「不安」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不安とは

2020-05-25

なに、とははっきり書けないけど、なんとかしてほしいがどうにもならないことがある

月の半分くらい事務作業で人が増える

最初は月の1/3くらいだったのになし崩しで増えた

狭い部屋に20人ばかり人が入って事務作業をする

そりゃもう今流行りの3密ってやつだ

「人を分散させないといけないので日を増やし(て人を減らし)た」と言うので、そんなことは無理だろと思ったら、案の定作業日が増えて、来る人の数も増えただけだった

窓開けたくらいじゃどうしようもないんじゃないかと思うが、それくらいしか手がない

これ、ここがクラスタになったらどうすんだろう

そう思って「もしここで出たら自分らどうなるんですか?やっぱり出勤ですか」

「(出勤)停止はないね

ですよね

わかってました

自分がかからない限り出勤しないといけない

リスク背中合わせで仕事である

うそろそろ3ヶ月経とうとしている

他所で自宅待機という話を聞くたびにびくびくしている

職場自分関係者になるのは嫌だが、家族に持って帰るのも嫌だ

自粛要請解除とかい矛盾しまくってるあれで、一旦世間は元の生活に戻るだろう

そしてたぶん第何波かしらないが、またひと波もふた波も来る

いつまで自分が何事もなく仕事できるのか不安しかたない

出歩く人々に罪はない(たぶん)

家に居続けるのも疲れるし飽きる

大阪知事は嫌いだが「出かけるなと言わないが対策はしてくれ」というのはその通りだと思う

他県ナンバーに石投げてるやつ

そんなことしてもなににもならないことはわかっているだろうに、やっていることはDVと変わらない気がする

しかるべき処罰がなされることを切に願う

いらいらするなら筋トレやれ本を読め部屋を片付けろ、そして寝ろ

(つまりまずは君が落ち着け)

ともかく日々の仕事はやるしかない

エンジンオイルのような立場だがんばる

本来業務以外の心配をすることが(可能な限り)なくなるように願う

人が多すぎて嫌とか、旦那息子嫁孫同僚の悪口を吐くのもなんとか受け流そう

そして普段どおり、家族今日はこうだったというたあいのない話がまた聞けるようになりますように

anond:20200525084624

1ヶ月の自粛でも、緊急すぎるとは思ったが、過去ノウハウの蓄積を緊急事態で吐き出して

自粛解除も、まだ0.5人/1 だけど 安心安全で 免疫力が十分とは言えない子供マスクもしないで通学。

まぁ、日本はそうなんだろうし、海外もじきにそうなる。無事コロナが終わるムード。それに意見したら非国民だろうから。すごいなっておもう。学校即時再開か。学校も9月までなら入試を6ヶ月ずらせるけど3ヶ月。それでいいんだろうな。

1人でも死んだら、そいつになんていうんだろうっていうのがあるから、0.5なんだろうけど0.5人という人は居ないけど、この雰囲気なら こんどは

おまえマスクしてるなんてビビりだなぁ マスクはずせよじさん、ほ~ら平気だよ すーはーすーはー ぺっぺぺっぺ だろうな いか安全化を みをもって表現するおじさん とないに何人ぐらい発生したのかな まぁ いいんだけどね もう解除だから いいんだけど 不安だよ でも不安に思うやつはそのうち精神異常だから強制入院っていわれる。

 

でも今日から通学と それを褒める教師はおどろいた。でもそういうもんなんだろうなー。

anond:20200525042242

野球中毒だったのだが、なんか気にならなくなった

転職のためにものすごい集中して勉強してたんだが、勉強しても転職できるか不安で集中できなくなった

オードリー若林を一生恨むだろう

YouTubeオードリー若林ニートに語っている動画を見てしまったんだ。

https://www.youtube.com/watch?v=W_gxIvOgZU8

ニートに対して

「なんの経験もないまま30になりましたよ。親ってのはいつか死ぬんですよ。遺産相続もあるけど結構もってかれる。使い果たしていよいよ働かなきゃいけないときにお前は路頭に迷うんだよ。俺はそれが楽しみなんだ」って言い放ったんだ。

これに殺意を覚えた。

俺は自閉症発達障害精神障害2級だ。

働こうと思っても雇ってもらえない。ついでに障害年金ももらえてない。

金を得る手段がまったくもってないんだ。そんな状況で生きているんだよ。

いずれ路頭に迷うだろう。

からこそ若林言葉が突き刺さったんだよ。

ニートに向けてはなった言葉障害者に突き刺さってるんだよ。

俺は路頭に迷うことを日々不安に感じている。

逃れられないと思っている。

から「路頭に迷うのを楽しみしている」なんて言われたら殺意芽生えるんだよ。

俺は若林を一生恨み続ける。

2020-05-24

Vol.106 政府による布マスク生産調達について、皆様の疑問にお答え

医療ガバナンス学会 (2020年5月21日 06:00)

 

経済産業省 政策統括調整官

江崎 禎英

2020年5月21日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

新型コロナウイルスへの対応のなかで、その危機シンボルのように扱われてきたマスク。ここに来て仮設店舗飲食店などでも50枚入りが一箱2000円前後販売されるようになり、ひと頃のようなマスク不足の状況は改善しつつあります

そうした中で、政府実施している一世帯2枚の布マスクの配布について、これを疑問視する意見が増えています。配布されたマスクに髪の毛や糸くずが入っていたり、カビと思われる変色したマスクがあったとの報道を耳にされた方もいらっしゃるでしょう。問題のあるマスクは速やかに交換する対応を行っているところですが、実際に手にされた方に不安と不信感を与えてしまいましたことは、心からお詫び申し上げたいと思います

 

マスクを巡る一連の対応への批判は、政府としてこれを真摯に受け止めるのは当然です。しかしながら、実際にマスク製造した事業者にも厳しい批判の目が向けられていることは、この作業をお願いした立場にある者として誠に申し訳なく思っております。今後市場に出回るマスク供給量が増え、マスク不足に対する危機感が薄れるにつれて、今般の布マスク生産に携わった事業者に対していっそう厳しい目が向けられる可能性があります緊急時対応平時基準によって評価されることは往々にしてあり得ることですが、懸念すべきは、そうした評価が広がることによって、今後、国の緊急事態に協力しようとする企業が現れなくなってしまうことです。

先日の国会審議の中では、「政府が配る布マスクはその大半が不良品であり全て廃棄すべき」といった趣旨議論が展開されたため、その経緯を理解していただくために、質疑に割り込む形で答弁をさせていただきました。しかし、私の答弁は通告された質問に答えるものではなかったために、怒号と叱責の中で十分にお伝えすることができませんでした。そこでこの場をお借りして、多くの方の疑問にお答えする形で、その背景と経緯について書き記しておきたいと思います

 

<なぜ、布マスクだったのか>

再利用を前提とした長期間使用可能な布製マスクを大量に生産調達することによって需給ギャップを埋め、使い捨てマスク医療関係者等に優先的に回せる環境を整えようとしたのが、布マスクに取り組んだ最大の理由です。

本年1月から、それまで国内供給の8割程度を占めていた中国からマスクの輸入が途絶え、マスクの品薄状態が始まりました。このため2月にはマスクを求めて早朝から店舗の前に行列ができる状況となり、国会等でもマスク供給を増やせとの指摘が相次ぎました。2月下旬には、マスクの買い占め防止のためにネットオークション自粛を求めると共に、国内生産設備の増強を含めた供給量拡大に取り組みました。

しかしながら、当時の国内におけるマスク供給能力は月産4億枚程度であり、その殆どが不織布を用いた使い捨てタイプでした。国内生産力増強のための補助金に応募した企業も全て不織布を用いた使い捨てマスク用の設備投資でした。この頃、感染症専門家などからは、使い捨てマスク再利用を行うべきでない旨の見解が出されており、需給ギャップは拡大の一途を辿るおそれが生じていました。

このため、ハンカチキッチンペーパーによる手作りマスクなど、使い捨てマスク以外の対応を考える中で、政府としてたどり着いた結論が、ガーゼマスクでした。かつて小学校などで給食当番の際に使っていたガーゼマスクは、洗濯して何度も利用されていました。そこで「健常者による飛沫感染に対する予防としては、手すりやドアノブなどに触れた手で自らの鼻や口に触れないことが重要との観点から、布マスクによっても有効対応可能である」と医療関係者確認し、布マスク生産調達プロジェクトスタートしました。

 

<布マスクは何時までにどれくらいの量を調達しようとしたのか>

マスクが手に入らないことに対する国民不安を軽減するためには、繰り返し使用できる布マスクを来月(4月)末までになんとか1億枚規模で調達できないか」というのが当時の認識でした。私自身がこの布マスク生産調達プロジェクトに参画し、事業者との調整に携わったのはまさにこの頃です。

本年3月には、ドラックストアやスーパー店頭からマスクが消え、一日中マスクに関する報道が流れ、国会でもマスク供給不足に対する政府対応非難する質問が続き、マスク供給のためにあらゆる手を尽くせと責め立てられる状況でした。全国民が一斉にマスクを買い求めるというこれまでに経験したことのない爆発的な需要増の一方、中国からの輸入が全く見通せないなかで、1億枚という規模の目標形成されていきました。

 

<なぜ、日本製マスク調達しなかったのか>

そもそもマスク材料となるガーゼ中国しか生産しておらず、ガーゼ国内在庫殆ど存在しない状況でした。

このため、国内供給できる布マスクは、せいぜい1万枚から多くても10万枚のレベルで、およそ1億枚といった規模には届かない状況でした。仮になんとか国内材料となるガーゼを持ち込んでも、布製マスクを縫製する設備ミシン)や人員を揃えることも困難な状況でした。現在でも、「布製マスクを作るなら日本生産すべきだ」との意見も多いのですが、国内生産設備殆どが不織布を用いた使い捨てマスク用の機械装置です。

 

<なぜ、「興和」を始めとする特定企業とだけ契約したのか>

今年3月時点で、海外で1億枚規模のマスクガーゼ調達するネットワークを有し、布製マスク材料調達から裁断、縫製、検品、袋詰めまでを一貫して行える企業は、興和しかありませんでした。

ただ、興和単独では1億枚規模の生産は困難であったため、中国で縫製関係業務経験のあった伊藤忠とマツオカコーポレションの協力を得て生産体制を構築したものです。

当初、これら3社からは、4月末までに1億枚の生産など到底無理だと言われましたが、日本の窮状を救うためにあらゆる手を尽くして目標を達成して欲しいとお願いしました。結果、ベストシナリオで約9千6百万枚まで積み上げ、1億枚規模の目標達成の可能性ありとして、直ちに材料の確保、製造ラインの立ち上げをスタートしていただきました。

 

<実際のマスク生産体制はどうなっているのか>

4月末までに1億枚規模の生産を行うために、興和だけでも中国において約20カ所の縫製工場と約1万人の縫い子と検査要員を確保しています

これには、興和中国に有する様々なネットワークを駆使して、尋常でないスピードでこの体制を整えたと聞いています伊藤忠やマツオカコーポレーション独自ネットワーク東南アジアの国々に縫製工場人員を確保し、生産を行っています

これだけの人員を集めても、縫い子さん1人当たり1万枚ものマスクを縫製する必要があり、24時間体制での生産を行っています。各工場一定量生産が進んだ段階で検品梱包し、直ちに航空機日本に運ぶといったオペレーションになっています

 

<なぜ、不良品が発生したのか>

当初、興和からは「興和名前が出る以上、従来通りの国内検品を行うのでなければこの仕事は引き受けられない」と強く言われました。しかし、興和国内検品は、一旦全てのマスクを一か所の検品施設に集め、1ミリ程度の縫い目や折り目のずれ、布のほつれも不良品として弾いてしまうというレベル対応です。このため従来どおりの国内検品作業を行っていたのでは目標の半分も達成できない可能性があり、緊急避難的な対応として現地検品を基本とするオペレーションに変更してもらいました。

日本に持ち込んだ後は、配布準備段階で最終チェックを行うのですが、ここでのチェックをすり抜けた不良品利用者の手元に届いてしまたことは誠に申し訳なく思っています。また、自治体によっては、こうした作業保健所に依頼したことで、保健所職員作業を増やす結果になったことも反省点として認識しています

ちなみに、特定医療マスクを除き、マスクに対する国際的品質基準存在しません。また、国内におけるマスク業界団体が出している品質基準ホルムアルデヒドの検出基準が示されているだけで、各社毎の自主基準による検品が基本となっています

不良品報道を受けて、現在では事業者においても自主的に国内検品実施していただいているところです。「受注した以上、企業完璧製品を届けるのが当然だ」といった意見もっともですが、それはあくま平時における常識で、緊急事態対応にまでこれを要求することは酷だと思います。それ故に、これを補う形で国が改めて検品を行っているのですが、この費用に国費を充てるのは問題だとの意見が寄せられているのが現在の状況です。

 

<なぜ、配布が遅れているのか>

4月末までに1億枚の布マスク生産して国内に持ち込むというのは、元々極めて厳しい目標でしたが、緊急事態ということで各社全力で取り組んでいただきました。しか現実には、急遽集めた1万人に及ぶ縫子さんの教育からまり中国国内での物流障害企業活動制限)、更には中国政府によるマスクの輸出規制によって通関で止められるなど次々に問題が発生しました。

しか入国制限によって、これらの問題解決するための職員中国派遣することができません。大使館の協力も得ながらなんとか通関を突破しても、日本へ運ぶ航空機の確保ができないといった状況にも見舞われました。生産物流、通関等々、二重三重障害を乗り越えて国内に持ち込む中で、スケジュールが後ろ倒しになる状況が続いてしまいました。

これに加えて、今般の不良品問題の発生によって、メーカーが全量回収の上国内検品を行うとともに、更に万全を期すために国による検品も行っているために、配布スケジュールしわ寄せが生じる結果となっています

 

最後に>

現在も、関係者尋常ならざる努力によって布マスク生産調達が続いています国民マスク不安を解消するための布マスク生産調達でしたが、状況が落ち着くにつれて、「量、スピード品質」全てに完璧が求められるようになりました。まだ全体のオペレーションが終了していませんが、こうした一連の作業の結果、事業者にとっては大きな持ち出しになることを懸念しています興和では今も職員を総動員して布マスク検品作業を行っています

また、現状では不良品や国による検品費用ばかりに議論が集中し、こうした布マスクの取り組み自体が全て失敗であったかのような議論がなされているのは誠に残念なことです。特に日本危機的な状況を救うために協力してくれた事業者が、結果的社会的批難を受けることがあってはならないと感じています。また、日本のために今も昼夜に亘って布マスク製造してくださっている1万人を越える海外の縫子さん達のためにも、是非事実を知っていただきたいと思い、筆を執りました。

もちろん、だからといって不良品が許されるわけではありません。現在検品には万全を期していますが、万が一不良品が届いた際には速やかに交換させていただきますのでご協力をお願いします。その上で、不良品の状況はきちんと確認評価し、今後の反省材料にしてまいります

なお、まだ一部の方々にしか届いていない布マスクですが、実際に手にされた方からは良い評判もいただいております新型コロナウイルスへの対応は長丁場になる可能性が高いと言われています。是非、多くの方々の努力によって届けられる布マスクをご活用いただき、この災禍を乗り越えていただきたいと思いますよろしくお願い致します。(令和2年5月18日

慨嘆日記

匿名増田は、性格の悪い書き込みが多い。

その人が性格が悪いのではなく、そういう感情の吐き捨て先になっている。

それだけイライラして、どうしていいかからず、自暴自棄になっている。

社会生活では平穏を装いながら、増田を開いては悪感情のタガを緩める。

普段であれば優しい言葉を吐くだろうに、ここではトゲのある言葉を選好する。

その内心のストレス不安・くすぶり・コンプレックスはいかばかりか。

けして昼間の表情から読み取れるものではない。

増田は見苦しくて、建設的な話にならない、どうしようもない場所と思っていた。

だが、匿名であり剥き出しであることで、むしろ雄弁に世情を語るのだな。

荒んでいるのは人の心だ。

社会不安とどういう因果であれ、最も深く病んでいるのは人の心だ。

(俺もその一人であるからには、だからどうだということもないのだが)

anond:20200524060107

こんなんに心配かけてくれてありがとう

そこは各局に自社スタッフ派遣してるらしい。

タレントプロモーション本業っぽい。

多分イッテQやぽつんと一軒家みたいなタイプ企画には関わらないとは思う…

休みとかどうなるのかな?とかそういうことは不安に思う。

若くて何も足かせがないならとりあえず行ってみようと純粋にそれだけを思えたんだろうけど、歳をとりすぎちゃったのかな…

学校再開がこわい

もうすぐ学校が再開する。

文部科学省学校再開ガイドラインを作ったけど、狭い教室で机を1m離すとか難しくない?

給食配膳だってリスクが大きい。

校内の消毒だって、全部教員でやらなければいけない。

手洗いの徹底といっても、十分ではない石鹸アルコール消毒はもっとない。

感染者は減っているけど、もし子供たちが学校感染したら、叩かれるのは学校

溢れる情報保護者子どもたちも不安

こちらも不安でいっぱい。

それは否定的 一部の工場労働についてはもとからかなりの装備 マスクなんて当たり前というクリーンルーム並みの工場も多い。

まり工場系は職場での感染はかなり押さえられる。あやういのは十分に分散通勤をしない場合通勤だろう。

分散通勤について、報道機関が十分な報道をしない以上、もうしなくても大丈夫という意思表明なのだろうが、やはり不安は残るので、分散通勤への指導はほしかった。

いまどきマスクもしない工場はもとからすくない。

おれたちITは言うに及ばず。リモートのほうが危険度は高いなどいわれるまでもないが、自粛でどちらが優先といわれれば、リモート工場通勤を譲って、スペースを工場に譲っても良い。

が、それ以前の段階で経済活動が再開可能専門家判断したのならそれでも良い。

世界的な経済の再開について、IT業界は10年以上の経験を蓄積してきているし、他の業界もそうだろう。

なぜ危険な一律一斉解除を選ぶのか?まぁ、よほど安全になったのだろうとはおもうが、優先度を決めて段階的な3密を避ける状態を続けながらではなく、もうないですよ。と事実上安全宣言が出るのは以外だった。

 

中国様相を見ると、日本中国系の人種コロナに強いというのも否定的フランス並みに致死率が悪化する可能性はこれから大きな気候変動や冬の到来を受けてないとはいえない。が、そういうのは専門家が考えた末の結論だろう。俺たちに言えるのはIT業界にはすくなくとも、まだ提供していないノウハウというものはあるが、必要ないようでなにより。今までのほうが安全からそちらのほうがよい。

経済回復に関しては、十分な議論が聞こえてこない段階での一斉解除で限界で非常に厳しいとはいえコロナの致死率と比べるとまだ余力がある中での解除となると不十分には聞こえるが、安全なんだろうと様子を見ている

 

次回のために言えば、リモートはまだ危険な段階ではあるとしても、コロナの致死率よりは致死率が低い。もしパンデミック再発となるとそのリスクは非常に高い。それと比べると、こういったさいに、十分医療機関が準備を整える時間を稼ぐ自粛できるリモート技術研究は、必要ではあろう。(今回はリモート技術実証事件の場ではない)

 

どうでもいい、馬鹿が考えるとこうなるという見本=自分の例を出しておく。

もうすこし、それぞれの議論に対して、どういう議論を尽くした結果、こういう結末になったのかを、わかりやすく教えてもらえると、新聞TVお金の分の価値というのがでるから、やかった。

あと、誰か、頭のいい人頼む。

anond:20200524030341

みんな不安からさ、その不安の原因を安倍政権専門家会議のせいにして安心したいんだよ。

ウイルスの正体が見えない上、その影響は生活を直撃してるからみんなパニックになってて、その不安の吐け口を探し回っている。

マスメディアからしてモーニングショーのあの体たらくだし、やたら文春が影響力持つのも、ハッシュタグ祭りもその流れだろう。

コロナからだけど、せめてはてなではさ、kincityやgrdgsみたいな中身のない煽り勢は非表示にしとくのが最適解だと思うよ。

あるいみ、絶望論というものはある。俺が不安から、世の中だめだろう。

まちがっちゃいないが、なにいってんだ?っていう。

そうすると、おれにも情報をよこせ!100兆円使ってでもはかせてやる!見つかったら終わり。

好奇心は猫をも殺す

まり、俺たちにとって掲示板に書く一言自殺行為だったと思うことがある。

テレビ番組制作で働こうか迷っている

今、知り合いのつてでテレビ局制作下請け業務ADやらないかって話があってそれを引き受けるかどうか迷ってる。

大学在学時に精神病んだり多重債務が膨らんだことで卒業してすぐ実家に戻って2年くらいニートしてた。

ニートって言ってもぼちぼち家業の手伝いして、とりあえず利息をなんとかするために日雇い派遣に行って、

グループセラピーに顔出したり、町おこしやってる地元NPOボランティアしたりなんやかんやしてたけどどこにも属してなかったかニートニートだ。

同じ面子毎日顔を合わせていると不安でたまらなくなるから月に二日が限界だった派遣も、2年経つごろには週4~5で3つぐらいの現場をローテーションできるくらいには回復した。

そのころになってようやくとりあえずどこでもいいから腰を据えようと考えられるようになって週3のコンビニバイトと週2のホテル清掃を掛け持ちを始めた。

1年前にコンビニの時給が上がってからは週4にシフトを増やしてもらってそっち一本に専念して今もやってる。もうかれこれ4年になる。

そんな自分にもWebデザイナーになるという夢があった。

当時はやっていたテキストサイトなりに影響を受けてhtml自分で書いてみたのが最初で、

それからお遊びで自分サイトCSSで装飾をしたりCGIプログラムを書いてみたりしてた。それも高校生になるころにはやらなくなったけど。

それでもずっとWeb周りの情報は集めていて、はてな情報収集のためにブックマークを使い始めたのがきっかけだった。

2年のニート間中に、ようやく落ち着いて勉強をできるようになったので、

ドットインストールJavascriptPHPPythonRuby基本的な書き方をさらったのち、ちょくちょく自主制作をやるようになった。

いってもPHPPythonWordPressとC4DのXpressoくらいでしか使ってない。Rubyは一回TwitterBOTとミニゲーム作ったあとなんか好きになれなくて弄らなくなった。

ももともとWebに憧れがあったからかサイト制作Javascriptを使うということは結構長く続けられた。

通ってた大学メディア関係学部イラレフォトショもそれなりに使ってたからそんなつまずくこともなく、ちまちまポートフォリオ制作したサイト溜めてた。

あと関係ないけど図書館Java参考書借りてきて写経したり、XCodeSwiftに挑戦したりしたけどアプリあんま興味なくていつの間にかやらなくなった。

それもサーバー代が払えなくなったりHDDがおしゃかになって全部なくなったんだけどね。ここ最近PCも持ってなかったし。

なんとか最近になって惨めな田舎生活から飛び出すだけのお金が貯まって、定職につくことまでようやく考えられるようになって

ちょっと遅くなったけどだめもとでまた一から頑張ろう、まずはポートフォリオまとめていこう」と思ってた矢先にコロナショックで世の中おかしくなりだした。

自分不安でたまらなくて、コンビニバイトをしていることから小売業求人に応募しつつ、Web制作や、大学時代の経験から映像制作募集に片っ端から応募した。

ADの誘いを受けたのはこの流れで、受けた企業採用担当でない社員の方から別の企業を紹介されてそういう話になった。

履歴書も見たしもう一度会ったらもう内定を出すと言われている。

からさまに怪しいと自分も思う。放送業界ハードさは周知の通りであるしか自分にはトラウマがある。

大学卒業直後に第二新卒での就職を目指して3か月だけ就活をしていた時期がある。

そのときに「テレビ制作やってる部署中途採用してあげるから一か月後に荷物まとめて東京に出てきて」と言われ結局自分はそれを蹴った。

当時はほぼ無収入なのに借金の返済に月6万かける生活不安が大きかったのと、

クライアント代理店から依頼された案件企画から制作までじっくり取り組んでいきたかったので放送業界はやや不本意だったかである

でも今になればあのとき飛び込んでいれば違った未来があっただろうと後悔する気持ちがある。

少なくとも今のようにぼんくらとして馬鹿にされ近所から白眼視されながら惨めに孤独に片田舎生活するようなことはなかったのではないだろうか。

今の自分映画悪人」の妻夫木の役どころや「レズ風俗」の永田カビみたいなもんである

現在はその企業以外に2社映像制作会社(放送関係ではない)の面接選考が進んでいてそれも自分を迷わせる原因だったりする。

最近はてブ話題からいろいろ考えてしまうんだけど、現実逃避するように誰に見せるわけでもないポートフォリオサイト休日に作り続けてる。

こうやってずっとPhotoshopコードの書かれたエディターと格闘していられたらいいのに。

理系大学生氏~

就職不安ならサークルやってないで専門しっかり勉強してくんねぇかなぁ…

2020-05-23

やべぇ

Amazonアイリスオーヤマ電子レンジ買ったけど

すぐに壊れた系の☆一つレビューみて不安になってきた

チワワパピヨンなら自分パピヨン派なんだけど

女はチワワが好きだよね

チワワってデコピンしたら死んじゃうんでしょ?

防御力低すぎてちょっと不安

とある模型サークルのようなもの崩壊した話

もうすでにだいぶややこしいことになっているんだけど、たぶん今後はもっとややこしいことになりそうな気がするし、

もしそうならなくても、ややこしいことになるかもという不安を抱え続けるのも面倒なので、ぼちぼちの経緯を書いておこうと思う。

もちろん、この文章フィクションだし、誰が書いたのかをこの掲示板や各種SNSで明かすことはない。

フィクションなので「これは○○サークルの件だ!」とか、「この人、よくしゃべっていた人だけどこんなことする人だったんだ・・・」等の感想は、ただの映画ドラマ登場人物に向けられるものと同じ。

なぜなら、フィクションからね。

結論から書くけど、自分所属していた模型サークルは内部崩壊した。というより、自分ともう一人の、自分から見れば【問題児】だった人との衝突があり、

衝突がサークル内部だけではなく匿名掲示板にまで飛び火・・・というか自分一方的に叩かれたんだけど、そんなことになったので、

自分サークルを抜けて、後日聞いてみたらそのサークルは全員幽霊部員みたいな形、

まり「数名の人間名前があるだけのサークル」になり、活動らしい活動もしていないらしい。

もっとも、自分は【問題児】以外の全員と、今まで通り遊びに行っているのだけども。

そもそもサークルの発端は、自分地元模型イベントで一人のモデラーさんに声をかけ、

の子がすでに知り合いだったモデラーさんと飲み会をしている場に呼んでくれて、幸いなことに意気投合したところから始まる。

それからは何度か飲みにいったり、会場をレンタルする手順を調べて製作会をしたりして、まとめて連絡するためにライングループを作って予定を合わせるようになった。

何度目かの製作会の事後ツイートをしたときに、かの【問題児から参加させてほしい旨の申し出があり、

自分ではなく別の子たまたま模型屋さんでその【問題児】と話してみて、

問題がなさそうだったかライングループに入れることとなった。

実際、最初のほうは自分も特段、ややこしい性格をした相手だと思わなかった。

ただ、自分を含めた初期の4名は、

どちらかというと保守的・・・というよりシンプルに「模型集団で作ったり飲んだりし、

それを見せびらかしてマウントをとることができる」という発想がなくて、

まり人を増やすつもりもなかった。

なかったんだけど、【問題児】は違った。どうにも、サークルを大きくしたい・・・これは自分想像しかないんだけど、

「大きなサークル代表になりたい」と思っているようだった。

実際、自分以外のモデラーさんは所謂フォロワー数が大きい有名モデラーさんだったし、

そういうモデラーさんと同じサークルにいる、もしくは同じサークル代表である、と他人に言うのは愉しいことなのかもしれないと思う。

それで、結局人がちょいちょい増えたし、【問題児】が誘ってきた人には全然問題がなかった・・・というのは、サークルが無くなった今でも普通に飲んだり遊んだりしている現状から想像できると思う。

ある程度人が増えてから初期メンバーの子が、自分たちでイベントをしたいと、個人的相談をくれたことがあった。

自分は単純におもしろそうだと思ったし、なにより応援してあげたかたから、その新イベント運営メンバーになった。

それから、【問題児】も運営メンバーになり、3人体制で新イベントを進めることとなった。

イベントというのは、今までのような身内で遊ぶ会ではなく、積極的にいろんな人が来られるような、お祭りのような交流会をしたい・・・そんな思いから始まったものだと自分理解していた。

なので、言い出しっぺの子目的がそぐわないようによく意見を聞いた。

また、今までと違いどのような人が来るかわからいから、かなり慎重な姿勢で内容を詰めることを心掛けていた。

さて、ここで【問題児】がいよいよ本格的な問題児ぶりを発揮し始める。

独断専行、というか「もう相手方にOKを出しちゃったから何が何でもOKしろ」という背景があったのではないかと推測していたんだけども、

とにかく勝手物事を決めてしまうようになった。決めたうえに、他のメンバーには事後承諾で承諾せざるを得ない内容で進めてしまうことが増えた。

そのような傾向が見て取れたので、自分はその事後承諾で進めようとしているネタに対し、かなりシビアな目で反対するようにした。

残念なことに、その【問題児】が最年長で、自分がその次に年上、言い出しっぺの子は一番若かったからだ。

周囲から見たら、大人二人がぎゃあぎゃあ喧嘩をしているように見えたかもしれない。というか、むしろそう見えていたらまだありがたくて、

問題児】の問題児たる所以は「嫌いな人のことを他人にいいように触れ回る」点だったので、

自分がただの悪者にされている可能性も大いにあるのだ。

自分主観では【問題児】だけが目的をはき違えている、

もしくはサークルときにも疑わしかった「サークル代表になりたい」という目的のために

イベント私的に利用しようとしているようだった。だから、何度かミーティングで釘を刺したし、

わざわざ飲みにも行って目的再確認したこともあった。

でも、何の効果もなかった。

そこから先は面白いように崩れていくんだけど、とにかく目的が一人だけ全然違うことが目に見えて分かる動きばかりしていたし、

もう無理だな・・・と思ったのは、メンバーの中で【問題児】以外が明確な文面で反対していた企画を無理やり押し通したときだった。

で、地元を盛り上げるためのイベントだったはずなのに地元以外の人間をとにかくチヤホヤするし、運営仕事もろくにせず、ただ声を大きくして宣伝するだけで、

から見たらまごうことなき中心人物だった【問題児】は、自分からすればただアピールをしたいだけの厄介な人間だった、ってわけ。

たぶん地元ではない参加者、つまり問題児】がチヤホヤたかった人間には問題児によるフィルターを通した情報がいっているような気がするし、

それはイベントときの態度の差を見れば勘づくくらいのものだった。

詳細を書いていくときりがないし、もう本当に面倒くさいのでそろそろおしまいにするけど、自分が言いたいのは

サークル製作活動も後から入ってきた二番煎じであり、さも自分が中心人物であるかのように振舞うのは情けないから止めたほうがいい

イベントは【問題児のものでもなければ、自分のものでもないし、強いて言うなら言い出しっぺの子のものだし、

たぶんその子はそんなことを望んでないから「みんなのもの」とするのが正解だと思われる。

そして、その子がやりたかたことに無理やり乗っかってイベントのものを乗っ取ろうとするのは、年上の人間として本当に恥ずかしいことだと自覚したほうがいい

この2点。なんか長文になっちゃったけどね。

模型の将来が・・・とか、学生の子模型を買うチャンスを奪ってはいけない・・・とかの大義名分をかざすのであれば、

まずは身近な部分、大事にしなきゃいけない集団を見誤ってはいけないし、自分の行動・言動それから外れるのは何のお手本にもならないよ、ってこと。

年を重ねてから趣味の友人って本当にありがたい存在だし、同じものが好きなのってすごく稀有なことだと年々実感するし、

でも、別に友人だから同じものを嫌いになって一緒に叩く必要なんてないと思うし、叩く対象が増えれば増えるほど自分の首は締まっていく一方だし。

後半は主題から逸れちゃったけど、最近すごく実感したことから自覚して行動を顧みたほうがいいと思う・・・と、年下が生意気にも説教じみたことを書くよ、ってだけの話。

できればこのままインターネットに埋もれた文章のままであってほしいし、何かの手違いで文章が浮かび上がってきて、天文学的確率で本人に届いたとて、

たぶん自分の言いたいことは全然伝わらないだろうし、曲解したままあちらの身内に広めていくんだろうな、なんて諦めながら、このフィクションの話はおしまい

フィクションからね。

彼にとっての結婚

お金は一番の理由で私に仕事をやめて欲しくない、のは分かる、これまでの言葉の端々から

親の医療費と自宅購入で貯金はしてるけどお金ほとんどないらしいか

フルタイム仕事を持ってて、年相応の貯金もありそうで、今後も仕事を続けそうな

お金のことでは悩まなそうな相手としての私なわけだろう

年齢や容姿の好みは横に置いて、と

だとしても金金いわれると本当に不安にはなる

相手は名の通った会社フルタイム仕事してるし、給与も同じくらいだから

必要以上に悪く考えることもないかもだけど

なんだろうなあ、ぼんやりとした不安

anond:20200522180754

まず話して。夫になる予定の相手ちゃんと話して。そして返済計画一緒にたてるのが一番よいと思う。

女だろうが男だろうが、結婚という届けも出す関係を結んでやっていきましょうって相手借金隠したままは悪手だ。結婚前に返せる目処がたってるならともかく。

貯金もたぶんないと思うが(私がそうだった)、その話もちゃんとしてある?

結婚後の返済に不安をかかえてるなら、なんとかして(怖くても)夫予定に話すのが一番いいと思う。

結婚届け出してから「実は相手借金ありました」て判明するの、逆の立場なら最悪だと思わない?

結婚した後に浮く経費を返済に回す予定も、夫予定から「その分今度は家計に入れて」て言われる可能性もあるよね?

隠したまま返済しきって墓場までもっていける計画覚悟があるなら別だけど、現状不安なら難しいのでは。

同じような背景で結婚した身からすると、正直に打ち明けたほうがいいのではと思う。

昼ごはんを食べてうたた寝をして起きたら夕方だったとき、なんだかものすごく不安気持ちになるひといる?

自分の声が一番落ち着くことに気づいた。

2年ほど不安感と入眠障害で通院しているが、自分の話し声を聴きながらだといつのまにか落ち着いて眠れることに気がついた。

ツイキャスラジオトークなどのアプリを使うようになって、聞き返したのがきっかけだ。

それまで軽度のどもりや滑舌の悪さが嫌で、自分の声などとても聞きたいと思うことはなかったが、自分の音声なんかで寝れてしまってからは、眠剤でたまにある昼間の眠気から解放される嬉しさから日記をボイスメモで録ったり、新聞記事音読を録音したりして、せっせとデータを貯めている。

早く喋ることが苦手なことから、きっと眠くなる効果があるのかもしれないと思っている。

音読を始めてから、心なしか普段から感じていた、頭の後ろがもやもやするような不快感も薄くなった気がする。

今まで無駄にした病院での待ち時間は、やる気のなさそうな医者との会話は、安い賃金から捻出していた病院代はなんだったのか。

もっと早く教えて欲しかった。

それとも、自分の声で落ち着くのは私だけなのだろうか。

小学校でいやいややっていた音読を、こんな歳になって自分から再開するとは思ってもみなかった。

友達も少なく、こんな話題を誰かに聞いてみることもできないので、ただ誰かにみてもらえたら嬉しく思う。

チワワパピヨンなら自分パピヨン派なんだけど

女はチワワが好きだよね

チワワってデコピンしたら死んじゃうんでしょ?

防御力低すぎてちょっと不安

anond:20200523033143

個人元増田の状況なら「痴漢を恐れて女性専用車両にいるであろう女性不安を与えるのは気の毒だな」と考えて黙って他の車両を移るがね。

そういう男女の力関係非対称性を慮る「男らしい」振る舞いを全ての男性が求められるべきとは思わないな。

相手が弱い女なら法律を盾に権利を主張し、強い男から尻尾を巻いて逃げ出す「女の腐ったような」男がいても良い。それが「男が弱くある自由」が実現した真に男女平等社会だ。

セクハラとはエクストリームスポーツ

少なくとも、する側の彼らにとっては。

今にして思えば、ギリギリラインで許される程度と相手を見極めて危険を冒す競技のようなものだったのだろうと思う。

かつて私の上司だった人間は、1年という短い現役期間にも関わらず数々の成績を残した名プレイヤーだった。

果敢なオフェンスと手堅いディフェンス、勝てる相手だけを狙う選球眼。業界は本当に惜しい選手を手放したと思う。ここに彼の戦歴を残す。

はじめに、この話には内容の誇張にならない部分を選んで多分にフェイクを入れている。

から、これを読んで「自分のことだ」と思ってしまった男性がいたら、たまたまそのフェイクの部分に合致したと思ってほしい。

これはあなたの話ではない。そう思った方があなたのためにいい。私自身もそうしてほしい。二度と関わりたくないからだ。

この文章は、いつか同じ状況に陥るかもしれない若手の男女だけに向けて書いている。

まずは彼のオフェンスについて書く。

私が新卒入社した会社教育系のWebメディアを扱う企業だった。

上司には、参考書系の出版社から転職してきた30半ばの男がついた。顔についてわざわざ書くのも無粋だが、各々不快な異性の顔を思い浮かべておけば間違いない。

私が会社を辞めるまでの半年の間に聞いた発言の中でも、いくつか目立つものを挙げていく。

パンツ売れば? 買い手つかないだろうけど

これは上司が高級車を買った時の話だ。まだ新卒給だった私が「私がnヶ月働いても買えないですよ、いいなぁ」と言うとこの言葉が返ってきた。

全てを言い終えると彼はダッハッハッ!と笑った。どうやら「買い手つかないだろうけど」の部分がオチだったらしい。

・上がっちゃったの? 生理

これは他の営業が恋バナをしてた時の話だ。私が「混ざれるような話題もないので……」と聞き手に徹していたら言われた。「上がっちゃったの?」だけでは私に意味が通じなかったので「生理!」もつけ加えてくれた。

・ええっ? 24歳? 23歳過ぎたらババアだよねぇ

部署とのランチで院卒の同期新卒に言った発言ネットしかたことのない発言だったので反応に時間がかかった。

・人のパスコード解くの趣味なんだよね

居酒屋で席を立った総務の女性が置いていった携帯を手に取っての発言冗談めかした言い方と裏腹に数字を試す手つきが真剣で怖かった。

おめでたですか?

通院で半休を申請した時の挨拶のような発言。実はストレス生理が3ヶ月止まっているのを不安に思っての通院だったので帰り道で泣いた。

他にも大小いろいろあったが、ぱっと思い出せるのはこれぐらいだろうか。当時のメモを読み直すと毎日何かしら性的発言を受けていた。

こんなのコンプラ通報したら秒じゃんと思うかもしれないが、オフェンスは常にディフェンスとセットである

これだけの発言をしていても、ディフェンス面で巻き返せば新卒の一人ぐらい簡単に言いくるめられてしまうのである

以下は彼のディフェンスについて書く。

冗談でしょ? まさか本気にしたの?

頻出。「冗談でも言ってはいけないことがある」と強く言えるほどの芯がなかった私は、冗談が通じない人間だと扱われるのを恐れて口をつぐんでしまった。

参考書業界ではこれぐらい普通だけどね

・こんなんで目くじら立ててたら参考書業界で生きていけないよ?

のちに転職して同じ業界出身に会い嘘だと分かった。(その前に分かれよという話でもある)

・うわっ冷めるわ〜

ムッとした人間に先手を取って「場の空気を乱した」というレッテルを貼る先制技。

・これぐらいでキレられてたら何も言えなくなるよ

何も言えなくなれ。

・俺がいないと○○事業部傾くけどいいの?

私が辞めたさら半年後、私の後任含む複数女性社員から訴えをうけて彼は退職したが事業部は傾かなかった。

ディフェンスといったが、9割9分の人間は「だから何だ」と跳ね除けてしまえるような詭弁だったと思う。けれど、世の中には1分ぐらいの割合でこんな言葉に言いくるめられてしまう弱い人間がいるのだ。そして、プロセクハラプレイヤーはそうした相手を見つけるのがうまい

事実、入ったばかりの会社で右も左も分からない、無能だと思われるのが怖くて日々ただ必死にあがいていた新卒に「対応力ないと思われるよ?」系のディフェンスはよく効いた。

結果、私の退職後も含むと1年近く、彼を業界に野放しにしてしまった。私以外の人間被害にあったことを思うと、今でも心が傷んでくる。

冒頭に「いつか同じ状況に陥るかもしれない若手の男女だけに向けて」と書いた。そんなの、これを読む人間の中でもほんの一握りに満たない人種だと思う。

けれども、彼らが少しでも早く自分の弱さに気づき相手詭弁気づき、苦しい状況から脱するための教訓にこの文章がなればと願う。

ちなみに、件の上司はつい先月結婚相談所出会った家事手伝い20歳女性と籍を入れたそうだ。どうか、彼女人生が苦しいものではありませんように。

2020-05-22

みんな麻雀ルール知ってて不安になる

学校で教えられたわけでもないのに…どこで覚えたの…?

僕を仲間外れにしないで…

anond:20200522204109

今後、1920年代レベル大恐慌がやってきて、

仕事があるだけありがたい状態になるので、転職はしばらく控えて腕を磨きなさい

今はどこも先行き不安から採用を控えている状態

絶対的アピールポイントのない人間が動く時期ではない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん