「企画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 企画とは

2019-01-24

バーチャルさんはみているが面白くない理由

バーチャルユーチューバーかいう素材そのままの面白さだけで売れた素人集団素人集団がやりたいようにさせたから三流アイドルが群れて早口でキャッキャするだけの見ててサブイボが立つ番組になってしまった点

それぞれのコーナーを設けてしまった為、それぞれの素材としての面白さと企画基本的なつまらなさがぶつかり合ってしまいコーナー毎のマニアしか受けない点

そのコーナーを順番を入れ替えたりする訳でも無く収録したものちゃんと使ってしまうせいで期待感が無くなってくる点

上記の通り全員が全員台詞を言おうとする為に早口になってしまうのでバラエティのなり損ないでありながら早口応酬で緩急が無くなってしまうので騒音しか聞こえなくなる点

多分全員そこまで仲良くないんだろうなと思えるほどに笑いが乾いている点

インチキ野郎の特徴

1 出来も分かりもしない事を偉そうに発信

2 やたらと人当たりが良い

3 最終手段→泣くか脅すか黙り込む

4 計画企画だけは偉そうに実行出来なければ人や世間に丸投げ

5 所謂ドラえもんジャイアン理論(お前の物は俺の物、俺の物は俺の物)

6 首を突っ込まなければ良い黙ってれば良い他人世間に口出し

7 登場人物肩書だけは最大限に活用(社長店長先生教授CEO等諸々)

8 有名人関連アピール(例えば自民党大物議員と云々とか、ホンダ役員と云々とか、乃木坂の人気メンバーと云々とか、東大教授と云々とか)

9 7.8と通ずる大手企業アピール(例えばデンソー出資とか、Googleが共同で開発とか、イオン販路販売とか)

2019-01-23

ついなちゃん

あたらしいボイロのクラウドファンディング企画きてたのか。

特徴強すぎて使いづらそうに感じるけど、頭に包丁ぶっ刺したキャラが今では普通に受け入れられてるからなー。

フェイク】ラブコメエロコメメインなラノベ作家の内情

201901241215追記

この増田は一から十までフェイクです。ラノベ作家でもその関係者でもない人間によって書かれています登場人物モデル存在しません。フェイクだというのがフェイクなんでしょ?と疑う人もいるかもしれませんが、そこまで面倒見きれません。

モデルはいないけど元ネタはある。

http://b.hatena.ne.jp/entry/4663572847427800385/comment/packirara

キャノン先生に同じようなシーンがあった気が 

これが大正解。あの、エロ漫画を好きで描いているエロ漫画家などいるわけがない(主人公たちは思いっきり好きで描いてた)というエピソードを思い出しつつ書きました)

なんでこんなものを書いたのか。

はてなブックマーク - 作家デビューしたけど向いてなかった

この元増田(なぜか既に本文は消えているようだけど)を読んでいて、これ、別に作家でなくても書ける内容なんじゃないかWikipediaまとめサイトに載ってるような情報ぐらいしか出てないみたいだし……と思ってしまいました。

もちろん作家が書いたからといって、作家しか知りえない情報が必ずしも盛り込まれるとは限りません。しかし、だとしたら、作家でもなんでもない人間Wikipediaまとめサイト妄想だけを頼りに作家を装って書いた文章を、果たして読者は見分けることができるのか?というのがどうにも気になりました。それを調べるための実験です。

結果はご覧のように、ブコメその他での言及にこの増田信憑性疑問視するものはごく少数、ということになりました(早い段階でフェイクの可能性をはっきり指摘するコメントが一つ付いていたけど削除してしまったようです)。つまり、この程度のそれっぽい知ったかぶりならどこの馬の骨でも簡単に、いくらでもできるのです。Wikipediaまとめサイトさえあれば。

それでは本文をお楽しみください。


https://anond.hatelabo.jp/20190122141644

これに触発されたので、僕もちょっと書いてみる。元増田と違って大した差し障りはないのでツイッターでやっても別にいい気はするが、とりあえずはここで。

簡単自己紹介。数年前にとあるラノベ新人賞で、銀賞というか佳作というか、その辺のあまりパッとしない賞をもらってデビューした。アニメ化するようなヒットは全然ないが、ギリギリなんとか戦力外通告を受けないぐらいのラインで、しぶとくお仕事をさせてもらっている。主に書いてるのは、ハーレムとかパンチラとかラッキースケべとかそういった内容のご本。

デビュー作とそれ以外の作品でかなり毛色が違っているので、いわゆる魔改造をされたと言われることが多いのだが、これは実は全くの誤解。

当時、自分が好きなストレートラブコメエロコメ作品で何度か賞に出していたものの、たいてい一次は通ってもその上で落とされ、特に選評などを見るとどうしてもジャンルで既にマイナス点が付いている感触があった。なので受賞した投稿作は、完全に「賞向け」「審査員ウケ」を狙い、自分趣味を徹底的に殺して、キャラも話も文章も地味めで分かりやすく硬派に見えるように仕上げてみた。

まり安易作戦なので上手くいくか自分でも半信半疑だったが、蓋を開けてみれば、派手さはないがヒロインの魅力に頼らない骨のある懐かしい作風で〜みたいな狙ったそのまんまの評価をいただくことができた。正直、この人たち(審査員ちょっとチョロ過ぎない?と軽く拍子抜けしてしまったぐらいだ。

デビュー作は、幸か不幸か売り上げの方はぜんぜん振るわず、あっさり数巻で打ち切りとなった。そのため編集者から提案もあり、難なく今の(元々の)作風に移行することができた。これも半ば予定通り。

というわけで、自分現在パンツとかおっぱいとかが乱れ飛ぶタイプ作品毎日シコシコと書いていること自体には、特に不満はない。のだが。

以前とある飲み会出版社パーティなどではなく作家同士の小さな交流会のようなもの)に珍しく誘われて出席した時のこと。

僕の隣に座ったのは、僕の一期あとに同じ新人賞デビューした作家で、僕とはほぼ正反対ジャンル、つまり緻密な設定とか読者の心をえぐるような深い展開とかが売りの作品を書いている人だった。

その人が、こんな風に話しかけてきた。

「大変そうですねえ、お仕事

二人ともラノベ作家なのに、なんでそんな当たり前のことを言われるのか、一瞬よく分からなかった。だから、それはお互い様ですよとかなんとか適当に返事をしたのだが、向こうは「いやいや、そういうことではなくて(笑)」と首を振って、

「やっぱり書いているジャンルが“ああいもの”だと、ねえ? ご苦労も多いんでしょう?」

と、心底気の毒そうに言うのだった。

どうやらこの人も、僕が編集者に無理やり、“ああいもの”を書かされていると思い込んでいたらしい。一般読者ならともかく、一応は同じレーベル仕事をしている同業者にまで「魔改造」を同情されていたのかと思うと、少なからずショックだったが、気を取り直して、“ああいもの”を好きで書いているということを一から説明した。しかしそれでもその作家は、

「はぁ……?」

不思議そうに首を傾げていた。好きこのん文章パンチラ表現する人間という存在が、完全に想像力埒外だったようだ。ほどなくして、理解を諦めたのかその人は向きを変え、僕とは反対側の隣席の作家との創作談義に移っていった(話し相手を失った僕は黙々とぼんじりを食べ続けて翌朝胸焼けを起こした)

それからしばらく経って、その作家作品アニメ化を果たした時。ネットニュースか何かで、

『今はあまり頭を使わず軽く読めるコンテンツばかりが流行っているが、そんな中で自分作品のようなクラシックスタイル物語奇跡的に評価されたことが本当に嬉しい。苦労して企画を通し、コツコツ努力を重ねてきた甲斐があった。』

といったようなことを語っているのを見た。

一応言っておくと、この作家作品は、デビューから一貫して僕の「頭を使わず軽く読める」作品よりもずっと売れていた。

それからアニメ化された当該作品に関しても、編集者企画書の段階で惚れ込んで、当初からかなり自由執筆させていたらしいと聞いている。

なんなんだよ。

とは思ったがまあ思っただけの話であって、それ以後その作家とは会話をする機会もないままだ。どうか末永く幸せに生きてもらいたいものである

別にこの作家けが特別どうこうというわけではない。たいていのラノベ作家はこんな感じの認識である。それに実際、大なり小なり無理をしてラブコメエロコメを書いている作家は多いので、仕方がないところはある。

そういう作家はしばしば、一見「単なる脳天気ラブコメエロコメ」だが実は深いテーマ性を持っていて……といった方向性に進むことがある。業界に詳しくない人には意外に思えるかもしれないが、実は現在ラノベにおいてラブコメエロコメジャンル(風)でヒットしている作品は、ほとんどがこの隠れシリアスタイプなのだ。「単なる脳天気ラブコメエロコメ」のままそこそこのヒットを飛ばすのは、どシリアスアニメ化までたどり着くことの何十倍も難しい。

そんな状況なので、僕が書いているようなジャンルに対する態度は、編集者も大して変わりがない。ラブコメエロコメというのは、書かせている(僕は自発的に書いているが)編集者にとって全く好みではないのはもちろん、商業的に見ても大ヒットはほぼ望めない(しかし賑やかしとしてレーベル内にある程度の数を確保しておく必要がある)、全くうま味のないハズレくじ的な仕事なのだ

僕も自分担当さんには、こんな薄利作家作品の面倒を見させて本当に申し訳ないなといつも思っている(でも電話越しの打ち合わせの途中で眠くなったのか「あーはいはい、ほいーっす。了解でーす。失礼しまーす」といきなり通話を切ったこはいまだに許していない)

肝心の読者も、ラブコメエロコメにはとにかくむやみに厳しい。売れれば「作家の魂を売った恥知らず」、売れなければ「自業自得」とさんざんな言われようだ。本当にそういうジャンルが好きな読者は逆にあまり作品感想などをネットで公開しない傾向があるので、世間にはラブコメエロコメへの罵倒嘲笑ばかりが溢れることになる。

また、ラブコメエロコメをメインジャンルとすることの地味に痛いデメリットとして、「ラノベ作家内での派閥が作りにくい」というのもある。なぜそうなるのかは、ファンが声を上げづらい理由と大体同じだ。察して。

ラノベ作家にとって作家同士の横の繋がりは、一般に考えられているよりも遥かに重要である。まず、いざという時のセーフティネットとしての機能現在仕事をしているレーベルから切られた時に、知り合いの作家から他のレーベルに口を利いてもらうといった助け合いは、作家の間で日常的に行われている。いざとなったらあそこで書かせてもらえる(かも)、という心の余裕があればこそ、いま現在執筆している作品で大胆な冒険ができるというものだ。

それからツイッターで他作家とイチャついて仲良しアピールをするBL百合営業可能になる(作家同士で作品宣伝をし合う効率の良さと読み替えてもよい)

ガチラブコメエロコメ作家として活動するということは、これらのラノベ作家コネクションの利益放棄するに等しい。

(ちなみに逆にコネを作りやすいのは、SFミステリラノベ外に巨大なコミュニティがあるジャンルなので、既存ネットワークに乗っかることができる)

といった具合に、世間での気楽なイメージと違って、ラノベガチラブコメエロコメを書き続けるというスタンスは、僕の実感で言わせてもらうと、四面楚歌に近い。

結論:「ラブコメエロコメが本当に好きな奴はむしろラノベ作家はやめておけ」












と言いたいところだが、逆に考えると、本当に好きでもなければやってられない仕事だということでもある。

どうせ好きで好きでしょうがない奴は何を言われても言われなくても勝手にこの道に進んでしまうだろうけど、まあ、覚悟だけはしておいて損はないよ。

ミリシタでASの出番が少ないという意見は、なんか違うと思う。

TH@TER CHALLENGE

先日、アイドルマスター ミリオンライブ シアターデイズ(ミリシタ)内で投票企画が行われました。

予め用意された役柄を、どのキャラクターに演じてほしいか投票する企画です。

この企画自体は3回目で、グリーミリオンライブ存在していたこから年に一回のペースで開催されています

今回の企画通称TCでは、前2回から投票対象キャラクターが拡大されました。

765ASと呼ばれる、アイドルマスターシリーズ最初からキャラクター13名が、満を持して投票企画に参加できることになったのです。

(最初期なら真美含めても10名ですが、そういう細かいこと言わない)

この企画が初めて開催されたときASの不参加を残念がる人間は多かったのですが、同時に仕方ないかという空気もありました。

グリマスユーザー間では、長くサービスを続けてくる中で、グリーからの追加キャラクターたち(シアター組。最近ではMSとも)の人気はASに勝るとも劣らないまで育ってきていたと思います

が、投票企画ともなれば、普段グリマスを遊んでいない人たちも参加してくるのは予想され、その人たちは昔からキャラクターであるAS応援したくなるでしょう。

グリマスアクティブと、アイマス全体の潜在的人口を考えれば、ASがほぼ全ての役を埋めてしまい、投票企画が成り立たないこともあり得ました。

たらればの話に過ぎませんが、そんなに的外れでもないと思います

シアター組の躍進

時が経ち、ミリシタの健闘によって、シアター組の知名度は以前と比べてグッと上がりました。

今ならASも含めた765プロ52名でいい勝負ができる、と運営も踏んだのだと思います

勝負は白熱しましたし、企画も盛り上がりました。

蓋を開けてみれば、ASは5名、シアター組は10当選と、悪くない結果だったと思います

(当選テーマが偏ったことについては、今回は関係ないので割愛します)

人数比で見るならAS当選率が高いとも言えますが、この企画の特徴として、過去当選経験のあるキャラクターは勝ち上がりにくい空気があります

投票システム自体には、当選経験の有無による有利不利はありません。

単純に、人情的にまだ当選したことのない子を応援したいという人が少なくないようです。

実際、今回の当選者のうち、過去の未当選者は15役中12名でした。

当選者の残り人数を考えると(AS8名、シアター組4名)、今回の結果は悪くないと思います

主題

さて、そうして盛況に終わったように見えるTCですが、勝者と敗者が出る以上、不満の声はやはり出ます

不満の中に、こんな声があって、それに色々思うところがあったのでこのブログを書くに至ったのですが。

「シアター組の子たちは、待ってても出番がある。ASはないから、何としてでも役を取りたかったのに」

意図はわかるんですよ。

ミリシタにおいて、ASプレイアブルキャラクターでありながらも、前作からゲストキャラみたいな立ち位置になってしまうことが、ままあります

具体的にはメインコミュ(月2回更新)でのソロ曲実装がシアター組優先であるため、現在ASソロ曲ミリシタに実装されていないこと。

また、ミリシタのイベントに連動でリリースされている新曲シリーズMTGに、恐らくASは全体曲のUNION!以外参加しないであろうこと。

まりASは(ミリシタ代表曲BNTとUNION!を除いて)ミリシタから新曲がない。少なくとも現時点でこれは事実です。

同じプレイアブルキャラクターなのに、ASはシアター組より出番や新曲を与えられてない。

ミリシタ以外の展開も、今のところ今後の予定が見えない。

から投票企画で勝ち取るしかないんだ!AS背水の陣なんだ!

と、そういうことですね。理解はできていると思います

この発言の中の、役を取りたいってところは別にいいんです。当たり前の感情です。

私が引っかかるのは、『シアター組には待っていても出番がある』『ASには先がない』の部分でした。

ASミリシタで冷遇されている?

先に書いた通り確かに平等ではないです。

では、それ以外の面では?

実装される既存曲にはASが入っている曲も沢山あるし、コミュにもCDドラマパートにも出演しています

SSRは全員2つずつ回ってきていて、CS衣装ライバルキャラクター実装されています

ローディング画面のイラスト四コマ誕生日などの細かい要素も平等更新されます

過去コロンビア曲も折に触れ期間限定無料配信、期間を過ぎても有償で買えます

そもそもミリシタ以外の展開が見えない!絶望!とか言ってるのが贅沢な話かなーって。

グリマス以外の展開が見えない!絶望!と口に出すのも憚られる空気、何年続いたかなあ……。

ステラから1年程度で絶望されても……。

もう、何度公式アンケートに、シアター組もCS展開に合流させてほしいと書いたか忘れましたけどね、私はOFAくらいから毎回期待してましたよ。

いつ50人(今は52人)の765プログリマスの外に解放してくれるのだろうかと。

DLC参加させてくれたOFAには感謝していますが、ゆーてもあれ無言のライバルキャラとしてですからね。

結局、PSステラはシアター組の存在なんてない世界観でしたし。

ASだって簡単に今の位置に来たわけじゃない、それは知ってる

こういうこと書くと、AS自分たちで土台を築き上げてきたんだから、シアター組もそうしろって言う人もいます

私は、箱無印からアイモバ以外のアイマス全部遊んで、ライブこそASだけの頃は行かなかったけど、アニメCDも追っかけてきました。漫画面白いと思ったやつは買いました。

ASは嫌いどころかむしろ大好きだし、その軌跡もほぼ把握していると思います

から言いますね。

ASが6年目になるまで、何作ゲームが出て、何作漫画があって、何作アニメがありましたか

(まあ、ゼノグラシアカウントしなくてもいいけど……)

パイオニアたるASの苦労と、後続作だからこそのシアター組の苦労、そういう違いはあります

デレマスのようなキラータイトルが後輩が先輩か、これも大きな差だと思っています

脱線ちゃうので詳しくは書きませんが、グリー時代ミリオンライブ、あれ流行るわけないでしょう。時代遅れの上に、すぐ先をヒット作のデレマスが突っ走ってるのに。

(ちなみにデレマスもモバスアニメ、全部触っています)

映画は、ASだけ聖域化して、シアター組はゲストかいう便利な枠で、キャラ改変に汚れ役モブ役させられたアレはどちらにとってもマイナス要素のが強かったと思っていますけど、一応ミリオンもアニメ出演したとカウントしてもいいかな。

映画ゲスト出演くらいで並び立てる作品数の差ではないと思いますし。

でも、両方知ってるからこそ思います

ミリシタができるまでの4年間、ミリオンライブがコツコツ積み上げてきた50人の765プロという世界

ASと対等に並び立てるまで、少しずつ頑張ってきたシアター組の存在を、私は見てきました。

その過程で、『待っていても出番があるAS』『先が見えないシアター組』を見てきました。

苦しい時代ちゃんと乗り越えて、ようやく与えられたのがミリシタなんですよ。

そのミリシタで、シアター組が優先されて何が悪いんですか?

不快なっちゃった人ごめんね

ここまで喧嘩腰で書いてしまいましたが、グリマスミリシタをプレイしている普通ASPに対して書いてるつもりはありません。

あくまで、被害者意識丸出しで、ASだけ出番なくて可哀想!つらい!みたいなこと言ってる人を見てモヤモヤしただけですので。

こんなしょうもない長文に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

anond:20190123045056

原作者そもそも実在するのか?

企画もののために作られた架空キャラクターでは?

腐女子かどうか怪しいんだけどその前に実在するのかも疑わしいんだよな

いや、「作者」は存在するだろう…実際は作画担当が話も考えているかもしれないが。

作画は絵柄でどこの誰だかバレないのかな。よっぽど無名な人なんだろうか。

あいう実録系しか描いてない底辺だとしても、あれだけバズればバレそうだけど。

腐女子カーストイライラしたので長文書いたら文字数引っかかったの

腐女子カーストイライラしたので書き殴った長文1

https://anond.hatelabo.jp/20190123044359

の続き

疲れてきた

ところで表現の自由って政府は介入しないってことだから

株式会社ウェイブ自己判断配信停止したのは表現の自由侵害でも言論弾圧でもないか表現の自由でググれ

ウェイブ炎上したコンテンツ今後も配信し続けたら会社に悪影響だから下げたんじゃねえの

腐女子図星つかれたからって顔真っ赤にして正論発狂して批判反論しまくって配信停止に追い込むなんて最低の民度だなキチフェミ表現の自由侵害言論弾圧いじめだって言われてるけど

腐女子かどうかも疑わしい自称腐女子原作者に実話エッセイとして実態に即していない偏見に満ちた腐女子への悪いイメージ助長される商業漫画を描かれたら腐女子は嫌な思いするだろ

実際「腐女子ってこうなんだ」って受け取る人間はいたし

批判反論も出るのは当たり前だしバズってたのは腐女子カースト大喜利だったじゃん

こういうのは相手にしないでスパブロってのはバズったのも見かけたけど配信停止を呼びかけるバズりツイートは見かけてないし検索かけても配信停止前の段階ではなかった 検索が甘いかもしれないけどあったとしても数ツイートだろこんなん影響力としてちゃちすぎるし署名運動したわけでもなく停止すればいいのにって呟きすらだめってそれこそそっちの論でいう表現の自由侵害じゃねえの?

腐女子は笑いものにされてればいいんだよいじめられてればいいんだよいじめた側を責めるな腐女子のやったこはいじめって感想人間がそこそこいるかイライラする

鉄オタとか男オタクとか俺たちが笑いものにされてるときは放っといたくせに自分たちときは嫌がるのかってそりゃ誰だって自分が身に覚えのないことで笑いものにされるのは嫌だろ だから自分でできることをしたんだろ

鉄オタも男オタクも今回腐女子のために何かしたか? してないなら俺たちのときはお前ら助けてくれなかったのになんて話をするなよ女は全人類のお母さんじゃねえんだよ個人的に親交があれば助けたりもするって話でしょ人間なんだから 

自分たちがやられたとき自分たちでできることをしたのか? できることをしたのにいい結果にならなかったならそれは理不尽で正されなければいけないことだし行動した人は偉いけど

俺たちはひどい目にあっても我慢したんだからお前らもひどい目にあっても我慢すべき これだから女は ってことなら話にならねーよ糞

tukareta

第三話

腐女子恋愛事情

居酒屋腐女子会をしてたとしよう (見ず知らずの男性陣に声をかけられ)『おねーさんたち一緒に飲まない?』なんて即席合コンラッキーチャンスがあったとしても 普通は(机をくっつけて合コンが始まる)所が 腐女子場合 『いやイイッス』と殺意を抱く結果に」

腐女子関係なく即合コンしないだろ ラッキーチャンスと認識しないだろ 女は友達で集まってる最中知らない男に声をかけられたらラッキー合コンチャンス!ってなるのが普通って価値観お前本当に女か?

大学時代の先輩腐女子彼氏持ちの付き合って一か月で穴る喪失エピソードからアブノーマルに慣れ親しみすぎて性に対するボーダーラインが低くなりがちなの腐女子は!!」

サンプル数1で「腐女子は~」って普遍化するな!!!!!!!!!悪質なデマを流すな!!!!!!!!○○高校JKはすぐヤらせてくれるみたいな下種の勘繰り、発想が邪悪

というか自称腐女子彼氏持ち原作者アブノーマルプレイしてないならアブノーマル先輩腐女子一人とnotアブノーマル腐女子原作者一人で破綻してるじゃんこの説 アブノーマルプレイに引いている描写があるってことは自分原作者)は違うってことだろうし

そして流れるように先輩腐女子彼氏disる 何?

問題なのは自分モテない理由恋愛対象にすりかえるタイプ

「その中でも大半を占める『私女の子も好きなんだよね』」

「『やっぱ女の子最高 付き合って』 こんな感じの自称バイセクシャルファッションレズ発言するやつ」

「主に2パターンあるがどちらも対象関係なく『それ以前にモテなそう』な風貌をしている場合が多い」

パターン原作者10代の「普通じゃないアタシ」演出発言例「男とかキョーミない女の子イイにおいやわらかぁい♡」

パターン原作者大人の逃げ(言い訳)」発言例「女同士の方がわかりあえて気楽」

→ついにやっちまったなお前

ぶっちゃけ配信停止の一番やばい理由ここだろ

「読者の皆様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありません」って声明を出して腐女子が気にくわないか配信停止しましたって感じに見せかけてるけど

いや実際腐女子へのヘイト作品だったけど

ここはガチバイセクシャルレズへのヘイト差別描写なので

男の彼氏がいることが腐女子カースト上位の条件である認識している原作者他者自称バイセクシャルファッションレズと決めつけて見下しているのやばい

思春期において自分同性愛者かもしれないと思ったり実際は違ったりするのはあるあるだけど自称彼氏持ち年上の女が10相手マウント取るのやべーよ 本当にそうだとしても違うとしてもやべーよ

女同士の方が分かりあえて気楽 現実じゃん 大人の逃げとか言い訳とかって原作者がそうであってほしいだけじゃないの?

なんかここ腐女子どころか女視点ですらなくて女はこんな風な愚かな存在であってほしいという人間心理を感じるんだよな…

お前本当に腐女子か?

お前本当に女か?

お前本当に人間か?

実在してるか?

原作者実在も疑わしくなってきた 設定が二転三転してて実話漫画テンプレに無理やりはめ込んだのであちこちボロが出てる感じ

腐女子は恋バナ一つできないんか」「さよう」

→恋バナしてる腐女子普通にいるし既婚者もいるし何なら出会ってから今までの間にふつう結婚した腐女子も何人も観測してるんだよな 

つーかさっきまでdisってた彼氏持ち先輩腐女子の話はどうした とにかく腐女子disるためにそれまでの話と食い違うことその場その場で適当に継ぎ足していくな 混乱するんだよ 設定を統一しろ 原作作画で分けてるのになんだその体たらく

嘘松心理

「あの子の稼ぎとルックスでこんな暮らしできないと思うが」「あの子=友人A 安定の不細工」「インスタ映えに心血を注ぐキラキラ女子

原作者の友人って原作者が見下すためのものなんですかね

これを読んだ人間原作者腐女子は友人をこんな風に見下しているって誤った認識されるのイライラするし反論したら図星乙ってしか返ってこねーの オウムか 鳥頭

ぼかしてるけど商業漫画ジャンル名出してあまりいい意味ではないネットスラング紹介するのってとりあえずそのジャンルにとっては迷惑じゃないですかね

定着して松関係ないことにも嘘松が使われてるのかわいそうだしいい気分にはならないんですけどそれをますます助長しない? これ

「やっかいなのはウケてバズったのが快感になって他人迷惑かけ始める人たち」「たとえば○○ジャンルとある作家が鍵を外して人気が上がり前とは比べ物にならない量の反応をもらい調子に乗ってしまったのかパクツイを始めて炎上!」「ねえちょうだいよぉぉぉ前みたいに「いいね」ちょうだあああああい」「いいねは人を狂わせるのだ」

パクツイはだめだね

パクツイアカウント滅べばいいのに

たまにパクツイアカウントツイートRTされてくるとちょっと悲しい気持ちになりながらブロックしてる

ところでそれはそれとしてこれ個人誹謗中傷じゃないですか

というか実在するんですか Twitterやっててトレパクやらいろんな同人トラブル腐女子炎上したり何かあれば学級会するのは何度も見たけど腐女子パクツイ炎上ってあった?

コピーライティングパクツイ炎上とごっちゃにしてない?

というか作家承認欲求に狂ってアウトな行動に走り炎上して「いいねは人を狂わせる」ってオチにしたいならトレパクを例にするのが腐女子場合適当では?

原作者本当に腐女子か?

「何でもかんでも叩く風潮は萌え文化を衰退させてしまうのではないだろうか…」

→何でもかんでも叩くのはよくないね

でも叩かれる理由があるものは叩かれるよね

そしてこの漫画自称彼氏持ち腐女子としてとにかく腐女子というだけで何でもかんでも叩いてきた原作者お前が言うな


お前本当に腐女子か?





腐女子カースト漫画が出回り始めた時点でこれが腐女子の外に届いたら「腐女子図星をつかれて発狂wwwwwwwww」「腐女子さん正論涙目wwwwwwwwwww」みたいな腐女子叩きまとめ記事害悪アフィでできてコメント欄腐女子叩きが嬉々として始まるんだろうなって思ってたけど当たったよ畜生

配信停止について不快であるという理由BL規制されてもいいのか表現の自由侵害する腐女子民度は最低ってそもそも話の流れを理解できてないんだよな 表現の自由政府以外に侵害できねーしそもそも腐女子配信停止の働きかけはしてなかったし配信停止は会社自己判断

なのに腐女子カースト配信停止する理由として「読者が不快から」って会社が出したからそれだけ見た人間は読者である腐女子不快に思ったか配信停止に追い込んだんだって誤解して腐女子非難する 原作者の思うつぼだけど腐女子叩けるなら気持ちいからそれでいいんだよな 世の中は糞

誹謗中傷差別表現があったから」だろ実際は 「LGBT差別」もあっただろ 本当に問題があった部分は誤魔化して読者のせいなんですぅする謝罪定型文に逃げるな 差別表現があったことを明記しろ 謝罪になってない謝罪で悪いのは腐女子ですぅに嬉々として群がる腐女子叩きたい人間最初から最後までサンドバッグだよふざけんな




以下どうせこういうまとめされるんだろって思ったら案の定あった害悪アフィまとめタイトル

悲報腐女子さん達、「不快から」という理由作品配信停止させる

腐女子さん達 自分たちが気に食わないという理由作品配信停止させる

民度最低の腐女子さん達、自分たちが気に食わないという理由作品配信停止させるwwwww

まとめタイトルに悪意があるんだよな

タイトル記事が何十個も出てくるから業者アカウントは消えてほしい

腐女子叩きがしたいなら掲示板にそういう目的スレがあるからそこでやって みんな歓迎してくれるし気持ちよくなれるから




原作者は本当に腐女子か?

原作者は本当に女か?

原作者そもそも実在するのか?

企画もののために作られた架空キャラクターでは?

腐女子かどうか怪しいんだけどその前に実在するのかも疑わしいんだよな

もし実在する腐女子ならせめてジャンルだけでも教えてほしいんだよな あん認識他人と付き合う人間怖すぎるだろ近寄りたくないわ

あの漫画腐女子って実際こうだろって思った腐女子 お前はそうかもしれないがそうじゃない腐女子まで最悪人間にするなよ

お前個人またはお前のまわりの人間原作者と一致するだけで腐女子全体が原作者と一致するわけじゃねーから

私の性格がいいかといえば当然こんな記事書いてるから最悪なんだけど

自分はともかく自分が好きな作家腐女子があの漫画に出てくるような腐女子または原作者のような人間だと認定されるのムカつかない?

自分含め自分が追ってる作者も感想くれる人もみんなあの漫画の通りだって認識してるならその旨教えてくれよな 関わったらそういう認定されるんだって知っておきたいか

腐女子カースト 「腐女子」の部分にいろんな人がいる別の集団を代入しても炎上する漫画ってことがわからないの? それを腐女子なんだから差別されても黙ってろ怒るなって方がおかしいんだよな それこそ言論弾圧じゃん でも腐女子なら差別していいって心理根底にあるからこういう燃え方するんだよな 糞

腐女子カーストヒエラルキー下位に落ちたくないか非オタの友人にオタクCOできない話さあ

腐女子だとバレる=ヒエラルキー下位どころかこんな風にいくら叩いても笑っても馬鹿にしてもいいし反論は許されない存在認定される かもしれない と同義から恐ろしくてCOできないんだよな

ヒエラルキー下位に落ちたくない~みたいな軽いノリなの腐女子エアプだろ

原作未読未視聴未プレイ二次創作知識ヘイト二次創作大っ嫌いです

2019-01-22

TC終了に際して感じること

最初に、私は暫定結果1位の陣営に身を置いていました。

まず、私は配役の時から「この役はこの子しかいない」と思って投票してました。そして役を争うことになった相手担当、まではいかないが大好きなアイドルTATBで苦い思いをした子なのでどうしても役を取ってほしかった。

まあなんやかんやで投票が終了、担当陣営は無事暫定1位を獲得。このまま円満に終われば、と思いましたがめんどくさいオタクはそうはいきません。

どうしても大好きなアイドルちゃんに役をあげたかった。どうして苦い思いをしているのにも関わらず勝てる方にいかなかったのか。「相応しい役を」というコメントを見かけましたが私は「否が応でも役を取れ」というスタンスでしたので不思議で仕方ありませんでした。

担当陣営比較平和にかつ迅速に「これでいこう」と決定していたので揺るがず一直線に行けたので私はめんどくさい陣営でなくてよかったと心底安心していました。

そんなわけで嬉しい気持ちと悲しい気持ちが混在しているのが私個人の現状です。

それはさておき、私が1番疑問におもう仕組みはコンベンションセンターです。

ご存知の通り、プロデューサー同士の交流可能場所

私はコンベの存在意義は「投票先の意思統一」だと思っていました。

そこで、投票終了となった今、なぜコンベが残っているのか、とても疑問に思いました。

平和に話しているコンベもあれば、荒れに荒れているコンベの存在もあるわけで。特に意思統一に失敗した陣営、「嫌な発言はこの言葉で流そう」とはっきり言った陣営には目も当てられず…1位の陣営への荒らし行為、全く関係ないコンベへのうざったいコメント、など、全く何を考えているのかと。

そもそも荒らしをするユーザーへの対応が雑すぎたのです。荒らしユーザーはコンベへのアクセスが出来ないようにする、ブロック機能を強化する、色々解決策はあったと思います。なのに注意喚起で終わらせられてしまい、根本的な解決はしておらず、荒らしは湧くばかりでした。

そして私自身のコンベの利用について。本当にこれに関しては自分が最低だなと思ったのですが、相手が大好きなアイドルだったのでどうしてもお礼を言いたくてお伺いしました。幸い煙たがられず受け入れてくださったのですが、考えればとても軽率でした。担当の顔も見たくない人もいたと思います。余計なことを言わなければいい雰囲気のまま終われたのに。後悔してもコメントの削除は出来ないのでどうしようも出来ません。今も胃に穴が開きそうで投票間中よりも消耗してるように感じます。この場を借りて懺悔します。

ここまで「客観的に見たコンベ」と「私自身のコンベ利用の反省」について書かせていただきました。

これを踏まえて「配役アンケーターの設置」、「コンベンションセンターを設置する場合投票終了後即刻閉鎖」、そして「コメント削除機能実装」をしてくれると嬉しいなと思います運営ちゃん、お願いします。

どうかこれを読んだ方が次回の投票企画(TD?)などで生かしていただければ幸いです。

2019-01-21

ミリマスTCを端から見ていたデレマスPの感想、というお話

どうもこんにちは

アイマスを楽しんでいるけどアンチを見て楽しめないなあって思うP(約3年目)の一人です。

長い文章になりますが、ご了承下さい。


さて、早速ではありますが本題です。

12/19〜1/19の期間、約一ヶ月に行っていたTHE@TER CHALLENGE!!の話です。

率直に書きます

大変つまらないものだなあと思いました。


もっとも、Twitter等で流れてくるその人の担当ダイレクトマーケティングだとか、一斉投票企画だとかがつまらない。というわけではありません。

運営側がつまらない。前回のTHE@TER BOOST!!も見ていた上での感想です。

今回、本家グリマスのように「コンベンションセンター」が開かれましたね。

原因はほぼそこにあるわけです。


まず、匿名IDなんかにするから荒れるのではないか

というまあ初歩的なところからですね。


次に思うところとして、GREEミリマス時代では電話番号必須だったのに、

何故初期状態(チュートリアル終了後)から投票コンベンションセンター投稿可能にしたのか、という点ですね。

ツイートURLこそ載せませんが、それで荒れるアイドルも居たそうで。

せめて投票コンベンションセンター投稿バンダイナムコIDを紐付けした上で、Plvに制限等を掛けるべきだったのでは。と思います

もし、GREEからスタッフがいるのであればそれくらい気付くべきでは。と思います


比較対象として同じアイマスであるシンデレラガールズを挙げますが、(モバゲーの)かんたん認証では投票できませんし、

第7回でスターライトステージのほうから投票できるようになりましたがPLv20から〜というように制限を掛けています


最初、THE@TER BOOSTを見ていて〜と書きましたが、ぶっちゃけ書くと、「何も成長してないじゃん」ってのが本音です。

アイドルに非はありません。演じている声優さん方にも非はありません。投票しているプロデューサーの皆さんにも非はありません。

運営側が全く成長していないだけ。これを言いたいです。


以上…です、が、最後に一つだけ。

去年、当ゲーム(シアターデイズ)の方でTwitterハッシュタグキャンペーン(厳密にはトレンド1〜5位キャンペーン?)とやらをやっていましたね。


https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-rules


この「トレンド」の項を見てほしいんですが、


特定コンテンツトレンドに表示されないようにする場合があります

これには、Twitterルール違反するコンテンツだけでなく、トレンド操作しようとする行為も含まれます

トレンドに表示できるコンテンツとできないコンテンツの詳細については、こちらをご覧ください。


こちらが「https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-trending-faqs」に飛びます


そしてこのページの「トレンドルールはありますか?」の項を見ていただきたいのですが、

このキャンペーンTwitterルール違反してますよね?と言いたいだけです。


ミリオンライブ!シアターデイズ。大変楽しいゲームだと思います

ですが、運営側処置がとても拙いなあという風に思います


最後とは書きましたが、本当に最後にもう一つだけ。

Twitterでそういった荒れたツイートに大抵ついてきたURL

https://www.matsurihi.me

というものがありました。

開くと、票数だとか色々ゲーム内のデータ抜き出して使っているんですかね。

詳しくないのでよくわかりませんがあまりよろしくないのでは…と考えてしまます

こういったものを取り締まらないのも一つのゲーム運営としてなんかなあ…と思う一つの原因です。


長い文章でしたが、ありがとうございました。

2019-01-20

「木根さんの1人でキネマ」が「美味しんぼであるとするなら

ジャンルの中興の祖、親子関係問題あり)

シネマこんぷれっくす」が「ミスター味っ子」で

上記少年マンガ寄りにアレンジ

おやすみシェヘラザード」が「鉄鍋のジャン」で

(題材を逆張りでつかう)

「邦キチ!映子さん」は「ダンジョン飯である

(際物素材から何故か美味しそうなものができる)

なので、今から映画マンガ企画を立てるとすると

上にあがってないグルメマンガを元に考えると

はかどるのではないかなあ、「クッキングパパ」とか

包丁人味平」とか

ブラックカレーならぬブラックスプロイテーションですか)

anond:20190120192751

今じゃ20代女性10人に1人はAV出演経験ありだっけ?

複数人企画ものじゃなくて単独作品女優だったらトロフィーガールになるけれど、

100人同時セックスだけに出たとかだったらちょっとあこがれは薄くなる

平成31年度東大日本史第4問予想問題 解答例

40行で良かったわ。

低成長時代昭和50年代は、国家はまだ善良であり、金八先生ブームなどもあって性愛のある社会があり、国家成功していたが、85年に日本人の土着性が復活して精神性が失われ始め、昭和天皇死去を待って平成に入り、公共学校などでいじめ流行を始めて国家体制が悪質化したことから不登校児が激増し、また現在の5,60代の両親の層も、昭和のことは忘れて腐敗し、児童虐待や遊蕩にふけるようになったため、子供の間には著しい国家不信といじめ、腐敗して古色蒼然とした昭和に対する嫌悪感による不幸が蔓延した。95年には、オウム真理教による地下鉄サリン事件が発生し、霞ヶ関で5000人以上の負傷者が出て、若者の皮膚感覚による国家不信は一気に増大し、腐敗した親や拉致監禁虐待をしていた学校教師への若者らの憎悪は頂点に達した。この不幸な事態をみたダイエーが、子供の不幸を助けようと思い立ち、従前からゲームボーイファミコンスーパーファミコンなど世間を賑わせたゲーム機器があったところに、セガサターンプレイステーションというスリーディーのゲームハードを発売して、1000本以上の良作ソフトを発表し、ジャスコとも協力を図ってありとあらゆる新商品を発売し、若者らを不幸から救い、絶大な感動を与えて社会に新鮮な革命を起こしたため、ヤクザと化していた当時の国家自然蒸発して枯死して他界し、誰にも認識されなくなった。このようなダイエーを始祖とする大革命は、5年間執拗に続けられ、97年にプレイステーションファイナルファンタジー7が発売されたときは、それまでPRGゲーム二次元しかないと思っていた世間に対し、PRGの世界が3次元になったこから世間に激震が走り、若者らはFF7の革命コンテンツ豊富さに熱狂し、従前から人気があったFF4,FF6に続き、大きな感動を覚えた。また、ダイエー企画した若者向けの流行としてファッションも考えたため、エアマックス95や98といった靴が大流行し、多くのパチものが出回り、東京原宿専門店に行って25万円を払わないと買えないほど人気を博し、多くの若者が所持者に嫉妬した。また、音楽業界が大爆発したために、アムロナミエやGLAYといったスターが、数多くの新鮮な名曲を発表し、東京渋谷などでは、アムロナミエに成り切る、アムラー現象が発生し、プリクラ文化なども花開いた。また、95年に、それまでは、専門家しか扱えないプロンプト形式インターネット通信で、若者には手が出なかったが、Windows95というアイコン操作でき、プログラムの知識がなくてもインターネットができるオペレーションシステムが出現したため、インターネット文化が一気に花開き、ホームページなどで、若者らによる趣向を凝らしたテキストサイトや、チャットなどによる、それまでにはなかったコミュニケーション形態が大流行し、中には、インターネットに熱中して、通信料金が3万円を超えて親に怒られる若者もいた。99年に、西村博之が、大規模掲示板2ちゃんねるというサイトを開設し、若者にとって生々しく面白おかし書き込みが大量にされるようになり、多くの若者2ちゃんねるをみて爆笑したり、必死面白いことを書き込もうとする現象ブームとなり、大人気を博した。2002年には、大都市部に、それまでには存在しなかった牛丼店の吉野家が、初オープンし、食欲狂いが大流行して、ラーメン店や滑稽とも言えるほど高カロリー食べ物提供する料理店が一大ブームとなり、予備校生会社員が、昼間ともなればこれらの店に殺到し、狂ったように食を楽しむ情景が全国各地で見られた。2005年には、インターネット動画サイトユーチューブが創設され、90年代音楽歌手などがユーチューブにPVをアップし、中には再生回数が3000万件を超える作品も出現し、同時に、ニコニコ動画などでも、日本人による、多数の作品が公開され、大きな感動を呼んだ。2005年夏には、ドラゴン桜というドラマ番組作成され、それまで権威的で難渋だった東京大学の入試問題も、易化傾向を極め、ドラマ主人公が「バカとブスこそ東大に行け」と言って若者を刺激し、この影響で、2005年度の東大入試受験者は、前年度に比べ、大幅に増加する現象もあった。このように、平成若者時代を作った30,40年代の者は、昭和時代が終わり、国家が癌化して最悪になった不幸を解消するために、ありとあらゆる思案を尽くして、不幸を無くし、必死幸福に生きようとしてきたのであり、2018年現在でも残っている東京などの文化や、テクノロジーの発展も、全てはこれらの若者の、不幸や地獄は嫌だ、幸福になりたい、という執念深い思いがあったからこそであり、毫も国家のおかげではないといえる。

ぼくがMリーグを観なくなった理由

昨年10月に開幕した日本初のプロ麻雀リーグMリーグ」。

現在は予選も終盤となりより一層盛り上がっていくことであろうこのMリーグですが、僕は開幕時から視聴してパブリックビューイングという実際に試合会場近くまで足を運んで応援するというイベントにも参加してきました。それだけこのMリーグを楽しんでいたし、これからの発展にとても期待しています

しかし、今の僕はほとんどMリーグを観ることが無くなってしまいました。

別に興味が無くなったわけではない。単純に疲れてしまったのだ。今回はこの理由について書かせてもらおうと思います。そしてもし「麻雀は好きだけど分かる」という声があればお聞かせください。

そもそもこんな話をするお前は何者だというところをお話します。僕は別にプロ雀士でもなければアマチュア強豪というわけでもなく、むしろ一般的に見ても雀力が高いとはいえないようなただの麻雀好きな男です。

麻雀を始めたきっかけはゲーセン麻雀格闘倶楽部、麻雀を観るようになったきっかけはAbema TVという、およそ平均的なイマドキの麻雀ファンだと思ってます

そんな僕に衝撃をもたらしたのは、Mリーグ開幕の吉報です。

名前の通りJリーグなどのナショナルリーグ化を目指す試みであり、今までは複数あるプロ団体主催する独自リーグプロリーグとして認識されていた麻雀界に対して、スポンサードによる年俸制という革新をもたらしたのです。(そのため、前述した日本初のプロリーグには語弊がある)これはよりいっそう麻雀を楽しめる!!そう思っていた僕のところに思わぬ訃報が届けられたのはMリーグ開幕後すぐの11月末のことでした。


「RTDリーグの終了」です。




RTDリーグ終了の衝撃とMリーグとの差異

RTDリーグとは先に述べた各プロ団体主催するリーグ戦ではなく、かといって最強位のような超短期戦でもなく、招待選手たちが1年という長期間渡り繰り広げるリーグ戦で、AbemaTV麻雀チャンネルオリジナル企画であり看板番組でした。この番組たまたま視聴したことが、僕が麻雀を観るきっかけとなり、ひいては観る雀が習慣化されるきっかけとなりました。

この番組2016年からまり2018年の3シーズン目は入れ替え基準不明確だったものを降格制度を導入して明確化し、「勝ちたいけど負けるのはもっと嫌だ」という選手たちの葛藤を間近に見ながらよりドラマのある展開となり(個人的には藤田社長の不参戦や、やや冗長にすぎるインタビューなど不満な点もありましたが)、10月に行われた決勝戦の結果小林剛プロの優勝で幕を閉じました。

また来年もこの熱い戦いを観ることができる、そう信じていた視聴者もきっと多かったと思いますしか番組最後に流れたアナウンスは、無情にもRTDリーグ終了のお知らせでした。

そして、その理由Mリーグにありました。

Mリーグ放送母体ほぼほぼRTDリーグと同じで、Mリーグに出場する選手の大半はRTDリーグ選手と被っています。そのため並行して行うことは難しいという判断だと思われます

当初はもちろんこの訃報を悲しく思いましたが、その分Mリーグ応援しようと思いました。しかし、このシコりは次第に大きくなっていきます。RTDリーグMリーグは大きく違っているのです。


観る雀は、疲れる

僕がMリーグを観なくなった1番の理由、それは「週4回という放送スケジュールを追いきれなくなった」に尽きます

Mリーグは月曜、火曜、木曜、金曜の午後7時からそれぞれ半荘2回を行います毎日およそ3時間強で、RTDリーグの単純に2倍の時間です。(RTDリーグは月曜、木曜の午後9時から半荘2回)

そして麻雀真剣に観るのは、とても疲れます

選手思考に思いを馳せながら観るのは観る雀の醍醐味であると僕は考えています。そして視線は常に牌姿にいくため、常に集中する必要があります

もちろん流し見をする人もいるかもしれませんが、麻雀は盛り上がりの場面が明確ではなく、いつその瞬間がきてもおかしくないのです。実況が盛り上がってきてから観ても、それまでの牌の動きや選手思考に追いつかず、「ただ良い手が入っていたから勝った」だけのものになってしまます

そのため僕はRTDリーグを観るときはコンディションを整え眠い時は後からビデオで観るというのが常でした。それでもRTDリーグは週2回、追いつくことは難しいことではありません。

しかMリーグはその倍の週4回。僕は1月20日現在12月上旬試合のところで停まっています

それでも追いつかなくちゃと当初は睡眠時間を削って観たり、食事をとりながなら観るなど、それまでしていなかった「ながら見」をしてでも追いつこうとしました。

そうなると今度は現在ランキング違和感を覚えてくるのです。あれ、Abemasいつのまにこんな下に?とか。それは「ながら見」を行ったが故に、試合の結果が頭に入っていなかったのです。

そして、それは次第に試合内容にまで及び、ビデオ再生して見終わったものが実は既に一回観終わっているものだった、というのもザラにあります。これではとても麻雀を観ている、とはとても思えなくなってしまいました。


Mリーグは、長い

もう一つ決して小さくない理由として、試合以外の要素が多すぎるという点が挙げられます

戦前選手紹介や毎回代わり映えのない対戦前インタビュー(そもそも選手に毎回インタビューの内容を面白く話せという方が無理がある)、そして長すぎるヒーローインタビュー(これについても松本圭世さんはものすごく麻雀勉強してるし自分の色を出しながらインタビューして選手個性を引き出そうと並々ならぬ努力をしていますが)などなど、RTD2018を観ていてやたらとインタビューが増えたことの集大成として実に1回あたり30分近く対局以外の時間があります

もちろん対局だけ映す今までの各プロ団体主催リーグとの差別化を図り、よりドラマティックにエンタメ化をはかる上では必要なのかもしれないが些か長すぎるのではないかと…。


結びに

僕は今も麻雀は大好きですし、先日の麻雀チャンネルの新春特番など面白企画をこれからAbemaTV様には続けてほしいので僕はこれからプレミアム会員でい続けます

しかMリーグに対して真剣に追うことは現在体制下では自分生活リズム範疇での視聴を大きく超えているため、今後もないでしょう。結果だけみてもチームの点数だけなのでイマイチどのプロがどう勝ったなど分かりにくいところはありますが見るくらいはするでしょうがビデオでの後追いを時間ができたときにちまちましていくことと思います。このタイミング記事を書いたのはなんとなくですが、Mリーグの盛り上がりに水を差したいわけではありません。来期以降のスケジュールを考えるうえでこういった意見もあるということを垂れ流したかった、ただそれだけです。

2019-01-19

anond:20190118131308

元増田です。

ありがとう。元々ネットワーク管理者+企画立案+庁舎内の全アカウント管理(2000件くらい)やってたのでセキュリティはもう少し学びたいと思ってとりました。

知識アップデートや他社との交流メリットは感じるのだけど、やはりがめつさを感じます。ま、会社研修費ぐらい持てや(持てない様なところは黒企業認定やで)ってことなんでしょうけど。

TCから始まる765プロ未来予想図(笑)

やあ、俺だよ。

なんかもう、トレンド1位記念とか公式工作しないと売れないの!!って暴露しているような醜態ですねw

そのわずかな試みさえ打ち消すレベルのしょうもなさ、低迷っぷりは憎くて憎くて仕方ない優秀な姉貴、シンデレラガールズの躍進をさら助長させてくれるね。

んで?前回も闇しか生まなかった投票企画に?老害ASをぶっこんだ結果案の定荒れてますwww

愉快だねえ〜〜

いいじゃないの、アイマス不良債権同士仲良く潰し合えば。

まあそんなわけでね、今回はそんな低迷まっしぐらミリオンライブ未来予想図!いくつか考えて見ましたんでね、発表したいと思いま〜す!自称ミリマスぺーは目見開いてよーく見とくように



ミリオンライブ消滅!お前らは一生俺たちのバックダンサーや!

6thライブ後、ハッチポッチ2開催。そこから765ASがどんどんミリシタを侵食していき、AS中心のイベント、新カードが増え始める。

ついにアニメ化と喜んだのもつかの間、蓋を開けてみればアニマスの続編、主人公ASで後ろを金魚の糞が如くついてくだけのミリオンズ。

そしてライブが常にハッチポッチ状態になり、最終的にミリオンスターズの個性もどんどん薄められてスクフェスのガシャで出るモブみたいな扱いになっていく。そして20周年ライブメンツAS、デレ、M、シャニになる。


れいいっすねえ〜ありそうっすねえ!

ミリマスペーのツラした声豚は自己主張だけは激しい癖にコンテンツにこれでも勝手くらいお金落とさないからね〜

君たちが老害老害言ってるAS担当の方がコンテンツに金落としてるよ。

AS組は死にかけのところにいい安息の地を見つけられて、君たちの大好きなミリオンは現実逃避したまま痛みもなく楽に死ねる。

最高じゃん?


次!



アニメ化から始まる大分裂、そして自滅

6thライブの後、アニメ化決定が告知!

内容は、AS世代交代、765からミリオンスターズへのアニマスシリーズお得意の感動ストーリー(笑)

ASガー」「ミリオンガー」「担当ガー」と豚ども阿鼻叫喚

ミリオンを残したい(行動を起こすとは言ってない。)自称ミリマスペー、ASにすがる老害

両者の衝突はイベントライブ不買運動に発展。

結果ミリシタが終わる、AS活躍できる場がなくなって終わる。

さよなら


まあ①の派生版だけどより現実的な流れを入れるとこんな感じですね〜

お金は出さない、でも口は出す。

アリガトミリオンライブwww

まさにオタクの鑑ですね()







特に何もない、普通に消える。

何んんんんんもないwwww

6th以降何んもないwww

運営サイドは頑張るけど金がないからでかいインパクトを残せない。

豚どもも「アリガトミリオンライブー」「セルラン!!セルラン!!」「マイリマシター」ばっかりで金を出さない。

声優ライブだけは行く。

結果鳴かず飛ばずで二度目の死を迎える。

流石にその瞬間だけは荒れる。でも何もしない、できない。

アイマスはデレとMのモバゲー勢に統一される。





これが一番現実的ラインですかねえ。

アニメ化できないのはアニメ化できる体力がないし、しても誰も見ないからであって

っていうか、しても遅すぎるわけで。

っていうかもうミリオンは何しても詰んでる、結局身内ノリ。

口は出しても金は出さないクソみたいなオタクどもを抱え込んだ時点で全て終わってた。

もう何もかも手遅れ。

まれてきたことがそもそもの間違い。

デレに全てを任せればよかった。

これからもデレに比べられ、MからまれASには憎まれ、後輩シャニにすら抜かれ惨めな最期を迎えるのがオチな訳ですよ。

3年持つかな?どうかな?

もう既に少し頭のある豚猿さん達はバンドリやらFGOやらに移動しきったでしょ。

いつまでそこで現実逃避してんの?いつまでしょうもないプライドにしがみついてんの?底辺オタクさん?笑

TCを終えての雑感と今後のミリオンに求めること。

まだ終わってねえだろとかいゴミみたいな発言は受け付けない。

どうせぐちぐち屁理屈こねくり回す奴らが湧くから結論からシンプル


ミリオンスターズは765から卒業して別時空で展開しろ


今回の投票企画シアターチャレンジミリオン史上最悪の黒歴史を刻んだと言っても過言ではない。

ASの加入によって10年来のオタクを拗らせているクソ老害共といまが良ければなんでもいい自称ミリオンP声豚のきったねえ闘争が起きた。

ミリオン界隈は1ヶ月の間ヒリつき、険悪なムード支配された。もうそれに疲れ、嫌気がさして戦線離脱した者、P引退までいった者、くだらないプライドにしがみついて未だにクソみたいな抗争を続ける者、周りを巻き込んで自爆しようとする者。もう阿鼻叫喚である

ただでさえお隣のデレでボヤ騒ぎが頻発してそれに巻き込まれて嫌な思いをしている諸兄が多かったであろうにもかかわらず、この有様だ。

さらに、何を勘違いしたのか運営はこのままASミリオンスターズを結び付けようという意図が見え隠れしている。

死にかけの癖にこだわりだけはいっちょまえの介護老人とその愉快なお仲間たちがこちらに押し付けられようとしている。

「765」の「後輩」であるという設定が完全に足を引っ張っているのだ。

せっかく琴葉も合流してアキバジャックもやってその後の展開も順調なのにこれでは6thや今後の展開に影響を及ぼすのは確実だ。

ぶっちゃけシンデレラみたいに客演扱いしてASのいない別時空のミリオンライブとして独立するか、ASはいい感じにアイドル卒業していただく方向でこの先やればいいんではなかろうか。

それでASオンリー音ゲーでもブラウザゲーでも出していただくか、声優の皆様の限界も近いようですし、そのままさよならしていただくのが賢明なのではないだろうか。

正直もうAS神話はとっくのとうに終わっているんだよ。

朝焼け夕焼け色、ステラステージ……

ASを冠しているゲームやグッズやライブの売り上げを冷静に調べて比べて見れば一目瞭然。

ごく一部の10年もオタクやってる拗らせたおっさんたちが勘違いしているだけなんだよ。

なんでミリシタに詩花が出演したり、ASの曲が出てると思う?

今伸びているミリオンに出ればまだチャンスがあるかもしれないという運営の微かな希望ミリオン陣営のお情けやぞ。

それに気づかずに何を勘違いしてるんだかイキリ出してミリオンPの温情を無下にするような輩が多いこと多いこと。

ミリオンPも今回で目が覚めたろう?

ハッチポッチなんてもうなし、TD?論外、もってのほか

いい加減AS戦力外通告を突きつける時だよ。

こいつらに未来はないんだから、俺らミリオンと違って。

ミリオンライブはこれからなんだから、組む相手選んでいかなきゃいけない。

その辺の要望なり行動なり、頼むよ。

おまえら頑なに金出さないけど、出しどころと引くとこくらいわきまえないと調子こいたASに食われるぞ。

2019-01-18

久本雅美さん

本人や芸風は別にきじゃないんだけどスタイリングがいつも個性的

あんなに人に媚びない自分の好きなオシャレを楽しんで充実して(そうに見え)る人が

ほんとにそんなに一人で生きてることについて寂しいと思ってるのかな~と時々思う

まりにもおひとり様企画とかやらされてるし歳は重ねてるのに未婚なことをおどけて卑下してみせる発言が多くて

いや別に本人もほんとに結婚願望すごいある!とかならそりゃもちろん自由だしとりあえずいいんだけど 

ももし本当はそうではないのにそういう芸風を維持するためにとか

世間でそれがウケる自分も周囲もお金を出す人もそう思ってるからって理由でそれをやり続けてるなら

本人も辛いだろうしそういうメッセージを発信し続けることってますます結婚しなくてもいい」とほんとは思ってる人や

親や周囲から謂れのないプレッシャー無駄にかけられ続けてる人の多い社会にとってめっちゃマイナスだよなって思ってる

久本雅美と同年代のうちの親も昼間も夜もそういう番組をたくさん見てて、同じ年代からこそ

そういう古い考え方をさらに強化されててそれがまた芸能人にそういうスタンスで芸をさせる悪循環になってるんじゃないか

と思ってなんだかなあという気分になる テレビの影響力はなんだかんだまだ中年以上の世代には大きいか

いつまで経ってもその連鎖が止まらないままメディアに古い価値観が生き残り続けてる感じがして、なんとなく見ていてつらい

俺のよく行く居酒屋適当おやじがやっていて、中学三年の娘がカウンターに出入りして刺身エビつまみ食いしたりする。

切り揃えた前髪の似合う今風の可愛らしい女の子だ。声は藤圭子に似ている。

彼女が言うには、土屋太鳳性格が最悪! なのだそうだ。

俺はおっさんだ。おっさんから、あれはああいうふうにプロデュースしているおっさんがいるんだとよいながら諭すが、彼女は納得しない。

土屋田尾について考える。彼女CMとかで自分自身として登場する。そして商品を紹介する。

その時の一人称がいけないのだ。一人称が「タオなのだ

そんなわけがないだろ。土屋太鳳土屋太鳳の役で出ているのに、一人称が「太鳳」なわけがねえだろ!

自分名前一人称にするか? なぜそんな世のJCJK界隈からまれるようなキャラクター作りを積極的に為すのか?

そこにはおっさんがある。何か企画するおっさんの影がある。

語尾がタオの時もある! 爽健美茶で整ったお! だからニュー速でやるお! みたいなCMだ。


タオタオって名付けられタオ


うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

盾の勇者の成り上がり』の原作海外で人気があった

――映像化のきっかけについて教えていただけますでしょうか。

田村 企画が動き出したのは4年前ぐらいだったと思います。当時から原作小説の人気は日本国内だけでなく海外でも高くて、

アメリカAmazonでは「ソードアート・オンライン」と並んで売り上げランキングの上位にずっと入っていたんです。物語

して国内はもちろん世界的にも受け入れられる「盾の勇者の成り上がり」なら、いろんな国に向けて展開できるのではないか

ということで、この作品映像化しようとなったのが企画スタートでした。

https://webnewtype.com/report/article/173708/

小説家になろうも翻訳されてんのね

ジンケン活動

どの番組か忘れたけど、SPA!「ヤレる」女子大生企画関連で、編集部に抗議ってなTV番組を見てたんだ。

署名活動して、抗議のハッシュタグ日本批判して、楽しそうに「活動」してた。

本人は否定するだろうが、ああした活動家には、今回の件嬉しかったろうな。

大手を振って叩ける案件で、相手は「組織」「日本」「男」で、自分が何かをした気になれる。


なんでも、「ヤレる」という思考が、男性上位で、女をモノとしてみていて、許されないことなんだそうだ。

署名が集まったと楽しそうにカメラの前で語るのを見ながら、吐き気がするほどの嫌悪感を覚えたよ。

それが楽しそうなのは、お前の自己顕示欲承認要求が満たされたからで、普通は憤るところだろ。

こんなにも怒っている人が居ますってよ。


こういう人らは、女性誌でも普通言及されてる、「ATM」だの「狙い目草食男子」だのをどう思うんだろうかね。

きちんと差別的だって抗議するんだろうか。

するわけないよな。

だって差別だのジンケンだの、コイツラには本当はどうでもいいんだもの

共産党に居座る活動家崩れもさ、社会改革思想主義なんてどうでもいいんだぜ。

あいつらは、学生運動とかが楽しかった人らなんだよ。

労組が絡んだ、どうでもいいことを法廷に持ち込むジンケン裁判とかもさ。

あれができるのは、当事者原告活動家まがいの人間で、職場孤立しようが関係なく堂々とできるからなんだ。

普通の人にはそのまま働くとか無理だから退職金とかで和解するよな。


こういう、実際に社会を変えることに繋がらないような、売名パフォーマンス的な活動見るたびに思うんさ。

正義」って楽しいんだろうなって。

2019-01-17

広報担当だけどもう辞めたい

広報担当になり半年が過ぎた。

もともとは記者職のようなことをしていたので、そういうの得意でしょ?ってな感じでなった。

広報とは不思議もので、所属する企業によって難度や業務内容は変わってくる。

多くの企業場合広報目的メディア露出だ。

テレビ新聞を見てもらえばいいと思うが、基本的には「お茶の間」や「読者」の興味対象のものを扱うこととなる。この地点で「toC向け」でない企業は大きく不利になる。

加えて、何か光るもののある企業勝手メディアから問い合わせがくるが、

そうでない企業広報担当からメディア企画提案することになる。

まりメディアに対して営業をすることになる。

その場合でも一社単独だと「ステマ」だといわれるので最近は、数社合同での掲載を狙うこととなる。そのため、他企業広報担当者との関係も良いものにしなければならない。

それが問題だ。

数年前の「キラキラ広報女子ブーム以来、広報は女の世界となった。

広報担当者にとって、メディアとの関係性構築は頼みの綱であるために、

広報会なるものを作って、メディアとつながりをもつ会が夜な夜な開催されている。

数名の記者10名程度の広報担当者が囲い、飲みの席で各社プレゼンをおこなうのだ。

テレビ担当者なんかは若い女が好きだから、今どき合コンでもきかないであろう「すごーい」「そうなんですね」「しらなかった」「さすがです」の嵐を聞くこととなる。合コン行ったことないけど。

もちろん10名一気に話すことはできない。その間は他の企業広報と話していなければならない。

カースト上位に居続けたようなキラキラ女子が、自分知識や人脈を披露し、つかえることを案にアピールし合う心理合戦が繰り広げられる。

かつ、主張しすぎず、謙虚にいながら、「自分関係をもっておくとあなたにとって有益ですよ」と思わせるような立場を死守しなければならない。

はじめは合わせようと必死になっていたが、その必死さなど透けて見えるのだろう。

同じ会でよく顔をあわせる企業広報担当からは、数名で会話をしていたときに私以外で盛り上がるような内輪ネタばかりしたり、私の注文したものだけキャンセルされてたり、コートをかけようかと声をかけると無言で投げるように渡されたり、「私のことよく思ってない」のだなと思わせることが何回かあった。

わたしは昔からこのような場が苦手だった。というか、人付き合いが苦手だった。

上辺で中身のない褒めあいをするくらいなら、何も話さない方がよい。学生時代はたびたび孤立をしていた。

自分一挙一動に注がれる、見定めるような視線

私自身が一番そのような人種に対し苦手意識を持っているのが伝わっているのだろう。

他の広報担当者ともいい関係を築けていない。

広報担当であることが辛い。

こういった人間関係をどうやっていいかからない。

おそらく多くの人は学生時代に身につけているのだろう。

その基本スキルすらないことを実感し、心がずどんと重くなる。

anond:20190117000048

ワイはあれは客のためにやってるわけじゃなくて

本社企画広報やってる部署にオタがいるだけやと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん