「衝動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 衝動とは

2018-12-16

ツイッターで媚を売るのをやめたら楽になった

あるジャンルにハマってツイッターを始めた。感想イラストを描くために。

イラスト投稿するたびにフォロワーも増えていき、私はどんどんツイッターにハマっていった。やがていいねの数に一喜一憂するようになり、承認欲求に振り回された。ありがちなパターンである

私は頭打ちになってきたいいねを増やすためにフォロワーを増やそうとした。その考えは良かったが、方法が間違えていた。今思えばイラストをコツコツと投稿していけば良かったのに、私は手当たり次第そのジャンルの垢をフォローした。そのジャンルなら誰でも良かった。ここから私はツイッター人間関係に疲れてゆく。

そのジャンル腐女子比率が非常に多かった。そしてNL派の私は肩身が狭かった。フォロワーは増えたものの、反応はさほど増えない。私のイラストが未熟なのもあるが、フォロワー需要に合ったイラスト投稿しないのだから当然だ。そして私もBLイラストに無反応だった。普通感想絵や考察には反応できても、男の子同士が絡み合う絵に義理でもいいねを押すことができなかった。お互いに不毛関係だった。

私にとってBL地雷ではない。でもTLに流れるBLイラストを見るのが苦痛だった。理由はそのイラスト子供同士のものだったから。鍵もかけずに、注意喚起もせずに、べったーも使わずに、子供達が裸を晒し、性行為をしているイラストがいくつも目に飛び込んできた。それは、私の価値観ではどうしても許し難かった。原作エロ多めのジャンルですら肌色の多いイラストは、いきなり踏まないように配慮してるというのに、こいつら頭おかしいんじゃないかと憤っていた。検索避けしても無理、ミュートしててもRTで流れてくる。私はフォロワー呪いたくなった。

イラストは見たくない、でもフォロワーは減らしたくない。私は八方塞がりになり、衝動的に3日間ほどログアウトした。そして再びログインしたが通知は無かった。一件も無かった。

私がいない間もずっとTLは流れ続けエロトークエロ絵で盛り上がっていた。

私はもうどうでも良くなり、そのまま腐女子アカウントを全てブロックした。ついでにジャンル無差別RTまみれ、TLを独占するツイ廃、絡みにくい過激派リプを飛ばしてくるアカウントブロックした。相互になったけどなんだか合わないフォロワーミュートにし、リストを整理した。私はツイッターで媚を売るのをやめた。どうせ一生会うこともない関係なんだし。

そして私のTLは静かになった。それまで1日に何度もアプリを開いていたというのに、今では寝る前に繋がりたい人のリストを覗き、気ままにツイートするだけだ。

私のイラストへの反応は激減した。でも0じゃない。今はそれで満足している、というわけでもないがコツコツとイラストを描き続けている。わずかに残ったフォロワーや、私のイラストを見つけて反応してくれた人とリプを飛ばし合っている。やがてジャンルが廃れたらこ関係も終わるのかもしれないけど。その時はアカウントを作り直して再出発してもいいし、違うSNSに移行してもいい。

今はとにかく肩の力が抜けて楽になった。

2018-12-13

anond:20181213233852

IMAKITAを試すついでに訳わからん文を勢いで書いたが、ホント俺の文回りくどくて文意が見えねえな。

・俺は出来れば肉体が男になって生きていきたい。

そのことが、就業して生産活動をしない生活言い訳になるとは思えないが、俺は俺を男として見てもらえない社会でうまく機能することができないと固く信じている。

ただ、俺は男として見なされた瞬間から暴力を振るい始めるだろう。

俺が男になって暴力を振るいたい気持ちとうまく付き合うには、何かが出来るように正当な努力を払うべきなのだろう。

男になって暴力衝動を操縦して禁欲的な色気をもって自己確立したい。

以上が5行の結果である

かに意味が通るように狙いながら書いた導入~根拠結論係り受けが正確だと思う。俺の文章論理力すげえ。

ゲーム要素のあるエロゲエロシーンをスキップしたくなる

紙芝居タイプの奴はそうでもないんだけど何なんだろうなこの衝動

2018-12-12

スマブラは難しくて子供ゲーム機を壊してしまうから買うのはやめろってアマゾンレビューがあるみたいだけど

どう考えても思い通りに事が運ばないと

衝動的に高価なモノぶち壊し始めるような

子供の育て方の方が問題だろ 猿かよ

2歳3歳とかならまだわかるけど6歳だぞ

2018-12-11

先生ウケは上司ウケ

学校先生ウケがあからさまに悪いヤツは起業を考えて生きた方が良いと思う

ゆうても何となくウケが悪いではなく

積極的批判してたけどな

「アホなの?」とお伝えしたい衝動が損得に勝ってしま

2018-12-09

anond:20181209233033

金がありあまっててなんでも買える人が、自由意志ではトラブルリスクを避けるため敢えて万引きしないはずなのに、謎衝動を満足させるために万引きする例がありめす。

そうすると、病気のため自由判断が出来てないと判断されます

アル中がそれ以上飲むと苦しんで死ぬぞ!って言われていてじっさい飲むと体が苦しいのに謎衝動で飲み続けるような感じです。

2018-12-08

anond:20181208230250

認識できてない気もするけど、それって本人の責任というより、生まれつきの脳の問題だし、それを理由に責めることができるのか?って気がする。

やっぱ、攻撃衝動みたいなのも何らかの形で治療対象にしないと

2018-12-07

anond:20181207014718

https://mobile.twitter.com/mossspirit/status/966981722075049984

こういう系統技術はもうちょっと実用範囲に入りそうではあるけど、ペドフィリア対応したものが出るかは…。

技術がある人なら自分で作れば(画像からからリアル無関係自作)法的にも個人用途でいけるのかもしれないけど、VR開発できるのなんて選ばれし知能なきゃきついしねえ。

そういえば殺人衝動が強い人もこの世界で生きて行くにはペドフィリアと同じような苦悩があるんだろうね。その人たちもリアル殺人マシーンとか用意されてないだろうし、せいぜいグラフィックが綺麗なゲームくらいで、スナッフフィルムは探せば手に入るにしてもそれだけで犯罪スレスレだし。薬で衝動を抑えることも可能かもしれないけど、その殺人衝動自体がその人のアイデンティティってこともあるし。

世界共存するのに向いてない人は生まれてきても辛いだけだね。やっぱり反出生主義が正しいのかも、「みんなのために一人を犠牲にする」という考えを否定するなら。生まれてきて幸福になるかもしれない可能性のために、生まれてきて不幸になる可能性は無視できないし、今いる人類のために人類は生まれ続けなければならないというのも納得できないよね。どうせいつかは太陽も壊れて人類も滅ぶらしいのにね。

2018-12-06

anond:20181206012136

躁鬱気質の人も躁のときの方が自殺する確率が高いらしいし

自殺衝動的にするもんだよね

あと死ぬべき人なんて居ないしそれを決める基準なんてどこにもない

人間に限らず生物は無条件に生きてていいよ

2018-12-05

窃盗癖もクリプトマニアって精神障害認定されて、単なる本人の問題ではないという事になってきているし、そのうち殺人癖も精神障害認定されて治療すればいいってことになるんだろうなぁ

殺人衝動のある人も受け入れましょう!周りがサポートして殺人を未然に防ぎましょう!って時代になるんだろうな

2018-12-03

子供気持ち教育為政者

小学生の頃「先生たちだって昔は子供だったのになんで俺らの気持ちからないんだろう?‬真剣に考える気がないんじゃないか?」って思って、心の中でバカにしてた。

それが今やどうだ。40間近となった今、子供達の心情を想像するのがとても困難だ。端的にいえば、忘れてしまっている。目線を下げれない。

これが20代であれば、まだ寄り添えるかも知れないが、そんな若年には教育方針を決定するような裁量権限執行権は与えられないわけで、与えられる頃には、初志を忘れてしまっているというわけだ。

政治なんかもそうじゃないのか?このジレンマは。

我々の社会はまだまだ不完全だ。問題問題認識できるタイミング重要だが、そのタイミングを掴める年齢には力が足りない。

やはり、文科大臣には、学校に潜入して一般先生に混じって教師生活を続けてみるか、もはや生徒に混じって生徒の気持ち実体験するしか、初期衝動を蘇らせる方法はないのだと思うのだが。

昔、そういう漫画があったんだよなあ。作者は今となっては、金と名声に溺れて愛を失ってしまったが。

2018-11-27

おかし中年へ(お前のことだ)

今日は二人の(ネガティブ意味で)おかし中年に遭遇した。

―――

電車に乗っていた。車内はそれほど混んでおらず、座席は4割程度は空いていた。

僕は座席に座り、リュック右手の空席に置いた。

電車がある駅に達し、7,8人が乗りこんでくる。改めて空席状況を確認したが余裕で収まりそうだったのでリュックはそのままにした。

1人のおじさん(Aとしよう)が電車に乗り込んできた。Aは足早に僕の方へきて「荷物をどけてくれ」と強い語勢で言う。

荷物をのけるとAは僕のすぐ隣に座る。しばらくして乗客の出入りが落ち着いたとき空席はいくつも残っていた。

おろかなA。僕が荷物座席に置いているのが気にくわなかったのは分かるが、今お前の右には2人は座れる余裕がある。

僕の隣にぴったりと座り続ける1秒1秒がお前の愚かさを累積していくことがわからいか

お前が愚行に至った心情は理解できないこともないし、同様の苛立ちを感じる人もわずかではないだろう。

しか普通はお前のような行動は起こさない。何故ならどうでもいいことだから

もっと他にやりたいこと、考えるべきことがあるから

空いてる電車に乗っているときなんていい時間だろう。

スマホゲームしたり、ブラウジングしたり、読書したり、次の予定のこと考えたり、今日の予定が全部終わった後の楽しみを考えたり、色々できる。

何がどうなったら電車に乗り込むや否や歪んだ正義感を振りかざすことになるんだ。

多分お前は無為に年を重ねてきたんだろうな。そして若者に対して優位に立てそうな状況があると飛びつかずにはいられないんだろうな。

お前は最早ブレーキの壊れかけたオンボロであることを理解しろ衝動制御に余生を費やせ。

―――

自転車に乗って帰り道を走っていた。かろうじて両側2車線ある細めの路地から大通りに出る交差点へと向かっていた。

左車線には信号待ちの車が並ぶ。車の列の左側にはスペースがあるが、先の方に電信柱が立ち、それが道幅を著しく縮めるため、そちら側から自転車で抜けるのは難しい。

かといって道路の右側を通るのもよくないので、信号が変わる前に左車線の右側、つまり道路真中を通って、大通りまで出てしまうことにした。

しかしその途中で信号が変わった。正面から車が近づいてきていたので止むを得ず右車線へ寄り、足をつきながらゆっくりと進んだ。

すると正面からおじさん(Bとしよう)が歩いてくる。道路右手には3人はすれ違える程度の幅があるが、小さな段差があり自転車咄嗟に寄るのは難しい。

迷惑をかけて申し訳ないが、Bが脇を通ってくれるだろうとゆっくりと進むと、Bはまっすぐにこっちへ向かってくる。

ぶつかりそうになり自転車を慌てて止めるとBは腕を左車線に向けて大きく振りながら左側を走れというような言葉曖昧に吐く。結局僕が脇へよけてすれ違った。

かにこちらの不手際ではあるし、申し訳ないとは思うが、少し歩行の方向を曲げるぐらいしてもいいんじゃないか。

というよりも、よくその行動を実行に移せるなと思う。すれ違いざまに「左を走れ」とか言うぐらいならわかるが、

わざわざ真正面に向って相手を止まらせるというのは、ほとんど嫌がらせとしての意味しかないだろう。

やはり優位な状況を利用して相手屈辱を与えようという歪みを感じる。

―――

世に憚る些事にこだわる人々に、共に豊かな時間を過ごすことのできる人・物、探求心を持って取り組むことのできる事がありますように。

NTR構造

http://b.hatena.ne.jp/entry/374506606/comment/vlxst1224

NTR……だろうな……未だに何故アレに興奮できるのか万人が納得する答えは出てこないし、構図が無限に用意できるし、おそらくAI理解する日も来ないだろう……我々は人間原罪、業の深淵を識ってしまった

男の性的衝動は「この女とやりたい」と「この女を他の男にとられたくない」の二つの成分からできています。んでエロコンテンツで前者を刺激するのは容易なんですが、後者が難しくてですね。

実際にとられそうにならないと発動しないんですが、最後にはとられないと読み手にバレてると発動しません。なので実際にとらせてみたのがNTRなんです。それを見たときに強烈に攻撃心がでてくるんですが、不快に感じる人間が多い一方、その怒りにともなった性的衝動から快感を感じる人間もなぜか多く、ジャンルとして成立してしまっています

やべえやつきた

こち中途採用担当

わりと大手IT系ディレクター採用しようと書類見てたんですが、今日ヤバいのがエントリしてきた。

自分と同世代ガチ氷河期)なんだけど、ほぼ職歴無し、自称小説家自営業無職ともいうけど。

直前の会社は1ヶ月で辞めてらっしゃるしかFラン中退とか。

「私はもっとおおきな、やりがいのある仕事をしたい」真っ白な職務経歴書に、そう書かれてた。

同じ氷河期でも中小から這い上がって社畜を自負するようになった自分と、小説家、たとえ自称でも

夢を追ってきたこの人とは、どっちが幸せなんだろうなあ。

詐称してるっぽいので落としたけど。会ってみたい衝動に駆られる。

2018-11-26

anond:20181126132123

フェミが教えてくれるのなんか「やっぱり現実の女は糞」ってくらいじゃね?

ジェンダー論なんか理解してるフェミって数パーセントもいないだろ常考

あふれ出る衝動のままにオタクを殺しに来る、それがフェミ

2018-11-20

この前の初耳学

『子の学力母親から遺伝し、衝動攻撃性は父親から遺伝する』という研究結果が紹介されていて、昔のことを色々思い出してしまった。誰にも言えないのでここに吐かせてもらう。

うちの父は母に暴力をふるっていた。食器ガンガン投げて、朝台所に行くと母が泣きながら破片だらけの床を掃除していることが何度もあった。

一番忘れられないのは、私が小学校低学年のとき

テレビに夢中になっていて、「早くお風呂に入りなさい」と言う母に、もうちょっと観てから入る!と言い、お風呂時間が遅くなってしまった。私がお風呂に入ると同時ぐらいに父が帰ってきたのだが、なぜか激怒。怒りの矛先は母へ。

「なんで早く風呂に入らせないんだ!」

母を蹴る音と、痛いと叫ぶ母の声を浴室でちぢこまって聞いていた。

しかも私は、お父さんが怖かったのと自分のせいでお母さんが痛い目に合っているのが申し訳なくて、お母さんに声をかけることができず、お風呂から出たあと小走りで寝室に逃げた。床に座り、泣きながら蹴られた箇所をさすっている母の背中が今も焼き付いている。

あの時「大丈夫?」と声をかけていれば、母は少しは救われただろうか。勇気をだして父に立ち向かっていれば、何か変わっていただろうか。まだ10歳にもならない私には、見て見ぬふりをして逃げるのが精一杯だった。

数年後父は出ていくのだが、出ていったあとは母が怖かった。

教育ママで、言う通りにしなければ怒る。

宿題参考書を解いてるときは横に張りつき。解いてる途中でも、少しでも違っていれば頭をはたかれる。

怒られてる時は一切口答えできない。ただ泣いて我慢するしかなかった。怒りながらテーブルガンガン叩いているのが恐怖だった。物が飛んでくることもしょっちゅうだった。母へプレゼントしたコップが飛んできた時は凹んだ。

高校受験前は、ありがたくも塾に通わせてもらってたんだけど、志望校には落ちてしまった。「この金食い虫が」と言われた。

土下座して滑り止めの高校入学させてもらった。「資格をたくさん取ってたくさん勉強します」と念書も書かされた。

「お母さんは、よその着飾っている母親たちとは違う」「お母さんは、あなたよりもあなたのことを知っている。だからお母さんの言うことを聞きなさい」が口癖。

高校に上がると私は反抗する術を覚えた。口では勝てないので私も物に当たるようになった。この破壊行動は、20代に入り就職実家を出る頃まで続く。母は自分に都合の悪いことは知らぬ存ぜぬを貫く人で、話し合いで解決したことひとつもない。

話が通じないから物に当たることしかできず、ガラスを何枚も割り、扇風機や障子も躊躇なく投げた。

物を破壊しても満足できなければ、母を張り倒した。

母なんて死ねばいいと本気で思っていた。そのうち本当に殺してしまうんじゃないか自分が怖くなるときもあった。

あれから幾年。私は30代に入り、母はとっくに還暦を過ぎた。母はだいぶ丸くなったが、私は未だに母の前では笑えない。丸くなったといっても、私の就職先にケチをつけたり頼んでもないのに転職先をリストアップしてくるから本質は変わっていないと思う。

父の消息は知らない。高校卒業時、親戚の計らいで私とだけ再会したことがあったが、その後お金をせびられたので連絡を絶った。

母は、父から暴力を受けていたことは覚えていないという。私に吐いた暴言も、覚えていないと言う。

周りからは「女手一つで大学まで行かせてくれたんだから」「留学もさせてくれたんだから」「今は丸くなってるんだから」親を大事しろと言われる。

でも、大人になった今でも、忘れられない。

母に叩かれていたこと。

友達の家に遊びに行く度に、友達の家に「遊ぶな帰ってこい」と電話をかけてきたこと。

金食い虫と言われたこと。

土下座させられたこと。

反論するたびに出ていけと言われたこ

学校を辞めさせると脅されたこと。

辛かったことを伝える度に、私がそんなことを言うわけないと否定されつづけたこと。

かに助けてほしかったけど、誰にも言えなかったこと。

父に蹴られる母の泣き声と破片だらけの床。

「産んでくれたから」「学費を出してくれたから」ぜんぶ忘れて、水に流して、優しくしなければいけないのだろうか。

こういった、俗に言う辛い過去を抱える人は今は成功して幸せになりがちだと思うのだが、私は平々凡々。むしろパワハラ上司に負けて会社を辞めてニートまっしぐらだ。唯一の救いは、こんな私を見捨てないでくれている彼氏と、飼い猫が私にはもったいないぐらい可愛いことぐらいだ。いやそれで十分なんだけど。

から、初耳学のあの発表を見て、封印していた黒くてドロドロしたものが溢れ出てしまった。

いつか父のように暴力をふるってしまうのだろうか。

お金にだらしなくなってしまうのだろうか。

母のように、言ったことを「言ってない」と言い張り相手を混乱させてしまうのだろうか。

それとも母やみんなの言う通り、私は金食い虫で、一人っ子から甘くて、事実じゃないことばかり言っていて、親不孝なのだろうか。

2018-11-18

包丁研いでたら頭痛くなってきた

これは何?殺人衝動でも始まるの?

風邪やろなあ

2018-11-17

人はよく俺にお金解決すると言うが、全然そんなことはないぞ。

お金をかけないように散々努力して努力してどうにもならないことを理解してやっと投資してるんだぞ。

あるいは時間工賃として適正だからスパッと払うんだぞ。

必要から、対価だから、支払いしてるだけだ。

計画衝動で散財してる奴らと一緒にするな。

2018-11-16

なんで日本国家って平成時代一貫して魅力がないの?

 何らかの絶対的根拠、魅力が国家にあるからこそ日本人は全国にこんだけの

事務所を建てるだけのモチベがあったと思うんだけど、今は警察官をはじめとして

凄まじく魅力がないし、国家で脳が勃起する若者もいないし、事務所を設けてまで

やる気だったのに、何で今はこんなにみんなから嫌われてるの?

あっさりと根拠、魅力がなくなるようなものなのに、昭和時代からガチでその気になって

事務所まで建設したのは、どういう事情があったのか分からないし、よくもまあそこまで

するほど脳ミソが勃起したな。まして魅力がなくなってからも、延々と文書を作り続け、

今や文書はない、あるのは暴力しか見えないのに、そこまで腐り果ててまで死を認めない

その原動力はどこから来るのか。何にしても、結局続かなかったのに、永遠に続くと思い込んで

しっかりした事務所を全国に作り、今ではもはや誰から勃起されないのに、醜く続けている

その衝動はどこからくるのか分からない。別に愛情も魅力もないのに、様式化して続けてるだけで

何の意味もないのに続けるお前のモチベが分からないし、少なくとも様式で脳が勃起する日本人

少数派だし、いずれにせよ、もう様式しかないお前、みんなから嫌われているぞ。

anond:20181116012322

何をそんなに怒っているのか私にはわかりませんし、あなた事情があったとしても、私は見ず知らずのあなたの怒りを受け止めるサンドバッグではありませんし聖母にもなれません。

また、“性の衝動を抑える”というのはジェンダーロールではなく、男女関係なく、合意のもとではないセックス=暴力を抑止するための基本的人間関係のありかたです。履き違えないでくださいね

anond:20181116012136

短絡的な人も短絡的になる背景があるとは思えませんか?人間ですよ?短絡的になることだってあるでしょう?寄り添えないですか?

あなた無意識相手に「性の衝動を抑えられる立派な男性」のジェンダーロールを求めていませんか?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?

尊重できるんですか?尊重しているんですか?尊重した結果がその2行ですか?本当に?本当に?本当に?本当に?本当に?

短絡的すぎる人に価値はないですよねえ?人間だったら短絡せずに人を人として尊重する立派でなくては人間ではありませんよねえ?やっぱり人間であるハードルって高いですねえ

2018-11-14

anond:20181114001032

本人でない他者が「時間泥棒」と宣うことは、つまり価値に乏しいと言っているに等しい。

君は他人の心が読めるのか。君の人生はそれほどに価値に富んでいるか

保育園長男子を藤井聡太くんみたいにしようと思って」という初期衝動

単純に将棋を軽視していただけではあるまいか

時間資源として投資することに慣れてないなら、習い事はさせない方が子供のためかもしれない。

そも、子供を育てること自体時間泥棒とは言えまいか

言えないというならその由を述べよ。

2018-11-13

専門用語なんてどうでもいいけど

衝動的に行動せずに、一度立ち止まって検索してみるくらいのリテラシーは欲しい。

俺は専門用語利用して話すけど、お前らは調べろよな。


って言ってる奴がいるとしたら、もれなくクズだけどな。

anond:20181113114523

ブロント語なんてどうでもいいけど

衝動的に行動せずに、一度立ち止まって検索してみるくらいのリテラシーは欲しい。

2018-11-12

anond:20181112172855

バスソルトの後継と言われている危険ドラッグ「フラッカ」で検索したら、フラッカおかしくなって電車内で他人に殴りかかる動画とか出て来て。本当にフラッカのせいかどうかは判らないが。薬のせいで暴力を振るうような衝動に駆られるのは普通にあるんじゃないか?という気はした。

ドラマ現実味というのはプロ的な見方で「同じせん妄が現れても、こういう表情はしない」みたいな話なんだと思う。製作現場も含めてプロ的な「これはリアル」みたいな話はそりゃあるとは思うけど。フィクションにそういうのを望むのはどうだろうか…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん