「感想」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感想とは

2021-05-08

anond:20210508213915

そうじゃなくて、本人に直接辞退を迫ったことが批判されてるんでしょ。

というか、よくそれが許されると思ったな、という感想しかないが。

自民党憲法改正したいが、具体的に何のためなのかはノーアイデア

2021/05/07 の菅総理の会見において、緊急事態条項がなければ取れないような対策というのは具体的に何か?という質問がありました。

国民全員の私権制限に関わる問題ですので、総理の回答をメモしておきます

動画こちら。

https://www.youtube.com/watch?v=Ei1NBEikh90&t=1957s

質問は 32:40 くらいから。

産経新聞杉本記者質問

産経新聞杉本と申します。よろしくお願い致します。

緊急事態条項を設けるための憲法改正感染症対策についてお伺い致します。

総理はこの前5月3日集会緊急事態条項について極めて重い大切な課題であるという風に発言されました。

さら新型コロナウイルス対策国民の関心も高まっているという発言をしたと思いますけれども、現行憲法下においても政府私権制限するような感染症対策というものを行っていると思います

緊急事態条項がなければ取れないような対策感染症対策、具体的にどいういったもの念頭におかれていますでしょうか。

よろしくお願い致します。

菅総理の回答>

まず、これ憲法改正につながるわけでありますけれども、具体的な内容については内閣総理大臣として記者会見しておりますので、緊急事態対応する期待というのは今

参議院緊急集会しか、これ無いわけでありますので、現実コロナ対策を行っている中で

ですね、この蔓延防止、コロナ感染が拡大する中で、海外の国を見ると、強制的私権制限が無い中で出来るということもあります

まぁそういう中でやはりこの緊急事態に備える中でやはりコロナ渦で備える中でですね、

やはり緊急事態国民のみなさんは関心は高まっているだろうというふうに思っています

まぁ政府として、例えばこのワクチン治験、というものも求められています

どうしても3-4ヶ月くらいかかってしまますので、なかなか接種も遅れてしまうとか、

いろんな問題が今回のことでですね、浮き彫りになったという風に思っています

特にこの感染症ということを考えたときに、落ち着いたら、そうした事を検証して、対策検討する必要がある、と考えています

<私の感想

何度聞いても回答内容が理解できませんでした。

追記

他の質問についても追加しました。

他人を矛にして、自分攻撃使用する汚物のようなブクマカたち

t_kaseki on Twitter: "探してみるとBuzzfeed記事より、というよりも池江選手最初のツイ(5/7 21:01)から10分後(21:11)に配信されている記事があった。 池江璃花子 辞退求める声へ、5つの投稿で複雑な思い吐露「私は何も変えることが… https://t.co/7gnTwqBCvf

ブックマーク https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/t_kaseki/status/1390765778480164864 を読んでの感想

もちろん全員ではないけど『本人の意思ではない』という類のコメント+それにスターをしてる人たちが、汚物臭がするぐらい気持ち悪い。

テメーが何に反対するか好きにすればいいけどさ、矛に他人を使って目的を達成しようとするなよ。それで目的達成できりゃあ満足だろうし、達成できなくても傷つくのは矛(他人)で、テメーには何も被害ねーもんな。

anond:20210508110119

まっとうな感想すぎて新鮮だ。全てが的を得ている。よけいなことも書いてない。

anond:20210507225924

自分結婚して面食いだったと逆に気づいた

子供の頃にアイドルを好きな時期もあったけどアニメマンガ対象が変わってからはさっぱり

当然お付き合いなんてした事もなかった

婚活をけっこう長期間やって、ようやく結婚することになった

相手について学生時代にはモテただろうな、という感想はあったが、顔の造形についてそこまで意識もしてなかった

結婚するにあたって家族に紹介したら、妹たちからイケメンだねの評価母親から容姿を褒めるような発言があり

そこでようやく、夫は客観的にかっこいいんだ・そう言われてみれば確かに…と

笑顔が惹かれた理由だったけど、なんだ案外自分面食いだったんだなと今更理解した

世間イケメン扱いされている俳優タレントに興味もなかったし、婚活時の希望相手普通メガネサラリーマンだったので、自覚のない隠れ面食いだったなと思ってる

東京オリンピックでは海外記者が動き回り感染爆発を誘発する(05/07 菅総理記者会見抜粋)

2021/05/07 の菅総理の会見において、ラジオフランス西村記者が、オリンピック関係者の行動について良い質問をしていました。

それに対する菅総理の回答を聞いていると、このままではオリンピック後の日本感染状況が酷いことになると感じたのでメモしておきます

動画こちら。

https://www.youtube.com/watch?v=Ei1NBEikh90&t=2458s

51:00 くらいからが質問になります

ラジオフランス西村記者質問

ラジオフランス西村です。よろしくお願いします。

また東京五輪について質問させていただきます

東京五輪のためにアスリート以外にも数万人の外国人関係者来日する予定です。

彼らの一部はアスリートと違ってさまざまなホテル滞在し、一般人接触します。

海外報道はいろいろな取材をするつもりです。

政府はいくら厳しいルールを考えても非現実的ルールなら意味がなくなり、当然様々な問題が出てきます。数万人の行動を監視するのは物理的に可能でしょうか。

菅総理回答>


東京開催にあたっては選手大会関係者感染対策をしっかり講じて国民の命と暮らしを守っていく。そういう中で、ファイザーから選手に関してはワクチン提供があってそれは当然に接種されて、選手についてはそうだと思います

それで選手大会関係者一般国民が、交わらないように滞在先や移動手段、ここは設定をします。

ですから選手毎日検査を行うなど厳格的な感染対策をしっかり行います

こうした対策を徹底することによってまず選手とこの日本国民の命と健康はしっかり守ることが、このほうは隔離しますので、出来るという風に思っています

ですからそれ以外の方はさまざまな制約がある、水際も含めてありますので、そこは安全対策を徹底をして行きたいという風に思っています

<私の感想

選手ワクチン接種を行い、毎日検査を行い、国民と交わらないように配慮するということは分かりました。

しかし、質問趣旨であるところの海外報道陣含めた数万人の大会関係者に対する具体的な対策についての回答はなく、「さまざまな制約がある」と言ったのみで、その制約が何なのかの具体的な言及はありませんでした。

このままでは海外記者自由に市内を動き回り、感染を広げるのではという懸念払拭できません。

世界的に変異株が蔓延する中でのこの無策は致命的かと思いました。

追記

他の質問についても追加しました。

anond:20210507193838

はい

そりゃ、「それみたことか、女は男を捕まえられてイージーモード」と言われるのはもちろん腹立つが

理解のある彼くんエピソード不愉快(というか絶望に叩きつけられる)という感想は変わらないのですが。

なぜ「女は仲間なんだから叩くべきは男」みたいに連帯しようみたいに言われるのか意味不明だ。

理解のある彼くんのいる「いちあがり」した境遇の人に対して仲間意識なんて生まれるわけないじゃん。

どっちもムカつくんじゃ。

2021-05-07

anond:20210507190110

したわけじゃ無にするな女。の感想否定いから、ちの前気持話をお気持ち。お、はってくれ帰なんでも

anond:20210507185904

お前の感想否定したわけじゃ無いから、お気持ち女は帰ってくれ。

なんでも、お気持ちの話にするな。

anond:20210507184318

高学歴ではないし馬鹿であることは否定しません!

でも、所感は私はこう感じたんだよ〜ってことじゃん?「企業ギャップのなさ」がたとえ本当の選考基準だったとしても、私自身の感想否定して馬鹿だと罵ることは間違っていると増田を見て思いました。

増田のことを反面教師にしてこれから頑張るね。ありがとう

anond:20210507113311

そりゃそうでは?

貧乏から金持ちになればそりゃ成金貧乏ってカテゴリでなくなるでしょ。

障がいを直す薬が出たらそれは障がいじゃなくて、ただの病気になる。

貧困問題貧困から抜け出しにくいか問題なのであって

「なんで現状の社会システム成金になった人を無視するんだろう」

という感想にはならんのでは?

※もちろん女性資本という話でなく弱者カテゴリから外れる一例として、金の話を出しただけ。

anond:20210507155518

アウトプットってのは直接的でなくても行動に出るもんだ

映画を見ればその映画知識が身につくし、それは話のネタにもなるし行動にも影響する

感想しかないと思ってるのは小学生夏休みかよ貧困だな

anond:20210507154525

映画感想書いただけで賢くなった気になるのヤメロ

周りはみんな恥ずかしがってるぞ

スマホゲー最近はじめて、感想とか読んでるんだけど、よくあるデイリーミッションを「運営から課されているノルマ」と捉える人がいるんだな

「こんなペースを要求されても無理だからゲーム自体やめる」とか

弱者男性弱者女性の論争について

比較収入地位もあって、パートナーにも恵まれてる男性自分からすると、弱者男性弱者女性議論醜悪で、一生ゴミ溜めの中で争ってると良いよと言う感想しか出てこない。。。

何か実りがあるのかこれ。。?

APEXでスマーフ行為禁止となりBAN対象となる。

これは初鯖で何キルも稼ぎ光り輝くバッチを付けて初心者狩りが横行していたせいだ

初鯖を超えた鯖の方が簡単と言われるほど初鯖に強者が溢れていた

俺は初鯖を超えることが出来ずもうやるかこんなクソゲーってやらなくなった側なので規制するの遅かったねという感想

anond:20210507115650

ロリは片側一方通行両思いになりえない


そんなことないよ?子供だって人を好きになるよ。

両思いになりえないというのはあなた思い込みです。

あなた感想しかない浅はかな理由ドヤ顔披露しないでください。

anond:20210507092832

それ書いた増田だけど、なんで「弱者男性は言ってなかった」って言ってるみたいになってんだよ。

弱者男性と思しき発言者ではあったけどそこを断定したらより分断を煽るだけじゃん。ただ読んだだけ観測しただけの人間感想として、「我こそは弱者男性なり」ってやつが言ってたよ。て言ってるだけだよ。

2021-05-06

[]164日目

自転車:524kcal/21.29km

今日今日とて手抜きの運動梅雨が来ると同時に破綻するやつ)

アニメ感想的なやつをまとめようとしたら数が多すぎて収集つかんなった

仲良しだったフォロワーと私の最後の一カ月(前)

 これからする話は、とあるさなジャンルの小さなカプの字書きである私がいかに身勝手だったかということを伝えるものである

 大多数の人間にとっては、読んでも糧になるものはなく、むしろ不快になるものだろう。

 それでも記事にしようと思ったのは、私の中で未だに蟠った昏い感情ひとつ文章として昇華し、過去出来事として今の自分から切り離し、客観的に見てみたいからだ。

 

 

 P氏と私の出会いは三年前。

 私はそれまで活動していたある大きなジャンルを抜け、小さなジャンルのABというカプで活動を開始した。

 前のジャンルを抜けた理由は、そのジャンル民が望むものが書けなくなって、しか自分がそれにショックを受けていたからというありきたりなものだった。

 二次創作は、当然ながら自分が望むものを作って楽しむのが正しい。けれど、あなたの書く○○が好きだと言われ、しかもそれが結構な人数いたとするなら、自分のためだけに書くのではなく、他人が望むものを書きがちになる。承認欲求というやつだ。

 当時の私は、自分の望むものではなく、他人が望む作品を作り出すことに腐心していた。厄介なことに、それが楽しいと思っていたのだ。

 しかしある日、私ははたと我に返った。

 自分のためにではなく、他人のために二次創作をしているということに気づいた私は、そのジャンルを去ることにした。

 

 そうして辿り着いたABで小説を書き始め、私は驚いた。

 文字が次々と紡がれていくのだ。

 私はあっという間に小説を書き上げて、某サイト投稿した。ツイッターも始め、このカプのここが好きだということを、誰のためにでもなく、私のために呟き続けた。

 それからは、毎日が楽しかった。

 千人近くいた前のジャンルアカウントに対し、今のアカウントフォロワーゼロ。私の呟きなんて、誰も見ていないから当然いいねもつかない。

 それでも楽しくて、私は呟きを量産し、小説を書き続けた。

 三年前の、四月の終わりのことだった。

 

 フォロワーゼロと言ったが、そもそもABの活動人数は少ない。

 活動を始めたばかりの私がフォローしたのは四人くらいだった。その内の一人がP氏だ。

 P氏はすぐにフォロバしてくれた。

 お互いに挨拶をすることもなく、話しかけることもない。いるけどいない、という関係だった。

 私自身、あまり積極的に絡みに行くタイプではなかったので、何人かの相互さんと話したこともなく、黙々と壁を打つ日々だった。

 相互になって二か月ほどした頃だろうか。P氏が私にリプを送ってくれた。私はABで初めて、同ジャンル人間としゃべった。

 嬉しかったが、それだけ。

 今から思えば、初めてリプをくれたのがよりにもよってあの呟きだったのはP氏の性癖が相当ヤバイことを示していると思うが、それはまあ別にいいだろう。

 初めてリプを貰ってから、P氏と私は一カ月に一度の頻度でやり取りをするようになった。

 どちらかが作品を上げると「素敵です」と言い、それに対して「ありがとうございます」と返す。それくらいだった。

 

 彼女と急激に仲良くなったのは、はじめてリプを貰ってから一年と少し経った頃だった。

 その時の彼女と私は、同じような人間関係問題で、同じように悩んでいた。

 その頃の私は人間関係に疲れて、殆ど誰とも繋がっていなかった。

 フォロワーはP氏だけ。正直、ABで活動を続けていくことに限界を感じていた。

 ただ、まだ書き続けていたいという気持ちもあった。

 私は彼女しか見ていないTLに、ABの小説投稿し続けていた。

 

 P氏初めて通話をしたのもその時だ。

 その時に私は、彼女二次創作で仲良くなったフォロワーとどう付き合いたいのかを教えてもらった。彼女は「同じ熱量の人と狂っていたい」と言った。私も同じだ、と嬉しくなったことを覚えている。

 二次創作をしていると付き物になるのが、熱量問題だ。

 なにが問題なのかというと、熱量主観的ものだということだ。

 ある人の、あるジャンルに対する熱量を、客観的に計る方法はない。本人が冷めたと言えばそうだし、冷めていないと言えば冷めていない。

 ここまでは、誰もが共通認識として持っていることだろう。

 P氏も、私も、そう思っている。

 ただ、私は、その先も考えていた。

 ジャンルに対する熱量主観しか計れない。決して、他人には伝わらない。他人に伝えるには、行動として示さなければならない。こうした時に言葉で伝えるのは逆効果であること私は思っていた。

 たとえば、あるカプについて毎日十以上の呟きをしていた人がいるとしよう。その人はある日別のジャンルにハマって、別ジャンルについて呟くばかりになって、あるカプについては殆どさなくなった。あるカプの絵や小説がTLに流れてきても反応しなくなった。以前なら、必ずその作者に感想を送り、フォロワーにその作品が素晴らしいからとプレゼンしていたのに、そうした反応を一切しなくなった。その人が唐突に「最近○○についてばかり呟いているけど、元のジャンルの熱は冷めてない。今でも大好き」と言ったとして、残念ながら私はそれを信じることができない。

 完全に冷めてはないのだろう。新しくハマったジャンルの刺激が強くて、元のジャンルへの反応ができなくなっただけだろう。ただそれは、見方を変えれば、「冷めた」ことにならないだろうか。少なくとも、以前と同じように反応ができなくなったということは、そこに割く労力を減らしたことに違いはない。

 

 別ジャンルにはまることも、そこに熱量を注いだ結果元ジャンルへの熱が冷めるのも、悪い事ではない。

 何を好きになるのかは、その人の自由だ。

 ただ私が、「冷めていない。今でも大好きだ」という言葉が出た時点で、その人はもう元のジャンルにこれまでと同じだけの熱量を注いでいないと思うようにしているだけだ。

 本当に元のジャンルにも今までと同じだけの熱量を注いでいるなら、わざわざ言葉にしなくていいはずだ。

 言葉にして、「冷めてないよ。だからこれからも仲良くしてね」と友情を乞うているような姿に、私は何とも言えない嫌悪感を覚えてしまう。

 あくまでも私がそう思うだけだということは、言うまでもない。

 人の考え方は人それぞれだ。だからこれは、私がこう考えたというだけの話であることを改めて記しておく。

 

 話を戻そう。

 P氏は私にこうも言った。

 

「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

 

 使い古されたフォロワーへの言葉だった。

 ジャンル移動しても友達でいようね、と彼女は私に言った。

 別ジャンルに嵌って、別アカウントを作ってしまうと元々のアカウントフォロワーと疎遠になるのはよくある話だ。チェックするTLが二倍になるのだから当たり前だ。そして先述の通り、新しくハマったジャンルの方に熱量を注ぎがちになるのも明白。結果として、元のジャンル作品や元のジャンルで出来た知り合いの呟きへの反応は鈍くなり、その後ろめたさからアカウントを消すという人もいるだろう。

 彼女は私にそうなって欲しくないと言いたいのだろう。別ジャンルにはまっても、同じアカウント活動して欲しい、あるいは、別アカウントを教えて欲しい。たぶん、そういうことだと私は考えた。

 それで合っているかどうかは正直わからない。

 ただ私は、彼女言葉から彼女が望んでいることをできるだけ汲み取り、そうあるようにした。

 

 その頃は、多分、上手くいっていたと思う。

 彼女と私は毎日十や二十のやり取りをして、時々通話して、ABについてああだこうだと話していた。

 傍から見れば異常だったのだろう。言われるまでもなく、当時のP氏と私の関係は、正しく「傷の舐め合い」だった。

 それでも私たち毎日は楽しかった。

 少なくとも、私は楽しかった。今思い出しても、思わず頬が緩んでしまう。

 

 そうしている間に、秋が来た。

 最初通話から一年弱経った頃、私は別ジャンルにはまった。

 彼女しか見ていないTLで「○○にはまった」と呟き。ABと一緒に新しいジャンルについて呟くようになった。

 そのジャンル用のアカウントを作ったが、稼働させるのはすぐにやめた。

 新しいアカウント活動を始めると、熱量分散されることを私は知っていた。だから、元のアカウントで新しいジャンルイラストをリツーイトしたりしていた。P氏は私が新しくハマったカプについても「私は絶対まらないけど」と言いつつも好意的だった。私が新しいジャンルに狂っている姿を見て楽しいと、初めて通話した時に言っていた台詞を繰り返していた。

 

 彼女の様子が変わったと感じたのは、年が明けた頃。

 彼女はしばしば、創作モチベーションが上がらないと呟いていた。

 例のウイルスの件もあり、イベントは軒並み中止。ジャンル民の創作活動も下火になっていた。

 元々小さな規模のABというカプで、この一年コンスタント作品を上げていたのは、P氏と私だけ。

 その私も、昨年秋から色々とあり創作頻度は下がっていた。

 小説毎日書かないと感覚を忘れてしまう。私の執筆スピードは目に見えて遅くなり、大量の文章を、人様に見せられるほどの完成度に仕上げられなくなっていた。

 それがストレススランプに陥り、さら創作頻度が下がっていることを自覚していたから、呟きは多くするようにしていた。

 私がスランプに陥っている間、彼女はABの作品が増えないことに寂しさを募らせていたようだった。私は自分の不甲斐なさを痛感しながらも、スランプから仕方がないと自分を励ましていた。

 なんとか創作に集中できる環境を作りたいと四苦八苦していたが、そうこうしている間に彼女の方に変化があった。

 毎日二十近くやり取りをしていた彼女は、私の呟きにリプを飛ばさなくなり、彼女自身が呟くこともがくりと減った。

 私は彼女の行動に覚えがあった。

 彼女は、別のジャンルにはまったのだろうと思った。

 彼女はとにかく呟くタイプ人間だ。呟くことで、日々のストレスを軽減しているのだろう。だから、ここで呟いていないのなら、どこか、別の所で呟いているのだろう。そこで呟いているから、こちらで呟くことがなくなった。多分、そういうことだろうと私は考えた。

 少しだけ、私の心に靄がかかった。

 

「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

 

 かつて彼女は私にこう言った。

 別ジャンルにはまって愉しそうにしている姿をみせてくれと言っていた彼女は、しかし、別ジャンルにはまって楽しそうにしている姿を、私に見せてはくれなかったのだ。

 

 春の訪れと共に、P氏と私の最後の一カ月が始まった。

絵師イラストを依頼した

https://anond.hatelabo.jp/20210202143005

こんな成り行き(自分感想を送りつけたら神絵師は喜んでくれた)でMDで神絵師(以下先方)とやりとりをしてたんだけど、コロナイベント潰れて金が浮いたからいっそ神絵師性癖ドストライクのイラストを描いてもらおうと思って依頼した。ソシャゲ諭吉溶かすより同じ金で推し絵師イラスト描いてもらった方が幸せってどこかで見たツイート背中を押した。少し課金我慢する。

先方は個人依頼を受け付けてたのでDMしたら割とあっさり了承してくれた。顔も名前も知らない相手の突然の依頼をよく承諾したなと割と失礼な雑感を抱いた。人が良すぎる神絵師……。で、希望キャラと構図とテイストを教えてほしいと言われた。正直なんでもよかった(その方がサプライズ感あっていいじゃん)けど「なんでもいい」って一番やりにくくない?と思ったから、構図(キャラポーズというべきか)はグッときトレス用の素材を送って、テイストは語彙が足りなくて説明できなかったから神絵師過去絵を添付し「こんな雰囲気がいいです」と添えておいた。金額や支払いのタイミングなどを確認しつつ依頼完了。絵が完成するのを待つ。

しばらくしたら性癖ドストライクな絵が完成した。すごい! びっくりした! 絵が上手い!! こんな絵を本能が求めていた!!!!!!! 課金我慢してよかった!!! 興奮を抑えつつ先方の口座を伺ってお金を振り込んでおく。ちなみにだけど金の話は依頼した側から切り出すとスムーズな気がする。大切なのはお金を払わせてください」のマインド。これがあれば問題ないと思う。

○ここがよかった依頼のイラスト

性癖ドンピシャイラストを入手できる

 元気になれる

合法的推している人間の口座に金を振り込むことができる

 オタクの夢だと思う。パトロンになりたい。5000兆円欲しい。で、推してる人間の口座に全額突っ込みたい

○ここが難点依頼のイラスト

・人様に性癖を開示する必要がある

 これがかなり恥ずかしかった。依頼した絵は指定ついてないけどこんな構図やら雰囲気が好きなんだなと自分性癖に向き合う必要もあった。露出狂ってこんな気分なんだろうか……

(総括)

また依頼したい

anond:20210505191933

わかるけど、回答したつもりはなくて、そういう問いにはあまり意味がないんじゃないかという感想からの指摘でした

彼らが自身面白いと思っているかどうかってどうでもいい気がしちゃう いや何か大事なことかもしれないけど

コロナ禍だけどキンタマ手術してもらってきた

コロナ禍の今、俺の金玉を手術してもいいのか問題

https://anond.hatelabo.jp/20210114141729

この後日談です。コメントトラバくれた方ありがとう!もし分らんとことかあればできるだけ答えたい。

金玉病気だった

上の投稿の後、意を決して近所の泌尿器科金玉を診てもらった。やはり典型的精索静脈瘤だったようで、3段階あるグレードの中でもガッツリ一番上のグレード3らしい。あとから調べるとグレード3の基準怒張した血管のでこぼこが陰嚢の外から見えるか、というものなのだけれど、正直まったく病気だとは思っていなかった。てっきりみんな左側の金玉にはうどんがついているものだと思っていた。

先生に「薬もなくはないけど、治したいなら基本的に手術やね(概略)」と言われ、手術ができる大きい病院に紹介してもらった。

金玉の最新治療できる人少ない問題

紹介された大病院に行き、CTその他の詳細な検査を受けた。再度エコーでも見てもらったが、若い先生2人に「あ~怒張してるね~」とか言われながらゲルでぐりぐりされて、なぜ俺はこんなくだらないことで笑いを堪えているのか、かつなぜこんな真剣に診てもらっているのに息子は反応しかけているのか、二重に失礼で低俗自分に悲しくなった。あとこの病気あるあるらしいのだが、左の睾丸が7割くらいの大きさに委縮していた。大きなデメリットはないそうだが何故か悲しくなった。

検査も終わり、よっしゃいよいよ手術だと意気揚々先生からの話を聞くと、どうも手術できないことはないのだけれど、ここだと出来る術式が限られてしまう※1とのこと。生意気にも自分でも色々ググったりしていたので、できればより良い方法がいいと、その術式が可能な別の病院を再度紹介してもらうことにした。

※1 このページ(https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/repro/patient/man_sterility/day_varicocele_surgery.html)の"精索静脈瘤手術の比較"の表で言う2番目の「腹腔鏡精索静脈瘤手術」になるとのことだった。自分が最終的に受けたのは一番下の「顕微鏡精索静脈瘤低位結紮術・ナガオメッソッド」と全く同じ術式(一括結紮法ではない)だけど一応の入院あり。この表もすべてを網羅しているわけではなく、一番下と同程度のリスクに抑えられるもののすこし上の部位で結紮するタイプの術式(microsurgical high inguinalアプローチ)等もあったりする。

混沌としている精子関連の情報

しかしその病院、かなり遠く、都会に立地していた。逆に言えばその「最新の術式」を確実にできる人が全国的に少ないらしい。もっと言えば、この精索静脈瘤治療の大半を占めると思われる男性不妊治療自体最近ようやく注目され始めてきた分野のようで、それに伴って技術を持つ一部の先生需要が集中してしまっているようだった。

加えて、割とダイレクトに「精子の質」とかそういう不妊治療関連のセンシティブ概念に繋がる病気なだけに、検索で出てくる数少ない情報も「他院の手術と違ってこんなに高い技術で丁寧にやります!」的なのが多くて面倒だった。一応大学病院サイトやそこに引用されてる論文とかを主に見るようにしていたが、正直正しかったのかはわからない。「最近増えてる不妊治療専門クリニックはよくわからんとこが多い」とか、そういう話もちらっと先生から聞いたが、不妊治療の闇みたいなものにはあまり踏み込まないことにした。

手術

紹介後の順番待ちはそれなりにあったが、手術が決まってからは早かった。術式は顕微鏡精索静脈瘤低位結紮術の全身麻酔入院あり、保険適用だった。ありがたい。

事前検査を受け、入院し、おいしい病院食を食べ、24時間程度の断食のあと手術を受けた。手術は寝ている間に終わっていた。

経過

直後

傷跡は2.5cmくらいでとても小さく、何も問題なく終わったよと伝えられた。ありがたいことこの上ない。手術後は陰嚢がむくむ、と言われていたがその通りになった。冬のすずめみたいだった。退院するころにはむくみもほぼ引き、傷の痛みもなくなっていた。金玉の痛みも消えていた。すごい。

一週間後

今まであったうどん消失していた。たしかに太くなった血管はそこにあるのだが、どんな状況でも怒張しなくなっていた。プラシーボかもしれないが、今までの陰嚢の暑さが急に改善されたせいか逆に股間が寒く感じる時が多くあり感動した。あと余談だが、玉袋がちょっとツートンカラーになったのは面白かった。基本的に陰嚢は温度が高いときに長く伸び(垂れ下がり)、低いと小さく締まる。自分治療前でもそんなに垂れ下がっているほうではないと思っていたのだが、術後、寒くなると今までにないレベルで玉袋が締まり、今まで玉袋のまわりにあるだけだった皮膚まで玉袋役として引っ張り出されたせいで、元々玉袋だった少し暗い色の皮膚とくらべて明らかに明るい新玉袋領域ができていた。書いてて思ったけどめちゃくちゃどうでもいい情報だ。

その後

傷口も毛でほぼ見えなくなり、消えたうどんと締まった陰嚢以外の見た目は元に戻りつつある。

感想

偶然コロナ感染者数が一度少なくなったタイミングでの入院となったが、もちろん病院はどこも厳戒態勢といった感じで、それでも関わってくれた先生たちをはじめ医療関係者の方々はみな本当によくしてくださり、感謝してもしきれない。

今のところ違和感も無く、とても快適な生活を送っている。

強いて言うなら、入院前に自分で精液検査キットを買って使って変化を観察していれば面白かったかなとは思うが、もともとの目的ではなかったのでヨシとする。

男性の15%は精索静脈瘤がある(問題が出ない場合も多いらしい)ということで、皆手術しよう!とまでは思わないが、もう少し周知され研究治療の普及が進んで、不妊や痛みに悩む人の選択肢が増えて負担が減ればいいなと思った。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん