「粛々と」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 粛々ととは

2018-08-18

頭の黒い鼠についてっていう便所の落書き

※以下の文章を書いた人間は、2018年の夏のある日、何者かに連行されて戻ってきませんでした。多分どこかの留置所で鼠に囲まれ暮らしているんだとおもいます

オリンピックを2年後に控えた平成最後の夏を送りながら、なぜオリンピックに向けて気持ちが盛り上がらないかをつらつらと考える。

こういった大きなイベントに無邪気に期待を寄せられなくなってしまった原因のひとつは、純粋イベントの本旨を楽しめなくなったためだ。オリンピックはその事前準備で、政治的な思惑に翻弄されまくりすぎた。復興五輪だと言い出したのは誰だったか、今となっては定かではない。復興に手を貸してくれた世界復興状態を知ってもらう、興味を持ってもらうということ自体は素晴らしい。しかし、例えば小池百合子氏の、長沼ボート場を巡る一連の経緯を見ると、うんざりしてしまうのだ。

頭の黒い鼠とは何かを調べると、こんなのが出てくる。インターネットは便利だ。

曰く、食物などをかすめ取る身近な人をネズミにたとえた語、物がなくなった時に、身近にいる人間が盗んだのだろうということを暗にいう言葉だという。

都民は失った。オリンピックの時に輸送を担う大動脈となりうるはずだった環状二号線輸送能力とか、元から安全性には問題がなかった豊洲ブランド安全イメージとか、年間200億円に上る市場移転延期経費とかを。そして何より、もっと健全な都政というサービスを受けられるはずだった2年間を。怪我の功名的に交政審の優先して整備されるべき6路線が整備されることになったのは皮肉だ(こんなのいままでだったら都が基金を積み立てるなんてあり得なかったが、彼の方が手柄を焦ったがために成立したように見える。早速8号線に江東区が食いついているし)。

そろそろ都民は気がついていいと思う。ていうか気がついているか

オリンピック施設見直しや、豊洲市場移転の一連で「支持率」とか「イニシアティブ」とか「期待感」とかっていう名前の”利権”をむさぼっていたのは誰なのか。そしてむさぼり尽くした挙げ句に後に残った膨大な敗戦処理をひっそりやり過ごそうとしているのは誰なのか。見せ方だけで国政に打って出ようとし、あまつさえ自民党の寝首すらかこうとし、さすがにそれはけっちんを食らって以来イメージカラーと称する緑を封印し、ギトギトしたイメージ払拭することに必死で、2020年に再選を狙っているのは誰か。

これの1:48から顔面演技がとても好きで、シニカルな笑いをウィスキーの肴にしている。

こういう顔面芸でコトを進めるのではない、重厚で落ち着いた人が知事にならないだろうか。都道府県政策遂行こそ、地に足の着いた住民本位のものであって欲しい。そういうのを見て国政が襟を正すくらいの、粛々とした都政運営であって欲しい。

そういうファンダメンタルな部分がしっかりしていて初めて、都民オリンピックに無邪気に期待できたりするのではないだろうか。

小池氏の政策の特徴のひとつイメージ戦略が幅をきかせることであるイメージ戦略も、確かに重要だろう。しか小池氏のはイメージ「だけ」戦略ではないか首をかしげものが多い。ボランティアユニフォームダサいからもっと格好良くします、とか、&Tokyo意味からないのでTokyoTokyoOldmeetsNewにします、とかは、舛添前知事カラーを消し去るためとしか意義が見いだせない。実際、ダサいといわれるボランティアユニフォームは新デザインと併用で継続使用しているし、TokyoTokyoについては意味不明度合いでいうと&Tokyoとどっこいである。首都大学東京については石原慎太郎のネーミングセンスが悪いのはわかるが、それを変えろと言い始める時点で同じ土俵に乗った愚策になるという感覚がない。というか前の知事がやったことの色消しに躍起になるところが、そういうレベル勝負していることが透けて見えて、心胆を寒からしめるのである。前政権政策否定トランプ大統領十八番だが、あちらは内容に賛否があるとはいえ公約実施である。翻ってこちらは実施意味がよくわからない。東京さくらトラム都電荒川線で良かろう。そんなものに一体、いくら予算を割くつもりか。

小池氏が展開するイメージ戦略個人的に最悪だと思っているのは、氏自らを指して女子呼ばわりすることである首都トップに君臨する首長が自らを指して女子呼ばわりとは、悪い夢である。一回ジェーン・スーに3時間くらいぶっ続けて説教されるといいと思う。そしてそれを氏のお好きなニコニコ動画で流してみればいいのではないか自民党代表される旧弊いじめられ、ガラス天井に阻まれるかわいそうな、しかしそれに負けない女子小池百合子66歳。サリーちゃんメーテルコスプレもしちゃう(これについては、体制側がカウンターカルチャーにすり寄るナンセンスを指摘したいが、本旨からそれるのでやめる)。

強権発動して見せしめに部下や先達の粛正をするあたり、独裁者のよくあるスタイルである。どうせ強権を発動するのであれば、今時の民主主義的なやり方では速成が無理な都市改造を広域にするのが良かろう。狭域でデベロッパーどや顔して整備する拠点開発に蹂躙される東京ではなく、広域で東京都ならではで推進できる内容を実施してみるのはいかがか。独裁者トップに立ってきれいになるのは街並みと軍服くらいしかないのだから。でも小池氏は多分、しない。そこまで腰の据わった政策論を持っていないのだからだって鼠だし。コスプレが好きな氏のこと、ミッキーマウスになれば見栄えも受け入れられやすいかも。あ、女子からミニーマウスか。

2018-08-14

僕はちゃんゲームをしたい

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1256426

このまとめに関するブコメを見ながら、強い疑問を感じている。

しか無謬のものなど存在しない。誰もが間違えるし、誰もが過ちを犯す。

からこそひとつの失点ですべてを否定するべきではないし、ひとつの加点ですべてを肯定すべきでもない。

優れたプレイヤーであるにもかかわらず、たったひとつ失策をしただけでそのプレイヤー追放してしまえば、むしろゲーム全体が劣化することになるだろう。

からこそ僕らはプレイヤーに対して、「是々非々」で対応すべきだ。

僕はこれを、とても正しいと思う。

では何故、今回のこれらのブコメに疑問を感じたのか。

端的に言って、僕の疑問はこういうことだ。

ルール違反のなかで為された物事と、ルールの上で為された物事を、等価に置き、是々非々とするのは、果たして正しいのか」

ここでいう、ルール違反とは、言うまでもなく、

公文書改竄(森友加計問題

立法事実捏造、および捏造が認められた立法事実に基づく法案の強行(高度プロフェッショナル制度

基本的人権否定憲法改正

などの出来事を指している。

このどれもが近代国家法治国家民主主義国家において、重大なルール違反であることは、言うまでもないだろう。

どれも自民党がこれまで成し遂げてきたこと、そして成し遂げようとしていることだ。

ルール違反のなかで為された物事と、ルールの上で為された物事を、等価に置き、是々非々とするのは、果たして正しいのか」

僕はこれについて、正しくない、と考えている。

何故か。

民主主義国家において、ゲームの主導権を持つのは、常に国民だ。

からゲームが成立する限り、どのようなひどいプレイであれ、どのような優れたプレイであれ、諦めることも、やり直すことも、継続することも、改めることも、国民の手によって行うことが出来る。

からこそ、本当に僕らが恐れるべきは、ゲーム自体崩壊することに他ならない。

そうなった場合、諦めることも、やり直すことも、継続することも、改めることも、僕らの主体的意思では、決して行うことが出来なくなる。

からこそ、重大なルール違反が行われたなら、いかルールの上で優れたプレイが行われて居ようと、退場しなければならない。

そうでなければ、ルール自体が軽視され、より力の強いプレイヤーのやりたい放題になり、ゲーム自体崩壊するからだ。

ひとつの失点ですべてを否定するべきではないし、ひとつの加点ですべてを肯定すべきでもない。

けれどそれはルールが守られているからこそ機能する態度でもある。

僕らの多くが「基本的にはあなた応援しているけれど、これについては改めてほしいな」と声を挙げれば、少なくとも議論が巻き起こる、そういう状態であるからこそ、有用なのだ

しか崩壊したゲーム上では、これが機能しなくなる。

どんなに支持者が声を上げても、議論の一つも起こらない。すべては無風状態粛々と進められる。

さらに、その状態もっと進めば、今度は、非を唱えることさえ、「是々非々であることさえ許されなくなるのだ。

事実現在中国北朝鮮では、自国トップへの批判はできない状態にある。

こういったゲーム崩壊の行き着く先が、ユダヤ人虐殺や、天安門事件と言った、基本的人権蹂躙する暴虐であることは、歴史にある通りだろう。

正直なところ、我が国もまたゲーム崩壊瀬戸際にあるように感じている。

総裁選に対抗出馬した派閥は、冷遇する。

そのように首相近辺が公言したことは周知の通り。これは「非」が許されない状態とほぼ等しい。

この状態に「そう言うことは許されない」という声が自民党内部から何故、噴出しないのか。

森友加計問題。高度プロフェッショナル水道民営化サマータイム。といった問題もそうだ。

どれも、党内で多くの異論が撒き起こって然るべき類のものであり、支持者の間でもこれらを否定する意見は噴出している。

議員というのは本来、一人一人それぞれが国民が選出した代表だ。「その党だから」以上に、「その人だから」選ばれた存在だって少なくない。

ならば、より自民党から異論や反対意見が、活発的にニュースを騒がせるべきだろう。

それなのに、自民党内は無風のままだ。

僕はもう、自民党と言う組織の中で、完全にゲーム崩壊しているのだと認識している。

そして、権力者の身内で行われているこのような状態が、僕ら一般市民まで適応されないなどとは、僕はどうしても思えないのだ。

まずルールの厳守。そこからしか僕らはきちんと「政治」と言うゲームを行うことが出来ない。

僕はちゃんゲームをしたいのだ。

から僕は、今の自民党に「是々非々」で向き合うことがどうしてもできない。

2018-08-12

サマータイム関連の今後のスケジュール予想

1. 東京オリンピック時の導入にはこだわらない。時間をかけて検討する。

2. サマータイムを導入するかどうかは国民投票によって決める。

3. 導入する場合に備えて、法律およびIT関連の規格について調査を開始する。

4. 調査結果に基づいてサマータイム実施する場合の規格を定める。

5. 調査結果に基づいてサマータイム実施する場合法律案を作成する。

6. IT系の基盤をサマータイム対応可能なように変更する。

7. IT系機器アプリケーションサマータイム対応セールスポイントにする。

8. 国民投票によってサマータイムの是非を問う。

9. サマータイム関連法律の制定

10. サマータイム実施

粛々と実行される。

2018-08-11

格安SIM広告ビッグローブのやつがしつこく出る

かに金額だけ考えると安いけど、一番大事普段の快適さを犠牲にするほどのやすさじゃないんだよな

から粛々とユーモバを契約した

二度と戦争をしたくないなら同調圧力を無くさなきゃ

そっちの方向に進まないで終戦記念日なんだから粛々とした顔でジジババの話を聞いて戦争はだめだ原爆は駄目だ老人は可愛そうだから保護しようって口を合わせることを強要され、もしもやらなかったら非国民として袋叩きにする。

何も成長してない。本当に1ミクロンの成長すらもない。

2018-08-09

anond:20180809122337

そもそも罪を隠して認めない、あるいは罪を認めても処罰をしないから、「問題じゃないか」「責任を取れ」という批判が盛り上がるのであって、

普通は、素直に罪を認めて警察の取り調べ等を受けて、その結果に応じて粛々と処罰すれば、それ以上に騒ぐ必要もないわけ。

右翼があまりにも異常だから、逆に正常な状態を「だんまりを決め込む」ように感じてるだけなんだよな。

2018-08-06

現代のある男性類型

中高大と真面目に過ごし、それなりの企業就職

ただし恋愛経験はないため職場女性特別好かれることもなく、友達非モテのため友達の紹介で新しい異性と出会うこともない

仕事と男友達と飲んで話すだけの休日、たまの長期休暇には実家家族と過ごす日々を経て、30代も半ばを過ぎて髪も細くなり顔の脂も増えてくる

運動の習慣がないため体型も悪化する

独身者であり人と対立することを好まない生来気質のため、産休する総合職の女や、子持ちの同僚の男の負荷を引き受けて労働時間は以前より長くなる

平日は一人で飯を食って寝るだけの生活になり、休日も一日は休養にあてないと次の1週間を乗り切れなくなってくる

そして粛々と40代を迎える

2018-08-05

anond:20180805101349

俺はお前みたいな荒らしに対して文句を言わず粛々と報告してるけどTwitterからなにか言われないの?

2018-07-31

大きな栗の木下です

昔、「大きな栗の木の下で」をこう覚えていた。

それは、実家が栗のなる山を持っていて、その栗山の近くに木下さんというおじいさんがいたからだ。

木下さんは、どういう縁かはわからないが祖父と仲がよく、木下さんと祖父が山を管理していて、木下さんが山で収穫した山菜キノコや栗を持ってきてくれて、それを祖母や母が調理して一緒にご飯を食べていた。

自分中学生ぐらいまでは兄と父と一緒に山で山菜取りや栗取りやたけのこ掘りをよくするのだが、必ず木下さんについてきてもらった。父にとって、二人目の父のような存在で兄と自分にとっても第三の祖父のようなもので山の事をいっぱい教えてもらった。

兄が幼稚園に行っている頃、お遊戯会の発表で「大きな栗の木の下で」をした。

それを父がビデオに撮っていたようで、それをみた木下さんは酔っ払いながら「大きな栗の木下です」と笑っていた。(ちょうど栗の収穫季節だった。)

から自分は、そう覚えてしまったのだろう。

木下さんは常に快活で、大酒飲みで祖父喧嘩する時は必ず「それは俺の酒!」と酒の取り合いだった。

 

木下さんは、自分20を超える頃に亡くなった。

ちょうど大学のため田舎をでて都市部暮らしている時だった自分はその知らせを聞いて車で10時間かけて実家に帰った。

 

木下さんの葬式自分家族たちが家族内と少しの親戚だけがあつまり粛々と行われた。

自分墓参りをする時、一つだけだれの墓かはわからない墓に線香を挙げていたが、それが木下家の墓だとしったのはこの時である

木下さんは独り身だったが、間違いなく自分たちの家族だった。

そして、これらはすべて「大きな栗の木の下で」を歌って帰っていった子供から得たインスピレーションから生み出された創作話です。

2018-07-26

anond:20180726183605

老人に搾取されている若者

若者は老人に搾取されていません

なにかあれば自己責任

責任能力がない人もいます

成功する未来が見えないオリンピック

成功しますよ。招致した段階で成功まで確定です。テロが起きれば話は別ですが。

約束された増税

もともと上げるとしていたもの先延ばしにしてあげているだけですね。政府の皆さんには、夏休みの宿題先延ばしにしてもいいことなんて何一つないと進言したい。

ましてや、宿題が消えてなくなることなどありはしません。

まともに貰えるかわからん年金

あなたが貰えることはないと思いますよ。あと30年ぐらいはあるかも知れませんが、国民少子化解決する意志が見られないので、細々と運用するぐらいならスッパリと辞めてしまえばいいでしょう。

どうせ絶対安楽死なんて認められないだろうし。

尊厳死議論に値しますが。いつでも誰でも楽に死ねるという権利はないでしょうね。

更に子供がいたら昨今の学校での問題(教育方法の是非、組体操エアコン警察不介入PTA等々)もあるし、明らかに不幸でしょ。

とりあえずはてな的には子持ちの家庭は千葉市にだけは住まないということでコンセンサスが得られたようですよ。

子供の命に予算を割けられない弱小自治体市場原理に従って粛々と淘汰されるといいですね。


というわけで日本の将来はあなたが思ってるよりは安泰ですよ。

2018-07-24

バイト日記~初めて違算を弁償した~

この間のぶんもまとめて日記

前回はすんごく暇だった。何故かというと、店の前の幹線道路の数キロ先でお祭りがあってその一帯が通行止になっていたから。

たぶん通行規制が解除されたら混むんだろうなと思ったけどその頃にはもう私は帰った後だろうと思った。

九時前後に、早めに上がったお祭りスタッフらしき人達がご来店。ちょっと混んだ。皆顔が日焼けで真っ赤だった。あの地獄の様な暑さでよくお祭り中止にならなかったよなぁ。

話は脱線するけど、お祭りでは数年前まで、地域保育園幼稚園の年長さんが大集合してお神輿を担ぐ事になっていたんだよね。しかも午後の暑い最中に。大人神輿担ぎ人の地下足袋ゴム底が融けて足の裏を火傷するような暑さなのに(私の経験談である。)バッカジャネーノと思ってたらうちの子供が年長になった年に子供神輿は取り止めになった。セフセフ。

脱線終わり。

ずいぶん早くにイケメン正社員氏出勤。いつもギリギリアウトくらいで出てくるのに、今日もしかして祭りのせいでシフトの交替間際に混むかもしれないから早めに出勤してきたの!?やだ~~~顔だけじゃなくて内面イケメン!?と思ったけどそうではなかった。

用があってバックヤードに入ったら、むせかえるほどのミントっぽい臭いがむわぁぁぁぁぁっと来た。なにこれくっせぇ~!って思ったら、事務所の床に正社員氏が直寝していた。

凄まじいミント臭の発生源はお前か。よかった口に出して「くっさ!」って言わなくて。

なんだろう、この人ミントの整髪剤で髪固めてミントの制汗剤振りかけてアイコミント吸っておやつ最近流行りのチョコミントでも食ったのだろうか?車の消臭剤まさかミント臭?それくらい猛烈に臭ったのである

接客業としてどうなの。お前つわり中の妊婦さんに出会い頭にゲロ吐きかけられても文句言えないよ。

と思ったけど言わなかった。

ただ単に寝に来ただけの正社員氏の向こう側に用事ブツがあったので、用事は諦めてそっとバックヤードを出た。

予想に反して帰り際も混まなかったので普通に帰った。

そして今日

特に何でもない日だったし、いつもの様に出勤直後(18時)だけ混んで後は普通の混み具合だった。粛々と仕事をこなした。

ただ、火曜の相方仕事をすると何故か違算が出がちなので、なんかやだな~と思っていた。出来るだけ自分担当レジを死守しようと思ってたけど、ちょっとレジを休止して他の仕事をしている隙に、お客さんが休止の立て札を無視して私の担当レジに並んじゃった為に、相方が打っていた。しかレジ担当者変更しないで私の名前で打ってたオォウ!

そんな日に限って違算が出ましたよっと。そしてそんな日に限って相方はノーミスなのでご機嫌である

でも人を疑うのはよくないな。私だって完璧超人じゃないんだし。トホホな気分で違算補充用の隠し小銭を探したら無かった。お店にはいつも少額の違算を無かった事にするための小銭がストックされているのだけど、それがまるっと全部消えていた。ま、きっとオーナーにバレたんだろう。

しょうがないので帰りに弁償した。有り金が千円札しかなかったのでジュース買ってお釣りの中から弁償。

お店を出てからふと、ジュースじゃなくてめんつゆ買えばよかった~と思ったけど面倒だからそのまま帰宅

2018-07-21

anond:20180721164807

善良だがキャパティ無限ではない普通人間差別主義者呼ばわりして攻撃してくる奴に対して何もせず粛々と殴られていろって?

2018-07-18

父親早起きでうざい

5時に起きるなようるせーんだよ老人かよ

仮に起きてもベッドで粛々としてろよ

大音量テレビ見るしか娯楽ないんか

こっちは6時まで寝てないと1日体力もたないんだよ

たいした準備もないのに何時間前に起きてんだよ

2018-07-13

ボランティア無償で頑張っているのに

コンビニ自衛隊あくま仕事としてしか援助をしないんだよね。

その癖よくデカい顔できるよね。

無償で援助している人が沢山いる横であくま仕事としてやっているだけなのに。

無償の愛を捧げられなくてごめんなさい」って態度で粛々としているべきじゃないのかな

2018-07-08

30歳、転職の誘惑

いざ転職活動始めたが、いっぺんどこかで整理&吐き出さないと頭がパンクしそうなので、とりあえず書きなぐる。

×人手不足 ◯企業労働者要求上昇

これはわざわざ書くことでもないかもしれない。

空前の人手不足と大きく謳い、これみよがしに求人系の広告がそこかしこに出ていて、「これなら私でも今より良い環境で働けるかも!?」とパッと見思える。

実際はそんなことなく、企業はできるだけ安く使える優秀な人材を探し、労働者はできるだけ高待遇職場を探すというミスマッチが置きているだけである

企業は極力正社員での採用を避ける。契約社員やそれですらない請負業務の多いことよ。

労働者は(私も)ブラック企業絶対避けたいので、待遇の良さそうなところを探す。

すると何が起きるのか。

採用情報の偽装である

せっせと書類を書いて送り、いざ面接だと始まった途端、「最初に断っておきますが、◯◯◯◯(何かしらの理由付け。多いのは転職サイト掲載担当にこう書けって言われた)だったのであぁ書きましたが、実際は××××です。」と詐欺紛いのことを平気で言ってくる。

わりと心が折れる

待遇質問絶対厳禁

ほんこれ。

「なんか分かりにくいこと書いてあるけど、面接で聞けばいいかー」

である

採用情報に記載されている文面で納得(理解)出来ない場合は、もはや応募しないべき。なぜなら企業はそこで釣ろうとしていない(魅力がない)から

実際に質問して返ってくるのは、「ぇ、そんなことあるんだ」というようなものばかり。

向こうもそこを気にするやつは長続きしないだろうなと思うのだろう、まず落とされる。

いや、受かっても確かに困るけど。

年齢という武器

たぶん転職市場で一番売れやすいのは、大卒後1~2年経って最初会社ビジネスマナーを学びある程度揉まれ20代前半~中盤である

学生気分が抜けつつ、まだ若いから会社に染めやすく、そして働き始めだか待遇にも大きな文句は言わない、そんな時期。

「じゃぁ皆その時期に転職すればいいのに」

たぶんその通りだが、当人にとってはそうでもない。

3秒ルールならぬ3年ルールに今さら縛られる人は多くないだろうが、「働き続ければ報われる」とは考えるだろう。私は考えた。

そして働き続けて見えてくるのは、上がらない賃金、削られて新しい席の作られない役職ポスト、右肩下がりの会社の業績。

将来の不安感。

30歳の転職

ようやく本題。

何か人手不足らしいし、ステップアップのために転職をしよう。エージェント登録したらめっちゃオススメくるし。こりゃ楽勝じゃねーか。

である

実際に置きたことは冒頭でも触れたが、ここではもう少し掘り下げる。

エージェント転売

一応登録者は客的な立場で親身に応対してくれるが、エージェントは「いか時間をかけず高く企業に売れるか」を考えるので、それを利用するぐらいの意気込みじゃないとステップアップには繋がらない。そして職を吟味しすぎると、どんどん対応が雑になる。「この企業、急に赤字になってるんですけど何でですか?」→「知らん。」 おいおい。 「ドラえも~ん」的なノリで頼ろうとするのは間違い。

・未経験OK→何でもOKじゃない

何か武器を持ってないと通じない。そのひとつが年齢なのだが、得てして気づいたときには手元にはない。

・真面目は武器じゃない

「真面目に粛々と働いていれば評価される」そんな風に思っていた時期が私にもありました。企業は意外と真面目さは評価しません。着々と積み重ねた経歴よりも、バカみたいな趣味の話とかしたほうが通過率が高いです。私の場合バカみたいな趣味の話は全部ヤケの盛った話なので、役員面接なんやかや化けの皮が剥がれて落ちました。

あなたを雇うことのメリットはなんですか?

これがね、笑えない。新卒ときの「何か自分の考えが答えられればいい」とは訳が違う。ガチで聞いてくる。必死に考えた答えも「そういうことじゃないんだよね」「そんなのは今いる社員なら誰でも出来るんだよね」と一蹴される。確かに勇者魔法使い僧侶」が居るパーティに2人目の魔法使い僧侶は要らないだろう。募集要項戦士募集と書いて欲しい。

推理ゲーム

ぶっちゃけ私は新卒ときから面接が苦手だった。質問真正面に受け止めてそのまま返してしまうからである大学就職課やらでパターンを覚えてようやく対処できたレベルである。なんで転職活動しようと思ったのか。

あなたが好きなものはなんですか?」やめろ。

あなたが◯◯で頑張ったことはなんですか?」やめろ。

なぜ冒頭に「◯◯が知りたいのですが、」と一言付け加えることができないのか。それが推理できることにどれだけの価値があるのか。

「その手の質問中途採用で聞かれることはめったにない」と書いていたどっかの転職サイトを信じた私もアホウではあるが。

×転職活動 ◯逆ヘッドハンティング

そんなことを続けて頭に浮かんできたのは、逆ヘッドハンティングという言葉

「私はヘッドハンティングされてもおかしくないはずの人材なのに誰も声をかけてくれない。じゃぁ自分から行くしかない。」

そんな人がやるのが転職活動じゃなかろうか。

間違っても私のような「真面目に働いて仕事を積み重ねたけど報われない、でも大した武器は持ってないありふれた従業員A」が、CM広告に釣られてうへへと手を出すものじゃなかった気がする。

「何か私、会社で凄い頼られてるから優秀なんじゃ!?他所企業様には知ったことじゃねーって話であった。

馬鹿犯罪やらかして捕まる大手企業会社員のニュースとかを見ると「自分いかに真っ当な人間か」と思うことも少なくないが、ぶっちゃけ真っ当であるかどうかなんて企業の求める人材像の中では箸にも棒にもかからないんだなと、痛感する。ま、そんなの犯さない前提だから、いざ事が起こっても運が悪かった程度の話なんだろうけど。

ただただ疲れた

時間猶予も大してないので数を応募しないといけないが、かといって1社1社しゃぶり尽くすように調べないと選考を通らない。

そんなことをしてると毎夜色んな会社に勤めている自分の姿を夢に見るが、結局暫くすると落選の連絡が来て無意味に終わる。

それが無性に精神的に、疲れる。

商品を扱う会社であればもちろんそれも調べるし、エンターテイメントのものであればそれで楽しんで、それぞれ好感的な印象を自分の中で築いていき、打ち砕かれる。

別に嫌いになったとか呪ってやるとかそういうことはないが、ひとまず視野に入れたくなくなる。若者の消費渋りはこういうのが原因じゃないかとか思うくらいには。カゴメのやってた落選者への対応別に神とかじゃなく、リアルに切実な問題なんじゃないかと、今は思う。

・・・まぁ「今は思う」って通り、新卒の時は何か落ちて当たり前の気がしてたし、今ほど追い詰められるように企業に向き合ってなかったから、大してショックじゃなかったんだけどね。

転職のためのスキル上げ

もはや転職活動を続ける気力は枯れつつあるが、会社の方も枯れつつあるので、間に合うかどうか知らんが転職成功しうるだけのスキルを上げるしかない。

ぶっちゃけ何をすれば良いのかも分からないが。

とりあえず脳内でうようよしてた気持ちがこうして文章になったので、時間を置いたら自分の恥ずかしいところが見えてくると思うし、どこかの誰かが親切に辛辣な指摘をしてくれることもちょっと期待している。


ハローワークって良いイメージなくて行ったことないけど、そんなこともないのかな。

2018-07-06

anond:20180705225710

あなたが「差出人不明手紙から受けているそれは、ただの「脅迫」なので、法に従い粛々と警察被害を訴えればよい。

警察は嫌いだ、訴えたくない、訴えないという選択をするのはあなた自由だが、そこで警察に訴えるという手段放棄してしまうと、現時点で法による救済は難しい。次に「法による救済」が受けられるのは、「実害」が生じたときということになる。それがWeb上でのテロなのか現実のそれなのかは分からないが。ただ、「差出人不明手紙」は、リターンを期待していない時点でそもそも脅迫」以上の意図はないものと思う。黙殺するというのも一つの手段ではある。(差出人が不明なら、そもそも郵便物の受け取り拒否自体意味がないので)

ただ、あなたの言う「リンチ煽動されることの恐怖」、すなわち

それでも、第三者を巻き込んだ運動や行動(手紙の件は私には脅迫しか思えなかったが)によって社会が良くなるのならば、という思想は反面で危険はらんでいるように感じる。

他人から何かを剥奪する時、それがたとえ社会的に真っ当な仕打ちと思える処分でも、本来その権限を持たぬ者たちによって軽重が左右されることには本能的な恐怖がある。

…というのは、何もわざわざ丁寧に書く必要もない全く当然の話である問題は、あなたはそれを「保守速報糾弾する人々」について述べているのだが、そもそもそれは保守速報をはじめとした悪質なヘイトサイトがやったこであるという点だ。あなた書き込みには、奇妙にその視点が抜け落ちているように感じる。彼らが散々、特定出自思想の持ち主への攻撃扇動し、彼らから社会安全剥奪してきた、しかもそれをエンターテイメントや金儲けとしてやっていた、という状況は、まさしく不当な「危険」であり「恐怖」であるヘイトサイト問題視される理由は、まさにそこにある。あなたの関わったサイトは、これまで何万人という人間に、あなたの感じた恐怖や不安を味わわせてきた(かのサイトはそういう恐怖と不安をまき散らしてきた)ということを、あなたは今更認識できたのだろうか? あるいは、まだそれを認識できていないのだろうか、と、あなた書き込みをみて私は少し疑ってしまう。

弁護士への不当な大量懲戒請求を行った人が、自身への訴えを起こされて初めて「不当な圧力だ、言論弾圧だ」と騒ぎ始めた。もちろんこの件が、弁護士への懲戒請求制度趣旨からいって、懲戒請求を行いたい人がそれをためらうような前例になってはならない、というのは当然のことだ。それ自体は正しい。ただ、成り行きからはどうしても「殴り返される覚悟もなく気軽に人を殴った人が、反撃を受けて『暴力だ』と騒いでいる」ように見えて仕方がない。たしかに、殴り返す行為暴力であるし、それ自体は主張として成り立つだろう。ただ、正しい主張ではあっても、それを主張するのに適切な時と場所、状況というのはあると思うのだ。

あなた被害には同情するし、社会的に見ても脅迫は不当である。それは個別な不当行為だ。ただ、その脅迫の不当性を広げてヘイトサイトへの攻撃全般言及するなら、その同じ批判ヘイトサイト自体にも向けない限り、バランスを欠いた意見とみなされるだろう。別に最初からそんな仕事受けなければ云々」とは言わない。私が問題にし批判しているのは、それを振り返っている「いま現在」のあなた立ち位置バランス喪失、それだけだ。

2018-07-03

anond:20180703114934

そうだよ、いちいちやらない理由をつくってるから痩せないんだよ。自分トラバ見返してみなよ、やらない理由ばっかり書いてるから必要なのはやらない理由じゃなくて代案。出来ないことは仕方ないから代わりに何をするか考えて。

消費カロリー摂取カロリーを上回れば痩せるということだけが真実理由など必要ない。

9時帰宅ジム行ってる人なんて珍しくもなんともない(24時間営業ジムに行けばわかる)んだが、そうやって他人と比べる必要もないのね。

自分ができることを粛々と遂行するだけ。

から痩せること自体をできないと諦めて、代わりに他のことで人生を充実させるのも全然アリだと思うけどね。そこは優先順位だね。

2018-07-01

[] #58-3「罪罰メーター」

「シロクロ、マスダくんを殴ってみて」

「あぁん? なして?」

さすがのシロクロも困惑している。

というか、ガイド以外も皆そうだ。

たぶん罪罰メーターの効果実証したいんだろうけど人選がおかしい。

この中で一番力のあるシロクロにやらせるとか、ふざけてんのか。

やられる相手にしても、俺じゃなくてガイド自身がやればいいだろ。

「……いいよ、シロクロ。やってくれ」

だけど、ここでグダグダ文句を言うのもカッコ悪い気がして、俺は渋々とシロクロに促した。

オーケー! 歯ァ食いしばれ!」

そう言ってシロクロは、間を置かずに掌底を浴びせてきた。

これでは問答無用と大して変わらない。

声すら上げることができず俺は盛大に吹っ飛び、壁に激突した。

「マ、マスダ!?

ちょっと、シロクロ! 確かにマスダは了承したけど、全力でやる必要はないでしょ!」

「正直スマンかった。半分くらいの力でやったつもりなんだが」

もしも「全力でこい」で言ってたら、俺は死んでたかもな。

「とはいえ、計測はちゃんと出来ているよ。ほら、シロクロのメーターが貯まってる」

まだ意識朦朧としているので良く見えないが、粛々と話を進めるガイドに対して俺の怒りメーターが確実に貯まっていくのだけは分かった。

「うおおおお、俺は罪人だー……」

罪罰メーターを見てシロクロがうな垂れている。

周りに指示されたからやっただけなのに、ちょっと気の毒だな。

罪は罪ってことなんだろうけど。

「で、この罪メーターが貯まった人間に、相応の罰を与えれば減っていくんだ」

「げほっ……“相応の罰”って?」

喋れるようになるまで調子を取り戻した俺はガイドに尋ねた。

「うーん、じゃあ今回は分かりやすく行こう。マスダくんがシロクロを殴ればいい。自分がやられたのと同じ方法威力で」

かに、同じ手段でやり返せばチャラっていうのは分かりやすいな。

「だけど同じ威力ってなると、難しいぞ」

「ああ、一発でプラマイゼロにする必要はないよ。個別計算してくれるから

なるほど、合計でもいいってわけね。

「じゃあ、行くぞ。シロクロ」

バッチ! カムオン!」

俺はシロクロに掌底の連打を浴びせる。

さっきシロクロにやられた場所を狙った。

ストップ! シロクロの罪メーターがなくなった」

数発打ち込んだあたりで、ガイドが止めてきた。

だけどシロクロは平然としている。

「ええ? 本当にこれでチャラなのか?」

俺みたいに吹っ飛んだり、壁に激突したり、息が数秒間できなくなったわけでもないぞ。

「罪ってのは一面的ものではないからね。シロクロはボクらに『やれ』と言われたからやったわけで、それが罪メーターの計算に含まれているんだ」

なるほど、意外と色々計算してるんだなあ。

なんだか納得いかないけど。

「ん? ということは、もしかしてガイドにも……」

ミミセンが何かに気づいたようだ。

「そう、ボクもシロクロに暴力をするよう煽ったので、罪メーターが貯まっている」

メーターを見てみると、シロクロとは別の項目にも貯まっているのが確認できる。

これがガイドの罪メータなのだろう。

そういうのも測ってくれるのか。

「案外ちゃんとしているんだな」

「そうだよ、すごいアイテムだブフェっ!」

俺は罪罰メーターの効果に感心しながら、ガイドの頬を引っ叩いた。

「いてて……あ、まだ罪メーターが残ってるね。さっきの6割くらいの力で、もう一回叩いて」

まるで、マゾみたいな言い方だな。

俺は少しだけ鳥肌が立った。

(#58-4へ続く)

2018-06-30

anond:20180630225131

そういう広告アレルギーの人がジャパニーズ2018で言うところの「ガラケーおじさん」と同じ扱いになるだけで、

他の多くの一般人にとっては特にデメリットメリット相殺しつつ粛々と普及していくだけだろう。

なんてったって単品3000円とかだからな。導入のハードルがクッソ低い。

ただ、ソフトウェア的にまだ甘い部分が多いので完全かってーとそうでもないけど。

anond:20180630171933

まーでも年齢関わらず選び放題になる人生なんだから粛々と学業に打ち込んでおいてええんやいかなあ。

我慢でけへんならぷにあなミラクルDXに頼ればええねん。

妊娠病気だと思うようにしてから気持ちが楽になった話

絶賛つわり中の妊婦です。

症状は、

乗り物酔いのような気持ち悪さがずっと続く

青汁を飲んだ直後のような苦味を口に常に感じる

・体温調節が下手になり突然滝のような汗が出たり寒さでガタガタ震えたりする

・ある特定の物しか飲食できない。それも1〜2日で変わる。

あとは細かく言うと頻繁なめまいとか頭痛がたまにとか。

自分嘔吐がないのとダイエット中のOLよりちょっと少ないぐらいの量なら食べることが出来るので、症状は中程度だと思う。

こんな状況がかれこれ2ヶ月。会社には行けていない。要介護

掃除洗濯食事さら自分の看病など家事の130パーセント現在夫がしてくれているのでそれには本当に本当に感謝しかない。大好きなW杯観戦中でも寝室で自分が唸り声をあげれば、「大丈夫?何か飲む??」とお見舞いに来てくれる。自分が弱音を吐くと励ますのでもなく面倒くさがるのでもなく「そうだね…つらいね可哀想に…すごく頑張ってると思うよ」と闘病中に聞きたい100点満点の回答をしてくれる最高すぎる夫。

そう、これは闘病。

いくら医学的に病気認定されていなくても、つわりの症状は『病』と言わずしてなんと言うか。

現在マタニティモードトランスフォーマーしたボディは新たな生命を生成することを第一目標としている為、それ以外のもの二の次三の次にされているのだと粛々と感じる。痛みを伴う改革というやつなのかな。わたしライフはもうゼロよ。

お腹に宿る我が子を感じることは、ほぼ、ない。

妊娠初期なので見た目も変わらず、胎動なんてもちろんないし、体重は減っていくばかりだ。

ただ唯一存在認識するのは2週間に1回のエコー検査。画面に映るボヤボヤした映像の中からかろうじて「我が子?」と認識出来た1分間だけは幸せを感じることが出来る。そんなぽやぽやタイムも家に帰宅する頃には終わる。

まだ最初の頃は良かった。

つらいながらもこれからの為に頑張ろうという気概があった。しかし、2週間…3週間…と続くうちに頭がおかしくなってきた。

不調が回復しない辛さ。いつまで続くのかという不安職場迷惑をかけている罪悪感。自身も忙しいであろう夫に負担をかけ続けている不甲斐なさ。

ベランダを見つめて、この柵を、ひょいと跨がれば、もう苦しみが終わるのかなと考えたり……

考えてみれば体の不調が回復しないまま10日以上続くというのは、人生初の体験なのかもしれない。原因がなんであれ体調不良が続くと人間おかしくなってくる。

楽しいことを考えよう。つわりがもし落ち着いたら現在絶賛賛否両論中のマタ旅に行く妄想しよう。無理だ。何かを楽しむ余裕はない。行くなら養生施設的なところで体をなんとかしたい。

そうだ、自分は今、マイナス状態ゼロに近づけたいんだ。

妊婦生命力の塊のようだと思っていた。もう一つのいのちを育むプラスエネルギー集合体であると。自分もそうならねばと。

しかし、実体は程遠かった。寝たきりで動けず、社会生活とも離れ、体は弱っていった。

生命力の塊と言いつつも常に「死」も意識していた(前回の妊娠流産だった)。

要は自分が思っていた妊娠像とのギャップに苦しんでいたっていうありがちなやつだったのかな。

それからは、妊娠状態の体はプラスなのではなく、マイナス状態なのであると思うようにすると正直気持ちが楽になった。我が子をマイナス権化のようにしてしまう気がして申し訳無かったが、子は子、妊娠中の体の不良症状とは別だと考えるようにした。

つわり自体はまだ解決してないけど、妊娠が終了すれば嫌でも終わる。優しすぎる夫と、そしてその夫の子供がいてくれる。これから先まだ色々あると思うけどもうちょい頑張ろう。

以上、妊娠初期を始めて経験した感想です。

2018-06-29

anond:20180629130938

増田にも書いたが、「緊急避難」と「無視」は異なる。

法に則って粛々と通報してもらいたい。

anond:20180629115938

当然、ラベリングしてヲチしたり

かにつけて揶揄したり

変な言葉を返したりせず、本当にただただ粛々とやるんだろ?

大歓迎じゃね?

僕もやるから君もやろう

2018-06-28

私たち低能先生にもHagexにもなり得るのか

逆張り

イケハヤはあちゅうは言うならばはてブ界隈では叩きまくっておけば安易賛同が得られてスターが稼げるボーナスステージだ。

そのボーナスステージになる所以になる事を当事者の二人はしてきた訳だが、こいつはゲスから叩かれて当然という自分達のやり方になんら疑問を持たないでいる姿勢は気味の悪さを感じさせてくれる。

大抵の人間はそれに乗っかるか、不快に感じてもこいつらと関わらないでおこうとスルーするだろう。でも、低能先生はそれをしなかった。いや、出来なかったのだろう。何故ならその彼等の逆を張る事で自らを注目の対象として引き上げられる事が容易になるからである

ボーナスステージなのにいきなり逆走をし始めて当たりもしない甲羅をぶつけにきたらみんなの気をひいてそれからドン引きされるだろう。それと同じ事である

・こいつは叩いてもいいと言う集合知に耐えきれなかった説

インターネットスラングなどの流行であちこちネタにされた結果、本当に好きであるファンが傷ついた例を皆さんは聞いたことはないだろうか。

そう言う人間最初擁護に走るけども、最終的にはその現状を受け入れて鍵垢に引きこもって仲間内で慰め合うか、そのネタにしている奴らを巨大な属性(オタク、男など)と位置づけ呪詛を吐き続けて鍵垢に引きこもるようになるかのどちらかになる。

インターネットで一度決まった叩く流れを変えるのはなかなか難しい。でも、それに対して声を上げるのは物凄く勇気のいる行為でありリスクの高い行為である

インターネットでは表現の自由だのとよく叫ばれているが、叩いてもいい人に対して擁護の声を上げる人間に対して嘲笑したり理詰めで攻撃したり信者ファンネルだとレッテルを貼る光景を見たのは一度や二度ではない。そこからこじらせて誹謗中傷行為に走ったとしても、悪くないとまでは言わないがそう言う行動を取るのが彼にとっての自衛行動なのだと言う事は理解できる。彼は自分の居場所を主張する為に荒らしていた。私はそう理解している。

http://mubou.seesaa.net/article/460211645.html

この記事なんかを見ると書かれている事は正論のものである。確かに殺されていい人などいないし、殺人は不当な行為であるし、被害者責任を求めているのは間違っているだろう。

荒らしに対して通報するのは当たり前な行為である。これが問題だとすると今後通報することができなくなってしまうと言って健全インターネットライフ侵害されていることに恐怖し怒りを抱く。これも間違いではない。

そしてブコメや他の記事にも並ぶ「Hagexは他の炎上ウォッチャーのような無理筋批判はしなかった。筋は通していた」という文字列

そう、これらは全て犯罪者荒らしが悪い。俺らは殺される理由などない被害者だという事を延々と正当化しているだけなのだ包丁や銃を持った人間自分達を延々と正当化した所で無惨にも殺されてしまうのであるボーナスステージだと思って他者への嘲笑や愚弄を煽るような事を繰り返していたらこうなりかねないという最悪の実例が生まれしまったのだ。

彼が出頭前に残した増田に書かれていた最初の一文は「おいネット弁慶卒業してきたぞ」である

実際の所彼の行動はネット弁慶のものであった。しかし、そのネット弁慶卒業したいと思わせたのは低能先生と名付けてボーナスステージのように嘲笑していたはてなー人達では無かったのか。

その責任を見なかったふりをして犯罪をする人間が全て悪いと言うのはあまりにも都合が良すぎるのではないか人間像を押し付けて心の安寧を図っているのはどちらの側なのか。

そもそも論として言うならば他者嘲笑したり愚弄を煽ったりする事自体が悪であるという事を忘れてはならない。はてなインターネットではみんなこれをやっているから悪であると言う自覚希薄しているのだろう。

私は低能先生嘲笑したりせずただ粛々と通報したいだけだという方が入られたら不快な思いをさせてしま申し訳無いと思う。しかHagexはそんな事をしなかったという意見は、じゃあなんでこいつは刺されないと行けなかったのかという事になる。

いじめ原理として「客観的に見ておかしいと思ったらいじめ」「やられた当事者がそう感じたらいじめ」という両立した定義がある。自分達はそう感じてなかったとしても彼はそう言う風に解釈してしまったのだろうと私は思っている。

最後結論を述べるとボーナスステージ感覚で叩かれてもいい人間嘲笑したりする人間Hagexのように刺される危険があるし、そのボーナスステージに乗らずに反感を覚えてしまう人は低能先生のように刺してしま危険があるという事だ。

しかし、人間はそれらを自制する能力があると思うしそうなる前に相談する勇気を持って欲しいと思う。

今回の事件他人事では無い。しかし、私は人間可能性をまだ信じたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん