「企画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 企画とは

2018-07-20

SMAPジャニーズにまつわるあれこれ

SMAP騒動はとうに過去のものだと思われているだろう。もう新たな場所で3人は頑張っているし、残った2人も仕事が減ったりはしていないのだから

しかし、オタク界隈ではそうではないのだ。

最初解散報道が出た時に殆どジャニオタ達は協力しようとしていたように思う。事実署名に参加した人は少なくなかったはずだ。

けれど、SMAP解散した。

かに事務所管理体制問題があった。けれど解散させたのは事務所ではないと思うのだ。

事実新しい地図の創立は脱退報道より前であり計画的に行われたものだという。

まり解散した理由は彼らなので憎まれるべきは事務所ではないのではないか

というのが私見である

それからスマヲタ と呼ばれる人たちの一部は5人という数字をいまだに忘れられずにいるし、事務所のことを憎んでいる。そして事務所に残る後輩までもを悪く言う人もいるのだ。

これはSMAP解散したことによる弊害を知ってほしい、ただそれだけの記事だ。

例えばKAT-TUN活動休止したとき

スマヲタ気持ちがわかる!事務所が憎いよね!やっぱり事務所はクソ!」

渋谷すばるが夢を叶えるために脱退という道を選んだ時にも、

コンサート出れたのに出さない?!事務所圧力だ!事務所はクソ!」

TOKIO山口くんの件でも。

「こういうことは前からあってもみ消して来たに違いない!事務所はクソ!」

そういう風に繰り返す人たちがいる。大きな事件にかこつけて事務所に恨みをぶつけて来るのだ。

もしくはSMAP事務所のせいで後輩とあまり絡んでいなかったという人もいる。(たしかカウコンやらジャニーズシャッフルメドレーに彼らはなかった。それはそちら側の独立した方の意向で孤高の存在ということでむしろこちら側に来ることを拒絶されたと聞いているのだが。)

しかし大きな事件でなくても、

「嵐関連は不買運動します」

SMAP関連の番組終わらせられた!事務所はクソ!テレビ業界なんてさよなら!もうテレビみません!」

という方向に行っている人もいる。しかも、かなり多い。

その結果スマヲタという存在が嫌いになったジャニオタが多いように思う。

山口くん騒動の件で「あの時署名活動になんか参加するんじゃなかった、あんな人たちの好きなものを守るのになんて協力しなければよかった」といった旨のツイートを見かけた時心が痛んだ。

スマヲタさんの一部とはいえ、自分の好きなアイドルを貶されて快いジャニオタはいない。

そして私はスマヲタさんが苦手になった結果SMAPという存在も大嫌いになった。

ファンアイドルの鏡だ。民度というものが現れる。それを自覚してほしいと切に願う。

以降は、自分の好きなグループスマヲタさんに貶されたオタクから反論である

先日行われた音楽番組で、中居くんが司会をしていた。私の好きなグループ自分から絡みに行った上に1人はブログに嬉しかったと事細かに綴ったのだ。

他のジャニーズファン同士ならほっこりして終わり、である

しかし一部のスマヲタときたら

露骨な媚び」

KinKi Kidsの真似?笑」

はいそうですかって感じ」

などと言ってくる始末である。なんだこいつら、と正直思った。

まず、森田くんは中居くんとずっと共演したいと言っていたんだ。雑誌で後輩と絡む企画でも共演したい人、として中居くんをあげていたくらいに。それから数年やっと実現したんだ。ああいったMCの場で森田剛が自発的に喋ることは本当にまれなのに。

KinKi Kidsの真似な訳がない。なぜならKinKi KidsSMAPの直属の後輩だ。けれどV6坂本くんと長野くんはSMAPより先輩であるデビューSMAPの方が早かっただけで事務所に在籍した年数はこちらの方が上で、坂本くんは一つ上で長野くんは中居くんと同い年だ。

それに坂本くんは元SMAPである。流動的に変わっていた頃代打として雑誌にも載っていた。国分太一も同じくだ。

数年前にグループリーダーとして城島くんも合わせて対談した番組もあったのに。

何も知らないのに言うな、と思ってしまう。

中居くん関連ではないが井ノ原くんは香取くんのことを「大親友」と古い雑誌で話していたし、

少し前Mステスペシャル木村くんがAKBフォーチュンクッキーを踊った時、別会場にいたTOKIOKinKi KidsV6の面々はステージの上にいたけれど

「ごめんね今なんか木村くんが踊ってる」

と画面を見て固まっていたという話もある。

スマヲタさんが思うほどSMAPは嫌われていなかったと思うのだ。

後輩を悪く言う人たちへ問いたい。

後輩はSMAP背中を追いかけて頑張ってる人もいるし、上の方のジャニーズSMAPを同じ年代を過ごした友人だと言っている。

彼らに纏わる彼らを好きな人たちを悪く言うなんて、彼らに悪く思われるだろうに。どうしてそういうことをするのか、本当に理解ができない。

2018-07-19

ミリオンライブが嫌われる理由

僕はミリオンライブが嫌いだ。

「またライバーかデレPのミリオン叩きか」と思われるかもしれない。

だが、どうして自分ミリオンを好きになれないのか、

また自分だけでなく、ミリオンが何故多くの古いアイマスPに

嫌われるのか、歴史的な経緯について説明したいとおもう。

特に若い世代の人たちは知って欲しい。

シンデレラが、ミリオンが何故生まれたのかという事を。

アイマス簡単歴史

アイマスが世に出て、もう13年になる。

2005年アーケード筐体がリリースされ一部に人気を博し

2007年XBOX版が発売され、ニコニコを中心にして

一大ムーブメントを巻き起こす。

2008年にはLIVE FOR YOU2009年には

PSPSPDSディアリースターズ

様々なプラットフォームアイマスタイトルは展開された。

だが2010年アイマスを揺るがす大きな事件が発生する。

9月18日東京ゲームショウの場で発表された「アイドルマスター2」

そこでは、律子ら4人が非プレイアブルとなる事や

男性ユニットJupiter」の存在が発表され、アイマス界隈は激しく荒れた。

今回はアイマス歴史を詳しく語るのが目的ではないので

詳細は割愛するが、この時点で

バンダイナムコ(以下、バンナム)内では

アイマスの次なる展開が動いていた。

ひとつは、アイドルマスターの「アニメ化である

A1-Pictures制作の、このアニメ版は人気を博したが

古参ファンの中には眉をひそめる者も少なくなかった。

Jupiter竜宮小町が描かれるアニメ版は、

数多くの非難を浴びた「アイマス2」の世界

ベースにしており、アイマス2の世界

運営推し進めるオフィシャル設定である事を強く印象付けた。

また商品ビジュアル面でも「アニメ版」への移行は強かった。

言うまでもなく、アイドルマスターといえば

窪岡俊之氏が生み出した魅力的なキャラクターたちである

黎明期においては窪岡氏およびバンナムの田宮清高氏、

その後は杏仁豆腐氏が公式イラストを数多く手がけていたが

アニメ版以降、公式A1-Pictures(以下、アニメ版)の

キャラクターイラストを中心として展開していく。

公式グッズやコラボ商品など、全てアニメ版イラスト

代わり、窪岡氏や田宮氏、杏仁氏の「ゲーム版イラスト

ほぼ使用されなくなっていくのだ。

(決定的となるのは、2012年に発売された「シャイニーフェスタ」であり

この商品パッケージは全てアニメ版ベースとした

イラストとなった)

こうして、アイマスは少しずつ形を変えながら

新たな展開を進めてゆく。

だがそれは、僅かではあるが、確実に

ファン公式の間に歪を生み出していた。

シンデレラが担ったもの

さて、ここからが本題である

長い長い前置きで申し訳ない。

方面に渡るアイマスの新展開として

バンナム計画したものひとつ、それが

アイドルマスターシンデレラガールズ(以下、デレ)」である

当時、怪盗ロワイヤルなど携帯電話(まだ、ガラケー時代である)を

プラットフォームとしたゲーム流行兆しをみせ、

売り上げ的にも馬鹿に出来ない数字を叩きだし始めていた。

多くのゲーマーからは「ぽちぽちゲー」と揶揄され

開発者たちから忌避され気味だった携帯ゲーだったが、

その生み出す利益無視する事ができない額となり

多くのメーカー携帯ゲーム業界へ参入していく。

バンナムのそのひとつであり、アイマス

携帯ゲーとしてリリースする事を企画していた。

アイマスモバイルという携帯ゲーもリリースされたが

所謂エリアゲームしかなく、莫大な利益を上げる事はできない。

求められているのは、当時の携帯ゲーの主流であった

ガチャゲー」であった。

だが、当時はまだゲーマーから拒否反応が強い

携帯ゲー(ぽちぽちゲー)である

そこに「アイマス」が参入する事は、

IPイメージダウンに繋がりかねない。

そこでバンナム選択したのは

シンデレラガールズ」という外伝タイトルとして

しかも自社ではなく他社開発としてリリースする事であった。

デレは、アイマスのメインシリーズではなく

あくまスピンオフ作品である

しかも自社作品ではない。

この体裁をとる事で

アイマスブランドの低下を避けようとしたのだ。

デレの開発運営を任されたのは、当時

神撃のバハムート」等をリリースしていた

サイゲームスだった。

(開発時期的には、神撃が表に出た時には

既にシンデレラも動いていたと思われるが省略)

2011年当時のサイゲームスは、まだモバゲー

携帯ゲームを開発運営していただけの会社である

そこからナンバリングではないとはいえ、

アイマス」の名を持ったタイトル携帯ゲーで

リリースされるという事は、当然ながら

ユーザーたちからの強い反発を招いた。

当時の掲示板ログなどを見てもらえると判るが

アイマスもとうとうポチポチゲーか」などと

馬鹿にされ、叩かれまくったのである

勿論、バンナムもそんなユーザーたちの

反応は予想していたであろう。

からこそ、あくまスピンオフ作品という扱いとし、

自社ではなくサイゲームスに委ね、自社の看板である

765プロキャラクターは、あくまで客寄せの

釣り」としてしか使わせなかったのだ。

そしてその外部の仕事を任された一人は、

前述の公式イラストレーター、杏仁豆腐氏であった。

前述したように、アイマスのメインビジュアル

アニメ版の」イラストに置き換わっていく中で、

同氏は、デレのキャラクターデザインを任される事になった。

左遷、という言葉は少し実情から離れるかもしれないが

少なくとも、杏仁氏の「本家」での仕事は激減した。

話を戻そう。

デレが自社のアイマスシリーズではない、という事が

もっとも大きく示されたのは、デレに与えられた

タイトルだった。

2009年以降、当時のアイマス関連の作品には全て

Project Im@s 2nd Vision」というロゴが与えられていた。

これは「アイドルマスター」の公式展開である

という事を示すものであり、ゲームであるアイマス2や

後のシャイニーフェスタだけでなく

TVアニメアニメ劇場版でも使用された。

言わば、アイマス公式作品である事を示す「肩書」だった。

だが、「シンデレラガールズ」には、この

「2ndVision」のロゴは与えられなかった。

これは決定的に「デレは本家アイマス作品とは異なる」

ことを示す事実だった。

極端な言い方になるが、判り易い言い方をすると

シンデレラガールズたちは、アイマス本家からまれ

実の娘ではなく、サイゲームスという下賎との間に

まれた妾の子なのである

当然、妾の子本家の敷居をまたぐ事など許されず

モバゲーという、ゲーム業界から見れば

汚れた現場で働かされることになったのだ。

いや、汚れた場所で働くために生み出された娘、

という表現の方が正しいだろう。

765のキャラクターたちは、客寄せとして

貸し出されただけである

風俗店でいえば、在籍していないのに表に貼られている

ダミーパネルみたいなものだ。

春香千早目当てでやって来た客を

実際に相手するのは、150人近い

有象無象の娘たちなのである

卯月も凜も、バンナムから見れば

風俗で働く妾の子、でしかなかったのだ。

だがここから本家バンナムですら

予想できなかった展開を迎える。

2011年末にリリースされたデレは、予想以上の

人気を博する事になってしまったのだ。

Twitter利用者が増加した事もあり

SNSを中心にして、デレはユーザーたちの間に

流行をもたらした。

Twitterpixivには、デレ生まれアイドルである

杏やきらり、蘭子のイラストが数多く投稿され

幸子が腹パンされ、川島さんのクソコラが飛び交った。

Twitterで、ガチャの引き自慢が始まるのもこの頃からである

Pたちは神引きや爆死を披露し合い

ゲームをやっていないユーザーたちにも

その知名度を高めていった。

こうして2012年、デレの人気は爆発的に拡がり

それは、苦界に落とされた妾の娘が、

遊女として大成功を収めた姿であった。

だがそれは、バンナム的にはあまり面白い話ではなかった。

それも当然であり、デレがいかに人気を得ようとも

そのガチャ売上の一部はモバゲー、サイゲに

流れてしまうのである

ロイヤリティ契約がどのような割合になっているか

判らないが、少なくともバンナム的には

まり美味しくない話であった。

ミリオンライブが担ったもの

そこでバンナムが考えた新たな企画

アイドルマスターミリオンライブである

2013年に(モバゲーライバル会社であるGREEから

リリースされたミリオンライブ(以下、ミリ)は、

デレが獲得した「携帯ゲーのガチャ大金を落とすユーザー層」

を明らかに狙って生み出されたタイトルだった。

デレは、サイゲームスという下請けに投げた為に

その莫大なガチャの売上の一部を掠め取られ、

運営全体もバンナム側では100%コントロールする事ができなかった。

その反省を生かし、ミリは全て自社で担う戦略を取られた。

アイドルマスター」の本家シリーズである事を強く印象付ける為

キャラデザは全てA1-Picturesの「アニメ版」に統一された。

デレと異なり、リリースから全てのキャラ

担当声優実装し、ライブイベントなども

視野に入れてキャラクター作りが行われた。

また、本家である765プロキャラとの繋がりも強調された。

アイマス公式サイトでも、リリースから強くPRされ

何よりもデレとの決定的な違いは、ミリには

「2nd Vision」のロゴが与えられた事だった。

の子であるデレと異なり、公式展開の肩書である

「2nd Vision」を背負ったミリは、まさに

本家の娘であり、バンナムは実の子を、

汚れた世界である携帯ゲーへと送り込んできたのだった。

だが古参の765ファン的には、これは困惑すべき事柄だった。

まだファンの中でも「ぽちぽちゲー・ガチャゲー」である

デレを快く思っていない者が少なくない時代であった。

デレのような携帯ゲーは、スピンオフとして

本家と「線引き」されていたからこそ

ファンに許されていたのだが、

本家自ら携帯ゲーを、それも半ば公式として

リリースされる事に反感を覚える者もいた。

だがそれでもまだこの頃には、765を至上とする

古参ファンは「ミリは別物」として考えていた。

あくまで金稼ぎの為に、デレへのカウンターとして

生み出された娘であり、765とは関係のない

存在として扱おうとしていた。

だがそんな古参たちの想いは、アニメ劇場版

いとも簡単に打ち砕かれてしまうのだった。

2014年アイドルマスター劇場版が公開される。

公開前より「劇場版にはミリオンライブメンバー

バックダンサーとして登場する」という事が明かされており、

バンナム公式の、ミリへの強い推しが感じられていた。

だがまだこの頃には、その程度の扱いなら…と

旧来の765ファンたちも楽観的に捉えていた。

春香千早たちを銀幕で見る事ができる、という喜びに

その程度は他愛もない事柄しかなかったのだ。

――だが公開日を迎え、彼ら旧来の765ファンは強い衝撃を受けた。

劇場本編をご覧になられた方なら判るだろうが、

ミリの扱いは事前情報にあった「バックダンサー

程度のものではなかった。

ミリメンバーは本編シナリオにがっつりと関わり、

彼女らがいなければ成り立たないシナリオであった。

そして、それは本家765から世代交代という

バトンタッチを匂わせる内容でもあり

バンナムの、アイマス運営からファンへ向けた

メッセージでもあった。

この展開に旧来の765ファンは少なから困惑した。

765メンバーとの決別、後輩であるミリへのバトンタッチ

その性急な世代交代に納得できない者も多かった。

だがそんなファンたちの想いとは関係なく、公式

強いミリ推しは続いていった。

そしてミリオンは求められる事なく消えた

ミリリリース後、デレからユーザの多くが

移行するのではと噂されたが、結局実際には

殆どのデレファンは動く事はなかった。

デレユーザーから見れば、アイマス運営公式から

強力なバックアップを得たミリは羨ましく妬ましい

存在であったが(余談だが、ミリリリース前後である

数年間、アイマス公式はデレに対して全く注力してこなかった。

競争相手であるから当然と言えば当然だが)

既にその時点で多くのファン根付いており

また、公式の寵愛を受けるミリへの反発心もあってか

移行するユーザほとんどいなかった。

古い765ファンから見れば、ミリは突然

自分たちの存在を脅かし始めた存在であった。

本家アイマス家督を、いきなり現れた娘が奪いに来たのだ。

反発も当然であり、素直に受け入れられる者は少なかった。

その結果、ミリはどうなったのか。

デレのファン層を奪う事もできず

765ファン層をスライドさせる事もできず

結果として、中途半端な人気しか獲得できない

コンテンツになってしまったのだ。

だがアイマス運営は、どうしても彼女たちを人気コンテンツとして成功させたかった。

2017年6月バンナム

ミリオンライブ・シアターデイズ(ミリシタ)」をリリースする。

明らかにスターライトステージデレステ)」を意識した

リズムゲームであり、デレステよりも

上質なグラフィックを最大の売りにしていた。

だが、それでもミリファンが増える事はなかった。

楽曲が少ない、アプリが重いといった理由以外にも

リリースと同じタイミングで、デレステ

解像度モード実装し、ミリシタの最大の売りを

潰しにきたのも理由ひとつかもしれない。

だが本質はそこではない。

765やデレのファン層は、運営ゴリ押し

生み出されたコンテンツへの嫌悪感を未だに抱いており

拒絶する心理の方が大きかったのだ。

結局、スタートダッシュに失敗したミリシタは

大きなセールスを上げる事も無く沈んでいく。

またしてもバンナムの、アイマス公式

思惑は外されてしまうのだった。

そしてそんな中、ついにGREEミリオンライブという

ゲーム本編は、2018年3月にそのサービスを終了した。

ミリオンキャラクターたちには罪はない。

そもそもミリオン自体が、嫌悪される役目を背負って

生み出された悲しい存在なのである

責められるべきは、安易な考えで彼女たちを生み出した

アイマス公式なのだ

僕が嫌うのは、ミリキャラクターたちではない。

シンデレラを潰す為に、765のファンを移行させる為に

運営の都合で生みだされた

ミリオン」という存在嫌悪しているのだ。

ユーザー無視して、自分たちに都合の良い

コンテンツをつくりだす為に

ミリオン」を産んだ運営を、僕は憎む。

余談:先月末から無料10施策のおかげか

ミリシタがセールス好調らしい。

バンナムさん、良かったね。

古参老害765ファンとしては、早く沈んで欲しいんだが。

2018-07-18

anond:20180718113205

先にリリースされてイキりまくってたのは事実なので企画がどうとか的外れすぎるね

こんなこと定期的に言ってるの?完全に知的障害者じゃん

anond:20180718112934

胎内から出てくるのが遅かっただけでミリマスの方が受精時期(企画立ち上げ)は早かっただろうが定期

anond:20180718104208

ミルクシーフードヌードルの件を思い出した

どう見ても全てまとまった企画だろうに本気にしてた奴多数

#MeToo(私も性暴力フィクション制作流通・消費を祝福します!)

そうだね。

イジメで我が子が自殺して加害生徒保護者相手訴訟起こしたシングルマザーいかにもイジメっ子が真似しそうなキツい弄り芸やってる売れっ子芸人事実婚したとか、

暴力団被害者救済に身を捧げている正義派弁護士義理人情に溢れたヤクザ者たちが痛快に活躍する任侠作品で人気の漫画家同性婚したとか、

こういう例の方が適切だね。

はあちゅうしみけん事実婚はそういう物なんだけど、二人の結婚を祝福している方々が全て、現実犯罪と作り話として犯罪を描いただけのフィクション無関係ですって立場なら全然問題ないよ?

私もその立場から二人の結婚を祝福するよ?

憎むべきは現実セクハラ性犯罪を行った男であって、

(ただの仮定の話として万が一女優撮影内容を知らなかったのであれば性犯罪であるのは間違い無いとしても)あくまでそういう筋書きのフィクションとして完全な自由意志に基づいて演技をしている女優相手にドッキリ企画AVを演じただけのAV男優の仕事をアレコレあげつらうのは、

許し難いAV男優蔑視職業差別だ。

でも、MeToo運動を支持します、はあちゅう全面的に支持します(*1)、って界隈は、AVのような性暴力コンテンツはたとえフィクションでも現実性犯罪被害に悪影響を与えている、って意見の人たちと相当被ってたと思うんだよね。

AVのような性暴力ポルノの歪んだ性嗜好や女性観は男性の性行動に影響を与えて現実性犯罪を誘発している」

とか

「仮にAVが直接的に性犯罪を誘発しないとしても、性暴力を娯楽として消費するコンテンツ蔓延しているせいで現実性犯罪被害者が好奇のまなざしを向けられるようになり被害告発するのが難しくなっている」

とかね。

あなた方がAVにそういう悪影響があるという主張を捨てないのであれば、

夫が誇りを持って働いている仕事が、妻に深い心の傷を負わせたセクハラ上司のような加害男性を生み出したり、かつての妻や身代わりに捧げられた女性たちのように泣き寝入りする被害女性を生み出したりする

という呪詛をこの夫婦に向かって唱え続けていることになるのだけど、それでも自分は二人を祝福していると言い張るつもりなのかな?

「我々MeToo運動はあちゅう告発を支持している者たちは誰もAVの悪影響など主張していない。お前は藁人形と戦っているだけだ」

という反論は歓迎する。

MeTooを唱え支持を表明する方々はAVをはじめとする性暴力を描いたフィクションに悪影響があるという立場は取らないということだからだ。

そして是非私もあなた方の運動に参加し、一緒に叫びたい。

#MeToo(私も性暴力フィクション制作流通・消費を祝福します!)

はあちゅうMeTooで追及したのは現実の性暴力セクハラ

https://anond.hatelabo.jp/20180717192129

(*1)ここでの「はあちゅう全面的に支持」が指すのは「はあちゅう過去っつーか現在進行系のセクハラ言動槍玉に挙げる連中は正義告発者にスティグマを与え加害者を利するセカンドレイピストで、敵!」みたいな勢いの方々ね。

「こいつ大嫌いだけど、セクハラ被害告発した点だけは正しいし立派だと思うから嫌々ながら支持するよ。だから、お前のやってる童貞弄りもセクハラなんだと気づいて我が身を省みてくれよ……」みたいな気の毒なほど理性的な方々は外しておく。

anond:20180717174626

反応してくれてありがとう。いや、うまくいくとは思っていなくて、散々叩かれたうえで改善を続ければ企画がいい方向に向かうかなと思ってたんだ。反応がまったくないのはさすがに改善余地がないので厳しい。だけどようやくブクマカに気づいてもらえたみたいで、ちょっと状況はよくなってきたかな。

いいじゃんいいじゃんと始める前は何人か(それも全体からみると小数)がいうけど実際ことが始まったらだれもついてこない

これは本当によくある。言われてみて気がついたが、多くの人に呼びかけ用とする前に、賛同してくれる少数の人を実際にいかに動かすか、そこを工夫しないといけないんだな。

反応してくれたおかげで色々考えが前に進んだ。また改めてアドバイスをくれると嬉しいよ。

2018-07-17

anond:20180717230217

しかし、今の時代、男は男ですぐにメンタル病んで勤怠悪くなるし、自分探しチャレンジとかですぐ転職する。

結婚して子供ができたら産休育休取るし(奥さんが専業でも) 独身だったら親の介護時短とか言い出す。

安定して働けるかどうかって、男女関係なくて、企業から見ると完全にギャンブルみたいになってるんだけどね。

で、日本では、2000年以降20年ぐらい大卒就職率は女子のほうが高くなってる。

これは別にダイバーシティ圧があってのことではないよ。

(むしろ役職女性をつけろって圧力はまったく効を奏してないよ。数合わせのために名ばかり管理職を外部から呼んできたりでごまかされてる)

まあ、男ががむしゃらに頑張って生産性が上がるような職種機械化されたりオフショアに行っちゃって廃れてしまい、サービス業とか消費財企画開発とか、比較女子のほうが有利な職種が残ったのが要因かと思うけど。

増田が言うように「同じ能力なら男性を取る」のは理にかなってるかも知れないけど、それならなおさらこの数字が何を語ってるかというと、今、企業が求めている能力という尺度で考えると、女子のほうが優れていると判断されることが多かったんじゃないのかな?

おそらく、それって、好感度の高い外観や立ち居振る舞いであったり、波風立てないコミュニケーションを行う能力であったり、そういう、増田では「能力」として認められていないものであるかも知れないけど。

クローズアップ現代プラスセックス特集だった

Twitterでもトレンド入りしてたんだけど、

茶化すような内容ではない番組企画意図

理解してないように見えたのは大概アニメアイコンの連中

女に夢を持ちすぎている童貞か、

女に相手にされなさすぎて絶望している童貞

ちゃん恋人いたことあるならできない発想ばかりでキモかった

おい増田ー。Vtuber紹介してくれよー。

白上フブキちゃんイチゴウミウシが好きなんだけどよ―

配信してるゲーム企画ちょっと俺の好みと違うんだよなー

配信のノリ的にはマシュマロに答えている時の兎鞠まり委員長が好きなんだけどよ―

変な同人ゲーとかホラゲの実況はあん面白くね―なーってさー

ゲンゲンみたいな一発芸系も好きではあるなー

TRPGガチ勢おじさんの生活配信は興味ないから見てないけどなー

マグロちゃんはいいセンいってるんだけどなーちょっと動画が退屈なんだよなー

やっぱあの手のゲーム自分でやる方が楽しいんなー

ニコ動ゆかりさんの実況でも見てろってのはまあ間違ってないんだけどなー

データベース化して共有しているキャラによる百合ネタとかエロネタで引っ張られても面白くないんだよなー

つうかニコ動淫夢関連のネタが多すぎてちょっとついてけないであるなー

つまる所なー

・喋りが上手い

・外見と声が魅力的

エロネタとかで無理に話を引っ張らない

人格ちょっとイカれている

・でも悪人じゃなくて善人

・いわゆるアライメント善ー混沌

Vtuber要素抜きで見ても面白動画内容

テンポがよくて間延びがない

って条件をすべて満たしたような配信を探してるんだなー

あほかー

そんなのロハで見れたらコンテンツ市場崩壊するわ

プロお笑いなりアニメなり金払って見てこい

と言ってもなー

一通り既存コンテンツは見ちゃったから新しい刺激が欲しくてなー

anond:20180717103214

薄汚い女と罵倒するワイズ企画のおじさんの顔を思い浮かべた

anond:20180717071302

そんなん放送に達しすらせんだろ。企画段階で偉いさんが赤坂に呼び出されてプロデューサー左遷でお流れや

2018-07-16

ヒット作のツメアカください が(ある意味面白い

https://shonenjumpplus.com/article/entry/tsumeaka_17 最新話

https://shonenjumpplus.com/episode/13932016480029150322 過去のも全部見れるで

これ読んでると売れない漫画家がなんで売れないのかがよく分かるわ。

謙虚じゃないんだよね。

上から目線がちっていうか、「俺の表現って凄い魅力的だし、俺のセンスこそがグローバルスタンダードでしょ?画力が足りないか馬鹿な読者や編集者は認めてくれないけど、俺って本当はもっと評価されるべきでしょ?」って態度がそこらじゅうに溢れてるの。

いやいや、お前単純にセンス表現力が足りてないから売れてないんだし、売れてないってことはよほど運が悪いんじゃない限り今はまだ未熟って事だぞ、って事実を頑なに認めようとしない感じがいいね

まあこの人の場合は「俺って正しいでしょ?俺の感性って優れてるでしょ?」とアピールしすぎなんだよね。

過去作品のデッドオアアニメーションなんてまさにそれ。

「俺って面白いでしょ!俺が書いてる漫画面白いでしょ!つまり俺ってセンス有るでしょ!俺は!俺!俺!俺のことを認めろよ!おい!俺を俺を俺を認めろよーーーーーーー!」ってそのまま叫び過ぎなんだよ。

はっきり言わせてもらうが、よっぽど人生上手く言ってるやつ以外はそんな気持ちこれでもかってぐらい誰もが持ってるから、そんなのをオブラート1枚だけ包んでぶつけられても何も響かねえのよ。

もっとずっと熱意を込めてぶつけてきたら響くかも知れないけど、それを表現するための指標は作中キャラに叫ばせるとか集中線引きまくるとかじゃないと思うんですよね。

その辺りを"心で"理解したら一皮むけるだろうけどねえ。

でも、なかなか上手く行かなそうなのが旗から見ていて伝わっていてそれが(ある意味面白い


そこまで分かってこの企画やらせているなら、この編集は恐ろしいね

月曜日ライバルいとうみきおに描かせた人には流石に比肩しうるね。

某・鳩羽つぐの元ネタ見たんだが

凄いな。

日本映像業界ってこんなの作れるようなガッツがあったんだ。

こんなカルト人気が出るかどうかの採算取れない企画を通せるとは。

でも残念なのがロリコンアプローチして保険かけている所だな。

これで登場人物が全員ブサイクだったら海外でも評価されただろうに。


これに継ぐ作品って出てこないのかな。

インターネットオタクマイナー趣味でありながらも社会に深く食い込んでいく間の時代だったか可能だったという気もするけど。

2018-07-15

街コンに行った結果

30代前半男、高学歴非正規、見た目は良くない。彼女10年以上いない。

この2年間で5回ほど街コンに行った。結果は以下の通り。

・1回目:カップル成立した相手と2回2人で食事に行き、1回遊びに出かけるがその後どちらともなくフェートアウト

・2回目:成果なし(男女比2:1だった)

・3回目:連絡先交換して1回グループで、その後1回2人で食事するも、相手からなんとなくフェードアウトされる

・4回目:成果なし(男女とも一回り年上のイベントだった)

・5回目:連絡先交換して1回グループで、その後1回2人で食事するも、その後どちらともなくフェートアウト

お金払って街コンに行く以上なんらかの成果が欲しい。

からとりあえず俺は食事に誘う。相手はそれを承諾する。

食事中の会話はそこそこ楽しい

ただ、悪い相手ではないのだが、良いとまで思えないのだ。

付き合いが長くなれば相手の魅力も理解できる気がするのだが、1,2回すると遊びとか食事企画をするのが面倒になる。

そしてそのままフェードアウト

憶測ではあるが、相手女性方も同じようなモチベーションなのだと思う。

相手(俺)がその気なら満更でもない程度。

誘われたら承諾するが積極的コンタクトするほどの魅力が俺には無いのだろう。

自分でもそんなに魅力的だとは思えないので、相手が一瞬で俺のことを深く好きになる可能性は考えないほうが良いだろう。

だとすると面倒を面倒と思えなくなるほど相手を好きになるか、誘うとき精神的負荷の少ない相手を探すか。

同性異性問わず、今まで仲良くなった人って学校とか仕事とか、同じ空間経験を共有した人ばかりなので、こういう出会いから仲良くなる筋道がわからないのだ。

100名の最も偉大な日本人

BBCで昔、「100名の最も偉大な英国人」て企画があったけど日本だとどうなるかね?

イギリスだと一位からチャーチル、ブルネルウェールズ公妃ダイアナダーウィンシェークスピアニュートンエリザベスI世、ジョン・レノンネルソン、クロムウェルと二位のブルネル以外は日本でも有名で政治家軍人王族科学者芸術家などで、まあそうだなって感じ。

日本だと、うーん、徳川家康織田信長豊臣秀吉、あと各幕府創始者足利義満北条時宗天皇だとどこから史実認定していいか微妙だけど、桓武や天智、明治昭和平成あたりが候補かな?宗教だと空海最澄など仏教開祖あたりかね?芸術だと、前近代だと北斎松尾芭蕉紫式部近代以降なら夏目漱石宮崎駿黒澤明手塚治虫、ギリで鳥山明くらいかな?科学だと湯川秀樹江崎玲於奈などのノーベル賞受賞者たちか。

平安あたりだと、あと平将門平清盛菅原道真くらいか

近代政治家だと、田中角栄佐藤栄作伊藤博文あたりが入りそうだが、山県有朋岸信介はかなり微妙

軍人枠だと東郷平八郎山本五十六、あと秋山真之西郷隆盛土方歳三

企業家だと、河村瑞賢、岩崎弥太郎本田宗一郎豊田佐吉とかあたり?

スポーツだと、王貞治長嶋茂雄あたりかね?あんまり詳しくないので良くわからない。

女性紫式部くらいしかかばんかったけど、津田梅子あたりはマイナーかな?宇多田ヒカル樋口一葉あたりかな?

2018-07-14

男の問題は男が責任取れよ

痴漢にあった小学生を何故周りの男は助けなかったのか、みたいな話が「男女平等なら女の問題は女で解決しろ男に求めるな!」って炎上しまくってたけど、

性犯罪は女の問題じゃなくて加害する男の問題だろ。

「女の窮地を男が助ける」じゃなく、「男のゴミを男が引き取る」って考えた方がいいんじゃないか?

男性から女性への性加害は、男性問題。そう考えたら、女性だけに解決させようとすんのがおかしいことくらいわからいか

警察関係者によると、痴漢を捕まえる第三者(つまりその場で加害を目撃し被害者を助けた他人)って、8割以上女性なんだそうだ。これ日本だけじゃなく、アメリカでやってる実験番組で、ダイナーや路上で困っている人や理不尽な扱いをされている人(役者による仕掛け)を配置して周りの反応を見るという企画でも、痴漢女性被害者のケース以外も率先して助けるのは八割女性だそう。男性言い訳して助けない。

女は男に助けを求めて甘えてるどころか、充分に男女問わず助けている。

性犯罪という男のゴミ問題を女にだけ押し付けるのは、もう男女平等でも自立でもない。むしろ男の側の甘えだ。

2018-07-13

anond:20180712230102

コミュ障抱えて長年いろいろ試みているけど、一向に改善しない私より。


何とかコミュニティコミットしようとして、いろいろ会や企画を考え、

皆楽しんでるように見えて、自分孤立していないんだと思い込んでいた。

しか多忙な時期と重なり、自身からの発信が途絶えたところ、

途端に孤立してしまった。他のメンバー同士では合っているみたいなのにね。


まあそんなもんだと自分に言い聞かせつつ、モヤモヤを抱えてもいる。

また発信していいのかな。

皆私さえいなければ、もっと楽しいのにと思っているのではなかろうか。

2018-07-12

anond:20180712230102

経験的には、そういう企画って皆で食事してるときかに何となくまったりする

企画が出るその場にいれば当然参加しやすくなるし、そもそも一緒に食事できない相手もっと深い中になるのは結構難しい

なので、企画をよくやってるメンバー(全員じゃなくても)と一緒に飯を食ったりするといいかもしれない

でもって、「こないだああいうのやってたけど、あれ楽しそうだね」とかいってみたり

どこにいてもひとり

学生の時も、社会人になっても、孤立はしていないけれど仲の良いみんなで集まろう、という企画には呼ばれない人種として生きてきた。

これから1人で生きていくぞと自分を奮い立たせる気持ちと、もういっそ終わりにしたほうがいいのではという気持ちがぐちゃぐちゃに混ざっている。

結局人と関わらなきゃ、生きていく価値を見出せない人間なのかーそういうところだけ人間らしいなーとしみじみしている。

からでも間に合うコミュニケーション方法があったら教えてくれ。

2018-07-11

イカのチーム運営がつらい

身バレが怖いのでフェイクは入れている。


自分は今、巷で大人気()の、例のイカゲーでチームの運営をしている。

2の発売日前から募集を始め、今は100人を超える規模になっている。

イカナカマのチーム一覧でも常に上位に入る、よく管理されたチームだと思う。

毎日メンバーの誰かがDiscordでリグマやプラベを呼びかけ、それに集まる。

また、自分企画を考え、例えばチーム内ドラフト杯を行ったり、活動は多岐に及ぶ。

笑い声が絶えないVCには常に人がおり、メンバーにとって居心地がいいチームであると感じる。

最近ではオフ会もよく行われており、自分も数回顔を出している。

大きな問題はほぼ起こらず、メンバーに恵まれた良いチームになったと思っている。

それでもつらいと思う原因は3つだ。

====

特定メンバーのin率が悪い

うちのチームでは3週間、絡みがないメンバーは脱退処理を行っている。

ただ、脱退については複数人いるサブマスターとの合議制だ。

そこで意識差が生じる、例えばあの人はあまりインしないけどお子様がいるから、など理由をつけて脱退処理が出来ない。

自分としては、チームの役に立っているメンバーに関しては少々in率が悪くても残す。

ただ何の役にも立たず、人がいいからだけでチームにいる人は、必要ない。

100人超えはしているものの、アクティブは30人程度だろうか。とても悲しい、つらい。

メンバーとの意識差が大きい

自分は昔からオンライン対戦ゲーム活動をしてきた。

昔は様々なゲーム日本代表として、運営の金を使って海外渡航したり、ユーザ主催大会で優勝をもぎ取ってきた。

RTSが主で、シューティングゲームイカが初めてだ。ついでにいうとゲームパッドなどほぼ触ったことがなかった。

それでも、日本代表とまでいかなくとも強くなりたいという気持ちは、自分根底にある。

しかし、ほぼ全てのメンバーは、真剣に強くなりたいと思ってはいない。

そこを変えようと必死で頑張って企画を考えたり、大会に出ないかと誘ったりしてきた。

何故なら対戦ゲームにとって最終的に残るのは勝敗からだ。

勝敗にこだわるからこそ、楽しみが見える。ヘラヘラしているだけではいけない。

結果、変えることは無理だった。それはわかってる、強くなりたいと本気で思っている人は1人でもやる。

これが正直1番つらい。何のためにゲームをしているのかわからなくなる。

・実力のあるメンバー向上心が見られない

メンバーの中でもしっかりとした実力を持った人が数人いる。

しかし、そのメンバーが他の実力のないメンバー意見スタイルに流されている。

それを見るのはつらい。せっかくの実力が、無駄になっている。

よく言うのは、うちのチームよりやりがいがあるチームいっぱいあるよ?って。

でも抜けない。自分はその人のためを思って、お節介だと思っても言ってるのに。

ちゃんとした実力を持っている人が、周りの環境に流されて潰れていくのを見るのはとてもつらい。

ここ1ヶ月、メンバープレイしているのはサーモンランだけだ。

楽しくなくなってしまった。あれだけバカ騒ぎしてたリグマやプラベが。

なまじ実力が自分につくにつれ、もうヘラヘラした環境は耐えられなくなってきた。

1年半を境に、自分はチームリーダーを降りようと思う。

対立してる多数派少数派同士でさ

大麻吸いつつ対談する

 

みたいな企画ネットフリックスでやんねえかな

2018-07-10

anond:20180710170207

おい、さすがに設定甘すぎるぞw「企画」が職業ポジ用語として成立するのはお前のいる業界だけだぞw

anond:20180710165358

企画なので、パワーポイントとかExcel程度だと思います

フォトショップとかそういうのは無いです。

ゲームはやってるかどうか知りません。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん