「粛々と」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 粛々ととは

2018-02-25

anond:20180225083345

元増田はどっちかって言うと、障害のものより発達障害は何かしら才能を持っていると慰めてくることに腹を立ててるように読める。

しかにそういう風に言っても始まらんだろうなということは理解できるな。

下手な慰めより粛々と支援していくことが最良の対処だと思う。

2018-02-22

anond:20180222105111

良心的なPさんが悲しんでいるのはつらいし、攻撃的な人は怖いし、やめる宣言をする人も多くてよくない空気ですよね……。

ゲームのガッカリ感もめっちゃわかります

アニメは背景でしたが、個人的にはアイドルになる前の担当を見れてラッキー!!と思っています

FRAMEなんかは前職の仕事中ですごくうらやましかったです。

二期は後半に声がついたユニットPも大勢満足できる出来だと良いですよね。

アニメCDライブを見ていると元気なジャンルだと思っていましたが、終わるかもみたいな不穏な空気もあるんですね。

制作ユーザーの信頼がないというのは確かに感じます

私はまだちゃん担当理解できていないのでわかりませんが、モバとステで矛盾が生じているとか、モバと別次元だとしてもキャラ性格整合性がないとか、そういうシステム以前のご意見を見かけました。

自分にできる範囲お金出しつつ、粛々と意見出すしかないんだよね。結局。

コメントありがとうございました。

がんばります

anond:20180222002742

アニメでは背景キャラだったアイドルが好きでsideM追っかけてます運営に対しての不満も多いけど、なんというか最近の界隈の空気きついよねえ。

アニメ活躍できなかったキャラやそのファン担当P)の受け皿として期待されていたアプリゲームが、現状アイマスの他シリーズはもちろん主要な女性向けのアイドルものソシャゲと較べてもかなりガッカリゲーム性キャラローテーションの不均衡、集金圧力などで)な出来になってしまっているというのが地味に界隈にストレスが溜まっている大きな理由の一つであるような気がしないでもない。

サイゲのパワーもあり派手に稼いでいるモバマスデレステ、765直系続編としてバンナム直々に制作運営されているミリシタと較べて、結局所sideM女性向けだし制作チーム自体前者のタイトル群と較べてやる気がない・おろそかにされているのかも……みたいな言説すら最近時々見るので。

なんというか全体的に優遇キャラのPにも不遇キャラのPにも「このコンテンツ本当に来年も存続しているのか…?」的な不安感が漂っている感じはある。アニメしっかりやったし、ライブの盛り上がりようとか(チケ商法あったとはいえ)CDの売れっぷりとか見るだけならジャンルトップレベルとまではいかずとも中堅どころにしてはぜんぜん盤石だろうと思えるんだけど、いまいち制作自体ユーザーからの信頼が寄せられていない気がする。だからといってまずキャラ中の人に叩きが向かうのはちょっとからないが。

自分にできる範囲お金出しつつ、粛々と意見出すしかないんだよね。結局。

2018-02-20

anond:20180219232323

薬物乱用に権利なんかねぇよ。

粛々と規制されるだけ。

タバコが片付いたら次は酒だ。

200年もあれば地球から消滅してることだろう。

それが人類の為。

2018-02-18

anond:20180217171055

話がループしてる。彼らは「粛々と」乗車なんてしていない。

anond:20180218095656

喧嘩になってめんどくさいからでしょ。店員通報ぐらいはするが、店も店頭で客と喧嘩なんかしちゃったら店の雰囲気を落とすから及び腰

警察を呼んで粛々とレッカー持っていって警察対応してくれるようにせよ!という話ならわかる。警察が動くとなると、立法化が必要だけどね。

女性専用車両は「いやあれは男性でも本当は乗れるんだ!男女差別だ!ふじこふじこ!」

というやつはいから論争になる。

だが、障碍者スペースに障碍者以外が止めるのは良くないというのは完全な共通認識から

2018-02-17

anond:20180217170852

「誰でも乗れる一般旅客車両に粛々と乗車する行為自体問題無いってことで良いですかね

anond:20180217105041

あの動画とやらは存じ上げませんが

誰でも乗れる一般旅客車両に粛々と乗車する行為のどこがパフォーマンスなんだよ、答えてみろ。

ということへの回答にはなっていないような気がしますねえ

anond:20180216231257

踏み倒された側の人間だけどさ

言ってることはホントそう。

結局、刑事事件や、金額が莫大でない限り

弁護士裁判所を含めた関係者全員、

誰も本気では動かないし

面倒なことには首を突っ込みたがらない。

事務仕事として、目に見える範囲のことを

粛々と仕事として片付けるだけ。

裁判で明らかに相手が嘘をついてても

それを誰かが取り締まったりはしないし

こちらが「虚偽だ」と騒いでも

その実証こちらがしなければならないし

そんなことは捜査権限のない人間がそうそう出来るものではない。

結局、ウソつくことを

躊躇しないクズ悪人が強い制度裁判

真実を話す、嘘はつかない正直者は

無力に馬鹿を見るだけ。

去年まで裁判してて本当に思い知ったよ。

anond:20180217100012

今回の騒ぎを起こしたレノン(だっけ?)のTwitterや今までの活動を見た上でそれ言ってんのか。

どこが粛々となんだよ。勝手印象操作すんな。

anond:20180217095712

誰でも乗れる一般旅客車両に粛々と乗車する行為のどこがパフォーマンスなんだよ、答えてみろ。

2018-02-08

twitter文学賞加藤シゲアキ

twitter文学賞という賞の投票

ジャニヲタが「加藤シゲアキに1票を!」と投稿をあおいで

主催者側が投票の呼びかけに苦言を呈し、

組織票問題文学ファンジャニヲタで少し荒れていた

組織票」はネガティブなのか?

http://yuzukonbu.hatenablog.com/entry/2018/02/05/014146


私はジャニヲタしか加藤シゲアキグループファンだが投票の呼びかけに違和感を覚えてスルーを決め込んでいた


例えば私は作家では歌野昌午が好きなんだけど、

そのファンがなにかの賞の投票時に必死

「歌野昌午に1票お願いします」と拡散させたりしてるのを見たことは無い

(私が見たこと無いだけなのか?)


内容が好きそうな人がいたら個人的に「こういう本があるよー」と薦めはするかもしれないし、

自分が読んで面白いと思えば投票するが

頼んでまで票を入れてもらおうとする文学ファンっているんだろうか?

あまつさえTwitter上では

「なにその賞ー?読んで無いけど入れるー」

「お願いねー」というようなやり取りも見かけた


今日ジャニーズウェブという会員制サイト加藤シゲアキ氏本人が

Twitter文学賞に敬意をはらいつつ、

要約すると

気持ちは嬉しいがNEWS加藤シゲアキからという気持ちで票をいれてくれるな

という内容を投稿した


それを受けてもTwitter上では

ジャニーズからダメなの?」

応援するなってことなの?」

「本当に本が素晴らしいと思ったか投票したのに」

「裏でなにか言われたんでしょうね」

ぶっちゃけシゲが書いた本だから買ってる。それのなにが悪い」

というようなつぶやきも見受けられて悲しくなった

なにより加藤シゲアキがかわいそうに思えた


本人は応援するなとも投票するなとも言ってない


twitter文学賞趣旨を含め、投票への呼びかけがなぜ咎められたのかということの本質を考えてほしい

作家人気投票では無いし、

それを許してしまったら本当に良いものも埋もれてしま

もちろん加藤シゲアキの本がいいものでは無いとは言ってない

投票の呼びかけなどせずに

いいと思ったもの粛々と投票すればそれは立派な応援だと思う

どうせジャニーズの書いた本でしょ

どうせゴーストライターでしょ

本を出す度にそのような読まぬ評論家から批判も甘んじて受けながらも

作家活動を頑張っている人をそのファンさら立場を悪くするのか

どんなに文学真摯に向き合っても支持者がそういう考えだということで「ジャニーズから」という色眼鏡さらに色濃くならないことを切に願う

2018-01-27

anond:20180127181336

偉そうなこと言ってPEZY叩いている人達から何の実績も見えてこないのマジ目が曇るわ

無能嫉妬から能力があったら犯罪を犯してもいいのか」と言い出すから疑いようもない能力の人が批判してほしい

加えて検察に「突撃隣の研究費」されて「この予算をこれに使ったら別案件に流用できてしまうことを認識してましたよね?」と痛くない腹を探られても粛々と対応できる人

「付き合ってください」って言ったの?

彼氏が欲しい、彼女が欲しいと言う話はよく叫ばれる。

私もご多分に漏れず叫んでいる。

そんな中、この世界では粛々とカップルが成立している訳だ。

これを辛酸の極みと言わずしてなんと言おうや。

 

でもどうしたら良い。

付き合って欲しい人に「付き合ってください」と言えば良いのか。

世の中の彼氏彼女持ちの先人たちはみんな同じように言ったのだろうか。

そんな非現実的な事を。

少なくとも凡人に出来ることではない。

私などは遠目に見て「(ふわあああ!えええわあああああ!😭😭😭😭)」などと思っているだけである

どうしてそんな事ができるのか。

告白訓練校でもあるのだろうか。

2018-01-19

はてな記事アカウントを消された人って、どうしてはてな文句言うの?

どう考えても悪いのは削除要請した被告発者だよね?

はてなとしては抗議が来たらガイドラインに従って粛々と削除するしかない。

警察でもないのに「こいつは有罪から告発は消さない」なんて判断ができるわけないじゃん。

「俺は正しいことをしているのにはてな犯罪者の肩を持つのか」みたいなのって逆恨み以外のなにものでもない。

2018-01-18

anond:20180117212219

俺、髪切られながらのトークが大っ嫌い。

無理に会話の糸口見付けようとアレコレ詮索されるのが本当に苦痛

居眠りしてる間に黙々と粛々と完遂して欲しい。

2018-01-03

明日推しアイドル引退する。

彼女出会ったライブのことは、今もわりと鮮明に覚えている。夏の、そう暑くない日。狭い6畳一間の自室でやることもなくだらだらしていた僕のところに、友人が突然訪ねてきた。車に乗れという。断る理由もなかったので着いていくことにし、車内でどこに行くのかと聞くと、あるアイドルグループライブで、それも年に一度の規模であることを知らされた。正直、存在としてかろうじて知ってはいものの、曲なんてまともに聞いたこともなかったし、メンバーほとんど知らなかった。とりあえず車内で一曲だけ、それもぼんやりと覚えることしかできずに会場に着いてしまった。恐怖。緊張。何一つグッズを身に付けることもなく、ペンライトを一本だけ借りて知らないコールとともに迎えたオープニング。正直、セットリストの曲はほとんど覚えていないし、覚えた曲はわりと序盤で出てしまったし、会場の隅っこで大して盛り上がりもしないし、迷惑な観客だったと思う。そんな中で、僕は、彼女の一途なまでに一生懸命一挙一動に、目を奪われていた。誰ひとり、手を抜いているわけではなかった。その中でも彼女は、群を抜いて一生懸命で、だれにもない輝きを放っていた。帰りの車内で彼女を推すと宣言し、友人との会話もそこそこに、ひとり静かに興奮していた。彼女を、応援したい。その思いが、燃え上がっていた。

それからは、次々とライブに通った。彼女にまつわる情報記事や、ちょっとした映像や、その他もろもろにいたるまで、調べに調べた。遅ればせながらのファンである自分にできることをひとつでも多くしたかった。資格試験に追われながら通った冬の二日間、たった一日の休みで行った夏、フェスの1ステージ、さまざまな地方公演、どこでも彼女一生懸命で、そして仲間思いで、グループの中心で、誰よりも真摯ステージに立っていた。わちゃわちゃした、楽しさのかたまりみたいなステージで、みんなが海に飛び込んで思い思いにはしゃぐ中、彼女は波打ち際で髪を振り乱して跳ねまわり、それでいてみんなが遠くに流されないように、しっかりと見守っていた。

彼女はその特徴からグループの顔としての性格ライブ以外の場面では背負うことが多かった。いろんな場所自由に泳ぎ、また重い責任を自ら引き受けているようでもあった。その姿はどこか、ステージの上の彼女とは違って見えた。どちらがいい、悪い、というものでもなかっただろう。きっと、彼女のできる一生懸命ひとつだったのだろう。そのことには気付かず、僕は違和感のまま、いつしかメディアに登場する彼女を追いかけるのをやめてしまっていた。結局、ステージに立っていない彼女に会うのが怖くて、ほとんど、接触に行こうともしなかった。一度だけ彼女と撮った写真はもうほとんど、見返すことすらない。

よくも悪くも、変わらない新年だった。正確には、はずだった。グループを、大きな不幸が襲った。僕ですら、受けた衝撃は未だにどこか残っている。ましてや彼女たちなんて、どうしようもなく計り知れない。それでも、ツアー淡々と決まり粛々と予定通り始まった。正直、延期しないかな、とすら思っているなか迎えた初日、完全に楽しむ準備ができていなかったことは、一つの事実だった。自分気持ちというよりは、彼女たちが背負いすぎてしまっているのではないか、そんな不安があった。楽しそうな、今までに見てきた彼女たちしか見たくない。わがままだとはわかっていても、せめてステージの上でだけ、楽しい夢を共有していたかった。明らかに異質で張り詰めた空気の中、幕が開いた。勇壮テーマ曲とともに、彼女たちが登場してくる。胸を張って、堂々と。翳りはどこにもなかった、とはいえ、まだ一息つけただけにすぎない。まるでサーカスの綱渡りを、一番大切な人が、しか命綱なしで渡っているような、祈ることしかできない感覚。次々に歌われる新曲を聴きながら、思いを振り切るようにずっと彼女の表情を、動きを追った。きっと何もないどころか、乗り越えたような顔をしているに違いない、そんな見込みすら、彼女一生懸命さには甘かったのだと思い知らされた。無理やり変えさせられるこの状況、それすら彼女は乗りこなそうとしていた。僕は安心するとともに、彼女たちの幸せを願うことしかできなかった、その無力さを思った。

ツアーは続き、最終日を迎えた。この日が山場になることは、タイトルからも明らかだった。乗り越えるべき壁と、登った先に見える風景。それを確かめるための日々が、確かにここにあった。そしてまた、徐々に彼女の変化が、かたちとなって現れていた。とはいえそれがどういう意味を持つのか、僕にはわからなかった。彼女なりの戦略であり、そう振る舞うのが「正しい」と信じて疑わないようでもあり、その圧倒的な説得力は、信じることしか与えなかった。

夏が来た。一年に一度の、楽しい夏祭りだった。最初に行ったときよりもみんな、歌もダンスも上手になっていたし、楽しくならない理由はなかった。そしてその通り、僕は思いっきり楽しんだ。

余韻の残る翌日、彼女から発表があった。予告されたときはまだまだ、祭りのあとの甘い気分の中にいた。一人の仕事が増えていたし、それに関することなんだろうな、くらいにしか思っていなかった。そんな中発表されたのは、彼女グループ卒業する、ということであった。

大きな衝撃を受けたことは覚えている。ステージの上の彼女はどこか永遠だと思っていたし、彼女はそのぐらいの輝きを放っていた。そのことが、事実でなかったと改めて思い知らされた、その衝撃だった。とはいえ、不思議なことに、悲しみとか怒りとか、そういった行きどころのない感情は湧いてこなかった。彼女はいつでも一生懸命で、いつでも正しい。これまでもそうだったように、これからもそう、という信念が、確かにあった。

それから彼女は、今までの変化を、よりはっきりと押し出してきた。それは、自分が周りを照らすこと、そうして周りのメンバーの魅力に、しっかりと気づいてもらうこと。自分が道を示して、また自分がいなくなったあとの、その道筋を作ること。そのために一生懸命になっている、そう感じられた。今まで以上に、自分が目立てばまたそれが、グループのためになる。そういった覚悟すら引き受けているようだった。

そうして一日一日、彼女卒業までの日々が近づいてきた。悲しさはもちろんある。とはいえ、アイドルファンでもある彼女が、アイドルである自分を楽しんでいる様子は、見ていて微笑ましくなるほど楽しいし、どうしようもなく嬉しい。彼女はきっと、自分グループの、一番のファンでもあった。あってほしい、という夢くらいは抱かせてほしい。

これから最後の幕が上がる。その最後ステージが、どうなるのかは見当もつかない。ハチャメチャで、楽しくて、彼女たちがこれからもずっと幸せでいてくれますように。

2017-12-31

長崎は凄い

長崎県教育センターかいうところのサイトを見ていたら不具合があったのでお知らせ入れとこうと思ったら、連絡先が電話FAXしかないのな。

Webコンテンツ扱ってるのに、オンラインから連絡できんって、どういうことよ。

ま、役所ってそんなとこなんかなあ。

けっこう、infoをドメイン名の前につけて送ったらメール届いたりするのかもしれんが、それも鬱陶しいし。

こうして不具合発見されないまま、粛々と運用は進むのだろう。

2017-12-25

そろそろ、はあちゅう氏とMetooで消耗するのはやめて事後処理に入ろう

【要点】

はあちゅう氏は(社会のためには)今回のタイミングMetooすべきでなかった。もし日本Metoo運動スタートさせようとしていたのなら、その試みは既に失敗に終わった。

はあちゅう氏は日本セクハラ被害者の中に大きな爆弾を爆発させた。後に残ったのは、焼け野原でも逞しく生きることができるはあちゅう氏とその他大勢の屍である

・いま社会がよりよくなるための最善な手段は、はあちゅう氏のMetooは一旦リセットし、粛々と建設的で実効性のある対応策を議論することに人手を割くべきだ。

 

【お定まりの前提】

今回の件で明るみに出た岸氏の行為は許されることではなく、批判されるべきことである。(ただし、岸氏も含めて今回の登場人物全てに対して、人格攻撃はすべきではない。2人ともに人権はある)

 

【本論】

現在セクハラ告発したはあちゅう氏の一件は各所で爆発・炎上を繰り返している。そして尚も拡大中に見える。

 

彼女告発をした理由は分からない。本人は、このタイミング名前を売りたいという意図があったかもしれないし(※1)、岸氏が前所属を辞めたから言い出せるようになったかもしれない。もしくはよっぴー氏との会話の中で決意したのかもしれない。本人にとっては勇気のいる行為だろうし、BuzzFeed記事で公開された情報のみから考えると告発自体は正当なものだ。

 

ただ、今回BuzzFeed日本Metooキャンペーン鏑矢としてはあちゅう氏を登場させたように見える。そして、目論見は失敗に終わった。Metoo運動は、従来不可視化され社会無視されてきた構造的抑圧を可視化する、被害者たちの抵抗運動として発生したものだ。だが、この「従来不可視化され社会無視されてきた構造的抑圧」とは彼女が今までしてきたこと(むしろキャラクターのコアパーツ)と重複して見えてしまう人が多いのだ。簡単にいえば「お前が言うなである

 

お前が言うな」は本来誤謬である。実際、初期の頃ははあちゅう氏に批判的な立場の(もっと有り体に言えば彼女のことが嫌いな)人からも支持する声が多かったように思えるが、一部の人からお前が言うな理論を投げつけられてしまった。そして日本版Metooの不幸はここから始まった。

 

はあちゅう氏は静観もしくは黙殺すればよかったものを、批判者の感情逆撫でする形で反論してしまった(※2)。そして起こった事象としては「炎上である。これにより彼女批判的だが支持する層はハシゴを外されてしまった。そこからは、ネット界隈の有象無象が参戦し泥沼状態となり、ネットおもしろコンテンツとして消費されつつある。結果的に、構造的抑圧が見えないだけで大量にあるんだ、ということに耳目に集めて議論を深めるMetoo運動は起きず、はあちゅう氏本人の言動挙動に耳目を集まっている。そういった意味日本Metoo運動は終わったと言える。この燃え盛る炎を見たら現在声も上げられていない名も無き被害者たちは、声を上げるのを躊躇うだろうし、声を上げたところではあちゅう氏の方に注目が集まっている現状では効果は薄いだろう。

 

これを喜んでいるのは、今回告発されなかった無数の加害者である加害者いちばん恐れているのはMetoo告発相互作用的な増加だが、その心配が格段に少なくなっているのだから

 

では、いま社会がよりよくなるためには何をすべきか。それは、はあちゅう氏のことを静観もしくは黙殺することだ。彼女リソースを割かず、名も無き被害者たちに注目すべきだ。そして、告発合戦ではなくどうしたら再発防止ができるのか、広く事例を集め、対処方法を考えることではないだろうか。

 

なお、結論としては、はあちゅう氏は今回の告発すべきではなかったということになるが、それは岸氏の行為容認する訳ではない。あくま日本Metooの嵐を発生させ、それによりセクハラ被害を撲滅するムーブメントを起こそうという視座に立った場合結論である。今回の告発彼女報復と捉えるならば、それは成功しており告発すべきだったという結論になる。(※3)

※1 それ自体は悪いことではないと個人的には思う。告発正当性が有るならタイミングは本人の自由だ。それが金銭的な収入に直結するような目論見があったとしても、褒められることではないかもしれないが、否定はできない。

※2 はあちゅう氏が反論することは本人の自由であり、反論する行為自体を誰も批判できない。ただし、反論の論旨に正当性があるのかは別に検証すべきであるが、本稿の趣旨とは外れるので言及しない。

※3 個人的報復をすることは、私刑にならない限りにおいて(法律に反さない限りにおいて)、容認されるべきだ。今回は法律に反していないので、はあちゅう氏に非が有るとは思わない。

2017-12-22

anond:20171222102748

そういう意味では「セクハラ」なんて新概念啓蒙しようと運動家の人が思わず粛々と性犯罪」として取り上げればこういう混乱は起きないと思う。法律ダメなのはセクハラではなく(性)犯罪なんだから

anond:20171222001319

セクハラされても我慢して訴えろっていうんなら、ネットリンチされても岸のほうが粛々と訴えたらいいだろ。

逆らいにくい力関係を利用してハラスメントされた側が痛みを我慢して負担を背負って訴訟しなくちゃいけないんだよ。

んで、最後おっぱい好き!みたいなの、性的被害勇気を持って告発する人たちの運動に対する茶化しで

こういうのがオモシロイと思っていっちゃえるの、ほんとすげーって思うよ。

あの童貞だいすきさんが一番最初にやったことって

勇敢によくやった!とか言われてるけど

あれ結局ただの私刑じゃん

ふだんせっせとインスタ蝿してるやつらが「悪を駆逐する!」みたいなあっさい正義感のもとブームに乗っかって法治国家であることをまったく無視してウェーイ

それに「勇気を持って告発したのは偉い」とか言って賛同してる冷静で聡明ぶって外野ども

もうこれ単なる中世じゃん アホかっつの

これが私刑じゃなくてなんなんだよ

ほんとに広めるべきは護身方法とか逃げ方とか逃げる先とか相手を法的に倒す方法とかだろ

打算はないとかんなわけあるかぼけ ないなら粛々と訴えればいいだけだろ 

訴えて勝って前例をつくってから共有したほうが100億万倍有意義だし正しいだろ

けっきょくただの正義の味方ごっこしてるやつに正義の味方ごっこしてるやつが助太刀して正義の味方ごっこしてるやつらがうんこ投げつけてるだけじゃねーか

おれはおっぱいがだいすきなんだよ!

死ぬほど!!!わるいか

2017-12-21

https://anond.hatelabo.jp/20171220195315

長いし大した内容でもなさそうなので読んでないけど

あふれんばかりの才をというかあふれちゃった才能を

出世収益のために使うのはチートだとしてもそれは

べつに問題のない合法的正攻法チートでしょう。

ただ仕事関係ないところの才を評価個人権限

評価されることは差別的だということは言わなくても

わかることでしょう。仕事評価された結果が給料

なるというあたりまえのシステムのうえで能力以外が

給料評価基準になるのはいわれなき不利益すなわち

差別です。もちろんそんないい加減な裁量評価者や

仕事の程度よりも高い評価を受け取っている従業員

そこにいるべきではないと判断を下す必要性があると

いうことはあきらかなので、なんらかの措置を受ける

べきだということもたしかです。しかハラスメント

被害者保障されるべきなんらかの利益還元される

べきだと言い出すと、それを目的としていようがして

いまいが結果利益になることすなわち永遠に被害者

なる素材でいつづける弱者というポストを牛耳る事に

なり結果救済とは大きく離れてしまます被害者

個人としてはもちろん救済されるべきですが、救済の

必要ありとして救済対象者を救済目的調査追求する

ようになったりそれを擁護するといった第三者の協力

などはそれ自体を貶めることになるわけです。実際に

どういうことになっているか、なったのかを見れば、

単純に正義をふるって正論をかざした結果望まれない

結果になってしまった前例をみればわかること事だと

思います。つまり当人がそれをどうして欲しかたか

今後どういった対処必要なのかを申告し粛々とその

履行をすることが最善であるのを前提に方法について

論じたり理想のかたちに近づくよう努力すべきです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん