「飲み会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 飲み会とは

2017-11-23

童貞の人が気になってる

アラサー女。

同じ職場童貞の人がちょっと気になってる。

童貞かどうか知ってる理由は、前に同期だけの飲み会で「彼女いない歴=年齢だよ!」って言ってたのを聞いてたから。

いまの仕事は悲しいほど出会いがなくて、彼氏と別れてからの期間も長い。

そんな中同じアニメが好きだったりして仲がいい彼のことが少し気になっているのだけれど、正直、寂しさに負けてるだけなんじゃないかという気もしなくはなく。

浮ついた気持ちで、彼の「はじめて」を簡単に奪ってしまっていいのか、というところで踏みとどまっている。

デートとかそれ以上のこととか、もっと彼が本気で好きになった女の子としたほうがいいんじゃないかって。

2017-11-22

anond:20171122192440

元増田です。

ありがとうございます

でも他の同僚とは趣味とか金銭感覚とか結構近くて話しやすいのですごく貴重な情報交換場所なんですよね…。

愚痴ついでにそのかわいげのない女同僚について、それはないだろという流れになった会話をいくつか。


元の会話「Aさんてすっごく髪キレイだよね」「うん。うらやましい」

Aさん「ありがとう。でも髪の量が多いからまとめるのとか大変なんだ」

その女「あー、私もよく美容室で髪の毛多いですねって言われます

↑てめえは剛毛だろうがよ!

元の会話「最近彼氏喧嘩しちゃって。浮気かも」

その女「男ってそんなもんでしょ。そういうもんだと思って付き合わないとダメ女になるよ」

↑てめえ、脳内以外で彼氏いたこあんのかよ!

他にも共同購入すると安くなる通販をしようって話をしてたときに「共同購入って胡散臭い」「自分はそんなの使ったことない」とか散々文句言いつつ誘い受け状態で結局一緒に買うことになって、それで商品が届いたあとで「やっぱり自分には合わなかった」「無駄遣いした」とかブチブチ愚痴を(本人はユーモアのつもりらしい)しばらくこぼしてた。

勘違い野郎な側面もあって、飲み会とかで気を使ってお酌をしてくれた年下の男社員に「私に気があるのかな。困るんですけど」とかニヤニヤしながら話してたりする。あとでその年下男社員確認したら「ちょ!冗談じゃないっす」とマジで慌ててた。

匿名からはっきり言うけど、なんか「お前がそれを言うのかよ」みたいな目線の高さがつらいんだよね。

いちいち自分語りするし、人の悩みにご意見番ぶって上から目線アドバイスかましてくる。

イライラするけど、「うるせえ!ブス!」とか面と向かって言えないよねえ。

ピクサーに長年勤めてきた職員の話として同誌が伝えたところでは、ラセター氏は「人をつかんだり、キスしたり、体についてコメントしたり」することで知られていた。

また同誌の取材に応じた複数情報筋の話によると、ピクサーの社内懇親会では、大量の酒を飲むラセター氏からキスをされないよう、同氏を避ける女性社員もいたとされる。


アメリカでも普通に社内の飲み会とかあって上司が酔っぱらってセクハラとかしてんじゃん?

出羽守が言ってたアメリカには会社飲み会はないだの酔っ払いに厳しいだのはなんだったの・・・

2017-11-21

悪影響を受けてしまった

中途で入ってきたAというやつがいた。こいつは明るくハキハキとしたやつだった。

でもどこか作ったキャラクターのような違和感を覚えて俺は余り好きでなかった。

Aは誰とでも仲良くなりたいらしく、陰キャの俺も頻繁に一対一の飲みに誘ってきた。

まりにしつこいので5回に1回程度の割合で参加していたのだが、俺がど会社内の派閥のどこの派閥にも属していないことを知ってか、関わった人たち(各派閥)のネガティブ情報ドンドン垂れ流すようになっていった。

Aは各派閥飲み会会合に潜り込んで内偵のようなことをずっとしているらしく、だれとだれが繋がってるとか、誰と誰が仲が悪いとか、派閥所属している人間には言えないことを俺に報告してきた。

いい迷惑だ。俺がどこの派閥所属していないのはそういうのが煩わしいからだというのに。まるで俺がAを使って内偵させているみたいではないか

興味ないからやめてくれといってもAは聞きやしない。

飲み会情報仕入れてきたと嬉々として報告してくるが俺はそういう「情報の探り合い」みたいな飲み会は大嫌いなんだ。普段愚痴を軽く流してスッキリする。後腐れのないそういう飲み会が好きなんだよ。お前みたいにズルズルと引きずるような密談みたいな飲み会はしたくないんだ。酒が不味くなる。

おかげで知りたくもない各派閥のいざこざや人間関係記憶されてしまって、その人達と喋るときに余計なことを言わないように気をつける必要がでてきてしまった。

オマケに密談じみた飲み会をしすぎたせいで友人たちとの飲み会もどこかつまらなく感じるようになってしまった。

Aに出会わなければよかった。酷い悪影響をうけた。

2017-11-20

anond:20171120164737

収入が安定していて実家との関係も良いか結婚相手には良いけど、魅力度で考えると「無理!!」な男と

結婚につながらない交際を続けるのは損でしかないでしょ。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

こっちは結婚展望など度外視しても、いくつかの素晴らしい贈り物をくれる関係だったわけだけど。

見た目に気をつかわず女性として扱われず、飲み会では自らを犠牲に笑いをとり、

女子大生なのに「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者」なんていうありえないほど卑屈な自己認識で腐って、

せっかくの若さ可能性、伸びしろ台無しにしようとしてた子が自ら変わることを望んだきっかけを作ったのは鼻毛元彼ではなくオフ会男。

anond:20171120163626

はあ?

見た目に気をつかわず女性として扱われず、飲み会では自らを犠牲に笑いをとり、

女子大生なのに「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者」なんていうありえないほど卑屈な自己認識で腐ってた若い子が

健康精神になれて良かったねって話なのに性根が腐ってる?

「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」で一生やってくのなんて鼻毛元彼しか得しないじゃん。健康じゃないよ

大学4年生が経験した恋愛の記録

私には3年半付き合った彼氏がいました。

大学生になってから付き合い始めた初彼氏社会人

アラサーで、多忙職種の人で、仕事が大好きで、多趣味で、友達仕事人間との関係構築も良好で、兄弟実家との関係問題なし。

何より私が勉強したいことや興味のあることを応援してくれる、まさかこれまで彼女がいなかったとは到底考えられないほど素晴らしい人でした。

私はこの人と結婚するつもりでいました。

一人暮らしが長いため生活力があったこと、自分能力を以って稼ぎ続ける人だったこと、友人や家族上司・部下といった人間関係の構築に一切の難がなく人望が厚いこと、貯金ができること、何より私を心から気遣って大切にしてくれる人だったことです。

結婚相手にはこの上なく素晴らしい、最高のひとです。

そんな彼と私にはある共通認識がありました。

自分みたいな非モテなんかが、ここまで異性に気に入ってもらえることなんて今後ありえない」です。

彼はアラサーになるまで仕事一筋、恋愛にも興味がないため、モテの何たるかを一切心得ていません。

デートでも鼻毛は伸び放題、身体微妙にあっていないサイズの服。

でも私にとってそれは、好きな人と一緒に過ごす上では瑣末なことなので、鼻毛カッター買いなよと言ったくらいで別に気にしませんでした。

彼の誠実で実直な人間性を好きになったからです。

それゆえに彼は、彼のままでありつづけながらも離れない私を見て、前述した共通認識を持つようになりました。


一方私は、高校大学時代全然モテませんでした。

もっと言うと、女性として扱われることが少なかったです。

彼氏がいると公言していたり、飲み会では自らを犠牲に笑いをとって盛り上がる側になる他、見た目にもそれほど気をつかわずに生きてきた期間も長いものでした。

またそもそもの人相があんまり良くない上にそれをカバーすることも特にしませんでした。

そんな自分でも彼は私を好きでいてくれたからです。

それゆえに私は「自分なんかにはもう異性に言い寄られることなんかないし、それでいい」と思うようになりました。

まり、「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係の一致が、学生社会人カップルを長く続かせる要因になりました。

しかし、もうすぐ4年目にさしかかるところでこの関係は終わりを告げました。

原因は私の浮気です。


きっかけは某SNS

オフ会出会ってから仲良くなった男性がいました。

いい友達になれるかも!と思い、2回目に会って食事をしたときお酒の勢いで家に連れ込まれました。

なぜ断らずに家に入ったか

彼氏多忙でなかなか会えない寂しさをまぎらわせるため

・正直、男性に求められることが嬉しかった

彼氏以外の男を知る経験をしてみたかった

から、です。

寂しさを紛らわせるための浮気、よくありますね。

そこに、自分が信じ込んでいた「自分にはもう異性に好かれる可能性がない」という思い込みを壊してくれる期待が重なります

それに、男性経験が一人の人生でいいのだろうか…?という考えもよぎります

その上お酒の力で気分がいいので尚更判断力は鈍り、結果男の家にほいほいと入って行きました。

こうして私は初めて、彼氏以外の男と唇を重ね、セックスをしてしまいました。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

ことを終えた後、酔いも覚めてきて、罪悪感に支配されました。

しかし男が持つハイスペックぶりと彼氏スペックを比べたり、「私を好きでいてくれる男がいる喜び」に味をしめるようになったり、これまで経験たことがない性的快感にハマったこともあり、オフ会で知り合った男に入れ込むようになりました。

何度も何度も逢瀬を重ねるようになりました。

何日か経って、彼氏に会った時、自分の中に異変が起きていました。

デートなのにあまりにモサっとした見た目… 行く飲食店も変わり映えのしないところばかり… セックスもあの男の方が全然気持ちいいじゃん… といったこれまで気に留めなかったことばかりが目につくようになりました。

私は彼氏以外の男と交わることで、初めて比較対象というものを得ました。

これによって私は、これまで良しとしていた彼を「無理!!」と感じました。

何より「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係崩壊たことが決め手でした。

こうしてもう彼氏として見ることができなくなり、気持ちが離れていきました。

3年半も付き合ってきたのに、あっけない終わりでした。

長かった彼氏との関係を解消し、オフ会で知り合った男にいよいよ本気になった私は徐々に、自分所詮セフレ以上の存在にはなれないことを悟ります

私以外にも同じように、オフ会で知り合ってセフレにしている女が何人もいたことを男本人から伝えられました。

私を好きになってくれたのではなく、ただの暇を繕う玩具として扱っていただけのことに気づきました。

まり経験が浅い私は、こんな人本当にいるんだ…というショックを受けました。

今まで彼氏は私一人を大事に扱ってくれたので、それと同じように、オフ会で知り合った男も私を大事にしてくれるのだと思い込んでいたのです。

私はやっと、彼氏がどれだけ愛情を注いでくれたか気づきました。

自分勝手な都合で、彼氏気持ち裏切りました。

男は私がだんだん本気になり始めたとわかると、連絡を無視するようになりました。

嫌われたんだというショックよりも、自分はもう用済みなんだという屈辱的な扱いに愕然しました。

何より「気持ちが離れたから捨てた」というこの男の行動は、私が彼氏にしたことと同じです。

因果応報、彼をいかに傷つけたかに気付きました。

なんとか彼女に昇格しようとして気を引くのも、気に入られようと努力するのも、全てが虚しく感じました。

こんなことをしても私は結局幸せじゃない。

結果として私は多くを失い、今フリーとして生きています

しかし、その最低と言わんばかりの男からは、いくつかの素晴らしい贈り物をもらいました。

・恋をしたので見た目に気をつかうようになった(事実母親女友達インターン先の女性社員から見た目を褒められることがグッと増えました。美容室で髪の毛を整えたり、自分に合うメイク研究したり、ジムに通い始めたのも、オフ会で知り合った男がきっかけです。)

・「私を気に入ってくれる異性なんかいない、私にはもう次がない」などという後ろ向きな思い込みを捨てさせ、未来希望を持たせたこと(穴扱いとはいえ、頭脳や見た目はハイスペックの選別するレベルにかなったようなので、私はちゃんとすればまだまだイケるんだ!と思うようになりました。これがたとえ盲信だったとしても、後ろ向きなまま生きるよりはきっと健康的です。)

・人はスペックではなく、人間性を何よりも重要視すること。スペックだけに目がくらんで作った人間関係では幸せになれない。

自分もまた、見た目やスペックに加え、最後人間性によって選ばれているということ。

・人から好かれるためには、まず自信を持つこと。その自信を持つために、自分がやるべき仕事をきちんとこなし、よりよい仕事をするための勉強を欠かさず行い、時間厳守挨拶気遣いといった人として当たり前のことを当たり前のようにやる。そうして昨日の自分より頭のいい自分になる努力を重ねていくこと。

フリーになって自分を見つめ直したとき、気づいたのはこれでした。

自分を無理やり切り替えて前向きに生きなおすための思い込みですが、「あの男との出会い自分を次のステージに進めるための必然出会いだったのだ。私はもう二度と同じような過ちをしない。これ以上不必要に人を傷つけずにうまくやっていくための気づきを与えてくれたのだ」と思うことにしました。

そう思いながら、学生の本分である勉強を、心を入れ替えて始めました。

そしてもうしばらく、恋愛はいらないなぁと思いました。

こうして大学生活、終わると思います。読んでくださってありがとうございました。

2017-11-19

anond:20171116231358

やめちゃえば?

来週の友人との飲み会とか1ヶ月後のイベントへの参加とか半年後の国内旅行とかを諦めれば

現在犠牲にしてつらい日々を送らなくてもそれなりに生きていけるよ。

それは嫌だなあ、と思うのならその程度には幸せなのでは?

おれは色々捨てて、大きな幸せも不幸もないけれど、悪くはないよ。

つまんない奴だな・・ってそれはあんただろ

まらないやつ、ノリが悪いといいながらそもそもその原因は言っている方にある事。ゲームの話ですが、現実でもこういうタイプっている気がします。

始めからまらない話を振っておきながら、人のせいにするなと言いたい。

フィクションですが例を紹介します。

セガゲームス 龍が如く0より

佐川武闘派と呼ばれる嶋野が、何でそんなに

   回りくどいことをしているのか・・・・・・

   奴の目的は、一体なんだろうな。」

真島「さあ・・・・・・俺が聞きたいくらいや。」

佐川「フッ。案外理由は単純で、ただ単にお前のケツの味が

   忘れられないだけなのかもしれねえなぁ。」

(無言で酒を飲む真島)

佐川「なんだよ、つまんねえ奴だな。

   ・・・・・・そうだ、ひとつお前に聞いてみたかったんだ。」

二人の飲み会の席だから下ネタを言ったのかもしれませんが、つまらない話を振ったのは佐川なのですが、佐川は真島に対してつまんねえ奴だななどと言っています

しかし、下ネタの通じない相手下ネタをふったり、ギャグが通じない相手ギャグを言っている時点で、そこがもう駄目ですよね。それに気づけない佐川コミュ力がありません。

作品中、佐川は真島にとっての嫌な人として描かれているので、想像ですが、この場面一つとっても、付き合いにくい・コミュニケーションを取りにくい相手としての佐川を描いたのかもしれません。

これはゲームですが、現実ではこのようなタイプ迷惑です。

(俺は佐川みたいなタイプと関わりたくない。)

2017-11-18

既婚主婦ヒエラルキー

https://togetter.com/li/1172369

既婚主婦ヒエラルキーみたいなものが一応あってそれは「専業主婦共働き」っていうものなのね。細かく言うともっと分化されてるんだけど(専業主婦旦那年収とか勤め先とか)、とにかく、そういう価値観がある。もっともそれは絶対のものではなく最近では働く女性もそこそこは認められてきているんだけど、しかし拭い難く上のヒエラルキーはある。関東東京近県ではべっとりとあるし、都内ですらまだまだある。わたしは知らないけれど田舎だともっと強制力があるんじゃないかと思う。

根底にあるのは「女性幸せ専業主婦であり、安楽で贅沢をさせてくれる旦那を手に入れる能力女性能力として最も重要で、それに優れるものが優れた女性」って価値観彼女らは、その価値観自分周辺の既婚女性を殴る。つまりママ友共働きママは「物質的にも精神的にも貧しい家庭の女性」だとみなされる。世帯年収がすごく違えばそういう圧力をかわせるけどいまどき同じ地域に住んで同じ学校子供を通わせている人間同士そこまで差はない。百万程度の違いであれば彼女らの自尊心はちっとも傷つかない。

そういう人たちが「わたし幸せな専業ママです」アピールをするために、ボランティアしたりランチをインスタにあげたり子供の着替え袋に刺繍アピールしたりしてるわけ。自分たち幸せで間違ってないってことを主張するために、共働き主婦は貧しいか子供放置しているってことにしたくて仕方ない。

働いてる側とすれば会社やらママ友以外に世界あるしそっちで人間関係築けるからいいんだけど。パパ側も会社人間関係作って飲み会とか絶対すべきだよ。子供の親同士のコミュニティしか人間関係内とか絶対病む自信あるわー。子供にも早めに学校以外での人間関係を与えてあげたい。

はてなフェミフェミ騒いでる人はそういう現実をちっとも見てない感じするよ。専業主婦ホントは一番フェミ否定者だよ。世の中の大部分は光のささな暗黒大陸だと思う。 

公務員労働組合に入るべきではないという話

労働組合がない民間出身公務員になりました。

入職当初は公務員労働基準監督署がないから、不利な扱いをされたとき対策のために労働組合には入っておいたほうがいいだろうと思っていました。


入職後、1週間くらいした頃でしょうか。労働組合説明会があるということで、他の新規採用職員と共に参加しました。

労働組合存在意義については自分自身共感出来るので、入るべきなのだろうと思っていたのですが、

・月会費が月給の1.5%(基本給20万円なら月3000円)

・月3000円程かかる保険強制加入

職員ほとんどがこの保険に加入して、さら共済組合保険にも加入しています。本当に必要だと思って加入しているの?

・月5000円給与天引きで積立。その資金をもとに年利3.0%くらいでお金を貸すよ。お金退職の時に返します。

共済組合で2%代の利率でお金を貸しているのに、必要ある?

組合活動って何のためにやっているんだっけ?という疑問が生まれました。

これで職場労働環境が良くなりました、基本給が上がりましたという明確な例があればよかったものの、そういうことは全くなし。

そんな組合に月6000円近く使って、しかも月5000円預けて、果たしてメリットがあるのかと。


加入は見送ろうと思い、放置してたら組合からのしつこい勧誘うんざりでした。

1度詳しく話がしたいと言われて、そこできっぱり断ろうとしたんですが、説得材料

職場歓迎会や親睦会も組合主催から参加できないよ。

飲み会参加すると補助が出るから、会費を取り返そうと思って沢山飲めばいいんじゃない

・他の自治体人達と関わる機会も多いから今後の仕事のためにもなるよ。

・今の労働環境があるのは組合があったからだから、協力しようって気持ちはないの?(結局明確な実績の説明はなし)

・今まで加入率100%だったのに。

結局組合としての存在意義はないと思ったので、キッパリお断りしました。第一自分で払った組合費で飲んで何が楽しいの?


そもそも組合加入率100%というのが信用できないのです。内部の労働環境を変えたいときに、全員組合員だった場合自由発言は出来るでしょうか。

仮に上司判断残業代が払われなかった時に、組合に言ったら、対応してもらえるのか、疑問ですし、それが上司に伝わらないかというのも内部組織ゆえ信用できないので。


実際に、仕事ができない職員仕事中に関係のないことばかりしている職員がいるのに、対応する気配がなかったり、という話も聞きますし、労働組合があってもサービス残業は当たり前に存在しています組合幹部残業代の過少申請をしていたこともありました。結局組合に属していたからといって何も守ってもらえる保証はないのです。むしろ面倒なイベント召集されるだけ。そんな組合存在意義があるのでしょうか。組合費だけで130~140万、保険の加入も考えると合計260~280万のお金組合につぎ込むことになります

労働者を守る気がない労働組合なんてなくなってしまうべきです。

ヒミズ読んでて思ったがありもしない「普通」に踊らされて狂ってるだけなのがネット民なのかも

古田実の「ヒミズ」を読んでて思ったことがある

意識高い系増田も、自称日本を愛する普通の日本人ネトウヨさん達も、ネットキモオタのできそこないみたいな陰キャも、みんな苦しんでルサンチマンを抱えて

その闇を逆張りや、大嘘マウンティングや見え張り、攻撃性にネットで発露しているが、それの根拠って彼らが思う「普通」の水準に自分が達してないからだよな

で、彼らのいうその「普通」って具体的にどんなの?っていうのを聞くと、新卒から3年目には年収500万を超えて、大学MARCH以上がギリギリ許容できる最低ライン

中学高校運動部大会などの実績を重ねて、彼女にもあまり困らないし女友達友達付き合いもよく、家庭環境円満良好で、生活水準ラノベ主人公並のアッパードルが最低限、大学ではサークル活動コンパ飲み会バイトに頑張って、インターンだとか就活上場企業かイケイケのwebベンチャーで、周りにも上司にも恵まれて、それで20後半で結婚(相手は現役JKかJD、もしくは年収400万以上の家庭環境問題がないOL)、30くらいでマイホーム買って、子供も生まれていずれは管理職起業か…って感じ(女性側も似たよなもん)

まぁ一言で言いますとね

そんなもんが普通な訳ねぇだろヴァァァァァァアアアアアア~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~カwwwwwwwwwww

鏡見てから寝言をほざけよ何のとりえもない愛想もないつまんねー無能がよwww

あのね、そんなのは宝くじで1等を生涯3回連続で当てるくらいの確率な訳よ、欠けてる部分を努力で補おうと思うなら、犯罪スレスレのダーティ手段でもしないと触れうる資格すらないレベルだぞw

いい加減現実見ろよ、そんなものを手に入れようとしたら、それこそルールに則ってたら絶対に無理だろ、てかルール破っても不可能に近いんだけどさ

キミらの普通は「普通じゃない」の「異常」なの、わかる?それが普通ネットで空しくピーチクパーチク喚いたところで、心の闇が深まるばかりですよ?最後はヨーゲンルートか、米10kg買うのが夢のワープアエンドか、刑務所永久就職のどっちかだぞw

ま、悔しいのはわかるがこれが現実だよ心の中の「一つ目の怪物」を育てないようにな

2017-11-17

こんなつまらない飲み会があるかよ

飲み会に来たんだったら主体性を持てよ

話題提供もなく、みんなが笑える話題でもなく

それでいいと思ってるやつ多すぎ

一緒に時間を共にした相手を楽しませようと思う気持ちを持たないのがやばい

ここまで書いておっさんぽいと自分でも書いて思ったが女です

飲み直したい

金曜がこんなクソみたいな時間の過ごし方になって辛い

偽装結婚がしたい

偽装結婚がしたい、というと誤解を招きそうだけれど、つまり実態のない結婚がしたい。

弊社の場合だと、結婚していると好きに選べる借り上げ社宅に住めるし、転勤の際に配慮という名の優遇を受けられるし、飲み会イベントを欠席しても白い目で見られない。

増田が女なのも悪いのだけれど、弊社は良くも悪くも旧態依然とした会社なので「女性はいつか結婚するもの」で「結婚してない女性会社の華としてありとあらゆる接待に顔を出すべき」みたいな論がまかり通っているところがある。

一生恋愛結婚はしたくないし、他人と同居もしたくないし、子供死ぬほど嫌いだから欲しくないけど結婚だけはしたいので、どこでどう相手を探せばいいものかここしばらく悩んでいる。

結婚相談所にそういう条件で登録とかできるのかなあ。

酒と博打と女、さてどれを残すか……

タバコは入ってないのね。ヤニカスからタバコってどんなシチュエーションでもあったら嬉しいけど究極の3択には相応しくないのかもしれない。

凡例

飲み会居酒屋、常にタバコが吸いたい

パチンコ(スロ)で負けが込んだ時、あるいは麻雀中に

・嬢を待つ間、あるいは余韻を味わいながら


さて、どれを残すか。

正直、酒無しでは風俗行ける勇気がわかないので、酒>女は成り立つ

だがしかし、女に無料動画(x-Video等)とかのオカズとしての側面を考えると話は変わってくる

生身の女はこれから人生不要だとしても、今まで得た経験妄想イメージングエッチ打法を極めれるほど達観できてない。

そう言う意味では、女>酒なのだろう。


だがしかし

パチンカスは酒代、女代を求めてギャンブルに走ってしまうのだ。

2万あれば、安い酒場では1週間飲めるだろう。

デリヘルだって呼べる。

だけれども、ギャンブルにつぎこんでしまう。

わかってる。カスだってわかってる。だけれども止められない。

大体、風俗飲み屋も大体夕方からしか行く気起きないのに、パチンコ屋も競馬場も朝からやってるのが卑怯

なんで負けるとわかってるギャンブルにみんなつぎこんでしまうんだろうね。

どうせ脱税してるパチンコ屋なんて潰れてしまえばいいのに。

そしたら、呑み屋と風俗嬢もっと潤うのに。

はいえ、よほど余裕がないと風俗行かないけど、余裕なくてもギリギリパチンコ打ってしまうあの魔力。

ほんと、魔除けが欲しい。

2017-11-16

anond:20171116234619

飲み会は喋らなきゃいけないけど、乱交とかは無言でもいいんじゃないか?

近い将来の楽しみを生きがいにして頑張って毎日を過ごしているけど

例えば、来週の友人との飲み会とか。

例えば、1ヶ月後のイベントへの参加とか。

例えば、半年後の国内旅行とか。

毎日、気がつくと、それらのことを考えて、辛い日々をなんとか過ごしているけど。

そろそろ馬鹿らしくなってきた。

どうして先々の、一瞬の楽しみのために、今現在犠牲にして生きているのか。

自殺願望者に対してよく「生きていれば楽しいことがある」という説教があるが、個人的に、何も救われない一言だと思う。

裏を返せば、「毎日とってもつらいけどその中のほんの少しの幸せを噛み締めて生きてね」って意味だし。

から言われて人生観なんて変わるわけないから、きっと人生を楽しくないと感じた時点でもう生きることへの執着はない。

一瞬の幸せが、何もかもを吹き飛ばして、生きる希望を沸かせるきっかけになっている人も大勢いるだろうけど、人によってそのさじ加減は違う。

死ぬのも生きるのも中途半端人間はどうすればいいのか。

飲んでも飲んでも酔わないときがある

・たくさん食べて飲んだとき

・その後に用事があるとき

・あまり気乗りのしない飲み会とき

自分に非があったことをあー…あ~!!…あぁぁぁぁあ~!!!!!!もーーーーーぁぁぁぁああ~!!!!だめだろあれはぁぁぁぁあ!!!馬鹿ーーー!!自分馬鹿さーーーーーぁぁぁぁあ!と思う夜

ゲイ大学生なんだけど、掲示板で知り合った30代の人と半年くらい付き合ってる。

一緒に遊んで、旅行もして、料理もして、お風呂入って同じ布団で寝て、本当に幸せなんだけど、いつか終わりが来るかもって思うととても悲しくなる。

はいつも「かわいいかわいい」って言ってくれるんだけど、逆に言えばかわいくなくなったら、歳を取ったらどうでもいいってことなのか。

結婚する予定もないって言うけどちょっと不安になる。

いつも会う日は決まってるんだけど、仕事飲み会とかで遅くなったりする。

元々ネガティブ思考メンヘラ気味なのもあって小さなことが気になってしょうがない。

俺がおっさんになっても彼は愛してくれるのだろうか。

嘘つかないでよぉ

研修教育体制完備、手厚いサポート→嘘

コンプライアンスきっちり→嘘

セクハラ無し→嘘

女同士の面倒くさいアレコレ無し→嘘

スピード感ある仕事→嘘

責任ある仕事→嘘

自由な働き方!女性活躍→嘘

残業強制無し→嘘

実力主義出世のための派閥コネ無し→嘘

強制飲み会無し→嘘

最新のテクノロジーに囲まれ効率的仕事→嘘

福利厚生充実→嘘

おいしくてリーズナブル社食→嘘

チームの雰囲気よし→嘘

定着率高い部署→嘘

能力の高い上司の直ぐそばで学べて成長→嘘

嘘つかないで…使いつぶさないって…ずっと一緒に居てくれるって言ったじゃない……こんなの裏切りだよ………わたしだって若くないんだよぉ…貴重な時間返してよ……約束したじゃない……話が違うよぉ……全部本当のこと伝えてないだけで嘘ついたわけじゃない、ですって?………そんなのおかしいよ…わたしは、あなたのこと信頼して…こういうのって、お互い信頼してるから付き合っていけるんじゃないの…?どうして騙したの…?

結婚はいいぞ

結婚して5年経つけど結婚はいもの

なぜなら「家族」というのは言い訳の中でも最強クラスカードから

二次会などをもともと断り続けてきたが

結婚してからは「妻に怒られるんで帰ります」みたいに断ってる

行きたくないから行かないというより圧倒的に角が立たないし

逆に女性からの俺の評価

飲み会参加しない陰キャ」

から

「奥さん想いのいい旦那さん」

に爆アゲである

やってることは同じなのにね

さら子供が産まれたら最強だ

子供が小さいんで…」と「妻が怒るんで…」を使い分けてもいいし

「小さい子供いるのに妻に世話を押し付け飲み会いってるわけにもいかないんで…」

コンボにしてもいい

あー、結婚してよかった

女子」という言葉が定着しつつある

女子」という言葉が「女性」や「女」を示すものとして定着しつつあるため、あまり違和感を感じなくなった。

婚活をしている女性基本的には女子という年齢ではないけれど、婚活を頑張っている女性をなんと表現しようかとなると「婚活女子」が浮かぶし、日経ウーマン等の大人の女性向け雑誌での「スマホ女子」だの「女子会」だのという表現違和感を感じなくなった。

かに女子じゃないだろというツッコミは一瞬浮かぶのだけど、それを別の言葉表現するとのなるとパッと思いつかない。

少し前までは女子という言葉がなかったので何らかの表現の仕方があっただろうに不思議なもんだ。

婚活女子は「婚活者」、スマホ女子は「スマホユーザー」、女子会は「飲み会(女飲み?)」とか?

そもそも昔は今でいう婚活という概念言葉もなかっただろうし、スマホもなかったわけだけど。

まぁさすがに50代以降の方(おばあちゃんとか)を「女子」と言うのは違和感を感じるけど、ちょっと前まであった「女子って年齢じゃねーだろ!」というツッコミはもはや古いっていうのが現状だと思う。

友人の死と折り合いがつかない

もうすぐ4年になるのに、全然理解できない。

なんでもないときに突然思い出して、ぼんやりしてしまう。

別に号泣するとかじゃないけど、ただ彼女のことをぼーっと考えて時間けが過ぎていく。

ていうかそんな親しかったわけでもない。中高一貫女子高で同級だっただけだ。

私は自分で描いた拙い漫画をせっせと刷ってコピー本にして地元の小さなイベントの端っこで配ってるようなオタ女で、同じようなオタ女たちとよくつるんでたけど、彼女はとびきり美人性格も社交的だったから、そういう子が集まる派手めなグループにいた。

高校になっても私は受験組、彼女は附属大推薦組で、選択授業が被ったことはほとんどない。

唯一の接点が管弦楽部。でもこれは学年の4分の1くらいの子所属するような大所帯だったから、そのなかでもやっぱり仲良しグループはあって、そこでも私は彼女とつながりはなかった。

ただ、彼女は目立つ子だったけど、少し要領が悪いというか、世渡りが苦手というようなところがあって、一度だけ、見かねた私が半ば強引に手助けしたようなことがあった。助けっていうほど大げさなものではなくて、普通にクラスメイトが困っていたら皆するようなことだったけど、それでも彼女は恩義を感じたのか、たまに話しかけてくれるようになった。彼女は優しい。

それでも、そのころの私たちには中高生ありがちなグループ体裁みたいなものがあったから、話すときはなんとなく二人きりになったときだけだった。彼女は私のしょうもない話によく笑ってくれた。その顔がすごくかわいいので、私はくだらない持ちネタを繰り返した。彼女が笑うと満足した。

一緒にどこかへ遊びにいったりしたことはついぞなかったけど、彼女地元楽団にも参加してて、あるとき私を誘ってくれた。

大きなコンサートがあるときは、人数確保のために楽団員が知人を紹介することができるシステムだった。チェロ(私の担当楽器)が足りなくて、よかったらきてくれない?なんて言われたら行ってしまう。ふたを開けてみれば私しか誘われていなかったので、ちょっとした優越感でニコニコしてしまった。たぶん本当にチェロ人員けが足りなかったからだろうけど、彼女から選ばれることは得意な気分にさせた。

彼女バイオリン(とても上手)なので練習は別々だったけど、最後の合わせでは一緒に帰った。電車で座って、それまででいちばん長くしゃべった。私はそのとき彼女に外部受験して地元を離れることを話し、彼女は私に子供が好きで音楽先生を目指していることを教えてくれた。

そうして私たちはそれぞれ進学し、二年の冬に彼女は亡くなった。

葬儀はご家族だけで執り行われて、私たち卒業生は母校でお別れ会を開いた。

そこで区切りがついたつもりだったのに、その後しばらくして、飲み会で入ったお店で流れているBGMが、あの、彼女と参加したコンサート演目だと気づいたとき、すごく動揺してしまった。お酒が入ってたからかもしれない。

それから度々、突然彼女のことが心に浮かんで、とても寂しくてやりきれない気持ちになってしまう。心が体の真ん中から徐々にずれていって、そのままどこかにいってしまう。誰かを亡くした人ってみんなこんな気持ちを抱えて日々生きてるの?こういうのどうやって乗り越えてるの?寂しくて仕方ない。

卒業式も寂しかったけれど、これからみんな別々の道でそれぞれ元気にやっていくんだという信頼や希望のようなものがあったから、こんなどうしようもない悲しみだけではなかった。こんな私でも日々をあれこれなんとか過ごしているのに、彼女はどこにもいなくて、なにもしない。働いたり遊んだりしないし、バイオリンを弾かないし、笑ったり泣いたりしない。もうなにも作らないし、生まないし、何にも干渉しない。そんなことがあるだなんて思いもしなかった。あの、音楽室で隣に座って笑っていた人間が、この地球のどこにもいない。頼むからみんな長生きしてくれ。

彼女との記憶なんてこれだけで、でもそれだけをずっと繰り返し思い出してしまう。彼女のご家族お別れ会で初めて拝見したし、グループにいるとき彼女とは関わりがなかったので彼女共通友達はいないし、誰とも彼女の話をできなくて、ここに書いてしまった。文字にしてたら落ち着いてきたから、明日からまた静かに日々が過ごせそう。表現の自由はすごい。

ていうか読み返すと自分のことばっかりでめちゃくちゃ気持ち悪い。彼女のご家族のほうがずっとずっと寂しいでしょ。お風呂入って寝ます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん