「歌声」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 歌声とは

2021-06-13

anond:20210613162848

20位 ロビンソン / スピッツ

90年代中盤、ミスチルを中心に多士済済ロックバンド日本音楽シーンをにぎわせている中で、この曲はそっとつぶやかれるようにリリースされた。アレンジメロディ歌詞もそして草野正宗歌声もすべてが切なく新鮮だった。静かな核爆発のような衝撃が人知れず音楽界を覆った。オリコン最高4位の超ロングセラーによるスピッツ最大のヒット作であり、売れ方までもが静かで上品だった。

スピッツ出現前まで、ロックバンドは「強い男」のものだった。不良、女にモテるパーティの中心になれる、といったオラついた者の嗜みだというイメージがどこかまとわりついていた。

スピッツがすべてを変えた。教室の隅でロックスターを夢見ていた何万人もの音楽少年たちに希望の光を与えた。後にバンプくるりアジカンなどによって確立される「草食系ロック」とでも呼ぶべき流れを、スピッツはたった一曲で作りだしてしまったのだ。

19位 ルビーの指環 / 寺尾聰

昭和歌謡界は、レコード会社作詞家作曲家の力が圧倒的に強い世界だった。歌手プロダクション所属し、作家先生から割り振られた曲をありがたく頂戴して歌うだけの職業に過ぎなかった。

寺尾聰がこのパワーバランスに風穴を開けられたのは、自身がすでに俳優としての名声を確立していたことや、石原プロという歌手自分設立したプロダクション所属していたことも大きいだろうが、やはり最大の要因は曲自体クォリティだ。寺尾の脇を固める松本隆井上鑑コンビによる、寸分の甘さもないスタイリッシュで都会的な曲調は、昭和歌謡界のうろんな空気を一撃で切り裂く鮮烈なコンテンポラリーロックだった。

本曲の成功をもって、日本音楽史上はじめての「アーティスト」が出現した、と言っても過言ではないだろう。

18位 キセキ / GReeeeN

日本音楽配信後進国である、といわれて久しい。これにはフィジカルを好む国民性など様々な理由があるだろうが、ガラケーが発達して長く長く生き延びていたことも無関係ではないはずだ。そう、音楽配信後進国というよりは、「iTunesとかSpotify後進国」なのであり、携帯電話の着信音として楽曲をまるまる配信するという外国人には到底信じられないであろう形式音楽配信ちゃんと隆盛していたのである。今は亡き「着うた」だ。

この「着うた」で、初代王者青山テルマを抜き去って頂点を極めたのが本曲である日本において音楽配信推し進めた最大の殊勲者でもあり、世界水準での音楽配信を大きく遅らせてしまった罪深い曲だともいえる。

GReeeeNはまったく顔出しをしていないという点においても日本音楽史上特異な存在であり、楽曲楽曲のみをもってコミュニティに広まりフィジカルを介することなく受容されるようになった分岐点として、本曲は永く記憶されるだろう。

17位 DA.YO.NE. / EAST END x YURI

CD売り上げが最高潮に盛り上がっていた90年代ど真ん中、唐突に、本当に唐突に、この曲は出現した。地方ラジオ局からじわじわと延焼し、一年をかけて日本中を覆い尽くした。ヒップホップで、である

純粋ラップナンバー日本社会現象的に大ヒットした、空前にして(残念ながら)絶後の異常事態だった。本曲は後年の日本ラップに比べると驚くほどライムに重きを置いていない。代わりに、とにかく歌って面白く聴いて面白言葉の妙を極限まで追求するという、ラップ本質が実現されている。日本ラップのこの時点での完成形といってよかった。

しかし、これはムーブメントになれなかった。本曲とそれに続く《MAICCA》によってアイデアを使い果たしたのか、生まれた時と同じように唐突に消えてしまった。本曲の影響がプレイヤーの中にもリスナーの中にもどの程度残っているのか、評価は非常に難しい。おそらく日本音楽史上最も位置づけに困る曲であろう。しか無視するわけにはいかない。あの年、たしか日本中のカラオケボックスラップの炎が燃え上がっていたのだ。

16位 さくら / ケツメイシ

日本音楽シーンメインストリームヒップホップ継続的供給することにはじめて成功したのはDragon Ashである。が、彼らは日本リンキンパークとして覇を唱えるところまでは至れなかった。その後に売れた日本ラップは、一つ目としてまず純粋ラップを突き詰めたKICK THE CAN CREWなどのライン二つ目としてはレッチリ方面に進んだマキシマムザホルモンリンプ・ビスキットを五倍希釈して日本人になじませたORANGE RANGEなど、バンドサウンドをより重視したラインがある。

しかし、主流と呼ぶべきは三つ目だろう。RIP SLYMEFUNKY MONKEY BABYS、そしてケツメイシ代表される、ソフトメロディックな「叙情ラップである

ヒラ歌でライムを刻みサビで全力の美メロを聴かせる形式ケツメイシさくら》において頂点を極め、日本ラップメルクマールとなった。良くも悪くも、本曲をもって「日本で売れるラップ」は決定づけられ、固定化されてしまったのだ。

15位 紅 / X

CD時代黄金期の前夜、アルバムBLUE BLOOD』をひっさげてXはメジャーシーンに殴り込みをかけた。ヴィジュアル系爆誕の瞬間であるBOØWY遺産ヘヴィメタルグラムロックを受け継ぎながらそのどれの類型でもないXのコンセプトは熱狂をもって迎えられ、数多くのフォロワーを生み出し、ついには総称する新しい言葉をも時代要求させるに至った。

切なく仄暗いバラードメロディを倍速あるいは四倍速のビートにのせて激しく歌うというメソッドは本曲できっぱりと提示され、多くのミュージシャンたちがこれに追随した。ひとつジャンルを打ち立ててしまったという点で記念碑的としか言いようのない一曲である

14位 島唄 / THE BOOM

かつてBEGINなどの活躍で一度だけ起きかけた沖縄音楽ブームを、THE BOOMはたった一曲で終わらせてしまった。決して駄洒落ではない。《島唄》の完成度はあまりにも高すぎた。太陽、青い海、大自然といった沖縄紋切り型大衆的なイメージを表面上は流用しつつ、暗さともの悲しさを内包し、琉球音階三線をまったく違和感なくJ-POPと融和させた。本土ミュージシャンにこんな歌を作られ、後に続けるわけがない。

そしてこの歌はまた日本で最も有名な反戦であることも特筆すべきだろう。切ないラブソング偽装された平和への祈りは、ヒステリックな主張をまったく伴わなかったがゆえに、他の反戦歌すべてを合わせてもまるで比較にならないほど多くの日本人の心に届いたのである

13位 パプリカ / 米津玄師

《Lemon》ではない。《打上花火》でも《orion》でもない。ましてや《マトリョシカ》でもない。米津の最重要曲は《パプリカである

この曲は子供のために書かれ、子供によって歌われ、そして老若男女あまねく受け入れられた。日本音楽史には時折このような、世代とか消費者層といった壁をぶち破る怪物キッズソングが出現する。言うまでもなく《およげ!たいやきくん》がその筆頭であり、《おどるポンポコリン》《だんご三兄弟》といった系譜の末席に《パプリカ》は連ねられる。と同時にこれは米津玄師というトップアーティストが全力投球で「当てるべくして当てた」曲でもある。古来から制御不能な乱流と、ネット時代の寵児たる最新の才能の激突点。《パプリカ》はそんな百年に一度の僥倖産物だ。

12位 YOU ARE THE ONE / 小室哲哉

両手に余るミリオンヒットを飛ばし小室哲哉の、代表曲をひとつ選べと言われて本曲を選ぶ人間は皆無ではないかと思われる。というより、このタイトルを見てもだれのどんな歌かすぐに思い出せない人の方が多いのではないだろうか。

これは《We Are The World》にヒントを得て企画された大人コラボレーションによるチャリティソングだ。当時の小室ファミリーが勢揃いした"TK presents こねっと"というユニット名義で発表されている。安室奈美恵TRFglobe華原朋美浜田雅功(!)といったそうそうたる面々が一曲を歌い継いでいくのである。この曲以上に小室哲哉小室哲哉たる面を表した曲が他にあるだろうか?

純粋楽曲面に目を向けても、当時絶頂だった小室哲哉絶対にヒットさせるという執念に満ちた(そりゃあこんな企画コケさせたら大変だろう)充実ぶりで、安室奈美恵など、こんな名曲を下手くそどもと分けあって歌うなんて我慢ならない、と考えたのかどうかはわからないが、後に自分ソロ曲としてカバーしている。

11位 リンダリンダ / THE BLUE HEARTS

日本音楽史には、あまたの「作詞の名手」がこれまで登場してきた。しかし「詩人」となると、数えるほどしかいない。

さだまさし中島みゆきといった「歌える詩人」たちの多くが知的内省的なフォークという土壌から出現したことには歴史必然を感じられる。しか甲本ヒロトはなぜかパンクロックという最も詩的ではない場所からまれた。パンク界にとっては不幸な出来事だっただろう。ブルーハーツはまったくもってしてパンクの主流ではない。異端異端である。が、そうは言っても強烈すぎた。俺たちは《リンダリンダ》を聴いてしまった。彼の詩世界に触れてしまった。日本パンクを彼ら抜きで考えることなどできなくなってしまった。この曲ほど、多くの他作品勝手引用されて勝手解釈されて勝手に涙を流された歌は他にないだろう。その乏しい売り上げに比して、今なお最も影響力のある歌の一つだといえる。

10位~:https://anond.hatelabo.jp/20210613162938

2021-06-07

anond:20210607180930

子供の遊ぶ声、お遊戯歌声楽器の音、泣き声

全て受け入れたけど、

運動会爆音EXILEを流してた時だけBTSしろって苦情入れた

2021-06-02

オッオッオッ、オッオッオッ、オッオッオッ

宇多田(ひかる)の歌声が音の良い劇場で響く時私たちは満たされた気分になりました、そうではない人がいたとしても。もう一度あの気持ちを得るために劇場へ。

プライムではあの気持ちにはなり得ないのだから

2021-05-28

anond:20210512145848

例のクラファン実写MV用の新曲、「キャラ声を抑えた声優本来歌声」っていうディレクションだったってスタッフトークで言っててさすがに耳疑ったわ

なんでキャラコンテンツキャラ名義なのにごり押し声優カラオケ大会聞かなきゃいけないんだよおかしいだろ

来年エイプリルフールは若手声優んほり隊(うた:運営)で替え歌実装しろ

2021-05-13

コブクロ黒田さんのことを吐き出したい

コブクロファンです。でした。


==== =====

私は小渕さんの書く詩が苦手で、若いころに作った曲はともかく最近の曲はアラフォーが書いたと思うと特に恋愛系の歌詞にはゾワっとしてしまう。

コブクロ楽曲ほとんどが小渕さん作詞作曲なので、コブクロ歌詞ほとんどが苦手ということになる。


じゃあどうしてコブクロの曲を聴いてファンになるまでハマって今までライブに通い詰めてきたのかというと、曲のメロディー伴奏歌声が好きだから

そして何より黒田さんの作った楽曲、詞が好きだから。(小渕さんの曲で好きな曲ももちろんある)

黒田さんの曲は人情的で、泥臭く足掻いていて、時にはとても繊細で臆病で、遊び心があって、そんな楽曲たちが大好きだった。


DOOR(https://www.uta-net.com/song/19060/)には何度励まされただろう?人生の節目には特に刺さった。

ライブで聴いた時の衝撃も忘れられない。力強い歌声と命を削って歌う姿には身震いした。

それに呼応するかのようにバンマスである福原さんのギターソロ特別熱がこもっていたように感じた。


そんなDOORとは変わってTo calling of lovehttps://www.uta-net.com/song/82451/)の繊細な詩と歌い方は涙が出そうなほど感動する。

CALLINGツアー2009年)が初めてのコブクロライブ参加だったのもあり、最後のサビのアレンジには度肝を抜かれた。

バックバンドピアニスト、よっしーさんの伴奏も好きで、弾き語り用の楽譜を買ってきてピアノで弾いた。


ピアノといえば休養前のツアー2011年)、喉を患っていた小渕さんだけではなく黒田さんの喉の調子も悪そう、というか悪かった。

最初から声が出てなかった。正直聞くに堪えないくらい辛そうだった。

そんな中でのSTAYhttps://www.uta-net.com/song/81761/)、よっしーさんが黒田さんの歌を庇うように力強い演奏をしはじめた。

その和音黒田さんの声を掻き消すくらいに大きく鳴り響いて、大胆なアレンジも入れて。

でも黒田さんはそれに負けないよう声を張り上げて歌っていた。

2人のコンビネーションに目が離せない(耳が離せない?)ほど引き込まれた。

その後、最後黒田さんの歌から入って伴奏が追いつく箇所で(これはSTAYではなく流星かも?)、黒田さんの声が詰まって曲が止まってしまったときには素早く察知して溜めに溜めて様子を伺いながら伴奏を入れていた。

(それに対してMCの際に黒田さんが「変な入りしてごめんなさい」とよっしーさんに謝っていた)


サポートメンバーがここまでミュージシャンに寄り添って、大胆なアドリブ演奏をすることはそうそうないのではないか?(本当のバンドならともかくコブクロデュオ

そう考えるとコブクロとそのサポートメンバーには強い信頼関係が築かれているのだろうなと私は思った。

からピアノ伴奏のみのOverflowhttps://www.uta-net.com/song/29980/)をライブで聴きたかった。


話は戻って、CALLINGリリース時期(2009年)の音楽雑誌でのインタビューでTo calling of loveについて小渕さんがこう答えていた。

「愛されたいとか、●●されたいという受け身なところが黒田っぽい」(記憶曖昧なのでなんとなくこんなことを言っていたなという意訳)

これを読んだとき、そんな人ならスキャンダルになるような問題を起こすようなことはないだろうな~とのんきに思ったのを覚えている。


……それでこれ。

黒田さんの詩に励まされてきた身としてかなりのショックを受けた。


報道を見て1日経ち、いったん冷静さを取り戻したところに福原さんのツイート


人生いろいろある」

https://twitter.com/gt_fukuhara/status/1392477617194868738?s=20


文脈的黒田さんひいてはコブクロへの言葉と見受けられるけれど、人生いろいろあるのは奥さんとお子さんであるわけで。

福原さんのツイッター・インスタを見ているとコブクロにかなり熱量をいれてサポートしているように感じていたし、前述のようにコブクロサポートメンバーには強い信頼関係があると思っていたから、山口メンバーに対してのTOKIO達のように、アンジャッシュ渡部に対しての児嶋さんのように、黒田さんのことを叱ってほしかった。被害者である奥さんとお子さんを慮ってほしかった。


ここまで全て私が勝手に思い描いてた人物像・組織図であって、そういう対応を期待したり、この件でたかファンであるモブ一般人が裏切られたと思うのはおかしい話で、ましてや小渕さんではないサポートメンバーにそこまで求めるのだっておかしい。

リプライ欄に否定的ツイートわずかながらあったけれど、福原さんの言葉意見を述べるのはともかく黒田さんへの否定的意見をそれこそサポートメンバーに送り付けるのはお門違い。


バンドマンはクソ


と言い放つ邦楽ロック好きの友人知人たちを思い出す。

ああ、黒田さんを叱らなかったのってそういうことかな……と、自分の中で憶測憶測を呼び勝手にまた傷ついて、そもそもそんな憶測だらけの勝手想像でこの件を受けて裏切られたと思うのはお門違いで(以下略


この最低な負のスパイラルから抜け出せなくなってしまった。





++++++++++++++++++++++

ということをコブクロファン会員サイト交流SNS投稿しようとしたけど、投稿するのをやめました。(えらい)(でも吐き出したかった)(会員はやめる)


これを読んでくれた方はどうか、私の自分勝手に描いた人物像や関係鵜呑みにしないでください。

特に福原さんはとばっちり一般人モブ1人に勝手虚像を描かれてがっかりされているだけなので……


モブ1人ファン離れしても何の支障もないと思いますが、モブから見たら今まで何度も助けてもらった主人公背中から刺された衝撃はでかく悲しいものです。


唯一の救いは黒田さんのラインがおじさん構文ではなかったこと。まあ気持ち悪かったけど。まじで気持ち悪かったな。

anond:20210513124036

ゴジラS.Pのすごいところは、めちゃくちゃ慎重に設計されたOPEDで慰めてくれてるところ

よくわかんないけどギャアァアァンってカッコよくてゴジラっぽいものが映ってる気がするOPと、本編で出るのかファンサなのか全然からない怪獣満載の爽快歌声ED

あれでかろうじてゴジラ番組になってる(そして、彼らを留まらせるにはたったそれだけで充分だった)

これでいけるって企画した人すごいよ

2021-05-04

君もアイドルプロデューサーになって、最強の11人を選べ ~PRODUCE 101~

増田(30代半ば)は現在、PRODUCE 101 JAPAN SEASON2に激ハマリしている。

PRODUCE 101とは?

101人の男の子で競い合うオーディション番組

最終的に11人のアイドルグループを結成することを目的に進行する。

元々は韓国で始まり日本版2019年シーズン1が放送開始。

GYAOで全編無料で視聴できる。ありがてえ。

https://gyao.yahoo.co.jp/episode/606eb318-ef6d-439b-88df-7a56d40e7809

シーズン1で選ばれたメンバーは、現在「JO1」として活動している。

世代諸氏にはASAYANみたいなもの、と言えば分かりやすいだろうか。

この番組も、候補者(番組内では「練習生」と呼ばれる)たちが合宿ボイストレーニングダンストレーニングを受ける様子にカメラが密着して、

彼らの悲喜こもごもが映し出される。

ASAYANとの最大の違いは「投票システム」だ。

視聴者は、WEB上の投票ページから、好きな男の子を毎週11人選んで投票することができる。

翌週順位が発表され、下位の男の子番組を去ることになる。

人数は101人→60人→40人→20人→11人と、どんどん絞られてゆく。

投票できる人数も減ってゆき、最終的には自分イチオシしか投票できなくなる。

順位は累計ではなく、毎週リセットされるので、

意外なダークホース順位を上げてきたりするのが面白い

男の子たちには様々な課題が与えられ、

ソログループで歌ったり踊ったり、

たたいてかぶってジャンケンポンなどのゲームで奇声を上げたりして自分の魅力をアピールする。

デビューできるメンバーは、最終週で上位11位に輝いた男の子たち。

芸能事務所音楽プロデューサー意向関係なく、

視聴者投票のみでメンバーが決められる。

そのことから視聴者番組内で「国民プロデューサー(通称・国プ)」と呼ばれる。

現在4週目まで放送されていて、残っているのは60人だ。

増田おすすめポイント

友情努力勝利

番組内では個々の戦いだけではなく、グループで競う場面が多々ある。

そのグループ内で生まれ友情がアツい。

ダンスができない子にダンスを教えてあげたり、自信がない子を励ましてあげたりして絆が深まってゆく。

以前は敬語を使って話していた子が、タメ語になったり、お互いを呼び捨てしていたりする変化に気づいてニヤニヤできる。

講師先生たちにボロクソに言われて悔し涙を流し、寝る間を惜しんで練習した結果、

前評判が良くなかった子が本番で大化けしたりするのを見るのも楽しい

戦いはあれど、あくまスポーツマンシップに則った振る舞いが推奨されており、

あんまりバチバチしていなくて爽やか。男の子たちは、常にお互いを讃え合っている。

ホモソ感なし

男の子大人数集まれば、悪しき男子校感が出そうなものだが、

ほとんどそんな場面はない。(あっても編集で切っているのだろう)

お互いに何の臆面もなく「かわいい!」と褒め合ったり、

みんなでメイクの本を読んでキャッキャしたりしている。

講師陣も、ダンサー仲宗根梨乃さんの一人称が、ごく自然に「俺」だったり、(字幕でも「私」等に修正されない)

菅井ちゃんこ菅井秀憲さんが「アタシ~なのよ!」って喋ってたり、

全体的にジェンダーどこいった?感があっていい。

余談だが、練習生の1人、飯沼アントニーくん(17)の一人称は何故か「ワイ」だ。

単なる人気投票ではない

イケメンでキャーキャー言われる子が上位で固まるかと思いきや、意外とそうでもない。

国民プロデューサーたちは、結構メンバーバランスを考えて投票している。

練習生たちがグループを組んで対決するライブイベントが時たまあり、会場で投票が行われるのだが、

あんまり人気がなくても、歌が素晴らしかったり、ダンスで魅せたりすると大量票が入ったりする。

もともとアイドルの完成度を重視する韓国企画からか、

スキルの高さがかなり命運を左右する。

シーズン1では、2週目の投票で85位だった金城碧海くんが最終週では10位でデビューしていて、

今は下位のメンバーでもどうなるか分からないドキドキ感がある。

増田ハイライト

現時点での見所は、何と言っても「I NEED U」対決だ。

先日、練習生60人を10グループに分け、課題曲を披露してバトルするイベントが行われた。

課題曲は5曲。

同じ課題曲を選んだグループを1班と2班に分けて対決させ、

どちらのグループが優れているか投票によって決めてもらうというもの

このグループ決めの方法がかなり残酷だった。

くじ引きメンバーを決められる権利を得た子が、好きな5人を指名する、という方法

当然、人気があったりスキルが高いメンバーから売れてゆく。

課題曲にBTSの「I NEED U」を選んだ1班は、一番最後メンバーが決まったグループ

まり、他メンバーから全然指名されなかった「余りもの」だらけ。

しかも対戦相手の2班は、投票上位メンバーが多く、

さらダンス世界大会で優勝した子までいる。

1班は未経験の子ほとんどの中、

ダンス経験1年の子メンバー指導して戦いに挑まなければならなかった。

ところが、この1班、

歌がめちゃくちゃ上手だったのだ。

ボーカルトレーナー青山テルマさんに歌を絶賛され、

それまで完全に心が死んでいた1班は「もしかして勝てるかも……?」という希望を抱き始めた。

そして迎えた本番。

どんなに誤魔化しても心が君を求めてしまう……という切ない歌詞世界観を、

1班は透明感のある歌声としなやかなダンスで見事に表現した。

その対決の行方は――。

ゼヒこの動画を見て確かめてほしい。

https://gyao.yahoo.co.jp/episode/PRODUCE%20101%20JAPAN%20SEASON2%E3%80%80%EF%BC%833%20%20Part.4/60811993-36b8-4bbc-85bb-353d25dcf3e4

増田が気になる子たち

今のところ一推し(1picと呼ばれる)は

藤牧京介くん(21)。

歌が!上手すぎる!

まあ、まずはこの動画を見てくださいよ。

https://www.youtube.com/watch?v=MearCGzV5e4

練習生の中には元アイドルだったり、歌やダンスの訓練を受けていた子もいるのだが、

藤牧君は未経験者とのこと。

それでこれだけ歌えちゃうの凄くない??

以前からtiktokで顔を隠して歌を投稿し、フォロワーが19万人いたらしい。

練習生SNS禁止というルールなので、そのアカウントを削除して

オーディションに挑んでいる。その心意気も買いたい。

あと気になるのは……

尾崎匠海くん(21)。

の子も歌上手いし、オーラがある。

藤牧くんと同じチームで歌ったときに声の相性が抜群だった。

https://www.youtube.com/watch?v=CO8P_vwaGLA

福田翔也くん(23)

ダンスが美しすぎる。

グループを一段上のレベルに連れて行ってくれる子だと思う。

面倒見よさそうなのでリーダー枠。

https://www.youtube.com/watch?v=UPw4LP8IxnY

小林大悟くん(19)

ふだんボーッとしてるのに、

ステージの上でいきなり色気がぶわーって出て別人になる。

https://www.youtube.com/watch?v=nZXSXoEi8t0

寺尾香信くん(17)

実家がお寺の寺尾くん。覚えやすっ。

現在ファンの子たちが「寺尾香信を寺に帰すな」を合言葉に奮闘中。

まだ高校生なのに妙に落ち着いて達観してる雰囲気

https://www.youtube.com/watch?v=9QmjS1aoHNw



以上。どこにも出かけられない連休で暇に任せて書いてみた。

これで少しでも見たい!と思ってもらえたら増田は嬉しいよ。

ちなみに増田普段ハロヲタです。

2021-05-03

ふたり天使

独唱のための協奏曲って言われたらあんなにヒットしなかっただろうな。

ダニエルリカーリのレコードはなんかねばっこいかボーイソプラノとかが合う。

誰か神々しい歌声若い人新しく録音してくれないか

https://www.youtube.com/watch?v=lbKATdjurVY

2021-04-29

好きなものを好きって言いたかった話

20年近く経った今でもたまに思い出す。中3のときのこと、塾が終わった帰りだった。

そのころ通っていた塾は地元駅前で、帰り道はいつも駅を北口から南口に通り抜けていって母の迎えの車を待つのが常だった。塾には友達がいないわけじゃなかったけど、帰り道は方向が違っていたのでいつもひとりだ。

その日もいつものように駅を通り抜けようとしたら、珍しくストリートライブをやっている人がいた。男の人がひとり通路に座り込んで、ギターを弾きながら歌っている。知っている曲、というか、当時の自分の好きな曲だった。LOVE PSYCHEDELICOの「your song」。姉がCDを持っていて、よく借りて聴いていた。ギターの音は閑散とした駅の構内に響き渡って、気持ちが良かった。歌声についてそこまで明瞭には覚えていないが、もっと聞きたいと思った記憶はあるのでたぶんそれなりに上手だったんだろう。

立ち止まってそれを聞いて、その曲わたしも好きなんですって伝えられたらいいな、と思ったけど、思っただけだった。歩みをすこし緩めたくらいで、立ち止まることもしなかった。

だってほら、ひとりで聴くのも恥ずかしいし、母がもう迎えに来るから中学生女の子が夜中(時刻は21時を過ぎている)に知らない大人男性声かけるとか、いかにも危ない。母は絶対心配する。言い訳をたくさん心に浮かべながら、駅を南口へ抜ける。駅の外に出たら、歌声はもう聞こえなかった。

我ながらつまらない人間だと思った。この先もこんなことばっかりなんだろうかと思って、変に苦しかった。

弱い人は好きなものを好きと言うことも許されないんだろうか。

心配性の母を意味もなく恨んだ。仕事が忙しいせいもあってか、彼女リスク回避したがる。飼っている猫が車に轢かれたら嫌だからと家に閉じ込めるような人なのだ。猫はずっと外に出たがっているのに。私も猫と一緒だった。危険に会う可能性のある行動は全部嫌な顔をされて、反抗する気力も湧かない私は諾々と従った。全てを理屈判断する母に反抗する手段が見つからず、自分好奇心を閉じ込めた。

いまから考えれば、馬鹿だと思う。

私が自分気持ち自分の行動を決められるようになったのは、その後5年以上経ってからだ。大学文学部に入って、いろんな人からいろんな話を聞いて母の言う理屈以外の言葉世界を見ることができるようになって、それからようやく息ができるようになっていった。周りより精神的に幼くてずいぶん馬鹿にされたけど、じっさい馬鹿からそれでいいやと思った。なにより、自分も他の人と同じように行ってみたいところに行ったりやってみたいことをしたりしていいんだ、と思えた開放感に勝るものはなかった。そんな無邪気さを許してくれる人が周りにいてくれて、楽しかったし幸せだった。

好きなものを好きって言えないから弱いままだったんだな、と気がつけた。きっと中学生の頃も、母相手に「私はこれが好き」とそう言えればきっと少しは違ったんだろう。

いまはインターネットが普及したので、知らない人にも好きって言いやすい良い世界だと思う。知らない人の危険さは変わらないけど、少なくとも今すぐどこかに連れ去られるような心配はしなくていい。そして、知らない人同士でも同じものを好きって言い合えるのは幸せだとみんなが知っている。ほんとうに良い世界だと思う。

おばさんの思い出供養話でした。ここまで読んでくれた人、どうもありがとう

2021-04-25

マスク着用でも歌声こもらず カラオケに新機能

マスク着用でも歌声こもらず カラオケに新機能 | 2020/7/14 - 共同通信 https://this.kiji.is/655678205772809313?c=39546741839462401

最近カラオケに行ってきたという友人から、最近はこんな機能があるというのを始めて聞いた。

見てみたら

https://www.irasutoya.com/2013/06/blog-post_899.html?m=1

だしwwwwwwwww

2021-04-19

聞くに耐えない「ゆずれない願い

誰がカバーしたやつなんだけど全然声も出てないし、オケカラオケか?スーパーの有線のインストゥルメンタルのやつか?ってくらいしょぼいし本当に聴くだけで耳と脳と時間無駄みたいな産業廃棄物があったんだよ

この間恋人のカーステレオから流れてきて思わず「は?」と思ったんだけど恋人ノーコメントだったから聞けなかった

多分大御所なんだと思うけど、誰も止められないままカスみたいなオケと糞な歌声音源にしてしまって世に流れる地獄

彼女ファン(女性ボーカルということだけはわかった)は一体これを聴いて何を思ったんだろう?

ってか誰がカバーしたやつなんだろう?

2021-04-07

うつ病者の大樹

あるうつ患者が死んだ。うつという言葉すらも確かではない時代

気狂いだの、かたわだの、そんな言葉が平気で横行していたある中世の街の一角

彼はともかく、その身分の苦しみと自らの容姿生来虐待によってたくさんの苦しみを身に受けて、ある絶望の朝、地上に沈み込むように倒れた。

太陽がすべての命に強い明暗を落とす、残酷で何気ない日だった。

彼が死んでも誰一人として弔いに訪れるものはなく、その肉を食べに訪れたカラスもただ無感情に自らの体を温めるために彼の体をついばんだし、感傷もなく去っていった。

骨になった彼を小鳥たちが楽しそうに眺めていたが、それすらいなくなると草が茂り、小さな花が周辺に咲いた。

それからどの大陸の風から運ばれたかもわから種子が舞い降りると、小さな枝となって春の小鳥歌声とともに伸び始めた。

数十年後、枝は螺旋状に絡まり、大きく薄暗い大樹となって周辺を覆うようになった。

かつて遊んでいた子どもたちは、昼間なのに暗い場所から近づかないように、という大人たちのいうことをきいて近づかなくなった。

そうして様々な不可解なエピソードと共に人々から忌み場として記憶され続け、木は10年に一度の実をつけた。

果実はさして甘くもなく、少しだけ酸っぱく、少しだけ苦く、七色をしていた。

その頃からか、大樹の主はこの木の近くに魂として漂うようになった。

実が十分に熟した頃、ある行商が木の前を通りかかった。彼はこの土地のことを知らないものから、忌み場の木の実だと知らず食べてしまった。

商人は思った。これは美味しくもなくとりたてて褒められるものではないが、何故かいつまでも同じことを繰り返したくなってしまう。ちょうどたった今、この実をいくつも食べてしまうように。

商人は忌み場近隣の村に商品を売りつけたついでに、忌み場の実について村人に知らせてみた。すると翌日実に興味を持った村人たちが木こりのついでに忌み場に訪れて実を食べてしまった。たちまち村人たちはこの不思議な実を繰り返し生真面目に食べるようになってしまった。村人たちは口々にこの実のことを美味とは言えないが、何故か食べてしまう、と語った。

やがてその実の噂は国王様の耳にも届いた。大臣いわく、その身を食べた村人は粉骨砕身、とても生真面目な人となりに変わり、国のために尽くすのだという。

それは面妖なことよ、と思った王様は忌み場の実を取り寄せて食べてみることにした。みる間に王様の眉間にしわが寄り、自らの治世をまだ足りぬと責めるようになってしまった。

国王も、村人たちも、城下の者達もみなが皆自責かられながら、生真面目に働き始めた。

鍛冶屋は完全な仕事ではないとたくさんの銀食器を壊し、農家は完全な作物ではないと、大量の作物を捨てた。

兵隊は訓練がまだ足りぬと自責の念にかられて自殺者がたくさん出た。

国中からいい加減が消えた。そして皆が皆こう思うようになった。

俺の気持ちはわからない。

私のやっていることは無駄なのかしら。

かに理解されたいけど、誰も理解したくない。

こんな自分は嫌いだ。

こんなに真面目なのに認めてもらえない。

誰もわかってくれない。

大樹に漂う気狂いの男の魂はおかしくも悲しい、今までとは比べ物にならないくらい、窮屈に発展してゆくその国中の様子を見て、ああ、やっと自分気持ち理解されたのだ、と言って天に登った。

大樹は数年後に枯れ、実のことを覚えているものはいなくなった。

やがて国はもとに戻り、うつの男のことを思い出すものは誰もいなくなった。

誰かが悲しかたことも、窮屈だったことも忘れてしまった。

anond:20210407073753

2021-04-05

anond:20210405112824

自分歌声を録音する。

それを聞いてみる。

これが上達のはやみち

歌の歌い方がわからないのだが

歌手の声真似をするのは出来ても自分歌声がどれかがわからない

どれ?

2021-04-04

ライブしかった〜お寿司美味しかった〜

推し声優アーティストデビューした。

今日デビューシングルを提げてのミニライブで、約1年ぶりにライブに現地参加した。

何が楽しいって、まずおめかし楽しい

おろしたての服を着るのは気持ちいいし、手持ちのものと組み合わせて、イメージカラーに近いコーディネートに仕立てられたのも嬉しい。すごいおしゃれってわけじゃないから。

ネイルも久々にした。

元々上手くなくて、久々だからさらに下手になってるかな…と心配だったけど左手はすごくうまくいったと思う。チケットと一緒に記念写真でも撮っておこうかな。利き手である右手は散々で、親指と人差し指しか塗れなかったけど。(それ以外の指はあまりにも酷くて全て落とした)

ライブ自体も本当に本当に楽しかった!

トークコーナーではお便りが読まれ名前呼んでもらえたし、推しの素直さがそのままサービス精神旺盛として現れるところも素敵だった。

そもそも初っ端登場してすぐに泣き出したのも愛しくてたまらなかった。私も秒でもらい泣きした。

ライブパート声優になる前にとても力を入れてた歌唱力遺憾なく発揮されて、好きなパート歌声は聴いてて喉の奥がツンとなる。世界観の詰まっていて小技の効いた曲だから、それに合わせて遊びのある振り付けなのも良くて、指先まで見てて楽しかった。書き出し始めたら止まらなくなりそうなくらい、好きなところがまたたくさん増えてしまった。

それから、私は学生時代同人音楽ネット発のインディーズレーベルにハマってたことがあるんだけど、作曲者がその界隈出身の人で、それもなんだかときめいた。そしてもちろん、今回書き下ろされた曲自体ものすごく好きだった。インストでも何回も聴いてる。

音楽が好きになれないとハマれない性質から本当に救われた。推し解釈違いのプロデュースをされることが一番心にくるから

そしてなんといっても、ライブの日に食べる寿司の美味しさといったら!

1日で全2公演やるスケジュールでその両方に参加予定だったので、公演と公演の合間に食べた。2公演目の終演後だと遅い時間になってしまうし、ライブ鑑賞もカロリーを使うので公演の間にちょうどよいご飯を食べるのがコロナ前のお決まりだった。

公演の間に食べるちょうどよいご飯、それが寿司。入るのに待ちさえしなければ、注文すればすぐに食べれるし、量のコントロールも容易だ。

提供の早さでいえばラーメンもいいんだけれどもちょっと多いし、食べ終わったらすぐ出なきゃいけないし、ダラダラ食べるもんじゃないし。

その点、寿司は魚と米。アタるような生魚を出すのはそもそも寿司屋ではないので、腹痛の心配はないし、味に外れがあることもそうそうない。ちまちまと食べても罪悪感がない。カロリーも適度に摂取できる。寿司パワーでライブを乗り切れる。

他のライブに参加するオタクが周りの席にいることも少ないし(オタクファーストフード店ファミレスに入りがち)お一人様は基本的カウンター席だから落ち着いてたべれるのもポイント高い。

しまあじ食べてお茶を啜りながら1公演目を思い返す時間なんて最高だったなぁ。

はぁ…高級ファーストフード万歳

ライブが最高でお寿司も美味しくて幸せだ!

デビューおめでとう!!!

※一部フェイク入れてます

2021-03-22

anond:20210322074012

なるほど

渡部直○も呪いが解ければ美女になるのかもしれない

そして、加藤登紀子歌声が…

2021-03-17

加賀美ハヤトの魂

WITHINを聴いて一瞬でファンになった人間日記です。

初めて聴いた時は衝撃がでかすぎて1時間くらい聴いてました。だんだん考える力が出てきて、うわ顔いいなとか、声めちゃくちゃ通るなあとか考えつつ、アーカイブに行きました。

めちゃくちゃ好きだこの人。超好き。

語り口は穏やかで聞きやすく、かつ本人の感情がよく伝わってくる。かっこいい大人として見ていると急に男の子の部分が出てくる。でもちゃんと一本の筋が入ってる。

歌えば普段の穏やかさとは別の荒々しさや色気が出てくる。

TCGの話をよくしてくれてるのも嬉しかった。

この人を推すと決めた。

10年以上オタクやってるけど生きた存在推しになるのは初めてだった。今までは漫画アニメキャラ推しだったし、その推しもなぜか死にがちだった。知った時には原作が完結していたり、原作の中で死んでたり、推す過程で死んだりした。

から加賀美ハヤトのことを知れば知るほど毎日しかった。ほぼ毎日配信してくれる。Twitterが動いている。リツイートファンアートを回してくれる。オンラインライブで動いて歌う社長を見て、ずっと泣いていた。あ、この人、ほんとにいるんだ。ここで歌ってる。

もっと知りたかった。

今までバーチャルYouTuberには馴染みがなかったから、いろいろと調べて行った。その過程で、中の人、俗に言う「魂」「前世」のことを知った。そらそうだ。現実である以上、必ずアクターがいる。当たり前。ただ、デリケート話題なのはよくわかる。野暮だ。ハリーポッターを見て、「ただのCGだろ」というくらいには無粋だと思う。

当然、社長にも中の人がいる。が、前世があることは予想してなかった。実況や歌い手にほぼ触れずにきたせいもある。

調べていくうち、「加賀美ハヤトの前世タラチオ」ということが目についた。野暮だ、と思いながら、タラチオさんの動画を開いた。

めちゃくちゃ似ている。本人だと言われたら信じるだろう。YouTubeTCG対戦動画での笑い声や話している時の声を聞けば聞くほどそうとしか思えなくなってきた。無論、ただの推測だ。ものすごく声の似た別人という可能性もある。ただあの歌声赤の他人という可能性を考えられなかった。

私の好きな歌をタラチオさんが歌っていた。社長が歌ってくれたら、こうなるんだろうな、と、すとんと腑に落ちた。

加賀美ハヤトの魂がタラチオさんということを仮定すれば、彼は今二足の草鞋を履いている。タラチオさんは今も活動していらっしゃるし、なんならライブだってしている。社長はこうして毎日配信してくれている。

どっちが本当なんだろうか、という気持ちが頭をもたげてきた。もしかたから、もしかしたら、加賀美ハヤトはそのうちいなくなるんじゃないだろうか。生身での活動の方がよほど楽なはずだ。事務所所属よりも、個人の方が自由に動けるのかもしれない。もしかしたら、

ぐるぐる考えながらYouTubeを開いて、もはや癖になっている動きでWITHINをタップした。毎日聴いている。

すごくかっこよかった。

4ヶ月前に聴いた時、ただ歌詞としてしか認識していなかったものが、加賀美ハヤトの言葉として目の前に叩きつけられていた。

社長は初配信でこの曲のショート版を流したらしい。つまり歌声を速攻で出したということだ。これだけの魅力ある歌声が、埋もれるはずがない。初配信の時に、私と同じことを考えた人がいたはずだ。その人たちにも、この曲は届いたはずだ。

「重ねないで名付けないで この声の在り方」

「この音だけは否定させない」

「啓かないで導かないで 暗がりを愛して

祈らせて この造花が枯れるまで」

All it is WITHIN」

ショートとはいえ、初配信で、これを。

わかっていたんだろうか。わかっていたんだろうな。覚悟したんだろうな。

もう一回聴いて泣いた。社長の人となりはアーカイブを追うかぎりではあるけれど知っている。音楽で嘘をつくような人では絶対にない。この人ほど全力で歌ってはしゃぐ人を知らない。あの3D配信が信じられない人はいない。いたとしたらそいつはひねくれすぎている可哀想なひとだと言い切れるくらいには。

加賀美ハヤトは加賀美ハヤトとして生きていることを理解した。タラチオさんはタラチオさんとして生きていることも理解した。彼は彼であるだけで、ただそれだけ。

it」がなんなのかなんて考えなくてもわかる。全てが彼のうちにある。

ぐちゃぐちゃになっていた気分が落ち着いてからタラチオさんの歌を聴く。上手い。好き。これはもう実質社長

社長アーカイブを見る。面白い。好き。やっぱり社長A型殺しだよ。

加賀美ハヤト、推します

社長ありがとうあなたを見つけられたから、私は今生きています。ボイスドラマまで絶対死ねない身体になってしまいました。もちろんその先も、社長活動するかぎり死ねません。

どうか身体に気をつけて。タラチオとしての活動も、これから追います。生きていてくれてありがとうタラチオがいたか加賀美ハヤトがいる。Grotesque最高でした。

ただ私はやはり加賀美ハヤトが推しなので、社長としての活動の方が好きです。好みの問題ですね。YouTubeで仲の良い方が上げている動画タラチオさんがいるとニコニコしてしまます推しラフに付き合える友人がいるということはとても良いことです。アラサーランク帯のコラボも大好きです。コラボ配信待ってます

加賀美ハヤトは、いいぞ。

心の底からおすすめします。こんなにカッコいい大人で、全力で遊ぶ男の子で、とんでもなく良い歌声の人を、私は知りません。

これから何があっても、あなた推します。いつか卒業したり、万が一炎上してなし崩しに引退したとしても、あなたの歌を忘れません。

2021-03-11

ゆずいきものがかりのようなわかりやす言葉選びの中からシンプルに伝わる明るくて前向きな歌が好き

Superflyのようなパワフルな歌声にあこがれるし何十年たってもYOSHIKIドラムはスゲーって感じる

それだけの話なのに、どうしてもへー有名どころばっかじゃん音楽あんま興味ないんだねみたいな話にすり替わってしま

難解な歌詞で独特の曲調があるアーティストにハマれたら音楽玄人なの?

2021-03-08

気づいたらまわりが夢中になってて、日常侵食してくるアニメだった

エヴァンゲリオン、四半世紀続いたこともあって、見始めたきっかけや時代もそれぞれ違うんだろうな。

朝一の回でシン・エヴァ最終章見てきたけど、妙な脱力感。

ここに至るまで随分かかったな…なんて思ったり、思わなかったり。

これから続々出てくるであろう、ファン感想、思い出話を見るのが楽しみ。


自分ファンではないけど、アニメ好きでもあり、周りが盛り上がっているのを眺める機会が多かった。

テレビシリーズリアルタイムでは見ていなかったけど、

美少女キャラに目がないのと「ふしぎの海のナディア」繋がりで存在自体は知ってた。

でも見るきっかけになったのはブームが始まったあと。

転勤族日本アニメをろくに見れる環境ではなかったけど、

海外から帰国後、転校先の学校放送ジングルで流れてた「残酷な天使のテーゼ」がきっかけで色々知ることになった。

流れるたびになぜか周りがノリノリで歌い出す謎現象が起こったので

不思議に思って何の曲か聞き出して、そこで作品名合致再放送を断片的ではあるが見ることになった。


その数年後、海外にまた引っ越しときに現地の学校不思議光景に遭遇することに。

放課後パソコンから日本語で歌う外人たちの歌声が聞こえてビビり、耳をすましたらまさかの「残酷な天使のテーゼ」。こ っ ち も か 。

ちょうどYouTubeが出始めたころだったから、OP動画を見ながら歌っていて、そばにいた先生苦笑いしながら何の歌か聞いてた。

日本アニメ海外でもウケていることを実感させてくれる出来事だったので特に印象に残っている。


帰国後、受験に失敗してアニメ鑑賞にさらにハマった宅浪時代、「序」が始まるということで、ここでやっと全話一気見。

同時に、綾波だけを長年描き続け、昨年引退した人の薄い本などにも何度もお世話(意味深)になった。

そんな感じで準備して映画館に見に行き、3DCG活用しまくった映像の迫力には驚いたものの、

キャラデザの見た目の変化に違和感を感じたり、中身については焼き直しであまり楽しめず、寝そうになるのを堪えてた思い出。

でも、まさかここから完結するまで13年も経つとは想像つかなかったなぁ。

一方、「破」「Q」公開時も周りは「XX回見に行った!」「内容はわからんおっぱいはすごかった」でめっちゃ盛り上がってた。

ちなみに、Qが公開された年は就職失敗で大学卒業直後にアルバイトを始めたときだったけど、その移動中の電車シンジくんの中の人に遭遇。

大変な時期だったけど、前述の諸々の出来事を経て、主人公役の声優に偶然とはいえ会えたことは嬉しかったし、確実に元気をもらった(その後は無事第一志望に入った)。


そんなこんなで、庵野氏も還暦を迎えるほどの月日が経って最終章本日公開。

今回はどうしても気になり、月曜日だけど勤務時間に間に合わせるために朝一の回で映画館に行ってきた。バルト9だとメディア取材も入ってたね。

なにを言ってもネタバレになりそうなので避けるけど、

知っている名前が多く出ているスタッフクレジットを眺めるのは楽しかった。

自分世代を含め、各世代で有名なアニメーターが集結してたし、新旧いろんな会社が集まって作り上げた感じが分かって良き。

と同時に、物語最後を見届けることができなかったファンも多くいたんじゃないだろうか、と思うほどに25年の月日の重さを感じた。


自分はドハマリすることはなかったけど、意識しなくてもエヴァ日常侵食してきたり、

周りの人たちが夢中になっているのを眺めたり、長い間楽しませてくれた作品だった。


とりあえず、完結おめでとうございます

2021-03-06

iTunes Storeで「元気を出して」で検索すると、

(セルフ)カバーが真っ先に来て、原曲大分下にヒットする。

薬師丸ひろ子歌声バリバリ80年代アレンジに惹かれる人は少数派なのか。

2021-02-27

anond:20210227194259

歌い出したらアルプス天然水より澄んだ歌声してるかもしれないだろ

2021-02-19

BOSS(コーヒー)のCMでジャンポケが歌ってるけど

斎藤さん以外の二人、歌が巧くてビックリした。

斎藤さんはよくネタの中でアカペラや1st takeパロで隈取して歌ったりとかしてるから歌声は知ってる。

でも他の二人はこうやって聴くまで全然知らなかった。

二人共それぞれの良さがある歌声

芸人さんは歌巧い人多いのかな?

2021-02-17

anond:20210217173413

世間が認めても俺は認めないよ。

今でもそいつらは歌手崩れの歌い手(笑)ボカロP(笑)

歌声を聞かせるな、地上波にも出るな

くそったれ

2021-02-13

fff -フォルティッシッシモ-』第2場 プロローグfff

anond:20210213142609

ネタバレ

第2場実況

ヘンデル後継者って、誰だっけ」

モーツァルト「たしか…」

フランス革命戦争ないしナポレオン戦争

ナポレオンきたー!

か、かっこいいやん、、そしてまさかコロナを逆手に取ってオケピ使って演出してくるとは

ベートーヴェン「タッタッタタッタタ」

「タッタッタタッタタ!」

こんなリズムあったっけ。

モーツァルト「そうだ、あいつだー!」

モーツァルトさんベートーヴェン君のこと覚えててくれてありがとう

ベートーヴェンもっと強くナポレオンのように!もっと大きく、ゲーテのように!」

fffffはもっともっと強くもっともっと大きく。

これは、自筆なのかな。

あ、これ一時期待ち受けに使ってたやつと多分同じ。やっぱ自筆だ。

ベートーヴェン「我が音楽は、人間の心」

ナポレオン「我が戦闘は、人間の願い」

ゲーテ 「我が文学人間の光」

人間人間

あ、この3人ひとりひとりがfで、3人でfffてこと?

ヘンデル「時は19世紀夜明け」

テレマンフランス革命によって熱せられた、ヨーロッパという溶鉱炉の中で鍛えられた、鋼の男たちがいる!」

うむ。

ベートーヴェン「くらいよるーにめざめてー」

オリジナル曲きた。さすがに全部ベートーヴェンは無理か。

ナポレオン「余が求めるのは、人間勝利だ」

ベートーヴェン「俺が求めるのは、人間勝利だ!」

真彩さんどっかにきた!

  • 女の高笑い

ありがとうございます

ベートーヴェンもっと大きく、フォルティッシッシモー!」

お、史上初めてfffが使われたのは交響曲第7番だけどそこはやはり変えますね(さらにすぐ手に取れる手元のスコア2種を見る限り第九にfffは無い)。もっともっとじゃないのか。

最高か。極上の影コーラストップ娘役という奇跡よ…。

大砲戦争

智天使ケルビム「うるさーーい!」

fffだもんね笑。最後のドカーンは雷でしたか

ヘンデル「そうだ、この雲を、耳に入れるんだー!」

ベートーヴェン難聴の原因までもが判明…天才か。

雲を耳に入れられるときベートーヴェンかわいい

第2場総括 - かっこよし

要人物顔見せ(謎の女は声のみ)と、時代状況、難聴の原因の提示

交響曲第3番もかっこいい(実在ベートーヴェンがすごいだけ。いやアレンジもかっこよかった)、よく動くセリと盆もかっこいい、ナポレオン軍・市民楽団員の群舞もかっこいい。ナポレオン軍の衣装もかっこいい。ベートーヴェンナポレオンゲーテの登場もかっこいい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん