「補償」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 補償とは

2017-11-15

お盆休み事故って、相手方の車修理するのに任意保険使ったんだけど

その支払い完了のお知らせが今頃届いた。

こういうのって3ヶ月も手続きかかるもんなのか、それとも相手がごねたのか。

支払額は当初に相手方が入庫したディーラー見積もり通りだったんだけど。

代車の費用こちらの保険補償内容に含まれから入ってないのかな?

修理代自体は払えない額ではなかったんだけど(修理の仕方とか、え、この程度でそこまでやっちゃうの?とかの感覚的なズレはあったけども)、外車部品取り寄せとかなんとかで時間かかって、その期間分ずっと代車費用払うんじゃないかしか普段高級外車に乗ってる人だし、1日1万超えるような代車出されたら目も当てられん。

当初保険屋は「この金額で使っちゃうの?」と聞いてきたけど、そんな理由であえてお願いした。

うっかり自腹で払いますなんて言って、とんでもねー代車費用請求されたら泣くぞ。

あと、その車の所有者が物凄く短気な方で、その場で即謝罪した自分には怒れなかったんだろうけど、どこにぶつけたかからないので一緒に確認してもらったところ「ほらー!ここに傷ついてるだろうが!!」と運転者をどやしつける。

わず「すいません私が悪いので〇〇さん(運転者)怒らないで上げてください」って口から出てしまった。

あんまり迂闊に責任認めないほうがいいのかなとも思うけど、まあ、停止中の車にぶつけたのはわたしだし。

暴力毒親育ちとしては、物凄く見たくない光景だったので、とにかくもう関わり合いになりたくなかった。

お金で片がつけられるって、ありがたいことだなあと思う。

保険屋さん本当ありがとうございます

ちなみに自分ミラーちょっと擦り傷着いた程度なので特に気にせず乗っている。

2017-11-04

WELQMERY騒動から一年DeNA世間から許された

この検索結果が全て

https://twitter.com/search/live?q=DeNA%20ありがとう

一年前あれだけ叩かれたDeNAが、今や称賛の嵐。

勿論根本的な問題は何も解決していない。著作権者への補償は1円も支払わず有耶無耶にされている。

でもプロ野球チームを買っていれば、何をしても許される。今DeNA著作権で訴えても、スラップ喰らうのがオチだ。

2017-10-27

anond:20171027172500

うーん、俺個人として嫌という気持ちよりも

貧乏学生派遣労働者への負担が大きいか経済的に消費が加速しない原因をまず少しでも取り除くべきではないか

という観点年金は終わらせるべきではないかという発想をした。

もちろん自分個人問題として実際にどうやって年金をもらえないで老後生きていくつもりだという話になるんだけど、

俺は単純明快死ねばいいと思う。

 

端的にいうと安楽死制度を導入して欲しい。

現在年金受給して生きている人たちには年金という信仰を元に生きているといっても言い過ぎではないと思う。

団塊の世代の中には今も金さん銀さんを目指さんとしている人たちがたくさんいるはずだ。

彼ら彼女らは死ぬまで長生きすることが自分人生幸福、終わること、死ぬことに対する幸福だという疑いを微塵も思っていない。

それが起き上がることもままならず、糞尿の始末を人の世話でしてもらい、ようやく気付く。

ああ、これは、楽しくないんだな、と。

誰もがそう思い、そう感じても、口にはできない。

それを認めてしまうと何も縋るものがなくなるから

俺は2人の祖母を間近で観察して死ぬときの青ざめた体を見て、表情をみて、話を聞いてみた1つの実体験を元にした結論が、

人間長生きよりもいかにして幸福に死を選べるのかを考えるのが、

最も生産性のある、同時に魂の救済になる行為だと信じている。

今の年金制度廃止への反発感情は、長生きが全ての幸福であるという洗脳教育創発させている思想だと断言する。

 

この考え方に抵抗を持つのは極めて自然だと思う。

なぜなら今の国民感情価値観がそういう風に教育された結果だからだ。

長生きをすることがよい。

生涯現役を目指すのがよい。

そう社会扇動してきて、だからこそ年金制度は良いという肯定がされ続けた結果、

今を生きる若者弱者が救われもしない世界に至った。

もちろん老人も若いときは苦労をしたことは認める。

しかし老人の苦労と今を生きる若者が受けなければいけない苦労と苦悩は決して等価ではないと私は思う。

若者はこの先この国を支える柱となり支え続けなければいけない骨子そのものであり、

これからにゆく老人たちには決してそれはなしえない偉業である

支え続けてきた先人、骨子となった老人たちには申し訳ないが、私は見捨てるべきである

使えなくなった者は捨てるべきである

それは死という平等権利を元に肯定されるべきである

そして国家とはそれを肯定するべきでもある。

国家とは存続すべきものであり、生活保障するものでもなければ、守るべきものでもない。

継続するべきものである

継続若者必要であるという素朴な考えを私は正とし、

若者幸福を老人の幸福より重要であるということも同時に正とする。

また若者に老後の心配をさせる方策を私は誤だとし、

死ぬ選択肢を与えることを正とする。

 

私は死ぬべきであり、

それを選択できるべきでもある。

私には死ぬ権利がある。

死を望む意志尊重されるべきであり尊厳されるべきである

老人が心やすかに死ぬ権利を今の国家は奪っている。

死ぬことにただただ、不安を産み付け危機感を煽る行為を続けるだけで、

事実現実として目の前に迫る恐怖、死への理解享受姿勢を学ばせる機会を老人から一切奪っている。

保護する、補償するという甘い言葉で実質は利権を太らせ続けているだけである

死により行き場のない不安焦燥感から解放させてやるべきであり、

それを望む意志社会が咎めてはならない。

またそういった選択が間違いではないことを社会が支持してやらなければならない。

anond:20171027102635

休ませてるのは会社じゃん

休ませた分の補償会社は国からもらえるの?

2017-10-26

anond:20171026170151

アメリカ住んでる時、店員底辺だろうなーと思う程度の店で普通にクレカ渡してた

(店がそういうシステムの所ばかりだから

伝票にチップ代を手で書き込むシステムからチップ代を高額に書き換えたり平気で出来るはずだけど

そういう事は一度もなかったな

あのガバガバさをアメリカ人が受け入れてるのが分からん

不正請求があれば補償受けりゃいいやーという国民性なのかもしれん

日本人はそこんとこ気にし過ぎだから未だ現金決済が主体なんだろうな

2017-10-17

こういう詐欺流行っているらしい

最近起業したばっかりで、外注扱いの社員が2人いる程度の社長なんだけど、

フリーランス起業を考えてる人の集まりで仲良くなったAさんって人がいる

飲みなんかの集まりで会う度に、理由は知らないがAさんはうちの会社ですごく働きたがってて

一応人員足りてるから大丈夫とは言ったんだが

ある日突然Aさんから

「xx月xx日に口頭で雇用をする約束をしたが、仕事が始まらないし、給与が支払われていない」

「よってその日数分の休業補償をよこせ、さもなくば裁判を起こす」みたいな文書が送られてきた

実際酒の席でも言った覚えがないので、どうぞ裁判でもご勝手にという気持ちなんだが

これを他の同業者に話したら違う人だが似たようなことを起こされた事があるらしく

そういう詐欺というか恫喝が一部で流行しているみたいだった

うちはまだ暇な会社から裁判でもなんでもやるけれど

もっと忙しい会社は金で解決ちゃうのかなあ

2017-10-12

anond:20171011230349

Appleが新製品ギリギリまで発表しない理由はこれだろうなと思っていた

直前に旧モデルを買っちゃった人には補償までしてるし

2017-10-10

生活保護福祉課なのが納得いかない最低限の生活補償する制度であるならば普通課や生活局だのの部門が創設されて然るべきだ詰まり現状では不都合合併症の誘因装置しか見えない

2017-10-07

anond:20171007144211

死刑を受けても冤罪だと分かれば補償金を渡せばいいんじゃないかな?遺族とかに

禁固20から冤罪発覚で1億ぐらいもらったって20年は帰ってこない。

その時にすでにベッドの中で死にそうな爺さんなら100億貰ったってなぁ・・・

anond:20171007144211

は?

から補償なんて出来ない。金で黙ってもらう以外の選択肢なんてないんだよ。

その現状をお前は補償できるって言ってんの。

どうするかじゃねーよ。どうにもなんない。そこはもう結論出てるだろうが。

その証拠にお前は可能性すら提示できない。

しかも、死刑けが特殊じゃない。獄中死なんてありふれてるから、死によって金で黙らすことすらできないケースはあるにも答えれてない

しろ日本司法制度なら再審請求冤罪の疑いのあるケースは執行されないことが多いから、監禁から獄中死の方が可能性は圧倒的な高いだろうが

anond:20171007143523

一人一人が納得する形での補償不可能というのは大前提で、そこからどうするのかという問題

そして唯一「そこから」が絶対存在しないのが死刑での冤罪

そこに死刑の特異性がある。

という話なのに延々と「大前提」で止まってんだからプリンでも食っとけってなるでしょ。

ちなみに俺は「死刑廃止理由付けに冤罪を持ち出すのは筋悪」派だからよろしくね。

anond:20171007142925

冤罪可能性とその補償不可能性ってのは重要論点なのに

それに反論できなくなるとおかし比喩で逃げる

もうちょっと勉強したほうがいいよ

anond:20171007141718

意味不明

被害者が望んでいないことを押し付け勝手補償かいってるのに疑問を感じてないとかマジでやばいだろ

冤罪被害者には補償はできない

できるのは金を渡して黙らせるくらいのことだってのは自覚した方がいいよ

anond:20171007130312

例外ではなく冤罪で起きる基本的ことだろ

金での補償以外何もできないのに、なんで死刑じゃなければ補償できるって言ったの?

基本的金銭以外での補償不可能

現実的金銭以外の補償はいらないと考える冤罪被害者なんていないと思うんだけど

それなのに補償できるはどっから出てきたの?

https://anond.hatelabo.jp/20171007130312

例外というか、失われた時間にせよ社会的な信用や地位にせよ、金による補償プラマイゼロにできないことのほうが多くないか

anond:20171007124849

もちろんそういう例外はいくらでもあるが、「根本的に補償できない」と「補償できるかもしれない」は違うわな。

そしてそれは人を殺してはいけない理由の一つでもある。

anond:20171007121106

禁固刑中に死んだら補償できんやん

金での補償で取り返しのつかないものあるやん

補償はいらないか時間や失った信用を返してくれって言われたらどうするの?

お前の求める補償なんてしったことかと突っぱねるのが司法なの?

anond:20171007115626

死刑以外なら冤罪だと分かったあとに補償できるだろ。

anond:20171007114808

命というのはその人の時間の集合であり、金で補償しても時間のものは返せない以上

その論理で行くと絶対冤罪がなくならない限り懲役否定しなきゃならなくなる気がする

anond:20171006193257

NexusAndroidリファレンス端末を目的とするブランドだけれど

Pixelgoogle製のハイエンド端末を目的とするブランドリファレンスじゃないよ

Android的には他社のハイエンド端末と同等の位置づけだよ

Pixelgoogleカスタムが入っていてPixelしか有効にされていない機能もあり素のAndroidとは言い難く

ソフト開発としてのリファレンスとしてはあんまり使えない

素のAndroidがほしいなら、非カスタマイズAOSPなOSが乗っていて、googleハード設計調達も行っていて各製品間の性能も、2年アップデート保障されている

Android Oneがある

日本国内で売られているAndroid One X1なら今年発売だから2019年まで補償されてる



リファレンス機で動いたという「錦の旗」はNexusシリーズがなくなった時点で失われている

2017-09-13

anond:20170912180054

補償間内(6か月)に不具合発症していたんだけど、USBの抜き差しリセットできていたか我慢してた。

ところが、ちょうど6カ月と1日経過した時から、それまではまれだったレーザーの消灯が頻繁に起きるようになった。

ポインタが動かないから、なんだ?と思ったら、レーザーが点いていない。USBを抜き差しすると、また点灯する。

ちょっとでも具合が悪かったら直ぐにクレーム付けるべきだったな。

安物だから、何とか使えるから、ではだめで、文句を付けるべきだった。

でも、高いの買ってもそんなに長くはもった記憶が無い。

2年以上使った記憶が無いんだな。1年とちょっとくらいのもんでしょ。

値段はともかく、1年はもつものが欲しい。

2017-09-10

anond:20170910170925

参考:

糸魚川大火災」いったい誰がどう補償するのか

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50750

順当にいけば、車両保険保険会社負担することになるでしょう。

ブラック企業税金を使って欲しくない

何年か前に、(株)静岡パブリック・リレイション (www.prii.co.jp/) という企業派遣で働いていた。

こちらの業務員に対する対応は本当にひどくて、自分は最終的に裁判をするまでになった。

以下に書いていることは、裁判でも証言として提出してある。

こういう企業静岡県仕事をまわしていて、自分が払った税金がいまも支払われていると思うとやるせなくなる。

数年前、自分静岡パブリック・リレイションから派遣されて、静岡県島田市作業現場で働いていた。

その日、自分作業現場で腰を痛めてしまい、仕事を途中で切り上げて帰宅をした。

それまで自分は腰を痛めたこともないし、腰の持病もない。ここの作業現場で重いものを運んだら腰をひねって動けなくなってしまった。

そして、仕事場での怪我なので治療費労災で支払ってもらおうと思って派遣元である静岡パブリック・リレイションに電話をかけた。

すると、そこから相手対応は信じられないぐらいにひどかった。

自分パブリックレイションの電話番の人に要件を伝えてしばらくすると、自分携帯女性(声の感じから多分50歳以上)から電話がかかってきた。

電話にでてみたけれど、その女性はかなり感情的になっていて、正直何を言っているのかわからない。

ちょっと古いたとえだけど、この、ハゲー!と怒鳴っていた豊田真由子議員みたいな感じだった。)

多分、静岡パブリック・リレイションのえらい人なのだろうけど、自己紹介すらしないのでよくわからない。

とりあえず、その女性は私に軽く罵声を浴びせた後に、「腰を痛めたことは会社責任を取らない。労災請求するな、国保でも使って自己負担治療しろ」と言ってきた。

自分はできるだけ穏やかに、仕事上の怪我なのだからそれはおかしいのではないか、と論理的に話をしたつもりだけど、相手感情的になりすぎていて話は全く進まないまま1時間以上その人と話をした。

最終的に、とりあえず会社に来い、とその女性から言われて電話は切れた。

自分静岡パブリック・リレイションの元では派遣アルバイトとして登録をしているだけなので、それまで本社に行ったことは面接の時しかない。

いきなり来いと言われても、そんな感情的になっている相手の元には怖くて行きたくない

自分労基署相談した。

静岡労基署からは、とりあえず治療をしてから領収書を取得してくれたらなんとかすると言われた。

病院に行くと、雇用主記入拒否という形で労災請求ができる、と言われたのでその助言の通りに書類を書いて、自分労災によって治療費負担することな治療をすることができた。

治療は始まったけれど、腰を痛めてしまっているのでその日から自分仕事をすることができない。

仕事ができないと収入がないので困る。

医師相談をすると、確かにこの腰の状態では仕事をするのはできないだろうと休業補償請求できるような診断書を書いてくれて、休業補償請求方法も教えてくれた。

医師に言われた通り、休業補償を支払ってくれと静岡パブリック・リレイションに電話をしたけれど、また先日の女性が出てきて感情的に怒鳴るので全然話にならない。

とりあえず会社に来い、といっているけれど、そんな感情的に怒鳴る人の元に行くのは怖いので、労基署相談をすると、こちらも雇用主記入拒否という形で休業補償請求できるとのことだったので、その通りに請求をして、休業補償問題なく支払われた。

しかし、怪我をしてから初めの三日間分の休業補償は待機期間ということで、雇用主(静岡パブリック・リレイション)から直接支払ってもらうしかないようだった。

仕方がないので、その三日間の休業補償を支払ってくれと静岡パブリック・リレイションに電話をしたけれど、電話受付の女性から、「あなたから電話は受け付けるなと言われている」と伝えられてそれ以上の話は進まない。

メールを送っても無視されるし、手紙内容証明を送っても返事はない。

挙句に、その月に支払われるはずだった給料給料日に支払われない。(こちらは書類で支払い請求をしたら、すぐに振り込まれた。)

仕方がないので静岡県労基署相談をすると、相手人間から話し合えばわかるはず、というだけで対応をしてくれない。

静岡県労基署にはその後もなんどもこの件を相談したけれど、毎回、そんな感じで話し合ってくれというだけで何も対応をしてくれなかった。

正直、これも本当に困った。

どうしたらいいのかわからないので、県の無料弁護士相談をすると、弁護士は、そんなの少額訴訟をすれば一発で解決ですよ、と言ってくれた。

自分はその弁護士の言う通りに訴状を書き、未払いになっている三日間ぶんの休業補償裁判費用の全額を要求して静岡パブリック・リレイション を少額訴訟で訴えることにした。

訴状を送っても、静岡パブリック・リレイション からは何も連絡がない。

裁判当日になっても裁判所には静岡パブリック・リレイション の人間は現れずに、けっきょく自分裁判官の二人で欠席裁判をすることになった。

自分医師診断書など具体的な証拠も全部揃えているので、私の言っていることは全て認められて、請求額を全て要求できることになった。

裁判終了後に、その裁判結果とともに請求額の支払いを相手に催促したけれど、それでも静岡パブリック・リレイションからの連絡は全くなくて一向に支払われる気配はない。

仕方がないので強制執行手続きを取り、相手財産差し押さえようとしたところで、ようやく私の元にお金が支払われた。

お金は支払われたけど、一連の件に関して相手から連絡は一度もなくて、謝罪言葉などは一言もなかった。

後日、裁判所事務員愚痴るように私に教えてくれたが、静岡パブリック・リレイション側から裁判所電話があり、そんな裁判ことなんて聞いていない、そんな判決は認めない、とずっとゴネていたそうだった。

静岡パブリック・リレイションは静岡を中心にしてイベントの設営を主な業務にしていて、地方自治体から受ける仕事もたくさんある。

自分が働いていた静岡県島田市現場も、島田市主催するイベントの設営の仕事だった。

自分は、自分にこんなひどい対応をした企業自分税金を支払っている地方自治体仕事を依頼しているのが嫌だったので、島田市市役所に今回の裁判の結果と合わせて、静岡パブリック・リレイションにもう仕事を任せないでくれ、と頼んだ。

しかし、島田市は、この企業問題ないと判断している、という返事のみで、私の意見は聞き入れてくれなかった。

静岡パブリック・リレイションには、静岡県から直接イベント設営の依頼も受けていた。

自分は同じように静岡県にも、こういう悪質な対応をする企業仕事を任せないでくれと頼んだ。

しかし、静岡県からの回答も、問題ないと判断しているとのことだった。

静岡県民として、納税者として、この企業が私にたいしてしたことに裁判結果もはっきりと出ているのだから地方自治体が我々の税金を使って仕事を依頼するのはおかしいと思っている。

こういう企業に、自分が支払っている税金一円たりとも使って欲しくない。

自分島田市静岡県に言っていることはおかしいのだろうか。

2017-09-04

今日、第二次朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた。

開戦のきっかけは些細なものだった。

板門店の警備兵が南側亡命しようとした。彼を北朝鮮側一隊が連れ戻そうとし、そのまま銃撃戦となった。

この事件きっかけに、これまで居丈高姿勢を取り続けていたトランプ金正恩両者の応酬がもはや常軌を逸したものとなり、

次に発生した局地的な砲撃戦が開戦の合図となった。

この戦争で核は四回使用された。



アメリカはこの戦いで覇権国の地位から転落した。

西海岸復興と戦力再編のためにかかった費用天文学的数字で、焦土となった統一朝鮮勢力下に収めたものの完全に持て余している。

韓国文字通り火の海になった。火砲によりソウル消滅釜山仁川といった主要地域も壊滅的な被害を受けた。

統一朝鮮負担には各国から援助も出ているが、民族悲劇再現されてしまった。

日本放射性物質によるテロの標的になった。直接の死者2,000人。佐世保福岡横須賀東京は人が住めない土地になり、

大阪京都経済行政を分離する方向で調整が進められている。住む場所を追われるなど、影響を受けた人数は1000万人を超える。

韓国北朝鮮難民受け入れもあり、債務国に転落した。

債権を大量放出した影響でアメリカ経済を致命的に悪化させ、同盟を維持できないほど関係が冷え込んだ。

ロシアは核攻撃の影響でウラジオストク周辺が汚染された。

アメリカ補償を求めているが、交渉の進展はない。

中国東北部が核汚染され、大量の難民流入もあり財政的に破綻した。

アメリカが後退したいま第二列島線への進出を狙っているが、肝心の軍を維持できなくなりつつある。

人民解放軍による難民虐殺の噂も出ているが、共産党の強権でなんとか政権を維持している。

国際体制第一次世界大戦後のヴェルサイユ体制のようになった。

不安定で、いつ崩壊してもおかしくない危うい均衡を保っている。

真の勝者など誰もいない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん