「報道」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 報道とは

2018-10-23

[]

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.cnn.co.jp/world/35127111.html

namab この報道だけじゃなんとも言えん ウイグル自治区では本当に過激派洗脳されてる人が多いのかもしれん 実際法輪功カルトみたいだし臓器狩りはどう考えてもデマだし

grdgs 日本には外国人収容者を自殺に追い込む施設があり、過去強制連行反省もしていないから、そっちの件もよろしく

agricola インフラ投資して近代的な教育をして生活を向上させてあげるのはいいことだよなぁ?(嘲)中国崩壊したら、弾圧される政治犯よりよほど多くの無辜市民死ぬんだぞ!(ドヤァアアアアッ

2018-10-22

はてブ中小企業蔑視にはうんざりする。

普段は「主語がでかい」と大騒ぎするくせに中小企業は一括りで批判するよね。

まず外国人実習生失踪待遇が悪い、以外の理由も当然ある。初めから逃げることを目的に来る実習生も多いし、日本人初任給と同程度に賃金支給している企業も当然あるからね?そもそも団体に依頼されて本来の「実習生」という立場で雇っている企業もあるんだけど。さも中小企業全体が人手不足から低賃金で雇えて重宝していると思うなよ。

だいたい最低賃金で雇うことに何の瑕疵があるのか。日本人でも最低賃金で雇われている人はいるよね?だって実習生だよ?みんな奴隷を欲しがってるように言うが、実習生という立場で働いている人が多いんだよ。一から仕事教えて技術が身に着いたら数年で帰国っていう制度の想定通りのパターンだって山ほど存在するよ?大した貢献ができないどころか学びが目的社員にはそれなりの賃金しか払えないのは仕方がないと思うし、それを納得して来日しているんだけどね。

もちろん報道にあるように奴隷を欲しがっているとしか思えない企業は多いし、国際関係においても非常に大きな問題で、すぐに改善に着手すべきだとは思う。ただ中小企業を一括りで非難するのは本当にやめろ。まともに運用している企業も多く存在するんだよ。

人手不足倒産もそう。中小企業が全て人件費削って利益出してるブラック企業とでも思ってんのか?トヨタ過去最高益を出しながらも、原価低減要請してるのは普通にニュースになってるだろ…。建設業は単価を上げてきたけど、トヨタに限らず製造業人手不足賃金上がろうが関係ないところが多いからね?元請が単価上げないどころか下げてくるのにどうやって賃金上げろって言うの?この単価じゃできないと断れば仕事が無くなるだけ。同業他社との体力勝負ババ抜きしてるだけだよ。派遣社員契約打ち切りには怒るくせに中小企業には冷たいんだな。まず発注単価を上げてもらわなければ話にならないんだよ。上げないなら自前で工場持って作れってみんな言ってるよ。

潰れてていいなんて簡単に言うなよ。ブラック企業ばかりじゃないんだぞ。従業員10人いたらその家族など30人ほどの人生社長は抱えてんだよ。少しは想像しやがれ。

社会の上澄みしかしらない世間知らずの集まりでもなさそうなのに、なぜ立場の弱い中小企業を雑にまとめて非難するのか本当に理解できん。

anond:20181022133448

一時期そういう状況を変えるために、既存テレビ報道アンチテーゼとしての、インターネット政治プラットホームを創ろう、という流れが頻発したよな。

結局のところ、数回の選挙以降は維持されることもなく消えていったか、大して既存メディアと変わらない扇動空間になっていったかの、どちらかだったが。

あれ理想はよかったんだけどな。

運営する人間能力とか人間の本性のほうが、どうもついてこないようだね。

anond:20181022001417

石原慎太郎言動はいろいろアレだし大嫌いだけど、少なくともディーゼル車規制はよくやったと言いたい

政治家評価するのではなく政策評価したいのだが、政策投票できず人間しか投票できないのがよくないよな

あと誰も反対しないよい政策淡々と可決したとしても、そういうのはわざわざ報道されたりしない

anond:20181022121453

おなじ党内の話だろ。安倍応援したい人も石和を応援したい人も結局自民投票するしかないんで内紛報道乙。

それ以上のことは会ってみるか首相やらせてみないとわからん

自衛隊出身でも今はまともになってるかもしれんし、

結局政治は枠組み(行政司法外交)が政治家を動かす部分が多い。

歯車目的に合った形なのかは歯車だけを眺めててもわからん

anond:20181022101742

別に社会的秩序を破壊するようなレベルじゃなくても他人名誉を棄損すれば名誉棄損に問われるよ

オタクも訴えられてるケースもあるかもね、無名個人同士ならいちいち報道されないだろうし

医学部入試不正問題が心に響かない理由

東京医大に続いて、順大医学部入試女子二浪受験生を不利にしていた点が報道されているんだけどさ。

浪人生については是非はあっても、女子受験生を不利に扱うことは正当な理由のある差別だと思う。

女は男に対して自分以上の経済力を求めるが、男は女に経済力を求めることは現実的ではない。

男は女と比べて経済力という負担を求められる立場にあり、この点では男は女と比べて「弱者」ということになる。

弱者であるならば、アファーマティブアクションの考え方から男子学生優遇することは正当な理由となる。

このようなことを書くと必ず「下方婚増田」と攻撃してくるヤツが沸いてくるけど、そんなヤツこそ男女間の力関係バランスを軽視している。

女が男に経済力を求める価値観が変わっていない今、男女平等のための格差是正をしたとしても社会は歪(いびつ)になるだけである

ここで根本的な問いがあるんだけど、女性経済力発言力が増えていくと、女は男に経済力を求めなくなるのだろうか。

その点を明らかにしてくれないと、医学部入試問題をはじめとして女性社会進出改革には反対である

2018-10-21

NHK「これでわかった!世界のいま」の一帯一路特集がひどかった

http://www4.nhk.or.jp/sekaima/

中国から債務を返済できなくなりつつある途上国を途中まで報道しながら

日本の協力には「世界的に信頼されている」とか中国との関係の話ばかりで結局借金はどうなった?と

しかも作るのは発電設備。これ原発じゃないか

核保有国と一緒に技術をばらまくとかとても不安な話だった

中国のウリはコストの低さ、ということは原発も将来中国が作ったりメンテナンスしたりするのだろう)

ビ・ハイ騒動考察

私はT式コーチングというものが本物かどうかを入念に調べながら実践し、それに関わるコーチング理論にも徹底的に手を出し、当然一月万冊にも辿り着いた。

彼らが主催するセミナーのようなものにも時々顔を出していたので、ビ・ハイアの従業員も知っていた。

私自身はコーチとしての資格などは持ってはいないが、T式コーチング理論はそれ自体は決して悪いものではない。

私は100%盲信している訳でもないが、本来の使い方をすれば素晴らしい効果を発揮するものであると感じている。

しかし、S社長(以下S)の解説するコーチング理論を精査したところ、T式のものとは少し違い、独自解釈理論で展開されている。

だがそれ自体コーチング理論からすれば大きな勘違いという程でもなく、本人すらも気づいていないかもしれないが、根源がT式とは違うコーチングをやってるなーといった感じだ。

実際、いまいち腑に落ちなかった部分をSの解説理解できた事もあり、彼にネット経由で直接感謝を述べたのだが、私の予想とは違うリアクションが返ってきた。

それは異様なまでの自画自賛である

これを機に、その内容とは裏腹に、私は彼に対し人格的な違和感を抱く事になった。

私の見解では、Sはめちゃくちゃ外ヅラは良いのたが、その本性は超自己中心的人間

自分天才だと思い込んでいる人物であり、普段から発言は嘘と本当の事を混ぜ込んであるので、非常に巧妙にまるで全てが本当の事だと思わせる話術もある。

更に、上手いことをやれば何をやっても許されると思っている。

知識人コーチ連中も含め、恐らく周りのほぼ全ての人間が彼を信用し、凄く良い人だと思っていた事だろう。

よって知識人と言えども、今回の事態を受け入れられず、混乱したまま擁護に回ってしまったのではないか

その点、コーチのU氏のスタンスはとても冷静で、元々今回の騒動の主要な人間関係を知っていた私は、彼の主張によりほぼ全容を理解できた。

この度の大下氏の主張は、恐らく社内でのSは彼の言う通りの人物なのだろう。

コーチング知識があるにも関わらず、事実それとはかけ離れた非人道的なSの振る舞いは、決して許されるものではない。

相互監視などはストックホルム症候群を応用した手法にすら思えるし、他にも読書で学んだ洗脳手法従業員に多用していたのだろう。

また、報道はされていないが、Sと大下氏は大学時代から20年来の友人でもあるはずなのにこのような仕打ちとは、Sの非道さが際立つ。

そして、ただでさえ怪し気な雰囲気が付き纏うコーチング業界にとっては、これは大変な痛手であり、大きな誤解も生まれる。

もちろん世の中にはコーチングと謳ってはいるが、インチキ紛いの連中も実際にいる。

たが、Sのやっていた事は当然それ以下で、彼が勝手に師と仰ぐT氏にとっても大きな迷惑である

事実独自理論を称えていたのでT式とも呼べないのだが、彼の巧妙さの真骨頂はそこではない。

本物のT式のコーチ交流を持っていた事にある。

Sにとっては権威付けのようなものだろう。

その並外れた営業スキル(外ヅラの良さ)で彼らに近づき、友人としてすっかり信用させていた。

私はそのコーチの方々とも会った事があるが、人間的に信頼もできる方達だと感じた。

私が唯一違和感を覚えたのは、やはりSだけだ。

また、T氏の一番弟子と言われるAコーチが、ビ・ハイアへコーポレートコーチングを行っていたという。

しかし、その最中従業員自殺が起きた。

残念ながら防ぐ事はできなかったが、これを機にA氏は流石にSの本性を見抜き、離れたのではないかと推察する。

しかしたらそれに加え、Sがコーポレートコーチング契約に反した行動なども露見したのかもしれない。

A氏のコーチングを受けていたにも関わらず従業員自殺するなど、その通りに実践していればどう考えても起き得ない状況だからである

今回の件で、A氏以外のSに関わったコーチ公式認定コーチから排除された問題は、T氏からすれば謹慎のようなものではないかと思う。

勿論除名は謹慎と比べるまでもなく重い処分ではあるが、やはりT氏としては動かない訳にもいかないだろうと、同情の余地もある。

とは言え、私は関わったコーチにも非があったとは思えない。

やはりSがずば抜けて良い人を演じるのが上手いのだと思う。

表向きには良い人、裏の顔は冷酷、もしかしたら本物のサイコパスなのかもしれない。

それを見抜けなかったコーチ知識人ある意味被害者でもあるが、それに反し彼らの社会的影響責任は大きい。

ただ、その現実を受け入れられず擁護に回っているとしたら、そこには同情の余地はない。

今回の騒動は、本来民事裁判などではなく刑事事件となるべきだと私は感じるのだが、その行く末を見届けたい。

それとともに、他のコーチング理論ならいざ知らず、少なくとも利他的である事を取り入れているはずのT式のコーチングには罪がない事も加えて主張したい。

2018-10-20

anond:20181020170126

こうやって予防接種しろしろ言うけど、いざ予防接種しに行こうとすると「ワクチンが足りない!」とか報道されるのどうしていいのかわからんのよ、マジで

足りないなら自分より優先されるべき人が居るからなーって思って結局接種してない。

絶対接種しろって言うのは簡単だけどKKO子供のためのワクチンを奪うかもしれないけどそれでいいの?

ファンである前にノルマ

沢田研二騒動で一番モヤモヤするのは、彼がファンのことを「ファンである前にノルマ」と捉えていること。

そりゃどんなアーティストにとってもファンは数のノルマになりがちだけど、

ノルマである前にファン」という対応をしてくれるプロはたくさんいる。

 

「いやいや、イベンター側が嘘の数字を伝えていたのが悪いんじゃん」と庇う人もいるだろう。

ちゃん報道陣の前でファンに向けて謝罪しただろう」と窘める人もきっといる。

ではなぜ、中止を決めた時にすぐファンに向けて声明を出さず、とっとと自分だけ帰ったのか?

日経ってから報道陣の前で頭を下げたのも、思ったより騒ぎが大きくなったから仕方なく…という感が拭えない。

少なくとも当日時点では、彼にとって7000人は目標数を達成できなかった「ただの集団」に過ぎず、

置き去りにしても構わない対象だったのだ。

 

報道では「今回はファンに甘える形となった」と申し訳なさそうに語っていたが、

よくぞ心にもない良いフレーズを一晩で思い付きましたね、としか思えない。

2018-10-19

ブラック企業

という言葉一定認知を得て、

不当に従業員酷使する企業やこそこそ悪事を働いて利益を得ている企業スポットが当たるようになったこ自体は喜ばしい。

だが、言い回しがポップすぎやしないか

悪どさが薄まってやしないか

もっと真剣議論して対応しろよ。

仮に、だ。

銀座女子高生大麻を吸って逮捕されたところで、

ザギンJKが葉っぱ吸ってタイーホ」なんて報道のされ方はしないだろう?

もっと真面目にやれ。

スーパースター

3万人以上も収容できるさいたまスーパーアリーナ

その一部利用で9,000人規模のコンサート

これだけでも箱がでかすぎたという感じが伝わってくる。

一部利用で、囲われた空間となると、

9,000人が7,000に減ったとすれば「満席ではない」感じは有るだろう。

それでも公演を行う義務は有ったのではないだろうか。

「意地が有る」「意地を通した」と本人は語っていたが、

その姿に往年の容姿はなく、アメリカ唐揚げ屋のおじさんの風体だった。

一部メディア報道によれば、損害額は4,000万円以上と言われていたが、

チケットを買ったファンにしてみれば、チケット代だけではなく、それ以外の損害も大きい。

それらを含めた補償など、当の本人は考えてはいないのだろう。

約束を守らなかったのは主催者。」だから補償主催者負担すべき、自分に非は無いと。

自分ファンではないが、なにか釈然としないものを感じた。

告発なら真偽不明でもOKという風潮

まあ必ずいつか事実と異なる風評被害目的とした「よくできた怪文書」がリークされてはてな大混乱という日がくるだろう。

最近でもMeTooは使い方によっては容易にネットリンチ装置悪用されかねないという教訓を得たばかりなのだが、

はてなーには響かないよね。

明らかに胡散臭いやつでも嫌疑段階では名前すら報道すべきではないという人は、

この怪文書増田ちゃんと異議申し立てをしてるんだろうか。

社会正義っぽければ当事者の片方の一方的な言い分を簡単に信じちゃう連中。

悪意たっぷり人間からすればこれほど利用しやすいカモもないね





anond:20181018205833

2018-10-18

茨城の逃走野郎、とっくに捕まってんじゃん。

ニュース報道される事件って

たいてい、「こういう事件が起きました!」だけで

その後どうなったのかのケアが無いよなぁ

話題会社インターンしていたときの話(フィクション

※この話はすべてフィクションです。実在企業人物とは関係ありません。

追記10月19日午後5時

ブクマ数に驚きました。

ブコメもすべて読ませていただいてます

ありがとうございます

いくつか補足させてください。

小上さん(仮名)たちの行動について

本文で書いたとおり、私個人は小上さん(仮名)に対して良い印象がありません。

ただ、今回の小上さん(仮名)たちの行動自体好意的に捉えたいと思ってます

今回の報道がなければ多くの人があの会社のことを知ることはなかったでしょうし、私もOさんの件を耳にしなかったはずです。

これまで私があの会社のことで辛い思い出を抱えつつも発信できなかった理由ひとつに、「自分が感じているほど大した問題ではないんじゃないか?」という疑念があったんだと思います

いわゆる正常化バイアスなんでしょうか。

ただ、今回の件に対する世間の反応をみて、また記事客観的に読んだ私個人感覚としても、やはりあの会社はめちゃくちゃだったんだと、ようやく確信できました。

今回の件、小上さん(仮名)たちが主張している内容が真実かどうかはわかりません。

でも、以下に書いたような私個人体験と照らし合わせると、彼らの主張の多くに真実味が感じられます

それと、社長よりも小上さん(仮名から叱責を受けることのほうが回数としては多かったと書きましたが、心の傷の深さでいえば、社長によって負わされたもののほうがずっと大きいです。

本文にも書いたように、回数こそ数えるほどでしたが、1回1回が大きなトラウマになっています

ネットの関連記事でも小上さん(仮名)の写真は見れても、社長の顔は未だに正視できません。

私はあの会社を離れて以来、関西弁を喋る男性自体に苦手意識が芽生えてしまいました。

関西の人、ごめんなさい)

気持ちが途切れた大きな理由

本文で、辞めた理由気持ちが途切れた理由をいくつか挙げましたが、ひとつ大事なことを忘れてました。

ある営業先の担当者の方と1対1で打ち合わせしていたときのことです。

改まった口調でこう言われました。

あなた方の会社・・・怖いんです。普通私たち担当者と話をしてから順番に進めていくのに、いつもいきなりうちの社長との間で結論を出してしまって、それから私たちのところに話がトップダウンで降りてくる。だから怖い会社って印象なんです」

ショックでした。

業界を良くするための仕事と言われて、それを信じてやってきたのに、実際のところ私たち営業先へだまし討ち同然の行為をしているだけなんじゃないか

営業電話も、ほとんどの相手先で嫌がられながら何十何百件と片っ端からかけている。

(後になって、別の職場営業電話を一日に何度も受けては断る立場経験し、あらためて営業電話の鬱陶しさを実感しました・・・

あのときに言われた言葉が、自分のしている仕事に疑問を抱く大きなきっかけでした。

追記ここまで)

9年前、私がとある会社インターンしていたときの話です。

9年も前なので私の記憶違いもあるでしょうがショッキングなことが多く、その後何度もフラッシュバックしているので大筋は間違っていないと思います

インターンについて

当時、その会社では新卒営業職を募集しており、私を含めた数名が、選考過程で在学中にインターン営業の実務に携わっていました。

インターン自体は珍しくないと思いますが、この会社では「職業体験」ではなく、「採用条件」でしたし事実上の「労働」でした。

採用過程

私のときはこういう過程だったと思います

  1. 説明会エントリーシート持参)
  2. 社長面接
  3. インターン

リーマンショック直後だったので当時の就活はみんな必死でした。

この会社説明会にも大勢集まっていた記憶があります

ただ、ES選考で大半の人がふるい落とされて、面接まで行った人はごく一部だったようです。

面接会社事務所で、社長と一対一でした。

社長は大柄で存在感はありましたが、話してみると関西弁の軽快な口調で物腰柔らかく、第一印象は悪くなかったです。

アニメ漫画雑談が中心で、面接通過の連絡をもらったときは、どこで合格が決まったんだろう?と不思議でした。

 

私の代はインターン制度の2年目だったと思います

私は大学3年の冬にインターン入りしたので、ひとつ上の学年にも4年生で在学中の内定者が3,4人いました。

私の同期は最初6,7人くらいいたと思いますが早い段階で抜けた人もいたので正確な人数は覚えていません。

 

仕事内容

インターンの主な仕事は以下でした。

  1. 営業電話をかける
  2. 会社主催する業界交流会への招待・運営
  3. 業界内の会社同士のマッチング
  4. 求人広告営業

2も3も最終的な目的は4です。

今はわかりませんが、当時の会社事業求人広告がメインだったと記憶しています

(他にもクリエイター支援ゲーム攻略サイトなどもやっていると説明会で聞きましたが、私たちノータッチでした。)

 

営業電話

会社リスト電話マニュアルを手にひたすら電話

1日に数十件かけるのは当たり前でした。

電話個人携帯を使うので、電話代も本人持ち。

電話代は申請すれば出るみたいな話もあった記憶がありますが、(当時はかけ放題プランが無かったので)電話代の請求額に青くなった覚えもあるので、本当に電話代を貰えていたかどうか曖昧です。

事務所から電話することもありましたが、出先でも自宅でもどこからでも電話をかけてました。

初めての会社宛でも社長と知り合いであるような調子でかけるよう指導された覚えがあります

 

業界交流会への招待・運営

上の営業電話の流れで、会社不定期に開催している業界交流会への案内をすることが多かったです。

どこかパーティー会場で交流会をやっていたそうですが、私は運営に参加できなかったので詳細を知りません。

 

業界内の会社同士のマッチング

「こういうことができる会社と知り合いたい」と言っている会社に他の会社を紹介する仕事です。

私自身に何も伝手がなくても、上司には名の知れた会社との付き合いがあったので、このマッチングは喜んでいただけることも多く、やりがいがありました。

 

求人広告営業

一番大事仕事ですが、安くはない金額契約なので一番苦労しました。

ここで成果を上げることが採用の条件でした。

なので、広告を出してもらうことが事実上ノルマだと解釈していました。

 

業務請負契約

インターンは全員、会社業務請負契約を結んでいました。

全員に契約書を渡されてその場で印鑑を押しましたが、ちゃんと読む人はいなかったですし、詳しい説明もなかったと思います

 

条件で覚えているのは、日給+成果報酬制だったことです。

日給はたしか1000~2000円くらいだったと思います

時給ではなく日給です。

成果報酬は、求人広告が成約したときにもらえるものでした。

この当時は貯金がどんどん目減りしていた記憶があります

 

人間関係について

社長

先に書いたように第一印象は悪くなかったです。

私たちに気前よく食事を奢ってくれることも多く、客先に同行してもらうと大抵の交渉も良い方向に進みました。

ただ、気に入らないことがあったときの身内への当たり方はすさまじかったです。

それと、当時から読書量は自慢の種でした。

 

幹部A

社長大学の同期。

当時は会社ナンバー2だったと思います

仮に小上さん(仮名)とします。

私のイメージでは社長とまったく同じ思想・行動原理の人で、社長よりむしろこの人のほうが私たちに厳しく当たることが頻度でいえば多かったです。

当時の印象しかないので、この人が社長反旗を翻すとは思ってもみませんでした。

 

幹部B

社長や小上さん(仮名)よりも数歳年上の男性幹部

先の業務請負契約などはこの人の担当だったと思います

この人も社長同様に激昂型でした。

特に男性に厳しかった印象です。

同期の男性がめちゃくちゃに怒鳴られている現場に何度か居合わせたことがあります

今はこの会社にいないのでしょうか。

 

新卒メンバー

新卒の1つ上の先輩だった人が副社長になっていたので驚きました。

9年前の時点でリーダー立場だった覚えはありましたが、小上さん(仮名)より上になっているとは思いませんでした。

 

同期は良い意味個性的な人が多かったです。

アニメ漫画などの趣味オープンにできる環境だったので、最初から打ち解けやすかったです。

知り合うタイミングが違えば親友になれていたのかもと思う人も多かったです。

なんで辞めたのか

まず、営業電話件数広告の獲得も事実上ノルマがありました。

フルタイムもこなすのが困難なくらいなのに、大学に通いながら達成するのは厳しかったです。

電話代や交通費など金銭的な負担も大きかったです。

 

ただ、それでも同じような趣味をもった同年代の人たちと仕事できるのは楽しかったし、あこがれのアニメを作った会社自力アポをとって行けたときの喜びも大きかったです。

あの会社に入っていった人たちはそういう気持ちが持続したんでしょう。

でも私は途中でその気持ちが途切れました。

 

内定者の先輩の中にいきなりいなくなった人もいました。

「他の仕事に就くため」と説明された気がしますが、入社間際に急にいなくなるなんておかしいと他の人と噂しました。

同期もどんどん減っていきました。

その様子をみて「あの人たちはこの程度で辞めてしまって情けない、私たちはこんなに頑張れているのに」と思ったこともあります

 

私もノルマ達成できずめちゃくちゃに恫喝されました。

 

私の人生であれだけの恐怖を覚えたのは後にも先にもありません。

まず、社長幹部普段と全く違う表情でにらみつけてくる。

その時点でパニックです。

直接的な暴力は振るわれません。

代わりに、わざとらしく大きな音で机や物を叩く。

社長の大柄な姿から威圧感が放たれるので、その拳や脚が自分身体に直接向かってきたら……と思うと頭が回りません。

何を言われたかもよく理解できず、自分罵倒する言葉にただ「はい」としか返事できない。

彼らにとっては日常だったのでしょうが、私にとっては生涯忘れられないトラウマです。

 

これだけ恫喝されても「もっと頑張らなきゃ」と思った人たちもいます

同期は恫喝された後にもっと重いノルマを達成するための誓約書を書かされたそうです。

私には無理でした。

いろいろな負担がかかっていたところに恫喝でとどめを刺されました。

 

なんで今、増田で書いたのか

怪文書の類なら増田かなと。

というのは冗談ですが、前々からこの会社について書こうと思っていました。

いつか書こうと思いつつ自分の中でうまく消化しきれずにいました。

 

私はあの会社に傷つけられましたが、争ったり告発したりすることはしませんでした。

この9年間、彼らと距離を取り続けていただけです。

一種PTSDなんでしょうか、ネット上でたまに彼らの会社名やサイト名を目にすると思考が止まってしまうことがありました。

何かの拍子に当時のことを思い出し、怒りや恐怖が心が満たされることが、9年経った今でも時折あります

 

ただただ、距離をとっていました。

いくらなんでもあの当時よりはまともな会社になっているだろう、と心の隅で期待していました。

私の頃は新卒採用を始めたばかりで、いろいろな仕組みづくりが追いついていないのだろうと好意的解釈していまた。

 

もちろん、今回背中を押されたのはOさんの件がきっかけです。

私はOさんと同期で、もちろん面識もありました。

とてもいい子でした。

 

今回、9年ぶりに彼女名前を目にしたときのショックは言葉にできません。

私もOさんのようになっていたかもしれない、という恐怖よりも、私に何かできたんじゃないか?という悔しさが先にありました。

 

当時、ただ距離をとるのではなく、たとえば労基署とか、駆け込むべきところに駆け込んでいれば少しは彼らのめちゃくちゃな行為に歯止めをかけることができたのかもしれない。Oさんの件も防げたのかもしれない。

たらればの話に過ぎないのはわかっていますが、そう考えると無念でなりません。

 

今回の件がどう展開するにせよ、最終的な結果が出るまでかなりの時間がかかると思います

世の中にはいろいろな事件が起きています

時が経つうちに、今回のニュース自然と忘れられてゆき、彼らはまた何事もなかったかのように誰かを追い詰めてしまうかもしれない。

この件が簡単に風化してほしくありません。

それでこの文章を書いて公開した次第です。

 

記事には目を疑うような記述が多く載っていますが、(あくまで私個人の感想では)いずれもありえる話だと思いました。

 

後になって気づいたことですが、彼(ら)は社内に常にスケープゴート役になる人物を用意して自分たちの怒りのはけ口にしたり、他のメンバー優越感の材料にしていたんじゃないかと感じました。

Oさんの話を読んでいてそのことを思い出しました。

当時の私もそうなっていたのかもしれません。

私自身、いちばん追い詰められたときには自殺を考えました。

 

先に書いたように、私は小上さん(仮名からも厳しい言葉を受けたことがあります

当時の小上さん(仮名)もいわゆる洗脳状態にあったのだとしても、彼に対する個人的な不信感はぬぐえません。

なので、単純にどちらが正しくてどちらが悪いか判断はつきません。

両者の言い分に差異があるようですし、それは今後明らかになってゆくことでしょう。

 

ただ、事実がどうあれ、あの会社の発信しているメッセージ違和感を覚えている人は多いようです。

個人的には、会社側の文章最後に書かれた、実名にせよ匿名にせよ虚偽の情報を流した人物には訴訟を辞さない、という旨の記述に恐怖を覚えました。

この機に乗じて会社のことを告発するなんて許さないぞ、と私たちに向けて恫喝しているように感じました。

彼らは今も自分たちにとって都合のいいスケープゴートを探しているのかもしれません。

 

最初に書いたとおり、この文章フィクションです。実在企業人物とは一切関係ありません。

具体的にどの会社のどの件を指して書いたのかも明言しておりません。

何かあればまた追記します。

ミスター慶応レイプマンはどうせイケメン無罪なんだろ

大げさに騒いでバツを与えた風を装う報道卑劣さに吐き気がする

パワハラ自死事件が怖い

記事とか報道に直接は触れてなくてそれに言及してるのだけが目や耳に入ってくるんだけど、正直詳しく知るのが怖い。絶対やりきれない気持ちになる

anond:20181017211625

同じ障害ラクラスなら「障害言い訳に過ぎない」ではなく「言い訳として成立しない」ので、そもそも障害言い訳になる!という前提を持ってる選手団体広告業者の日本語感覚が謎すぎる。

これがもし、「障害言い訳にならない舞台」とかなら叩かれてない。

成立しないのにわざわざ言う(言わせる)のは障害ラクラスと無関係生活において「障害言い訳に過ぎない」価値観として言及してるのでは?とみなされるのは当然で、無関係だよね〜という感覚の方が意味不明

ま、端的に言えば選手フレーズ自分らの「障害者も言い訳せず頑張れよ!」という価値観をマシマシ盛り込んだクソバ広告マンがすべて悪い。実名付きで報道しろ

株式会社ビ・ハイアを叩いてるやつ、落ち着いたほうがいいぞ

原告の主張がすべてそのとおりなら監禁罪だ。じゃあなぜ刑事告訴しない?

こういうケースの場合あくまでも類例の話だが、刑事告訴をしないで民事訴訟をする理由は1つで、シンプル刑事告訴できない理由がある可能性が高い。

いずれにせよ、今の報道原告側の意見を垂れ流しているに過ぎない。事実認定はこれから行われる。

専門家でもない、報道というフィルターを通して原告側のみの主張を聞いた人間が、なぜ誰かを断罪できる?

マスコミは裏取りなんかしないぞ。それは今までの報道被害を鑑みれば、誰もがわかることだ。今回なんて記者会見で言っていることをまとめているだけだ。

誰かの言っていることをそのまま発表しているだけだぞ。その正否はこれから裁判認定されるんだ。

不幸なことに、ネットリンチは始まっている。なんで一方の意見だけで、マスコミの垂れ流しだけ聞いて、お前が判決を下せる?

落ち着けよ。慎重になれよ。争うのはお前じゃないんだ。原告被告が争うんだ。お前が入る余地は少しもない。

都合のいいときだけリテラシーだなんだ言って、ちょっとショッキングなことがあったら垂れ流しを信じて。

リテラシーってそういうことじゃないだろう。とにかく落ち着けよ。な? お前が争うんじゃないんだ。当事者でも何でもないんだ。

被告に非があったら裁判所がそれを認定して、どれぐらいの制裁を加えるかも決めるんだ。

それはまだ何も決まっちゃいないんだ。これから両者の意見を聞いて、証人にも協力してもらって認定していくんだ。

どっちかの垂れ流しで決まることじゃないし、ましてや、お前が決めることでもないんだ。な? 落ち着けって。マジで

2018-10-17

インドネシアであった女の子旧日本軍

この前インドネシア旅行したときにあったことを書く。

ビーチで1人サンセットを見ていたら、女の子が話しかけてきた。(最初美人局と思った。可愛かったし。)


話を聞いていると、就活インドネシアの各都市転々としているらしい。

彼女イギリス大学留学したことあって、報道関係勉強をしていた。(たぶんインドネシアでは裕福な方)

彼女は言った。

国籍を変えたい。インドネシアに生まれただけで、仕事がない。どの国に行くにもビザ必要。」

もっと仕事がしたい。」

イスラム教を守ると何もできない。特に宗教によって女性不利益を被っている。」

日本に生まれただけで、いろんな国にビザなしで行けて、いろんな種類の仕事が選べて、自由で羨ましい」


こんなこと言われて思ったけど、自由のためには戦うしかないのかもしれない。

今の日本自由なのは自由を求めて戦ってくれたからなのかもって。

アジア解放のため。領土拡大のため。アメリカ貿易戦争仕掛けてきたから」とか目的はとりあえず置いといて、

第二次大戦欧米相手に戦ったから、日本は今自由なのかもしれない。

もちろん戦後外交努力もある。

少なくとも誰だって一所懸命勉強したり働けばチャンスはある。

親いなくたって貧しくても、稼いで海外旅行行けるし、大学も入れる。生活保護もある。

政府批判しても殺されないし、ドイツなんかより言論の自由がある。

治安も悪くない。女1人で深夜に出歩ける。


戦争はしたくないけど、日本のために戦った兵隊さんは誇りに思うよ。

あとお墓まいりしたけど、終戦後にインドネシア独立のために残った3000人の日本兵の方々は

本当にアジア解放を信じて戦った英雄だよ。

anond:20181017190714

年金支給額減少とか少しでも報道されると老人すげ-文句言ってるじゃん

00年台は不景気だったかマクロ経済スライドホント年金支給額下げるべきだったんだけど

結局据え置いてたんだよそんな諦めのよい老人ばっかなら楽なんだが

anond:20181017024456

大衆報道はわかりやすくなきゃ見てもらえないから、

常に簡単な二者対立の構図を作るのが基本なんだよ。

その点、捕まったのがオタクだった場合

凶悪犯罪を犯すオタク vs. 平和に暮らす非オタ

という構図は大衆にすごく受け入れられやすい。

オタク犯罪報道

オタク犯罪を犯したとき趣味報道ピックアップされるのって他に特筆すべき点がないからってだけじゃん。

オタク被害妄想強すぎ。

2018-10-16

報道とは何か?

https://www.bengo4.com/c_1015/c_17/c_1263/n_2386/

福井弁護士によると、新聞テレビなどのニュースメディアについては、一定の条件をみたせば、これらの素材を「無許諾」で利用できるという。その条件の一つとして、「時事の事件報道のため」を挙げた。

「時事の事件報道するために、その事件構成したり、事件過程で見聞きされる著作物を利用することができます著作権法41条)」

講演会参加者からは「そもそも報道とは何か?」という根本的な質問も出たが、法的には「判例ほとんどなく、学説でもあまり深堀りされていないので、実は大した基準はない」(福井弁護士)という。

福井弁護士は「(利用する著作物が)ニュース性を喪失してしまえば、時事の事件報道とはいえなくなると思います。1年はおろか数カ月経つと厳しくなるでしょう」との見解を示した。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん