「制度」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 制度とは

2017-11-22

投票率を上げるには源泉徴収止めればいい。

日本投票率が低いのは人々が政治に関心がないからではなく、

源泉徴収という日本独自制度のせいで、税金を取られているという感覚日本人にないかである

もし投票率を上げたいと言うなら源泉徴収を止めるべきである

逮捕有罪と思ってる中世ブクマカ

普段司法制度問題点良識派っぽくコメントするくせに児ポ自白だと手の平返すんだなあ、まだ書類送検されただけなんだけど。

今どき、会社員でも逮捕されただけで辞職させられたりしないのに。

anond:20171121095552

私が休職した時はこの本が役立ちました。

図解 やさしくわかるうつ病から職場復帰―復職成功させるポイント

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/481635770X/ref=cm_cr_arp_mb_bdcrb_top?ie=UTF8

公的機関支援制度について知らなかったので、休職中はこれで知った自立支援制度医療費負担がなくなりました。

回復するまでは、鬱にありがちな休むことへの罪悪感が治癒の妨げになるのでとにかく休んでいいんだ、と自分安心させる手助けになりました。

また、家族や周囲の人の対応言葉が辛く感じる場合もあるので、どういう言動を避けるべきかについても参考になりました。

自分場合は寝たきりに近い状態になり、鬱が回復した後も体力が回復するまで時間がかかりました。医療は全くの素人ですが、その経験から考えても散歩の習慣は負担にならない程度に維持されるのが望ましいと思います上記の本でも、要治療期を経て以降は、適度な運動を勧めています

2017-11-21

anond:20171121130302

そもそも論として、なぜ少子化がいけないかというのは永久的に人口が増え続けていかないと維持できない社会制度人口ボーナス期に作られたせいであって。

永久的に増える人口が前提なんてねずみ講と同じなんだからむしろ減少傾向にあることの方が大きな流れとしては正しいんだけどな。

今の年金制度なんて、先に振り込んだ人のところにあとから振り込んだ人のお金が入るんだからねずみ講以外のなにものでもないじゃん。

仮に今強制的子供を増やす政策女性人権を前時代的に抑圧するとか、結婚強制させるとか)して増えても、他の国が開発したAIとか先端機器が輸入されてきて結局人あまりになって逆移民政策日本から海外への移住者を促進する)させられる未来が見えるけどねー

結婚出産を前提にした少子化政策は今後促進する方が将来的に日本を落ちぶれさせると思うよ。

FPSにアンロック制度必要だよ派の意見』を読んだFPSにアンロック制度不要だよ派の意見

FPSにアンロック制度必要だよ派の意見

https://togetter.com/li/1173613

以下の文章において、アンロック制度とは武器や装備などゲームプレイに直接影響を及ぼすもの使用する権利一定タスク消化等によって獲得するシステムである、という定義を用いている
(つまり、外観の変わるスキンなどはアンロック制度として扱わない)。
また、FPSゲームという表題ではあるがTPSゲームも同様のゲームとして扱う。
なお、「FPSにアンロック制度不要だよ派の意見」としたが、不要だよ派に属する一個人見解であり、
不要だよ派を代表するものではないことを予めお断りしておく。

  • 強さがそれほどでもない武器や装備であればアンロック制度の下に置かれていてもよいという指摘については、
    強さ自体問題にしているのではなく、それが強いかどうかをすぐに自分で試す機会が得られないことが問題であると考える。

ここまで書いて推敲していく中で、要するにマッチングシステムが適正であれば文句はないのではないか、という止揚を得た。
アンロック進捗度が同程度のプレイヤーと対戦する場合においては公平であり、アンロック制度必要だよ派が提唱するメリットも得られる。
しかしそこで新たに問題となるのは、同程度のプレイヤーが十分な数存在するのか、そのようなマッチング現実的時間内に達成されうるかということである
が、これは別途考えるべき課題であるとして、いったん議論を区切る。


*1: 成功例として挙げたOverwatchであるが、アンロック制度とは別の話ではあるものの、同じチーム内で同じキャラを選べないという制約により、使いたいキャラを使えない場合があるという点において問題がある。あらかじめ希望するキャラを設定して被らないようにマッチングするシステムが導入され機能すれば、その問題解決されるであろう。

追記1: 改行を加えて視認性を改善した。

anond:20171121093115

検索エンジンの開発なんかおいそれとやれるわけねーだろ。

じゃあ電力会社水道会社が「黒人には供給しません」と言ったら

黒人自分たち電線引いて水道管を埋めないといけないのか?

自動車メーカー差別的なことをやりはじめたら「嫌なら自動車を作れよ」ということになるの?

有名メーカー保有する先進的な技術はガッチガチ特許で固められてるけどマイノリティは新技術を開発しないといけないわけ?

そりゃコスト押し付けてるだけだろ。

と書いていて思いついたけど特許制度全面的廃止する前提ならそんな世界も実現するかもしれんな。

ネットワーク外部性問題とかあるとはいえ。

anond:20171121004354

少数派の尊重とはまず議論すること

制度として国会議論がある

少数派の意見を取り入れて修正可能もの修正してその上で決議する

強行採決だなんだと批判されてるけれど少なくともその手順は踏んでいる

もちろん絶対に譲れない部分は譲るべきではないが合意形成努力はすべきである

https://mobile.twitter.com/kikumaco/status/932471176084865024

民主主義多数決ではない」というテーゼが俺には何を示しているのかよくわからないのだけど、少数派の尊重なるもの意思決定において実際に制度化されてるわけでなく、表現の自由等で消極的に認められているものだとしたら、少数派には妥協するインセンティブはないよね。

どうせ意思決定に反映されるんじゃなかったら、思想一貫性を重視したほうがいいんじゃない

少数派は妥協しないか無視されるのだ!としたら、多数派妥協するのかどうかが問われるわけだけど、そこんところもよくわからんし。

多数派妥協しないとしたら少数派云々の言明自体意味を持たないわけで。

2017-11-20

anond:20171120162901

そもそも子供を産みたくないって言っている人の意見が、苦労や痛みを伴って産んだものの大した保証もないし共働き前提で育てにくい環境が嫌だからっていう話なんじゃないの?

そこを少しでも解消するための政策として国が補償制度を設けているんでしょ。お金がかかることも調べればわかることだし。

可愛い子供を産み育てられればそれでいいって思ってる人は家族手当だの扶養控除のことなんてとくに気にしてないよ。

そういう大変でお金がかかることを何もしようとしていないのに同じ手当を受けられる権利を得るっておかしな話じゃない?

事実婚なんてなんで必要なのかわからない

籍入れりゃいいじゃん。

簡単だよ。お役所書類貰って書くだけ。添付書類保証人は居るけど、それだけで家族

たったそれだけ。嫌になったら離婚すりゃいい。これだって書類1枚で済む。

そりゃ大抵離婚の時金とかで揉めて書類1枚じゃ済まないのが現実だけどさ、それ当人同士の問題だよね?

手続き上は紙1枚で済むの。面倒にしてるのは自分達の問題自己責任

揉めるのは原因があるからで、それは結婚っていう制度問題じゃないの。別の問題。揉める奴は事実婚でも揉めるから手間は同じ。

最近議論過熱してる夫婦別姓同性婚検討したくなるのは解るよ。賛成反対は明言しないけど。

でも事実婚はわからない。

家族と同等に扱って欲しいなら籍入れりゃいいんだよ。同じだけ相続したいなら籍入れりゃいいんだよ。

責任取って欲しいなら籍入れりゃいい。法に守ってもらいたいなら籍入れればいい。それだけの事じゃん。

家族じゃない身軽さが欲しいんでしょ?義務権利も無いから身軽なんだよ。本人が望んだことじゃん。それの何が問題なの?

欧米事実婚ってスタイルができたのは宗教上の兼合いでしょ。うちの国主流の宗教違うじゃん。離婚再婚制限無いじゃん。

結婚という制度自体を無くせ!オール事実婚計画!って言われた方がまだ納得できる。

でも結婚事実婚区別した状態で既婚者と同等の権利を!って意味わかんない。籍入れろよ。

子どもに金をやりたいがその親に渡すことは避けたい

これが本音だろ。

実現するには親子の制度根本から見直すしかない。

お前がポル・ポトになるんだよ。

anond:20171120122302

税金無い国もあるけど

日本国税金制度選挙で選ばれた議員が作ってるわけだが

同じように増田に書いてる事を掲げて立候補すれば?

有権者の賛成多数なら実現できるよ?

2017-11-19

anond:20171119184401

給付の維持なんて増税するから大丈夫だよ。子なしの年金給付金を捻出するための増税だし、消費税アップなんだもん。とは言ってもせいぜい今の2倍も払わないと思うけどな。

受給額が150万円ってのはインフレ補正の話?ただ単に貰えないんじゃってこと?前者ならインフレ補正50%から物価が2倍になれば仰る通り150万円の価値しか貰えない。インフレ目標2%ってのは、毎年1%ずつ年金負担が軽くなる目的ももちろんある。後者であれば少子化回復したら無いよ。勘違いしてるかもしれないけど、団塊はあと20年もしないで平均寿命を迎えるから、景気いい状態キープして年金積立金の運用益を出して、消費税10%で、インフレ2%で何とかしのげる。問題団塊ジュニアだ。ここが年金受給開始まであと20ちょっと。つまりは今すぐ出生率回復したら団塊ジュニア年金受給開始の頃に成人になり、働き始めるまでの数年を国債でしのげばだいぶ軽くなる。

少子化回復しなかったら消費税20%コースか、子なしには年金が出ないか少ないか、もしくは60歳以上の保険制限されてつまりはまともな治療受けれずさっさと死ねってところじゃないかな。

別に俺も現行制度を支持してるわけじゃない。しかし、今の制度も知らずに批判をするのは違うと思うぞ。

airbab3か月くらいやった感想

動機

2LDK住まいで1室空いていたから。

あと、人を部屋に呼ぶときくらいしか真面目に掃除せず、医者から「部屋のほこりは意外と病気の原因になる」とか言われ、そうはいっても小まめに掃除する気が起きない

→常時人が来れば掃除するんじゃね?と思ったから。

部屋のスペック

2LDK洋室。定員2名まで。

初期投資

  • 予備のふとんはあったが計3人分はなかったので1セット買い足し。
  • シーツや毛布はあったがボロかったので新調。
  • その他便座カバーなど小物も気になったところは新調し、
  • ゲスト用のキーボックスや自室の鍵などもろもろ購入。

計4,5万くらいか

一泊の儲け

2000円台前半。正直、Airbab始めるまでは日本ブームで1泊4000円くらい稼げるかと思ったが、家の立地は悪くないとはいえ、山手線の駅徒歩2分とかではないし、宿みたいにコーヒー無料とかデザイナーマンションとかではなく、宿泊者にとって泊まる以外の魅力はない。

よって自然価格競争に巻き込まれAirbab最低価格くらいで出している。

今までの儲け

月3,4万くらい。2人で泊まりに来てくれると1泊あたりの儲けが増えるのでおいしい。

良かったこ

お金はそうだし、思惑通り、家をきれいに保つ動機が出来ていること。家がとてもきれいです。

悪かったこ

当然だが、ゲストが退室してから入室するまでの間に掃除をしないといけないので、平日仕事夜遅くなると辛い。なんで帰ってから部屋掃除しないといけないねん…と。

その他

最初は知らない人間を部屋に上げるのに抵抗があったが、今となっては慣れてしまって「一室はゲストの部屋」という感覚ゲスト退室~入室までは2日間空けるようairbabで設定し、余裕を持って宿泊業を回せるようにしている。

(その分収入は減るが、元々部屋をきれいに保つために始めたので)

社交的ではないのでゲストとのコミュニケーションには不安があったが、シェアハウスみたいなものなのであまり会話せず、こちらも気にならなくなった。

airbabで稼いだカネは初期投資と、ハウスキーピングにカネを回しているのでトントン。例えばプロ業者を呼んで洗濯機風呂掃除してもらうとか。もうちょっとカネ貯まったらルンバとか買うかも。

今の所そんな感じ。

余談

airbabではホスト評価制度があり、満点が★5。この平均が★4以下ならペナルティとなるのだが、特に評価に厳しいのが日本人(特に女性)で、平気で★3とかつけてくる。理由些細なもの(とこちらは思うのだが)宿泊者側なので文句は言えない。

正直、日本人女子には泊まってほしくないし、外人日本マーケット評価が厳しい、と口にする理由が分かる気がした。

いじめの克服

労働者であれば法的に様々な保護がありますブラック労働者であっても、証拠を持って役所に駆け込めば幾らかはまだ保護されます

経営者であればほぼ保護がありません。

それは別に否定しません。守ってもらえる制度が使える条件下にあるなら、最大限利用すれば良い。

 

いじめを克服した体験

上記文を読んで思い出したのが、中学生とき学校いじめられた体験

 

いじめられていたA君

クラスで一人の男子毎日暴力を振るわれてイジメられていた。

プロレスごっこと称して、不良の連中がおとなしいA君をプロレス技をかける実験台にしていた。

先生学校に訴えても効果がなくて、毎日プロレスごっこが開催されていた。生徒たちはみんな自分ターゲットにされることを恐れて止めに入らない。

 

ターゲットにされた私

私は帰国子女なのでハッキリものを言うタイプでした。

A君にプロレスごっこ楽しいか?続けたいか確認してみたら無言で意思表示がなかった。(自分楽しい遊びなら「YES」と言えるはずだ)

不良の連中にA君とプロレスごっこをやめるように言って、A君が技をかけられていたら止めに入った。

そしたら案の定、不良の連中はA君の代わりに私をターゲットにした。A君は無抵抗なので反応がなくてつまらないけど、私は徹底的に抵抗するので反応があって楽しい

それから毎日学校暴力を振るわれて、ボコボコにされる日々が続いた。でも学校は休まなかったw

 

助け舟を出してくれたB君

私が毎日いじめられていることを知った別クラスのB君が助け舟を出してくれた。B君は空手をやっており私も一緒にやろうと誘ってくれた。

私は空手柔道などの格闘技で鍛えて喧嘩が強くなり、不良の連中を全員〆ることができた。(プロレスごっこ消滅して、A君も私もいじめる人はいなくなった)

大人になった今ならもっと別の解決方法があったと分かるけど、子どもときは誰も教えてくれなかったか暴力解決した)

 

マッチョ思想

問題があれば力ずくでも解決する」というマッチョな発想が、いじめを克服した体験によって、身についてしまっているのかもしれない。

「金がなくて困ってる?会社が嫌で行きたくない?だったら自分で稼げば良いじゃん?」という発想は自分にとっては自然だけど、他人にとっては無理な場合もありますね?

今の自分は、助け舟を出してくれたB君を真似しているつもりでも、実際には真似できていないのでしょう。

顔の見えない相手じゃ、齟齬を重ねるだけになるのかもしれませんね?(コミュニケーションは難しい)

 

今の自分ではB君のようにはなれないけど、他人が困っているのを黙って見過ごすような人は減って欲しいと思ってます

起業?やりたければやれば良い。起業はしたくない…誰かに助けてもらえるなら、助けてもらえば良い(無理に起業する必要はない)、というのがベストでしょうね?

anond:20171119123905

まあ、芝居臭いよね。

消費税とか、TPPとか、自民ボコボコに叩かれたらむしろ民主はそれよりも国民から反対側に行ってたもの

今回の選挙も、自民前原民進も両方消費税賛成で、ボコボコに叩かれたから、小池希望がでたが、安保法制安倍憲法解釈改憲の支持で選択肢をなくさせるような感じだった。

そこに枝野がたったけど。

やはり小選挙区制簡単談合が成り立つという時点で欠陥制度だわ。

無党派のままで、どの政策についてはどの立場だ。という立場にたったほうがいい。

女性賃金が上がると少子化は不可逆的に進行。ったくマジで女性現実を見ろよ、クソだなー

anond:20171118110723

女性の上昇婚志向、男女の社会的平等社会の存続はトリレンマ

https://anond.hatelabo.jp/20150524232846

女性は上昇婚志向をなくせない(ノルウェーでも上昇婚志向が残ってる)、結果的少子化は不可逆的に進む。

そのためEUでは移民を導入せざる得なかった。

id:htnmiki id:fumirui id:Seitekisyoujyo id:asahiko

これは社会制度設計問題で過渡期はこうなる。その先に「働きながら子育て」が難なくできる社会設計しなければ。というかそっちが先だろと思うが「そういう人」が沢山いないと変わらないのが社会でもある。

十分に女性が働きやすくなっているフランスですら出生率1.4台という

http://vpoint.jp/world/eu/97124.html

この時よりも悪くなってるんだろうか http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9020.html

配偶者控除不公平感を減らす制度だと思ってる

世帯課税というのを見て、単純に不公平が解消されたと思った。

日本では累進課税を取り入れているので、同じ世帯収入1,000万円でも、夫500万円、妻500万円と夫1,000万円、妻0円では世帯収入が同じであっても課税額が全然違って不公平だと思ってた。どれくらい違うかは計算してみればいい。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

ちょっと前まで格差拡大が騒がれ、格差の拡大がいか社会不安をもたらすかが取りざたされていたけれど、配偶者高額所得者であってもやすい税率で計算した手取りがもらえることになるので、配偶者の稼ぎに関係なく安い所得税が惹かれた手取りを得て、世帯間の格差助長すると思ってた。

配偶者控除世帯収入に対して影響を与える制度で、世帯収入額が同額でも働き方で課税額が変わるという不公平さで暴動が起きないようにするための黙らせ役だと思ってた。

配偶者控除廃止するというのは増税になるから嫌だという思いは多少あるが、世帯課税するとなるとこの不公平感が解消されるので、納得感がある増税になっていると思う。

anond:20171117175858

2017-11-18

anond:20171118190426

結婚する男が家事をするかどうかは問題にしてないの。読解力ないなバカ

世間体として、どんな立場になっても女は「良き妻」でないといけないという価値観蔓延してることが問題なの。

家事する男はそりゃいるさ。実際そういうやつと付き合ってるし。

被害妄想やめろよ。

お前が女に選ばれないのは、結婚という世間体のためにする制度の上で魅力がないってことだよ。

改姓問題結婚暗礁に乗り上げてるわけだが

大学時代から7年付き合った彼女結婚を申し込んだ。幸運なことに、彼女YESといってくれたが、一つ問題が発生した。今ちょっとトレンドになっている改姓の問題彼女は姓を変えることにものすごく強い抵抗を抱いており、「まあ普通に考えて俺の姓になってくれるやろ」と見込んでいた俺は、選択を迫られることになった。彼女の姓になるか、入籍をいつになるかわからない夫婦別姓ができるときまで延長するか。

彼女の姓は日本彼女一族しか名乗っていない珍名字で、ちょっとかっこいい響きがある。彼女は女きょうだいで、お姉さんは結婚ですでに改姓している。とはいハトコに既婚の男性がいて、姓が俺達の世代でなくなってしまうという危険はなさそう。対して俺は日本人に多い姓。そういう状況。

自身は改姓してもいいと思っているんだが、ちらっと実家相談したところ、男が改姓なんてとんでもない!事実婚なんてさらさらにみっともない!!みたいな反応がかえってきて、流石に結婚反対とまでは言わないが、なんてワガママ彼女なんだ。説得してこいみたいな、そういういやーーな雰囲気が流れてる。もちろん俺の人生なので最終的には俺の自由にするが、結婚に際して実家からなんだか祝福されないというのはやっぱり、気分が沈む。頭の硬い保守的実家だが俺の大好きなひとたちなんだ。もちろん、実家夫婦別姓制度にも反対するかも知れないが、息子の姓が変わるとか事実婚というショックよりはまだ妥協してもらえるんじゃないかと思っている。こういうカップル、少なくないと思うんだよな。どうなんだろう。

anond:20171117234138

マクロで見て、適正数を超えたか自然と適正数に戻るようによりもどしが起きてるだけなのでは?

社会保障制度があるから人口構造計画と違ってくると困るということで、成人した個体自給自足ないし個々人で生命維持のための共同体構成し、それが不可能になったら死ぬのが当たり前だったら少子化問題になることすらなかっただろうね。

大学による雇い止めも仕方がない

東北大学秘書雇い止め危機を伝える新聞記事http://www.asahi.com/articles/ASKC16D0XKC1UNHB00P.html)が話題だ。大学関係者としての想像だが、雇い止めは誰も望んでいないはずだ。秘書本人はもちろん、研究室教授や関連する学部事務職員なども、できることなら続けてもらいたいと思っていることと思う。それでも雇い止め危機は来る。

ブックマークコメントでは「雇い止めとかふざけるな、無期雇用しろよ」という論調コメントも多い。お怒りは尤もである。尤もなのだが、話はそう単純ではなく、仕方がない面もあると思う。

原因は、教授大学組織の心意気の問題ではなく、大学予算システムにある。建前の上では、(労働契約法の)趣旨に反した雇い止めをこれから行うというよりも、(大学予算制度の)趣旨に反した継続雇用をこれまで行ってきたと言える。およそ大学で働く人の実感とはかけ離れているが、かけ離れているが故に問題である

どういうことかを説明するには、大学予算の話をしなければならない。面倒だが付き合っていただきたい。

研究室秘書を雇うとなると、まず間違いなく、人件費の原資は「競争資金」のはずだ。競争資金とは、各研究者研究計画(「こういう価値のある研究を、こういう計画実施したいと思うので、これだけの予算を下さい」という申請書)を提出し、その中で優れたと判断された計画予算が割り当てられるという仕組みだ。競争に勝って予算が得られれば、研究計画に関する事務をお願いするために、秘書を雇う(ことがある)。雇い止めとの関係で言えば、ポイントは3つ。

1
つの研究計画の期間は2~5年ほど
2
秘書雇用は、教授研究室に紐づいているのではなく、(少なくとも建前としては)研究計画に紐づいている
3
競争に敗れると、雇うための予算がない

から2~5年は雇う約束ができても、ずっと雇う約束はできない。そもそも、5年を超える秘書業務は建前上は存在しないのだ。記事秘書の方は勤続12年だそうだが、建前としては、4つか5つの研究計画実施事務処理を行ってきたはずだ。3年+3年+3年+1年+2年とか、そんなところだと思う。(労働条件通知書には、どの研究計画業務を行うかが明記してあったと思う。確か。だから研究計画の切り替わりの前後での仕事は、書類上は、「従事すべき業務の内容」が違う別の仕事ということになる。たぶん。)

無期雇用にするのが難しいのは、こうした建前の現行システムのせいだ。建前に忠実に従うと、5年以内での雇い止めおかしいのではなく、3年+3年のような研究計画を跨いだ連続した雇用の方が歪んでいることになる。そもそも、「雇い止め」ではない。本来職務は「3年間の研究計画に付随する事務」という時期に限りのある業務で、約束した仕事が終わったので雇用契約が満了するだけなのだ。次年度から新しい研究計画が動き出すかもしれないが、それは別の話。皮肉なことに、原理原則に従うと、雇用の期間は5年よりも短くなり、雇用不安定性は増す。建前上は、無期雇用が相当な仕事はない。誰も得をしない。

じゃあ、どうしたらいいのだろうか。

競争資金に落ちたので、来年度は雇えません」というのが解雇の正当な理由になるのであれば、さらにそのことが各大学執行部の共通認識になれば、無期雇用への切り替えを恐れて5年で雇い止めをする必要はなくなるのではないだろうか。ちなみに、無期雇用は必ずしも終身雇用意味しない。業務が明確に定められていて、その業務がなくなってしまうのであれば、無期雇用者解雇も認められるはず。したがって、「研究計画遂行に係る事務」のみを業務にしていた場合、「競争資金に落ちた」は正当な理由になってもいいと、個人的には思う。労働法務は素人だけど。東北大学教授くらいになると、競争資金も安定して取れるので、本当に解雇が発生するリスクは大きくない。一方で、現実秘書業務研究計画との紐づけが若干緩く、研究計画との関連の薄い研究室運営業務もお願いしていたりするので、そういった所は改める必要があるのかもしれない。

研究室秘書雇い止め類似問題として、学科の有期契約事務職員の雇い止めがある。秘書業務は建前上は研究計画に紐づく期間に限りのある業務から研究計画の終了で雇用契約が終わることも止む無いが、学科事務は恒久的に発生する仕事で無期雇用が相当だと、個人的には思う。また若手研究者雇用不安定性の問題もある。

※ 今回報道された問題は、全国の大学で目にできる、ありふれた問題だ。また新しい問題でもない。2012年の段階から議論されてきている(例えば http://d.hatena.ne.jp/scicom/20120422/p1)。

寄付金控除の制度が腑に落ちない

ちびちび寄付をしてるけれど、年末から寄付金控除のお知らせが目に入ってくる。

なんか納税額ちょっと減るっぽいんだけど、いまいち腑に落ちない。

納税額が減るってことは、国の収入が減るってことで、見方によっては国に寄付金の一部を払ってもらってることになる。

となると、国民のみなさまに無理やり寄付金の一部を払わせてることになるわけで…。

自分の好きで寄付してるのに、なんで国民のみなさまにまで勝手に影響を及ぼしてるの?

きっぱりと全額自分負担にすればいいじゃん、寄付なんだから、って思っちゃう

考え方間違ってる?なんでこんな制度があるの?

2017-11-17

anond:20171117225300

医療介護年金社会保障費は、現役世代から回収した年金保険で足りない分は税金でまかなってるよ。メインは消費税だったと思うが。社会保障費の支出の三分の一くらいは税金が財源。

団塊の子無しのせいで消費税10%になるって言っても多少言い過ぎだけど間違いではないし、子無しの年金支払いの負担のせいで大学無償化が遠のき、つまり教育お金が回らないというのも事実

元増田が言ってる誰が払うと思ってんだってのも多少的外れかなと思う。今の制度上はね。

子無し世帯税みたいな話のコメント見てると

「○○にもっと配慮してほしい」っていうのは、単純に金銭制度面の話だけじゃなく、精神面で「あの人たちは大変だから優しくしよう」と思ってほしいってことなんだな

まあ素朴な心理としてはごく普通のことだと思うが、人間どうしたって自分が一番かわいいから、実現という意味ではほぼ不可能だろうなあ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん