「感情」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感情とは

2018-04-23

かに僕の文章を好きだと言って欲しいときに僕の語ること

最近、新しいパソコンを手に入れた。

影のように冷やりとしたそれは、彼女が僕にプレゼントしてくれたものだ。

「進級祝いに」と彼女は言った。

僕はほんとうは留年をしたのだけれど、そのことには触れなかった。

いくら真実を言っても、人はどこにもいけないのだ。

そうして、僕は彼女と寝た。

この無口な新しい同居人に慣れるためにも、これからは、鳩時計のように定期的に日記を書き続けていきたい。

そんなわけで、僕は時の淀みの中ですぐに眠りこもうとする意識ビール煙草で蹴とばしながら、この文章を書き続けている。

ここで文章が終わってしまうのは、いかにもハンバーグの下に敷かれたスパゲッティのようで、味気ない。

自己紹介も兼ねて筆を進めて行きたいと思う。

僕の性別男性、歳は二十代前半、大学生をしている(授業にろくに出ずに籍だけを置いている人間大学生と呼んで良いのであれば)。

僕の不徳の致すところにより、これから先数年は学生身分を続けなければいけないことになっている。

単位から逃げられないし、逃げるべきではないのだ。

僕は、文章を読んだり書いたりする事が、春の熊くらい好きだ。

もっとも、僕の作文能力や長文に対する集中力は、近年流行った短文型SNSにすっかり毒されてしまっているみたいだけれど。

それに対して、言語を介さな思考というものには、滅法弱い。

図や数式といったものを、そのまま扱って思考することが出来ないし、スポーツをするときも、身体の動きを文章理解しないと再現できない。

言葉を介さな思考をするくらいなら、ボールベアリング歴史とか、ウクライナ鉱物資源分布状況とか、そんな話をしていた方が、まだましだ。

なんとも生き辛い脳の性質をしている。

文章であふれた場所は、冷えきったビールと同じくらい好きだ。

疲れている時は、幼稚園児が春の昼下がりに書いたような文章に浸り続けるに限る。

Twitter最高、Instagramなんて「クソ喰らえである

大学になる前の憧れは、モノ書きになることだった。

もう少し今よりも若者らしい服を着ていた頃の僕にとって、大学生とは、ヒマな時間を腐るほど持て余し、自らの趣味に没頭するものだった。

から大学生になった自分は、上質な文章に触れ続け、いつかは自分自身で上質な文章を生み出すようになると信じて疑わなかった。

しかし、実際の大学生は、勉学、部活動やその他の雑務(そう、そこにはもちろん、女の子と寝ることだってまれている)に忙殺されてしまものであり、とても自らの趣味を極める余裕などないのである

少なくとも僕には、デレク・ハートフィールドの墓を見つけるよりも難しい。

この話を聞くと、趣味時間も十分に取れないほど勉学や部活動に熱中することが出来て幸せではないか、と考える人もいるだろう。

オーケー、いいかい?

「忙しいという感情は充実の証明だ」

そのように考える人間は、思春期ハムスターみたいに、回し車を回し続ければ良い。

きっと、焼きたてのパンを日だまりで食べている人のように幸せになれるだろう。

忙しさというものは、時間を圧迫するだけではなく、ヒトが自由時間創造的な行動をする気力を奪う悪魔なのだ

今日からの僕は、隠し味を入れたパスタのように一味違う。

このはてな匿名ダイアリーという戦場で、忙しさという悪魔に打ち勝って、自らの創造性を再獲得するのだ(僕がかつて創造性を持っていたかはともかくとしても)。

これくらい文章を書くと、生まれて初めてパソコンに触っても、丑三つ時のコウモリのように自在タイプすることができるようになることが分かった。

今日は、この辺りで筆を置きたいと思う。

(そろそろパスタが茹で上がった頃だ。)

これからは、気が向いたら何かしらのテーマを持った文章を書きたい。

二日酔い迎え酒をしながら書いたようなこの文章にも、ブックマークしてくれると嬉しく思う。

anond:20180422154919

anond:20180423105502

恋愛感情抜きにしてもそういう態度になる人は同性異性に関わらずいると思う

え?目があったり挨拶されたりしたら恋愛感情もつようになるよね?

anond:20180423105502

ガキかよ。めんどくせーな。

この一言結論出てるんでは。

ガキだからしょうがないって生暖かく見守るか、「あなたは異性として見たことは一度もないお友達」ってはっきり伝えて教育してあげて。

あとアイドルファンとかのケースと同じで自分とは絶対つき合えないと理性ではわかっていても、いざ相手彼氏ができると感情が納得いかないってことはあり得る。

木村文乃って演技派なの?

演技派みたいに紹介されてるのが解せない。

上手いの?あれは。

それとも上手い作品がいくつかあって今は・・・ってかんじなの?

CMが似合うと思うがなー。

本人自体感情の起伏があまりないのか感情が伝わらない。難しい役はできなさそう。

なんかたまにいるよなー。あれで演技派なんだーって。

anond:20180423175732

昔ながらのDQNをやるには、DQN社会の先輩後輩関係互助のなかでうまくやっていくスキル必要なんだけどな

体力とか、プライバシー皆無の人間関係への耐性とか、子供や老人へのやたらと深い愛情とか、義理人情とか

学歴実家資産といった都会的なものとは別の種類の価値能力DQN社会必要とする

DQN社会の中で仕事を紹介しあったり、家での集まりがなんとなく合コン的に機能していて出会いを産んだり

あと割とDQN社会の男は失恋して泣いて酔っぱらって男友達に慰めてもらったりしている

男にしては弱弱しい感情否認しておらず男同士認めあっているというか、

他者攻撃ニヒリズムに走らないでリア充的・女性的な共感コミュニケーションをとっている

DQNワナビオタクはそういうコミュニティから明らかに零れ落ちていて、しか昔ながらのオタクのような学歴も無いんだよな

少数の「高学歴なのに女にもてない男」と、多数の「全部の価値社会から零れ落ちたカス」がTwitterアニメアイコンになっているように見える

anond:20180423151429

本当に一行ごとにいちいち自分感情を挟まないと気が済まないんだな

お前はよほどコンテンツよりも自分自意識の方が大切らしい

anond:20180423141739

受け手感情を重視してるのは「どうせイケメン無罪なんだろォ〜?」と言ってるオッサンだけどな。

anond:20180423022606

そこだよね、福山比喩でしょう。

私的関係はともかく業務上でのセクハラなんて一律でいいはずなのに、なぜか受け手感情を重視してしまう。

例え許される関係だったとしても職場でいちゃつく方がセクハラ

Twitter、Toggeterコメント、はてぶ、他諸々の一時的感情を即座に出しやすメディアが相当数浸透しちゃってるし、安易コメントを垂れ流すことにも慣れちゃった人間が多数いてどんどん質だけが落ちていく

anond:20180423123002

気持ち悪いって感情を認めてしまったら差別が全部それに置き換え可能ってなんで分からんのかね

差別したいなら反差別なんてごたく並べるのやめるだけでいいぞ、だって正義ぶりたいだけでその錦の御旗を掲げたいんでしょう

anond:20180423122240

じゃあゲイ気持ち悪いっていう感情があったら、世間は見下して構わないというわけですか

それともそう思う感情の方が間違っているか思想警察案件

anond:20180423122240

その気持ち悪いって感情が悪だしましてやそれを表出することが悪なんだよ

じゃあ黒人は黒くて気持ちいから肌白くしてから出直せでいいんか?生まれつきの属性とかなんとかいうけど、マイケルジャクソンは白くなったぞ?

[]アイムソーリー法

Sorry Law、Apology Laws、I'm Sorry Laws

アメリカでは連邦証拠法で謝罪すると裁判で不利になってしまう。20年ほど前から謝罪を行っても裁判において証拠として扱われないという州法を制定する州が増加している。それらの州法アイムソーリー法と呼ぶ。素直に謝りやすくすることで必要以上の感情もつれを防ぐ効果が期待できるらしい。適用範囲医療だけに限られる州もあれば、全ての裁判適用される州もあり、まちまち。

anond:20180423010401

いいんじゃない

ここで言ってるのそういうことでしょ

そのムカつく、呆れる、気持ち悪いといった感情を、

自分感情でモノを述べているのを周りから言われるのを嫌がって変に取り繕って

ろくに筋も通ってない女性の権利がとか社会問題にしようとしてんのが

何言ってんだお前ってことだよ

あるニュースを見て憤慨してたら、別にそこはそんなに重要ではない部分がクローズアップされているというのに気づいて反省したんだけど、あの憤慨した時の感情の高ぶりとかいうか、ある種ストレスストレス発散するようなあの感情はなんなんだろう

人間にこれがあるから炎上が起きるんだろうなあ

anond:20180422073925

元増田が言う所の「自爆する馬鹿自体がまず一部に過ぎないのではないかという指摘があったが、正直その通りだと思う。

医療界、グラビアアイドル写真業界からmetooホッテントリになっていたが、それらの告発者がその後「私のセクハラパワハラはいセクハラパワハラ

みたいなことを言っていたという記憶はない。

以下は蛇足だが、

そもそもmetoo告発されているセクハラパワハラ被害とは、権力関係上下関係があり逆らえない状態でひどい嫌がらせ犯罪いじめ等の被害に遭う

というものだが、いじめでも犯罪でも被害者に厳しく、性犯罪被害者に厳しく、何かを主張する女性にも厳しい風潮がある中で

metooしようものなら「お前にも非があった」「お前だって今までに悪い事をしてきただろう」と集中攻撃を受けてしまう事は目に見えている。

そんな中で一度「このような目に遭った」と告発するだけではなく、継続して発信し続ける事ができるのは、よほど精神的にタフだったり、

自分にも悪い点があったとしてもそれはそれとして告発し続ける」という、ある意味での面の側の厚さのようなものがある人ではないと

難しいから、「私のセクハラは良いセクハラ」と言っているように見える人が目立つように見える、という点はあるのかもしれない。

元増田は「誰だって過ちはあるから素直にごめんなさいすればいい」と言うが、残念ながら被害を訴える人間

「お前だって悪いだろ、被害者ぶるな」という攻撃をする人間はとても多い。

元増田だってそれがわからいくら馬鹿じゃないだろう?

元増田一人が許しても、他の大多数は許さないどころかよってたかって攻撃をするんだよ、残念ながら。

「素直にごめんなさい」をした所で、「自分が悪いとわかってるなら、まず自分の罪をしっかりつぐなってから自分を加害した人間を責めろ、まず自分からだ」と言われる事も

予想できる。

いじめ被害だっていまだに「いじめられる側にも原因がある」と言われるし、犯罪被害者が金銭的な補償加害者への厳罰やを望めば「金目当てか」「被害感情が強すぎる」と言われ、

パワハラ被害者は場合によっては無能呼ばわりだ。被害者が男性であったり、性被害が絡まない被害者に対してもこの有様だ。

さらに性被害になるとさらに風当たりは強くなる。「しっかり自衛しないからだ」「なんでもかんでもセクハラか」「お前になんぞセクハラするか」「お前だって性的な事を望んでいたんだろう」

というバッシングは、性犯罪被害者に対するお決まりの物と化している。

そして女性が何かを告発する、主張する、しかも「フェミっぽい」事を発言するとなると、どのような反応が返って来るかは火を見るより明らかだろう。

元増田だって増田はてなを使うぐらいなら「フェミっぽい」主張にどんな反応が返って来るか、想像くらいはつくんじゃないか

いや、はてななんて見なくても、ツイッターでも5chでもまとめブログでも何でもいいけど、ネットやってりゃそんな光景、見たことくらいあるだろう。

とにかく被害者の粗を探して攻撃したい、被害者ぶるのは許せない、ずるいという感情を目の当たりにすることは多い。

そもそもmetoo告発されているようなパワハラセクハラをする側も馬鹿じゃないから、「お前にだって落ち度があるだろう」と被害者を責められる状況を作りつつ、

場合によっては被害者を共犯者にしながらセクハラパワハラ継続するという事もよくあることだ。

metooについて「なぜその場で嫌だといわずに後になって言い出すんだ」という批判もあるが、

まさに「自分だって悪い事をしてきたんだから被害に遭ったなんて言う資格は無い」「自分加害者から誤って償わなければ、そんな自分は辛い目に遭っても仕方ない」と思い長い間言い出せなかったと

いう事もよくあるだろう。

metoo告発をしているのは、そのような葛藤を乗り越えて、なんとか声を上げることができた、という状況なのだろう。

2018-04-22

浮かれポンチ喪女

23新卒喪女。先日、友人に紹介された男性初デートしてきた。

友人と飲んでたら、突如「増田に合いそうな人がいるんだけど」と紹介された人。

電話番号を教えてもらって、LINEIDを教えて。相手ランチに誘ってくれて。登録した初日と店決め会話の2日分だけ、LINEを交わして。あとは友人から聞いた紹介だけ、そんな前情報だけで、会ってきた。紹介で初対面デートなんて初めての経験で混乱してた。イタリアンとか小洒落た感じはなんとなく合わない直感がして、評判のいいラーメン屋さんに行ってからお茶することに。

初めてだし、夕方くらいで解散してさくっと切り上げるのがいいのかな、と思ってた。けど、話が弾み、寄り道で時間はどんどん過ぎ、なんだかんだで夜ご飯まで一緒することに。

相手男子校から理系女性慣れしてないんです、と話してくれた人。確かにそんな感じはするけど、むしろ誠実な感じがめちゃくちゃあってよかった。もう少しああしてこうしたら絶対すごくかっこよくなりそう……!って思える感じの、喪女がいうのもおこがましいけど磨いてみたくなる感じの人だった。

帰ったあと、いつもと違う気分だった。温かい重みが心に漂う感覚。人と半日過ごすなんて、今までの自分だったらぐったりして帰宅して即ベッドに倒れ込んでしまう。初対面なんてなおさら。そうだったはずなのに、ああ楽しかったなと、波長合ってた気がするな、という感覚が漂っている。


こういう、恋の片鱗っぽいものに舞い上がるのはいもの悪いクセ。

でも、いつもとは違う舞い上がり方。今まではわりと、ずーっと長く友達でいた人にだんだん惹かれていって舞い上がってたのだけど。こんなほぼ初対面で舞い上がりはちょっと私も理解できない。

また連絡がきて、他愛もない雑談をしあい、返信どうしようなと考えこみ、ああ既読のまま時間が経っていってしまう、と焦り、それでも次の言葉をどうしようかと探してしまう。言葉が見つからないんじゃなくて、背伸びしたくなってしまっているからだ。そんなことしたところで、何ひとつ自分をよく見せるどころかどんどんポンコツなのがバレるだけなのに。

春に浮かされたからなのか、

新社会人という環境の変化に浮かされたからなのか、

ついこの間、1年くらいの片思い玉砕して心を折ってやっと心の整理が突き出した頃合いだからなのか、

それともほんとうに波長が合ってるのか。

そんなふうに、今の心の温かみが信じられず、何か疑りのような、不安のような、そういうものを次々と考えてしまう。それでも打ち消しきれてない感情

これがあと数回会ってやっぱり舞い上がりの勘違いだったと思ったりしたら……と思うと悲しいけど、

勘違いじゃなかった……としたら、その先どうしよう。どうしようね、自分!こんなすぐ舞い上がるから前回だって失敗したんだよ!

そんなわからない感情脳内ループしている。

誰か喝をください。

セクハラってそんなに重大な問題か?

上下関係によってセックスに持ち込もうとするパワハラセクハラ問題

抱きつくやボディタッチなどの強制わいせつ問題

性犯罪はいわずもがな犯罪

けど事務次官話題になってるセクハラってようは同意確認言語ゲームでしょ?同意がある男女関係セクハラにあたらないのはみんな知ってる

同意確認としての質問が許されなかったら男女関係自体幻想になる。ようは適切な文脈形成するコミュニケーションをとれとか年齢差を考えろとか言ってるわけだけれど

そのデュープロセスをとらないこと自体は完全に悪なの?人格として問題があるというのはよくわかるけどそれは単にコミュニケーションが下手な人と認識すればいいだけじゃないの?

事務次官は抱きしめていい?と聞いたけどそれはそれで気持ち悪い。けどそのこと自体問題とされる社会って窮屈すぎねーか?

おっさんはありとあらゆる男女関係をはじめないのが「適切」な大人ってことだろうけどその適切はけっこうディストピアだと思うわ。

実際に若い男女でのセクハラなんて聞いたことがない。おっさん恋愛至上にはいってくるのがきもちわるいんでしょ?

性犯罪上下関係を利用したパワハラセクハラ強制わいせつは明らかに問題だが適切かどうかまで問うセクシャルコミュニケーションまで問題とするとおっさん若い女性アプローチしてはいけないにまでなりかねない、

事務次官発言問題だという理由がなにか社会一般の問題metooとして考えられてるけどそこまで普遍的問題としてとらえるのはどうかと思うわ。

単に女性きもちわるいおっさんセクシャルな話をされるのがきもちわるいんでしょ?

その動物感情をなにか理性的知的リベラルな態度としてとらえるからなにか違和感がある。

きもちわるいならきもちわるいに脚色しないでそのままきもちわるいって言えよ。セクハラするおっさん動物ならそれを気持ち悪いと思うおまえの感情動物的なんだよ。

世の中カネっていうくせに、どうみてもカネより感情通用している社会最悪すぎワロス

お前が気に入らない、カネ要らないから出て行けっていう不動産オーナー

増えてるし、カネあっても通らないじゃん

何が金だよ。金あったら俺がどんな人間でも通るんじゃなかったのか

結局、金なんて信用ならねーじゃん

どこが世の中金だよ。全然金じゃねえじゃん

死ね

とっても高尚で高潔なボクとネットリンチ

とっても高尚で高潔なボクはネットリンチに加担したことがない。それどころか、ネットの皆さんが批判してる記事人物でも、

(叩くには早計じゃないか?養護できる観点がいくつもある、長期的に考えれば必要な失敗であった可能性は?)

などと、数分思索を巡らせ、その検証のためにまた数分の検索作業をして、表象に隠された他人思想や構想といった背景を納得できるレベルまで紐解いてからブコメを書く。そんな時間があるのはニートからだが、ともかくだいたいブコメの主流派とは反対の意見になる。それでむしろリンチが飛び火して降り掛かってくることもあるのだが、それはさておき。ネットリンチはさぞ中毒性のある快楽行為なのだろうなあと思うが、その体験はできないままネット20年を迎えた。

だが、考えようによっては自分も同様の行為に参加していたかもしれないと思う瞬間があったのだ。たとえば、ゲームアニメ公式ツイートVtuberツイート等のうち、祝うべき発言に出くわした時。それを展開すると、現在進行系でいいねカウンタが増加中だ。ツイートを読んだ時点で「いいね!」と思ってはいたが、その勢いにも後押しされ、自分も、といいねボタンを押す瞬間。これも一種の「いいね」による袋叩きなのでは、という思いがよぎった。実際に嫌がられてはいないと思うが、考えようによっては、だ。この「いいね機能だが、一般人が急にバズったときなど、いいね爆撃に困って通知を一時無効にした、と発言をする人を最近よく見かけるのだ。今日フォローしていたIIJmio中の人が、スパムと思しき複数アカウントから過去ツイートに「いいね」される怪行為迷惑だとこぼしていた。本来は人を笑顔にさせる機能でも、使い方によってはかくも複雑な状況が発生しうるものだ。自分では、ネガティブで非建設的な思考ブーストする投稿は一切せず、ポジティブ建設的な感情だけブーストしてあげるネット妖精でいたつもりだが、それを守るのにも広範な知識想像力必要ものだ。

そこで、ネットサービスアプリケーションインタラクティブ性そのものが、折衝を増やしているのだと思い至った。昔のネットはそこまででもなかったが、今は技術が発達してリアルタイムに人々の反応が集まってくる様子が見られる。そしてネット人口も増えた。このライブ感こそが、人に大胆な行動・発言を誘う要因になっているのだ。そういう場では、常軌を逸した言動をするおかしな人も乗ってこれるし、そういう鼻つまみレベルの人が力を得る場にすらなる。

めまぐるしく流れていく世界を尻目に、自分はその流れの速さに合わせずに、本来自分能力に見合うだけの時間をとって深く息を吸い、深く息を吐く。それができる度胸のある人はなかなかいないのだ。それでも遅れを取ることはない、と自分に自信がないとなかなかできない。それができない人々が、短文で直情的なレスポンスを山のように積み重ねていくのだが、一種キョロ充を見るような憐憫がそこにはある。どうにかしてあげられないだろうか。

例えるならば、自分2chスラングコピペなんJ語、淫夢語録などに精通していて、ほとんどを認識できるが、決してリアルどころかネット匿名の場ですら使うことはしない。元ネタ認識できるだけで、好意を持ってはいない。むしろ下品だし嫌いだ。それを使うことで通ぶったりする欲求はない。けれど、こういう言葉を躊躇いなく使う人がいる。「知っている」ことと「使う」ことが同一化していて、その間にあるべき判断が抜け落ちている人々。そういう人々が多すぎて、「そうじゃないんだよ」と言えなくなっているのが今のネットだと思う。あとは堀江貴文に対してどういう印象を抱いているか、なんかでも分かる。ネットに浸かるほとんどの人が、ネットミーム人格を呑み込まれている。そして、こうした集団同化バイアス的なものネットリンチは繋がっているのだと思う。

恋愛感情を無くしたい

成就させるには妻子捨てなきゃいけないとかハードル高すぎだろ…

こんなに苦しむなら最初から好きにならないような仕組みだったら良かったのに。

人の心マジ欠陥過ぎ。

anond:20180422200216

あなたのいう「不信感」は女性に対してのものなんでしょうが

おれはそういう意味で使ったわけではありません。「まさにその」ではない

あなたのように「感情なんてどうせわかりっこないから断絶するのがいい」という考え方を徹底すると

他者理解しようという動きが起こるはずもなく、相互不信が進むだけだと言っているのです

ちなみにあなた女性からどのような扱いを受けて不信に至ったかは知りませんが

特定人間にされたことを世の中の女性全員に勝手適用する意味がわかりません

同情はするかもしれませんが、理性的判断とはまったく言えないので、

ろくに正当性がないのに自分わがままが通ると思っているのが理解できません

あなたがどういう主義でいようが勝手ですが、「それを正しいと思う」感覚がわからない

あなたの主張からわかるのは女性への不信感だけで、なぜその考えを持っているのかの答えになっていない

あなたが正しいと信じることはあくま感情的な理由によるもので人を納得させられるような妥当性がない、という自覚はあるんでしょうか

おれは、不信感をもつ人間はもちろんいますが、特定属性でくくるようなことはしません

それが安易差別的言動に結びつくからです

差別がいけないのは「差別正義じゃない」からじゃありません

単純にそれが人を不要に傷つけるふるまいであからで、誰だって理由もないのに傷つけられる理不尽はイヤだからです

社会問題なのはわかっています

おれやあなたがこの問題についてどう思うかは、この問題社会問題かどうかと関係ない

男性と付き合うということ

私にとって、誰かを好きになったり付き合ったりする事は非日常出来事で、それ中心になるから自分のことが疎かというか、自分のことがどうでも良くなる。‬

‪例えば好きな彼と会う予定があったりすると、それ以外のことは疎かになる。彼に何かをしてあげるとなると、自分や他の事は後回しで全力で彼に尽くそうとしてしまう。こう書いてみると可愛らしいような気もするけれど、‬その私の男性との付き合い方は、今は自分にとって良くないと思っている。

理由は、恋愛が私にとって「自分が尽くした度合いに対して彼がどれだけ返してくれるかを試すゲーム」になっているから。‬

‪彼から思ったような反応が返ってこないと当然そのゲームは「あんなに尽くしたのに何だこいつ、はいクソゲー」となってしまうから即切りしてしまう。逆に上手いこと反応が返って来たら満足して関係に飽きてしまう。そのやり方で今まで何人も別れてきた。ある日突然自分の中でゲームオーバーが来るので、相手にとっては一体なぜ突然振られたのかわからなかった人の方が多いと思う。‬

‪私は一度結婚していたことがある。離婚する時も言い出したのは夫で、主な理由セックスレスと私から愛情が感じられない事だった。私は結婚して半年ほどである理由から彼の事が夫として信用できなくなり、結婚したことに対して失敗だったと思っていた。セックス意図的に避けていた。彼は酔って帰ってくるたびに、私の横に座り「自分のことは好きか」と2時間聴き続けるような日もあって、それがある日は私は本心とは違うことを言い続けなければならず地獄だった。私は家事料理をする事で、私なりに婚姻関係を結んだ責務を果たしていた気になっていて、「まあ普通夫婦とはちょっと違う感じなのかもしれないけれど黙って今の生活を続けていこうよ」という感じだった。彼は私から愛情が感じられない事は心の根っこで感じていたのだと思う。離婚を彼が言い出した時、はじめに飛び込んできた感情は「ラッキー」だった。なのに、最初の数日私は彼に何とかして離婚を思い直してもらおうという態度を取っていた。二人の話し合いは、私にとって今の安定した生活を保ちたいがために彼の心を操ろうとするゲームになっていた。が、彼の動かない意思に、ある日突然「あ、こいつもういいわ、クソゲー」となってそこからは何の情も湧かなくなった。向こうから言い出した離婚だったので、向こうに損をしてもらおう、責任を取ってもらおうくらいの態度にコロッと私は変わった。それで私はさっさと離婚した。‬

‪今、付き合っている人がいる。その人は私のゲーム的な部分に全く応じない。文字通り返事をしないのだ。元々寡黙な人ではあるけれど、私を無駄に喜ばせるような事や、期待を持たせるような事を絶対に言わない。‬

‪それで私が情緒不安定になっても、離れていかずただそこに居る。でも何も言ってはくれない。今までに出会わなかった「私に振り回されないタイプ」のこの人は、一体何なんだろう…と思ってしまう。‬

‪私が情緒不安定になりツイッター愚痴る。私は同情を乞うのが上手いので、友達は「その人はやめとけ」と言ってくれる。言って欲しいように私が操作しているからだ。その回答が欲しい言い方をしているからだ。こうやって書いてみると、親身になって相談してくれた友人にはマジで申し訳ない事をしてしまったなと思う。‬

‪私は今自分男性との付き合い方について根本的に考え直して、自分を変えたいと思っている。山のように動かない彼氏は、そんな面倒な私の部分に気付いているのか、気づいていないのかわからない。気づいているけど気づかないふりをしている可能性が高い。‬

‪私は今自分男性との付き合い方を改めたいと思っているから、この彼氏を「ゲームに付き合ってくれないからお前は無し」にしてはいけない相手だとは思っている。私に振り回されない、寡黙な彼氏から私は精神的に安定しながら男性と付き合える事を学びたいと思う。‬

本気で言ってんの?

安倍政権支持者をバカにするから、その支持者たちが反発して安倍政権から離れないと言うけれど

そんな感情100%自分未来を決めてしまえるものなの?

少なくともそれを公言できる神経は理解できない。

批判されていても信念をもって安倍政権を支持している」って言ってほしいわ。

できれば具体的な支持理由も添えて。

同じ日本人として恥ずかしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん