「現場」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現場とは

2017-11-18

コンビニ弁当から野菜が無くなってつらい

物価がどんどん上がっていく。

僕は現場仕事なので、コンビニ食事をとることが多かった。

コンビニサンドイッチの具財が偏るようになったとき、私は悲しかった。

ごまかしを隠して商売するようになったんだなって思った。隠れた値上げだった。

コンビニ弁当から野菜が無くなったとき、私は悲しかった。

抱き合わせサラダを買わないと、野菜がとれなくなった。大きな値上げだった。

日本って、貧しくなったなぁと思った。

コンビニの陳列棚からがぶ飲みミルクコーヒーが消えた。

お茶ペットボトルが小さくなり、100円のおにぎりが消えた。

今、僕は朝パスタを茹でる。

茹でたパスタサラダ油をかけて混ぜると昼も食べられる。

少しだけど野菜も育ててる。

あぁ、僕は嬉しいよ。

インフレって素晴らしい、何もかも自分でやれってことなんだね。

僕は少しだけ健康になった。

アニメーターが稼げないのは絵が下手だからだという「正論」はなぜ間違っているか

アニメーターが十分な報酬を得られないと嘆くのに対し、

「それはお前の画力が足りないからだ」と返すのは、残念ながら同業のアニメーターからもよく聞こえる意見でもある。

かに、絵の報酬が絵のうまさによって決まるというのは、普通に考えれば理にかなっているように見える。


ただ結論から言ってしまうと、アニメーターが描いているのは、「絵ではない」のだ。

彼らが描いている、いや、作っているのは映像作品の「素材」であって、

その機能をはたしていれば、絵のうまい下手に関係なく対価が支払われるべきなのである

そして実際、アニメーター仕事には、枚数単位カット単位での出来高報酬が払われており、

絵として出来のいいものがあがったからと言って、高いお金が払われているわけではないのだ。

しかしながら当のアニメーターから画力報酬を結びつけるような意見が出るのは、

飽くまで絵描きでありたいという彼ら自身プライドから出てきてしま意見であって、

こういった勘違いを改めないと、まず業務環境改善への現場レベルでの意識共有すらできないというのが現状なのだ

化粧が濃い人を直視できない

人の目を見て話しましょう、とはよく言うけれど、

化粧が濃い人に対してなかなかそれができない。

なんだかものすごくソワソワしてしまう。

化粧が濃い

濃い化粧をして取り繕いたい何かがあるのでは?

もし直視してそれに気づいてしまったら、せっかく頑張って隠してるのに申し訳ない…

という意識が働いてるような気がしてる。

たとえば、かわいいきぐるみの中からおっさんが出てくるのを見たくないでしょ?

からそういう現場に出くわすような場所には近寄らない。そんな感じ。

考え過ぎ?

2017-11-17

ホテルデジタルマーケティングはやめておけ。

ホテルデジタルマーケティングはやめておけ。

以下、理由

デジタルマーケティング重要性を理解していない

ホテル経営陣、現場スタッフなど、デジタルマーケティング重要性を理解していない。

今の世の中、どんな業界でも何か調べるときにはスマホPCで調べるのが当たり前。

そこを理解していない。

もちろん、そういう人たちに重要性を説いていくのも仕事ひとつ

でも、大変。

予算が少ない

宿泊の予約やレストランの予約など、じゃらんだったり一休などのオンライン予約が主流なのは自明

売上の大部分をデジタルで稼いでいるくせに、デジタルにかける予算雀の涙

他業種のデジタル担当の話を聞いていると、悲しくなってくる。

給料が低い

ホテル業界自体がそんなに給料の高い業界ではないこともあり、給料は低い。

同じデジタルマーケティング業務を別の業界でやっていれば、はるかに高い給料をもらえる。

待遇が悪い

これもホテル業界あるあるだが、休日が少ない。

全般的福利厚生は他の業界にくらべてあまり良くない。

系列ホテル無料または安価宿泊できたり、レストランでの食事割引などあるが、そこに魅力を感じるなら別。

人間関係がひどい

ソムリエ田崎真也氏は、著書の中で『セクショナリズムがひどいので、ホテルソムリエにはなりたくなかった』ということを書いている。

まさにこれ。

仕事必要な他部署情報を入手するのも難しいし、部署によっては情報がまったくもらえなかったり。

2017-11-16

anond:20171116194441

失敗は今でも現場では続いてるんだよ。

のろのろでもちょっとずつは開発は進んじゃうから

twitterでは好きなこと書けなかった

よく燃えている現場を見るので、何か作品批判したり苦言を呈したりするとき伏字で書いていたり、主語を持たせずに書いていた。

結局その書き方は誤解を招いてフォロワー不安にさせると言われてしまったので主語を書くようにした。

元よりフォロワーがそんなにいないのであまり気にすることなく書けはするが、何か意図しない形で火がついてしまったらどうしようという思いが常に襲うようになった。

twitterでは常に炎上を恐れて書きたいことを書けなくなってしまった。

そもそも好きなことを書くし嫌な人は見なければいい、の精神で書いていただけに、愚痴アカウントとか裏アカウントを作るのもあまり好きではない。

ほしい情報は今やtwitterにあふれていて、自分で何かを調べるよりタイムラインに流れてくる情報を追う方が手っ取り早くて楽になっているのにも関わらず、書くことができない。参加ができない。

本名所在地も出していないつもりである。顔を合わせたことのある人間フォローすることもあまりない。なのになぜこんなに息苦しいのか。

事故現場に花や100円要冷蔵ものパックジュース添えるとか

写真現場アパート近くには被害者への花や飲み物などが供えられていた=11日午前11時45分、神奈川県座間市

ペットボトルホームレスが持ち帰るとしてもゴミを置いて行ってるだけなのでは?

明るい物語でなければ観劇を楽しむことは出来ないのか?

先日ジャニオタな友人と会ったときに、彼女推しが出ているというジャニーズ舞台の話を聞いた

友人も一度、観劇したらしく感想も話してくれたけど「題材が戦争から、楽しむために現場に入りたい自分には合わなかった」らしい

それを聞いて題名のように疑問に思った

自分観劇経験もほぼなく舞台関係に詳しいわけでもないが、明るいストーリーのものを観ることだけが「楽しむ」ことではないと思う

なので明るい物語じゃないから楽しむことが出来なかったと取れる友人の感想不思議でならない

暗くシリアスな内容でも、どんな展開になるかドキドキしながら観るような引き込まれストーリーのものだったら……

観劇twitterなどに書いたり人に話したりする感想に楽しかったという言葉は出ないかもしれないけど観劇を楽しむことは出来るのでは?

演目中の推しの演技で好きな部分を見つけるつもりで観るのは楽しむことにはならないのか?

anond:20171116081203

メンヘラがせっせと貯めたカネの重みを甘く見ない方がいい現場からは以上になります

2017-11-15

anond:20170906211054

ファンミに行っていた弟から連絡がありました。彼女とは別れるそうです。今度詳しい話を聞かせてもらうついでにハイローの新作を見に行くことになりました。現場からは以上です。

社会と同じでほぼ派遣請負日雇いだとほぼ現場人間から見れば匿名であることをいいことにストレス解消のために罵詈雑言を吐くだけの奴にこきつかわれて体調を崩してはいからね。(役に立ち過ぎのクズ扱いきっつい)

やっぱ面接って人柄だけ見とけばいいな

そもそも技術学力がない奴は前もって落とすとしてさ。

人柄と言っても「昔こんなすげー事してよー」とかモリモリする感じじゃなくて、実際に配属される課の人間とちゃんと会話できるかって部分でな。

そういう意味ではインターンとかがやっぱいいな。

どうやっても人にやり方聞かなきゃいけない課題を与えて、ちゃんと質問できるか、技術的な会話はどの程度成立したか技術関係のない会話はできていたかとかみたいね

でもそれやるには時間がねえわ。

理想論で終わっちまう。

中小企業に入るために2週間かけて面接させてくれなんてこっちも言えないし、そんな余力が現場にもないしな。

いわゆる独裁政治って効率そんなによくないよねって話

記事がどっかに流れてしまって、大したことを言ってないので探すのも面倒なのでこのまま書くけども、

民主主義より独裁のほうが効率よくないか、という話の反論というか徒然なる雑感です

 

まず基本的に、会社国家だと、会社経営者経営が失敗したら倒産して社員失業して、

それはそれで大変なんだけど失業保険とか再就職とかそこそこ逃げ道があるんですが、

国家が破たんすると会社と違って逃げられないという問題があります

日本語なんて日本しか通じないですし、今どきはどの国も難民に冷たくて排斥されます逃げられないですね

まり会社経営失敗してもしょうがないけど、国家運営失敗しちゃいけない

国の運営に参加してる人(国民)は、そういう「絶対に引けない戦い」をやってる

 

つぎに、経営政治がやってみて上手くいくかどうかは、究極的には「わからない」です

一部の例外を除いで正解なんかないので、特定事業に全リソースを注ぎ込むようなカッコイイことをやって

上手くいくかどうかは時の運というのは、会社はやっていいけど国家はやっちゃまずいです

 

つぎに、その一部の例外である「必ず正解する政治」ですが、

後進国先進国の真似をして追っかけるてのがありまして

先進国イギリスとかが成功したのはアメリカ大陸インドアリカを筆頭に超絶に搾取しまくったからですが、

そのあとを追いかける国が真似しまくったのが啓蒙専制君主とか重工業に集中投資とかそういうやつで、

今どきだと、いわゆる開発独裁ですよね。ソ連の五か年計画みたいのも入れちゃっていいと思うけど、

工業とか何もないところに工業を導入したら上手くいくというのが開発独裁の言い分ですけど、

しばらくすると高成長でごまかしてたのが成長が落ちて、取り分の配分で意見が分かれるようになって

正解のない政治世界に逆戻りしま

日本明治から戦後高度成長期自民党一党政治でずーっと開発独裁と呼んで差支えない状態でしたが、

80年代セカイイチ経済になったあたりで正解のない政治と向き合うようになり、それで政策失敗して今に至ります

 

さて、話の方向をちょっと変えまして、国会の話し合いとか時間無駄だよねって件ですが、

議会政治がないと、もっと効率が悪くなります

選挙自分たち意見を表明する人を出して話し合いをするわけですが、あれで大事なのは合意形成なんですよね

政治って、「あれはやらない、これはやる」というイエスノーもありますけど、

「あれもこれもやらないといけないけど、どこから順番に手をつけようか」ということをやりまして

橋をかけるのが先か、保育園を建てるのが先か、優先順位をつける

もちろん、最終的には全部やるということで、それぞれの現場議会の結果を持ち帰って、

「後で橋をかける順番になったので、先に保育園を作るのを協力してくれ」と、選んでくれた支持者に合意を説得する

みんなが「自分意思で協力する」体制を作るための議会なんです

 

これが議会がないとどうなるかというと、合意してない人にやらさないといけなくなる

自発的にやる気がある人だったら、自分で動いてくれると期待できます

けど、やらされてると感じてる人だったら、隙を見て自分の都合でサボります

サボる奴は監視して管理すればいいだろう、と思うかもしれないけど、そうすると、管理費がかかります

人間自分の面倒もろくに見きれないのに、他人の全部を監視できるわけがない

管理って大変なんです

 

会社だって、人数が増えると少人数の頃に比べて管理費が膨大に膨らみます

IT革命って「管理費がちょう安くなるよ」って話だったはずなんですが

現状、総トータルの管理費あんまし変わらん感じでして、むしろ増えてたりもしまして

大企業で10万人単位かそこらの管理で大変なのに、日本国場合、億ですよ億

 

1億の人間監視して管理して効率よく動かそうと考えた場合コストって、どれだけかかるか見当もつきません

警察官をどれだけ増やせばいいのか。警察官監視する内部監査職をどれだけ用意すればいいのか

かといって、管理しきれないからと放置して、みんなが好き勝手に動いたら、効率よくなるわけがない

 

独裁とか専制とか、管理費用がかかりすぎる仕組みを高成長率が期待できない状態でやったら、管理コスト国家が縮小してくしかない

地下資源取り放題とか植民地搾取とか奴隷狩りとか、そういう美味しい搾取が出来るなら話は別です

独裁体制軍事増強して韓国中国に攻め込んで奴隷労働者を確保できるとかね

今は乱世だ、朝鮮半島を再植民地化して搾取しようとか、そういうビジョンがある人が独裁を唱えるなら、それはそれでアリかと思ったりしま

そうじゃないと現実的じゃないと思います

それが不可能というなら、国内コスト負担するしかないので、つまり国民負担がかなり重くなります

 

最初の話に戻りまして、なにが正解かわからない現状の政治に参加する(参加させられる)にあたり

管理費を軽減するための合意形成のための議会って大事だと思います

anond:20171115111209

中学とき同級生ワイドショーとかが食いつくような殺人事件被害者になったとき

出歯亀的な感覚報道を見て「あー今こんな顔してるんだ、もう死んでるけど」とか

「あー現場ここかー、こんなとこにコンビニできたのかー」とか思ったりしてたし

今も殺人事件の話になったときなんかに神妙な顔して

「僕も中学時代同級生被害者になったことがあって」なんて世間話ネタにしている

当時からただの同級生特に友人ってわけでもなかったから実際にはなんとも思ってないけど

俺がクズなのはおいといてもまぁそんなもんだよ

実名報道がなければ俺みたいなクズ同級生には情報リーチしなかったと思うと

やっぱりマスコミグダグダ言い訳してんのは聞く耳つべきじゃないね

2017-11-14

アレなブログの結びコレクション

・おわりに

・みなさんいかがでしたか

最後まで読んでいただいてありがとうございます

・いじょう!

・おわり!

追記 11/15 20時まで

こちらからは以上です

・わっしょい!

・ご清聴ありがとうございました!

・あとで追記していきます

・よろしかったらポチッとお願いします!

とっぴんぱらりんのぷう

現場からは以上です。

・私だけでしょうか?

じゃあの

釣りでした

とっぴんぱらりんのぷう

・ともあれカルタゴは滅ぶべきである

ではでは。

こんなものかな。それでは

アナルパーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール

2017-11-13

2017年11月13日の日記

若返り好きなのは方針から、良し悪しはいいとして、ベテラン差し置いて、

経験の若手マネージャばかりになると何がおきるのか想像できないのは、情けない。

ベテラン冷遇されるのをまじかでみている若手が、どんどん白けてくる。

何か問題が起きれば、現場担当者のせいって会話をマネージャ間だけで、こそこそ

やってるけど、そういう会話って、漏れ伝わってくる。

自分で何も判断できないから、必ず、どこかの誰かが悪いって論調に、わかてと呼ばれるマネージャ

発言すると、あ~って、白けてしま感情人間から止められない。

そして人事は、年上の部下とのコミュニケーション研修を、(たぶん)外部コンサルに高い金払って

泥縄対応。そんな金払う余裕があるなら、ベテランマネージャに昇格させたらって思うけど。

古来、組織を若手で形成するのは、滅び行く組織苦し紛れに行うって歴史を知らないのか。

辻元清美安倍首相そっくりすぎて胸糞悪い

これは完全な誤報です。他社の記者たちが「記事にするなら、本人に事実確認した方がいいのでないか」と口々に言ったそうですが、私や事務所確認はありませんでした。

  

http://www.kiyomi.gr.jp/blog/13766/

辻元清美発言報道するとき、いちいち辻元本人に取材する必要はない。信頼できる情報元を取材し、辻元の該当発言があったという裏取りができれば、事実として報道するには十分なのだ

  

例えば過去に、安倍首相の「撃ち方やめ」発言が紛糾したことがある。このとき問題となった答弁は、2014年10月30日衆議院予算委員会におけるものだ。

安倍首相(以下、安倍):今日朝日新聞ですかね。「撃ち方止め」と私が言ったと。そういう報道がありました。これは捏造です。

 ※議場から笑い声

朝日新聞安倍政権を倒すことを社是としている」と。かつて主筆がしゃべったと。こういうことでございますが、これはブリーフをした萩生議員に聞いていただければ明らかでありまして、私に確認すれば、すぐわかることです。私が言ったかどうか。親しい朝日新聞記者がいるんですから。一回も残念ながら問い合わせがないまま、私が言ってもいない発言が出ているので、大変驚いたところでございます

  

http://blogos.com/article/97651/

朝日新聞安倍首相が「撃ち方やめ」発言をしたと報じ、民主党枝野幸男国会でその真偽を首相に問いただした。首相本人はこれを朝日新聞による「捏造」だと否認した。

安倍首相の答弁は、朝日新聞自分のところへ取材に来ていない、だから発言朝日新聞捏造報道であるというものだった。しかし実際は朝日新聞以外のマスコミ各社がそろって「撃ち方やめ」発言を報じていたことで、安倍首相のこの国会答弁は野党から非難されることになる。

  

どうやらマスコミ各社の取材源は萩生田光一議員であり、各社はそこからの伝聞に基づいて報道していたらしい。首相側近である萩生田が安倍と面会し、その直後に「撃ち方やめ」を首相発言として記者に伝えたのだとすれば、これは信頼に足る情報だ。マスコミ各社がこれを事実という扱いで報道することに問題はない。

しかし、結局この「撃ち方やめ」発言があったか無かったか事実ウヤムヤになってしまった。首相が該当発言する現場を見ていた記者はおらず、首相本人はこの発言否認し続けたかである。こうなると必然的に、萩生田がうっかり馬鹿ミスをして、安倍首相が語っていない発言をさも存在たかのように記者に伝えたということになる。

安倍首相がこの筋書きを採用した以上、萩生田には腹を切らせるのが道理だが、とくに厳しい処分はなく、萩生田が陳謝するだけという形で事態収束した。

  

私はこのときの苦々しい記憶があるので、今回の件で辻元清美を許せずにいる。本人のところに直接取材にこい、さもなければ産経新聞デマだぞという恫喝は、安倍首相2014年にやったことと同じなのである

しかも「飲み会自粛令」は産経以外のメディア東京新聞がほぼ同じ内容を報じているのであって、これも2014年出来事かぶっている。「撃ち方やめ」発言ときは、マスコミ各社がそろって同じ内容を報じる中、なぜか朝日新聞記事けが捏造」呼ばわりされてバッシングを受けた。今回の産経新聞東京新聞と足並みを揃えているにもかかわらず、なぜか産経新聞の方だけがバッシングを受ける状況になってしまっている。

  

参考:https://anond.hatelabo.jp/20171112203032

どこにでもある、ただの世間話

おととい金曜から実家母が、肺炎で2週間の緊急入院してしまった。

最初はただの風邪かと思い耳鼻科へ行ったら、いつまでも熱が下がらず、たまたま通院予約を入れてた別のかかりつけ総合病院で、肺炎と診断されてそのまま入院、という流れ。

報せを聞いた金曜からずっと、自分んとこの家事用事をこなしつつ、実家家事と父の世話を、姉弟相談して役割分担してたら、週末があっという間に終わってしまった。自分実家の水回り家事担当として、明日から自宅仕事の合間に見舞いもしつつ、1-2日おきで実家洗濯掃除をすることになった。

実家の父は、自分では家のことを絶対に何もしない、やらない、全てを母に任せっきりの、昔気質典型的昭和偏屈男で、母の作った料理しか食べない、でも母が倒れても看病すら一切しない、定期的に服用しないといけない薬は全部母に管理させている……といった具合で、むしろ入院中の母の世話よりも、家でテレビを鳴らしてる置物化した父の世話のほうが壮絶で大変そうだ。おまけにいま、我が家は全員風邪気味ぽくてヤバい。もうこれ以上倒れられない。これ書き終えたらハチミツ湯飲んで通院する。

母が倒れて寝込んでも「大丈夫か?」の一言もなかったという父のことを、もう面倒見なくてもいい、もし母がいなくなったら施設に入って、とすら思ってしまった。とはいえ、どちらも自分たち子どもら3人を育ててくれた大切な両親なので、しっかり役割分担して、母が戻ってきても家の中がめちゃくちゃになってると落胆しないように、これから2週間、母の退院後もしっかりサポートしたいと考えてる。

しかしこれ……一時的ものはいえ、たとえば両親の介護を家庭&仕事を両立してる家のひとなどは、本当に想像以上の負担を抱えながら、壮絶な日常生活を送っているのか、と身をもって痛感してる。うちは実家姉弟も近くで仲は良いので何とか乗り切れそうだが、実家が遠かったり兄弟間の仲が良くなかったり一人っ子のひとなどは、それぞれケースも異なりだいぶしんどそう。父的には、自分らの世話は子どもに全部面倒見てもらって当然、の考えはこんな事態になっても到底変わらないらしく、このたびよい反面教師となってくれた。

先のことなど正直わからんけども、どんな家族構成であっても、老後や万が一の自分のことは自分で面倒を見れるよう、今のうちから考え方やイメージプランだけでも漠然と持ってたほうが良さそうだよねーと。現場からは以上です。あと喉の痛みにはハチミツ湯、最高です。

シンゴジラエヴァ踊る大捜査線

あいうの何ていうんだろう

 

情報を追えないくらいいっぱい出す

作戦がある

群像劇的に人がワチャワチャ動いてる

組織指揮系統、細かい作業描写コミュニケーションかにこだわる

・司令室と現場みたいな構図がある

会議描写がある

 

こういうの好きなんだけど、あまりやらないよね

ジャンルとして確立されている感じはしない

そもそも一般受けはそこまでしない気がする、おっさんが好きそう

断片的に似ているのはある

 

ジャンルとして確立したらそれなりに面白そうなんだけど、大変なのか

 

___

 

グランドホテル方式、そう言えば前調べたな

でもちょっと違う気がするな

撮り方の部分?

群集劇・群像劇でも、撮影する際の主と従があって、主がコロコロ変わるの多いと思うんだけど

シンゴジみたいなのって、下手すりゃ1シーンに従しかいないみたいなのあるよね

もしくは「主は視聴者が感じ取れ」みたいな、そういうシーンを数秒毎に切り替えて、全体として何か大きな出来事が起こってる感じを出す

 

そう言えばアメリカ映画でも、例えば飛行機が不時着した!みたいなシーンでワチャワチャ感を出すためにああい手法になるケースがあると思う

でもシンゴジみたいに、ほとんどずっとそれみたいな作品は知らない

 

パトレイバー友人にも勧められたわ、アレを庵野が参考にしたんだっけ?(違うっけ?)

2017-11-12

骨髄移植の話

骨髄移植話題になっている。

ボランティア骨髄バンク経由で骨髄を提供したドナーさん

https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

過去に別のドナーさんから提供された骨髄を移植したレシピエントさん

https://anond.hatelabo.jp/20171110205203

どちらも普通に生活をしていると全く知り得ない出来事で、マンガドラマの中によくある「ドナーさえ見つかれば万事解決」的な描かれ方とは程遠い、圧倒的で重くて細かい現実が良くわかる。

いい機会なのでここで骨髄移植について書いておこうと思う。

まず移植というと腎臓移植とかを思い浮かべるだろうし、コメントにもちらほら手術とあるから誤解を受けやすいのだが、骨髄移植に限っては、手術はしない。

ドナーが見つかったら移植日を設定し、そこに合わせて致死量を超える抗がん剤放射線移植処置)により、レシピエントの免疫を完全にゼロに持ち込む。これは一旦Goとなったら止めることはできない。

そしていよいよその日、day0に移植となる。移植自体はむしろ輸血に近い。血管から提供された幹細胞を輸注するのだ。そして生着を待つ。

ここで幹細胞が入れられないと当然レシピエントは死ぬ移植が受けられなければ、移植処置とは単なる殺人行為からだ。ドナー提供前に危険を伴う行為制限される理由はこのことに他ならない。

ただし、やはりドナーにおける負担は現状、相当重い。自身健康を損なう危険がある上、仕事を休んで検査をし、入院して痛みを伴う処置に耐えなければならない。

また、レシピエント側の問題として、ドナーの上記の準備を待つ時間がない、ということもある。その間、少なくともがん細胞コントロールし続けなくてはならないのだ。

そういう意味骨髄バンク経由の移植というのは最もハードルが高い。

そこで、骨髄のマッチングに関して様々な対策がとられている。

まず知名度もあり、利用も多いのが臍帯血バンクだ。出産ときに廃棄される臍帯血を保管し、移植使用するものだ。骨髄バンクとは違い、もともと捨てるものを保管管理するだけなのでドナー側の負担はほぼゼロだ。(出産前に提供意思表示をするくらい。)

問題点としたら、得られる造血幹細胞が限られており、レシピエントの体格が良いと足りない場合がある、再発した場合効果が期待できるドナーリンパ球輸注が使えない、臍帯血を採取できる施設が限られており、なおかつ出産はいつ何時始まるかわからないため、週末や年末年始など、採取できないケースが結構ある、などだろう。

次にハプロ移植だ。

骨髄移植白血球の型(HLA)が全て合うことが望ましいが、これが一致するのが非血縁者間(骨髄バンク)だと一万分の一以下である

この合致率を下げて、血縁者をドナーとしようではないか、というのがハプロ移植である血縁だけあって、兄弟なら50%の確率で、親子ならほぼだいたいドナーになることが可能である。縁もゆかりもない他人のためにドナーになるのは負担が大きいが、兄弟子どもであればどうだろう。しかも、抗がん剤放射線で叩ききれない残存がん細胞に対する抗腫瘍効果も高いと言われている。

こう書くとまるで夢の治療だが、実際行われているのは日本でも数施設である。なぜか。移植をするということは、他人免疫細胞を招き入れ、定着させるということである。そして、免疫細胞役割とは、自己でないもの攻撃することである

移植された免疫細胞にとって、レシピエントの身体は非自己しかないため、当然攻撃対象となる。これが移植片対宿主病(GVHD)だ。

プロ移植GVHD重症化しやすい。

消化管に出れば1日何リットル単位での下痢になるし、吐き気が出ることもある。皮膚がぼろぼろになったり、肝臓がやられる場合もある。

そして、何より問題なのが、GVHD有効な薬剤があまり市販されていないことだ。免疫反応がその実態であるので、免疫抑制剤が主力になる。当然、移植から全身性の免疫抑制剤は綿密な血中濃度コントロールを行いながら投与されるのだが、強力な免疫抑制感染と表裏一体だ。局所GVHD 制圧のためにはその場所にさえ薬が届けば十分なのだが、なかなかそういう薬はないのだ。

ではどうするか。

作るのだ、病院で。

この、2017年日本において、薬剤師が、カプセルに、手動で粉薬を、つめている!

また、健康な人の腸内細菌移植する、と言えば聞こえは良いがその実態ちょっとここでは書けないような、そんな治療医師が自ら犠牲犠牲?)になって行われていたりもする。

骨髄移植、それもハプロ移植となれば最先端医療であるしかし、最先端であるが故、市場規模が小さすぎ、まだまだ製薬会社を始めとする企業が手を出しにくい状況であり、医療スタッフ手弁当で補わなければならない部分も多々あることは記しておきたい。

レシピエントの方が書いていた、骨髄移植が生きるか死ぬかぐるぐるポン!というのは確かにその通りであるが、移植後の生存率とQ O Lを少しでも上げるために、現場はいろいろ、本当にいろいろ、試行錯誤を重ねている。

ほとんどの人は関係ない話だとは思うが、現場からは以上です。

anond:20171021213832

意外と知らいないヤツ多いんだな?

はてなウォッチャーのおれが解説してやる

 ↓から順番読んでけ

うさぎたんは炎上商法で期待の新星ブロガーとして人気になった。

ハルサンが現れて人気になる、この時にうさぎたんは言及記事をそっこーで書いてる。嫉妬Lv

ハルサンドンドン人気になる。嫉妬Lv

うさぎたんnote言及記事を書く。嫉妬Lv3 嫉妬ゲージ頂点に達す

うさぎたんのアクセス奈落におちる。(だって炎上記事しか書けないから)


うさぎたんからハルサン嫉妬嫌がらせプレイボォオオオォオル!!!!!!

うさぎたんブコメツイッター嫉妬コメントを連発ぅううううwwwwwwwwww

一応遠回しに言ってた気配感あったけど無理ぃぃい露骨うぅううwwwwwww

見てるコッチが嫉妬してんなって赤面しちまった

         (↑すでに削除逃走済みみたい

さらハルサンへのかまって&嫌がらせ言及記事連続で発射ゴーズオォオオン!!!

(3連続?)うさぎたん嫉妬ブチギレマジファッかぁああああああやwwwwwwwやりすぎだよwwwwwwwxuuuuuuうさんんtwwwwwww

⑥このあたりでハルサンがキレる。ツイッター上でケンカになる。

周りはアぜんwwwwwwwwwぽかああああん でも大体のブロガー事情を把握

うさぎたん しらんやってない の一点張り~~~

しかし同じくうさぎたんに嫌がらせを受けていた大物(笑が援護射撃ゴーズオォオオン

ヒトデ「うさぎはずっと嫌がらせしてたよ?これまでよく我慢したわ」キリリッ

日頃から有名ブロガー嫉妬して嫌がらせしまくってたからしゃーない嫌われ者のSADAMEだけどだけど周りの味方に被害者ヅラしてハルオが悪いと言い張るうさぎたんそれにすっかり騙される炎上ブロガー友達 

⑦売名目的でキヨネコというユウチュウバー登場

うさぎたんが嫌がらせしまくってたのに、まんまと騙されている可能性がある

真相現場からはいじょうで~~~~~~す

2017-11-11

中小企業倒産の瞬間

昨日人生於いて中々出くわす事の無い現場に遭遇した。

後の自分がこの事をどう感じるのか、この件踏まえてどう行動したのか、確認したい為にココに残します。

自分個人事業から最近法人成りした会社経営者従業員も少し抱えている。

今年になって付き合いだしたお客さんの支払いが先月2週間遅れた。

電話による簡単な督促で回収出来た、気にはなったがこのタイミングでこうなるとは正直思わなかった。

今月も遅れるのが嫌なので1週間前から連絡を入れていたが、一度も連絡が取れなかった。

お客さんの従業員からこれから会社に来るらしいとの連絡を内緒で貰った、他にも数件に連絡してた。

今月は直接会ってお願いと約束しようと思い急いで会社に出向いたら、憔悴しきった社長さんとイキりたっている同じ目的業者さんが居た。

その方は自分が来る事を知って居て、社長さんが逃げ無いように、軟禁してくれていた。

自分が入ると電話をしながら出ていった。

社長さんと名刺交換しようとすると、アル中かと思うほど両手が震えていた。

席について落ち着いて話し始めたが、いきなり冒頭で「ウチは倒産します、破産します」と言われた。

従業員にもさっき伝えたとの事。

支払いをいついつまで待って欲しいとかのすり合わせと思っていたので一瞬思考停止した。

暫く考えているといきなり頭の中で色々な辻褄が合い始めて不思議と納得してしまった。

外にいる従業員の様子やこれまでのフラグの数々。

何故か分からないがこの時は自分ミスだと思った。数百万の不良債権となってしまった、何故だかやってしまったと思った。

暫くしてなぜなぜタイム突入する、根掘り葉掘り色々な事を聞き出した。

自分経営者の端くれとして聴いてて同情してしまう事も有った。

でも最後まで聞いた所でようやく怒り的な感情が沸いて来た、そのタイミングで先程の業者さんが戻って来て、話に割り込み社長を怒鳴りつけ出した。

まりの勢いに自分の怒りはスッカリ鎮火して、むしろ理不尽物言いに同情していた。

気持ちは分かるがこの状況では感情に任せて怒鳴りつけても何もならないなと何故か冷静になっていた。

話が終わり残っていた従業員さんから出来る限り情報収集した。外注先としては20社ほど焦げ付いた、その中で自分は2番目に知る事になったようだ。

帰りの車内で、コレばかりはどうしようもないなと言う感情と、何とかして少しでも回収しなきゃと言う思いと、いち経営者として自分が向こう側になったら等考えて考えが纏まらなかった。

整理する為、幹部社員電話して事の顛末説明しながら自分の頭を整理した。

横の繋がりのある関係業者にも連絡を入れて、週明けに皆で再度押し掛ける事になった。

この先に何が待って居るのかわかってるようでホントに起こるのか実感が沸かない不思議な感じた。

来週どんな感じになるんだろ、、、

追記

反応頂き有難う御座います、色んな考え等あり参考になります

諦めてはいないのですが、顧問税理士さん等に相談したりしても何人かの方が仰る通り破産管財人の介入から動くしか無いのかなと感じていました。

ウチの仕事は無形物を納品してるので、納品物を押える等が出来ません。

知合の商社さん等には土日に部品等回収しといた方が良いですよと連絡してあります

明日朝イチで客先に何人かの債権者さまと行きます。出来るだけ情報を集め実行可能作戦模索しすぐに行動に移したいと思います

自分の記録として残したいので最後までココに書き込みます

現場経営陣叩きってすげー滑稽なんだが

 

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん