「イラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イラとは

2018-04-24

anond:20180424134128

イラっちが見たとき修正はされてなかったな~

機械オンチ

パソコンが苦手な人にイラつくときそいつがその操作をできないことに対してイラついてるんじゃなく、まず設定画面を開いてみたりググったりしてみないことに対してイラついているのだ

anond:20180424082940

主旨はずれるけど、期待や期待度の意味期待値って書いてるやつ見るとイラっとする。

2018-04-23

anond:20180423223041

お疲れ様。おばあちゃんは脳がバグってるからしょうがない。

イラつくのはごく自然なことだし、別に増田は最低ではない。

ところで、認知症介護についての情報収集はしているかな?

ご両親がネットに明るくないようだったら、増田が調べた方がいいかもしれない。

できれば介護初心者向けの紙書籍を買ってみんなで見て、今後の事を話し合うといいと思います

穏やかな心で接したいのにできない

先週から祖母との同居生活が始まったけれど毎日イライラしてしまう。

診察はまだ受けていないけれど、おそらく祖母認知症だ。

まだ動けるし、日常生活は一応一人でできている。けれど同じ事を何度も繰り返し言い、その日あった出来事は思い出せない事が多い。定位置にあったはずの物がないから、使ったのかどうか聞いても、祖母首をかしげながらその物の定位置に行って探し始める。使ったかどうかの返事は当然無い。そしてこちらが言ったことはまずほとんど覚えていない。

それらの症状は認知症のせいであ祖母責任ではないと分かっている。怒るべきではないはずなのに、祖母が何度も同じ事を言い、しかこちらの質問には答えることができずにいると、つい声を荒げてしまう。

受容する気持ちにたどり着ける気がしない。でもこのままでは祖母を傷つけてしまうだけだからどうにかしたい。

まずはイライラしないようにする。そのためにはもう祖母には質問しないでおこうと思う。質問したことに対して答えが返ってこないのが原因の一つだから

祖母の同じ話についてはまだうまい対処法が分からない。なんか慣れた人でも五回も聞くとストレスになるから、それ以降はやんわり指摘してもいい、みたいな記事をみたけれど、無理。五回どころか二回目でイラッとしてしまうし、相槌すら打ちたくない。

しかもこれについては同じ話を繰り返されるというだけでなく、祖母価値観や考え方が自分のそれと合ってなくて苛立ってしまう面もある。あー、でもこれ祖母のせいなんかじゃなくて、私が勝手自分の思い通りにならなくて怒ってるだけじゃないか

祖母認知症のせいにして、自分自己中な性質を認めたくなかっただけだ。

最低。

「うしろ敵きてるよ」とか「砲撃来るよ」とかあれすごいイラッとくる

最近知り合った戦友と今日任務に出かけたんだけど、向かい合って話してた時に「あ、死ぬよ」と後ろから来てる弾丸の道をあけるよう手で私をどかそうとしたり、「後ろきてるよ」「危ない」とか、マジイライラした。しかもなんか急かすの。

「ほらほら」とか。

もう二度と一緒に戦いたくないけど命令には逆らえない。つらい。

なんでイライラするかわかんないんだけど、同じ人いる?そんなもん?

anond:20180421230402

孫と出かけた時に似たようなことを言われる

一本道なのに数メートル先で「こっちだよ~」「おいで~」とか言ってくる

イラっとはしないがなんか恥ずかしい

anond:20180421165423

コンビニとか駅売店で自分の前の客がもたもた現金やりとりしてるの見ると軽くイラッとするし、そいつがサイフから一万円札出してるのが見えると舌打ちしたくなる。

ただ、いちいちレシート受け取って印字を見ないとPASMO残高が確認できないセブンイレブンレジ、あれはダメだ。

2018-04-22

anond:20180421230402

イラっとするのすごくわかる

まあ100パー自分が悪いんで黙るしかないんだけどさ

anond:20180422130034

別にみんな周りが見えてるから増田反論してるんではなくて、

増田イラっとくる気持ち理解できる(共感はできない)としても、

自分勝手なふるまいが他人迷惑をかけていることを理解しようとしない愚かさと

それをたしなめてくれた友人にすら配慮できない幼稚さがとがめられてるわけ

anond:20180422115027

英語手紙メールきた時にベース日本語にあったと思われる「日頃よりご愛顧」「時下ますます」「お世話に」「何卒」まで訳してる奴見るとすげーイラつくわ。いらんて。そういうのやめてこうや

ポリコレフェミ垢が凶暴過ぎて怖い

スケジュールから消えてる夫がこんな感じでいるのかと思うとイラッとどころか殺意が湧く」

人間のクズ。道端のウンコにも劣る。」

「「女を武器にしてる」と叩く事が何かの反論だと思ってる奴は地獄に落ちろ。」

女性記者当人セクハラが嫌だと上司に訴え、取材対象にもやめろと伝えてるのに一絡げに「鉄砲玉」呼ばわりするクズ。」

死ねしか。」

「最低最悪国家日本

反吐がでる」

美人局とか言っているクソ野郎へ」

低能先生並の語彙で対象罵倒でもいつもスターそこそこ集めてて怖い。

主張が「社会的に正し」かったとしても、罵倒中傷ヘイトスピーチと違うのだろうか。

anond:20180422085433

普通大人

自分がなぜイラついてるか」自分分析できるから

それは無いかなー

からない奴の方が多いだろうと思う

anond:20180421230402

上から目線子供扱いされてる感じがするな

増田が悪いかどうかは判断出来ないけど

普通大人

自分がなぜイラついてるか」自分分析できるから

それができない増田子供なのは間違いないだろう

anond:20180421230402

子供扱いされていると感じるからじゃないか

アドラー心理学的に考えたら、後ろから人が来ているのをあっさり伝えるのはいいけれど、それを知ってからどうするかは君が決めること。君が決めることに踏み込んできて、急かしてくるからイラッとするんじゃないか

2018-04-21

「うしろ人きてるよ」とか「車来るよ」とかあれすごいイラッとくる

最近知り合ったクラスメイト今日遊びに出かけたんだけど、向かい合って話してた時に「あ、邪魔だよ」と後ろから来てる人の道をあけるよう手で私をどかそうとしたり、「後ろきてるよ」「危ない」とか、マジイライラした。しかもなんか急かすの。

「ほらほら」とか。

もう二度と一緒に出かけないわ。

なんでイライラするかわかんないんだけど、同じ人いる?そんなもん?

質問に答えたのに、「それはわかっているんですけどー」って答えるヤツ

最近自分イラっとした人。

相手がわからないことがあるから質問してきて、

質問に対してこちらが答えたのに、

いつもこの回答をする。

質問漠然としていて、「~~がわからないんですけどどうなっているんですかねー」

って言う風に聞いてくる。

あいまい質問するから

どうしてもはじめから、もしくは概要だけを答えることになってしまって、

回答すると

「それは~」っていつも言われる。

すげーイラっとする。


どこまでわかっているかきちんと説明してから

からないところだけを聞けよ。

何様?

っていうかググレカスって言いたい。こういうやつほんと消えてほしい。

2018-04-20

映画サイトってみづらい

スタッフが知りたいと思ってみにいってもメニューになく

しろ全然いらない日本語吹き替えキャスト情報メニューにあってイラッとする

洋画観に行く人ってそんなに日本語キャスト気になるの?ならないよね?

http://pacificrim.jp/

anond:20180420163603

神奈川県民、現東京住みなんだけど

どういわれても土地関係ではイラッと来ないんだけど…

能力開発系サイトで、解答を間違えて"次は頑張ろう!"て出たらモニターを叩き割りそうになるくらいイラつく。

相手意図はなくても、励まし系の言葉は全て煽りに聞こえる

2018-04-19

職場無能な男の愚痴

仕事ができる男でも、嫁とかって言うのか?

私のイメージでは、仕事ができない(空気が読めない)男が嫁とかって表現を使う。

いたことはないけど、仕事ができるけど男尊女卑エリートサラリーマンとかは家内とかって呼んでそう。

普通人間は奥さん呼び、そういうイメージ

今の職場で、誰がどう見ても仕事できなくて周りに迷惑かけまくり(でも終身雇用から首にならない、無能首にならないシステム、ふざけてるわ)な問題ありの男が、「嫁」とか「ご主人」とかって、時代錯誤呼び方をしてて、うざい。イライラする。

そういう人間の特徴として、声がでかい、話が長い、だから、離れていても電話口の相手や同僚との会話で、そういった差別的表現をしているのが聞こえてくる。

上の世代(40代以上)は、主人だとか嫁だとか、気持ち悪い呼び方をする人間が多いから、イラつく。

世代の違い、女が男に養ってもらわないと生きられなかった時代人間たちだから、男も女も、そういった呼び方に抵抗がないのかもしれないけど、主人とかって言ってお前は奴隷か、と思ったり、家に女と書いて嫁という家制度時代の名残みたいな言葉で妻への敬意がない言葉、よく使えるな…と思う私からすると、そういう世代感覚理解できない。気持ち悪い。

そして、無能だったり劣等感が強い男ほど嫁って呼称を使うからその男への嫌悪感も相まって、さらに、その呼称が嫌いになる。

仕事ができて女性を見下していない、上の世代にしては珍しい男性は妻と呼んでいたけど、大多数の上の世代は奥さんと呼ぶ、それが一番無難なんだろう。

嫁呼びは無能(今の時代女性男性待遇差がない職場コンプライアンスにもうるさいのに、その呼び方をするのは、空気が読めなさすぎる)や劣等感象徴になるし、妻呼びは珍しくて目立つから嫌…ということで、無難に、奥さん呼びなのかな、と。

奥さんって呼称も嫌いだけど、さんとかついてても、奥っていうのが、差別的

夫と妻でいいじゃないか旦那とか主人とか、相手経済的依存や隷属してることの証明みたいな呼び方や、嫁や奥さんや家内とかって、家と結びつけた呼び方、対等じゃなさすぎて、気持ち悪い。

そんな、無能だったり劣等感が強い男が3人ぐらい同時にいた時期もあったけど、今はまだそいつ1人なのが、マシといえばマシだけど、うざい。

あそこまでテンプレ通りな仕事できない人間っているんだな、って。

・見た目が不潔

・机が散らかっている

喫煙者臭い

・声が大きい

・周りを巻き込む

・どうでもいい話を長々している(端的に話せない

・周りに迷惑をかけていることに無自覚

・俺ってすごいアピールが多い

・周りに迷惑をかけているのに偉そう

・なんでも上司に聞く、頼る

などなど、ここまでテンプレ通りな無能がいるんだ、と、驚きではある。

どこかのサイトで見た、仕事ができない人間の特徴、そのまんま当てはまっていた。

どの組織にも、そういった、どうしようもない人間がいるんだろうけど、終身雇用じゃなかったらとっくにクビになってるだろ。

昔は誰でも望めば正社員になれて、終身雇用で守られるのが当たり前だったから、無能への風当たりは強くなかったのかもしれないけど、今、なりたくても正社員になれない人間が多い時代に、無能にも関わらず時代恩恵(その仕事の倍率が低い時代新卒だったんだろう)で能力以上の収入を得ている人間を見ると、理不尽さに腹が立つ。

非正規能力更新の可否が決まるのに、正社員なら能力関係なくいつまでも雇用されるとか、どう考えてもおかしいだろ…

正社員は守られすぎ、そのかわりに、異動や残業があるけど、もっと簡単にクビにできるけど納得のいかない異動や残業拒否できる、正社員権利義務も少ない働き方が当たり前になればいい。

今、正社員非正規より権利が恵まれてて、そのかわり、重い義務が課せられてて、場合によっては過労死とかもありえるわけで、それより、権利義務も少ない、縛りが少ない働き方が一般的になればいいのに、と。

自分の両親は離婚してるんだけど、今の御時世両親が離婚してるだなんて「あ~、あるある」くらいの話だと思うから別に悲観してるとかいう訳じゃない。

一方で友人の家はいまどきそんな家あるのかっていうくらい両親の仲がいい。話を聞いていて凄いなと思うくらいに仲がいい。

そういう話を聞いていて普段はいいね、と素直に思えてたんだけど、ここ最近仕事バタバタと忙しく、心身に余裕が持ててなかったからか「両親が~」という仲よしエピソードをきいてイラっとしてしまった。

イラっとしてしまった自分大分失望したんだけど、幾ら余裕がないとはいイライラしてしまったという事は前々から心のどこかで少しでも羨ましいだとかい嫉妬の念を抱いていたのか?と思った。

それが何だかショックだ。

anond:20180419124914

常につまらないやつだからイラッとするんでしょ?

お前意外には普通対応なんだろ。ならどうにもならん。

トイレットペーパー10cm残すとか、ふざけんな

最近妙にイラつく。

新学期電車が混んでいるからか。生理か。

まぁどちらも関係ないんだけど妙にイラついて仕方が無い。

かいことだけど、イラついて仕方が無いんだ。

★家

トイレットペーパーを10cmだけ残して交換しない

トイレットペーパーを芯だけ残して交換しない

・洗面台でヒゲを剃り、散らばった毛を掃除しない(洗面台毛だらけ)

冷蔵庫半開き放置する

・お風呂に入るときタオパンパ用意しないと怒る

・聞こえなくて1回聞き返しただけで「あぁ?チッ」とキレる

★外

・人の目に触れるところでイチャイチャすんな。目に毒吐き気するわ。

 (見目麗しいカップルだったとしても気持ち悪い。公開セック○してるようなもんだ気持ち悪い。)

電車で皆降りるのにタックルしてくる

 (皆降りるのにわざわざ押してくる奴なんなの?降りますオーラ皆出してるのに何なの?)

・我が物顔で歩道自転車で走るな

 (スピード出しすぎで歩道走るのマジでやめて欲しい)

自転車ベル鳴らすな

 (危険時のみにして)

・狭い道で譲ってあげたのに会釈すらしない

 (お前は何様だこの野郎

[] #54-7「誰も期待していない宗教裁判

この聖書基準に、教祖はどんどんニセ教祖を追い詰めていく。

ニセ教祖聖書を手に対抗する。

「えーと あ 我々がやっていた免罪符ランダム性についてですが 第12項によると『賭博にあたる行為を推奨していない』と書かれています なので禁止もしていない と解釈することもでき」

生活教の七戒の一つ、『営利を介した宗教活動を禁ずる』。是非が明記されていないものについては、生活教の基本信条と七戒を参考にします」

だけど、どうもニセ教祖は話についていけてない。

俺たちと同じで、聖書をマトモに読んでいなかったっぽいな。

「え それって矛盾しませんか どうして こんな曖昧表現にするんですか」

賭博抵触するもの全面的禁止すると、娯楽だったり、保険などに入ることすら広義的にはダメだとなってしまうからです。それは心身の健全さや、生活における安寧を、かえって損なうことになります


その後も応酬が続く。

あ、このあたりのやり取りは話の構成上、読み飛ばしても何ら支障はないぜ。

有償であることについてもそうですが、免罪符の中に“転生”という概念を持ち込んでいるのも看過できません。生活教は、原則として“今”を重視した体系であり、確証のない未来約束するものではないからです」

ちょっと待って 生活教は死生観について言及していない これは否定もしていないってことで 輪廻転生解釈次第では」

肯定否定もしていないものについては、基本信条と七戒を柱に考えます

「えー では 死生観については えー」

生活教の時間概念は、基本“今”とそれに直接繋がる“身近な未来”を重視しています免罪符は、そのどちらでもないですよね」

「でも 保険否定しないということは 遠い未来保証についても 否定していないのでは」

「それは“今”を生きる糧に繋がるという、可能性を考慮した場合においては、です。もし、あなた免罪符無料であるか、輪廻転生が何らかの補償約束するものであるなら話は別ですが」

「うーん うーん」

「どちらも満たせていませんよね? あなたのやり方は、確証のない未来担保にして“今”を搾取している。明らかな教義違反です」

ニセ教祖は手元の聖書現在進行形で読みつつ弁明する。

だけど、付け焼刃ではどうにもならず、教祖に「都合のよい解釈だ」と論破され続けている。

「更に、あなた免罪符販売の際、『主の降臨日』だとか『主の生誕日』記念だと言っていましたが、これもおかしい」

「え いや あるじゃないですか 世間でも期間限定の催しは 多少の開きは認められているはず それに生誕日や降臨日といったもの解釈が分かれ」

「そうじゃなくて。そもそも生活教に“主”といったもの存在しません。生活教は体系そのもの信仰しているため、神の存在を認めこそすれ、崇拝しているわけではないですし」

え、そうなの?

宗教って、大抵そういうのに祈ってるイメージなんだけど。

「え、そうなんすか?」

「そういえば、現象について説明するとき、いつも精霊がどうとかって言ってた気がする……」

信者のカジマとタイナイも、知らなかったらしい。

「まあ教祖が言ってるんだから、そうなんだろう。どっちでもいいよ」

仮にも信者名乗ってるのに、そんな反応でいいのか。


…………

こうして十数分に及ぶ応酬は終わった。

パッと見、教祖側が一方的だった形だけど、俺たちの目線では違っていた。

自治体教義を知らないから是非を判断できなかった。

そこで、傍聴していた信者投票によって判決を下すことになったんだけど、信者たちも判断できなかったんだ。

教義がどうのこうの言われても、その場で理解している人間教祖しかいなかったってわけ。

馴染みのないスポーツ観戦の、解説を聞かされているような状態だ。

みんな、大体の雰囲気で観ていた。

「んー、免罪符を売ってた人がニワカだったのは明らかだし、有罪確定っぽいよね」

「話の流れとしては、そうなんだけど、何か普通の展開過ぎて面白みに欠けない?」

生活教の信者たちは、面白半分で入信しているから、当然この期に及んでも「面白さ優先」だ。

司法国家なんて知ったことではない世界で、道理なんてもの判断基準にはならない。

そのせいで形勢は、変な方向に傾きつつあった。

「でもなあ、オイラあの免罪符にかなり金使っちゃったから、擁護したくないんだよなあ」

だけど、ここでカジマが何気なく放った言葉が、信者たちに新しい風を送り込んだ。

「……ん? 待てよ。あいつが有罪になったら、返してもらえるんじゃないか免罪符に出したお金

その可能性に気づいた信者たちは、いきり立った。

万札つぎ込んだカジマはまだ分かるけど、小銭しか出していない他の人たちまで賛同している。

みんな、自分たちで金をドブに捨てたって認識はあるけど、実のところ後悔も未練もタラタラだったんだ。

汚水まみれになってまで拾いたくないはないが、労せず拾えるなら話は別ってことか。

投票の結果、満場一致で『有罪』となりました。免罪符を売っていた者は、自治体に引き渡された後、個人的制裁を受けます

「こ 個人的制裁って なに」

みんなが、その結果に拍手をしている。

俺も同じ穴のムジナだけど、さすがについていけない。

何はともあれ、生活教の危機は去った、ってことかな。

こうして、誰も期待していない宗教裁判の幕が閉じた。


…………

これで、めでたしめでたし

……でもよかったんだけど、この話には続きがある。

なんとニセ教祖が別の宗教を立ち上げ、活動継続させたんだ。

「おい、教祖。いいのかよ、あんなことさせといて」

生活教ではない以上、私が介入できる範疇を超えています生活教は他の宗教ダメはいいませんし、改宗は迫れませんよ」

教祖他人事になった途端、こんな調子だ。

釈然としねえ。

やっぱり宗教って、くっだらねえと改めて思った。

でも、くっだらねえものほど、俺はなぜか面白がりたいのかも……とも思った。

(おわり)
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん