「リーダー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リーダーとは

2019-03-21

企業いつまでも

年下を下っ端として扱ってバカな奴を上司に据えて、ペットとかパシリのように顎で絵空事支持してるし。

俺がリーダーだ!俺のチームだ!俺の部下だ!俺のプロジェクトだ!って任せてもらってるようでも20%範囲いからな。

責任も軽いといえば軽いが。ジジイがほんとシャレにならないほどガキだから

2019-03-20

指示ができない上司と、指示ができる動く新人

デザイン系の会社で働いている。

同期の同僚がチームリーダーになって新人を教えてるんだけど、

ある新人を指して「あいつだめだよ~やる気が無いよ。自分で考えようとしないんだもの。」とぼやくので、

しばらく観察していると、確かに指示通りのことしかやってこない様子。

しかしこの新人、人事に聞いた話では学生時代ガンガンリーダーシップを飛ばしていたと聞いていて、

当時の作品なども見せてもらったことがあるのだが、確かにレベルの高い作品を仕上げていたようだった。

そこで今度は同僚の方をちょくちょく観察してみると、

どうもコイツの指示の出し方というのがケッコー曖昧だ。

具体的にこういう色にしてみろとかこういう印象がほしいと言葉にせず、

もっと明るく」「もっとコントラスト上げるとかさあ」としか言わない。

それを聞くと新人くんは明度を上げたりコントラストをあげたりして持ってくるのだが、

同僚は「だめだよこんなの!」と言ってその場で自分で直してしまう。

んで「ほら、こういうふうにしたいわけ。今度から自分でやってね」でおしまい

この同僚、個人能力としては高くて、ソフトの扱いにも長けているしセンスもある。

から少人数のうちの会社では重宝されていち早くリーダーを任されたわけだけど、

なまじ自分感覚で結果を出せてしまうから物事の手順や技術言語化することに慣れていないのだ。

ある日、新人くんと話をする機会があったのでいろいろ聞いてみたのだが、

どうも学生時代の彼の周囲の環境というのは結構レベルが高く、

学生という素人集団の中で、いか齟齬なく情報を伝達するかということに対して、

そこらの制作会社よりもノウハウを積み重ねていたらしく、

かに彼の言葉遣いも平易でありながらわかりやすく、地頭の良さが伝わってきた。

つまるところ、こういうことだ。

彼は指示を出すということについて同僚よりも高いレベルにあって、

それでいてメンタルは同僚に近く、誰しもが自分と同じように指示ができるはずだと思っているのだ。

それゆえに他人の指示もそれに指示を出す側すら言葉表現できていない領域があるとは考えず、

言葉から直接読み取れる行動しかとろうとしないのである

んで新人くんにはそういうことを伝えてまあもうしばらく頑張ってみなよと言ったら、

彼も「勉強になります」と言ってたんでまあ心配はしてないんだけど、

問題は同僚、というかこの会社自体で、

小さい会社ながら結構業界内で立場を築いて事業を拡大しようとしてるのだけど、

それにあたって同僚のような「個々の能力は高いが指示ができない人間」に、

外注とのやり取りをさせようとしてるんだよねえ…

正直トラブル連発しそうなので、その火の粉が降りかかる前にどっか転職したいなというころだ。

2019-03-18

赤が死んだ 青が掲示されている しばらくは基礎的な生活が続くだけ

 まずは俗悪な日本人に対する処罰が数年くらい続き、あるときになってふっと青が俗悪化して

花咲かす。今はやらない。数年後に、この島は完全にリフォームされる。今までの失敗の経緯

検討され、二度と失敗しないような社会になる。お前が一番嫌う学校先生刑務所先生

リーダーになり、支配する時代が来る。そのとき、お前は刑務所工場無期懲役囚として働いている。

2019-03-16

12年くらいまで勧善懲悪の思潮は当然にあったんだが

 その当時も勧善懲悪は当然でクソゲスなことをする女や男は学校や家で教師や親から

ぶっ飛ばされて泣いていたのが当たり前の情景だったが、それを統括していたはずの思想家

著名人2006年に大量に死んで、犯罪者を取り締まり刑務所に入れていた検察官警察官

後継者を育成できなかった腐った無能であったことがばれてしまい、特に検察官新聞記者

どんどん大物がいなくなり、やはり2006年に本物の善良な人が大量死去して、残ったのが

腹に一物あるうそ臭い低学歴の偽物ばかりになった結果、昔では思考できないような最低最悪

クソゲス悪が何年か花開いた後に、悪が暴力で一気に始末されて今がある。結論から言えば

2006年に本物のリーダーが死んで、反動で一気にクソゲスになった。反省しろゴミが。

しにたあ

ちょっと仕事で怒られただけなのに死ぬことしかかんがえられなくなった

昨日は推し誕生日だったから、たのしみにしてた、少ない仲間とささやかにお祝いしてわいわいおしゃべりするはずだった、死ぬことで頭がいっぱいでなにもしないまま昨日が終わってもりあがってる面々みても虚無しかないし、そうやって仕事以外に熱中していたか仕事が疎かになっていたのかな毎日終電まで働いてんのに?定時つき早退したら有給扱いの裁量労働制残業代もでないのに?黙々と仕事片付けてたら話しかけにくい?リーダーなんだから意識高く勉強会の開催しろぉ?りーだーってなぁに、上司が全部仕事の采配もスケジュールも決めてこっちはただの歯車でそれ片付けんので精一杯だよよのなかのりーだーはすごいねスマホいじりすぎだぞってオブラートに包んでるのなら謝るけどほかはしらねーよごめんなさい死にます全部やめるしかない楽しい気持ちになってはいけないって怒られてる気がする死ねよはやく

2019-03-15

27歳の堅物女が相席居酒屋にいった

合コンサークルマッチングアプリ友達の紹介

ある程度若い女として生きていたら上記イベントが起きることもあるだろうに、

私の人生には一度もなかった。

仕事も華やかなものではなく、自分自身の外見も内面フェミニンでないせいだろう

ひょんなことから知り合いの女性と2人で相席居酒屋に行くことになった

彼女(A子)は私と真反対のタイプで、どちらかというとヤリ的なマンタイプである

こんな私を見かねて、人生経験のために連れて行ってくれた

酒も飲めないため、ド緊張状態で席に着く

【1組目】

完全なるヤカラ4人組が来てしまった

店員に案内されながらこちらの席に向かってくる四人組を見てA子が「うわアカン」と呟いた

その4人は席に着くなり私たちにこう言った

「俺たちなぁ、穴ァ探してんねん。ヤレる穴ァ!」

もう完全にぽかーんである

引いたというより、何を言ってるのかわからなかった。

急に外国人母国語で話しかけられた時と同じだった。

まさか、相席居酒屋とはいえ、初対面の人間に対してそんな話しかけられ方をするとは思わなかった。

A子の舌打ちが聞こえた

とりあえずじーっと見つめてしまった。

そうしたら、男性陣のリーダー格っぽい男が「冗談冗談!ごめんな!」と笑った

そいつ越しに、A子のこめかみに血管が浮き出ているのが見える

ほえ…となってしまって、またしばらくぽかーんとしてしまった。

そしたら、中でも一段とガラの悪そうな男が「これはハズレや!!!チェンジチェンジ!!!」と店員を呼びつけた

A子が何かわめいている。彼女尼崎出身性格は野犬みたいな感じだ。

はぇ…となってたら店員が来て、男たちは別席に案内されて行った。

しばらくしてから、また同じ男の怒号が聞こえた。

どうやらまた別席でもトラブルを起こしたようである

店長らしき年長者の店員に厳しく案内されながら出口へ向かう様子が見れた。

ここは修羅

いい年して男のかわし方も知らない堅物には100年早かった。

USJゾンビに絡まれアトラクションのようだった。

新鮮な気分だった。

非常にいい経験だった。

あん感情は、あそこでしか味わえないからだ。

もう2度と行くことはないだろうが。

2019-03-13

スリジエという女性アイドルグループにハマった話

その出会いは衝撃だった。

どん、と胸を打たれるような、きっとこれは出会うべくして出会ったのではないか錯覚するような、そんな出会いだった。

これは別にただのアイドルヲタクの備忘録のようなものであり、個人特定などもされそうだが特にこれと言って匿名で書いている意味もない。これを踏まえて興味がある方に興味を持っていただければそれに越したことはない。

ことの始まりは昨年1月に遡る。

たまたま地元イオンにふらっと寄った時のことだ。エスカレーターを降りる時、ふとアイドルライブをしているのが目に入った。

降りた先で最初に目についた背の高い女の子はなんとも可愛いミントグリーン衣装を着て熱心にビラ配りをしていた。(これが後にスリジエ候補生リー(当時)の石原由梨奈ちゃんであったことがわかる)2つのグループで合同のインストアイベントだと聞いたが、他にも何種類かの衣装を纏った少女たちがとにかくたくさんいた。

その日、たまたま散歩帰りで望遠レンズではないとはいえ一眼レフカメラを持っていた私は迷わず撮影エリアに行った。というか、気がついたらピンク衣装女の子たちを撮っていた。ほんの無意識だった。あの日カメラを持っていたことは偶然ではなかったのかもしれないとすら今になって思う。

そうこうしているうちにひとりの小柄な女の子が目についた。

可愛い

なんだこの可愛さは。

これが後に「推し」となる朝日奈えみちゃんとの出会いだった。これはもう衝撃だった。

幸いにもインストアイベントが終わってからハイタッチ会があったためにメンバー全員を近くで見られたのだが、全員が可愛いのは言うまでもないがやっぱり彼女は抜群に可愛かった。まさに一目惚れだった。

メンバーとのハイタッチが終わってすぐに、迷わずGoogleで「スリジエ」と検索していた。わたし一目惚れした彼女朝日奈えみちゃん自分と同い年、さらにはお誕生日も2日違いではないか趣味コスプレ。元々小学校高学年の頃から深夜アニメを観るようになって、その後は声優ヲタに片足を突っ込んだ経緯のある自分に重なるものがあり、一気に親近感を覚えた。

そして発売が1ヶ月以上先のCDを迷うことなく予約した。そして初めて、その場で一目惚れした女の子ツーショットチェキを撮った。初めてチェキを撮った時はとにかく緊張と興奮が混ざっていて何を話したか全然覚えていないが、その時のチェキを見返すと、推しと一緒に非常に楽しそうにハートを作っているわたしが写っているので、きっと相当楽しかったんだと思う。

その興奮も収まりきらないまま夜になってしまった。そんな時だった。時刻は午前1時半をまわっていた。その時は偶然起きていて、昼間にの散歩で撮った写真現像していた。iPhoneの画面がついたと思って見たら、そこにはTwitterからの通知が来ていた。

開いた先には何と、先ほどチェキを撮った彼女からリプライが来ていた。というのも、興奮したままのテンションで「スリジエというグループが可愛くて~特に朝日奈えみちゃんが好み~」みたいな何とも稚拙ツイートをしていたかであるまさかリプなんて来るわけないだろう、と思っていただけに本当に衝撃だった。そこに書かれた「またライブに遊びに来てくれると嬉しい」といった内容に、軽率に釣られてしまったのである

わたしは元々SKE48から女性アイドルに興味を持つようになり、スリジエを知る前はでんぱ組.inc妄想キャリブレーションなどが好きだった。とはいえ、いずれもある程度女性ファンが多い。しかスリジエは、ましてや撮影可能エリアには女性なんてほぼほぼいなかった。でもやっぱり「推し」となった子の笑顔を見るとこちらまで嬉しくなるものからインストアイベントでは何とかして大きなカメラを抱えた男性方に混ざって必死写真を撮っていた。

たまに「女の子がいるのが見えたらメンバーも嬉しくなるだろうから」と前に入れてくださる方もいた。こういう場では軽蔑されるだろうとヒヤヒヤしていたわたしからしたら、その人たちがもはや神様か何かに見えた。今もインストアイベントやら撮影可能の外部ライブ写真を取り続けていられるのは、そんな方々がいたおかげだと思う。そして、メンバーに青葉桃花ちゃんという「カメラ女子」がいたことも大きかった。彼女のおかげで写真を撮ることが間違いなく楽しくなった。

スリジエインストアイベントや外部ライブへの出演だけでなく、週に4日秋葉原で「定期公演」と称されるライブを行っているグループだ。わたしは当初、このライブには行けなかった。理由はよく覚えていないが、間違いなくアウェーだと思っていたのは事実である。おかげで4月の終わりまで何だかんだで定期公演へ足を運ぶことが出来ないでいた。

でも実際に行くと、アウェーとかそういうものとはまるでかけ離れていた。その日はゴールデンウイーク間中ということもあり、とある候補生メンバー生誕祭が平日の朝から行われていた。はからずも生誕祭という比較的誰でも楽しみやすイベントで定期公演デビューを飾れたことは、我ながらとても良かったなと今でも思う。

意外とあたたか現場。会場に入るや否や、初めに感じたのはこれだった。女性の居場所なんてないんじゃないかと思っていたのは何だったのかと思うぐらい、罵声を浴びせられることもなかったし好奇の目で見られることもなかった。どう見てもわたし以外は全員男性だったのに。学生時代男性アイドルグループも観てきていたが、その度に「メンバーと同性なのにファンをしているのは何が楽しいのか」という疑問を抱いている人が多い環境にいたわたしには、これも衝撃のひとつであった。

しかった、という感想しかか出ない程楽しかった。次の日も、そのまた次の日も、朝から秋葉原に出向いた。そうしていくうちに、元々インストアイベントで撮らせてもらっていた時以上に全体的にライブを観られるようになった。この子はこんな魅力のあるダンスをするんだ、この子MCで話すとこんなに面白いんだ。そんな発見がとても楽しかった。そして、元々この子が好きだなあ、というぼんやりとした気持ちだったのが、各ユニットでこの子を観たい!というものさらに明確に定まっていった。それまでは1人でライブを観ていた超人見知りのわたしと、この頃から会場で話してくれる方が出来始めた。実生活共通趣味友達があまりいないこともあって純粋に嬉しかった。

ゴールデンウイークが明けてからは、平日に各ユニットでのワンマンライブがあった。わたし候補生リー(5月16日)スリジエ宙組(5月18日)のワンマンライブを観に行った。ツリーワンマンライブの日、別のユニット所属しているメンバーたちが参加しているサイン会推しチェキを撮ったその足で走って会場まで向かったのを鮮明に覚えている。人は普通ヒールでこんなに走れるのか、と感激したぐらい、高校生の体育の授業の時のように全力でダッシュした。また、この時の公演は半分以上観られなかったこともあって、初めてその場でBlu-Rayを買ったのもいい思い出だ。

宙組ワンマンライブの日はその前から告知があったために職場には休み申請していた。そして意気揚々と会場に入った。推し体調不良で先述のサイン会からの復帰であったが、正直どこの誰よりも可愛くてああ、この子を観に来て良かった、と思った。また、この時に初めて宙組メンバー全員と一緒にチェキを撮った。その前からTwitterにちょいちょいインストアイベントで撮った写真を載せていたこともあったからか、推しチェキサインをしてくれている間に色々話しかけてくれるメンバーいたことにもびっくりした。

そんな充実した5月も終わろうとしていた頃。アイドル撮影会に初めて足を運んだ。それまでポートレートと言っても友人ぐらいしかまともに撮ったことのなかったわたしからしたら未知の世界ではあったが、先述のサイン会(またかよ)の会場であったスタジオでの開催ということ、そして推しが参加することからわず予約した。

撮影会と言ってもポージングの指示出しとかしたことないしな…と不安だったが、そんなもの杞憂だった。どのメンバーもほぼ同世代ということもあって、いろんな話をしてくれたことがすごく楽しかった。気がついたら結構な量の写真を撮っていて、3時間なんてあっという間に経ってしまった。

それから先は推しが休業したり出演したりとまちまちではあったが、とにかく受付で「お目当てのメンバーは?」と聞かれると「朝日奈えみちゃん」と答える日が続いた。推しの休業が寂しくなかった、と言えば嘘になるが、休んでる間にも待ってることを伝える術はTwitterリプライを送ること以上に会場へ足を運んで動員を入れることだと思ったかである。そしてその間にこの子はこんなところが素敵だな、とか、そういう発見をたくさんした。このことは後々の(今でもだが)インストアイベントやら外部ライブやら撮影会で写真を撮る時の参考になったり、話すネタになったりしている。

また、推しがいない中でもライブを観て楽しめたのは当初スリジエ候補生リー所属していた中村柚月ちゃん(現在アリスプロジェクト移籍仮面女子候補生所属)の存在なくして語れない。彼女推しと仲良くしていたほか、わたしとの共通話題がたくさんあったこからイベントがあれば気がついたらチェキを撮るようになっていた。推しとはまた違った魅力がたくさん詰まっていた。どんどんその魅力がに惹かれるようになり、「推しが大好きな彼女もっと好きになりたい」そう思うようになった。

そして迎えた9月。うだるように暑い夏が終わろうとしていた9月2日に、スリジエリーダー中丸葵ちゃん生誕祭が開催された。その時に偶然居合わせフォロワーさんと話した時に言われた些細なひとことが、この後の運命を変えたような気がする。

「えみりー(推し愛称)の生誕祭、どうするの?」

正直わたしはそれまで、他に動く人がいるだろう、とか、何なら女性がほぼいない現場で、しかわたしみたいなどこの現場にもいるわけでもない人間が動いたりなんてしたら5ちゃんねるとかでフルボッコにされるんじゃないかな、とか思っていた。その上推しは当時、身体の不調が続いていたことにより、長期的な休業に入っていた。

しかしその段階では誰も彼女生誕祭について動いていないようで、誰かがやらないといけないことをその時に初めて知った。生誕祭9月24日。あと3週間しかない。

元々何かを頼まれたら断れない性格であったことも相まって、せっかくならメッセージカードをたくさん貼ったアルバム(通称ヲタ図鑑)を作って「皆で復帰を待ってたよ」的な感じにしたいなと思った。その日の公演の帰りに自分メッセージカードデザインして業者発注をかけなければならないということに気がついた。そして帰ってからデザイン構成し、業者発注した。自分で言うのも何だが、尻に火が付いたら秒で物事を終えられる性格だなと改めて思ったものだ。

この後「生誕祭一緒にやりませんか?」といった内容で連絡を下さった方には事後報告になってしまったが、とにかく注文したメッセージカードが届き次第メッセージを集めた。正直100人ももらえないかもしれない、予備を含めたと言ってもさすがに200枚は作りすぎたな…とか思っていたにも関わらず、余裕で120枚近くのメッセージカードが集まった時には感激した。それらをアルバムに1枚1枚貼る時、たくさんの方がメッセージカードの内容を読みながら泣きそうになった。こんなに愛されている子を好きになれたことは幸せだな、そう思ったら胸の奥が熱くなった。

余談だがこのヲタ図鑑推しと同い年の自分担当することになった時に「推しが泣くぐらい喜ぶものを作りたい」という目標を設定して作った。せっかくならとびっきり可愛くて、他のメンバーに自慢したくなるような女子ウケの良いものにしたい、と思った。しかしながらわたし自身にそこまでのセンスがなかったこともあって、そこまで可愛いものではなかったかもしれない。

そんなこんなでバタバタしつつも順調に作業をして迎えた生誕祭当日。朝から気合を入れるためにビールを飲んで秋葉原へ向かった。開演1時間半前に秋葉原に着いたのに、開演するまであっという間だった。何なら開演してからもあっという間だった。生誕祭の内容に関してDVDも発売されているために詳しく書かないが、とにかく本人がこの日のために撮影編集したというオープニングの映像(https://youtu.be/b-JAqGexHWU)が始まってすぐに泣いた。というかその前から推しの姿がちらっと見えるだけで泣いていた。久しぶりに見た推し笑顔。そしてそんな推しに皆で振った緑色サイリウム。ただただあっという間に過ぎていくそ時間は、2018年いちばんキラキラしていた瞬間だった。その後のチェキ会でメイクがドロドロになりながらもチェキを撮ったこともはっきりと覚えている。いろんな方のご協力があっだからこそ見られた推し笑顔。どの方面にも感謝してもしきれない。

それから推し活動復帰ということもあり、足を運べる時はライブに行くことを優先した。アイドルはいつ会えなくなるかわからない、でも会えるうちにたくさん会わないと伝えたい言葉を伝えきれないと感じたからだ。気がついたらいろんなイベントスリジエと一緒に過ごしていた。

元々インドア派だったわたしフットワークが、異様に軽くなった。楽しいこともあったし、推しと仲良くしていたメンバーが次々に卒業してしまったり移籍してしまったり、そんなような泣きたくなるようなこともあった。でも、今となってはどれもいい思い出だ。思い出したらきりがない。

そしてスリジエきっかけに、住んでいる場所や年齢、職業などの壁を超えた知り合いがたくさん出来た。びっくりするぐらいどの人もすごくいい人で、それぞれの推しに対する愛情が深くて観ているだけで「ああ、○○ちゃんはこんなに愛されてて幸せ者だなあ」と思わされるぐらいだ。

女子出身学生時代バイト先も女の子ばっかりだった上今の職場でも異性とあまりさな環境にいて自他ともに認める「コミュ障」であったわたしがこんなに様々な男性と話せるようになるなんて、1年前には思ってもみなかったことだ。

その人たちの推しているメンバーの記念のイベントがあった時にお手伝いをさせて頂いていると、この子はこういうところが素敵だなという新たな発見がある。その時も「そうなんだよね〜この子のこういうところが好き」という会話から好き、可愛い、という感情シェアできるのがシンプルに嬉しい。

どうして女性女性アイドルヲタクをやっているのか時々聞かれることもあるが、単純に楽しそうな推しを観ているとこちらまで楽しくなってくるからという理由に尽きる。別にガチ恋でもないし、かと言って友達になりたいとかそういう願望もないので、単純に雲の上の存在として眺めているのが目の保養になって楽しい。そして自分の見た目へのコンプレックスも相まって、来世ではこんな顔に生まれいから今のうちに徳を積みたいな、という実にしょうもないことを考えている時もあるがこれも楽しい

書いていて文章がまとまらなくなりつつありますが、とにかく何が言いたいかというと。

わたしスリジエが大好きです!

スリジエの定期公演について

......................................................

❁*゚スリジエ定期公演詳細

https://ameblo.jp/livecerisier/

❁*゚『You are No.1MUSIC VIDEO FULL Ver.

https://youtu.be/1KMQD8c0-c0

社会人スポーツサークル運営をしていて

2年間で150人ぐらいの参加希望対応してた。

ネット掲示板募集記事のせて、来たレスに対して返事を書いてた。

基本的に女嫌いの僕だけど、

まともなやり取りができる人は、女の方が多かったな。

「応募の際は、○○と××の情報を記入して、簡単自己紹介を書いてください」って書いてるのに、完全無視で「△△日行きたいです。」だけ書いてきたり。

「行きます」って返事来たのに、当日は連絡なしで欠席だったり。

必要なことは書いてるけど、挨拶もなしに箇条書きだけだったり。(おれはお前のお友達じゃねーんだぞ。)

こういうことするのって男に多いんだよなぁ。

そしてそういう人たちって実際来てもらっても、なんかコミュ障なんだよね。

一回来ちゃった人に「あなた、もう来ないで」って言うのはなかなか辛い作業だよ。

そんなこんなでサークルメンバーに女ばっかり残っていくんだよね。

おれが女好きから女が多いわけじゃないんだぞ。

だいたい35以上の女しかいないし。

若い女やすにはどうしたらいいんですかね?

僕もサークルリーダーとしてちょっとは美味しい目にあいたいです。

2019-03-12

転職して大体1年がたちました

転職してその後ってあまりないような気がするので書いてみました。

・前職は?

大手Sierの子会社勤務でした。立ち位置親会社から受注して開発を管理する立場、要するにIT現場監督です。

業務パッケージ運用保守、開発のリーダーとかやってきました

やってた言語VB6,COBOL,C# etc

2000年くらいに新卒入社して約20年いました。

・今職は?

xR関係受託開発を行う従業員20名程度の会社

使用言語Unity,C# etc

・年齢は40ちょい、男性

・おちんぎん 年収大体150万ダウン

転職きっか

Oculus Rift DK2を購入してからドはまり、その後HoloLensに衝撃を受けて購入、この流れでマウスディスプレイから脱却した空間コンピューティング世界が来ることを確信したので世界を進めることができる会社に行くことを決めました。

たまたま応募した会社が入れてくれることになったのでそのまま転職しました。その前に1社お断りされた。

転職して感じたのは前職の大手Sierはとにかく新しいことが始めづらい環境だったように思います

とはいえそもそも自分がやっていたことと違いすぎて基幹システムプロマネやっているのに急にHoloLnes導入したい!といっても理解されずお金出ないのも当たり前です。

ただ、会社としても新しことが始めづらい構造になっていて、新しいビジネスを立ち上げるWGみたいなものには予算は全く出ず、思いつきに毛が生えたようなことを机上で何年もだらだら打合せしているだけという印象でした。若者の不満をそらすためにのものという意味もあったと思います

自分としても前職は20年近くいましたが長年やってきたしがらみが積もっているので社内でやってきたことを捨てて新しいことを始めることはできないですし、うまく初めることができても初年度から千万単位の売り上げを求められるので転職しました。

自分出世が遅い人だったのですが、周りの同年代管理職たちがゴルフゴルフしてるのもなんだかな―、て思ってました。朝4時に起きて役員迎えに行く、みたいなの。

・今の状況

前職ではこんなスキル社外で通じない!と思ってたのですが存外役に立ってます

典型的ウォーターフォールおじさんなのですが取引相手大企業場合相手ウォーターフォール思考なので話を進めやすいです。勤め先の会社先進的でも、取引先はそうではないのです。

今は営業プロマネを主にしていますが、受託をやる限りは業種は違えども手法は十分通じるのだなと感じました。

品質についての意識大企業に比べて低いように思うので前職の経験が活かせそうです。ISO9001とかないので。

おちんぎんはきちんと会社の売り上げが増えればついてくるだろうとおもっています

働き方としては会社に出勤しなければいけないのは週1回のミーティングだけ、あとは自宅で作業してよい、服装自由という今どきの企業なのですが営業的なこともしているのでスーツ着て取引先に打合せに出ています

自宅作業は週に1,2回くらい。

服装スーツ着てたほうが楽なのでスーツ着ています。というかスーツしか外で来れる服がない!

プロジェクトの進行はリモートワークを前提なので対面での打合せは最低限でリモート会議Slackコミュニケーションするようにしています顧客にもリモート会議を勧めています

やる気のない人がいない(メンバー少ないのでいたら会社潰れる)、基本褒めあうような文化、おおらか、なのが良いです。大きな会社って半分くらいはやる気のない、定年までの時間稼ぎみたいな人じゃないですか・・

労働時間は減っていないのですが前職は24時間365日トラブルが発生すると電話がかかってきてたのに比べるとだいぶ楽です。働き方が自由なので社畜の魂を持ったまま自宅勤務をすると作業の辞め時がわからず、24時過ぎまで働いてることも多いです。朝7時に起きてすぐ仕事初めて、昼前に外出て打合せ、その後家でずっと仕事とか。

できるだけ午前中に打合せを入れずに満員電車回避してます10から打合せだと朝早いと感じるようになってきました。

感想

辞めて大正解でした。興味のある分野で働くの最高!

仕事自体ストレスにならないし、ベストを尽くそうと思える。

分野もこれからなので成長しかないし。

どうせ大企業もこれから落ちぶれるだろうから、早いうちに成長できそうなとこに移動できて良かった良かった。

パワーハラスメントを受けているのかもしれない。

ずっと気づかないふりをしていたけどやっばり私はパワーハラスメントを受けているのかもしれない。

この会社には新卒で入って今年の4月で4年目だ。

ずっと同じ部署所属している。

私は社員だがここの部署リーダーパート

このパートがやっかい。仮にPとしよう。

最初はいい人だと思っていたし最近でも思うようにするようにしていた。

きれいごとかもしれないが人を嫌いになるのは自分が醜くなるみたいだから人を嫌いにはならないようにしている。

詳しいことをいうと特定されてしまうのではっきりとはいえないが、この前そのPが私のAという判断にBではないかと言ってきた。

でも私はデータ確認した後だったので「いや、Aです」と言い切った。

そしたらいきなり怒鳴られた。

私はわけがからず「いやでも」とか「これこれこういうので…」と言っても「あ!?なんだ!?」と言ってくる。

正直これはいものことで怒鳴ると私の意見絶対に聞かない。

俺が正しい。俺は間違っていない。

というのが基本のスタンスなのだ

そのときに違う人が入ってきて

「んー微妙ですねーまぁAでもいいんじゃないですか」と言って結局その時はAになった。

他の人の意見は心のなかではどう思ってるか知らないが、黙って聞く。

これもいつものことだ。

そして仕事が終わって帰路についているときPから電話があった。

恐る恐る出てみると「おい、やっぱりBだったぞ」と言われた。

どうやら私がデータを見たときはAで間違いはなかったしその後の確認でもAで間違っていなかったのだが日付が変わった際にBもあり得たというのがデータ上で出たのだ。

「ほら、だから言ったろBだろって。」

「…あーはい、私が見たときはまだそういうふうに出ていなくて」

「なんなんだ、あの態度は」

「俺の意見にハッキリと言い切って違うと言ったろ!」

「その態度が気に食わねぇ!」

ブチッ

電話が切れた。

この時私は車に乗っていたがもういっそこのままどこかへ行ってしまいたいと思った。

なんであそこまで言われなきゃならないんだ。

私も我が強いほうだと自覚はしている。

でも私がデータ確認したときはBではなかったんだ。

しかデータよりも目の前のサンプルを見ればBの判断もできた。微妙だった。

からデータを見に行ったし、目の前のサンプルのテスト確認も行った。

それでAが強いと思ったからAにしたんだ。

Pもその後テスト確認を行ったらしく、確かにAではあると電話で言った。

結局なんでそんなに怒っているかというと自分が下した判断に私が否定たから怒っているのだ。

もうなんだか耐えきれなくて車から降りたら明日の準備もしなきゃいけなくてそれすら嫌でずっとスマホいじっていてスーパーが開く時間になったかアイスとかジュースとか買い込んで1、2時間寝て出勤したが、会社に行くまで本当に嫌で会社着いてことのながれを全部知っている人(Sとする)に会ったら涙が止まらなかった。

結局Sも言い方には気を付けなきゃねとしか言わなくてあぁやっぱり言い方の問題だったのかと。

んなの、知らねぇよ!

Pに対してみんな一応話し方とか接し方は気を付けているんだと思う。私も気を付けている。

でもただ言い切った、それだけでなんでそこまで怒られなきゃならないんだ。

結局涙が止まることなミーティングが始まってPには挨拶ができなかった。

喋りたくなかったからよかったけど、あとでSになんであいつは挨拶もできねぇんだと言ったらしい。

きじゃくっていてその涙の原因の人に挨拶できるほどの鋼のメンタルを私は持ってない!

休憩も会いたくなかったから別の場所ご飯を食べ、いよいよ帰るとき挨拶をしなくてはならない。

いや別に挨拶しないで帰ることも可能だけどやっぱり一応。

それにあとでSに「あいつは挨拶もできねぇ」とか言われたらめんどくさい。

二人きりにはなりたくないから「大丈夫だよー」と呑気に他人事のSのそばで言った。

「お先に失礼します」

背中言葉をかけたが反応がなかった。

聞こえなかったのか?それともシカトか?

そのあと駐車スペース2つ挟んでもう一回「お先に失礼します!」と叫んだ。

近くまで行くのは怖かったから。

でもなんにもない。

あぁもういいや。シカトだ。

挨拶しないのそっちじゃん。

50越えた人間なのにな。

もうなんだか色々疲れた

私もPも異動することはまずない。

会社やめたいけど自分のなかで思うこともあり、まだやめないでいようと思っている。

けど、なにか自分のなかで崩れてしまった。

もう、いやだ。

また会社に行かなきゃならない。

Sから「何に対してお怒りなのかわからないなら自分で聞いて謝れ、作業に支障がでる」と連絡がきた。

いやいや、私だって作業に支障が出るのは嫌だし申し訳ないし時間がたてばたつほどめんどくさいのはわかるけど会話をするのも、顔を見るのも嫌だ。

さなきゃいけないと思うと足がすくむ。

もういっそこのまま消えてなくなってしまいたい。

2019-03-10

就活でムカついた事

何が君は千人のリーダーになれないよ、君はウチに向いてないよじゃ、ふざけんな

二流企業のくせに生意気言うな。

1万人のリーダーになって見返したんねん、ボケ

anond:20190310133805

この人達日本フェミニズム思想世界では間違いなく元締めで、学術界だけでなく、政界・官界とのパイプもそれなりにある

現時点でのリーダー存在

フェミニズムの国際会議が開催されたら日本代表で出ておかしくないレベルだよ

2019-03-09

明治維新は失敗だった(原爆で終了)

薩摩長州というテロリスト日本を乗っ取った。

テロリストリーダー天皇就任した。

日清戦争日露戦争で勝って調子に乗った日本アメリカ喧嘩を売って惨敗原爆を撃ち込まれ平民大量虐殺された。

明治維新負の遺産清算して、新生日本を築かなければいけない。

しかし、新日本国家体制アイデアがない。まだ天皇依存してる痴呆だらけ。

日本敗戦処理に失敗した。

2019-03-08

今日付けの社内報会社新規事業がポシャったのを知った

サービス構想を聞いた時から無理だろうなとは思ってた

その割には社員の集まる場では景気の良い華やかな話題を聞いていた

昨年のとある会で 新規事業チームを引っ張ってる社員が少し含みのある物の言い方をした

彼は今年度末で退職するらしい

やっぱりか、とは思った

一つだけ当初から大きく予想外だったのは辞める新規事業チームのリーダー氏が別分野の本業で大きな成果を上げたことだ

弊社の事業は泡と消えたが彼の今後の活躍を祈ろう

2019-03-07

カップ麺のフタの上に調味料を乗せる人が本当にいた!

100%断言できる、先に入れようが後だろうが味を判別できる奴なんていねーだろ

そもそもこんな舌が馬鹿になる添加物満載のジャンクフードが何いってんだ。

と、こないだデパート搬入作業派遣先で、上司の、リーダーヤンキー風のお兄ちゃんカップ麺のフタの上に調味料を律儀に載せてる姿が可愛くて、こうやって洗脳されて搾取されるんだろうなって

思った

2019-03-04

anond:20190304132354

なぜ「自動車学校用」と銘打たれ、これほど簡単に手に入れるのことができるのか。

中国自動車学校では、生徒に専用のICカードが配布され、講義や講習が終わると、専用のリーダーに指を置いて指紋認証をし、カードをかざすと教習内容が記録される。

そこで指紋シリコンを作っておき、ICカードと一緒に友人に渡し、いわゆる代返をしてもらうことが流行している。


そう、中国では指紋認証は、簡単突破できる技術になってしまっている。

うけるw

2019-03-03

anond:20190303141115

リーダーに、まずいまこれだけの仕事が来ていますと、伝えてみてはいかがでしょう。リマインダーの共有とかも出来るのでは。

仕事の仕方のコツを掴みたい

わたしは、一つの会社しかいたことがなく、一度異動しただけなので、いま仕事している職場と、前にいた職場しか知らない。

前にいた職場は、プロジェクトベース仕事をするところで、かなり細やかなマネジメントがあって、チームのメンバーがいまどの案件作業をしているのかをお互い把握している状態で、リーダー作業状況や優先度をみつつ、仕事の割り振りをしてくれていた。締め切りはタイトで、プレッシャーは強かったけれど、目の前のことに集中はできる。これを急ぐなら、これは遅くなりますみたいな相談もできた。

今いる職場は、プロジェクトベース仕事に加えて、客からの細かな案件にも対応するような仕事をするところ。それぞれが持っている案件タスクを、きちんと把握している人はたぶんいない。リーダーは、たぶんぼんやりとは把握できているけど、メンバーが持っている仕事の総量や優先度を考えて仕事をふる、ということはあまりしてないと思う。小さく、締め切りはあいまい仕事が次から次へと舞い込んできて、自分でペースや進め方を考えてできるのは面白いけれど、なかなか集中して取り組むことができない。一つのことをやっていたら、割り込みで別のことが来て、バランスよくどっちもやってくれと言われる。あと、リーダーを経由せず、先輩からこれやっといてみたいな仕事がぽろぽろくる。細切れにいろんなことがあって、あれ?今日何してたんだっけ?みたいになる日も多い…。

こういう環境で、どうやって自分時間健康を守りながらやっていけばいいんだろうな〜。早くコツを掴みたい。

test

自分の願望が気持ち悪い。

いじめられたり、

しかめっ面をしてただけで親から怒らないで!とヒステリックに言われたり、

周りから気持ち悪いと言われたり、

自分が好きだった事(絵を描く事が好きだったと思います。忘れた)

を下手と言われて2時間くらい説教されたあげく生きてる価値無しとか言われたり、

その他色々自分が辛いと感じる事はあったのですが、

それらを慰めてもらえなかった感覚の無いまま今まで生きてきました。

それらを全部慰めてくれる女性が欲しい、つまり自分の性欲と悩みを慰めてくれるママお姉ちゃんが欲しいという糞気持ち悪い願望があります

自分の悩みと自分の性欲がごっちゃになってる所が本当に醜いし気持ち悪いです。(リーダークルーみたいな顔、ドラえもん体型の癖に)

かといって風俗に行って金のかかるブスやカウンセリングのヨボヨボ口臭派分かったふりジジイに当たるのも嫌という所も更に死ぬほど気持ち悪いです。

昔の仕事上司に君は笑えるからうつ病では無いよね言われてからはなぜか、

自分が嫌いという感情をもっていいのかも分からなくなりました。

たぶん自分が本当に嫌いだったら自殺してるか自分はマトモになっている筈で、

そうで無いのはそんな自分が好きという我儘だからなんだと思います

ここ1年で更に人が嫌いになってしまったのは、婚活アプリでのアポが寄りにもよって糞しょうもない意識高い系情報教材セミナーやら繋がりもロクにない(仕事仲間でも無いのに)人らの集まりで潰された、

まり自分ママお姉ちゃんになってくれる人を見つける数少ないチャンスがぶっ潰されて嫌になったのだと思います

自分にとって母、姉は自分家族しかいません。そんな癖にそれを追い求めるのが気持ち悪いし嫌悪感があります

自分はこの問題解決したら、

きっと仕事私生活やらもうまくいくみたいな思い込みて言うんですかね?

そういうの思いがあって躍起になってます

自分一人で解決できる程の強さと器用さは無い事を今まで生きてきて認めざるえないと思ってる。

強いていえば時間がやりすごすしか無いのでは思ってる。

話したい事はいっぱいある。

ネットレスで慰められてオナニーみたいに気持ちよくなっておしまいでは駄目なんだと思う。

2019-03-01

後輩、部下を持ったことがない

30代

人生で一度もそういった関係になったことがない

 

これ色々あって、たまたま

キャリア形成とか結構気をつけてきたつもりだったけど

しまったなーと思った

 

リーダー顧客との折衝、仕事依頼などはしたことがあるが

うーんしまったなー

2019-02-26

なんとかできるかできないか、という観点評価すると

若干コミュ障のAくんの方がリア充Bくんよりも なんとかできる力が高かった

Aくんを取りまとめ役にした場合、うまく回らない箇所があるとしても最終的にはAくんが力技でなんとかする

Bくんが取りまとめ役の場合最初はうまく行くのだが、うまく回らなくなると完全な手詰まり

発想の柔軟さという観点ではBくんは高そうに見えはする

けど実のところは低い、自分の考えに固執する

Aくんは見た目に反して状況への対応が柔軟、自身の考えはあるが周囲の意見など受け入れる

ということでリーダーはAくん

デレステ問題

よく分からない人は、親の七光りで映画出てないのに映画賞受賞したkoki(キムタクの娘)が応援しているアイドルグループリーダーになったと思ってくれ

本番は声優発表だな。どんなに「声優悪くない」とか言ったって、仕方ない。恨むならバンナム恨みな。もちろん声優が断れるわけないのも分かる

でも仕方ない。他に発散させる方法が無い。デレステ辞めるつもりもない。だからアイドル2名と担当声優を叩くしか無い

仕方ない

2019-02-24

anond:20190223145355

共産党共産主義目指してるし党の支配も強いリーダーの長期独裁で団結重視じゃん

どこに自由を感じるの

革マルとか、日本にはまだまだ伝統的な左翼がたくさんいるわけで

俺は彼らがどう考えてるのか知りたいだけなんだが

なんで急に社会自由主義!!!とか言って怒り出したのかマジで教えて欲しい

チーム開発をどう改善していいかからない

チームで開発している。スクラムGo言語

チームは数人で、基本みんないい人。みんな頭の回転が速いしコードも早い。俺は大したことないが。

残業必要なければしない。体調悪い時は無理せず休む。会議は極力減らす。

なによりみんな「思ったことはちゃんと言おう」って人だし、感情論にならないように心がけてる。

相手批判したりしないで事実を見て話す。チャットでも変にトゲトゲしない感じで指摘し合えていいチームだと思ってる。

でも2週間前に新人が来てからどう見ても困ってる。大変困ってるわけじゃないかもしれんが、困ってそう。

たまたま帰りが二人になったときとか、「まだちょっとチャットとかプルリクする時は覚悟がいるっす」とか打ち明けてくれた。

そんな覚悟決めてするもんじゃないんだよ、だれも責めないから。でも新人からしたら、そりゃいろいろ気にするよな。しょうがないよ。

チームの人たちは特に助けない。助けを求められてないから。つーか、別に作業止まってるわけじゃないからね。まあそうなのかもしれん。

「困ったら言って。助けるから」ってのは「求められない限り助けない」ってことなのか?

俺はそうじゃないと思う。だからもっと話しやすい場とか必要なんじゃないかって思う。そういうことをして、チームが強くなるんだと思う。

いや確かに新人作業が止まってるわけじゃないけど、もっと居心地よくしてやった方が、作業も早くなると思うんだよね。早く溶け込ませたいんだよ。

でも今はリモートワークで会議も減らそうぜみたいな風潮だから、「特に目的のない会議」ってどう提案したらいいのかわからない。「雑談しましょうよw」みたいな。

前にリーダーに話したら「言いたいことがあればチャットでなんでもみんな言い合ってるし、会議いるかな?」って反応だった。別に間違ってないと思う。

でも新人がいきなりそうチャットバンバン入り込めるかわからないし、前時代的かもだけど「気持ち」に配慮した取り組みが必要なんじゃないか?こういう時どうすればいいんだ?

ていうか、わざわざそんなのにルールを作りたくもないし。

毎日雑談しましょうよ」とか言っても、たぶんチームの人はチャット雑談してるから必要に感じないだろう。

もうわからん。書いてて思ったけどスクラムマスターがほかのチームと兼任しててあんまり入ってこれてない。

すげースクラムマスター来てくれ。俺は全員楽しく開発したいんだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん