「意見」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 意見とは

2020-05-27

anond:20200527012838

そうだね

でも他人意見に対して女児に興味があるだけみたいな難癖付けてたことはそれとは関係いかちゃんと謝ってね

2020-05-26

女性がにぎった寿司は生臭い

こんな意見があるが皆さんどうだろうか

香水とかの化学物質および体温・フェロモン関係するらしい

anond:20200526221651

こういう意見理解はできる

効率化ばかりじゃ息が詰まるって人もかなりいる

anond:20200526220806

こういう意見一定数あることは知れることは良いありがたい意見

anond:20200526220433

こういう意見一定数あることは知れることは良いありがたい意見

anond:20200526220644

おれもそう思ったけどローソンは完全に反応が変わってて草

当初はポジティブ意見が多数だったのにな

anond:20200526135229

その増田知識レベルで、なぜ自分意見が正しいと信じられるのか謎。


  ってのはごもっともで、要するに井の中の蛙なんでしょうね。

はてなってすげえな

はてな場合特定個人誹謗中傷を繰り返して人気を稼いでいたブロガーが、義憤に駆られた狂人に刺し殺されたじゃん。

女子プロレスラーの一件と違って加害者が死んでるんだよ。なぜこんな不思議なことが起こったんだ。政府はてな意見を求めろよ。

こんにちは

SNSでの誹謗中傷話題になっています

増田上のうんちという書き込み誹謗中傷にあたると増田利用者の皆さんはお考えですか?

個人の考えとしては「うんち」というのはあくまで「うんち」を「うんち」であると指しているだけの意味であり

他者価値を貶めたり誹謗中傷意図などはなくただそこにあるものを指しているという心で活動を続けてきました

しかし今後の法改正世論の流れによっては活動終了も視野にいれて今後の方針を考えていきたいので

よかったらこの機会に皆さんのご意見を賜りたいです

木村夏樹が好きだから、苦しい

今年も総選挙が終わった。

結論から言うと、木村夏樹は今年も総選挙圏外だった。

苦しい。好きだから、苦しい。

自分木村夏樹が好きだ。デレマスアイドルの中でたった一人選ぶとしたら、迷うことな木村夏樹を選ぶだろう。少しだけ自分の話をさせてほしい。

もともと、自分木村夏樹を好きになったきっかけはアニメだった。アニメでの扱いやモバマスとの違いなどに関してはPそれぞれに意見があると思うのであまりその観点には触れないつもりだが、少なくとも自分アニメ木村夏樹を見て木村夏樹というアイドルを見つけることができた。

からにわかだと言われても仕方ないと思う。

最悪なことにモバマスゲーム性がどうしても自分には合わなくて、少しだけやっていたが嫌々やっていて彼女を嫌いになりたくはなかったのでやっていないし、デレステコンスタントに遊ぶことができているわけではない。また、基本的にいつか終わってしまうかもしれないアプリゲーム課金する気はないので木村夏樹のために課金したこともない。CDライブDVDなどのソフトも全部持っているわけではない。

自分は、立派なにわかだと思う。

だけど、木村夏樹のことがどのアイドルよりも好きなのだ。だから僅かではあるが、今回の総選挙デレステから幾ばくか投票させてもらった。

当然、自分のそんな僅かな票で結果が変わるわけではなかった。木村夏樹は、今年も圏外だった。

自分は、木村夏樹オタクが嫌いだ。

もちろん、全員が嫌いというわけではない。

木村夏樹は今年も69位だから

そんなことを言うオタクが嫌いだ。

自分の中では1位だ」

これなら許せるのに、69位だから大丈夫と言うオタク。なぜなのか。あなたたちも、どれくらいの票数かは知らないが投票したんじゃないのか。なのにどうして69位でいいのか。69位ということは、その上に68人アイドルがいるということだ。木村夏樹より、票数を集めているアイドルがいるということだ。どうして、それなのに69位なら良いのか。ロックからというのはわかる。それはわかる。語呂合わせなのはわかる。でも69位で本当にいいと思って言っているのか。

せっかく声があるのに。歌があるのに。どうして圏外でも69位だから大丈夫ヘラヘラしてられるんだ。月末ブライダルガチャワンチャンとか言ってるオタク。圏外なのになんでそんな自信があるんだよ。売れないって思われてたら、選ばれないかもしれないって思わないのか?

正直、総選挙のことを思うとつらくて、7thのライブ映像(公式販促動画)の未完成歴史を、空想探査計画を、さよならアンドロメダを見ながら何回も泣いた。にわかのはずの自分がこんなに悲しくて苦しいのに、どうしてオタクたちは笑って69位だから大丈夫と言えるのか。

来年は、もっと票を集めてすこしでも総選挙彼女を上の順位に連れて行ってあげたいと思う。まあ今年が何位だったかはわからないが。1位なんて高望みはさすがにしない。でもせめて、圏外じゃない景色彼女に見せてあげたい。

もう二度と、ガールズ・イン・ザ・フロンティア木村夏樹はふさわしくないなんて言わせたくない(これに関しては魚拓とってなくて必死検索したんだけどソースがない。ネットのどっかで見たはずなんだけどな。自分妄言だったらいろんな意味申し訳ない)。

自分木村夏樹が好きだ。

どれだけ圏外でも、人気がなくても、これからもずっと彼女が好きだ。どうか、来年は少しでも苦しくなくなるといいと願っている。

単純所持禁止については禁止派の意見も許容派の意見もわかる、という立場だったけど。

単純所持原則違法とした上で、特別被害者への配慮が認められる場合違法性阻却事由として認める」という運用もありなのかなぁ、と思った。

勲章のように「俺はこういうの持ってるぜ」と吹聴したり、クラッキングなどの方法でいつ盗まれても仕方ないような杜撰管理をしていた場合(文字通りの「単純」所持)は違法とする。そうでなく、十分に「誰にも見つからない」努力をした上で、しかし(災害凶悪犯罪など)容易には予想できない理由で明るみになってしまった場合は罪に問わない。そういう運用

管理所持」のような概念を導入して、それと認められれば「単純所持」ではないので違法ではない、という解釈

あと、児童ポルノに限らず、被写体大人でも本人の意思に反する記録物の場合は同じ扱いでいいんじゃないかな。

anond:20200526130307

そもそも、そんなこと言ってたら、ほとんどの試験実質的意味は無いということになってしまう。たとえば英検TOEICなども。

気持ちはわかるが、元増田論調からするとそれも同じように意味がないと言っててもおかしくないような雰囲気を感じる。

実質的意味」は全ての試験において存在しない、という意見であっても一つの考えとしてありうると思う。

anond:20200526140937

おめでとうやで

それは資格だけじゃなくて増田の人柄とかスキルとかも評価されての内定だとは思うけど、

資格持ってる人の体験談はその他の意見に比べてはるかに貴重やで

anond:20200526135730

そういう資格を持ってる人の意見だったら貴重やと思うで

でも、初めからいらんっていう奴とか、試験に落ちた奴とかが

「そうだAPなんかいらん」って一緒に乗っかってくるから注意やな

増田だと資格持ってなくても「俺持ってる」って嘘ついて乗っかかってくる悪質なケースもあるしな

anond:20200526002227

資格を持ってない人の「資格はいらん」

英語をやってない人の「英語はいらん」

料理本を見てない人の「料理本はいらん」

スポーツ理論をやってない人の「スポーツ理論はいらん」

音楽理論勉強してない人の「音楽理論はいらん」

こういう意見を言う奴、大体自分がそれを持ってないことを正当化するために言ってることが多いからな。

そりゃ、中には本当に不要なのもあるのは確かだし、成功してる人で要らないと言ってるケースも少なからずあるが、

いくら成功者でもそれを持ってたらどう世界が広がるのかを理解してない人の意見から参考にするべきではない。

増田にしてもそうだが、UMLとか使わんとか言ってるレベルだと成功者どころか基本情報すら取れてないよな。

その増田知識レベルで、なぜ自分意見が正しいと信じられるのか謎。

anond:20200526134011

資格を持ってない人の「資格はいらん」

英語をやってない人の「英語はいらん」

料理本を見てない人の「料理本はいらん」

スポーツ理論をやってない人の「スポーツ理論はいらん」

音楽理論勉強してない人の「音楽理論はいらん」

こういう意見を言う奴、大体自分がそれを持ってないことを正当化するために言ってることが多いからな。

そりゃ、中には本当に不要なのもあるのは確かだし、成功してる人で要らないと言ってるケースも少なからずあるが、

いくら成功者でもそれを持ってたらどう世界が広がるのかを理解してない人の意見から参考にするべきではない。

増田にしてもそうだが、UMLとか使わんとか言ってるレベルだと成功者どころか基本情報すら取れてないよな。

その増田知識レベルで、なぜ自分意見が正しいと信じられるのか謎。

anond:20200526120545

田嶋陽子も「ディベート」なんかさせて貰えてなかったよ。

テレビの中でうるさいブスなオバサンというキャラを演じさせられてただけ。

んで「黙れブス」で笑いものにして終了。で、それを見た男は「いくら女がうるさい事言った所でブスと言えば勝てるんだよなwwww」と認識してた。

とても「言われた方が勝ち」「知性で圧倒し恐れられている」なんて構図ではなかった。

しろ「男に逆らってうるさい事を言ってテレビバカにされている事に気づかない頭の悪い女」扱いだった。

(実際は勿論バカにされている事に気づいた上で敢えてやってたんだろうけど。

世に広く顔を売り意見を言える場がテレビしかない時代に、そういうキャラを演じなければテレビに出して貰えない故の割り切りだったんだろう)

今になって「当時は『うるさいブスなオバサン』扱いで、周りの男は皆バカにしてたけど、自分は実は彼女勇気を貰ってた」

なんていう女性が割と出てきて再評価されてるけど、それは時間が経ったし世の中も変わったから。

リアルタイムではそんな評価ではなかったよ。

本当に頭の良い女は、そもそも男が相手にしないから目立たないんだよ。ああいうのは負けると分かってる相手だと逃げるから

からテレビタレントとしては使って貰えないし、ネットタレントとしても成立しない。

頭良い正論を隙が無く言うだけの人に対しては誰も反論しないので。

そういう人の意見は、同じく頭良い人の間では広まってもそれ以上には広まらいから目立たない。

anond:20200526081248

まあ、そういう意見もあるね。

ただ、情報処理試験は問うべきポイントが完全にズレていて、しか不毛用語問題ばっか出るのが問題なわけで。

anond:20200526114610

頭悪いディストピアみたいなこと言うねw

社会全体の方向性を決めるのに、全員が足並みを揃える必要なんてないぞ。

いろんな人がいろんな意見を言ったり主張して受け入れられたり受け入れられなかったりが繰り返されて、向かっていく方向が決まっていくの。

anond:20200525234934

背景や設定に興奮してるやつもいれば、ただの女体に興奮してるやつもいる。

俺はただ単にむっちりした熟女大人のお姉さんくらいのが好きなのでどうしても母親物を回避できない。

だが別にリアル母親ひも付けてシコったことは一度もない。

俺は女体に興奮しているのてあって、「母親」に興奮しているわけじゃないのだ。

大事なのは女体なんだ。設定とかどうでもいい。女体で抜いてるんだよ俺は。

※この意見は設定がないと抜けない方を誹謗中傷する意図はありません。私の性癖の表明です。

anond:20200526002227

プログラマとして働くだけなら基本情報もそうだけど、資格って全般的にいらなくね?

10年この仕事やってるけどスキルシートだけ更新してれば何も問題もなかったよ

なんか反応見てると基本情報取った方がいいって意見が多くてびっくり

用語を知ってるだけでも仕事で変わっくるだとか

知っていて損はないとかそんなレベルで敢えて勉強することはないよね

資格よりもっと実務的なことを勉強した方が有意義だと思うよ

トラバトラバするときは混乱するから最初書き込みした人を元増田って呼ぶけど、

直接トラバするときは混乱する余地がないか増田呼びしてるなあ。

サービスのことやら書き込みしてる全員のことを指してるわけじゃないのは内容読めばわかるし。

直接でも元増田って呼ばないと混乱するって意見を見かけたけど、別にしないっすね…

絶対に届かないとわかっていていじめ本質を説く

誹謗中傷が注目を集めている。

これで何度目か。

それなのにいじめは無くならない。

まりそこには問題解決本質がないからだ。

在日韓国人として生まれ物心ついたときから差別さらされてきた。

人とのコミュニケーションから切り離された宝石箱みたいなアニメゲームにすがり、偏見さらされてきた。

就職氷河期世代にあたり、職業選択の自由なんてなかったのに、今は職業差別さらされている。

からどうした。

自分は今、前向きに生きている。

それは、いじめ本質を見抜くことができたからだ。

君たちはこういう。

それがどうした。他に辛い人は沢山いると。そんなもの差別でもなんでもないと。

他人から差別偏見さらされてきた人は、ここで「まただ」と考える。

同じ境遇に立ってみないと絶対理解されない立場

自分の命なんていともかんたんに握りつぶされてしまうのだと恐怖に怯える毎日を、経験したことのない人間共感してもらうことなんて無理なんだ。

いじめ本質とは、誹謗中傷を行う人間がどうして生み出されるかというところに集約される。

いや、誹謗中傷を行う人間いじめられる人間との関係がどのように成り立つかと言い換えたほうがいいだろう。

ここからの話は、他でもないあなたにしている。

そう、いまこれを読んでいるあなただ。

あなたは今までに、一度でも自分いじめの原因になったことがあると考えたことはあるだろうか。

それはいつ?どのような場面で?

直近のことでいい。思い返してみてほしい。

この問いかけをした理由は、それは、いじめ本質的な原因はあなたにあるということを理解してほしいからだ。

なぜなら、いじめ本質は、いじめに参加している自覚がないことにこそ問題ある。

いじめられている人間が屈するのは、誰かから投げられた誹謗中傷ではない。

その誹謗中傷が、集団の総意として投げつけられることに絶望するのだ。

いじめられている人間に、「そんな意見無視しろ」とか「心無い人間勝手に言っているだけだ」と慰めたことはあるか?

それはまったくもってお門違いだ。

そんなことはいじめられている人間だって理解している。

しかしそうではない。いじめらているときに本当に恐怖する瞬間は、そのくだらないはずの意見の向こう側に圧倒的多数同意を感じた瞬間だ。

くだらない意見なら、全員が否定するはずだ。それが否定されず、ましてやいいねRTはてなで言えば多くのスターを伴ったとき、その小さかったはずの針にとんかちで叩いたような衝撃が加わるのだ。

いいねRTスターをつけた人間の誰一人として、それがいじめに加担しているなどということは考えることはない。

その人にしてみれば、背中に軽く息を吹きかける程度のことでしかいからだ。

それがいくつも束になることで、いじめられている人間に届く頃には、崖から簡単に突き落とされるくらいの衝撃に変わっている。

一人一人の顔が見えない”周りのみんな”から大きな一撃が下されたようにしか感じることのできない衝撃が投げかけられるのだ。

いじめられる側にとって、それがどれだけ絶望理解できるだろうか。

誰かが誹謗中傷を行ったとき、他の全員は背中を向けている。

しかし誰もその誹謗中傷を止めようとはしない。

誹謗中傷を向けられている人間からすれば、背中を向けている全員が誹謗中傷を行う人間と同じことを考えていると感じることだろう。

真実が異なっていようとも、追い込まれ人間にはそうとしか思えない。

そうでなければ絶望なんてするわけがいからだ。

それでもまだ、追い込まれ人間精神状態問題があると切り捨てようとする人がいる。

自分は悪くないと開き直る人がいる。

そう主張する人間の影に隠れて、背中を向けたまま自分は悪くないと肯定しようとする人がいる。

そうしてまた物言わぬ総意として、追い込まれ人間に針を打ち込むのだ。

もしかしてまだわからないなんてことはないだろう?

いじめ本質は、今これを読んでいるあなたが、いじめに加担している事実と、それを全く自覚できてなかったことにあるんだよ。

自らが誹謗中傷をしていなくったって、軽い気持ちで後押しをしてしまたことの積み重ねが人の命を簡単に握りつぶしてしまうんだよ。

誹謗中傷をやめよう!と声を上げることが、新たないじめを生んでいることになぜまだ理解できない。

力の均衡が崩れれば、いじめられていた側がいじめる側になることなんていくらでもある。

それを正義だなんだと肯定している限り、そこにいじめ本質的になくなることはない。

なぁ、だからさぁ、もういじめをなくそうなんて二度と口にしないでくれ。

口ではそういいながら新しいいじめを生み出そうとしているお前らを見ていると本当に反吐が出るんだ。

お前らはいじめから絶対に抜け出せない。せめてそのことを自覚して生きてくれ。

他人責任なすりつけあって自分はいじめをしていませんなんて面をするのはやめてくれ。

いじめに加担したものとして、罪を背負って生きてもらうこと以外、いじめ被害者が浮かばれる方法はない。

これが違うというならいじめをなくしてくれ。なぁ、頼むよ。明日から安心して生きられる世界に変えてくれよ。

[] #85-13「幻の10話」

≪ 前

「まあオレが何も言わなくても、放送局広告代理店にマトモな奴が一人でもいれば、そこでストップはかかっていただろうがな」

「でも今こそ向き合ってみませんか、この“幻の10話”と。頑張って作ったものが日の目をみないなんて、クリエーターには残酷なことでしょう」

父が“幻の10話”をリリースしようと言い出したのは、関わったスタッフたちへの贖罪もあったらしい。

「幻を現実にして、本作に関わったスタッフたちに感謝を……」

その感傷的な語り口調に、場は決定へと傾きつつあった。

「わっはっは! オレはどうやら学級会に迷い込んだらしいな。ヴァリオリは子供向けかもしれんが、作ってるオレたちは大人の筈だぞ?」

しかシューゴさんの露悪的な笑いは、その空気を一瞬で掻き消した。

「作ったものが日の目を見ないことなんて、この世界じゃあ日常茶飯事だ。世に出たとしても、不十分で満足できないことだって珍しくない。それに日の目を見ないことよりも、もっと残酷なことがあるだろう?」

「え……?」

「“反響”だよ。もちろん悪い意味でのな」

この10話をリリースすべきでないことを、シューゴさんは何度も説明した。

浮ついた作風一貫性のないキャラクター

非常に重たくて、手間のかかるデザイン

そうして頑張って作っても視聴者評価してくれず、誰も得しない。

“客にとっては目の前に出された料理が全てで、厨房の裏事情など知ったことではない”のだと。

最近この業界は優しくなったが、打たれ弱いアニメーターも増えた。そのくせ“世間から評価”という残酷さはそのままだ。いや、そういった意見現代の方が可視化されやすいから、むしろ酷くなってるかもしれん」

酷評されること前提で語るのはやめてください。そうならないように作るのだって我々の仕事でしょう」

「ほぅ、“コレ”を俺たちで手直しするのか? するってぇと、最終的な出来は、この資料とは掛け離れるだろうな。原形ないものを世に出して、それで関わったスタッフたちへの感謝になるとは思えんがな」

主張は乱暴でありつつも、現場最前線に立つシューゴさんには説得力があった。

上役を幾度となく説得してきた父のエモーショナルな語りも、彼の前では形無しだ。

「今さら寝た子を起こして結果が散々だったら、それは“感謝”という名の“公開処刑”になるんだぞ」

シューゴさんの言葉を聞きながら、新旧スタッフは“幻の10話”の資料を読み返した。

そして、これを基に自分たち制作する姿をイメージをする。

彼らはたまらず身震いをした。

その生理現象は、何よりの結論だった。

「奴らの努力無駄にしたくないってんなら、それこそ“無駄のままにしてやる”のが、せめてもの温情……ってオレは思うけどなあ~」

結果として、彼らのいう“激動”は、何も変わっていないまま終わった。

だが、そこには“変わろうとする跡”が確実にあったんだ。

何も変わっていないからこそ、“激動の跡”がより鮮明に見えるってことさ。

…………

……と、まあ、それっぽくはまとめてみたものの、この話には残念な点がある。

実をいうと、この出来事自体がどこまでが本当で、どこまでが嘘なのか分からないんだ。

「で、最終的にシューゴさんのタバコでボヤ騒ぎが起きて、資料は全部燃えしまい……」

「おい、話を盛るにしても、もう少しマシなこと言え! タバコなんぞ吸ったことねーわ」 

なにせ父たちが呑んでいた時、断片的に聞いた話だからだ。

その時に飲んでいたのが、悪酔いしやすい安酒だったから尚更である

シラフの時に尋ねても、コンプライアンスがどうとかで話してくれない。

なのでこの話はどこかが過剰か、或いは不足している可能性がある。

或いは“幻の10話”の如く、そもそも存在していたのかどうか。

(#85-おわり)
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん