「恋愛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恋愛とは

2018-09-21

魔法使い見習い

彼氏いない歴=年齢の女がマッチングアプリなるものを初めてみた。

学生時代趣味に全力投球したため恋愛に興味がなかった。いざ社会に出たもの職場男性は少なく、新たに出会いもなく、最近親の視線が痛くて酒の勢いでインストールした。

今まで異性の友人はいものの、あくまで友人でありくだらない会話しかしてこなかったため、明らかに好意を抱いているとわかるようなメッセージとかが来ると「こいつ詐欺か?」と思ってしまう。

経験豊富な世の女性達はヤリモクだなとかこれは本当だな、色々わかるんだろうが如何せん全てが初心者、とりあえず疑ってかかるしかない。趣味に全力投球したことは全く悔いてないが、少しくらいは恋をしておくべきだったかもしれない。

恋の駆け引きだとか、何もわからない。

2018-09-20

残業0の世界

すべての企業がNO残業世界になったら

一日8時間いかパフォーマンスを上げられるかが重要視されるようになる

無能社員サビ残で優秀な社員との差を縮めることもできなくなり

いずれ無能烙印を押され会社から放逐され転職余儀なくされるだろう

会社に残った者たちも同僚や競合他社との競争において残業で無茶できなくなったことで

個人会社の実力があからさまに示されることになる

まり残業のできない世界は実力至上主義の超競争社会になるのだ

優秀な人材福利厚生の充実したイケてる会社一極集中するようになり格差さらに広がっていく

そして世の傾向として会社側も少しでも競争に不利になる可能性のある適齢期の女や

共働き子供のいる男なども採用消極的になるだろう

会社社会での偏差値を上げるために可処分時間勉強にあて、時間をとられる恋愛

結婚にもネガティブになり少子化拍車をかけることになる

実力のあるヤツが儲けることができるというのは正しい世界なのかもしれないが

少し足らないやつも根性論精神論ごまかしつつサビ残で食らい付いていけるような

少しアソビのある世界でないと遅からパンクするぞ

やはり子育て資格制にすべき

子育て想像はるかに超える重労働だ。

それを想像できない・耐えることができない未熟な大人達が、不幸な子供を量産していく。

不幸な子供を増やさない為にも、子育ては以下の流れのような資格制にすべきだと思う。

①全ての男女は精通初潮を迎えた時点で強制的内臓不妊手術を施す。

独身既婚関係なく、子供を望んだ時点で公的機関による「児童養育資格」を受験する。内容は筆記試験や、子供の世話の実技試験。それに見事合格した者のみ、③に進むことができる

③両親が精子卵子提供し、人口子宮機を使用して実子を公的機関製造製造途中でもスマホによって進捗度合いをリアルタイム確認することが可能独身や極度の不妊場合は、他者から提供された精子卵子使用することもできる。

④無事製造された実子が両親の元へ届けられる。子育て間中公的期間が金銭面等で手厚くサポートしつつ監視する。もし虐待離婚など、養育に致命的な問題が生じた場合は即保護され、 再度養育試験合格しない限り資格剥奪状態となる。

この方法なら子供はもちろん、妊娠仕事に支障をきたしたくないキャリアウーマン子供が欲しくない男も、子供欲しいけど恋愛結婚したくない人もLGBTの人も不妊の人も幸せになれる。

本当に子供を持ちたい人間だけ幸せになれる。

え?少子化になる?現時点でヨーロッパの各先進国より数倍も人口多いのに何言ってんだか…

妊娠出産子育て公的機関によって監視制限されるくらいが、今の不寛容日本社会にとって丁度いい。

anond:20180920103458

オタクが同じく、男尊女卑DQNより女の批判を受けやすいのはさ

オタクが女に主婦家内版のロールモデル提供できなかったからだよな

 

DQNってのは大抵田舎暮らし同調圧力も働く社会

そこで一人の女と家族に(多少はヤンチャしても)尽くし、添い遂げるというのが

彼らの共通認識 

そのためには土方やキツイ仕事バンバンこなして

妻子を肥やす義務(と周囲の目)があった

女も対価と保証があるのならと、男尊女卑社会で生きるのを受け入れていた

この、全体的にDQN味のある社会と言うのが今までの日本だった

 

ところがオタクは違う

オタクはどちらかと言えば(男にとって)自由社会を望む

DQNのような社会性や交友関係同調圧力を望まず

仕事ブラックは避け、妻子への無償努力も拒む傾向がある

なにより、体力も無いので子供を遊びにつれていくこともない

恋愛観にしてもDQNより遥に契約的、自由恋愛主義(無論、女には求めないが)で

岡田斗司夫の例もあるように、DQNよりも遥に多くの愛人を求め

宗教的同調圧力的なモラルから解放されているため

一夫多妻制すら支持するのだ

(三ヶ月でアニメの嫁を変える精神性は言うまでもない)

オタク夫の妻は、夫からの寵愛を失う危険性がとても高く

下手すれば40でシングルマザーという絶望の状況下に置かれる

 

オタクの男は、これだけ自身には先進的な

ライフプランを立ててきたにも関わらず

妻に対しては従来通りの家事労働子供の世話を押し付け

共働きや女の社会進出を阻害するという、DQN規範に甘んじていた

 

この、従来のDQN男尊女卑システムの利点を失った女性

オタク幻想家族像、オタクナイズされた男尊女卑社会拒絶反応を示し

自立の為に行動を起こし始めたのはごく自然ことなのだ

新潮評論家の人は現に忌避されがちな性的な嗜好や行動だけではなく、

性に関わることはすべて、個人的不快か、

感性的には多数派だが、なんらかの理由で非常に悪いとかまで

いけば面白かったかも。

反出生、反結婚、反恋愛、一切の肌の露出や体形のわかる姿の禁止とか。

anond:20180920154236

女性向けの恋愛モノ、夫婦モノなんかのフィクション流行ると大抵怒る男出て来るもんなあ

アナ雪の時はクリストフが単なる都合の良い男でしかないとか

逃げ恥だと結局正臣が高給取りエリートからだろ、とか言ってるのいたし

流行モノ以外だと物申す男があまりいないのは、単に女性向けのフィクションに関心がないか

世間で余程話題にならないと知らないだけだろうし

anond:20180920103458

恋愛生殖と共同生活育児全部セット販売する戦略、色々不都合が多いのではないかと思うこの頃。

極端な話、女性を愛する女性が、女性Aと恋愛男性Aと生殖女性Bと同居して男性Bと育児するみたいな、そういうモデルもあっていいじゃないかと思うんだけど。

まあ育児と共同生活は切り離すのが難しいにせよ、恋愛生殖・共同生活は割と簡単に切り離せるんだから、それぞれに相性が合う相手とやりゃいいと思うんだよな。

恋人としては最高だけど家庭人としては落第とか、同居人としては素晴らしいけど別に恋愛対象じゃないとか、

だったらそいつとは恋愛だけしてそいつとは同居だけしとけみたいな美味しいとこ取りができないもんかね。

まあ、そうしたいという人はとっくにそういうライフスタイルを選んでいるのだろうが。

anond:20180920141910

わたしを信用出来ないですか」と言ってくる人に時たま出くわす。

なぜか異常者ではなく、正常人なのである

つい最近だと、ほとんど初対面の営業マンの人からわたしを信用出来ないのであれば」と言われたり、はじめての歯医者インプラントを薦められて「わたしを信用できませんか」と言われたりとか、要するに押しが強い営業手法なのである

イエス・ノーで答えるとすれば「信用できません」と答えるしかないが、面と向かってそんなことは言えないので、「信用できる」と答えてしまうお人好しだっているわけである

もちろん1か0かで答えられる話ではないから、こんな阿呆な問いかけに答える必要はないし、相手キチガイではないから、こちらの沈黙理解するであろうし、「初対面の人からそんなことを言われても判断できません」と明確な言葉説明する必要もあるまい。

つまるところ、たぶん他人を信用しないのは嫌な人間という前提があり、ちょっと押しの強い人が、相手のお人好しを狙って「わたしを信用できませんか」とイエス・ノーを迫るのだが、こちらとしてはきっぱりと断れるかどうかが重要である

当然ながら断ると雰囲気が悪くなるし、こちらが悪者であるかのようだが、相手としてもそれが一種の脅しなのであるし、それがどうしたということである

ともかくこれは正常なのである

あるいは、言葉定義問題でもあるが、モラルの低さは異常性ではない。必要もないのにインプラントを薦める歯医者は決して立派ではないしモラルも低いが、正常だというしかないのである

では異常なのは何かと言うと、たとえば恋愛ストーカーであろうし、強引である点では同じであるのだが、やはり好意というのは危険すぎるのである

好意というもの実態は、土足で上がり込んでタダ飯を食らうような狙いだから幼児が親に甘えるようなもので、無償の愛を求めているのだからイノセントとも言えるのだが、端から見ればただの寄生虫である

押しの強い営業(悪意)は正常だが、恋愛ストーカー善意)は異常だと言うしかない。

押しの強い人は善意ではないから、決して褒められたものではないが、こちらが毅然と断ればそれで済む。

善意を断るのはとてもむずかしいのでかなり厄介ということなである

こうやって考えると、こちらがどれだけ断っても食いついてくるのを異常性とみなしているのかもしれない。

スポーツ漫画スポーツアニメって見る必要ある?

スポーツ漫画スポーツアニメって、大体もうやり尽くされてない?

スポーツって基本的には勝つ、負けるの2パターンで、あとはがんばって練習したとか、故障してどうのとか、友情がどうとか、努力VS才能とか、そのくらいじゃん。家族がどうとか恋愛がどうとかみたいなのはスポーツ関係ないし。

そういう数少ない要素も、過去の名作で大体やりつくされてない?

駆け引きとか戦略戦術みたいなのも、そのスポーツをよく知ってないと伝わらないじゃん。

まだ集団競技なら選手個性が絡み合って面白くなる余地はあるし、戦略的にも奥深いから良い作品が生まれ可能性はあると思うんだけど、個人競技だと話が選手1人の技術や体力に終始しちゃうから、どう頑張っても過去作品二番煎じしかならなくないか

事実漫画好きが公表してる好きな漫画ランキングみたいなのにスポーツ漫画が選ばれてるのって(奴らのチョイスが絶対正しいとは思わんけど)せいぜいスラムダンクくらいだし、最近スポーツ漫画ランクインすることなんてまずないじゃん。

スポーツ漫画ってもう何年も前に終わったジャンルじゃないか?偉そうなこと言ったけど読んでない作品はたくさんあるし、批判ありきで読むことはないので、過去の名作でやってないことをやっている面白作品があったら教えてくれ。

暴行された彼女を受け入れられない」のコメ欄が酷すぎる

彼女には暴行された過去がある」と彼女親友が教えてくれた。暴行された彼女を受け入れる事が出来ないので・・・ : かぞくちゃんねる

http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/52789278.html

記事も胸糞悪いがコメ欄もゾッとする

レイプされた女が悪い」

中古が汚いのは事実

「報告者叩いてる奴らは綺麗事言うな」

「むしろ興奮する」

「無理矢理でも感じてたんだろ」

中古ま〜ん発狂w」とか言う奴だらけ

果ては「レ/イプの過去を黙って人並にお付き合いするなんて図々しいにも程がある。付き合う前にちゃんと伝えて、傷物ですけどいいですか?とお伺い立てるべきよね。」と来たもんだ

さすがBBC報道されるだけあるセカンドレイプ大国という感じだ。性犯罪被害者死刑にするイスラム国本質的に同じなんだろうな。

それにしても日本の男は彼女や妻に性被害過去があったら、同情よりも先に生理的嫌悪感が来て、自分汚物をつかまされた被害者であるような気になって別れる奴が多いのか…理解したくもない

そりゃ、レイプされた彼女を「俺が守るから」って愛してくれるみたいなケータイ小説理想恋愛として流行ったわけだよ。

「月が綺麗ですね」を好意の表明に使う奴が嫌い

「月が綺麗ですね」を好意の表明として使うあれ、もう10年くらいネットで見掛けるけども、すごい気持ち悪いというか、滑稽だろ。

何が気持ち悪いって、

①借り物の言葉言い逃れ可能告白をするとこ

②それなのにそこに日本人らしい奥ゆかしさや趣があると思ってるとこ

自分相手文学的教養関係無く、ネットのまとめで聞き齧っただけなとこ。

二葉亭四迷が「死んでもいいわ」と翻訳したというのもよく一緒に出てくるけども、ツルゲーネフ二葉亭四迷訳でちゃんと読んだことある奴がどれだけいるんだよ。そういう小ネタピックアップしたとこだけ雑学的に楽しむのって、まぁ楽しむだけならいいけどそれで教養どうこう言っちゃうのはほんとダサい

まず「月が綺麗ですね」が漱石発信っていうとこからソース無いんだけど、仮にそれが事実だったとして、既にそれがI love you意味するというコンテクストが広まってしまってる世界でなお告白に使おうとするの、漱石的発想とまるで真逆だと思わん?

だって相手がそれを雑学として知ってたとしてもそれだけじゃ真意がわからいから、OKならそれっぽい反応をするだろうし、NGならスルーしてくれるか、ソフトに断ってくれるわけじゃん。知らなかったら知らなかったで月が綺麗という話をして終わりだし。

奥ゆかしさや風情なんてどこにもなくて、ただ卑怯で臆病でクサくて痛いだけじゃん。

いや、もちろん月が綺麗だなと思ってそれを発信するのは全然いいと思うよ。これはあくまでも告白として使う場合の話ね。

数年前にこのネタが爆発的に流行ってから高校大学の授業でI love youをどう訳すかって課題が出たり(知人の実体験としても聞いたし、Twitterでもいくつか教師/生徒のツイートを見かけた)、I love youを色んな作家がどう表現たかというテーマの本も見かけた。

恋愛感情って大半の人が経験するし、比較的強い感情で、かつ詩的だから面白いのはわかるよ。他人表現に感心するのも良いけど、でも自分の想いを伝えるときネットで拾った借り物の言葉(しかも上手くいかなかった時に言い逃れ可能表現)を使うんじゃなくて、 自分言葉で伝えるのが一番じゃないかな。上手いこと思いつかないならストレートな方がまだマシだよ。

ちょっといいなと思っていた男性から唐突に月が綺麗ですねラインを貰って激萎えした女より。知的で少し偏屈そうなところが良かったのにダセーことすんじゃねーよほんとに。

2018-09-19

男が「セックスしたい」っていうと「勝手にシコってろよ」というレスが来るのだが

女が「恋愛したい」っていうことに「勝手にシコってろよ」ってレスが成立しないのが不思議

セックス恋愛ふたりでないと成立しないものなのにセックス欲求だけはひとりでしろっていわれるの不公平だなと

それだけなんだけど

論破したけりゃして

健やかな精神を得ることと『子ども』の存在価値無関係

https://anond.hatelabo.jp/20180918120625

親権押し付け離婚した元増田に、私もひとつ話を添えようと思う。

私の両親は若い内の恋愛結婚で、結婚後三人の子どもを生んだ。

だが、三人目が二歳になろうか、というところで父親浮気発覚。相手は当時女子学生留学のために暫く日本をはなれるから、それまで付き合わせてくれ、というのが、発覚した時の父の言だったそうだ。

もしその言い訳

はいそうですか、わかりました」

と言えるほど彼女が『母親』という生き物だったなら、こじれなどしなかっただろうが、そうじゃなかった。

本来なら唯一女性として見てくれる対象人間がそっぽ向いているんだ。屈辱にもほどがある。

父は仕事仕事の日々。

三人目の子病気がちで入退院を繰り返していたし、上二人は小学生に上がって間もないがまだ手はかかる。

その上で発覚したそれは、一人の女性から気力という気力を奪い尽くしただろう。

離婚騒動はなかなか揉めたらしい。

双方両親、兄弟仲人浮気相手家族も巻き込み、色々な人が、思い直せとか三人も、とか、別々には…とか好きに言ってくる。

しかし母は、離婚離婚を父に突きつけ、慰謝料を断り、三人のそれを全て父に押し付けた。

「こいつらを簡単幸せにして堪るものか」

母が27の時の決意だった。

自身はとても子ども好きだ。近所の子や親類の子など、分け隔てなく可愛いがる。

それでも、親権より、自身が健やかに過ごせる手段をとった。

とはいえその先の生活自暴自棄で、夜中の一般道を120km/hで走るとか、一人で踏切傍に佇んだりとかしてたみたいだけどね。

就職して海外で働いたり、なりふり構わず色々して気を紛らわせてたらしい。

さて、晴れて独り身になった母だったが、意外なことに、時折離婚した父に会っていた。

そのときできたのが私になる。

それでようやく、『この子を生かすために生きよう』と思えるようになったそうだ。

私がこの話を母から聞いたのは16歳の時で、当時とても物分かりよくませた子で。

子どもながらに、何を選んでも大変だったことが想像ついたんだよね。

ついでに父が100%悪いとも思えなかった。それは母にもちゃんと原因の一部があると思ったからだった。

実はこのあと、私が成人してから父と兄姉と会うことができた。

母も一緒に。

会うことが叶ったのは、父が母の悪口子どもたちに吹聴しなかったからだと思う。

父は当時の相手再婚して、更に下に子どもも設けてた。私の存在は今後も公にはならないけど、別にいかって感じ。

何が言いたいかなんだかわからなくなったけど、案外ある話だってこと。

幸せを望んで何が悪いの、自分を追い詰めた人間に対してその不幸を望んで何が悪いのってこと。


元増田の人、どうか健やかにね。

そして幸せになってください。

あなたは母でも女でもある前に、一人の人間なんだし。

anond:20180915194240

輝夜月に恋愛して他が見えなくなっちゃった人かな?

恋は盲目っていいますし正常な判断能力を見失っている可能性があるよ

単推しで他をディスるのはよくあるパターンです

推しを上げて他を下げる行為は他の人のその推し評価を下げることにも繋がるので気をつけてください

輝夜ちゃんかわいいよ

けど増田には好きになってほしくないわ

不妊治療が怖い

長く付き合っていた同い年の彼氏24歳で結婚した。

24での結婚は周りに早いと言われたけれど、歳を重ねると妊娠しにくくなると知っていた。

私達には子沢山の家族を作りたいという共通の夢があったので結婚に迷いはなかった。

タバコも吸わずお酒も飲まず、健康体型を維持し、お互いが初めての恋人で真面目に恋愛し、真面目に勉強して、真面目に働いて生きてきた。

結婚して2年たった。

子供はまだ出来ない。

完全に不妊症だ。

自分で出来ることはやり尽くした。いい加減病院に行こうと思う。

しかしこれからの通院頻度、治療費を考えると不安で押しつぶされそうになる。

特に治療費を考えると辛い。

体外受精などの高度不妊治療に進むと1回約100万かかる。

1回100万の博打

私たち夫婦共働き所得制限を超えるため国から何の援助も受けれない。

たばこを吸っている人たちが禁煙治療を受けるのは保険適応なのに?

摂生による自己責任が起因する病気も全部保険適応なのに?

ドラッグストアで買えば済むような湿布や薬も高齢者は90%オフになるのに?

どうしても不平等だなあって思ってしまうんだ。

20代半ばで子供が出来ない体は完全に異常だよ。

頑張って働いているか税金健康保険料も沢山納めるよ。

だけど、受けれるサポート基準はせめて同じであって欲しいと願ってしまう。

いくらかかるか分からない、先の見えない不妊治療に踏み出すのがとてつもなく怖い。

多額のお金投資して本当に子供を授かることは出来るのだろうか。

懐と体と心を痛めながら私はこの治療に耐えられるだろうか。

でも、どうしても大好きな人の子供が欲しい。

明日病院電話するぞ。頑張るぞ。

生きる意味が見出せない。

欲しいものがない。

あるいは欲しいものを得られない。

孤独や疲労、世間の冷たい態度や疎外、そういったものものを越える理由がない。

あそこでの仕事をしていた時も、虚しさが拭いきれなかった。生きることはできても、動いていても、心は死んだように輝かず、生きているのに死んでいるようだった。

とてもとても、虚しかった。

それを克服しようと、したいことをしようとこちらへ来たけれど、その仕事も「違う」と感じ、その仕事なすためのハードルを越える必要もないと感じ、やめてしまった。

自分の持つものを上手く活かせる場はあるのだろうけど、探す気にならない。

そうまでして生きる意味が僕にはない。

生きるというより、諸処のストレスを越える理由が。

それに、したいことが思い浮かばない。

自信がなくなってしまった。自己能力、体力に対して、そしてまた、自分を動かす「したいこと」に対しても。

力が湧いてこない。この心と体で出来ることなど、なにもない。それほどまでに、心と体が動かない。

場所があれば違うのかもしれない。

でも依るべき場所がない。

実家はない。

ママは僕が自死したら死ぬまで苦しむだろう。一人でに自分を責めるだろう。

可哀想だとは思う。

ママはあの苗字として出来る限りのことを僕にしてくれたけど、でもやはり、あの苗字という選択は僕にとって大きく間違ってたみたいだ。僕には、母が消えてしまったような、取られてしまったような、そんな気持ちが常にあり、こんな歳になっても消え切らなかった。

その反動恋人に熱を入れたけれど、あの人とも一緒になることはできなかった。でも僕も子供が欲しかったし、いい父親になるだろうと思ったから、可能になったとしても一緒にいない選択をとるだろう。

それでもあの人との恋愛は、生きていて良かったと、それまでの孤独や寂しさは、この幸福を感じるためだったのだと思えたほど、素晴らしいものだった。あんな素敵な体験が出来る人は、地位や富や歴史的人物だとしても、そうはいない。そう思える。

でも逆に、失った後に苦しむことにもなる。

あれから数年が経っても、落ち着いた恋愛が未だ出来ず、「出来ない」という経験けが積み重なった。

仕事家族恋愛

全てにおいて失った感覚

日々や人生で沈むときは、そういった捉えを強く感じる。そんな僕には、何かを得られる気がしない。ただ転がり落ち続けるだけだ。

生きたい理由がなく、不幸を避ける。

から死ぬ

僕と関わった方々の今後の日々に、一抹の影を残してしまうことを心苦しく思います申し訳ありません。

僕の死は、誰にでもある宿命や産まれながらの不幸に対し、僕自身が勝てなかったというだけです。そしてまた、破滅的な傾向と不安定精神に依りますたまたまが重なり、ここまでに至ってしまった。そういう人生もあります人生選択できるほどの熱量を、誰しもが持てるわけではない。

これまでの日々で、笑顔や温かい気持ち、感動する体験ができたことを幸福に思います

2018-09-18

anond:20180918120625

書かれてる特徴から見るに、不倫相手ってオサレ美人だったんかなー

箱入り娘で大切に育てられた美人

そんな美人を甘い言葉自分専用便器にして、都合悪くなったらポイーってする元旦那も相当イケてる部類だな。(クズだが)

まぁ投稿者コテピアス持ってたりと相当イケ女なんだろうけど

結局イケメンコミュ野郎結婚すると地獄を見るってことね、かわいそうに…

次に恋愛するなら非モテ系にしとけよ!

私の人間性は終わっている

色々ダメだ。チキンメンタルが傷ついたので、その傷を癒したいがために◯◯先生にウザ絡みしたい気持ちでいっぱいだ。要は自分好きな人にかまってもらいたいのだ。自分の傷を癒すために。

迷惑きわまりない人間だ。そりゃフォロワーもどんどん減るって話ですわ。

嫌いな人と好きな人の差が激しすぎるのも問題だ。同性はだいたい嫌いで、異性はすごく好きな人とすごく嫌いな人とどうでもいい人しか存在しない。幼稚か!

ところで、犬でも「拗ねる」らしい。私もよく「拗ねる」が、私は動物みたいな人間ということかもしれない。前頭葉機能が低下した、人間というよりは動物に近い存在なのかもしれない。

そんな無様な存在のくせに憧れの存在に話しかけてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

おまけに返事までしてもらって精神状態不安定になった。その人は話しかけられたら必ず返事をする礼儀正しい紳士であることを計算に入れた上で話しかけたのだが、実際に返事をもらったら嬉しさよりも「こんなゴミ風情にお手を煩わせてしまって申し訳ありませんでした」という罪悪感で死にそうになった。何せ相手雲の上の存在なのだ。月とミミズくらいの実力差がある、自分でそう感じてるということは実際には銀河ミトコンドリア以上の差があるということだと思っている。申し訳なさのあまり土下座したい気持ちだ。でもご安心ください。もう二度と話しかけたりしませんから。これが最後だというつもりで話しかけたんですから。今後は自分世界に閉じこもって、別の人たちにかまってもらいながら傷を癒して、そしたらちゃん自分の芯を樹立できるように頑張ります。遠くから応援してます。私から応援されても迷惑かもしれないけど。だれかを好きになるよりまずは自分自身を好きになれるように頑張ります。私は恋愛人間関係も向いてない。人付き合い自体まりきじゃないし。これから人間性を完全に捨てて生きていきたい。誰にも期待したくない。終わり。

二年連続誕生日前にフラれた話

二年連続誕生日前にフラれた話

去年、ひと回り年上の男性と付き合っていました。彼は当時42歳独身で、私の誕生日には沖縄旅行プレゼントすると言って飛行機ホテル全て予約済みでした。しか誕生日2週間ほど前から突然連絡が途絶え、それまでは毎日のように写メ付きの連絡があったのにおかしいな?と思い何度か返事を催促すると、「忙しいから落ち着いたら連絡する」とだけ返事がありました。今思えばそれでおとなしくしていれば良かったのですが、旅行には行けるのかが不安で、その後も何度か連絡をすると、多分それがうざかったのか「今一緒に行っても楽しくないだろうから」と言って誕生日旅行キャンセルと同時にフラれました。誕生日の予定がなくなったので、一人で過ごしました。

その後、私もも31歳なのでいちいち恋愛で傷付いてメンタルを消費したくなくて、恋愛するのはやめようと思いました。今年に入って、今度はひと回り年下の二十歳の男の子からアピールされました。遊ぶくらいなら良いけど、傷付くのはもう嫌だから恋愛はしないでおこう、と思っていたのに、彼の純粋な姿に気付けば恋をしてました。彼の誕生日の際はまだ付き合っていなかったけど、会いたいと言われたので予定を空けて、手ぶらダメだと思ったのでプレゼントを買いました。一人暮らしの彼に、グラスをプレゼントしました。彼と付き合うようになり、彼は毎日写メ付きのLINEを送ってくれました。朝から夜まで、まるでブログツイートのように、その日の出来事を私に連絡してきました。嬉しかったです。でも、心のどこかで「でもきっと、そのうちしなくなるんだろうな、その時は悲しくなるな」と考えていました。

彼は仕事とは別に夜にバーバイトをしています。顔が良い彼はそのお店でそこそこモテているみたいで、それは彼女としては嬉しいことなので応援していました。でも夜の付き合いは面倒で、会う約束をしてた朝方まで飲みに連れ回されたりしていて、私と会う時はすごくお酒くさかったりする時もありました。それでも彼は私に真摯に向き合ってくれてました。なるべく週末は空けてくれていたし、一人暮らしの部屋も私に自由に使わせてくれました。旅行も連れて行ってくれました。誕生日も楽しみにしていてねと言われていました。

また、彼はまだ若いので、私のワガママで交友関係を縛るのは嫌だったので割と自由にしていました。夏は海とかBBQとか、彼はバーの交友関係のほうで毎週のように行っていました。

しかし、ある時彼が私との約束ドタキャンしました。店で酔いつぶれていたそうです。身体心配して、ゆっくり休むように伝えると、その後に「友達に誘われたかご飯に行ってくる」というLINEが入りました。馬鹿正直というか、、、私との約束ドタキャンして、埋め合わせの件よりもほかの人との予定を優先するのかと少しムカつきました。その次の日は、彼は夜の仕事仲間とBBQがあると聞いていたので連絡などしてなかったのですが、いつもマメに連絡してくる彼がついに夜中になっても一度もLINEをくれなかったので、少し心配になって「今どこ?」とLINEをすると、写メが送られてきました。写ってたのは、夜の仕事仲間と、いかにも夜のお仕事お姉さんたちの楽しそうな写真でした。女性がいるのは想像ついていたけど、終電のない時間に、酒も入っているし、あれこれと最悪な状況しか連想できませんでした。まぁ、やきもちです。呆れた私は「もういい」と言うと、「これからは土曜も仕事入れるからもっと会えなくなる。でもどっちも大事にしたいから」と言われました。土曜も仕事をするということは、日曜の朝方までの勤務なので、実質会える時間はなくなります。(彼の休みが日曜しかなくなるので、私と会うと彼の睡眠時間がなくなります)それに、生活の為とはいえ、昼も夜も働いてるのだから割に収入はあるはずです。それなのにバイトを増やすのはなぜなのか?どちらも大切にしたいと言って、こんなふうに女性と夜に会うことと、私と会うことを天秤にかけて、私が優先されないことが今後増えていくのか?不安でした。夜の世界にこれ以上染まって欲しくないと私は思っていたので、それもショックでした。色々と把握できなくて、「距離を置きたい」と言ってしまいました。そのあと連絡が途絶えて、翌日の夜くらいに、彼が血まみれでベッドで点滴を受けている写メが送られてきました。

「(夜のお店の)店長ケンカしちゃった」との事でした。私は血の気が引きました。同時に、血まみれの人間をあまりたことがなかったので恐怖で涙がこみ上げました。すぐに電話をして、理由を聞いたけど濁されました。店長は50代で、大の大人なのに、まだ二十歳の子にこんな傷を負わせるなんて本当に最低だと思いました。病院にだれか一緒にいるのか聞くと、独りぼっちだと言うので、彼が心配になり、私は行ったこともない駅の病院まで向かいました。先日の台風の日でした。私の方がそこそこ危ないんじゃないかと思いながらもなんとか病院まで辿り着きました。面会時間外と言われましたが、緊急患者だったのでベッドまで案内してくれました。彼は眠っていましたが、服にも腕にも顔にも血がついていました。死んじゃったらどうしようと思って、また涙が出てきました。包帯が巻かれていない方の手を、そっと握りました。彼はゆっくり目を覚まして、私の顔を見た後に泣き出しました。貰い泣きしそうでしたが、我慢して、寝たまま身体を動かせずに涙がぽろぽろこぼれる彼の涙を拭いてあげました。面会時間外でしたのであまり長居できずに、着替えの下着だけ置いてその日は帰りました。それから、彼は退院しましたが利き手を使うことが出来ず、日常生活が困難だったので、なるべく仕事の後に彼の家に通うようにしました。食欲もないと言っていたので、フルーツとか簡単フォークで刺して食べれる物などを買ったり、痛み止めや胃薬を買って持って行ったりしました。

日経ってから、彼が店の店長と話すと言うので、話し合いは必要だと思うので快く送り出しました。そしたら、彼から「しばらく店長の家に泊まる」と連絡がありました。私は正直、今まで私がしてきた事は、彼にとってなんだったんだろう?と思いました。二十歳の彼にとって、バイト先の店長存在は大きいのでしょうけど、怪我を作った原因の人でもあります店長にすれば、彼は若くて顔も良くて女性客にも人気があるので、手放したくないのだろうと思います。結局のところ、彼が頼るのはそこなのか、と。私はまた少し不機嫌になってしまいました。そして、この一連の出来事は私の誕生日の一週間前の出来事でした。去年のことを思い出しました。直前に別れて、またあんなにつらい思いをするのは嫌だと心の底から思いました。彼に、私の誕生日の予定を聞くと、「可愛がってもらってるママさんに誘われてるからご飯に行ってくる。でも次の日は空けてる」と言われました。これは結構きつかったです。私も相当彼のことを可愛がってきたつもりでしたが、彼には届きませんでした。悲しみに悲しみが重なりました。せめて電話がしたくて、その旨をLINEで送りましたが、一日中既読がつきませんでした。なので、危機を感じて欲しくて、お別れの意のメッセージを送りました。これが一番の良くないんだとわかってはいるのですが、予防線を張りたくて送ってしまったのです。今朝、彼からラインが届いていました。「別れよう。今までありがとう」と書かれていました。

二年連続で、誕生日前にフラれました。もはやネタです。私なりには努力したつもりでしたが、進歩がありませんでした。とにかく今はなにも考えられないのですが、まさか本当にフラれると思っていなかったので今週仕事がギッチリ入っていて、放心にもなれません。なのに週末の誕生日は予定が入ってません。こんな悲しい人生、なかなかありませんね。来年彼氏を作って、誕生日前にフラれるか検証してみようかと思うレベルです。嘘です。本当に、落ち込んでいます。彼の部屋に置きっぱなしの物がたくさんあるし、家具なども私が買ったのに捨てられるのかなとか、めそめそしています。もはや、30歳を超えた私が一回りも下の可愛い男の子なんかと付き合えて良い夢見せてもらったと思うしかないですね。

小児性愛ロリコン)だけど辛さを分かってほしい

俺は小学校中学年・高学年(3年~6年)が一番ストライクゾーンだ。女性として一番魅力的に感じる。

もちろんこれは外見的な話で、普通に話したりするなら同い年の女性が良い。

大人の女性相手にされないかロリコンになる』と信じ込んでる人もいるが、俺は逆だ。

子供とは付き合えないか20代の成人女性と付き合っている。はっきりいって妥協だ。

外見的魅力は大人の女性より女子高生が良いし、女子高生より中学生が良いし、中学生より小学生が良い。

小学生の頃、同じ学年の女の子を好きになった。中学生になっても高校生になっても小学生恋愛感情を抱き続けた。

俺はどれだけ努力しても自分の一番好みの女性を手に入れることはできないし、性欲も満たすことができない。他人に打ち明けることすらできない。

同性愛者の人権個性として保護されるのに、熟女好きも認められてるのに、小児性愛だけは病気扱いされ、なにもしてなくても犯罪者扱いされる。

俺は児童虐待は一度もしたことがない。仕事子どもと関わることは多いけど我慢している。

せいぜい、YouTube小学生YouTuberや小学生が写ってる動画を観るくらい。特にダンス陸上大会動画が好き。あとは漫画欲望を満たす。

もし漫画児童ポルノ規制対象になったら、俺はどうやって生きていけば良いのだろう。

まだ20代。あと何年、この苦しさを抱えて生きていけば良いのだろう。

anond:20180918145503

マジレスすると今の若い子は恋愛積極的でなさそうな子を無理やり恋愛という場に引きずり込むようなことはしない(セクハラやもんな)からもっとアピール&男が好きアピールをするべき。

とりあえず近くの初音ミクとか好きそうな陰キャを指さして「私あなた彼女になってあげる!」とかすることから始めるべき。

人生ピークを過ぎたのではないかと感じている

めちゃめちゃ金持ちではないけれど、めちゃめちゃ貧しいわけでもない、いわゆるふつーの家庭に生まれた。

小学校時代は、多少いじめられもしたけれど、おそらく自分も誰かをいじめていた(意識としてはちょっかいを出していたんだけど、今思うといじめと言われてもしかたないと思う)。

中学高校も、それなりに勉強をし、それなりに恋愛をし、それなりに部活をがんばった。いい思い出も悪い思い出もあるけれど、今となっては楽しかった記憶の方が勝っている。

親には大学まで出してもらい、一般にはそんなに知られていないが、業界では知られているような大企業にも就職できた。

学生時代から付き合っていた彼女結婚し、子供が生まれ、その子供も先日中学生になった。

会社でも、大変な仕事をいくつかこなし、つらい時期もあったが、それが評価されてそこそこの出世を果たし、生活には困らないレベル報酬ももらえるようになった。

好きなものが楽しめて、時間も作ろうと思ったらそこそこ作れる。これから楽しい盛りなのでは?と期待していたが、年齢的な体力の衰えを如実に感じだした。

体力がないと楽しいことも完全には楽しめない。体力・財力の曲線があるとして、その合算値がmaxのところが人生ピーなのだとしたら、そこはもう超えてしまったんじゃないか不安かられている。

ヤバいエロが読みたいかゾーニングはして欲しい

 ゾーニング論争はエロ嫌いvs.エロ好きの戦いではないし、さらに言うならオタク嫌いvs.オタクの戦いでもない。少なくとも私にとっては。

 何故ならエロ好き&オタクの私もゾーニング派だからです。

 エロ絵そのものはいいんですけど、エロ絵を日常に持ちこむ人、それを当り前だと思っている人の感性が怖いですよね。たとえば猫虐待してる絵が表紙の本が本屋にずらっと並んでたらどうですか。ツイッターで「猫いじめさいこー」とか盛り上がってる人たちがいたらどうですか。猫の飼い主、怖くならない?

 以下、個人的な話なんですが参考までに読んでみてください。

 私はかつて小学生だったときネット彷徨い偶然エロテキストサイトをみつけてしまい、最初はあまりの衝撃に速攻ブラウザを閉じたけど徐々に好奇心が湧いてきて一通り読み漁ったという過去があります

 ここで良かったのは私が元々本好きでフィクションに慣れていたので、『これは架空物語であり特定欲望を満たすための都合のいい展開である』ということを認識できたことと、文字媒体なのでどぎつい描写モヤモヤ~とした映像しか頭に浮かばなかったこと。

 小学生が明らかに18禁小説を読むのはよろしくないことですが、ともかくそんな感じで私は『女性性的に辱められる』『極端に男性に都合のいい設定』『とにかくエロだけを追求した話』『びっくりするほど下品であけすけな隠語』というもの嫌悪感はなかったのです。だってそれはそのサイトいかなければ読めないものだったし、自分が読みたくないときは読まなければいいのだし。

 それは刺激的で、斬新で、背徳的で、ジャンクフードのような中毒性がありました。普段は見ないけど、たまにひたすら頭の中の興奮ボタンを連打したくなったときに一気読みして、はー楽しかった、終わり、ってすっきりしてました。

 しかし同時に、私はネットでしばしば予期せずでてくるエロ広告嫌悪していました。私はあくまで刺激が欲しい時にエロ摂取したいのであって、いきなり飛びこんでくるエロはお呼びでないのです。むしろ「女を都合よく辱める創作を女に見せつけてもいいと思ってるんだ」と屈辱的な気持ちになりました。

 おわかりになるでしょうか? 「私が見たい時だけでいい、あとはいらない」と言うとわがままのように思う方もいらっしゃるかもしれません。

 これも本音なんですが、本質はもうちょっと深いところにあります

 エロテキストサイトとどこにでも湧くエロ広告の違いは、受け取り手能動性の差です。

 エロテキストサイトを見る場合、私は「荒唐無稽現実離れしてる刺激的なエロい文が読みたい」と意識してからサイトを開きます。私がそう思って行動しない限りサイトは開かれません。そして、サイトにはエロい話ばかりが集まっていますエロくない話の中に騙し打ちのようにエロい話があるわけではないので、そもそもこれはエロくてヤバい話を読みたい人向けのサイトだとわかります。つまり、「今から読む話では女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されてるけどみんなこれが架空だってわかった上のお遊びだから大丈夫」という安心感があります

 ところがエロ広告は、求めてもいないのに突然バン!と現れますしかも絵なので防ぎようがありません。日常なかに現れたドギツい描写こちらは面くらい、そして、「こんなヤバいエロ日常なかに放り込むなんて、この発信者もしかしてヤバいエロ日常を別枠だと思ってないのでは?」という恐怖を味わいます

 まぁ、今思うとエロ広告はむしろ不意打ちをこそ狙ってるんでしょうね。エロなかにあれば目立たないエロも、日常なかにあれば目立ってありがたがられますからね。ジャンプ過激化するお色気系漫画とかもそうなんでしょう。エロ漫画としてはそこそこでも少年誌の枠内では超エロ、っていう。

 でもね、人間、慣れるんですよ。

 嫌がってる人はなかなか慣れませんが、好きな人特に気にしてない人は普通に慣れますロリコン公言とかハイエースとかね、最初は「俺たち過激なこと言ってるぜ」っていう昂揚感、ヤベー奴スゲーみたいなとこから始まって、今ではすっかりネットミームでしょう。

 小学生恋愛対象に想定するタイトルとか、女の子がめちゃくちゃ露出してるとか、そういうのがありふれ過ぎて、日常浸食している。意図せず目に入ってくる。そういう状況は怖いです。

 ラノベは昔からエロ絵あったとかい意見もわかりますが、さすがにここまで多くも露骨でもなかったですよ。ホライゾンの表紙はラノベの中でもわりと異色だったように思います。少なくともエロい絵として喜ばれるぐらいには。今、特にオタクの中で話題にならないじゃないですかエロい絵の表紙。もう当たり前になっちゃったんですよ。

 露出の多い女の子が恥ずかしそうにしてるとか、乳首が浮いてるとか、パンツ見えてるとかの絵、女の子性奴隷に、だの、ロリがなんちゃら、だのいうタイトル、が『女性性的に辱められる』『極端に男性に都合のいい設定』であり、『日常とは隔離された架空のおままごとである』という認識が薄れてきていますだって日常にあるんですもの

 大人になってから触れた人はまだいいですよ。それなりの分別はあるでしょうし、もし影響されて何かヤバいことしたとしても本人の責任です。それが大人ってものです。

 でも子供のうちにあれが日常と地続きにある環境は確実に問題があります。ただでさえ子供のうちは架空現実の境目が曖昧なんです。自分で言うのもなんですが私は特殊例で、ヤバいエロに触れるずっと前に親から子供の生まれ方や性的に気をつけなければいけないことを教わっていましたし、架空物語との付き合い方をわかっていました。だから女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されているエロ』という箱を脳内に作り、これは日常とは絶対に交わらないものとして区分けできたのです。

 でも無視できない程度に日常ヤバいエロ浸食していくようになるにつれ苦痛を感じるようになりました。エロ広告ぐらいならまだ対処しようがありました。ネットを使って行くうちに、なんとなくエロ広告が出そうな場所を察知するようになり、それを避ける術を身に付けたので(もちろん取りこぼしはあります)。

 でもアニメ漫画ラノベツイッター動画サイト、ありとあらゆるところに蔓延ヤバいエロ思想オタクをやってると避けて通れない、どころか今やオタクじゃなくても目に飛び込んでくる数々の女体エロ絵。

 かくして私は『女性人権が滅茶苦茶に蹂躙されているエロ』を読めなくなりました。もはやそれは日常の地続きにあるからです。「お話の中ではとことんヤバいけど私は安全」とは思えないからです。

 何故ヤバいもの日常に持ちこみたがる人がいるのか、私にはわかりません。まぁ彼ら怖くないんでしょうね。女体持ってないから。でも、自分達にとって『日常にあっても怖くないし楽しいもの』が他人にとって『日常にあったら怖いもの』だということはわかって欲しいです。

 言われそうなので先に書いときますけど私は少女コミックとかもどうかと思ってます。今は知りませんが数年前に読んだときは「え~……?」と思いました。エロ描写自体はたいしてないですが、安易に性行為突入する展開が多く、さすがに注意書きとかレーティングとかがいるのでは、と。あれは表紙は無難なのでその点はラノベエロ表紙よりはましですが。

 BLの表紙も、扇情的すぎるのはキツいです。中身はエロくていいから表紙はやめてくれ。私はBLも嗜んでるんですがやっぱり日常に現れるエロは嫌です。エロ広告とかも最近はたまにBL系のやつをみかけることがあり、エロ広告の常として過激なとこを抜き出してくるので無理矢理描写とかが多いんですよね。日常人権無視思想を入れて来ないで欲しい。私は心構えをして、人権無視した話が読みたいと思って、自分で専門の場所にいったり専門の書籍を買い、そして初めて人権無視創作を楽しみたい。

 要は「これは人権無視している」という認識を確かに持った人々が愛好する人権無視創作じゃないと、「ひょっとしたら人権無視だと思わないでこの創作を楽しんでいるのでは?」という恐怖に苛まれるんです。被害妄想じゃないですよ、私結構な数の「ロリとつきあって何が悪い」って言ってる人見ましたからね……思い出すだけでキッツい。

 だからゾーニング(○歳以下禁止、表紙にエロやら辱められてる人間やら未成年との恋愛示唆する内容は出さない、コーナー作る)したいんですよ。日常とごっちゃになってるのほんと無理。殺人事件の本はあるじゃんとか言いますけど、本の表紙が首絞められてるとことか眼球に針刺されそうなとこのアップとかだったらぎょっとするでしょう?

 しかも今のネットだと「人の眼球刺すのすげぇいい」の場合

「え、刺したことあんの?(こいつヤバくない?)」

マジレスやめろよ、あくまフィクションだって

「えぇ……(大丈夫かな)」

 でしょうけど

小学生エロい、さいこー」の場合

「わかる」「それな」「JCBBA

かになりかねないわけで、この人らが内心「もちろん冗談だけど」という気持ちだったとしても字面だけ見れば既に倫理崩壊してるんですよ。正直眼球刺されそうな絵より可愛らしい絵柄の「ロリが俺のこと好き」みたいなタイトルの本の方が怖いです。これ(https://twitter.com/traductricemtl/status/1039259936453283841)の「今日から俺はロリヒモ」ってやつ、さすがに萌え絵エロ本かと思ったらMF文庫でヒィッってなりました。マジか……。

 元ラノベ読みなので別にラノベみんなこうなわけじゃないのは知ってますが、各社サイト行くと恥ずかしそうな顔で露出したり胸と股強調された服の女の子の絵ほんと多いなぁと思いますMF文庫特にヤバいな。

 露出過多で恥ずかしがってる女の子可愛いって言うのぶっちゃけいじめっ子の感覚だし、纏足して足が小さくなったせいで転んでしま女の子可愛いって言ってるのと同じですよ。

 頼むから皆さんヤバい思想には自覚的に向き合ってくださいね……。

 私はなんの心配もなくヤバいエロが読みたいです。

2018-09-17

暗黒の青春時代を過ごした結果

なのかどうかは分からないけど、相対的にはそこそこ良いポジション社会人に居ることができている。

というのは、この度の中学同窓会に参加しての感想

もともと、教室の片隅でなんとか出席していただけの陰キャラが、他のメンバーの状況を勝手判断しているだけにしか過ぎないけど。

本音を言えば、そう思うことでしか自己解決が出来ないだけだが。

小学生時代はそこそこイケイケ、中学生になるにつれ微妙思春期を拗らせ、周囲とはうまく絡めず

休み時間は寝たフリをして机に突っ伏し、昼休みは自宅に戻ると言う鍵っ子だった。

なので、そもそもこの同窓会に参加したのもある種偶然というか、少なくとも当初の名簿には俺は存在して居なかったの無かったのだけど。

小学生時代の知り合いが名簿に俺を追加してくれたらしく、連絡が来て、同窓会に参加することになったわけだ。

ちょうど仕事地元に戻る都合があったので、まぁついでなら、と思って参加した。

そこでは、昔の中高の青春について語るのがある主目的なのだから、そうなんだろう。

だけど、クラスでウェイウェイ系であった奴ほど、余りい良い現状には居ない。

明確には語りたがらないが、無職だったりフリーターだったり、ブラック派遣だったりする。

これらの境遇差別的にみるわけではないが、ってここでそんな取り繕いに意味はないので、

まぁ、大変だな、って境遇にいるやつばかりだ。

中高と人と余り同級生と関わらず、無駄勉強とかしていたからかどうかは別として

自身は今そこそこのステータスにいる。

今だけを見れば、それでよかったんだ、

そう、あの時のつらさや青春体験できなかったのは意味があったんだ

なんて、そう思う。思いたい。思わないとやっていられない。

結局、現状のステータスで、彼らよりも上だ、そう思わないと何というか、やりきれないんだ。

勝手にそう思って、自分を慰めているだけなんだよね、実際は。


今はそこまでイケていないと勝手に思わざるを得ない彼らの語る青春は楽しそうだし、羨ましい、というのが結局の本音だ。

齢30を過ぎた今は周囲からある程度モテるような現状は認識している。

当然、魔法使いになることは回避した。

だけど、20代後半で初体験をした時に感じたそれは、なんか難しいな、と思うだけで喜びも驚きもなかった。

ネットには慰めのごとく俺に刺さるフレーズがある。

曰く、「青春なんて幻想だ、あんものは実際無いんだ。」なんて。

だけど、同窓会で楽しそうに語る彼らの中には、実際あるように見えたし、少なくとも俺には無いということは分かった。

今こうやって、あこがれていた恋愛だのなんだのに遅れて参加しても、メンドクサイだけに思えてしまう。

それに、今はイケていないにせよ、彼らの多くは家庭持ちだ。

自身、家庭を持つということに対して自由を失うデメリットを引き算すると、あまり積極的になれない。

聞くに彼らは青春の勢いで恋愛し、結婚し、小作りし、家庭を持っているのだ。

価値観多様化した現在において、その手のライフスタイルが必ずしも正道ではない、と言われていたりする。

これもネットを中心に。

まぁ、そうだよなと思う一方で、本当にそうかと思う。

結局のところ、青春謳歌できなかった人間人生において違うルートを歩まざるを得ないのではないか

結婚した奴らが言うに

「この人と一緒に居続けたい、そう思ったから。」

というのが、その理由らしい。本当かどうかはさておいて。

今の俺には、恋愛というらしいことをする相手にそうは思えない、思えたことがない。

それは、出会い問題なのか、俺自身心の問題なのか。

ただ、通れなかった道を振り返ると、思うんだ。

結局、青春謳歌せずに、ジメジメした10代を過ごしたのが結局のところの原因だって

からないけど、あの勢いだけで走り抜けることのできた青春時代に走ることができれば

今がどうあれ、少なくとも大きな思い出という過去を持つことができるんじゃないかって。

結局俺は今のこの職業、そしてそこでそれなりにやれるという思い込みしかない。

過去には何もないんだ、今をすり減らして生きているだけなんだ、と思った同窓会

そして俺は過去もなければ、未来に何かを今後残すこともないのであろう。

社会歯車として今を消費し続けるだけ。

そして、そんな今を言い訳のごとく解釈するのだ

あぁ、あの時青春の道を通れなかったばかりに


と。

恋というものがわからない

女です。

まれてこのかた恋愛的に付き合いをしたことがない。

告白は何度かされたことがある。一回だけいいよって言ったことがあるけど、それは単に仲のいい友達が何か頼んできた(この場合は付き合ってほしいという頼み)からいいよって言っただけだった。実際付き合ってる同士らしいこともしないですぐに別れよってなった。その時も私は仲のいい人が頼みごとをしてきたからというくらいのノリでいいよって言ったしそれで別れた。

一回だけ告白したこともある。でもこれは単に「告白する」というシチュエーションに興味というか憧れがあっただけだった。相手のことは普通に仲のいい人だと思ってたけど付き合いたいと思ったことはないし、何よりその彼を選んだのは既に彼には付き合っている人がいて、私の告白イエスと言わないことがわかってたからで(なかなか最低だと思う)。単にそういうことをする自分に酔ってたんだろうね。若気の至りです。

じゃあ同性愛者かっていうとそういうわけでもたぶんない。そもそも他人に対して性欲を感じたことがない。

AV普通に見れる。男女、男男、女女どれも見たことがある。でも興奮したりはしない。普通に見てるだけ。例えばドラマとか動物ドキュメンタリーとかそういうのを見てるのとあまり変わらない。

オナニーはする。でもする理由の大半はそうすることで寝つけるからという理由。なんか疲れて眠れる気がするんですよ。

手を繋ぎたいという気持ちはよくある。私は少し仲良くなるとその人と手を繋ぎたいと思うことがよくある。それを恋愛感情と言えるかなと一時期考えたけど、その先のことに一切興味もないしイメージもないからたぶん違うんだと思う。キスをしたいとか思ったことはない。

他人に興味がないわけじゃない。むしろ大あり。その人が考えてることがめちゃくちゃ気になるし、下世話な話をするとその人がどんなセックスをするのかというのも気になる。この点について気になる度が高いのは男性相手から、無理やり判断するなら私は異性愛者かなと思うけど単にセックス男性の方が能動的なものという固定観念を持っていて、能動的なほうにより興味があるだけかもしれない。

人を好きにならないということでもない。友達のことはとても好き。ここで言う好きというのは、例えばその人が楽しそうだと私も楽しいとか嬉しいとか、その人が幸せに生きてほしいと思う気持ちとか、その人と一緒にいると楽しくて幸せだな〜と思う気持ちとかそういう感じ。

好きという感覚はあるけど、世間的に言う恋愛感情みたいなのは全然からなくて、関係性とか全然からない。アセクシャルとかノンセクシャルとか巷には色んなカテゴライズがあるけどとりあえず、「私とあなた」っていう関係でいいじゃんと思う。

よくわからないんですよ。最近、年齢的にもなのか恋をしないのか?みたいなこと言われるけど、わからないものをどうやってしたらいいんですかね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん