「即物的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 即物的とは

2021-06-19

35歳既婚 はじめての風俗、はじめてのピンサロ

新型コロナ感染症が広がっている状況で、非常にまずい行動だと思う。

また、既婚者が風俗に行くこと自体、まったく褒められた行為じゃないだろう。

ただ、妻が3ヶ月ほどの出張で会えない状況で、コロナの完全在宅で同僚とのやりとりもビデオ会議などに限られ、何か新しいことに挑戦しないと気分が緩やかに落ち込んでいくという状態での体験記だと思って読んでいただければ幸いだ。

妻が出張期間に入ったのはゴールデンウィーク前後

その一二週間後に、週末が充実してなさすぎてオンラインキャバクラを初めて体験してみた。

キャバクラ自体が初めてだったので、指名などのシステム含めていろいろリサーチし、もろもろ割引もあって、女の子と40分くらいオンライン で話した。

教訓は、Zoom飲みにビールは向いてない。二本飲むとゲップを我慢するのが大変だった。

大学生らしき子は可もなく不可もなくという感じで、また気分が落ち込んだらオンラインキャバクラやってもいいかなと思ったが、結局やらなかったので、あまり価値を感じなかったということだと思う。

今日経験から振り返ると、自分女性と話すのは好きだが、10分以上たいして会話がもたないのだ。趣味もそれほどないし。

それで、もろもろ生活改善を志すうちに週末に散歩の習慣が生まれ(今年の5月から6月東京は、暑過ぎず、なんだかんだあまり雨も降らず、風は気持ちよく、結構散歩に向いていた)、2年前に引っ越してきた近所の、これまであまり行ったことがなかった方面自分の足で開拓していると、そういえば家から40分ほど歩いた街は有名な風俗街なのであった。

それで先週は、まずはその街でガールズバー検索して足を運んでみた。

検索してガールズバーが何軒も固まっているあたりを歩くと、もっと即物的なお店があるではないか

そしてそうした即物的なお店の方が、その時の自分の脳と股間にきた。

看板などから業態などはよく判別できなかったので、道路の向かいの店の名前を覚え、角を曲がったあたりで店の名前検索するとそこはピンサロだということがわかった。

ここでまた、ピンサロが何をどこまでできるどういう業態かが分からないので、キャバクラときのようにググる

キャバクラよりも短時間で花びら回転などのシステムも把握できた。

(ちなみに、幼少期の床屋などで読んだ本気(マジ)などで学んだであろう花びら回転という言葉意味を、二十数年ぶりに理解できたことには小さな感激があった)

ただ、その日ピンサロ突撃まではしなかったのは、あれだ、仮性包茎のチンカスを洗っていなかったからだ。

サービス内容にフェラチオが含まれることを知り、今のコンディションで入店は許されないと判断したのだ。

余談だが、妻は非常に鼻がよく、ことを致す前にチンチンをしっかり洗うことはマストだ。

一度旅行先で洗いが足りず、ただでさえレス気味なのに、その後もう一度やるところまでがすごく長くかかった。

そして、昨日の金曜日有給を取り、ずっと見たかったクルエラも映画館で観て、

今日土曜日、これまでのリサーチから一番よいお店と思しきピンサロ突撃した。

ネットクーポンを見せて、指名料をタダにしてもらい、6000〜7000円。

2人会えばどちらかは好みだろうと花びら回転のダブル

で、あんまりかいシステム的な予習はしなかったので、「急にボールが来たので」くらいばたつきつつパネルから1名を選ぶ。

最初は、パネル全体が候補だと思い、本日出勤のマークがない人を選んでしまった。

ただそのとき、今まで一回も活用しなかった、多分週刊現代とか週刊ポスト風俗探訪もので昔見た「パネル実年齢より数歳上」という知識を急に思い出したりしながら、瞬間的な本能でチョイスを行う。

すぐに案内できます、と言われ、意味するところが分からなかったが、そっかまだお金払ってなかったと思い、お金を払い店内は。

こんな漫喫的なシートがずらずら並んでいるとは想像しなかった。

音楽想像外だったが、とろサーモン久保田セクキャバ?かだかのボーイのかけ声を聞いていたおかげで、なんとかその延長上で理解をできた。

で、席に座り、あっ貴重品とか隠せる(というか盗撮対策スマホとかをそこに入れないとダメ)と思いながら待つこと数分。

よっしゃ、きたー。

めっちゃ好み。

こういうお店が初めてであることを伝える。

最初にお姉さんがおしぼりを10本くらい開けるの、これもケンコバか誰かの話で一度聞いたことがあったのだと思うが、そんな忘れ去っていた記憶が一気にやってきて「あの風俗あるあるってこれのことかー」と小さく感動した。

で、ネットピンサロ体験では、最初に5分くらいのスモールトークがあってと書いてあったが、ズボンパンツ脱いで、おしぼりで拭いてもらうと、すぐに口内奉仕が始まった。

普段が皮かむりだからか、刺激に弱く、フェラチオ自体はそんなに好きじゃないけど、

こんなにあっさりとことが始まることに半ば感動しつつ、お尻とか、太ももの辺りをさわさわして、元気出るー的なことを言ってた。

肌が本当にすべすべで、めっちゃ当たりだわと思った。

こういう風に肌に触れて、体の重みを感じて、その回春的なもののためにここに来たのだー、という気持ちになった。

昨日の夜に抜いていたので(今日のために抜いたというより、寝る前の習慣になってるせい)フェラで行くことはなかったけど、

無理に喋らずに済んで、でもこんなに女性を感じられるなんて、なんて素晴らしいんだと感じつつ15分が過ぎた。

2人目の人も悪くはなかったけど、1人目の人ほどの感動はなかった。

ここでも射精することはなかった。

店を出て、いくつか調べ物をしつつ家に帰った。

次は2週間後くらいにまた行こうかなと考えつつ、新型コロナリスクのことを検索し、その流れで性病可能性もあるかというところで、

いややっぱ性病は妻にまずい、それが原因の不妊などだけは避けねばならない、これっきりにしようと思い、

メンズエステなら、性病はないのではと、そっちに舵を切ろうと思ったら、

いやしかピンサロって店の子の定着率が低いというのを見て、いや、あんないい子、あと2、3回は会いにいかないと後悔すると思ったり、

しかし、それから店の体験談を見て、あらこの子、数年前から長く続いてる子だと学んで、じゃあそんなに焦っていく必要もないかと思ったり、

また、パネル本能指名する前に、ネットでしっかりお客さんの声をレビューしてから行くのは大切だなと学んだら、

そんな土曜日だった。こんなの増田しか書けない。

2021-06-10

古典教育否定論を見て思ったこ

もしも「シェークスピアバイロンシェリーブレイクコールリッジ、ワーズワーステニスンの詩なんか学校教育で教えるのは無意味」とか言う英国人がいたとして、それを見たら、英国人じゃない自分でも「うわ……」と感じるだろう。上の例でピンとこない人は、ホメロスなり、ダンテなり、ゲーテなり何なり、適当人名に入れ替えて下さい。

実際は、欧米政府首脳や政治家は、演説聖書の一節、ギリシャ/ローマ古典、有名な詩人の詩から引用することが珍しく無い。そういう場面を見ていると「風雪に耐えて残った古典」の価値を見抜ける/理解できるような頭の持ち主でなければ、国家百年の計と云う長期的なプランを建てる重職を任せられないと云うコンセンサスが、政治家有権者の間に有るように見える。

また、古典宗教その他の思想バックボーンを反映しているものなので、良かれ悪しかれ国民性を反映している。政(まつりごと)をするには民の心を理解して掴まねばならない。したがって、為政者は和漢の古典を読み、よく人の心を学ぶべしと云う旨を、江戸学者は説いていた。昔の中国でも、知識人は同じ旨を説いていたと思う。それらは理想論に過ぎなかったのかもしれないけれど、理想を失くしたら人間は御仕舞だと私は思う。

自民党政治家もそうだし野党政治家もそうだけど、日本の政治家は古典引用した演説をしない(できない)。それを見ると、この人たちは、行き当たりばったりで長期的に物事を見る能力に欠けている、その場凌ぎ思考人間ばかりなんだなと私は思う。五十年〜百年経ったら、後は野となれ山となれと云う考え方の持ち主なのだろう。

虚偽答弁をする政治家に対して、対立政治家が「いつはりの無き世なりせば如何ばかり人の言の葉しからまし」とか知的洒落皮肉を言えたら、グッとくると思う。しかし、現実日本の政治家は、バラエティ番組的な物言いをする人間ばかりである

古典に関する教養は、即物的意味で役立つ訳ではないのは確かである。けれども、頭の中身や心が貧しい人間か否かを見抜くためのバロメーターにはなり得ると思う。心が貧しい人間政治家をすると、人間に対して酷薄政治をすると思う。例えば、麻生太郎言動を見ると、そう思わないだろうか?まあ、野党政治家も五十歩百歩なのだけれども。

少なくとも、口先だけは愛国心を説くくせに日本古典に対する教養を持たないような政治家を、私は信用できない。そして、それを国民が見抜ける状態でいるためには、やはり古典に対する教育必要なのだと私は思う。

2021-06-05

学歴がないオタクが増えた

anond:20210604132443

ゼロ年代オタクって東大東工大、あとはなんか電気通信大学とかの印象だった。

オタクと言ったら眼鏡をかけている痩せた陰キャであり、勉強はできて、22歳になれば専門職になっていった。

 

それが2015年以降くらいに多数派として視界に入るようになったオタクが、Fラン出身パチンカスとか、

工業高校卒?高校中退?で、車やバイクが好きで風俗通いしてるような、旧型とはまったく属性が違うやつばかり。

酒好きも増えすぎている…ストロングゼロみたいな底辺酒がオタク流行るのはまったくの想定外だった。

 

旧型オタクにも中学時代に不人気の陰キャという弱者性はあったんだけど、

旧型オタクの両親は割と高学歴であったり、実家生活等はちゃんとしている、社会階層では強者だった。

両親がまとも(ホワイト家庭)だから弱肉強食公立中学で生き抜くのに必要生命力が育ってなくて、

ぬるくて弱っちいか中学母子家庭喧嘩慣れしたDQNいじめられる、それが旧型オタクというか。

 

それが2015年辺りからオタクアイドルアニメ流行や、キャラクターガチャソシャゲの全盛辺りからオタクは、

そいつ自身母子家庭とか、高卒無職アル中父親に殴られて育ったとか、パチスロやってるやつとか、

風俗通いしてるやつとか、出身実家階層からして低くて、知能も低いのが増えた。

母親新興宗教にハマってるメンヘラとか、母親統合失調症入院とか、母親風俗嬢とか、

父親アル中とか失踪とか、父親が3年毎くらいで別の男に交代するとか。

ガチャで「大ハズレ」を引いている、生まれながらに不運なDQNオタクが増えた。

 

それに伴ってオタク界隈の流行語をコピペして繰り返すだけ、もしくはRTしかしない無知念仏オタクとか、

底辺用に作られた安くてまずい酒を大量に飲んでいることをアピールするゲボみたいなバカゴミオタクが増えた。

テンションけが高くて知性が一切感じられない、「〇組最強」のクラスTシャツとかが本当は好きそうなバカオタク

DQNオタク」がノイズどころではなく、気づいたら多数派になった。

オタク東工大だった時代は、DQN理不尽暴行を加えてくる、オタク仮想敵であり対立存在だったと思うんだが。

 

職業も、オタクといったらITエンジニア、っていうものでは既に無いのだろう。

頭脳労働じゃないオタクが明らかに増えてる。

現実逃避のためにアニメソシャゲ等の美少女コンテンツを求めるのは旧型の東工大出身専門職オタクと変わらないだろうが、

逃げたい現実が「父親に殴られる」「無職」「収入年収280万円から一生上がらない見込み」みたいなものになり、

童貞率は上がった、なぜならDQN階層は女の人権がなく、軽い知的障害の女とのセックスが非常に容易にできるからだ、

旧型の東工大オタク文学かぶれの感傷みたいなぬるい雰囲気はなくなって、女を堕胎させたことがあるような底辺オタクが増え、

無知性でもシコれる「激安の女の肉」って感じの即物的エロコンテンツが増えた、「スーパー玉出」みたいなエロ

底辺家庭出身の知能がなくて低賃金の安酒の馬鹿が完全にオタク多数派として乗っ取ったし、その結果が秋葉原風俗街化だ。

底辺家庭出身DQNが大量に二次元美少女消費に参入してきて

二次元美少女三次元性風俗と混じり、知性が消失して全部「スーパー玉出」みたいになったのが2021年オタク市場

2021-04-09

anond:20210409102501

即物的な性欲解消なら風俗があるし

もっと本質的な「誰かに愛されたい」欲求は男に限ったことではなく人類誰もが持っているもの

俺を愛せ愛せと叫んだところで他人の心は操作できない

そこはもう頑張って他の趣味活動自分の居場所を作ることで自己肯定感を高めて、折り合いをつけるしかないよね

2021-03-05

[] #92-2「サイボーグ彼女

≪ 前

運命の時が迫るのは、激動の時代における後期。

技術革新最前線をひた走る者達が選別され、誰の目にも明らかになる頃合いだった。

もはや個々人がどうこうしようという幻想は打ち砕かれ、伏兵道化の付け入る隙なんてものもなく、記録や記憶に残ることすら適わない。

それでも尚もがこうとする者達も、いるにはいた。

「皆さん、来年2月14日、この町にも施策される条例悪法です! 我々は断固として反対します!」

その中で未だ情熱に溢れていたのは、未来を憂う若者意識が高めの大学生達だった。

彼らは何らかの目標を持って勉学に励み、若いうちから自己投資を積み立てている真っ最中人種

なのに、それが下手をすれば無駄になるかもしれないとくれば、焦るのも仕方のないことだ。

蠢く価値基準を掌握するのは、現在進行形トップにいる組織のみ。

自分たちの与り知らぬところで変動していく情勢。

社会現象という、目に見えないけれど確かにあるように思える存在

どうにかできるものなら、どうにかしたい。

あいつら、またやってるよ」

「あの気概を、もっと有効活用しようって発想はないのかねえ」

「やる気スイッチ的な?」

「ははっ、それいいね。本当にできる未来がやってくるかも」

だが多くの人々にとって、その活動はもはや冷笑対象しかなかった。

何の権威も持たない烏合の衆が喚いて、現状を打破しようとするフェイズは疾うに過ぎていたからだ。

実際問題、彼らの活動教科書には載っていない。

当時の風景を知る両親でさえ、この出来事を断片的に語るのみである

たぶん実を結ぶかどうか以前に、そもそもしたことはやっていなかったのだろう。

当人達も、この活動に労力を割くつもりはなく、漠然とした焦燥感を発散させたかっただけなのかもしれない。

嫌味な言い方をするならば、政治社会に関心ありますよというポーズだった。

ただ母の場合は、そのポージングすら飽きていたようだが。

「あの、これ何時ごろ解散するの?」

この活動に参加してはいものの、どちらかというと仲間の付き合いで仕方なく、人数合わせで立っているだけ。

傍観者を気取って冷笑するほど無頓着でもなかったが、正味やってることに大した思い入れもなかった。

「できれば3時までには帰らせてね。タイムセールに間に合わなくなる」

「待ってくれよ、マスダ。タイムセールは5時までって話だろ」

時間が有限なように、在庫も有限でしょうが

痺れを切らした母は、いち早く抜けることにした。

何らかの意義ある行為か、安く買える用品か。

比べるものではないのだろうけど、それでも選べというなら迷いなく後者を選ぶ。

なんというか、俺の即物的思想は母由来なのだろうな。

もし俺がその場にいても、たぶん同じ行動をしていたと思う。

しかし、この時の判断が、まさか後の不幸を生むことになるとは誰も思わなかっただろう。

それは母にとって間違いなく事件であると同時に、俺たち家族にとって重要ターニングポイントともいえた。

次 ≫

2021-01-14

異性愛の創話上のつまらなさは異常

社会的な抑圧が少なく、悩み=ドラマ起承転結が生まれない

現実に悩みや障害がないので、やたら人物内面や青臭さにフォーカスするしかなく

 新海映画とかのしょーもないエロゲ崩れ長編MVが生まれ

 

・作者の性別上、男女二つの価値観を合わせるのが難しく、片方のリアリティが必ず劣る

 (少女漫画の男、萌え漫画の女など特に)

・世の中にありふれすぎてテンプレなぞるしかない

・意外性がない サイドキックに女がいたら十中八九そいつは妻になる

・というかハリウッドではほぼ大衆向けノルマなので価値すら無い(脚本術の本とか、セーブザキャットとか見ろ 幻滅するから)

 

・基本、少年漫画異性愛ヒロイン意思のない恋愛ダッチワイフ

・男女の権力自由度拮抗してないから、絶対流動性のない物語になる

結婚した後、女は動きのない主婦になるので文鎮化 必然的結婚以前の段階しか作れないか

 高確率で殺されて退場

・女は基本マジカル二グロ枠 

マジカル二グロなのでバトルモノ的な裏切りとか絶対出来ない

 基本従順(特に日本作品は) 裏切りは 即・炎・不買

異性愛で「恋の障害」的なモノを置いてもンナワケネーロハハイ大変ダネー感が強い

 (自由恋愛禁止されてるイスラム圏とかならまだしも・・・ここ日本だぞ?)

 

本質的異性愛繁殖遺伝子の淘汰用の概念なので

 社会的動物の側面が感情比率を上回り、センスオブワンダー、エモさが感じられない

 (国から強制されたお見合いガー! みたいなマンガが多いのも異性愛本質を端的に表してる)

 同性愛の包括する、広く複雑な感情よりも、性欲支配欲などの直接的、瞬発的で即物的な面が目立つ  

  

マジで最近、俺の一次創作ほとんど同性愛ばかりになってる

異性愛は、単純に、物語を作る側として稚拙でありふれててつまらな過ぎるし

ポリコレのせいで同性愛モノばかリー」とか言われても困るよ こっちは好きで描いてんだから

2021-01-11

anond:20210111175923

鬼やお化けは分かるんよな

恐怖を植え付ける役を代わってもらってるわけだから

一方で日本におけるサンタ場合宗教性もなく即物的役割意味もなく代替されてるわけで

これが親に変わった所で影響ないどころか「親が嘘をついた」っていう悪影響までなくなっていいことしかないと思うんだけどな

お年玉で「いい子にしないとあげないよ」的なしつけをやってる家庭も多いわけだし

2021-01-05

男女の心が通い合うエロ漫画が読みたい

言ってみればフェミニスト(穏当な)に褒められるようなエロ漫画ね。

男女の心が通じ合って相互尊重のあるセックスみたいな。

これが一番エロいと思うから

 

それでオッカムの剃刀なんだけど

エロ漫画乱暴レイプとかNTRとかが多いのってそっちの方が楽だからなんよ。

レイプなんて極端に言えば話も人間関係も何もいらないしね。

勿論そうじゃない丁寧なレイプ情熱持って描いてる人だっているけどさ。

手を抜こうと思えば幾らでも手が抜けるジャンルだって話ね。

 

素人が頑張ってエロ漫画を描いたらまあ

脈絡のないレイプか、突然股開いてアンアンいう女の漫画になると思う。

これは女性に対する悪意とかじゃなくて、楽だからや。

総合技術シチュエーションへの妄想力が高くなければどうしてもそうなる。

NTRとか催眠とかも、それに興奮するっていう需要ももちろんあるけど、

自然な会話とか徐々に変化していく人間関係とか描かんで済むじゃん。

もちろんページ数の制約もあるしさ。

 

からね、俺も個人的な性嗜好としてフェミニスト(穏当な)に褒められるようなエロが好きだけど

それって多くない。

 

色んなむずかしさがあるからで、それを全部女性蔑視だからだ、モノ扱いする欲望があるからだ、ってするのは違うと思うよ。

それでそういう方向性エロ漫画を描く志向があるのは女性作家が多くて

でも昔は女性作家自体が少なくてどうしてもクオリティ低かったんだけど

今は感性的な部分をやれていながら絵的な部分もガンガンエロいって人達が出てきてる。

人によっては絵的な即物的エロさでも男性作家以上みたいなね。

 

からそういう個人的お気に入りお勧めエロ漫画家を紹介して終わります

井雲くす

usa

消火器

南北

幾花にいろ

 

女性作家じゃない人もまじりました。

同好の士が読んでたらお勧めを聞かせてね。

いろは最近描かねーな。

2020-12-26

なろうと仏教

あれのいかんところは、最初の願いが異世界という楽園に行きたいという逃避願望だったのに、段々となりたい自分なら無双して当然だとか、なりたい自分ハーレムで当然だとか、生まれ変わったらクールですかしていて当然という即物的ものに変化したこと

仏教来日したもの大衆化して、しまいにゃ浄土は手を合わせてるだけで悪人すらOKなっちゃった日本気質がよく表れてる。

来日如来。なんちて。

anond:20201226015236

2020-12-04

仕事のお給料=辛さへの対価、ではないわけで。

そのやったことに対して、どれだけ多くの人がどれだけのお金を払ってもいいと思うか。

その点で、プロ棋士ゴミ収集員よりも多くの人が媒介を挟んでお金を出してくれているわけ。

マルクス主義全盛の時代でもないんだから労働価値説というか、

即物的な財やサービス生産けが価値があるとか恥ずかしいこと今さら言わないでよ。

anond:20201204010818

2020-11-17

虐待いじめ強姦等について「心の殺人」とでも言えばいいものを「魂の殺人」とか意味の強い言葉を使っちゃうから伝わらない

「魂」と言っちゃう信仰領域に踏み込んでしまうので「たかだか一回の人生たかだか一人の下衆が何したところで損なえるような脆くて即物的ものではないんで」とか思われちゃう

2020-11-15

anond:20201115024149

そんな即物的感情にとらわれているうちが花。もう少し生きたら違う世界があるね。

2020-11-09

アメリカ大統領から考える大金持ちと金持ちと貧困

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.com/shota_hatakeyama/n/n5662ae20a1e9

上記記事を見ながら思ったのだけど、これは高等教育を受けたものけが富を得られるという構造がやはり大きい。

日本にもあるがアメリカ人種問題教育制度の仕組みもあってより深刻になってる感じがする。

日本でもアメリカでも教育は誰でも平等に受けれることになっており、勤勉に努力したものけが努力の結果の報酬として様々なメリットを受け取るのは資本主義的に正しい気はするし、インセンティブ管理としては妥当に思える。

この前提にたって「自分たちは勤勉であったか価値があるのだ。怠惰だったものもっと頑張れ」という主張は一見正しい。

このような人は所得の高い職に就き、お金持ちになるし何よりわが子の教育に再投資する。ゆえに正のフィードバックが回り経済格差固定化される。貧乏人は教育を受ける余裕もなければ教育大事という教育すら受けてないのだ。魚の釣り方ではなく魚そのもの必要状態では仕方がない。つまり自分たちが勤勉」という前提は必ずしも真ではなく「勤勉でいる事が容易な環境に生まれた」という本人には管理できない部分によるところも相当に大きい。もちろん「貧乏でも努力して。。。」みたいな例外はいるが例外例外である。その例外を受け入れる姿勢は良いことだと思うけど。成り上がるチャンスはあるが、成り上がるより引き継ぐ方がずっと簡単とう話。

これが財閥クラスの真の大金持ちだと100年後の安定を求めて社会全体の教育水準を上げることが地域の安定や経済的な富になると考え投資もするだろう。彼らは社会基盤が安定してればもはや稼げるのだ。ゆえに社会基盤を安定させることが経済的な基盤を保つための原則だ。

しか年収数百万だの一千万だの数千万と言ってる程度の中流階級小金持ちはそうではない。競争に勝たなければ経済基盤が安定しない。勤勉が価値の源泉だ。ゆえに自分たちの同僚のような勤勉な黒人権利を守るために働きかけるが、怠惰黒人がどうであろうと基本気にしない。勤勉でインセンティブが得られるという構造自分たち利益になるのでそこを守るために動いている。

まり黒人差別はしないが黒人白人貧困層(=怠惰な層)を差別する」。別に博愛主義者じゃないので勘違いしないでよね。

もちろん、そうでない人もいるがそれは単にその人の趣味だ。「人はパンによって生きるのではない」。そういった趣味とか信念とか信仰の結果でそういった行動をする人たちももちろんいるが、経済的メリットとか即物的ものじゃないので万人の行動原理にはなりづらいだろう。

自分所謂がり勉でもないし、受験戦争とは無縁で家族からも過度に勉強を強いられたことはないが、塾にも通わせてもらったし大学にも行くことができた。

父は時折「お前は次男から財産として渡せるのは教育だけだ」という事を言っていた。田舎兼業農家なので継ぐといっても大層なものは何も無いのだけど、少なくとも人材投資価値を信じていた言葉だと思う。

まあ、母は学校教師だし、父も大学ではないが農業専門学校を出たようなので当時の地元としては高等教育を受けていた可能性は高く、そのサイクルを肌身として知っていたのではないかろうか。そんな話をしたことはないが。

いずれにしても、この状況から自分価値感はかなり小金持ちよりだろう。実際、仕事してれば生きてける程度にはお金に困っていない。そういう感じで恩恵を受けている側なので50年、100年の未来問題が噴出するだろうが積極的改善するモチベーションが無いのも本当のところだ。人種によらず努力が実る環境は目指すが、努力しなくても何とかなる社会をそこまで目指してはいない。

現在格差拡大貴族平民大富豪奴隷、そういった近代的な価値観とは違いあえて言えば平民同士の格差の拡大だ。そういった点が今回のアメリカ大統領選でも見えた気がする

大富豪は別なレイヤー存在していて、どちらかとうとそちらの方が自分たちメリットのために平等底上げを目指していると思う。

構造的に政治の中枢というのはエリート、つまりここでいう金持ちが集まりやすいので抜本的な改善はクーデーターでも起こらない限り難しいのではないかな。。。

すでに富の再分配として日本でもアメリカでも高収入人間税金バカすか取られてるわけだし。たしか日本だと少なくとも年収年収890万円は無いと払った以上の公共サービスを受けてることになるみたいだし。まあ、実際は消費の担い手としての価値もあるから社会お荷物というのは言い過ぎだけど。

これを程度レベルじゃなく根本的に変えるにはそれこそ社会主義的なドラスティックな変更でもないと無理な気がするし、個人的にはそうはなってほしくないというのが本音である

2020-11-05

anond:20201105130702

あん即物的とは思わんなあ

あれ「そういう状況に置かれた事でこの二人がどういう反応を示すか」っていう大喜利お題だと思ってた

それとも男性向けだと即エロ描く為の導入でしかないの?

anond:20201105130324

いや腐の側だって言ってんの

でそういう即物的なアレを「これは男向けの影響ダー」つってるだけじゃないのかなって思うの

知らんけどさ

2020-10-27

anond:20201026221324

さっき映画を見てきたいちファンだけれども、同調できる部分は多々ある。

同時に、増田分析はかなり正確だが、結論がズレている(悪い意味ではない)理由もわかる…ような気がする。気がするだけ。

 

鬼滅は元増田感情移入しきれていない部分が刺さる人たちに刺さっている、今までの人気少年漫画世界観(没入するところ)が違う作品だと思う。

思うに、雑誌という枠を超えた大ヒットを飛ばせる作者というのはおそらくだ自分の中で確固たる哲学を持っている。

ヒットしない作家だって持っていると思うけど。

その哲学の毛色は、今までのジャンプ発ヒット作はかなり似通っていたと思う。鬼滅はかなり違う。

 

語弊を恐れず言えば、今までのヒット作で人気を博した要素はかなり男性ウケする価値観ではないだろうか。

戦って勝つ、その紆余曲折で高められる勝利快感、高度な戦術戦にハラハラわくわくする、頭脳戦に感心する、

ひらたくいうと「強いオスに心酔する、感情移入するときにはその強いオス、苦戦しても最後に「俺は勝つ!」自分ツエー感+おまけでほぼ必ず自分より戦闘能力で劣る仲間との絆でちゃんぼっち描写回避の群れのボス感を出す」である

こういう作品面白さには物語の複雑さ(よく練られたプロットや上手に張られた伏線が知性を刺激する面白さ)も含まれる。

作品を読んでいて動く感情ある意味即物的で単純だ。

増田も言っている

>強くなりたい理由なんて「この星で一等賞になりてーの!オレは!」

>カッコいい戦闘とか頭脳戦とか印象的なセリフ

の通りだ。

 

既存のヒット作品の多くは強くなることが目的であり、鬼滅では「強くなる過程」は主題ではない。

 

これは私の極めて個人的な、つまり根拠のない感覚だが、「鬼滅の刃、あれ自分には何が面白いのかさっぱりなんだよね。」という人間は、おそらく男性のほうが多いと思う。

作品を読んだときに「この要素に感情が動く」という要素にはおそらく性差がある。

男女では女性のほうが鬼滅に入れ込む率が高いように思われるが、これらはおそらく「強いオスが闘って勝ちました」以外にも心が動く人間に刺さる物語なのだ

 

鬼滅が動かしてくるのはもっとウェットな感情だ。

主人公は最強ではない。(ある意味最強クラス活躍はしてるけど…)

繰り返し、主人公が敵(人間を食料としか思っていない害獣)に対しても優しさや思いやりを投げかけ、家族をどれだけ大切に思っているかが描かれる。

そこで謳われているのは人間美徳への信頼だろう。

人間普遍的に(本当に古今東西人類なら同じように感じるかは知らん)きれいな感情と大切にしたがる感情を恥ずかしげもなく臆面もなく描いてくる。

   

たとえば作中最強の登場人物は神の域に到達している。

いや本当に。物理法則…以外のありとあらゆる法則無視してくるからね。

人間の神経の伝達速度は速くても0.1秒、あなたその間に何回数キロの鉄の塊である刀を振れますか?1回?2回振れたら十分に居合伝説存在になれるよね多分。

 

鬼滅の刃のこの最強人物は1500回振れる…おかしいでしょ!!人間はモリハナシャコガイではない!!しかも「標的は1800個あった」って視認してるのおかしいでしょ!!

 

このキャラ人外っぷりを語るエピソードは事欠かない。

さて、これが既存の「最強オスであるオレ」作品ならこの最強キャラ世界征服済みの魔王=倒すべき強大な敵として思うがまま暴虐を振るっているはずだが、

鬼滅の世界ではこの人物が望んだのは「家族平穏に暮らす幸せである。強さ関係ない。

鬼滅の世界には強さ比べがない。鬼退治ものというバトル漫画だけど、ある意味バトル漫画ではない。強いオスの価値観が入り込む隙間がない。

  

・回想多すぎ

かに回想が多い、とファンでも思う。

常に「敵を倒しました→こんな過去を持っていました…」が語られるのを、ファンですら多いよねと言っている人が一定数いるのを知っている。

 

ただ、回想はキャラクターそれぞれ違うところがこの鬼滅の大事なところなんだと思う。

典型的男性物語キャラクターをそこまで掘り下げない。キャラクターに役割を振れるほど識別性があればそれで「キャラが立っている」範疇である

心情が語られるとしても多くの場合、戦いに参加する心構えに終始する。

他人感情にそこまで頓着しない人間なら、鬼滅の繰り返し語られる個人的な話はうっとうしいだけだろう。

 

ただ、鬼滅ではこの「実はこんな人間でした」を繰り返し語ることで、人間それぞれの尊さ、愛おしさを描いている。

ヒトという形でだけ見るなら何十億もいる存在の、それぞれを内面で深く知って抱く愛情のような気持ち

これなんて言えば伝わるのかな。

その共感愛着を、せりふ回しが生み出す非常に強い没入感をもって読ませるのがヒットした要因の一つだと思う。

 

 

3行まとめ:私が思うに、増田は鬼滅世界が訴えかける感情を受け取る必要性を感じていない人。だから分析は正確なのに「こういうのが最近は求められているのかな」と着地点がズレるのだと思う。昔からコレを求めていた人はいたはず。鬼滅の人を引き付ける要素は、既存の人気作品とかなり違うのだと思う。

 

ネウロ犯人の中に、「他人の脳を揺らす」スキル世界的な人気を博したキャラがいる。

大多数ではない。でも、そのスキルを使うと確実にスキルで脳が揺れる人々がいる。少数でも世界中で見ると何億なので…といった説明があったと思う。

鬼滅のヒットはいつもこのキャラ連想する。

 

2020-10-17

労働人間性破壊する

私は労働人間性破壊された。

学生時代平和主義者で芸術に心が共鳴する繊細なタイプだったが、

社会人として労働を課せられて以降、

以前のように芸術が楽しめなくなり、

虐待リンチ等の暴力的動画や、

SNSでの煽り合い、

金銭による即物的な消費的な充足、

等々を糧とする人間となってしまった。

私が今後何かやらかしたとしても、労働によって人間性破壊された故の行いということを主張しておきたい。

2020-10-15

https://togetter.com/li/1608453

この手のに深くハマるのは努力したくない人ではなく、努力が下手な人か努力の仕方を知らない人。

一般的努力と言われるものには体力・時間・忍耐だけ試される単純な努力と、それらに加えて知性・技術・才能が必要になる複雑な努力があり、当然後者の方が難易度が高い。

複雑な努力をできる人間からしたら単純な努力しかできない人間努力が足らないように映ることもある。

しかしそれは努力をしたくないのでは無く、適切な努力の仕方を知らないか、それを理解する能力が無いだけだ。

一方で自己啓発やスピが求める努力は単純な努力に寄せてチューニングしてある。

その上、ゴールや努力評価規準ちゃんと明示してモチベーションまでお膳立てしてくれる。

特にスピ系や宗教ではゴールは即物的ものでない事が多いので努力効果判定まで曖昧になり、努力正当化自己満足世界に陥りやすい。

一見このような状態時間お金無駄にも見える。

しかしスピや自己啓発にハマっている人たちは元々それらの努力リソースを適切に使うことができなかった人たちなのだ

本人たちからしたら無為に生きるよりはよっぽど良いかもしれない。

もしそれに異を唱えるなら適切な努力方法とゴールをセットで提示するくらいはすべきだ。

それもまた別のカルトへの鞍替えにすぎないのかもしれないが...




余談だがハンター×ハンターのネテロ会長の「一日一万回 感謝の正拳突き」は一見すると単純な努力だが、その実行と成果には研き続けた技術と類稀な才能が必須であり、まぎれもなく複雑な努力だったと言えるだろう。

2020-10-11

なんか昔の男性は女性を買いたがってたのが近年の男性ほど愛されたがるようになってて欲求の精度が高くなって大変そうだなと思う

即物的で頭を使ってなかったのが、脳が高度になって欲求の内容が文学的になったというか繊細になったというか

買えれば満足できるのなら福祉お金を配れば良いだけ

でも女性に愛されたい、特定女性自分けが選ばれたい、それが得られないと満足できない、という話になってくると

女性存在スルーされずに発見されるため、女性に「この男性が好き、一緒にいたい」と思われてたった一人の相手として選ばれるため、

最低限必要な魅力はそなえてないと無理で、そうした魅力を国が生活保護お金を配るみたいに配布するのは無理

魅力がないのは自己責任ではなくて、親から遺伝した容姿、親の背中を見て学んだコミュニケーションスキル

から遺伝した定型発達か発達障害か、健康さ、その他さまざまなものが運によって決定されがち

女性幸せにする要素であるイケメンさ、おもしろさ、女性幸せにするコミュニケーション方法、を持っているか持ってないかは運に左右されてる

運がないと、ブサイクで、無自覚女性嫌悪感もつような話題ばかり選び、強い被害者意識を持ちながら無自覚

喧嘩を売ったりマウントをとるような相手自尊心を損ねる加害的な言動をする、みたいな「典型的な嫌われ男性」に仕上がってしまうし、

同類がつるみ感性を強化しあうことで「典型的な嫌われ男性」ぶりが加速していく

お金は配れるが魅力は配れない、そればかりは国家予算をもってしてもどうにもならない

買えれば満足レベルまで脳を退化させて欲求の繊細さを無くさないと男性は救われないような気がする

それか女性から承認必要ない、より高次の精神ステージに進むか

2020-10-08

anond:20201008014501

00年代まれ男性容姿への気配りはマッチングアプリ対策でもあるのか~

団塊ジュニア氷河期世代にとってのネット出会いというと化け物だらけの魔窟みたいな出会い系だし

ゆとりアラサーにとっての出会いも、できれば大学職場自然出会いたいけど妥協して街コンみたいなレベルで、ペアーズとか抵抗感あった

00年代まれ抵抗なくTinderみたいな即物的アプリ使うし、男性自撮りせざるを得なくて、自分容姿の点数をマッチ数という形で突き付けられるわけだ

しかスマホカメラが高画質だからガラケーのクソ画質みたいに誤魔化しがきかないし、原型留めないほどイケメン化する加工したら会ったときふざけんな萎えたわってなっちゃうし

別に出会うわけでもないコンテンツであるTikTokみてても…こんなん100%容姿勝負やんけ!となるしな

容姿悪い男性にとってどんどん救いがなくなるな~

団塊の世代男性なんかは、どれだけブスでも「俺ってブスなんだ」って思わされる機会がなくて生きやすそうだったよね

女性には働ける職場がなくて、男性はみんな高い給料がもらえる時代だった

2020-10-07

anond:20201007184508

なんか昔の男性は買いたがってたのが近年の男性ほど愛されたがるようになってて欲求の精度が高くなって大変そうだなと思う

即物的で頭を使ってなかったのが、文学的になったというか繊細になったというか

買えれば満足できるのなら福祉お金を配れば良いだけ

でも女性に愛されたい、特定女性自分けが選ばれたい、それが得られないと満足できない、という話になってくると

女性存在スルーされずに発見されるため、女性に「この男性が好き、一緒にいたい」と思われてたった一人の相手として選ばれるため、

最低限必要な魅力はそなえてないと無理で、そうした魅力を国が生活保護お金を配るみたいに配布するのは無理

魅力がないのは自己責任ではなくて、親から遺伝した容姿、親の背中を見て学んだコミュニケーションスキル

から遺伝した定型発達か発達障害か、健康さ、その他さまざまなものが運によって決定されがち

女性幸せにする要素であるイケメンさ、おもしろさ、女性幸せにするコミュニケーション方法、を持っているか持ってないかは運に左右されてる

運がないと、ブサイクで、無自覚女性嫌悪感もつような話題ばかり選び、強い被害者意識を持ちながら無自覚に加害的な言動をする、みたいな

典型的な嫌われ男性」に仕上がってしまうし、同類がつるみ感性を強化しあうことで「典型的な嫌われ男性」ぶりが加速していく

お金は配れるが魅力は配れない、そればかりは国家予算をもってしてもどうにもならない

買えれば満足レベルまで欲求を退化させないと男性は救われないような気がする

それか女性から承認必要ない、より高次の精神ステージに進むか

anond:20201006230503

人生のあらゆる問題対処して、あらゆる人に苦痛なき人生をもたらさねばならない。

……みたいなこと考えるの、文系リベラルの陥りがちな間違いだと思うんだよな。

一切衆生を救うのは、仏様のすることで、人間思想家所業じゃないんだよ。

 

所詮科学者一種である文系思想家は、まずは社会において人生に苦しんでいる個人存在することは許容範囲であることを認めねばならないよ。

別に救われないやつが居てもいいよ。鬱屈したやつがいてもいいよ。そいつ人生そいつ自身が救うんだよ。

それについてどうこうできると考えるのはおこがましい。

 

もっと即物的に考えるべきなんだよ。例えば、モテないってことは老後の世話を見る子供が居ないことだから老人ホーム建設が今までより一層必要ですねだとか。

2020-10-05

野党と支持者は戦略を変えたほうがいい

なぜ内閣支持率が高いのか

要因の一つは携帯電話値下げだろうよ

安倍政権の時一番政権ダメージあったのはモリカケでも桜でもなく給付金のゴタゴタとアベノマスクだった

自分ダメージが来るから

今野党は学問の自由がどうのって政権叩いてるけど学問の自由なんて国民的にはいまいちピンとこなくて響かない

大事かと問われれば大事と答えるけどお金の方が大事だし推しライブの方が大事だし新作ゲームの方が大事なのだ

自分の友人はずーっと日本終わった中国すごいって言ってたが最近無茶苦茶中国を叩く愛国戦士になっていた

理由vtuberのゴタゴタ

人は自分の損得でしか動かないのだ

高尚な理念とか捨てて即物的方針打ち出したほうがいい

2020-10-01

anond:20201001125952

どうでもいいけどそういう即物的な考えを悪びれもせず言い切れる人はそもそも一流企業にも入れなければ出世も難しい気がするんですよね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん