「子育て」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 子育てとは

2018-07-16

50歳強制安楽死制度日本を救う

現在日本が抱える様々な問題は、国民を50歳で強制的安楽死させることでその多くが解決されることに気づいた。

50歳強制安楽死制度下での日本国民の一生は大体以下のようになる。

0~5歳

まだ若い両親の寵愛を受けて育つ。

後述の通り両親はまだ学生であるため時間も体力もあり、全面的な愛を受けて育てられる。

6~12

小学生

現行の小学校とほぼ同様だが、来るべき中学生時代に備え恋愛セックスに関する踏み込んだ性教育実施する。

13~15歳

中学生

男女ともに中学校にて婚約相手を見つけて婚約第一子をもうける。

妊娠中は女子生徒は学校に通えなくなるので、e-larningや家庭教師などで国が全面的学習サポートする。

子育てはまだ若い双方の祖父母のサポートの元で行う。

16~18歳

高校生

それぞれ配偶者と2~3人目の子をもうける。

学習に伴うサポート体制中学時代と同様。

19~22歳

大学生

子供かわいい盛り。

大学生活を謳歌しつつ子供と遊び成長を楽しむ。

学生であるため長時間残業子供と接する時間が取れないなどということもない。

23~39歳

社会人(あるいは大学院生)。

社会人時点で子供小学生。両親は40歳弱。

後述するが両親はすでに退職間近であるため、子供の面倒を全面的委託することができる。

子供の面倒に気を奪われることなく、全身全霊を仕事に注ぎ込むことができる。

1日最低15時間、週休1日前後で猛烈に働く。

40~49歳

退職

40歳以上の人間仕事パフォーマンスが下がるため社会には不要。早々にリタイアする。

40歳とまだ若いため、十分に余生を楽しむことができる。

孫(概ね10前後)とも仕事を気にすることなく存分に触れ合うことができる。

社会人時代は身を粉にして働いたため、遊びに使う貯金も十分にある。

第二の青春と言って良いだろう。

50歳

安楽死

病気に苦しむことなく楽に逝くことができる。

仕事に遊びに子育てに、充実した人生であった・・・

これによって何が解決するのか

純粋恋愛結婚回復

初恋をしたのは中学生の頃だった」という人も多いのではないだろうか。

この制度下では中学生時代結婚するため、現在のような30歳を過ぎて男女ともに打算で行う醜悪結婚とは異なり、若い純粋な恋情をそのまま婚姻という形で実らせることができる。

高齢童貞処女問題の解消

今日恋愛自由主義化はますます加速している。それに伴い男女ともに恋愛結婚から取り残される人間が多く出現するようになった。特に男性高齢童貞社会に対して抱いている怨念は凄まじく、その存在自体が人々や社会迷惑を与え、中には直接人々に危害を加える人間まで出現する有様である

この制度下ではかつて共同体企業果たしていた「お見合い」の機能中学校代替する。これにより恋愛セックス結婚から漏れ落ちる人間がいなくなり、それは即ち高齢童貞消滅意味し、治安においても精神衛生の面においてもこの国が安定することに繋がる。

万全なる労働力の確保

40歳以上になると体力も低下し思考も硬直化するため、労働力としての価値は低下する。

この制度下では40歳退職となるため、20~30歳の働き盛りを労働力の中心に据えることができる。

完全なる女性社会進出の実現

女性生物学宿命により、妊娠出産のために最低でも1年近くは前線から離れることとなってしまう。一方グローバル社会での企業間の競争は日に日に激しくなり、どの企業産休・育休による社員前線から離脱容認できる体力がなくなっている。女性社会進出の意義を企業理解していても、どうしてもこの事情があるために女性社員雇用や重役に任命することに二の足を踏んでしまうのだ。

この制度下では新卒入社時点ですでに女性は2~3人の出産を終えており、また祖父母による育児サポートを得ることができるため、産休・育休による戦線離脱がない。これにより企業安心して第一線の企業戦士として女性雇用することができる。

グローバル社会での競争に勝つための競争力を得ることができる

24時間働けますか」とはバブル時代象徴する栄養剤のCMキャッチコピーであるが、この言葉通り資源のない日本は粉骨砕身の労働によって世界トップ経済大国に躍り出た。企業間の競争苛烈さは日を追うごとに増すばかりだが、それに反するように労働者の育児に関する休職・早退の問題も増してきている。この制度下では前述の通り現役労働世代育児問題に悩まされることはない。気を惑わされることな自分の取り組むべき仕事100%のエネルギーを注ぎ込むことができる。これにより日本競争力は高まりグローバル経済戦争覇者となるだろう。

ネグレクトから解放

両親が仕事忙殺されるがためにネグレクトとは行かないまでも十分に愛情を受けることができない子供も多くいる。特に専業主婦が少なくなり母親フルタイムで働くことが多くなった今日においてはどうしても子供が両親と触れ合う時間が少なくなってしまう。

この制度下では0~7歳くらいまでは両親に、1020歳くらいまではリタイアした祖父母と触れ合うことができるため、多くの愛情を受けて成長することができる。

少子化問題の解消

この制度化では中学高校時代になるべく多く子を産むことが奨励される。

まだ学生身分であるから仕事を気にすることな産休・育休を取得することができる(休暇中の学習は前述の通りe-larningや家庭教師サポート)。

また、すでにリタイヤ済みの若い祖父母に全面的育児サポートを受けることができる(両親は仕事に集中しているためまだ孫の養育には参加できない)。

社会としても少子化が解消されるし、仕事に熱中するあまり出産適齢期を逃して涙を流す人も減るだろう。

不妊問題の減少

卵子精子も加齢によって痛み、男女ともに年を取るごとに妊娠能力が低下する。

この制度下では生物学的な妊娠適齢期である中~高校生の間に妊娠出産を済ませるため、不妊問題は大きく減少するだろう。

高齢化の解消

50歳で安楽死するからこれは自明

リタイア後の人生の充実

現在日本社会では60歳定年制度すらも無くなり、65歳あるいは70歳までも働かせようとする動きがある。

70歳でリタイアしたとして、その老体でどのような第二の人生を楽しむのか?

この制度下では40歳という若い年齢でリタイアするため、旅行スポーツを存分に楽しむことができる。

10年という余生は短く感じられるかもしれないが、まだ若い中年時代10年の密度は後期高齢期間の数十年に匹敵するだろう。

破綻した年金制度廃止

50歳で安楽死するため退職~死までの期間は10しかなく、現役時代苛烈労働によって十分な貯蓄を行うことができるため、年金制度廃止することができる。

苦しい死の可能性の軽減

日本人の死因の1位はガンである

ガンの終末は苦しい。

ガンに限らず年を重ねるごとに重い病気によって死ぬ確率高まる

そうなる前の50歳という比較若い時点で安楽死することにより、苦しみの果てに臨終するという悲劇可能な限り避けることができる。

anond:20180716180238

一匹産んでもそれがきちんと納税マシンになるかどうかはけっこう微妙なところだから

国もなかなか銭を出さないんじゃないかなって思う。

子育て成功率が高ければ国も投資するだろうけどね。

anond:20180716165516

そうやって子育てハードル無茶苦茶に上げても

世の親が苦しむだけなんですけど…。

anond:20180716164623

男一人じゃ子育てできない!ってのは

現在においてはそうでもない気がする

IT系なら在宅勤務OK会社結構出てきたし

産休も取れなくもない

anond:20180716164623

実際の子育てを知っていたら

女:子供だけでなく手のかかる旦那がいるくらいなら一人で子供育てた方がマシ

男:嫁かそれに相当する人がいないと子育て無理

ってなると思う。

anond:20180716163449

でも男1人じゃ子育てできないでしょ。

近くに用事いたことない

頭デッカチに多いんだよなー

少子化だなんだとか言ってるけどさ

結婚はしたくないけど子供は三人ぐらいほしい独身って私以外にも結構いると思う

早いことそういう家族構成とか子育てのあり方が当たり前の世の中になってほしい

政府にも正当な制度として認めてほしいしちゃん助成もしてほしい

anond:20180716124613

あの話、ブコメも真っ二つで、ははぁこりゃ分かり合えるはずもないわ…って感じだ

万人と分かり合う必要別にないが、夫婦子育てすんのにあれほどの断絶があったら「無理」となるのは分からんでもない

さらにその断絶の深さに片方だけ気付いてなかったら、本当に無理だと思う

anond:20180716141311

不可避に触れるのと故意に触れることの区別がつかないようなら

子育てに参加以前に野放しにしちゃアカン奴。

anond:20180716135535

まともな教育を受けた親なら、素人でも異性の子供のプライベートゾーンはむやみに触らないことくらい常識だけど、

いろんな育ちの人間子育てに参入するから難しいよね。

結婚しない方がいい職業

私の個人的かつ偏見が入ってるやつ

男性から「この人と結婚するんだ〜」って言われて心の中で「やめとけ〜!」って大声で叫ぶやつ。

3位 教師

変人多い。

変にプライド高くて気が強い事が多い。

かかあ天下

でも下の職業に比べると若干マシ。

2位 看護師

子育て結構危なっかしい。

命の危険に対しての許容範囲が広すぎる場合がある。

(例:ハイハイできない子が寝た隙に車で10分のスーパーまで買い物に行く)

1位 保育士

本当に本当に不思議なんだけれど何故か変な子育てをする人が多い。

高校くらいで子供がグレて「人の子供ばっかり見て自分の子供は全然見てないね」と言われる。

女性だけの職場でなんで長く務める人の性格はお察し…

《《《男性勘違いやすいんだけど、子育てと保育は別物だから!!!》》》

2018-07-15

子供がまだ赤ん坊で、父親子育てをしないのでわたしフルタイムで面倒を見ていたため生活費をこの父親からもらっていた時、遊びにきた友人たちの前で今月分、って10万円くらいを現金でがさっと渡された時すごい腹が立ったのはなぜだろう。

anond:20180715134318

出産は一月入院すればいい程度だし、人によっては日帰りもできる

子育ては男でもできるでしょ

男が家事子育てもしない。

女が外で働きもしないアニメ

サザエさんはもう時代に合わない。終わるべき

2018-07-14

人生とは

人生は結局のところ、食ってうんこションベン出して死ぬだけなんだから、そう言う人生スパイスとしてセックス子育てがあると思う。

電車白人4人が乗っていた

男一人に女二人と幼児一人、男性は太ももの上に組んだ足を真横に伸ばして、混雑してる中広々と座席占領し、でかい空のベビーカーを何故か真ん中の方にななめに停めて通路を完全に塞ぎ、幼児は眠っており靴を履いたまま女性が抱っこして座席に土足を乗せていた。

こりゃ豪快にマナーが悪いなぁ、外人日本の子供が座席に乗る時靴を脱ぐと驚くと聞いた事があるし、土足文化マナーが違うのかなと思っていると、もう一人の白人女声が私の6歳の子供に気がついて立って席を譲ってくれた。

「ありがとう」子供が言うと、笑顔で眠っている幼児を指差して唇の前で人差し指を立て「シーッ」と言ってからフフっと笑った。

豪快にマナーが悪いけどこのゆるく親切な感じは子育てする時に気楽そうでいいなと思った。

はてなブックマークで初めて泣いた夜

タイトルの通り、昨日の夜泣いた

昨晩、この記事をみた

https://welove.expedia.co.jp/destination/japan/36928/

俺は結婚はしているが、子供はいない

別に事情があるわけではなくただ今はいないだけだ

からこの記事を見た時には「なんだかい記事だな」くらいに思っていた


話は記事を見る前に戻るが、この記事を見たのははてなブックマークを見ていたときではない。

はてなブックマーク大学生ときからずっと使い続けていた。毎日みていた。でも実はここ最近全くみていなかった


理由は先日の福岡事件

あれ以来、使い続けていたはてなブックマークという場所がなんとなく嫌になり、なんとなく使わなくなっていった

使わないといっても1ヶ月程度だが、もう昔の存在のようにまでなっていた


からこの記事は、はてなブックマークではなくTwitterを見てる時にたまたまシェアされてきたものだった

普通だったらスルーする内容だが、いつもは口の悪いとあるユーザーシェアをしていたので気になった。

記事は見た時の最初感想最初に書いたとおり。

記事をよみおわった。なんとなく昔の癖でブックマークコメントを見ようと思った。

どうせ、「子供写真をこんなに使って何を考えてるんだ。将来の事考えないのか」 とか 「酒飲んでんじゃねえ」 みたいなコメントが多いんだろうと思って見てみた

でも違った。もちろん上のようなコメントもあったけど俺が思っていたのとは全然違った。


世代の子供をもつ親であろう人たちは子育ての大変さや、経験の尊さに関する共感

そうでない人たちも、幸せを感じ取れるコメントやいつかある未来のことを想像したような発言


それらのブコメを見た瞬間になぜか涙がでそうになった

いや、なぜかではない。理由はわかっている。


あの事件以来、どこかではてなブックマークという場所がこわくなっていた

もちろん、あの事件で悪かったのはほんの一部だった。それはわかっている

ほとんどのユーザーは俺と同じ普通の人であり、ちょっとネットが好きなやつらであり、そしてそんなに悪いやつではない。むしろ良いやつくらいだと思っていた。

だけど、あの事件のせいでそうじゃないような気がしたのだ。それで自然と使わなくなっていた。


でも、上に書いた記事コメントを見た瞬間に、やっぱり良い奴らだと思った。単純だけど。

こんなことで良いやつだ悪いやつって言ってるような俺みたいなやつがいていい場所ではないのかもしれない。

でも、やっぱりはてなブックマークという世界は俺にとって好きな場所だと思えた。



その時、俺は初めてはてなブックマークで泣いた

anond:20180713205524

オランダへようこそ

コウノドリというドラマ最終回で紹介された詩を見た時、これって子育て全般に言えることだなって思った。

外野から見た子育てって、メディアイタリアについての話を聞いているのに近い。

そこにはいいところもあるし、悪いところもある。でも、いくら話を聞いてもそれはイタリアの話でしか無い。

子供が生まれると、よその親交流する機会も出てくる。

すると、よその親もよその子供もイタリアにいるのに、なんで自分オランダなのかと悲しくなることが多々ある。

どうやったらイタリアに行けるのか渇望する気持ちでいっぱいになる。

でも、オランダにはオランダの良さがあって、それを認めていかないといけないんだよね。

When one door closes, another opens; but we often look so long and so regretfully upon the closed door that we do not see the one which has opened for us.

2018-07-13

子育て

母親が一番大変って言うけどさ。

ケースバイケースだと思うのです。

このご時世、子育て必死で頑張ってる父親だっていっぱいいるんです!

本当に頑張っているのに、世間では男性育児参加がまだまだ不十分なんですって主張を聞くたびにやるせない気持ちになる。

そんな思いをしているパパさんいませんか?

anond:20180713205524

月並みだけど自分の子供は可愛いぞ。俺は他人の子はクソガキだと思うが、息子のためなら命は惜しくない。

ただ、日本社会の一線で活躍したいなら、言い方は悪いが足枷になるかもね。旦那出張が多ければそれこそ家から離れられなくなる。

女性人生子育てが全てじゃない。それぞれ自分の道を歩んで、幸せに死んでゆけばよい。

anond:20180713120946

クレーマークソ子持ちが嫌いだし怖いです。

手間が増えるし、とにかく関わってこられるのが本当に迷惑

なんか要望されるのがすごく怖い。

子育てはオマエラで完結させて? って切実に感じるのです。

2018-07-12

自分のように未婚で仕事もできない人間もいれば、30歳そこそこで結婚して子供もいて政治家になる人間もいる。

子育て世代ママに未婚の者たちも共感して、子育てがしやすい世の中を一緒に作っていかなきゃ駄目だけど。

はあ…。

anond:20180712151755

例えば仕事世界だと女性というだけで一段下に見る雰囲気

あるか?

子育て理解がなく、仕事との両立を全く理解してくれない雰囲気

周囲の社員負担を考えずに、当然とおもってりゃそれは批判も出るでしょ

女らしさという合理的でない考え方で人の生き方を縛る雰囲気

男らしさという合理的でない考え方もあるから男女平等ですね。

ただ少なからフェミニストのなかでも「男らしさの押し付け拒否フェミニズム範囲外」という人が多く、ここでかなりいがみ合いが多く発生している。

しろフェミニスト諸氏は「男らしさ」の押し付けを嬉々として行ってますがそれは...

ただひたすらいがみ合いと罵り合いしかないという不毛な状況にもなっている(この増田女性専用車両を巡る延々と不毛な罵り合いを見ればおわかりのとおり)

この件もそう。

私は女性専用車両反対派だが、それだけで「ミソジニー」のレッテルを張られ、罵倒される。

「男は女を助けて当然」とフェミが思ってる証拠



また子育てについては子を産む性が女性しかないため、

この特殊的な事情を勘案した慎重な議論必要なのだが、

上述の通りミソジニーミサンドリーが相変わらず無駄に入り乱れてやっぱりぐちゃぐちゃになってる。

フェミ子育てアレルギーあるからな。

至極まっとうな提言でも、女性差別扱いして潰しにかかる。

2018-07-11

子育て出来る人は凄いなと思う

約二十年と数千万円を浪費して社会奴隷を作るのが子育てですよ。

おかしくないと子育てなんて出来ない。

産むだけ産んで、さっさと捨てるのが最適解ですわ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん