「吐露」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 吐露とは

2021-05-08

キムタクが如くっていうのいい加減やめてほしい

木村拓哉担ではないよ※

JUDGEEYES死神遺言の続編、LOSTJUDGEMENT裁かれざる記憶が昨日公式発表された!

ジャッジアイズリマスター版の発表、公式LINEアカウントTwitterアカウント新規作成からフラグが立ちまくっていて、これは続編こないわけないと思ってた矢先・・・

カウントダウンが始まり狂喜乱舞

毎日少しずつ解禁される新規映像に胸を躍らせつつ、5月7日23時前に必ず間に合うように風呂歯磨きも済ませパソコンの前に待機していた。

おもらしを見てしまタイトルビジュアルを見てしまったのに全く興奮が収まらなかった。

そしてあのぐっと心をつかまれ裁判所でのシーンからの怒涛のティザートレーラー!!!

ストーリーだけでもぐっと引き込まれ、前作からキャラクター達が変わらない姿で活躍し、重厚雰囲気はまさにジャッジアイズの正統続編!

前作がかなり面白かったのにそれを超えてきそうだなと思わずにいられないほどに期待値が上がる!

木村拓哉インタビューやら中尾彬の続投やら、堀北真希旦那とか玉木宏とか興奮しっぱなしの状態で探索アクションや新しい戦闘スタイルの解禁を次々に見せられて各国のファンの心を代弁するかのような鋭い質問の数々・・・

放送時間は短かったけど密度が非常に高い素晴らしい番組で極めつけは9月24日世界同時発売・・・

興奮冷めやらぬまま掲示板やらツイッターやらを見あさり気が付けば深夜に。

ツイッタートレンドをふと見ると、私が苦手な「キムタクが如く」の文字がを発見してまだこんなこと言ってる人が多いのかと盛り上がった熱が少しだけ冷めた。

龍が如くシリーズ知名度は高い。

ジャッジシリーズ制作をしているのも龍が如くスタジオ。

龍が如く制作陣の方もたくさん関わってる。

モーションや町は龍が如くから流用している。

でも「キムタクが如く」ではないよね?

ディズニーバグライフを見て、「ムシ・ストーリー」っていう人いないよね?

スタジオジブリ思い出のマーニー見て「思い出のラピュタ」っていう人いないよね?

ジャッジアイズ龍が如くシリーズは別物であるという考えがどうして広まらないのか。

かにプレイしてたら龍が如くシリーズとの共通点を感じる瞬間は多い。

バカゲー要素とか、さっきも言ったけど街もまんまだし。

でもキムタクが如くではないよね?

龍が如くシリーズナンバリングが7まである上に、スピンオフ作品もたくさん出ているので正直新規ファンはとても入りづらい。

ジャッジアイズ2としなかったのも明らかに龍が如くシリーズとの差別化を図っているとしか思えない。

前章のあらすじを紹介する中尾彬ナレーションドラマチックかつスマートで、章のタイトルOPの砂の演出は「ヤクザゲー」ではないという印象を強めてくれた。

登場人物がしゃべったり状況を説明する文章に使われているフォントも「如くシリーズ」とは異なっていて丸みがありこちらもスマート

ゲームパッケージも「ゴリゴリ」感がないものの「木村拓哉」という大スターを前面に配置したスタイリッシュものになっている。

ストーリー展開も「拳で解決」ではなく仲間たちと知恵を絞ったり、誰かがだれかを冷静にさせたり、「なんとなく顔を出す」ものではなく因縁という必然性がありケリをつけるために必死にもがく姿が印象的だった。

これキムタクが如くではないよね?

ジャッジシリーズキムタクが如くというのって、「あのキムタク」をただの飛び道具として見てるのかとがっかりしてしまう。

ジャニーズタレントはやたらと不当な評価世間からさんざん受けていて、ファンフラット評価に飢えていることを知っているので悲しくなる。

自分キムタクを好きでも嫌いでもなかったけど、このゲームキムタクを好きになったのでキムタクが如くと言われるととても悔しい。

前作ではキムタクが動かせるというのが大きな話題になり、自分もそれで興味を持って購入した人間だけどこのゲームのいいところはちゃんゲームとして面白いところ。

キムタクきっかけで入ったのにこれを言っても説得力がないけどキムタク以外の部分の出来が良かったからこれだけ話題になって評判も良くて。

続編でもあのキムタクがこれをするのかwという目線で見られるおもしろシーンがあるので期待してるけど、それは一部にすぎなくてですね。

キムタクが〇〇に!というのは二の次ストーリーについて語りたくなってしまうのがジャッジアイズだったわけで。

ちゃんジャッジシリーズジャッジシリーズと言ってくれる人が増えてほしい。

コンビニ電子レンジに頭を突っ込んであっためてくれはキムタクじゃなくてもちゃん面白い。

キムタクスターであるからこその話題性とか抜く必要は全くないけど、キムタクキムタクジャッジシリーズに出てくるのは八神さん。

八神役ではあるけどキムタクのものではない。

キムタクが出るゲームジャッジシリーズだけかもしれないけど、キムタクはいろんな作品に出てる。

なぜキムタクはこんなに不当な評価なんだろう。

世代的にキムタク全盛期を知らないけど「何をやってもキムタク」という不評はよく目に入ってきてた。

でも八神戦闘ボイス、めちゃくちゃうまいじゃん。

気のないしゃべり方も、覇気のある声も感情吐露するシーンも全部うまいじゃん。

なぜこんなにうまいのにキムタクからという理由で聞きもせずプレイもせずへたくそだの一言で終わらせてしまうんだろう。

ていうかジャッジアイズ一章冒頭のシーンは新谷先生適当にあしらうというシーンなのに、そこだけ聞いて「棒読みでは」と思うひとは何も見ないほうがいいと思う。

そこまで意図をくみ取れないひとが創作物見ても楽しめないと思いますよ。

こんな愚痴を書いてるけど※したように木村拓哉ゴリゴリファンでもなんでもない。

ツイッター木村拓哉についてつぶやくと、かなりの確率で10個以上のいいねがつく。

木村はいかに日々不当な評価に胸を痛めているのかがわかる。

どれだけフラット評価に飢えているかわかる。

ジャニーズなら何でも叩いていい精神いい加減捨ててほしい。

時代遅れですよ。

4人組の続投も嬉しいし、東生存確認できた。

星野君とさおりさんはうまくいってるようだし源田先生も元気そう。

泉田検事真冬が出てこないのに不安を感じるけどどうなるんだろうとか。

はんぴんりゅうまんが出てきたけどやっぱりつながってない世界でよかったとか。

ソンヒさんに会えないかなとか

ファン意見をかなり汲み取って続編を作ってくれるのは本当にうれしいなとか

スケボーアクション早くやりてえなとか

今度は何股かけられるのかなとか

そういう雑念が入らない純粋な楽しみ!という気持ちだけを抱きたかった。

ていうか木村拓哉ファンキムタクって言わないみたいだし。いやでしょ。

正義」とは何かまた問われることになる作品で、題材も身近に感じられるデリケートものであったり。

これは如くじゃなくてジャッジシリーズ。楽しみすぎる。

他人を矛にして、自分攻撃使用する汚物のようなブクマカたち

t_kaseki on Twitter: "探してみるとBuzzfeed記事より、というよりも池江選手最初のツイ(5/7 21:01)から10分後(21:11)に配信されている記事があった。 池江璃花子 辞退求める声へ、5つの投稿で複雑な思い吐露「私は何も変えることが… https://t.co/7gnTwqBCvf

ブックマーク https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/t_kaseki/status/1390765778480164864 を読んでの感想

もちろん全員ではないけど『本人の意思ではない』という類のコメント+それにスターをしてる人たちが、汚物臭がするぐらい気持ち悪い。

テメーが何に反対するか好きにすればいいけどさ、矛に他人を使って目的を達成しようとするなよ。それで目的達成できりゃあ満足だろうし、達成できなくても傷つくのは矛(他人)で、テメーには何も被害ねーもんな。

2021-05-07

弱者問題が終わらない理由

このところ弱者問題増田でずっとくすぶってる。

なんでこんなに続いてるのかといえば、大半が解決しようなんて考えてないからだ。

結論は書いたので、あとは雑感やらなにやらを書いていく。

当事者弱者は「今までこんな目にあった」「差別するやつをゆるさない」とただ日頃の鬱憤を吐き出したいだけ。

で?何?

吐き出すことでストレス解消になればまだ意味はあるが、恨み節文章にしたところで余計に僻みが強くなるだけなんだよ。

何をしたいのか、何をしてもらいたいのかの具体的な主張に欠けるから、それを読んだ人もエスパー並みの想像力を動員して見当違いな提案が飛び交う。

ほぼほぼ建設的なやりとりは無い。

から解決の糸口さえ見つけられずに堂々巡りをしている。

また、一連の流れを見て「私もこうだから」「俺はもっと酷いぜ」と違う属性も紛れ込んで話をややこしくしてる。

だいたい差別を解消する万能の手段なんてない。

あるとすればお互いに寛容になることくらいだ。

ちょっと何か言われて「今の差別だろ、謝罪しろ!」ではなく

人間そういうときもあるよねと考えて、怒気を交えずに指摘するくらいでいい。

「それ酷くないですか?」「その発言差別的なので控えるべきかと」「今の言い方はちょっと傷つきました」とかとか。

そうすれば言ったほうも「ああ、悪かったね。気を付けるよ」で済む。(これを言わない人もたくさんいるけどね

このお互いに寛容になる流れは差別される側が最初の一歩(相手に気付いてもらうための指摘)を踏み出す必要があるから負担は大きいかもしれない。

だけど、何もしないで解決はしないし、放置すればエスカレートしていく可能性もあると考えるとそれほど高いコストでもないと思う。

ただ相手との関係から言いづらい場面も多々ある。

それでも同じ人間同士なんだから一方的嫌がらせされるような関係おかしいし積極的に指摘していくのが当然。

最初から指摘しあえる関係になるのも大事

立場相手のほうが上だからといって奴隷じゃないんだから主従関係になる必要はない。

対等に話をすればいい。

こういった啓蒙を地道に続けていくしかないと思うよ。

ちょっと指摘したら自宅待機になって病んだ銀行員とか最近話題になってたし、すべてが上手くいくわけじゃない。

でも上手くいかいからといって諦めたら何も変わらないよね。

変えていくには努力必要なんだよ。

自分から動いていかなきゃダメなんだよ。

周りのせいにして恨み節吐露するのは楽だけど、それじゃ何も進まないんだよ。

続・ダイスで決まるTRPG

https://anond.hatelabo.jp/20210118163826

これ、書いたもんです。書いて投げっぱなしてすっかり忘れてて、やたらと反応をいただいてて驚きました。

この時の私は、とにかくこの出来事による苦痛をどこかに吐き出したくて、でも卓メンバーや人の目に留まるところで吐露するのもはばかられて、匿名になるここに必死に吐き出したのでした。

おかげでそこそこにすっきりして、また卓メンバーも気さくに一緒に卓を囲んでくれて、本当に救われました。

クコメで「GMが悪いのでは」みたいな事を書いている人がいますが、それは断じて違います。むしろGMは、私の出目による処理をとてもしっかり考えて描写をしてくれて、せめて無駄にならないようにと最大限の努力をしてくれました。

その判定、ご丁寧にシナリオに「振り直しは認めないものとする」って書き込みがあったんです。7版のプッシュも認められてないようで、要するに一発勝負なんですよね。だからGMは降り直しはさせず、出目に従いながらも最善の手段を取ってくれました。

ゆえに、今回のGMさんに何の非もありません。むしろ、とても素晴らしいGMさんです。私も見習わなきゃ行けない。

ですが、最終的にはこの衝撃的な出目に私も頭が真っ白になってて、RPどころじゃなくなってたのは事実です。そればっかりは、今思い返せば本当に申し訳ない。

「それ幻聴だよ」ってコメント、全くその通りです。私を弾劾する言葉なんて一つもなくて、みんな気遣って声をかけてくれていたのに、当時の私にはそれを判断する冷静さが全くありませんでした。

それに、その後の卓内で「あいつは大事なところでファンブルするから…」みたいな事を冗談まじりに言われてたのも、それなりに効いてたのかな〜なんて思います

私は、CoCにおいてロストは当たり前の事と思ってます別にロストする事に文句があるわけじゃない。

この出来事を通して私は、何の価値もないロストってのも存在するんだなと噛み締めちゃったわけです。それまではなんだかんだ、みんなで作る空気感によって必ずドラマが生まれるようなロストばかり経験していたから。

TRPG歴、浅いんです。経験がひたすらに足りなかったんだと実感してます。むしろそこでとびきりドラマチックに物語作りできなきゃ、まるで意味がない。

CoCやらなきゃいいだろという声もあります。それもごもっともですが、卓は1人ではできないものです。周りは皆CoC、私だってまだまだCoCが楽しみたい。

からせめて、自分なりにその中でできる自由な、最大限の遊びを……と思っていたんですけど、本当に経験不足甚だしいってとこですね。

そう、まさに「経験不足」。

今、自分で書いたものを読み返してみれば、問題があることはよくわかります

TRPGは、ゲームだ。確率に委ねるゲームダイスゲームの幅を豊かにしてくれる。ただの声劇をやってるわけじゃない、ゲームなんだから。失敗することもある。それをこんな風に言っちゃいけない。認識が甘すぎる。

私は、まだまだこのゲームが楽しみたい。底が見えないこの遊びには無限可能性があると思ってるんです。しっかりとルールに則ったクラシカルものから、柔軟な発想が光る真新しいものまで。大昔から遊ばれる伝統あるルールから現代に生み出される斬新なスタイルまで。

TRPG楽しい。楽しすぎるんです。こんな楽しい遊びを、出目のひとつやふたつで痛い思いをしたからってこんなふうに書いちゃうのはあまりもったいない

大した期間ではありませんが、この記事を書いてから今に至るまでには多くの反省と成長がありました。生まれて初めて書いた匿名記事で、これがその続きで、今後また同じようなものを書くことはないでしょう。

ですが、コメントも全てきちんと読み通し、自分が感じた反省点と照らし合わせて、全てちゃんと、受け取りました。それだけはこうして書き記しておきたかった。私が間違っていました。

ですのですみません、もう少しこのゲームを遊ぶ事をお許しください。細々とではありますが、またダイスの出目にでも委ねた先でお会いできたら嬉しいです。

エモさとSNSと絶交について

先日、こんなツイートを見た

https://twitter.com/kurage313book/status/1386659944875757568?s=21

これを見た瞬間、SNSを多用する友人に感じていた違和感がわかった

その友人はその日あった出来事を必ずと言っていいほどInstagram掲載する

もちろん、フィルターをかけた雰囲気のある写真ポエムエッセイの合いの子のような文章と共に掲載する

その文章を見るたび、いやいや何勝手にワイをてめえの物語の一登場人物にしてんねんとツッコミを入れたくなる

そう思ったらその場でわたしに伝えればいいし、てめえのキラキラしたステキナワタシ^_−☆ストーリー材料にしてんじゃねえよと言いたい

わたしわたし人生主人公であって、決しててめえのキラキラストーリーの添え物ではない

これは自分の子どもや祖父母写真を添えて写真アップロードしている輩にも同様の感情を抱く

自分が輝きたい、ひいてはその輝きを他人に見せつけたいがために他人を輝きの材料として徹底的に活用する

そしてその周囲の人物は、それを素晴らしい感受性の持ち主と感じていることがほとんどである

今日まではいやまあ直接会う分には悪い人ではないし、SNS無視してればいいか…と思っていたけど、先日見投稿を見て、もう深く関わることは辞めようと心に決めた

その投稿は、キラキラした集合写真に、わたしが前にその人に伝えた言葉が貼り付けられていた

わたし表現した言葉を、あたか自分オリジナルかのようにしていた

以前からわたし発言を、おそらく無意識にだと思うが、己が発したことにしていることが散見された

今回の投稿もその延長だったのだと思うが、それでもわたしの中でなにかが完全に断裂された感覚がした

文章にすると己の器の小ささが露呈するようだが、所詮言葉感情下位互換なのだから、この投稿で少しでもモヤモヤが整理されればいいや

ゆうてわたし自身他人にそう思わせる行動をとっていることもあるだろうし

ここに感情吐露してる段階で似たようなものだし反面教師としよう

2021-05-04

弱者男性が求めてるものをまとめるぞ

求めてるもの

・金

健康

時間

恋愛相手

・友人

人間関係

女性性的積極化:男は女性器目当てにある程度の不満は我慢して女性と親しさを保つ傾向があるように、女も男性器目当てにある程度の不満は我慢して男性と親しさを保つようになる意識改革施策(俗な例として上方婚問題をあげれば、チンポ目当てに無職で顔も並みでメンヘラな男と結婚する女が増えれば状況は公平に近づく)

男性は重いものを持て、肉体労働しろ、稼げ、戦え、泣くな、甘えるな、強くあれ、他人を傷つけやすく怖がらせやすいか意識して配慮しろ、(物理的、化学的、精神的、社会的などのやり方で)去勢しろ、などといった性別由来の責務要求がされなくなること

社会的イメージ向上施策キモさ、金のなさ、加害性含めた男性性、モテなさ、共感性の低さ、容姿の悪さ、力の強さ、性欲の強さ、などが肯定的に扱われる社会のための施策

男性向け娯楽類が重点的に咎められる状況の改善

・悩みを吐露した時に真面目に取り合ってくれる社会のための施策


求めてるものを表明したうえでメタ的に求めるもの

・これらを実現するために、親身になって二人三脚でがんばってくれる他人社会

・これらの要望の中に批判やすい部分があっても、批判には手心を加えてくれる社会

・多くの問題解決し状況が安定した後ならば自助がメインになるのが望ましいとしても、それまでは自助を推奨せず助けてくれる社会


抽象的にいうと

・甘えさせてくれる社会

弱者男性個人や、弱者男性運動軌道に乗り十分自立するまでの、一時的な慈悲的差別

・愛

2021-05-03

anond:20210503232415

定義論じゃねーよ。

童貞童貞の苦しみを吐露したいんだけど、「俺は童貞です」と明言できるほどの勇気がないから、「弱者男性」と言葉を濁して「童貞だとは言ってませんよ」という逃げ道を残しているだけ。

定義ではなく意図を汲め。

誰かが「手のかかる子」「個性的な子」と言ったときに、ああこれは発達障害児なんだなと意図を汲むように。

anond:20210503201503

別にこの親子のやりとりはあってもいいしよくある普通の家庭の会話だと思うけど、子供の方が絶望的に頭が弱くてそれを市井賢者見出し真実かのように世界に向けて大発信しちゃったのがダメで、それに共感して賛同しちゃってるお前のようなやつもダメってこと。この母親くらいの言動教養のない家庭では普通だと思うからそこは責めてないよ。要は家でやれってこと。

あと、毎日多くの書き込みがされて賑わっているWebサービス便所の落書き呼ばわりするのは、あまりにもはてな技術者たちにリスペクトがなさすぎない?相当失礼なこと言ってる自覚ある?

中には元増田みたいに酷いこと書く人もいるけど、名前を出して書くのははばかられる内心の吐露や、書くことで攻撃されかねない弱者から見た現状などを共有するサイトとして、犯罪予告などに使われない程度に治安を守りながら、うまく維持してくれて運営には感謝してるよ。増田がなかったら知ることさえできなかった異なる立場意見も多いしね。

2021-04-30

anond:20210430143533

違うね。

フェミニズム自分達の活動社会に何をもたらすかについて自覚責任感もない、という事を吐露しているだけだよそれ。

フェミニズム構造上、男性側にも協力を得る必要がある。女性社会進出歴史を見ればそれは明らか。倫理的に、性別に囚われない平等重要である、というお題目について、現在の「強者である男性側の理解を得ないと話は進まない。

男性側に既得権リリースや、なんらかの痛みを要求する以上、少なくとも倫理的道徳的な正しさが重要になる。

しかし、フェミニズムは、男女同権は重要から、と思考停止して、自分達を省みる、という思考回路を捨てた。だから、今のフェミニストは、相手にだけ、倫理的道徳的に正しく振る舞えと要求するだけの、モンスターなんだよ。

面白い事にフェミニストを名乗りながら、自分男性ジェンダー体現した男とくっつくとか(卑怯者のフェミニストになると、それを隠すケースもあるな)いう人間も出てくる。言うだけで実践しないフェミニストゴロゴロ出てきている。(「エリート女はエリートしか愛せない」とか言ったフェミニズム学者もいたな(笑))

まりフェミニストの言うことを間に受けた男は不幸になるってこと。そして、フェミニズムには自分を顧みるための論理体系も、謙虚さもないってこと。なぜなら男性のせいにすれば解決するから

2021-04-28

ぽんこつっぷりを吐露する

恥ずかしくて人には言えないぽんこつっぷりっぷりを吐露してみる。

当方30代多分一般的に見たら色々普通なはず。

夜尿症が成人後数年まであった。さすがになくなったけど、未だにホテルとか泊まると少し緊張する

海外レンタカー事故って60万円払ったことがある。警察呼ぶとか知らなかった。

・100万円払った矯正放置してる。2年間。行かないといけないのはわかってるけど怒られそうで怖い。

・100万円払ったイメージコンサル勉強途中で頓挫してる。

トランクルームの解約ができてない。空気のために毎月払ってる。

ジムの解約できてない。

こうやって書いてみると3こめ以降はやればいいじゃん、って気持ちになるけど怒られそうで怖い。なんなんだろうなこの感じ。わかる人いたらコメント欲しい。やってみたら大したことないよ、というのはわかっているもの

2021-04-26

anond:20210426131325

匿名の場っていう安心して吐露できるところ

・・・勝手に決めるな

>なんでこんなに悪意に晒されてネチネチいびられたりしないといけないの?

・・・匿名の場だからだろ

2021-04-21

anond:20210421080433

悲しみや苦しみの吐露に「うんち」「パンティー」「嘘松」とクソリプじみた茶化しを入れる

そのまま真に受ける増田の方が心配になるんだが...ダイジョウブ?

共感性が高過ぎるのもASD並みにアレだよ?

増田サイコパスが多い

違法視聴違法ダウンロードを「便利だから」「別に製作者が苦しもうと俺らは気にならない」と真顔で行い

苦しんでる人間を「KKO」「弱者男性」と切り捨てて

悲しみや苦しみの吐露に「うんち」「パンティー」「嘘松」とクソリプじみた茶化しを入れる

人格が歪み優しさの欠乏したサイコパスの集まり、そんなんだから殺人鬼を生んだんだぞこのサイト

2021-04-19

anond:20210419113618

あーあーもっと余裕をもって一週間ぐらい空けてからレスすりゃよかったそうすりゃあなたも忘れてたろうに。

なんてレスしたことに対する後悔を吐露していたので、そのように後悔するくらいなら、という意味提案させていただきました。

2021-04-17

私はクソコラが嫌いだ

私はクソコラが嫌いだ。

ネットに数多存在するクソコラを見て笑えていたのは過去の話だ。

笑えなくなったのは私が間接的に「される側」になったためであり、この記事にはそれに関した懺悔の思いも含まれている。

この記事はいわゆる「お気持ち」であり、二次創作への個人的価値観もあり、また、製作であるが故に匿名にせざるを得ない情けなさをないまぜにした長ったらしい愚痴である

=====

インターネットには実写、イラストわず無数のクソコラが転がっている。

まだましなもの人物を雑に切り抜いて別の背景に合成したり、当事者から許可の降りているコラージュだ。(ぼっさんなどが最たる例だと思う)

故に、私がここで明確に「嫌い」とするクソコラは全ではなく、「製作者側の許可はなく、二次創作範疇であり、且つなんらかの二次的影響を波及させるものである

正直、公式画像使用している時点で本当に二次創作範疇であると言えるのかは微妙であるが、製作側が直接注意をしないのであれば黙認の範囲なのだと思う。

以下記事内でクソコラというワードが出た場合は、このように対象限定したものであるということである

 

また、大きめの主語となるため特定などに意味はないとは思うが、大なり小なりフェイク部分を混ぜることをご容赦願いたい。

(このような稚拙一方的な狡く読みづらい文章を読む物好きがいればの話であるが)

これは例えの話である

あるアニメにおいて、至極真っ当なキャラクター存在する。

そのキャラクター作品内では比較的人気は高くなく、しかし嫌われているわけではない。

性格や設定にある程度の尖りはあれど、それは創作キャラクターにおいては大して異様な特徴ではない。しかし、その少々尖った部分がそのキャラクターに深みを与え、個として際立たせているポイントでもある。

このようなキャラクターなど無数にいると思う。むしろこちらの方が基本的には多いはずだ。

こうしたキャラクターが、時にクソコラの餌食となるのだ。

 

今まで見てきた犠牲者達のパターンはいくつかある。例を挙げると、

画像の頭部を切り抜かれ、実写や全く異なる体型の別キャラクターの頭部にすげ替えられる

身体の一部を過剰に変形させ、原型からかけ離れた骨格になる

名称の似た別のキャラクターと融合させる

二次創作で誇張されがちな尖ったキャラクター性をより強調して変態性へ改変する

etc.

しょうもな……

問題はこれらのクソコラ犠牲者達が、前述の通り「作品内では比較的人気ではない」部分にある。

もしこのクソコラ対象がその作品で最も人気のあるキャラクターで行われていたとき不快感を顕わにする人々は多くいるし、それを声明する。

しかし、往々にして比較的人気のないキャラクターの数少ないファンたちは、これらのクソコラを楽しむ「実はそのキャラクター自体はどうでもいい大勢の人々」を前に閉口することがままある。

「言っても仕方ない」、「水を差したくない」、「自分が見なければいい」くらいの気持ちであると思う。

私もそうしたいと思っている。

 

こうしたクソコラにはさらに先の問題存在する。

それは、「キャラクターイメージの改変」だ。

少し前に、二次創作におけるキャラクター改変を糾弾する文章投稿され、話題になった。

私は該当の記事の(過激言動はともかく)内容については同意できる部分が多かった側だ。

二次創作をするにあたり、元のキャラクター性を捻じ曲げる行為は、それが必要でなければすべきではない……というべきか、「二次創作である意味が無い」というべきか……

 

特定キャラクター性を捻じ曲げたり、極端に誇張したりした作品群が広く認知されたときファン間においてあまりにもあんまりだと思える状況が起こる。

『(該当キャラクター)って、〇〇(クソコラによって付与された改変)だよね』

このキャラ改変が単独同人作家によるものであれば、作家性がついて回るためある程度「二次創作である」という感覚視覚的にも制限を与えてくれる。

しかし、クソコラは“公式画像使用している”という部分があり、故に“誰が作っても視覚的な作家性が希薄になる”のだ。

 

どういうことか?

Twitter蔓延する漫画の数コマの改変コラ画像がよい例である

その改変コラ画像は、誰が作ったものであるか、パッと見て判別できるだろうか?

少なくとも私にはできない。

そしてできないからこそ、製作者以外の人間別所使用拡散するし、更にその作家性は限りなくゼロに近づいていく。

作家性がほぼ失われた二次創作であるコラ画像が高い認知を得たとき、それは一定概念となって読者やプレイヤー認識に擦り込まれしまう。

これが最大の問題だと私は思っている。

変態ではないキャラクター変態とされたり

決して筋肉質ではないキャラクターがムキムキマッチョとされたり

言ったこともない台詞がそのキャラクター代名詞とされたり

……

そしてそれらの認識ファンの間で“常識”になる。

そしてとき無能製作側がそれを逆輸入する。

そのキャラクターを好きな者、製作に関わった私からしたら、かなり“““嫌”””なのだ

もし私がこの吐き出しを行う切っ掛けになったキャラクタークソコラが、「1人1回くらい」のものであれば何も感じなかったと思う。

ここまで汚物を垂れ流しているのも、そのキャラクタークソコラを年単位で作り続けている者たちが存在するからだ。

真っ当に作ったキャラクターが、そのクソコラによって「変態キャラ」にされているからだ。

 

この感覚はおそらく、「そのキャラクター純粋に好む人」「製作側になった人」にしかからないのだと思う。

実際、そうしたクソコラを笑って楽しんでいた人物が、己の最も好きなキャラクターにその歯牙がかかった途端に不快感を顕わにしたのを見ている。

 

クソコラに愛はなく、愛あるクソコラ存在しない。

そこにあるのは自覚のない悪意だけだ。

そのキャラクターは、お前のものではない。

 

何故ここまでこれらクソコラ嫌悪するのか。

それはかつて、クソコラとは言えないが若輩の私は知り合いの創作キャラクターを改変して遊び、当事者に苦言を呈されたことがあるからだ。

そのときは戯れのつもりであった。そのとき申し訳なかったという気持ちはあった。

が、いざ、しかも全く面識のない人間の手によって「される側」に立ったとき、愚かにもようやくその苦しみを理解してしまった。

ここ数年、私はそのことについてより深く反省し、恥ずかしかったと思い、思い出す度に身悶えするような懺悔の思いに苛まれている。

おそらく当該人物はもう気にしていないとは思うが、かといって許されたわけでもないと私は独り悔やんでいる。

これは自己嫌悪と、自己投影による己かわいさの苦しみによって引き起こされている嫌悪感の吐露だ。

 

よりにもよって商業方面での製作側になったため、そのキャラクターの全権を持っているわけではなく、個人的に釘を刺すことも出来ず、Twitter愚痴るのも都合が悪く、こうして匿名に甘んじている。

 

コラージュをやめろとは言わない。言えない。

ただ願わくば本来キャラクター尊重された上で二次創作が行われるようにならんことを。

 

 

[追記4/18]

記号については私が変えればいいだけのことに思えたので消した。

 

かに何かを強要している文章ではないし、反応に対して何か返すことはしないと思っていたが、私の文章の拙さ故に明らかに読み違えられていそうなことに関してだけ補足。

「人気キャラクタークソコラされない」のではなく、「人気キャラクタークソコラに対してはキャラクターを好む人間の母数が多いため不快感を口に出す方もそれなりに現れる上、人気キャラクターであるが故にクソコラによる二次創作認識は拡がっても同時にそれが公式ではないという感覚も伝わりやすい」ため、私が嫌悪している(記事内における)クソコラ群とは少しばかり性質が異なると考えている。

あらゆる事物には例外があることも理解している。

私がここでクソコラと呼んでいるのは、あくまで「人気が無い故に歯止めの利かなくなっているコラ画像」であって、すべてのクソコラではありません。

[追記ここまで]

2021-04-15

死にかけのアゲハ蝶が可愛かった

天気が良かったから緑豊かな場所に行きたくて近所の寺に出向いたら、アゲハ蝶が落ちていた。羽を開いてじっとしているものから、もう死んでいるのだろう、このままでは人に踏まれしまうかもしれないと思い、移動させようと軽く羽に触れた。アゲハ蝶は力なく動いた。まだ生きている。だがほとんど死にかけているようで、羽を軽く動かしただけで、飛んで逃げることはなかった。よく見ると左上の羽が少し欠けていたが、それ以外は目立った外傷はなく、とても美しい蝶だった。私は虫が嫌いで、自ら触ろうとすることなほとんどない。だがそのアゲハ蝶には不思議な魅力があり、「花のあるところに連れて行ってやろう」と適当理由をつけて手に乗せた。蝶はほんの少しも抵抗せず、ただ黙って私の掌に身を預けていた。その姿が愛おしくて、手放したくなくなった。

パタパタと忙しなく羽を動かす蝶には興味が無い。弱り果てて動かない蝶は可愛い。そんなわけがないことは分かっているが、ぐったりと私の掌に留まるその姿は、まるで私のことを信頼しているようだった。

犬や猫は懐いてくれて、自分意思で私の膝に乗り休んでくれる。だが蝶はどうだろう。私には虫の飼育経験がなく、虫が人に懐いて自らその手に止まることがあるのかは知らないが、どうにも想像がつかない。虫、とりわけ嫋やかに羽ばたく蝶はもっと自由で、人になど懐かないのではないだろうか。

から死にかけのあのアゲハ蝶が可愛かった。弱々しく羽を動かし、上へ上へと進もうとした時は少しイラついた。動かないでほしかった。掌に身を預けているのが可愛いから

あの感覚をもう一度味わいたい。心の中が慈しみに満ちて、守ってやらねばと思う感覚しかし弱った蝶に出会うことは簡単なことではなく、まだそう時間が経っていないのに私は酷く焦がれている。弱った蝶を手に乗せたい。どうすればまた出会えるのだろう。

この日記にはオチもなければ中身もない。ただ蝶を可愛いと感じた気持ちを長々と吐露した、それだけの話である。ここまで読んでくださった方がいるのであれば、時間無駄にさせて申し訳ないとすら思う。

だがもし外傷をつけず、蝶を殺さず、弱らせる方法に心当たりがある方がいたら、どうかそれを私にご教示願いたい。

2021-04-13

日本ワクチン接種率は先進国で最低レベル!〇〇(発展途上国のどこか)より下!とか怒ってる人

先進国発展途上国より先にワクチンを接種すべきだっていうとんでもない差別意識吐露してるよな

2021-04-12

anond:20210411175131

増田の偉いとこ書くね。

① 成人式に出席したこと。出席して、コソコソ隠れたりせずにちゃんコミュニケーションとったこと。偉い!

② いじめられても普通に学校卒業したこと物理攻撃がなくて良かった!精神攻撃はあったのなら、よく耐えた!偉い!

③ 勉強して勉強できたこと。偉い!

④ バイト面接落ちても複数回受けに行ったこと。頑張った!準ガルバという、人と接する職種に就いたこと。定形文ではない、雑談的な会話は難しいのに、すごい!

⑤ 最低限人間らしい振る舞いを身に着けることができたなんて最高!偉い!

⑥ 友人のコミュニティに入れたのは本当に素晴らしい。入ってからも、覚えた振る舞いを駆使して気を使ったり、浮いてないか不安になったりしたと思う。頑張り屋だ!

⑦ 自分から動かないで恋人ができたということは、受け入れる姿勢があったんだね!偉い!でも、何でもかんでも全てを受け入れなくていいんだよ?そこはおばちゃん少し心配だ。

⑧ 友達とは深い関係を築けなかったのに、恋人との色々を誰か…つまり友達相談できるようになったんだね。すごい!成長!

⑨ 呼ばれたことに感謝してるの偉い。周りがいい人多かったのかな?呼ばれて嫌な経験はなかったか感謝できたのかも。

⑩ なんとなくコミュニティに拾ってもらえたり、仲間に誘ってもらえるの、増田人徳だよ!すごいなあ。なかなかそうはいかないよね、存在感なくて誘われなくなったり、自分だけイベント知らなかったりって陰キャあるあるだけど、それがなかったなら増田は実はとても努力したんだと思う。マメライン返したりとか。

11)偉いおっさんの前でベラベラ喋れるのは偉い!全方位に萎縮する人も多いのに、得意分野があるの強い!偉い!おじさんは若い女に甘いって経験則を得られたのは良かった!逆の経験則を得ちゃった人もいるから。

 これらの偉いポイントが、増田が女だから得られたものだとしても、増田努力の結果や生来の美点であるのは確か。おばちゃんあんまり偉くない若い女だったから、少し増田が眩しいよ。就活頑張ってね。

 増田匿名なので、書いた人が本当に就活中の女子かわからない。ので、色んな可能性があるわけで、もし、もしもだけど、増田が実は就活に苦しむ男子学生だったらごめん。辛いよね。フィクションに仮託した、せっかくの鬱屈した内心の吐露に水さして悪かった。こんなトラバ書いたクソババアを呪詛して少し元気出るならバンバン罵って元気出してくれ。そしてもうひと踏ん張り頑張ってくれ(就活男子以外の属性の人だったとしても概ねそんな感じ)。

2021-04-09

進撃の巨人最終話が最高すぎた

ゆうて全体で見るとクソ派手消化試合なんやが、人によっては最高すぎるシーンが散りばめてあったのでな

俺としてはエレンミサカへの気持ち吐露

あんだけ割り切って色々やったエレン全然割り切れてない所が最高すぎる

エヴァとか最後「あ、アスカ?ま、ええ女やったね。綾波も可愛かったわな。カヲルくんもほんま都合のええ彼氏ムーブあざっした。ゆうてとりま目の前の巨乳と付き合うのが正解よな(実写俳優の声で」って割り切り方やん?

ちゃうやん?

いきなり大人になりすぎやん?

少年漫画夢見てばっかはゲンドウやからシンちゃん大人になるんやって言われても、それエヴァとして違うやん?

綾波ー!アスカー!カヲルくーん!がエヴァやん?

その点エレンは満点よ。

なんか大人になった感出しちゃったけど本当はうわあああああああ!!!!あっ、ちょっ、今の忘れて、あっマジ恥ずかしーーーー!!!

これよな。

少年漫画からな。

発行部数だの連載期間だの関係ないんだよ。

少年達が傷つけ合いながら大人になりながら、子供の頃の大切な気持ちを失わずに最高の戦友になっていく漫画から

その気持ちを忘れてないんだよ。

読者はその気持ちになりたくて読んてるんだよ。

巨人駆逐してやる!と叫んだ少年達の真っ直ぐな思いの導く未来が見たいんだよ。

こんだけ超大型漫画になって、それでもまだ初志貫徹して読者の方を向き続けたのはヤバイね。

最後まで進撃の巨人は、エレンは、アルミンもミサカも、俺の知ってるままだったし、俺が見たいものが見れた。

これだよ。

これが出来るのは本当に凄い。

2021-04-08

anond:20210408163950

整理してくれてありがとう

いままで「弱者男性」の立場で書き込んでいた人は、ぜひどの立場をとるのか&自分の抱える課題吐露してくれ。

anond:20210408092135

定義論とは違うんだよ。

なぜ「弱者男性」を自称するか。

それは童貞童貞の苦しみを吐露したいけれども、自分童貞であることを直視できず、童貞自称することができない。

からこそ、高齢童貞たちは「非モテ」という言葉を使って、「明確に童貞という言葉は使わないけど、本当は童貞なんだろうなぁ」というニュアンスで苦しみを吐露してきたわけ。

だが、「非モテ」という「童貞を匂わせてはいるけど確実に童貞であるとは言い切らない逃げ道のある表現」を使ったせいで、非童貞たちが「俺も非モテかも」と非モテ自称し始めて収拾がつかなくなった。

そこで童貞を語るための新しい言葉必要になった。それが「弱者男性」だ。

もちろん「弱者男性」も「童貞を匂わせてはいるけど確実に童貞であるとは言い切らない逃げ道のある表現」だから、あっという間に非童貞に荒らされている。

そりゃ「童貞」を自称すれば問題はない。でも、我々は童貞直視できない高齢童貞事情を汲んで、そこはあまり触れずに「弱者男性」を自称する人には、「ああ、そういうこと」と察してあげるべきなのだ

2021-04-07

弱者男性」論は疲れる

ブコメ自分の心情を整理して吐露したり、極端な意見には「弱者男性代表みたいな態度してそんなことは書かないでくれ」と異議申し立てをしたりと、色々と頑張って建設的な話に持ってこうと頑張っているのだが、すぐに疲れてしまう。

当事者として「弱者男性」論を語るとき自分KKOキモくて金のないおっさんであることを再確認しなければならないし、現状から考えて自分人生が惨めな結果に終わる可能性が高いであろうことを受け止めなければならない。

自分生存している意義の無さを再確認する作業は、自傷に近い行為だ。

極端な言葉が飛び交う中、押し黙ってしまった人も多いのだろうな……と思う。

僕も黙ってしまおうかと思う時がある。

でも、黙ってしまっては、人と人との対立を煽るだけの極端な言論けが残ってしまうだろう。

それだけはどうにも嫌で……もう少し書こうかなと……もう少しだけ頑張ろうかなと、そう思う。

雑誌映画秘宝』の記憶(43)

旧体制映画秘宝』と「女性(を含めた他者)との関係構築」の話】(承前)

 前回の投稿では、町山智浩高橋ヨシキ旧体制映画秘宝』の「女性に関する話題」には「女性(を含めた他者)と『対等』で『一対一』の関係を構築した話に乏しい」ということを指摘しました。

 一応フォローしておくとすれば、奥さんの方から転がり込んで来たり、何回も結婚したりするぐらいだから、彼らも「ある時点では」「何らかの魅力」が有る/有ったのでしょう。

 ただし、離婚したパートナーから離婚してよかった」と言われたり、Twitter芸人状態家族から放置されたりしている姿を見れば、一対一の対等な関係を維持できるだけの「継続的な」「本物の魅力」に欠けている/いたのではないかという疑いを抱かざるを得ないというのが、一読者としての率直な感想です。

 人間というのは愚かで弱い生き物なので、私生活が上手くいかないことは往々にしてあります。その失敗をどのように受け止め、どのように対処していくかで、人としての最終的な価値は定まるのだと思います

 町山智浩高橋ヨシキらの旧体制映画秘宝』が、彼らの抱えるこの「一対一の対等な関係を構築・維持できない」という不満や鬱屈を、誌面作りにぶつけていたことは確かです。そのこと自体別に悪いことではないのですが、問題は「ぶつけ方」が悪かったことです。「一対一の対等な関係忌避する」傾向が、読者に対しても同じように発揮されてしまったのです。 

 学生時代部活動をしていた経験の有る人には「卒業して既に何年も経つのに、やたら部活動に顔を出しては、在校生部員相手に偉そうにしたがる『OBオッサン』」に遭遇した経験を持つ人もしるのではないでしょうか?今にして思えば、あのウザいオッサンたちは、現実社会で「他者との対等な関係を構築して居場所を作る」ことができず、そんなオッサンたちが唯一「『下の人間』に対して『デカイ顔』をすることが可能場所」だったから、卒業して何年も経つのに母校の部活動に頻繁に顔を出していたのだと推測されます。早い話が、あの「ウザいOBオッサンたち」は、彼等に気を遣ってくれる在校生部員に甘えていたのでしょう。

 私が言いたいのは「現在町山智浩高橋ヨシキてらさわホークらは、何だかこの『ウザいOBオッサンたち』にとても似ている」ということです。

 旧体制映画秘宝』陣が映画について語る時、まだムック形式の頃には「好きなものについて、お互いに同好の士として語り合おう」という純真さや、誌面と読者との間に対等な関係を保とうという姿勢が有ったと思います。だからこそ、熱狂的な愛読者を獲得できたのです。

 しかし、雑誌化・大型化してから特に切り株映画世界真実を描いている!」とか言い出してから露骨に「君たち『若いモン』は物事が分かっとらんだろうから、オレたち『大人のオジサン』が教えて上げよう」という「マンスプレイニングによるマウントの願望」をダダ漏れさせるように変化しました。

 「切り株映画への偏愛」は、親兄弟学生時代の級友たち、その他の一般社会には好意的には受け入れてもらえなかったことは、想像に難くありません。その「切り株映画への偏愛」を卒業しなくても許され場所しかも、それを好きなだけ吐露しても許される場所。それが高橋ヨシキ切り株派にとっての『映画秘宝』だったのでしょう。

 しかし、本来それが許されていたのは「予算とかジャンルかに関わらず『好きな映画は好き』という想いだけは、お互いに等価なんだ」という映画ファンとしての「お互い様主義」の前提があったればこそです。

 ところが、高橋ヨシキらの切り株派が主導権を握るようになると、彼らが誌面を私物化して「オレたちが好きな切り株映画には価値が有る!しかし、軟弱なオタクどもが好きなアニメ作品なんぞには価値は無い!そんな物を好きになる奴は馬鹿だ!」と自分たち好みの特定価値観だけを押し付けるように、悪い方向へと『映画秘宝』を変化させたのです。

 譬えるならば、ウザいOBオッサンたちが部活動に顔を出し続けるうちに勘違いして、頼まれもしないのにコーチ気取りとなり、在校生部員たちに体罰パワハラ無意味筋トレ等を強制し始めたようなものです。在校生部員にもウザいOBオッサンたちとウマが合う奴は存在して、そういう奴らにとっては楽しいのでしょうが、そうではない部員にとっては地獄以外の何ものでもありません。町山智浩柳下毅一郎の覚えがめでたい高橋ヨシキは「ヨシキくん/さん」と依怙贔屓されて持て囃されていた一方で、ギンティ小林軍隊格闘技ブラジリアン柔術体験取材地獄を見ていたことを思い出して下さい。

 いずれにしても、長きに渡って『映画秘宝』の誌面では、特定ジャンル肯定的に扱われて優遇される一方で、また別の特定ジャンル否定的に扱われて冷遇されることとなり、多様性が失われてしまいました。

 しかし、こういう「ウザいOBオッサンたち」が偉そうにできるのも、学校部活動が存続していればの話、在校生部員オッサンたちを受け入れればの話です。

 若い者に対して説教をしたり価値観を否定したり押し付けたりすることを好むような、ウザいOBオッサンたちが居座っていることが広く知れ渡ったら、一体どうなるでしょうか?入学や入部を希望する人間の数も、減っていくのではないでしょうか?

 それと似たようなもので「たとえ切り株映画は好きでも、それを肴にして若者の上に立ちたがるような、イイ歳をしたオッサンたちのことは好きじゃない」と考える読者からすれば、よほどのマゾヒストでもない限り、町山智浩高橋ヨシキてらさわホークらの自己満足的な説教に付き合う義理は有りませんから、避けたくなるのが人情というものです。

 さらに、現代若い人たちは「ウザいOBオッサンたち」が若かった頃の何倍も学んで勉強して、物事をきちんと考えています人権平等に対する問題意識も、ウザいオジサンたちよりも遥かに高いのです。口先では「反・権力」を唱えながらも、現実では女性パートナーの肉体をセンパイに献上したり、それを享受したり、同性愛差別発言女性蔑視発言を繰り返すようなオッサンたちの「底の浅さ」や「欺瞞」など、直ぐに見抜くのではないでしょうか。

 要するに「若い奴らには説教必要だ」なんて、勘違いしたウザいオッサンたちの自分勝手な思い上がり、それ以外の何ものでもないのです。

 それでも、侍功夫(samurai_kung_fu)のように犬笛で馳せ参じる忠義心に厚い子分や、「恫喝DM事件で『映画秘宝』を批判しているのは、仕事を貰えなくて嫉妬している奴らだ」とかトンデモ説を唱え出すようなポンコツ子分が出来る可能性も無くはないので、なかなか勘違いを改められず、OBオッサンをやめられないのかもしれません。

 さて、パワハラ四人衆は既に『映画秘宝』を放逐されました。これは、上下関係や力関係を利用した「特定価値観の押し付け」が、今までのように簡単には出来なくなることを意味しています。そんなフラットな条件下で彼らは、彼らを称賛してくれるような読者を上手く新たに獲得できるのでしょうか?

 そんな彼らの今後を占う、こんな話があります

 実はかつて、『映画秘宝』はウェブ掲示板を開設したことがありましたが、最終的には閉鎖されてしまいました。その閉鎖理由は、掲示板利用者である読者と、掲示板管理者である映画秘宝関係者との間に、意見の相違による激しい論争が掲示板上で発生したことでした。

 もう少し詳しく言えば、この時に『映画秘宝関係者が第三者を装って「第三者の目から見れば『映画秘宝』側の意見が正しいと思う」と自作自演書き込みをしたという疑惑が生じてしまい、弁明ができなくなったために掲示板を閉鎖したと言われています

 この話を記憶している人間には、今回の騒動で『映画秘宝』を放逐された四人衆が、今後のフラットな条件下で読者を獲得できるか否かについても、ある程度の予想がつくのではないかと思います

 町山智浩高橋ヨシキは「大人の男」ぶることを好み、自分たち価値理解できない作品ジャンルファンのことを「幼稚なガキども」と口汚く罵って攻撃します。また、彼らは「いつまでも思春期に囚われた、大人になりきれないガキのような大人」も盛んに攻撃します。

 しかし、上で述べたように、町山智浩高橋ヨシキらは「いつまでも部活に顔を出すウザいOBオッサンたち」であり、つまり町山や高橋らこそが「思春期(の劣等感)に囚われたまま、大人になりきれないガキのような大人」に他ならないのです。

 自分趣味他人から好意的に受け入れてもらえなかったという思春期屈辱的な記憶、あるいは、社会において女性を含めた他者と対等で一対一の関係を構築できないという負い目にいつまでも囚われ、それらを晴らすために『映画秘宝』を私物化してしまいました。

 しかも、そのような私物化可能にするためには、裏側では「町山さんが大好きだから」と言って、女性パートナーの肉体を献上するという、他人犠牲を強いた上で媚び諂いの態度に出るという、おぞましい行いが為されていたのです。

 こんな愚かなことは「幼稚なガキのまま大人になりきれていない大人」でなければ、しない/できないことなのです。

 さて、『映画秘宝』を追われた彼らは「本物の大人」になれるでしょうか?

 この投稿は以上です。ヘイル・サタン

2021-04-04

そもそも弱者男性論というのがよくわからん

元の現代記事引用すると

インターネット世界には「弱者男性論」と呼ばれる議論存在する。弱者男性論とは、その名の通り、自分が「弱者である自称する男性たちが、自分が感じているつらさや苦しみを訴えて、自分たちの境遇改善を求める議論だ。

まず、これ自体には問題が無いように思える。つらさの理由は様々だろうが、つらさを訴えること自体を悪いとは言えない。

ただ次の行

典型的弱者男性論者とその読者(以下、あわせて弱者男性論者と呼ぶ)は、自分たちのことを「非モテ」や「キモくて金のないおっさん」と自嘲的に表現する。そして、彼らが言う「つらさ」の内実とは、経済的な困窮に関するものである場合もあるが、大半においては「女性」が関わるものだ。

これを読んで「え?」って思った。女性が関わるのものが中心なの?本当に?

記事の一行目からかなり飛躍して無いかい? これ、藁人形議論なんじゃ無いの? って思うんだけど。

記事はそのまま「女性」に関する話題に終始するんだけど、「経済的な困窮に関するものである場合」を置いて「女性が関わるもの」に関しての話だけを進める理由がわからない。

弱者男性の「経済的なつらさ」には一切触れられず、「女性攻撃してる加害集団」としてやり玉に挙げられてしまい、

ニュースなどを騒がせている「強者男性による女性加害」はスルーされて一方的弱者男性断罪されてる記事に読めてしまうんだよな。

女性加害行為をしてる男性」を批判するなら「弱者男性」とあえて言わなくても良くないか

弱者男性」のすべてが女性加害行為をしてるわけじゃ無いんだし。ネット上に「つらさ」を吐露する行為すべてが「加害」なわけでもないでしょ。そもそもネット上の発言主が本当に「弱者」なのかすらわからんのでは?

そこら辺色々と雑に無視して「弱者男性批判」を展開されてもなー。

2021-04-03

呉座氏が北村氏を中傷していたと見る立場から説明

anond:20210403192438

[※1]について

あくまでこれは事実再確認するという目的であって、今更呉座氏を非難するつもりではない。しかし例えば與那覇氏は本件について実証的に書くべきだとしており私もやむなく自身事実認識はこういったものだと説明するところである

フェミ垢の人、誰も聞いてないのに「私はブスじゃありませんから!ブスだからって抗議してるわけじゃないですから!人から可愛いとか言われることも多いけどそれも嫌なんです!」とわざわざ言ってくるよね。ブスで悪いか。ブス差別すんなよ(-_-)

これに対して呉座氏はこのように反応した。

さえぼう氏の悪口はやめて

ところで、元ツイート主はフェミニストが“ブス”を排除していると批判する趣旨であり容姿批判ではないと主張している。しかし、この説明はあまり意味をなさない。呉座氏は元ツイート主とは別人格でありこの元ツイートをどう捉えたか重要からだ。では、実際に入れ替えて読んでみよう。

さえぼう氏、誰も聞いてないのに「私はブスじゃありませんから!ブスだからって抗議してるわけじゃないですから!人から可愛いとか言われることも多いけどそれも嫌なんです!」とわざわざ言ってくるよね。ブスで悪いか。ブス差別すんなよ(-_-)

正直これだと容姿批判をしてるようにも見えなくもない。というのも、「フェミニストはブスばかり。そのひがみでフェミニズムに逃げている」という揶揄伝統的なものなので、その文脈にのっとれば「ブスの癖にブスだと否定して結果ルッキズムに嵌っている様子」を揶揄しているのだと認識されかねないのである。例えば北村氏の2014年発言を見てみよう。

前も言ったけど、「フェミはどうせ皆ブスだ」っていうのは誰も反論できないという点で非常に卑劣いちゃもんなんだよ。だって分別のあるまともな大人なら「そんなことはない。私は美人フェミだ!」とか言ってこないだろ。

https://twitter.com/Cristoforou/status/462091952708546560

また、北村氏はフェミニズムについて「可愛くな」い「私たちみたいな女の子」のためにあると考えていたと吐露している。

私、子どもの頃から理屈っぽいとか性格キツイかばっかり言われていたし、なんかやたら太ってて可愛くなかったので、小さい頃から可愛くて愛嬌があって才能溢れてた女の子たちとは縁遠かったです。20歳くらいまでは、フェミニズムは私たちみたいな女の子のためにあると思っていました(続)

https://twitter.com/Cristoforou/status/695972618315235328

さて、例の元ツイート引用して「さえぼう氏の悪口はやめてください」と書いた呉座氏だが直接元ツイートにリプもしている。

フェミは「俺はモテるモテない男のひがみじゃない」とは言わないので、これは本当に非対称。ルッキズムや旧来のジェンダー観に囚われているのはどちらか。

https://twitter.com/goza_u1/status/1325256439498067969

後半を重視すれば元ツイート主の釈明通りの解釈になり、前半を考慮すると容姿揶揄を含む文脈発言だったのではないかという気がしないでもない。

しかし、本当に問題なのは容姿揶揄ではなかったとしても逃げ場がないことだ。「可愛くて愛嬌があって才能溢れてた女の子たちとは縁遠かった」という自己認識で「分別のあるまともな大人なら『そんなことはない。私は美人フェミだ!』とか言ってこない」と発言している北村氏を「誰も聞いてないのに『私はブスじゃありませんから!ブスだからって抗議してるわけじゃないですから!人から可愛いとか言われることも多いけどそれも嫌なんです』」とわざわざ言ってくる」人間だという風聞を流したことになるのである。これは大変なことだと思うよ。

まあ既に謝罪したことなので部外者である自分がうだうだ言うことではないのだが、事実確認だけしておく。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん