「民主国家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 民主国家とは

2019-08-13

3分でわかる韓国の状況解説はっじまるよー

今回は地政学崖っぷち韓国状態について解説するよー。

韓国の流れが3分でわかる失敗国家解説のような流れになってしまっていてベネズエラのことが笑えない。

韓国民主国家のふりをした軍事政府国家

韓国政治に行き詰まったら何をするかみんなはわかるかな?

そうだね 粛清日本への責任転嫁だね。

アメリカが始めた2018年に発効したECRAを発端にして日本批准しただけのホワイト問題を文大統領は利用して政敵裁判官大粛清

冷静な意見を言うとよくて表舞台から姿を消すよ。わるいと事故がおこるよ。

民主党政権が頑張ったスワップも切られた今、韓国外貨準備高はみるみる落ちているよ。

1997年ごまかした実績があるから皆騙されないよね。

日本韓国政府お金を渡してもお金一般の人には入らないよね。

元本が足りなくなったら日本からおかわりすればいいか問題いね

だけどみんな言わないけどそれって腐敗しているってだけだよね。

徴用問題も、慰安婦問題本質韓国政府の腐敗だよね。

そして文大統領になったら腐敗認識ランキング順位が急上昇しているよね。

見た目だけ腐敗認識ランキングを上げる方法みんなわかるかな。

そうだね。粛清と取締官の罷免だね。

認識しなければ腐敗じゃないからね。

からもこっちくんなと言われる韓国明日はどっちだ。

感想などあったらどうぞ。

2019-08-03

anond:20190802225656

庶民としての感情憎悪に目を向けるのか、

民主国家主権者として外交問題解決に関心を持って考えるかで結論がだいぶ分かれるところだと思います

憎悪したくてしてるだけの人も確かに多いけど、みんなそうなわけじゃない。今回は真剣にフェアに考えて怒ってる人もいる。だからこそ今回の件では、多数派韓国に同情していない。

2019-07-17

anond:20190717151038

現実には日本は悪の独裁国家なのに対し中韓は善良な民主国家なわけですから矛盾でもダブスタでもなんでもないんですよね

2019-07-05

幼児教育無償化するべきじゃないと思う

自分はアホ大学に通うアホ学生で、専攻も政治経済には一切関係ないものなので この文章素人考えの極致みたいなものだと思う。でも、なんとなくずっと考えてきたことなのでなんとか文字に起こしてみたかったんですよ。もしかしたら内容がところどころ間違っていたりするかもしれないので、そのときはごめんなさい。

クッソ長ったらしくなってしまったのでかい摘んで内容をまとめると

・今でも保育士さんのブラック待遇は大問題になってるのに保育園タダにしたらもっと大変になるのでは?それなら 無償化に充てる資金保育士さんへの支援を行ってはどうか

幼児教育云々よりも、子供大学に行かせられるかどうかが子作りするか否かの決め手になっていると思うので、成績はいいのに金がなくて進学できない学生への補助をもっと手厚くするなど 高等教育への補助をいま発表しているものより広範なものにするべきではないか

みたいな感じです。


今年の10月から幼児教育無償化が始まるらしい。といってもどんな家庭でもいくらでもタダになるわけではなく、もちろん金額適用条件も限定されている。それでも、要項を読んだかぎり 適用される範囲がだいぶ広い(所得の高い世帯子供が3〜5歳なら特に制限なく支援を受けられる)ので、この無償化にかなりの税金がつぎ込まれることは間違いないと思う。

他方で保育士さんへのいわゆる やりがい搾取は、ここ最近になって頻繁に取り沙汰されるようになり、特にネット上では重大な問題として扱われている。もちろん 保育園がタダになったからといって保育士さんの給料ゼロになるわけではない。けれど、今以上に新規の園が増えて更に保育士需要高まるだろうし、お金を気にして子供を家で育てるつもりだったカップルが、無償化を受けて子を保育園に預けるようになるかもしれないので、現在でも深刻な保育士不足がもっとひどくなって もっともっと保育士さんへの待遇がひどいことになるかもしれない。

かもしれない が2つもあるので、その時になってみなきゃ分からんだろうが という人もいるだろう。でも、今現在だって保育士さんは大変なのに、園の収入が減るようになって楽になるはずがないと自分は思う。

個人的には保育園無償化せず、保育士さんへの福利厚生しか使えない制限のついた補助金なんかを与えるようにしたらいいんじゃないかなと考えている。


そもそも幼児教育にいろんな優遇政策をほどこそうと政府が考えた元々の要因は少子化だ。子供を育てるのが楽になるよ!とアピールしてみんなにたくさん子供を産んでもらうのが狙いだろう。

でも、子供幼稚園保育園へ通っている時間なんて人生タイムラインで考えれば一瞬で、その子人生に大きな影響を与えるのは幼児教育が済んだあとの学校教育のほうだ。実際、結婚しているのに子供を作らない予定の夫婦のうち「我々の収入では、もし子供を産んだとしても大学まで通わせてあげることはできないだろう。そうなると我が子はきっと幸せにはなれないから、自分たちは子供を作らないほうがいいだろう」みたいな考えを持っている人はたくさんいると思う。

一応、義務教育中学校までだが、そんなのはもう形骸化しており 今現在では中卒や高卒は不可触民みたいな扱いを受けている。社会が高度化している以上、子供にそれなりの学歴を与えてやるのは親として当然の義務となっているふしがある。(大学が「就職のための学歴」をエンチャントするための装置と化しているのはよくないとは思う。詳しくはあとで書く

でも、大学授業料は高額だ。大学は自ら学ぶ意欲のない人間以外は必要ないところなんだから好成績者以外は利子つき奨学金で苦しんでもしょうがないだろと考える厳しい人もいるだろうが、ここにそもそもの歪みがある。

まず、お金がなければ優秀な成績を得ることはできないのである。『蛍雪の功』はもはや遠く儚きファンタジーであり、学校放課後に塾に通い、家庭教師を雇い追加で勉強に励むことのできる環境にいる人間しか“進学”することは許されない。公立学校特に中学高校公立進学校もあるので一概には言えない)はうんこなので 高名な大学に通いたければ中学から私立に通ったほうがよい。子供中学受験をさせ、中高一貫に通わせ続けられるような潤沢な資金のある家庭がそう多くないということは、普通の人なら分かるはずだ。“一般家庭”で一生懸命に勉学に励んだとしても 手に入るのは僕の通うようなF欄の新入生挨拶の機会くらいである。いや、それくらいの成績があればF欄なら無償奨学金がもらえるかもしれないので、じゃあそれでいいじゃんと思えるかもしれない。だが、果たしてF欄卒にまともな就職先があるだろうか。企業様が大卒と認めてくださるレベル学校に入るには親の資金力がどうしても必要なのだ

日本民主国家だが このようにして教育というふるいによって階級再生産が粛々と行われているのである。その証拠に、いくつかの高校教科書簡単ものと難しいものの2種類に分けられ、地方うんこ公立に通う学生には簡単なほうの教科書が与えられる。もちろん入試では難しいほうからの出題が圧倒的に多い。

2020年から高等教育無償化も始まるらしいが、そんな限定的なことではなくもっと早い段階、つまり進学の時点からきちんとした援助を行い、家庭の都合で勉学にお金をかけられない子でもしっかりとした受験勉強に励めるような環境を作っていく必要があると思う。本人に意志さえあれば どんな環境からでも上を目指していけるという空気が醸成されるのは、国民にとっても精神的な希望もつながるのではないだろうか。


というかまず、大学学歴というステータス学生に与えるためだけの新卒生産工場と化している現状がおかしい。大学は一応 教育機関でもあるが、それは研究機関として新しい研究者を生産するための機能であって、社会にユウシュウナガクセイを出荷するために教育を施しているわけではなかったはずだ。僕も母校をF欄と侮辱しているが、入試必要偏差値が低いからといって大学価値まで毀損されるのは大学が完全に就職予備校と化してしまっていることの最大の弊害である。僕は真性のクソ学生だし入試必要偏差値はだいたい50ちょいだったが、うちの大学考古学部は京大東北大に比肩するレベルで優秀なのだ。他の学部は知らん。僕のお世話になった教授は とても優秀な方で、本当なら研究もっと注力したいだろうに学生就職について色んな仕事を任されていた。大学がいわゆる就職予備校化している現状はいろんな方面にとって害毒でしかない。政府は早急に国家主導でほんとうの就職予備校設立すべきだし、企業はそこを出た学生さんを大卒と同じ待遇で雇う義務を負うべきだ。

そうして大学就活の楔から解放し、補助金をドバドバつき込んでなんでもできる組織へと強化していく必要がある。選択と集中なんてクソ食らえだ。


子供を産んだばかりでてんやわんやのお母さんの目の前にニンジンをぶら下げて票集めに励んでいるひまがあったら、学校教育正常化をおこなうべきなのだ。今まで埋もれてしまっていた優秀な人材が正当な教育を受けられる機会が増えていけば、子供の数が増大せずとも社会は少しくらいは良くなる……はずである。というか日本がここまでグダグダになったのはたぶん学校教育がうまくいってなかったせいだと思う。今からでは遅いかもしれないが、だからこそ早いうちになんとかすべきではないのか。

あと教育現場オウムも真っ青の奇怪なカルト宗教を持ち込もうとしている連中を全員処刑してほしい。ああいう人たちが政治どころか社会のものの中枢に居座れてしまうという現状が、教育問題だけでなく企業体質など諸々の日本ダメなところの表れなんだよ。親学ってなんだよクソが。


ブラック企業問題ついては、たしか教育関連よりもずっと少子化に貢献しているまさしくこの国の癌ともいえる存在なのだが、補助金というよりは法整備必要な方向のものだと思ったので今回は取り上げないことにした。

なんかとりとめもない文章になってしまって自分の頭の悪さが露呈しているみたいなのでとても恥ずかしいのだけれど、とりあえず ここまで読んでくださった根気強い方に感謝を申し上げて 終わりにしたいと思います

2019-06-17

anond:20190617155353

こんな作文どうでもいいんだよ

サウジイスラエルアメリカ傀儡国家

アメリカが表立ってやり辛いことを担当している国

民主主義だと当然陰謀否定されてしまうので独裁者が上にいて独裁する非民主国家

2019-06-15

anond:20190615090908

民主国家でも独裁国家でも賛成か反対かなんか調べて課税してないやろ

2019-06-10

香港の大規模デモ

民主国家ならともかく、独裁国家デモなんて無駄じゃね?

無視されたらそれ以上何ができるの?

2019-05-10

文系学問において資料実在証明するものとは何か

久々にビッグ研究不正ニュースktkr

ということでキリスト教思想史研究やってた人が研究不正で懲戒解雇された件について、報告書に目を通した上でちょっと書きます

今回調査委員会被告発者に求めたのは、以下の項目でした。

この「写し」というのはどういうことでしょうか? 資料のもの調査委員会が求めなかったのはどういうわけでしょうか?

歴史学者にとっては常識なのですが、他の分野の人にとってはどうかわからないので、解説してみます

そもそも文系はどんな材料を使って研究してるのか

これは人というか研究分野によるので、安易なことは言えません。文学哲学社会学人類学歴史学言語学とでは使う資料がぜんぜん違います

で、この被告発者の研究手法は、近現代を扱う歴史家の多くが採用している手法だと思います近現代史を扱う人たちは、

を主に史料として使います(「史料」ってのは、歴史を記録したナマの資料のこと。「資料」と呼ぶと後世に書かれた二次文献なんかも含む)。あるいは、上に書いたようなものをまとめて出版した本とかを使います

これらの史料の特色とは何か……それは、

ことです。

公文書館というのは、「お役所の書いた書類を保管しておく施設」のことです。これはどのくらいかというと半永久的にです。普通文明国ならどんなに細かな書類でも公文書館に保管されていて、(民主国家場合は)数十年して機密解除されたり(独裁国家場合は)体制崩壊して民主化したりすることによって「申し込めば誰でも読める」状態に置かれます。これによって我々はソ連時代領収書なんかをロシア公文書館で読むことができるわけです。ソ連ですら公文書を保管して後世の我々に見せてくれているというのに……いや、これは余談でした。

当たり前ですが、それらはその国(あるいは地方)の公的な記録であって、自分のものにして持ち帰ったりすることはできません。ではどうするか。多くの歴史学者

などの手段史料を入手して研究しています(ちなみに写真撮影もカネを取る公文書館結構ありますね。日本だとどうなんでしょ)。

昔の人が書いたものも、本とかなら古本屋さんとかで流通しているのを買うことができるかもしれませんが、稀覯書でなかなか手に入らなかったり、古雑誌バックナンバーとか揃えるの無理ゲーだったりするので、図書館に所蔵されているのを使うことが多いです。近場の図書館に置いてない? 相互貸借もさせてくれない? そういう場合は当たり前ですが所蔵している図書館がある街まで行きます。その図書館がある街というのが新幹線必要距離だったりパスポート航空券がないと行けない距離だったりすることも稀によくある(歴史学者研究費は旅費と本代に消えていく運命なのです……)。そして、辿り着いた図書館カメラをパシャパシャやったりコピーを黙々と取ったりするわけです(最近スキャナーが普及してくれてマジ嬉しい)。

なので、調査委員会は「一次資料の写し」を求めたわけですね。たとえ彼が清廉潔白研究者であったとしても、一次史料原本なんてふつうは手元にないわけですから

しかし、本来、彼は「一次資料の写し」を提出する必要などありませんでした。自分論文を黙って調査委員会に提出すればよかったのです。なぜでしょうか?

ここで、もう1つの大事な話をします。

文系に「実験ノート」はない

もちろん分野によります心理学みたいに人を対象とした研究だとしっかり実験ノートつけるように言われるかもしれないし、考古学とかは発掘時の状況を克明に記録しておくことが重要だったりするかもしれない。でも、少なくとも近現代史みたいな分野では、実験ノートをつける、という習慣はありません。

私は一度も、理系で求められるような意味での実験ノートを書いたことはないし、書けと言われたこともないし、書いていないことを理由に責められたこともありません。もちろん史料ノートに筆写したりはしていますが、そのノートだって別に厳密なものではない。普通研究においてノートは使いますが、それは高校までのノートと一緒で、鉛筆で書いてもいいし、好き勝手なやり方で書いていいし、なんなら途中で破ったりしてもいいごく普通ノートです。最近ノートじゃなくてパソコンとかを使って研究上のノートを取ってる人も多いんじゃないかな(手書き疲れるもんね……)。

なぜか? と言われれば、

です。

まり、「もとになった資料」というのは、理系のように自分実験室の試験管の中にしかないものではなく、別の誰かが保管してくれているものなのです。

理系学問において標準化された改竄不可能な形で実験ノートをつけなければならないのは、自分実験室の試験管の中にしかオリジナル資料がないからですよね? しか文系場合は、少なくともここまで説明した近現代史場合は、オリジナル資料はどこかの政府管理している公文書館とかどこかの大学図書館かに保管してあるわけで、そこに辿り着くまでの情報さえ明記してあればそれで十分なのです。これはドイツ連邦共和国ベルリン連邦文書館の何々というファイルに保管してある何というタイトル史料だ、とわかれば、チェックのためにはそこに見に行けばよいし、これは19世紀に書かれたほにゃららという新聞に載っていた記事である、と書いてあれば、その新聞が所蔵されている図書館を探して読んでくればいいわけです。

なので、別にどんな方法ノートを取ろうが自由なわけですね。最終的に読者がその元になったデータを見つけられるようにしておけばいいわけから

ゆえに、歴史学論文や著書には膨大な注がつけられます引用した史料のそれぞれについて「どこに保管されている史料なのか」「なんという本の何ページに書いてあることなのか」ということを書かないといけません。

なかには、史料自分の手元にある場合もあります。多くの場合それは「昔の人が出版した商業出版物」なので(たとえば、極端な例ですが『わが闘争』)、他の誰かも持っていることが多いです。もしそういう史料捏造とかしちゃうと「俺もこの本持ってるんだけど、お前が引用してる箇所見つからなかったよ?」という怒られが発生します(なお、捏造ではないですが誤訳指摘は受けたことがあります。コワイ! でも覆面査読なのにこの文献の誤訳を指摘できるってことはあの人しかいないじゃん……ってわかっちゃう! 文系世界基本的に狭い!)。「むっちゃ少数しか発行されなかった自費出版の本」とかが典拠になっている場合もあります。こういう史料典拠にするのも仕方ない場合があるんですよ……典型的には、そこまで有力ではなかった政治家とか在野の知識人とかを研究したい場合、彼らが出してる本は全部自費出版というのがありえます(あと、言語学とかだと、たとえば与那国島方言研究したい場合に一番の参考資料になるのは与那国島のお年寄り自費出版した方言辞典だ、みたいな例がありまして……与那国町が進めてる辞書出版プロジェクトむっちゃ楽しみ)。ごくごく稀に、古本屋歴史上の人物が書いた手紙の山をまるごと購入できた、みたいな奇跡があって、モノホンの一次史料研究個人の所蔵になっている場合があります。これはねえ……もう本当に個々の研究者の良心を信じるほかないよね……若手研究者だと色んな大学を移り歩くこともあるだろうから所属してる大学図書館寄付しろとも言えないしね……原史料出せって言われたときにすぐに見せられるようにしておいてね、定年退職するときは勤務校の図書館に置いていってよ、とお願いするくらいしかできない感じはあるよな……

さて、長々と書いてきましたが、要するに、捏造を疑われた研究者がきちんと注で出典を書いていれば、彼は論文調査委員会の人たちの前に突きつけて「ここに出典書いといたから、見に行って確かめてこい」と言えばそれで済んでいたのです(それが生データにあたるものなので。実際、今回の調査委員会ドイツに問い合わせたりしていますね)。もっと言えば、彼本人から話を聞く前に、調査委員たちはまず典拠との照合作業を行って、彼が誠実に引用したこと、つまり彼が研究不正に手を染めてはいないことを確認してくれていたでしょう――もしも彼が潔白であったならば。

しかし今回の件では、注に不備があったので調査委員たちは注から出典を辿ることができませんでした。そこで被告発者に「写し」を求めた結果、元となる史料そもそも存在しない、捏造されたものであることが判明したわけです。

注をしっかりつけろよ! まことにごもっとも。特に今回のケースは注の多い学術書であり、注の不備は申し開きができません。しかし、しかしです、この背景には、日本出版事情が絡んでいるのです。

「注がない本」問題

今回の被告発者は、学術書のほかに新書も書いていました。多くの新書には、参考文献リストはありますが注はありません。そして日本には、「研究者が書いた真面目な学問に関する本だが、注がない」というのが一定数あります(一応言っておくと、ここではauthor-date方式みたいな「厳密な意味での注じゃないけど、ともかくも出典を示す機能を担っているもの」も含めて注と呼んでいます)。実はこれ、文系あいだでも問題視されていることなのです。

文系学者が書いた学問に関する著書には、明白に書誌情報として区分されているわけではないですが、いくつかの区分があります第一にいわゆる狭義の「学術書」。むっちゃ小難しい語彙で書かれてて、先行研究とか新規性かに一言及して、参考文献を何十ページも載せてたりするやつです。読者は同じ学者、あるいはその卵。これで注を省くのは論外です。第二に「教科書」。これは学生さんとか初学者向けに易しく書き、内容には特に新規性を求められておらず、包括的な参考文献はなくとも読書案内がついていればそれでよし、という感じでしょう。注は別になくたっていい。

そしてこの2つのあいだには、「一般向け」という広大なグレーゾーンが広がっています

あなた読書好きで、少々お硬い本にも興味があるのなら、中公新書とか講談社選書メチエとかそういったレーベルを聞いたことがあるでしょう。岩波書店青弓社社会評論社といった出版社の名前を聞いたことがあるでしょう。実はこの辺、色々な種類の本が入り交じるグレーゾーンなのです。

これらのレーベルで真面目な学術書出版する人もいます講談社選書メチエでも、末尾にビッチリ注がついてたり参考文献リストがあったりするやつあるでしょ? ああいうやつ。一方で、こういうレーベル一般向けの概説書・入門書を書くことに使う人もいます。よく中公新書で、包括的タイトルで薄めの本を見ることがあるでしょ? 今回の『プロテスタンティズム』もそれですね。そして、一般向けの解説を書きながら、さり気なくその中で新しい見方提唱したりする人もいます学術的な新規性のある内容を、一般受けしそうだという理由で限りなく一般向けの本の体裁で書く人もいます最近のやつだと『姦通裁判』マジお勧め)。

さて、こういう本を出す上では、内容は著者の完全な自由にはなりません。編集者は、もちろん学術的に正しい内容を求めているのでしょうが、彼らにとって重要なのは「売れること」です。そのために「一般向けにもうちょっと柔らかい言葉遣いで書いてください」とか色々と内容に介入してくるわけです。文体くらいなら別に構わないかもしれませんが、彼らの中にはこんな要求をしてくる人もいます「注なんてつけたら一般読者に嫌がられます、注は省きましょう」

こうして生まれるのが、「学術的に新規性が高く面白い内容を扱っているのだが、注がない」という一般書の群れです。

もちろんこういった本にも参考文献はあり、「注はないけど、典拠を探しながら読めば典拠がわかるような書き方になっている」本もそれなりにあります(たとえば、はてな太郎の説によれば、と本文中に書いてあれば、注がなくても参考文献リストはてな太郎が書いた『増田研究』という本を探し出せる)。ただ、やっぱりそれは注がある文献の出典表示の厳密さに比べれば一段劣るわけです。

これに関しては、研究者も出版社もそれぞれに問題があります研究者サイドは簡単に「注を省け」なんて要求妥協すべきじゃないし、そもそも「著書を出版する」ことが、博士論文を見るためにはわざわざ学位を授与した大学国会図書館に行くほかなく出版して書店流通させることが最も良い研究成果の流通のさせ方だった時代であればともかく、各大学リポジトリを持っていていくらでもディジタル研究成果を公表できる時代にあって本当に重視されるべきか考え直す必要があるでしょう(でも、欧米出版社でも学術出版は盛んなので、これは日本だけの問題じゃないんですよねぇ。今でもオックスフォードケンブリッジハーバードコーネルといった有名どころのUniversity Press学術書出版しまくってます学術書研究業績として重視されるのは人文系では割と世界標準なので……)。

一方で、出版社は注をもっと重視するべきです。というよりも、日本出版社やジャーナリストノンフィクション作家は注をつけなさすぎます。先日、ボブ・ウッドワードトランプ大統領についてのルポルタージュ出版しましたが、体裁も内容もおおよそ学術的とは呼べない一般書そのものの本なのに、きちんと出典を示す注がついていました。出版社は、学者に注を削れと言うべきではなく、ノンフィクションを書く作家記者たちに注をつけろと言うべきでしょう。

とはいえこれは一朝一夕はいきません。そもそも知の折り詰めである新書」という形態が割と日本独自のもので、そういう一般学術を橋渡しするレーベルが広く一般読者に読まれていることの重要性というもの鑑みると、簡単になくせとか言えません。私も色々お世話になってるし。人口1億人ちょいの書籍市場ではどうしたって限界があり、色々な本を出すのではなく折衷的な本を1冊出すのが経済学的には最も合理的という考え方だってあるでしょう。ただ、やっぱり一般書にも(それこそ講談社ブルーバックス岩波新書レベルにも)注を入れるようにする、というのは必要だと思うのですよね。

さてここまで「注がない本」問題について解説してきました。でも何が一番言いたいかというと、

注はあなたの身を守るためにある

これ。これに尽きます。注はちゃんとつけよう。もしもあなた捏造者でなくとも、研究不正をしていなくとも、実験ノートをつけない我々の業界において潔白を証明してくれるのは注だけなのだから。注だけが資料実在証明してくれるのだから。本の売上よりも、あなたの保身のことを考えよう。あなたが、部屋が汚いとかハードディスクがお亡くなりになったとかパソコンの買い替え時に行方不明になったとかの色々な理由で、史料の「写し」を紛失する日はきっと訪れる。そのときに、これまでのあなた研究の誠実性を証明できるのは、人文系学問においては、注だけなのだ

以上です。駄文に長々と付き合ってくださりありがとうございました。続きはanond:20190511125053で。

2019-05-03

俺はネトウヨなのか?

ネトウヨネトウヨ呼ばれ続けて、自分でもネトウヨだと思ってきたが、

何か最近、本当にネトウヨなのかどうなのか判らなくなって来たんで、ジャッジしてほしい。


支持政党について:なし。ただ、記録の隠蔽改ざんは、国民から判断基準を奪う行為看過できないので、次は自民以外(多分、立憲民主)に入れる。もし自民党が2つの党に分裂したら、多分迷う。

経済政策について:わからない。しかし、上がり続ける消費税と、遠ざかり続ける年金受給年齢と、負け続ける日本企業と、増え続ける国債残高と、全く示されない将来像を見るに、まともな経済政策が行われているとは思えない。政権ガチャを引きたい。

原発について:反対。コスパとか技術力とかでなく、とにかく管理してる組織が全く信用できないし、事故は起こるもの、という認識なので。即時でなくても速やかに全廃に向けてロードマップを開示して確実に進めるべき。事故問題なく処理する技術ができたなら、賛成に回ると思う。

普天間基地辺野古移転について:賛成。本来普天間の街は米軍基地の周りに後から作った物なので、米軍に移れと言うのは筋が通らないが、街を移設する事ができないので仕方ない。本土移転については、米軍がそれでいいなら、その方がいい。

移民政策について:反対。難民を人道的見地から受け入れるのならともかく、労働力不足解消のために受け入れるというのは、明らかに「対等な立場国民を受け入れる」姿勢ではなく、将来に渡って酷い害を発生させるだろうと思うので。

天皇制について:廃止すべき。皇族への人権侵害が酷すぎるし、「国民審判掣肘を受ける事が無い権力者」がトップにいるのは民主国家とは言えないと思う。

女系天皇について:上の項目により、無い方が良い。但し、天皇制が存続するなら女系だろうが男系だろうが同じなので、そこに拘る事はない。

慰安婦問題について:絶対解決しないので、後は放置しとく方向で。

自衛隊について:軍なので、軍と呼ぶべき。憲法9条国防目的軍事力行使を認める方向で改憲するべき。現状追認が良いとは思わないが、実態原則憲法)の違いが大き過ぎて詐欺になってるし、原則の方には合わせられないと判断している。

大きな政府小さな政府かについて:小さな政府を目指すべき。年金とか国債とかの運用を見るに、大きな政府をやり切るだけの体制はない。

親米親中かについて:親米。たとえ米国のやり口にどれだけ不満があろうと、国民政府掣肘できるという一点のみで、米国の方が遥かにマシ。

韓国について:恨みつらみがあるので仲良くできるとは思わんが、米中対立や対北朝鮮については概ね同陣営である事に留意し、ビジネスライクに付き合うべき。

LGBTについて:恋愛自由。ただし子供作らない人たちが結婚したがるのは、たとえ異性間だろうと図々しいと思う。ただでさえ一人暮らしより同棲二人暮らしの方が経済的に楽なのに、この上税制優遇を受けさせるべきではない。

女性社会進出について:進出積極的にすれば良いと思う。医学部問題のような差別的扱いは話にならないが、アファーマティブアクションについては個々人の努力蔑ろにするものと考えており、現状においては導入するべきではないと考えている。

もし女性側に強い問題意識があるなら、女性有権者が女性議員をガンガン当選させているはずなので、大多数の女性は大して問題意識を持ってないのではないかと薄っすら考えている。

保育園については、いっそ小学校と同様に全員入所くらいで良いと思う。

第二次大戦について:侵略なんて大抵の国でやってるし、およそ戦時中ならば虐殺レイプもどこの国でもやってると認識している。戦争をするべきだったとは思わないが、際立って悪かったとも思わない。普通戦争普通軍隊だったと認識してる。無能だったとは思うが、無能もまた日本だけの話じゃない。

原爆について:威力が大きい爆弾という以上の意味はない。原爆死ぬのも焼夷弾死ぬのも同じ。核軍縮倫理的な側面はなく、単に「相手に使われるとやばいから減らしたい」以上の意味はないと判断している。

捕鯨について:他を獲ってるのに鯨だけ取らないのは生態系バランス上望ましくないと考えている。もしその問題がないなら、バランスが崩れない程度に獲って食う分には文句言われる筋合いはないと考える。鯨は家畜よりは幸せな一生であろう。

就職氷河期中年無職について:バイトでもしろ。定年過ぎた老人でもバイトする時代だぞ。他の世代よりは楽じゃないかもしれないが、衣食住と読み書きそろばん健康身体があるなら、全然詰んでないだろ。

政治活動について:ネット上でコメント書いたり、家族友人とブーブー言う以上の事はしない。


ズラズラ書いてきて思うに、ネトウヨというのは、「全体としてネトウヨか」というより、

数多ある問題についてどれか一つでも該当したらネトウヨと呼ばれるものなのかもしれんな。

追記

id:Yutorigen

-2.4/0.74のリベラル右派だそーです。

今後はリベラル右派を名乗ろうかな。

id:FutureIsWhatWeAre氏

まあ、大抵は脊髄反射と後付けの理屈程度だよ。

ただこんな質問する以上、主張の理由くらい書いとかなきゃ何が何だか判断のしようもないでしょう。

id:HanPanna

そうだろうなーとは思うが、そこは気にしない事にしている。

自分に厳しくはともかく、他人に甘くする義理もないし。

確証バイアスについては自覚しづいから何とも言えんけど、そういう事もあるだろうね。

とはいえ自分で全てを経験して考えるなんてできないんだから、せいぜい聞いた話から自分経験に照らして比較的信用できそうな話をピン止めする程度の事しかできませんよ。

id:hagakuress

普天間歴史について、簡略ながら調べなおした。

まり時間をかけてないので、個人ブログ複数読んである程度信用できそうな記述を選んだだけなのは容赦願いたい。

なお、検索キーワードは「普天間 歴史」や「普天間 どっちが先」等。

普天間場所には、戦前集落があった(サイズについては主張が別れており、「田んぼがある程度で町は無かった」説から、「1万人位住んできた」説まであるので、概ね100人~10000人の間と思われる)

戦時中は、疎開日本軍による作戦等により、無人化した。(その場所には、まず日本軍が飛行場を作ろうとした、という主張するブログもあった。真偽不明。)

戦後、元の住人は捕虜として隔離されており、その間に米軍基地飛行場建設した。

・元の住人が解放された。(ここで、行く場所のない元の住人たちは基地の周りに住むことを余儀なくされた、と主張するブログもあった。真偽不明。)

米軍基地の規模を拡大するために、周りの土地接収し、そこの住人を追い出した。(真偽不明。これを「銃剣ブルドーザー」と呼んでいるブログ複数あり)

米軍基地の周りには、基地仕事経済をあてにした街が形成された。(これについては、航空写真によりほぼ間違いないと思われる)

米軍交渉を通じて何度かに分けて基地を縮小・土地返還しており、そのたびに返還された土地には街が形成され、今のように街に囲まれ基地が作られた。(本来安全を確保するために山林のままにしておくべきだった土地が街になってしまったため、大変危険基地になった)

・危ないので基地の一部機能について移転計画が持ち上がった。

※これ以降については、色々な主張が入り乱れていて全く真偽不明

上記歴史的経緯についての自分認識は、以下の通り

基地ができる前は、おそらく数千人規模の集落があった。

基地形成に際して(人が死なない程度ではあるが)強引且つ悲劇的な方法が取られた。

基地の周囲に街が作られたのは、元住んでいた数千人を除き、ほぼ自己都合によるもの

基地が危なくなったのは、安全についての見境なく周囲に街を作ったため。

以上の認識により、自分の主張は以下の通りとします。

1:「普天間土地返還せよ」というのは、元住んでいた数千人及びその子孫に限り正当な主張であると言える。

ただし、先祖伝来の土地である可能性を考慮しても、既に土地基地となって久しく、その場所が元々は彼らの物であった事を除いては主張するべき権利ほとんどないため、金銭による補償を以って解決する事は不当とは言えない。

2:移転必要となった原因である基地と街が近すぎる」については、ほぼ自己都合で移り住んで来た人達であるため、その責任は住人自身にある。米軍責任は「危ないから街を作ってはいけない地域」を設けなかった事に限定される。

従って、「土地を返せ」というのは正当な主張だが、「危ないから他へ移れ」というのは止むを得ない部分はあるにせよ大部分の責任が住人側及び行政にある。

id:Dragoonriders

根本から学ぶべき」って、そんな時間は取る気ないよ俺。

こういっちゃなんだけど、世の中、沖縄より重要問題なんて沢山あるし。

っつーか、id:hagakuress氏もそうだったけど、

自分見解も書かずに「勉強しろ」と主張するのは余り感心しないね

あんた、自分の満足する回答が出てくるま相手不勉強扱いする気じゃない?

あんたは教師じゃないし、俺は生徒じゃない。

議論なら応じるにやぶさかでないが、教育に付き合う気はないよ。

id:nagatafe

うん、まあ、実際昭和生まれおっさんだし。

とはいえ、それはネトウヨであるかどうかとは関係しない点だと思う。


えー。

これまでの皆さんのトラバ及びブコメを拝見させていただきました結果、

多くの気づき及び啓発を得られましたが、

あえて焦点を「俺はネトウヨなのか?」に限定して結論を出しますと、

ほぼほぼ右派である事については意見の一致を見るものの、観測者によってネトウヨであったりなかったりするシュレディンガーネトウヨである」という結果となりました。

同時に、ネトウヨの定義とは人によって様々なのだなあと思った次第です。

意見が合う方も合わない方もいらっしゃいましたが、私の意見も時が経てば変化する物なので、

いずれ意見の合う合わないも変化する物であろうと思います

お付き合いいただきありがとうございました。

2019-02-08

民主国家である中国製品を買うのは民主主義の緩やかな自殺だと思うんだけど、リベラルさんとかはちゃんと不買してるのかな。

2019-01-05

anond:20190105202853

かにこれは宗教だね。

天皇制別においといても、

血縁に編重するのはまともな民主国家のやることではないね

2018-10-08

anond:20181008131555

動画どうこうじゃなくて、「あっうちやばいから助けて」って公務員がいえない(隠蔽される)国がヤバくね?って話だろ。

日本は全部報告して国会予算審議しないと事故処理さえできない民主国家です。独裁政権がよろしかったら北へどうぞー。

2018-08-05

anond:20180805024022

そりゃ大日本帝国はねぇ…わかってるくせにそういう詭弁を弄するのはやめてよ。

でも今はアメリカ押し付けられたとはいえ、一応国民主権民主国家なの。そうじゃなかった時代のことを挙げて何が言いたい?

しろ、そういう経緯があったからこそ、そういう国家主義的な国民を縛る文言社会党(だっけ?)がねじ込んでくるのを防げなかった、という事だよ。

2018-07-15

anond:20180715223456

そんなのが「議員仕事」な民主国家ってどこにあるのか教えてくれます

政治大先生

2018-06-30

自分に自信がないというか

なぜ他人自分を生かし続けるのかわからない。単なる小汚いおっさんだぞ?

俺みたいなダメ人間、気味の悪い人間、頭の悪い人間普通じゃない人間はみんな少数派だ。人口の半分はいない。そういう数少ないダメ人間から普通人間に嫌われるんだ。

日本民主国家なのだから憲法改正でもして人間定義を変えて、普通人間みんなで協力して、俺みたいなダメ人間合法的に殺してしまえばいいじゃないか

なんでそうしないんだ?普通人間の考え方が理解できないよ。

2018-06-12

anond:20180612110552

くその通りで、

といった思惑がそれぞれあるが、北朝鮮国民は救われないよね。

自分が北の国民なら「核とか平和賞とかどーでもいいから、とにかくキム王朝を引きずり下ろして民主国家にしてくれ」と願うだろう。

2018-05-23

anond:20180523122632

私は民主国家であることは望んでいるけど、法を悪用して独裁的に嫌疑者を不起訴にしたという噂のある人をかばうような法治国家なら、それは法治国家じゃなくて独裁国家だと考えます

なので私の方が増田よりもずっと法律重要ししている。増田は、法律を楯に取っただけの形骸主義者

2018-04-24

*[ブロッキング]NTTやっちまったな

マジでNTTやっちまったな状態

KDDIとかソフトバンクとか現時点で慎重な意見とか述べているのは訴訟リスクがあると言うかほぼ確実に裁判沙汰になるから

本当にNTTアホすぎるだろ…。

前どっかの通信に詳しい法学者弁護士かが発言していたのをニュースツイッターかでみたが、

ISPを訴えたい奴なんかごまんといるとか言ってたからこのタイミングやらかしたら是非訴えてくださいと言ってるようなもんだろ。

もしNTTが勝てたとしても率先してそういう事するISPと思われ、下手すればイメージダウンにも繋がる。

普通に考えればこのタイミングで動いても一つも良い事がない。

現に全婦連とかの消費者団体が訴える構えとかニュースにもう出てるぞ。

政府が絡んでいるか裁判に勝てる見込みなのか?

(今回のブロッキングあくま政府からのお願いなので政府責任はなくISPに全責任が伸し掛かってくる。)

しか自分らが始めるから早く法規制をお願いしますとか民主国家的にもどうなの?と言う状況になっているんだが。

しかしどさくさに紛れてDL禁止法の範囲拡大とか禄でもない事しかしないな、この国。

情報受け手犯罪化なんて一歩間違えたら恣意的運用し放題なのに。

安易賛同している奴もバカしか言えんよ。

本当こういう時良く代案だせーって言うバカも多いけども代案以前の代物なんだよなぁ、これ。

正直アニメ漫画とか見ていた方だけどこの騒動があって以来急速に冷め始めて関心を失っている。

本当前の音楽ジャスラックの一連の横暴見て音楽を急激に聞かなくなった状態と同じだわ。

こう言う本来裏方の勘違いした連中の横暴をみたら本当に冷めるわ。

2018-04-19

戦争終結宣言って良いことなのか?

これって一族独裁国家北朝鮮公式に認めるってだけで、自由民主主義関係各国にとっては後退を意味するのでは?

本来は、一族独裁を辞めさせて統一、それが無理でも民主国家にして独立を認めるって形が良いわけじゃん。

それが出来なくなる。出来ないってことは北朝鮮で行われてる人権侵害も核も見逃すってこと。

ブコメでは終結バンザイみたいな風潮だけど、一体全体何が良くて終結を良しとしてるんだ?

2018-04-18

anond:20180418172216

イスラエル 出生率」でググって出てくる記事では、

https://wirelesswire.jp/2018/01/63045/

それでも出生率が増加する理由は、二つ考えられる。一つ目は、ユダヤ人は子孫繁栄してゆく家族を築くことをとても重視しており、家族仕事よりずっと大切だと考える人が多いことである

二つ目政治的理由であるイスラエル民主国家であり、現在二十数%のイスラエルアラブ人口が過半数を超えればユダヤ人国家ではなくイスラム国家となってしまう。したがって、たとえ世俗派のイスラエル人であってもユダヤ人口増加率がアラブ人口増加率を上回らない限り、ユダヤ人国家は存続できないという恐怖観念を抱えているという。

とある

後者理由はわりと納得感があるが。

2018-03-14

anond:20180314010754

公文書の書き換えなんて、文明国家、民主国家ならあっちゃならねえ恥ずかしい事態なわけで、

再発防止のためには、書き換えの経緯と犯行理由はすべて明らかになるべきだとは思うよ。

個人的には、経緯と犯行理由を遡ると、最終的には安倍政権がやった最大の失政のひとつ内閣人事局設立にさかのぼるかなと思ってるんだけどね。

あれは改正されないとマジでやばい

2017-10-05

2017年歴史に残る

日本西欧並みの現代民主国家へと脱皮する歴史的プロセスを我々は目にしようとしている。

そのきっかけの一つが、専制的な体制へと時計を戻そうとする一部の政治家の策略であったことは、まさに歴史上の皮肉である

枝野幸男歴史教科書に書かれると予言しよう。

2017-09-04

プロパガンダZEN もしくは、金正恩・驚異のプレゼン

ミサイル発射実験や、核実験のたびにテレビに写る金正恩写真

優れたプレゼンター自然所作のうちにパワーポイントリモコンスライドを”次へ”と送るように、自然更新されていく金正恩スナップ

世界中液晶デバイスが、こないだの金正恩笑顔から今日金正恩笑顔へ切り替わる。

屈託のない若いガキ大将が「世界中やったったしー」と言わんばかりの笑顔で、周囲の将軍たちを笑わせようとしているアレ。

……ところで2016年はナショナリズム先進国を席巻したと言われるけれど、金正恩プレゼンの前ではたか民主国家国民主義にすぎない、って思える。

先進国ナショナリズムは、(得票率に関係なく)小選挙区で1位を獲り、比例代表効率を最大化するためのプレゼンだ。

国民を票田とそれ以外に分け、同じ境界線に「我ら」と「あいつら」の線を引く手法

金正恩ナショナリズムプレゼン意図も、対象も、焦点深度も違うものだよ。

スティーブ・ジョブズの初代iPhoneプレゼンハイライトをご存知だろうか?

アップルは「電話」「音楽プレイヤー」「ネットデバイス」の3つを作った、と言いながら、それは1つのiPhoneだった!ってアレ。

逆に金正恩プレゼンは、1つの手口で3つの聴衆を絡め取る。……そう、屈託のない笑顔ならね!

自国民に対して:安心、と同時に「世界中を敵に回してもかまわない」というロミオとジュリエットロマンス

先進国国民に対して:アイツまじヤベーのいう恐怖と、同時にドラマを持った一人の男の存在感

先進国指導者に対して:憧憬と親愛を獲得した指導者斬首しても、泥沼のゲリラ戦国内世論の暴発がめっちゃリスクだな、の忌避感を

このエントリは彼の国の内政、外交手法の是非を指摘するものではない。

純粋プレゼン技術についての仮説。

どんな手品であっても、タネが分かってしまえばスルスルと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん