「ウナギ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウナギとは

2019-06-23

anond:20190623225957

社会的弱者のなかでも無視される弱者ってことじゃね?

パンダ繁殖は頑張ってやろうみたいにしてるけど、サンマやらサバやらウナギやら、搾取することで利益になるものは、保護より搾取が優先されるじゃん。

KKOBKOの保護は金にならないか弱者だけど保護対象にならないんだよ。

2019-06-22

anond:20190622202549

俺、中国産ウナギが好き

歯応えがある

一度だけ、とんでもない高価な国産ウナギを店で食った

一口一口、口の中で溶けるようだった

が、その後、スーパー中国うなぎを食べて思った

あ、俺、こっちでいーわw

2019-06-17

anond:20190616232606

「行ってみて比べたらええやん」というのが本音だが、実際に石川県に住んでいる人間比較してみる。

きときとすしには一度しか行ったことないけれど、そのくらいの価格帯の寿司屋北陸にはめちゃくちゃ多いし、それぞれに個性はあれどよっぽどひどい店以外は全部いい感じ。

価格で言うと、3000~7000円くらい。ばらつきがあるのは食べる量や食べたいものによって変わるから

正直、サーモンとかはあんまり違いを感じない。目隠しされたら10回中3回くらい間違えそう。

この前行って、100円寿司とはハッキリ違うなあと思ったのは、ウナギとかハモとか大トロトロとかのどぐろとかかな。

このへんはめっちゃ違う。ただしやっぱり高い。

結局、この価格帯の寿司屋では、高いネタは高いなりに美味い。

経験として食べてみて、ハマったらもっと行くといいと思う。

だいたいどのチェーンでも、昼ランチやっててお得に食べれるよ。

2019-06-06

うの付く食べ物増田元気に金毛だ須磨でのもベタ靴脳(回文

おはようございます

あのさ、

なんかまだ夏前だというのになんか地味にバテ気味な感じが漂うんだけど、

ウナギは早々食べれないから、

何か「う」のつくものを食べたら元気になるかなと思ったけど、

うそう「う」のつくものってないわよね。

ウォーターは残念ながら「う」のつく食べ物の仲間じゃないわよね。

う、う、う、マンボー!ってそれはナンバー5。

あーなんか今日はこんな感じだわ。

梅干しでも囓って頑張るわ!

梅干し「う」のつく食べ物じゃない!

今気付いたわ。

梅干しとかラッキョウとか紅ショウガとか

好んでは食べないんだけど、

無性に食べたくなるときがあるじゃない、

そういう時冷蔵庫に入っていたら、

ばくばく食べちゃうんだけど、

一時期キムチにハマってたときがあって、

あんまりキムチなんて買うことも無かったけど、

そのなんか無性に食べたくなる周期に見舞われたのか、

私はマーケットキムチを求めに行ったの。

古漬けより浅漬けの方が好みなんだけど、

四の五の言わずキムチ買って、

まるごと1瓶食べちゃったわ。

そう言うノリってあるわよね。

なんかGACKTばりにスタミナのつくもの食べたいわ!

スタミナ!スタミナ!

うふふ。


今日朝ご飯

なんか食欲あるけどないってことにしてトマトジュースだけにしました。

実家からトマトジュース貰ったんだけど、

栓抜きで開けなきゃいけないタイプトマトジュース

今時栓抜きなんて家にないわよ!って

栓抜きなくても栓を開ける動画を探し回ったけど、

一発芸的なものしかなく困っちゃうわ。

今日飲んだのはペットボトルのものでひねれば開けられるものよ。

諦めて栓抜き買ってくるわ。

デトックスウォーター

水出し緑茶ウォーラーです。

緑茶お茶っ葉を入れて一晩置いておけばできるから

緑茶ラボノイドが爽やかでスッキリとした飲み応えがするわよ。

ものばかりね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-05-31

もう、ウナギ食っていい?

もう何年も食わないで我慢してるんだけど、

どんどん獲られて、どんどん減ってるじゃん。

なんか、もう無駄だなーって。

もう食って絶滅させちまうかあ。

2019-05-28

anond:20190527083451

 増田さんの疑問はものすごくいいことだと思う。

 まず本筋からずれるんですけど「海から魚を取りつくす」ことと「ウナギマグロが滅ぶ」のがちょっと違う問題だと認識してください。

 一定量栄養分が海に流れ込むということは、それがすべて消費されるということでありまして(生物界は常に飢餓的状況です)ウナギマグロがいなくなればその分の栄養を利用して他の生物が増えます

 マグロの食性ニッチを埋めるのはおそらく他の魚です。

 なので、「ウナギマグロは滅ぶかもしれないが、海から魚を取りつくすことは困難」なんです。

 そして、紙の原料である樹木についてですが、なくなることはないと思いますが、使用量が増大した場合、高価になっていくことで使用量が減っていきます

 はっきり言って、木を伐り出して工場へ運ぶというのはものすごく大変な作業です。

 だから、取りやすいところから取ります

 日本の山林で、蓄材料有史上最大である、というのは日本で木を伐り出して工場へ運ぶのが割に合わないからです。

 もちろん、日本でも伐りやすいところは皆伐して切り出しています

 ところで、切り出しやす場所といえば例えば南洋材、北方材、北米材、中米材、南米材として入ってくる材の生産地がそうです。

 船での運賃を計上しても(木材は無関税日本産のほとんどの木材よりも安価販売できます

 (人件費設備費運賃などの合計が安い。日本人件費単価は安いもの伐採ノウハウが未熟で金がかかる。林業経営が厳しいので伐採用の設備を買えない。道が整備されていないので運賃が割高になりやすい)

 ちなみに、海外では林業事業体ノウハウを集積し、最新の林業機械を揃え、切りやすい山を選定し、国境ガンガン超えてバリバリ切っています

 これは日本でも海外でも共通ですけども、切りやす場所はどんどんはげ山になりつつあり、そういった意味では生産サイクルとは程遠い状況です。

 しかし、少し目をそらせば山の傾斜がきつい場所には木が残っている。

 ですから、まあ低い場所を伐りつくせば、回復した山を伐り、それが間に合わなければ今まで手を出しあぐねていた地形の木を切ることになります

 当然、コストが跳ね上がるので紙の値段も上昇し、どこかで代替物に置き換わると思われます

 また、南洋材の生産諸国ロシア中国はすでに自国木材保護禁輸措置もっと後の方が高く売れるし、生活環悪化費用自分持ちだから)をかけていますので、木材がなくなるよりはコスト上昇圧力で他の物質が用いられる方が早いですかね。

 だから、紙そのもの生産は続きますが、代用可能な場面では代用が進んでいくと思います

 この辺りは石油とよく似ています

2019-05-27

anond:20190527113809

http://www.unatoto.com/shop/

東京にもあるっぽい。

ただ、予告なしに仕入れウナギが変わるので、行ってみるならお早目に

anond:20190527113410

今だと、宇奈とと がそういうウナギを扱っているっぽい。

大阪だけかもしれんけど、

やったら太いウナギで肉厚なの。

2019-05-26

なぜヴィーガンにこんな苛烈な反発を感じるのか言語化してみた

嫌いもちゃん言語化しなきゃだめだよな

世の中のアカウントの代弁というか分析をして、

最後自分精神分析コメント的に残してみよう

 

捕鯨運動っぽくて嫌

 

かつて日本が集中的に叩かれた反捕鯨運動に近い匂いを感じて嫌って説。

普段愛国っぽいコメント残すアカウントが反発してるのはこれっぽい

しかマグロウナギの禁漁はこんなに叩かれてないので、

科学的な根拠がある禁漁運動には反発感を得ないらしい

 

俺は愛国精神から反発を感じているわけでないので

この要素は弱いと思う

ただ非科学的というか、情緒的な部分が気に入らないのかもしれない

 

デモ示威行為で世の中を変えようとする人達が嫌

 

しばき隊みたいな暴力集団嫌悪感を感じる人間

肉屋を襲撃したり肉フェス残酷写真を掲げる過激派ヴィーガン手法

反発を感じているパターン

愛国パターンと違って、フジテレビ韓流反対デモも苦々しく思っていた人間

こっちの方に入る

 

かにデモ残酷写真は、目的のために人にストレスを与える行為なので、

これを嫌う人が多いのはわかる。共感を得るためには逆効果だろう

 

ただ、このパターンで嫌う人は、反ヴィーガンのために部落差別なんかを隠れ蓑に使うべきではない

https://otapol.com/2019/05/post-65179.html

(※引用元の人がこのパターンはまっているというわけではない)

なぜならこの手の部落解放運動の面々こそが、こうした暴力的手段で世の中に認められてきたからだ

信念に合わない人間たちを自分目的のために利用するなんて筋が通らないだろう?

 

俺はこの感覚が一番近い。

特にはてサは昔から手段を選ばず暴力的になる傾向がある(いしけりあそび追放騒動とか)

ので、こういう過激派には非常に警戒心が強い

過激じゃないヴィーガンには寛容

子供ペットヴィーガン強要するのは、ちょっと嫌(だがそこまで嫌悪感はない。所詮他人の家だし)

他人が叩いているのに乗りたい

 

大喜利のいいネタが来たと思ってる人

普段社会問題中立的なのに急に降って湧いて出た場合このタイプ

ただ俺の観測範囲でそんなに多数いるとは思えない

まあはてな社会中立人間はいいからだろうけど

どっちかというと、ヴィーガン擁護派(ヴィーガン実践者以外も含む)が指摘している反ヴィーガン像としてよく語られる

 

この手のはあんまり関心はしないけど

別に人は常に品行方である必要はないので俺は気にしない

不謹慎からかいネタなんてネットに大量に転がってるし

 

勉強不足を見下しにかかるのが腹立つ

 

なぜか知らないけど、「お前らがヴィーガンを叩くのは調べもしないし知りもしないからだ」という論調

上から目線で叩く人間が時々湧いてくる。反出生主義も同じ

上から目線はてな日常なんだけどヴィーガンと反出生主義は流石に遭遇率顕著に高くない?

 

ブコメ見てると、論理云々よりこの論調を嫌がるコメ散見される

まあ普通感覚だよな。私見では「トーンポリシング」なるマジックワードが開発されて

これにヒットすると批判の中身を吟味せずに耳を塞ぐ風習蔓延してからネット言論界がおかしくなった気がする

まあこの点は別エントリーで書く

 

とはいえ上から目線で攻められたら更に上からマサカリ投げるのが昔からはてなのしきたりだ

俺はこの方向では嫌いにはならない。ただよそではやるなよ

 

おまけ

 

ヴィーガニズムっていわゆる左派精神と食い合わせ悪い場合が多い

https://togetter.com/li/1194767

のに、今はてサに近い面々がヴィーガン擁護に回ってるのが不思議

2019-05-24

https://anond.hatelabo.jp/20190522124725

昔は反捕鯨運動とか頭おかしいと思われてたけど

ウナギ記事見たりするうちに、全くの言い掛かりでもなさそうだぞとか

思い直したりもするわけじゃん

ヴィーガンもはたから見たら頭おかしそうだけど

そのうち見方が変わる可能性もあると思う

簡単に茶化してると後で傲慢さを恥じることになるかもしれんよ

2019-05-22

老人のほうが贅沢してるんだが

まあ、うちの親なんだけど。

俺は氷河期世代で、月10万くらいでひぃひぃいいながら暮らしてるのに。

親は年金14+貯金で少ない少ないいいながら、ウナギ食ってる。

そんな状態で、親孝行しろとか、国は老人を殺す気かとかいってる。

なんだかなあ。

2019-04-20

anond:20190420174105

半分サルで半分ウナギみたいな人間を次々と野に放って欲しい

そういう個体を見に来るかって言われたら遠くても見に行きたい

2019-03-30

ショッピングセンターごと水害で沈んだ回転寿司屋が復活した

ので行ってみたけど何故ウナギを売っているのか、そもそも取り扱うこと自体問題ではないのか

そのショッピングセンターの近くにペッパー君の回転寿司屋(こちらは多分沈んでない)もあるのだがあそこもなぜウナギ普通に売っているのか

ペッパー君の回転寿司屋の会社牛丼屋は未だにうな丼を出しメニューにここのウナギは適正取引ですと書いて客をごまかしている

あの会社ペッパー君の取り扱いは好きだがウナギの取り扱いは嫌いだ

2019-03-26

[] #71-4「市長市長であるために」

市長が『外来生物保護法』を考えたのか?」

「え、どうしたの、兄貴

「忘れたのか。ウチで飼ってるキトゥンは外来種だぞ」

「……ああっ、そうだった!」

キトゥンはジパングという国で生まれた猫だ。

俺のいる国では希少なウナギ稚魚が好物であるため、一時期は害獣指定にされたこともある。

それを緩和させたのが『外来生物保護法』なのだが、“動物を愛でて護りたい市民団体”の間ですら賛否両論というビミョーな代物だった。

ただ、それのおかげでキトゥンをのびのびと飼えている側面もあり、個人的には助かっている法なのだ

しかし、まさかそれに市長が大きく絡んでいたとは。

「じゃあ、もし市長が代わったらキトゥンは飼えないの?」

「バレないよう、家でこっそり飼わなきゃいけなくなるな」

「マジかよ、もー! 役に立って欲しい時に限って役に立たねえなあ、あの市長!」

さすがにその怒り方は理不尽だと思うぞ弟よ。

「ともかく、こうなると他人事って顔をするわけにはいかないな」


こうして些か不本意ではあるものの、市長市長でい続けてもらう必要が出てきてしまった。

といっても政治にあまり関心のない俺がとれる選択肢は多くない。

クマみたいな目立つ行動はとりたくなかったし、それを自分がやって効果的だとも思えなかった。

それにこれは市長の戦いであり、俺が前面に出て干渉するべきものじゃない。

別のアプローチが求められる。

そしてこういうとき、頼りになりそうなのはウサクだ。

クラスの中でも特に政治関連の意識が強い奴だし、学部社会やら何やら専攻だから色々知っているだろう。

以前からウサクと遊ぶ約束をしていた俺は、その時にそれとなく尋ねてみたんだ。

「なあ、ウサク。市長選挙だけどさ、お前はどっちを支持してるのかっていうの、ある?」

我ながら何とも口当たりの悪い喋りである

こういう話はいつもウサクがほぼ一方的にしていたので、どう切り出せばいいかからなかったんだ。

貴様からそういう話を振ってくるとは珍しいな」

「まあ、市長が久々に代わるかもしれないからな。ちょっと気になって……」

「ふぅん……このままだとフクマが勝ちそうではあるが、あまり喜ばしくはないな。彼奴の保守的態度は歪で肌に合わん」

ウサクが猛烈なフクマ支持者だったらどうしようかとヒヤヒヤしていたが、口ぶりからしてそうじゃないようでひとまず安心だ。

「ウサクは現市長を支持しているのか?」

「そう言うと語弊があるがな。市長リベラリズム安易世論に流されて上澄みしか汲み取っていないのが難点だ。しかし少なくとも柔軟であろうという姿勢は買いたいし、政策をすぐさま実行に移せる迅速さも結果に繋がりにくい点を除けば評価に値する。市長を長年やってきたという実績も、普段業務は卒なくこなしているということだからバカにはできない」

何だか面倒くさいことを言ってるが、とりあえずフクマよりは支持していると言いたいらしい。

これなら協力を仰げそうだ。

「そうか……でもこのままだとフクマ勝利が濃厚なんだろ。市長がここからつのは無理じゃないか?」

「やり方次第だ。フクマ活動は決して優れているわけじゃないし、隙はいくらでもある」

「ええ~、じゃあ何か? ウサクがその気になれば、市長御輿に担ぐのなんて簡単なのか?」

ウサクは真っ向から頼み込んで応じてくれるタイプじゃない。

あえて挑発的な物言いをして、焚きつけてやらなければ。

「ふん、やろうと思えばできる。やらないだけだ」

「つまりウサクにはやる気がないと。実はフクマ支持者なんじゃないかあ?」

もちろん、市長の味方をしない=フクマの味方だって解釈無理筋だ。

だけど俺はあえてその詭弁を使い、ウサクの神経を逆撫でさせた。

「そんなことは言ってないだろ」

「じゃあ、やる気があるんだな。だったら善は急げだ」

「……何だか我が担がれているような気がするが、まあ今回は乗ってやろうじゃないか

(#71-5へ続く)

2019-03-11

複数の巣を徘徊し、採食を行う。1回の捕食量が少ないことや複数の巣を徘徊することで行動圏内の獲物を食べ尽くさないようにしていると考えられている[9]。

オオアリクイですら調節できるのにウナギを食い尽くそうとしてるジャップさんて…

2019-03-08

ヴィーガンへの過剰な叩きに思う、寛容さを無くした方々

気のすむまで嘲笑して、ボコボコに叩きのめせて、良いところだけ勝手剽窃して

尊厳すら奪えるコンテンツが少なくなってきてるからって

ここぞとばかりに大勢リンチするのなんかみっともねぇ

 

外国はクソヴィーガン多いけど、日本別にそういう手合もいないじゃん

動物ボコっても、ペットショップで雑に扱っても

いくら食料廃棄しても、

ウナギ狩りまくってもすぐ鎮火するお国柄だし、まさに過剰反応

 

こういう男さんのヒステリーリンチがかつては

女やマイノリティに真っ先に向かってた( 今 も そ う だ が )

と思うとホントゾッとするな

 

チンパンジーだよチンパンジー むしろ動物愛護される側だぞお前ら

にっくきリベラルさまに保護してもらえ

2019-03-04

休みをくださいと主張したらウナギ買ってきてくれた

ちょっと前にも書いたんだけど、27連勤して1日休みの後の15連勤真っ最中です。

さすがに社長に「休みをください。」と直談判したのが先週で、そこから結局休みなく土日も働いたんだが、昨日の昼飯に鰻屋さんのうな重弁当をいただいた。

いやー、おいしかっけど、そうじゃないよね。欲しいのは休みなんだよね。うなぎじゃないの。

疲れたからうなぎ食えって昭和かよ。

おいしかったけど。

あぁ、休みが欲しい。

てか、落ち着いて考えたら俺の主張は微塵も通ってないな。

2019-02-07

【 話題ソーシャルレンディング詐欺なのか?革命的なのか? 】

高利回りを謳い取引金額ウナギ昇りのソーシャルレンディングだが、運用成績がひどい!

私自身も複数の口座を開設し、投資したが次々と「延滞発生」。

クラウドクレジットにおいては12月投資して、第1回の分配予定日から「期失発生!!」

悪名高いケフィアでも1回くらい配当だすぞ!

どんな与信管理しとんじゃい!

本当は債権回収に普請せずに計画的に焦げ付けさせ、身内に格安担保を売却するビジネスではないか?と疑ってしま・・・

業界第1位のMANEOにおいても5月投資した案件10月にはまたまた「期失発生!!」

おそらく自転車操業事業ばかり相手してるんでしょうねー(汗)

さらにこれらの投資商品、パッと見は「担保あり」や「保障あり」になっているが各中身は「担保ありの事業」と「担保なしの事業」を合体させてた「抱き合わせ商法」ではないか

ここまで来るとあざとさを感じずにいられない。

これほど「遅延発生」し、あざとい商品を次々と世に送り出すソーシャルレンディング業界金融庁からの「正義の鉄槌」をくらわせたい。

2019-01-30

下から目線死なねえかなあ

明石パワハラだめ絶対みたいなコメント見ると無能権利ばっかり主張する奴ってどうしたらいいの?

もちろん採用しちゃった責任はあるけどさ、罰が重すぎでしょ

無能はすりつぶしてウナギの餌にする法律早く出来んかな

2019-01-23

anond:20190123204206

つの間にかウナギ食ってる奴の次くらいに馬鹿にされる風潮になっちゃった

愚者食品

かわいそう。

2019-01-12

寿司丸かぶり恵方巻き)はつくられたもの

山路という海苔屋のおっさんの仕掛けらしい。詳しくはここにある。

https://core.ac.uk/download/pdf/56643945.pdf

ちょっと引用すると、

それでは実際の資料からはどうか。恵方巻は、その由来を鋭明するチラシや新聞記事では「江戸時代の末期から明治にかけて」の時期に誕生したと記述される場合が多い。これは、岩崎がまとめた由来からも分かるが、実際のところ、江戸明治期にこの行事存在したとする資料は今のところ見つかっていない。

これらの事実から推論を試みるならば、少なくとも大正期、戦前にはすでに存在し、大阪のごく限られた地域で行われていた風習であること、寿司屋がそれを利用して、古くから伝統であるという触れ込みで販売促進活動を当時から行っていた、ということはいえるだろう。

その後、太平洋戦争の激化に伴い行われなくなったこ行事は、1949年大阪府鮨商協同組合によって、「土用丑の日のウナギかば焼」に対抗する販売促進手段として復活している。そして、戦後復興が進む1950年代に入ると、戦中の配給統制によって解散余儀なくされていた海苔問屋組合が統制の解除をもって再結成され、その販売促進の手段として、節分巻きずし行事宣伝に参加するようになる。宮下牽の『海苔歴史』には、大阪海苔問屋協同組合1951年の結成と同時に「巻きずし丸かぶり」の宣伝を行い、大きな成果をおさめたという記述がある。この「大きな成果」がどれほどのものだったのかは分からないが、海苔業界復興の旗印として、巻きずし喧伝されていたようだ。

その後海苔問屋協同親告は、すし組合とも連携してこの行事の普及に努める。昭和40年代前半には、協同飛行機チャーターしてビラを撒いたりもしたようだ。しかし、この試みは経費がかかりすぎたために1度で終わっている。

海苔組合の取り組みがより積極的になるのは、岩崎聞き書きによれば1977年昭和52)になってからだという。そもそも1974年頃までは海苔国内生産需要に追いついておらず、韓国産で不足分を補う状況だった。それが、国内生産が増大によって韓国産への依存が減り、1977年にはついに国内産で需要が賄えるようになったのである。これから先、さら生産が増加すれば今度は余剰分が発生する。そこで、これ以降海苔組合は毎年大量のビラを印刷して各地に配布し、さらなる普及へと乗り出すようになった。

そしてこの海苔組合の動きと前後して1976年昭和51)に、「節分チャリティーセール」なるイベントが開始されている。このイベントのメインは、大阪ミナミ道頓堀巻きずし早食いを競うという「巻きずし丸かぶり早食い競争」。一見馬鹿らしいこの競争が、この行事関西における節分定番行事へと押し上げるきっかけとなった。

仕掛けたのは「昭和会」という、大阪商売をしている昭和生まれの海苔販売業者たちで組織された団体だ。その中心人物の一人であった宝海苔本社大阪市中央区)創業者の三男、山路昌彦氏によれば、海苔がたくさん取れるようになって何とか消費を増やそうと思って考え付いたアイデアなのだと言う。「食いだおれの街で早食い競争なんて、いかにも大阪らしくて絵になるし、黙々と巻きずしかぶりつく姿がオモロイやんか」という彼らの発想は見事に当たり、マスコミを引き込んでの一大イベントヘと成長する。海苔組合によるビラでの周知と、マスコミに取り上げられた早食い競争。この相乗効果により、節分巻きずし関西伝統文化として認知されるに到ったのである

また、山路氏は取材に釆たマスコミ丸かぶりの由来をたずねられると、「ずっと昔からやっていたものだ」と答え続けたのだという。「それこそ風習なんてこうやってできていくもんやないの」と語る彼の見解からは、大阪商人が持ち得た巧みな伝統利用の視点を伺うことが出来る。


ということで、商売人の「オモロイやんか」が伝統ということではたしか大阪伝統なのだけれど、そこまで古風なものかというとそうでもなさそうだ。花街に由来することとかその後の伝統としての受け入れられ方とか、原論文はかなり面白いので、増田ブクマカ諸氏にはぜひ読んでほしいと思う。

anond:20190111181738

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん