「普段」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 普段とは

2017-12-13

Ruby が本当に嫌いになってきた

英語を書いてるように書ける、みたいなのとかさー。「Ruby は書いててすごい楽しい!」みたいなエントリとかさー。こうも書けるんだ!すごい!みたいなのってタダのお前とMatzオナニーでしょ?今から使わなきゃいけない人にとっては覚えなきゃいけないことがただただ増えてるだけだよ?PHP笑えないよ?pryでlsすれば分かるから?ハァ?お前のゴミ箱ティッシュじゃねーかそんなの、こっちがなんで漁らないといけないんだよ。もちろん別にオナニーするなとは言ってないけど、本当にそれが嬉しいの?それで仕事になるの?金になるの?生涯収入あがってるの?

これを改めて認識したのは、スマートスピーカーをいくつか買って使い込んでから。こいつらまさに Ruby みたいな気がする。そうだね、きちんとした言語Ruby なら英語)で命令すれば確かにすんなりお前は理解して挙動するんだ、わかるよ。そっか、すごいねすごいね

ちげーんだよ、そんな普段使ってる言語にあわせなくていい、むしろ合わせるならきちんと日本語に特化するなり、もっとしてほしい。なんとかClovaだけが日本語に対しては頑張ってるが。

Ruby についていえば、プログラミング言語として別の言語として最初から開き直ってくれるほうがこちからは使いやすい。こうもう書けるんだ!とかどうでもいいから。そのうえそっちで書いたら裏側の挙動が違うとか。いらねーから。はー、Goで書くわ。

一ヶ月休みが取れたら何する?

転職して、次の職場の出勤日まで一ヶ月以上間が空くんだけど正直時間を持て余してる。

せっかくの長い休みなんだけどいまいち有効活用の仕方が分かんない。

まとまった時間があったら増田は何する?

海外旅行とかすればいいのかな。でもあんま興味ある所ないんだよなー。


追記

やっぱり何か普段通りじゃないことするなら旅行かなあ。海外旅行全然たことないし。

といっても急に決まった休みからからだとあまり遠出する海外旅行とかは予約できないよねきっと。

近場で危なく無さそうなとこ探してみようかな。


予算貯金から60万くらいまでは出せる。

基本的にはインドア派だから自宅の環境整理とか、見たかった映画積読はたくさん消化するつもり。

時間の使い方に悩むのなんて何年ぶりだろ。

社会人になるとせっかくのこの時間有意義に使いたい!っていう貧乏性なっちゃってどうしても悩んじゃうね。

ストロングゼロ発達障害特効薬

普段は知らない他人とまともに話せない俺でもストロングゼロの500を一本煽るだけで話せるようになる!

これはオキシトシンなんかよりもずっと発達障害特効薬なのでは?

うんこが出ない

今まで便秘気味ではあったが、完全に出ないと感じるほどに詰まったのは初めてだった

便意はめちゃくちゃあるのに、うんこが詰まって出ない

腹の左下を触ってみると、カチコチになってジャムってるコロコロさんが居座っている

 

腹痛持ちになって18年くらい経つが、今回は胃痛とも腹痛とも違う嫌な感じがあった

普段のように、半日我慢すればどうにかなるだろうというような甘いものではない気がした

初めて浣腸を買いに行き試したが、まるで効かない。小腸の方で詰まってるから

 

仕方なしにコーラックを飲むが、効くのに6時間は掛かってしま

それは下痢の痛みが延々続くことを意味していた

わざと腹を壊すような、いつもの荒療治も効かない

ジャンプしてもさすっても、水をがぶ飲みしても、体を冷やしても、まるでだめ

このまま出なかったら死ぬんじゃないかとすら思えた

やがて腹だけではなく、腰や背中にまで痛みが及んできた

胃痛背中が痛くなる経験は何度かあるが、便秘で痛みが波及するのは初めてだ 

 

結局、頑張って布団に潜り、6時間くらいしてようやく少しずつ出るようになった

さすがピンクの小粒、最終兵器だ(その後半日は腹痛、胃痛が続くから嫌なんだけど)

トイレに行った回数は30回以上、風呂ごまかすこと3回、もうヘトヘトだ

 

世の便秘持ちはこんなやばい状況なんだろうか

食生活ストレス運動など気をつけていかないとこれからもヤバそうだ

(今回はおそらくダイエット絡みで起きてしまったと予想)

彼女を笑わせられない

普段複数人友達といるときは笑わせられるけど、彼女と二人っきりだといつものように笑わせられない。

コメディアンは観客を笑わせられるが、家では家族を笑わせられないような感じ。

何がいけないんだろうか。

猫の王国存在する

普段はそれぞれ

てんでばらばらに

町なかでペット野良として

過ごす猫たち

だが彼らの脳にも

猫としての種族共通アイデンティティー存在する

アイデンティティー思念となり

猫の共同幻想である猫の王国を生み出す

猫の猫による猫のための理想桃源郷である

世界の無数の猫たちがふとした瞬間に

猫の王国を思い描き

浜辺で

夕日の前で

窓の近くで

草むらの中で

山小屋ロッジ

街中の狭い通路

時折ふと猫の王国のなかを生きているのだ

anond:20171213153125

わかる。

「会話とは新しい情報を得たり、知識を研磨したり、問題解決する事だ」

という価値観を持ってしまってるので、どうしても議論風になってしま

 

何でも良いか他人と会話するだけでストレスが和らぐって人とは

相容れない感覚価値観だろうなぁ

 

自分の中で答えを出してしまう人に有りがちな特性かもしれない

普段自分だけで物事に答え出せるので、

わざわざ会話するんならなにか付加価値がないと…って思考

 

話題がないのも合わせて、世間話が苦手とも言う

「にーちの趣味ぶろ」ってなんで嫌われてないの?

人気が出るのはわかる

絵も愛嬌があるし、ガチ絵も上手いし、構成も読みやす

でもネタから性格の悪さが滲み出てないか

他人欠点ばかりをアラ探しし、デフォルメして笑い者にする

そして「自分だけはまとも」アピールも欠かさな

奇人変人の話ならまだしも、自分の気に入らない人間漫画を通してディスる姿勢は、見ててよく「うわぁ…」ってなる

都合の悪い話は「友達がー」と置き換えるし、普段から口を開けば悪口しか言ってなさそうな日常描写

キャバ女だからか?特有上から目線

人間観察ドヤァで自分が観察される側とは思ってもいない

絵が可愛らしいから許されてるし、そこから人気になるのは理解できる

実際自分も好きだったから読んでいた

けど、内容は正直酷いぞアレ

あれだけ「他人おかしい人ばかり、自分だけはまとも」とネタにしてて、よく炎上してないな

アンチが出てもおかしくない程度の知名度だとは思うが、なんで嫌われてないの?

ブコメがひたすら合わないんだが

ガイアの夜明け外国人労働者話題じゃん

俺もかなり憤りを感じた

ブコメにもそういう声が多数上がってるんだが、それでもブコメが嫌いだ

というのも自分のことを棚に上げていうもマウンティングしかしてないか

下請け責任親会社にもあるんだよってその通りなんだけど、普段お前ら自分の言ったことにも責任とらんやん

自分達が主張してることを自分の行動で示してるやつ、一人もいないじゃん

そんなやつが調子に乗ってマウンティングだけする為にブコメしてるのが本当イライラするだよね

お前らマジで自分の顔を鏡で見たほうがいいよ

世界中探したってお前らほど醜い顔したやついないか

「にーちの趣味ぶろ」ってなんで嫌われてないの?

人気が出るのはわかる

絵も愛嬌があるし、ガチ絵も上手いし、構成も読みやす

でもネタから性格の悪さが滲み出てないか

他人欠点ばかりをアラ探しし、デフォルメして笑い者にする

そして「自分だけはまとも」アピールも欠かさな

奇人変人の話ならともかく、自分の気に入らない人間漫画を通してディスる姿勢は、見ててよく「うわぁ…」ってなる

都合の悪い話は「友達がー」と置き換えるし、普段から口を開けば悪口しか言ってなさそうな日常描写

キャバ女だからか?特有上から目線

人間観察ドヤァで自分が観察される側とは思ってもいない

絵が可愛らしいから許されてるし、そこから人気になるのは理解できる

実際自分も好きだったから読んでいた

けど、内容は正直酷いぞアレ

あれだけ「他人おかしい人ばかり、自分だけはまとも」とネタにしてて、よく炎上してないな

アンチが出てもおかしくない程度の知名度だとは思うが、なんで嫌われてないの?

ずっと疑問だったけど

英会話の授業中にイギリス人講師Go wayって言われた事あるんだよな。

冗談かと思ったけど目がマジだった。直訳すると出て行けなんだけど、普段温厚な人だったかニュアンスがよく分からなくて焦った

妻の食べ方がおいしくなさそう

先日、外食した時に、魚料理をひとくち食べて、首を傾げ始めた。

それなりに良いレストランだったので、何か問題があったのではないかと、店員さんが来てくれた。

「いえ、おいしいです」と妻。


店員さんが離れた後、なんで首を傾げてたのかを尋ねると、

「何の魚なのかな、と思って」だそうだ。



まずかったのならともかく、美味しかったのにその態度は失礼だよ、と諭すと、

こっちは客でお金を払っているのだから、どう食べようと自由だ、

会話の内容に首を傾げたのかもしれないのに、いちいち気にするのがお節介だ、

生きてれば首くらい傾げる

とごね始めた。

なお、普段の妻はこのような考えは持っておらず、言い負かされそうになるとキレて屁理屈を言い出す。

キレられると面倒なので、この話題は早々に切り上げた。



でも、今になって、自分の捉え方がおかしいのか、気になってきた。

飲食店で お客さんが首を傾げていたら、

店員が おいしくなかったんじゃないか、と心配するのは普通だよね?

ありよりのあり

アリの生態について調べてみた。

好き勝手に歩き回って

餌に群がるだけと思っていたが、

どうやら、

アリの中にもリーダーはいるようだ。

人間や猿のリーダーと異なり、

普段特に指示を出したり

威張ったりすることはない。

仕事をするのは、

大きな餌を複数匹で運ぶような

共同作業必要場合だけである

1匹だけで運べる小さな餌の場合

アリはフェロモンを上手く利用し、

1列になり、最短経路で巣まで持ち帰る。

(参考 : 蟻コロニー最適化)

1匹で運べない大きな餌の場合は、

運搬作業に専念するメンバー集団と、

集団の進路の監視に専念するリーダーに分かれ、巣まで餌を持ち帰る。

この時、リーダーメンバーに、

無理に最短経路へ従わせるのではなく、

メンバーの運びやすさを尊重した上で、

明らかに巣への帰路から外れそうな場合にの個別の調整を加えながら進路を修正していく。

このため集団が最短経路を辿ることは、

まり無いが、メンバーには軽い負担

確実に巣まで餌を持ち帰らせることが出来る。

リーダーは、固定職では無く

場面毎に最適な情報を持った個体

集団から立候補し、流動的に入れ替わる

🐜🐜🐜

結論 : アリ凄い

2017-12-12

お前らが普段底辺だとバカにしてるような掲示板だって

現実じゃ俺はこんなに偉いんだぞってマウンティング合戦になったら

預金額だの難関資格証明書だのの画像が数は少なくても一応出て来るのに

おまえら何もあげないで威張ってるだけなんだから結局一番口だけなのは増田民なんだよな

anond:20171211023957

まあ普段テロ革命無敵の人だと煽ってる奴等も

中華航空馬鹿やった日本人に対して「日本の恥!」みたいな態度を取っちゃうから

結局はネット受けのいい戯言を延々と繰り返すだけで人生を終えることでしょう

anond:20171204182218

動画が残ってるのにこの結果っていうのは、訴えとは違う事実が記録されてた可能性が極めて高い

普段から何がなんでも有罪にする検察っていう意見事実ならそう考えるのが普通だと思う

批判対象が他にあるといつも言ってることと違うこと言い出すのがはてなの癖だな

車に乗ってれば銃を無力化できると思ってるって普段戦車にでも乗ってんのか…?

anond:20171212153107

自分特定してのことならわかるけど

括りが大きすぎるだろ

お前は普段ごはん食べる奴はバカって言われて怒るのか?

逆にアンゴラ村長かわいいって、普段どんなブスばっかりと接してんだよ

IQが高いことを実感できない

この2年ほど仕事の処理能力が徐々に落ちてきて、この数ヶ月は不眠や不安感をはじめとするうつ症状が続いているので、8年ぶり二回目の精神科通院をしている。

日頃感じている生きづらさの原因がわかるかもしれないよ、と医師の勧めで大人向けの知能テストのWAIS-iiiを受験した。

この検査単語意味を答えたり、積み木で模様を作るパズルや、口頭試問での算数問題記号を素早く書き写す事など14種類のテストがあり、

それぞれの数値から言語能力物事分析する力、ワーキングメモリと処理速度などを数値化する事ができる。

それらを4カテゴリーに分け、各カテゴリーの数値に15以上差があると低い能力が他の能力を引っ張ってしまうので、困難を感じやすいらしい。

特にアスペルガーADHD発見するのに有効で、カテゴリーごとのIQの差を見る事で得意な事や苦手な事を知る事ができるので、自分特性を知る手がかりとして受験をした。

告げられた結果はIQ130で、これは非常に優秀と区分とされるらしい。130以上の人間は全人口の2~3%を占めており、クラスに1人居る程度なのでこの数値はそこまで特別ではない。私のカテゴリー毎の差は最大で(言語理解>処理速度)が30程度あったが、全ての数値が平均より上なので問題ないでしょう、という事で発達障害の診断はされなかった。担当医を信頼しているのでこの判断に不服はない。

けれど、この検査の結果には正直裏切られた様に思う。

問題は、自分は大抵の人よりも能力が低いと普段から感じて居る事だからだ。

職場普段から接する人々、小学校時代同級生に至るまで、周りの人は何故こんなに物分りが良く、ワンフレーズで会話を進める事ができて、一度受けた説明通りに動く事ができ、人の顔や名前簡単に覚え、暗黙のルールを知っているんだろう。とずっと悩んでいる。

教師が全体に指示を出した時にクラスメイトはすぐに行動を始め、何をしたら良いのか分からない私はいつも周りの人がしている行動を真似て、ワンテンポ遅れてついていくのがやっとだった。

電話や窓口で、自分要望要求を伝えたい場面ではとっさに一言が出てこないので、いつも頭の中で予行演習を行ってから人に話しかけている。

目の前で起きている事を見聞きしていると、頭の中で今後起きる事の可能性を考え始めたり、選択肢分岐勝手に枝分かれを始め、頭の中のレイヤーが多層になってしまい、目の前の出来事に覆い被さっていってしま自覚がある。

いつも心が散歩気味なので、車の運転が出来ないし、よく物を壊したり、見落としたりする。

IQはただの指標の一つで、パソコンスペックの様な物だと思う。これは私のアイデンティティ人格創造性を証明するものではない。

道具は使い方次第で活かし方が変わってくるので、扱う人が成し遂げたい事の目標をしっかり持って、心を折れずに取り組む粘着性が何よりも大事だと思っている。

私の場合は、目の前の情報が多すぎるといつも感じているので、持続性を持って取り組むのが困難だ。

勉強を始めると瑣末な事に注目したり疑問が湧いてきて、横道に逸れて考え始めてしまうので取り組む速度は遅い。

ひとつの事を終わらせるのに体力も時間も消耗して疲れてしまうため、投げ出し癖が強く、学業仕事において特別な業績を残せていない。

けれど周りから優秀な人だと言われる事が多く、何か一つの事や分野に集中すれば結果を残せるだけの能力がある。と言われる続けると、普段生活を送るために、周りの人の"普通"に合わせる事にいっぱいいっぱいな私はどうしたら良いのか分からない。

例えば解像度の低い写真があっても、赤色の丸い形の物という情報が分かればリンゴだと判断できるだろう。

より高精細に見る事ができたとしても、表面のテクスチャーがどうとか、そういう判断や処理に重要でない微細な部分に注目してしまって頭が疲れてしまうだけなんじゃないかと思う。

目盛りが細かすぎる定規は物を測る時に見づらいし、刻みのスケールが大きい方が見やすいと思っている。

自分にとっての生きやすさとは、微細な差異を見極める事ではなくて、大雑把に物事を大きく捉えられる見方なんじゃないかなと思っています

どうしたら細かな事や重要でない事を無視して物事を捉え、一つの事に取り組む粘着性を手に入れられるのかな、と自問自答している。

この投稿検査の結果を誇りたいために書いたのではなく、道筋を考えるための情報を手に入れようとしたのに、その結果に自分はまた悩み続けてしまうのだなぁ、という気持ちを残したくて書きました。

割引に群がらないでくれ

いきつけのチェーン店満席になっており入店を断念した。

俺は割引のことなんて知らなかったし割引がなくても入るつもりだった。

勘弁してくれ。どうせなら普段から使ってる客だけに感謝として割引しなさい。しつこいようだが割引がなくても通うぞ俺は。

吉野家コピペ気持ちがわかったよ。

無気力人間記憶を辿る

最近仕事をやめた。

8時間労働と1時間の休憩、少しの残業と1時間通勤、それと出社準備の1時間

合計11時間が週5日あるのに耐えられなかったからだ。

一月に16万円ほどもらっていたが、溜まっていく一方で何に使えば良いかもわからなかったし使う気力もなかった。

人達給料をもらってエンジョイしているのに自分はどうもそれが不可能だった。

どうしてこんな人間になったんだろうか

自分記憶を改めて整理したい

-

保育園時代

ほとんど記憶がない、踊りを披露する場があってそのときに着た衣装がとても寒かったこと、保育園に新しい園庭ができたこと、その園庭に蜂の巣ができてしばらく使えなかったことは覚えている。

小学校時代

3年生になったら強制的部活に入るのだが、習い事があるので入部を拒否した、しかし1年経って周りとの疎外感を気にされたのか強制的に入らされた覚えがある。

自分には合わないと言い続けたが辞めることが出来なかったので、習い事の日を多くした記憶がある。

体育や運動行事はとことん苦手だった、よく貧血で倒れていた、ヘラヘラしながら誤魔化していたが、実際はなんで自分はこんななのだろうと思っていた。

この頃から体育や体を動かすことが苦手になったと思う。

暗記するテストが苦手だった。10個の漢字を暗記して書く問題はいつも4個ぐらい間違えていたと思う。これで暗記が嫌いになった。

厳しい先生が居た、よく怒って棒で生徒の頭を叩き授業放棄する先生だった。待ってる時間は退屈だった。

美術の授業は苦手だった、何を書けば良いかからないし思った通りに絵を書いていくことができず苦痛だった、特に版画は最悪で居残りでなんとか仕上げさせられた。

友達関係はまあまあ良好だったような気がする、地元では珍しくPCネット環境を持っていたのが大きかったと思う。

PCのやり過ぎで親に何度も怒られた、その度にPCを取られていたのだが、自分友達を繋ぐものが取られて居るような気持ちで非常に辛かった。

中学校時代

この時も厳しい先生が居た。自分は字が汚いことでよく怒られていた。どんなに時間を掛けて書いても何も褒めてくれないので怒られるギリギリの字で出すようにしていた。しかし日によって怒られたり怒られなかったりしたのでもうどうでも良くなった。

部活吹奏楽をやっていた。練習ときはまあまあ上手い方だったと思う。肺活量の問題か音が小さいとよく注意されていたが適当に誤魔化していたと思う。

コンクールの後に反省会をするのだが、本番が終わると何も覚えていなかったので適当なことを言っていた。

音楽で歌う事があったのだが皆と音程が合わず口パクで歌っていた、大きな声で一人ずつ歌ってと言われたときは最悪だった。記憶から消したいぐらい。

木材で何かモノを作る授業があった、皆はうまく組み立てていく中、自分全然釘が刺さらず遅れすぎたためボンドでくっつけていた思い出がある。

普通の授業は良いのだが、体育音楽等が苦痛でついに不登校になった。

親や先生には理解されないだろうと思いながらもそれとなく言ってみたが良い反応が得られなかったのでとにかく行きたくないで押し通したと思う。

学校から厳しい先生が自宅に来て「なんで来ないの」とか聞かれてたけどお前に答えるわけはないだろって思ってた。

中卒は厳しいからとりあえず高校に行こうと言われたので教室には行かず勉強をして、自宅に一番近い高校入学した。

高校時代

普通に合格した。英語絶望的だったが…

特進クラス入学しないかという案内を受けた。部活に入らなくてもいいのは魅力だったが、放課後に補修があるというのでお断りした。

一瞬だけ部活に入った、同学年の人がほぼ居なかった上女子ばかりだった、1年目は雑用しかできないらしい、毎日ランニングして基礎トレーニングで終わったので1週間ほどでバックレた。

普通勉強は出来た方だと思う。歴史とか社会とかの暗記系は苦手だったがそれでもまあまあ出来ていた。しか英語絶望的だった、1年生の頃はまだなんとかなっていた。

2年生になると同時に自分は特進クラスクラス分けされた。補修が無理やり入る、課題が今までよりも多い、非常に辛かった。

数学教師も字に厳しい人だった。普段はある程度丁寧に書くのだが、定期テスト時間がないので適当文字になる、それに全てバツを付けられた。

数学は得意だったのに一気に嫌いになった。

模試の結果、英語さえできれば東大ラインが見えるとのことで英語教師がよくせっつきに来るようになった。

補修の回数も増えた、授業中当てられる回数が増えた。英語の苦手意識が高まっていった。

長期休みも補習があった。

合宿があった、朝から晩まで勉強だった。

嫌になった自分は2年生の途中でまた不登校になった。

また中学と同じ言い訳をした、担任にも学年主任にも平気で嘘がつけるようになって自分進化したなぁと思った。

単位制の高校だったので留年か出席かを迫られた。

から中退ではどこにも就職できないぞと言われた。

自分は退学を選んだ。

高卒認定を受けた。

専門学校時代

高卒認定かつ自分の体力で就職できるところがなかったし就職する気も無かったので、地元情報関係専門学校に行くことにした。

自分はわりと詳しいこともあり知ってるところも多かったし勉強は楽に出来た。

専門学校だけあって就職についてのサポートは充実していた。

自分は今までPCを触ってきたこともありなんとなくプログラマーになりたいと考えていた。

しかし具体的な会社を決める段階になると、本当の自分が働ける職場が無さそうな事が分かってきた。

先生説明する中で一番楽そうな会社に入ることにした、そこは8時5時で残業殆どないらしい。

筆記テスト小論文面接を受けた、適当な受け答えをしていたら内定を貰うことが出来た。

-

本当のことを言って周りに相談していたら自分はどんな人間になってどんな人生を歩んでいたんだろうか。

2017-12-11

anond:20171211220156

普段は人だが、満月になるとプアに変身するのがワープア

好きな女の子ができた

同性をあまり好きになれない。

友達は多いけど、例えばアイドルとかモデルとか同性にハマれない。ごく稀にこうなりたいな、と思ったりする人はいるけどそれは尊敬で…基本的に好感を持つことは少ない。

女同士の『おんなのこかわいい』の文化に入っていけない。

しかし、最近少し変わった。

書店接客業をしていると、やたらニコニコいかけて『ありがとう』と言ってくる人は男女共に何人かいて、気味が悪いなと思っていた。どんだけいい人間だよ、怖いわ。と思った。

けど一人だけそうじゃない子がいた。

ワンレンのロングヘアで、下がり眉に狐のような目をしている。そしてすごく笑顔で、とにかく私の目を見てくる。多分、大学生だ。

こんな子いるんだ、すごく可愛い

彼女接客する度にドキドキした。

こんな漫画読むんだ、話したい、この作家さんの本良いですよねって言いたい。彼女なら聞いてくれるような気がした。たまにお客さんにそうやって話しかけることはあるけど、彼女にはなぜか気軽に話しかけることが出来なかった、私は明らかに照れてしまっていた。

仕事が終わって、帰り道。美容院が沢山ある通りを歩いていた。ほんのりシャンプー香りがする道で、向かいから彼女が歩いてきた。

すれ違うまでのほんの数秒で、わたし思考が完全に止まっていた。普段なら、仕事休みの日に顔見知りの常連客とすれ違った時には軽く会釈する。だけど彼女常連客というほど頻繁には来てない、せいぜい半月に一度くらいだ、顔見知りというレベルではない、それに私服の私に気付くわけが

『こんばんは』

スッと彼女笑顔を向けた。

こ、こんばんは!

先生に当てられた生徒みたいな挙動で返した。この子覚えてたんだ、私のことを。すごいな、わたし本屋店員の顔なんか覚えられないよ。

ああ…大好きだ。恋ではないけど、お気に入りの、好きな女の子が出来た。

目を見て話すと言うけれど

実際どこ見てる?

自分相手の右目を見ていると最近気づいた。左目ではなく必ず右目

たぶんどっちの目が利き目なのかとかが関係しているんだと思うんだけど

あ、どうしても目を見て話さなきゃいけないときね。自分普段は顔なんて見ないで話してる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん