「太陽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 太陽とは

2019-03-23

『竿と玉持ったまま女に転生するチート使って無敵の最強弱者になって無双した件』

騎士さん「ば、バカな……こいつは男なのに……なぜ私たち女性しか使えない『聖剣カコウバーイ』を使えるのだ……」

MtF「俺は男でありながら女の魂を持ち女性特剣を手に入れた者、人呼んで≪海よりも深く天よりも高き境界を往来せし者(トランスジェンダー)≫……まあ、面倒だから竿と玉は残してて戸籍は男のままなんだけどね」

騎士さん「ふざけるな! 貴様男性器がある限り、いや、たとえ男性器を切除して国家貴様を女と認めたとしても(※1)、XY染色体を持って生まれた者は死ぬまで男なのだ! 貴様は『女装した男』、『女になりたい男』でしかないのに、この女性の聖域オチダインを汚さんとするただの野蛮な一匹のジャッポスだ、我が聖剣で処断してくれる!」

MtF「(息を吸う音)すぅ……『アタシがフォローしてる尊敬していたフェミ垢の@femaleknight19040308さんがトランスへの酷い暴言ツイートしてた!(※2) 同じマイノリティで仲間だって信じてたのに裏切られた! 傷ついた! 人口過半数を占めるシスヘテロ女性から圧倒的少数派であるトランス女性のアタシが差別された! 理屈がどうであれ少数派で弱者のアタシの方が被害者で正しい!』」

騎士さん「なにっ!? 私の女性特剣が全く通用しない!! ……これは、まさか『オキモチの聖盾』!?

MtF「何を驚いている? 聖盾が女性専用装備だとでも思っていたのか? それとも、この世に女性よりも弱い弱者がいるはずがないという想像力の欠如かな?」

騎士さん「なにが弱者だ! 貴様は男でマジョリティ強者! 男の分際で身の程知らずにも弱者を名乗った大魔法使いKKOと同じように徹底的に論破して自決に追い込んでやる!」

MtF「ふっ、KKOか……奴はいい年して女の一人も口説き落としたことの無い未熟者にすぎん。我ら弱者男性の中では最弱……いや、最強? ネットで女に煽られたぐらいで自裁した弱者男性の面汚しよ……まあいい、お前が男の俺とは『対話』できないというのであれば、『彼女』を呼ぶとしよう。出でよ、守護獣(♀)アライ!」

守護獣(♀)アライ「あんた、今までフェミニズムの何を勉強してきたんだい? 女性差別批判して女性権利擁護してきた口でトランス差別してトランス権利主張を馬鹿にするのかい? 生まれた時の性別で人のいるべき場所を決め付けるなんて、今のあんたたちツイフェミ日本会議保守オッサンどもそっくりだよ! 恥を知りな!」

騎士さん「グワーッ!! 同じ女性にまで批判されたー!! よりにもよって最も憎んでいる存在である日本オッサン同類扱いされたー!! ……ぅぐぐぐ、私は負けん! 男を擁護するこいつは名誉男性に違いない。おペニスよしよしプリンセススプリング=ウィンドちゃんと同じくたとえ未成年であっても最大の侮蔑を受けるべき人間のクズだ……断じて女性ではない。私は女性のために最後まで戦う。たとえ私が定義する『女性』が世界で私一人だけになったとしてもだ」

MtF「ほぅ、まだ立ち上がるか。ならば、更なる絶望を味わうといい。≪偽装太陽の車回す小鬼の群(ジャパニーズサラリーマンコスプレ)≫! ……さあ、今の俺の姿はお前の目にはどう見える?」

騎士さん「男だ……完全に男の社会人だ。女体持ちの私と違い、満員電車痴漢心配する必要など無い(そんなスーツの似合う体格の良い男が痴漢に遭って思わぬ快感に戸惑うシチュは相当に美味しい)、性被害を恐れてMtFによる女性更衣室やトイレ使用に反対している多くの女性気持ちなど理解できないし、理解する必要もない安穏とした人生を過ごせる男そのものだ……」

MtF「その通り、この格好をしている時、社会は俺を完全に男として扱う。この意味はわかるな?」

騎士「う、嘘だ……聖堂学院を優等で卒業し『聖騎士二級』の資格を持つ私がずっと大学非正規事務員警備員ダブルワークを強いられているというのに、こいつは男だというだけの理由大企業正規雇用され、同期の女子社員と比べて結婚出産退職するおそれの無い長く働いてくれる戦力として期待されて裁量責任やりがいのある仕事を与えられて、やがて結婚子供を持つ時もキャリアとの両立に悩むことなど無く、むしろ専業主婦の妻に支えられてますます仕事に打ち込む男盛りを迎え、無知新人女子社員立場の弱いテンプや取引先の女性を有り余る性欲のはけ口にしつつも家庭は壊さないようにせこく立ち回って……そうやって、私が憎みそして羨んできた父や兄や同期の男子や元恋人の男どもと同じように女性を踏みつけながら楽しく生きていけるだなんて、そいつ女装しただけで私たち女性と同じように弱者としても扱われるだなんて……」

MtF「そう、これこそがMtFチートの神髄……『女性特剣』と『男性特剣』の『二刀流』だ」

騎士さん「か、勝てない……こんな相手に勝てるはずがない……私が女性のために戦い女性権利の拡大に成功すればするほど何もしていないMtF女性としてその恩恵享受し、しかも男としての経済的・肉体的強者としての特権も手放さず、性的少数者として批判もされない無敵の存在であり続けるならば、これでは私たちフェミMtF奉仕する存在ではないか、この構造女性が家父長に奉仕する伝統家族制度と何が違うというのだ……私たち女体持ちはどうあっても男体持ちへの奉仕種族立場から逃れられないか……唯一選べるのはどの男に奉仕するかだけなのか……ならば、私は……」

MtF「ところで、俺の性自認女性だが、性的指向、要するに性欲の対象女性だったりする。肉体的には男だが、心はレズビアンってところだな」

騎士さん「素敵! 抱いて!」

こうして二人は主観的にはレズビアンカップルとして、客観的には社会から求められるジェンダーロールに則った理想的夫婦として、いつまでも幸せ暮らしましたとさ。

めでたしめでたし

(※1)

性別変更「手術が必要なのはおかしい」…最高裁特別抗告臼井さん「アイデンティティは心で決まる」 - 弁護士ドットコム

https://www.bengo4.com/c_23/n_7910/

(※2)

トランスジェンダーフェミニズム ツイッター惨状に対して研究者ができること - wezzy|ウェジー

https://wezz-y.com/archives/62688

2019-03-22

乙女人日昇之譚

暁の薄光、絡みつく葦の藪、もう動かない重い体、迫り来る野猿の牙

もう助からない――覚悟を決めた私を救ったのは、遠方から刺す一本の矢だった。

髪を凛々しく結い陽の光を背に弓を持った彼女

美しい、太陽化身のものだった。

 

※ ※ ※

 

大丈夫?このあたりは野猿が多いから気をつけてね」

彼女は私に歩み寄りながら話しかけてきた。綺麗な長い手が差し出される。

 

「あたし、アマティアラツ。ティアラでいいわ。あなたは?」

「私は…ミア。名前のない、単なるミア(女の子の意)よ」

「ミアじゃ誰かわからないじゃない。何か名前つけてよ」

ティアラはそう言って本当に可笑しそうに笑った。

 

「じゃあタワヤミア(か弱い女の子の意)。みんなからそう言われてるし」

「ふぅん、じゃあこれからヤミアね。そう呼んでいい?よろしくね」

 

そう言ってティアラは私の手をとった。

帰り道の空はもう明るく、風も柔らかい

あんなに恐ろしかった葦の大草原も、ティアラと手をつないていれば何も怖くなかった。

 

※ ※ ※

 

ティアラは私の持っていないものを全部持っていた。

スラリと伸びた手足に長身笑顔は明るく太陽のよう、

男性顔負けに馬を駆り、弓を引けば国一番の腕前、おまけに血筋首長の娘だ。

それでいて決してお高く止まったりはしない。

国に来たばかりの私にも気さくに接してくれた。

 

「かっこいいよね…」ティアラの話になると、

ワカピルミアは顔を上気させ、止まらず語り続けるものだった。

機織りのときさえ時折手を止め話をしはじめ、よく怒られる。

「身近にあんな人いたら結婚する気なくなるわ…ハードルあがるもの

そういえばそろそろ婚礼祭りの時期だった。

 

婚礼祭りは毎年、春分の日が過ぎた最初新月の晩に行われる。

暗闇の中、年頃の男性たちが夜通し歌い踊り続け、

朝の明けるのを待って最も技巧みとされた男性から順に気に入った女性に声をかける。

今年の祭りではそろそろティアラ祭りの輪に座る年頃だろう。

彼女はどんな男性夫婦になるのだろう。想像もつかない。

 

※ ※ ※

 

機織り小屋から帰るとき物見櫓でくつろぐティアラを見た。

今日はいもの凛々しい結い髪ではなく、髪をおろし化粧を施した

大人の女性の姿だった。赤々とした夕日に映える、美しい姿だった。

話をしたくなった私は、櫓に這い登った。

 

「そろそろ大人の格好もしなきゃって婆ちゃんがね、婚礼祭りもあるし」

ティアラは照れながら言った「変でしょ?」

「ううん、おしゃれしたティアラもすごく綺麗!」私は本心からそう言った。

ティアラお祭りに出るんだ…どんな男性が来るんだろうね。ドキドキするな。」

「ふふ、ああいうのって大体相手は決まってるのよ。特にあたしみたいに堅苦しい血筋だとさ。今年は海の民が踊りにくるじゃない?あそこの男と結婚するよ。」

 

その話を聞いて私は正直驚いた。海の民といえば荒くれ者で有名で、

人を招けば国を奪いに来ると警戒されていた。彼らと祭りをするとは。

「ほら、こないだ向こうの国から来たお嫁さんが3人、みんな女の子を産んだじゃない?あれが和解の印になったのよ。優しい女の子が生まれたから、侵略意図はないんだって。」

「ええ、何かおかしくない?それ、あらかじめ『女の子が生まれたら海の民に侵略意図はない』って言ってからまれたのならわかるけど、順番逆ならなんとでも言えるじゃない…」

「ヤミアのゆーとーりだね。あたしもそう思うよ。」ティアラは寂しそうに言った「でもしょーがないじゃん。首長の娘が我儘言うとみんなが困るんだし。」

 

ティアラはふと欄干に足をかけ、夕暮れに矢を放った。いつもの凛とした所作だった。

「もう弓遊びも終わり。あたしも大人にならなくちゃね。」

ティアラは弓をしまった。

「ヤミアもお祭りに来てね。目一杯おしゃれしてるから。」

そう言って櫓の梯子を降りていった。あたりには薄墨色の夕暮れ空だけが残っていた。

矢の行き先はわからない。

 

※ ※ ※

 

ほどなくして海の民の男性たちが国にやってきた。7日7晩逗留し、

婚礼祭りに参加するという。国は急に騒がしくなった。

 

「海の民、ガサツで嫌い…」ワカピルミアは口を尖らせた。「畑荒らしたり、そこらじゅうでお酒飲んだり…こないだ神殿で酔っ払って吐いたんだって。」

「まあ、風習の違いとかあるんじゃないの?」私は答えた。「畑とか手伝いたかったけど間違っちゃったとか。」

絶対そんなの違うって。昨夜なんかほとんど裸で踊って」

「おしゃべりをやめなさい!」

またワカピルミアが怒られた。私にとばっちりが来ないように目を伏せて機織りに勤しむ。

事件はそんなときに起きた。

 

「綺麗どころがいっぱいじゃねえか!家に閉じこもって何してんだい?」

天井から大声が響いたかと思うと上から人馬が舞い降りてきた。否、人馬ではない。総面の馬皮の衣装を纏った海の民の男性だった。

機織り小屋は騒然となった。ワカピルミアは恐怖のあまり足腰も立たなくなっている。

私もどうしたらいいかからず、あちこち右往左往するばかりだった。

 

無礼者!」凛とした声を張って助けに来てくれたのは、やっぱりティアラだった。

一瞬で男性に飛びかかったかと思うと、手に持った機織りの梭を

喉元に突きつけ組み伏せた。

「厳粛な仕事場荒らしおって!ただで済むと思うな!」

ティアラが凄んだ。その時、後ろから声が聞こえた。ティアラ祖母、大婆様だった。

 

アマティアラツ、やめなさい。」

「大婆様…でも、こやつは機織り場で狼藉を…」

「だからといってあなた乱暴をするのですか?嫁入り前の娘でしょう?」

ティアラはしぶしぶ立ち上がり、男性を開放した。男性は立ち上がるとティアラをしげしげと見つめた。

「元気のいい女は嫌いじゃないぜ?お前が首長の娘か?気に入ったよ。」

男性が馬の衣装を脱いだ。髭面の中に鋭い眼光が光る。

「俺は海の民の首長の子、ツツァ。祭りでは俺の踊りを見てくれ。」

ツツァと名乗った男性は、小屋の出口に向かいながら言い放った。

「惚れ直すぜ。」

 

※ ※ ※

 

婚礼祭りの前日、酒を出し鶏と豚を屠り、国中が大忙しだった。

夜もふけると男性たちの踊りが始まる。海の民たちはもろ肌を脱ぎ帯をほとんど腰下まで押し垂れ、情熱的に踊る。ほとんどの観客は、普段の海の民の狼藉を忘れ夢中になって見ていた。

特にツツァの踊りは自負するだけあって力強く美しく、ティアラも本当に惚れ直すのではないかと思った。

 

そういえばティアラはどこにいったのだろう。夜更け過ぎから姿が見当たらない。

 

あたりを見回すと、松明を持って広場の外れに行く姿が見えた。

私は直感した。ティアラだ。祭りの真っ最中に何をしに行くのか、追いかけた。

行先は薄暗い洞窟で、ティアラは石扉を閉じて閉じこもってしまった。

 

ティアラ、そんなところで何をしてるの?」私は問いかけた。

「ヤミア?追いかけてきたの?」扉の向こうでティアラが答えた。「今は一人にして…」

「何言ってるのよ、あなたがいないとお祭りが終わらないじゃない。」

「でも」ティアラが聞いたこともない弱い声で答える。「ツツァと一緒に暮らし続ける自分想像できない…」

 

石扉の前で私は立ち尽くした。もう夜が明ける。ティアラがここにいるとみんなに伝えるべきだろうか。

 

※ ※ ※

 

時が過ぎ、一人また一人と異変に気づいた。

そろそろ夜が明ける頃なのに、空が暗いままなのだ

いつまでも明けぬ朝を目の前に、国の人々は誰彼となく噂をはじめた。

海の民の心が悪かったからだ。神聖祭りを汚したのだ。

 

異変にはツツァも気づいていた。悪い噂に負けぬよう、一層情熱的に踊る。

しかし、その横でもうひとり、力強く踊る者がいた。

桶を伏せ足を踏み轟かせ、背をそらし高らかに歌い踊る。あたりは暗く、何者かはわからない。

 

みなはその者の踊りに夢中になった。

不吉な噂を忘れ、誰もが今宵の一番の踊り手を決めた時、日は東の空の中からわずかずつ姿を現した。奇跡が起きた。みなはそう信じた。

日の出日食が重なる時、観察上は空の中から日がさしたように見える

「日は昇った!嫁を貰い受けに行く!」一番の踊り手は高らかに叫ぶと、

広場を立ち去り離れの洞窟に向かった。

ツツァは目を凝らし一番手を見た。まだ薄暗く姿ははっきりと見えないが

小柄な少年のような体躯だ。あんな踊り手に負けたとは。

 

洞窟の中にティアラは座っていた。いつまでもこんなところでいじけてはいけない。

それはティアラ自身がわかっていた。夜が明ける前に広場に戻ろう。そんなことを考えていた矢先、

扉の向こうから再びヤミアの声が聞こえた。

 

ティアラ、出てきて。みんなが待ってる。ツツァより美しく、情熱的な踊り手があなたを迎えにきたよ。」

そんな者がいただろうか。ティアラ半信半疑で石扉を開けた。

外は薄明るく、ようやく人の姿がわかるようだった。

開けて見えたのは、海の民の男たちのように胸をはだけ、帯を腰下まで垂れたヤミアだった。

「私が踊ったの。みんな私が一番だって認めたわ。」

 

番手を追いか洞窟の前にたどりついた観客達は騒然となった。

あの激しく、美しく、情熱的な踊りを踊っていたのは、海の民ではなく、

まして男性ですらなく、か弱いタワヤミアだったのだ。

 

「ヤミア、あなたが踊ったの?!」ティアラは思わず声をあげ、そしてたまらないという表情で笑いはじめた。

「どうして笑うのよ…」

まさかあなたがこんなことできるなんて…もうあなた、タワヤミアなんて名前似合わないわ。今度からウンツミア(迫力のある女の子の意)とでも名乗ったら?」

「それもいいわね」私は今までで一番力強い笑顔で笑った。そして、ティアラの手をとり洞窟入り口を出た。

 

「ねえ、ウンツミア。朝ってこんなに明るいのね。それにあんなに恐ろしかった洞窟への道も、あなたと手をつないていれば何も怖くないわ。」

ティアラは私にそう言った。私も同じ気分だった。

 

anond:20190319235433

 

多大なるインスピレーションを与えてくれた id:guinshalyブコメ感謝

2019-03-20

紅茶増田頂きたくなる無く炊き鯛だ出す間をゃ地鵜子(回文

喫茶ワールドティーハウスへようこそ!

ってコールドストーンみたいに

紅茶入れるときに歌を歌ってくれそうじゃない!

今日誕生日なんです!って言うと、

さらに張り切って歌を歌ってくれるコールドストーンなんだけど、

歌ってる人全然アイス作ってないし、

作り終わったあとこの人今日誕生日ってウソですよ!って二人で行ったとき片方がバラすんじゃないわよ!って。

また話が大脱線

うそワールドティーハウスの話よ。

普通にワールドティーハウスって紅茶メーカーでありそうよね

ってworldteahouse.comってあるんかい!って総ツッコミしそうな、

紅茶の美味しい喫茶店だこと。

一度そういう所に行って美味しくお紅茶でも頂きたいわね。

あんまり今まで紅茶って言われてもアウトオブ眼中だったんだけど、

紅茶コーヒーと言えば、

三択の女王竹下景子さんも黙っておかない脅威の三択正解率と同等かそれに勝るぐらいコーヒーを選ぶことが圧倒的だったんだけど

ワールドティーハウスって聞いた途端に何か本当に紅茶が飲みたくなっちゃうじゃない?

不思議ね!

そんなワールドティーハウスの高級アールグレイのお紅茶を早速輸入雑貨屋さんで買ってきたのよ。

馬鹿の一つ覚えみたいに

紅茶で一番のトップブランド

料理界の川越シェフも唸るぐらいネコ界で言うモンプチ級ネコまっしぐらな感じの銘柄じゃないアールグレイって

シャネルマンボと言えばNo5みたいな。

紅茶銘柄思い浮かぶだけ思い浮かんできたわ!

ダージリンリプトンセイロンジッタリンジンシンビーノ午後の紅茶

午後の紅茶に関してはもう紅茶って言っちゃってるしね。

あなたが私にくれたものアールビバンラッセン画~ってやかましーわーい!

ぜんぜん紅茶関係ないしー。

まあでもこれら全て元は東インド会社ブランド

あとスパイスのSアンドBの胡椒東インド会社だし知ってた?

そんでもってリプトン前身イギリス東インド会社だったいうから

あながち信憑性のある話じゃないかしら?

で早速紅茶を入れたの、

香り高くコク深くキレがあるのにコクがあると

コクの山が2回くる!きっと来るそうよ!

サカイマッスルもさることながら、

バレータウンのビッグデイからエイトテイルサウスまでノンストップよ!

爽やかな日曜~降り注ぐ太陽

ヘイヘイヘイイッツアビューリィホーデー!

ってそれは田中星児さんっ!

もうちょっと何言ってるかよく分からないわ!

ちなみにエキサイト翻訳田中星児さんを訳すとRATS&STAR回文)になります

エキサイトすんなーつって!

おあとがよろしいようで

うふふ。


今日朝ご飯

キャベツ浅漬けがしんなりいい感じに漬かったので

キャベツ浅漬けとお味噌汁ご飯炊いたので久しぶりに和食チックな朝食です。

味噌汁豆腐シンプルなチョイス!

朝のタンパク質は体温を上げてくれるわ!

デトックスウォーター

ここのところまたミカン買うこと多くなってきたんだけど

いろいろ種類買ったんだけど、

この時期のぎゅうぎゅうに詰まったしっかり甘いのってなかなか巡り逢わないから、

そう言ういいミカンゲッツ出来たら嬉しいわよね。

カリフォルニア産の手で剥けるでお馴染みのミネオラは

手で剥くには剥けるけどちょっとやっぱり固いわね、

実はしっかりジュウーシーで美味しいのよ。

そんなミネオラミカンウォーラです。

ミカン系のとき炭酸水プレーンの方がいいわね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-03-19

もしかして東西南北って視覚情報なしでもわかるの?

俺は左右盲なんだが

親父に左右がよく考えないとわからないと言ったら

「じゃあ東西南北もわからないのか?」

と言われたので

太陽位置から判断するのかなぁとぼんやりと思ったが

太陽なんて雲がかかってたら位置はわからないし

なら歩いてる時に建物構造を見て東西南北判断するのか?

と思ったがど田舎だったら建物がない道もあるかもしれない

そんでふと思ったわけだが

もしかして東西南北って視覚情報なしでもわかるものなのか?

俺がわからないだけで

2019-03-18

太陽浴びて

30歳を過ぎて体調を崩すことが増えたなぁ、と思っていたが転職したら健康になったので、おそらく激務&ストレスが原因だったようだ。

但しストレスにかんしていえば、人間関係のこじれは自分で蒔いた種が元になっている部分もあるので全て職場のせいとするのも違うだろう。

年齢を重ねたことで今の職場では周りとまずまず上手くやれている実感があるので、痛いこととか怖がらないでもっと奥まで行こうよ一緒にBody&Soul

2019-03-15

anond:20180727135256

北風と太陽みたいな視点でいえば、やめろと言うより不謹慎ネタ虚構新聞かと思った、虚構新聞かよとつけていくほうが効果的ではないかしら。

大学生飲み会暴行事件不適切学校指導虚構新聞かよってつけたり、性的事件や陰惨な事件にwを付けて虚構新聞かよwwwとしてみたりするのはどうかな?

2019-03-14

土屋太鳳は男だと思ってたわ

杉村太陽が男で大砲は女なのね

土屋大砲なんて名前から巨根自慢のマッチョかと思ってたわ

2019-03-13

anond:20190312164701

地球重力井戸の外に通せば、そこを起点に太陽系全域を征服することができる。

一次冷却水を噴射する原子力ロケットを使える程度に地球から離れたところ。

軌道? 月面の方がいいのかな? どうせなら思い切り遠いところの方がいいか?

安全に巨大な装置や大量の物資を送れるのだから反動物質(推進剤)や核燃料も送れる。原子力ロケット地球で作って持って行ける。

福島の核ゴミやその他危険ゴミ全部を太陽などに投棄する事業もできるな。

2019-03-10

anond:20190310133549

女性身体を「子供を産めると尊いもの」だと見なして崇める立場って、

典型的保守派だよね?

フェミニストなら

「我々は子供生む機械などではない。古来女性太陽だった。

「好きな男性と好きな時にセックスする!相手に妻がいようとも愛があるなら許される!」

と叫ぶべきなんだよ。歴史的には。

2019-03-06

anond:20190306154643

・窓の外の看板

 ググれば大概マップに出てくる

・窓の外枠

 特徴的な形、色をしていれば特定はより容易に

・窓の高さ

 部屋の大体の高さが景色推定できる

・特徴的な風景

 中洲だったり橋だったり、踏切存在は大きい

・日々のツイート投稿

 路線や最寄駅を絞り込むのは容易

ベランダの様子

 グーグルマップに写っている可能性あり

時間太陽の向き

 窓の方角が分かる

道路標識

 言わずもがな

他にも色々ある

中国大気汚染テレビで見てさぁ、あん空気汚してあいつら馬鹿じゃね?って心のどこかで思ってたわけ。

最近花粉症悪化してきて、なのに「花粉があまり飛ばない杉開発したんで植えまちゅね」って言ってる政府見て、思った。

あれ、おなじじゃね?

工業の発展のために多少の空気汚染は目をつぶる。北京太陽が見えない? 気にすんな。

日本建築では木材いっぱい使うから一時期しか飛ばない花粉には目をつぶる。花粉症マスクしとけ。

よその国のこと言えんわ。

っくし!

2019-03-05

きっとずっともうこのまま死ぬまでこんな人生なんだろうな

その程度なんだよ俺は

実力や気力や体力や勤勉さがあるようなそんな素晴らしいひとびとがきっと俺のやりたかたことをぜんぶ代わりにやってくれるだろう。そのなにもないクズ無能で下から数えたほうが早いような凡庸自分はそんな素晴らしいひとのお邪魔にならないように慎ましやかに生きていくことが必要なんだろう。

いままで、俺にも運が幾度となく回ってきた。そのどれもを俺はつかみそこねてきた。それは俺に実力も気力も体力も勤勉さもなかったからだ。単にあたまがわるいのだ。自分の頭で考えられないし、考えたとしても間違っている。そして考えたことを十分に行動も移せなかった。

かつては、こんなだめな自分だけど、いつかどうにかなる、どうにかできると信じていた。牛歩のような道のりでも進むことはできるのだと、「そうは在れなくともそう在ろうとすることはできる」のだと、前進できるのだと思ってきた。でも俺も今年で29だ。俺は老いた。まだまだいけると言う者もあるだろう。でもこの29年間できなかったことが、どうしてこの先の31年だか51年だかに実践できるだろう。ゲームパラメータとは違う。これから俺はどんどん老いていく。体力は衰え目や歯が悪くなり記憶力も下がり柔軟性も失せやがて無知蒙昧とした視野の狭い汚らわしい田舎の老人のひとりとなるのだろう。今後の31年だか51年だかをかつてのように信じられない。自分可能性を信じられない。そんなものはないと思う。でも生きていかなきゃならない。ひとの邪魔にならないように、せめてもの体力を奮い立たせ、体調やメンタルヘルスに気を使い、睡瞑運菜、でもなんで生きているんだろうなあ。意味もない。

今は寝不足でくたくたで酒を飲んでいるからこんなことを書いている。でも信じられないことに、この鬱屈焦燥感も、少しべそべそしてからぐっすり寝てアルコールが抜けて体調が戻れば喉元過ぎて忘れてしまう。そしてバカバカしいこの日常がまるで幸せかのように勘違いして日々ニコニコ太陽感謝して生きてしまう。こういうんだから俺はだめなんだ。今が人生ピークであとは下り坂なのに、なぜそのことを普段は忘れてしまえるんだろう。

今は頭がとても冴えているんだ。その頭が告げている。自分の頭で考えて出した結論ひとつ。死んだほうがいい。お前は人生ルートを間違えた。これからは思い出したように過去の後悔ばかりして、生きていくんだ。それはつらいことだから、だから死んでしまったほうがいい。死ね

2019-03-04

[]

昨日は朝方に寝て昼まで寝てた

昼おきてフルグラ食べた

薬は昨日でキレてるから飲めない

3DS眺めてる

夜は1日ぶりに風呂に入った

夜ご飯はほんとはたんぱく質かなと思ったけど食欲なかったから諦めてハミガキした

徹夜3DSを眺めてた

んで今もまだ起きてる

昨日は雨もあってか少し寒さが戻った感じだったけど今日太陽でてきてる

2019-03-02

マジメな話、花嫁を五等分するとしてどこが欲しい?

童貞こころじゃよ」

イケメン「心……かな……」

精子脳「まんこ!」

銭ゲバ「財布」

太陽騎士「そなたが己の意志で決めるがよかろう」

インド友達に教わった人生を生きやすくする方法

日本在住のインドの友だちとごはんに行った。

日本自殺率の高さが話題になり、日本人は時間几帳面すぎるのが原因ではないかと言う。

インドでは電車は一時間は遅れるのが普通とのことだ。

然り。

翌日から腕時計タイマーを捨て、太陽と腹時計で行動するガンジスメソッドに切り替えた。

実践をはじめた当初は反発もあった。

だが、時間に追われることなマイペース生活するスタイルは確かに精神の安定に繋がった。

会社でもインド式を取り入れる仲間は増えていった。

スギスしていた人間関係ガンジー精神友愛に満ち、契約不履行から会社倒産し、ついに皆仕事から解放された。

2019-03-01

太陽化学食品添加物製造に使う劇物が約7トン漏れ出す事故

四日市工場メチルエチルケトン漏れ出す

 四日市市にある太陽化学関連会社工場から劇物指定されている「メチルエチルケトン」約7トンが漏れ出し、一部が近くの池に流出する事故がありました。

太陽化学によりますと、27日午後4時ごろ、四日市山田町にある関連会社ティエムティ工場劇物指定されているメチルエチルケトン約7トンが流出

側溝に流れ込み、一部が、工場敷地外にある調整池に流出したということです。

職員異臭に気づいて警察消防に連絡し、現在ポンプ車で回収作業を進めています

近くに住む住人が「異臭により気分が悪い」と訴え、医療機関受診しましたが、大きな健康被害はないということです。

この工場では、食品添加物製造メチルエチルケトン使用していて、何らかの原因で原料貯蔵タンクの開閉バルブが開いたとみて、詳しい状況を調べています

ティエムティ吉野社長は「ご心配をおかけして申し訳ない」と謝罪しています

三重テレビ(2019/02/28 16:40)

http://www.mietv.com/news/prenews.html?article=2

2019-02-28

anond:20190228092557

糞共は太陽の光を浴びるな

まずはお前が地下労働施設行きだな。クソだし

anond:20190228092441

糞共は太陽の光を浴びるな

  

 

こいつは犯罪者から地下で暮らして欲しい

anond:20190228093209

2019-02-26

anond:20190226130624

モテない!」じゃなくてもっとこう「KKOモテる!」にしたほうが良いと思う。短所長所的に言うと聞こえがいいだろ。

否定じゃなくて、その道が行く先を示してやんわりとイケメン青年モテる方向に持っていくほうがいいんじゃね?

北風と太陽作戦よ。

 

KKOだけど、2ページ目、全員好み。

2019-02-25

anond:20190225093350

何も食べずに宇宙エネルギーだけで生きる「ブレサリアン」を貫く夫婦アメリカ

http://karapaia.com/archives/52241517.html

アメリカカリフォルニア州にはブレザリアンの夫婦がいる。9年間ほとんどものを食べずに生きている。

NASAが認めた太陽凝視による不食の獲得法

https://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2013-06-13

NASA資金援助により、ペンシルベニア大学医療チームは、毎日24時間体制で100日間にわたり休みなくこの男性を観察しました。

医師等が観察を続けた100日間にこの男性が口に入れたものは、ほんの少しのバターミルク或いは水だけでした。その結果、彼は太陽光だけで生存していたことをNASA確認しました。


こういう可能性も。

anond:20190224130707

子供大人サイズを買ってあげて不釣り合いさを自覚させオンデマンドで適切量が文句を言えば騒げば手に入るという幻想を打ち砕くべきだな

給食全部食べるまで許さん方式の飽和攻撃貴様所詮子供なのだ大人に泣きつく事で同じ交渉テーブルにつけるなどと思うなと知らせてやるのも教育

北風と太陽よろしく自分で要らんと言わせても大人の体格差を思い知らせる丁寧な暴力必要

2019-02-23

今日寿司を食べに行った話。🍣

昨日、寿司を食べに行くと言ったが、予定通り食べに行ったぜ!

お値段:ランチセットで税込み1080円。

寿司 :https://imgur.com/q0ZeGQp

セット:https://imgur.com/SO4WZDY

まず手始めにサーモンから食べた。

醤油に浸し、口の中に運び──

舌には醤油サーモンが融合した完璧

味わいが広がった。

次にタコ。食感がたまらなくよかった。

なんだか普通にジューシーな肉を食べて

いるような錯覚があった。

そしてかんぴょう巻きを食べたあとに

ちょっと一息。

ここまでの流れで既に脳みそがとろけて

しまいそうなくらい味覚の絶頂があった。

そのタイミングでちょうどランチセットの

あら汁等が来た。

このあら汁がまた逸品で、口の中がとても爽やかになり

もう俺は最高の時間を生きていると思った。

そしてついに、まぐろに手を出した。

ウメエエエエエエエエエ!!!!)

このまぐろ結構分厚いが、簡単に噛みきれてそして

舌には、これこそまぐろだという味が染みわたった。

年度末の仕事で辛くてもう駄目だと思っていたが

この瞬間全て、どうでもよくなった。

まぐろ。これを食べた時に、脳内

V6愛なんだが流れてきた。自然と流れてきた。

これが、愛なのか。

まぐろにより、俺は満たされた。そしてそこからゆっくり

じっくりと。食べていき。

満腹になった。

あああああああああああああああああああああああああ。

もうな!この幸福が1080円とかな!すげえよ!

俺の人生1080円で満たされるのな!

今日ランチは最高だったよ!マジで

最高に美味しかった!

やっぱり寿司は最高だ!🍣

店を出た時、ありがとうございましたーと言われたが

いやこちらこそ感謝したいと思った。

あ、食べ終わったときごちそうさまでしたって言ったからな!

そんで、外に出た時に輝く太陽を見て

ウルフルズバンザイ~好きでよかった~ を歌いだしたくなった。

そんなんで寿司から少し離れたところで

「イェーイ! 寿司を好きで良かった~このままずっとずっと死ぬまでハッピー!」

ってちょっと歌ってしまったら、後ろから自転車に乗った親子がきて、一瞬後ろを

振り向きながら去っていった。

少し恥ずかしくなったが、

まぁ美味しかったし今日は最高だったってことだ🍣

寿司🍣 バンザイ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん