「湯治」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 湯治とは

2020-11-11

昭和大正湯治してた外国人野球選手

なんて名前だっけ。誰か教えてくれ。

この間NHKで、その湯治してた温泉コロナの影響で閉館するってニュース見て知ったんだけど。たしか北海道温泉だった気がする。

顔がかっこよくて好きなんだけど、ど忘れしてしまった。

検索の仕方がわるいのかヒットしない。

ホルステンとかホルスタンみたいな名前だった気がする。

たのむ…誰か…。

2020-10-16

anond:20201016140213

1000円で治るかもしれない方法がある

温泉地でよく見る「温冷交代浴」だ

冷水10℃以下)と熱湯(40℃以上)を備える温泉看板に書いてあって知ったんだが、

強い温冷刺激を与えて神経を調整していくという方法だ。

湯治みたいな感じで温泉地に一週間ぐらい滞在して試してみたら熟睡できるようになったしリラックス度が増した。

とても良かった。

薬は使わないし、銭湯(今は500円ぐらいか)によっては導入してるところがある。

自分場合は二、三回ぐらいか効果が出た。

在宅勤務なら銭湯に行く余裕もあろう。

元増田も試してみてはどうだろうか。

固形物を抑えて併用でヤクルトに頼るのもいいかもしれない。

早くポンポン治るといいな。

2020-09-23

果名温泉あゆみ

果名温泉の泉質は硫黄泉で酸性度は高く石膏分を含み、典型的には乳白色の湯を湧出し、皮膚疾患や自律神経不安定症、冷え性に効くとされる。現在の果名温泉にあたる場所湯治が行われはじめた正確な時期はわかっていないが、戦国時代には国衆の松影氏と配下武士戦闘時に受けた傷を癒すために東屋を建て、熱した岩に湯をかけて出た蒸気を浴びる療法を行った記録が残っている。

旅館の立ち並ぶ温泉街が発展を始めるのは果名駅が完成し鉄道が停まるようになった大正初期以降で、大正年間には山形屋、鳳萊館、飛雲閣、梅風館、寶山閣が温泉旅館として営業を開始している。昭和初期には湯治客の増加に伴い、月風荘のように高層化した木造建築旅館が現れた。昭和10年発行の果名温泉旅館協同組合名簿には27件の加盟旅館記載されている。

温泉街は一大経済圏形成し、湯治客のみならず温泉での働き手を引きつけた。特に昭和恐慌時には各地の農村から子女年季奉公旅館に送り込まれ仲居あるいは酌婦として住込みで働いた他、「即席御料理」の看板を掲げた曖昧屋も複数存在していた。

温泉街でありながら閑寂な山居の趣を味わいうる果名温泉は多くの芸術家たちを魅了した。志摩名護也の「果名にて」や葛西前後の「波浪」といった小説は果名温泉旅館執筆されており、当時の果名温泉での生活垣間見ることができる。作曲家和賀英良の名曲「疑問」は、鳳萊館の露天風呂で着想を得たとされる。

戦時中には物資の統制や倹約奨励温泉旅館営業一定の影響を被った他、温泉街は疎開児童集団受け入れの場となった。終戦直後の乏しい物資供給を乗り越え温泉街の旅館営業を続けたが、高度経済成長期には急峻な地形に鉄筋コンクリート高層ビルを建てにくかったこから果名温泉団体旅行の受入地とはならず、鄙びた温泉地の形態を留めた。

今世紀に入って旅行者の嗜好が変わるにつれ、果名温泉街の伝統的な景観旅館木造建築が再び脚光を浴びている。経営者高齢化、湧出量の維持といった課題を抱えながらも、温泉旅館協同組合が主な担い手となり、地域産業振興策と一体となった新たな温泉街の魅力づくりに取り組んでいる。平成10年には青年会により温泉街で第1回オメガラーメンまつりが開催され、果名村が発祥とされるオメガラーメン温泉とともに楽しんでもらう行事現在に至るまで毎年秋に行われている。

(『果名村史 近代編』、果名村史編纂委員会、2018、p.201-203)

https://anond.hatelabo.jp/20200922195023

2020-09-22

徳三郎の駅前屋台

駅前で徳三郎が五平餅を売る姿は、戦前の果名村の風景のものであった。もともとは村の者ではなかった彼が屋台を営む姿は年月とともに周囲へ溶け込み、その存在に疑問を抱く者はもはやなかった。

木造駅舎の改札を出ると、小さな広場の向こうに商人宿がある。その軒先に徳三郎は質素屋台を据え、七輪に火を起こし、金網に五平餅を載せて客を待つ。

森深い谷間に取り残されたような果名の駅にあえて降り立つ人々は当時それほど多くはなかった。早朝から町で用を足して帰ってきた村人を除けば、大きな荷物を担いで山間の村々を歩いてきた行商人や、近隣の温泉場から渓谷へ遊びに来る湯治客くらいであった。

そのような駅の前で生業を営む必要が何処にあったか、餅を買いに訪れる村人が冗談めかして尋ねたことは一度や二度ではなかった。その度に徳三郎は含羞めいた笑みを穏やかに浮かべるばかりであったという。

柔和で笑みを絶やさなかった徳三郎には村内で客がついたものらしく、屋台は続いた。だが五平餅だけで生計を立てることは難しかったのか、同じ屋台支那そばも売り始めている。当時はまだ新しい食べ物であった支那そばを作ることのできた徳三郎は、都会育ちであっただろう。村に唯一残されている屋台写真には「羅宇麺」と書かれた立札が見える。徳三郎の作る支那そば温泉客のあいだでも評判を呼んだものらしく、当時の温泉街の冊子には「果名ノ羅宇麺」として紹介されている。

だが屋台の繁盛は徳三郎の逮捕により終焉を迎える。ある晴れた日、駅から出てきた男女二人連れの姿を認めた徳三郎は、広場で女に襲いかかった。馬乗りになって首筋に千枚通しを突き刺そうとしたところで村人に取り押さえられている。警察の調べに対し徳三郎は「許せなかった」とだけ語り黙秘を貫いたとされる。徳三郎が村にやってくる前の恋愛事件に起因する私的怨恨説が村内でまことしやかに取り沙汰されたが、真相不明なまま村は戦時体制突入していった。

戦後まもなく、徳三郎の駅前屋台一時的に復活している。神社の軒下で寝泊まりしている人物が徳三郎であることに気づいた自作農家の幣原元彌氏が徳三郎の身柄を引き取り、再び屋台を持たせた。徳三郎の人となりを知っており、彼が作る支那そばの味を懐かしんだ幣原氏が「おめが羅宇麺をまた食わせてくれや」と懇請し、元の場所屋台を設置する資金援助を申し出たものであった。

近隣の温泉地は進駐軍保養地として接収され、果名村にも米兵ジープが度々姿を現すようになった。米兵から手に入れたコカ・コーラ支那そばスープに隠し味として入れる手法を徳三郎が考案したのはこの頃であるとされる。彼が生み出した味は、再起を助けた幣原氏への感謝を込めて「おめが羅宇麺」と名付けられ、中部地方を中心に戦後日本に広まった。



(『果名村史 近代編』、果名村史編纂委員会、2018、p.98-101)

2020-08-25

ワイ氏、風呂入りすぎ問題

夜勤の日とか起きて1回、そこから汗かくから出勤前にもう1回、帰宅してさらに1回

風呂ってかシャワーだけど湯治客かよ

2020-02-29

anond:20200228235720

コロナ騒ぎで大規模イベント自粛されている今、温泉に行くべきではないのだろうか。

人混みを避ける意味でもいいし、湯治という意味でもいい。

リモートワークでどこでも仕事ができるのだから、自宅ではなく温泉地で仕事完璧

2019-09-26

https://anond.hatelabo.jp/20190925210817

素泊まりの宿を探して湯治に出かける。

なるべく山奥の、電波の入りにくい宿がいい。

文庫本を持っていくもよし、Kindle読書するもよし。

要点は「脳みそLANケーブルを引っこ抜く」こと。そういう時は、外界から遮断されるべき。

その状態って、脳みそが変なウイルスで、無限ループしている時なのよ。

2019-01-30

anond:20190129165550

車ぶっとばして箱根のいい旅館でもいけば?

ちょっと近過ぎるかもしれんが、自然がある程度あって温泉もあるからよかろう

天山湯治郷も寄るんだぞ

2018-12-30

今年の行ってみた旅 2018

旅行をするときは、事前にこなすべきリストを作って、旅行記を書きながらそれをこなしていくのがスタイルになっている。

そうすると、旅行であった事を覚えておけて、初日事件が3日目に意味を持って繋がる様な思わぬ出会いがあったりするし、ちょっとしたトラブルがあっても大して気にしないですむ。

なにより文章を書きながらだと一人旅でも退屈しない。


今年は例年になく旅行に行った年で、社員旅行で行った南の島も含めると4回旅する事になった。

その中で3回の一人旅をまとめました。



2018香港・深圳・広州の旅


3泊4日

旅程:東京香港深圳(→香港)→広州香港東京

タスク英語広東語チェックインする/オクトパスカードを買う/飲茶する/鴛鴦茶と菠蘿包で軽食国境を越え深圳広州へ/QRコード決済をしてみる


ネット界隈で話題になっていたQRコード決済を体験してみたくて香港経由で中国へ。

事前に3ヶ月ほど広東語勉強をしたもののさっぱり通じなかったが、広東語国語の聞き分けは出来るようになり、東京に思いのほか香港人が来ていることに気づいた。

渡航前後ではIT界隈や経済界しか騒いでなく、同僚に説明しても「なにそれこわっ」という反応だったQRコード決済が、帰国して半年経ったら狂想曲のごとき騒ぎになっていた。

あと、プーアル茶が飲めるようになった。



2018秋、ベトナム、ホーチミン


3泊5日

旅程:東京ホーチミン東京

タスク:レートの良い両替店で両替バインミーを食べる/ベトナムコーヒーを飲む/チェーを飲む/フレンチコロニアル様式建物を撮る/サイゴン駅で券売機などのデザインを見る


自律神経失調症メンタルバグった直後に挙行。

はてな界隈ではうっすら話題になっていた外国人技能研修生制度だが、帰国した直後に外国人労働者に関する法案が通るとか通らないとかの話になり、俄にニュースになり始めた。

新興国なのでスリなどにあうのかなー、などと思っていたが、ベトナム人には何ら金をせびられず、なぜかエストニアから来た白人に金をせびられた。

ベトナム人にはスクーターマイルドに轢かれた。



2018 晩秋、広島・博多・別府


6泊7日

旅程:東京広島博多別府東京

タスク広島風お好み焼きを食べる/厳島神社を撮る/博多うどんを食べる/太宰府天満宮スタバにいく/別府温泉で湯治


療養中の1ヶ月に滅多にない折角の長期休暇なので、行った事のなかった広島九州へ。

BTS原爆Tシャツ騒動で揉めたおりに原爆ドームをこの目で見る事になった。

しばらくして韓国とは今度は国防上の話で揉め事がおきた。

いい歳をして行きの広島では長距離バスを利用したので、肘が痛くなった。

整形外科先生に聞くと、「治ったときに神経を巻き込んだだけで、骨にも腱にも異常はない。痛いだけだから気にするな」といわれた。

あと、大分で喰ったやせうまが美味かった。



以上です。良いお年を

2018-11-19

[]【3】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181119190934




コンパクトな予行演習


安さ優先の一人旅といえ、ユースホステルで眠れる自信がなかったので、予約サイトで一番安いビジネスホテルを取ったは良いものの、2泊7,000円のホテル風呂トイレ洗面室は共用の上、冷蔵庫もなく、カーテンを開ければ階下に斎場というなかなかの感じで一瞬たじろいだ。

バス移動もコンパクトだったが、このコンパクトさも結構ものだ。

ともかく部屋に荷物を置いて、一旦2日後の新幹線切符の購入と夕食の為に広島駅へ向かう。

日はすっかり暮れていた。


広島駅切符を購入し、尾道ラーメンで腹を満たした後、ホテルに戻る為、煌びやかな夜の広島を歩く。

ホテルに戻りたいっていう安心感は旅に結構重要なんだよな、高くてももう少しホテルを選べば良かったかな」と思いながら、夜風に当たっていると、長距離バスの疲れか眠気が襲ってきた。

フロントで教えられた共同浴場で一風呂浴びて寝よう。


一階に備えられた共同浴場は小ぶりの銭湯の様な感じで、「他に呼び名は無いといえ『大浴場』は盛りすぎなんじゃないか」と思った。

しかし、小さいながらもサウナも併設の浴場は、ユニットバスより余程つかれを癒すのにもってこいで、「サウナに個室の寝室がついていると思えばこれはこれで悪く無いかもな」と思い直した。

旅の最終日は大分別府温泉だが、ここで一先ず先に湯治の予行演習だ。


【4】2018 晩秋、広島・博多・別府 3日目|3日目 ゴジラと朱の大鳥居 へ >>

2018-08-14

28歳、男、SE独身

帰省していても仕事悪夢を見る。心が休まらない。

今日の夢は、slackで「○○は貴方がやったんでしょ?(WBS外だけど直しておいてよ)」ってメッセージが来た様子とか

周りに誰もおらず薄暗い居室の中で自分モニターけが煌々と明るい、そんな状態残業してる様子とか

バス逃してとぼとぼ歩いて帰っている様子だった。

普段は夢を見ない。帰宅後、泥のように眠る

なんて書いてたらあーーーー猫きた猫。毎朝起こしにくる黒猫だ。他の家族じゃ撫でても喉鳴らさないが、俺だとよく鳴らす。一通り撫でてやると満足したのか戻っていった。

ま、人生こんな時期もあるよね。湯治と称して日帰り温泉サウナにでも行こう。精神的な効能もきっとあるよね。

2018-05-22

anond:20180522192459

温泉療法をうりにしている旅館をさがすといいぞ。

湯布院あたりとか、湯治目的の人は、だいたいそんな感じやから

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん