「勝利」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 勝利とは

2018-05-23

まあ気に食わない意見を書く奴をニートだの非モテだのレッテル貼ってお手軽に精神勝利できるのが

増田中毒人間が出て来る理由なんだろうな

2018-05-22

これ今回のアメフト問題で一番悪いのは集英社でしょ?

週刊少年ジャンプっていう少年誌に「ぶっ殺す!」が掛け声のアメフト漫画があったんですよ。

それでね、この漫画が連載されていた頃多感な学生時代を過ごした子が今大学アメフトやっているわけです。

そりゃね、みんな「潰せ」≒「最初から当たれ」とか平気で言うようになりますよ。

だって天下の少年ジャンプで連載されたい漫画が「ぶっ殺す!」と言って試合して、最後努力友情勝利で昨日の敵は今日の友だと爽やかにしめているんですもの

どう考えたって今アメフトやっている子達に流れる悪い空気根底にあるのは少年ジャンプの某アメフト漫画です。

これはね、実質あの漫画犯罪行為下地になったようなもんです。

僕が言いたいは「あらゆる漫画犯罪助長するっていうこと」じゃなくて「一部の漫画が結果として犯罪助長することはままある」ってことなんです。

流石にこうなっちゃうとこの漫画や作者さんは何らかの罰を受けなきゃ駄目なんじゃないかな。

ドクターストーン面白い漫画ですけど……日本未来のことを考えるとちょっと子供の目の届かない所に行ってもらいたいかな、なんてね。

2018-05-21

anond:20180521234132

どう考えても逃げ切り大勝利の老人達は意地汚く生き残るだろうし、未来希望の無い若者からそりゃ死んでくでしょ

anond:20180521123910

モチーフ新撰組は、

多摩田舎者武士に憧れて上京してきて、幕府の手先として犯罪者をぶっ殺しまくったけど、

明治維新幕府が倒れて、それに殉じて死んでいった、という感じの人たち。

維新志士は「日本を変える」ことを考えていたけど、

新撰組は「既存体制のもとで成り上がる」ことしか考えてなかった。

鉄華団も序盤から「より強い存在の下につく」ことで成り上がっていった。

最初はCGS、次にテイワズ、蒔苗、そしてマクギリス。

「この道しかない」と突き進んでいくんだけど、他の道はいくらでもあった。

悪く言えば自分たちで考える頭がないんだよ、鉄華団には。

からずっと無知・無教養が強調されてるわけ。

「急に頭が悪くなった」みたいなこと言われてるけど「元からだよ」としか言いようがない。

明治維新では、天皇(=アグニカ)を手中に収めた新政府軍(=マクギリスの革命軍)が、その権威でもって幕府勝利する。

錦の御旗 - Wikipedia

バエルは錦の御旗だって劇中でも言われていたけど、比喩でなく「錦の御旗」を踏まえているわけで、

「バエルを引っ張りだせば従うはず」にはそれなりに説得力があるんだよね。

なんてったって史実では通用しちゃったんだし。

実際、ラスタル以外のセブンスターズ大人しかったわけだし。

それにバエル=錦の御旗だって分かれば、「バエルには何の能力もない」ほうがむしろ自然だと思えてくる。

ただの権威象徴なんだよね。

その後、オルフェンズは史実から分岐していく。

新撰組と違って、ギャラルホルン(=幕府)には義理のない鉄華団は、

若手将校を率いてクーデターを起こすマクギリス(=維新志士)と手を組む。

そしてマクギリスも、実際の維新志士とは違って、革命なんてどうでもよかった。

マクギリスの策謀はすべてバエルを手に入れるためのもので、それ以降のことなんて考えていなかった。

かくして、優秀な鉄華団とマクギリスが、腐ったギャラルホルンを倒して理想社会を築くという物語にはならなかった。

はいえ、ギャラルホルン肯定されたのかと言えばそういうわけでもない。

ギャラルホルンの緩やかな改革を成し遂げたラスタル高潔人物ではなく、

革命乙女となったクーデリアも聖女のままではいられなかった

そこに「何が正しいか」という意味でのテーマはない。

オルフェンズはただの歴史だ。

若者たちはいかにして敗れたか」を描いただけにすぎない。

anond:20180520232053

ちゃんインフレさせてって高齢者の貯蓄を剥ぎ取りつつちょっとづつ年金を与え

若い人間からは今のお金持っててもしゃーないからってんで年金払わせるのが正常なわけ

富裕高齢者から貯蓄をはぎ取る選択が出来なかったんだから

年金システム政治若者国家の敗北で、富裕高齢者勝利なわけ

もうゲームは終わってんだよ

2018-05-19

anond:20180519164659

リベラル勝利したというのはその通りだと思う

その上でなお世の中に問題が山積みなことに対して

気に食わない人間右翼というレッテル貼っていくことで「解決」しようとする勢力

その反動の争いが続いているのが今だと思う

anond:20180519114925

なんで示す義務があると思ったの?

相手が示さない=俺の勝利!!!

無邪気すぎね?

2018-05-17

anond:20180517163830

それはそうだけど、せいぜい複数の村で一斉蜂起して鎮圧にきた体制から税率軽減や一部自治とかの譲歩を引き出す以外に一揆側の勝利条件がなくね

完全に体制転覆させて田吾作幕府を作りたい訳でもないだろうし

2018-05-16

anond:20180516192639

漫画村比較して知名度が低いのは大人気の最新の漫画が載ってないから?

漫画図書館Z発の漫画が紙化を通さずに映像化してヒットして最新話が載ってたら大勝利なのかな?

anond:20180515212155

展開上盛り上がる場面なのにも関わらず視聴者おいてけぼり専門用語ばんばん出しながらバトルが進行し、解説キャラが誰に向かって説明しているのか分からない解説を垂れ流しながら、よく分からないまま勝利

将棋とか囲碁は大抵そうですよね。

視聴者おいてけぼりにするかどうかは、視聴者ゲームルール理解しているかどうかではなく視聴者に驚きの共感を与える演出ができるかどうかだけの話なんですよ。

2018-05-15

ミートボールハンバーグに圧倒的勝利を収めている3つの理由

ハンバーグは一個だがミートボールは大量にある

 数的な優位に優るものはない。例えば、ボブサップであろうと一億人小学2年生には勝てないのと同じことである。よって、ハンバーグミートボールに勝つことができない。

ハンバーグはわざわざカットしなければならないが、ミートボールは既に一口サイズである

 人生は有限であるハンバーグカットする時間を勉学に充てればロケット工学スペシャリストになれたり、難関な資格を取得できるだろう。故に、ミートボール選択した者はその瞬間から人生勝ち組約束されたも同然なのである

ミートボールは手ごねに拘らない。

 それっぽい言葉で繕い恰も何か付加価値が在るかのように装う姿勢は、控え目にいって詐欺行為であるといっても過言ではない。言葉に頼らず、ひたすらに実直なミートボールが生半可なハンバーグなぞに負けるわけがないのだ。

カードゲームアニメマジでつの例外もなく全部クソつまらない

子供向け商品宣伝ジャリ番なんてのは十中八九まらないと決まっているが、稀に親子で鑑賞しても楽しめるストーリーだったり昭和生まれしか理解できないパロディを仕込んでくる子供向けの皮をかぶったやりたい放題のマジキチアニメ存在する。

しかカードゲームアニメってのはなぜかそういった例外が一切無くことごとくつまらない。なぜだろう?

WIXOSSプロデューサーインタビューでこう言っている。

それで参考に全年齢向けのカードゲームアニメをいくつか見ましたが、ゲームシステム解説するためのプレイシーンを盛り上げるためにドラマがある感じなんですね。でも深夜枠のハイエンドユーザー向けの作品でそれと同じ方法論を使っても、たぶん厳しいだろうと思いました。

https://akiba-souken.com/article/19970/

なるほど、展開上盛り上がる場面なのにも関わらず視聴者おいてけぼり専門用語ばんばん出しながらバトルが進行し、解説キャラが誰に向かって説明しているのか分からない解説を垂れ流しながら、よく分からないまま勝利しても何のカタルシスも得られないわけだ。

まるで「この程度の展開、これまでの話を見てるかカードで遊んでいればわかるよね?」と試されているようでもある。知らんがな。

これは子供向けカードゲームルールすら理解出来ない自分が悪いのか、

ゲーム原作アニメ特有説明不足のまま進行してファンしか楽しめない構成問題があるのか。

スポーツにおけるラフプレーも、研究ねつ造と近い物があるな。

背景にあるハラスメントとか、人事権を持った強力な監督者とか。

目立つところに金は集まる。

金を集めるには、実績が必要

相手を潰し、ルール無視して勝利を勝ち取る。

  

はぁ。弱肉強食社会だー。

anond:20180515051808

ネナベおじさんぶりっこ人妻にもてて


増田さん大勝利!!モテキ到来じゃん。


LINEでいちゃいちゃトークどうぞー。

恥ずかしいw

僕っこおじさんぶり彼女にいっといて。

そんな紛らわしい事しなくても、

きみだけだよーーって。

BBAさえ相手にしてくれないか安心してって。

2018-05-14

anond:20180514154709

弁護士常識では何となく分かっていることでも全力で判例を作るのも仕事からな、ぜひ無敵の人々の勝利のために正々堂々と戦って欲しい

anond:20180514134754

ポケモンリーグ・セキエイ大会ベスト16

5回戦(決勝トーナメント1回戦)でヒロシ(手持ちにニックネームつけてるライバルキャラ)と3対3のバトル

試合前にロケット団邪魔されて遅刻して、失格にされそうになった

接戦の末、最後リザードンが言うことを聞かなくて負けた

オレンジリーグ名誉トレーナー認定

オレンジリーグトーナメントではなく、リーダーであるユウジとの1試合のみ

フルバトルの末、見事勝利した

ちなみにユウジの切り札カイリューは7種類くらいの技を使える

ジョウトリーグ・シロガネ大会ベスト8

決勝トーナメント2回戦でホウエン地方出身ベッカムヘアーのハズキとフルバトル

最後リザードンバシャーモ一騎打ちで、リザードンは全力で戦ったけれどバシャーモもっと強くて負けた


ホウエンリーグ・サイユウ大会ベスト8

決勝トーナメント3回戦で長靴を履いたニャースを使うテツヤとフルバトル

まあまあの実力差があり敗北

テツヤはその後優勝した


バトルフロンティア:完全制覇

フロンティアブレーン候補者になるが、旅を続けたいから辞退した


シンオウリーグスズラン大会ベスト4

準決勝伝説のポケモンを使うタクトフルバトル

大会で唯一タクトダークライを倒したが、2体目のラティオスサトシラストポケモンピカチュウが相打ちして敗北(これは相手が悪すぎた!個人的には正直優勝してもおかしくない実力だったと思う)


イッシュリーグ・ヒガキ大会ベスト8

準々決勝でおっちょこちょいライバルキャラコテツとフルバトル

コテツは勘違いしていてポケモンを5体しか持ってきてなかった上、タイプの相性をよくわかっていなかったので2匹を無駄にしたが、コテツの切り札リオルルカリオ進化したのでサトシに逆転勝ちした


カロスリーグ・ミアレ大会2016年7月28日現在):決勝進出

決勝では特別編の主人公メガシンカを使いこなすライバルキャラアランフルバトルをする


こうして見ると(イッシュリーグを無視すれば)サトシが段々と成長しているのがわかって面白い

今回は優勝できるかなあ?

なんか感心した。

一揆という非対称PVPバトルロワイヤルゲームを作りたい。

ゲーム参加時に、武士農民かに割り振られる。

フィールドは城を中心に城下町街道集落森林街道などに分けられる。

武士は30人ほどでランダムに割り振られる城下町の自宅からスタート城下町に発生する武器を集める。城に入ると強い武器が多いがその分農民ラインを上げられてしまう。

農民は70人ほどでランダムに割り振られる城下町の外にある集落からスタート集落に落ちている農具を集める。

武器は刀、短刀、槍、薙刀、弓、鎌、手斧、棒、素手などに分けられ、武器によって戦闘アクションが異なる。

武士側の勝利条件は農民の全滅。

農民側の勝利条件は城下町に隠れている殿様(NPC)の発見

殿様は城からスタートして、城下町ランダムで移動する。

時間が経過すると、エリアの外側からNPC敵国兵士が攻めてくる。無敵ではないが装備が硬いために武器と体力を消耗させながら抜けることが可能だが、エリアが狭まるに連れて敵兵士密度が高くなり抜けることが困難になる。

敵国兵士は、武士農民関係なく攻撃を加える。

敵国兵士内通者がいるために殿様がどこに逃げたかを知っている。そのため、ランダムに逃げ続ける殿様を中心に少しずつエリアが狭くなっていく。

敵国兵士武士農民とも全滅させられてしまった場合は、勝者なしの状態ゲーム終了。

殿様は目視できるために武士側が意図的に守りを強めることが可能だが、武士が多いことで発見が容易になる危険性がある。

勝利したときの残った人数が多ければ多いほど、個人に割り振られる報酬が高くなる。個人戦でありながらチーム戦の側面が強い。

得られた報酬に応じて戦闘力に関係のない基本衣装を購入できる。衣装によってプレイヤー熟練度がある程度推測可能

プレイヤー間は誰彼問わず戦闘することができて、相手から武器を奪うことができる。しかし、味方の人数を減らすとそれだけ勝負が不利になり勝利時の報酬が減ることになる。

武器は何かにヒットするたびに耐久度が減る。所持品には重量の制限があり、武器を取捨選択しながら戦闘する必要がある。

武器の発生状況や相手の装備状況に応じてPKを行うか協力して戦うかの選択必要になる。

味方同士同盟を結ぶことができて、同盟を結ぶと味方の位置が把握できるようになり同盟を組むとボイスチャット有効になる。

また、ライフが0になったとき同盟を結んだ誰かがいればダウン状態になり、味方が数秒間タッチすることで復帰できるようになる。

ただし、同名の最大人数は4人。4人が同時にダウンすると全員その場で死んでしまう。

もとから同盟を組むんだ状態スタートできるスカッド戦もある。

城の見張り台から矢部隊が城下町特定エリアに弓を大量に放つイベントが定期的に発生する。その間は屋外にでると即死の矢を食らってしま可能性がある。

石川五右衛門による物資供給が定期的に行われる。大きな声を発しながら場内の屋根を駆け巡り、物資設置後はフィールドの大半から目視できる高さの狼煙が上がる。

武士は少ない人数で殿様の探索と防御が必要になるために同盟を組んでも近い位置で行動がし辛い。

農民は装備が弱くなりやすいが固まって行動することで強い武士相手に戦うことができる。また、人数が多いために殿様の発見率も高い。

自分のことばかり考えて強い装備が欲しいためにPKを続けるとチーム全体の戦闘力が下がり、かと言って人に甘えてばかりで装備を疎かにしてもチームの戦闘力が下がる。

その辺の違いを考慮した戦略を組みつつ、チームプレイ個人プレイかを考える部分が醍醐味

武士農民だけで考えると日本特化なシステムだけど、貴族平民による下剋上世界中で起こり得る内容なので、スキンを変えれば世界中転用できるシステム

コーエイテクモあたりがモデルアクションノウハウもしっかり持ってそうだけど、誰か作ってくれないかな。割と本気で。

2018-05-10

中国の信用スコア社会

社会全体の道徳力を底上げして、文化を高めていく。

道徳改善手法として強力すぎる。

このままだと、中国文化勝利してしまうだろう。

戦力、外交力、経済力科学力、いずれも落ち目日本としては、狙う戦略文化勝利しかなかったが、あの中国文化勝利を狙ってくるとなると分が悪い。

さりとて、いまさらアルファケンタウリを狙うのは現実的なのか?

どうする日本

実家つらい

卒研も行き詰まり就活もできなくなり唯一希望だったロキノン試験は先日渋谷陽一署名で丁寧にお祈り申し上げられた。まあちょっと音楽が好きなだけでロキノン大して読んでないのがバレバレだったんだろうから仕方ない。

別に高望みはしないんだけどな。結婚子育ても一切する気はないし、僕の人格にはその資格もないと思うし、ある程度休みがもらえればなんでもいいし、そういう企業を探して受けまくればいいだけなんだろうのにこんな短期間でダメなっちまった自分ほとほと嫌気がさす。

人の話を聞かず、キレると手のつけられなくなる父親が嫌いで本気で殺してやりたくて、殺すか死ぬか家を出るかの選択肢の中から最後を選んで東京に進学した。

3年までで卒業単位はほぼ取り終わり、あとは卒研に取り掛かるだけといった時期から体調を崩し始めた。初めは腹の具合が悪くなり、飯が食えなくなり、微熱頭痛が続き、これではダメだと科学的知見に基づいてメンタル医者を頼り、薬に頼ったら余計にどんどんダメになって、自殺を具体的に考えるようになり、僕の具合が悪いことも母親に知られてしまった。

うちの母親はきっとすごくいい母親だ。少し考えが安直なところはあるけど、多分僕のことを本気で心配して「とりあえず少し帰っておいで、誰もあなたいじめいから」と電話口で泣いて嫌がる僕をなだめすかした。僕も死ぬ前に一度実家の猫を撫でたかたから帰る事にした。

結果としてはだめだった。実家になんか帰らないでビバラロックかに行けばよかった。

帰省した間の時間にして総計10時間ちょっと、父のありがたい話を正座で聞かされた。お前はいかに間違っているのか、俺がどれだけ苦労してお前たち兄弟を育ててきたのか、どれだけ苦労して仕事を続けているか、大小様々な人生エピソードを交えつつ、時に声を荒げつつ、とうとうと10時間語り尽くし、予約していた新幹線が発車する時間を過ぎても語り尽くし、絶対に今年中に卒業すること約束するまで帰さないと言って、ようやく解放されたのち予定していた時刻に5時間ほど遅れて僕は自由席東京に帰ってきた。帰った後で予約していたタトゥー屋さんはドタキャンするしかなかった。馬鹿にされても蔑まれてでもリスクがあっても若気での至でも僕が僕自身意思で入れたいと思ってたタトゥーだった。どうせ死ぬ体なら好きな格好をしたかった。キャンセル料は数万だった。

僕は父親復讐したくて生きてきたんだと思う。

僕が成功し圧倒的に父親勝利した上で年老い父親を見下げてお前は間違ってんだよって言ってやりたかった。ただ俺がこうして失敗してしまった以上、成功して復讐するという道は絶たれてしまった。

もう成人してる子供に10時間も話し続けるの、並みの愛情じゃなかったらできねえよな。いい父親なんだよきっと。俺が勝手被害者妄想を拗らせているだけなんだ。客観的に見て間違ってるのは俺の方なのも分かりきってる。ただ、俺が間違っていることは認めた上で、「内心は間違っててもいいから、それでも外では頑張って体裁整えてこい」って言ってもらえるならよかった。むしろそれを期待して実家に帰った。

けれど、父のありがたい話の中身は俺の内心から音楽の好みまで全てが間違っているということだけだった。プライベート空間だと思ってうっかり好きなマイナーアーティストの曲を聞こえる場所でかけてしまったのが迂闊だった。「高い金払って病院になんか行きやがって、そんなクソみたいな曲ばっかり聞いてるからこんな事になる」らしい。母が仕事でいない隙を見計らって、隣に浪人生の妹もいる場で「お前らは失敗作だ!」と怒鳴られた。僕はまあいいけど今時浪人もそんなに珍しくないのに妹が傷ついてないか心配だ。

僕は父親にてめーのやり方は間違ってんだよって言ってやりたくて生きてきた。でも僕がこうなってしまった以上、父親よりも僕が間違っているのだ。僕が何かを好きだと思う気持ちも、面白いと思う気持ちも全部間違ってるんだと思ったら本当に辛くて、馬鹿みたいだよな、好きな曲を親に否定されたくらいでこんなに凹んでんの。母も大部分は黙っているか、概ね父に味方した。僕は僕の人格を捨てない限り家族にすら居場所を用意されないらしいということが予想以上につらかった。別に布教したわけでもないんだから、嫌な顔はしてもいいから放っておいてほしかった。俺が間違ってるんだけど。実家になんか帰らないでビバラロックかに行けばよかったって思ってる気持ちも多分間違っている。

俺が間違っているから、俺がいまやっているのはただの甘えだから、とりあえず学校に復帰しようと思う。これから教授勝手に1ヶ月消息を絶ってしまったお詫びと今後のサポートのお願いのメールを送ろうと思う。胃が痛いけど気合い出して頭下げるしかない。就活は一旦諦めろと言われたので、卒業したら実家に帰る事になるんだろう。

一方で死にたい気持ちますます強まってるから卒業した後で晴れて死ぬのも悪くないなと致死量ジフェンヒドラミンを少しずつ集めている。最近ギターストラップが首括るのに良さそうだなあと思ってもいる。どっちが間違ってたかなんてどうでもいい、俺が死ねば、一人の若者自殺するまで思いつめていたという客観的事実さえあればあいつは「俺が間違っていた」と認めてくれるだろうか。俺が苦しかたことを誰か認めてくれるだろうか、これで復讐ができるんなら、と思って暴れようとする内心の俺がいるので、どうしたもんかなあ、と思って増田に書いた。

知り合い全員集めて真ん中で包丁腹にぶっ刺して、「てめえらのその顔が見たかった!」って叫んで藤原竜也顔で死にたい。オラ、典型的モラトリアムアホ学生だぞ、笑えよ。

2018-05-08

[] #55-6「代々大原則」

くそっ! 生徒会の奴らめ、姑息な真似を!」

ウサクは地団太を踏んでいる。

俺は、現実で地団太を踏んでいる人間を初めて見た。

笑ってはいけない状況なのだが、それが逆に口元を緩ませようとする。

俺は左手で口元を覆い隠し、現状を分析して気を紛らせた。

まあ、ウサクはよほど悔しかったのだろう。

校則修正のため、出来る限りのことはやっている。

それは無理を通すためじゃなく、無理を通さないためにだ。

にも関わらず、相手はそれを無下にするのだから、たまったものではない。

一体、どうすればいいのか。

俺たちには光明が見えなかった。

副会長含む生徒会メンバーが、そんな俺たちを尻目に悠々と通り過ぎる。

会長は、無言でウサクの肩をポンポンと叩くと、そそくさと生徒会の列に加わった。

あれが精一杯の慰めなのだろう。

「……ん? ウサク、襟元に紙が入ってるぞ」

だが、それはあくまで表向きのモーションだった。

会長はその時に、こっそりとウサクに紙を渡したんだ。

「何か書いてあるな……こ、これは!?

そして、その紙に書かれていた打開策に、俺たちは驚愕した。


…………

鎮圧部だ。副会長あなた校則4条の3項、及び校則8条の2項を違反したという報告を受けて、馳せ参じた」

「その他にも、様々な報告がきていた」

「なんだって!?

つの策は、いわば“目には目を”ってヤツだ。

生徒会がカジマにやったように、鎮圧部を利用させてもらった。

はいっても、カジマとは違い、副会長校則違反をしている証拠は何一つない。

要は「しているかも」っていう、“善意の報告”をしただけだ。

事実無根だ」

事実そうだったとして、現時点での我らでは、それを判断することができない。なので調査にご協力いただきたい」

「これから、しばらくの間、身辺を鎮圧部のメンバーが付いて回ることになるが、ご了承を」

しかし、ワシには生徒会仕事が……」

邪魔にならないよう極力務めるが、仮に邪魔になったとしても、そんなことは我々には関係ない」

校則修正の首謀者である副会長は、これで動きを制限されることになる。

ひとまず、妨害工作は落ち着くだろう。


…………

そして、大校則修正が決まる当日。

生徒会長が結果を発表する。

「……ということで撤回案により……大校則修正を……撤回します」

ウサクたちはガッツポーズをあげる。

「やったぞ、我々の勝利だ!」

「オイラ鎮圧部にこってり絞られている間に、なんか勝っちゃてるんすけど……まあ、いっか」

生徒会は、特に副会長は信じられないといった様子だ。

「そんな馬鹿!? 撤回案は通していないはずだ」

いや、通っていたのだ。

副会長鎮圧部によって上手く身動きを取れない隙を狙った。

もちろん、他の生徒会メンバーだって全くの無能というわけではない。

そのまま撤回案を出しても、奴らの「後回し戦術」によって別の案ばかり優先されて、通りはしないだろう。

から、逆にそれを利用してやった。

『壊れた備品の買い替え』などの精査する必要のない案に、大校則修正撤回案を“ついで”という体で、こっそり紛れ込ませた。

これが二つ目の策、“抱き合わせ戦法”だ。

こうして、お世辞にもスマートにとはいかなったが、何はともあれ俺たちの学校平穏は保たれたってわけだ。


話はこれで終わりだが、ちょっとした余談がある。

実はもう一つ策があったんだ。

それは万が一、大校則修正されてしまった場合の最終手段

修正された大校則を、更に修正する案を出すことで、元に戻そうという策だ。

生徒会が大校則修正するのは、新しい校則を作りやすくしたり、既存校則を変えやすくするため。

それは修正後の大校則だって例外じゃないってわけだ。

整備されたような道にも、抜け道があったり、獣道ができるなんてのは珍しいことじゃない。

「この策を使わずに済んで良かった」

「確かに。その案を通すために、また面倒くさいことをやらなきゃいけないのは嫌だもんな」

「違う。そもそも秩序とは、社会を安定させるためにある。その秩序が頻繁に作られたり、変わったりするのは社会不安定だということを意味するからだ」

「なんだそりゃ。だったら、大校則修正されたままでもいいってことか?」

「そうじゃない。だが、相応の理由があるから秩序を易々と作り変えようとすれば、生徒会の奴らと同じになってしまうだろう。その点では、鎮圧部の奴らは遥かにマシだとすら言える」

ウサクは相変わらず、変なところに拘るなあ。

最終的には、自分にとって嫌かどうかっていう話でしかないのに、やたらと取り繕いたがる。

もうちょっとシンプルに、かつ融通がきいたほうが生きやすいだろうに。

不器用な奴だよ、ほんと。

(おわり)

2018-05-07

野党審議拒否が相当効いている

柳瀬氏、加計とは会っていたが、愛媛県とは会った記憶がないと説明する方針

しかし、記憶というのものは、調整したり、方針を決めたら突然蘇ってくるものなのだろうか。

加計ありきでみると加計学園の関係者と会ったいう方が問題おかしなことだらけで、道徳国家が押しつけるのもおかしいが、小学生道徳教育化で、嘘ついていけないと指導要領に。

社会モラル根本モラル崩壊は取り返しがつかない。」青木理氏の指摘はいつも鋭い。

一方、この問題について番組を見た元法務省職員は次のように語っている。

そもそも愛媛県今治市加計学園の3者が官邸に来るというのは、通常ではあまりないことです。

県と市、そして学校法人が一同に官邸に訪れたら、国家公務員は記憶に残らないはずがありません。

加計の影に隠れて愛媛が見えなかったことにすようですが、野党審議拒否が相当効いたのでしょう。

本人たちもどうごまかしたらいいかからないようです。野党審議拒否が導いた勝利と言えそうです。」

サンデーモーニング 5・6 安倍総理の周辺では、記憶が「調整」されたり、方針を決めると記憶が蘇ったりするのか。

柳瀬氏、加計とは会っていたが、愛媛県とは会った記憶がないと説明する方針しかし、記憶というのものは、調整したり、方針を決めたら突然蘇ってくるものなのだろうか。

加計ありきでみると加計学園の関係者と会ったいう方が問題

おかしなことだらけで、道徳国家が押しつけるのもおかしいが、小学生道徳教育化で、嘘ついていけないと指導要領に。

社会モラル根本モラル崩壊は取り返しがつかない。」

青木理氏の指摘はいつも鋭い。

一方、この問題について番組を見た元法務省職員は次のように語っている。

そもそも愛媛県今治市加計学園の3者が官邸に来るというのは、通常ではあまりないことです。県と市、そして学校法人が一同に官邸に訪れたら、国家公務員は記憶に残らないはずがありません。

加計の影に隠れて愛媛が見えなかったことにすようですが、野党審議拒否が相当効いたのでしょう。本人たちもどうごまかしたらいいかからないようです。野党審議拒否が導いた勝利と言えそうです。」

anond:20180505151100

移民賛成派なので、ヒステリックな反応から深刻な懸念まで色々な意見が聞けておもしろかった。最初増田には感謝したい。

それにしても、反対派には何か対案があるのだろうか、ということは気になる。尋常じゃない速度で少子化が進行することは間違いなく決定している。治安公共サービスの低下を心配する人は、現状の治安公共サービスが明らかに維持できなくなるほんの10数年先の未来人口動態のことをどう思っているのだろうか? ことは単なる経済発展とかそういう問題じゃないんだよ。「30年間何もしないできて今更もう遅い」という意見には同意。ただ、「もう遅い(から日本脱出するわ)」とか「もう遅い(からみんなで滅びよう)」とかい意見には同意できない。日本に住み続けたいし、まだ死にたくないし。というわけで、

・このまま行けば確実に治安公共サービスも含め「今の日本社会」は崩壊

・大量の移民を受け入れるのは、それに対する効果ある対策の一つ

という二点を踏まえた上で、移民受入に反対する(有効な対案を含めた)理論果たしてあるのだろうか? もちろん「なんかものすごい未来技術を独占的に発見発明して信じられないイノベーションでいきなりいろいろ解決」とかいう夢をみたい人もいるんだろうけど、仮に10年以内に世界的に「なんかものすごい未来技術を独占的に発見発明」する国があるとして、それはやっぱり現在さまざまな基礎研究やら実験やらに大量に投資してる国だと思うんだよね。研究への投資は確かにギャンブルだけど、貧乏人はそもそもギャンブルにも勝てないんだよ。今の日本研究関係への投資って、宝くじとまでは言わないけど、よく言ってパチンコお金つっこむくらいのレベルでドリーミーだと思う。だから、そういう夢はおいといて現実論として。

正直、対案を言わない人は、最終的に「戦争起きればいろいろ解決」って思ってそうで怖いんだよ。もはや一国の経済を劇的になんとかする国民国家間の戦争なんて前時代産物で、今後の戦争は単なる消耗であり仮に勝利してもその後処理に膨大なコスト必要になる(イラク戦争後の米国を見ればわかるように)ものしかないんだけどね。対案が「ない」という人も、積極的にそう言わないだけで消極的にはそこに同意してることになるんじゃないか? 移民に関わる議論というのは、そういう意味で誰も無関心であることが許されない問題であると思うよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん