「自由」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自由とは

2018-08-14

anond:20180814214844

なるほど、ありがとう

でも女は育児するからそこそこ縛られるし、男も女の優遇で割りを食うから自由すぎはしないと思う。

経済格差よりは自由時間お金格差をなくしたい。

ガチガチ管理したい会社だとIPアドレス申請の上で固定IPを割り振る会社はある

まあ管理の手間暇にかけるコストメリットデメリットで色々と変わるけどな

万が一にも私用機器接続されると困るとかなら管理するメリットはある

ある程度は自由にさせるなら管理はさせないという手もある

でも最近UTM入れたりするしIPアドレスを固定にしなくてもいいんじゃないのかね

最近退職した弊社の老害上司はこのあたりが理解できなくて固定IPにしてた

今はサーバプリンタ以外は自由にさせてるけどな

ログ追跡なんてそれほど難しくないし

一夫一妻制とジェンダーロールは格差縮小策としてかなり実効性が高い

まあ散々言われてることなんだろうけど、思索メモがてら。

10からなる自由経済を考える。年間GDP100、一人当たり1とする。自由経済なので、年収には格差がある。下から0, 0, 0, 1, 3, 7, 10, 10, 19, 50 である

次に、この経済に、性別と一夫一妻制とジェンダーロールを与える。すると各人の年収は以下のようになる。

女: 0, 0, 0, 0, 0

男: 3, 7, 10, 30, 50

この男女がくっつくので、男性年収世帯年収とすると、各人の事実上年収は以下のようになる。

1.5, 1.5, 3.5, 3.5, 5, 5, 15, 15, 25, 25

最初経済比較する。

あ、格差が減ってる。

anond:20180814211646

格差が拡大するのは、自由になるから元増田に書いてあることは結局自由が増えるということ。女でも稼げる、女だけの街も作れる、男は浮気ができる、趣味に生きられる。

人生生活について自由のない世界は、格差はない。逆に、すべてが自由になると強者総取り、オールアナッシングになる。

女も1人で男以上に稼げるようになれば、手に職つけて自立できれば、結婚したとしても、男の浪費に口出しせずに済むし、男に経済的依存しないから男に従うこともなく自由に過ごせるし、おそらく男の浮気にも寛容になって、みんなウィンウィンなのにな。

出産育児の際は、実家に帰るなり、育児コミュニティ作るなりして女だけの街で子育てする。ここらへんは積み立てた貯蓄でカバー。うるさいとか言う独身者も老人もいない場所に設置。幼稚園騒音問題保育園待機児童問題も無くなる。

男は趣味に生きていいし、家事自分の分だけ、子育ても協力しなくていい。たまに子供の顔を見に来るだけでいい。

そんな世の中どう?

善人だから本当に自由なら善人が勝つ。みたいなこと

anond:20180814130913

つーか、世界中SNSサービス政治的発言にどのように対処するかが大きな課題になってるのに

はてブは、まったく放置で、あげくに新聞社などマスコミ関係者アカウント活動的グループアカウント群も「平等」に1つのアカウント放置でしょ。

活動家マスコミ関係者が、自社のコンテンツや自社の主張に有利な記事ブクマして、真っ先に活動家グループ関係者ブコメをつけていく。

そして、ブコメ世論をつくっていくのも、まったく放置

はてなは、政治的中立を、その発言に関わらない事だと思ってるようだけど

そんな牧歌的インターネット2000年代までの話よ。

ドワンゴの元社長も、2000年代には、そういう牧歌的な、世の中の多数は、善人だから本当に自由なら善人が勝つ。みたいなこと言ってたけど

そういう時代は終わったよ。

現在世界、そして数年後の日本は、政治的中立であるという事は、極端な発言を抹消する事だと知るだろうよ。

正しければ、どんなに性急な意見でも、正しいとする、日本マスコミをはじめとするその姿勢は、現代では明らかに間違っている。

性急であってはならない。ほとんどの人が、十分に理解して意見を変えたり支持できる程度の、寛容かつ時間的猶予のある意見こそが、尊重されるべきであり

意見が正しいから、どんなに極端であっても間違った意見よりはいいという考えを放置することが、未来SNSに悪影響があると

はてぶも、いつか知る事だろう。

だが、今は、はてブは、その性急な活動を旨とするマスコミが暗躍する場となっており、同時にそれに反発するウヨとの対立がくすぶっており

いずれ、その対立が表面化し、はてなは、一度、マスコミ迎合し、その数年後に、どちらも成敗するという選択をするだろう。

対立こそが、悪であり、性急な意見はたとえ正しくても、悪なのだ理解する時が来るだろう。

 

anond:20180814184207

そういうタイプって凄い美人なの??めっちゃ若いの??

凄い家柄いいの??

そういう人としかマッチングしないって事は。

若いとか物凄くいい要素のある方なのでは。若いだけで凄い価値があるんじゃないの。

だって普通若い女性は社会でいい仕事に就いて少し自由でいたいものだと思うから

anond:20180814010628

保証されているのは消費の自由だけ。

かにそう思う。

悩み事はそれでごまかせと言われているようだ。

anond:20180814145005

それは常識がない人

サイゼしか行けない人もいかない人もどちらもいる

サイゼ以外知らない人もいる

個人自由侮辱していい理屈はないね

急募】新素材衣服の開発

仕事内容:気温が高い時は涼しく、気温が低い時は暖かく、周囲の気温に合わせて素材の温度が変化する衣服の開発です。

将来的に人間の着る服が1着で済むように、衣服のシルエットは全身タイツ or セットアップ型を想定しています

勤務時間:土日のみで出勤時間自由です。〜22時頃まで。

給与:無し(エアコンキッチン有り)

anond:20180814125351

他人迷惑評価考えず自由生きるって歌を大声で歌って

それを下らないって批判したら

他人が楽しんでるのに水を差すな!迷惑!って文句を言う

この一連の矛盾スキームを学べる

豪雨災害広島小学生が感じる自衛隊への感謝教育矛盾

休みがやってきてようやく実家に帰ることが出来た。

実家のある地域にも避難指示が出て、幾らかの親族、知人友人、隣人が被災をしてしまったものの、我が家では全員が無事であったこともあり

私が海外への長期出張を命じられていた事もあって、忸怩たる思いを持ちつつも帰省は叶わなかった。

ここで、被災地に実家を持つ一人として、ボランティア活動などで被災地域を訪れてくれた多くの人々に感謝したい

厳しいシーズンを戦っているのにも関わらず、貴重なオフを利用してボランティア従事してくれた、サンフレッチェ広島選手の皆さん

かつて広島絶対的エースとして活躍してくれ、今は名古屋で戦っている佐藤寿人選手、宮葉屋和也選手

寄付金をくださったカープの丸選手黒田選手など多くの著名人にも強く感謝をしたい

カープサンフレッチェの同時優勝が、どれほど被災の子供たちに楽しみにされているか。心から現在の健闘に感謝しま

しかし、中でも自衛隊の皆さんには、本当に感謝してもしきれないものがあることを実感する。

被災地の住民への支援の中でも、とりわけ印象に残っていて、そして喜ばれているのは入浴支援の様だ。

大量の水や大掛かりな設備必要とする入浴支援自衛隊しか出来ない支援だろう。

大人ですら不安で潰されそうになっている日々で、食料などはなんとかなっても風呂自由が利かない

その日々で両親が笑顔になり、自分笑顔になれる入浴支援は、子供たちの力になったみたいだった。




そうした自衛隊活躍を見て、大人たちが日常的に感謝の思いを口にするのを聞いた小学校3年生になる甥は、

自衛隊に入りたいと防衛大学への進学を夢見るようになった。

しかし彼の決意には、ほんの小さな棘が刺さっている事に驚かされた。

「僕は自衛隊に入りたい。自衛隊に助けてもらってうれしかった。

でも、先生自衛隊は間違ってる。日本には要らないって言ってた。

自衛隊になるのは間違ってるの?

ダメなの?」

私は彼の疑問に絶句してしまった。

しかしながら、大人として彼の疑問には答えなくてはならないとも思った。

から、私が知識として得ている、違憲問題左翼による反戦活動PKOなどでの国際貢献戦地における自衛隊評価などを教えたし

大事なことは時間をかけて彼の中で結論を出すことだと、自衛隊に入りたいのなら自分で考えるようにとも伝えた。

そして、いつか日本人全員で憲法を変える投票をするとき自分意思を示せるようになろうと。

の子時代からそうだが広島教育は若干歪んでいる。教師たちは僅かばかりだが偏っている。

被災の子供たちは、大好きで尊敬している教師から与えられた知識と、自衛隊から受けた支援への感謝気持ちの間で揺れているのかもしれない。

そして、私たち大人が彼らの為に出来る事は、私にとって大事家族を守るために命がけで活動する自衛隊違憲と呼ばなくていい状態を作る事かもしれない。

そんなことを思った。

原爆で亡くなられた多くの人々を悼む気持ちと、現在を生きる我々に必要武器を持つことは両立するのだという事を、私は甥に伝えたい

anond:20180814105906

実際のところその辺はママさんたちの方がすごくシビアに見ていて、そういう部分で気の合うママさん同士がグループになる傾向があるのは端から見てておもしろい。そこら辺を“ちゃんとしたい”と考えているグループと“あまり気にせず自由奔放に”というグループがあって、その2つはたぶん仲が悪い。

そうじゃなくて、育てにくい子のママ大人しい子のママグループには入りにくいんだよ。

自分けが迷惑を掛ける事になってしまうから

から似たような育てにくい子と繋がる。それならお互い様から

発達障害児なんかもろそう。発達障害の子ファミレスの他の客は勿論、子育て支援施設ですら他の親から排除されがちだから

施設側がそういうママ孤立しないようにと障害オンリーデーを作ってたりするよ。

「2歳児はどうぶつ」「だから親でもどうにもできない」←は?

anond:20180813145826

元増田言葉ピーキーから反感を集めてるようだけど、しかし集まってるぶコメが “弱者に寄り添いたい症候群” のオンパレードでなんだかなあと思う

当方、9歳6歳の父親

まずね、2歳児というとだいたい歩き始めて少したっていて、歩き方もちょっとしっかりしてきて、食べ物ミルク離乳食卒業普通のものを食べてる頃あい言葉も少しずつ喋るし数もちょっと数えられる、親の言うこともなんとなくわかってる感じが出てくるけど、“魔の2歳児”という言葉存在するように時にはアンコントローラブルになる事もある、そんな感じの時期。

もちろん個人差はあるしADHDなどを持ち出すとそりゃいろいろあるわけなんだけど、一般的な話として「2歳児にはしつけも効かないし親は何もできない、だから外で子供が騒ぐのは仕方ない、親は悪くない」というのはぜったい違うと思うんだよね。

まず、子どもについて。

子供学習能力を甘く見ちゃいけません。彼らにもしっかり環境適応能力は備わっている。当然だよね、生物として環境適応できなければ死ぬんだから。ただ幼い頃はまだ身体的制約が大きいのでその適応力は弱い、だから親のサポート必要

俺が大事だと思うのは、彼らは一生懸命環境適応しようとしているのだから、親が根気強く粘り強く環境への適応の仕方を教えたり、サポートしたり、促したり、環境のものを調整してやることだと思うんだよね。子どもにとって不適切場所には行かないようにするとか、その環境に適さない行動をしたときに都度、注意をするとか。

例えば、子供が騒いじゃいけない場所、騒がない方がいい場所で奇声を発したとき、親が毎回毎回人差し指を口にあてて「しーっ!」とやる。当然彼らは最初、その仕草意味理解しないので効き目はないが、その仕草のあとたまたまかにしたら誉められた、なんか「しっ!」の後に黙るとよくわかんないけど誉められるなあ、という成功体験が続けば次第にそれを理解し始めて、やがては「こういう場所では母ちゃんに「しっ!」ってやられる事が多い気がする!」と予測を立てられるようになる。これこそが学習能力であり環境適応能力でしょう。

個人的な経験からすると、騒がしい子どもの親はその「しっ!」をほとんどやらないんだよね。諦めてるのか必要ないと思ってるのか、いや俺はおそらく「判定が甘い」んだと思ってるんだけど。

群衆の中に自分がいるという意識が低くて、周囲と自分の間の境界の判定が甘いから、あまり気にしてない、気にならないんだろうなあと思う。ものすごい香水臭い人とか、イヤホン音漏れすごい人とか、電車の中で飲食する人とか、、、明確に悪いことではないけど周囲との距離感意識できてたら普通はしないでしょってことでも平気でできる人は判定が甘いんだと思う。どの声の大きさなら“うるさい”レベルなのかっていう判定が甘い親はほとんど「しっ!」とやらない。子供と親の性格には確実に相関関係があると思う。

実際のところその辺はママさんたちの方がすごくシビアに見ていて、そういう部分で気の合うママさん同士がグループになる傾向があるのは端から見てておもしろい。そこら辺を“ちゃんとしたい”と考えているグループと“あまり気にせず自由奔放に”というグループがあって、その2つはたぶん仲が悪い。女性特有の“笑顔で殴りあう”、みたいな恐ろしい世界

ちょっと脱線したが話を戻すと、子供環境という部分に関しては親にできることはたくさんある。

そりゃね、世の中のお店は売り上げが欲しいから「子どもOK!おいしいお子さまランチあるよ!おいでおいで!」とやるんですけども、当然だけど別にそこに行かなくてもいいわけです。外食しなくていいように予定を組むとか、子供が寝てる隙にさっと食事を済ますとか、親が交代で食事をとるとか、、、 ぶっちゃけ、「泣き止まないか放置」とかい選択が一番理解できない しか母親1人かと思ったらまさか父親登場、ふたりいるんかい!と笑

あいろいろゆーとりますけども、言いたいのは、別にムチでビシバシやるようなしつけじゃなくて、どんなに小さな事でも細かいことでも、やんわりとしかしながら根気強く子どもを促していると、子どもはそれにすぐに適応する ということです。

騒がない子ども環境適応した結果そうなった。個人差の部分はゼロではないと思うが、それは実際かなり小さい、親の影響の方が遥かに強大。

から環境適応のヒントを与えられ続けた子どもは、行動の判定基準に「騒ぐと周囲に迷惑がかかる」といった“大人感覚”が加味されていて(その意味が分かってなくても)、逆に親からヒントを十分もらえてない子ども独自解釈環境適応した結果、騒ぐことが周囲に与える影響が加味されていない判定基準によって行動するようになる。ということ。

まあ、考えすぎて根詰めるのも良くないとは思うけど、親にできることはかなりあるとおもいます。工夫をしましょう。

anond:20180814012556

寛容だった時代犯罪率見りゃいい

 

アメリカを見て見ろ

必ずしも自由が良いモノとは限らん

自由」というが、自由なんかないじゃないか

現代社会というものに「自由」というものがあまりにも少ない。

所詮は、限られた消費の自由しかないのではないか

カネがあれば多様性を認めるというような姿勢が溢れている。

若い人間リベラルなような雰囲気がある。

ただ、それは消費の中で選ぶ自由を求めているだけな気がするものだ。

自分の通う低偏差値大学を歩いて思うのは、消費主義しかない人間ばかりだ。

如何に消費を上手くやるかという考えでしかないのだ。

政治といったもの権威主義になり、ロクでもない結果になりそうだ。

そんな社会ウンザリするが、どこまでも続いている。

現代社会というのは街中には監視カメラが張り巡らされて、ネットを繋げばログを取られる。

長々とした契約書やら約款があったりする。

自分人生規制免許規則利用規約やらと言ったものに縛られているようだ。

最近は、医学部入試ジェンダー云々の話で盛り上がっている。

性差別から自由を求めているように見えるが自分には何か醒めて見える。

恐らく、学力差別というものには何も批判的ではないからだろう。

能力があれば自由を得られるという理屈だ。自由なんかありゃしない。

そんな社会ウンザリして、レジスタンス的なアニメやらを見る。

何か抵抗というもの容姿が良くないと虚しいものにされるような気がしてくる。

資本主義だろうがそうでなかろうが、そうでない社会だろうが容姿格差自分を苦しめるのだろう。

容姿が醜い自分には自由などどこにもないようだ。

最近顔写真webに上げたら整形すれば大分良くなるとか言われた。

整形なり学歴ロンダをしたりして、自由を目指したい。

2018-08-13

anond:20180813222640

そうだろうか?
遺伝子特性の方が行動に対する影響は強いが実家が頼りになるご家庭育ちは
結構ぱっぱらっぱーな選択取りがちやぞ、誰かがなんとかしてくれるからな。

わい氏、自宅勤務会社員一般的自由が利くとされる勤務形態人間だけど
エリート崩れと苦労人(推測)しかおらんぞ

anond:20180813222135

世の中そんな自由に生きれる人ばかりじゃないんじゃよ。
想像力は身を守り共感力を生むぞ

anond:20180813120212

増田に届いてほしいけど、

もう散々ツリーが伸びてしまってるから増田に届くかどうかわからないし、

自分結婚育児経験したことのない人間から懐疑的に思われるかもしれないけど

自分もかつてコントロールなんてきくわけない子供の一人だったろうから

そういう人間の一人として全然大丈夫だよ!って気持ち自分のことを書くね

メンタルが弱っているときにはきっと攻撃的な言葉や悪意の方が強烈に届いてしまうと思うけど、

こういう風に考えてる子育て経験のない人間いるから少しでも安心してほしいなと思って書きます

自分聴覚過敏気味で音に敏感な方でそれはもちろん

子供の泣く声や大きな声に対してうるさいなと思うこともあるけれど、それは単に物理的な問題

子どもが泣いたりはしゃいだりすること自体そもそも悪いことでもなんでもないし

親が配慮しろコントロールしろとは全然思ってないよ(ていうか絶対そんな思い通りにできないだろうし)

というかつとめて思わないようにしようと考えているよ

だってやや音に敏感とはいえ概ね自分健康な健常者の大人で、

いまこの社会において実際に増田のような子育てをする親御さんと子供生活する上で

他の様々な障害を抱えている人に実際には奪われているものは何もないし、また譲っていることも殆どいか

ほぼ健常な大人向けの社会インフラの中で普通に生活しているだけで

守れている気になってる程度のマナー意識しか自分が実際には持ってないことがわかったか

以前エスカレーターエレベーターベビーカー問題議論になったときも思ったけど、

健常な大人であるだけでその流れに乗れて、不自由なく生活できる社会において

健常者が実際にそうでない人たちに譲ってることの方が少ないと思う

うるさいとか邪魔だとか、親の態度がなってないとかいろんな意見ブコメトラバに出てきたけれど

でもそれはその文頭に「俺が不快から」「私が気に入らないから」「私の生活の流れが滞るから」ってつけなきゃいけなくて、

実際その感情が全てだと思う だってそこを我慢したとして、健常者の自分が一体どれほどのものを譲っているだろう?

以前足を骨折したとき、通学や通院でどうしても地下鉄を利用しなくてはならなくて、

松葉杖をつきながら通っていたけど初めてエレベーターを利用しようとしたとき

それがとても困難なことだってわかった バスから降りた途端大勢の(恐らく)健常者が

エレベーターに走って殺到して、あっという間に乗れなくなってしまたか

あまつさえ自分は弾き飛ばされて転んで、でも遅刻しないことの方が大事からその場にいた人は全然助けてくれなかった

そんなことをそれからもしばらく続けてわかった、普通大人が骨を折った、病気になった程度のことでも苦労があるのに

そういった生活上の障壁常態化している人の苦労はどれほどのものだろうかと思うようになった

ただ普通に生活していて俺たちの邪魔をするなというだけではなく

時にはそういう人たちのためのリソースも気づかず(あるいは意識的に)奪っていることもあって、

それが既得権益のようなものでなくていったいなんだろうかって思うようになった

それから自分が気に入らないから、自分スムーズ生活が妨げられるからという理由

問題を抱えてる人の責任なのだから人達の方であれこれ我慢してほしい」と思う気持ちをなんとかしようと思って、

けが必要な人、配慮必要な人に健常な自分積極的に譲れるだけ譲ればいいと思うようになった

たとえそれがどんな態度の親御さんでもどんな相手でも、不快に思う気持ち感謝されなくて残念なんて思う

エゴイスティック気持ちも全部こちらが幻の何かを譲った気になっている「私」の方の問題なのだから

たとえ自分結果的不快な思いをしてもいいから、助けられるところは助ければいいし

自衛できるところは自衛すればいいと思うようになったし、できるだけ実践してる

でもほんと全然できないなって思ってる ベビーカーを運んでも席を譲っても、飲食店でうるさくてごめんなさい、って

謝ってくれるお母さんにもほんとに申し訳なさそうな顔させてしまうしその度こっちが申し訳ないと思う

から増田みたいに苦しんでる人にはいつもお願いだから大きい顔をしていてほしいって思う

少なくとも私にはそんなに大きな迷惑かかってないし、ていうか別に迷惑かけてもいい

(ましてファミリーレストランのような場所ならなおさら)

こちらが助けたり対応できることな全然やるよーって人他にもたくさんいると思う

つらいこと本当にたくさんあるだろうけど、できたら楽しく不自由なく家族生活してほしい

別にこっちは自由に動けるんだから必要なことや我慢してほしいことがあれば全然気にしないで声を上げてほしいって思う

いずれまた自分高齢になって不自由になって同じような社会暮らしていくのいやだもの

だって今ある社会の中からこぼれたり迷惑がられる可能性ある、それがほんとにお互い様ってことだと思う

どちらも不快な思いをしてるんだからお互い様、っていうのは私はこちら側の思い上がりだって感じてるよ

もちろんきれいごとだけではなくてうるさいなと思ったりイライラしたりるするシーンも結構ある あるんだけど、

おまえはマナーがなってない、遠慮しろ特権階級か、って行動に制限のある人に堂々と言えるほど

健常な大人である自分他人に対していつも何かを配慮したり譲ってるのか?っていつもその度自分に釘さしてる

こうやって気を付けて生活してても実際はそれはすごく難しくて

増田のように苦しんでいたり申し訳なさそうに小さくなっている子連れの親御さんを見る度に

そんな気持ちにさせてしまって本当に申し訳ないと何度も思ってるよ

なんの制限もなくて今のところは自分の思うように行動できる度100%の健常な大人

様々な理由自分の思うように行動できる度が70%や50%やそれ以下の人たちに対して

「それはおまえの責任なのだから自分解決して道を譲れ、我々の自由な行動の邪魔をするな、これが社会だ」っていうの、

いったいどっちが権利を強弁してるんだろう?ってよくよく自分に対して思うようにしてる

不自由な人にまだ不自由を強いてるの恥ずかしくてたまらない

ストレスフルな状況で増田にぶつけてしま気持ちすごくわかる

もちろん全部はわからないだろうけど、そういうどうしようもなさのことはすごくわかる

ここに書かれていることだけが社会の総意でも世の中のマナー体現してるわけでもない

増田が書いていることも体験していることもなにもこんなにも強く糾弾されることでは全然ないんだって

私は強く言いたいなって思うよ 余計なお世話かもしれないし読まれいかもしれないけど、

後ろめたさや怒りを感じず子育てできる環境に少しでも近づけられるように自分草の根でやってくつもりなので

増田もでっかい顔して子育てしてほしいと思う 

追記

タイトル変えるとトラバにならなくなるの知らなかった 直しました

安楽死

安楽死は難しいテーマだというのに、

「生きるのも自由なら死ぬのも自由」という人がいる。

そうだね、自由だね。

でも、安楽死を実行する人にも拒否する権利はあるし、止める権利もある。

死ぬのは自由と主張して、他人自分を殺させようとするのは間違いでしょ。

そういう話。

anond:20180813181830

👶しないよ!

👦なにそれ!

🧒する気ないよ!

🧑よゆーよゆー★

👨自由な独り身、最&高

🧓人生謳歌するんじゃ

👴夏はパンイチに限るぞい

よくネットで起きる国語

的を得る」は間違いで「的を射る」が正しいとか、

ハッキング」は「クラッキング」の誤用とか、

そもそも正しい日本語ってなんなんだよ。

標準語」か「共用語」かで世間はまだまだ揺れてるんだぜ。「標準語じゃなくて共用語です」って話はただのプロパガンダだろ。

辞書に載るかどうかがそんなに大事か?じゃあ、「ガッツリ」とか「ちゃらい」とかも正式日本語かよ。

今、話して通じる言葉が生きてる言葉だろ。

好きな言葉使えばいいし、通じればいいんだよ、言葉なんて。それが詩的だし、文学的だ。

的を得る」のほうが文献上の起源が古いって客観的事実を言っても理解できない、頭の悪いのが、人にいわれて丸呑みしてあれが正しいとか、これが正しいとかいって文脈も読めないのが多すぎる。

そもそも日本語話せないGHQ標準語作ったんじゃねえか。

言語もっと豊かで自由でいいんだよ。

初めて見る言葉だけどなんか意味が通じるようなのがもっと流行ればいいんだよ。

もちろんパブリック文章ちゃんと書けよ。

だけど、言語まで権力握られて文明が栄えるわけ無いだろ。

と、ここまで考えて冒頭に戻り、ああ、アホが多いんだと思う今日このごろ。

お前にはガッカリだ、と父は言った。

今に始まったことではないし急に言われたわけでもないが、そこまで自分感情的にならなかったのが意外だった。

父は言う。おれはお前の歳には結婚してお前を育てていたというのに。個人人生からとやかくは言わないしお前も今の生活を続けたいのだろうけど、その病気の女を一生面倒見るつもりなのか。お前も病気だ。共依存だ。治療しろ。まだやり直せるんだから自由になったっていいんじゃないか、と。

父の隣では母が泣いている。死んだおばあちゃんがお前を見たらどう思うか。その歳にもなって、情けない。親戚にどう説明したらいいのか、と。

続けて父は言う。おまえたちの関係は、一般常識からみてもおかしい。お前たちだけならいいかもしれないが、家族迷惑している。数年間我慢してきたが、いっこうによくならない。おまえ自身が行動しないなら、こちらにも考えがある、と。

普通生き方ではないことは自覚しているし、長男のくせに親不孝者だとは思う。利益不利益を超えて僕のことを思って本心からそう要求しているのだろう。しかし頭は重いが涙は出ない。僕が間違ってましたこからは言うとおりに生きます、とも思わない。どうしたものかな。わかんなくなっちゃった

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん