「賞与」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 賞与とは

2018-02-25

月給25万円以上(みなし時間外勤務手当含む)

※前職給与および経験能力考慮し、同社規定に基づいて優遇します。

※業績連動賞与6月12月)あり。

※みなし時間外勤務手当は、時間外労働の有無に関わらず30時間分を、みなし時間外勤務手当相当額として月額47,000円支給。(月給25万円の場合

※月当たりの時間外勤務が30時間を越える場合には、超過分について別途時間外勤務手当を支給

派遣法、みなしみこみ残業

大正明治だな。

口だけなんだよなあ。

2018-02-23

先輩経営者としてマジレスすると2

久しぶりやね、先輩経営者としてマジレスすると増田です。「自分で勉強しない社員」を一体どうすればよいのか? という記事を読んで、またしても俺の出番かなと思ったので、簡単に書く。

勉強して能力を上げた社員給料賞与じゃなくて毎月の給料)をちゃんと上げればたいていのやつは勉強するようになるよ」と。なんで勉強しないかって、「勉強するのは損」だと思ってるからよ。

実際には、何事でも勉強して損なことはないんだけど、というか「勉強する習慣」「勉強成功体験」は、仕事においてこれ以上に価値のあることを俺は知らないんだけど、まあデフレ20年続いて給料が上がるという経験が少ない若い子が、勉強したり努力したりするのは損だ、という短絡的な考えを持っちゃうのは仕方がないと思う。実際に頑張っても搾取されるだけのブラック企業もあるし。

からこそ、できるだけ若いうちに「勉強したら給料が上がった」「努力したら給料が上がった」という成功体験を積ませてあげるのは凄く重要。ちなみにこの経験を積ませるために、うちの会社では新卒初任給気持ち低めにしておいて、1年目の査定で、普通に頑張ってれば月給が2~3万円くらい、上位1割で4~5万円くらい上がるようにしてる。これがまあ効果凄いのよ。

同期ってだいたい給料を教え合うので、そうすると上位1割は高く評価されてることに満足するし、普通に頑張ってる層は満足しつつも上位1割に負けてなるものかと気合入るし、頑張ってない連中はだいたい焦って努力しだすか不満持って辞めるかどちらかになる。日本人効果なのは「みんなやってるよ」ってのはホントそうだと思う。

前も言ったけど、このやり方の何がいいって、マジで楽なのよ。北風と太陽じゃないけど、「勉強せい、勉強せい」と言って勉強させるのがどれだけ大変か。ホントうまくいってない経営者は騙されたと思って1度試してみてほしいわ。びっくりするくらい効果あるから

2018-02-17

anond:20180217104654

生活資金を引いた額になりますので平均的な会社員場合、月10万というのはまず無理ですね

はい。その通りです

ですが、賞与場合そのような縛りがないので、ボーナスを狙って数ヶ月分まとめて差し押さえることも可能です

冬のボーナスを各75万円づつ差し押さえたことがあります

手続きにかかる費用は、裁判所に提出する書類に貼る印紙代、郵便代など数百円〜数千円だったと記憶しています

差し押さえお金は直接自分の口座に振り込まれるのではなく、供託金払戻請求書法務局に提出することになるので多少面倒です

2018-02-13

労組非正規の味方ですけど中小従業員の味方ではないですよね

労組正社員だけの味方だ」と言うとすごい剣幕で「非正規も守ってるのだ」と言い出す左翼も、

年休が大企業より40日も少なくて賞与も出ない中小零細にはだんまりしてるよね。

トリクルダウンはない」って言ってたのは左翼じゃなかったのか?

中小企業の支持が欲しいからって汚すぎませんか。

2018-02-09

制作会社が儲かってもアニメーターは儲からない

という構造説明

(ちなみにアニメ業界の中は知りません、ただこういうの考えるのが好きなだけ、勘違いあると思う)

 

例えばある年に通常の2倍の売り上げを得たとして

経営者が取りうる選択肢はいくつかある

・人を増やす

設備増強

給料を増やす

・貯める、借金を返す

新規事業をする

教育する、体制強化するなど

賞与を出す、役員報酬を上げる

 

不安定さを考えると、まず貯める・返済という選択が優先度高くなると思う

そしてより安定して生産できるためにお金が使われる

本数を増やしたり、人を増やしたり

それでも余裕があれば給料を上げるかもしれないが、その時にも気をつけなきゃいけないことがある

 

1.売り上げ<人件費 になってはならない

当たり前だけど、今回の予算じゃなくて、予算の平均で考えなければならない

2.人件費はその時限りではない

減給制度がない限り、減ることがない

3.人は簡単解雇できない

(これは一人親方制度ならそうでもないかもしれない?)

4.1人だけ上げることは難しい

大抵は給与テーブルの変更になるので、数人一気に上ることになる

1万円上げようという時のリスクは、人数×年数×1万円でコストを捉えなきゃいけない

その結果、上げ方が鈍くなる

5.上げなくても辞めないかもしれない、上げても辞めるかもしれない

上げたところでその分働くことは期待できない(ブラック思考

 

こういうケースで最適なのは賞与による調整だと思うんだけど、雇用形態が社員じゃないとそういう制度がまずなさそう

この状況を打破する自体というのは

今の仕事ほとんどを奪う程度の大量の案件を数年に渡って生む必要があると思う

でもそうしたところでアニメーター絶対数が増えるだけという予測簡単に立つ

 

それよりも、一人親方制度撤廃と、個人事業主保護を進めるのが現実的じゃないかと思う

まずは最低賃金を下回らせないところから

 

_

 

雇用関係がない方が報酬が上がらない、上げにくいと思うけどどうなん?

・1案件毎に人が入れ替わると、まず次の案件で高くする理由がない

・1案件成功たからと、後になって追加で支払うなんてあり得ない

・人をかき集めるだけの額があればいいわけから相場に対して少し増す程度でいい

Netflixみたいなところが外注する会社って社員も割りと多そうだから話が複雑そうだな

 

これそこそこ間違ってる自信あるんだけど

労働集約産業において少し高い受注があったとか、仕事がいっぱいあるとかでは報酬は上がらないという話は自信ある

どこでもそうだし

ただし超バブってる会社が現れると話が変わってくるよな、バブってる業界と組むでもいい(パチマネーで結局アニメ業界は潤ったのかね?)

2018-02-08

ODしていた頃のはなし

気付けば脱ヤク中してから1年以上経っていたので、あの頃の限界生活を綴ってみようと思う。






そもそもODとはオーバードースの略であり、薬の過剰摂取のことを指す。

リスカと並んでメンヘラがよくやっているあれだ。







きっかけはありふれたことだった。

就活が上手くいかない、ただそれだけだ。

まだ肌寒いときにはじめたそれは、桜が咲き、セミが鳴き、木々が染まり、気付けばまた寒さを感じる季節まで続いていた。

B3の紙切れ1枚でこれまで生きてきた22年間の全てを否定されるものから精神的にかなりボロボロだったと思う。


あれは10月頃だっただろうか。

いつものように面接から帰りスーツのままソファに横たわっていると、ふと薬箱が目に入った。

そこには昔メンヘラを拗らせていたとき処方してもらった精神薬が残っていた。

そんなに多くはなかったと思う。

なんとなく、一気に全部飲んだ。

少しでも楽になれると思った。






気付いたら日付けが変わり太陽が真上を少し過ぎていた。

ベッドに入らないと眠れないタイプなので、酷い眠気で落ちたというより気絶の方が近いのだろう。

やばいと思ってツイッターを見ると、書き込んだ記憶のないツイートが残っている。

支離滅裂だし日本語になっていないし誤字どころではない。



とりあえずツイートを消してお風呂に入った。

するとなんとなく元気になった気がしたので大学に向かった。

その道中で吐いた。

しか大学で友人とおしゃべりしてまた元気になったと錯覚した私は当時バイトしていた料理屋に向かう。

その日は平日だったので比較的空いており、料理長の作る料理に舌鼓を打ち、日本酒を飲んでかなりハッピーに過ごしていた。

しかし途中から気分が悪くなる。




気付いた時には奥の座敷で寝ながら泣いていた。

営業時間が終わって料理長に家まで送ってもらったような気がするし、別の友達に迎えに来てもらったような気もする。

正直ほとんど覚えていない。





それから頻繁にODするようになった。

メンヘラ御用達市販薬や、海外から取り寄せた精神薬など、色々飲んだと思う。

薬がよく効くような気がしてグレープフルーツジュースと一緒に飲んだ。



飲んでしばらくすると呼吸が浅くなる。

体が痙攣する。

頭がぼーっとするのに眠ることができない。

胸が苦しい。

でも、そんなとき、苦しさや気持ち悪さを感じるとき、「私めっちゃ生きてる!!!!!」と感じていた。

ドエムで良かった〜〜〜〜〜〜!



ただ一度だけ、よくわからない海外精神薬を飲んだときは血流がぐわんぐわんいってめちゃくちゃ気持ち悪かったので、あれはオススメしない。





薬が切れればまた飲んで、その合間にバイト就活をして、また薬を飲んだ。

飲んでから2日は上手く話せないし頭も回らない。

しかし、そんな生活をしながらも12月中頃には就職先が決まった。

よくあんなヤク中採用したなと思う。

土日祝休み賞与ありの会社だった。

そこからはいったん就活から解放されてODからも上がれた。


肯定されたと思えたから。






そして私は社会人になり、約1年ほど仕事従事している。

土日祝休みなんて妄言で実際は盆正月も出勤、賞与は初年度支給無しだし、他にも裏切られまくっている。

特にやりがいを感じるわけではなく、待遇微妙なのにとにかく忙しい。


上司理不尽なキレ方をされた日の夜は、また薬を飲みたくなる。


ああ、死にたい


いや、死にたいわけではないけれど、なんとなくなんで生きているのか分からなくなる。



なんのために働いているんだろうか。

人間みんないつかは死ぬじゃん?

生きるために働くの謎じゃない??


そうして明日も、また、会社に向かう。

いつか死ぬその日のために、わたし今日も生き続けるのだ。

2018-02-06

anond:20180206221002

続き。

謝罪文を書かされて辞めさせられたこ

ほどなくして同僚は会社を辞めていった。

私は残った。

アホなのだが、残った。

なぜ謝罪文を書くことになったのか、いまいち覚えていない。

書くからには「私はこういうことをしでかしたので反省します」と明記したはずなのだが。

きっかけになったのは、社長にその時進行していた仕事を見てもらっていた時だったと思う。

社長が「ここを直せ」と言ったことに、私が何か口答えをしたのだ。

そこの表現はそうでなくてはならない根拠資料があった。

だが、そう言ったとき、私は資料社長の目の前にすぐに出せなかったのだ。

基本的データ保存ができない環境で、机の回りは紙で溢れていたから。

社長烈火のごとく怒った。イエスマンが好きで口答えをするやつなんて大嫌いなのだ

かに資料を示せない私に落ち度があった。

が、それ以来、私はすっかり「賢こぶって素直ではない」人間として扱われるようになった。

エントリーシート卒論テーマとか書いていたことだし。

「この見開きをフックにして、」と口にしたとたん、「フックってなんだ、気取って片仮名を使うな!」と怒鳴られた。

社長になにかを説明しようと、手で机の上の資料を指したら手を叩かれて机から弾きおとされた。

その頃はもう何がなんだかわからなくて、気がつくと涙がぼたぼた出るようになっていた。

次期社長はそんな私をみて、

最近よくめそめそしてるな。けどお前はそのくらいがいいんじゃないか」

と言っていた。

そんなことの繰り返しの末、なんでだったか忘れたが、謝罪文を提出することになったのだった。

謝罪文を提出する期日と時刻は決められていた。

私は期日までに謝罪文を用意した。

しかし当日、社長会社に現れなかった。

私は困惑して、次期社長にどうしたらいいんでしょう、と聞いた。

他の書類ならともかく、謝罪文を机の上にひょいと放置していいものかどうかわからなかったのだ。

次期社長は、さあ、俺が読む訳じゃないからね。とだけいった。

私は迷った末、すぐに提出できるよう手元において仕事をしていた。

約束時間を何時間か過ぎた頃、次期社長電話がかかってきた。

次期社長は、はいはい。見てみます。と言いながら社長の机に向かった。

そして、私の方をちらりと見て、「ないです。」と答えた。

机の上に、謝罪文は、提出されてないです。

それで終わりだった。

私は、時間までに謝罪文を提出しなかったので、会社を辞めさせられた。

ほんとにアホなのだが、それでも食い下がったのだ。

その時手掛けていた仕事だけでもやりとげたかった。

けれど、今やめないなら懲戒解雇にすると言われた。

今思えば、そんなに簡単懲戒解雇になどできるわけがないのだが。

次期社長には、誰もお前と仕事をしたくない、と言われた。

そのようにして、私はその会社をやめた。

辞めて一年抑鬱状態で何もできなかった。

それから少しずつアルバイト派遣社員で働き始めた。

本を何冊か作ったことがあるというのは、それだけで飯を食える程度には重宝された。

今は、いわゆる出版業界ではないが、

他業種の出版部門でなんとか正社員として働けている。

残業代が出るし、賞与があるし、昇給がある。

データ校正のやり取りができるし、

仕事中にセックスの話を聞かされないし、

上司相談したらきちんと答えて一緒に考えてくれる。

それなりの規模がある会社で人事監査もあるので、社内で理不尽なことがあったら第三者相談して介入してもらうこともできる 。

まったくなんの不満もないといえば嘘になるが、

少なくとも、もう理由のわからない謝罪文を書く必要はない。

理不尽に対してどう対抗したらいいのか、

私はまだその知性が足りていない。

けれど、ともかくおかしいことはおかしいと、はっきりと納得しておく必要はあるのだと思う。

2018-02-02

有給休暇を使い果たして思ったこと。

ひとことで言うと、辛いのだ。

はいま、いわゆる一部上場企業というところで働いている。

土日祝は完全に休みであり、万が一出勤しようものならば代休もしくは残業代付与される。

もちろん通常業務においても1分単位残業認定されるし、PCログイン時間ログオフ時間で勤怠管理をしているためサービス残業ができない。

22時以降の残業は前もっての申請必要なうえ、それが続くと直属の上司さらに上の役職から注意を受ける。有給休暇も年15回とらないと勧告がある。

給与面でも文句はない。今時珍しいとされる賞与も年6~7か月分支給されるし、福利厚生も手厚い。(なんと家賃の7割が会社負担になるのだ)

私はそんな会社でもう7年勤めている。

さて、私はいわゆる「超ホワイト企業」に務めているわけなのだが、そもそもなぜ入社できたのかという話をしたい。

私は一応大学卒業している。しかし決して褒められるような大学ではない。世間一般的にいうところのFラン大学だ。

そんな私がどうして(新卒という最強カードを持っていたとはいえ)この会社に入ることができたのか。それはたったひとことで説明できる。

私は話をすることがひどく上手だったのだ。

俗にいう「コミュ力」が高く、さらにいえば明るくハキハキ見せることに長けていた。

私が就職活動をしているときは今と違った「就職氷河期」と言われる時代だったが、私は仲間内の誰よりも早く内定を得ていたし、

しかも我が母校からこの会社就職するなど奇跡だと持て囃された。

ただニコニコして問われたことにハキハキと答える。さながら水商売人間のように「相手面接官)を楽しませる」ことだけを念頭に置いていた。たったそれだけなのだ

さて実際に入社してから周囲を見渡せば、同期たちは驚くくらいの高学歴ばかりだった。

早慶上智なんて掃いて捨てるほどいるレベル東大京大当たり前。海外ナントカ大学出身など、私とは頭のつくりどころか産まれとき行為さえ異なっていると思うほどだった。

それでも1~2年目は大丈夫だった。

みんな会社への知識が同じくらいだったし、任せられる仕事も大したものではなかった。

それが3年経ち、4年経ち、5年経ってから徐々に差が広がってきた。

中には海外に異動した同期もいた。本社勤務になった同期なんてもう数えきれない。それでも私はずっと1年目とほぼ変わらぬ仕事を続けているのだ。

私の取柄は「コミュ力」のただひとつ仕事を任せられても大した結果は出せず、自分のやりたい仕事もわからないまま、モチベーションけがどんどん下がっていく。

それでも転職という選択は怖くてできない。だけど会社には行きたくない

誤解のないように言っておくが、人間関係などはとても良好であり、良い先輩たちに恵まれている。

先輩たちがこんなにダメな私に付きっきりでいろいろと教えてくれるのだ。本当にありがたいし、申し訳ない。

同時に自分の不甲斐なさに辟易もしているのだ。

私はすでに就職して7年が経つ。もう新入社員などでは決してない。もう中堅社員といっても問題ない年齢なのに、それでもまだ新入社員のように手取り足取り面倒を見てもらう。

努力はしたつもりだ。しかし足りていないのもわかっている。ただ、これ以上、どうやって・どこに向けて努力を重ねればいいのかわからない。

昨日で私は今年度の有給を使い果たした。もう休むことができない。

それなのに毎朝会社に向かう足取りは重い。それどころか吐き気が伴ったり、異様なほどの倦怠感に包まれてベッドから起き上がれなかったりする。

周囲のひとは優しい。その優しさが、しんどい

なんて贅沢なのだろう。なんて我儘なのだろう。私が言っていること、やっていることは「サボり」のひとことで済んでしま状態だ。それはわかっている。わかっているのだ。

そこまでわかっておきながら、どうして私は何もできないのか。

ただ笑っているだけで許されていた。そんな時間はもうとうに過ぎた。

次のステージへ進まなければならないのだ。だけどその方法が、わからない。

昨日、とうとう上司から産業医との面談を勧められた。身体変調ではない。心の変調危惧されたのだ。

まれ環境にありながら、私はなんてだめなのだろう。そんな思いがぐるぐる巡る。そんな状況が、ただ、辛い。

世の中にはもっと凄惨な状況で仕事をしているひとがたくさんいると知っている。

そんなひとたちを見下して自分の状況に安堵するつもりは毛頭ない。むしろ逆だ。

自分が恵まれているにもかかわらず、こんな不甲斐ない状況に陥っていることが狂おしいほど悔しいのだ。

来週、産業医面談がある。

今後の進退を本気で考えなくてはならない時期がやってきた。

ただひとことだけ、辛い、辛い、と言い続けているだけではもうだめなのだ

どうしようもない自分の、どうしようもない内面を、おそらく初めて目の当たりにする。とてつもなく怖い話だが、向き合わねばならないのだ。

こんな甘えたばかな自分が辛い。大嫌いだ。

いっそもうすべてを投げ出してしまいたくなるのだ。

2018-01-31

41歳、無職独身一人暮らし貯金なし

残金5,000円

どうしよ

追記

はてブが増えていて驚いた…ありがとう。とにかく、体がだるくて、睡魔が取れなくて、すぐに体が横になってしまう。寝たっきりなかなか起き上がれない…。なお、昨日は一日何も食べていない。

この数年、仕事に就いても長続きしなくて不安定生活だった。4年前まで働いていた非営利団体で、初日から間接的なパワハラに遭遇し2年間耐えてから調子が悪い。なお、パワハラに遭った人は、1人は半年、もう1人は1年でうつ病発症退職している。俺も1年で逃げれば良かった。3年は頑張ろうと思ったけど、結局2年で体がしんどくなって辞めた。

その後、仕事転々としたが、昨年3月末に退職した会社を辞めてからは、新しい世界へ飛び込んでいくのが怖くなってしまった。だから、長期よりも短期であれば割り切れるだろうと去年末フルキャスト日雇いやったり、期間限定派遣で働いたりもした。田舎から日雇いが毎回あるわけではないが、一時しのぎはフルキャストでお世話になろうと思う。

介護職に就く(どうしても嫌なら薦めないがね) 就職してから役所に金借りに行く(なんて名称だったか忘れたけど。なんたら貸付金?)

選り好みというわけではないが、介護は無理だった。俺が住んでいる地方では、介護給与等の条件面だけを見れば、昇給賞与もあって給与比較的高いのだが、施設見学に行った時に施設内を充満する臭いがどうしてもだめだった。

百均行って履歴書買って片っ端から送れば増える。

履歴書は買えるが、問題写真。焼き増し用のCDはあるが、現像すると高い。団体職員の時、生活困窮者フォーラムを覗いたことがあるが、貧困者が再就職にあたってネックなものの中に、履歴書写真代があるそうだ。確かに高いもんな。かといってプリクラじゃ絶対落ちるし。

というわけで、履歴書必要なくても就業できる可能性のある、フルタイム派遣で働くことも視野に入れている。それも、給料が月2回支払われるところ。どこで働くかと言われたらちょっと答えに窮するが、昔に携帯業界で働いていたから、また携帯業界に戻るかな…とも思っている。

40過ぎたおっさんが雇われるかどうか分からんが。

追記

昨日母親相談した。不在だったが、昨日中に折り返しの電話があり留守電に録音があった。「母もお金がないです。大家さんに、『実家に帰ります。滞納している家賃は払います』と言って逃げてこい。携帯電話がつながらないとか、そんなことは私の知ったことじゃない」と吹き込んであった。

日雇い、来週末まで案件なかった…。実家に帰るガソリン代を使うなら、日雇いバイトのためにガソリン代を使うよ…。

追記

フルキャスト日雇い仕事案件が出てこない…。この時期ってそんなに案件ないのか…?

追記

から留守電。「生活保護を受けられないのか」とのこと。あと、この後一時間くらいしたら携帯が止まります

フロムソフトウェア求人

http://careers.fromsoftware.jp/jp/career_plan_system.html

新卒キャリア採用も下限は全部同じ条件のようです。

新卒初任給22万と見ると、大卒初任給20万程度が相場ですから割とマシなほうに見えますインターネットでは初年度から700万だの1000万だの出せと言われていますが、実際相当マッチョ人間でなければ無理でしょう、博士持ちとか)。

しかしよく見ると手当込みの数字特に「定額残業代:9,000円(7.5時間分)」が目を引きます

残業代は1時間あたり、時給×1.25円以上払う必要があります。7.5時間で9000円ということは、1時間あたり1200円。残業代でこれなので、通常時の時給は960円と予想されます。これは東京都最低賃金(958円)とほぼ同じです。月160時間労働とすると基本給(月額)は153600円。22万の中には書かれていない手当も含まれていそうですね。

賞与は年2回とありますが、賞与は基本給から算出されるので何ヶ月分かはわかりませんが予想より渋い数字になりそうです。

交通費もないということなので、都内でこれだけで食べて行くのはなかなかハードルが高そうです。

求人には基本給も書いてもらいたいものですね。

2018-01-25

フレックス遅刻・早退の違いを初めて知った

フレックスは、その月の残業時間適用して1日しっかり働きましたと詐欺ること。

遅刻・早退は、完全に遅刻/早退という扱いになり 賞与給料に響く。

2018-01-23

黒字中小企業とは

・変形労働時間制(年休85日)

・基本給16万

中退共

賞与無し


潰れて当然だろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2018-01-22

anond:20180122134557

ネオリベ底なし馬鹿なんだな。

賞与や手当で配分することもあるだろうが、人件費と儲けは別。

赤字給料が払えなかったら、会社資産を売却しててでも労働に対し対価を払わなければならない。

2018-01-13

大学出ないでも就職できると思ってるアホへ

基本給、賞与退職金、年休がまともで、

職歴がちゃんと積める就職口が少なすぎるから

高卒3年以内の離職率が5割近くあるんだよボケ

あと、工業高校の上積みから大企業就職した人を引き合いに出す真性のバカは死んどけ。

2018-01-09

妊婦だけどもう会社辞めたい

現在妊娠7ヶ月、もうすぐ産休と育休に入るのだけど、どうにも今の仕事を続けられる自信が無い。というか辞めたい。

一昨年ぐらいから今の仕事を辞めたいと思っていた。

理由は激務、人間関係のドロドロ具合、身内経営による親族一般社員待遇の偏り。

私の職場は、私の姉の旦那一族経営する親族経営会社

職種土木系。建設コンサルタント下請け孫請けをしている小さな設計会社

最初事務として雇って貰い、週5勤務の9時~17時だった。

元々は小さな街の建築屋さんだったが、入社して3年目あたりからインフラ整備に方針を変更し始め、人手が足らなくなり、現場作業を手伝うようになった。胴長はいて川に浸かって橋梁点検をしたり。

任される仕事の内容も社内の事務処理から報告書作成したり、現場を受け持つ専門作業に。資格もいくつか取らされた。

勤務形態も週6出勤の7時~18時になっていた。

冬場の繁忙期には徹夜の日もあった。一日10時間勤務なのに月の残業100時間越えたりして、月に一日しか休んでないような時もあった。

働いていて段々気づいたことがあって、いつも残業だるまになるのは決まったメンバーだということ。

後輩達はまだ経験が浅いからと仕事を任されることがない。

上司たちは自分仕事に火が付けば部下をふんだんに使って仕事納期までにきっちり終わらす。

入社3~6年の我々中堅層はいつも仕事ボンと投げられ、一人でこなせ!といつも言われていた。

間に合いません、人手をくださいと泣きつけば、なんでそんなに段取りが悪いんだ、要領良く頭を使え、一人でなんとか間に合わせろと突っぱねられて何も改善されない。

もうどうにもならない所まで追い詰められ元請けから上司に催促が行き、そこで上司が爆発する。

なんでこんなになるまで相談しなかったんだ!!と理不尽に叱られる。

何度SOSを出しても、知らん顔していたのはあなたでしょうとは口が裂けても言えずに平謝り。

後輩やほかの上司対岸の火事と言わんばかりに涼しい顔でクスクス笑っている。

建設関係、どこもこうだとは言うけど、メンタルが人より弱い私は五年目で消耗しきってしまった。

そんな時に妊娠が発覚した。子供は欲しかったし、正直これで辞められる…と思った。

子供が1歳になるまでは失業保険受給しながら求職してパート転職しようと思っていた。

だけど旦那旦那母親は今の仕事を続けろの一点張り

しか賞与もある正社員仕事を手放すのは勿体無い。

周囲の言っていることは分かるけど、今の激務に加えて育児が始まると思うともう心がくじけてしまって憂鬱でたまらない。

旦那は22時頃帰宅から家事を分担することも難しい。

妊娠発覚後も相変わらず激務で、去年10月から先月にかけては毎日帰りが深夜2時~3時、2週間休み無し、徹夜の日も何日かあった。

流産するんじゃないかと怯えながら働いた。pcモニタの前で胎動を感じては泣きそうだった。

そんな状態旦那仕事が辛い、辞めたいと泣きついても、もうすぐ産休なんだから頑張れと言われるばかり。

義母からは神経質になりすぎよと宥められる。

どう考えてもこの会社ブラックだと思うんだけど私の感覚おかしいの?

乳児抱えた主婦が週休1日でフルタイムで働くのってそんなに一般的なの?

出産後は週休二日パートになりたいと思うのは甘えなの?

後悔と不安ばかり、お腹の子申し訳ない。

2018-01-07

華がない人間

http://tenro-in.com/articles/team/22192

たまたま見つけたこの内容、自分とほぼ同じだった。

こどものからいわゆる「優等生タイプ

何でもそつなくこなす、学級委員タイプ

保育園お遊戯会で主役を演じたのも同じ。

叱られることは滅多になく、むしろ先生や親たちからは「いい子」で通っていた。

自分意思で、地元ではトップクラスといわれる進学校に進学し、国内でも難関といわれる国立大に進学・卒業した。

大袈裟かもしれないが「それこそが自分に課せられた使命だ」と考えていた。

からは「自慢の息子だ」的なことをいわれ続け、今日まで生きてきた。

しかし何かが足りない。

何を、どれだけやっても、達成しても、達成感も満足感も得られない。

仕事いくら褒められても、評価がよくて昇給賞与がよくても、何かが足りない感覚が残る。

その正体が「華」だったのだ。

「華」は生まれもったものであって後天的にはどうにもならないのか。

これまで必死でもがいてきたことは何1つ報われないのか。

「お前が今までやってきたことは全部無意味だったんだよ」と突き付けられたわけで、生きる意味を失いそうだ。

華はなくとも「自分役割」を果たし続ければ、いずれそこに芽が出るのか?

いくら役割を果たし続けても永遠に日の目を見ることはなさそうだ、これまでそうだったように。

2018-01-03

2017年平成29年)の給料

左が額面、まん中の()内は天引後、右の【】内は残業時間

1月  306,477 ( 217,272) 【2】

2月  311,379 ( 221,914) 【4】

3月  316,281 ( 226,726) 【7】

4月  333,820 ( 243,335) 【0】

5月  316,663 ( 227,138) 【0】

6月  316,663 ( 224,238) 【0】

7月  316,663 ( 224,238) 【0】

8月  316,663 ( 224,238) 【0】

9月  316,663 ( 229,222) 【0】

10月  316,663 ( 229,442) 【0】

11月  316,663 ( 229,222) 【0】

12月  316,663 ( 236,372) 【0】

賞与 687,102 ( 554,744)

賞与 770,226 ( 622,335)

合計 5,258,589 (3,910,636) 【13】

https://anond.hatelabo.jp/20170114114518 の1年後。

職業公務員学部卒13年目35歳。

4月に異動があり、比較的すごく楽になった。

2年度の異動は若干早いが、異動を強く希望したのが功を奏したか

残業も無し。有給も10日くらい消化。通勤は遠くなったけど、大満足。

2017-12-31

残業休出当たり前の体調を崩しても休みにくいところに配属され、無理をした結果もう無理だと思ってとりあえず有休をがつっと取らせてくれと打診したところ会社の都合もあるので区切りのよい期間にしてくれと言われ有休で足りないところは欠勤扱いにしてまとまった休みを取った。もう限界だったし休めればなんでもよかったから了承した。なんなら辞めることも考えていたが休めると決まったので切りのいい期間まではとりあえず無理して頑張った。賞与が2万だった。有休所為か欠勤の所為か体調崩した所為かわかんなかったけど多分一番しんどかった時に現場の状況とか全部無視して休んでたらこんなに悪化しなかったし賞与の額ももう少しあっただろうし欠勤しなくてもよかったなと思ってなんだかむなしい。この話忘年会でしたからもう特定されてもいいや。別に額がどうこうって話じゃないんだけど自分比で相当頑張ったし相当ぎりぎりむしろ限界超えた状態だったしなんかその結果がこれでほんとバカみたいだなっていうかバカなんだけどちょっとがっかりしてしまったよね。だって有休とっただけだぜ?欠勤は会社の都合だぜ?というところが腑に落ちないのもあったりしてなんか守銭奴みたいで悲しい。直属の上司に体調がしんどくて無理って言った時に普通こういう話する人って辞めるんだけど休むの?的なこと言われたし多分会社的には辞めてほしいんだろうなと思うんだけど辞めると保健なくて病院行けなくなるけど辞めたいとも思っていてでも障害年金どころか傷病手当も貰えず労災認定もされにくいし周りが見てわかるような病気じゃないけど仕事できないような状態になることもあって何ていうかもうどうしようもない。死ぬしかない。死のう。死んだら会社生命保険が入るのでそれで新人を育ててください。さようなら社畜のみなさんは俺のようになるなよ。

2017-12-18

anond:20171218150640

oh…なるほど、お国にとっては同じことって観点

ちょっと考えてみて、先払いになるという点においては考えるに値するなと思った

金銭不安の中身は一時的出費に耐えられないし共同体による包摂も期待できない、ゆえに生活の劇的な変化が予想される結婚や、多くのイレギュラーが想定される出産が怖いということで、後からあげますだとあんまり手当にならない(もらう頃には破綻済みの可能性が容易に想定できてしまうため、転ばぬ先の杖じゃなくて転んだ先の杖にしか思われない)

一律で給付することで少なくとも若い間は生活破綻しないぞという体で、結婚出産の基盤を整えていただくというのはありかもしれない

その意味では未婚に限る理由もないか

あと給付型と賞与型を何で分けるの、そこにものすごく危ういものを感じて怖い

ただし金銭不安による少子化以外の全てを無視してメリットを無理にひり出したような格好なのでまともに受け取らないで欲しいのだけども

うーん

ブラック企業は「元」であってもブラックからは抜け出せない。

12月に中途入社した元ブラック企業を、たったの1週間で退社した。

一般事務月給20万賞与退職金有り。

事務にしては良い待遇だと思った──が、入社してから「月給20万」のカラクリを教えられた。

なんと、基本給が12万。

それに固定残業代35時間分と、なぜか事務員なのに期間工によくある「皆勤手当(3万円)」が上乗せされて20万だったのだ。

まり1日でも風邪などで欠勤すれば、皆勤手当て分の3万円が引かれてしまう。

基本給が低いから、賞与なんてあてにならない。

バカバカしくてやっていられないと思った。

50代半ばの男性上司は、自称体育会系で、声がデカく、飲みにケーションが大好きで、すぐに煙草休憩に立つ。私のことを「お前」と呼ぶ。それだけでも好きになれない。加えてこの会社では、1カ月に2回始業1時間前に朝礼、毎週月曜日には始業15分前に朝礼があり、そこで社訓を叫ぶことになっている。もう我慢限界だった。

あきらかにドン引きしている私に、上司豪語した。

「自慢じゃないが、ウチは3年前までは超ブラック企業だった。今は超ホワイトだと自信を持って言える」

営業部では殴ったり怒鳴ったりすることが今でも時々ある」

なぜこの人は、そんな恥ずかしいことを堂々と言えるのか、さっぱり理解できなかった。

上司は、ブラック時代から十数年もこの会社で働いてきたから、労働条件改善された今でもブラックの考え方が身についてしまっているのだ。

社員に聞いたところは、昔は残業時間メチャクチャで、法に触れるレベルだったそう。

セクハラパワハラは当たり前。

コンプライアンス窓口代わりの目安箱が設置されているが、空気が悪くなるのを恐れて機能していないとのことだった。

ここに居ては駄目だと思った。

そう思っている人が多いのか、毎月何人も退職者が出て、毎週のように新入社員が入って来る。

30代40代の中堅社員の姿が殆ど見られない。

ブラック企業ブラックから脱出しても、ブラック「体質」からは抜け出せないのだ。

こんなところに居ていい私じゃない。

そう思ったから、1週間で退職することにした。

anond:20171218152037

いい勘してるじゃないか

賞与が2ヶ月分・前月給与が額面50万としての賞与額面100万円だったら

社保控除が15万2,300円

所得税控除が13万8,480円

差引支給額が70万9,220円

2017-12-16

ガイアの夜明けアパレルメーカー批判に対して違和感がある

アパレルメーカー批判されるのは、BPOへ訴える的な抗議文を出したことだけであり、それ以外の対応妥当だと思う。

資本関係があるならまだしも、単なる一発注者が、孫請け企業がやったことにまで管理責任であるのだろうか。しか法令違反でもない。

数年前にApple下請けであるFoxconnでの長時間労働問題になったが、それに対してApple対応策を求めたり、iPhoneの大規模な不買運動をしたりしただろうか。

  

悪いことはしていない。だが感情的に気にくわないから叩いておけ、という空気蔓延していると思う。

 

 

もちろん道義的には非常に問題である

 

最終的には法改正だろうが、外国人労働者保護支援団体は、経済界に比べるとロビー活動力も弱いため難しいだろう。

とすると労働組合仕事だと思うが、日本企業別組合は自社従業員権利比重を置いているため、そちらの支援も難しい(従業員賞与を増やすために、外注費を削ることを要求する組合もザラにある)。

 

今やれることを1つずつというと、そういった支援団体への寄付ぐらいしか思いつかない。私もささやかだが3000円寄付させてもらった。

 

叩きたいか不買運動をするのではなく、なにか生産的な方向に向かって欲しいと思う。

 

乱文だが思ったことを個人的メモとして。

2017-12-13

時間の浪費

賞与は何処へ : 外から見る日本、見られる日本人
政府は「消費低迷」、企業は「消費者の財布のひもは固い」と訴えますが、私はミスマッチなのだろうと思います。つまり、欲しいものがない、あるいは欲しくても使えない、であります

それも勿論あるんだろうけど,私は時間を浪費しているのが原因ではないかと思う.

森博嗣か誰かが「時は金なりと言うが,それは時間過小評価している」って感じの事を言ってたけど,まさにこれ.

スマホゲームやインスタやLINEに追い回されて,貴重な時間をそうとは気付かずに浪費してしまって,だから買いたいものを見る時間も,何かを体験する時間も無くなってしまい,金銭消費をしないようになってしまっているのでは.

そもそも自分の欲しいものを探すってことすらしてないんじゃない? アフィリエイトみたいなものからしか,商品情報が入ってこなくなってしまっているのではないのかな.

2017-12-12

つうか皆が何を自分ステータスだと感じてるのかわからん

仕事賞与?全員等しく時間奴隷じゃん。

2017-12-11

パワハラに耐えきれなくて賞与減額されたクソッタレ

タイトルの通り。この前、冬の賞与面談があった。今回支給された賞与評価理由フィードバックする面談な。

そこで現部署上司に言われたのが「心当たりもある方は思うけど、上期は休みも多かったから、前期より評価は下げてます金額が少下がっているけど、下期は挽回する気持ちで頑張ってください」

俺は頭が悪いからそうっすかー頑張りますわ!でまとめてしまったけど、後から考えると悔しいわ。

その前に心当たりってやつについて説明すると、今年の4月に遡る。

今年の4月時点でその部署に1年間在籍してて、ペア仕事してた先輩が異動することになった。

そこで新しく着任した先輩と仕事することになったんだがまぁウマが合わない。詳細省くがパワハラの嵐とおもつてくれ。

最終的には心療内科にかかって診断書貰ってそれを産業医に持ち込んで、俺が異動することになった。

この頃の俺は今年度分の有給を使い切る勢いで仕事を休んでいた。夜は眠れないし食欲もないし、どうしても会社の最寄駅で降りられないことが何度もあった。限界だと思って心療内科に行ったら診断書もらったというわけ。

休職を申し出たが、いろいろ上のメンツもあったのか部署移動という話になった。頭がぼんやりしててあまりはっきり覚えていないのだがそういう結果になった。

そうして話は最初に戻る。

冬の賞与は上期(4〜9月)の評価で決まることになるから9月に異動した俺の評価は、場合は前部署上司がすることになる。

部署上司も、評価を前部署上司確認したところ、まあ休みも多かったから減額査定、という評価だったらしい(現部署上司にそう説明されたってことで、実際はどういう言われ方をしたのかはわからないけど)

結果パワハラに耐えきれず休みがちになった結果、会社から期待された仕事量をこなせず評価マイナスということのように見える。

理屈分からんかもないけど、自分を守ったことの結果がこれかよ。休むのに使ったのだって欠勤じゃなくて有給だぜ。

部署の先輩がどういう評価を受けたのか知らねーが、人を休職手前まで追い込んどいて、のうのうと生きてやがるのか。

結果そういう会社の期待に応えられない自分が悪いのか。俺は誰に向かってクソッタレと叫べばいいんだよ。クソが。

無性に悔しくて悔しくてぜんぜん眠れない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん