「部活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 部活とは

2020-06-06

休日は寝過ごしてえと思っていたが

今まで寝ることが好きなんだと思っていたんだけど、違うのかもしれないと気付いた。

時間があったら寝ていないと勿体ないと感じる。たぶん、大学生の頃くらいからそう。

授業や部活バイト時間以外は大抵家にいて大抵寝てた。たまに友人と遊ぶこともあったけど、あっても週一、しかも友人の家で飲んでいると仲間内で真っ先に自分寝落ちている。ただの一度も友人たちの寝顔を見たことがない。起きるのも遅い。正午に起きては「お前1限とってる?」と真剣心配される。予定さえあればちゃんと起きるので大丈夫だよ。問題はなにもない日、寝てる時間があまりにも長すぎる。

思えば人生遅刻したことが一度も無いっていうのは、地味に僕の自慢かもしれない。ていうかそれくらいしか誇るところが無い。なんていうか、時間には割と厳しい方だと自負している。友人同士の待ち合わせに5分や10遅刻してきたって気にしないけど、それが三回も続けばどんなに気が合っても次の約束はしないと思う。学校の授業で終業時間を超過してるのに「時間過ぎてるけどキリいいとこまでいくぞー」って授業延長してくる教師は、じゃあ途中の無駄自語り削れや教鞭とって何年目やねんと毎回キレ散らかしていた。教育実習生の方がよっぽど時間配分上手いじゃねえか。とにかく、決まった時間を守られないことが僕は嫌いだってことだとおもう。定刻通りに来ないバスとか定時をある程度過ぎてからじゃないと退勤できない会社とか、仕方ないとは分かっていながらどうにもいらいらしてしまう。田舎バスは定刻に来ないんだよしょうがない。

で、そんな時間にピリついた僕が「自分自由時間」にどんな有益なことをしているかというと、睡眠である。布団のうえでそれはもう微動だにせず寝ている。あまりにも動かないので旅行先とかで深夜に叩き起こされ「よかった、死んでるかと思った…」と言われた回数は4回くらいある。ところで僕は気付いたらうつ伏せでしか寝られなくなっていたんだけれど、これって身体に悪かったりすんのかな。知ってたら治す方法と一緒に教えて。がんばって仰向けで寝ても起きたらうつ伏せなんだよなあ。ミステリー

休日は何をしているか、と聞かれて1日中寝ていますと答えると、漏れなく勿体ない!と言われる。いつもそうなの?たまにはどこかへ出かけたりしないの?と聞かれるので、社会人になってから休日は全部寝てますね、と答える。と、なんかかわいそうだなコイツみたいな目で見られることに気が付いたので、最近曖昧ごまかしているつもり。

どこへいっても人に溢れている都会で生活する人たちに言うと理解してもらえないことのひとつに、「一人の時間がないと耐えられない」っていうのがある。この「一人の時間」っていうのは、満員電車に揺られて好きな音楽を聴きながら退勤してる時間じゃないし、お気に入り喫茶店で静かにコーヒーを飲んでる時間でもない。自分の部屋で、自分しかいない空間で、自分ひとりである時間エアギター練習もするし唐突全裸になって冷蔵庫にくっついたりもする。何をするかはあんまり関係ない。一人であること、なににもさらされないこと、それが大事増田にはたぶんいっぱいいると信じてるんだけど僕は。職場コミュニケーション特に苦じゃないし、たまたま地元の友人と再会してウェーイwすることもあるけど、やっぱり何にも干渉されない時間ってのはないと困る。大学生になって実家を出たときに気付いた。一人暮らし最高。

そんで僕は、その「一人時間」を睡眠に全振りしている。なんかの強迫観念かられて、「寝ないともったいない」と思っている節がある。補足しておくと、幸運なことに残業ほとんどないホワイト職場なので平時睡眠時間はしっかりあるはずだ。平日の平均睡眠時間は大体6時間くらい。休日17時間ごろごろしている時間も含めると、20時間以上は布団の上にいる。アホなのか。ちなみに身長高校生から伸びていない。休日の残り時間は何をしているかというと一応人間らしく生活をするための最低限のことをしている。主に掃除とかね。外出はしない。外出はできるだけ回数を減らしたいので仕事帰りとか仕事前とかにまとめて済ませるようにしている。休日絶対に家から出ないという心意気を大事にしていこう。

で、この「俺寝過ぎじゃね問題」を解決するにはたぶん、趣味をつくるのが手っ取り早いんだと思う。休日にしたいことを作っちゃえば、否が応でも起きるし趣味の内容によっては外出だってするかもしれない。ただ自分には趣味が無い。びっくりするくらい無い。しいていうなら最近増田を見始めたくらい。これは逆に引きこもりが加速しそう。ごめん。一人の時間を守りたいあまり、いろんなことに関心を失った。

というわけで今回募集いたしますは増田向きの一人で出来る趣味でございます。外出可だけどできれば「一人の空間」があるのがいいな…あと球技は許して。

拗らせフェミ女装男子出会ったら

ふとmeets系ラノベみたいなタイトル思い付いたので書くことにした。(自称)拗らせフェミ(私)が(年下)女装男子出会ったら(勝手に救われた話)。

**拗らせた

所謂フェミニズム的な考え自体中学生くらいの頃から持っていて、伝統的な考えを持つ父が「結婚して子供を産まなければ女は幸せになれない」と言うのに違和感を覚えるなどしていた。

中学生とき社会学に興味があってフェミニズムについても色々と調べた時期があったけど、このときは男女比1:5~6くらいの部活で朝から晩まで音楽のことを考えていたのであまり自分問題として捉えられず、「そりゃプリキュアも好きだけど仮面ライダーも観たいわな」くらいの気持ちだった。その後進学して男女比が13:1になっても多少不便はあるものの、学校では特に問題なく過ごしてた。

フェミニズムに向き合うきっかけになった出来事はいくつかあって、

①ある機械部品メーカーインターン男の子2人と私で行ったら現場/現場/事務の3コースあり、私は勝手事務にされていた。男の子2人はそれぞれ好きなコースを選んで良くて、私も現場が良かったけれど言い出せなかった。

自分が着るスーツアイロンをかけていたら父に「将来は旦那のをやらなあかんからよう練習しとけよ」と声を掛けられた。

重機メーカーインターンに行って、後日その内容をポスターセッションで発表していたら「女の子重機に興味ないでしょ」と繰り返し言われ話を聞いてもらえなかった

祖母に「大学入ったらいい企業入るいい旦那さん探さなねぇ」と言われた。ややいい大学だったので喜んでくれているのは分かるが、私は私が勉強するために大学に行くのであって稼ぐ夫を見つけるために大学に入ったんじゃない、と思った。

電車通学で普通に痴漢にあったりとか

そんなこんなあってTwitterで #metoo だとか#ツイッターでウィメンズマーチ だとかのタグを見るようになった。最近は見てないので分からないけど、当時の日本の#metooミソジニーが女叩き、フェミ叩きをしているのが目立っていた。

実際、Twitterフェミニストを名乗る人の中には過剰な女尊男卑を掲げる人もいるし、そういう人と一括りでフェミニストを丸ごと叩いている人は多くて、そういう人のお気持ちを素直に読んでしまったのが拗らせた原因だと思う。

私は元来所謂女の子らしい」ものが好きな質で、レースフリルのついた服、小さくて丸くてピンク色をした雑貨、高くて細いヒール、どれも好き。でも同時に「利便性こそ美しさ」という気持ちも持っていて、動きにくいスカート、使い所のない雑貨、機動の下がるヒール、という気もする。

ここにミソジニーが「女が着飾るのは男によく見られたいから」「男尊女卑やめろと言うくせに男に媚びるな」などと言っているのを見て「本来の好みは利便性のほうなのに男に媚びる気持ちから可愛いものを選んでいたのか…?」と思ってしまった。純粋かよ。

多感な時期だったので整ってもいない顔でオシャレをするのはみっともない、みたいな考えにも侵され、複合的に可愛らしい服装に苦手意識を持つようになり、友人にはよく「喪服」と言われてた。

**出会った

件の男の子とは2019年にあるイベントで会ってTwitterで繋がって、何となく仲良くなって数ヵ月後に2人で出掛けることになった。ここだけ聞くとすごい出会い厨っぽいな。

女装することを知ったのは何時だったか覚えてないけど一緒に出掛けたときにはもう知っていて、自然と服を買いに行くことに。

ちょっと都会のショッピングモールを一周して辿り着いたのがaxes femme。女の私ですら入るのを躊躇うというかここの服を着そうな格好してないよ今日、などとといいつつ(いつもの喪女スタイルだった)こそこそと入店。結局店員さんに捕まってしまいめちゃくちゃ良くして貰って2万ちょっとお買い上げしてるのを横で見ていた。

彼はシスジェンダーヘテロ男の子でただ「可愛いもの」が好き。好きな服を着ていると楽しい自分可愛いと嬉しい。好きな服を選んだら女物だったとも言ってた。骨格やサイズ的に着られない服もあるし、1人では買いにいけないし、家族には隠しているし、それでも自分楽しいから人にも見せないのにお金時間をかけて家の中だけで着ている。

私は彼が女装していても男装?していても一緒に隣を歩くし、彼が楽しそうに服を選んでいるのを見るのが好き。

それなのに「可愛い服が男に媚びるためのものであるけがあるだろうか、とふと気がついた。その気付きは劇的で、彼は全く意図していなかっただろうけど、私はすっかり救われてしまった。

女らしい格好をすることに対する強迫観念みたいなものがなくなって、好きな服だけを選んでいたらクローゼットは見事にワンピースだらけになった。

可愛らしいものと共に忌避していた女性性を受け入れられるようになり、生理不順を治療した。

無意識男性に媚びているかもしれない」という恐怖感がなくなって、自己主張もしやすくなった。父や祖父母とは衝突もするけど、前よりずっと生きやすい。

あんまり感情が大きいので彼にはあまり言わないけれど、本当に感謝してる。何をした訳でもないと思ってるだろうけど、君が君を貫いていてくれたお陰で、今わたしわたしを貫いていられる。ありがとう

2020-06-05

依存症ってどんな気分になるの?

俺酒もタバコパチンコもやらなくても全然平気なんでよくわからない

水分無補給部活やって2時間ぶりに水飲んでうめえ!みたいなかんじ?

anond:20200605160543

多分男性キャラがいっぱい出てくる部活ものとかをいってるんじゃね

2020-06-04

某界隈との決別

ニコ動発端の某界隈と関わってきて7年が経った

界隈は精スプストーカー特定静画においての誹謗中傷絵師投稿者内ゲバで界隈はほのぼのの字もなくなった

自分大学受験に失敗し高校卒業Fランに今通ってるが未だに未練が残っている

ぶっちゃけ言い訳になるが勉強もせず某タグ徘徊していたのも失敗の原因の必要だと思う

それ故、再受験を機にその界隈と訣別したい

顧みれば凄く青春時代という一般人なら恋人と付き合い部活の仲間と夜マックでたむろいながら駄弁るというような貴重な時間をパーにしたが今自分が願って祈るのは誹謗中傷内ゲバで溢れようが自分妄想快楽暇つぶしの源だったこの界隈が数年後でも今と同じように賑わって欲しいといことだけである

駄文失礼しました

2020-06-01

低学歴に言いたいことがある

高学歴勉強しかしてこなかったから大した経験したことがない?

じゃあ聞くがお前は中学高校の時に何してた?

おれは勉強部活に明け暮れてたがお前は何してたか教えろ

どうせテレビ見てるかネットしてるか

友達意味もなくダベってただけだろ

学生の本分すらまともにやらなかったくせに調子に乗るな

低学歴の世界なんて本当にあんの?

はてなで色々高学歴の世界低学歴の世界について見たけど、本当に"低学歴の世界"なんて日本にいくつも存在すんの?超レアケースじゃない?って思っちゃう

私は低学歴でも高学歴でもないどっちつかず(一般家庭でいわゆるMARCH下位)なんだけど、高学歴の世界があるのは理解できる。

海外旅行バンバン行ってて当たり前のように海外のデパコス使ってるような人とか、付属校に推薦で入ったか受験経験したことない人とか、えらく金かかる塾にずーっと通い続けてた人とか、他にも「マジで?」って聞きたくなる境遇の人はたくさんいる。

私は両親ともに田舎高卒で、就職氷河期だったから大した会社にも入社できず、父親中小企業勤務のサラリーマン母親パート。金がかかるからって言われ高校まではずっと公立それから金銭面の問題浪人予備校行くのも許されなくて、だから参考書使った自力勉強で、現役で行けるレベル大学しか行けなかった。

中学別にレベル高くなかったし、高校部活で決めたか偏差値は低め。周りの友達にはFラン高卒と専門がたくさんいる。

ここまで書いたら分かってくれると思うんだけど、私は"低学歴の世界"で生きてた人間だと思うのね。だけどはてなにあるような"低学歴の世界"なんて見たことないし。

"低学歴の世界"がないとは言わないけど、超レアケースなのを大々的に喧伝してるだけじゃない?ってどうしても思っちゃうだって信じられない。

世の中"高学歴の世界"と"低学歴の世界"の溝とか考えて絶望ちゃう人間なんて滅多にいないんじゃない?私だって、そこまで恵まれ環境じゃないと思うけど両親も今の大学も好きだし。格差是正とか言われてもピンとこないっていうか。

あと関係いかもだけど、中卒とか高卒で働いて家族を養ってる人は立派だなぁって思うけどFラン大学生は皆嫌い。高い金を親に出してもらってそんなとこ行くなんて正気?って思う。

普通に勉強すりゃ日東駒専くらいはいけるでしょ……どんだけ効率悪い勉強してきたんだよ……

2020-05-31

https://youtu.be/QfF3w64dzCI?t=632

この先輩の乱入の仕方ほんまに感じ悪い

京本松村別にいいけど

田中の佇まいが「怖い」以外に何も残らん最悪

 

後輩を面白くいじってやったようには少しも捉えられん

後輩の個性活かすいじり方じゃなく圧かけて掻きまわしただけ

20代半ばにもなってよくあん10個くらい年下の小さい子に圧かけられるな

 

卒業した嫌な怖いOB部活見に来てまじしんどいみたいな気分になる

最初は緊張しつつも先輩が参加協力してくれてありがたいムードだったのが

ただ怖くて子供が委縮するばかりで盛り上がらず空気が冷えていくのが不快すぎ

2020-05-25

許せない

俺が13歳の時の話をしたい。23年前の話だ。

俺は当時、田舎男子中学生だった。住んでいた場所がどれくらい辺境かというと、まさに地名がそのまま「村」なぐらいだった。現在はもう村としては存在していないが地名としては残っている。

それはどうでもいい。そんな田舎中学校で、俺は卓球部所属していた。

もちろん、別に卓球が好きだったわけじゃない。当時は何処かの部活に入るのが必須な風潮だったし、野球部だとかサッカー部だとかに入るぐらいなら比較的楽そうな卓球部へ…などという安易すぎる考えで俺は卓球部に入った。

当然、そんな生半可な気持ち卓球が上手くなるわけもない。大会などでは一回戦敗退が定番と化しており、サボり方も身につけ始めた中堅卓球部員となっていた。

当時、男子卓球部女子卓球部は別れてはいたが一部では一緒に練習したりすることもあった。

その中で、俺はある1人の女の子に恋をした。

相手は同い年のAちゃん

決して目立ったところがない子ではあったが、なぜだか話しているうちにどんどん惹かれていった。

決して付き合うとか、好き合ってるとかそういうことではなかったが(この年代はみんなそうだろ?)俺たちは心が通じ合ってた気がした。

彼女はよく俺に

「サボらなかったらコーラおごってあげる」

と言った。練習サボりがちな俺をいじりながらも気にかけてくれたことをよく覚えている。

そしてちょうど23年前の今の時期、同じ会場で大会が開かれるということで途中まで一緒に行くことにした。

彼女

「優勝まで行かなくても準々優勝ぐらいまでいったらコーラおごってあげる!」

と茶化して俺に言った。もちろん、俺が一回戦敗退の達人であることを知っての発言である。こんな会話が好きだった。

「じゃあAが優勝したらなに奢ろうかな」

と話し出したところで会場につき、別々に試合をして(俺は当然一回戦敗退、Aちゃんの結果は覚えてない)別々に帰宅した。

そしてその後、Aちゃん行方不明になった。

大会の帰り、そのまま彼女は消えた。

たちまち学校中は噂でもちきりになった。誘拐だとか、神隠しだとか、家出だとか、そんなクソみたいな噂話すべてに腹が立った。

俺は気が気でなくなって、村のどこかに彼女がいないか探した。でもどこにもいなかった。新聞には彼女が消えたとされる場所で靴と血痕が発見されたと書いてあった。

帰り道だからすぐにわかった。現場は綺麗に片付けられていたようでなにも残ってなかった。俺はもはやなにも考えられなかった。あらゆる可能性を考えてもクソみたいな結論しかかばない。

彼女が消えてから1週間、1ヶ月と経っても彼女は消えたままだった。

もう、彼女は一生帰ってこないんじゃないかという話を同級生がしていた時、俺は掴みかかって否定した。帰ってこないはずがないんだよ、絶対帰ってくる。

ちょうど3ヶ月後ぐらいに、テレビ犯人逮捕されたというニュースが流れた。

そいつはこの村のクソみたいなゴミクソ人間で、彼女にクソみたいなことをしようと思って声をかけたが無視されたので車で轢き、車に乗せて首を絞め、石で何度も何度も何度も何度も打ち付け、彼女を殺した。そして布団に包んで捨てた。

俺は何もかも許せなかった。犯人のことも、自分のことも、この犯人の親とか、友達とか、全てが許せなかった。何もかもがどうでも良くなった。

なにも許せず、なにも成長できないまま俺は大人になった。

今でも許せない。犯人は早々に自殺したらしい。それが何なのか、あの男が死のうとなにも終わらないし始まらない。

最初から存在すらしなければよかった。それだったら彼女は今も普通女性として生き、普通就職したり、普通結婚したり、普通子供を産んだりして彼女人生を歩んだんだ。

23年経っても許せない。許せないまま、あの子コーラを奢ってもらえる日を待っている。

2020-05-24

anond:20200524084609

てかそもそも部活を頑張ることによる恩恵が単にプロに行けるだけだって考えの人は雑な気がする

その実績が故に就職できたり、あるいはスポーツ推薦で大学行けたりとかはあるわけで・・・

2020-05-23

anond:20200523191037

昔は体育会系部活竹刀でしばかれ続けたりプールでおぼれさせられたりして死んでたんだから

つの時代危険と隣り合わせだよ

体育教員生徒指導

体育教員って、日本的体育会系にどっぷり浸かっていて、高圧的指導感覚的に好む確率が高めなので、安易生徒指導担当にしない方がいいのでは。

日本生徒指導って体育会系的色彩が強いような。部活教員と体育教員が、生徒指導担当しがちな風習をどうにかした方がいいのでは。

2020-05-22

anond:20200522091050

部活に限らず万事これだよな

人間暇になると気に食わない奴を燃やしたりとロクなことをしやがらないので、時間と気力を奪うブラック企業ブラック部活必要ということ

いくらタテマエでそれらを攻撃しても、ホンネの部分では「気に食わない奴を都合よくブチ込めるヨットスクール的なもの」を望んでしまっているわけだ

結局自分お気に入り以外には余暇自由も与えたくない、というのがまさに日本人ケチなところ

anond:20200521141817

部活治安対策だったりするんだよ。

真面目をバカにして勉強しない連中を放っておくと徒党を組んで隣の中学喧嘩したりするからな。

だったら野球でもバスケで闘争本能スポーツの方に発散させるのがいい。

野球リベラル新聞社から反社グレーな指導者まで大人欲望がみっちり詰まってるからまたちょっと別。

2020-05-21

anond:20200521141817

学校での部活ブラック労働を生み社会をゆがませるって、散々煽っておいてさ

そのブラック部活破滅危機に瀕したら、かわいそうって

どうかしてるでしょ

悪しき体育会トドメをさせ、さばきを下せ

anond:20200521141817

勉強しないでスポーツばっかやってる学校って

強豪校なら事実上「育成学校」化している私立ばかりだし

それでも弱いなら事実上託児所勉強出来ない頭悪い奴をスポーツすらやらせ放置したら何やらかすか分からんから部活という名目で預かる)として使われてるような所だし

後者を無くしたら放置子が増えるだけだけどな

アフターコロナ

部活に異様に入れ込む風習なくればいいね

2020-05-20

anond:20200520070505

生活苦しいって言ったって、わがままや贅沢言わなきゃ食っていけるだろ。

何年か前に炎上した「貧困JK」みたいなのまで救えないよ。

部活できない、修学旅行行けない、なんて数十年前には当たり前だった。

時代が違うって言うかもしれんが、もう高度成長やバブル期からさら時代が進んでしまったんだよ。

2020-05-18

高校時代

自称進学校入学したばかりの頃、太ってたしそれなのに自分のこと可愛いと思ってた頃、友達たくさんもちろん彼氏も作って最高な高校生活にしてやるぜと意気込んでたあの頃。実際はデブだったし顔も真顔だと怒ってる、笑うとキモイと言われるくらいにブスだったしコミュ障から思い描いていた半分以下くらいだったし彼氏もできなかった。

大学生4年になって、ずっと続けてきた地味なダイエットも結果が出てきて、化粧もだいぶマシになったからか本当にごくたまに好みだと言われるくらいの、一応普通くらいの顔にはなった(これもまた思い込みかもしれない)し友達は相変わらず少ないし彼氏もできないままだけど何となく満足した生活を送っている。

でも、もし今ドラえもんとか魔法使いとかが出てきて好きな時間に、時代に戻してあげると言われたら間違いなく高校時代を選ぶと思う。

クラスで一緒にいた子とか部活の子にブスとか言われたり男子にアイツだけはないなって陰で言われたり傷ついたことも数えきれない。でも部活(吹奏楽部だった)のコンクールで金賞取ろうとみんなで努力した事とか重役になって放課後集まって話し合いという名の愚痴大会と恋バナした事とか初めて友達ディズニー行ったりお泊まり会したり旅行行ったりした事とか先輩を好きになって告白した事とか卒業後も定期的に遊ぶ友達出会たこととか、そういう思い出が全部全部心の中で輝いている。高校時代自分の顔大嫌いだからカメラロール見たくない、もし将来結婚したとして披露宴とかで高校時代写真とか映像流されたらたまったもんじゃない卒アルなんて破り捨てたい燃やしたいとは思ってるけど、キラキラした思い出が大切すぎて、今じゃ考えられないほど毎日が生き生きしていたあの頃が好きすぎてカメラロールを見返したいし人に見せびらかしたい。そんな矛盾

2020-05-17

地元の後輩が紅白出るような歌手になってることに気づいたんだが

2個下で部活も一緒

俺はなんの認知もされてなくて秀でた技能もなんもない

褒められることすらない

頭で考えれば別に自分のような一般人の方が大多数だとはわかるんだけど、どうしても劣等感を感じてしま

どうしたら良いんだ。それをバネにするというありきたりな答えになるのか。いやそうするべきなのか

2020-05-15

ハーレムものアダルトVRで私が見たもの

こんにちはスティーヴィー・ワンダーです。嘘です。

 

先日買ったアダルトVR作品に、見覚えのないかわいい子が出演していたんです。

なんていう名前の子だろう。かわいい。そう思って、その子に注目しながら見ていました。

 

その作品は「転校生である自分がさまざまな部活所属する10人ほどのJKたちからクラブ勧誘される」というストーリーハーレムもので、その勧誘手段がいろいろエッチなわけです。

で、私が注目した見覚えのないその女優さんは、あたしがあたしがとぐいぐい前に出てくるほかの女優さんたちとは違って、ひとりだけちょっと遠慮がち、というか消極的でした。

 

ははあ、わかったよワトソンくん(声:露口茂)。彼女新人だ。まだ現場に慣れていないんだろう。その初々しさがまたいいじゃないか。さあ続きを見よう。

 

ハーレムもののようにひとりで複数名を相手にする作品には、独特の秩序があります

ちんちんは一本だけなので、女優さんどうしでそれの奪い合いになったり、一度もそれに関与できない女優さんが出たりしないように、とても平等かつ公平にローテーションが組まれています

また、VR作品は固定された主観カメラ1台だけですから、ひとりひとりの位置取りもきっと重要で、常に全員の姿がよく観察できるようなフォーメーションがあると思います

 

そして、そうした秩序や配慮があることを鑑賞者に意識させないように、自然な演技の中でスムーズ選手交代したり配置換えしたりしなければいけません。

こういう場合、ひとりひとりのプレイヤーに求められるのは、全体の進行を把握すること、現在の状況を把握すること、自分タスクを確実にこなしながら、ほかのプレイヤーたちと意思疎通することです。

すごいですよね。大まかな段取りを示した台本カメラの裏からのこっそりした指示はあると思いますが、細かな演技の大半は演者たちのアドリブで行われているはずです。プロですね。

 

当然、新人ちゃんは動きが鈍くなります。そうだよなあ、難しいよなあ、がんばれがんばれ、と内心で応援ながら見ていました。

その時です。

私はとても興味深いものを目にしました。

先輩の女優さんたちが、要所要所でそれとなく新人ちゃん気遣い、目立たぬようにそっとサポートをしているのです。

 

新人ちゃんがたどたどしくセリフを言っている時に、さりげなく肩に手を置いていてあげたり。

順番が回って来れば「ほら、〇〇ちゃんの番だよ」と促したり。

タスクを終えれば「よかったね、できたね!」と褒めたり。

しかも、作品の進行上違和感がないように、作品世界の中の言葉ちゃん解釈できる範囲内で、新人ちゃんを導き、励ましているのです。

 

なんというやさしい世界……。

 

もちろんそこには、「いい作品を作るためにできることは何でもする」というプロ意識もあるのでしょう。

その「何でも」の中に、「思いやり」がきちんと含まれていることに、私は深い感動をおぼえました。

 

アダルトVRは、従来の2DのAVとは根本的に異なる体験です。

出演者は画面の向こうにいるのではなく、今まさに自分の目の前で生きて動いているかのように知覚されます

表情の変化や目線の動き、細かな所作ひとつひとつ意味を持って脳に飛び込んできます

その結果、出演者うしの関係性や意思疎通のプロセス、つまり気持ちのやりとり」が、2Dとは比べ物にならない生々しさで観察されるのです。

 

素晴らしいものを見せてくれてありがとうあなたたちに出会えてよかった。

2020-05-14

anond:20200514223717

まったくもって同意

部活にろくなことはない。

日本部活ってクソ

アホくさい上下関係意味のないルール科学的根拠のない練習根性絆。そこから外れた者は制裁

このシステムに疑問を持たず、いやむしろ美談として通過できた者は日本型企業で重宝される。

管理され管理し体力あるのみ。

日本型企業にいるのは管理者のみ。リーダー創造はいない。

以上ワイ調べ。ソース俺。

2020-05-13

漫画コロナをどう描くのか

スピリッツ読んでたら高校生スポーツ漫画で、新型コロナ学校部活大会が中止になったなんて展開が描かれてた。

これが新型コロナで展開が変わったと見られる初めての漫画かな

他の部活漫画始め、現代舞台漫画コロナ禍を作品内に取り入れざるを得ないよな

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん