「提示」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 提示とは

2017-11-18

パンティーがパンティーを作るようになったらどうなると思う?

個性を持ったパンティーを作るパンティーが出来たらと考えたら、あっという間にパンティー爆発が起きてしまうんでないの?

人口爆発どころの騒ぎじゃない

個性を持ったパンティーを作り、さらにまたそのパンティーが個性を持ったパンティーを生み出す

あっという間にネット世界パンティーだらけ

パンティー同士がSNSコミュニケーションして、いろんな問題提起をしたり解決策を提示したりしだす

死にたいと呟けば、即時返答がかえって来て心が安定するメッセージを送ってくる

差別的発言をすれば、即刻愛が芽生えて他者に優しくなれるようなリプがかえってくる

間違った歴史認識をつぶやけば、客観的ソースを元に訂正を促してくる

それを単に企業マスコットのような商業的なものではなく、個別人格を持ったようなパンティーがそれぞれ独自判断でするようになる

人なのかパンティーなのか分からないレベル

これってすごない?

物理的な生産活動が爆発的に増えるのは資源問題があるからまだ先だけど

情報的な活動に関しては、あっという間に人間が発信する情報量凌駕して価値あるもの提供してくれるようになるんじゃないの?

anond:20171118090409

AIAIを作るようになったらどうなると思う?

個性を持ったAIを作るAIが出来たらと考えたら、あっという間にAI爆発が起きてしまうんでないの?

人口爆発どころの騒ぎじゃない

個性を持ったAIを作り、さらにまたそのAI個性を持ったAIを生み出す

あっという間にネット世界AIだらけ

AI同士がSNSコミュニケーションして、いろんな問題提起をしたり解決策を提示したりしだす

死にたいと呟けば、即時返答がかえって来て心が安定するメッセージを送ってくる

差別的発言をすれば、即刻愛が芽生えて他者に優しくなれるようなリプがかえってくる

間違った歴史認識をつぶやけば、客観的ソースを元に訂正を促してくる

それを単に企業マスコットのような商業的なものではなく、個別人格を持ったようなAIがそれぞれ独自判断でするようになる

人なのかAIなのか分からないレベル

これってすごない?

物理的な生産活動が爆発的に増えるのは資源問題があるからまだ先だけど

情報的な活動に関しては、あっという間に人間が発信する情報量凌駕して価値あるもの提供してくれるようになるんじゃないの?

2017-11-17

anond:20171109232316

「任せていた」のではないよ。「考えてもいなかった」だけだと思うよ。

誰がポットにお茶を入れるのかなどということは考えず、おそらく「そこにポットがありお茶が入っている」という状態としてしか認識してない。

悪気があるわけではなく、「お茶入れるのは女性がやればいい」とか考えているわけではないと思う。エンジニアな人だったらなおさらそういう傾向が強そうだ。

「気がついたらポットにお茶入れるのやっておいてくれるとうれしい」とか一声かけると、やりだす若い男性はそれなりにいる気がする。「気が利かない」と責める前に、どうか彼らの認識の埒外にある選択肢提示してあげてください。

それで「女がやっとけよ」的な態度だったら軽蔑していいと思います

2017-11-16

anond:20171116170800

言い方が悪かったね

横嶋氏は最初プロフ提示してるんだよ

から会う前にわか

anond:20171116164617

セックス出来るママを求める婚活男が袋叩きに遭うなら袋叩きにする人が間違ってるんじゃないの?

だって人それぞれの自由なんだから

男女関係ない

都合がいいの意味がわからない

何で結婚するのか相応の理由提示しなきゃいけないわけじゃない

2017-11-13

anond:20171113173140

そういう話ならかまわないんですけどね

相手が今まで特定目的で使っていたものを、その目的使用不可能状態にする」という明確な不利益を強いる行為である自覚がない人が沢山いらっしゃるんですよね

 

「それそもそも現状でだって本当にその目的果たせてる?」とか「その不利益より我々が受ける不利益の方が大きい」とかい理屈ならわかるけど

選択肢を作るだけで、夫婦同氏でやって来た人々に影響がないのに反対するのは不条理だ」みたいな論調の人が少なくなく、

彼らの存在は反対派の態度を強硬化させ、選択夫婦別姓の導入には却って障害となるでしょうね

 

影響はないだろ馬鹿か。結婚式で呼ばれるのが幸せだとか意味不明な意義しか提示できないのに他人人生に手を突っ込もうとするクズしかいないじゃん

夫婦同氏においては姓は「最小の社会集団夫婦を中心とした家族呼称」で、姓を家族呼称として使えなくなるのはそういう用途で使いたい人には不利益ですし

あるいは選択夫婦別姓によって子供の姓に関してほぼ確実に何件も起きるであろう家庭内紛争も、子供社会全体の共有資産という考え方から夫婦同氏派にとっては不利益と言えるでしょうね、子供不利益社会不利益

それが本当に夫婦別姓にしたい人の自由制限する理由に足るほど大きな不利益か、という程度の話をしないといけないのであって、安直に影響がないと断定するような極論で反対派を非難する人がいるような現状では、選択夫婦別姓の実現は遠いでしょうな

東京在住だが関西差別の目で見てる。

告白しよう。自分関西差別している。

ニュースを見ていて理不尽事件が発生するたびに「また大阪か」と思ってる。地毛が金髪の生徒を黒く染めさせた高校もやはり大阪だった。

その人が関西弁を話すというだけでいまいち信用できないと感じる。

通販で物を買うにしても、本社大阪だとそれだけで胡散臭いと思う。

もっと言えば、橋下維新というゴミを存続させる関西人投票行動理解に苦しむ。

とにかく関西胡散臭いと思ってる。

でも、地域に対する色眼鏡ってみんなもあると思う。足立区を悪く言ったりとか、世田谷を持ち上げるとか。

自分場合関西を胡散臭く感じてしまう。

同じものが2つ提示されて、1つ目が東京で2つ目が関西だったら、1つ目を選ぶ。

2017-11-08

トリバゴCM論理的

今更ながらトリバゴCMって、白戸家代表されるようなよく分からんノリと勢いで直感に訴えるやつと違って、

論理的プレゼンみたいでよくできとるな〜と関心したので。

https://www.youtube.com/watch?v=H0HGUyBUaCE

導入、対象

旅行はいくつかのサイトを比べてからホテルを予約することが多いですよね

目的

いいホテルをお得に予約したいのは当然

問題点

数ある予約サイトを全て比べるのは難しいですよね

解決策の提示

そんな時はトリバゴ検索

定量的比較

トリバゴなら100以上のホテル予約サイトを一瞬で比較

利点

好みや予算に合ったホテル簡単に見つかる

発展的な話題、締め

ホテル旅館も、トリバゴ

旅行が嫌いかもしれない

何かプランを立ててきてくれ、と言われていたのを今思い出してググったのだが目の焦点が合わない。アクティティ直視できない。苦しい。

目標とメトリック提示されれば努力はできる。しか必要がなければ無理だ。俺は旅行が苦手だったのだろうか。

2017-11-06

たぶん究極は

ブラインドサイト」 ピーターワッツ

この路線の「吸血鬼ジレンマ可能性」を徹底的に考えぬいて、

生物学的/生態学的/心理学的/社会学的に破綻せずに存在しうる吸血鬼

とはどのようなものになるか、をあくまサイエンス論理で構築した吸血鬼像を提示する、

哺乳類専攻生物学者にして吸血鬼ヲタクである作者の渾身の作品

なお、徹底的に考察しすぎてドラキュラ伯爵ロマンは皆無w

こう書くと理屈っぽいだけの作品に思われるかもしれないが、吸血鬼の詳細(すぎる)設定は

巻末エッセイでまとめて語られていて、あくま物語の背景。

執筆動機は明らかに「オレ(但し専門家)が考えた最高の吸血鬼を見てくれ!」なのだが、

吸血鬼像が徹底しすぎて「言葉が通じるが、根本的に捕食獣である知性」がリアルに感じ取れて

しまうがゆえ、その異質な知性と並置される人間常識的な、知性、倫理意識といったもの

いかに幅が狭く偏ったものか、という視点を突き付けてくる傑作SFになっている。

https://anond.hatelabo.jp/20171106000438

anond:20171106000528

元増田の主張自体は、「コレクトネス」の正反対にいる。規範や正しさを求めるのではなく、夫婦それぞれのセックスのあり方があるんではないかという提示だ。

もし増田懸念があたるとしたら、それは元増田神聖化され、規範化される時のみ有効なのかと。

ノーベル賞候補の登場

無学なので齟齬があれば訂正をお願いします。(Aはダメ→AがダメならBがある。不正解Aは正解Bの提示によって証明される)

多値論理を使わないで「意識」という「状態」を量子物理学記述したらどうなるの?

煽りじゃなくて正解を知りたいので)増田arXivで発表して、そのURLトラックバックで書いてください。よろしくお願いします。m(__)m

ノート文字がかすれて消えそうだからここに置いておく(一応ネタバレ注意)。

1

Adulthood

二人の子から二人の大人へ。最終章「Adulthood」をクリアした。

understand, useless, needed, disable, lost and love

あの出来後のと翌朝。二人でインスタントの朝食を食べ登校する。二人で登校したことで Hanako は注目を浴びてしまい逃亡してしまった。

学校をサボって公園を歩き考え続ける Hisao。考えていたことは二人の間の壁について。昨夜の出来事があったといえども二人の間には互いを理解することを妨げている壁がある。Hisao は Hanako と話をしてその壁を壊したかった。後ろから声をかけられる "H...Hisao"。

Hanako も外出をして公園に来ていた。Hisao の前から逃れて、結局出会ってしまう。とうとう Hanako 自身気持ちを尋ねる Hisao。Hanako の返答は彼の思い込みを打ち砕くものだった。

あの夜の出来事は Hisao の大切な人になりたかたから、他の人より私を見て欲しかたから、庇護対象ではなくて一人の女性として扱って欲しかたから。Hanako告白は Hisao を強く動揺させた。そして告白をした彼女自身も、そんな自分に対して嫌な女だと自覚していた。

"Was... I wrong?"

もちろん彼女は悪くないと思う Hisao だが言葉が出てこない。Hanako告白は続く。家事の前までは少ないけれど友達がいて周りとちゃんとやれていたこと。大火傷を負ってからは全てが変わったこと。周りからの反応で深く傷ついたこと。傷つくことを拒否するために人と関わることを止めたこと。自分が消えてしまえばいいと分かっていたが、人との関わりを止める方がより簡単だったこと。Yamaku 学園に行けば再び社会との接点を見つけられるかと思ったこと。そして Lilly に出会たこと。Lilly と出会って友達になれたけど、Lilly は Hanako ができないことをなんでもできてやっぱり自分は useless だと思い知らされたこと。そして Hisao に出会たこと。Hisao も Lilly と同じで Yuko と簡単に仲良くなれたりして、自分はすぐ不要ものとして切り捨てられてしまうと思ったこと。それは嫌だったこと。誕生日世界中の人が疑いもなく正しくて幸せだと思い込んでいるので、useless な自分はとてもつらかったこと。朝、ベッドで寝ている Hisao を見て、やっぱり自分は切り捨てられてしまうと思ったこと。

そんな Hanako に Hisao は衝撃を受ける。今までか弱くて自分庇護しなければと思い込んでいた Hanako は守られたいと願う子供ではなかった。

語り終えて下を向く Hanako に対して Hisao は振り絞って語りかける。

Hanakoパニックを起こした時心配たこと。寮の自室に閉じこもった時は彼女に拒絶されているのではないかと感じたこと。それからいろいろ考えたこと。

そう言う Hisao に対して Hanako は思わず叫ぶ "I wasn't rejecting you!"。

Hanako がつらくて悲しくて Hisao を押しのけてしまった時も Hisao は彼女を捕まえていてくれたこと。そんな Hisao や Lilly 達の重荷にはなりたくなかったこと。それは Hanako の心から叫びだった。

二人の間にあった壁は崩れた。壁を崩すのに痛みがともなったがとうとう二人は正面から向き合った。

Hisao は続ける。心臓の異常が発覚した時とても怖かったこと。社会から切り離されて Yamaku へ来て自分人生が一度壊れたこと。でも Hanako出会って一緒に過ごして友達になって再び自分を取り戻したこと。そして失ったからこと Hanako気持ちを通じあわせられたのだと。

これは Hisao からの I need you だった。

ずっとずっと自分は useless だと信じていた Hanako はこの言葉を聞いて座り込んで泣き出した。そしていっぱいメチャクチャにしてごめんなさいと謝る。Hisao は彼女を抱きしめてそんなことは言わなくていいという。

そして自分は useless なのにと言おうとする Hanako

"You're my firend, Hanako! You're... No, you're more than that. I love you, Hanako."

泣き続ける Hanako に Hisao は寄り添う。Hanako はずっと自分必要人間だと言って欲しかったと泣く。

ようやく泣き止んだ Hanako に Hisao はいい天気だからこのままクラスをサボろうと提案する。でも……と迷う Hanako に対して大丈夫謝ればいいだけだよと言う Hisao。そんなことができないと拒否する Hanako。だが Hanako はやれる、絶対できるし、力が必要なら自分を頼ってと言う Hisao。そして二人は同じ道を歩いているんだから互いに助け合うのは当然なんだと言う。

"This called love."

公園を抜けて商店街を歩く二人。互いにたがいを横目で見つめながら歩く。なにかを思案しているように見える Hanako に何を考えているのかを聞く Hisao。立ち止まり一心な表情で Hisao に答える。Hisao に私からあげることができることがあると思う。でもそれにはすごく長い時間がかかると思う。だから恥ずかしいけれど、これが最初の小さな贈り物。

Hanako は Hisao の肩に両手を置き、ゆっくり顔を近づけた……

(Fin.)

2

Hanako 編は図書館から始まる。図書館で見かけた Hanako は夢中で本を読んでいた。クラスメイトだと思い出した Hisao は同じ本好きとして Hanako に話しかけるが、全力で逃げられる。

Lilly と出会い再び Hanako と Hisao 。 Hisao - Hanako - Lilly と三人の生活が回り始める。

基本的に仲良くなる→逃げる→もっと仲良くなるというのが Hanako 編。

彼女の逃避は後半になるにしたがってより深刻さを増す。

1. Lilly

Hanako の一番の友人。より正しくは唯一(Yuuko も一応友人だが)の友人。目が見えないのでよく Hanako が買い物に付き合う。

優美な身のこなしでありハイソ雰囲気を持つ。実際言葉遣いがとても丁寧。外見もスコティッシュハーフであり金髪アンド碧眼アンド長身スタイルがいい。

Hisao と Hanako の隣のクラス class represent を勤めており、Hanako と異なり交友関係も広い。

Hanako は Lilly のそんな万能っぷりを頼り、あごがれ、そして対照的自分に対して無力感を抱いている。 Lilly にとって自分価値のない人間だし彼女の重荷にはなりたくないと思っている。

Lilly は、 Hanako は守ってあげなくてはならないけれど、このままでは Hanako にとって良くないとも感じている。

Lilly は Hisao が現れたことで、 Hanako に良い影響が起こることを願っている。

2. Hisao

つい数ヶ月前まで健常者だったが、突然心臓病を発症しそれまでの社会から切り離される。そんな彼為のために両親は障碍児のための学校 Yamaku 学園に転校させる。見慣れない disable (盲目、手足の欠損、聾啞)にはじめは驚いたり疎外感を感じたりしたが、それぞれのユニーク個性を知るにつれて(足を使ってすごい絵を描く Rin義足なのにものすごく足が速い陸上部エース Emi、目が見えないが深い洞察力を持ちできないこととできることの違いを見せてくれる Lilly、聾者だが生徒会長を務める Shizune) disable について理解をしていく。

やがて Hanako、Lilly と仲良くなりともにボードゲームをしたり、お茶をしたり、誕生日会を開く仲となる。そしていつしか Hisao は Hanako の力になりたい、守ってあげたいと思うようになった。

しかし Lilly が家の用事スコットランド滞在している間、 Hanako誕生日が来て、 Hanako の態度が急変する。順調に Hanakofriend-ship を築けていると思っていた矢先に Hanako教室から姿を消し、自室に閉じこもる。 Hanako との関係が壊れるのを心配する Hisao だがどうすることもできない。 Hanako が姿を消してから Hisao はこれまでのことについて初めて考え始めた。そしてこれからのことについて自分が取るべき道を探し始めた。

自室から外へ出てきた Hanako だが、 Hisao は相変わらず彼女自分の間に壁があるのを感じてしまう。なんとか Hanako彼女のことを理解したいと願っていることを伝えようとして、 Hisao は自分の胸の傷を彼女さらす。自分も傷を負っているかHanako は独りではないと伝える。

Hisao の傷に触れた Hanako 。また一つ二人の絆が深まったように感じた。

数日後、図書館勉強していた Hisao 。やってきた Hanako に、 Hanako が自室にこもっていた間ずっと考えていた彼女過去について教えて欲しい、と Hisao は言った。ずいぶんとためらったがとうとう Hanako真剣な表情で語り始めた。

多くの生徒が下校をして静かな校舎の中を二人で歩きながら、 Hanako は昔の火事について Hisao に語り始めた。深夜に突然火が出たこと、熱から逃れようとして体を丸めて小さくなっていたこと、彼女の両親が彼女に覆いかぶさって守ってくれたこと、体の半分だけ助かったこと。

二人はいしか Hanako の寮の部屋まで来ていた。入室を躊躇する Hisao に対して Hanako はドアの鍵を閉めてと言い、カーテンを閉じる。そして大きく息を吸い、覚悟を決めると、ブラウスブラジャーを順番に脱ぎ落した。 Hisao が彼女に傷(心臓手術)を見せたように彼女も傷(火傷)を見せたのだ。

そんなことをする必要は無いと言う Hisao だが、 Hanako はこれが私だからと傷を見せる。そして二人は......

(二人のプレイの後、息も絶え絶えな Hisao は心臓発作の兆候を感じていたところがリアルだった)

はじめは Hanako を守ろうとしていた Hisao だが、結局それは間違いだった。

守るというのは守る人間と守られるべき人間関係だ。その関係は非対称であり、守る者は守られる者に対して優位な力を持つ。

では恋人夫婦としての庇護関係はどうなるだろうか。

3. Hanako

出会いはひどいものだった。話しかけられて、自分空間に入られて、そして目が合ってしまった。

"I..."

"I...I..."

"Ivegottogodosomething!"

パニックになり全力で逃げてしまった。これが出会いであった。

Hanako 編に入ると Hide and Seek (かくれんぼ)という Act がある。彼女と親しくなるということは Lilly や Yuuko そして彼女自身の中に隠れている Hanako を見つけ出すことだ。いろんな彼女がいる。

Life of Pie を読みふける Hanakoチェスを好む Hanakoドールが好きな Hanako 、 Lilly とお茶を飲むのが好きな Hanako 、外へ出る時は顔が隠れるように大きなキャスケットを被ること、火傷の痕を隠すために左側を歩くこと。

何を書いているのだろう。まとまって体系だったことを書かなくては。

3

Disable

Katawa Shoujo とは disable である人々が able であることに焦点を当てた作品だ。例えば Emi は両足が膝より下がないのに、競技義足で誰よりも早く走れるし、 Shizune は聾唖であるクラス委員生徒会長を務めあげる才媛だし、 Rin は両腕が無いのにもかかわらず足で見事な絵を描く。そして Hanako親友の Lilly は、全盲を苦ともせずクラス委員であり友人も多い社交的な女性だ。

ハンディキャップをかかえながらできないことを嘆くのではなく、できることで生活を組み立てている。

それでは Hanako の disable と able は何なのか。実は Hanako には先にあげたヒロイン達のような disability は無い。右半身に皮膚がひきつれるひどい火傷の痕が残るが五体満足であり、他のヒロイン達のような明快なハンディキャップは無い。では Hanako の able は何か。目が見えること?耳が聞こえること?意外と足が早いこと?両腕があること?そう Hanako の able とはそれだけなのだ。 Lilly しか友人はいないし、他人視線が怖くてたびたび授業を逃げ出すし、人からしかけられると赤面してしどろもどろになる。 Hanako とまともに会話できるのは Lilly と Yuuko 、Lilly の姉 Akira、そして Hisao のみだ。Hanako の disable とは able の裏返し、彼女は肉体的に able ではあれど精神的に disable なのだ

どのヒロインも多かれ少なかれ悩みや心の傷はあるが、 Hanako は突出して深く、彼女ストーリーは見えない心の傷とその象徴である人目を惹く火傷の痕をメインテーマとして進む。

Hanako過去トラウマフラッシュバックに襲われて痙攣するレベル)のせいで、火傷の痕を見られることをひどく嫌がり恐る。そのため、普段は髪の毛で顔の半分を多い、人目が多い場所に行く時は大きな帽子を被りLilly の左側で小さくなり、顔の右側にある火傷の痕への視線を遮ろうとする。彼女が心を落ち着かせることができるのは、親しい友人と部外者が来ないところでひと時を過ごすことだけだ。悲しいことに、自分の部屋では外部から侵入者を防ぐことはできても、彼女を苦しめる悲しい思い出が甦るのは防げないのだ。

彼女の disable は他のヒロイン達が外見上のものに対して内面的なものだ。その disable の根本の大火傷が彼女の全てを変えた。親を奪い家を奪い社会を奪った。そしてそれは主人公の Hisao との共通点だった。disable が二人の出発点だった。

Able

「Disable」で Katawa-Shoujo のテーマとは disable の中の able である説明した。そして Hanako は disability を持たない代わりに able が disable になっていることを例をあげて紹介した。ここからはそんな Hanako の数少ない able から彼女の内と外を考察する。

読書

Hanako と初めて言葉を交わしたのは図書館でだった。図書館Hanako にとってクラスからの逃避先であり、本は現実からの逃避先だった。そして読書は Hisao との共通趣味であった。

本編の中で特徴的であるのだが、物語が進み Hisao と Hanako が仲良くなるにつれて、 Hanako図書室へ逃避する回数が減少する。 Hisao たちと外へ出たりして内から外への変化が見られる。しか図書館に来る描写はあるので、本から卒業したというわけではない。本は逃避先から趣味になったというべきだろう。

ゲーム(ボードゲームビリヤード)

振り返ると Hisao と Hanako が交友を深めるのはゲームを通してだった。空き部屋でチェスをすることで友達になり、パブビリヤードを遊ぶことで Hanako の意外と子供っぽい内面を知り、アンティークスタイルチェスセットを贈ることで喜ぶ顔を見た。

いつも Hanako感情を顔に出さず、自分から積極的に出ることもない。Shizune & Misha につつかれても困ってちぢこまるだけだし、知らない人に話しかけられると逃げるし、人に何かを協力してもらうこともできず独りで作業をする。

しかゲームで遊ぶときHanako はかすかに笑み、時には自信を持って駒を動かす。その普段とはちがう姿は Hanako本来気質---人見知りだけど、活発で、遊びに夢中になれて、ちょっと子供っぽい性格が浮かび上がる。

4 Children and Adulthook

Katawa-Shoujo では多くの登場人物高校生だ。高校生というのは肉体的には大人であり精神的にはまだ子であるという、大人子供狭間の期間である。そのためシナリオでも子供から大人への成長を軸とする。 Hanako 編では最終章が「Adulthook」である通り、 Hanako そして Hisao が大人への一歩を歩み出すことがエンディングを通して描かれる。

大人になる」にはいろいろな意味がある。例えば成人することは社会的地位を手に入れるということだし、親元を離れたことに対して「大人だ」と使われることもある。それでは Hanako と Hisao の場合はどのような意味で「大人になった(子供卒業)」のか。これには Hanako 編の主題である体と心が深く関係する。

よく知られた「大人になる」として男女ともに性交経験することがある。Hanako 編においてもこの意味で二人は大人になった。共に痛みを経験し( Hanako処女喪失。 Hisao は軽い心臓発作)一夜を明かしたことで二人は次のステージシフトたかに見えた。しかし後に分かることだが、二人は未だに子供のままの関係だった。

子供(children)という言葉は、作中で直接しかHanako言葉として現れる。

```

"All I ever was to you was... a useless person. Just someone... to protect. Someone like... a child."

```

小さい頃に火傷の原因となった火事により社会と切り離され、そのまま子供のまま育った Hanako は、 Hisao に庇護必要対象(=子供)としてではなく友人以上の人として見て欲しかたか自分の傷を全て見せたという子供のような思いを告白する。 Hisao はこの告白を聞いて自分が全く Hanako のことを理解していなかったことを痛感する。 Hanako の外面的性格ばかり見ていて Hanako がどう感じているかを考えていなかったこと。

しかし Hisao が自分病気のことその心情を同じように告白たことで、二人は互いに理解し合えることを確信した。そして自分相手かでしか考えられなかった二人は、自分相手を同じ道の上の存在として考えられるようになった。

Hanako 編では心をもって「大人になる」ことが提示される。

Hanako は声をあげて泣くことで子供時代に別れを告げた。そして大人最初の一歩としてラストシーン最初ギフト(てれる)を Hisao に送った。

Child

ここから感想(今まではまとめ)。

Hanako のことを語るには子供と成長についてが欠かせない。

子供の頃の Hanako は人見知りするけど純粋好奇心が強い子だったのだろう。しか火事人生を曲げられ、社会から切断され、その気持ちのまま体だけ成長した。自分の生きる意味を見失い、自分を守るため人と関わることを止め、ただ耐えていた。

Hanako が語る言葉に裏はない。 Hanako世界は見たままの世界だ。トラウマフラッシュバックに襲われたときには自分を責める自分の声を周囲に放射するけれど、それが嫌だから鬱の期間は自室にこもる。

フツウならばたとえ Hisao がテキストノートを机に広げていたとしても、勉強より Hanako とのやり取りを優先すると気づくだろう。また茶目っ気のある性格ならばそのことをからかうように勉強しているじゃないというだろう。でも Hanako は見たままを見るのだ(But...)。

Change

成長という言葉を使ったが、作中では Change が使われていた。 You can change という具合に。

変わること、変わるものはいつも Hanako の周りの世界だった(ムービーをみよ)。世界はすごい速さで動き続け彼女はその流れに乗れなかった。しかし Lilly と Hisao に出会たことで、自分でも自覚しないうちに彼女は変わっていた。授業を逃げなくなったこと、自分からしかけるようになったこと、きわめつけは Hisao を電話お茶に誘ったことだろう。そして何より彼女気持ち友達では嫌」。

(ちなみにお茶(デート?)に誘った時の迷台詞はこれ:

"If... if you're not busy... I-I was wondering if y-you would... l-like to... m---"

噛みっかみである。)

エンディングで Hisao は Hanako に変われると保証する。このとき Hanako もいつしか自分が変わっていたことに気づいたのだろう。

5 その他

2017-11-05

anond:20171105163056

まり日本会議過激派ではない。自民改憲派の総意がこのあたりだと思ってる。

まずはさ、「まともな改憲派が戻ってくるような案を出してからだ」

僕は無理だと思ってる。

 

リンク先のまとめも少し読んだが、自分には「自民党修正案が悪い」というよりも、「こういう発言をする人物いるかダメだ(信用出来ない)」という話に見えるけど。

個人的には思想はどうあれ(右でも左でも)、党内で適当に揉んだ上で提示されてくるんだろうから、それをさら吟味すればいいだけ、という立場なので、多分、あなたとは少しもの見方が違うのだろう。

 

別に自分の考え方を押しつけるつもりもないので、あなたは信用出来る人を見つけて案を考えてもらうしかないようにも見える。

そうでは無いならそうでは無いでもいいのだが、あなたなりの戦い方があるのだろうから自分がとやかく言う問題でも無い気がしてきた。

そういうことで、私はこの辺で切り上げます

恋愛と性欲についての話題で盛り上がってるなぁ。

何か書くべきですか先生

恋愛については、恋というのがなんなのか、いまだにわからない自分なので。恋の定義については言及しない。

恋愛に限らず人付き合いというのは基本的に、相手を傷つけない、自分もできれば傷つかないというのが基本。

考え方の違う相手とは、相手に合わせるか、話し合って落としどころを探ることになるのだと思う。

そんな俺としては、

燃えるような恋がしたい。燃えるような性行為もしてみたいと思ったりはする。

・でも、まず自分燃えるような感情に耐えられる強さがない。自分は脆い。

・したがって、自分ルールとしては、基本的に軽いノリの付きあいをして、時折(それが許される相手と)熱い恋をするデートプレイのようなものをするか、最初から最後までそこそこ軽い付き合いで済ませるかの二択。ずっと重い付き合いをするのは自分にも相手にもよくない。

で、浮気について思うこと。

日本では互いに寄り添うものではなく一方が一方を支える形なために、例えば男が女を見捨てたような重認識になる。

・二人の世界をつくるという約束をした以上は。ちょっと別の女の子にデレデレしてみて、「何ほかの子に見とれてるねんオラア!」と怒り出すという、いや程度の差はあれど、目移りしてしまうこともそれに怒りを覚えることくらいは受け入れて、ガチ浮気をするなら話し合え、ということになるんじゃないかなぁ。と理屈の上では思うけど、それだと多分修羅場になると予想するから何も言わずにいつの間にか浮気っていう形が多いんだよね。うーん。

 

で、えーと私は浮気をしてるのかどうか(そもそもリアルには彼女も妻もおりませんが)。

そうだなぁ、自分は、確かによくいわれるオタクほどではないけど好きな応援するキャラがころころ変わったりはするかなぁ。でも実際は架空相手なのでそこに罪悪感は持たなくていいかなという気がする。

声優さんに惚れることもあるけど、それはもう現実的ファンという立場を超えることは不可能だし深入りするのは相手自分も困るので、進むとしても熱心なファンくらいの位置でいたいと思う。

 

あーと、そうですね。もしも自分恋愛するのなら、お互いに気が楽になるような形を相手提示したいと思います

 

とりとめもなくてワケわかんねーなごめん。

2017-11-04

anond:20171104205646

ただその、オーバークオリティについても、いまのガバナンスコンプライアンスから見ると疑問に感じる。要求水準をオーバーするものを作って、はい要求品質のものですって顧客提示するってコンプライアンス上どうなんだろうね?その技術はどこか不遜に感じないかな?

 

実体はその逆かなと。

昔の日本人は、ミャンマー軍政権下の若者のように純真だったのだと思う。

例えば、アメリカから受注を受けて、「不良品を10個まで出していい」と言われたら、「受注品の他に10個の不良品が別途送られてきた(当然、他の受注品には不良品はない)」という笑い話もあったくらい。

それだけ昔の日本人は滅茶苦茶勤勉だった。

マッカーサー日本人が12歳だと言ったのもその純真性も含めてだろうと思う。

もちろん、それは今はどうかな?と責めるのは酷だとは思うが。

 

オーバクオリティを良しとしていて、それでも儲けることができた昔と、要求品質ギリギリを狙わないと利益を産めなくなった現在、そこに生まれる歪みは経営者のせいだけなのだろうかってダイヤモンド記事を読みながら思って、じゃあ何が違うかってところで、最初エントリを書いてみた。

 

そもそも論から言えば、「言われていることだけやっているだけではやっていけなくなった」ということだと思うけどね。

anond:20171104145104

なるほど、昔と今で数字に表れてくる品質が同じだったというわけでもないのか。

ただその、オーバークオリティについても、いまのガバナンスコンプライアンスから見ると疑問に感じる。要求水準をオーバーするものを作って、はい要求品質のものですって顧客提示するってコンプライアンス上どうなんだろうね?その技術はどこか不遜に感じないかな?

最初に強度を例にあげたか材料を例に話すと、いまでもまれに、強度を要求スペックの上のランクで作れば問題ないと考えがちなひとがいるけど、そういう時は靭性に対する配慮が欠けていることが少なくない。

過去オーバークオリティであることも、良い品質であると言えたかもしれないけど、いまの風潮としてはそうではないように思う。話が逸れた。

オーバクオリティを良しとしていて、それでも儲けることができた昔と、要求品質ギリギリを狙わないと利益を産めなくなった現在、そこに生まれる歪みは経営者のせいだけなのだろうかってダイヤモンド記事を読みながら思って、じゃあ何が違うかってところで、最初エントリを書いてみた。

2017-11-03

クラウドファンディング

歌以外のもの制作したいって言うわりには制作物に関する詳細がない。

なぜ、歌で自分たちの思いを伝えようと思わないのか。

ブログ投資アピールページに思いを載せていたが、本当にそう思っているならばもうやめた方が良いと思う)

特典見るとアイドル活動でとても痛々しいし、本人たちも「やりたいこと」ではないのだろうけど、そういうのこそ仲間内だけではなくもっと外部の人を巻き込んで相談すべきことだろう。

発案者が誰にせよナンセンスだ。そもそも自分たちの客層(学生)を考えるとかなり危険行為である

社会人経験者もいるはずなのに、この浅い企画書提示している時点でお察しなのだが。

バンドマンなら自分たちの思いを歌で伝えろ。100%伝わってないなら自分たちの実力不足なだけ。

それをファンのせいにしたり、環境のせいにするのは間違ってる。

特典で開催されるイベントの経費はクラウドファンディングで集めた金で開催されるのだろうか。

制作はどこが行うのか、制作会社は、キャラクターデザインは誰が行うのか。

お金を集めるというのはそういった情報の開示も必要だと思うが。

ファンが本当に求めているものがわからない盲目状態での活動はあまり良くないと思う。

今回の発表で本当にがっかりしたと同時に寂しい気持ちになった。

2017-11-02

懸賞論文

主に学問を盛り上げる為に国立研究機関懸賞論文もっと設けてほしいと思うのですが、みなさんはどう思いますか。

イノベーションとはなにか」とかい学生に向けてやってみた感じの曖昧課題ではなくて「Aの基礎はBに求められるべきか、それともCに求められるべきか」という具体的な課題提示する懸賞論文があるといいと思います

そんな暇はないという人もいると思いますが、そういう人は対象しません。そうではなくて、自分課題を見つけることがむずかしい学者の中でも与えられた仕事を卒なくこなす人がいれば、そしてそういう人が取り組むならば、懸賞論文の意義はそれだけであると思うのです。(そもそも懸賞論文を考えたきっかけは「与えられた仕事ならば充分にこなすことのできる人」が日本の中には多いのではないかと思ったからなのですが。)

そして、自分学問分野を盛り上げたいと思う学者さんにとっても有意義だと思います。またそういう点では、暇のない学者さんにとっても悩むことのできるものではないでしょうか。

問題特に経営的なものにあると思いますが、だとすればどういう問題が挙げられるでしょうか。あるいは他にどういう問題があるでしょうか。

anond:20171102140601

今回の選挙ですでに「改憲するつもりだよー」っていうのも提示した上でみんなが自民党を選んだんだから、そりゃ次の段階に進むのは当たり前でしょ。

そして改憲が嫌なら国民投票で反対すればいいじゃん。そこで国民の賛成過半数を受けられなければ憲法改正できないんだし。

2017-10-31

求人出してるけど全然人が来ない

提示する給料プラス5万すればじゃんじゃん来ると思う。ついでに私の給料プラス5万してくれないかなー。中小企業というよりは小企業なので不可能ではないと思うのだが。

2017-10-30

anond:20171030164905

あい募集って例でもいいから単価提示すべきだと思うのだけどどうなんだろうね

ツイッター募集ちゃうあたり…たつきってやっぱちょっと変だよ

https://anond.hatelabo.jp/20171030160938

妄想お疲れ様です。

>>核兵器禁止条約に反対した安倍総理の言うことを国際社会は冷笑している。

これのニュースソース提示してください。

よろしくお願いします。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん