「ヒロイン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒロインとは

2018-11-15

anond:20181115163322

前世代がヒロインフォーカスしてたから今世代では主人公フォーカスしてるだけ

別に異世界なんちゃらだけでなく、少年漫画でもめちゃくちゃ増えてる

例えば登場人物みんな主人公みたいな作り方が増えてたりするし、現実AKBみたいなアイドルもみんな主人公の一貫だ

まりは今世代サブカル作品って主人公をどう活躍させるかの実験作品が溢れているわけだね

そう考えて色んな作品に触れてみるとまた違った視点で楽しめるかも?

2018-11-14

グリッドマン見てるけど

これピンク髪のヒロインのほうどう処理するんだ?

あんだけやっておいて何のお咎めもなかったら脚本おかしいし

かといってここまで人気なのに死んだりしたら荒れそう

楽園追放ってなんで評価高いの?

anond:20181112132849

虚淵ってありふれたものを組み合わせてありふれた脚本しか出来ていないと思うけど。

ありふれてないのは脚本以外の、主にパッケージングの部分じゃないか

楽園追放なんて中盤で明かされる大ネタが「人間並みに進化したAI」を応援しよう!っていうカビが生えたような話。

しかもそれ以上の捻りが何もなくて驚いた!

そして電脳世界ヒロイン口説くAIとくれば攻殻機動隊を思い出すのが当然。

それが結局安っぽい「人間って素敵!」みたいな感傷でまとまるので、20年以上前攻殻よりも古臭い内容。SFと呼ぶには保守的すぎる。

本気で殺し合うわけではないので戦闘燃えない。映像特筆すべき点はなし。

それっぽい台詞世界観を匂わせるだけ。イメージ貧困

全てが他人からの借り物で出来ているような、虚しい作品だった。

せめて面白ければいいけどTVシリーズ中盤の捨てエピソードレベルでしょこの話。

こんな下らないものをなんで褒めるのか理解できない。尻か?ガルパンからの流れか?

BGVのつもりで流したら、あまりにショボくてガン見してしまった。

まどマギ紫色のクオリアの丸パクリで、しかも縮小生産だったことを考えると、映像脚本家の虚淵玄にどれほどの才能があるのかがそもそも疑問だ。

まどマギにしても、2011年にして終盤まで隠した大ネタループものって、やっぱり相当ショボいと当時から思っていたのだが。

しか時間を止めてやることが武器の大量投入というのも発想が貧しすぎやしないだろうか。何より他のキャラより見劣りするのがな。

サンファンも、知力担当側の主人公ラストで戦ってみれば戦闘でも最強クラスで、当初のラスボスを歯牙にも掛けない展開で何それっていう。

他のキャラは駒でしかなくて全然いらなかったって話だし。こういう安直さは真面目に見てきたことを馬鹿にされてるように思えるのだが、みんな気にならないのだろうか。

虚淵脚本の悪役や腹黒い主人公というのも、結局は勧善懲悪の逆をやってるだけの薄っぺらさで、実は話やキャラクターの構造自体は幼稚だと思うのだが。

よく鬱展開と言われるけど、絶望の描き方や道のりも安易すぎて鬱と呼ぶほどのものではない。

主人公が信じてる人やものが、裏切りました。」程度の粗筋をそのまま見せられているようで、心を動かされようがない。

台詞は書けるようだがドラマ構造を作るのが苦手としか思えなくて、中学生が考えた設定を何とかぎこちなく脚本にしてる印象。

プロ脚本家にクリンナップしてもらいたくなる。

ヒットメイカであることは疑いようがないが、TVシリーズ映画における虚淵自身脚本レベルは、決して高いものではないと思う。

アニゴジは主に監督意向による制作事情が取り沙汰されているが、監督が違くても正直大して変わらなかった気がする。

賭けてもいいが巨大機龍だかなんだかが採用されてもただ登場するだけで、展開にうまく絡んだ活躍はしなかったはず。

2018-11-13

漫画探偵ゼノと7つの殺人密室』1巻無料ダイマするから読んでくれ

今気づいたんだけど、サンデーうぇぶり(アプリ)で1巻無料公開中なんだが、期限が16日までなのであと3日しかない。

急いで読んでくれ。

それは週刊少年サンデーで去年末連載が始まった『探偵ゼノと7つの殺人密室』という漫画だ。脚本七月鏡一

名探偵コナンの読者を釣ろうとしているのは確かだ。見事に釣られてしまった。

後発の「ゼロ日常」とゼノゼロサンデーを盛り上げてほしいと思っている作品だ。だがそんなに売れてないらしい。

この内容でそれはおかしい。だがそもそもやってることを知られていないのかもしれない。

サンデーから仕方ない。誰が少年サンデーなんか見るんだ。コナンヲタしか見ないだろう。荒川休載してるし。

本当にサンデー大丈夫なのだろうか。ゼロで部数維持はしてるらしいが、宣伝も下手だ。なんだあの謎の昭和ダンスCM。ふざけてんのか。コナンCMしてろ。

さて「探偵ゼノ」の内容だが、本格風推理漫画だ。あくまで風だ。細かいところは目を瞑ろう。しかコナンよりは推理してる。コナンファンが言うんだから間違いない。

少年推理し三人の中から犯人を当てるなんていうコナンオマージュもしている。

が、コナンと違うのは主人公が怖く暗いことだ。可愛げも殆どない。コナンのように明るい正義でも無い。

そして事件の内容も、死体も、少年誌向けでは無いと感じることがある。どちらかといえば金田一寄り。

主人公スゲー系ではある。ほんのり厨二感もある。ミステリジャンル分けとしては「新本格ミステリ」か。島田荘司か。

最初はその絵の濃さや主人公気味の悪さにに慣れなかったのだが、1本の事件を読み終えると満足度が高いことに気付いた。

1話ではゼノの凄さを見せているだけなので、推理漫画としての「読者と一緒に謎解きをする」要素は2話目以降に設けられている。

からみんなと謎解きしたい。

でも読んでる人が居ない。

はぁ。

とりあえず読んでくれ。推理漫画っていうのは中々作るのが難しい。多分一人で作るのは無理がある。

コナン編集部トリックをつくりあげているから、その点サンデーノウハウを持っているので安心できるところだろうか。

ミステリ漫画としてしっかり作っていると思うので、ぜひ。あと3日。あと3日で1巻無料終わるよ!

ヒロイン殺し屋です!

2018-11-12

anond:20181112132905

ウィル・スミスの「アイ・ロボット」では、ロボット恐怖症のウィルスミスが、自分運転しようとする様を見て、常識的ヒロインが、まじかこいつやめろ、と罵るシーンが出てくるね。

とはいえウィル・スミス運転していた車に普通にマニュアル運転モードがあったように、完全禁止はいかないだろうな。

運転楽しいし。

2018-11-10

anond:20181110201318

思う!

友達が20前半で初めて付き合った彼氏にすぐ振られてめっちゃ落ち込んでて、最初は慰めてたけど半年以上経っても未だにTwitter元カレDisるのやめないから、心配ちょっと引いてしま気持ちが混ざって複雑。

しかしたらヒロイン症候群てきなものなのかな

スマブラの話

スマブラ5作目発売楽しみでたまらないんだけど

ちと、不満な事がある。

みんな「参戦キャラクターの事ばっか気にしすぎ」って事。

いや、わかるよ。俺もまぁ楽しみだよ参戦キャラクター

でも、参戦キャラクターの数で言えばスマブラ4も十分多かったわけで

スマブラ5の魅力ってそこじゃないと思うんだよね。

今作が4を買った人も買わなかった人もワクワクしてる要素を並べてみると

シンプルが勝ち上がり乱闘になった

今までフィギュアを手に入れる為の半ば作業になってたシンプルが「勝ち上がり乱闘」という全74ファイターごとに異なるイベント戦になったわけよ。

あ、こりゃ楽しい作業感とか感じられないわって感じ。発明だよコレ。

世界戦闘力オンライン対戦にも導入

4にもあった世界戦闘力だけどそれをオンライン対戦にも導入ってのはすごい。

簡単に言うと例えばマリオカート

タイムアタックでかなり高いタイムを叩き出しました。さーて、俺はどんぐらいの腕前なんざましょ。

って思ったら「あなた世界5万位の実力です」って言われても全然喜べないですよねって話。

世界戦闘力は「あなた世界戦闘力は200万です」みたいに出るんでオンラインに繋いでも気落ちしない。

ガチエンジョイ廃止

これすごい。

何がすごいって、「アイテムなし タイマン」「アイテムなし チーム戦」だけがガチではなく

ルールガチであると、そう公式が表明してくれた事。

それと、スマブラというゲームを半ば地味なものにしていたアイテム無しだと超必殺技が無いという問題のアンサーとしてゲージ消費超必殺技を本格導入してくれたのも大きい。

スピリッツの導入

任天堂フリークならだいたいの人が知っている「バテン・カイトスⅡ」ってゲームがあります

精霊を身に宿した青年、サギ

・魔導機械人形ギロ

・おてんばヒロインミリィアルデ

まぁこの3人はほぼスピリッツ確定なのはPVでわかるとおりで

じゃあ、スマブラの全74ファイターの誰を当てはめてどんなルールでの戦闘になるんだろう。

サギなら翼があるからピットかな?ギロロボットだろうな。ミリィアルデならちょうちょ羽根からベヨネッタかな。

みたいな。任天堂フリークとしては今までスマブラに参戦する事が叶わなかったキャラクター群にどういう味付けをして出してくるんだろうかって楽しみがあると思うんです。

音楽

もう、スマブラ音楽がいいってのは空気みたいに当たり前になってしまっていると思うんだけど

それでも音楽は当然いいわけ

今作はさらSwitch携帯音楽プレーヤーとしての使用すら想定しているわけで

どんな楽曲があるのか楽しみで仕方がない。

あえて原作BGM採用しなかったポッ拳や、だいたんなアレンジが多くあったゼルダ無双メトロイドサムスリターンズドンキーコングトロピカルフリーズやHey!ピクミン楽曲があるかも楽しみだし

ルイージマンションアーケードマリオカートアーケードグランプリのような変化球ももしかしたらあるかもしれない。

音楽に関しては長年聴き飽きない事だけは間違いないと思う。

ゲームバランス調整

基本はforだけれども、上下投げからコンボ、踏みつけからの確定コンボアイスクライマーベヨネッタ悪名高い即死連携、一部キャラの強さを担保していた機動力を多くのキャラにくばる。

という、理不尽な強さを弱めて、面白い強さを多くのキャラクターに配布する。今作はそういう面白い調整を感じます

2と4に派閥が別れているファンを5に集約しようという意気込みも感じます

スマッシュブラザーズ特有の1戦が長引く問題タイマン時だけはゲーム展開が加速する仕様を設けていたり。

乱闘用のステージについても2ステージを同時に選択できたり、ステージを先に選択できたり、今まで以上に遊ぶ人が楽しめる事を考えている仕様になっているかと。

みたいな、話ではなく

なんでもうforの時点で十分多すぎるぐらい多い参戦キャラクターの話ばっかりしてんのさって思うわけですよ。

ゼニガメフシギソウパックンフラワー入れて77キャラなわけでもう十分多いでしょって思うので

これ以上参戦してほしいキャラクターがいる人って既存の77キャララインナップに不満や不足があるの?ってどうしても思ってしまう。

しろそこよりはスマブラ4の不満点や、こうなってくれたらいいのになってポイントを良い形にブラッシュアップしてくれている、そういう所が注目されてほしいなと思います

もっとぶっちゃけて言うとプレイアブルキャラクターしか目がいってない人って発売されても買わないんじゃないかなって思うの。

ダンボール工作ゲーのニンテンドーLABOの時も騒ぐだけ騒いで買わない人多かったしね・・・。なんで欲しくもないもので大騒ぎするのやらわからん

2018-11-09

不良キャラ

少女向けコンテンツ恋愛対象で出てくる不良キャラと言うと

硬派

無口

不器用

一匹狼

女に媚びない

的な属性を備えている事が多い。

この属性を外れたら驚いてしまうくらい定番だと思う。

エグザイルプロデュースで女向けハーレムドラマプリンスオブレジェンドをやっている、王子が大渋滞と言う売りにふさわしく馬鹿みたいに大量の男達が出てくるのだが、その中に不良王子もいる。

貧乏ヒロインが映研のバイトアクションをしていた姿に惚れて片思いしてる設定なのだが、リーダーをしている不良学校からヒロイン学校に転校してくる理由が「だって一緒に居たいじゃないかー」めちゃくちゃ柔らかい

チャラ男的なキャラではないからなんか驚いてしまったが、考えてみたら不良にとっては恋人いるかどうかはとても大きな問題で、恋人作りにかなり積極的必死人種だ、エグザイルプロデュースだけにその辺がファンタジーになりきらないんだなぁと納得した。

[]滑り台ヒロイン

複数ヒロインが登場する恋愛もので、主人公と結ばれなかったヒロインを指す。いわゆる負けヒロイン

アニメましろ色シンフォニー』で、主人公ヒロインがいちゃついているときに、敗れたヒロインたちが公園の滑り台で遊んでいたことによる。

2018-11-08

ゾンビランドサガは5話で面白くなったなあと

1話ヒロイン冒頭での事故死のインパクトで「ああこれは出オチアニメだ」とずっと思っていたのに

5話でいきなりキャラ萌えが発生した

伝説山田たえぐらいしか名前覚えてなかったのに

4話くらいかキャラに焦点を当て始めてきて5話の全員の違いを前面に出した構成キャラが立ってきた

アイドルだった組である愛ちゃん純子ちゃんヤンキー娘のサキちゃんオタクの「お、萌えキャラおるやん」と印象付けたのは上手かったなあ

宮野がウザいだけのアニメにならずに良かった

2018-11-07

曲名が女の名前の曲

Spotifyでそんなプレイリストでも作ろうかなーと思ってるのだが。

パッと思いつくのだと、

ローリング・ストーンズアンジー

デレク&ザ・ドミノスレイラ

ザ・ポリスロクサーヌ

長渕剛順子

甲斐バンド「安奈」

あたりかしら。なんとなく、別れた&フラれた女に未練がある女々しい男の曲が多い印象。

いとしのエリー」「チャコの海岸物語」とか、サザンにも女の名前曲が多いんだが、残念ながらSpotify配信されてないんだよね。

男の名前曲って、女に較べてあまりないような。

ヒロインアニソン曲名名前入っちゃってるのが多いのでここでは割愛するとして、洋邦問わず、他にどんな曲があるかな

2018-11-06

どうしてグリッドマンはありでヤマノススメはなしなの

SSSS.GRIDMANもヤマノススメ自分の中で好きなアニメ30位以内くらいには入る好きな作品なのだが、グリッドマンヒロインズの抱き枕はありだが、ヤマノススメ抱き枕はあり得ないというお気持ち個人的に抱いている。


どうしてなのか考えてみたのだが、

・あおいとひなたには「尊み」が感じられるが、六花とアカネは「萌え」がメイン(ED映像は現状妄想しかない)

・あおいとひなたは公共交通機関公共施設広告に登場できる「健全さ」が魅力だが、六花とアカネは危うい高校生らしい「ケンゼンさ」が魅力

という理由が思いついた。


賛同あるいは別の意見、反対意見があったら教えて欲しい。あと一般人にこれを説明することは可能だろうか?

anond:20181106080100

ヒロインがしゃしゃり出てきたらもれなく叩くしな腐って

2018-11-05

抱き枕アニメ女性をナメている

こんな記事が盛り上がってたんだけどさ

GRIDMAN(グリッドマン)のヒロイン抱き枕は結局、アニメ女性をナメている

http://arrow1953.hatenablog.com/entry/2018/11/03/093723

へーなるほどねー結構ブクマ賛同してんなーと見ながら

他にどんな記事あるんかなーとみたら、コレ

君の名は。実写化は既に日本でされていた!ー君の縄。ー

http://arrow1953.hatenablog.com/entry/2017/10/02/113716

はあ?

最初記事の納得感、完全に吹っ飛ぶ

なんでアニメ作品のアダルトビデオパロディを喜ぶのに

抱き枕カバーで女性をナメてるみたいになるのがわからん

[]長身イトコとHぃコトしよっ

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ237990.html

195cmの1歳下ヒロインと竿役152cmの身長シチュ

SM要素は軽い顔騎ぐらい、おねショタ要素もファンタジー要素もない純粋身長エロというのは結構珍しい。

身長差以外は女性主導ではあるもの肉感的でエロく、身長フェチの人以外でも、とにかく刺激的なのが好きな人や新しい扉を開きたい人に進められる出来。

すべてのアニメ物語勝利する必要があるのか。

‪GRIDMAN(グリッドマン)のヒロイン抱き枕は結局、アニメ女性をナメている - サブカル 語る。 http://arrow1953.hatenablog.com/entry/2018/11/03/093723

話題のこの記事に思ったことなど。

「だけど製作委員会はそれをやらない。エロで金を稼ぐという行為にそこまで徹底できない。「GRIDMANはエロ目的作品ではなく、アニメから」という建前があるからです。」

エロ」と「アニメ」が対立して語られていますが、深夜アニメって、エロ内包するものもあるものだと思っていました。

(すべての深夜アニメエロ内包しているわけではないが、エロをやっても許されるというのが深夜アニメの「概念」だと思っていた)

それは昔、深夜番組で、エロをやっていたものの延長として。

それで、特撮グリッドマンだが、抱き枕キャラクターである宝田六花や新条アカネというキャラクター存在しない。

グリッドマン深夜アニメという形にコンバートされて始めて登場したキャラクターだ。

ということは、この2人のキャラクターは、もとの特撮グリッドマン規定されているわけではおらず、むしろ現在進行形で、キャラクターが生成されているとも考えられないであろうか。

で、自分のこの感覚が正しいと人様に押し付けはいけないとうことを自覚して描かないと難しいのだが、アニメとグッズのキャラクターギャップについて。

実は、こういう例は結構ある。

自分は、アニメから「あの作品では真面目だった〇〇ちゃんがこんなあられもない姿に」

みたいグッズも内包してひとつメディアミックス?のようなものだと思っていた。

ギャップ萌え、ツンデレというか。

お笑いのふりのような。

お笑いでふってボケるような感じで、

本編でツンでグッズでデレるみたいなものひとつの流れだと思っていた。

それらは全く独立背反したものでなく、ひとつの流れと私は受け取っていた。

キャラ崩壊」という概念もあるが、必ずしもすべてのキャラ崩壊が悪いという風には描かれていないと思う。

でも、今回、「作中のキャラクターイメージを壊している」という指摘で確かにそういう受け止め方もあるなと思った次第。

ポルノについて

ブログに出てきたオリエント工業だが、ウィキペディア情報だが、こういう経緯があるという。

「その際親交のあった脳神科医から障害者が実際の性行為を行うこともままならぬ状況におかれながらも性欲をもてあまし[2]、また風俗嬢にも相手にされないなど非常に難儀していると言う実情を知ったことによるものである[注釈 2]。

障害者については性処理相談10%の障害者割引制度などで支援を行っているが[3]、同社によればそもそも開業当時は障害者へ向けての販売しか行っておらず、通信販売時にも障害者手帳のコピー提示必要としていたという[4]。」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E5%B7%A5%E6%A5%AD

社会特に資本主義社会)というのは、どうしても「持てるもの」と「持たざる者」が出てくる。

その「持たざる者」を仮想的に埋めるのが、ポルノだと自分は思っている。

言い換えれば、弱者救済の側面もあるのかなと思っている。

ただ、こうしたアイコンは非常に難しい問題があって、ミスコンコンテストは、女性蔑視か、女性崇拝かという議論を聞いたことがある。

ミスコンがそういう二面性を持っているということだろう。

アニメ女性身体を強調しすぎるという批判がある。

しかし、古代土偶でも、女性の胸などの身体を異常にデフォルメして作っているものがある。

https://shimirubon.jp/columns/1687743

これなどは、女性蔑視というよりは、女性礼賛であろう。

現代アニメキャラクターも、特定身体部位を強調して描いているのは、上記土偶女性礼賛的な意図もあると思う。

要するに深夜アニメは、女性バカにするというよりも、自分のような弱者男性の苦を軽減する意図とあると思う。

女性キャラクターデザインだって、必ずしも、女性蔑視とうよりは、古代の女体をデフォルメした土偶のように女性礼賛的意図も込められているのではないだろうか。

エネルギー切れ。続くかはわかりません

昨今の萌え絵忌避再燃を見ながら

なんつうか面白い

女性自分エロくあろうとするのは、女性主体性があるから良し

でも文章や絵で、男に都合のイイ女性を書いたらだめよ、そこに女性主体性がないか

みたいなのさ

少女漫画典型的なジェンダロールの振る舞いをさせられてるヒロインOKなんだろ?

ホントもっと奔放に生きたいかもしれんけれど、普通顔でちょっとドジな女を演じさせられて

男に助けられたり、母性で男を癒やしたりするのも、舌打ちしたくなるくらい悍ましいと感じてるかもしれないけれど

それをヒロイン拒否できないけれど、OKなんだろ?

不倫小説もそうな

既婚主婦なのか、独身OLなのか知らんが、不倫なんて低俗なことしたくないと思ってるかもしれんけれど

設定上そういう役をやらされて、家庭を壊すような振る舞いを強制されて

描かれたキャラに設定以上の主体性なんてないけれど

でも「りあるw」っぽく書かれてれば喜んで消費されて、不倫ブームになったりしたよな

なんつうかよ、自分気持ち悪いと感じる表現だけ、それをキャラ拒否できないとか言い出して

男の性的欲求を刺激し満足させるためだけに生み出された少女を消費するのは許されないとかも言ってっけどさ

近視眼的に、即物的にさえずるんじゃなくてさ

もっとさ、「表現」とはなんだろうとか、「主体性」ってなんだ?とか

きっちりと考えてさ、自分の撃った弾が、実際何を撃とうとしているのか

ちゃんと振り返って見ろろよ、クソフェミとクソサブカル共がよ

2018-11-04

グリッドマン5話が失速して見えた件

5話の要素をザックリ書き出すと

水着回

男子の贅肉に食いつく女子

さらなる巨大怪獣

④新しい武器

あかねを助けに来るアンチ

個人の感想だが

①について、ツイッターなどでヒロイン二人の二次創作エロ絵を散々見ちゃったせいで水着ぐらいじゃ何とも思わんし

しろあざとすぎてノイズになるくらい鼻につく。

②について、特撮オタのメガネぷよぷよした腹をなぜかつまんだりしてくる女子たちという、謎のオタ媚び要素。

嫌な顔されながらおパンツ見せてもらう方がまだまともな気がした(錯乱

③は悪くないんだけど今回は町から離れてたか危機感いまいちだったのと④との絡みが短いのが残念。

1話からずっとだけどグリッドマン活動時間短すぎ問題が5話でかなり顕著になって来たかなと。

武器装備してもすぐバトルが終わっちゃうのが物足りぬ。

⑤について、あかねアンチって要するに毒親とそれに依存せざるを得ない子供みたいな関係なので個人的に気になってはい

あ、あと⑥修復される山林描写と⑦金を出し合う武器たちもあったがその辺は可もなく不可もなくといったところ

手塚治虫作品無料公開されてるから色々読んで感想を書く 1日目

https://www.ebookjapan.jp/ebj/free/campaign/tezuka/

おいおい2日目の今日11/3)きづいたよ。誰か早く言ってくれたら良かったのに!

ってわけで色々読んだ。

 

きりひと讃歌

人が獣人になってしまう奇病「モンモウ病」。青年医師小山内桐人はそれを風土病と考え、同僚の占部とともに研究を進めていた。一方、日本医師会会長への選出を目指す竜ヶ浦教授伝染病と考え、対立する小山内の排除を目論んでいた。竜ヶ浦の指示によりモンモウ病患者出身地に赴任することになった小山内はその奇病の餌食となってしまい……。

獣人という差別から逃れられない存在になった主人公を通し、中身ではなく外見ですべて判断される虚しさ、あるいは判断する愚かさを力強く訴える。医者として確かな腕を振るっても、ただ犬の顔というだけで結果が信頼されないのはまー辛い。

ヒロインは3人いるが、行動にいちいち生々しさがある麗花ちゃんお気に入り。拾った赤ちゃんに対するスタンスには彼女生き様を感じた。

悪役に対してはわりと因果応報モンモウ病を受け入れる層に囲まれるシーンもあって小気味よさは感じるが、その分、ヌルい結末だなーという感じ。

見た目だけでなく、生肉ガツガツわずにいられないことによって人間尊厳を奪われてしまうのがモンモウ病の特徴であり作品の中でも重きをなしていたと思うのだが、中盤以降そういうのがなくなってしまったのもヌルさに拍車をかける

 

アドルフに告ぐ

第二次世界大戦におけるナチスドイツの興亡を背景に、「ヒットラーユダヤ人の血が流れているという(ナチスにとっての)大スキャンダル」を巡って世界が、そして神戸ドイツ領事の息子アドルフ・カウフマンパン屋の息子でユダヤ系ドイツ人アドルフ・カミル稀有友情翻弄される様を描く。

めっちゃ面白かったー。物語の展開のさせかたがチビるほど上手い。もうひとりの主人公である峠草平の弟がドイツで殺された理由はなんなのか、何を草平にたくそうとしていたのか、なぜ草平はなぞの組織特高から襲われ続けるのかーといった感じで話がグイグイ進む。ヒットラー秘密を軸に、いろんな人物が入り乱れ、運命が捻じ曲げられていく。

特に、アドルフ・カミルユダヤ人と見下すことなくむしろ尊敬を持って接していたアドルフ・カウフマンが、ドイツ本国学校に入ったあとナチズムに染まっていく描写が圧巻。無垢な魂も環境が容易に堕落させえることを、手塚先生は容赦のない筆致でえぐり出していく。

そして訪れるふたりのアドルフの友情の結末とタイトル回収。どこを切り取っても隙なし。文句なしの傑作。

ちなエリザちゃん初登場時の顔面偏差値の高さすごい。あれは一目惚れするわ。手塚先生が描く美少女2018年でも十分通用すると思う(そしてその子が老婆になった姿もしっかり描くところが手塚先生エゲツない)。

 

奇子

復員後、GHQ秘密工作員として働く天外仁朗。久しぶりに戻った実家では、父親が兄嫁と不義の娘・奇子(あやこ)をもうけるなど、人間関係が汚れきっていた。仁朗はGHQから命令で、殺しの後始末を手伝うが、返り血を浴びたシャツの始末を奇子に目撃される。一族から犯罪者が出ることを恐れた天外家は奇子を地下牢に幽閉するが……。

タイトルの割に、戦後直後の地主一家の腐りっぷりが話の中心。肉欲に金欲、そして一族の体面最優先な感じがキツい。一見まともに見える人物も後々おかしくなったりするのでそういった家の宿痾を巧みに描いているとは言える。

タイトルになっている奇子も、幼少時は純粋で可愛らしいと言えるが、幽閉され常識モラルがないまま長じてしまった後は性的に成長した外見と非常識内面ギャップがかなりキツいキャラになってる。外見も童顔なのに高身長グラマラスグロテスク、という感じがこう……(たぶんわざと)。

というわけでヒロインにゐば(仁朗の母)で決定。夫が息子の嫁に手を出すのを止められなかったとはいえ作品良心ともいえる存在(息子の嫁は純粋被害者)で、話が進むにつれだいたいおかしくなっていく面々に対し最後までまともかつたまに元気な姿を見せてくれる一服の清涼剤であった。かーちゃんかわいいよかーちゃん

 

アポロの歌』

幾人もの男と関係を持つふしだらな母に虐待されて育った近石昭吾。彼は愛し合う生き物を見ると衝動的に殺してしま性格に成長した。ある時、警察現場を見られ、彼は精神病院送致される。催眠治療過程女神像に「女性を愛するが、結ばれる前に女性自分死ぬ」という悲劇体験し続けろと宣告されるが……。

重たいテーマを扱った手塚作品は緻密かつ重厚世界観になりがちで、話を把握するのが大変。だけど、これは主人公トラウマも設定も最初にぜんぶ開示されるため非常にわかやすい。かつ、それらの体験を重ねていくと大きな物語が浮かび上がる仕組みにもなっていて、かんたんなわりに厚みもあって楽しめた。

ある女性を愛するけど毎回悲劇的な結末を迎えるという構造に関しては『ゼノギアス』を思い出した。フェイとエリィに幸せな結末が訪れたように、いつかこふたりにも……と期待してやまない。

 

海のトリトン

漁師の息子・矢崎和也トリトン族の赤ん坊トリトン」を拾う。直後に津波漁村を襲い、和也の父は死亡。トリトンを忌み子と見た祖母に捨てるよう言われるが、和也は母を説得し、トリトンを含めた3人で東京へ。長じたトリトンは、己が人間でなくトリトン族であり、一族の大半はポセイドン族に殺されたことを知る。トリトンポセイドン大王を倒すために海へと出るが……。

今まで読んだことはなかったけど、いわゆる衝撃のラストについては知っていた。けどそういう展開にならずアレーと思ってwikipedia見るとそれは富野監督をしたアニメ版オリジナル展開だったという……。

衝撃のラストに比べれば、漫画版はひどく平凡な出来って感じかなー(それでも冒険活劇としては読めるけど)。テーマとして憎い敵であっても許すの大事ってのがあると思うんだけど、けっきょくそうならないしね。

あと今の感覚で言うのはアレだけど、今まで子ども扱いしていたピピ子が美少女に成長したとたん「洋子ちゃんよりずーっときれいだよ」とか平気で言ってしまトリトン普通にない。

 

リボンの騎士

おしゃま天使チンクのいたずらで男の子女の子の心を持って生まれ王女サファイア。出生のとき王子と誤って発表されたことにより、一日の半分を王子、もう半分を王女として育てられることに。サファイア排除して息子に王位を継がせたいジェラルミン大公や、サファイア女の子の心を奪おうとする魔女の魔の手が迫る。

戦闘美少女男装令嬢、女装少年(「亜麻色の髪の乙女」に変装するため)など今現在おおきな勢力を誇る萌え要素の先駆けであり、実際それらの要素に期待して読んだけどとても楽しめた。

お話的にはピンチピンチ連続で、けっこうハラハラキドキ。ただ、ヒーローであるフランツ王子に中身がないせいで、こいつと結ばれるためにサファイアは頑張ってるのかと思うとかなりしらけるものが……。

キャラとしては魔女の娘であるヘケートが魅力的。奔放な性格ながら自分というものを持ち、それに反することなら母ですら出し抜いてみせるところが小気味いい。フランツ好意を抱きながらもそれを黙ったまま迎えるラストは心が動いた。ヘケート→フランツの逆でサファイア好意を抱く海賊ブラッドというキャラがいるけどこいつも同様の魅力がある。

キャラはいいのに主役ふたりの中身がしょぼいのは本当になんなのか……。

あと魔女はいい悪役だったけど、後釜のビーナス微妙すぎる。魔女ポジションがまったくいっしょだった上にキャラの厚みがゼロ

いいところと悪いところが極端という印象。

ちななかよし版のあと少女クラブ版をちらっと読んでみたけど、コマ割りのレベルが低すぎてさすがに読めなかった。漫画神様も昔はこうだったのかと思うと妙に安心する。

 

※続き

https://anond.hatelabo.jp/20181104153709

男向けに私がモテてどうすんだラブコメは生まれないだろう

デブオタ女推しが死んだショックでやつれたら美少女になり、それまで主人公に冷たかった男含め美形達が主人公に惚れるみたいなラブコメだけど、見た目が変わって手の平クルーな異性への嫌悪感は女より男のが強そうで、ヒロインへの嫌悪感が生まれそうなこの手のラブコメ男性向けでは成立しなそうだと思う。

女は千円カットユニクロすっぴんデブスと、美容院でトリートメントもして服にも金をかける痩せて化粧した女で異性の反応が手の平クルーなのは当たり前だと現実受け入れてる人多そう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん