「作業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 作業とは

2017-12-13

連日修論作業に追われる

実験とかがある分野ではないので毎日研究室にしばられるとかはないのだが、その分ただ修論を一日中書くためだけに毎日大学夜遅くまでパソコンに向かっている。

ある程度拘束してくれる研究室の方が逆に他の研究室の人と仲間意識まれたりして精神にいいのかもしれない。

研究室なるものなどなく何にも縛られない代わりに、すべて自分自分を律して勉強やら研究していく必要があって、最近モチベーションも下がってきていてつらい。

シャープアクオス輝度を下げて、くらーくしてディスプレイとして使ってみよう。

かに画面が大きいと作業はやりやすいかも。

ただ、目に入る光の量は多い感じなので、疲れる><かも。

俺は晒されているのではないかヲチられてるのではないか

やっぱりネット交流サービスとかそういうのは楽しい
オンラインゲームPvPPvE共に楽しい
そういった物の中で画面の向こうの人間と話すのも超楽しい
現実では冴えないモブからネット空間はいくらでも自分を盛れるし自分を飾れる。

でもふと心配に思うことがある。
「実は自分は相当嫌われていて、裏で陰口叩かれている」のではないかと。
しかしたら「ヲチスレが立っていて、断片的な情報から特定作業が進められて第二のチンフェみたいな事になりつつある」とすら思えてくる。
こうなるともう心配心配で仕方が無い。
煽ったりとかそんなことはしないようにしているが、言動がイタければ裏で晒しageされる世界ネットなんだ。

自分プレイしてるゲームIDSNSアカウント名でググれば一発なんだろうけど、正直怖くてググれない。
メアドググるのも怖い。2chとかで「イタいつのメアド手に入れたで~」とか晒されてたら・・・考えただけでも鳥肌が立つ。
怖いなら見なきゃ良いだろうけど、(もしあったとしたら)早い所見つけなければ取り返しのつかない事になってるかもしれない。
そんな事考えてると頭がグルグル回って胃がキリキリ痛み始める。

どうすりゃいいんだろう。

割りとめんどくさい作業してるけど

これがんばんないとお金稼げないんだよなあ…

ありよりのあり

アリの生態について調べてみた。

好き勝手に歩き回って

餌に群がるだけと思っていたが、

どうやら、

アリの中にもリーダーはいるようだ。

人間や猿のリーダーと異なり、

普段特に指示を出したり

威張ったりすることはない。

仕事をするのは、

大きな餌を複数匹で運ぶような

共同作業必要場合だけである

1匹だけで運べる小さな餌の場合

アリはフェロモンを上手く利用し、

1列になり、最短経路で巣まで持ち帰る。

(参考 : 蟻コロニー最適化)

1匹で運べない大きな餌の場合は、

運搬作業に専念するメンバー集団と、

集団の進路の監視に専念するリーダーに分かれ、巣まで餌を持ち帰る。

この時、リーダーメンバーに、

無理に最短経路へ従わせるのではなく、

メンバーの運びやすさを尊重した上で、

明らかに巣への帰路から外れそうな場合にの個別の調整を加えながら進路を修正していく。

このため集団が最短経路を辿ることは、

まり無いが、メンバーには軽い負担

確実に巣まで餌を持ち帰らせることが出来る。

リーダーは、固定職では無く

場面毎に最適な情報を持った個体

集団から立候補し、流動的に入れ替わる

🐜🐜🐜

結論 : アリ凄い

2017-12-12

和食共働き家庭料理に向いてなくない?

なんつーかテキトーに雑に作ってもそこそこうまい、とか、時短ですぐできて便利というジャンルじゃない気がする。和食って。丁寧に、時間をかけて作ってはじめて美味しいジャンル料理だなと。繊細だよなあと思う。

もちろんね丁寧に時間をかけて作れるときはいいんだけど、料理が完全に労役作業となっている忙しい我が家では雑な和食しかできないから、自分で言うのもなんだがメシマズ食事すらただの作業になる。その点中華イタリアンは雑に作って時短してもまあまあ美味しいので重宝している。ただ栄養価的には和食のほうがいいんだろうけどね……

IQ≒「論理的であろうとする傾向」

ぐらいに考えておけばいい。IQテストなんて基本的にくだらないお遊びだ。そんな物でいい点取ったからって考え方が固くなることはないぞ。むしろ、考え方が固くなりやす人間であることを自覚して頭を柔らかくすることを意識して生きろ。←ここ大事な。ある意味今回のまとめだ。時間がないならこのまま一番下のまとめまで飛んでくれ。

IQテストなんてな、遊びとして見ても極めて単純な作りで演出もなく出来も悪い。

純粋に知能パズルとしてみるのならば数独詰将棋のような美しさを持たない出来損ないの寄せ集めだ。

大部分の問題はどこかで見たような構図の組み合わせ(たとえばねずみ算であったり)でしかなく、時折現れる物珍しさを感じるような問題は解いて見ればただの悪問だったのではないかという疑問しかまれず、他で見かける高難易度パズル共通する思わず出題者を褒めたくなるようなギミックなどはない。

普通人間ならばこんなゲーム馬鹿馬鹿しくて途中で飽きてしまうだろう。それが意識的無意識的かは別にして。

そんなクソテストに躍起になってIQ130とかを出してしまう俺やお前のような人種能力が優れているのではない。どんなに馬鹿馬鹿しい行為であってもその作業内容が明確になっていて、論理的に答えが導けると信じられるならその作業に没頭できてしまうというだけなのだ

一見すればそれは、問題解決能力の高さを意味しているようだが実際は違う。

単に、理屈がはっきりと通りそうな物が好きだというだけだ。

しろ理屈が通りさえすればそれが無意味でもよくて、意味があっても理屈が通りそうに無ければ嫌うという性格上の癖の強さを意味している。

世の中にある解決すべき問題や、行うべき業務の多くは、明確な作業の形を取ってはいない。まず作業内容を明確にしなければいけないのだ。そしてその作業内容は多岐にわたる。一つ一つの問題が順番に出題されて順番に解いていけばいいなんて形を取ってはいない。

そして、それらの作業効率よく進めるには物事優先順位を付け、何がくだらなくて何が重要化を切り分けなければいけない。

この時に俺やお前のようなIQテストの点数だけはい人種は大きな間違いを犯す。

明確な作業内容イメージ出来るものを、まずは優先的に片付けるのだ。そのやり方が常に間違っているわけではない。まずは出来る所からやるのは重要だ。

だが、このやり方だと、そこに拘っていてもしょうがない部分に拘って全体のひとまずの完成を遅らせる事が多々ある。部屋の掃除をしているとき本棚の一区画の本の並びを美しい(と自分が感じるような)状態にするために時間を使いすぎて、気づけばそこ以外はホコリを被ったままで夜になっていた。そういう経験はないだろうか?そういうところだぞ。

重要度を判断できない奴が、一つ一つの作業完璧にこなしたがり、完璧にこなしたがるが故に完璧にこなしやすそうな作業ばかりをやってしまう。そして本来最も重要であるが明確な答えを絞り難い問題はいつまでも挑まない。だが、大抵の場合求められる問題解決業務本質は、そういう答えを簡単に1つに絞れないなりに自分なりの答えを用意する部分にこそ宿っていたりする。IQテストだけは良い点数を取れるという奴はそこを苦手とするんだ。明確な答えが出せない問題が苦手なんだ。

IQテストってのは一見何がしたいのか全くわからない問題であってもいくつかパターンを試せば、そこに何の意味があるのかは分からないが明確にこうだと言えるパターンが見いだせる。そういうただの無意味論理パズルを解ける人間は、「無意味であっても論理的に筋が通ること」を好みすぎるんだ。

価値がある事」よりも「論理的である」という事を好む、と表現したほうがいいだろうか。確かに筋が通っているというのはとても良い事だ。それ自体にも意味があるし価値がある。だけど、時には論理的であろうとしすぎてハッキリと明確な答えを出そうとしてばかりいるよりも、多少の決め打ちや曖昧さを残してでも答えを出したと言い張ってしまった方が物事価値のある方向に進むことも多いんだ。そこの見極めが苦手すぎると人生はうまくいかない。

たとえば、会話をすること自体大事なのに、相手の返答に完璧な答えを返そうとしてやたらと悩んでしまって会話の空気を硬直させてしまう、とかな。そういうところだぞ。

自覚して直していけ。

まとめ:

IQテストは高いがなんか人生がうまくいかないって奴は論理的であることに拘りすぎてるんだ。

論理的であること」は良いことではあるが、世の中には他にも「良いと評価できるような要素」は沢山有る。理屈が通ってることをまず第一に考えるのは別にいいが、「論理的でないことはその時点で駄目だ」なんて考えると選択肢が狭まって、結果として辛いカードを選ぶしか無い状況を増やすぞ。理屈が多少捻れてようが、物の見方曖昧すぎるように感じようが、ある種の不条理を覚えようが、それらを許せるようになると選べるカードがぐっと増えて、人生がかなりやりやすくなる。俺が言えるのはそれだけ。


お前のおかげで俺も久しぶりにこういう事を考えることが出来た。俺自身の頭がお前のおかげで整理されたってことだ。感謝

『話を聞けない』という拷問

私、発達障害持ちの二十代女。

最近まで事業所で働いていた。

私には、人の話を聞いても内容を瞬時に忘れる、または歪曲して理解してしまう症状がある。

最後まで話をちゃんと聞いてるはずなのに、言葉の一つ一つを全く覚えられない。

或いは自分解釈した話と相手の話が全く異なっていた。

それゆえ、相手の言った通りに作業しても「違う」と職員に言われて止められる。

そして、

「ちゃんと話を聞きましょうね」

と必ずと言っていいほど言われる。

話を聞く対策として、説明を受ける時はメモを取っている。

しかし今度はメモに書いた話の内容が理解できず、

「ちゃんと話を理解してください」

と言われる。

しんどくなって、

どうしようもなくなって、

「もうあなたの話を聞きたくありません! 話聞けないしわからないし無理ですっ!」

と言って逃げてしまう。

話を聞けない、理解できない私が悪い。

逆ギレなのはわかってる。

甘えなのはわかってる。

でも、

「ちゃんと話を聞きましょうね」

「ちゃんと話を理解しましょうね」

というこの言葉は、私にとっては「死ね」以上に残酷言葉なんだ。

この言葉を聞くと、心がぼろぼろになっちゃうんだ。

精神的な、『拷問』です。

からその言葉を言われて傷つかないために、私は「もうあなたの話を聞きたくありません!」と心を閉ざして自己防衛せざるを得ない。

毎度毎度このことの連続で、職員も疲れきっているのはわかっている。

事業所だけではなく、小中高大でも、友人にも、家族にも、何度も何度も同じことを言われてきた。

どうやら、人類との会話は私には不可能のようである

正直、もう人と関わりたくない。

誰とも話したくない。

ありとあらゆる話を理解したくない。

だって誰かと話しても話をすぐ忘れる、理解できない、そして「ちゃんと話を聞きましょうね」「ちゃんと話を理解しましょうね」という大嫌いな言葉を言われてストレスが溜まる。

だったらずっと孤独がいい。

他人と一切関わらない、話さな人生を送りたい。

……といいつつ現在は無事就職して、メモはがっつり取って、わからなかったら何度も聞くようにしている。

その成果ゆえか、今のところ上記つの嫌な言葉は受けていない。

離婚して5年経った話

離婚して5年経った。子供は元妻の元に親権があり、生きがいだった子供とも満足に遊べなくなった。ただ、子供と会えなくなったわけではないので、子供と元妻の家から車で30分ぐらいの狭いマンション住まいをしている。ご飯を作ったり家事をしたりすることは嫌ではないし、そこそこ上手に作ることはできていると思う。ただ、偏食は増えてしまい太ってきたのは確か(笑)

離婚という作業結婚よりも心理的負担がかかる。ひたすら穴を掘っては埋めているだけの毎日だった気がする。離婚直後は、人付き合いも嫌になり、仕事に夢中になっていたけれども、身近な友人たちは色々と気遣いをしてくれるのがとてもありがたく感じてもいた。5年という時間も心の傷をだんだん癒してくれた。

1年ほど前、とあるまり東京であったのだが、その時に同じぐらいの年齢の、やはりバツイチ女性と知り合った。その集まり食事をしたりした時には、とても楽しく時間を過ごすことができた。この女性自分必要な人だなと思ったのだけど、子供のこともあるし、50を過ぎてるいいオヤジが他の女性とおつきあいをするなんてのは夢にも思っていなかった。ただ、数ヶ月に一度程度、一緒に食事をしたりお酒を飲んで、ひたすらみんなと話をするのが楽しかった。

気になっている女性だったので、先日上京した時に思い切って彼女を誘い二人だけで食事をした。そんなおしゃれなところではなく単なる居酒屋。でも、とても楽しかった。彼女もとても楽しんでくれた。仕事の都合で上京することが多いので、その後も彼女食事をしたりお酒を飲んだりした。彼女も私にとても興味を持ってくれていることがわかった。

50歳の男は告白した。なんだかおつきあいできることになったみたいだ。これからどうなるかわからないけど、お互い一度は結婚に失敗している身なので、焦らずおつきあいができればいいね、という話をしている。子供高校生になる頃には再婚できればいいなと思う。

チャックからおしっこが出来ない。

子供の時、公衆トイレトイレしているおじさんはみんなチャックからおしっこしてたので自分大人になったらチャックからおしっこするようになるのかなぁ..と思ってたが、大人になった今でもチャックからおしっこすることが出来ずに微妙に悩んでいる。

サイズもそんなに大きいわけではなく、もっと大きいであろうおじさん達はみんな簡単そうにチャックから出しているのだが、自分はそれが中々出来ない。で、なんとかチャックから出せて用をたすことが出来ても、今度はそれをチャックから元に戻す作業がこれまた上手くいかない。急いで入れようとすると、金具とかに引っかかってものすごく痛い思いをしたし、モタモタしてると残り尿の雫がパンツやらズボンやらに付いて汚くなる。

なんでこんなに難しい作業を早くトイレに行かなきゃ、という焦る気持ちを抱えながらいとも簡単にやってのけるおっさん達を見てると、一体いつそのスキルを身につけたのか?不思議に思う。

自分ベルトを外してズボンを下ろすスタイルで用を足すので、連れションに誘われたときとかは自分けが時間もかかる違う方法おしっこしていることがなんか恥ずかしく感じてしまう。

こんなコンプレックス抱えている人、他にいないのかなぁ?

正直、可愛い服買うのも化粧するのも髪巻くのもストッキング履いてヒール履くのもこっちは好きでやってるので、イヤイヤやってる女は無理せず降りて欲しい。

すっぴんジーンズで農作業でもしててほしい。

お前らがやる気ないくせに男社会から得てるメリットをこっちに全部よこせって思う。

上司に褒められて嬉しい彼

今、何度かお出かけしたりして、

おつき合いするか?しないか?どうなんだ???お??

状態男性がいる。

 

その人と昨日、居酒屋でご飯を食べていて、

「今年いちばんしかたこと」という話題を振ったのね。

そしたら彼が「上司に褒められたこと」と話していて、とてもハッとなった。

 

私にとって、上司に褒められたり認められるっていうのは、

社会人になってもおう8年ぐらい経つけど、すごく当たり前化していた。

有り難いことに、私はアルバイトからスタートして、

身の丈に合った状態で働いて、それが段々と評価されてスキルアップして……

という階段をかなり順調に上ってきたので、

社会人になってから私はずっと上司に褒められたり評価され続けてきていた。

 

私にとって、上司クライアント感謝されるのは、

(それをテーマ必死で働いていたこともあるけど)とても日常的なこと。

から、「今年いちばん」に上げられてすごくビックリして、

同時に、彼の好感度がすごく上がった。

  

「そうか!褒められるってすごいことなんだ!」

と、感謝されるということの素晴らしさを改めて考えるきっかけになったし、

単純に、この年上の彼のことを「かわいい!」と思った。

 

聞けば、彼は今はスーツで働いているけど、

以前は田舎にいて、現場系の仕事地元工場期間限定社員で働くことが主流だったらしい。

 

らくだけど、流れ作業単純作業が多かったんじゃないかな。

こなす仕事が多かったのかもしれないし、上司と話す機会も少なかったのかもしれないし、

個々の能力評価されることも少なかったのかもしれない。

そこは憶測の域を出ないし、そういう場がダメだとも思わないけど、

彼にとって、今の職場はとても“自分にとって最高の喜びを与えてくれる”場所なんだろうなと思った。

そういう場を自分の力で見つけられたのは、とても素敵なことだと思う。

 

仕事で扱う案件規模や予算が大きい分、

私の方が、収入自己承認欲求が満たされる度合いは高いかもしれない。

 

見方によっては、彼は「私より年収が少なくてキャリアも低い彼」になってしまうんだろう。

それは、ネットなどでは男性の減点対象として語られたりもしているけど、

私は彼の話を聞いてそんな風には思わなかったし、

しろ、彼がお金を稼ぐより、「嬉しい」と感じることの方が

人生を豊かにする上でよほど大事だと思う。

あくま一般的収入があるからこそ言えるのかもしれないけど。

 

彼のたった一言で、すごく大事なことを学ばせてもらったなぁ、

と思ったし、価値観ひとつポンと増えた感じ。

この彼から、これからどんな「ハッ!」が得られるのだろうとワクワクした。

 

なんていうか、上手く言えないけど、年収仕事内容だけじゃないよね。

どうやって、告白しようかな。

anond:20170929233057

地域会合とかで他人の会話見てると本当に意味のない会話してるよ。

今日は晴れですね・晴れでよかったですね・昨日は曇りだったよね・昨日だったら作業できなかったですね・明日も晴れみたいですよ・明日も晴れですか・2日連続ですね・晴れが続くわけですか・・・

なんてレベルのやりとりを延々やってる。

俺も雑談が超苦手だからたまに観察してるけど、顔見知りだけどお互い興味がない場合はこんな感じで済ませてるみたい。

気が合う相手だともうちょっと込み入った会話してるけど、気が合うんだから雑談に困ることはないし。

除染作業員に草むしりをさせたニュース

地元土建屋の娘婿が社長をやってる土建屋の子会社で働いたことがあって、昔のエピソード聞くと土建屋権力者ぶりがすごかったな。

従業員を、会社業務関係ない奉仕作業みたいのに駆り出す武勇伝みたいの、ゴロゴロあるの。

社長の家(土建屋会長の家)におじゃましたことがあるけど、豪邸で庭に会長銅像がたってるし。

除染作業員土建屋役員実家の草むしりに使ったってニュースとか見ると、業務関係ない私用で社員を働かすとか未だにやっていて、除染作業員もいつもと同じ感覚で働かせちゃったんだろうなって印象。

2017-12-11

[]12月12日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり(具は忘れた)、ホットドック

○夕食:ご飯、卵、納豆減塩野菜たっぷり味噌汁フリーズドライ)、大根水菜サラダ

○間食:チーズサプリメントマルチビタミンミネラル)二粒

調子

はややー。

月曜日しんどいですね。

お仕事今日中に絶対やらないといけないことだけ済ませて、前倒し作業とか明日してもいい仕事とかは何もしなかった。

最近、そういう裁量が出来るようになってるから、だいぶ楽かも。

なんにしても、東京出張憂鬱だ。

iPhone

コマスター

キートレボは開けた。

ちなみに、このキートレボは開けたってのは、勝ちで3P、負けで1Pたまるポイントを10Pためたって意味です。

まあ、このゲーム、連敗すると超弱いCPUマッチングするので、あまり勝ち負けの数に意味はないんですけど。

3DS

ポケとる

メインニャース周回。

なんか妙に運が良くて、500稼ぎが何回も成功できた。

●XboxOne

デッドライジング3

インストールしただけ。

というのも、昨日インストールした気でいたんだけど、DLCインストールできてなかったので。

anond:20171211051319

ストレス貯めたくないからE-2で止めたけど、ランキング大湊鯖で8000くらい。

サーバー20台で同様と考えれば16万人。

オワコン言われる割にまだまだ人は多いと感じる。

でも運ゲー要素が羅針盤交戦形態だけはねーよ。

E-2ですらワンパン大破とカスダメ連発でイライラしたよ。

やり込み派は増田の楽しみ方でいいんだろうけど、ヌルゲーマーには時間を大量に食う上に確実でもない選択肢なんて無いのと同じ。

逆にアズールレーンは同じ戦力で出撃すれば大体同じ結果になるので、勝てなきゃレベル上げるだけだし、ストレス要素は低い。

(金改造図のドロップストレス運ゲーだけど)

ただ淡々とした作業になりやすい感もある。

艦これみたいに「今回もダメか…と思ったところで大井っちがカットイン撃破!」みたいなテンション上がる展開はアズレンにはないな。

あと佐渡を脱がしに行ってて思ったけど、中破絵がないのはアズレンの大きな欠点やね。

立ち絵が既にエロいはいえ、やっぱり恥じらいが大事なんだよなあ。

愚痴雑談という知的作業について

https://anond.hatelabo.jp/20171211180403

そうだろうね。自宅で検証環境構築したりとか。そういうことする人は殆ど日本はいなくなってしまったんだろうね。

多分事務作業で済むような仕事殆どなんだろうな。

コンタクトレンズクーポン配り

3時間ぐらい前から新宿ドトールの窓際のカウンターでずっと作業している.

店に入ったときから,人の往来に向かって笑顔を絶やさずにコンタクトレンズクーポンを配っている女性がいて,やるせなくなった.

なぜ彼女は,笑顔を絶やさずにいられるのか.

なぜ無視されることが分かっていながら,手を差し出せるのか.

俺だったら無理だ.

彼女はいくら貰ってこの仕事をこなしているのだろうか.

彼女風邪を引かないだろうか.

マッチ売りの少女を思い出した.

これが現代だ.

anond:20171211140504

もう大分からデスクトップを所有していない。

理由簡単で「パソコンのところに言って作業をする」のが億劫になった。

その辺で適当にやりたい。だからノート理由はそれだけ。

特に不満も不便も感じてない。お察しの通りクリエイティブなことをやらないから

資本主義の中の共産主義

組織の都合の良い日に組織に組み込まれ組織の都合で作業を割り当てられる。同じ作業をする経験年数が同じ者は、能力の優劣に関わらずチームワークというお題目で同じ報酬が支払われる。

そして、上層に昇れるかどうかは、どの派閥に属しているかが大きく影響する。

って考えると会社ってかなりの共産主義だよね。

anond:20171211140504

ノートのいいところは、モニタが近いってことなんだよ。

他人にみられにくく、他の作業をこっそりやりやすい。

男の娘と話してたら無性に腹立った

先日、男の娘をやってますという人と話す機会があった。異性装についてきちんと考えたことはなかったけど個人自由は誰にも侵害されてはいけないし社会から受け入れられて当然であるべきと思ってきた。

彼は性自認男性であって恋愛対象女性、でも女装ではなく自分表現する為に女性恰好をしているのだと、難しい話はよくわからず流していたけど、おおまかにはそんな話をしていた。

最初はなんとも思っていなかったけど、話してるうちに腹が立ってきた。

そもそも聞いてもいないのに自分アイデンティティについて強烈にアピールしてくることにまずうんざりして、会話から彼の「チヤホヤされたい」って気持ちがこれでもかってくらい伝わってきたことにうんざりした。

女子より女子っぽいとよく言われる」とか「化粧品が詳し過ぎてしょっちゅう女の子から教えてくれってせがまれる」とか「先週男にナンパされて男だって言っても信じてくれなかった」「男でもいいから付き合ってくれ理想の女なんだって告白された」とか。

そんな話を続けながら、婉曲に着ている服を褒めてほしがってきたり、こちらに褒められることを望んでいるのが端々から伝わってくる。

正直、女子として褒めてもらいたいならまず自分が目の前の人間を褒めろよ。自分だけチヤホヤされたがるトークは女同士なら敬遠されるんだよ。

こちから見ると容姿も平凡な男性女装してるようにしか見えないから、脳内美少女化してそうなその自己愛もきつい。

つうか都合よく女使うなよ。大多数の女にとって毎日の化粧は作業化してるし身だしなみも社会人の最低限のマナーみたいな社会的要請の面が強い。腕毛すね毛腋毛顔の産毛の処理も普通の女なら当たり前とされている。

様々な制約のなかで生きてるのに、その苦労も何も味わうことなく上澄みだけ模倣して、自己実現自己顕示欲に利用されたくないわ。

黒人文化の魅力的なものだけを都合よく取り入れる白人に対して、黒人が表明する嫌悪感と似てるのかもしれない。文化の盗用にも近い。

男性社会形成した女性的なものを「休日だけ身に着けて解放された気持ちになる」とかよくのたまえるな。ふざけんな。

追記 18:02

端的に言えば「チヤホヤされたい」「非日常を味わいたい」"ためだけの理由"で、女性文化を都合よく利用し盗用することを、歴史的女性支配し隷属させてきた側の性、にいる人間にやられることが不快なんです。

追記 20:33

これが相手が同性ならばめんどくさい人くらいで腹立つほどのことにはならない。

女性文化を「男性」が、チヤホヤされたいみたいな承認欲求を満たすためだったり、自分問題からの「逃げ場」として軽々しく使ってたことが、今現在社会から暗黙のルールの下で何重にも制約を課せられながら生きている女性馬鹿にしてる行為と同じだとしか思えないってだけなんです。

音声アシスタンスSiriに追いつけるのか

追いついてもまだ使わない人がいっぱいいるって状態だが

使ってないにしてもSiri凄さは分かる

あそこまでバリエーションを用意して「音声アシスト」として成立させられるだろうか

中々泥臭い作業になりそうだ

発達障害と一括りにしちゃうけど

文章の断片を強く捉えてしまって全体像を見ていない

自分の言いたい事を言うだけで相手に何を伝えたいのか意識してない

・新しい作業が増えると今までやってた作業の質が下がる

こういう人々はチームワークが必要作業には向いてないから、農業とかモノ作り系の職人とか1から10まで全部自分作業する職業に就いて欲しいわ。

職場にこういう人が居るんだけど全部フォローしきれないし、フォローしてでも本人にやらせ続けるのが良いのか、ちょっと疑問。

何というか相性の悪いエリアレベル上げをしているように見えて、もうちょっとコスパの良い狩場を探した方が良いのでは?と言いたくなる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん