「通夜」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 通夜とは

2017-06-24

身内に不幸があった

最近祖母が亡くなった。

小さい頃、すごくいっぱいあそんでもらったから大好きだった。

途中から痴呆が進行して、寝たきりになってしまったが。

通夜葬式、参列のために実家帰省した。

悲しいのに涙がでなかった。

子供の頃にたくさんかけてもらった言葉愛情も、実際にはほとんど覚えていない。

そもそも、『いっぱい遊んでもらった』ということ自体も、自分の頭の隅にあるほんとうに僅かな記憶の欠片と、親や周りから聞いた話で構成されたもの

子供の頃の記憶は、ほんの数枚の動かない祖母の姿の写真が二枚ほど浮かぶくらいだった。

人間記憶曖昧さ、年を過ぎると忘れていくむなしさだけが残る

2017-06-14

会社に長く勤めていたアルバイトのおばちゃんが、先日亡くなった。

交通事故だったそうで、信号無視した車にぶつかり、亡くなってしまったとのこと。



「3か5、どっちにします?」

同僚(お通夜に慣れてるらしい)に相談されたのがお香典の金額

三千円か五千円。

一番最初に思い浮かんで、わたしが言ったのは、「5で良いんじゃないの?」

理由は本当に何となく。。あまりお通夜に参加したことがなかったため、相場はよくわからないけど、

それくらいなもんなのかなって思った。



でもなんだか迷ってる同僚。

え、え~~~そんな態度取られるとこっちが間違ってるみたいじゃないか~~~~~



そこへ、亡くなったアルバイトのおばちゃんと仲の良かった総務のおばちゃんが現れ、

お香典の金額について聞いたところ、


あなたたちくらいなら3で良いわよ~会社としても出すし~」

と言われた。


総務に言われたので、同僚も納得。

じゃあ3にしようってなった。



その日の夜、実家の母にアルバイトのおばちゃんが亡くなったことを伝えたところ、

お香典、いくら持ってくの?一万円?」

と聞かれた。

「い、一万円はちょっと…さんぜn」

あんた三千円は失礼よ!!!絶対五千円にしなさい!!!!」



会社も出すし、総務に言われた金額だし…とも言ったはずなのだが、

こういうとき、母は話をあんまり聞いてくれない。

これ以上話を聞いてくれそうにないので、「はいはい」と言って香典の話はやめて、別の話に切り替えた。



翌日、三千円は失礼だと母に言われたことを同僚に話をしたが、

「でも会社で言われた金額だし…いいんじゃない?」

と言われ、とりあえず母には五千円出したことにしておいて、実際は予定通り三千円出した。



通夜が終わった後、家で母にしつこく香典の話を聞かれ、

「あたしが10年前におかあさんのお通夜をやった時、三千円出した人は1人だった!」

「●●さんが7年前にお通夜した時、三千円出した人は3人いたってー!」

「▼▲さんが三千円出すなら来ないでほしいよねって言ってたよ!」

と、香典三千円がめちゃくそ失礼という話をしてきた。

「あーはいはい」って返事をしたけど、きっと薄々気づいているかもな…。




ママ~この秘密墓場まで持ってくつもりなんだけど~ほんとは三千円なの~三千円で出しちゃったの~~)

(とても言えないけど~もやもやするから眠い目こすって~匿名で今これ入力してるの~~~)

ホントわたし~数年前に夜バイクで轢かれたんだけど騒がれるのも困るし翌日イベントサークル参加だったからこれも秘密なの~~~~~)

(轢かれた翌日~お尻にトライフォース型の痣が出来てたの~~~)




まぁ…終わった後で意味もないのだけれど、帰ってからお香典の相場をググって、

今回は5で良かったんだよなぁと反省



総務は3で良いって言ってたけど、相場的に良くなかったよ総務・・・

事前にもっとググって「3じゃ少ないみたいですよ~?」とか言えばよかったかな。

同僚には黙って、5にしてもよかったかもしれない。

(母の言う通りにするのが嫌なので3を選んでしまったことも原因の一つ)

反省だ~…反省して寝よう…。

こういう相場とかも大学とか就職活動で教えてくれよ~~~




次回がないことを祈ってるけど、次回はちゃんと5以上用意しなきゃいけないな。

3は無し無し。無いわ~。

見聞きするだけじゃダメだわ~…。

今度聞かれたら堂々と「5」って言わなきゃダメだわ~…。

2017-05-30

(昨日見た夢)六月の月

六月。陽が紫陽花色の残滓を残し沈んだ直後、入れ替わりに空へ現れた低く大きな月と、

明滅する黄ばんだ街灯に照らされる薄暗がりの中、セーラー服を着た少女が廃品工場敷地に積みあがった錆びたガラクタの山を睨み付けていた。

帰宅途中、自転車で通りかかってその様子を見つけ、なんとなく立ち止まって彼女を眺めている私に気付いたのか、

彼女は一度、背後に停めてある彼女の銀の自転車越しに私の方を振り向いたが、すぐに興味を失ったように視線ガラクタの山へと戻した。

肩までかかるまっすぐな黒髪と、やや度の強い眼鏡をかけた彼女について、名前はわからなかったが、私は自分彼女同級生だという事をなぜか知っていた。

私は、人気のない工場入り口自転車に跨ったまま、声をかけるでもなく、しばらく彼女の背を眺めていた。

「ねえ。」

不意に彼女が口を開いた。

その言葉が私に向けられたものなのか確かめる間もなく、聞いていようがいまいが関係ない一方的な様子で、彼女は続けた。

「ユキのこと、覚えてる?」

ユキという名前には聞き覚えがあった。タニムラユキ。緩くパーマのかかった、明るい栗色の髪が印象的な少女

タニムラさんは、私と彼女の前年度の同級生で、明るく活発で誰にでも分け隔てなく接するタイプの、少し勉強が苦手な子だった。

成績が良く控えめな性格の目の前で背を向けている彼女とは好対照性格ながら、傍から見ても二人は特に仲の良い友人関係だったように見受けられた。

タニムラさんは、五ヶ月前、ちょうど冬休みが明ける頃に亡くなった。

朝、ご家族が起こしに行くと自室で首を吊って亡くなっていたそうだ。

遺書のなかった彼女の死は、二年生への進級を控え、進路や勉強についての悩みが原因の突発的な自殺として片づけられた。

私も通夜に参列し、学校では命の大切さを説く授業が行われ、現在も一部の生徒にはカウンセラーによる面談継続的実施されているはずだ。

もちろん覚えている、と私が口を開きかけた途端、彼女が先に口を開いた。

「ユキ、自殺する前日に『明日先輩に告白する』って言ってたんだ。」

「先輩?」

間抜けな私が、今夜初めて声を発して聞き返した。タニムラさんの死は、実は失恋によるものだったのか。

聞き返されたことが不快だとでも言いたげに少しの間を置いて、彼女は続けた。

「……シュート先輩。サッカー部の。このことは多分……ユキのご両親も知らないと思う。」

シュート先輩について、名前を聞いても顔が思い浮かぶほどの接点はなかったが、

私はその名前が、スポーツがとても得意で容姿の整った、女子生徒から人気のある一学年上の男子生徒だという断片的な情報は持ち合わせていた。

「ユキが死んだ少し後、私、シュート先輩のところに話を聞きに行ったの。

 少しでも、亡くなる前のユキの様子を聞きたくて。

 そしたら、部室の中から『マワしたのがバレるかと思って焦った』『まさか死ぬとは』って……。アイツら、笑ってた。」

その言葉を聞いて、私は言葉を失った。

ごくありふれた、思春期精神的な揺らぎに勢いが付きすぎて死んでしまったのだとばかり思っていたタニムラさんが、

彼女気持ちを踏みにじる、俄かには信じがたいような乱暴を受けたことを苦にして亡くなっていた、ということか。

「許せないって思った。絶対に、絶対にこいつらに復讐して、ユキの仇を取ってやるんだって……。」

絞り出すようにそう言うと、彼女は手に持っていた、どこかのご当地ものらしいキャラクターマスコットを、潰れるほど強く握りしめた。

マスコットを歪め、ガラクタの山の頂上を睨み付けたまま、彼女さらに語る。

「その後、シュート先輩やサッカー部の事を調べたら、結構いろんな噂があった。

 サッカー部の連中は、みんな共犯みたいだった。

 だから、アイツらに近づいて、油断させて、証拠タップリ掴んで、

 卒業まであと少しの……そう、ユキの一周忌秘密を全部バラ撒いて、あいつらの人生グッチャグチャにしてやろうと思った。」

「……そのために私は、都合のいい女になろうと思った。

 無条件に愛して、尽くして、学校でも街でも家でも、いつでも呼び出せて、身体を使わせる、そんな女……。

 男って面白いのね、最初は皆に使わせていたのに、何度も繰り返して、それでも私が離れないとわかると

 段々情がわいてきたみたいに、逆に独占したがって、優しくするようになるの。」

シュート先輩のその行為はとても認められるものではなかったが、その心情がどこか理解できるような気もしてしまった後ろめたさを、私は沈黙で隠した。

「それで、これからは、部活引退して、私が勉強サポートして、いい大学入学を決めて……その後、その後全部台無しにしてやるつもりだったのに……!」

彼女の語気が強くなり、嗚咽が混じり始める。不意に振りかぶるように上げられた右手に握られたマスコットが、更に変形した。

「なのに……なんであっさり死ぬのよ!なによ、遠征帰りのバス事故って!!」

「なんで、遠征先で私に、プレゼントなんか買ってんのよ……!!!

事故サッカー部バスが?そんな話を、私はまだ聞いていなかった。

しかし言われてみれば、昼間救急車が妙にたくさん走っていて、学校教師陣の様子が慌ただしかったような気がする。

驚き、展開を吞み込めないでいる私を置き去りにするように、彼女は続けた。

夕方病院で先輩のお母さんに会って渡されたの、この人形。『あの子が、あなたに。いつもありがとう。』って。」

「何よそれ!!ざまあみろ!自業自得だ!死んで当然だ!因果応報だって

 私が!ユキのために!言って……!笑って……!こんなもの、投げ捨ててやらなきゃいけないのに!!」

腕を振り上げたまま髪を振り乱す彼女の声は、最早完全に泣き叫んでいた。

「どうして、捨てられないのよ……!こんな……ものが……!!」

きじゃくり、肩を震わせながら、力なく彼女右手が降ろされていく。歪んだマスコットを握りしめたまま。

「どうして……」

なだれ、小刻みに震える彼女の背と、同年代人物から発せられたあまりに強烈な感情を前にして、

己の幼稚さが急に恥ずかしくなり、かける言葉も見つけられずただただ見つめるばかりの私を、

先ほどよりも濃さを増した夜と、少し高くなった月が見降ろしていた。


昨日風邪をひいて20時間ぐらい寝ていたら色々な夢を見たのだけれど、その中でも印象に残っているもの文章におこしてみた。

でも頭の中の映像ではもっと迫力あったんだよなー。うーん。やはり夢の話はしょうもないか。

実はシュート先輩の乗ったバス事故は、独自真実を突き止めた(学生が噂を拾えるくらいだし)

タニムラパパあたりが起こしてたりするのかなーとか、起きてから想像してゾワっとなりました。

2017-05-20

自分を虐めてた祖母が亡くなった

父がマザコン祖母は息子大好きで

母は相当虐められ、ついでに自分達孫も虐められ

祖母が原因で姉は亡くなり

ぶっちゃけると、祖母祖母に味方していた親戚もみんな大嫌いだ

顔も見たくない

普段は全く連絡もせず会うこともなかったけど

流石に通夜には出なければならない…(式は事情があって出られない)

ネットで見ると孫が欠席するなんて非常識だ!しかでてこないけど

本当ならどっちもでたくない…

肉親とはいえ、さんざん虐められてた相手のにでなければならない

加担してた親戚達に会わなければいけない

でも出なければもっと言われるんだろうなあ…

嫌だなあ

通夜に出るのも嫌だけど、その後の食事とかも最悪に嫌だ

世の中には孫憎しで虐めまくる祖母だっているんだけどなあ

しわけないがどうやっても悲しい気持ちより面倒だなあとしか思えない…

はあ

2017-04-21

感情的になれない、ロボットみたいと言われた

俗に言う人間らしさってもの自分には備わっていないらしい。

祖母にあたる人の通夜に参加した時姉にロボットだと言われた。

多分、親族皆がメソメソ泣いているところで私だけが普通にしていたからだろう。

悲しくなかったわけではないのだけれど、別に泣くほどじゃなかった。

私にとって涙を流すというのはとんでもない激情支配されたときぐらいで、正直な所祖母が亡くなったからと言ってそこまでの気持ちにはならない。

逆に話を聞く限り祖母に早く亡くなって欲しい、財産がほしいと語っていたという私の母の姉(何ていうんだっけ?)がわんわん泣いていたのが不思議しょうがない。お前死んでほしかったちゃうんか?

私も喜怒哀楽がないわけでは無いのだけれど普通の人よりは弱いとは思う。

感情支配されないおかげで得られるメリットも色々あるけれど、他人からロボットと言われるデメリットよりは大きくない。人間らしくないと避けられることはちょくちょくあるからね。

表情に出ないだけで私も喜怒哀楽を感じているので、ロボットと言われるとちょっと傷つく。

少しのことで喜んだり悲しんだりできる人が心底羨ましい、そっちのほうが楽しそう。

2017-04-18

最近食べていないもの

外食

ピザ……………………1988年デパートの大食堂

冷麺……………………1989年映画館の帰り

寿司……………………1990年、親戚の家で

ハンバーグ…………1990年ファミリーレストラン

ドーナツ……………1991年ミスタードーナツ

焼き肉…………………1992年焼き肉店で家族

天ぷら…………………1993年旅行帰りの駅の食堂街で

ステーキ……………1994年、親戚に連れられてのステーキハウス

チャーハン…………1994年家族でのバイキング

ハンバーガー……1995年、友人とマクドナルド

鍋焼きうどん……1995年病院帰りに母と

牛丼………………………2000年二次会明けに

パスタ…………………2001年、友人の通夜帰りに

ラーメン……………2002年、雀荘

焼き鳥…………………2003年飲み会

ホットドッグ……2005年、ひとりで

懐石………………………2008年家族で行った最後外食

2017-03-27

最後に先輩を見たほうがいいのか分からない

学生時代の先輩が死んだとLINEが回ってきた。

通夜土曜日お葬式日曜日にやるそうだ。

普通、知人が死んだならお通夜にかけつけて、

お悔やみの一つでもあげてから最後にひと目だけでも、

棺桶の中の死体と面会するのだが、

大学中退した後、ぷらぷらしていた彼は

死後数ヶ月たってから見つかった為、一部腐敗しているらしい。

まだ寒い時期だったので、幸い痛みは少ないらしい。

しかも、今の技術では、一部腐乱程度では問題なく修復できるそうだが、

棺桶に入っている先輩に最後に見たほうがいいか

見ないほうがいいのかが分からない。

そういうことをランチタイムに同僚と話していたら、

増田のしたいようにすれば?」と言ってきた。

いたいところを突かれた気がした。

2017-02-26

喪主喪主ホットライン

あみんお尻の拭けなかったお(兄|じ)さんだよ。

俺も歳をとったね。うんとった。どれくらいとったかというと母が死んだくらいとった。

そうなんだよ、この前母がなくなったのね。

みんな知ってると思うから言うけど、俺一人っ子なのね。

もともとは姉がいたけどいろいろあって今は一人っ子なのね。

でほらさ、うち一家離散しちゃってんじゃん。

父母姉俺だったけど、

はいろいろあっていなくなっているし、その十年後くらいに父母は別居して、

父と実家に残った俺は、けっきょく父が嫌んなってさ、大学卒業してすぐ東京出てそれっきりって感じじゃん。

だけど俺においては両親の連絡先だけは知っててさ。

「だけは」っていうのは文字通り「だけは」でさ。

連絡なんて5年に1度もしなければ、実家に帰る、別居先に会いに行くなんてことも当然なくてさ。

まあ不完全ながらも一家離散しちゃってるわけですよ。

数学も離散したの扱っていこうぜってジャンルあるらしいし、

「家族」って形式にもそういうことってあってもおかしくないわけさ、ってのがあってさ。

あいいや。

でだ、喪主をすることになるわけですね。

配偶者がやるパターンってのもあるわけだろうけど、

ほら、母と父は別居状態からである俺がやる流れになるわけですね。

個人死生観は「死人に口なし」という感じの考えなので、

葬儀」というものは畢竟親族のためにあるんだ、ってな勢いで考えていたわけさ。

ほんとに非情に思えるかもしれないけれど、これはけっこう本心なんだよね。

お金の話しようか。

喪主っつったって単に火葬しておしまいなんて話だったらそこまでお金からないわけじゃん。

それでいいじゃんって思ったわけですよ、当初は。

だってそんな金もってるわけじゃないし、葬儀屋みたいなのいい噂聞かないしさ。

「こっちは一人っ子だし喪主だ」なんて大義名分背負ってるから

その俺が「そんな大層な葬儀必要なくね」って思ってんだからいいだろって思ったわけですよ。

でもまあ「そうじゃなかったしそいつはちっと浅はかだったかな」って話をするね。

母が死んだ病院ってのはもともと母の勤め先だったんだよね。

これは俺、その場で知ったんだ。

というか彼女がどこで何していたか、出ていったあとの20年くらい詳しい話を俺は知らないんだよね。

からああそうなんだって思った。

で病室片付けたあと遺体葬儀場の霊安室に運ぶって段になったときに、

病院関係者が、つまり母の元同僚が見送りに来てくれたのね。

忙しい病院だよ。そんな暇ないはずなのにそれだけでも十数人くらいは来てくれたのね。

俺はまったくあったことない人だよ。

でも俺の母のことを思ってきてくれて涙をしているというのを目の当たりにしたときに、

なんか俺は間違っていることをしたんじゃないか、しようと思っていたんじゃないかって気になった。

整理するね。

俺の死生観ってのはこの状況を見ても実のところ全く変わらなかったんだけど、

でも「葬儀」を私物化してた、しようとしていたことは間違っていると思えたんだよね。

だって離散家族なんだよ。

その「家族」のいままでなんもしてこなかった「息子」とやらがいきなり現れて、

喪主」という大義名分を振りかざして、

今ここで見送ってくれている人たちをないがしろにしていいのかなって思ったわけですよ。

「ああこれ俺たしか喪主なんだけど、これはこの人達代理でやるべきなんだよな」

とか、もっと言えば

「この人達こそが葬儀運営したいんだろうけど、世間の仕組み上、確定された『喪主である俺に一任する他ないんだよな」

とか感じたということなんだよね。

「何をすべきか」がわからいからこういう状況になっちゃってんだけど、

でも「これしたらまずいよね」はさすがにわかるんだよね。

たぶんこの場に見送りに来れない人もいただろうし、

遠くからでも葬儀に出たいという人がいるかもしれないだろうし。

いやあったこともない人たちだし、そんなもの憶測しかないんだけどさ、

でもそれで誰かの、少なくとも母と時間を共有した人の人生を、不容易に傷つけない方向で考えるべきなんだろうね、

って思ったんですよ。

それじゃあ喪主の話するね。

1. 葬儀プラン決める

2. 返礼品オプション外す

3. その分通夜ぶるまいはする

4. 葬儀連絡を母の知人にする(98%くらい、俺は全く知らない人たちだ)

1. は一番安いのにした。そこは本質関係ないと思ったから。

今回はこの場を設けることが重要でありミッションだったからね。

2. は礼を失するという話があるやもしれんけど、

思い出してほしいのは「今まであなたが参加した葬儀で返礼品あったか

「なかったとしたら別感情を抱いたか」ってことなんだ。

で俺個人としては「そんなこと気にする人いないでしょ」って結論だった。

あとお金の話(大好きなんだ)すると、

香典平均5000円/1人」って情報葬儀屋から聞いていて、

その計算すると「香典5000円 - 返礼品2000円 = 3000円」とかになるわけ。

しか葬儀屋は「返礼品は日持ちするからキャンセルありで補充可能」って感じで、

バンバン持ってこようとするわけ。

どうなるかっていうと会葬者x2000円の出費が変動費で乗ってくるということなんだよね。

これだと費用読めないからさ、なのでやめてくれって話にしたんだよ。

3. は2の逆なのね。これは費用が読めるんだ。

人数分の食事がでればいいわけだし、

香典はこっちに当てさせてもらうほうが正しいと思ったんだよね。

葬儀」って多分悲しむよりかは同窓会的に楽しい会話の中に、

故人を登場させてもらうって場所なのかなって思うんだよな。

からここをケチりたくなかったというのはあるんだ。

4. これが一番たいへんだったこと。

なのでお前さんがたが喪主をする側か亡くなる側かはしらんけれども、

とにかく「葬儀呼びたい人リスト」はつくれといいたい。

まじで。

このご時世メーリングリストで一発やんか。

なんで年賀状あさって簡易住所録つくって、

ちょっと誰呼べばいいか分かる人いませんかー」ってプチ個人情報漏洩しなきゃいかんのじゃ。

はいえ、これを難儀するのは俺が親不孝だった証明しかないですね。

という感じで式に臨んだ結果、120人くらい来てくれたわけだ。

最期最期まで母のそばにいてくれたような人や、

前日御見舞きて「花見行こうね」って言ってくれた人を、

とりこぼすことなく呼べたのでよかったという感想だった。

この期間中、よくしてくれた母の元同僚の方にも「ほんとうによかった」といってもらえた。

この言葉聞いて、人として危うい選択をするところだったけど、俺は間違わずにすんだかな、と思った。

自分自分の尻をふけるような大人になりたい」なんて言ったけどさ、

まだまだ全然拭けないよね。喪主なんて助けてもらってばかりだったよね。

最後に言いたいのはね、こんな俺が言うのもあれなんだけど、

「家族」一般的にも実質的にも大事かもしれないけど、

「同僚」や「友達」以上の存在でなければならないってことではないと思うのね。

逆説的に言えば「家族」以上の「同僚」や「友達」がいる形はあっていいんだよね。

それらは比較するべきでなくて、並列に存在して全部大事でいいんだよね。

から家族離散」してるからといって「家族葬儀を簡略化していいってわけじゃない」ってこと。

俺はそれを今回知れたってことを、みんなに教えたかったんだよね。

2017-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20170131103508

>密葬されると本当に困る

>せめて通夜葬式見送りたかったと思うこと多いよ。

>葬式って、本人のためというよりは残された人のためじゃないのかなあ。

なるほど。

じゃあ君は周りに、

葬儀費用自分が持つから密葬はやめてくれ」と言ってまわっておくといい。

君の望み通り、見送らせてくれる人がほとんどになるだろう。

密葬されると本当に困る

anond:20170130185546

仕事で世話になった人とか、最近は死んだという知らせが来たと思ったら

密葬されて、挨拶もいけない」みたいなことが増えてきた。

せめて通夜葬式見送りたかったと思うこと多いよ。

葬式って、本人のためというよりは残された人のためじゃないのかなあ。

増田自分の後に何も残さないって主義なんだろうからそれでいいけどね。

旦那さんの分と合わせて2つの家系を畳むんなら、生前に墓なんかも

スッキリ処置しといてくれると、お寺も助かると思うよ。

ちょくそう【直葬】の意味 - goo国語辞書

通夜告別式などの儀式は行わず、自宅または病院から直接火葬場に遺体を運び、火葬にする方式。炉前で読経祈祷の行われることもある。

[補説]平成10年(1998)ころから増えてきたという。

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/145126/meaning/m0u/

http://anond.hatelabo.jp/20170130185546

2017-01-28

近況

祖父葬儀地元へ戻ってきたのが木曜。

月~水で木金までの仕事を上げたけど死ぬかと思った。何とかなったのは運だ。

自営業から誰かに頼むとかできないし、仕事は常に前倒しで進めるか、余力を持って入れるべきだなーと痛感したよ。

で、色々疲れて今日もまだ地元にいる。

危篤の連絡があった時、夫に相談電話メールをしたけれど繋がらず。

仕事って言ってたけど、浮気相手約束があったのを知ってる。

なぜなら、事前に予定を掴んで興信所を依頼してたから。

危篤の連絡があった時、「何で今日なのか!やっと予定掴んで、確実に証拠撮れるであろう今日なのか」と思ってしまった。動転して準備して、家を出て最寄り駅に着くまで迷っていた。

今夫に連絡したら、浮気の予定を止めてしまうかもと…夫は最低だが私も最低だ。

でも結局、浮気証拠祖父を天秤にかけるのは人としてダメだと思い夫に危篤の旨連絡した。

そして夫からの連絡はなく、完璧証拠が撮れた。

祖父は結局間に合わないということで、東京駅から引き返して家に戻り徹夜仕事を終わらせて何とか通夜に間に合い、一通り終わって今に至る。

久々に地元に来て、家族義理の両親も優しくて癒される。(義理両親は葬儀に来てくれた)

優しくないのは夫だけだな。悲しい。

月曜に興信所から報告書をもらう。

とりあえず、これでやっと夫と話し合えるのが嬉しい。

2017-01-12

return to time to win?

FGOやグラブルなどの日本ソーシャルゲームもそうだけど

ここ1~2年くらいのゲームは(例えばお金でなんでも解決ではなく)ある程度長いプレイ時間要求する設計にしないと

いくら周到にデザインしても長持ちしないということを学んでいるように思える

海外ゲームにしてもLoLはChampion Masteryというキャラの使い込みを示すアカウントの成長要素(試合上のメリットは何もないただの自己満足)が後付けされたり

MMO金字塔World of Warcraft2010年代前半は1日1回畑を耕したりGarrisonというハウジングライクなシステムがあってNPCの仲間をミッションに送ってお金も持ち帰ってもらえば

事実上ログインボーナスを受け取るだけでお金が増えていくゲームだったが

拡張パッケージ発売直後は盛り上がるがすぐにやることがなくなりゲーム内はお通夜になるのが恒例だった)

去年からプレイすればするほど武器が成長していくシステムが導入されている

時間をかけてコミットメントしたプレイヤーに対して何かしらの目に見える報酬や優位を与える方向へ戻したい

ただし時間がないプレイヤーが不満をもって去っていかない程度

というデザインいかに周到に行うかというのがゲームにおけるここ1~2年の普遍性のある問題だったのだと思う

2016-12-28

昨年亡くなった友人が夢に出てきたんだけどさ

去年の夏、私は1人の友人を亡くした。

中学校同級生で、ここ数年は1年に一度必ず同級生たちで集まっていた。

私は地元専門学校卒業して働いていたが、彼は地元を出て関東へ行きそれなりに頭のいい大学へ入っていた。めちゃくちゃ仲が良かったと言われればそうでもなかったのしれないが、皆で一緒に帰宅したりよく話したりはしていたのでそれなりには仲が良かった。間違ってる事は間違ってるとはっきり言える性格の人で、それに救われた事は何度もあった。

私が最後に彼と会ったのは一昨年の年末で、これまた同級生忘年会だった。酔っ払っていたので彼は先に帰ってしまったが「来年また集まると思うから帰ってきたら連絡してよ」と最後に告げた。

しかしもう今後二度と同じメンバーで集まって飲み会をする事は無くなってしまった。

原因は踏切内での電車との接触事故だった。

当時、現場は悪天候で視界がとても悪かったようで、そのタイミングで元々トラブルの多かった踏切で何か起こったらしい。

状況や遺留品からしても大学から帰宅する途中だったようで、自殺ではなく事故だったという説が濃厚である

Twitterでは「人身事故起こしたやつもっかい死ね、二度死ね」「まじで地獄に落ちろ」なんて書かれていたのを見て

ふつふつと怒りが湧いてきた。いや、関係無い人達からしたら確かに電車が遅れるのはよろしくない事なのはよく分かる。

しかし全てが飛び込み自殺ではないのはどうかわかってほしい。

そして、20代前半で遠い親戚のお通夜くらいしか行ったことの無い私が、まさか人生で初の告別式同級生とのお別れになるだなんて思ってもみなかった。「遺体の損傷が激しく対面は不可能です」だなんて言われて、結局最後に顔を見る事すら出来なかった。

そんなこんなで1年以上経ってしまったわけだが、未だにお線香をあげにも行けてないしお墓参りにも行けいない。こんな事が起きるのが初めてなのでどう伺っていいかもわからなく、ずっともやもやしている。

・・・とずっとここ最近悩んでいたのだが、考えている事が夢に出てくるのはどうやら本当らしく、昨日彼が夢に出てきたのだ。

同級生の皆でわいわいとご飯を食べているのだが、なぜか彼がいる。皆は疑問に思っていないが、自分だけか気づいているのだ。日付を見ると事故が起こる一ヶ月前。どうたら自分けが未来からやってきているようで、自分けが彼がこの後死ぬ事を知っている。

「一ヶ月後の事を彼に伝えるべきか?」「自分が伝えなければ彼はどうなるのだろうか」

ずっともやもやもやもやし続けていると彼が席を立った。私も追いかけた。そして後ろから「あの、あのさ、ちょっと」と声をかけると、彼は一言

「知ってるよ、ありがとう、楽しかったよ、じゃあね」

と言って暗闇の中に消えてしまったのだ。

そこで目が覚めた、朝の6時53分。かなり文章を端折ってしまったので短い夢に感じるが、長い間ひたすら食事をとっていたし長い間ひたすら追っかけていたのだ。今までに見たことのないくらリアルで生々しく、胸にいくつものつっかえを残していった夢だった。

そして今、バイトを終えて帰宅してずっともやもやしている。やらなきゃいけない事なんて山ほどあるのだが、ずっともやもやしていて手につかないのでこの文章を書いている。Facebook友達にもLINE友達にも連絡帳にもデータフォルダ写真にもずっと残っているから、未だに居なくなってしまった実感がないのだ。

同級生たちもきっとそうなんだと思う。その後集まる事は何度かあったが誰一人もう話題に上げる事もなくなってしまい、それが暗黙の了解となってしまった。果たしてそれが良い事なのか分からないけど、「死」という覚悟がまだ存在していなかった私達はそうするしかなかったのかもしれない。仲の良い友人とは1度だけ話したが「やっぱりこんな事は初めてだし、その時の記憶が蘇ってくるのがちょっと怖い」と言っていたので、やっぱりそうなんだろう。

ごめんよ、誰も君の事は忘れてなんかいないのだ。自分が未熟なだけなのだ。ごめんよ。

近いうちにきちんとお墓へ会いに行こうと思う。

2016-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20161208140536

凄い売上伸びてたらしいけど

それ込みで怪しいよね

参考 http://sakurabaryo.com/company/post-1182/

 

ちなみに転職情報サイトでみたけど、パレット事業自体、社内からは不評だったっぽい

ゲーム以外でヒットが出ない状態で買収したか

今はもう中はお通夜なのかもな

2016-11-10

病は気から

昨日は「マジかよ」って感じでお通夜ムードだったのに、一夜明けたら「トランプってレーガンの再来じゃねえの?」みたいな理由を付けて株が爆上げしてるのを見ると「そういうもんかもなー」と思えてくるからやっぱ景気って気分の面ってかなり大きいんだろうなあと思った。

2016-11-09

上司の親が死んだ。今日の午後から通夜だ。

俺は上司の親と面識がない。

後輩のおばさんから通夜にいくよー」とメールが夜中の0時過ぎに来た。

勝手に行っとけ)

別の後輩の女から「夜中にすみません。○○さんへ連絡してください」というメールが夜中の1時前に来た。

(夜中の1時前にメールよこすな、バカ女)

俺は行きたくない

周囲はさも行くことが当然のようにふるまっている。

俺は上司の親の顔も知らない、話したこともない。

その人間通夜になぜ出る必要があるのか?

俺はわからない。

俺が若いときに同じケースがあり、通夜に参加した。

俺は故人の親族(友人)に同情するふりをして、

その実、喪服を着て、厳かな気分に満ちている自分に酔っていた。

その後、いか自分が悲しんだかを通夜に参加した友だちと飯屋で共有して、

酒を飲みながら、格好いいうわべだけのセリフを交わしながら、カッコウつけてたんだ。

集団オナニー

もう俺、そういうの嫌なんだ。

俺は行きたくないが、今日通夜に行くだろう。

行かないと今後の社会人生活に支障が出るかもしれない。

脅しばい、これ。

内羽ストレートチップシューズをピカピカに磨いて、正当な白のシャツに黒のネクタイでディンプル作って、黒のチーフ挿しけばいいのかね。

決めすぎたら、ついてくるのもやだし。

きっと、俺は無難にまとめるんだろうな。

で、俺は悲しんでいるふりをしながら、職場の同僚とあれこれ話して、また自分たちに酔うんだろう。

他人の不幸を肴にして、格好良くふるまうゲームがまた始まる。

嫌だ。

全く面識がない故人に対する礼儀として、俺は集団オナニーには参加しない。

しゃべらない。

夜中の0時、1時にメールをしてくる馬鹿どもに

「緊急でもないのに、迷惑から夜中にメールするな」と罵りたい。

むかつくので、朝4時にメールを返すことにした。

2016-11-08

40歳大学准教授

40歳になったのを記念に、「不惑からはほど遠いが、自分語りする。

幼稚園前後から自分記憶ははじまっている。

自分のことがよく分かっていなかった。

自分のことをバカだと思っていた。

あとから聞かされたのだが、幼稚園にはじめて行った時、まったくしゃべらなくなったらしかった。

毎晩UFOがうちに来ていると思い込んでいた。

自分が男なのか女なのか分からなくなっていた。

恥ずかしさというものが何なのか分からなくなり、なぜかパンツをずり下ろして登下校していた。

しょっちゅう小便をもらしていた。

身体の動かしかたが分からなかったため、ぎくしゃくとロボットのように身体を動かしていた。

自分のことをロボットだと思い込んでいた。

幼稚園から小学校の低学年まで、泣いて帰らない日はなかった。

特殊学級があるのを知り、そこに自分がいないのはなぜかといぶかしんだ。

いつも泣いている自分を見て、いつも親は、明日はいいことがあると言い聞かせていた。

あくる日になったらなったで明日はいいことがあると繰り返す親の言動に、混乱はさらに加速した。

やはり自分バカなのだと思った。

自分のことを指さして笑う同級生教師を見て、確信は深まるばかりだった。

人形遊びにはまり、何時間でも独り言をつぶやいているのを見た親から人形をとりあげられ、泣き叫んだことがあった。

小学校3年生の時、親友が一人できた。性格が明るくなった。

転校生だった。

中学生になり、強制的に体育系の部活に入部させられた。

熱心に部活した結果、性格が明るくなった。

キャプテンにはならなかったが、副キャプテンになった。

もう一人の親友ができて、さら性格が明るくなった。

やはり転校生だった。

いっちょまえに、幼稚園のころ、小学生のころと恋はしていた。

やさしい女の子が好きだった。

自分を受け入れてくれるかもしれないという可能性を思うことが、すなわち恋だった。

高校3年生になった時に女子がどうでもよくなった。

そのかわり勉強に恋した。あるいは未来に恋した。

あるがままの自分でいるためには勉強すればよいのだという発想の転換があった。

度を過ぎて打ち込めば、やっていることがなんであれ、それを勉強と言ってしまえるのだと思った。

後日、気が狂ったかと思ったと親から聞かされるくらい勉強し、偏差値40台から70台まで成績をあげた。

そしてそれなりの大学合格して、田舎から上京した。

大学生になり、はじめて本気で女の人を好きになった。

まりにこっぴどくふられ続けたために人間不信になり、大学留年した。

勉強することの意味が分からなくなっていた。

この時、自分のこしらえた箱庭的宇宙へ逃げ込むだけの才覚があれば、すごい人間になっていたのではないかと思う。

大学卒業後、そこそこの会社入社し、企画仕事にたずさわった。

特許をいくつか取るほどにはがんばった。

が、結局丸3年勤めたところで退職した。

仕事意味が分からなくなっていた。

それにもかかわらず5年、10年先が見通せる会社員生活がうとましくなっていた。

大学院に入りなおして、修士課程博士過程と6年間を大学院生として過ごした。

結局また勉強に頼った。

大学院で恩師に出会い人生が変わった。

書生のようにして過ごしたこの6年間の意味は、あまりに大きすぎて視界におさまりきらない。

貯金家財を売り払ったお金学費にあてていたが、実家が困窮して仕送りする必要が生じ、苦学せざるを得なくなった。

それで大学院時代からフリー仕事をした。

この間に、嫁さんになる人があらわれた。

自分人生でこのようなことが起こりえたことを思うと今でも驚かされる。

博士号を取得する前後からいくつかの大学非常勤講師を勤めた。

博士号取得後に結婚した。

結婚した翌年に母が死んだ。

明日はいいことがあると言い続けてくれた母だった。

通夜の日に、専任講師採用面接があった。

葬式だろうがなんだろうが、人からなんと言われようが面接を受けようと思った。

面接から帰った夜、こっそり棺桶の隣で寝た。

母の前では子供になれるのだと自覚した。

母の命日から1年後、大学専属となり、ようやく生活が安定した。

大学院入学してから10年が経過していた。

それから3年で、准教授になった。

先日、父がはじめて母のことを「あの人」と言った。

つの間にか自分の箱庭をつくれるようになっていた。

生活とは別の、ありのまま自分でいられる宇宙を。

振り返ると、ありのままでいようとすることを原動力努力してきた。

それがいつもよい結果をもたらしてくれた。

あるいは向こうから結果がやってきた。

社会に出るまでは、親友自分を支えてくれた。

大学院では師と出会うことができた。

社会に出てからは、親友と嫁さんが自分を支えてくれた。

特に嫁さんは、言葉のあやではなく、まさに運命共同体としての支えでいてくれている。

ありのままでいることはむずかしい。

からこそ努力必要で、努力必要からこそ、社会的評価がついてくる。

子どもはまだいない。

2016-10-13

議論余地なく、「イジメ加害者サイコパスである

掲載稿事例2より】

加害生徒たちは被害者自殺後、「死んでせいせいした」、「別にあいつがおらんでも、何も変わらんもんね」、

「A(被害者)がおらんけん、暇や」、「誰か楽しませてくえるやつ、おらんと?」などと話した。

A君の親にいじめの内容を話した生徒に「あいつが死なんで、こいつが死ねばよかった」と言った。被害者通夜の席で棺桶のぞきこんで笑った。

別の生徒をいじめた。また別の学校のケースでは、加害生徒が他の生徒を「お前はB(被害者二世だ。Bのように自殺しろ」と殴り続けた。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イジメ加害者100%大脳の壊れたキチガイであり、サイコパスである

疑いの余地は一切ない。

2016-10-08

女子高校生が死んだ時の話

電通ニュース見てなぜか思い出した。もう何年も前の話だが、俺がまだ高校三年生の時、一個下の学年の女子が亡くなった。十月だったと思う。

学校主催マラソン大会で走っている最中、急に体調が悪くなってしまったらしい。彼女コースの外れにある草むらに横たわっていた。その様子を見たとある生徒が近くにいた先生にそのことを知らせ、直ぐに救急車を呼んだとのことだが、救急隊が駆け付けた時には、既に心臓が止まっていたそうだ。病院に送られたが、再び目を覚ますことはなかった。

マラソン大会の次の日は土日で、亡くなったことが全校に知らされたのは月曜日だった。いつもと変わらず教室に行くと、黒板に張り紙が貼ってあった。緊急集会を朝にやるということが書いてあった。緊急集会なんてもの高校入学して以来開かれたことがなく、なんだかよくわからないけど面白そうだなとか思っていた。すると、クラスメイトの話し声が耳に入った。マラソン大会で人が死んだというのだ。

俺はその話を信じることができなかった。うちの高校マラソン大会原則参加が義務付けられてはいたが、参加さえすれば道中余程ふざけたりでもしない限り問題なく走り終えることが出来るからだ。距離も、女子なら10km強だったと思う。別に、全力を出さなくても怒鳴られることはない。それどころか、開会式では自分の体力を考えて、無理し過ぎないようにと注意までされるくらいだった。

集会に行くために体育館へ向かった。いつもなら急げと声を上げる先生たちも、その日は静かだった。既にかなりの数の生徒が集まっていたが、一部ざわついていた以外は、普段集会が始まる前と雰囲気特に変わりがなかったように思う。

やがて、集会が始まった。校長がいつになく重い足取りで壇上に上がっていった。そして、マラソン大会中、二年生のある女子生徒の心臓が止まったこと、その後病院搬送されたが意識は戻らず、亡くなってしまったことを話した。

驚きの声はあまり上がらなかった。もしかしたら、既に多くの生徒はその話を人づてに聞いていたのかもしれない。俺も驚きはしたが、予想外の出来事唖然とするというよりも、あれって本当だったんだという印象を受けた。正直、悲しくはなかった。気の毒には思ったが、彼女と俺は何の面識もなかったからだ。その後、黙祷が行われ、ショックを受けた生徒の心のケアの為の相談室の設置といった連絡が行われた後、教室へと戻っていった。いつもは喋りながら帰っていたし、周りにも話している人は沢山いたから、別に口を開いたところで問題はなかったと思うが、俺は一人黙って教室へ戻った。あんな話を聞いた後で喋り散らしながら歩くのが、相応しくないことのように考えたからだ。ただ、今思うとあれはただ自己満足がしたかっただけのようにも思える。

教室で俺が座っていると、友人の一人が声を掛けて来た。クラスはいつもほどうるさくはなかったが、静かでもなかった。俺はあまり話をする気分じゃないと言ったが、彼は別に黙っていたところでどうにもならないと言った。実際、その通りだった。他の友人たちも集まってきたこともあり、俺たちは他愛のない話をし始めた。去年よりもマラソン大会遅かったとか、意外に結構疲れたとか、そんな話だ。今回の事件責任は体育課にあると主張した奴もいた。

その後先生教室へやってきて、少し話をした後、いつもと同じように授業が始まった。各科目担当先生たちは、事故について何も話さなかった。いつも結構踏み込んだ話をする現代文先生も、何も語らなかった。

やがて授業が終わり、清掃の時間がやってきた。俺の担当階段かどこかだったが、その時近くを通りかかった後輩の一人が、(上履きの色を見て後輩だと分かった)一緒にお通夜いかない?と言っていた。思いのほか楽しそうに喋っていたのに驚いた。

清掃が終わると、俺はすでに引退した部活の同期の一人と一緒に帰った。件の事件話題になった。彼は、これで貴重な若い女が一人いなくなったなと言った。これで来年の倍率も下がるなといった話もした。実際には下がるどころか上がったらしいが。

家には先に帰っていた弟がいた。彼にこの話をすると、やべえなやべえなと、やべえばかり言った。

幾日が過ぎると、外部に話が漏れて、ローカルテレビ局取材が来た。俺は取材班を見なかったが、クラスの内の一人が、今日の朝テレビカメラ回されたんだと自慢していたのだ。後日、彼が映った映像テレビに流されると、再び彼はそのことを自慢した。

それだけ。

2016-09-12

"君の名は。"を観て今までの自分を振り返って頭を抱えた話

君の名は。」のネタバレ無し

平日の昼過ぎカップルやイケイケの同年代などに囲まれて、君の名は。を観た。

友達がいないので、スマホを持っているがLINEもしないような人間が、上映前の数分間、覚悟してたが、それはそれは居心地が悪い時間だった。そもそも、あの新海誠作品一般に広く受け入られて大ヒットしていることを驚いたことが劇場に足を運んだ理由だった。

  

自分感想に衝撃を受けた。

「こんな青春してみたかった」

いままでそんなこと思ったことがなかった。

  

自分にとって中学校時代漫画アニメゲームの"消費"は、いわゆるリア充である校内の主流派になじめない自分への言い訳だった。

  

「小2でラノベに触れてしまった。小3で深夜アニメにはまってしまった。小4でエロゲに手を出した。」だから普通の人と私は違ってしまった」

  

本当はそんな因果はないのだが、そうしなければ自分を維持できなかったのだと思う。

いつもニコニコ気だるげな受け身の人間、関わってくる人を拒絶せず、自分から他人に関わろうとしない。

そんな3年間だった。

  

  

高校入学し、その言い訳さらにひどくなった。"消費すら"を辞めたのである理由は単純。そこそこ偏差値が高め、だがパッとしない私立高校入学したところ、周りにオタクであることを公言する人間が一気に増えたかである

野球部ケイしかオタク。そんな奴がごろごろいた。もちろん世間から典型的オタクと呼ばれるような人間もたくさんいる。

最初はそんな彼らが羨ましかった。前者の人間だけでなく後者人間すらも。みんな楽しそうにめいめい自分たち感想を述べている。いままで自分が感じたものを共有することができず、何より他人と考えを共有しようともしなかった自分は彼ら彼女らが本当に羨ましかった。

しかし、交わることができない。そこでコンテンツの消費すら辞めた。

  

「私はテレビも見ない、本も読まない、一緒遊ぶこともないか出来事を共有することがない(高校から家が遠いことを理由に誘いはすべて断っていた)」だから普通の人と私は違っている。なじめない。」

  

そんな考えのもと、他人が楽しそうに生きているのを見ることを趣味をしていた時期があった。

そんな高校生活前半だった。

  

  

後半は更にひどいものであった。部活の先輩に言われた言葉きっかである

「○○(私の名前)って今この瞬間、この部の誰かが死んでも何も思わなさそう」

面と向かって言われて、確かにその通りと思った。実際、中学時代同級生通夜葬式かに出た時も同じ部活同級生だったが何も思うことはなかった。(中学時代人間とは誰とも連絡先すら知らないような仲だったが帰り道に斎場があり、声を掛けられて出ることになった。)

自分はそもそも何にも興味がないのだろうとそれから思い始めた。

  

「私は何も楽しめない」だから普通の人と私は違っている。なじめない。」

  

何もせずゆっくりと生きていた。

  

  

そのまま1年間の浪人生活に入った。人と関わりたくない自分研究室は向いていない、センター試験後にそう思い絶対安全と言われた国立大学を落とした。浪人生活中にできる限り人と関わらずに卒業できる近場の大学学部を探した。ゼミ無しで卒業できる文系学部に現役時とほぼ変わらない成績で入った。

親の金を浪費し、予備校までの電車終点から終点まで行ったり来たり、本を読んで過ごした。そもそも行ってないのだから、当然、予備校人間に知り合いは一人もいなかった。

ただ自由時間ができたことで再び漫画アニメゲームを楽しむことができた。

小学生の時以来である

  

大学に入った、予定通り人と関わらず過ごしている。

バイトも役を演じればよい塾講師友達も作らず、飲み会など行ったことなどない。

とても満足していた。

大学卒業したら家を出て一人で静かに暮らすのだろうと、そのうち専門業者とでも契約して死んだ後の処理をしてもらえるようにして適当に暮らそうと、そう思っていた。

から青春なんてものは、自分以外のものだと思っていた。

  

それが「君の名は。」を見たとき自然と「青春をしたかった」と思ったのである

そもそもなにが青春なのかわからない。

君の名は。を見て感じたのだからだれか他人を求めているかもしれないが、そもそも家族にすら演じている自分を見せている自分が何ができるのか。人との付き合いの方法など分からない。

どうすればいいのか。どうすることもできないのか。誰にも聞くことができない。聞き方すらわからない。どうすればいいのか。

2016-08-03

http://anond.hatelabo.jp/20160803171012

みんなそんなに他人に興味あるんですかねぇ。

正直、他人が休もうが辞めようが自殺しようが自分仕事するだけな自分としては他人休職たからといっていちいち気にする人が信じられません。

ま、さすがに死なれたら通夜とか面倒だなぁとは思いますが。

2016-06-22

http://anond.hatelabo.jp/20160622165337

課金スレとかはともかく忠誠心高いユーザーが集まってたしたらばまで完全お通夜ムードでほんともう終わったんだなと思う

壊れキャラ乱発でユーザー資産をあっというまにゴミに変えたのも最悪だしそのタイミングで新作ゲーやらリアルイベやらユーザーが求めてないことばかりやったのも失策どころの話ではなかった

それなのに新しくいらない施設が出るたびとりあえず完成させずにはいられない中毒患者自分もたいがいではあるけど

2016-06-13

祖母が90歳を越えて、宗教不眠症になって老衰している話

タイトル通りなのだが、色々調べて不思議気持ちになったので書いておく

うちの祖父母は双方90歳こえて元気にやってる信心深い夫婦で、先祖代々名古屋昭和区興正寺檀家をやってきている。

ここ数年、興正寺が色々と問題を起こしている。

http://www.asahi.com/articles/ASHCN7T68HCNOIPE025.html

(興正寺プレハブ対立問題)

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1360116318/

(僧侶不当解雇見習い通夜問題)

うちの祖父母は、割と熱心な檀家でもちろんこういった問題があることは知っているものの、

「おっさま(名古屋弁で坊さんの意)や若様が、考えもなしにそんなことするわけにゃーて。みんな信じとるもんでだいじょうぶ」

と何を心配しているのかも最早よくわからんが、何か達観した様子でこの手の騒動をみていた。

家族としては、信仰の魅力はわからないけど楽しそうだし、

信仰自由尊重し、まぁ好き勝手やってくれと思っていたが、この手の問題には眉を潜めていた。

興正寺(U住職) と プレハブ寺(高野山から派遣された稲沢市のA寺のM住職)が要は対立しているのだが

このM住職というのが、元々15年ほど前に興正寺で働いていた住職だと祖父から聞かされた。

ニュースでは不当解雇となっているものの、

解雇された M住職・N住職・U住職というのは うちの婆様界隈ではみんな知っていることらしいが

興正寺への寄付を懐にしまい、自分の寺の修復費用に充てるなどを何度も繰り返しており

それを現職のU住職は見て見ぬふりをしていた。

・・が、余りにも目につくようになりU住職代替わりが近いタイミング解雇と相成ったらしい。

(興正寺名古屋一二を争う大きな寺で、名古屋市近郊の坊さんがたくさん働きに来るのだとか。雇用形態などの仕組みはよくわからない。)

祖父母は檀家総代などをやっていた為、プレハブ寺側のM住職とも面識があり、最近偶然出くわした際に以下のような会話をしたらしい。

90超えの老人のいうことなので、どこまで正確かはわからないが。

M住職「◯◯さん、今のままあちらさん(興正寺)を支援なさるんかね。高野山を敵に回したってことになりますよ」

祖母「私は、あんたさんがやってきたことをよく知っとるからあんたの支援はできん。興正寺興正寺高野山高野山。私は興正寺檀家。」

M住職「私が興正寺代表になった時には、◯◯さんには色々やめてもらわなきゃいかんね・・」

この会話をうけ、祖母は泣き崩れてしまった。

母と興正寺相談にいったらしい。M住職が、興正寺代表になることはあるのか?と尋ねたところ

興正寺「M氏が、規則にない住職代行を名乗ってまで興正寺に取り入ろうとしている目的は、数年前の不始末を消すことでしょうから。そんなことは私達は本山が何を言おうと許しません」

肝心の質問ストレートに答えないあたり、坊主というのは流石な生き物である

Q:Mは代表になりますか? A:許しません

祖父母は、興正寺戦後の再建などに大きく力を貸したようで、寺を守るという意識ものすごく強い。

もう3人しか生きていないが、茶飲み友達などは、M住職興正寺を入ることを本気で拒んでいる。

(私はその感覚が全く理解できないので、口も出せないが)

この相談にいった日から祖母調子おかしくなった。

「墓に入るなら興正寺と決めていたのに、Mが代表になったらと思うと恐ろしくて眠れない」と言うのだ。毎晩眠れないらしい。

祖母に色々聞いてみたところ、何十年も前に、祖父に隠して興正寺寄付をしていたらしく それをM氏に渡していたのだと言う。

寄付をすることにより、なんかに寄付人として名前掲載されるはずだったが、本来載るべきだった名前が載っていなかったそうだ。

祖母の周りでもM氏経由で寄付をした人たちだけが寄付人として 名前が載らなかったようで

M氏が横領したのでは?と言う噂もたったが、目を瞑っていたようだ。そして、10年ほど前、解雇されてホッとしていたそうだ。

それが現在興正寺の目の前にプレハブ小屋をたて、住職代行を名乗っている。数年前なら檀家がそんなことは許さなかったが

力を持った檀家高齢化には勝てず、M氏のことを知る人が減ってきたところで今回のこの騒動のようだ。

ちなみに、祖母祖母友人の寄付総額は、私の年収の倍以上だ。バカらしくてめまいがした。

私としては、もういい歳なんだし好きなことやってていいよ、と思うものの、

祖父母にとっては興正寺が宝のようなもので、檀家であることに誇りを持っている。その趣味やめろとも言いづらい。 

・・が、余りにもタチの悪い趣味である金も時間もかかるし、何より登場人物銭ゲバ坊主だらけである

そもそも高野山興正寺関係もわかっておらず、祖母の話を話半分で聞きながら興正寺周りの噂を探していたところ、不気味なブログをみつけた。

http://blogs.yahoo.co.jp/crusiafr/archive/2016/04/27


実名まくり

どこまでが事実かわからないが、ここにある坪単価や値上げ額などは事実

8 :名刺は切らしておりまして:2013/02/06(水) 11:11:52.08 ID:sdFlk7sq

お寺が朝鮮人に乗っ取られたら、だいたいこうなる

お前らも気を付けろよ

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1360116318/8


この書き込みを思い出して、いやな寒気がした。

祖母にとって興正寺とは、仏教とは 

それらが何なのかがよくわからないが、家族のように大切なモノだと私と母は解釈した。

祖母はここ数日で急激にやつれた。

毎日困るくらい元気そうだったが、ここ数日全く元気がない。

調べてみたり近所の人らに話を聞いてみたが、正直よくわからない。

興正寺はU住職じゃなきゃ困る。」と近所の人は言うが、ネット上で記事になっているのは「U住職は悪」という内容ばかり。

何が真実なのかよくわからない。

私としてはプレハブだろうと興正寺だろうと構わないのだが、坊主が老人が眠れなくなるような事言うなよ!と怒りが湧いてくる。

なんか誰かに聞いて欲しかったのでとりあえず書いてみた。

2016-03-12

女の喪服にパンツスーツダメかいう謎ルール

この間喪服を買わなきゃいけないことになってネットでいろいろ調べたんだけど、女性が喪服としてパンツスーツを着ることはマナー違反とされることもあるらしい。

女性は黒のワンピースが正装で、パンツスーツは略喪服なんだそうだ。

通夜でなら着てもいいが葬式には向かない、親族が亡くなったのであれば通夜でもワンピースタイプが好ましいとか。

私はドレスコードのあるお店に入る時も、結婚式に出席するときもいつもパンツスタイルだったし、誰にも何も言われなかった。

仕事着もパンツスーツから葬式だけスカートってものすごい違和感を覚える。

スカートパンツってそんなに違うものと思えないけど、Yahoo!知恵袋なんかをみると、"葬式パンツスーツマナー違反です。参列者に笑われてしまますよ"みたいことが普通に書いてあるし、違いが分かる人には分かるのかなぁ。

人の服見て笑う人のほうが、どうかしてると思うけど。

散々悩んだ挙句パンツスーツタイプの喪服を買ったんだけど、売り場の人には何も言われなかった。

どこかの地方ローカルルールなのか、私の知らない時代の話なのか、それともごく一般的マナーなのか分からないけど、売り場に置いてあったんだから買ってもいいよね。

入学式にも、仕事にも、結婚式にも着ていけるものが、葬式だけはダメなんておかしいもんね。

大丈夫だよね、きっと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん