「自由」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自由とは

2021-01-23

キラキラとプぺりたい

youtuberとして売れたいプペルが麻薬燻製にしようとチャレンジして煙突から様々な気体を垂れ流しにしているせいかハロー効果は捕まっていないだけの詐欺師でも使えるほど強力だからか、コロナウイルスが遠慮するくらいに若者がプぺプぺ言って楽しそうなので、自民党高齢者枠でワクチン接種する令和おじさんより10年間毎日時間睡眠という高校生並み体力を誇る教祖様をあてにしたほうがよいと思う今日この頃だけど、この手の話は地方創生においても見受けられる。

マクロに言えば、政府政府にとって都合のよい自治体が増えるよう、都合の良いことをする自治体地方創生交付金を流す。(間違えた、取組を啓発し交付金によって実施奨励する)

ミクロに言えば、政府にとって都合の良いことをする自治体政府地方にとって都合のよいことをする個人法人が増えるよう、都合のよい住民ファシリテータースピーカーとする講演会を開催する。(交付金は出ないか承認欲求の満足で我慢してね)

ゆりかごから墓場まで貴族与党現実離れしたキラキラした方針を出せば、官僚レベルではチンケな娑婆と折り合いをつけるために法的に落とし込み、ギラギラした目で残業しながら財務省予算委員会と掛け合う。自治体レベルでは、部長クラス交付金と我が老後に目をキラキラさせて指示を出す。我が20年後に目をキラキラギラギラさせる者や、煙突にこびりつくすすのように黒ずんだ眼を見せる者は、交付金獲得のための書類作成や実績を残すための事業運営に精を出す。起業家育成、女性支援空き家・空き店舗利活用。勝てる農林水産業六次産業化、産官学連携。都合のよい未来をもたらすためのキラキラした事業たち。

ここまでくると、誰かがキラキラしているのは一瞬だ。講演中の講師や、夢を思い描き事業に参加したくなる人、チラシに使われる笑顔くらいなものキラキラを追いたいがために、あるいは美しい素朴な心で誰かのために何かをしようと、しょっぱい補助金等各種支援()施策を頼りにして、現実毎日格闘して疲れ切り、プぺプぺ信者からチケットを買う代わりに、異教の信徒からヒトモノカネを買わされているかもしれない。ちなみにこのレベルでも生まれながらの貴族事業委託すると、素晴らしい実績の代わりに人生自由を損なった信徒が量産されるぞ。そうすると生まれながらの貴族実態経済と離れた資本市場さら貴族力を高めるぞ。

無理してもみんなキラキラとプぺりたい。しかキラキラした光をよく観察すると、こちらに向かっているのではなく、中心にある無限の穴、つまり素晴らしく現実化するのが困難なアイデアに吸い込まれているのかもしれない。キラキラを追わねばキラキラできない、モテる教祖様と持たざる信者とその他何者にもなれなかった者による近代社会を令和になってもやめられない。

2021-01-22

ひどい事言いまくるのが

貴方本質でしょう

誰に対しても批判しかないお山の大将



自由にどうぞ。

anond:20210122111019

オンデマンドって単語を使うなら、それまで需要に応じず一方的に与えられるとか垂れ流されるような、自由に利用できない状況があった上で、その一方向性に対する問題意識が共有されてないとそういう表現は出てこないと思うが。

定量的疲労度測定自体存在しないのだから自由に利用できない状況なんだが。だから、君が問題意識を持っていないことを除いたら、オンデマンドでも妥当だと思うが、それは置いとこう。

マインドフルネスなどは脳疲労ターゲットにしながらも定量的疲労度測定がないから、ターゲットに対してどうかというのは測定しにくい。

そこで、疲れている人になんかいいぞということで弱まってるやつが近寄ってくるから不安や恐怖を煽って疲労度を高めつつ依存させる霊感商法や悪質セミナー跋扈する。

定量的で、望めばすぐ結果が出るような疲労度測定が実現すれば、まがい物は疲労度高めてるだろ!と指弾ができる。

いまは、疲労度を高めるようなまがい物に取り込まれないように本やネットで調べて、かつ霊魂スピリチュアル周りが書かれているのは排除せよとしか言えないってこと。疲労度測定がない状態から

ウイグル自治区イスラム土人によって支配されてた女性が、中国共産党によって解放された件

https://www.afpbb.com/articles/-/3327686

 

ウイグル自治区女性を「産む機械から解放した」だって

これ見るとやっぱり理想論じゃ片付かない世界もあるんだよね

 

ぶっちゃけイスラム過激派中国共産党なら共産党の方がマシで

(というかそもそも共産主義にはソ連時代から女も平等にする建前、進歩性あったし)

イスラム統一協会カルト宗教キチガイすら守る自由(笑) クソポリコレに固められたアメリカ

米に倣えで場当たり的なきれいごと並べるだけの、コウモリ外交日本およびネトウヨに何ができたの? って話

 

そんで、ツイッター社はなぜかこのツイートを削除するって言う皮肉

anond:20210122183428

俺はノーマスク派だけど、誰か何か言われたら医者に止められてるという事にしている。

まぁ店だと入店させない自由もあるから、その時はマスクするけど、変えの効かない公共施設はそれで通す予定だ。

尾崎豊成人式

僕は新成人になった。成人になると、成人式新聞社説、その他諸々の機会に、エライ大人たちがありがたい言葉をかけてくれる。

そういえば昔、朝日新聞の社説尾崎豊の話が出てきた。当時はまだ中学生小学生くらいの頃だったが、何故かメディアで取り上げられていた内容を覚えている。その世代おっさんらしい人が、尾崎豊の話を引き出してきて色々と説く内容だったが、「平成若者尾崎豊押し付けるな」なんて批判があったと思う。そいで、とある精神科医のおばさんが「尾崎豊の曲に共感する若者はグッと減っている」みたいな事も言ってた気がする。

じゃあ新成人のお前はどうなのかと思われるかもしれないが、僕は尾崎豊の曲が大好きだ。だけど、『15の夜』や『卒業』で歌われるような不良行為非行共感するわけじゃない。

彼の曲が好きなのは、「自由とは何なのか」とか、「自分はどう生きたいか」とか、そういうアイデンティティにまつわる苦悩を描いているから。自分は何物なんだと苦しみながらも、強く生きていこうとするエネルギーに溢れた彼の曲と歌声が、大学進学やら何やらに悩んでいた僕の心に刺さったのである

尾崎豊の事を「若者教祖」「反逆のカリスマ」なんて表現する人が沢山いるけれど、それは誤解だと思う。『15の夜』や『卒業』で描かれる不良行為は、自由自分らしさにまつわる苦痛にあがいたゆえの行動として表現されているし、『傷つけた人々へ』という優しい曲もある。そして、『僕が僕であるために』のように、ストレート自分らしさ、生き方表現した曲を、彼はたくさん遺している。

彼が曲の中で描いた大人への反抗は、アイデンティティにまつわる傷跡を描くための一面でしかない。そして、尾崎豊とは「若者教祖」ではなく、「迷える若者のひとり」だったのではないかと、なんとなく思う。その時代に生きたわけではないから、実際のところは分からないけれど。

また、「尾崎豊の曲はあの時代じゃないと理解できない」みたいなことを言う人もいるけれど、それも違うと思う。自分らしさに悩む若者はいつの時代にも居るし、とても普遍的なことだから。もちろん時代によって多かったり少なかったりするだろうけど、彼の曲は今も、そしてこれからも、輝きを放っていくと思う。

僕の自分らしさとは何なのだろうか。そして、それは人に受け入れられるものなのだろうか。

きっと、受け入れられなかったり、理解してもらえないことが沢山あると思う。現に、死後30年近くたっているのに尾崎豊と彼の曲は誤解されたままだ。僕も彼の曲のように、自分人格、考えたこと、感じたことが、人に受け入れられなかったり、誤解されていくことになるだろう。

そして、それらを理解してもらえないばかりか、そもそも理解しようとすら思わないような人が、世の中にたくさんいる。物事について、何が間違っていて何が正しいのかを考えようともしない人たちが、間違ったことを真実であるかのように信じ、それを広めていく。でも、僕はそんな世の中を生きていかなくちゃならない。きびしい大人の世の中を。

成人式で、エライ大人が「自分らしく」という言葉を、軽々しく言い放った事を思い出した。

共産主義犠牲者博物館を全国に!

全国47都道府県共産主義犠牲者博物館を設置して、小中高で必ず見学するよう義務化しよう

自由民主主義を守るために、共産主義者の妄言に騙されないように教育しなければ

税金の使い方としては最高じゃないか

家族という帰属組織卒業について

母子家庭で育った。


子供の頃から母親に口うるさく勉強しなさいと言われ

勉強する意味もわから勉強に励んでいた。おかげで中学時代は成績自体はそこそこだった。

たが高校時代思春期の頃に自分の将来についてちゃんと考えることが出来なくて

成績は急落、一浪した。母子家庭一浪、それを許してくれる母親感謝し心を入れ替えて勉強した。

全ては自分のため、そして家族の一員として期待に応えるためだった。翌年、志望校には合格できた。


以前の自分家族の期待には応えるように行動していた。実際自分は、自分自身よりも他人のために行動するときのほうが集中していた。

だがその結果、自己肯定する能力は人より劣ってた。就活も苦労した。拠り所を家族のためだと思って頑張った。やがて内定は得られた。


自分には趣味があった。他人には話しにくい趣味だが自分思春期の言いようのないストレスのはけ口として

何度も心の支えとして機能していた。生憎 お金はそこまでかからないので中高大になってもそれを続けていたし

就職してからは、友人とも会うこともなくなり益々のめり込んでいた。どこかで常人閾値を超えてしまっていたようだ。

数年前にその知見を活かして本を出さないか出版社から打診があった。あの日青天の霹靂のような瞬間を今でも覚えている。

二つ返事で執筆開始。好評だったのかその一冊以外にもその後も何度か仕事があり、現在リーマンと二足の草鞋で活動している。


その当時の話だが、出版したことが嬉しくなって母親に話した。しかし母は別にその趣味理解は示さなかった。それ自体別に良いのだ。

それよりも今度帰ったのなら一緒にゴルフでもしないかと誘ってきた。どうやら一緒にコースを周るのが夢だったそうだ。

執筆があるからと断った。生憎 ゴルフには全く興味がなかった。母親の思い通りに、家族帰属意識を持たない故の行動だった。

母は兄弟姉妹のなかで唯一 このようなわけの分から趣味を持った自分理解できなかったと思う。母の描く理想にはなれなかった。

家族を離れ地方就職一般的社会の荒波に揉まれ自分は、いつしか家族感謝はしても併合する気持ちが無くなっていた。


話は変わるが自分進撃の巨人エレンに非常に共感している。自分自由のためになら何だってする精神は日々の生活で活かしている。

例えば自分会社で、献立が決まった弁当を頼むことがない。必ずコンビニで買う。理由自分で食べるものは、自分で選びたいからだ。

献立の決まった弁当は、考えることを止めた人間選択だと本気で思っている。もしその日死んだら絶対にその事で自分は後悔すると思う。

たとえ自分が選んだ事で不幸が生じても、その選択を選んだ事自体に後悔はしない。同僚にこの話をして理解してもらった事はないが気にもしない。


冒険の反対が「母」というのは正しいと思う。家族という帰属組織の中で生きていた自分にとっては15年くらい

住んでた6畳半のアパートは正に牢獄のようなものだったと振り返れる。敢えて嫌味のようにその事を告げるつもりはない。だが未だに牢獄の中で

生活せざるを得ない母には同情している。せめて役割めいた母ではなく、本名で向き合えたらもっと話せるのになと思う。難しいんだけどね。

anond:20210122161535

あなたが何を思い出すのかは自由ですが

どのような場所でも私が鼻水を机に擦り付けていたような事実はありません

歩きタバコをほったらかしてる現状を国や自治体製造会社に対して「ニコチンのない空気を吸う自由毀損する人権蔑視行為」として裁判起こしたらどれくらい勝ち目あるかな

政治家Twitterブロックするのは、知る権利の阻害なん?

あれってログアウトすれば誰でも見れるのに。もし本当に知る権利の阻害だったとしても、はてブコメントでいきらず、裁判で訴えて判例を作ればいいだろうに。

一応、トランプ前大統領ブロックして問題なったけれど、あれは議論自由だし、そもそもアメリカ憲法由来での判断からね。

anond:20210120133357

うん。霊感だけど、欧米フェミだったら「女性電車で股を開いて座権利がある!」って言うと思う。「女性も街中でトップレスでいる権利がある!」って実際に主張しているように。

なんで日本フェミって「女性男性と同じ自由を与えよ!」ってリベラルな方向ではなく、「男性女性と同じ制限を味わえ!」って全体主義的な方向に行っちゃうんだろう?

それやっても女性押し付けられる制限は現状から減らないし、男性も「平等」に制限押し付けられることにより、その制限自体正当性ますます強くなるはず。要するに自分を苦しめている構造の強化に加担してる。

男性が苦しんだだけ女性の苦しみが減るとゼロサム思考してるのか、報復感情を満たそうとしてるのか……

anond:20210122124249

社会人になればわかることなのかもしれないけど、挑戦も信用も社会とか企業がいってるそれとは全然ちがうよ

まず第一に「なにかを企画し成し遂げよ」なんてことは予算や試算表を作れて初めて任されることでド素人給料払って自己啓発してあげるところはない

それができる第一線の人間人足として付かせて使って様式を覚えて再現できるようになってその時々で必要企画提案できるようになって仕事がまかされてはじめて挑戦ができる

もちろん、挑戦しないとボーナス査定基準がないか部署内では努力目標をつくって成果を上司評価する 素人なりに社内で直接的に売り上げには関わってなくても評価としてボーナスが出るようにね

文中でよく言われている「可能性と期待」の意味での信用なんてない人間自由チャレンジしろって学生じゃないんだから給料もらってそんな世界ないよ

信用だけどそういう人間だって評価がなされているか使用者側がその情報をまるのみするかって、情報の出どころや保証機関がいいかげんだったらその情報も信じられないでしょ

信用を得た人、という人となりが崇高なのとかそんな独立して価値存在するわけないの 自動車免許だってアメリカでとってきたなら日本でのれないでしょ

パトカーの隣に小一時間すわって基本的動作だけ覚えたらもらえる免許だったら、日本で通じるかい

わー免許だーすごいアメリカ産だからさらにすごいよねだから日本でのってもいいよ、とはならんだろ

若者から言葉巧みにやる気で目を輝かせて財布から金を出させて領収書も切らず商品も「価値ある時間」とかで済ませたもの会社は何の名目で計上すんのその売り上げ

価値ある時間クリエイターとか主な事業内容として定款にあるんかね

脱法してるやつはそれなりに理由があるし法人なりしてないやつもそれなりに理由がある 圧倒的に社会的責任が足りてない

そんな泥沼で積んだキャリアが何の役に立つのかって そう聞かれると期待は増してしまうよな ライバル企業つぶすために非合法集客するとか噂ながすとか 相手企業に入り込むとか

しかにそういう需要はでてきそうだ なんか君がいってた事が説得力でてきたな

俺も実際そういうアクションものは好きなので期待できると思えてきたわ

接続するね するわたぶん

anond:20210122115922

10倍広がった根拠を提出の上議論

10倍広がるから危険だ!という主張で移動を妨げたという事実はすでにある。なお主張することは自由

anond:20210122103749

そういう意図であればインスタント(即時・即席)あたりが適当じゃないの。

オンデマンドって単語を使うなら、それまで需要に応じず一方的に与えられるとか垂れ流されるような、自由に利用できない状況があった上で、その一方向性に対する問題意識が共有されてないとそういう表現は出てこないと思うが。

もしくはオンプレミス疲労スキャンをするような技術を内製し所持する組織存在していることを前提として、その反対としてその同等技術クラウド化され万民が使えるようになった状態という意味でならオンデマンドという言葉が出てくることも想像できるが、脳の疲労度なんて漠然としたもの一方的にあるいは閉じた組織内であっても計測・数値化する技術確立済みの社会状況は存在してないんだから、突如オンデマンドという表現が湧いてくるのは違和感がある。

議事録作成言論の自由違反している

自由議論を活発に行えるようにするためにあえて議事録を作らないのが憲法で定められている言論の自由真意

議事録作れ作れうるさいのは違憲行為

甘えなのはわかってるけど

最近やる気が無い

ベットから出る気力が無い

食事もめんどくさい

箸を持ち、咀嚼するのがめんどう

腹が減っても何か食べたいとあまり思わない

風呂もめんどう

不潔の不快感が勝つので2日に1回か家出る前の日は入る

今はマシになったけど

スマホを触るのもめんどうだった

重いし

眠るのもめんどうだった

目をつぶるのがめんどくさかった

この時だけは朝起きずに死んでても別にいかなと思ってしまった

何かで見たけど

やる気を出すためにまずは少しでいいから何かしてみる

みたいな

でもその少しをするために

ベットから体を起こさないといけない

これがめんどう

別に病気だとか周りの環境が悪いだとかは無い

しろこんなので病気だなんだと言っていたら当事者の方々に申し訳ない

私はとても恵まれているので

悩みもあまり無い

そもそも悩みにくい性格なので

今の悩みは

そもそも食事なり睡眠なり何かしないと生きていけない

その何かをするのがめんどうなこと

課題の提出期限が過ぎていたことに最近気づき

単位を落とす可能性があり

それゆえ卒業できないかもしれないこと

就活してないこと

私はてっきり流れるように就活するもんだと思っていたので

周りが気がついたら内定もらっててびっくりした

細胞本能として就活が刻まれてるんじゃないかと思ってしまった

そんなことはないのだけれど

就活のやり方分からないんですよね〜

先生に言ったら

召使いが全部食事の用意をしてもらえるようなもんだとでも思っていたのか

的なことを言われた

その例えに返すなら

色々な料理の作り方が載った本を渡され

ここから好きなものを選び

それに向けて材料や道具を集め

自分で作るんだと思ってた

まさか作り方の本まで自分で探すところからだったとは

私は創作系の勉強をする大学に在籍しているが

さっきの先生

あなたは作るのが好きでは無いんだと思う

と言われてしまった

その瞬間だけ創作のやる気が無くなった

今思い返すと図星でもあると思う

私は勉強ができないし運動もできない

そして顔も悪い

ついでに偏食も酷い

実は線の上をなぞるのがものすごく苦痛

特技らしい特技も無い

たぶん射撃が得意な分だけのび太の方がマシ

そんな私を見て母はこの大学を進めてくれた

創作はそれなりに好きだし実際大学生活は楽しい

でもこれが将来なりたい職に向いてないことを突きつけられることになろうとは

今はヒモになりたい

今腹が減っている

部屋を移動すれば菓子パンジュースがある

これを取りに行くのがめんどう

これが日中繰り返される

なにかリアルが動いたらまたここに書きにくるかもしれない

こんな甘ったれ人生なので悪いことは言われたくない

でもこれをネットに上げることで言われるんだろなぁ

自分の方が酷い環境だとか

悩みが軽いとか

わかってるってばそんなこと

甘え過ぎて自立する気もなくて

無理やり自立せざるをえない時が来てしまって

立てなくなっている

そもそも大人になりたくなかったんだよ

中学生くらいか

大人自由子供不自由

大人責任子供責任転嫁

それぞれ天秤にかけて

私は子供の方がよかった・・・

ざっと今思ってることを書いて

バッと読み返したけど

とりあえず私に文才が無いことはわかった

支離滅裂だな

2021-01-21

もう中学生』が最近めっちゃ覚醒してる話

最近有吉の壁っていうバラエティ番組もう中学生しょっちゅう呼ばれてて、

この番組特殊大喜利やらロケ地にある店舗とか建造物を使った即席コント的なのを披露したりっていう

ゴリゴリの実力派の芸人バラエティなんだけど、そこでマジでめちゃくちゃ結果残してる。

大喜利とかマジで大勢出演者の中でNo.1打率出してるレベル

それもただ上手い、とかじゃなくてちゃんとあのもう中学生キャラクターとか世界観めっちゃ番組にハマってんだよね。

ちょっと前に有吉ラジオにもう中が呼ばれてて「司会もできるし大喜利もできるしもう中学生実はマジで凄かった!」みたいに

有吉が過剰に持ち上げ続ける回やってて「あーめっちゃいじってんなぁ」って思ってたけど、あれマジの話だったのかって今更ながら知った。

もう中学生実力主義自由空間に放り投げたらこんなに面白くなるのかって、

わかんねえもんだなぁ。

anond:20210121114601

それぞれに自由時間はどれぐらいあるん?

奥さん、やってること自体は少なくても家事効率がクソほど悪くて自由時間が全くないって感じてるんじゃない?

anond:20210121192858

こうやって、教えてもらった後に「俺は最初から知ってたよ(キリッ」だろ

大人になってもこういう素直に感心できない人がいる

別に個人自由だけどさあ

うんコレがイメージと違う

うんこは戦いの道具じゃねえ!

俺のうんこ兵器にするんじゃねえ!

もっと自由楽しいものだろ?うんこ!!!

医者様がおすすめするマスク

調剤薬局併設のドラッグストアで売っているわけだが

医者よりも僕はコロナに詳しいとおもうなら、ドラッグストア以外で買えばいい。自由だ。

報道の自由じゃなくて忖度自由改名しなよ

ジャニーズ顔写真は載せなくて、本人以外から入手した写真は載せるんでしょ

anond:20210121154223

数年前までそう思ってた大人です。結局、大人くそつまんない。

夢は幻想だった。叶える努力が足りなかっただけなんだけどね。

平均寿命を考えればお金貯金しなきゃいけない。学生の頃のほうが自由だったよ。

ただ、適度に労働して適度な贅沢はできる。なんのために生きてるのか分からないけど、今日ご飯が美味しい!とか、週末は旅行だ!とか、鬼滅大人買いしちゃお!とか。そういう小さな幸せはたくさんある。

休前日に朝まで映画をみたりしても、誰から咎められない。

大人くそつまんないけど、それなりの楽しみを自分で見つけて感じて生きてくらしいよ。

生きるとか死ぬとか考えなくていいんだよ。といっても考えちゃうから今もちょっと死にたい。でもまあ、死ななくてもいいかなくらいの生活を送ってる。

適度にがんばれ、若者

大人になる前に死にたいって思わない?

私は近々、新生活スタートさせる身である

コロナ煽り煽りを受けた就活強制終了させ、4月から社会人になるのだ。

期待?不安世間はこの二択で話を進めてこようとするが、私はどちらでもない。

感情支配するのは「死にたい」ということばかりなのである

一つ言っておくと、別に病気ではない。

まあ、希死念慮がある時点でおかしいのかもしれないが、病院での診断は受けていない。

それにこの「死にたい」は、「消えたい」とか「存在を抹消したい」「逃げたい」に近い。

戻そう。

ここで話したいのは「死にたいんだけど助けて」じゃない。どうせ死ぬ気はないし誰かに助けを求めたいわけじゃない。

そうじゃないんだけど、ここ最近病んでる途中にふと思ったことがあったから、それについて書く。

大人って、くそつまんないな」

と思った。

まず、子供ときの夢とかやりたいこととか、そういうキラキラしたのを思い出してほしい。

これを読んでいる人の中でそのままそっくり実現できた人はどのくらいいるだろうか。

きっと数パーセントだと思う。

いつから私たちはそういう『夢』をなくしてしまったんだろう。

私は大人になったら今よりもっと自由に何でもできると思っていた。

実際、中学の時に書いた未来自分への手紙を読んだけど、まあひどい。

「○○してるよね?」「○○は続けていてね」

ごめん、私。全部できてない。

理想はずっとあったけど、成長するにつれて、その理想幻想しかないということにだんだん気が付いていく。

諦めたほうが早い、ということが分かってしまうのだ。

親や先生から否定されたり、自分でも無理だと投げ捨てたり、そうやっていつの間にか夢はなくなっていった。

大人全然自由じゃなかった。むしろ変な社会のしがらみにとらわれて窮屈だ。

子供のころのほうがよっぽど自由だった。

例えば、だけど、子供のころの夢が「漫画家になる」ことだとする。

ここでそのまま漫画家になれる人は本当に努力ができて才能もある類まれなる人種なので省く。

普通人間で考えて欲しい。

漫画家になりたい!→頑張って絵を描く→中学校では賞も取ったし、みんなに褒められる

高校に行く→絵が上手い人がわんさかい自分井の中の蛙だと知る→諦める(ここで諦めない人が『特別な人』とする)

仕事にするのは諦めたけど趣味として絵を描く→専門学校に行く→もっと上手い人がいる→描かなくなる

→でも絵の関連の仕事につきたい→就活する→全然上手くいかなかった→一応絵は描ける仕事だけど自分理想じゃない

我慢して働く・・・

と、まあ大体こんな感じの人生になった人は多いんじゃないかなと私は思う。

ストレートにやりたいことができる人がそりゃ勝ちだろうよ。

でも全員が全員その通りに行くわけない。実際に周りに小さい時の夢を仕事にできている人が何人いると思う?

就活の時の説明会で見た、「お客様生活を支えられる仕事をできて幸せ」みたいなやつ、

あなた小学校ときからそれを理想としてた?違うよね?って思ってしまう。

妥協妥協を重ねた、理想の外側に近い理想現実にしただけじゃん。

それってつまんないなあ。

と、私は思った。大人ってくそつまんないなって。

自分の出来る範囲が分かってしまたからこそ、「ここから先は無理」って線を引いて諦めることしかできなくなってしまった。

かに仕事をしてみて「お客様生活を支えられる仕事が出来て幸せ」にたどり着いたのかもしれない。

でもそれは後からじゃん。後から生きがいを見つけたんじゃん。それでいいの?漫画家になりたいんじゃなかったの?

・・・って、そういう意地の張った幼心を持っているか就活も失敗するし漫画家にもなれないのかもしれない。

え、この話、結局私が悪いってこと?

違う、言いたいのは、「夢をあきらめた時点で将来に価値はないかもしれない」ということだ。

もう就活の時点で挫折しまくってるけど、これから社会人になって働いて、

挫折挫折挫折毎日で、やめたくても仕事しないといけないか仕事して、

それでもなんとか結婚して、子供を産んで、お母さんになって、

「ああ、これが私の幸せなんだ」

って思い込んでそのままおばあちゃんになっていざ死ぬぞってなったとき

「あれ?これでよかったのかな」

って思いたくないんだよ。

でも決まってしまった事実は変えられないし、変えようにもいろんな困難が立ちはだかるのは分かってる。

から子供のままでいたい。

大人になる前に死んじゃいたいって思った。

どう幸せと思うかなんて人それぞれだ。

でも、持っていた夢を手放して付加価値としてついてきた幸せを、果たして幸せと呼べるんだろうか。

こんな感じで夜な夜なグズグズと考えていたら将来に希望を持てなくなって死にたくなった。

「まだまだ人生は長いんだから」「これで終わりじゃないから」

って、私より先に大人になった人たちは言った。

その長い人生普遍的ものにしたくない気持ちがあるから、私は抗っている。

私は今までのターニングポイントで全部「NO」を選択してしまった人間からこそ、

これから前向きに頑張ろうとしている人には、やりたいことに忠実になって欲しいと言いたい。

こうやって後戻りできなくなった瞬間、後悔しまくるので。

ああ、これから先どうしようかなあ。

嫌なことだらけになりそうって思っただけでも社会人になりたくないなあ。

弱いなあ、自分

炭治郎はめちゃくちゃ大人だったんだなあ、えらいなあ。私も鬼殺隊に入れるくらいの精神力を持ち合わせてたらなあ。

強くなれる理由を知れる人ってどうやって生きてたらそうなるんだろう。

まれつきポジティブな人なんかいるのかな。

もうわからんから死ぬために生きようと思う。

きっと後悔しかなさそうだけど、大人になれたらこ日記に書いたことも全部肯定できんのかなあ。

その大人はいつになったらなれるんだろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん