「判決」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 判決とは

2019-01-23

私は、若いとき勧善懲悪化身と言われて、刑事司法の重責を歴任した

 俺は、東京大学法学部卒で、正義感に対する執念が素晴らしいとされて、若い頃は、刑事裁判官や

1級刑務官採用されて、意気揚々と働いた。年老いからは、素晴らしい秋の判決を書く裁判官

として、法務省に愛された。

 今はそういう熱血漢や、センスのある者が社会にいられたら困るので、法務省陰謀で、既に退職して

遊んでいる。

 昭和テキストは、東京にはない。東京拘置所とか、さいたま拘置所とか、栃木刑務所の中

改良してやっている。昭和時代はそれを東京でやってこの東京形成したわけだが、今はそれは無理。

から、私は、色んな刑事施設の中で、昭和仕事をした。

 俺は、昔から、お前は文章天才であり、正義化身と言われ続けて、色んな所に採用されて仕事した。

 俺はそういう人間だ。今は、そういうのは東京ではできないし、誰もやるつもりがないから、ここでは

やっていないし、遊んでいる。つまりは、もう俺は仕事はやったし、この日本は俺が作った。

興奮して正義をやる裁判官世間封殺した

 昭和時代は、めっちゃ興奮して悪は許さんと仕事してた裁判官がいたし、その人が大量に日本人刑務所送りにして

一気に社会善化したわけだが、今興奮している刑事裁判官は、形式的判決文を書いてHPに公開する以外に人生

目的がないクズだし、同じように興奮していても、偽物。

男さん「女は働いて男を養えっ!」

DV被害で夫殺害、妻の被告求刑半分3年6月判決 名古屋地裁

https://t.co/twZaM79YRA?amp=1

名古屋市中村区の自宅で夫(当時50歳)を殺害したとして、殺人罪に問われた田村桃子被告(48)の裁判員裁判で、名古屋地裁(森島聡裁判長)は18日、懲役3年6月求刑懲役7年)の判決を言い渡した。夫からドメスティックバイオレンスへの過剰防衛として刑を減軽しつつ、弁護側が求めた執行猶予は付けなかった。

飲酒した夫に「前みたいにボコボコにしてやる」と言われ、胸ぐらをつかまれ体を持ち上げられたため、近くにあったパソコンの電源コードで首を絞めた。動かなくなった夫を別室に移し、ネクタイで首を絞めて殺害した。

 判決は、過去に夫から肋骨(ろっこつ)を折られたり、顔が腫れ上がるほど殴られたりする激しい暴行を受けていたと認め、「犯行直前に恐怖を感じたことはやむを得ず、経緯には酌むべきものがある」とした。

 一方、身動きしなくなった夫の首をさらに絞めつけたことを挙げ「身を守る行為としては過剰の程度が大きく執行猶予を付けるべきではない」と述べた。

夫は13年と16年に傷害容疑などで計2回逮捕された。最初暴力を振るわないとの約束示談して罰金刑、2回目は被害届取り下げで不起訴になった。

生計田村被告が働いて立てていたという。夫の2回目の逮捕時、警察からシェルターを紹介されたが「仕事を辞めなければならないと聞き、利用できなかった」と語った。離婚しなかった理由を問われ「別れたら職場や妹夫婦をめちゃくちゃにしてやると言われた。何年も我慢してきたからもう少し、と思った」と答えた。

生計田村被告が働いて立てていたという。

働いて夫を養った結果、DVされまくり反撃で殺して懲役刑を受けましたとさ

>「上昇婚せず、無職男を養い、大黒柱として小遣い3万で(家事しない)専業主夫を養い、自分家事育児やる」女性たちを児童相談所でたくさん見てきましたがね。

不思議なことに男が「お前は、俺の「男のプライド」をつぶしているッ!」といって妻や子供を殴るんですよ、養ってもらいながら…。

https://twitter.com/lije_bailey/status/1086423301751156736

https://anond.hatelabo.jp/20190121113933

単にジャパニーズ男らしさはアメリカンマチズモと違って個人的属性じゃなく社会的立場を測る物差しからというだけの話なのでは?

そして今の世の中のマチズモは「男としてダメ」→「社会的存在としてダメ」っていう向きだけど、ジャパニーズ男らしさって逆で「社会的存在としてダメ」→「男としてダメ」っていう構造なのでは。

wikipediaによると「マチズモ」は

マッチョとは、男性もつという「強靱さ、逞しさ、勇敢さ、好戦性」といった性質を基礎とした思想信条、行動をあらわす言葉

ってあるのに対して、「男らしさ」は

第二次世界大戦後、高度成長期など

リーダーシップ判断力決断力、落ち着いていること

有言実行

主体性。転じて、たとえ女性配偶者に十分な財産収入があっても、男性が「養われる」のは男らしくないとする偏見がある。ヒモという蔑称男性に対してだけある。主夫に対する無理解も多い。

・(労働者の家庭では)汗をかいて体を動かすこと

・(父親学者の家庭などでは)学問や形而上の世界意識が向いていて、もっぱら頭脳を使い、論理理屈を優先する理知的な人柄で、あまり身体を動かさないこと、汗をかかないこと。(かわりに、もっぱら女性のほうが身体を使った活動を行い、そちらが「女らしい」)

否定的意味では、日本では次のようなことが(悪い意味で)「男っぽい」とか「男らしい」とされてきた。

・「鈍感(どんかん)」「ニブい」

・「喧嘩早い」「暴力的

・(男児男子生徒など、特に男同士でいる時など)自分が勇猛であると見せようとして、(無駄に)危険・無謀なことをする。(結果として、怪我が多かったり事故死する確率女児より高い。)

ってなってるし。

ジレットCMって見てないし関連騒動も知らないんだけど、CMについてざっくり検索して記事読んだら単に「暴力イジメ肯定するようなアメリカンマチズモは捨てよう、そんなの"男らしさ"じゃない」と言ってるだけに見える。

でも、それに関するアレコレを引いてきて

日本社会全体でいうと「男らしさ」を求められる度合いなんて既に相当低くない?

は否でしかないんじゃないかなあ。

ジャパニーズ男らしさ圧ってかなり高いと思うよ。というか、どうもジャパニーズ男らしさってのは「求められてる」っていうより「そこから外れたら人非人」みたいな基準として機能してる感があるんだよね。

具体的に考えると、例えば異性たる女が絡むと突然アホほど高くなる。婚活関係文脈露骨だね、「いいから男は初回デートははおごれ」みたいなアレが普通にまかり通ってるし。「個別の魅力を見てもらう前に社会的地位がある程度ないと、魅力ある異性として映らないぞ」みたいな妙に脅迫的な圧がある。

どうしてそうなったっていうと経緯的には日本が男社会から社会的重要ポスト(決定権があるとか金が儲かるとか)は男が占めて男が社会を回してきたからってことだと思う。

この日本では、少なくとも女よりも仕事バリバリやって金稼いで嫁さんもらって女子ども養うのが「標準的な男」で、そこから外れると「男として瑕疵あり(からの「瑕疵のある人間は救わなくてよし」コンボ)」ってな具合になりやすいように見えるんだよね。

このあいだやっと法律改正して強制性交等罪ができたよね。110年ぶりだってさ。

男性の育休取得率、2017年度は5.14%で過去最高なんだってさ。回答率は62%ちょいらしいよ。

結婚して苗字が変わる男の人は4%くらいらしいね

医者が不足してるって叫んでおきながら、現役男に下駄履かせて女と浪人生はこっそり落としてた医科大学あったよね。実はもっといっぱいあるっぽいんですけどね。

自殺する人比べてみたら、動機としては男女ともに健康問題がぶっちぎり1位なんだけど、男性の2位は経済問題で3位は勤務問題なんだって仕事で悩んで死んじゃうんだね、男性は。女性の2位は家庭問題、3位は五十歩百歩だけど経済問題かなあ?

こうしてざっくり見ると男らしさ欠如罪で「下に見られる」っていうのは軽いアレで、下手なコンボが決まると判決死刑みたいな展開が充分ありうるって思わん?

あとジョジョで男らしさに言及するんならナランチャの「男ってのはああいう人のために働くもんだ」を引用しろよな。


僕は体こそでっかいが、少女漫画おじさんだし(元は少女漫画少年だった)、甘いもん躊躇なく注文するし、独身だし、彼女いないし、動物全般好きだし、格闘技別にきじゃない、野球サッカーも見ないし、お酒宴会の時だけだし、煙草は吸わないし、ペーパーゴールドライバーだし。

この辺とかはマジで単なる「増田観測範囲問題だし。身体のでかい人間ケチ付けるベクトルで正面切ってモノ申すような外野ってものすごく限られてるよね、っていうやつでは。女だけ狙ってくるホーミングタックル男が新宿観測されてドン引きされてるけど、逆は「男 狙ってぶつかる」で検索しても出てこない程度にはレアみたいだし。

下ネタ振ってくる友達はいないっていうのも単にクラスタが違うだけ感がある。

きみ、ちょっといい大学行って職があって人前で酒が飲めてジムで体鍛えたりしてる程度には健康なんだろ?

既に充分「男らしい」じゃないか。だからから免れてるだけじゃん?

2019-01-22

イノセントデイズ

生きたい という気持ちに 死にたい という気持ちが上回った時、私ならどうするか想像もできません。

 どうしようもなく辛いことが重なって冗談じゃなく本気で死にたいとおもうことがある、と友人に相談した時もお母さんに死にたいと伝えたときも、死にたくてたまらなくて一晩中泣いたときでさえも、私は心のどこかでは死にたくありませんでした。というか生きていたかったのだと思います。私は死にたいという言葉を何度も吐いた自分嫌悪感を抱きました。

 私は主人公の幸乃に同情をしながら非情しました。死にたいという感情を抱いて生き続けていた彼女無罪ながら「元恋人の家に放火し、妻と双子殺人した」という容疑に問われました。そんな彼女はそれを否定せず、死刑囚になりました。とても複雑ですが、一言で表すと「悲しい」が最適でしょう。彼女が親身に存在していたと想像してもかける言葉がわからないほど、気持ち矛盾私自身の胸の中で駆け巡ります普通の人なら冤罪死刑判決を下されれば、どんな術であろうとも死ぬ気で否認事実を伝えようとするはずです。でも私は生きたいという気持ちには勝らない程度で死にたいという感情を抱いたことがありますし、今も全くないと言ったら嘘になります。本気で死にたかったと共に周りへ迷惑をかけることを異常に嫌った彼女にとっては最も良い機会が訪れ、それを逃すわけにはいかなかったのかもしれない。という部分ではそれでよかったとも思ってしまますしかし例え死刑でなくても他人の罪をかぶるというのは決して良いことではないですし、結局本当の犯人もその事実を知って罪悪感で事故を装った自殺をしてしまったという事実も兼ねて本当にそれでいいのかとも思ってしまます。自らの選択によって死を選んだ彼女のせいで私は死刑という制度を少し否定する気持ちまで持ってしまいました。今までそんなこと考えたことすらなかったのに。

 彼女の微かな生きたいという感情死にたいという感情が勝ってしまったのは、彼女過去にありました。17歳自分を産んだ母と義父、義姉と共に暮らしていた彼女でしたがたったひとつ希望であった母が事故で亡くなってから彼女にとって地獄がはじまりました。その日から死刑判決の日まで、確かに彼女は多くの人に見下され人じゃないような扱いも受けていました。だれかに必要とされたい、と彼女は何度も思ったといいます。私はそんな彼女については、馬鹿だと思います。沢山の人から罵倒のなかで、自分を受け入れている人もいたはずです。何年にもわたり彼女無罪を突き止めた彼女過去の友人がとても可哀想に思います自分のことを思ってくれる人に気付こうとしなかったこと、これが彼女欠点です。自分人生において自己嫌悪しかしてこなかった彼女は愚かともいえる、と私は思いました。

 私はこの本を読み終えたとき幸せとはなんなのか考えさせられました彼女と私の価値観は恐らく全く違います家族ででかけたとき、おいしいものを食べたとき、私は単純に幸せだなと思いますが、幸せ人生といわれてみると心の底から考えても「わからない」という言葉しかでてきませんでした。でも、それでいいのかもしれません。たぶん「幸せ」に概念なんてないんだと思います。というかないですよね。個々それぞれで全然ちがうのです。

 自分人生に幕を閉じるとき、私は「幸せだった」と心から言える一生にしたいです。

anond:20190122103107

裁判で「どっちの考え方が常識的か」「常識的にどこまで我慢するべきか」とかを判断するのに、ではデータを取るためにアンケート取りましょう、なんてやらないから

結局、裁判長のお気持ちしかないってことだ。だから出鱈目な判決もでる。

2019-01-21

若い頃一度やったのに裏切られて既に絶望してるし今後仕組まれてやらされるよりはキチガイになった方がいいという個人性的判断だろ

 要は絶望してるし、人生投げてんだよ。若いときやったのに、一度破綻したし、それこれからやるわけねえからな。

 つまりは本物程ほど絶望しているか既に自殺して身体ごと現世にいないわけで、散々貢献したのに裏切られた霊となっている

 現職で働いている奴は、自殺もできずに、職にしがみついているだけのクズ

 頭は鬼で心はない。悪人だ。

 日本で一番の名判決を書いた明治時代裁判長は、63歳で裁判所書類持ち出して全部燃やして自殺たからな。

 平成では、そんなのもう知識人は分かり切ってたから、国家の中の革命ウソだと看破されてたし、日本は悪が勝つから

平成初期は、悪い奴を見抜いて、子供のうちに暗殺するとか執拗正義もあったけど、やっぱり悪が復活した

 どうにもならんなこの国は

東京地裁裁判官って何で殺されないの?

 書いている判決には意味がない、社会支配する気もない、昭和明治判例は忘れている

正義がない、裁判官の人選も無趣味で無内容、

 苦情の電話を入れても、日本人現実的性的な意味では支持者対策やってるだけで一向に支配する気がない

他界している、悪くなったことに黙秘している、昔とは天地の差

 人間のクズすぎて理解できない。東京犯罪だらけにして最悪化させているし、昭和時代の警察がいたら

取調室でぶっ飛ばされていたような奴が平気で増田にいるし、特に昭和オヤジがみたらしばきあげられている

ようなクズインターネットに腐るほどいる

最悪だな

人を驚かす目的で何かをしたら暴行罪からな(判例あり)

 東京高判昭和25年6月10日でしっかり判示されているが、今東京ではこういうことやってる奴がいるからな。立派な犯罪だよ。

判決要旨

         主    文

     本件控訴はいづれもこれを棄却する。

         理    由

 弁護人三輪寿壮外二名控訴趣意書中被告人Aの分について、

 第二点 (一)論旨は被告人Aの投石は被害者Bにこれを的中させろ目的でなく

同人を驚かしてやる目的同人の五、六歩手前を狙つて投石した或は投石した石か

Bに当るかも知れないという程度の認識わあつたとしてもそれを否定する認識の方

が相当強く働いて居ると見るべきであり認識ある過失と見るのが相当であると<要旨

第一>いい暴行事実否定するのであるが、暴行とは人に向つて不法なる物理的勢

力を発揮することで、その物理</要旨第一>的力が人の身体接触することは必要

ない。例えば人に向つて石を投じ又は棒を打ち下せば仮令石や棒が相手方身体

触れないでも暴行は成立する。群衆の中に棒を揮つて飛込み暴れ廻われば人や物に

衝らないでも暴行というに十分である。して見ると右暴行の結果石や棒が人の身体

に衝りこれに傷を負わせることは暴行観念から離れ傷害観念に移行包攝せられ

ものというべきである。記録によると被告人等は同僚で仲良しである被害者Bを

驚かす目的悪戯けて夜間同人に向うてその数歩手前を狙うて四五十米手前から

したことが認められるが石は投げた所に止るものでなくはねて更に同方向に飛ぶ

性質のものであるから数歩手前を狙つて投げても尚Bに向つて投石したといい得る

し投石の動機がいたづらであつても又その目的同人を驚かすことにあつても投石

行為適法ならしめるものでないから右被告人等の投石行為はBに向つて不<要旨第

二>法の物理勢力を発揮したもの即ち暴行を為したものといい得る。而して傷害

暴行がありその結果傷害が</要旨第二>生ずれば即ち成立し傷害の結果に対して認

識することを要しないことは己に幾多の判例の示すところであるから仮令被告等が

その投石がBには衝らないであろうと予想していたとしても、これは傷害の結果に

対する認識に関することで傷害罪の成立には影響がない。論旨は投石の場合その人

身体に衝るまでを暴行観念包含せられるものとし被告人等に石がBに衝るこ

とを予想しなかつた理由暴行意思否定するのであるが右の理由からしてこれ

採用しない。但し右の予想なきことは犯罪の成立には影響ないとしても犯情には

重大なる差異を生ずるものであるが記録によると被告人等には投石がBに衝るかも

知れぬという未必の故意があつたものと認められる。原審公判廷において被告人

はこの点を否定しているか人に向つてその数歩手前に投石すれば或は人に衝るかも

知れぬと予想するのが常例であり特別事情なき限り衝らないと思うとは条理に反

採用し難い。論旨はそれ故に理由がない。

 (その他の判決理由は省略する。)

 (裁判長判事 保持道信 判事 山田要治 判事 鈴木勇)

しかしたら韓国政府の思惑通りなのではないか

レーダー照射問題についての韓国側のグッダグダな対応最初は呆れていた

だが、よくよく考えると一連の韓国側対応時間稼ぎという意味では成功しているのではないか? という気になってきた

今回の件、韓国側は全く問題解決しようという意思を見せていない

そもそも初動の段階で謝罪していれば、この問題解決できていたはずだ

なのに韓国側事態を泥沼化させる行動しか取っていない

まり事態を泥沼化させる事そのもの韓国政府目的なのではないか

最初から今のグダグダな状況を作り出す為に、意図的レーダー波をP-1に対して照射したのではないだろうか

何のために韓国政府時間を稼ぎたいのか? は分からない

徴用問題判決に基づき日本企業資産を(少なくとも韓国国内においては)合法的接収する、その準備に時間必要なのかもしれない

もしくは北朝鮮との統一政府樹立に向けた水面下での交渉が進んでいて、そこから日本アメリカなどの国々の目を逸したいのかもしれない

しかしたら拉致被害者絡みなど、日本側が頭を下げざるを得なくなるような外交カードの準備が整うのを待っているのかもしれない

特に明確な思惑があるのではなく、単に日本側がうんざりして諦めたら韓国外交的勝利という考えなのかもしれない

素人の俺では思いつかないような韓国政府の隠し玉があるのかもしれない

anond:20190121144344

ちょっと調べてみたけど、妄想が炸裂していますねw

概要・あらすじ

1987年に公開された『ゆきゆきて、神軍』で有名になった自称「神軍平等兵」・奥崎謙三の伝記である

奥崎は1983年12月殺人未遂事件を起こし懲役12年の実刑判決を受けた。

その服役期間を終えて出所した奥崎が沈黙を破り、自らの理想郷「ゴッドワールド」を建設する構想を打ち明ける様を紹介しながら、その日常に密着した作品である

2019-01-20

日本経済明治40年で終わった

 多分、明治40年か、戦後20年の下級判例では、素晴らしい名文も判決もある気がするが

それ以外の時期は黒歴史だし、刑事事件と違って、民事事件では、名判決なんてもうとっくの

昔に滅んでいるし、日本経済の闇は深い。

判例刑法総論82の三友炭鉱事件最高裁判決 昭和31年なんて名文だと思うけどね

 検討が凄く深いし、若い。この時期は、裁判所は、いいものだった。

 その後、40年代にどんどん悪くなっていって、50年以降は、病気キチガイジジイ

裁判所をのっとられて、何もいいところが無くなっていったのがさもしい

2019-01-19

平成20年に文科省局長らに対し脅迫行為をした被告に対し、再審無罪判決 東京地裁

 平成20年11月に、インターネットはてなダイアリー2ちゃんねるで、文科省局長東大教授女性最高裁判事

らに対して「自宅で順次殺害する」との書き込みをしたとして、脅迫罪に問われていた元被告東京地裁に起こしていた

再審請求に対して、東京地裁は、17日、元被告無罪とする再審判決をした。任介辰哉裁判長は「当時の社会的空気

被告人の性格書き込み動機被害者らとの関係性を総合考慮すると、書き込みは、単に被害者らが自分ブログに対して

反応しなかったこから、閲覧を強制するためにした意思表示しかし、単にインターネットにおける漠然とした書き込み

強要行為として犯罪に当たるが、実質は、大人に対する子供のおねだりの域を出るものではなく、そもそも脅迫行為では

ないし、強要行為としても反社会性が微小で、刑事処罰必要性がなく、捜査自体も、形式的かつ無機質に行われており

その実質は子供に対する叱責であり、刑事処分の体を成しておらず、確定判決無効」と指摘し、元被告無罪とした。

 なお、本件再審開始決定については、東京地検及び東京高検即時抗告をしていたが、いずれも東京高裁最高裁棄却

され、17日に再審が行われた。本件再審無罪について、稲田信夫検事総長は、判決内容を精査した上、最高裁判所に

非常上告をすることを検討するとしている。

判決

http://d.hatena.ne.jp/xedamame0/

時事通信社

生きてる女が死体に向かって「自宅で順次殺害する」といっても脅迫罪は成立しないだろ

 それを書いた女がそのいるのかいないのかも分からない、どこにいるのかも不明他界した死体を脅そうとしたとは

思われないし、告知内容の実施可能性も感じられるわけがないのだから被害者も虚偽供述だろうし、脅迫ではないし、

お前の書いている刑事判決自体他界していて、判決自体実施されなかったか仮に実施されたと解する余地があるにしても

無内容だから、あの件は無罪で、確定判決は破棄し、再審無罪とする。

お前があまり他界した判決ばっか書いてるからやりたくねえんだよ

 日本人的で現実的卑猥な感じのない死んだ駄文書いてるから、読んでもねーよ

参考にもならん、くだらん、クソカス死体

 明治時代昭和時代の、素晴らしい奴を出すなら分かるが、死んだ文章とか検討もせんわ

たいていは死んだような文章を書いて、1%くらい、思い出したように正義文章を書く

マジクソ。

 プレステ4にも怒り狂ってる。あれ、知能ゲーム以外に何か意味あんの?あんものにハマる奴はいかれてるわ。

つまんねークソゲー時代性も具体性もない。ゲームボーイ、ファミコンスーファミプレステときは、

良作が満開で、日本列島に一大ブームを巻き起こし、意味あったけど、今は死体じゃねえのか

最悪すぎる

生きていた頃に日本人にその精神性を理解され多くの信者を得た麻原を他界した上川陽子かいババア死刑にした

 平成31年(わ)第13号 殺人教唆公務員職権乱用被告事件

 主               文

 被告上川陽子(元法務大臣)を、懲役15年に処する。

 未決拘留日数中250日を本刑に算入する。

 理               由

(罰条)

殺人教唆

公務員職権乱用

 その違法性について検討する。

麻原は生きていて深い愛情があり、ある種の精神性があるとして、多くの若い信者を動員した。東大卒信者も動員

したことからすると、その精神的な正しさには裏付けがある。

オウム真理教は、単なる滑稽な宗教団体でなく、現に多くの若い信者を動員し、教祖には熱烈なファンがおり、一部の

女性幹部は、東京都都庁爆弾を送付し、その職員を負傷させるなど、リーダーを欠き、悪化してた都や国家に対して

著しい憎悪殺意があった。

 他面、95年にオウムに狙われた霞ヶ関には、既に本物の公務員はいなかったと解され、偽物のゴミしか居なかったと推察される。

このようなゴミで、しかも悪いことをしていた者らを、仮に7名を殺害し、5000人を負傷させたとしても、その中に本物の人が

いたのであれば、死刑判断は相当であるが、おそらくいなかったと推測されるから死刑判断は相当ではない。あくまゴミ処分

しただけと解されるのであって、ゴミを5000人負傷させようが、7名殺害しようが、価値はないから、公判になってもせいぜい

懲役1年6月、執行猶予5年が相当である

 歴代法務大臣は、麻原に人格的功績ありとして、死刑判決確定後、15年以上、執行をしなかった。これはオウム幹部らの人間性

およびその行った犯行実質的意味がなかったためと解される。平成時代に即座に死刑執行されてきたのは、極めて単純な危険

であって、それ以外の死刑囚に関しては執行されていない。

 最近になって、ババア法務大臣死刑執行したが、実質は殺人である。麻原は、人間的には、多くの若い信者を動員するスターとして

時代を築いた。偽物化していた霞ヶ関を狙ってテロも起こした。死んだ者、負傷した者に生きている価値があったとは認め難い。

仮に死傷負傷した者の中に、昭和精神性を受け継ぐ者があれば、平成4年時点で国家が悪になったときに逆らうはずであるが、逆らった

形跡がない。逆らわずに、95年時点において、のうのうと霞ヶ関に出勤していた時点で、その人間性は疑わしい。つまり、麻原が、

殺害してはいけない者を殺害したとは認められないし、歴代法務大臣がその執行をしなかったこと、オウム幹部の知見を東京拘置所

活用していたこからも、オウムに対し、国家はその価値を認めていたと解される。

 今回、上川が麻原らの死刑執行した理由としては、口では、慎重な検討をしたと言っているが、実質的には教祖が死んだババア

敵であったこから現在のような死と女性世界になっている時点で、オウムを悪とみなし、当時、麻原に殺傷された者の中に、

そのような女性が多かったこから、これを殺傷した点を重く見て、執行しただけと解される。15年以上にわたり歴代法務大臣

麻原を尊重した姿勢に比べ、今回の執行には、特に理由がないものと考えられる。

 慎重に検討したとの文言は、口実であり、執行理由は、女性による殺意以外には伺われない。そして、麻原およびその幹部が、

人間的に偉大で、多くの信者を動員し、その幹部には東大卒もいるなどと言うことを考えると、今回の執行は、女性による恨み以外には

考えられず、法務大院が身勝手動機で尊貴な生命を奪ったとしか解されない。

 そうすると、被告人は理由がないのに、拘置所刑務官に対し、違法執行命令の文書を送付し、拘置所職員を誤信させて執行しては

いけない死刑囚の執行をしたものと解され、オウム幹部人間性を一顧だにせず、女性の敵であるなどという身勝手動機に酌量の余地はない。

したがって、被告人については、相当長期間刑務所に入ってもらうのが相当と思料し、主文のとおり判決する。

    平成30年1月17日

      東京地方裁判所刑事11部




                               裁判官   任  介  辰  哉

韓国がきな臭くなってきた。

韓国前大法院長らの逮捕状請求…審理遅延の疑惑

https://www.yomiuri.co.jp/world/20190118-OYT1T50073.html

韓国検察は18日、梁承泰・前大法院長(70)と朴炳大・前大法院判事(61)の逮捕状裁判所請求した。

徴用工らの訴訟判決を遅延したとの理由らしい。

独裁まで突き進むのだろうか、文在寅大統領

他人に友好的に接することで相手を試すようになっている

自分はよく、すぐ他人と仲良くなれるねと言われる。

なぜなら知らない人でも自分から積極的に話し、相手の話に耳を傾け、笑顔を忘れず、人の悪口は言わず、汚い言葉も使わず毎日挨拶ちゃんとして、通りすがり出会ったら手を振って応えたりまでするよう心がけてるからだ。

最初は、周りに知り合いがいない環境からあぶり出すための処世術だった。知り合いがいて、それが気のおけない友であれば毎日楽しいものだ。

この方法は友人になれない、なりたくない人物を洗い出すのにも使える。話しかけてもまともに応じなければマイナス5点、挨拶に応じなければマイナス3点、他人馬鹿にしたらマイナス10点など。別に実際にカウントしてる訳じゃないが、ある程度マイナスポイントが溜まれコイツはもう色々と無理だなと判決する。心の最高裁が「コイツは関わる相手全てを不快にさせるゴミ、将来性なし」と判決するのだ。判決後はもう関わりを最小限にする。最高裁判決なので覆らない。あとでどんなに親しくされようがもう無理。

最近、これで初対面の相手人格を測る事が主目的になっている。「コイツ上告か〜?」などと冗談ぽく考える。

最高裁判決が出た時点でそいつの見込みはもう無い。組織からもかなり早い段階で消えてるか阻害されてる。まあ、それがそもそもの彼らの目的だったりするのだろうからウィンウィンかも知れない。

投資可能性がある相手には投資する。しか無駄投資とならないようにする。これも処世術の一つだ。こんなこと誰もがやってるんだ。

2019-01-16

本当に犯罪やってる奴が見逃されていて犯罪してない弱そうな人を逮捕しているレベル

 犯罪とか言いだしたら、平成なんか、学校でのいじめをはじめとして、犯罪だらけで、現在でも

インターネット犯罪だらけで、一億人全員逮捕しなきゃいけないことになるよ。そういう意味でも、

もうとっくに意味成立してないんだよ。終わりすぎにもほどがある。刑事裁判のしていることなんか

何も意味はないし、もう犯罪者のことなんかどうでもいいと思っているし、書いている判決文も

定型化していて無趣味だし、判決ネットに挙げてるけど誰も読まないし、平成に入って以来

裁判所なんて、あるようなないような、クソゲー以下の存在になっていたし、最近になって出てきた

はいっても、平成以後、最近以前には、存在してなかったものであって、その間にしていた国家

仕事なんぞに価値はない。なぜなら国家昭和天皇の死去以後に直ちに不存在になってるから

仮に平成31年1月1日から国家があることにできるとは言っても、平成30年以前には確実になかった。

平成国家は、結論から言うと、ファミコンの一番売れないクソゲー日本存在していなかったしやっている

ことも意味を成していなかったし平成においては、誰も裁判官を目指している者居なかったし、現在、30代、40代

東大法学部卒で裁判官になっている者の存在が見当たらないし、クソゲーオブクソゲーすぎて公開できないんだろ。

検察官とか、そこ辺の負け組中央大卒のキチガイみたいな男がやってるし、女は学歴も明かさな幽鬼みたいなのばっかだし

こんなクソ最悪な国家とかありえないし、少なくとも平成30年以前は自分から進んでやってなかった以上、去年まで国家自体

存在しなかったと解するのが相当である

2019-01-15

そういやたかみ~(高木浩光)が出廷したとされるcoinhive判決はどうなったの?

何気に検索したら

https://www.helpnetsecurity.com/2019/01/15/smokeloader-malware-downloader/

coinhive世界ランキング連続首位マルウェア」とか出てきてるんやけど。

これをたかみー擁護しとんのよの? よほど強弁しないと覆りようがない噺のような気がするんやが… どうなったんやろ。

2019-01-13

昭和41年の最高裁辺りからもう最悪だったよ

 逮捕の際に警察被害者にやった暴行陵虐行為につき、昭和40年大森簡易裁判所は事案を

詳細に検討して、検察官公訴棄却したけど(とはいえこの判決自体も既に法的安定性に

言及するなど形式化が酷い)、これに対する最高裁は、つっけんどんなもので、高圧的な短文で

警察官の行為違法があったとしても公訴適法である、とかいう偉そうな判決を書く陰険

ジジイ権力者最高裁に激増した時期で、下級審には正義が残っていたが、上級審になるほど

既に悪くなっていて、自分が有能なのをいいことにすでに下級審マウンティングしてたし

戦後最高裁判例で優れたもの有斐閣が別の本にまとめてあって、わるいやつばかり学部生向けの

判例集に搭載して先生が教えていたから、学生からも感動されなかったし、なんだこのくそきもい

判例って思われ続け、特に平成以降の判例無趣味無内容、専門的、つまんねーってことで、若い学生

から、つまんねーって言われて授業に出る人いなくなった。

昭和の悪かった点

 法律は置物で、裁判官エリート見解を中心に仕事してればよかったのに、段々クソどうでもいい法解釈論に

関心が移っていって、民事でも刑事でも行政でも、膨大なクソどうでもいい判例が積み上がった上に、昭和50年以降

平成は、事案はどうでもよくて法解釈ばっかやるようになってクソキモくて終わった

 事案解決が先で、法解釈必要な限り、やったとしても、誰もが納得する素晴らしい解釈最高裁がしてればよかったが

段々しなくなったし、臭い判例が多くなって人気が無くなった。昭和59年最高裁判決かになると、もう法廷意見が最悪で

補足意見でいいこというレベルにまで悪化してたし、このため、平成法律を習った法学部から嫌がられて、人気なくて

後継者が出なくなった

昭和20年代ごろの最高裁は、かなりいい憲法解釈とかしてたけど、平成法学部生にはそういう良い奴は知られたら困るので

教授が教えなかったし、ゴミ判例ばっか紹介してたので、東大法学部は終わった

もう今の東大法は熱気ないし、学生に良い文章書かせる気ないし、クソゲーの紹介してるだけだから、マジゴミ

2019-01-12

現況に大義ないし性風俗的にも悪質だし生産性ないし一度終わってる以上もう誰もやる気ない

 善良な性風俗環境明治昭和以来形成され平成も続いてきたが2007年に終わって、そのとき

悪に復讐もしなかった時点で、国家マスコミももダメだし、正義性風俗を後世に伝えるという

本物の系譜は死んだ。記録を出して暴れてる奴を殺そうとした形跡もない時点でおそらく国家マスコミ

人間も全員悪人共犯者国家マスコミなどの権力がもってるはずのもの制圧しようとしなかった

からこそ秋葉原加藤小泉毅が出たわけで、これらに対して裁判所安易死刑判決をしているし、

結論から言えば今の日本列島には善良な性的キャストはいない。全員悪になって、善良なキャスト

していたことは全力で闇に葬る姿勢だし、もう日本は終わった。生活して行っても無駄。もうやる気

ねえし、さっさ善良な性キャストがやってた記録公開して懺悔しろ悪党が。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん