「都知事選」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 都知事選とは

2018-06-13

新潟県知事選で花角新知事陣営デマ攻撃! 選対幹部が「文春砲池田候補下半身スキャンダル」と嘘を拡散 http://lite-ra.com/2018/06/post-4064.html @litera_webさんから

新潟県知事選は激戦の末、自公推薦の元国交官僚の花角英世氏が野党5党推薦の池田千賀子元県議らを破って初当選を果たした。しかしその裏で、花角陣営は勝つためにはなりふり構わぬ選挙戦を展開、公職選挙法違反の疑いさえ浮上しかねない事態が起こっていた。

 その"実行犯”は、花角氏の支援団体県民信頼度ナンバーワンの県政を実現する会」の長谷川克弥・代表代行投開票日の4日前の6月6日自民党支部が三條市で開いた緊急議員会議記者を前に、「(週刊)文春」(文藝春秋)が池田氏の下半身話の記事選挙後に出すというデマ情報を流し、翌7日の地元紙・三條新聞が「文春が選挙後にまたの話も」と銘打って次のように報道したのだ。

「実現する会の長谷川代表代行は情勢を交えながら支援要請。(中略)『(相手候補のことで)文春が選挙後に出るようだ。また、下半身の話だ。そんなことになったら、また選挙になるではないか』など、危機感や不満をぶちまけるように話し、『花角さんをぜひ新潟県知事にして頂きたい』と重ねて求めた」

 この記事は、つまり池田氏の下半身スキャンダル記事選挙後に掲載される。花角陣営ナンバー2の長谷川代表代行は、その“極秘情報”を知りうる立場にあり、だからこそ池田当選後の再選挙リスクを避けるために花角氏支持を訴えた」と読める。しかも「自民党の選対会議で花角選対幹部記者の前で発言した内容がウソのはずがない」と誰もが考えるだろう。

 しか長谷川氏の発言は、事実無根デマだった。池田氏の選挙事務所に問い合わせると、「文春から下半身ネタに関する事実関係の問い合わせはない」と答え、文春関係者も「企画会議でそんなネタは通っていないし、記者も動いていない」と記事掲載の予定を否定した。そもそも「文春が選挙後に出す」ということ自体も奇妙千万な話で、報道関係者の多くはその信憑性を疑っていた。

 2016年都知事選落選した鳥越俊太郎氏のスキャンダル報道を見ても分かるように、メディア事実関係に自信を持った場合選挙期間中であっても記事を出す。有権者への判断材料提供にもなるし、公職選挙法違反にもならないからだ。

 公選法ではあくまで虚偽(ウソ)の情報選挙期間中に流すことが禁じられているだけであって、投票行動に影響を与える内容であっても事実であれば罰せられることはない。しかし、選挙期間中にデマ(虚偽情報)を流布すれば、選挙違反となる。長谷川氏が、辞任に追い込まれ米山隆一知事女性問題記事を出した「(週刊)文春」の名前を出して「下半身の話だ」と断定、選挙後の掲載と再選挙リスク示唆すれば、少なからぬ人が「事実」と信じ込んで花角氏支持(投票)へと傾く要因になる可能性は免れない。

 公職選挙法には「当選を得させない目的をもって公職候補者又は公職候補者となろうとする者に関し虚偽の事項を公にし、又は事実をゆがめて公にした者」に対して4年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処するとある。選対幹部長谷川氏は、この公職選挙法違反に該当する可能性すらあるのだ。

 投開票日(10日)の22時すぎ、筆者は当確が出て万歳を終えた花角氏の囲み取材で、三條新聞記事を示しながら「長谷川代表代行が『文春(の記事)に相手候補下半身ネタが出る』ということを話して三條新聞にも報道されているが、これは虚偽のデマを広める公職選挙法違反に当たると考えないのか」と聞くと、「(長谷川氏の発言掲載した)三條新聞は拝見していない。事実関係承知していない」と答えた。

 そこで「日大アメフト部のように『選挙違反をしても当選する』という考えですか」とも聞くと、花角氏は「選挙違反かどうかは分かりません。事実関係確認させてください」と調査約束した。

 また、同じホテル内の会場にいてテレビ局取材を終えた長谷川氏を直撃して「記者の前で話をしてデマが広まった。選挙違反ではないか」と問い質すと、「週刊文春から聞いた話ではなく、ネット上のツイッターに書かれていた噂を基に話した。噂を広めるつもりはなかった。僕の言葉をそのまま載せていない。三條新聞に抗議する」と答えた。

 しかし、選対会議報道陣に公開して記者が聞いている中で話をすれば、記事を読む人に広まる可能性があることは、誰が考えてもすぐに分かることだ。「広めるつもりはなかった」と長谷川氏が流布の意図否定しても、デマが広まる環境下で話をしたことは紛れもない事実なのだ

 池田候補誹謗中傷する事実無根デマは他にもあった。池田氏があたか過去に「拉致問題創作だ」と主張していたかのようなデマネット上で拡散されたのだ。

 〈「池田ちかこ 新潟知事候補北朝鮮拉致創作された事件』(1997年論文より)」〉

新潟知事選挙出馬した池田ちか子は1997年に「北朝鮮拉致創作された事件」と主張する論文を発表した「人間のクズである

〈「北朝鮮拉致創作された事件」なんて主張した論文月刊社会民主1997年7月号)まで出した社民党の #池田ちかこが新潟県知事になったら〉

 選挙戦が始まって以降、こんなデマツイート投稿されはじめ、右派系の評論家や元自民党衆議院議員なども拡散していた。

 しかし、池田氏はそんな論文は一切書いておらず、まったく別の人物が書いた記事の中に、そういう記述が出てくるだけだった。元拉致被害者家族会事務局長で元東電社員蓮池透氏も8日、池田支援集会でこれを否定し次のように訴えた。

「向こうの陣営をたぶん応援する人だと思うのですが、とんでもないデマフェイクを流しているのです。池田千賀子さんは『拉致問題創作だ』と言った、と。そんなバカなこと、誰が言うのですか。地元ですよ、池田さんは。旦那さんはうちの弟と同級生ですよ。そんなふざけたことを言うわけがないんです。これはもう私は、法的にも問題だと私は思います

 だが、このデマはその後も変わらず、投票日まで、あたか事実のように拡散され続けた。こちらは花角陣営が直接関わっているかどうかはわからないが、「法的にも問題」(蓮池氏)であることには変わりなく、場合によっては、同じく公職選挙法違反となる可能性は十分にあるだろう。

 そして、前述したように、“文春の下半身スキャンダルデマについては、知事ポストを得た花角陣営ナンバー2である選対幹部がかかわっていた。こうしたデマ攻撃が罰せられずに放置されるのならば、新潟県公職選挙法適用されない無法地帯と化していると言っても過言ではない。と同時に「法治国家」の屋台骨も揺るがすことにもなる。安倍自民党支援した候補選挙違反をしてもお咎めなしとなれば、権力者とその仲間たちの無法行為が免責される独裁国家に等しいといえるからだ。

 今回、新聞記事掲載された「選対幹部実名デマ発言」という動かぬ証拠がある。もしこれが立件されれば、長谷川逮捕や花角新知事辞任の事態もありうるだろう。「事実関係確認する」と当確直後に述べた花角氏の初会見は知事就任後の見通しだが、選対幹部選挙違反をどう釈明するのかが注目される。

横田 一,)

 

https://farm2.static.flickr.com/1746/27901011437_51e265ec5c.jpg

新潟県知事選で花角新知事陣営デマ攻撃! 選対幹部が「文春砲池田候補下半身スキャンダル」と嘘を拡散 http://lite-ra.com/2018/06/post-4064.html @litera_webさんから

新潟県知事選は激戦の末、自公推薦の元国交官僚の花角英世氏が野党5党推薦の池田千賀子元県議らを破って初当選を果たした。しかしその裏で、花角陣営は勝つためにはなりふり構わぬ選挙戦を展開、公職選挙法違反の疑いさえ浮上しかねない事態が起こっていた。

 その"実行犯”は、花角氏の支援団体県民信頼度ナンバーワンの県政を実現する会」の長谷川克弥・代表代行投開票日の4日前の6月6日自民党支部が三條市で開いた緊急議員会議記者を前に、「(週刊)文春」(文藝春秋)が池田氏の下半身話の記事選挙後に出すというデマ情報を流し、翌7日の地元紙・三條新聞が「文春が選挙後にまたの話も」と銘打って次のように報道したのだ。

「実現する会の長谷川代表代行は情勢を交えながら支援要請。(中略)『(相手候補のことで)文春が選挙後に出るようだ。また、下半身の話だ。そんなことになったら、また選挙になるではないか』など、危機感や不満をぶちまけるように話し、『花角さんをぜひ新潟県知事にして頂きたい』と重ねて求めた」

 この記事は、つまり池田氏の下半身スキャンダル記事選挙後に掲載される。花角陣営ナンバー2の長谷川代表代行は、その“極秘情報”を知りうる立場にあり、だからこそ池田当選後の再選挙リスクを避けるために花角氏支持を訴えた」と読める。しかも「自民党の選対会議で花角選対幹部記者の前で発言した内容がウソのはずがない」と誰もが考えるだろう。

 しか長谷川氏の発言は、事実無根デマだった。池田氏の選挙事務所に問い合わせると、「文春から下半身ネタに関する事実関係の問い合わせはない」と答え、文春関係者も「企画会議でそんなネタは通っていないし、記者も動いていない」と記事掲載の予定を否定した。そもそも「文春が選挙後に出す」ということ自体も奇妙千万な話で、報道関係者の多くはその信憑性を疑っていた。

 2016年都知事選落選した鳥越俊太郎氏のスキャンダル報道を見ても分かるように、メディア事実関係に自信を持った場合選挙期間中であっても記事を出す。有権者への判断材料提供にもなるし、公職選挙法違反にもならないからだ。

 公選法ではあくまで虚偽(ウソ)の情報選挙期間中に流すことが禁じられているだけであって、投票行動に影響を与える内容であっても事実であれば罰せられることはない。しかし、選挙期間中にデマ(虚偽情報)を流布すれば、選挙違反となる。長谷川氏が、辞任に追い込まれ米山隆一知事女性問題記事を出した「(週刊)文春」の名前を出して「下半身の話だ」と断定、選挙後の掲載と再選挙リスク示唆すれば、少なからぬ人が「事実」と信じ込んで花角氏支持(投票)へと傾く要因になる可能性は免れない。

 公職選挙法には「当選を得させない目的をもって公職候補者又は公職候補者となろうとする者に関し虚偽の事項を公にし、又は事実をゆがめて公にした者」に対して4年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処するとある。選対幹部長谷川氏は、この公職選挙法違反に該当する可能性すらあるのだ。

 投開票日(10日)の22時すぎ、筆者は当確が出て万歳を終えた花角氏の囲み取材で、三條新聞記事を示しながら「長谷川代表代行が『文春(の記事)に相手候補下半身ネタが出る』ということを話して三條新聞にも報道されているが、これは虚偽のデマを広める公職選挙法違反に当たると考えないのか」と聞くと、「(長谷川氏の発言掲載した)三條新聞は拝見していない。事実関係承知していない」と答えた。

 そこで「日大アメフト部のように『選挙違反をしても当選する』という考えですか」とも聞くと、花角氏は「選挙違反かどうかは分かりません。事実関係確認させてください」と調査約束した。

 また、同じホテル内の会場にいてテレビ局取材を終えた長谷川氏を直撃して「記者の前で話をしてデマが広まった。選挙違反ではないか」と問い質すと、「週刊文春から聞いた話ではなく、ネット上のツイッターに書かれていた噂を基に話した。噂を広めるつもりはなかった。僕の言葉をそのまま載せていない。三條新聞に抗議する」と答えた。

 しかし、選対会議報道陣に公開して記者が聞いている中で話をすれば、記事を読む人に広まる可能性があることは、誰が考えてもすぐに分かることだ。「広めるつもりはなかった」と長谷川氏が流布の意図否定しても、デマが広まる環境下で話をしたことは紛れもない事実なのだ

 池田候補誹謗中傷する事実無根デマは他にもあった。池田氏があたか過去に「拉致問題創作だ」と主張していたかのようなデマネット上で拡散されたのだ。

 〈「池田ちかこ 新潟知事候補北朝鮮拉致創作された事件』(1997年論文より)」〉

新潟知事選挙出馬した池田ちか子は1997年に「北朝鮮拉致創作された事件」と主張する論文を発表した「人間のクズである

〈「北朝鮮拉致創作された事件」なんて主張した論文月刊社会民主1997年7月号)まで出した社民党の #池田ちかこが新潟県知事になったら〉

 選挙戦が始まって以降、こんなデマツイート投稿されはじめ、右派系の評論家や元自民党衆議院議員なども拡散していた。

 しかし、池田氏はそんな論文は一切書いておらず、まったく別の人物が書いた記事の中に、そういう記述が出てくるだけだった。元拉致被害者家族会事務局長で元東電社員蓮池透氏も8日、池田支援集会でこれを否定し次のように訴えた。

「向こうの陣営をたぶん応援する人だと思うのですが、とんでもないデマフェイクを流しているのです。池田千賀子さんは『拉致問題創作だ』と言った、と。そんなバカなこと、誰が言うのですか。地元ですよ、池田さんは。旦那さんはうちの弟と同級生ですよ。そんなふざけたことを言うわけがないんです。これはもう私は、法的にも問題だと私は思います

 だが、このデマはその後も変わらず、投票日まで、あたか事実のように拡散され続けた。こちらは花角陣営が直接関わっているかどうかはわからないが、「法的にも問題」(蓮池氏)であることには変わりなく、場合によっては、同じく公職選挙法違反となる可能性は十分にあるだろう。

 そして、前述したように、“文春の下半身スキャンダルデマについては、知事ポストを得た花角陣営ナンバー2である選対幹部がかかわっていた。こうしたデマ攻撃が罰せられずに放置されるのならば、新潟県公職選挙法適用されない無法地帯と化していると言っても過言ではない。と同時に「法治国家」の屋台骨も揺るがすことにもなる。安倍自民党支援した候補選挙違反をしてもお咎めなしとなれば、権力者とその仲間たちの無法行為が免責される独裁国家に等しいといえるからだ。

 今回、新聞記事掲載された「選対幹部実名デマ発言」という動かぬ証拠がある。もしこれが立件されれば、長谷川逮捕や花角新知事辞任の事態もありうるだろう。「事実関係確認する」と当確直後に述べた花角氏の初会見は知事就任後の見通しだが、選対幹部選挙違反をどう釈明するのかが注目される。

横田 一,)

 

https://farm2.static.flickr.com/1746/27901011437_51e265ec5c.jpg

新潟県知事選で花角新知事陣営デマ攻撃! 選対幹部が「文春砲池田候補下半身スキャンダル」と嘘を拡散 http://lite-ra.com/2018/06/post-4064.html @litera_webさんから

2018-05-28

個人的には前の都知事選で突然に鳥越が出てきたのが今の左の人達が信用できない理由

2018-03-02

つか東京リベラルで優秀な人間が多いならなんで都知事選はああなっちゃうわけ…?

2018-02-06

サヨクメンタルが人として嫌い

http://lite-ra.com/2018/02/post-3781.html

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222604

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/204884

ずーっとそうなんだけど、自分達は絶対正義みたいな面して負ける度に他者叩きやら俺が支持されないのはお前らが悪いやら、いつもいつも他人のせいにして溜飲下げるだけのボヤキばかりでなんの成長も期待出来ないこの屑メンタル、どうにかならないの?

お陰様でほぼそう言う人間が類友となって左派名乗ってるのがコイツらなんだろうなって認識になってるんだけど。それで良いの?

鳥越氏担いだ都知事選後、宇都宮氏は唯一左派でありながら左派のあり方を叱った。

ああ言う人が必要なはずなのに、産経新聞からの発信と言うのもあってか宇都宮氏は左派裏切り者と叩かれた。

自省したり叱ってくれる人を失ってイエスマンだらけで一丸となって自民党ヘイトしてるだけ。

大日本帝国を忌み嫌いながらミイラ取りがミイラになってる全体主義集団

今回明らかな失策であるパンダ反省微塵もない。

普通に考えて、人として支持される要素まるでなし。

ちなみにこれに対しての反論に、ネトウヨやらアベもそうだなんておうむ返しは落第点だからな。

もっと人として考えてくれ。

2017-12-26

気持ち悪い左派

左派は致命的に自省が欠けてる人が多いと思う。

彼らの言う事は“日本が悪い”か“安倍(自民)が悪い”か“ネトウヨが悪い”で完結する。

自分達も悪いだとか、自身の非を認めてどうこうと言うのを殆どたことがない。

その上で思想の合わない他者の事は無知と見下し、ネトウヨと纏めて話を聞かなかったりブロックしたりする。その癖自分達は話し合いしろだの議論しろだのはよく言う。

今よく覚えてるのは都知事選で、鳥越氏を担いだ反省がないどころか、産経から左派展望を含めた反省記事を出した宇都宮氏を敵認定して叩いてた事。

本当自分を省みて、次はこうしようとかないんだよね。ひたすら他者文句言うだけ。

きっとプライドが高いんだろうなと思う。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220001?pc=true

この記事で感じたのもそうした自省のなさだった。

安倍政権を叩いても叩いても読者に響かない、あれこれと自己正当化する理屈つけながら次はどう叩いてやろうかみたいにしかこ朝日女性思考を読み取れないんだけど、そんな人間、めんどくさいし気持ち悪いし近寄りたくないに決まってるじゃん。

安倍政権は決して完璧じゃないし、隙も墓穴も多いと思うんだけど、そんな安倍政権支持率の一端をこうした気持ち悪い左派が確実に担ってると思う。

実にプライド高き左派の皆さん、ぶっちゃけ自分達が安倍政権(自民党)を助けてしまったんじゃないかって心当たりはありませんか?

2017-12-25

#metooを盛り上げて定着させられないのも結局政治をわかってないかダメってことに尽きるでしょう

鳥越俊太郎都知事選勝てると思っちゃった並の勘違いですよこれ

2017-12-18

鳥越俊太郎セクハラ疑惑って何だったの?

はあちゅう氏のセクハラ告発話題になってるが、じゃああれはなんだったのか?という思いがぶり返してきた。

昨夏の都知事選鳥越俊太郎候補セクハラ疑惑が出たじゃん。でもみんな小池憎しで黙殺してたよね。

それどころか鳥越批判した宇都宮健児バッシングすらしてたよね。あれなんだったの?

鳥越を支持するのなら歴史修正セクハラは無かった)かセカンドレイプセクハラはあったが小池よりマシ)の

どちらかの汚名を被る覚悟を要したのにどちらも選ばなかったし選挙が終われば何事もなかったのように忘却の彼方じゃないですか。

鳥越を支持した覚えはないとか歴史修正しないでくださいよ。

それとも冤罪だったとでも?痴漢冤罪存在しないのに?

あと一応言っておくけど、自分鳥越投票したよ。だからこそこうして批判しなければいけないと思っている。

2017-11-24

anond:20171123141639

2016年都知事選では石原慎太郎鳥越俊太郎も「厚化粧厚化粧」言っててワロタ

右でも左でもあの世代のオッサンの中身に大差などねーなと

2017-11-09

anond:20171101161439

なるほど。

かに古典的リベラル制度的な圧政から市民の開放を目的誕生したんだろうけど、現代リベラルは「自分自由のために相手自由を奪うこと」を許さない。つまり多様性を認めるということで、「人種やLGBTなどの少数派や弱者などのマイノリティ自分マジョリティだというだけで否定しない、尊重する」という思想のことだと私は理解している。単純な反戦や反権力だけのことをリベラルとは言わない。

翻って日本リベラルサヨク政治的に強い立場の人を悪として、敵として攻撃することだけに執着する。つまりリベラルが生まれとき手法だけを真似て、相手意見を聞いて尊重するということをしない。

特に日本では時代劇的な、物語的な、アニメでよくある勧善懲悪が大好きだ。いじめている人が黄門様に懲らしめられる結末に喝采する。スカッジャパンだ。小池劇場でも都知事選都議選で大勝したのは都議会ドンがいたからだ。しかし、衆院選では安倍首相絶対悪たり得なかった。

現実はそんなに単純ではない。世の中は勧善懲悪にはできていない。絶対悪絶対善など存在しない。特に政治世界ではそうだ。よく効く薬には必ずと言っていいくら副作用がある。今回の衆院選でも安倍一強と煽って、安倍首相民衆の敵のように主張する。国民にそう信じ込ませようとしている。国民馬鹿にして、愚民でいることを求めている。国民もそれくらいは理解している。

安倍首相だって全てにおいて正しいわけではない。ツッコミどころも多い。それも国民はわかっていて、相対的に期待できる政治家が、政党が他にいないことが問題なんだ。野党安倍首相手法憲法違反だと囃し立てるけど、憲法だって絶対的ものではない。むしろ憲法改正取引材料にして、自分たちの目指す政策与党に認めさせる。そんな政治家野党にいてほしい。

しかし、リベラルサヨク絶対悪vs正義の味方対立を煽る。古典的リベラル解放運動のごとく、自分正義を疑わない。それはリベラル思想を受け継いているのではなく、手法だけ真似しているに過ぎない。だから日本リベラルサヨク思想的にリベラルではない。

からリベラル成仏する日」はリベラル思想成仏するのではなく、手法だけ利用しようとする日本的リベラルサヨク成仏して、日本に真にリベラル思想を持った政党が生まれる日なんだ。

2017-10-26

https://anond.hatelabo.jp/20171024073018

これこそ民意の最たるもの

これの分析をしっかり理解して前面に押し立てることができてれば、

例えば立憲民主がこれやってればもっと大勝ちできたはず。

これを更に進めて歯に衣着せぬ言い方をすれば、

今の左派リベラルの人たちはもはや「老害」とすら見られているということだと思う。

何でこんなシンプル民意を掴み取ることができないのか?

経済成長第一にせよ、という意見に対して、酷いのだと「カネの亡者」みたいな批判してたヤツすらいた(確かyoko-hiromだったかな)


そしてブコメでも言及されているけれど、

何でこれがもっとはてブトップに出てこないんだ?

これこそが日本サイレントマジョリティ民意が最も望んでいることだろう。

そして、この民意を今まで散々野党無視し続けてきたからこその消極的自民支持による一強時代が長らく続いてしまっていた。

このような批判をすると、

自民支持者のネトウヨだの、ネット世論操作するネトサポだの、全く見当違いな批判(ですらない悪口)をがなりたてるだけで何ら反省してこなかったのが左派リベラルだった。

こんなだから都知事選鳥越を担ぎ出すような眼の曇りまくったあり得ないセンスのままで平気でいられるのだ。

いずれにせよ、これから新生左派リベラルはこのような正しい認識を持った上で安倍政権対峙し、

消費増税日本会議など彼らが持っている悪しき膿を取り除くべく戦っていって欲しい。

今までのやり方は完全に間違いである。

というか、だ。

今の左派リベラルは「間違いを認める」ということが絶望的にできていない。

ちょっとでも批判されるとすぐに自民ネトウヨもそうだとか責任転嫁したり、

その批判は全く当たらないという菅ばりの言い訳に終始する始末。

まずはこの桎梏を乗り越えられるか否かが日本左派リベラルに課せられた最も大きな課題であろう。

2017-10-24

anond:20171024221143

だってマスコミがわかってねーもん

都知事選憲法がどうのとか抜かすのやめろやってずっと思ってる

2017-10-23

小池百合子先生のここ最近の業績

都知事選を通じて石原伸晃の調整力のなさと鳥越俊太郎能天気無能さを白日の下にさらす。

都議選をつうじて都議会ドン駆逐し、公明党権力にすり寄る節操のなさをしらしめる。

衆院選をつうじて、バラバラ民進党解体して、枝野を「枝野寝ろ」いらいのネットスターに仕立てあげる。

あと、なにがあるんだろ?

anond:20171023112804

なるほど。それは若者右傾化の話かも。

経済悪化や、あるいは好調であっても貧富の格差が拡大していたりするとき、足元の低賃金労働者失業者、一部の若者社会未来希望が持てなくなる。生活の厳しさから、彼らは自分たちの生きる理由を保つために誰でも例外なく所有している「民族」や「国家」というプロパティ大事にする。また、それらがより強力であることを政治要求するし、歓迎する。ナチ勝利とかがいい例すな。彼らにとっては国家が強くなることこそが大事で、税金必要ならとっていけばいいとも思ってる。つまり経済的保守主義とは別のもの区別して、国家社会主義民族主義と呼ばれるものだろうと思う。

彼らはいつでも「隣国の〇〇や〇〇を利する売国左翼どもに投票などできるわけがない!」と言って必ず右寄り政党投票する。つまり税金のことは深く考えてないと思う。右傾化した若者にとっては増税って多分些細なことなんじゃないかな。そんで生活に苦しんで、「俺がこんな生活してるのも左翼のせいだ!」って言う。一方、日本はこんなに保守の多い国なのに極右の受け皿ってないよね。外国人排除運動かいつかの都知事選でみた限りだわ。

実際には俺には彼らの思考あんまり理解できないから、ヒアリングしてみたい。

2017-10-20

anond:20171020093555

マスコミ勝手に持ち上げ、勝手に落としたり。そこに政策などは無いんだな。一定数の選挙民はそんなのに乗っかって投票か‥

都知事選ときマスコミは当初鳥越推しで、小池さん性格悪いだの印象操作バリバリだったな。テリー某なんて「鳥越さんは、何も政策が無いところがイイですよね〜」だものな。彼を筆頭にマスコミは身内にはとことん甘い。

そんななか、彼女はよく上がってきたもんだ。政治的能力自体は確かにある証拠だな。

anond:20171020085728

マスコミによる陽動

都知事選自民既得権益排除小池押し報道が多かった

衆院選は立民というマスコミが持ち上げたい党ができたので粗探しして叩いてる報道が増えた

anond:20171020092434

なるほど、政治姿勢やしてきたことというより人物好き嫌いからね‥

なら、都知事都議選では、よほど自民議員が嫌われたんだろうかね。。知り合いも小池さんのこと都知事選のころから大嫌いだとたびたび話してたな。

ちなみに、好き嫌いでいえば、個人的には小池さん蓮舫さんも嫌いではなくて、稲田みたいな自分の本分の仕事ができない(足を引っ張っていることすら申し訳ないとも感じない)奴が大嫌い。蓮舫さんも国会議事堂で何かの被写体になって叩かれてたけど、満喫している系は嫌われやすいのかな?好き嫌いは人それぞれだなあ‥

anond:20171020080817

都知事選話題になった、自民議員による酷いヤジについて非難されたことへの、カウンターのつもりだったんじゃん?

連中が日本有権者関係い組から派遣された一派かどうかは確証ないけど、可能性は充分あるね。だいたい自分たちネットステマ書かせたりしてるもの(今月の文藝春秋か文春に記事があった。1記事800円)

2017-10-18

希望の党」に私は恩義がある

あの*鮮風の五輪ボランティア衣装を、日本国本来デザインに正してくれた。新宿区保育園向けの土地も*鮮にこっそり譲渡する桝*氏の蛮行から救って凍結してくれた。

自民都議団は、桝*ハゲさんをずっと擁護していたのですからね。とくに「ネトウヨ」のみなさんはすっかり忘れてしまったのかな?小池氏が独裁とか騒いでいるけど、まえの都知事選都議選では、内田某さんの独裁が大きな争点だったんじゃなかったでしたっけ?

自民党は「沖縄移民100万人受け入れ」なんてやったくらいのバリバリ革新なんだよ。日本国の隣人よりも安倍さんが大好きなんだろうかね。

今回は公明党支援がないから、都議選都知事選とちがって厳しそうだけれど、官報議会公報などからの実績や党発行の政策をみてみたらいかが?タバコ吸わないので、自民公共の場喫煙緩和はに大反対です。

築地うんぬんでは言いたいことはあるが、マスコミ野党批判安倍氏翼賛がすごく気味悪い。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/

2017-10-10

枝野さんが、前原氏や希望へ出て行った連中について

考えがいろいろあるのだろう、とかかばっていたが、要は国政への政治姿勢なんぞなくて、勝馬に乗って議員やりつづけたい連中なんでしょう?希望にいけば小池マジックでまた勝てるかもって。

もっとも、後援会など取り巻きに囲ってもらいつづけるには、政権党など強い党に所属して法案を通させるチカラが要るのは確かだけどね。何年か前に、都知事選政策ネットで募ります、とか言っていた人と近いのかも。ただしクローズドだけどね。代議士、という言葉どおりだな。

2017-10-08

公示前なので言っていいか

一人の都民として言わせてもらうと、小池百合子が国政に行く条件は、都知事選公約を全部実現すること。実現できていれば早上がりも許す。逆に都知事選公約を全部実現できるまでは、小池人気に集まってきた色々なリソースを使って都民を豊かにすべき。都民にお願いしたいのは雰囲気に流されたりせずに、都知事選の時の現都知事公約を思い出すこと。選挙当選した人は公約を守るという当たり前の規律日本を守る。某トランプだっていろいろ反対はありながらも選挙公約にこだわっているでしょ。

2017-10-03

anond:20171002235206

俺が一番好きな奴はtwitterで見たやつ。

なんかジャーナリストみたいな人が小池質問したら

「愚問。次。」とか言われて全く相手にされなかったというやつ。

都知事選の前に拡散されて俺はそれを見て小池ヤバイって確信したんだが、

その人はアカウント凍結されたのか、ツイート数0になったまま沈黙してしまった。

豊洲問題あたりからその時の印象は正しかったって思うばかりだよ。

2017-09-29

都知事選でも思ったけど民進はまず優秀なブレーン探すところから始めたほうがいいんじゃないだろうか。。。

いつも日本の政治に鋭いメスを入れているはてなー辺りが候補

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん