「内包」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内包とは

2018-12-01

anond:20181201091906

これ夫の回答には明らかに「凄くはないでしょ」っていう不同意内包されてるのに

まず「そうだね凄いね」って同意しろ!って言ってるキチガイが多くて怖いよね

2018-11-26

anond:20181126152609

お前こそ自覚のない職業差別内包されてることも読み取れないのか。

2018-11-13

コンビニ手巻き寿司を何回やっても作れない父

コンビニ手巻き寿司って

1 シール剥がしフィルム海苔内包)を伸ばす

2 海苔が入ってるフィルム部分の表面を剥がす

3 シャリ露出した海苔の部分に転がす

4 シャリ海苔がくっついた部分を持ち、残りの海苔を引き出す

5 海苔最後まで巻き付けて完成

こんな感じじゃん

これが出来ないで、いつもシッチャカメッチャカ解体してボロボロにしながら巻いて食べるの

自分が目の前で「こうすればキレイに作れるよ」って実演して見せても、次食べるときはやっぱりシッチャカメッチャカ解体ちゃう

どうしたらできるようになるんだろう

2018-11-12

anond:20181111152908

⑥どーも

とりあえず言っときゃなんとかなる言葉

こんにちは「ありがとう」「すまないね」「元気?」など様々な意味内包する。

言葉選びは難しい。一つ間違えると信頼関係を損なってしまったり、気まずくなってしまったり、かしこまってしまったりすることもある。

だけど「どーも」は「どーも」だ。汎用性が高いし「どーも」と言われて嫌な気になる人はいない。何か重要意味が含まれているわけではない。にも関わらず、無意味だけど確かな意味がある言葉

このとにかくあらゆることに対して過敏で神経質な世の中おいてもっと普及させるべき。

2018-11-11

萌えが何故性的意味合いを持つ(と思われる)に至ったか

元来「萌え」という語自体には性的意味合いは無く性とは別概念として捉えられていたが、一般へ広まると同時にオタクの間で使われなくなっていった過程で何故、性的意味を持つ(と思われる)ようになってしまったのだろうか。

1995年パソコン通信文化がまだ華やかだった頃に初版が発行された用語辞典通信用語の基礎知識」では萌えについて下記のように記している。

元々は、まだインターネットなど普及していない時代草の根BBSで、しか自然発生的に生まれたと考えられる用語である

それは男社会であるので、当初「萌え」が表現したものは、可愛い女の子の素敵な仕草を見て湧き上がる感情、であったと考えられる。

しか時代の変遷を経て、「萌え」という語も広く普及するにつれ、誤用なども含めて様々な意味で使われるようになったと考えられる。

従って、現在に至っては、萌えという語自体に明確な定義を与えるのは困難である

https://www.wdic.org/w/MOE/%E8%90%8C%E3%81%88

たとえばエロゲーに対する批評で「萌えゲー」と言われれば、それは「エロ要素が皆無か極めて薄い作風一般アニメ漫画作品のような可愛らしい絵」を指すもの解釈されるケースが多い。

しかし昨今多用される「萌え絵」は全ての二次元絵を内包する巨大な概念として使われている節があり、「萌え絵は性的だ」「萌えエロは違う」という不毛な争いをも生んでしまっている。

(そも、時代と共に変遷する性的概念定義することそのものに無理があり、また性的か否かは画風で判断されるものでは無い。性交を直接描けばR18だがベッドシーンならR指定一般指定、という実写映画のざっくりレーティング比較的分かりやす基準と言えるが何故絵に対しては画風で判断するのか)

仮説1:風俗店看板広告からの発想

風俗店看板広告で描かれる二次元絵のほぼ全ては無断使用であると言える。出典はエロゲーなこともあれば一般アニメ漫画であることもあり、適当に選別していることが容易に伺える。無断使用されている方にとって見れば迷惑なことこの上ないが、無断使用されていることなど知りもしない人が見れば「アニメ絵の風俗店看板→このような画風は性的である」と擦り込まれ可能性は充分に有り得る。

ちなみに何故、風俗店看板二次元絵を使うのかというのも疑問だが、一説に寄れば「写真看板広告に貼るとこの女性を出せという客が来る」からだという。さすがに厄介な客も二次元絵ならこいつを出せとは言わないだろうという自己防衛である。いい迷惑だ。

仮説2:萌え○○からの発想

一時期のメイド喫茶ブーム煽りで、JKビジネスを含むライト風俗雨後の筍の如く激増したという。

このような店が名乗り始めたのが「萌えリフレ」「萌えエステ」「萌えマッサージ」であり、上記と同様に「風俗店が店名に使う言葉性的意味を持つ言葉である」と擦り込まれ可能性がある。

仮説3:二次元絵は全て萌えである

プリキュアの絵ですら萌え絵だと言われるのであればこれが実は正解かもしれない。

腐女子文化内包された差別的意識について

一連の流れでも改めて思ったけど、Twitterで過剰にオタクを叩いてる人ってのは90年台のあの事件の際にオタクを叩いていた人たち(とその人達に影響を受けた人)で間違いないと思う。

はてなにいる人ならサブカルアート文脈の人はもう言うまでもない。


でもそれ以外にもいるよね?

今まで問題にされてこなかったけど、はっきり言う。

それは腐女子(の中の一部)の人たち。

「あの当時女性オタクオタクと名乗ることもできなかった」

という言及をする当事者たちが稀にいる。

でもこの文章意味するところは、男性オタクを盾にして隠れていた女性オタクが相当数いるという事実を示してる。

しかし、一方でセーラームーンの全盛期であった90年台の情勢を考えるとおそらくこの世間から隠れて男性オタクを批難していた人たちというのは腐女子なんじゃないかということ。

腐女子というワード女性オタクという言葉に巧妙に隠してる。


自分たち腐女子趣味政治的に相当やばいと思っていて(この思考自体が相当問題)、それを問題として堀り起こしかけた男性オタクを恨んでいる人がかなりいるんだと思う。

フェミニズム2000年台にメインストリーム迎合してLGBT事実上の差別的扱いを行ったり、いまでもTwitterLGBTヘイトまがいの放言を繰り返してる人がいるのと状況が凄く似てる。

公だの何だの言う単語を持ち出すのも、モドキという言葉を使って人を峻別しようとするのもネット右翼自分を「普通の人」と呼ぶ心性とすごく似てる。

オタクモドキという言葉を初めて聞いた時、ネトウヨの使っているある蔑称を思い出した。

ネトウヨの中で以前流行していた蔑称として「チョウセンヒトモドキ」というのがある。

彼らはこの言葉韓国の人を「人間から外れていて、騙そうとしている人たちだ」と峻別していた。

私はこの「オタクモドキ」という言葉を聞いて、更にそれに乗っかっている人をみて、あきらかにラインを超えていると感じた。


今まで誰も言わなかったように見えるからはっきり言わせてもらう。


(全てではないけど)腐女子界隈の人は自分たち内包された差別意識と向き合うべき時がきた。


時代は変わりつつある。

2018-11-08

anond:20181108162433

それでも機械に手助けしてやる気のないやつまでは救えてないんだよね、Googleアシスタントに話しかけるとき特有の声色ってあるでしょ

それってある意味人間人間機械インターフェイスを生成して内包しているんであって不要になったわけじゃないんだって思うわけ

俺女を僕は嫌いだから付き合わないが、俺と自称するかどうかは自由だと認める!」

みたいな言い回しって、一見正当そうに見えるけど、実は排除の論理隠蔽してるだけなのよね。巧妙に隠蔽される時点でより悪質というか。

この言い回しをする人って、俺女ー僕の関係しか見てないだけで、俺女社会{僕、Aくん……}の関係性に気づいてないわけだし。僕の意見内包される社会意見多数派とき偏見による排除が成立しているのだけど、これは個人意見であり別カテゴリでは普通にするからセーフだろと言えるのは、大体の場合多数派である自分が安寧に暮らしていられるという確信によるものなんだろうなぁ。

2018-11-06

anond:20181106120416

人としての魅力とジェンダーロールとは違うのでは。男性ロールから降りてても魅力的な人はいるだろうけど、そういう人はKKOではない。

「人としての魅力」が「○性としての魅力」を内包する。無関係ではない。

突き詰めると、女性にも男性にも異性から魅力的に見えない人はいて、それが社会的に不利を被るのであれば差別だけれども、

まさにKKO

anond:20181106093112

声をあげている彼女らは、己の胸の内にあるお気持ちが全てであって、女性一般多様性内包した普遍なんて見てない。

多様性を見ていたら、そもそも簡単批判の声なんかあげれるわけないんだから

これは至言

彼女らの言う「多様性」とは「自分の認める多様さのある世界」であって、そこに漏れてるもの生存すら許されない。

anond:20181106091944

それはもう本当に、あんたの言う通り、ただ見てないからだね。

声をあげている彼女らは、己の胸の内にあるお気持ちが全てであって、女性一般多様性内包した普遍なんて見てない。

多様性を見ていたら、そもそも簡単批判の声なんかあげれるわけないんだから

2018-10-28

anond:20181028144241

オタクは、キズナアイ横乳を指摘されて内心ではエロい理解しているのにそれを認めると負けになるから人間が描かれていればエロさは必ず内包する」とか言って逃げようとするからでしょ

2018-10-26

仮説:キモいことが政治的に正しくないのでは。

最近のラディフェミの主張でとかくよく萌えている燃え絵界隈の話だが、

ずっと思ってたのは、なぜ好き嫌いのことを正しさで語るのかが理解できないという点だった。

誰にだって好き嫌いはあるし、どんなに頭で良くないと分かってたって生理的嫌悪感を抑えることがどうしてもできないってことは仕方ないと思う。

また内心の自由範囲内であればどれだけ口汚く罵ったって構わないし、

名誉毀損差別にならない範囲内であれば、その好悪の表現もあったって良いはず。

ただフェミの主張はそれどう考えても100%好き嫌いだよね?って内容でも、

やれ不適切だのゾーニングしろだのリクツをつけて排除しようとしていた。

これがどうにも理解できなかったのだが、

ふと表題の仮説が頭に浮かんだところ、あーそもそも前提が違ってたのかな、と。

キモいもの存在不適切で正しくない、というのが彼女らの主張なのではないのかなと。

そしてキモさというのは単なる生理的嫌悪感に留まらず、

性的加害の温床と不可分に結びついているという思想なのかなーと。

キモオタを犯罪者予備軍視する手合も多かったんだが、こう考えると納得である

キモさはお気持ちに留まらず、実際的性的暴力内包しているという考えの人が一定数いるのでは、

というのが今回考えついた仮説だ。

2018-10-18

オタク他人の「嫌い」に負けた話

厄落としのつもりで書き捨てる。

サブカルオタクをそこそこの年数やっている人であれば、好きな作品アニメ化コミカライズノベライズ舞台化、実写化した経験がある人は少なくないだろう。いわゆるメディアミックスというやつだが、コンテンツ提供側の思惑はさておき、既存ファン立場からするとよいことなのか悪いことなのか、実際に体験するまでわからない。

せっかくアニメ化したのに原作で好きだったシーンが悉くカットされていたりとか、実写化したのにおでんの具にした方がまだましな大根役者推しを演じてたりとか、まあそういう感じのがっかりメディアミックス枚挙にいとまがない。反対に、メディアミックスが人気を博してファンが急激に増えた結果、新参古参原作信者)の間で溝ができることもある。

で、これを書いている私は、割とメディアミックス前の原作をひたすら愛でる、いわゆる古参原作信者になってしまうことが多かった。学生の頃はアニメに期待をかけすぎたせいで「あんなに楽しい原作がどうしてこんなアニメになった!」「アニメだけ見た人に『原作もつまんなそうだな』と思われるのは嫌だ!」と何度も泣いた。

だいたいメディアミックスに潤沢な予算をつけてもらえるような巨大ジャンルにハマることがあまりないので、仕方がない。予算がない→アニメ等の出来がいまいち新規ファンがつかない→新参ファンが現れないので、古参新参バトルで思い悩むことがない…というのはまあよかった。

なお某覇穹は許す許さない以前に、思い出すと感情が虚無になるからなにも言えない。言えないんだ。

本題。そんな自分が珍しく新参側にまわったジャンルでのことだ。

もともと歴史の長い原作があり、数年前にコミカライズされた。そのコミカライズされた漫画にハマり、漫画の最新巻の内容よりもさらに先を知りたくて、綱を手繰り寄せるような調子原作にもハマった。ストーリーおもしろいし、キャラも魅力的だった。

私と同じように、漫画からハマって原作も好きになったという新参ファン大勢いた。しかも昔から原作が好きだった古参ファン漫画好意的に受け入れてくれている人が多かった。原作おもしろいのが大前提として、漫画版の評価客観的に見てとても高いのだ。ファン歴を問わず語り合える友達がたくさんできたのは、幸運だった。

そのうち、二次創作も始めた。ありがたいことに、何冊か出した同人誌好意的感想をたくさんいただいたりもした。オタクライフは充実を極めていた。

そんな中、ツイッターで知り合ったのがAだ。推し共通していた。

原作をていねいに読み込んで熱心に語っている人だった。ジャンルオフ会で実際に対面してみると、清楚で物静かなお嬢さんといった雰囲気女性だが、話す内容はズバッとしていてキレがいい。オタクらしくややこじらせている。ツイートの文面から受ける印象そのままだったと思う。

そのオフ会を機に、首都圏近郊の同士数人が集まってごはんに行くことが増えたので、私もAも飲み食いしながら推しを中心に原作のこと全般について語り合った。これまた充実していた。

そんな中で、私も他の人も、Aが長いこと我慢していたことに気づかなかったのだ。

Aの正体は、だいぶこじらせた原作信者だった。こじらせすぎて漫画版のアンチになっていた。

ツイッターではそれらしいそぶりは見せなかったが、オフで会っているときに「私あまり漫画版好きじゃないのよね」「(私)さんは原作好きなのに漫画も好きなの?」と言っていたこともあったような気がする。そのとき正常性バイアスみたいなものが働いて、それほどの人だとは認識できなかった。

そのうちAはツイ垢を非公開にしたりなんやかんややった。次に私が見たときには、FFから私やジャンルクラスタの名は消え、プロフィールに堂々と「漫画版が死ぬほど嫌い」の文字が載っていた。

以前Aとつながっていた人たちもこれに気づき対象をぼかしつつ「あの人どうしちゃったの…?」「仲良く過ごせていたと思っていたのに悲しい」とつぶやいていたことをよく覚えている。

先にも書いたように、漫画から参入してきた新参ファンが多く、また漫画版を好意的に受け入れている古参ファンも多いジャンルだ。漫画の最新話が出るたび、フォロイー全員がそろって「最新話のここが最高だった!」「今後の展開を踏まえてこう変えてくるなんてさすが!」等絶賛するタイムラインは、Aにとってさぞ居心地の悪いものだっただろう。

いったん区切りをつけたつもりのAは、プロフィールのみならずツイートでもこれまでの鬱憤を晴らすかのように、大っぴらに漫画版を叩き始めたのだ。

もうだいぶ前に見たきりなのであいまいだが、Aのつぶやきはこんな内容だったと思う。

このあたりで語られている改変はもちろん事実で、原作漫画の両方を兼任するファンからは「漫画という表現媒体ジャンル時代に合わせた改変」と受け止められている箇所だ。

ここが改変されているから嫌い、というボーダーラインは個々人で差がある。ドン引きしつつ、そこが嫌いならまあしょうがないだろうなあ、と思う自分もいた。

で、さらに遡ってみると

などのツイートも出てきた。

総合すると、Aは

漫画版作者が直接制作しているわけではないので、漫画派生アニメは許容する、ということらしい。私にはちょっと理解しがたかったが)

ということが読み取れた。

自分を含め、それまでジャンル内でつきあってきた人たちは、原作漫画版のどちらも好きな人ばかりだったので、交流を切られる対象となったのだと思う。仲良くしていた時期のツイート風貌を知っていると、Aが豹変したように見えた。

結局Aはツイッターから姿を消したが、Pixiv二次創作の新作を挙げるたびに、その作品キャプション漫画版を口汚く罵り続けていた。初めは彼女のことを気にかけていた人たちはいなくなったのは自然の流れだ。代わりに、Pixivの新作が上がるたびに「またあの人暴れてるよ…」というニュアンスツイートがこっそり流れることもあった。私は無駄と知りながらも彼女作品(中身は見ない)を「違反報告」し続けた。

過去、別ジャンル古参原作ファンだった自分を思い出すと、好きな作品メディアミックスが気に入らなかった場合はその媒体をなかったことにして原作だけ楽しむようにしていたと思う。なにかの拍子に思い出してしまったときは、気心の知れたジャンル友達と「ほんとあの実写版主人公セリフ改変わけわかんなかったよなー」などと笑い話のネタにするのだ。

Aがそうできなかった理由は、まあわかる。好きなものを存分に語り合えるファンはたくさんいたのに、自分と好悪を同じくするジャンル友達に巡り合えなかったからだ。彼女孤独だった。漫画版のあれもこれも嫌いだ!と愚痴を言える場所は5ちゃんねるしかなかったのだ。

その後ずいぶん経ってから、結局私はそのジャンルを離れることにした。たくさんの友達ができたし、まだまだ好きでいたかったが、「そのジャンルを好きでい続けるメリット」を「そのジャンルを好きでい続けるデメリット」が上回ってしまたからだ。

デメリット理由はいくつかあったけれど、Aの件も含まれた。Aの強烈な「嫌い」という名の毒ガスを浴びた結果、自分の中の「好き」という気持ちが弱っていたのだと思う。

偶然とは恐ろしいもので、今週、久しぶりにAのツイ垢を見つけてしまった。つい最近まで鍵垢にしていたのを公開にしたらしい。

彼女は元気だった。元気に(鍵垢で)漫画版叩きをやっていて、「そろそろ漫画版のファンも少なくなってきたから外に出てもいいかな」(意訳)とつぶやいていた。

またあの疲労感に見舞われた。できる範囲健全に楽しもうとしていた自分のふんわりした「好き」という気持ちより、Aの確固とした「嫌い」という気持ちが勝ったのだと思った。なんというか、次元がちがった。

手持ちのすべてのアカウントでAをブロックした後に、これを書いている。

一般的幸福快楽を伴う「好き」という気持ちは、あまりにもデリケートで、自分の手で守らないと弱ってしまう。他人であるAをどうこう変えることはできない以上、私は早めにAの存在シャットアウトして、私の「好き」を守ってあげないといけなかったんじゃないかと思う。まあ相手ブロックする以外に具体的な守り方はわからないのだが。

おそらく死ぬまであの調子のAを内包して、ジャンルは今後どうなるんだろう。もう自分には関係ないけど、ちょっとだけ気になった。

2018-10-17

anond:20181017133250

果物定義は「食用となる果実」であって、果物とはバナナりんごオレンジなどである。と言ったりはしないだろアホか。

果物」は最初から複数のモノを内包する言葉として定義されてるだろアホか。

性的消費」にはそもそも定義存在しないのだから内包物の説明必要なのは当然。

「「性的消費」を理由表現批判する以上は聞かれて当然だろ」これなんか性的消費の定義は?という問と別だと認めてるのに後付して当然だ!とか脳みそにうじが湧いてるんだろうなぁ。そりゃ相手にされなくて当然っすわ。

後付けもなにも最初から並べて聞いてるだろ。

ある概念批判に使うものが「その概念が悪である証明を求められるのは当然だろ。



お前は定義もなく妥当性も証明されてない概念他人をぶん殴るのが正しい行いだと思っているのか?

2018-10-14

anond:20181014165947

現状の世界の「正しい」フェミニズムってあらゆる反差別内包しちゃってるから

ジャップオスなんて言っちゃった時点でダメなんだけどね

反差別運動はあらゆるものを抱え込んだ挙句内紛起きちゃって先鋭化するから地獄は続くだろうな

2018-10-12

anond:20181012142825

なるほど。そもそも私達の問題の捉え方とその解決策がちょっとおかしいと。

いじめをなくしましょう=学校いじめ認知しなければいじめは無いものとする

学校内でLGBTQに対する差別いじめをなくしましょう=それ以外のいじめはあってもオッケーです

みたいな。なんなの?根本的に問題構造的に捉える能力と、判断力が弱いの?それともそれをなぁなぁ内包しながらコミュニティーを維持するのが日本のいち文化的な側面なの?

anond:20181012142308

実際には多様な問題が平行して存在していて手が回らないという話ではなく

例えばホモ学校イジメられているのは問題だけどノンケ不細工アジア人男性イジメられていても別に問題じゃないという風に

問題を取り上げる動機の発生機序の時点で差別感情内包されているという構造問題だと思います

2018-10-08

anond:20181008233054

怒り自身不寛容内包されているからなあ

ネット荒らし愉快犯が多いので相手境遇を思いやることが無意味になるので怒り、ヘイトになりやすいが

そういう人でも現実では優しい聡明な人だったりする

やはりネット現実には乖離があり、日本死ねが一時期のブームで終わったのはそういうところだろうなあ

2018-10-07

anond:20181007161827

そもそも、その言葉で会話が成立している=その言葉にある程度の志向性限定的意味内包しているだからなぁ。よっぽど意味がズレてると感じないかぎり、いちいち聞く必然性はないという…

「その言葉で会話が成立」してると思ってるのはフェミだけやぞ。

フェミはみな「性的消費って何?」って聞いてるけど具体的定義が返ってきたことない

しろ議論のあとから言い出したらなんにも議論理解してないクソバカでしたと自己紹介してるような恥ずかしいやつ扱いされるのは当然

最初から聞いてるのに答えないクソバカがフェミなんだよなあ

創作」を冠する食い物屋について

創作和食とか創作中華かいろいろ、好感を持てない。

地雷臭というか、素人臭さを感じてしまう。

なるほど店主や調理人のクリエティティを強調したいという意気込みは理解できる。

また、伝統的な調理法や食材提供方法作法価格相場等に束縛されないという意思表示においてのみは共感余地がある。

それでも、何かを調理するなどしたものを金を取って人に食わす行為クリエティティの発露そのものであると思う。

まり、飯屋の看板を挙げて商売すること自体に、ある種の「創作」の意が必ず内包されているわけで。

しろ名目上金を取らないヨメやダンナオカン素人料理こそ、ある種の創作料理の最たるものだとも言えるだろう。

それなのに、わざわざ店名に「創作」を冠する店が少なくない。

中には、家庭料理っぽくて・お手軽で・カジュアルで、Cookpadどおりのレシピみたいなもんなんだけど超ウマい、って優良店(?)もあるよ。

でも大概は「プロの本格料理でござい」的な趣旨を売りにしているところが解せないし、なんともいえない馬鹿っぽさを感じてしまう。

その馬鹿っぽさは、黒T着用にタオル鉢巻で壁に変なポエムが飾られてるラーメン屋と同根のものかもしれない気すらする

美味ければそれでもいいのかもしれないけれど、みなさんはどう思われますか?

2018-10-05

anond:20181005163617

声優みたいに顔出して売れないって大きな欠点内包してるよなあ。

2018-10-04

キズナアイ騒動をみて

SFシチュエーションとして、コンピュータの中で生まれた人工知性が肉体を得たいと思った時に女性体を自発的に選んだ時のあれやこれやを描く、なんていうネタを思いついた。

狙いとしては、

 1,既にある社会関係性の中で生まれた知性体が、その関係性と無関係でいられるのか?

 2,私たち社会社会哲学フェミニズムに限らず)は、そういった人工知性を範疇に収められるのか?

あたりだろうか。

で、多分既に先駆者がいるはずで(1なんかはそれこそAIもの定番であり、どれもそういった要素を内包している)、そういったものを読みたいんだけど、こういう性的社会関係性を描いた作品って、なにがあるかな

追記 あー、「未来のイヴ」は考えてみればそういった論考に近いのかもしれない。

anond:20181004124531

違うね

全く理解してないねこっちの言うこと

教育勅語以降の教育勅語にある要素を内包した思想は、教育勅語無関係かどうか宣言してない限り判別できないでしょ

anond:20181004124722

内包する要素が共通するあらゆる思想が「教育勅語アレンジ」とも言えるわけじゃない?


頭のおかしい人だったか・・・

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん