「本能」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 本能とは

2019-01-17

美味しいものは体に悪い

動物が求めるものが美味しいものだけど

足りないことを前提に本能が強く求めているので

求めるもの近代化で得られやすくなってしまうと過剰摂取してしまうのだ

精製技術や改良で美味しいものを生み出してきた技術進歩のおかげで

美味しいものがたくさん食べられるようになった結果

過剰摂取という害が出ている

砂糖も塩も、米も、パンも、果物

むかしよりも、美味しくなって、体に悪くなった

美味しいからついつい食べすぎてしまうのだ。

食べすぎて不健康になって早死にする人が増えれば

自然淘汰の結果、過剰摂取しずらい健康ものを美味しいと感じる人人が生き残って、

飢餓時代にもとめていた美味しさとは違ったものが美味しいものに変わっていくのだろうね。

甘すぎない、糖質取りすぎない、油多すぎない、そういうもの新時代の美味しいになるんだろうね。

2019-01-15

酔っぱらいホテルへ連れて行けなかった

ことの後悔を延々としている。

Yさん送別会でのことだ。

バイト先の、一つ年上のYさんの話。

Yさんは地頭が良く知識技術があるのに、ギャンブルにハマりネズミ講に手を出して借金を抱えている元フリーターだ。

面白く優しい性格や、決して欠勤しないタフさからバイト仲間からの人望も厚かった。

私も彼のことがとても好きで、もっといろんな顔を見たいとちょっかいを出していたし、向こうからも時折構ってくれていた。


会って2ヶ月くらいの時に、ご飯行きましょとダメ元で誘ったことがある。

「いいよ、行こうぜ」という快諾に心躍らせたのも一瞬、彼の背後にはバイト仲間の暇な男性陣がニヤニヤ立っていた。

私の乙女心まんさいピュアピュアラインメッセージは、知られたくない所に晒されていたらしい。

悔しくもあったけど、みんなで行ったカラオケもまぁ、楽しかった。


その一ヶ月後に私はとある男性と恋に落ちて、付き合うことになる。

筋肉で攻められるセックスがすごくて、私は彼に夢中になったけれど、バイト中にYさんに絡むことはやめなかった。

バイト仲間との飲み会の時にカレシができた報告をすると、誰よりも目を丸くさせていたのは隣の席のYさんで、間髪入れずに「どこが良かったの??」と聞いてきた。

「てっきりYさんのこと好きなんだと思ってました」と年下の子に正解を言われて、彼氏最上級に持ち上げた後、Yさん、好きですよと雑に告白した。


そこから季節が一巡しようとしている。

Yさんとシフトの日には気合を入れて化粧をし、深夜に店を閉めた後はYさんの家の方角までちょっと付き添って適当に話をして、踏切の前でさよならして少し遠い家までチャリ飛ばして、大雨の日にはYさんが「今回だけだからな」と車を出して家まで送ってくれて、二人で暇なバイトの休憩時間は一緒に動画をみて、みんなでよく行くボーリングラーメン屋でも食べて遊んで笑って、酔ったYさんからラインがきても動じずに返して、飲み会で私の足を舐めてきても笑顔で許して、ふと「動物園行きません?」って聞いてみたらめちゃめちゃフラれて、

トータルで言えば仲良くやってたと思う。

でも私は常に、もっといろんな顔がみたいと思っていた。


Yさんの送別会があったのだ。

時間ギリギリに入って行った私はYさんからは遠く、でも楽しい席だったのでワイワイ喋っていると、向こうからあいつうざいんだよな」「服の色同じじゃん」と絡んでくるくるくる。

後半戦になり気づけば彼は隣に移動してきていて、顔やスタイルを褒めてきたり、反対に性格をこき下ろしてきたり、女子が送った花束を私に持たせて写真を撮ろうとしてきたりと、随分私のことがお気に入りのような動きをしてくれる。

宴会の場で、彼も調子がよくなっていたし、私もまた調子よくなっていた。


二次会カラオケで彼の酔いは加速し、本能のままに動く妖怪のようになってしまう。

隣に女の子が入れば抱きしめ、頬にチューをし、寝言のようなことを囁き、知ってる曲が流れればマイクを求めて這い始める。

言うことは支離滅裂で、全てを百楽しんでる姿、私はそれが面白くて仕方なかった。

うるさくて聞こえないって顔を寄せれば「チューしちゃうからこっち寄ってくるな!俺チューしちゃうから!」と理性と戦う所とか、急に理性に負けてチューしてくる所とか、普段絶対言わない言葉で顔や仕草を褒めてくる所とか、頭を撫でてると急に手首を噛んでくる所とか、無闇矢鱈に踊り出す所とか、また急に理性に負けて押し倒して首筋を舐めてくる所とか、人がお酒に飲まれた姿を記録するのって最悪だと思うけど、言葉にして思い出しただけでも笑えてくる。


ただ、私がどうしても笑えないのが廊下でのキス

廊下で今更真面目な顔をして「キスしていい」と聞いた妖怪からキスは、とろけてしまうかと思うほど柔らかくて、びっくりした。

柔らかさもそうだし、圧や動きもすごく気持ちよくて、べろはふれてないのに、なんでこんなに動揺してしまうんだろうっておもった。

彼氏のこととか明日就活のこととか全部忘れてセックスしたいって、おもった。

妖怪はなおも続けようとしたけど、後ろからバイト仲間にみられているのを伝えて終わりにした。

とにかく気持ちのいいキスだったので、帰りのエレベーターにYさんと二人乗り込みもう一度させてもらった。

今度は入り込んできた舌が熱を持っていて、とてつもなく気持ちよくて、もう多分会えないであろう寂しさが溢れて、ドアが開く前に「私Yさんのこと好きだったんですよ」と言ってみた。

「でも俺ホテル行く金ないよ」と返されて爆笑した。

笑って、冷たい外気にやっと触れて、ようやく私は冷静になって、もう素直にYさんを家に送り届けて自分も帰ろうと決意した。

Yさんは皆の目を盗んで二人で抜けよう、ホテルに行こうと必死に画策してた。

そして他の仲間の協力もあり、無事に半勃起のYさんを家まで送り届けた。

帰りにラーメンを食べて、方向が同じ人とタクシーに乗って帰宅した。

タクシーの中で携帯を開いたら、Yさんからの不在着信が2件と、私の彼氏disる内容のメッセージが入っていた。おやすみなさいって返しておいた。

翌日になると彼は綺麗さっぱり昨日のことを忘れていて、ただ何かあったことだけは察してきちんと謝ってきました。ちゃんちゃん


ただどうしても私は、あの唇の柔らかさだけは忘れられない。

二人で遊ぶのは全て断られたし、きっと今後私が今の彼氏と別れて誘っても無理なんだろうなぁ、もっかいキスしたい。

anond:20190115022701

そして、このままこの事件関係者意図通り風化して忘れ去られるような事になったら

それは本当に恐ろしいことだから、それに対しての人間本能的な恐怖心、警戒心が記事を漁らせるんだと思う。

実際問題検察が既に不起訴処分にしてしまった以上、そして本人が嫌々でも劇場謝罪(?)して

幕引きをさせられてしまっている以上、外野の我々やマスコミが騒いでも、それは騒ぎにしかならないと思う。

本質的な、悪の解明はもう既に困難になってしまっている。

日本は、芸能界は、メディアは、恐ろしい闇を抱えてる、、、

アイドル業界は怖い。

2019-01-14

anond:20190114140500

社会が男はこういうもの、女はこういうもの、というセクシズム的定義付けをしなければ、

男はこういうほうがかっこいい、女はこういうほうが美しい、というルッキズム評価をしなければ、

そもそも苦しむことはなかったんじゃないですかね?

そういう意味で、LGBTの苦しみは本能的なものではなく、周囲に押し付けられた極めて社会的なものだ。

anond:20190114140500

本能衝動によるレイプその他の加害はないと言えるのか?

暴力なんかは多そうだぞ?

本能衝動肯定するというのはそういうことだ。

anond:20190114132600

あのな、性って体の内側にあるの。それ自体言語や理性で操作できないの(行動は可能)。

でなきゃ、LGBTがこんなに苦しんでないだろ。

それに折り合いつける方法を外から学ぶことはあるけど、外から学んではじめて身につけるタイプ規範じゃないんだよ。

本能的反応(だということ)を認めるとなんでレイプみたいな「行動」まで社会的に認めなきゃならんことになるんだ?

anond:20190114132600

でも性に限らず本能で動きまくってる人が多くない?

無理に抑えるのは無理だよ

どうぶつだもの みつを

anond:20190114060302

本能的反応なんて認めたらレイプだって承認されかねないし、

本能と理性が対立する課題が提起されるごとに、時の人々が理性を選択して来たのが、人類歴史だと思うけど。

anond:20190113224538

こういう「性」を頭で理解しようっていう人が大杉なのがこじれる元なんじゃと思うわ。

性なんて本能的反応の塊なんだから古い男性観を内面化なんて表面的な理屈で切れないよ

2019-01-11

anond:20190111212413

しません。前提条件が

A.少なくとも6ヵ月間にわたり思春期の子どもまたは複数の子ども(通常13歳以下)との性行為に関する強烈な性的に興奮する空想性的衝動、または行動が反復する。

なので。加えて、

嗜癖障害とは?

・正常な楽しいはずの活動が、コントロールしがたい欲求衝動によって繰り返され、その結果、その個人他者に対して有害となっている状態

嗜癖性ありとして特定されている過剰行動には、ギャンブル摂食ポルノパソコンビデオゲームインターネットエクササイズ、買い物がある。

診断基準

1. ある種の行動(多くは非適応的、非建設的な行動)を行わずにはおれない抑えがたい衝動(craving)

2. その行動を開始し終了するまで、他の事柄は目に入らず、自らの衝動コントロールできない(impairment of control)

3. その行動のために、それに代わる(適応的、建設的な)楽しみを無視するようになり、当該行動に関わる時間や、当該行動から回復(行動をやめること)に時間がかかる

4. 明らかに有害な結果が生じているにもかかわらず、その行動を続ける

報酬系回路

 行動嗜癖物質依存において、同じ脳内回路の異常が指摘されており、その主なもの脳内報酬系あるいは辺縁報酬系回路(reward system)と呼ばれるものである報酬系回路とは、食行動や性行動などの本能的行動を快感として感じることで、行動の継続を図る種の保存のための神経系であるが、存のための本能的行動が快感追求だけの目的で行われると、快感追求の継続と反復という嗜癖や依存に強く関わる神経回路として機能する。

anond:20190111200014

より強い種族を残したいという種としての本能ですね。

2019-01-10

anond:20190110123943

夢回は再洗脳したけどそれでも打ち破った、って話の流れでしょ。

被造物=悩みが無いみたいな定義してるの? だったら全く同意できんわ。

生身の人間自由意思だって本能経験に縛られた限定的ものしかないし、俺もお前も本当は水槽の脳プログラム上の存在しかないのかも知れない。

コントロール存在することと自我がある、悩むってのは別の話でしょ。

ケムリクサに男が出てきたのなんで?

である意味がいないじゃん。言動も女を無理矢理男に変えたとしか思えない

ワカバ活躍したら女が発情するシーンとか最高に気持ち悪い

男女にしたせいで本能的な反応に見えて浅ましいことこの上ない

これが女同士だったら尊いシーンなのに男にしたせいで台無し

こいつのせいで終末のハーレム少女終末旅行くらい性質が変わってしま

この作品が失敗するとしたらこキャラのせいだろうな

さっさと痕跡も残さず退場してほしい

お願いしま

消えてくれ

この通り

ほんと

頼む

2019-01-09

男の先輩社員が怖い

職場ではまだ若手とか新入りとかでくくられる程度のひよっこの女です。

職場にいる先輩の男性社員が怖い。

私の受け持っている仕事とその先輩社員(Aとする)の人の仕事は内容が部分部分重なり合ってて

人員だったり予算だったりをまとめて与えられることが多いのでお互いに調整してやってるんだけど

Aさんは一方的自分仕事に有利なように便宜を図れと要求してくる人だ。

どのように調整をすべきかは上から時期に応じて指示が出ていて、

この時期は私の持つ仕事の増売期だから私の持っている仕事のほうが人員予算が多め、とか、

この時期はAさんのほうがやや多め、とかそういった感じなんだけど、このAさんはこの指示を聞いてもないし理解もしてない。

いつでもAさんのほうが人員予算も潤沢に使えると信じて疑わない。

「これだけ人員予算もらうからよろしくね」と確定事項のように言ってくる。

それがちょっとだけAさんに有利とかならまだしも基本的に無茶な要求で、私も私自身の仕事をするためにはそれを諾々と飲むわけにはいかないので

説明反論、お互いに納得できる妥協点に至るための提案をしてるんだけど

そういう話し合いをするたびにめちゃくちゃ不機嫌になるこのAさんに、私はいつか激昂されて暴力をふるわれるんじゃないかという恐怖を感じてしまう。

被害妄想なのはやまやまだけど

Aさんは男で、体格がよくて(学生時代運動をしていたらしい)、

感情の起伏が非常に激しくて突然イライラし始めたり、ちょっと難しい顧客にあたって不機嫌になったのを一日中引きずったり

物に八つ当たりしたり、怒鳴ったり、そういう性質の人なのでいつか自分にその矛先が向けられるんじゃないかと思ってしまう。

女としても本能的に警戒してしまう。

(女にとって「すべて」の男が警戒対象ではないということは強調しておきたい。ただ、どうしても生まれもった体格とか力においては往々にして男の人のほうが上だと思うし、それゆえにそれが良くない形で自分に降り掛かってくる可能性があるとすれば警戒してしまうのは仕方ないと思う)

基本的要求は私とAさんしかいない場、あるいは居たとしても学生バイトのような立場下の人しかいない場でしか行われないのも怖い。

まりにも怖いので先日ついに恐怖を感じていることを共通上司に訴えてしまった。

上司は事を真剣に受け止めてくれたし、Aさんにも話をして状況の改善をはかってくれている。

Aさんも上司に言われて少し改めたらしく(Aさんは上司のことをやたらと恐れている)、

最近は以前ほどの無茶な要求だったり話し合いの際の圧だったりがなくなってきてはいる。

でも、私のAさんが怖いという気持ちが消えない。

Aさんとの付き合いはそこそこで、これまでも何度か私自身がAさんに恐怖を感じているのではないかと思うことは何度かあった。

そのたびに気のせいだと自分に言い聞かせて(一緒に働いている人のことを怖いと思うのは失礼だと思ってた)きていたんだけど

先日はっきりと恐怖を感じていると言葉にしたせいで自分の中で恐怖心が明確になってしまったみたい。

現在は話しかけられると身構えてしまうし、できることなら話もあまりしたくない。近づきたくないし二人になりたくない。

救いなのは今年度での異動が決まっていて(この件とは全く無関係)、4月からAさんと関わることはないと確定していること。

上司は私を心配してくれているし、やや肩を持ってくれているのでなんとかそこまではやり過ごしたいなと思う。

ただ、そもそもこうやって上司に助けてもらっていることがなんとなく弱い立場を盾にしているみたいでなんとなく後ろめたい気分がする。

自分だけでAさんに立ち向かえなかったのかなと毎日思っている。

仕事は好きだけど、Aさんに会うというその一点だけは毎朝とても憂鬱だ。

女は自由だと本能を顕出させる

女の本能優生学的で非多様であり、女は強者男性に全てを明け渡す

女が自由意思で(自分ダメージがある形で)社会的弱者に施すことは無い

すなわち、女に自由があればあるほど弱者から強者への富の再配分が起こる

当然、格差は拡大し、少子化も進む

試験管ベビー大量生産するようなパラダイムシフトを前提にしないのであれば、

少子化改善貧困再生産を止めるためには女の自由制限必要となる

2019-01-08

浮気ってどこからだと思う?

この問いに、私は毎回こう答える。

セックスはしてもいいけど、外で手を繋いだら浮気

こういうことを話す場面は大抵女子会と呼ばれるところであることが多く、

同席する女の子たちには「え~?」という声と不快そうな表情を浮かべられる。

でも、私にとってはそうなのだ

私にとってセックスは大して大きな意味を持たない。

相手好きな人、愛している人でなくてもセックスは出来る。

特に男性はその傾向が強いと思っている(一括りにはできないけれども)し、

女性でもそういった人は多いと思う。

私自身もそうだし、性風俗のお店がこれだけ多く存在していることからも、

気持ち」と「セックス」はある程度割り切って考えられるものだと私は考えている。

セックス」は単なる生殖行為で、子孫繁栄のために行われるものである

動物的に、本能にそのように植え付けられており、それゆえ我々人間は度々「性欲」に躍らされる。

また、そこに男女の差は存在して当然であるとも思う。

人間女性は一度に一人の子しか宿すことができない。

十月十日その身に子供を宿し、命がけの出産をする必要がある。

それに対して男性は、精を散らばせば散らばすほど自分遺伝子をこの世に残すことができる可能性が高まる

なるべく多くの遺伝子を残すべく、行動に移してしまうのもある程度やむを得ない…とは思う。

なので、

肉体的・本能的に「女体」を求めることを強く批難することは私には難しい。

しかし、

「外で手を繋ぐこと」

は、実に人間的な行為であり、それはその相手、「人間性」を求める行為なのではないか

と考えてしまう。

ただし、「外で手を繋ぐこと」が単なる「性交」に繋げるための一過程である場合がある。

この場合は、「外で手を繋ぐこと」はもはや「性交」の一部なので、私の中では浮気ではない。

好意のある女性と、外で手を繋ぎ食事をとったりして、プラトニックに帰る」

ことこそが私にとっての浮気なのかもしれない。

anond:20190108114526

ジョブズカリグラフィーの話は

大学中退して必修の講義をとる必要がなくなったか

「興味のある」講義にでたことで

将来、役に立った話で

から外れても自分の関心や本能に従うことの大切さ

という意味合いが込められてるから

その議論で引き合いにだすのは不適切

2019-01-07

anond:20190107171254

子供って一人が叫びだすと連鎖的に叫び声上げたりするよねぇ。犬の遠吠えみたい。

本能

2019-01-05

anond:20190105201544

私は紳士なので野蛮な本能に負けないよう精神を鍛えています

anond:20190105201113

破壊自体本能wwwwwwwwwwww

お前漫画の読みすぎ

anond:20190105201408

んなこと言ったら生殖行動は本能なのに世の中童貞溢れてるのは一体なぜ?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん