「ワンチャン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワンチャンとは

2018-10-17

anond:20181017020105

そらおまえワンチャンゲットさえ出来れば自分は得するからやろ

そもそもそういう事の先にサークラがあるんだしな

2018-10-16

anond:20181015215004

かい話がわからんからアドバイスにも困るよね

増田の覚えが悪くても正社員雇用されそうなのか

試用期間の3ヶ月で切られるオプション普通にありそうか

もっと手前で切られそうなのか

長期で見てくれる前提なら業務時間中に入門書の頭からじっくり勉強しよう

遠回りなようでも入門書一周くらいは最低限必要だと思う

もちろん入門書は評判を調べて買ってね

短期で切られそうなら、次の転職とき履歴書に「盛れそう」な業務に首だけでも突っ込んでおくとかね

詳細設計の端っこ、テスト仕様書作成の端っこくらいやっておけば次の転職時にワンチャンあるかもしれん

あと労務関係もググろう

理論武装したところで無い袖は振れないとか言われそうだけど、

雇用契約書は交わしてるよね?とかその辺から心配

2018-10-14

モテない男性ITエンジニアだけど

悲しいか普段出会いが少ないから、勉強会独身妙齢女性がいたらワンチャン狙って声掛けちゃうんだよ

同じ勉強会に来てるってことは興味関心が似てるってことでもあるし

2018-10-13

anond:20181013200037

横増しないでって言ってるのは俺じゃない

 

うんわかるよ

そこらの旧帝出身がゴロゴロ居るような有名企業で5年以上コツコツ実績ためて評価されて1000万、は分かる

 

でもやっぱ中途で入っていきなりドンってところ無いんだよね

これは我儘なんだけどね

 

あとやっぱどうにも能力評価ってところが多いんだよな

当てても外しても大差なく、人材市場価値だけで給与が決まってるような

そうなるとワンチャンすらない

(そういう意味ではゲーム業界のほうがあるかもな)

 

というわけで結局フリーとか起業に目が行くんだけど

どっか面白い制度があればなーと調べていたりもする

新規立ち上げのイレギュラー組織とか、上手く行ったら子会社化とか、何かないかなーって(入れるとは言っていない)

ワンチャンDNAじゃなくてDeNAならセーフだったのに

ラミレス

2018-10-11

はてな捨て垢みたいなやつ多くなってきたら

満を持してはてなIDアイコンデフォルトから別のに設定しようと思うんだけど、どれなら安全健康アカウントだと思っていただけますか?

 

A.飼い犬

真っ白なワンチャンミックスだけど多分コーギー系。故犬。

 

B.好きなアニメ美少女アイコン

まぁ十時愛梨ちゃんなんですけど。

 

C.デフォルトアイコンに飾り付け

そういう人多いから許されるのでは

 

D.この前とった夕焼け

キレイだった。夕焼けは好きだ。でも、宵闇って感じのうすがりのほうがもっとすきです、けどアイコンにはしにくそう。

2018-10-09

anond:20181009225043

声の壁が高い

逆側はおっさん声でも許されるのにな

ただ、緒方恵 や 高山みなみ系統の声は許される模様、ニコ動では少なくともそうだった

そういや東京グールの鈴屋什造やってのくぎゅから

くぎゅならワンチャンあるの?

anond:20181009123910

そうだね。

ボルシェビキやハガナーみたいにうまくいくかは知らんけど、ワンチャン新しい国を作れるし是非ともがんばってほしい。

anond:20181009051334

残念ながら出版することは誰でもできるんだ、金さえあれば。

論文の内容の正しさはどうやって保証されてるの?

出版すること自体が業績になるなら、金持ち妄言論文だって言って出版したらそれも業績になっちゃうんだけどいいの?

それがだめなら出版たから業績ってカウントの仕方がそもそも問題だってことになるよね?

たとえば適当査読誌をでっち上げ査読してますと謳って実質無査読論文を垂れ流すことは同じく金があれば誰でもできますが、そうやって出来上がったもの研究者コミュニティにおいて信用を得られるか、というとまた別の問題

著者がこれまでアカデミックキャリアを積んでこなかった人だったりしたら、「あっ……(察し)」となって黙殺ルート一直線でしょうね。アカデミックキャリアを持つ人が書いたダメな本だったら、どこかの書評フルボッコにされた後になかったこ認定かな。学術誌って書評欄ありますよね? あそこ見るといいですよ。雑誌によるけど、権威のある雑誌だったらあれが足りないこれが欠けてる○○語も読めねえのかとか言いたい放題してます。もちろん後発の論文や本の中で批判されまくることもあるでしょうね。当たり前ですけど先行研究批判ちゃんとやるわけで。

出版だって、長年良質な学術書を出版してきた、ある分野での定評のある出版社、みたいなやつがあるわけですよ(cf. anond:20180828185404)。日本語圏でも英語圏でもそうです。そういうとこは慣れた編集さんがきちんとチェックするし、まあたまに事故ることはあります基本的に変なもの学術であるかのように装って出したりはしないわけで。あと最近科研費出版助成とかもあるんで、あんまりにもダメ研究助成されないし、単著出版に際して査読を科す出版社さんも出てきてますね。

まー、こういう評価の仕方は数量化しにくいですねえ。権威主義とか職人芸とか言われても仕方ないかもしれない。

ただ、こんな当たり前のことを説明しなければいけないのかと若干徒労感があるのですが、文系にも研究の出来不出来による評価軸というものはあり、また信頼性を重み付けしようというインセンティブ存在するわけですよ。

査読論文なら盲目的に信奉する理系の人なんていないでしょ? それと同じですよ。単著からって無条件でありがたがったりはしない。だいたい単著ほどのボリュームのものを書く以上はどこかに土台となるような論文(群)が存在し、それは何らかの形で人目にさらされていることが多いわけで(もちろんなんの予兆もなしに単著出しちゃう化物がいないわけじゃないですけど。あとはドイツとか特殊事情がある国もあるので、まあ……)、信頼に値する業績を挙げてきた著者なら「おっ! ついにアイツが単著を出すのか!」「あの研究ようやく本になったのか!」みたいに迎えられるでしょうし、怪しい著者はその段階でお察しな扱いを受けるんじゃないですか。実際に出来上がったものの出来は、それまでの研究の出来からある程度予想つくのはわかっていただけますよね。

もしもこれが日本だけの慣行なら、あるいは社会学だけの話なら、ガラパゴス非難されても仕方ないかもしれない。けれど実際には、アカデミック単著を業績にカウントするのは英語圏ロシア語圏も同じです。フランス語だろうがドイツ語だろうが韓国語だろうが、単著学術的論集の1章は立派な研究業績。私の本棚には英仏独語で出た外国人の著書が並んでますが、どれもそれぞれの国で研究業績として立派に通用しています。私は社会学だけじゃなく歴史学文化人類学政治学学術書も読んだことがありますが、どれもちゃん研究業績として扱われていますし、内容もまっとうな研究でしたよ(ハズレがないとは言いませんが)。

文系出版したがりになんの問題もないかというとそれは違って、文系の中でも色々議論はあります。そしてその議論は非「文系」にも開かれているべきでしょう。ただ、そもそも論として、このへんの文系事情をろくに知らない人が自分野のローカルルールを振りかざして口を出してるのはほんとムカつきますね。文系研究書を1冊でも読んだことがあるのかと。外国語文系論文を手に取ったことがあるのかと。文系論文を読みもせず、英語やその他の言語での学術書を触ったこともない人たちに、文系慣行ジャッジする資格なんてあるはずがない。

追記

id:yuimoke ふむ。文系論文質的担保について。

論文じゃなくて著書の話です。ちゃんと読んで……

id:n314 えっと、内容の正しさの保証は、つまりどういうこと?著書、どこかの書評定評のある出版社、編集さん、出版助成査読、土台の論文群、過去の業績、これらから総合的に判断するということかな?

自分で読んで判断しましょうよ……理系だって査読を通ったんだから正しいに違いない! なんて思わず批判検討するっしょ? それともそういうプロセスをサボって無批判論文の内容を受け売りしてたひとたちが文系慣行ケチつけてるってことなんですか?

id:uturi 文系学問では査読するのは出版社ってこと? そういう文化なのか。

文系基準でも出版社の編集によるチェックは査読とは呼ばないです(査読をする出版社もあります。たとえば→https://twitter.com/saisenreiha/status/1049653174045270021)。一度もそのプロセス査読とは呼んでいないでしょ? 頼むからきちんと読んでください……

id:napsucks でも批判的な観点でチェックされてるかは疑問かな。堂々と立派なところから本出してた旧石器捏造みたいな例だってあるし。

そんなこと言ったら理系査読だって小保方晴子黄禹錫ヘンドリック・シェーンを見抜けなかったんだから、たいした意味ないんじゃないの? って話になりませんか。この3人、NatureScienceに堂々と載ってたんですが。

id:junmk2 金だけで動く会社から出版専門家からフルボッコにされても、そんな情報一般人アクセスしないので、論文があります単著があります権威は十分通用する。「まともな」専門家形式的には変わらない。

たとえばJournal of Nutritional and Environmental Medicineみたいに?(cf. http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20150220#p1

id:himakao この出版不況の中、論文の中身まで編集がしっかりチェックする余裕があるようにはとても思えないんだけど、文系研究者論文本って界隈で質が高いと評価されるとそんなに売れるもんなのか?

売れるわけないでしょ(涙)……とだけ言うのはアレなので補足すると、もちろんこれは本の内容によります現代思想とか戦国時代とか、一般読書家にもファンが多いテーマならひょっとしたらワンチャンあるかもしれませんが、マニアック文化人類学研究とかだったらまあまず売れないです。だから出版助成もらうわけですけど。著者にも金銭負担が生じることは結構あると思いますよ。

id:Dragoonriders なるほど。徒労感はあろうかと思われるけど、畑が違えば、みんなよく知らないんですよ。

徒労感があるのは、文系評価基準を知らない人が多いことに対してじゃなくて、文系の中にも研究の出来不出来があり論文や著書の信頼性を重み付けするメカニズムはある……という至極当然のことに思い至らない人が多いことに対してです。査読が重視されないならあらゆる研究フラットということになりその中で優良な研究を見分ける作業時間を取られるのだから効率だ! みたいな論を立ててる人とかね。人間社会なんだから何らかの形で評価システムが生まれてくる、ってことくらい、別に具体的な事情を知らなくてもちょっと想像力があればわかりそうなもんだけどなぁ。

id:hisawooo その「お前らはよく調べて論文読んでからじゃないとジャッジしちゃいけないけど俺たちは見た目だけで判断して良い」という奢りはどっからくるの?

ちょっとこのブコメで堪忍袋の緒が切れた。

あのなー! 俺はキズナアイ服装なんて公共の場に出して全然オッケーな露出度だと思ってるわ! 特設サイトだけじゃなくてNHKの夜のニュースに出てても批判せんわ! ラノベの表紙におっぱいを強調したチャンネーがいて何が悪いって思ってるわ! 社会学全体や文系全般を叩くやつがいたか反論してるだけ!

もうほんとふざけんな。どっち側もクソすぎて付き合ってられねえわ。

2018-10-08

anond:20181008010426

あの憑依戦術はやり方だけならオタクがラディフェミなりすまして開戦を狙ったと言われてもおかしくないレベルからな…

やり方だけならな

やった本人の積み上げてきた評価なりすましでできるもんじゃないけど

…あっ今からでも垢乗っ取り説行けるかワンチャン

2018-10-06

anond:20181006140006

「ブスのBBA」な

ブスでも若けりゃワンチャンあるけどBBAだとどうしようもないか

2018-10-05

0.1%の確率で100万円が当たるゲーム

それが2時間かるとしたらやるかどうか

やる価値なんて無いんだけど、やらないと後々モヤモヤする

こういうの嫌い、辞めて欲しい

存在も嫌いだし、「100万円当たるゲームしない?」って言われるのも辞めて欲しい

何なんお前!ってなる

 

だめだ、たとえ話が抽象的すぎる

こういう「ワンチャンうまい話」ってよくあるよねって話したかったけど

眠くて考えがまとまらない

2018-10-04

anond:20181004203111

イケメンとは思っても自分とあわよくばとは思わんわな

そもそも自分がオバサである自覚もあるしな

オッサンは何故か若い美女ワンチャンあるという妄想を抱けるのが多いけど

女でそこまで現実見えてないバカほとんどいない

自分の方がイケメンより立場が上の場合セクハラする奴ならいるけど

女はキモいおっさんに犯されても感じない、と強弁している増田を見るたびに

「俺にもワンチャンあるで・・」と息巻く増田(38)

anond:20181004112809

2018-10-03

anond:20180914205746

遅くなったごめん。

なんとなくだけど、同僚氏、増田を好きなのはそうだと思うけど、読んだだけだと精神的優位に立っているつもりがある感じする。肩抱き寄せるとか、そんなんしたら嫌われちゃうかもみたいなマインドの男にはできないよ。

なし判定してるんなら、(まだ話してないなら)少なくとも片想いしてることは話しちゃった方がいいかもね。それでもワンチャン狙いにくるようだったら増田のことより自分欲求大事にしてるということだよね。

ただ、恋愛なんて初めはだいたいそんな感じで始まって、そのあとに相手のことをよく知っていく中で持続可能関係なら持続するし、ダメなら解消するというのが多いのかなとも思う。確率的にはそのほうが、しっくりくる相手が見つかりやすそうかも。

増田距離感が独特なのはなんとなく想像つく。コミュニケーション情緒的というか、行間で語る部分が多くて、言語だけでなく滲み出る雰囲気とかが含む情報量が大きい方だなって印象ある。

素っ気ない態度とか、ちょっとしたトゲとかに敏感で、それを回避するためにちょっと愛想よくしすぎてしまうとかもあるかな…?

それで勘違いされたり、スキがあるように見えたりということもあるかなと思う。やり捨て男に狙われやすいかも知れないから気をつけてほしい。

一方で、ほかの人にはなかなか見せない弱ってるところをさらけ出せる相手というのも貴重だと思うし、ちゃんと受け止めてくれるんだったらそういう人と付き合うのも幸せなのかもしれない。

2018-09-30

ゆっきー

今日バースデーイベントは、第2部が延期になってしまったようだ。

それは残念ではあるが、自分としてはワンチャンが発生した。

とにかく、何か他のイベントがもう1つ重なってくれれば遠征してもいい。

ゆっきーは愛しているが、1イベントのために東京遠征はあまりにもお高い。

延期の日に他のイベントがあり、そのイベントも、延期になったゆっきーイベントチケットが取れれば。

……言ってて無理な気がしてきた。

2018-09-27

anond:20180927111022

指摘したほうがいいのか

指で摘んだらまずいやろ。いや、ワンチャンあるかもよ?

2018-09-26

anond:20180926003752

今回の件は間違いなく、「左翼言論弾圧」ではなく「新潮社卑怯な逃げ」

しろ「そうまでして被害者になりたいのか?」と言いたい

とはいえ新潮45』という媒体がもったいなかったのは事実

各種月刊総合誌のなかでも、新潮社文藝春秋社は、文学出版社だけあり

政治的議論にとどまらサブカルチャー視点も大きいのが特徴

今はなき文藝春秋社の『諸君!』での坪内祐三の「1972」みたいな連載は

産経新聞社の『正論』みたいな政治偏重のマジメ右派論壇誌ではありえない

新潮45』は小田嶋隆だの古市憲寿だの単純なウヨではない論客も多く起用していた

こういう媒体がなくなるのはマジでもったいない

少なくとも『新潮45』には、杉田論文について賛否両論併記で再論する

ワンチャンがあったのに、みずからそれを棒に振った

これが週刊文春だったら、以前に朝日新聞とモメた池上彰がみずから

朝日新聞一方的非難する文藝春秋社に疑義を唱える記事も書いてた

こういうのが政治論ばっかりに偏重しない文学出版社ゆえの

柔軟性とか自浄作用だったんじゃねえかと思うんだがなあ

(無論、週刊文春文藝春秋社はまた別の問題が多々あるけど)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん