「システム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: システムとは

2017-11-19

steamの柔軟な返金システム一見ユーザー媚びのシステムと思いきや、本来ユーザーちょっと手が伸びず買わなかったであろう作品の購入される確率が上がるという開発者にとっても十分プラスシステムだな。

実際それで普段なら買ってなかったソフトをいくつも購入して手元に残ってる。

ただその分シンプルゲーとか2時間以内に終わるゲームリリースしにくくなっている事実もあるだろうな。

ネタ発掘

http://siusiu.blog.shinobi.jp/Entry/677/

今朝これを読んで、本題とは全く関係ないんだが本文6段落目の

システムが良くても、グラフィックが良くても、音楽が良くてもそれはそれで良いのですが、ゲーム総合芸術なので、それぞれがマッチしたときは1+1+1で300になるんですよね。30倍だぞ!30倍!」

計算が明らかに間違っているのに気付いてもやもやしたんだ。

でもブクマで全く指摘されていないのもおかしいし、なんとなくテンプレっぽい文章ネタなんじゃないかと思ってググってみたら案の定、例の10発言にたどり着いた。

そこからネット検索してネタを見つけては大笑いという何とも楽しい時間を2時間以上過ごしてしまった。

休日なのに何も予定がなかったのもあって久々にネット面白さを再認識したわ。

今度どこかでこのネタをしれっと使ってみよう。

2017-11-18

国民を洗脳する政府

日本道徳って結局国民政府に都合良いようにコントロールするための洗脳以外の何物でもない。 http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-170.html

たとえば「勤勉は美徳

政府国民全員に身を粉にして働いて貰わないと、政府に入る金が減っちゃいますからね。

でも「おまえらみんなもっと働け、さもないと政治家に金が入らないではないか!!」と言ったって、誰も言う事を聞いて勤勉になったりしません。

そこで政府国民に「勤勉は道徳的に良い事」「怠け者は人間のクズ」という洗脳を施したわけです。

そして最も恐ろしいのは、国民がこんな洗脳にすっかり騙されてしま痴呆だという事実ですね。

 

それだけではありません。

国民は全員勤勉でなければならない」という決まり勝手に作っちゃって、

それで国民相互監視システムを作り、国民全員に、決まりを守らない人を見つけて、その人に嫌がらせをする義務押し付けています

政府洗脳に加担する事が正義だと思っちゃってる頭の悪い人達です。

無職ブログを廻ってみると、コメント欄にこの人達をいっぱい見ることができますね。

 

日本道徳的に正しいとされてる事を、おまえらほんとにアホみたいに鵜呑みにして正義だと信じちゃってるけど、

もうちょっと良く考えてみなよ。

政府に都合の良いだけで国民には害のある事ばっかだよ。

anond:20171118192529

(ただの雑談というか、今日知ったロフトでの出来事というか思いつきでした。)

世の中には、原価割れに近いか形で、販売される物があるのは、知っています

例えば、漫画雑誌のように広告費や単行本の売り上げ、利益を得ているタイプビジネスモデルもあるんでしょうが

世の中の仕組みで、ピンとこないこともあります

  

今日は、たまたまロフト佳子様カレンダを見掛けたのですが、ほぼアイドルですよね。。

佳子様皇后陛下カレンダーもあるんだーと、驚いたのです。

少子高齢社会を迎える中で、宮内庁皇室を維持する予算って、どうなっていくのかと、少し不思議に思いました。

それで、増田に書いて見ました。

ググってみると、掲載写真公務のものであり、報道会社を通じて取られたものからお金は動かないのでは?みたいなコメントつけました。

売っているからと行って、直接、お金が動くとも限らないのですね。

勉強になりました。

ありがとうございます

ところで。集金ということですが。

以前、離島への民間救急ヘリチャリティーカレンダー沖縄消防士カレンダー」のニュースが頭にあったので、カレンダーは集金に利用されるシステムだという断片的な知識をなんとなく、頭の隅に合りました。

カレンダーのコーナーは、書店や文具店で誰もが足を運ぶコーナーだと、思います

集金よりも、広告話題作りとして一つとして、いいのかもしれないですね。

会社に勤めていたら無料で、業者の人が広告代わりに置いてくれたりしますね。)

よくわからなかったんで調べてみた。

年金賦課方式で、つまり世代間のリレー方式。現役世代が払った年金受給される年金の財源。

現在社会保障給付費は120兆円。現役世代が払う年金保険料は66兆円。積立金の運用益なども割り当てられるけど、2016年は国から税金国債を元に40兆円が投入されてる。消費税から国分の13.3兆円くらい。残りの17%はよくわからん。もちろん消費税10%に増やすのも社会保障費のため。

年金運用益もいくらかあるとはいえ、そもそも積立金の時点で140兆円しかない。今の高齢者死ぬまでに必要社会保障費用がその10必要と言われてるらしく、20円持ってジャンプ買いに行くレベルグダグダっぷり。

社会保障給付金の半分は年金医療費が30%くらい。その他が20%。その他ってのはあんまりよくわからないけど、介護雇用保険教育関連とか生活保護あたり?

少子高齢化のせいで以前は年金破綻するって言われてたけど、消費税国債でまかなうから当面は年金もらえないなんてことはなさそう。現状のシステムを見る限りはね。

まり少子化のせいで毎月の保険年金の財源が足りず消費税増税。将来のツケである国債少子化のせい。

少子化自体は、晩婚化を経て非婚化の時代なっちまったからな。晩婚化自体まだ天井打ってないし。子無しが増え続けてる以上、消費税20%は覚悟しないとな。

景気悪くなりそうでやだわー。

カレンダーって、集金システムの一つなのか。

皇室関係の人のカレンダーもあった。

宮内庁に、お金はいシステムになってるんだろうか。

大学による雇い止めも仕方がない

東北大学秘書雇い止め危機を伝える新聞記事http://www.asahi.com/articles/ASKC16D0XKC1UNHB00P.html)が話題だ。大学関係者としての想像だが、雇い止めは誰も望んでいないはずだ。秘書本人はもちろん、研究室教授や関連する学部事務職員なども、できることなら続けてもらいたいと思っていることと思う。それでも雇い止め危機は来る。

ブックマークコメントでは「雇い止めとかふざけるな、無期雇用しろよ」という論調コメントも多い。お怒りは尤もである。尤もなのだが、話はそう単純ではなく、仕方がない面もあると思う。

原因は、教授大学組織の心意気の問題ではなく、大学予算システムにある。建前の上では、(労働契約法の)趣旨に反した雇い止めをこれから行うというよりも、(大学予算制度の)趣旨に反した継続雇用をこれまで行ってきたと言える。およそ大学で働く人の実感とはかけ離れているが、かけ離れているが故に問題である

どういうことかを説明するには、大学予算の話をしなければならない。面倒だが付き合っていただきたい。

研究室秘書を雇うとなると、まず間違いなく、人件費の原資は「競争資金」のはずだ。競争資金とは、各研究者研究計画(「こういう価値のある研究を、こういう計画実施したいと思うので、これだけの予算を下さい」という申請書)を提出し、その中で優れたと判断された計画予算が割り当てられるという仕組みだ。競争に勝って予算が得られれば、研究計画に関する事務をお願いするために、秘書を雇う(ことがある)。雇い止めとの関係で言えば、ポイントは3つ。

1
つの研究計画の期間は2~5年ほど
2
秘書雇用は、教授研究室に紐づいているのではなく、(少なくとも建前としては)研究計画に紐づいている
3
競争に敗れると、雇うための予算がない

から2~5年は雇う約束ができても、ずっと雇う約束はできない。そもそも、5年を超える秘書業務は建前上は存在しないのだ。記事秘書の方は勤続12年だそうだが、建前としては、4つか5つの研究計画実施事務処理を行ってきたはずだ。3年+3年+3年+1年+2年とか、そんなところだと思う。(労働条件通知書には、どの研究計画業務を行うかが明記してあったと思う。確か。だから研究計画の切り替わりの前後での仕事は、書類上は、「従事すべき業務の内容」が違う別の仕事ということになる。たぶん。)

無期雇用にするのが難しいのは、こうした建前の現行システムのせいだ。建前に忠実に従うと、5年以内での雇い止めおかしいのではなく、3年+3年のような研究計画を跨いだ連続した雇用の方が歪んでいることになる。そもそも、「雇い止め」ではない。本来職務は「3年間の研究計画に付随する事務」という時期に限りのある業務で、約束した仕事が終わったので雇用契約が満了するだけなのだ。次年度から新しい研究計画が動き出すかもしれないが、それは別の話。皮肉なことに、原理原則に従うと、雇用の期間は5年よりも短くなり、雇用不安定性は増す。建前上は、無期雇用が相当な仕事はない。誰も得をしない。

じゃあ、どうしたらいいのだろうか。

競争資金に落ちたので、来年度は雇えません」というのが解雇の正当な理由になるのであれば、さらにそのことが各大学執行部の共通認識になれば、無期雇用への切り替えを恐れて5年で雇い止めをする必要はなくなるのではないだろうか。ちなみに、無期雇用は必ずしも終身雇用意味しない。業務が明確に定められていて、その業務がなくなってしまうのであれば、無期雇用者解雇も認められるはず。したがって、「研究計画遂行に係る事務」のみを業務にしていた場合、「競争資金に落ちた」は正当な理由になってもいいと、個人的には思う。労働法務は素人だけど。東北大学教授くらいになると、競争資金も安定して取れるので、本当に解雇が発生するリスクは大きくない。一方で、現実秘書業務研究計画との紐づけが若干緩く、研究計画との関連の薄い研究室運営業務もお願いしていたりするので、そういった所は改める必要があるのかもしれない。

研究室秘書雇い止め類似問題として、学科の有期契約事務職員の雇い止めがある。秘書業務は建前上は研究計画に紐づく期間に限りのある業務から研究計画の終了で雇用契約が終わることも止む無いが、学科事務は恒久的に発生する仕事で無期雇用が相当だと、個人的には思う。また若手研究者雇用不安定性の問題もある。

※ 今回報道された問題は、全国の大学で目にできる、ありふれた問題だ。また新しい問題でもない。2012年の段階から議論されてきている(例えば http://d.hatena.ne.jp/scicom/20120422/p1)。

2017-11-17

おまえ働きすぎなんだよ

仕事がつらい

できるなら、仕事なんてせず旅に出て一生遊んで暮らしたい

割と裁量が高くて労働時間管理がいい加減なしごとをしてる

から本来残業代がつくんだけど、時間管理するシステム会社にはないので残業代はない

最近仕事が多くてね、と同僚に愚痴をこぼしたら

「俺みたいにもっとたくさん働けば楽になるよ」

「土日働けば、月曜日憂鬱じゃないよ」だって

あいつは週に100時間働いて、土日無休だ

どうかしてるぜ

そんな生き方を僕に押し付けないでほしい

修士課程時代に週7で研究室に行って、不眠になって教授に責められて精神科に駆け込んでから僕はもう無理しないと決めた

週に100時間も働いて、ケロっとしている奴の気がしれない

どうして僕はこんなに弱いのだろうと思う反面、やっぱ労働時間はちゃんと規制してよと思う

悪いが僕はキッチリ土日休ませてもらうぜ

Windowsドキュメントファイルを保存すると

素人みたいな扱いされる。

昔、初心者向けのPC解説で「ワードファイルはマイドキュメントに保存します」みたいのが2chで「マイドキュメントに保存とかwww」ってバカにされてたし、

PCショップで「ドライブ2つ積むより容量の大きいドライブ一個のほうがいい」みたいなことを言ったら店員に「データはDドライブに保存するのが普通ですね」とかちょっと小馬鹿にしたように言われたし。

職場でも、ファイルは全部ドキュメントの下に保存してたらファイルが数Gあって、システム管理系のツールを動かしたら容量でかすぎて固まって、管理者から普通ドキュメントなんかに保存しませんよ」とか言われたことがあった。

でもunix系だと、ユーザーファイルを、/home以外に保存するのってありえないよな。

ファイルディレクトリ権限を気にしないで、ルート直下ディレクトリ掘ってるお前らのほうが素人だろって言いたいわ。

 

自分PCショップ定員のおすすめどおりCにSSDで、Dに大容量HDDを入れて運用するようにしたけど、設定をいじってユーザーディレクトリをDにうつしてもやっぱ使いにくいし、やっぱもうちょっと金だして大容量のSSD買ってドライブ一つにしとけばよかったって大後悔だわ。

https://anond.hatelabo.jp/20171116220817

逆ですね

ショートショートはその状況に既に理解のある人が既存情報をもとに想像することで

自己解決感覚を一体感相互理解勘違いする高揚感でファンも多い作風

この前提が揺らいでいるとショートショートにまとめきれない

古代の神や社会通念性について変化と原型からはずれた例が多すぎる現在ではどんな例を出すにしても世代状態限定して説明する必要がありショートショートとして「既にある素材を使い状況だけを構成する小説」は造れなくなっていく

豊臣秀吉のような威厳をもって佇む何々」と表現したところで

豊臣秀吉は女ではない

豊臣秀吉イケメンではない

豊臣秀吉は魔術を使わない

豊臣秀吉はキレても超パワーを発揮しない

説明をするか、そういう状況であることを世界観として成立させる文字数必要になる

かつてのSFショートショートでも「宇宙空間に取り残された救命船」といえば想像がつかないので救命ボートから暗闇に取り残されたものだというところまでくらいしか想像がつかなかった

それが何とか粒子はない、循環システムは無制限ではない、ソーラー発電はあるがニュートリノ変電装置はない、宇宙文化があるのは地球のみである、外宇宙文化によるもので取り残されたのか、など前提が多く必要でなければ作者の誘導を大きく外れる

ショートショートではおさまりきらなくなる

またアイテムひとつ出すにしてもどのバージョンのものであるかを延々と説明する必要がでてくる

もうストーリーだけ出すのであればSNS大喜利が始まるので済む

逆にSNS大喜利ショートショートであると言えばそれは「ショートショートブーム」だと言えるかもしれない

こんなに少子化になったのはそもそも人間妊娠期間が10ヶ月程度と長く、

しか子供が不完全な状態で生まれてくるからじゃないの?

だってさ、牛とか馬とかって妊娠しても奴ら的に無理のない暮らしをしてるのかどうかはわからないけど

出産までとりあえず立って寝てたりしてるじゃん?

でも人間には人によってつわりがあってしかもその程度もつわりの種類も千差万別

いざ生まれると子供は立ち上がることも出来ずに親が与えないと乳も飲めないじゃない。

畜生共は生まれた時点で首も座ってて(あんなに首の長い麒麟でさえも!)数時間で自立するじゃない。

この時点でもう保育園いらないよね。

旦那子育ての手伝いしなくても何とかなるじゃない。

ダーウィン進化論的に言えばさ、このまま保育園が増えて一部の女叩きが増長していくならもうこの人間妊娠出産子育てシステム畜生方面進化していくんじゃないの?

それでさ、男はもう生まれときから精子の形しててさ、大きくなっても精子を生み出す大きな精子として成長して精子としてしんでいけばいいんじゃねーの?

いくら噛み砕いて説明してもわからないおっさん政治家子育て整備するのを待ったりするよりもマッドサイエンティスト出産業界に乗り出してって人類進化を早めたほうがいいんじゃない

スマホゲーム詫び石

スマホゲームシステムを知らないから疑問なんだけど、あれってもらって嬉しいものなの?

たとえば対戦ゲームで、自分だけ特別なブキをもらえたら嬉しいけど、プレイヤー全員に配られたらとくに有利になるわけでもないし、希少性もないから自慢もできないし、もらっても「ふーん」ってなるだけだけど。

子無し税検討されてるじゃん

前に増田に子無し税導入するべきって書いたら

「二重取り」とか「公平・中立簡素という税の原則に反する」とか「システムが複雑」とか「懲罰税は効果がない」とか

挙句の果てには「税の素人にはわからんだろうな」「もし増田の主張が通る国になったら、出てくことを真剣に考える」「どうでもいい戯言」とか

ぼろくそ言われたんだけど

何だったんだ一体

冬支度増田そろそろソロ祖出す幕田氏由布(回文

ホームセンターコーナンLANケーブルねーちゃん買い間違えて、

それ電話線!バッファロー

初動捜査の甘さが誤認逮捕につながるわ!!!

おはようございます

思い込み先入観は禁物よ。

さて、

名探偵ごっこはもうやめにして、

真面目にするわ。

しか寒いわね。

本格的に寒くなってきたので、

マジお部屋片づけて石油ファンヒーター出すわ!

じゃないと、

部屋の中で投資してしまうレヴェルよ。

外国の有名な氷のホテルの客室の温度より、

うちの部屋が温度低いってどういうこと?

今週末こそ、

灯油を買ってきて、

ファンヒーター出す!

灯油給油ポンプ電池もチェックよ!

システムオールグリーン

今日は誓いの宣言

自分に課す

有言実行!!!

うふふ!!!

がんばるわ。


今日朝ご飯

から揚げたてカレーパンの香の罠に掛かって

まんまと買ってしまう美味しいかレーパン

お部屋の中がカレーチックな香り漂わせ、

目をつむれば、

まるでインド雰囲気

とまではいかないものの、

たまにはこういうのも食べたいわ。

お惣菜パンも大好きなのよね。

カ・カ・カ・カ・カ・カ・カレー

ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ライス

デトックスウォーター

ホッツグリーンウォーラー

普通にかいお茶よ。

寒いったらありゃしない。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

強盗が入るのはそこに現金があるから

というわけで、店は会計を完全カード決済のシステムにして現金はNoにすればいいと思う。そうすれば強盗被害に合わないで済む。他に金目の物がなければ。

日本システムコストの8割は監査対応

具体的な例は示せないがこんな印象。

システム監査業務監査対応するために設計書や議事録は残さないといけないし、テストテストコードでは監査エビデンスにならないから(監査人が読めないか監査OKの判定を出せない)、神Excelテスト仕様書と吹き出し付き画面キャプチャのセットを作らないといけない。

監査のために隅々までログ管理者機能を作らないといけないし、運用が回っていることを証明するための分析機能も作らないといけない。

昔取り入れられた内部統制なんちゃらのせいで、職務分掌絶対とされ、開発者が本番環境を触ることが出来ない。開発者が本番環境プログラムリリースするために独自構成管理システムも作らないといけないし、運用部隊を通じて本番環境調査するための申請システムも作らないといけない。

本番稼働が始まったら開発者一人居れば回るような規模なのに、開発担当、開発責任者運用担当運用責任者の4名が必要となる。

10年前に米国から輸入されたSOX法のしがらみが続いている日本ではDevOpsなんかあり得ない。

システムが動くことよりも、監査に堪えられる仕組みを作ることが重視されている。

監査対応上場企業であれば必要となる。所謂Web系のベンチャーが「上場準備」を始めた段階でシステム対応スピードが大きくダウンするのもこのためである

2017-11-16

anond:20171116204441

いや、一妻多夫は男女比がすごく偏ってるとか

男が1人で妻子を養えない社会で起こるシステム

例えば江戸長屋の男達で一人の女を妻にするとか

どっかの民族のたくさんの兄弟で一人の妻を迎え入れて共有とか

一夫多妻より女の負担が重そう

anond:20171116154015

課税なら私有財産権を侵害することにはならないし。

そこは勘違いだよ。徴税私有財産権の侵害にほかならない。ただ、私有財産権は公共の福祉制限を受けているから、実際的には私有財産権の完全な発露を抑制されている状態ってだけなんだよ。公共の福祉のためにということで個人財産の一部を徴収するのが税というシステムだと言いかえることもできる。

税金を払いたくない(多くの人はそうだろう)に対してそれを徴収することができるというのは、これは前記事でも触れたとおり「暴力」なんだよ。前記事やここで「暴力」としているのは「対象意志無視して自分意志や行動を強行/強要する能力行為全般」だ。

もちろん公共の福祉という概ね良い目的のために、国民監視可能な形で、適切に運用されているか課税徴税現代日本において「悪い暴力」ではない。

でも歴史を見れば分かる通り、財産徴収国家独裁者一方的な都合で行われて、戦争などに使われた例なんてざらにあるわけ。だから、「徴税暴力ではない」なんて詭弁だよね。まさに暴力にほかならない。大多数にとって納得できて現代日本社会では善として扱われている(あるいは近代国家運営のための必要悪)だけであって、暴力であるのは否定できない。これは警察治安維持)なんかもそうで、僕らの日常にも暴力は溢れているわけ。

選挙を始めとした多数決だってアレは暴力だ。数が多い事をてこにして少数者の意見を踏みにじるためのツールだ。もちろんその暴力が適切に、みんなを幸せにするために使われることはあるし、事実現代日本では多くのケースでそうだろう。でもだからといって、そういう暴力性を無視しちゃいけないんだよね。無視したところから民主主義崩壊は始まる。だからこそ多数決で勝った側が負けた側

少数者)の声に耳を傾けることが重要なわけ。民主主義多数決ではなくて、むしろ多数決をした後あるいはする前の合意形成技術や、それを支える民度民主主義の精髄だ。

さらに例えば、経済的地位濫用して企業労働者搾取するってのも(経済的あるいは社会権力的な)暴力だ。暴力からこそ法で規制する必要があるわけだよね。またその逆側の、労働者が数を頼んで選挙やストなどで他者(多くは富裕層)の財産権利を奪おうとするのも、これまた暴力だ。

人間社会は(先進国では概ねちゃんと制御された)暴力応酬で形作られている。長い歴史の中で人間は(人間政治は)暴力範囲限定してきた。ロングソード農民頭蓋骨を数個割れば村の徴税権ゲットだぜ! なんて時代に比べれば文明的になった。

でもブコメなんかに見られる「現代日本暴力駆逐された」みたいに信じている人のそれは正しくないんだよ。むしろありとあらゆる接触に暴力が上乗せされているのが現代社会というものだとおもうよ。

多少ひねくれた表現が許されるのならば、政治とは「利益の異なる個人集団暴力相克を、なんとか社会崩壊しない範囲内で収める術」だと言いかえることもできると思う。それに失敗すると、ベネズエラとかジンバブエになるし、その手前の「社会の分断」段階でもEUやらアメリカみたいになる。

富裕層から税をぶんどれば良いんだ」「AI課税してしまえばいいよ」「共産主義にして金持ち資産国有化しよう」これらはすべてコメにあった無邪気な意見だけど、それらは「あいつを殴って奪おうぜ」という暴力肯定意見だとちゃんと自覚して発言しているのか、そこが疑問だ。別に富裕層かばうつもりは全然ないんだけど、「あいつを殴って奪おうぜ」に賛成するのならば、当然に「自分が殴られてすべてを奪われる」覚悟必要だよね。

一番最初記事https://anond.hatelabo.jp/20171115141727)に感じたのもそういう懸念だったんだ。「俺はあいつを殴っても殴り返されないし許されるだろう」みたいなふわっとした(悪い意味での)信頼感。

いやいやとんでもないそれ暴力から記事中ふれたように暴力社会のあらゆる場所に(表面的にはあたかもそうではないようなカモフラージュをされて)存在するものから、殴るなとも暴力を振るうなとも全く言わないのだけど、でも振るうのならばせめて自覚しないと危険だよ? と思った。

全力で殴り返されて半死半生になった後に「そんなつもりはなかったのに」って言っても手遅れなわけで。

anond:20171116103424

それを変える為に選挙権があるんだよ。

役所システムを変えれば働かなくても生活の質を維持できることが明らかってなれば変えられる。

仮に、急進的な政党が躍進したら俺が行った通りってことでいいのね?

anond:20171116123842

うちの近所はレジに人がいて、支払いだけを複数の支払機にするというハイブリッドシステムが導入された。支払い金額が確定からの(主に年寄りが)ゆっくりお金を出すまでの時間に待たなくて良くなったので、客がシステム理解すれば快調だよ。

友人の死と折り合いがつかない

もうすぐ4年になるのに、全然理解できない。

なんでもないときに突然思い出して、ぼんやりしてしまう。

別に号泣するとかじゃないけど、ただ彼女のことをぼーっと考えて時間けが過ぎていく。

ていうかそんな親しかったわけでもない。中高一貫女子高で同級だっただけだ。

私は自分で描いた拙い漫画をせっせと刷ってコピー本にして地元の小さなイベントの端っこで配ってるようなオタ女で、同じようなオタ女たちとよくつるんでたけど、彼女はとびきり美人性格も社交的だったから、そういう子が集まる派手めなグループにいた。

高校になっても私は受験組、彼女は附属大推薦組で、選択授業が被ったことはほとんどない。

唯一の接点が管弦楽部。でもこれは学年の4分の1くらいの子所属するような大所帯だったから、そのなかでもやっぱり仲良しグループはあって、そこでも私は彼女とつながりはなかった。

ただ、彼女は目立つ子だったけど、少し要領が悪いというか、世渡りが苦手というようなところがあって、一度だけ、見かねた私が半ば強引に手助けしたようなことがあった。助けっていうほど大げさなものではなくて、普通にクラスメイトが困っていたら皆するようなことだったけど、それでも彼女は恩義を感じたのか、たまに話しかけてくれるようになった。彼女は優しい。

それでも、そのころの私たちには中高生ありがちなグループ体裁みたいなものがあったから、話すときはなんとなく二人きりになったときだけだった。彼女は私のしょうもない話によく笑ってくれた。その顔がすごくかわいいので、私はくだらない持ちネタを繰り返した。彼女が笑うと満足した。

一緒にどこかへ遊びにいったりしたことはついぞなかったけど、彼女地元楽団にも参加してて、あるとき私を誘ってくれた。

大きなコンサートがあるときは、人数確保のために楽団員が知人を紹介することができるシステムだった。チェロ(私の担当楽器)が足りなくて、よかったらきてくれない?なんて言われたら行ってしまう。ふたを開けてみれば私しか誘われていなかったので、ちょっとした優越感でニコニコしてしまった。たぶん本当にチェロ人員けが足りなかったからだろうけど、彼女から選ばれることは得意な気分にさせた。

彼女バイオリン(とても上手)なので練習は別々だったけど、最後の合わせでは一緒に帰った。電車で座って、それまででいちばん長くしゃべった。私はそのとき彼女に外部受験して地元を離れることを話し、彼女は私に子供が好きで音楽先生を目指していることを教えてくれた。

そうして私たちはそれぞれ進学し、二年の冬に彼女は亡くなった。

葬儀はご家族だけで執り行われて、私たち卒業生は母校でお別れ会を開いた。

そこで区切りがついたつもりだったのに、その後しばらくして、飲み会で入ったお店で流れているBGMが、あの、彼女と参加したコンサート演目だと気づいたとき、すごく動揺してしまった。お酒が入ってたからかもしれない。

それから度々、突然彼女のことが心に浮かんで、とても寂しくてやりきれない気持ちになってしまう。心が体の真ん中から徐々にずれていって、そのままどこかにいってしまう。誰かを亡くした人ってみんなこんな気持ちを抱えて日々生きてるの?こういうのどうやって乗り越えてるの?寂しくて仕方ない。

卒業式も寂しかったけれど、これからみんな別々の道でそれぞれ元気にやっていくんだという信頼や希望のようなものがあったから、こんなどうしようもない悲しみだけではなかった。こんな私でも日々をあれこれなんとか過ごしているのに、彼女はどこにもいなくて、なにもしない。働いたり遊んだりしないし、バイオリンを弾かないし、笑ったり泣いたりしない。もうなにも作らないし、生まないし、何にも干渉しない。そんなことがあるだなんて思いもしなかった。あの、音楽室で隣に座って笑っていた人間が、この地球のどこにもいない。頼むからみんな長生きしてくれ。

彼女との記憶なんてこれだけで、でもそれだけをずっと繰り返し思い出してしまう。彼女のご家族お別れ会で初めて拝見したし、グループにいるとき彼女とは関わりがなかったので彼女共通友達はいないし、誰とも彼女の話をできなくて、ここに書いてしまった。文字にしてたら落ち着いてきたから、明日からまた静かに日々が過ごせそう。表現の自由はすごい。

ていうか読み返すと自分のことばっかりでめちゃくちゃ気持ち悪い。彼女のご家族のほうがずっとずっと寂しいでしょ。お風呂入って寝ます

2017-11-15

外注会社エンジニア呼んで、頼んでるシステムの出来てない事やバグを指摘したら

パワハラですよね?訴えます!」

と言ってプンスカ帰って行った新人さん。

帰社してその件を話したらしく、速攻上司から謝罪電話がかかってきたw

最近若い子は面白いですねぇ」

と言って場を収めたけど、あの子次また来るのかなー。

システムちゃんと納品してくれたら、それだけでいいんだけど。

anond:20171115140152

いやほんと。

いま20代前半の人たち、10年後ぐらいに地獄見ると思う

社会システム自体がそうなってしまっているし

うまく社会が変わってバラ色かもしれないけど

いや、日本人ってそんな柔軟性ないよな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん