「部活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 部活とは

2022-05-26

anond:20220526115606

中学校部活OBのうち頻繁に中学に顔出して後輩に偉そうに振舞うやつ、だいたい高校で失敗してる

同学年の中で失敗したやつが「下」に来る

あとは圧倒的に年上が多い集団で、息子や娘みたいな枠で可愛がられようとする奴もいる

同い年婚の離婚率が低いのは、「同い年婚したから」ではない

「同い年婚"できる"人間"健常者"が多いから」ってだけ。

高校同級生交際してそのまま結婚大学の同期と交際してそのまま結婚就職して同期と交際してそのまま結婚

こういう「同格婚ルート」を辿る人間が、ほぼほぼ健常者で、「健常だから離婚しにくい」ってだけ。

 

歳の差婚は、「経営者芸能人などの富豪の年上男性×容姿職(元モデルや元女優等)の年下女性」という強者同士の組み合わせか、

理解あるチー牛おじさん(年収300~400万円台)×発達障害精神障害持ちの無職下女性」という弱者同士の組み合わせ。

モラハラする人間、勤勉さが欠落した人間反社会的人間発達障害精神障害がある人間など、離婚の原因になるものを持っている人間ほど歳の差婚している。

 

から歳の差婚の離婚率が非常に高くなる。原因は「歳の差婚をしたから」ではなく、

離婚の原因持ちほど、歳の差婚をしがちだから(同年代同格婚ができないから)」ってこと。

独身男性と短命が相関関係にある理由が、「独身から死んだ」ではなく、

「短命に繋がりやすい要素を持っている男性ほど、女性に避けられ、高齢独身になりがち」という因果であるのに近いってこと。

精神科医も、発達障害女性10歳以上年上の男性と付き合うって言ってる。

 

日本統計だと、5歳以上年の差があると33%以上の離婚率。逆に5才未満の差だと15%の離婚率。

モリー大学が行ったアメリカでの調査によると、1歳差では3%、10歳差では39%、20歳差では95%が離婚。最も離婚率が低い年齢差は、0歳差。

理解ある彼くん」漫画の女作者、続々と離婚

https://matomame.jp/user/yonepo665/bdceec4ea32e08bb6aca

 

以下、そうそうそういうこと。って思ったリアクション

あーなんかわかる

男も女も、同世代の中であぶれてるやつが年上年下に行きやす

子供の頃、もう小学校高学年or中学生なのに、年下の低学年の子供と遊びたがってボスになりたがってその実子供たちから白い目で見られてたお兄さんを思い出す

思い出してみれば俺が陰キャになって人生狂ったのは

新1年生の時そういう6年生のお兄さん(どういう経緯で混ざってきたのか未だに不明)にさんざんからかわれたせいだと思う

1年生に混ざってくる6年生のお兄さんのほうが明らかに障害者なのにね…

自分が同世代の中でからかわれたりいじめられたりして鬱屈した感情をくみしやすい(と思ってる)小さい子供に向けてたんだろうな

中学校部活OBのうち頻繁に中学に顔出して後輩に偉そうに振舞うやつ、だいたい高校で失敗してる

同学年の中で失敗したやつが「下」に来る

あとは圧倒的に年上が多い集団で、息子や娘みたいな枠で可愛がられようとする奴もいる

 

要するに結論は、「同い年婚さえすれば離婚回避できる」ではなく、「同い年婚をするのに必要な"ふるい"に価値がある」ということ。

高校大学進学実績への影響が大きいのは、高校教師の教え方よりも、「高校入試で学力を"ふるい"にかけていること」のほう。そういう種類の現実

https://anond.hatelabo.jp/20220525123206

1943年結婚は平均4.5歳男性年上→2010年結婚は平均1.7歳男性年上と、年齢差が縮小。

婚姻数全体に占める「同い年結婚」の割合1970年10%→2015年21%と倍増。

婚姻数全体に占める「±3歳婚」の割合1970年50%→2015年80%。男性年上婚は半減した。

私と日本ダービー

私が初めて競馬場に行ったのは2012年天皇賞秋。

競馬というものに全く興味はなく、「土日の昼過ぎテレビでやってるやつでしょ?」くらいの印象しかなかった。

当時多摩地区大学に在籍していた私は、春・秋の日曜は運動系部活大会シーズンに重なっており

中央競馬を目にする機会はほとんどなかった。

ある日曜、多摩川沿いのグラウンド試合を終えた後、同じ寮の同級生競馬ファンから連絡をもらう。

「今府中にいるんだが競馬見に来ない?あとビール買ってきて」

これが一生の趣味との出会いだった。

ユニフォームやら道具やらが詰まったカバンをぶら下げて東京競馬場に入ると、そこは人、人、人の大集団

馬鹿かいスタンドに収まりきらない10数万人の大集団だった。

今までプロ野球Jリーグ試合観戦で大きな競技場は何回も行ったことがあったが、それとは比べ物にならないレベルの大集団がそこにいた。

「〇〇番柱の中段にいるから探して」と連絡がきたが、柱に番号が振ってある建物なんて初めて見た。効率的だと思った。

そこから時間は一瞬だった。

ビールを浴びるように飲み、言われるがままに馬券を買い、そして大損した(当時はお金がなかったのに)。

こうして競馬キチガイとなった私は同年のジャパンカップ有馬記念にも現地に赴くようになってしまった。

そうして迎えた2013年日本ダービー水曜日から正門の列に並び、開門ダッシュ場所を取り、一日中酒と馬券に溺れる。

幸せだった。

今でも覚えている、買った馬券エピファネイアロゴタイプワイド1点。

直線で武豊福永差した瞬間、自分馬券ことなど忘れ大絶叫していた。

その年から2019年まで、ダービー皆勤賞だった。

ドゥラメンテのすさまじい斬れ脚、レイデオロのロングスパート福永家悲願のダービー制覇、ロジャーバローズの大掛けで静まり返る競馬場もこの目で見てきた。

それなのに、、、新型コロナウィルスの大流行競馬場には気軽に行ける状態ではなくなってしまった。

コントレイルはこの目で見たかった・・・

というわけで今年のダービー当日の入場券が当たりました。

競馬の祭典、皆さん楽しみましょうね。

目黒記念までが日本ダービー!!

anond:20220524192358

ModelProductionか

市民ミュージカル行け。

大学3年20歳でもなじめる。


サークルは興味があるから入るのではなく、

「そこにいる人たちといると何となく心地よいな~」

テスト情報も貰えるし」

で入るものだゾ。

部活と違って。

2022-05-25

anond:20220525184519

近所におじいちゃんみたいな年寄り日本人お父さんとフィリピン人お母さんのハーフの子がいたな。めちゃくちゃ頭悪いし俺含め同じ部活男子全員とヤッたヤリマンだったけど、顔濃くて見た目だけは可愛かった。

anond:20220523225355

ちょっと優しくされたからって気を緩めすぎると一気に扱い悪くなるから部活記憶は持ち続けた方がいいと思う

今を守るには過去必要なんだよ

anond:20220523225355

マジレスすると人間社会の9割は相性。相性が悪い部活で相性が良い会社に入っただけ。

2022-05-24

anond:20220523225355

あるある

自分場合部活じゃなくて親だけど

友達がいなくて親以外の人間と喋る機会がないか人間は怖い生き物だと思ってたけど

大学ゼミに入ったり就職したりして人間って表面的に接する分には優しい人多いんだなって気づいた

部活が緩すぎて会社舐めてかかってるけど社会って意外と優しい?

anond:20220523225355

ブラック部活お疲れさまでした。

はてなではブラック部活の話しかいから、俺が経験した超絶ユル~イ部活経験でも書いて中和しとく。

それは中学時代卓球部。母校の卓球部卓球部が持つ世間イメージ以上に緩かった。緩すぎた。(ガチ卓球部はもちろん存在します)

松本大洋の『ピンポン』でスマイル本気出す前の片高をさらダメにした感じ。まず女子部員が見てないと高確率ピンポン玉で卓球ではなく野球をし始める。

卓球練習内容も適当に打ち合っていればまだ良いほうで、実戦で使えもしない魔球()サーブを延々打ち込んだり、台空いてないときは座って駄弁ってたり、全部員で外周走りに

行くことになって(走り込み自体が珍事)並んで出発したはいものの100m程進んだところで女子が見てない間に男子部員全員で勝手に引き返したりと最高に緩かった。

顧問も色々緩くて卓球ミリ知らだし、練習は基本見に来ないし、たま~に見に来ても部員ドラクエの話で盛り上がってるような始末。

今思うとユルイというよりダメダメな部だったけど、不良だらけの母校においてあのユルイ卓球部は俺の居場所として心地よかったし、あの卓球部が無ければ俺は不登校になってたかもしれない。

社会に出て役立つ経験なんて微塵も無かったと思うが現状特に困ったことは無いし仕事サボり方の原点はここで学んだ気がする。

皆の愛すべきユルイ部活経験聞かせて欲しいなぁ

https://anond.hatelabo.jp/20220523225355

社会」というクソデカ主語をやめろ

その部活よりももっと厳しいクソ企業なんていくらでもある

anond:20220523225355

底辺体育会系ブラック企業は、まんま部活のノリだし、

高学歴が集まるホワイト企業は、優しさに満ち溢れている。

ただそれだけのこと。

2022-05-23

部活トラウマ会社怖かったけどもしかして社会って意外と優しい?

部活(中学)のトラウマ会社怖かったけどもしかして社会って意外と優しい?

現在社会人3年目。中学時代ブラック部活代表格、吹奏楽部に3年所属していた。

音楽楽器は今でも好きだけど、部活は大嫌い。顧問も嫌いだし、部活仲間も先輩も後輩もみんな好きじゃない。当時はみんな大好きで大事だと思ってたけど、今なら分かる。あんなの洗脳だ。

たったの12歳で私の嫌いな言葉は「やる気」になった。

私は先生お気に入りじゃなかったから、しょうもないことで目をつけられていつも理不尽に怒られていた。

夏休みの1日練習で、たったの10分休憩をした。パート練習だった。私は打楽器担当していたから1日中立ちっぱなしで、音楽室のクーラーバカから日中扇風機で乗り切っていた。暑くてクタクタで、パートのみんなも水筒を煽って床に座り込んでいたと思う。そこにたまたま顧問が現れた。楽譜を取りに来たとかそんな程度の用事だった。

誰1人楽器を触っていない時間を見られた。休憩なんだから当たり前だが、顧問の目は鋭かった。あの人は何も言わず音楽から出て行って、パートのみんなとほっと息をついた。

合奏時間になった。打楽器パート晒し上げられた。「なぜ座っていた」「なぜ練習をさぼっていた」「床に座り込んで楽しそうに喋っていたな」

確かこんなことを言われた。当時私はパートリーダーだったので、代表してこう答えた。

10分休憩だったからです」

今でも何一つ理解ができないが、私たち激怒された。練習が9で休憩が1なら顧問が1の時間たまたま音楽室を訪れる確率はどれくらいだ?9練習をしているなら、俺が見かけるはずなのはたったの1の休憩時間じゃなくて練習をしている時間のはずだろう!

意味が分かるか?私には分からない。

仕事時間に私語をすると怒られるし、普通に働いていてもきっと何か咎められるし、倒れるまで頑張らないといけないし、上司に呼ばれたら説教だし、朝は30分前に職場にいないといけない。私はそう思っていた。

でも、現実は違う。もちろん過度な私語は慎むべきだろうが、世間話や適度なユーモアが通じる楽しい人の方が仕事は上手いし、普通に働いていると「頑張っているから」とお菓子をくれる。褒めた後に周りはみんな「頑張らなくていい」「ほどほどにやればいい」と言うし、上司に呼ばれるときはただの打ち合わせだ。朝は始業までに座っていれば良い。

もう上司に呼ばれても怖くないし、先輩には気軽に話しかけられる。後輩にもちゃん休みを取るように伝えられるし、定時の日は早く帰りなさいと言える。同期と話すのが毎日楽しみで、部署が違うのが寂しい。

社会は悪いところじゃない。ティンパニーに隠れて泣いていた私に、そう教えてあげたい。

anond:20220522134825

球技を学ぶのはチームで動くことを学ぶためじゃないか

というか、他の教科がワンマン競技になりすぎなんだよな

せいぜい家庭科で一緒にご飯作る程度でしょ

あとは課外の合唱コンクール部活くらい

自由研究だってチームで取り組んだ方が良いし、今のプログラミングの授業がどうなってるのか知らないけどチームで学びながらプログラミングする方が良い

社会だって数字ランキングを覚えるよりチームでのディベート形式にした方が良いと思う

実際社会に出るとチームで働くことが前提になるのに、何故か球技くらいしかチームでやることがないんだよな

もっとチーム活動が増えたら球技にこだわる必要はなくなると思う

まぁ、最近の授業はもうチームで取り組むようになってるかもしれないが、それなら球技は無くしてもいいと思う

anond:20220523092634

部活でも結構全国強豪校で、張りのあるいいヒップでした!

ネット検索したら顔写真出てくるかも?

2022-05-22

anond:20220522134825

球技コミュニケーションのための教育なのかなと個人的には

体育祭でのダンスとかもそれ系かなと

大人になってそういう場になって、経験ゼロだと遊びで参加することもできないから、その下地というか

音楽なんかもそういう教育かなと思う

まあ運動音痴自分球技の授業は周囲の足を引っ張り楽しむどころではなく、学生時代部活球技運動部は入らなかったし、社会人になってからも一切縁が無いが

体育の話

中学校で体育の授業で初めてやる競技の前にルール説明レクチャーがあった。

短距離走フォームとか、ボールの投げ方や蹴り方、受け方とか。

その競技部活なりクラブなりでやっている子に言わせれば全然物足りないレベルらしいけど、ボールの回転がどうとかの話もあって結構面白かった。

ただ同じことを教わっても運動が苦手な子は話聞いてないのかなってぐらいできないままだった。

たぶん運動が苦手な人って動きをイメージすることか、イメージ通りに体を動かすことが苦手なんじゃないだろうか。

逆に見様見真似でできる子は説明を聞くとより上手くなるので格差が広がった気もする。

このへん理論的に教える方法があったら良いのにな。

素人考えでは体を自由に動かす練習って発育では大事なように思う。

でも私が出会った体育の先生理論を教えてくれて上手くできない時には相談に乗ってくれる良い先生だったけど、

そうじゃない先生に会っちゃうと嫌にもなるのもわかる。

anond:20220522080722

増田の求めてる感じじゃないかも知れんが、咲-Saki-キャラ造形にあたってSLAM DUNKを参考にしてた?という話

主人公と同じ部活の仲間のキャラ造形

部長を支える眼鏡

・小さくてすばしこいや

主人公と同格のクール天才

これは咲-Saki-を立ち上げを手伝ったとされる担当編集者ヤングガンガンを去るのwebインタビューで「軽く参考にしました」みたいな事を言ってたと思うんだけど

10年くらい前の記事だったからもうwebには残ってないかな…

SLAM DUNKと名指して言ってなくて「王道部活もの」みたいなニュアンスだったかもしれん

もっともこの担当編集者は立ち上げてすぐに2代目に代わってるみたいだし、小林立先生はたいしてSLAM DUNK意識してはないだろうけど

というか立先生の”あの作風”を少しでも一般化して広めようとした初期YGの努力痕跡という感じかも知れん

設定の下敷きにしたんだろうなっていう作品

咲-Saki-ガールズ&パンツァー

現実に無い部活

・弱小校に経験者で気弱キャラの妹が入部

・別居している姉は強豪校で無愛想キャラ

姉妹高校トーナメント決勝で対決する

SLAM DUNK弱虫ペダル

・中堅校の1年に隠れた才能を持つ未経験者の主人公と大型新人が入部

部長が男が惚れる感じの男前

ライバルになる他校のキャラは飄々とした天才

・ていうか湘北高校と総北高校って名前からして隠そうともしてない

他にこういうのあったら教えて

自殺することにした

俺は大学生なのに親からの妹の受験のために金の無心をされ、大学では部活で幼いやつしかいなくて周りにずっと気を遣っていたのに自分のことを認めてくれていると思った人が裏でずっとバカにしていたと聞いた。気になっていた人にはおそらく男ができていて、この先多分誰も俺を認めてくれることはないだろう。

死にたいと思ってロープを買ったことはあったが、ここまで決意して自殺をしようと思ったのははじめてだ。

ただ周りに気を遣う人生疲れた

やはり楽なのは首吊りだろうか

2022-05-21

anond:20220521110654

系統って部活モノかな

サバゲ部活舞台にしたC3部っていうのが見やすくていいらしいよ

anond:20220521110654

系統ってなんじゃろな。

ゆるめ部活物がいいなら『ライフル・イズ・ビューティフル』とか?

anond:20220520001432

いいわけがない。

学生服 強制部活 読書感想文 とくに読書感想文Amazonレビューネット感想文に対する被害者意識をむき出しにしながら「こんなんだから読書感想文必要になるんだ!!」とごねる文芸くずれが喚き散らす。

オタクイジメしか自分の事を立派な親と認識させられない様な俗物ペアレントゲーム依存という藁人形にすがりつくなど、大衆文学世代マンガを目の敵にするのと同じぐらい滑稽である

そんな物をどうでもいいと本気で言えるのか? 子ども若者には罪悪感なく動画サブスク倍速視聴をして欲しい。

2022-05-20

大企業勤めだったけど無職障害者になった

学生時代はすごく楽しかった。

受験成功部活では全国大会出場、就活大成功

友人や恋人に恵まれ、何の悩みもなかった。

そして大企業入社しかパワハラであっという間にうつ病になり退職

なかなか回復せずに一定期間経ったので、障害者手帳の取得をした。

憂鬱で、身体が鉛のように重く、トイレに行くときくらいしかベッドから出ない。

何の生産性もない人間になってしまった。

みなさんが一生懸命働いて納めている税金を貪るのは申し訳ないので、近々自殺します。

オレの息子が高校に行かないと言っている件

直接聞いた訳ではない。

中三になって学校で進路相談があったらしく、担任から電話が掛かってきた。

高校には行かない、時間無駄」「Youtuberで食べて行く」と言っていて、希望校も提出していないらしい。

6月には三者面談もあるので今月中には家庭内で話し合っておいた方がいいという事だった。

  

かに2年前にYoutubeアカウントを作って数本のゲーム実況動画を上げていた。

久しぶりに見に行ってみたが更新はそこで止まっていて、登録者数も十数人(数十人ではない)だった。

到底「喰っていく」というレベルではない。

  

勉強が嫌いなのはわかっている。小学校の頃は成績は良かったが家庭での学習宿題すらも心底嫌がった。

中学に入って授業や宿題部活など生活の変化に対応出来ず1年生はほぼ不登校、2年生から友達も出来たが勉強殆どせず成績は下がる一方だった。

毎日家に帰って来てYouTubeを見て友達オンラインゲームをしてマンガを読んで寝るという生活

そもそも学校という環境自体にそれほど楽しさを感じていないんだろう。

  

妻は「普通高校生になって今しかできない青春謳歌して欲しい」と言っている。(気持ちはわかる)

私は「高卒資格さえ取れれば通信だろうが構わない。動画クリエイターの課外講座があるとか、趣味の延長で興味を持てる学校を見つけられれば」と思っている。

  

しかし、息子の「中卒でいい」という考えとは相容れない。

本人が後に考え直すまで待って、それから高認を取るという方法もあるだろうが、出来れば来春スタートまでに「高校は行っておこう」という考えに至って欲しいと願っている。

子供にしたら「くだらない親の考えの押し付け」でしかないのだろうけど、今週末話し合いをしようと思う。

2022-05-19

anond:20220519103521

これはそう

部活までがっつりやってるとまた違うけど

週に2回程度45分(しかも順番待ちなどのレストが半分以上)は別にやってもやらんでも変わらんレベル

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん