「もっと」を含む日記 RSS

はてなキーワード: もっととは

2018-04-23

かに僕の文章を好きだと言って欲しいときに僕の語ること

最近、新しいパソコンを手に入れた。

影のように冷やりとしたそれは、彼女が僕にプレゼントしてくれたものだ。

「進級祝いに」と彼女は言った。

僕はほんとうは留年をしたのだけれど、そのことには触れなかった。

いくら真実を言っても、人はどこにもいけないのだ。

そうして、僕は彼女と寝た。

この無口な新しい同居人に慣れるためにも、これからは、鳩時計のように定期的に日記を書き続けていきたい。

そんなわけで、僕は時の淀みの中ですぐに眠りこもうとする意識ビール煙草で蹴とばしながら、この文章を書き続けている。

ここで文章が終わってしまうのは、いかにもハンバーグの下に敷かれたスパゲッティのようで、味気ない。

自己紹介も兼ねて筆を進めて行きたいと思う。

僕の性別男性、歳は二十代前半、大学生をしている(授業にろくに出ずに籍だけを置いている人間大学生と呼んで良いのであれば)。

僕の不徳の致すところにより、これから先数年は学生身分を続けなければいけないことになっている。

単位から逃げられないし、逃げるべきではないのだ。

僕は、文章を読んだり書いたりする事が、春の熊くらい好きだ。

もっとも、僕の作文能力や長文に対する集中力は、近年流行った短文型SNSにすっかり毒されてしまっているみたいだけれど。

それに対して、言語を介さな思考というものには、滅法弱い。

図や数式といったものを、そのまま扱って思考することが出来ないし、スポーツをするときも、身体の動きを文章理解しないと再現できない。

言葉を介さな思考をするくらいなら、ボールベアリング歴史とか、ウクライナ鉱物資源分布状況とか、そんな話をしていた方が、まだましだ。

なんとも生き辛い脳の性質をしている。

文章であふれた場所は、冷えきったビールと同じくらい好きだ。

疲れている時は、幼稚園児が春の昼下がりに書いたような文章に浸り続けるに限る。

Twitter最高、Instagramなんて「クソ喰らえである

大学になる前の憧れは、モノ書きになることだった。

もう少し今よりも若者らしい服を着ていた頃の僕にとって、大学生とは、ヒマな時間を腐るほど持て余し、自らの趣味に没頭するものだった。

から大学生になった自分は、上質な文章に触れ続け、いつかは自分自身で上質な文章を生み出すようになると信じて疑わなかった。

しかし、実際の大学生は、勉学、部活動やその他の雑務(そう、そこにはもちろん、女の子と寝ることだってまれている)に忙殺されてしまものであり、とても自らの趣味を極める余裕などないのである

少なくとも僕には、デレク・ハートフィールドの墓を見つけるよりも難しい。

この話を聞くと、趣味時間も十分に取れないほど勉学や部活動に熱中することが出来て幸せではないか、と考える人もいるだろう。

オーケー、いいかい?

「忙しいという感情は充実の証明だ」

そのように考える人間は、思春期ハムスターみたいに、回し車を回し続ければ良い。

きっと、焼きたてのパンを日だまりで食べている人のように幸せになれるだろう。

忙しさというものは、時間を圧迫するだけではなく、ヒトが自由時間創造的な行動をする気力を奪う悪魔なのだ

今日からの僕は、隠し味を入れたパスタのように一味違う。

このはてな匿名ダイアリーという戦場で、忙しさという悪魔に打ち勝って、自らの創造性を再獲得するのだ(僕がかつて創造性を持っていたかはともかくとしても)。

これくらい文章を書くと、生まれて初めてパソコンに触っても、丑三つ時のコウモリのように自在タイプすることができるようになることが分かった。

今日は、この辺りで筆を置きたいと思う。

(そろそろパスタが茹で上がった頃だ。)

これからは、気が向いたら何かしらのテーマを持った文章を書きたい。

二日酔い迎え酒をしながら書いたようなこの文章にも、ブックマークしてくれると嬉しく思う。

anond:20180422154919

anond:20180423181042

対子供ならよくあることだよね。一人暮らしで親の有り難みを知ったなんてよく聞く話だし。わたし彼のお母さんじゃないし、でも自分もっとわたし感謝しろなんて言えないしな~って(冗談めかして度々言っちゃうんだけど)

この国むちゃくちゃすぎるからどうにかしたい

http://www.ntt.co.jp/news2018/1804/180423a.html

これほんとなんとかしたいんだけど、どうしたらいいんだろ

最近の国の動きみてると国民馬鹿にされているというか、法律とか憲法とか無視してもどうせ国民は怒らないだろう、怒っても大したことしないだろうって思われているような気がしていて。

ちゃんと「ふざけんな、いい加減にしろ」っていう思いを行動に移さないとダメなんじゃないかって思うんだけど、具体的にどうしたらいいのかわからない。

デモやってる日を調べて参加したらいいんだろか。デモってどれくらい効果あるんだろう。

署名活動してるとこ探して署名に参加したらいいんだろうか。

なんかもっときっちりNTTとか国とかに対して「ふざけんな、いい加減にしろ」って気持ちをぶつけられる方法ってないんだろうか。

「誰か、僕の文章を好きだと言ってくれませんか」を読みやすくした

タイトル :

誰か僕の文章を好きだと言ってくれませんか

本文 :

 最近、新しいPCを手に入れた。進級祝いだと言って彼女プレゼントしてくれたものだ。こいつに慣れるためにも、これから定期的に日記を書き続けていきたいと思っている。

 と、ここで終わってしまうのも味気ないし、自己紹介も兼ねて筆を進めよう。僕の男で歳は20代前半。大学生をしている。不徳の致すところにより、まだこれから数年は学生という身分を続けなければいけない。文章を読んだり書いたりするのは好きなことのひとつだ。もっとも、僕の作文能力や長文に対する集中力は近年流行った短文型SNSにすっかり毒されてしまっているみたいだけど。

 僕は言語を介さな思考というものにめっぽう弱い。図や数式といったものをそのまま扱って思考を進めることができないし、スポーツでも身体の動きを文章理解しないと再現できない。なんとも生き辛い脳の性質だ。そのかわり文章であふれた場所は好き。疲れている時は思考力を使わないような低レベル文章に浸り続けるに限る。Twitter最高、Instagramなんてクソ喰らえである

 大学に入る前はモノ書きになることが憧れだった。若かりしころの僕は、大学生というものはヒマな時間を腐るほど持て余し、自らの趣味に没頭するものだと考えていた。だから大学生になったら上質な文章に触れ続け、いつかは自分自身で上質な文章を生み出すようになると信じて疑わなかった。しかし実際の大学生は勉学や部活動雑務忙殺されてしまものであり、とても自らの趣味を極める余裕などない。少なくとも僕には難しい。

 この話を聞いたら、趣味時間も充分に取れないほど勉学や部活動に熱中できて幸せじゃないか、と考える人いるかもしれない。しかしそんなわけないだろう。忙しいことが充実の証左たるわけがない。そんなふうに考える人間はハムスターにでも生まれ変わり、回し車で走り続ければいい。きっと幸せになれる。忙しさというもの絶対的時間を圧迫するだけではなく、ヒトが自由時間創造的な行動をする気力を奪う悪魔なのである

 でも今日からの僕はこれまでとは一味違う。このはてな匿名ダイアリーという戦場で、忙しさという悪魔に打ち勝って自らの創造性を再獲得するのだ。

 これくらい書くと生まれて初めて触ったMacでも割と自在タイプできるようになることが分かったので、今日はこのあたりで筆を置きたいと思う。これからは気が向いたら何かしらのテーマを持った増田投稿するから、この統合失調症文章ブックマークしてくれると嬉しい。

フィクションのような人物設定は実在するの?

ネットを見ていて思ったことがありますフィクションのように思える人物設定を持ち出して、こういう人いましたよねなんて言い出す人がいました。

例えばドラえもんに出てくるジャイアンのような人や、スネ夫立場の人、出来杉立場の人。

それはコロコロコミックジャンプキャラではないかと感じさせる、どこかデフォルメされたような、ステレオタイプのような人物像を「こういう人いましたよね」と言う人。

どうも納得がいきにくいのですが、本当にそのようなタイプはそんなに実在するのでしょうか。

少なくとも私が33歳(男)の現在まで生きてきて、ジャイアンのようなガキ大将も、

スネ夫立場の人も、その他「こういう人いましたよね」というようなタイプの人は見た記憶がありません。

もっと昔ならガキ大将普通にいたそうですけど、でもジャイアン的な特徴まで備えた人というと、やっぱりそれは漫画の設定じゃないかという気がします。

たかなかかったかといえば、日本は広いですからどこかには同じような人は当然居たのでしょうけど、「こういう人いましたよね」と言えるほどそこらに似たような人がいたかというと疑問があります

世の中凡人・平均的な人が多いわけで、極端に何かが飛び出ているとか、その一方で凹んでいるとかそんなタイプの人はそんなに良くいるタイプではない気がします。

スポーツ万能だけど、その一方で勉強がとても苦手という子どもなんてフィクションでは見ても、現実では見たことないな。

椎名林檎より売れそうな椎名〇〇(〇〇には果物が入る)を考える

  1. 椎名蜜柑        売れない
  2. 椎名檸檬        そこそこ売れそう
  3. 椎名苺         それは野菜だろって言われそう
  4. 椎名メロン       同上
  5. 椎名西瓜        同上
  6. 椎名バナナ       吉本ばななと被る
  7. 椎名オレンジ      オレンジってそこそこ美味しいのと美味しくないのしかない
  8. 椎名グレープフルーツ  グレープフルーツは美味しくないのしかない
  9. 椎名デコポン      売れない
  10. 椎名梨         「しいななし」ではなく「しいなり」なら売れるかも
  11. 椎名二十世紀梨     途中で「梨」が取られて「椎名二十世紀」でブレイクするかも
  12. 椎名サクランボ     1stアルバムは「錯乱棒」
  13. 椎名桃         桃って種ナシにしたらもっと売れるだろ
  14. 椎名葡萄        むしろ葡萄の種は飲んじゃうから無くさなくてもいいんですよ
  15. 椎名マンゴー      一時宮崎県マンゴーが持て囃されていたなあ
  16. 椎名キウイ       食べ過ぎると口が痛くなる
  17. 椎名パイナップル    同上
  18. 椎名枇杷        割と売れそう
  19. 椎名李         「しいなり」ではなく「しいなすもも」なら売れるかも
  20. 椎名杏子        杏子といえば「雨と夢のあとに」に出てたなあ
  21. 椎名柚子        「ゆず」も「柚子」だったら売れてなかったろうなあ
  22. 椎名ライム       「来夢」というどこにでもある喫茶店
  23. 椎名木通        少年時代にでてくるアレ
  24. 椎名ドリアン      後の金髪先生である
  25. 椎名柿         そういや最近創作物で近所の柿の木から柿を盗るみたいな描写はあるんかねえ
  26. 椎名柘榴        未だに食べ方がわからない
  27. 椎名ドラゴンフルーツ  見た目はアレだが美味い
  28. 椎名アセロラ      アセロラジュースは飲んだりするけどアセロラ自体たことがない
  29. 椎名ライチ       売れるかも
  30. 椎名パパイヤ      振付師としてなら
  31. 椎名マンゴスチン    「マンゴスチン」とか命名した奴絶対中学生だろ
  32. 椎名ナツメ       意外と売れる
  33. 椎名茱萸        ワイ飽きる

anond:20180423173318

気持ち悪い男オタクによる女叩き・僻み・性的な内容の投稿存在一般女性は知らなかったり、

事故で視界に入ってしまっても見なかったことにするのでは

不快投稿に敏感に反応して批判する女性男性嫌悪であることが多いと思う

一般女性キモオタ相手よりも楽しく時間を過ごす方法をたくさん持っているので

これは一般女性ITに弱いってことじゃなくて、もっと楽しいことにITを使えているってこと

anond:20180423172338

オリジン割と好きおじさん「いいぞもっとMS戦以外をやれ」

息子の背が低い

中学入学時で141センチ、中2になって10センチ伸びて151になった。

1年で10センチ伸びたのは初めてなのでやっと本格的に身長が伸びる時期に入ったんだろうか。

でも次の1年で10センチ伸びてもまだ160センチ台前半なんだよね。

本人は背が伸びれば嬉しそうにはするけど、背が低いことをコンプレックスに感じている様子や、

どうにかしてもっと背を伸ばしたいというような意思は見えない。

から勝手心配してるだけなんだけど、170くらいはあった方が後々いいよな、成長期が過ぎてからもっと背が高くなりたかったって思い始めたら気の毒だな、

なんかできることないかなってヤキモキしている。本人はそんなこと思わないかも知れないのに。

よく食べるけどガリガリで、部活もやってないか運動は体育の授業くらい。

食事たんぱく質カルシウムには気を使っているつもり。

声変わりなどはまだ。下の毛の様子は知らんけど。

なんかしてやれることないだろうか。


追記:

・「中高生の頃は」モテなかったということはその後はモテたのかな。高学歴だったりコミュ力が高かったりかな。

・1年で25センチ伸びることもあるのね。

まあ本人にその気がなければ親にできることは限られてるし心配してもしゃーないよね。

わかってるんだけど気になっちゃってね。コメントありがとね

anond:20180423170703

これ本当にいろんなとことで聞くし言われてるんだけど難しいよ~

自分に余裕があるときはいいんだけど、やっぱりいっぱいいっぱいになってくると

なんでいい大人を褒めておだてて育てなきゃいけないんだ

しろ仕事して家事してあなたの世話してんだからもっと褒めて感謝してくれ思ってしま

anond:20180423121323

差別される職業殆どが、職業の変更が困難な人が多く就く職業だろ。

そういう職業は、他の(もっと良い)職に就きたくてもつけないから仕方なく被差別職に就く、という人が流れて来るわけで。

anond:20180422154919

筆を進めて行きたい

不徳の致すところに依り

なんとも生き辛い

なんかもうピックアップするのも面倒なのでこのへんでやめるけど、表現が古臭くて回りくどくて陳腐

背伸びしてカッコイイこと書こうとしてる? それともわざと昭和レトロ文体気取ってる? どっちもうまくいってないから、もっと自然体で書いたほうがよいかと。

修辞テクニックあくまでも修辞テクニックであって、文の巧拙とは違う(一部をなすものではあるが)。読み手書き手文章力にはあんま興味はなくて、「何がか書かれているか」のほうがずっと大事

「うまくもないのになぜか自分文章力に酔っていて、しかも中身がほとんどない文」なんて、読まされて感動する人いないよ。

セクハラよりも容姿格差の方が深刻

最近、ある小売企業採用説明会に参加した。

もちろん販売職が基本になるからオフィスワーク労働条件とは大きく異なる。

変形労働時間制、シフト制、しかも年間休日が105日以下なのだ

そして、大して給与も高くない。

正直、自分には過酷に見える労働条件を言い渡されてショックであった。

あたりを見回すと、皆が魅力的と感じるオフィスワーク説明会とは大きく異なる部分に気付いた。

参加している男女の容姿が明らかに良くない。

男は高身長やらイケメンと言われる類の人間が1人もいなかった。

女はもっとからさまだ。

茶色い皮膚で顔が大きい女やら極端に背が低く癖毛で顔も悪い女など一度も男と性的ロマンを感じたことがないような容姿人間ばかりだった。

そして、自分容姿も醜い。

これを悟った瞬間に、セクハラよりも容姿格差の方がよっぽども深刻だと感じた。

容姿ゆえに、色々と苦しい思いをせざる得ないのだ。

就職活動においても皆から人気があるとは言えない業種の説明会に参加するというのは自信がないということだろう。

容姿が悪いか雇用条件がいい人気企業からは選ばれないと悟っているのだ。

完全週休二日制オフィスワークに皆は憧れる。

自分ネットバンクなどの説明会にも参加して、落とされてきた。

説明会に参加する人間容姿がいい奴も多い。

性的魅力に困らず、楽しく生きてきて、雇用条件はそれなりの労働条件で雇われる。

そんな状況下で、セクハラが起きようが自分は同情できない。

ブスもセクハラ被害に遭うとかいう人がいるが、それは性的嫌がらせではない。

単なる生殖権、生存権否定であり容姿がいい人間なんかよりも苦しむはずだ。

自分容姿が醜い。説明会でひどく惨めな気持ちになるとは思わなかった。

もし第二次世界大戦がなかったら

日本明治大正昭和初期くらいのモダンな服飾文化もっと残ってたのかな、とか考えてしまう。

IFを考えても仕方ないんだろうけど、ああいう着こなしは小粋でいいなと思う。

anond:20180423124559

それな

もっと「もう」じゃなくて一回も付き合ったことが無い可能性があるが…

anond:20180421163403

有名どころ以外ないとのことだが、普通ふたなりショタも似たようなものって印象だろうし、そこの細かいジャンルけがニッチになるのはしょうがないのでは。。

おねショタだっていまだにショタおねも混ざってるし、ママショタと分類すらできてないし。

と、ここまで書いてからpixivふたなり ショタ検索してみたら1492件で、ソートしなくても普通に使えそうなふた×ショタ絵が1ページに1枚は出てきたぞ。。

地味な努力をサボっちゃいかんよキミ!海外ふたショタ勢でもsinensianさんとか防水鳩さんとか頑張ってる人がいるんだよ!

そもそもふたなりだって玉アリ玉ナシに始まり、巨玉租チンとか包皮伸ばしとか尿道責めとか金玉妊娠とか、玉のみちんぽなし射精とか色々大変なんだから

ちなみにふたなり界隈は文字書き勢もまだ根強いジャンルなので、ふた×ショタもっと見たいなら頑張って小説書くのも手だぞ!この前pixivふたなり玉ズリなんてニッチ小説男子人気一位になってたぞ!

ツイッターシチュエーション妄想して投稿してる人もいるぞ!

お題箱とかマシュマロもあるんだし上手くすれば誰かが絵を書いてくれるかも!

オタク差別」の論点整理

オタク差別存在するか」議論、いくつもの論点ゴッチャになってて混乱するので自分なりの整理をしてみた。

論点a:生得属性ではない集団への不当な扱いは「差別」と呼び得るか

これに関しては、まあまっとうな疑問なんで「オタク差別」論者の分が悪いと思う。

これまで「差別」という語は、民族とか性別とか宗教とか、とにかく生得的な属性後天的に変えることが不可能あるいはきわめて困難な属性に対して適用されてきた。

人はオタクに生まれるのではなくオタクになるのであり、後天的に獲得される「趣味」という属性を共有する集団オタクである以上、それに対する「差別」という語の適用違和感を持つ人が出てくるのは当然だろう。

この点については「オタク差別」論者がもっと理論武装した方がいい。今の論理じゃ多くの人を説得できないと思う。

論点b:オタクへの不当な扱いは存在たか

あったに決まってる。

十万人の宮崎勤虚構だったかもしれないけど、探せばオタクへの不当な扱い、迫害蔑視証拠なんて山ほど出てくる。そもそもオタク自体がもとは侮蔑語として造語されたものだし、オタクであることを理由いじめられた人も自殺した人もいる。

今の20代以下にはそんな実感は薄いかもしれない(それはいいことだ)。でも年長のオタクたちはそれを経験してきてる。なかったなんて言わせない。

論点aにもとづいて「オタク差別」を否定するなら理解するし「オタク差別」論者も真摯に向き合うべきだと思うけど、論点bの否定を始めたら……戦争だろうがっ! 戦争じゃねえのかよっ……!

論点b’:オタクへの不当な扱いは存在しているか

過去迫害対象だったかもしれないけど、今は別に迫害されてないだろ」という議論もある。

かに若い世代だとオタク普通になってきたりするみたいなので、若い人たちにとってはあまり実感のない話かもしれない。これに関しては周囲の環境も大きく影響するので、「別に迫害なんてないじゃん」と思う人がいるのは当たり前っちゃ当たり前なのだろう。いい世の中になったもんだ。

でも議論最中に平気で(自虐ではなく相手への侮蔑として)「キモオタ」とか言う人なんかを見てしまうと、いやいやまだ蔑視は残ってるじゃん、という気になるんだよなぁ。完全に解消された、とするには時期尚早なんじゃないかと思う。

(「キモオタ」はオタクの中でもキモいやつを指しているのであってオタク全体への蔑視ではない、って言う人もいるけど、「ヒス女」は女性の中でもヒステリーを起こすやつだけを指す言葉であり女性全体への蔑視ではないなんて理屈が通じるとでも思ってるのかお前は)

ただ論点b’に関しては、繰り返すけど個々人の置かれた環境問題も大きいから、論点bを否定する人と同列の扱いをするのはよろしくないと思う。論点b’に疑問を呈している人がオタクなら、素直に迫害経験しないオタクが増えたことを祝いでおきましょう。

もちろん論点b’を持ち出す人の中にはそんな言葉を使ってオタク罵倒する人なんていないはずである。いやだな~まさかそんなアホがそうそうその辺にいるわけないじゃないですか~HAHAHAHAHA!

論点c:オタクが別属性差別してきたことについてはどう考えるのか

これは論点がずれている。ある局面被差別側にいた人が別の局面差別側になっていることは、その人に被差別者としての側面があることを否定しない。

オタクの中に、性差別民族差別に加担する人が一定割合いたことは事実で、ネット上で差別カルチャー大手を振ってのさばっていた(そして未だにのさばっている)ことに対しては反省必要だろう。オタク自分たちのなかの差別主義に向き合うべきだ。

でも、だからオタク差別なんてない、とか、オタク差別を言い立てるべきではない、という論理おかしい。

ヘテロセクシュアルシスジェンダー日本人女性の中に同性愛者やトランスジェンダー外国籍者への差別に加担する人が一定数いたとして、それをもって女性差別存在否定するのは違うよね。

パレスチナ人差別するイスラエルユダヤ人や、レバノン人を差別するリベリア黒人(※)も、アメリカヨーロッパではユダヤ人差別黒人差別の標的になるかもしれないし、そういう時には差別被害者として怒っていいよね。彼らが自国に帰ったときには自分差別反省するべき、という話と、それはそれとして彼らはこの局面では被差別側であり彼らへの差別非難に値する、という話は矛盾しないよね。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43538302

自分たちにも抑圧者としての側面があるから自分たちへの抑圧を言い立てるのはおかしい、とオタクが考える分には倫理的な態度だと思うし、オタクに抑圧された人が被害者面すんなと言いたくなる気持ちはわかるけど、それを認めちゃうと他の差別問題封殺できてしまうので、あんまよろしくない理路だと思う。

まとめ

論点aは「オタク差別」を訴えるならちゃん理論武装してほしい。そこがガバガバからツッコまれまくってるんだよ。

論点b’は個人の実感によるところが大きいから色んな人の話を聞くのが大事だと思う。

論点cは本題にはあまり関係ないがオタクも身を律すべき。女性外国人差別しておいて「自分たちを差別するな」と言っても説得力は薄い。

論点bを持ち出して実際の迫害歴史否定しようとするやつはただのクズなので耳を貸す必要はない。論点bを持ち出して史実否定を始めた段階で、他の点でどれだけ正しいことを言っていようがこの点に関してはまともに取り合うべき相手ではなく、「オタク差別」に関する議論から退場するべき存在

大事なのは、誰が何を言ってるか。論点bに固執する論者に対する反論論点aにこだわってる人に向けても意味がない。無意味に敵を作らないようにしましょう(戒め)

anond:20180417160737

要は「院試に失敗」しただけでしょ?

そのことを周りに言われるのが恥ずかしいから、それを隠す(見えなくするため)に、もっと大きなネタを仕込んだってだけじゃないの?

会社務めをする以上は、正しい・正しくないは関係なくて、言われたことができなければそこで評価が得られないんだから、「辞める気だった」とかも結局言い訳で「就職活動ではどこかの企業採用取れる力もない人間が、『ブラックから』って言い訳ができる会社に入って、自分能力は低くないって事を言いたいが為に、受けた研修ブラックさ加減を公表して自己満足に浸ってる」ってコトでしょ?

どういった内容かは書かずに、「No More 研修合宿。」って書いてるけど、研修研修合宿不要、ってことは、「会社からは何も教えないけど、結果出せよ、結果出せなかったらマイナス評価から」って事でOKなんだよね?

anond:20180423100655

どいつもこいつも喧嘩腰すぎるよね。何でもっと普通の会話できないんだろ

anond:20180422233623

取材対象記者性的発言しました。これは「セクシャルハラスメント」なのでしょうか。

オーケーグーグル セクハラってなに?「あなた質問セクハラです」とは言われなかった。

ウィキペディアによれば、

セクシャルハラスメント英語: sexual harassment)は、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉であり、相手の意に反する「性的言動」によって不利益を受けたり、労働環境などが害されるハラスメントであるセクシュアルハラスメントともいう。日本では、略してセクハラと言われることもある。

とされています

不利益を受けたり、労働環境などが害される」はい、ここ大切ですね。

取材対象と、二人で会食をして、取材をするという方法が、違法ではないが、不適切なんじゃないかなと。

二人で会食をする……男女交際の親密な関係になるの定番ですね。男性だと「同じ釜の飯を食った仲」。そういう親密な関係にあると「誤解」させることで、「秘匿すべき情報を入手しよう」という取材方法

あ~この女性とは性的に親密な関係になったなぁって、もっと親しくなりたいなぁ。無理矢理やっちゃだめだよね。やっていいかきいてみよ。

あ~この記者は、「○○は○○からの直接の指示がありました」ってスクープが欲しいんだよな。いろいろ要求しても大丈夫かな?

記者の「誘導」をかわすために「性的発言ではぐらかした」というのは考えすぎですね。

セクハラではなくて、単に「猥褻なこと言った」だけなんじゃないか

anond:20180423010237

ああ、そういうことか

その時はデモ隊がいてすげーゆっくりだったんだよね

 

そういう新しい技術に追いついてないって感じか?

何にせよ余計にイライラするので、もっとざっくりした表示のほうが良いかもなあ

anond:20180423081846

なんかそれはもっと良い相手いなかったんかと思うけど、いなかったからそうなるんだよね。

出会いって難しいな

anond:20180422233623

いやいや、男からしたって職場セクハラ問題だよ

 

まず、枕営業

理性的に見られるべき人事を

女男美醜云々の理不尽先天的な要素が担ってたらおかしいし

我々男は上司ホモのB専でない限り、

一生良いポジションに就けなくなる

 

仕事技術関係ないことを一掃して

職場合理的にすることに俺は一ミリも反対してない

しろもっと進めるべきだ

2018-04-22

セクハラと男女関係未来

セクハラ問題点は、それがセクハラか否かの基準がはっきりしない点だ。

女性は、「そんなのわかりきっている」というかもしれないが、男性からしてみると戦々恐々である

男性何気なく言った冗談が、女性にとってはとんでもないセクハラと感じられることもあろう。

ユーモアセンスは人それぞれなので、難しいところだ。

私は中年男性なので、個人的に思うのは、公的な場では、女性とのかかわりは必要最小限に留めるのがよい、ということ。

特に地位のある男性にとっては、落とし穴になりやすい。セクハラ容疑でキャリアダメにしてしまうのは、あまりもったいない

もしこういう主張に女性が不服を感じるなら、ぜひセクハラ基準を明確にしてほしい。

「ここまでなら言ってもやっても大丈夫」と明示してもらわないと、男性としては不安である

それができない限り、男性女性敬遠する傾向は続かざるを得ないだろう。

ここから先は個人的バイアスが入るけど・・・

正直、男性女性とかかわって良いことはあまりないと思う。

セックスして性欲が満たされることくらいが利点でそれ以外はデメリットが多い。

もし結婚すれば重い経済的負担を負わされる。

女性アプローチしても、そのやり方に問題があれば、セクハラだの何だとの社会的批判を受け、最悪、地位財産を失う。

男性視点から女性の主張に対して疑問を呈すれば公的な場で徹底的に批判される。

「触らぬ神にたたりなし」という状況に近い。

性欲は本能の一つだから男性女性をまったく意識しないというのは難しいが、少なくとも要求が多い現代三次元女性を相手にするのは、あまりおすすめできない。性欲はもっと安全方法で満たすべきだ。実際、日本では若い男性はそういう方法に向かいつつある。アニメゲームアイドル女性を追いかけて、身の回り女性には関心をもたない男性も増えているが、こういう社会情勢では当然の帰結とも言えるだろう。

anond:20180422113345

就職してから使う物なんか4月給料出てから買い足せばいいだろ

せっかく今、金があるのに来年度使う物をあらかじめ買っとくなんてムダすぎ

特に欲しいものないなら旅行に行っとくと良い

25万あればヨーロッパ2週間くらいは行けるし、アジアならもっと行ける

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん