようと思いたったということが、自身特性若いうちに理解出来たということがそもそもラッキーだったのかも知れない。そんなことを考え出すとキリがない。頭の中がぐちゃぐちゃなのでまとまらない。とにかく彼女に腹が立つ。

前職で、確認はしていないが発達障害の特徴が強く出ている先輩がいたが、その人にもやはり怒りを感じた。

社会という大きなコミュニティの中では僕は低層(コミュニケーション能力適応能力において)だが、発達障害者というグループ(グループというよりジャンルか?)においては僕はおそらく上層(社会適応能力・健常者と変わりないと思われる能力)なのではないかと思う。

障害者特に努力してある程度健常者に近づいた障害者こそ、同様の障害を抱えた他者に対して不寛容になるのではないか僕は思う。そして思うのだ、「僕はあいつらとは違いますよ。健常者とほとんど変わりませんよ。なんならそこらへんの人よりもまともですよ。」と。

JKハルは異世界娼婦になった が面白かった

ここ数日twitterでバズってて、感想検索してみたらけっこうな数のひとが絶賛してたんで読んだ。

これね

http://novel18.syosetu.com/n4381dp/

あらすじはこんな感じ。

小山ハルは少しビッチ普通JK。同じクラスの陰キャ男子の異世界転移に巻き込まれ生活のために娼館で働くことになった。コミュ力と図太さを武器に、ハルは夜の異世界を生き抜いていく。

掲載サイトは【小説家になろう】の男性向け18禁サイトノクターンノベルズ女性向け18禁サイトムーンライトノベルズ】(※2017/08/20 14:28/指摘いただいて訂正)。

からバリバリHシーンがあるんだけどそれはこの物語が描こうとしたモノを鑑みればむしろ不可避だがそれを理由忌避せずぜひ読んでみてほしい……、というのはいったん置いといてだな。

え!? このネタをノクタでやる!? え、え……? マジで……?

というのが第1話を読んだ感想

というのはですね、なろうっていわゆる異世界転生(転移チートハーレム無双が一大人ジャンルなんですが、なろうの男性向け18禁サイトであるところのノクタでも当然人気なんですよ。で、このJKハルはそれを全力でぶった斬っていく。

どういうことかということ東京JKをやっていた主人公小山ハルが男にとってまったく都合が良くない、不都合女子……なんです。

 

JKハルは異世界に転生(転移)したはいものの何のチートももらわなかったので娼館娼婦やるしか生きていく術がない。だから1話から春(ハルっていうネーミングはこっから来てるんだろうなあ!)を売るシーンがあって、相手はあらすじに【同じクラスの陰キャ男子の異世界転移に巻き込まれ】ってある奴なんですけど、このセックスシーンがもうヒエヒエ。完全に冷めてます

というのもですね、普通なら異世界チーレムの主人公をやってるはずの【同じクラスの陰キャ男子】、千葉っていうんですがコイツが絵に描いたようなクソオタなんですよ。現実世界じゃクラスの隅っこで他のカースト下位とチョロチョロやってるだけのやつが、異世界にきていいチートをもらったことによってイキリオタククラスチェンジにし、稼いだ金を握りしめオラついた感じでハルを買ってるんです。

一方のハルは元の世界じゃ3代目なサッカー部彼氏がいたりするクラスの中心で輝いているようなイケてるJKです。だからこの千葉って男は、元の世界でたまった鬱屈を、元の世界で輝いたハルを抱くことで晴らしてるんですよ。さらにはハル自分に靡いているとか勘違いもしちゃってて、

「俺といるときは、仕事じゃなくて本当のエッチしていいよ」

とか言うんですよ、はいキモいさらには、

「はぁ、はぁ、やべ、俺、小山とやってる……関口たちに教えてやりてえ……」

とかも言うんですよ、最悪にキモい

当のハルは、そういう千葉キモいところとかメンドクセーところとかウザいところを内心で毒づきながらもキッチリ感じてるフリをして、精液を搾りとってやる。プロなので。

「あぁん、感じてるよぉっ。あたし、千葉に抱かれてるときが一番気持ちいい!」

(中略)

 はい、イッた。

 70ルバー分の精液が、あたしのマンコに支払われていく。

完全にギャグで最高にコミカルなんだけど、笑えないっていうか……。

オタクでノクタ住人の俺からすりゃあもうめちゃくちゃ身につまされるし、心の中はヒエヒエですよ。

じゃあこれそういうある種のなろう・ノクタメタ小説なのかというとそういう面はあるけどそれがメインじゃなくて、全貌が明らかになるのは2話なんです。

 

ハルたちが転生(転移)したこの異世界ってのはいわゆる中世ヨーロッパ世界で、酒場娼館を兼ねている。ハルは1階の酒場ウェイトレスとして働きつつ、客に気に入られれば買われて2階でセクロスする。で、ハルのいる街は魔王軍と戦う最前線にあって軍の関係者とか冒険者とか客で、あらくれ者も多い。

しかもこの世界完璧男尊女卑と来たもんだ。現代日本の何倍も男尊寄り。

で、2話にそんな行き過ぎた男尊女卑世界象徴するようなモブおっさんが出てくる。加虐趣味があって、ハルのケツを叩いたり、濡れてないのに挿入しようとしたり、首を絞めたりする。だけどハルはそんなクソみたいな客相手でも愛想を振りまくし、感じてるふりをするし、首絞めするなら追加料金払えとも言う。プロなので。で、コトが終わったあとには首に残った痕をリボンで隠して1階でウェイトレスやるんですよ、愛想ふりまきながら。

そうなんす、この話は東京ちょっとビッチですげー前向きなJKが、異世界のクソみたいな男尊女卑価値観の中でがんばるフェミニズムお話なんですよ。

冒頭twitterで回ってきたと言いましたが、はてなー向けに発信源を明らかにしておくと小島アジコの嫁であるところの801ちゃんです。あと高殿円

という話をした段階で、これを読んでるはてなーの8割ぐらいはブラバしたくなっただろうが、ちょっと待ってくれ、せっかくここまで読んでくれたんだ、堪えてつかーさいや。

 

これは男ってクソだよね、って話じゃないんですよ。いや、出て来る男は大概クソで、ハルはだいたいひどい目にあわされるんだが、物語が追っているのはそういうひどいとしか言い様のない状況でも力強く生きているハルや向こうの世界女性の姿なんですよ。

ハルは超がつくぐらい前向きだけどちょっとビッチJKしかいかセックスで金を稼ぐしか、誰にも頼れない異世界で生きていく術がない。だけど彼女はそれを呪わず愚痴ったりはするけど)客に愛想を振りまき、精液を搾り取り、店の嬢ランキング上位(神ファイブ)を目指して身を立てていく。

この嬢ランキング上位をハルが狙ってる話はモノローグとしてかなりの頻度で出てくるんだけど、彼女の前向きさを象徴していてとてもいいなと思う。逆に言うと状況だけど見るとかなり陰惨な話なんだけど、そういうハルの前向きさによってこの話はギリギリのところで持ちこたえている。

そしてこれは女が生きづらい異世界底抜けに前向きなJK娼婦やりつつがんばる話ではあるんだけど、もう少し広い目で見れば社会的弱者ががんばるって話でもある。弱者だしその度合がひどいので正視に堪えないほど屈辱的なシーンもでてくるけど、それでも折れずに現実的に・打算的に愛想をふりまくハルには男オタクといえど元気をもらえる(ハルの感じてるふりを信じ込んで「オラ、俺のちんぽに夢中になりやがって!」とかイキってるおっさんに、(ばーか、頭ん中がちんぽでいっぱいになってるのはおっさんだろ)とハルが内心毒づきながら受け流すシーンは最高にクールだし、(男オタとしては)最高につらいけど)。

 

でもこれだけならわざわざ増田感想投稿することはしなかったと思う。

ツイッターでいっぱい誉めてるひといるし、男オタたる筆者はそういう連中と本来的には相容れない存在なので。でも最終話にこれだけは感想を述べておきたい! って思えるシーンがあって、だからこの増田を書いた。前段までの文章はその助走みたいなもんだ。

ボカすけど、ネタバレ要素ありなので未読者は注意されたし。

 

JKハル本編14万字のうちの終盤に、けっこうな事件が起きる。で、その解決方法が筆者的には残念だった。いやわかる、そうするしかない。そうするよりほか解決方法がない。だけどそうしてしまうか、と。それじゃ強くないとダメって話になっちゃわない? と。ひどく落胆した。130点ぐらいあったのか-50点でポイント80点、みたいな。

しかし、だ。

本編最終話女子会トークでその評価がひっくり返った。

ああああああ……! と唸った。これは凄い。

 

こんな異世界に放り込まれそれでも前向きにサバイブしていけるハルはある種の超人なんですよ。そしてこの男尊女卑世界じゃ白眼視される、お外で女子だけでご飯なんてことをやってのけるハルはこの先、この世界女性地位を向上させていく活動家であり英雄なんですよ。

そこまで至ると逆に、なんだハルが凄いからそういう前向きでいられるんじゃん、という想いが湧いてくる。上記にも記した、事件解決方法鑑みると、いっそうその想いが強くなる。そこにがっかりしたんですよ、でも違ったんですよ。

本編最終話女子会トーク。その参加者ハル娼婦仲間であるルペちゃんと言う子がいる。

そのルペちゃんはハルの1個上ながら娼婦経験は3年ぐらいうえで色々教えてくれるいい子。先輩というより同輩といった感じのいたって普通女の子だ。なんならこの世界常識にとらわれていて、女の子だけで外で食事するなんて、みたいなことを最初は言う。

その普通女の子が、女子会トークさらりととんでもない発言をする。それはハルがああするしかなかった、あれにすがるしかなかったことを、別の角度から成して見せたという話なんだ。

ここが本当に見事だ。

何が見事なのか。

起きてしまったあの事件

それに対処するハルは、ある意味これまで自分たちを虐げてきた強者論理に取り込まれしまった、と俺には見えた。その怒りはまったくもって正当だと思うけど、あの瞬間のハルは、社会的弱者ながらにそれでも前向きにサバイブしてきたその全てを投げ捨て、強者と同じ方法をとった、そう見えた。強くなければあの世界では生きていけないんだ、つまり物語強者論理に取り込まれしまったのだ、とそう思えた。

でもそうじゃなかった。ルペちゃんのあの台詞によって、違う道が示されたと俺は思う。

ルペちゃんはちょっと特殊なところはあるけど、ハルなんかに比べれば普通女の子だ。その彼女が、ちゃんとあのクソみたいな世界強者論理(=男)と向き合えるということを示してくれた。

それはハルからあの世界でがんばれるわけでも、ハルから生きていられるわけでもない。あの世界の弱者たちはたぶんみんながんばっていて、そうやって生きてるということなんだと思う。

そこを最後提示された瞬間、馬鹿みたいに腑に落ちて、これは【生きる】ってことを真正から描いた話なんだなーって思った。

あともうひとつ。そのルピちゃんの台詞によって同時に、あのクソオタな千葉が救われているのが凄い。それも作中において、そしてメタ的な意味でのキャラとして二重の意味で救われているのが本当に凄い。

 

このクソみたいな男尊女卑世界ハルやルピちゃんやみんなは汗水たらしてなんなら精液まみれになりながらも一生懸命に生きてる。

それは大部分がしんどいことでつらいことで時には死にたくなることだってたくさんある世界だと思う。時には疲れてへたりこむこともあろう。それでもまた立ち上がって生きていくためにこつこつと頑張り始める。そして身の回りを良くするために社会ちょっとずつ変えていこうとしている。

その姿はとてもまぶしく、なんだかとても元気がもらえることのように、思うのだ。

 

※追記

感想書いた後に番外編よんだ。すごくよかった。みんな読んでくれ……!

2017-08-19

こんなに不平等だった

ヲタ活動の話。最初は神絵師作家になりたかった。きっかけは中学の頃の同人サイトで、容姿きれいな人がこんなにアニメ理解した絵を描いていた。

当時イケてもいない、ゴミのようなクズ引きこもりだった。きれいな絵を描けるような人と付き合いたい、わたしもそれになりたいと思っていた。

てにをは文章構成も分かっていない。

そんなやつだ、それだからダメ人間でこの身体価値がないと思ってしまう。

この12年間もヲタ活動してきた。

しかし年下の神絵師さんたちとはなんか違う。考え方が根本的に悪い。そして最後ジャンルでは、成功しかけたpixiv絵師に逢いたいと計画しかかっていた。なぜか会って『和解しよう』と正気で考えていたのだ。

そして それであるべきだ と謎そっち系ライブに行きたいと考え始めた。考えの方向性が変わった、同人にも見向きはされなかったのだ。それでアニメの流れがわたしに優しくなくなり始めた。時代が比例するように、感性を激しく攻撃してきた。

なぜなんだろう

なぜなんだろう 本当に時代拒否に向かっている。わたしをまさに抹殺しようとしていた。

ゲイ向けAVの「ノンケの未使用アナル」とかいキャッチコピー

ゲイ向けAVの中に、ノンケレイプするものが一つのジャンルとしてあるらしい。

レイプものAVを見てる奴がみんなレイパー予備群だとは思わないが、ノンケから見たら気分が悪いことこの上ない。

女性レイプものAV存在を知った時もこんな感情なんだろうか」と思ったが、それはさておき。

ノンケレイプAVパッケージに「ノンケの未使用アナル」とかいワードが載っていた。

ゲイにとって「ノンケ」とは、ヘテロにとっての「処女」と同じくらいの意味合いなんだろうか。

処女レイプしてセックスに目覚めさせるAV」って男から見ても悪趣味の極みなんだが、

こういうのを喜んで見ているのは一部のゲイだけなのか、それともゲイの中で主流なんだろうか。

ゲイの人の見識を伺いたい。

下関国際の野球部を見て思い出すこと

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000006-nkgendai-base

甲子園初出場を果たすも文武両道否定して前時代的な指導で物議を醸した下関国際だが、自分はこの高校を見て真っ先に「駆けろ!大空」を思い出した。

20年位前のコロコロコミックで連載されていた野球漫画なのだが、漫画こちらで読めるので、興味があったら読んでみるといい。

https://www.mangaz.com/book/detail/44691

下関国際が駆けろ!大空に似てると思うところとオススメポイントを書く。

不良たちが甲子園を目指す先駆的なストーリー

「不良たちが一丸となって甲子園を目指す」と聞くと、まっさきにRookiesが出てくると思うが、Rookiesの連載開始は1998年、駆けろ!大空の連載開始は1996年である自分はこういう「マイナーだけどジャンルの中では一番最初にやってる」みたいな作品にすごく弱い。もしそういう作品を好むなら、それだけでも読む価値はあるだろう。

(ちなみにこの漫画野球部甲子園2回戦で負けてる)

偏差値36の底辺高校

調べてみたが、この学校偏差値は36で非常に低い数字だ。所謂進学校と呼ばれる高校はだいたい偏差値60以上で、偏差値36といえば下から数えたほうが早い。自分地元高校比較してみれば、偏差値36がどれだけ低いかより実感できるだろう。

実際にニュース記事などを漁ると、授業妨害はちょいちょいあるし部室は落書きだらけだしでいろいろ問題のある高校だなというのはなんとなく分かる。

https://www.minkou.jp/hischool/school/review/2311/rd_276472/

http://www.asahi.com/koshien/88/chihou/yamaguchi/news/TKY200607110194.html

翻って「駆けろ!大空」の舞台となる博愛高校だが、授業中に校舎内でバイクを乗り回し尾崎豊よろしく窓ガラスを割って回る不良とか、落書きだらけの部室とかが出てきて、今で言うところの教育困難校っぽい感じが冒頭の随所で描写されていた。

偏差値が低いからって実情はそんなに悪くないっていうのはもちろんあるが、少なくとも自分はこういう学校には行きたくない

テニスの王子様に先駆けたエクストリームスポーツ

メンバーが一通り揃ったところで他校と練習試合をしようとするも不良だらけの学校からどこも取り合ってくれない。そんななか、練習試合を買って出た高校練習試合をすることになったが、こいつらがやばい

こいつらも不良なのだけれど、デッドボールは当たり前、バントすると見せかけてキャッチャー顔面バットを当てるわ、ピッチャー肩にバットを放り投げるわで、終盤はメンバーのほぼ全員が立ってるのもやっとという惨状になる。

「9回までもったのはこいつらが初めてだぜ…」とか相手高校モブがぼやいてたけど、そういうスポーツじゃねえからこれ!

この、「相手を先に倒したほうが勝ち」みたいな風潮、今のテニプリなら当たり前だけど、それを20年前に先駆けたこの作品はマジすごいと思う。

個人的に好きなところ

終盤、地区予選でライバル校と戦うのだけれど、7回まで0-0だったのにメンバーの一人のエラーで失点してしまう(待ちガイルvs待ちガイルソニックブームをガードしてしまった感じ)

重要タイミングで致命的なエラーをやっちゃってすごく落ち込んでるところに、「お前にしては上出来だ、これで俺の逆転ホーマーが際立つ」「何言ってんだ、こいつは俺のために見せ場を用意してくれたんだ!」ってうまくフォローしあってるところがすごく好き。

不良に限らず、基本的世間落ちこぼれが何者かになろうと何かをめざすストーリーってなんだかすごく良いって思う。個人的には高校野球自体そんなに好きじゃなくてなんで野球部ってみんな坊主なの?とかなんでかき氷禁止なの?とかなんでスマホ禁止なの?とかいろいろ突っ込みたいところはあるし、こんな練習じゃ絶対死人が出るだろうって思うし、生存バイアスに満ち満ちているけど、やっぱり人間って何かそういうサクセスストーリーのようなものが1つでもあればいいんじゃないかなって思うんだ。

2017-08-18

KNTRという性癖ジャンルがあるそうな

自分恋人韓国人寝取られるというなんじゃそらな性癖だけど

アメリカKKKみたいな白人至上主義原動力にblack rapistっつーのがあって

まり黒人チンコかいから妻や恋人寝取られちゃうみたいな

ジェシーワシントン事件とか、白人強姦殺人事件黒人容疑者白人集団リンチされて焼き殺される事件も起きてる

まぁ割と切実にビビってるのかなと思ったり

2017-08-17

https://anond.hatelabo.jp/20170817133616

オタクは、特定ジャンルに対して常識では考えられないような深い知識や造詣を持つ者に与えられる称号

単に関連物を集めているだけの人は「コレクター」や「マニア」の域を出ていない

本職じゃない人がアワード受賞して怒ってる人がいるのか

こういうジャンルの垣根を超えて技術が応用できる、通用すること、

そしてそういう技術を持ってる人がいるっていうのは、好ましいと思うんだけどな

(人に限らず企業とかでも)

鳥の刺身九州以外であんまり食べられてないとはなあ・・・・。

鹿児島県民です

スーパーとかで普通に売ってるもんだから普通にあるジャンルだと思ってたよ

九州以外でも居酒屋とかだとあるみたい

2017-08-16

ていうか難しく考えすぎ

ジャンルの違う業種の連中が、商業的なバイパスも無しに媚びうるように近づいて売名行為をするのは気持ち悪い

金持ちボンボンの周りの取り巻きが、ボンボンを持ち上げているのを見るのと同感覚気持ち悪さ

法的に、道徳的問題無くても、ただただ気持ち悪い

彼らを排する理由はそれだけでいい

2017-08-15

一ノ瀬志希が好きで、LiPPSも大好き

とあるLiPPSが嫌いな一ノ瀬志希Pの記事を読んだのだけど、その記事反響が割と大きくてこのままだと一ノ瀬志希PはLiPPSが嫌いみたいなイメージを多少なりとも植え付けてしまう気がしたので、同じく一ノ瀬Pの私はLiPPSが好きだよということについて話そうと思う。もちろん嫌いなのは嫌いで良いと思うしPの数だけアイドルに求めるものが違うこともわかる。アイドルソロ推してほしい気持ちだってわかる。でも、それでも私はLiPPSが好きだ。そのことについて、ちょっと書いてみようかなと思う。ツアーライブ終わりでテンションが高いので誤字は見逃してね!

その前にまず、記事を読んでちょっとひっかかってたのだけど、運営ユニット推しについてだけどこれはもうデレステ存在し続けることにはある程度はしかたないなと思う。5人キャラクターを並べてプレイするタイプリズムゲーなので複数人ユニットをくんで新曲を作ることは普通なわけで。その新曲ができたらCD発売するしライブ披露だってするし販促ニコ生もやるし当然露出が高くなる。志希以外だってユニット推しされまくってるアイドル、たくさんいるよ。ただ件のPの話はそういうことでなく過剰なユニット推しソロとしての魅力がフィーチャーされないってことへの不満と受け取ったけど。

あと正直いまの志希のPのメイン層って、デレステユーザーじゃないかな?と思う。だってソロ曲総選挙3位だよ?上には女王シンデレラセンターソロ、下には天下のホテムン。そんな曲たちに囲まれて、いくらサキトモコ先生の作り出した曲で藍原ことみさんの歌唱力がやばくても3位って、しかも1日1枚しかもらえない投票権で3位って、曲の魅力だけじゃなく志希担当Pたちが頑張って投票しないととれない数字でしょう?モバの総選挙の41位だって、件の記事で触れられてた通り声付きで過去に上位入ってるキャラとしては悪くないと思うんですよ。モバの総選挙ってまだ声ついてないけど勢いのある子達が上位になるって大体予測つくじゃないですか。あと「今年はこの子シンデレラになるべき!」みたいな連帯感ね。今から志希Pがどんだけがんばっても来年シンデレラガールは未央ちゃんじゃないかなと思うし、いや負けねーけど。志希に票をいれまくるけど。担当P以外にもシンデレラになることを望まれてる数としては圧倒的に未央ちゃんが強いじゃないですか。まあそれを抜きにしても全力で総選挙を戦い抜くPの数は志希は少ない方だと思うんです。

まり一ノ瀬志希はね、デレステ人気はあるけどモバは新規が少なく、また上位層と戦うには少しばかりガッツのあるPが少ない、そういう立ち位置にいると思います。でも正直めちゃくちゃ恵まれてる方だとも思います。EVER MORE歌わせてもらったことからもわかるけど(たとえみくのバーターだとしても)運営一ノ瀬志希にいちキャラクターとして期待してくれてると思うよ。それ以上の待遇がほしいっていうのならやることがあるでしょ。総選挙もっと上位に、と思うのなら気の済むまで課金して走ればもしくはガチャすればいいし、もっと人気になってほしいと思うのならとにかく志希の布教をすればいいのではと思うのです。CDをたくさん買って配り歩くのもいいねお金がないのならTwitterブログで魅力を叫び続けるのもいい。下手くそでも絵や文を書いて魅力を表現するのもいい。そういった個人の魅力アピールもなしに運営ユニット推しの不満ばかりをいうのは、ちょっとやっぱりなんだかなあと思ったのです。

さてじゃあ本題のLiPPSが好きということについてですね。なんで好きなのかというと「ユニットとしてのしっくり感がすごい」これに尽きます

そもそも志希、フレデリカ、周子、奏はそれぞれレイジーレイジー、テンプテーションアイズ、誘惑イビル、FrenchKisSといったユニットをモバで組んでいて、4人とも目鼻立ちのはっきりした美人顔、なんでもできそうなカリスマ感、マイペースでPをからかうような態度が多い小悪魔さなど似たようなところがあって(もちろん違う点もたくさんあるけど)4人ないしはアニデレもあってかなフレしゅーのことを好きなPも多かったしままり感があった。そんな4人にプラス1名。ここに誰が来るのだろうと思ったらまさかシンデレラレジェンドの美嘉。いや〜すごい。なにがってここで美嘉を選んでくれること。すごい。

明け透けに言ってしまえば美嘉はどんなユニットだって使いようがあったしどのユニットに入ったってそのユニットは人気が出たでしょう。そんな美嘉を、4人と組ませたことがすごい。そしてそのしっくり感もすごい。美嘉は面倒見が良いお姉ちゃん努力家で他の4人とはちょっと違う点が多いけどそれを補って余りあるカリスマオーラと、ビジュアル値の高さ、それからやっぱりシンデレラガールズのなかでも土台の土台を支えてるぐらいの超レジェンドキャラっていう事実がLiPPSという「しっくりすぎる」ユニットの完成へと導いた。

これ常々言ってるんだけどLiPPSの5人って学校カーストに例えると『カースト所属せずともみんなから一目置かれてる存在』っぽさが異常なんですよ。カースト上位層とかもよく聞くけど個人的見解としてそうじゃなくて。地位を気にせずとも自身の美貌とオーラで周りから支持を集められる、そんな女の子が一度は夢見るかっこいい女の子。そこが女性Pから支持率の高さとかに起因してくると思うんだけど。

のしっくり感ってね、ユニットとしてはめちゃくちゃ大事なことだと思うんだ。ユニットとして出てきたときの強そう!!感がすごいよね。炎陣とかも言えることだけど、ユニット面子のコンセプトがはっきりしてると絵面もいいしデレステMVみても最高だししっくりくる感じがとにかく好きだなあと思うわけです。気持ちがいいというか、パズルを完成させた時のような高揚感をLiPPSに感じています。それぞれ個性的なのにね。みんな顔がとにかく良くて都会的なイメージが強いからか並べてみてハマった!って感じがすごい。面子揃えてくれてありがとうしか言えない。

で件の記事を読んで思ったのは、たとえユニットとしての推しが強すぎて一ノ瀬志希ユニットの1人として扱われていると感じたとして。それで志希自身の魅力に目が向けられにくいとしても、それはPの努力次第というか、むしろLiPPSが推されたおかげでLiPPSに目を留めてくれた人に志希のプレゼンをする機会があるわけで、腕の見せ所だと思うんですよ。志希個人の魅力っていうのはね、私たちPがいくらでも外に発信していけば良いのです。ユニット推しが嫌ならユニットが嫌いなら、ユニットを利用して志希のPを増やしてやるぐらいの気持ちでいたらいいのではないかと思うのです。

あとね、利用というか、ユニットとしてのかなり強い推しがあるおかげで一ノ瀬志希自体ステージに繋がってるじゃないですか。だって今回のツアーSSA、志希が2日目に呼ばれたのはあきらかLiPPSに参加してたからでしょう。去年みたいな1日目新人(+少数のベテラン)たちと2日目アニデレメインベテラン勢みたいな分け方じゃない、デレステユニット意識した分け方だったからこそツアーファイナルステージに志希は立ったわけで。

個人的にはNGというシンデレラ看板3人娘と同じステージ担当アイドルが立つ(しかオーラス)という事実がヤバすぎてもうLiPPSには感謝してもしきれないんですよ。ツアーファイナルで志希のつぼみを聴けたこと、本当に嬉しかった。

グッズについても、志希はよくフィギュア出てる方だと思うし、もちろんLiPPS関連のグッズもたくさん出てますけどそれ以外だってプライズバッチやらたくさん出てるじゃないですか。しきぬだってLiPPS衣装可愛いけどそれよりも顔!顔だよ顔!顔の作画ぬいぐるみと思えないほど整ってて再現率がすごくて私はそれにめちゃくちゃテンションがあがったので(一ノ瀬志希稀有美少女です)衣装とかに気づいたの何回か見直しからだったし。えっだってすごくなかった?あの作画…。顔面で大抵のことは許されそうな感じあったよ…。顔面が強い一ノ瀬志希サイコーでしょ。でもあのしきぬだって一ノ瀬志希がLiPPSに参加してなかったらなかった可能性が高いんだよ?あんなに可愛いのに!あんなに可愛いのに!!!ユニットありきだろうがなんだろうが担当の良作画グッズがバンバン出されることはすっごくありがたいなと私は思う。それから友達のPにもぬいいいな〜ほしいな〜って言われるしギフトさん、LiPPS以外のアイドルたちのぬいも作ってください!!!!!お金は惜しみません!!!!!お願いしま!!!

で〜これはちょっと件の記事に対する疑問というかあれなんですけど、グッズは正直ほしいものを買えばいいと思うのでLiPPS系のグッズ嫌だな〜と思ったら買わなきゃいいんですよ。売れるもの企業は作るんだから。あと記事に書くよりアンケートとかご意見メール書いた方が絶対有意義でしょ。愚痴を言う前に行動に移すのです。アルターさん、グッスマさん、次は「文明開化 SR+」一ノ瀬志希フィギュアがほしいです!!桜柄の台座つきのやつ!!!ほしいです!!!お金ならバリバリしま!!!何卒よろしくお願いしま!!!ってな感じで。

まあ言いたいのはグッズは買う買わないの選択肢があるじゃないって話で。目にするのも嫌っていうならちょっとそれは…担当のグッズ出るけどユニット衣装から目にするのも嫌ってシンデレラみたいな多すぎるキャラクターの界隈で言うのはあまりにも他のPに失礼というか…。うん…。またこの衣装かよ!!!!って気持ちは別ジャンル経験済みなのでわからなくもないですけど…。

あと二次創作もたしかにめちゃくちゃLiPPSというユニットでの二次創作すんごい増えましたけど、絵師さんとか文才のある方に一ノ瀬志希表現してもらう機会が増えてすごく嬉しいです。まず描きたい、書きたいと思ってもらえることが嬉しい。あとレイヤーさんとかもね、増えたよねLiPPSあわせ〜とかで写真とってくださってる方々。本当にめちゃくちゃ嬉しい。一ノ瀬志希に何かしらで触れようとしてくれてる人が増えれば増えるほどすごく嬉しい。その子、私の担当アイドルなんです!って鼻が高い。たとえユニット単位二次創作が増えても志希は志希だし、志希単体の二次創作が少ない!ってなるなら自家発電という手があるしね。

支離滅裂になってしまったけど、私がLiPPSを好きなのはね、ユニットとしてのしっくり感がとにかく強くて魅力的だし、ユニットついでに志希のグッズや二次創作供給が増えるし、そのおかげで志希に興味なかったPのもとにも志希が届くことがあるってことなんですよ。私はやっぱり一ノ瀬志希担当Pとして、担当がたくさんの人の目に届くことがとても嬉しいし、とても誇らしい。だからLiPPSは大好きだし本当にありがたいなと思ってる。LiPPSが一ノ瀬志希可能性を狭めるなんてことは、ないんですよ。むしろたくさんたくさんLiPPSから志希にチャンスをもらってるなと思います運営さん、志希をLiPPSに参加させてくれて、ありがとう

そして件の一ノ瀬志希Pさん。今回のライブTulip披露されたあとMCで(曲中は楽しすぎて夢中だったから覚えてないけど)LiPPSのメンバーが本当に嬉しそうにお揃いのアクセとかつけてるのみましたか。これから生きるのが大変辛そうなので同担としてとても心配しています一ノ瀬志希が好きだけどLiPPSが嫌いなPさん、これから一ノ瀬志希とともに強く生きてください。私は私でたくさん供給されるいまの状況を目一杯楽しむので。

ついでにあの記事を読んだみなさん、LiPPS大好きな一ノ瀬志希Pだって当たり前にいるんだよ!

あとこの記事でLiPPSというユニットをめちゃくちゃアゲまくっちゃったけどそれは担当アイドルが参加してる贔屓目が絶対あるからね!みんな「うちの担当が参加してるユニットの方がすげーし!」ってなったらその思いの丈をコメントにでも貼っておいてください!

終わりの前に、実はこの記事をかくときに気をつけてたのはLiPPSに「参加」してる一ノ瀬志希ってかいてたこと。件の記事を読んで「所属」ではなく「参加」ということは私も主張していきたいなと思ったので。ユニットじゃなくてソロでも一ノ瀬志希はたくさんの面をもっていて、ふつーのJK彼女ギフテッド彼女アイドル彼女、複雑な親子関係で生きてきた彼女、覗き込めばころころとその顔を変える万華鏡のようなキャラクターで目が離せません。さて目が離せないのは危うさを感じたからかその魅力に惹きつけられているからか。ユニットからもし彼女単体のことが気になったのなら、ぜひ一ノ瀬志希あなた事務所にお迎えしてみてね!そしてできれば愛着を持って彼女プロデュースしてくれたら幸いです。どうかよろしくお願いします。

https://anond.hatelabo.jp/20160511000626

>「はいはいまた焼き直しね、ちっとも進歩ねーな」的知ったかぶり

これは年齢に関係ないというか、そのジャンルにある程度精通し始めた、にわかの掛かるはしかみたいな物だと思っているがw

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん