「資格」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 資格とは

2019-10-17

なんで今井絵理子要職についてるんだろう

マスコットでよくね……?

実際マスコット以上の働きなんて期待してないだろうし

稲田朋美みたいに、弁護士資格もってて、方向性はともかく仕事出来そうならともかくさ……発言見てても仕事廻せない感すごいやん

2019-10-16

新卒SIer就職したらうつ病になった話。

あなたうつです。

医者からそう言われたのは一週間前の話だ。

最初些細な変化からだった。

単純作業ミスが出る、人の話が頭に入ってこないことがある、寝る前に仕事億劫に感じてしまうなど。

それでも私は一年目の若造であり、もともとそこまで集中力が長続きする方ではない。そして宝くじが当たれば仕事なんて辞めてしまう程度の愛着しかない現職なのでまぁみんなこんなものなんだろうと思いながら仕事をしていた。

ここで少し私について書いておくと、ある程度給料は欲しいし、優秀な方とも働きたい。

SIerにいる方には悪いが、あくまスキルアップのために1.2年勤めたらもっと良い環境転職するつもりで入った。

求めていたものは最低限のビジネススキルと、上流から下流までそこそこ学べる環境

運良く両立出来そうな規模の会社を狙って入ることができた。

グループ会社本体内定を頂けたので考慮したが、配属リスクと上流限定で手を動かさせて貰えないような気がしていたのでお断りした。

4月入社し、そこそこ楽しかった研修が終わり、プロジェクトに配属された私に待っていたのは、ひたすらExcelテストエビデンスコピーアンドペーストする作業だった。

最初は振られた作業があまりにも簡単すぎたし、これでこんな給料もらって良いのか?と思うくらいだった。

ある程度同じことをやって日々を消化していくのは楽だ。何故なら新しいことをしなくて良いし、ただただ同じことを繰り返せばいいから。

しかし、私はあくまで上述の環境を求めて入ってきた(うっすいビジネススキル研修で教えてもらったのでもういいだろう)ので、この環境吐き気を催すのみだった。

プライベート勉強会に出て、勉強したこと技術記事として書き、Courseraなどを使って新しい分野も学ぶ。

そんな生活半年以上楽しく続けていた私からすると

何が楽しくて大学を出てこんな作業をしているのだろう。

なぜみんな当たり前のようにこんなことでお金を貰えると思っているのだろう。

そう思わざるを得なかった。

1週間もしないうちに私はこの単純作業が嫌になった。

調べ物な全て紙か社内LANに置いてあるドキュメントから得るしかない環境、このような環境で何をすればよいのだろうか。

作業はすぐ終わる。しかし報告しても振られるのはまた同じような作業

プログラミング言語作成者仕事を終わらせて自分の気になることを調べたりしていた、という話を講演で聞いたが、私の環境ではそれすらできない。

一度意を決して上司に他の作業をさせて下さいと言った。すると露骨に嫌な顔をされ、新卒一年目に出来ることなんてあるの?と馬鹿にしたような顔で言われた。

ムッとしたが、口論になって面倒くさいことになるのは嫌だったのでそうですよね、と愛想笑いをした。

私はこの時期を境に仕事に行くことがたまらなく嫌になった。

同時に、転職サイトに登録し始めた。

そこそこの学歴とそこそこの資格、そしてそこそこの会社に勤めているだけあって、エージェントの方によく声をかけてもらえる。

しかし、エージェントから紹介してくる案件に対して私には絶対的経験が足りていない、あと半年してから出直してねといったような返答が殆どだった。

じゃあ何で声をかけて来たんだと言いたくなるような気持ちだったがまあしょうがいかという気持ちにもなった。

考えてみればそれはそうなのだ

情報学部卒でもない文系学部卒、それも半年程度しか職歴がない若造をどうして面接に呼ぼうと思うだろうか?

私でも時間無駄になるだろうと思って書類で落とす。

しかし、あの仕事は続けたくない。

どうすれば良いのかわからなくなっていく、そんな日々が続いた。

そして次第に冒頭の現象は酷くなっていき、最終的に体が動かなくなった。比喩ではない。

本当にベッドの上から動けなくなったのだ。

職場にとりあえず寝たまま連絡をし、産業医相談をした。

するとうつ可能性が高いと言われ、クリニックをいくつか紹介された。

次の日、クリニックにいった。

しかしそこでも同じことを言われた。うつ可能性が高いですねと。

かに最近何も出来ない休日が増えていたし、何をしても楽しくない、常に平日がやってくる恐怖に駆られる感覚に陥っていた。

しかしそれでも鬱だとは思わなかった。というかまさか自分が鬱になるなんて思わなかった。

そして現在である

とりあえず服薬をしながら何もしない日は何もせず、動ける日は技術の本を読んだりプログラミングをしたりしている。

あの職場にはもう戻りたくはないので、転職を考えているが、当時よりも状況は悪化しているのでどうなるか分からない。

最悪バイトでもしながら勉強し、大学院に入って卒業後にひっそりとソフトウェアを作る仕事などに就くのも悪くないかと思い始めた今日この頃だ。

新卒SIer就職したらうつ病になった話。

あなたうつです。

医者からそう言われたのは一週間前の話だ。

最初些細な変化からだった。

単純作業ミスが出る、人の話が頭に入ってこないことがある、寝る前に仕事億劫に感じてしまうなど。

それでも私は一年目の若造であり、もともとそこまで集中力が長続きする方ではない。そして宝くじが当たれば仕事なんて辞めてしまう程度の愛着しかない現職なのでまぁみんなこんなものなんだろうと思いながら仕事をしていた。

ここで少し私について書いておくと、ある程度給料は欲しいし、優秀な方とも働きたい。

SIerにいる方には悪いが、あくまスキルアップのために1.2年勤めたらもっと良い環境転職するつもりで入った。

求めていたものは最低限のビジネススキルと、上流から下流までそこそこ学べる環境

運良く両立出来そうな規模の会社を狙って入ることができた。

グループ会社本体内定を頂けたので考慮したが、配属リスクと上流限定で手を動かさせて貰えないような気がしていたのでお断りした。

4月入社し、そこそこ楽しかった研修が終わり、プロジェクトに配属された私に待っていたのは、ひたすらExcelテストエビデンスコピーアンドペーストする作業だった。

最初は振られた作業があまりにも簡単すぎたし、これでこんな給料もらって良いのか?と思うくらいだった。

ある程度同じことをやって日々を消化していくのは楽だ。何故なら新しいことをしなくて良いし、ただただ同じことを繰り返せばいいから。

しかし、私はあくまで上述の環境を求めて入ってきた(うっすいビジネススキル研修で教えてもらったのでもういいだろう)ので、この環境吐き気を催すのみだった。

プライベート勉強会に出て、勉強したこと技術記事として書き、Courseraなどを使って新しい分野も学ぶ。

そんな生活半年以上楽しく続けていた私からすると

何が楽しくて大学を出てこんな作業をしているのだろう。

なぜみんな当たり前のようにこんなことでお金を貰えると思っているのだろう。

そう思わざるを得なかった。

1週間もしないうちに私はこの単純作業が嫌になった。

調べ物な全て紙か社内LANに置いてあるドキュメントから得るしかない環境、このような環境で何をすればよいのだろうか。

作業はすぐ終わる。しかし報告しても振られるのはまた同じような作業

プログラミング言語作成者仕事を終わらせて自分の気になることを調べたりしていた、という話を講演で聞いたが、私の環境ではそれすらできない。

一度意を決して上司に他の作業をさせて下さいと言った。すると露骨に嫌な顔をされ、新卒一年目に出来ることなんてあるの?と馬鹿にしたような顔で言われた。

ムッとしたが、口論になって面倒くさいことになるのは嫌だったのでそうですよね、と愛想笑いをした。

私はこの時期を境に仕事に行くことがたまらなく嫌になった。

同時に、転職サイトに登録し始めた。

そこそこの学歴とそこそこの資格、そしてそこそこの会社に勤めているだけあって、エージェントの方によく声をかけてもらえる。

しかし、エージェントから紹介してくる案件に対して私には絶対的経験が足りていない、あと半年してから出直してねといったような返答が殆どだった。

じゃあ何で声をかけて来たんだと言いたくなるような気持ちだったがまあしょうがいかという気持ちにもなった。

考えてみればそれはそうなのだ

情報学部卒でもない文系学部卒、それも半年程度しか職歴がない若造をどうして面接に呼ぼうと思うだろうか?

私でも時間無駄になるだろうと思って書類で落とす。

しかし、あの仕事は続けたくない。

どうすれば良いのかわからなくなっていく、そんな日々が続いた。

そして次第に冒頭の現象は酷くなっていき、最終的に体が動かなくなった。比喩ではない。

本当にベッドの上から動けなくなったのだ。

職場にとりあえず寝たまま連絡をし、産業医相談をした。

するとうつ可能性が高いと言われ、クリニックをいくつか紹介された。

次の日、クリニックにいった。

しかしそこでも同じことを言われた。うつ可能性が高いですねと。

かに最近何も出来ない休日が増えていたし、何をしても楽しくない、常に平日がやってくる恐怖に駆られる感覚に陥っていた。

しかしそれでも鬱だとは思わなかった。というかまさか自分が鬱になるなんて思わなかった。

そして現在である

とりあえず服薬をしながら何もしない日は何もせず、動ける日は技術の本を読んだりプログラミングをしたりしている。

あの職場に戻りたくはないので転職を考えているが状況は悪化しているのでどうなるか分からない。

最悪バイトでもしながら勉強し、大学院に入って他の企ひっそりソフトウェアを作る仕事などに就くのも悪くないかと思い始めた今日この頃だ。

マシになりたい

幼稚園の時に両親が離婚、母に引き取られ母方の実家生活をする

・父から養育費相手に支払い能力が無いということでゼロ

・母の実家に住まわせてもらったため家賃はほぼかからず、贅沢ではないがそこそこの生活を送った

・母はパートに出ていたが、祖父母が家にいたため学校から帰宅後も楽しく過ごせた

小学校中学校までは「おこづかいが無い」程度の認識友達との関係で困ることは無かった

祖父が亡くなり、祖母の体調も悪くなった

中学までは勉強のできる方で、たまたま自分よりはるか学力必要学校に推薦合格してしまった

高校勉強についていけなくなった

高校でまわりとのお金の使い方との差に若干不自由を感じた

一般科目の勉強ができず「金額的に私立大は無理・返済型奨学金ダメ」と言われ国立大学を受けたが惨敗

・1年間 浪人という名の勉強意欲のない無職ニートをし、私立大学夜間二部を受験したが惨敗

・ツテで高卒就職をし、夜間専門学校に通った

・専門分野の勉強はまだマシだったのでそこそこの資格を取る

現在も引き続き同じ会社でつとめており、手取り19万~21万くらい

大卒資格欲しさに通信制大学編入現在3年)

卒業したらもう一つ資格取得を目指し、取得し次第転職予定

この先どうなるのか想像したくない

お金への漠然とした不安が拭えない

高校とき勉強をしておけばよかったし、進路のことにもっと真剣になるべきだった

今度はフェミ赤十字と宇崎ちゃんコラボに噛みついたらしい

『「宇崎ちゃんは遊びたい」の献血PRポスターはセクハラ』との批判と、それに関する議論

太田啓子弁護士の判断基準が行方不明──/『文化を殺すなと言って貰えるのはありがたいが、過去にキズナアイ騒動を仕掛けたり、幸色のワンルーム放送取りやめを肯定するなど、文化を殺す行為に加担していた訳で』とネットユーザの声

何時もの事と言えば何時もの事だけども一般人なら兎も角これ仮にも弁護士発言と言うのが驚きだろう。

以下に日本法政レベルが低いか象徴する出来事とも言えるだろう。

以前も募金の一件でも問題を起こしたみたいだし、一度弁護士資格制度見直しもした方が良いのでは?

個人的には昔あった建築士見直しの契機となった姉歯並のインパクトだよ。

これ等から見てもどういう事なのか良く判るね。

まだエロしか守らないと彼等が言うオタクの方が余程表現の自由を良く理解しているとしか言えないね(苦笑)

彼女等の言うネトウヨだのロリコンだのペドだのセクハラだのは相手貶める為に発しているレッテル貼りに過ぎないし、青少年に悪影響だの子供の権利女性の権利人権だの平等だの言う言葉は単に相手意見を飲ませる為に主張している口実に過ぎないからな。

これも要は理由なんて何でも良いから言う事聞いて規制しろと主張しているに過ぎない。

こんな事だからポリコレ棒だのまなざし村だの言われたりするんだよ。

そもそも児童ポルノ禁止法の一件にしても規制の強化ばかりで児童保護に関しては指摘されていたにも関わらず、ずっと無視し続けてきた位だしな。

山田太郎議員子供庁とか言う話をしているのもその辺の事情もあるのよ。

しかしこういう一連の行動を見ていて日本リベラルが何故信用されないのか理解できるよ。

この表現の自由言論の自由の一件だけではなくね。

anond:20191016112728

全然例えも論点も違うんだけど、詭弁相手を困らせる修行とかしてる人??詭弁検定2級とか資格持ってる人??

anond:20191015081226

今どきのホームレス風呂は入れてる

そいつが入れていたかどうか不明


ホームレス税金を払わないから、避難所など行政が用意する公的支援恩恵を受ける資格がないだろ。

2019-10-15

【年間500杯食べる人とか】メシ通に出てくるマニアたちをまとめる

メシ通と言えば、はてなブックマーク毎日エントリが上がってくるメシテロサイトだが、

その魅力はなんといっても、”その界隈のプロ”らしき謎のマニアたちの存在である

メシ通にはうどんカレーそばラーメンと様々なジャンルマニアが出てくるが、

いずれの記事にも共通するのが「消費量」によってマニア度を訴求してくる点である

彼らは「年間300杯」のうどんを食べたり、これまでに1000軒の飲食店訪問していたりする。

ウェブで目を引くタイトルを作るときは、数字で具体例を示すのがセオリーだ。メシ通もそのセオリーにのっとっているのであろう。

しかしまあそんなマニアによる記事をたびたびはてブで見ていると、なんだかその数字アピールも含めてなんだかおもしろくなってきた。

いったいメシ通にはどれだけのマニアがいるんだろう。

調べられる範囲でまとめた。スクレイピングとかよくわからいから「年間」「杯」「軒」とかで検索してまとめた。

基本的にはマニアが紹介する記事をメインでまとめているので、ライター自身マニア自称していたり、

マニアにはたまらない」「マニアの間で有名な」といった紹介記事無視している。


年間500杯食べるうどんマニアに教わる「こんなにいろいろある!ニッポンうどん

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/cocolo/19-00036

年間だと500杯くらいですかね。1日2〜3食とか、1食程度のときもあって日によっていろいろですが、毎日食べています地方に行ったら1日で10軒回ることもありますよ。

どうせ家で食べる冷凍うどんも含めて数を稼いでいるのだろう、

タカをくくってたら、思っている以上にガチだった。

こういう人の記事がこのあと10件くらいある。


いま絶対に食べておくべき蕎麦の名店10選・都内編【年間150杯食べる蕎麦マニアに聞いてきた】

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/_futsukayoinotakahashi/19-00265

前島さんは週に3日、年間で150軒もの蕎麦店を食べ歩いている

前島:今までまわった2,000軒をもとに自作したデータベースから

週に3日そばを食べる人ならわりとその辺にいる気がしないでもないが、これまでに回った店を2000軒データベース化しているという。


40年間そばを食べ続けてきた男が語る「大衆そば」の素晴らしき世界とは【東京ソバット団】

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/sobattodan/18-00238

昭和34年まれ、58歳の坂崎さんは、なんと40年のそば歴を誇るツワモノ。

学生時代からそばを食べ歩いているというマニアが、""格式張らず、手軽に食べられる、家庭料理の延長のようなそば"である大衆そば」を紹介する記事

そば歴とはなんなのだろう。


ドネルケバブを6年間食べ歩く男 「ケバブを抜いたら自分でなくなる」

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/another/19-00004

秋葉原の「スターケバブ」に週4で通ってましたね。

SNSで、日本ドネルケバブ屋さん70〜80人と繋がってます

東京大阪などの大都市圏に集中してて、そのうち50店以上は行きました。

ケバブ、美味しいですよね。

うどんそばマニア比較すると若干訪問件数が少なく感じる気もするが、

日本におけるケバブ立ち位置を考えるとこんなものなのかもしれない。

この方がケバブ歴40年に達したころの日本ケバブ事情がどうなっているのか、気長に待ちたい。


年間1,000軒を食べ歩くフォーリンデブはっしーさんが見つけた「最強のデブリシャス」なお店

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/soryusizm/19-00099

「お肉博士」と「お米ソムリエ」の資格を持ち、グルメエンターテイナーとして年間でおよそ1,000店舗ものお店を自腹で食べ歩き

特定ジャンルを偏食しているわけではないが、1日3食、すべて外食らしい。

胃もたれしないのだろうか。


365日餃子を食べてSNSにアップし続ける男に「餃子うまい店でベストナイン」を組んでもらった

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/kentaro-takaoka/19-00014

365日餃子を食べる男として、日々SNS餃子をアップし続ける。

今朝食べてきたので、798日目になります。今年の8月20日1000日目になる予定です。

餃子を食べ続けて3年目のマニアが、継続の大切さを語る記事

おそらく今年の8月餃子継続1000日目を達成しているだろう。

ぜひともこのまま40年間続けてみてほしい。


1000軒を食べ尽くし、写真集まで出してしまった「ハンバーグ測量士」が語る究極のハンバーグ店とは?

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/oishiisekai/18-00172

1000軒のハンバーグを食べ尽くし、日本ハンバーグに詳しいといっても過言じゃない

ブログを始めたのが2006年くらいかな。

測量の仕事で全国を飛び回って外食しているうちに、ハンバーグ縛りプレイをすることになったマニア

この手のグルメマニア外回り仕事からそのままマニアになっていく展開が多い気がする。


グルメバーガー界の天下一武道会?】全国から最強のバーガー職人が集う「バーガーサミット」に潜入してきた

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/masayoshi-hayashi/19-00234

そこからずっと年間200個ペースで食べ歩きしながら、いつか店やりたいなー、って

食べ歩きは多分16、7年ぐらい続けてたんですよね。そう考えると3,000食ぐらいっすかね。

ちなみに僕は昨年300個食べているので……追い付きたいです(笑)

バーガー店の集まりインタビューしている記事ライターも年間300食以上ハンバーガーを食べる、とマウンティングを返している。

グルメバーガー、美味しそうだけど、食べにくそうだよなあ。


「ビジホの朝食バイキング」を極めた達人が教える、出張旅行で一度は泊まってみたい全国のビジネスホテル

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/editorial/19-00235

泊まったホテルはのべ120軒以上。バイキングメニューから、味、 サービス、その他気づいたことなどをつぶさに記録している

記録し始めたのが今から3年ほど前です。


全国を飛び回るフリーライターへのインタビュー記事

ビジホの朝食なら営業マンオッサンでも詳しそうな気がしないでもないが、

こうやって記録して残せる人がマニアとして有名になっていくのだろう。


月刊ドライブイン』が10年かけて記録し続けた“消えゆく昭和のいとしき風景たち”

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/oishiisekai/18-00314

人に借りた軽バン日本国200軒ほどのドライブインを巡り、知り合いの編集者書籍化模索したが、そのとき出版社企画が通らなかった。

ドライブイン自費出版誌の著者に対して食事テーマインタビューした記事

テーマテーマだけに、ほかのマニア記事とは少し毛色が違うが、硬派で味がある。

鹿児島ドライブイン写真がめちゃくちゃいい


ある営業マン年収トップクラス会社をやめて、醤油販売を始めた理由職人醤油

ttps://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/maiko-kudou/19-00103

高橋さんは今までに日本全国の約400軒の醤油蔵元訪問してきました

キーエンス退職後、醤油専門店を営むオーナーに尋ねた記事

こちらもマニアとはちょっと毛色が違う記事だが、「伝統工芸かつ営業力に困っている産業」のために、

専門店を立ち上げる経緯が書かれている




以上。

「年間数千杯」系のタイトルが目を引くので多いと思ったが、そういうわけでもなかった。

カレーラーメンといったメジャージャンルマニアが未登場なのも以外だった。

東大スパイス研究家記事は食べ歩き系のインパクトがなかったので割愛

継続・記録の大切さが少し分かったような気がする。偏食家ばかりではないかと思っていた自分を少し恥じた。

御社

祈りってつまり

才能がないという罪を犯して就職する資格を失ったってことだから

無職には恩赦が与えられるべきじゃね?

原子炉主任技術者口述受験資格に「実務経験指定施設での講習受講」ってあるのおかしくない?どんだけ原子炉既得権益原子力ムラの界隈で独占したいんだよ

真に原子炉民主化を達成するためには、全ての人が自由原子炉運転をできる権利を持てるような社会を築くべきでしょ

原子炉主任技術者 - Wikipedia

2019-10-14

自己分析

就活のために自己分析してたら自分いかに何も出来ない駄目人間か痛感してきた

大学で頑張ったことも成功体験挫折体験もない

特に飛び抜けた能力もないし誇れる資格体験もない

就活頑張っても何処にもいけないでしょこれじゃ

営業から事務職に逃げたい。

あらゆるサラリーマンから批判を浴びそうだけど投稿します。

職歴

素材メーカー営業(6年)→医療メーカー営業(1年・現職)

資格

自動車免許簿記二級

前職では好成績を上げてキャリアアップのために転職したものの、働き方も社風も合わず、苦しい毎日を送っています

辛い仕事の中で自分にはどんな仕事が合うんだろう?何がしたいんだろうと自問自答を続けています

なんとなく大学卒業して、なんとなく営業からスタートしました。

営業の楽しさは感じていて、営業に合っていると思うこともあるんだけど、ここのところ本当にうまく行かない。

もともとコミュニケーションはあまり得意じゃないし、機転の効く頭の良さも持ち合わせてない。

誠実さと真面目さを取り柄に成果を上げてきたけど、限界を感じる。

売上に追われて土日もそればかり考えてしまう。来週が怖くて仕方ない…月末が怖くて仕方ない…。上司が怖い、得意先が怖い、仕事が怖い、行く先が怖い。

土日にパソコンをひらいて処理しなくてはいけないことも、怖くて怖くて手が伸びない…。

はっきり言って「逃げ」の思考職種を変えたいです。

事務職を舐めてると言われると思います。そんなメンタルじゃ何やってもうまく行かねぇぞと。

それでも営業を辞めたい。

営業から事務職への転職ってどうですかね?

ざっくばらんにコメント頂きたいです。

あぁ、明日を迎えたくない。

ペット法律上物なので、それを理解せずペット家族避難所受け入れどうのと騒ぐ人はペットを飼う資格ないと思う

2019-10-12

anond:20191011141624

それさあ、自称医者エセ科学本でもよくあって結局厚生労働省国家医師資格もつ医者フルネーム検索ができるデータベースつくったんだけど

文科省教員資格もちデータベースだしていない以上「元教職」「教員資格持ってたけど採用されなかったまま失効(つまり教職員でさえない元大学生)」「塾講師」とかが全員「先生自称)」やってるだけちゃうん?

サロンとかも暇じゃないとできないでしょーよ

別に国家資格もってないと職員室に電話できないわけでもなくリスト手にした不動産会社やら保険勧誘員やらヤクルトのおばちゃんさりげなく入り込むわけじゃん・・

文科省もその下で働く人も一般的社会人経験がなくてあたまわるい人が多い(のでちょっと目端が利くやつの食い物に生徒ごとされている)という証拠しかないのでは・・

anond:20191012164102

災害時の処置も含めて面倒が見れないならペットを飼う資格がないんだよ

厳しい事も相手を思えばこそ、っていう言葉を逆説的に実感した

相手への思いがなければ厳しいことは言わない

就職活動がうまくいかないと不平不満を言う学生、聞けば会社めしつつ資格勉強をし、いずれは士業でやっていきたいとのこと

それを馬鹿正直に会社面接で言ったんだとか

そりゃ面接はいい顔しないだろう

アドバイスすべきだと一瞬思ったが、その学生が鼻持ちならない性格だった

こんなやつのためにわざわざ苦いこと言って憎まれ役になるなんてまっぴらだ、と思って口を閉ざした

傲慢性格を通して勘違いしたまま勝手に失敗すればいい、と

厳しい事も相手を思えばこそ言う

逆に言えば価値のない相手自身気持ちを割いて厳しい事を言うのは割に合わない

2019-10-11

表現不自由展を見る予定もないし言及するつもりもなかったんだけどね

表現の自由尊重されるべき。

暴力権力によって抑圧されることはあってはならない。

表現不自由展は、その展示内容を不快に思った人達による脅迫を受けた。

これに対して、権力側がきちんと脅迫した者を非難し、表現の自由擁護を明言していれば良かったのだが、

なぜか、展示内容に問題があるだのと見当外れなことを言ってしまった。

表現の自由をはじめ、様々な人権を守るのは権力者の役目。

展示内容に問題があるかどうかは、表現の自由とはまったく関係ない。

(法に触れるものは別として)

もちろん、政治家個人が展示を不快だ、下劣だと非難しても構わない。

しかしそうする前に、それでも表現の自由尊重するとはっきり言わなくてはならなかった。

それが出来なかった政治家は、権力側につく資格はないと断言したい。

舌入×シたい×慕い

anond:20190925231602

おいしい勤務地は奪い合い。

コネ学歴愛嬌資格、等々の総力戦で決まる。

私生活の都合ってったって、介護とかならともかく、彼女がいるとか趣味サークルがとかなんか優先順位は低い。

国内地方工場ならまだいい。

何年後かに海外工場勤務が待っている。

anond:20191011092718

議論ときに、いきなり言葉定義とか基本的数字とか質問して、相手が即答できないと「お前は議論する資格はない!」と断ずるのは基本的テクニックだよな。

ベランダバルコニーの違いを言ってみろ!」

「え?」

「こんな基本的なことも知らないのか!お前と不動産のことを議論してもしかたないわ!

みたいな。

anond:20191011003726

多人数に対応できるなら保育士資格とって24時間対応保育園夜勤保育士になればっていう話だろ

病児保育は無理だろうけど

あと粉ミルクでも授乳っていうぞ

2019-10-10

文脈共有の責任は誰にある?

広島上空に飛行機雲で「ピカ」と書いたチンポムという芸術家集団がいるという。

当然、「ピカ」を見た不特定多数の人々の何割かが傷付く。

チンポムには崇高な理念があったかもしれない。しかし傷付いた側にとってはどうでもいい話だ。

不快感我慢して時間をとってまで崇高な理念とやらを調べて理解しなければならず、そうしなければ批判する資格はない」などという道理はない。

ならば文脈共有して人を傷付ける表現芸術昇華する責任チンポムにあるはずだ。

だがどうやったら広島上空の「ピカ」の文字を見て傷付いた不特定多数の人々全員にもう一度語りかけて理念を伝える事ができるというのか?

要するに注目が集まれば人が傷付き傷付いたままでいても構わないという炎上商法なのだ

では表現不自由展はどうだろうか?

ご存知の通り開催前に配信された動画津田芸術監督は友人とイタズラを画策する子供のような態度で炎上するサプライズ企画を用意したという趣旨発言している。つまりこれも炎上商法だ。

チンポム監督炎上商法に荷担したのだろうか?

昨日の炎上タイミングを見計らった意図的ものでない限り、今まで炎上しなかったこから監督炎上商法に荷担したとは言えないだろう。

しろ作品文脈無視した人によって、より人を傷付ける可能性の高い表現に加工され、痛いニュースなどの炎上上等のメディア養分にされた側かもしれない。

しか表現不自由展はチンポムのやってきたことに近く、もし津田芸術監督不自由展の企画を持ち込んだのがチンポムだとしら擁護のしようがない…。

https://anond.hatelabo.jp/20191009091749

2019-10-08

anond:20191008224925

無能に生まれたのには同情するが無能なまま育ったのは自己責任しか言いようがない 無能ならなおさら資格とるか就活がんばって有名企業行くかしとけよどうせ結婚するからいいや⭐️とか適当なこと考えてたんだろ

無能ママはつらいよ

子供の頃からひとつ秀でたところがなく、自分に自信が持てなかった。容姿は平凡で、人前で話すのも苦手だし、勉強が得意なわけでもなくて、もちろん芸術的な才能もなかった。だから、将来の夢を聞かれると困った。何もできる気がしなかった。ぼんやりと浮かんでいたのはお母さんだ。自分自身の母親のように、おやつ手作りするお母さん。そういう大人になれたらいいなとなんとなく思っていた。

地元中学から普通科高校に進み、普通に普通大学に入った。普通に就職して、得た職は普通事務電話応対、伝票管理簡単書類作成が主な仕事で、昇給もないが残業もない。ちなみに制服はあった。そこで3年務めた後、同期の営業マン結婚した。妊娠を機に退職し、以降は専業主婦をしている。

世の中は母親に冷たいらしいが、バカ母親にはもっと残酷だ。

30歳を過ぎ、独身謳歌していた友人たちの結婚妊娠ラッシュが来た。大企業勤務や公務員はまず出産退職なんて考えたこともないみたいで、産休育休後の復帰が前提。資格持ちの子スッパリ辞めたが、次の職場は見つかるだろう。子供を産んでも正社員の座から降りない、降りないことを許されたママたち。小さな会社で激務をこなしていた子だけが唯一退職したものの、ベンチャー企業でフル在宅での仕事が決まったのだと言う。無能ママには決してないルート。今もっとも求められる『有能なママ』枠だ。

子供といるのは幸せだ。でも、旦那は決して高収入ではない。材料にこだわった無添加おやつをつくっている場合じゃなかった。教育習い事費用を考えると、お金はあるにこしたことはない。私は今後、パートという形でしか家計に貢献できないだろう。正社員の道はほぼ閉ざされている。

有能なママ活躍の手を差し伸べられるのは正しいと思う。だけど、【女性活躍】と声高に叫ぶ社会に手を差し伸べられたと思ったら「あ〜……あなた活躍厳しいっすねwww大丈夫です、近所のスーパーレジでも打ったら?」と言われてるような気分になる。その隣で有能なママには、「出産前までは編集者!?営業!?エンジニア!?デザイナー!?はい、みなさーん!このように子持ちの女性バリバリ働けるんです!!」ってスポットライトばーんってやってるから、影から見てると虚しくなるよ。まあでもわかる。自分経営者なら無能な子持

ちは絶対雇わない。でも有能なママなら雇いたい。無能フルタイムよりよっぽどいい。柔軟な姿勢アピールできるしね。

あとやっぱり、仕事のできるママたちは賢い。ネット情報を取捨選択できる。でも無能ママはまともな職につけないかリテラシーの高い人間関係をつくれない。だから、一度間違ってトンデモ科学かに興味を持つと、正してもらえずに突き進むことになってしまう。そしてまた、バカにされる。バカにされるから意地になり、そうなるとさらバカにされる。一時期義理の姉に自然派育児を進められ、ハマるところだった。

今の日本は(別に日本しか知らないんだけど)で正社員を降りて休む(育児介護病気、その他)ができるのは、有能な人たちだけだと思う。無能な人に残されたのは、我慢して休まず働き続ける道だけだったと、最近になって実感した。無能貧乏になるのは自己責任なんだろうけど、今はなんだか、めちゃくちゃしんどい

町山智浩佐々木俊尚ジャーナリストを名乗るな資格がない」

みんな「あんた、映画だけ語ってろよ」って思ってるんですがそれについては。

anond:20191008204707

正直日本が衰退するのは当然で自明でそれを嘆く資格のある日本人というのはいないと思っている。

勉強仕事中途半端ハングリー精神がなく、報われる報われない以前に報われるに足る努力をしている日本人というのが非常に稀な存在から

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん