「内包」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内包とは

2020-05-30

小児性愛カジュアル化」とは何か?それは問題なのか?

概要

小児性愛カジュアル化」に問題があると考えるのは、対人性愛優位を自明視した認知の歪みでしかない。問題があるとしたら、「性愛カジュアル化」にある。セクシャルマジョリティが主導して守ってきた性の規範を、マイノリティが拒絶することにより、「性愛カジュアル化」が現象として起こっているという事実はあると思う。しかしそれ自体セクシャルマイノリティの「政治活動」としての側面があり、一方的断罪することはマジョリティ傲慢である。「批判するな」とは言わないが、慎重になるべきだし、そうした政治性に注目することなく「批判」に終始するなら「ただのポジショントークだ」との誹りは免れないだろう。

小児性愛カジュアル化」は問題か?

批判者が「小児性愛カジュアル化」と呼ぶものの一つに次の事例がある。

しかし、これは所謂「キャットコール」と呼ばれるセクハラ一種であり、「対象児童から問題なわけではない。批判者も、「対象がもし成人ならば何も問題はない」とは言わないだろう。このような事例は「性愛カジュアル化」によって支えられる悪しき文化であり、批判すべきは「性愛」であり「小児性愛」ではない。これを以って小児性愛批判するのは無理があるし、「小児性愛は悪だから悪なのである」というトートロジーに陥ってるようにも見える。では、なぜ彼らは小児性愛を殊更に敵視するのか? 以下は既存議論焼き回しである

小児性愛と成人性愛本質的な違いはただ一つ、「児童との合意は(少なくとも現代倫理規定では)成立することがあり得ない」という点である児童との間に「合意のようなもの」がいくら存在したとしても、それらは全て「合意」とは見なされないし、見なすべきでない。(「合意」の定義児童保護について慎重に議論を重ねた未来では何らかの変化があるかもしれないが、それについて議論するにはあまりにも論点がずれているし、ここでは触れない。)しかし、「故に小児性愛は許されない」と主張するには論理の飛躍がある。ここまでの前提の下で自明と言えるのは、「児童との性的接触は許されない」という一点である

児童との性的接触は許されない」と「小児性愛は許されない」はもちろん同値命題ではない。彼らがこれを同値と見なすのは何故か?それは彼らが、「性的欲望とは常に性的接触によってのみ満足するものであり、それ以外の性的行為は全てその為の準備に過ぎない」という偏見を抱えているからであろう。今回、多くの人形性愛者、フィクトセクシャルさらにはアセクシャルを自認する人々から批判殺到した理由はそこにある。

「(実在児童対象としない、無機物対象とした)児童ポルノは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」と主張する人々は、「成人と性的接触を行うことは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」とは言わない。なぜなら、彼らにとって「性的接触」はそのまま「性的満足」とイコールであり、それが「ゴール」であると無根拠にも信じているかである

性愛カジュアル化」に問題はある。しかし、

前節では、問題本質は「小児性愛カジュアル化」ではなく、「性愛カジュアル化」であると言った。では「性愛カジュアル化」は本当に問題なのか? 結論としては、確かに問題であると私は思う。うぐいすリボン荻野さんも以下のように言っている。

その理由としては例えば、①性的プライバシー問題、②依存性の問題、などが挙げられる。あるいは、「そのような問題内包する言動」こそを「性愛カジュアル化」と呼ぶべきである、という定義づけも可能だろう。

①を語る言葉として「性的自己決定権」「私の身体は私のもの」などがある。余談だが、これは、ラブドールのような性的表象、および自慰を愛好する人々にとっても重要概念である。実際、他人自慰制限しようという試み自体が「性的自己決定権」の侵害であり、セクハラだという批判もあり得る。(参考↓)

話を戻そう。性とはそれ自体が深くプライベートものである。故に、他人性的領域に、物理的にも精神的にも安易踏み込むことは許されない。「性愛カジュアル化」には、その越えてはいけないハードルを下げてしま効果があるのではないか。自らのプライバシーを切り売りしている限りは「下ネタ」であっても、他人プライバシーを暴いたり、そこに土足で踏み入るような言動は「セクハラ」になる。(「下ネタ」を話題にすること自体話題への参加を強要し得る文脈において、それらの区別曖昧だが、それを語り尽くす労力は私には残っていない。)お互いのパーソナルスペース尊重する文化を守るためには、適切なゾーニングを守り、強行的な「性愛カジュアル化」を防ぐことも大切だと私は思う。

②の問題は意外にも語られることが少ない。これは、「ポルノにはなぜ年齢制限が設けられるか?」の問いに対する答えでもある。逆に言えば、「未成年ポルノを見せるべきでない」理由として、「正しい性教育」的なものを挙げるのは、性のスティグマ化に資するのみで未成年に良い影響を与えはしないだろう。

ここまで、「性愛カジュアル化」は問題であることを述べた。一方で、それらを安易断罪することもできない事情もある。それは次節で述べよう。

政治表現としての性表現

荻野さんは次のようなことも言っている。

ここで、各国のゲイ・パレードプライドパレード(LGBTパレード)の様子を見てみよう。

https://www.huffingtonpost.jp/letibee-life/taiwan-lgbt_b_8448268.html

https://lifevancouver.jp/pride_parade_vancouver

https://rocketnews24.com/2012/06/30/224561/

https://www.youtube.com/watch?v=MWiZwUFWs5E

やはり、非常に過激セクシーファッションに身を包む参加者のことが目に留まるだろう。しかしだからと言って、彼らに向かって「ゾーニングを守れ!」と叫ぶことがどれだけ暴力的か、理解していただけるだろうか?

彼らがこのような「性」を明け透けに表現しているのは、それ自体政治意味合いを持っているのである。それ自体政治表現なのである。そして我々の「性」の表現にもまた、そのような側面があることは決して無視できない。対人性愛的なものに背を向け、「オタク」的な性表現をオシャレなものとして、隠語的なコミュニケーションのために消費する文化がウケた理由は、人々がそのような政治性を間違いなく見出したかである。それは単なる「ポルノ」ではなく、「我々の性のあり方」をありのまま表現した、アイデンティティのものなのだ

とはいえ、我々の消費する全てがそのような政治性を帯びているわけでもないし、また全てがポルノ的でないわけでもない。実際のところ、単なるポルノが悪ふざけで表に出てくることもあるだろう。しかし、それらの区別は決して容易ではない。物理的には全く同じインク配列であるものが、文脈や作者の意図次第で、時にポルノであったり、時に政治的であったりする。それらは私やあなた独善的基準で決めつけていいものではない。「法的規制に反対する」という言葉は、私刑を推奨する標語であってはいけない。表現の正しい用法用量というのは、表現者と受け取り手一人一人の良心に委ねられるべきなのである

さらに言えば、政治性とポルノであることが、多くの場合両立してしまっているところにこそ問題の複雑さがある。その区別について「語るべきでない」とは言わないが、本質的に「区別不可能である」ことを前提に、慎重に語る必要がある。そのような必要な慎重さを欠いた言説こそが、「差別だ」と糾弾される所以なのである

誤謬見出し批判することは容易であるしかし、否定することが目的化した人々で集まって、こちらの政治性を矮小化するような言説ばかりぶつけられては、議論にならない。「我々が言いたいこと」は、この文章を通しても伝わるはずであると信じている。

差別を許せないか差別主義者には中指立て

俺は絶対差別を許さな

から差別内包する宗教も許さな

から、もし日本多様性社会になって差別内包する宗教信者が増えたら差別主義者がと罵って中指を立てるだろう

誰にも文句は言わせない

2020-05-25

anond:20200524164144

神は道なんてものは一切作っていない。

まり迷うという観念自体に大いなる誤解があるのだ。

だがお前は言うだろう。

 でも卵子というのは明確なゴールではないか

 ならば道はそこへ至る経路に限られるはずではないか

答えはNoだ。

そのように行われるものこそが生殖である、と人間勝手世界の再解釈をしたに過ぎない。

世界には無限可能性が織り込まれている。

同時に無限の“非”可能性も内包して、それを決して排除しない。

無限を支える為に逆の無限無限に割り当てられている。

これが神の意思であるところの世界である

具体的な個別事例については各々で演繹されたい。

その処理に耐えられる自信があるならば、だが。

今日の説法はここまでだ。グッナイ。

2020-05-22

anond:20200522162237

環境問題にブチギレるグレタさんにイラつくおじさんと同じ構図だと思う。

過剰な怒りを内包する表現には反発も大きい。怒りたいだけなら別にいいけどね。

2020-05-20

anond:20200520112636

言葉遊びダブルミーニング内包されてるがダブルミーニング言葉遊び内包されてない。

「左」の部分を「左翼」とのダブルミーニングにするには左翼に対して匂わせる言及もっと必要

例外なくミサンドリスト左巻きだよね

はてなあん事件があっても絡んでくるようなキチだから読まずにスルーしてるがみんなどうしてるの?

ではミサンドリストキチガイしか読めない。

例外なくミサンドリスト左巻きだよね

バッシングするやつか、政府文句言ってるやつしかいない

はてなあん事件があっても絡んでくるようなキチだから読まずにスルーしてるがみんなどうしてるの?

だったら左翼とのダブルミーニングになりうる。

勉強になったね、お礼はいいよ。

2020-05-16

anond:20200516012814

それは、強くなることに囚われていて、賢明であろうとする姿勢蔑ろにされやす文化圏がそこにあるからだ。

東京に多いというだけで、田舎の一部のヤンキー文化圏でもそうだし、日本にも限らない。世界経済都市は少なからずそうした側面を内包する。

けれど、そういう部分も含めて世界なのだ。不可分であるからこそ、世界は美しい。

2020-05-13

anond:20200512235752

そもそも10である可能性を否定肯定もできないですよねっていう質問に何の意味もないじゃん

今言えるのは126倍より少ないだろうってことだけですって回答がおかしいとはおもわんけど

普通脳みそしてたら質問に対する答えを内包してるのわかるし

2020-05-12

anond:20200512102923

うんだからまず「キモくて金のないおっさん面白がっている」奴なんていないじゃん?いや世界の何処かにはいるのかもしれないけど、具体的に誰に馬鹿にされているの?と聞かれても答えられないくらいにはいないわけじゃん。

で、NHKなり余所ニュースサイトで「キモくて金のないおっさんが」なんて言い回しするわけもなく、その「一般おっさん問題」にキモくて金のないおっさん問題も十分内包されて、世間で同情や問題への批判を集めていると思うけどな

キモくて金のないおっさん面白がっているのは、他でもない君自身なんじゃない?

anond:20200512084823

いや違うね。すべての人はかつては小児だったので、大人になっても小児の頃の自分内包している。小児性愛者を見ると、無力だった小児の自分が嫌なことをされているように思って、あるいは小児の頃に嫌なことをされた記憶と恨みが蘇って怒りが湧く。ミソジニスト高齢女性が若年女性への痴漢を怒るのを嘲笑するが、あれは女子高生だったころに抱いた痴漢への憎しみが蘇って、昔の自分を守りたいだけなんだよ。小児性愛者への嫌悪は、子供自分を守りたい、今は大人自分の戦いなんだよ。

2020-05-09

木曜深夜の例の件について

出発点はアレな発言とはいえ、その発言根底にあるもの断罪されて、じゃあなんでその話が出てきたんだろうみたいな話を

ずっとしてるのってたとえコンビ間の問題矮小化した、としても、俺には反省しか聞こえないんだけど、謝罪降板だ表舞台から

消え失せろだ言ってる方面人達批判ってどこからきてるんだろう。

少なくとも当事者ではないように見える人々が、あたか自分たちは正当な代弁者です、みたいな顔をして、当事者が望んでいるか

望んでいないかはよくわからない、代弁者自身の望みを「謝罪」や「反省」に組み込ませようとする姿は「ゆすり」「たかり」の類に見えて

ドン引きしている。

謝罪を受けるべき人々っていうのがそもそも誰かよくわからないし、この件に接して不快になった人々のその理由も各々様々な感じ方が

あるからそれぞれに対して必要十分な謝罪というのは現実的ではないと感じる。

から反省」を公開説教根本を糾すことで示すのは一つのやり方だと思うし、根本を糾すこと自体相方が「どうかしている」と思うことを

掘り下げる形で進めていくというアプローチを用いたのもよかったと思う。

浮き彫りにされた「どうかしてる」立ち振舞いが詳らかになっていく上で、ヘビーリスナー野次馬も、さらなる断罪に繋げようとしている人々も

内包される問題をそれぞれの感じ方や揚げ足のとり方として受け止めたはずだ。

特定相手がいない、人としてどうかしてる発言に対する真摯謝罪や、反省をする機会があるのならば、どうしてその発言をしてしまたか

というところに立ち返るのは割と自然な流れだと思う。

炎上した事によって貼り付けられた「人としてどうかしてる」というレッテルを剥がすためではなく、何が問題だったかゆっくりとでいいか

確実に理解していくためだ。だからゆっくりと様々なことを語っていく中でたどり着いた、「結婚のすすめ」も理解できるものだった。

結婚」することの副産物として、「他者への感謝がない」「社会的責任感の欠如」「逃げ癖」等の機会点の改善につながるのでは?

との提案は、自分自身結婚を契機に自身の変化を感じた経験からくる発言だろうと想像つくし、本気で結婚する決断に至るまでの思考

や行動は相手を慮ることも含め、避けて来たことに正面から取り組むことになるだろう、との考えからだろう。

普段から聖人君主をキメている人たちの中では「コンビ間の話に矮小化した」という批判を見かけたけれど、今回の話で、自分に言われているか

のような思いをして身につまされる思いをしている人がいるのは象徴的な話なのだと思う。

反省してるなら金を出せ」「死ぬまで謝罪しろ」って言ってる弱者の味方勢(は自分罵声さえ鳴り響けば反省しようがしまいが見えないふり

するしどうでもいいと思っていると思うけど)が思っているよりも大きな規模で、今回のことがどれだけのことだったか自分の性根を見直そう

という啓蒙が行われたんじゃないかと感じている。

また、発言した張本人が何が問題かわかってないと評されてるのも尤もな話で、おっしゃるとおり何もわかってないと思う。

これから知るのかもしれないし、一生わからないのかもしれない。こっちもわかってるつもりでわかってないかもしれないし、とにかくわからんのだけど

逆に実はちゃんとわかってたら本当にヤバいやつじゃん、サイコパスじゃんって思ったりはする。

そう考えたら俺はなんか、許せてしまった。サイコパスに騙されてるのかもしれないけど。

怒る人はこれからも怒ればいいし、署名集めて失職させて芸能界から追放したいと思って行動するならそれもありだし、この件を利用して

政治活動やら人権運動やらなんやらすればいい。ただまあ、見てる人は見てるってだけだ。

まあ、最後の「わーわー言うとります」を久しぶりに聞いて泣いた勢なので単なる贔屓の引き倒しなんですけどね。

2020-05-04

anond:20200504194805

でもこれまでキモくて金のないおっさんが職を失って死んでいても特に深刻度があがったりしていませんでしたよね

何によって深刻度が上げるべきかどうかの判断の時点で既に差別内包されていると思います

anond:20200504150150

エントリの後段で私は端的にそれが「差別」であり「この社会では差別が許されないこと」も「当人属性問題を転化することは言語道断であることもかいています

書いてあるにしても、↓前回の文章にて書かれた内容に内包する形で、あなた自身言葉の通りの事を体現していませんか?+風俗は賤業を2回。

本来差別が許されないことであるのと、差別存在することは両立します。

差別は許されないが、差別現存しており、被差別的な扱いを受け(させ)たくないという感情もあるので、人は差別を遠ざけようとする為、差別再生産されます



多くの人間が賤業だと思っているので、マグロ漁師とは異なると考えている、と言っています

「多くの人間」とは、具体的に統計がとれた上で言っている見解ですか?

あえてお聞きします。「風俗業を賤業」と思っているのは、誰の意見ですか?

エントリの後段で私は端的にそれが「差別」であり「この社会では差別が許されないこと」も「当人属性問題を転化することは言語道断であることもかいています

ですが、性風俗業を差別してはならない、と言っているだけだと、現実として性風俗従事者に行われている不利益配分、スティグマ化が覆い隠されてしまうことを問題視して、

性風俗業が賤業であるとみなされていることをまず直視する必要があると思い、そのように言及しています

エントリの中に私自身が性風俗従事者を差別し賤しめることを是認、推進していると読める箇所はないはずです。

要するに、あなた意思通りに解釈するのなら、「客観的に賤業として貶められている」と言いつつも、客観性も断定できる要素もなく、あなたが断定している意見ですよね。

子供が、「だってみんなが○○やってるんだから・・・」と言ってる根拠と変わらないと思います

あえて再度お聞きします。「賤業」と思っているのは、誰の意見ですか?

どれほど風俗水商売の事を知った上で発言しているのか知りませんが、中途半端知識正義を振りかざす人ほどタチの悪い物はありません。

差別肯定していません、でも差別はすべきものなのです、この論理展開が一番被差別者にとって迷惑です。単純な差別よりもタチが悪い。無自覚なら偏見でしょう。

スティグマやら再生産という言葉を使うくらいなら、それくらい身につけてから意見を述べるべきです。

2020-05-01

anond:20200501172918

いや、「岡村隆史男尊女卑に走った原因は妻や彼女がいないことである」は「妻や彼女がいなければ、男尊女卑に走る」を内包しているぞ

内包していないなら、「岡村隆史男尊女卑に走った原因の一部は妻や彼女がいないことである」としなければならない。

2020-04-28

エロ絵でコンドーム散乱してるやつ

あれ凄いよな。超律儀な男じゃん。

コンドーム1ダースくらい使って、全部結んであったりするだろ。

普通無理じゃね?お前A型の極みかよ。そもそも12回もできねぇ、という野暮は言わないとしても、出す、モノを抜く、ゴム外す、結ぶ、次のコンドームの封切る、着けるってことを11回やるわけだろ?

それ想像して笑っちまって抜けねぇ。

イラストだとケダモノのように犯してるように見えるけど、実際は外して結んでつけるという作業ちゃんとやってるわけだよな。

その間女の子どうしてるんだろ。

「あー…もう疲れたわ…」って絶対なるだろ。でもやっぱり男がまた挿入してきたらイラストみたいな感じにアンアンちゃうわけで。ものすごい演技力じゃね?淫乱とか堕ちとかそういうんじゃなくて、普通に冷静でかつノリのいい理想女の子だろこれ。

描いた人の意図としては「理性を失うくらいのセックス」なはずなのに、同じイラストの中に「二人が真顔に戻る瞬間が11回もある」ことを内包してるわけだよ。これ凄くね?

コトが終わった後のその二人の会話が気になる。絶対内心で「いやーキツいわぁ」ってなってるって。でもそれ言うと相手の頑張りに水さしちゃうから、ウェヒヒとか笑ってごまかすしかないわけだろ。

和んじまって抜けねぇ!

しかも、クッソ汚いオッサンでもたまに全結びのA型の鑑がいる。下品で臭くて男の俺でもマジ勘弁なオッサンでもちゃんと結んでるんだよ。

これは快挙だろ。いや、何が快挙なのか意味分からんが、見てるこっちとしてはさ。そういう気持ちがしてくるだろ。

しかも結んだコンドームがプリップリなのも気になるんだよ。

なんか…あのゴム厚くね?

つーことは、すげぇ激しくセックスをする性豪と見せかけて、早漏防止の極厚コンドーム使用しているという推測が成り立つわけだよな。

女の子をほしいままに蹂躙する!!!

という絵面に反して、「極厚コンドーム自分のコンディションを調整する男」という妙に冷静な視点が加わるわけだよ。

A型金字塔だよ。お前がナンバーワンだ。

以上のことから使用済みコンドームが散乱しているタイプエロ絵の男は

・数回~十数回も訪れる『沈黙時間』に屈することな行為を行い続けられる鋼の精神力

・「もういいだろ…」という空気ものともせず行為を行い続けられる不屈の精神力

・きっちりと全結びをしていく巌のごとき精神力

早漏という己の弱点を認識し、テクノロジー解決していこうとする柔軟な対応

を兼ね備えた存在ということになる。

女性視点で見るとすげー迷惑だなこれ…。

疲れてんだから早く終わらせろよとか思ってる間も男はしっかりと極厚コンドームを結んでいるわけだよ。

辛いわ…。

もう俺、コンドーム全結びタイプエロ絵じゃ抜けないわ…。

昔はあんなに好きだったのにな…。

2020-04-26

anond:20200426163712

いちおう1度あるかどうか?というのは

悪いケースだと1度もないかもしれないという意味内包しているよなぁ

2020-04-13

anond:20200413225733

カワイイはすべてを内包する――ユニバースレベルの懐の広さが逆に良いのだよ

キャラクター無限可能性を秘めているだろう?

2020-04-10

ツイッター群体(思い込み駄文

絵が綺麗だなと思って何となく見ると、比喩もなく何にもかかってない平凡な心情の垂れ流しをみんなが褒めていた。

この感じどこかで、と思ったら十年以上前にもなる携帯小説ブームのノリに近いのかもしれないという感覚に到達した。

読者も読者で、かつてドスト批評に「感動しました!」とか頓珍漢な感想を書いていた層に比肩する連中だ。

多分彼らは本音批評なんてする気もなく、適当に褒めとけばいい程度で感想を書いているんだろう。

これはたしかコミックスが売れない。実際金を払ってまでは皆ほしいと思わないらしい。

建前の裏側がコミックの先細りに直結している。漫画という果実は熟して今まさに腐り落ちようとしている。

別段玄人受けすればよいのではなく、最先端なら最先端なりに尖ったものや、極まったもの必要だと思う。

それがまるでない。

好きでもない友人を戦略的に増やしつつ、有名無実になることを専一に考えるのだから完成度は二の次になるのも無理はない。

本題。

思えばツイッター代表する文化なんてあっただろうか。ウィヒッヒー?

思い出せるものがほぼなにもない。

ツイッターには流動的な群体があるのみで、2chニコニコ固形物の保守的世界とはかけ離れている。

あんなに血が濃い集団はいまやニコニコはてなくらいになってしまった。無論それがいいとも思わない。

けれども群体として「名無し」であるツイッターはかつて殷盛を誇った名無しの集団よりも名無しになってしまった。

それこそ集団流行病のようだ。ニコニコでバズれば歌い手デビューするのか、という思いが巡る。

はてなでバズれば面白いアプリケーション開発者が出てきたのかと想像を巡らせる。あるいは村の闘争か。

ツイッターにおいては芸人か何かが一時的に有名になったのか程度しか思い浮かばない。

このあいまいさの問題ツイッターという母体が様々な形容内包しているからだろう。

EU的な集合体ツイッターなのではないか。けしてアメリカ的とは言えない。

多くのアメリカ人はアメリカを誇りにし、とき嫌悪批判するが、ツイッター民に自国意識はおそらくない。

明日使えるメディアが登場すればあっさり裏切ってそちらに向かうだろう。

そこにはマスとクラスタがあるだけでつながりといえば共通話題ユーロ)だけだ。

時々カタルーニャイギリス独立宣言するが、それをやる人物はせいぜいは5chで叫ぶ程度だ。

大利益を享受できるツイッターを彼らは捨てることはできない。

一致団結できない群れが国家形成すれば、それこそEU中国のようなまとまりのない中身になる。

システムがそうなのだからやがてツイッターはほころぶのではないか

国家になぞらえるのは無理があるか。

まあ、駄文。頭の中の妄言をそのまま推敲しないとこうなる。

2020-03-27

python有識者教えてほしい

a = [1, 2, 3]
a = [a[i]+1 for i in range(3)]
print(a) # [2, 3, 4]

リスト内包表記ってこう書くじゃん?

a = [1, 2, 3]
a = [a[i]+1 for i in range(3)]
def b():
    print(a)
b() # [2, 3, 4]

これでも問題ないじゃん?

a = [1, 2, 3]
def b():
    a = [a[i]+1 for i in range(3)]
    print(a)
b()

これだとエラー

なんで??

クラスに1人はいカーストぼっち女がその後どう生きるか

スクールカースト外の女。

いじめられている訳でもなく、ただ「存在がないもの」として扱われる女。

いわゆる底辺カーストグループとも相容れず、修学旅行の班決めなどで「ガチの1人」で人数の足りない班に突っ込まれる女。

「仲の良い友達について書きなさい」系の課題を空欄で提出する女。

そんな女がクラスに1人はいなかっただろうか。

私はそんな女だった。

インターネットには「私はいじめられていた」「カースト底辺だった」といった女は多いが

このタイプの女はインターネットでも息を潜めていることが多い。

いわゆる「Twitter面白いこと書いてるオタクグループとも「インスタでウェイウェイする」グループとも相容れず、ひっそりと壁打ちなどをしている。

それでも、この手の女は必ずいて、大抵はなんとか大人になって生きている。

そこで、なかなか表に出てこない「クラスに1人はいあいつら」がどう大人になるのかの例示をしようと思う。

この手の女が今、インターネットのどこにいるかといえば、

まず、インスタよりはTwitterが多い。

なぜなら、この手の女は得てしてオタク率が高めだ。もしくは一時的ぼっちを脱した期間にオタクグループに属するケースが多いためだ。

創作活動をするタイプもいる(私はそれだった)が、基本交流ができず壁打ちである

Twitterはいわゆる「声のでかいオタク」や「文化部ノリの同人女たち」にも混ざれず、彼女たちを遠巻きに眺める、学生時代と似たような日々を送ることになる。

しかし(個人的に)この手の女がより多く所属するコミュニティは「たぬきである

たぬきとは、バンギャ(V系バンドファン)とバンドマンが書き込む掲示板であり、2chと似た体裁ながら独自ルールを多々持ち、

健全バンドについて語るだけでなく「有害ギャ」(迷惑ファン)の晒しや、水商売風俗勤めの愚痴など、様々な話題内包している。

(一応、本家たぬき」はバンギャ以外書き込み不可のため、面白半分でパンピ(非ファン)が書き込むのはやめよう)

ここにはもちろん「女の悪口」の掲示板であるため友達徒党を組むギャも多いが、「友達彼氏もいないギャ」「彼氏はいるけど友達がいないギャ」が多数書き込みしている。

そう、ここで読み取れることとして、「この手の女ぼっちは、友達ゼロだが彼氏はいるケースも多い」ということがわかる。

この手の女ぼっちは、やることがなく暇なのと、自分友達がいない理由を「容姿」に転嫁するケースがある。

私自身がそれだった。中学時代に「友達がいないのは、自分の見た目のせいでは?」と考え、摂食障害を患うまでダイエットをし、髪を整えた。

ただし、実際のところ容姿わず友達が多い人は多いものだ。

ここで、素材次第で完成度は違うが「容姿を整えたぼっち」が爆誕する。

容姿を整えているのと、理由はよく分からないが、女友達同士でつるんでいないからか?、この手の女は、友達ができなくても一部の男性から受け入れられる場合がある。

ここで普通に付き合って仲良くして、ならハッピーエンドだが、ここは友達がひとりもいない女の距離感である

ここで分岐するルートは3つ。

ハッピーエンド、もしくはぼっち卒業(レア)

・言い寄られても付き合えずぼっち継続

そして

ヤリマンorオタサーの姫爆誕 である

ぼっち女は友達いたことがないので、人との距離感がわからないことも多い。

初めて好意を示してくれた人が男性で、かつ性的接触が発生などしてしまうと、「人とはこう付き合うのか」と思い込んでしまう。 

結果的に、好意を示す者全てに身体を許す、身体を許さなくても男を引き連れて遊び回る。

私は前者だった。

結果的に(詳しく書かないが)、トラブルが発生しまくったため引退することになったが、そうしていた頃は「自分にも友達がいる!」と自己肯定感に溢れていた。

そうはいっても、セのつく友達なのだが。

社会人として暮らすと、ぼっち女の多い職種、少ない職種がある。

私はなまじ面接だけペラペラ話してしまったため、ぼっち女のほぼ皆無の職種で働いている。

体育会系職場で働いていると「友達は当然いるもの」として扱われる。

ぼっち女も大人になる。

大人になるに従って、「傷つけられないやり過ごし方」を身につける。

取り繕って「友達のいる普通の女」を演じ始める。私がそれだ。

したがって、ぼっち女はお互いに気づくことがない。皆がぼっち女に気づくことも少ない。

ただ、同僚とも仲良くなれない。職場友達はいない。

ただただ、今後もぼっち女はぼっちであり続けるのである

きっと、将来はぼっち老婆になるのであろう。孤独な老人が多いという昨今、ある意味この人生はそのシミュレーションなのかもしれないな。

2020-03-13

私はヒプノシスマイクが嫌いだ。

私がヒプノシスマイクを嫌いになった原因の一端として、宇崎ちゃん献血ポスター騒動がある。

献血ポスター騒動は、ネット上では広く議論されていたので知らない人はいないだろうが、簡潔に説明するとポスターの絵柄が女性性的搾取していると主張をする女性が多くいたのだ。

私の周りの女オタクたちも大半が不快だと声高々主張をしていた。

宇崎ちゃんポスターの是非については、趣旨がズレるので私の意見割愛する。

私が気持ちが悪いと感じたのは、宇崎ちゃんポスター批判していた女性達がヒプノシスマイクのコンセプトに一度も切り込んでいない事だ。

ヒプノシスマイクのコンセプトについては、「ヒプノシスマイク怖い話」という匿名ダイアリー話題になった事があった。

世界観女尊男卑文字がある事、男が虐げられている事を理由に女を攻撃する作品のあり方に問題があるのではないかというような内容だったかと思う。

しかし、

そうして話題になった時期があったにも関わらず、私の周りの女性達はヒプノシスマイク世界観に疑問を呈する事は一度もなかった。

公式サイトからこっそり女尊男卑文字が消された事に反応しなかったし、そもそも世界観必要性女性蔑視の傾向がある事に触れることすらなかった。

そんなに彼女たちが宇崎ちゃんポスターの件で一斉に女はいつも搾取されていると主張を始めたので私は心底驚いた。

ヒプノシスマイク世界観スルーした時点で彼女たちは、創作作品におけるある程度のミソジニーを許容しているものと思っていたからだ。

彼女たちは別の土壌のミソジニー問題視する割に自分たちホームであるヒプノシスマイク女尊男卑という名の皮を被った女性軽視に目を向けない。 

宇崎ちゃん擁護する男オタクを口汚く罵りながら、女を軽視する世界観を歓迎する事はダブルスタンダードではないだろうか。

正確に言えば私は自分に関りのないジャンルミソジニー問題視する癖にヒプノシスマイク推している女オタクが嫌い、という事になるのだろう。

その範疇から飛び出て作品にまで嫌悪が及んだのは、問題内包されている作品を好きだと公言しながら、他所の粗を強い語調で責める立てる女性たちをあまりに多く見続けたからだ。

オタクであるからこそ、コンテンツの出来不出来以外の部分で作品を嫌忌している現状は苦しい。

一定以上の年齢の人間ターゲットに据えた作品において、誰も不快にさせない表現をするというのは不可能だろう。

それは、ヒプノシスマイクも宇崎ちゃんも同じだ。

私が今まで好んできた多くの作品例外ではない。

どんな作品も人を傷つける可能性があるからこそ、他人の好むもの批判する前に自分の好きな作品を思い返してほしい。

あなたの好きな作品も何処かで誰かが不快になる表現をきっとしているはずだ。

問題のある作品を好む人間議論をするな、問題提起をするなと言っているのでもない。

ヒプノシスマイクが嫌いだ、などと八つ当たりしかないタイトル日記投稿した私が言えた義理ではないのも重々承知している。

しかし、

何かを読んで不快だと、問題があると感じた時、強い語調で主張を書き込む前に一度でいいから別の表現がないか検討してほしい。

私はできれば、誰かの好きな作品を無闇に嫌いになりたくないのだ。

2020-03-06

"性格の悪いキャラ"を愛せよ

キャラパスタ食べることをdisられたからなんだっていうんだ

ミソジニー内包してる男キャラエロいじゃんか

おそ松さんが女オタにめちゃめちゃウケたのもそういう需要があるからだと思う

現実ミソジニストクズ男は関わると実害があるので気軽に近づけないが、「自分に実害がない場所にいる」男キャラならそのクズさや無意識内包されてるミソジニーも愛せる(消費できる)

このキャラのこういうところが最悪!うわっコイツこんなこと言うのかよ!こういう奴がもし現実にいたら絶対関わりたくない、マジで何なんだコイツ…みたいなキャラも、架空人物から(自分に実害がないから)こそ、一歩引いて(でもそこが良い〜)と眺めることができると思うんだけどな

まあそれは作り手側がキャラクターに欠点(例えば「女はパスタ好きw」みたいな薄らとした差別意識)を加えることで味わい深いキャラクターにしよう…という意図があったなら(つまり「女はパスタ好きw」という考えは偏見であると作り手側が理解した上で作っているなら)の話で

ただ単に何も考えずに言わせたならそれは作り手側が自分偏見認識してないっていうことになるんですけどね まああんスタはそのセリフに関しては何も考えてないだろうね多分

2020-02-27

正しさは人を救わない

人は苦しい時、正しくあることで救われようとする。これは自分が正しければ悪いことは起こらないはずと言う直感によるものだ。この直感公正世界仮説と呼んだりもする。

しかし、正しさは人を救わない。なぜなら公正世界仮説は間違っていて、世界というのは理不尽からだ。その人の正しさはその人の幸せ保証しないからだ。

正しさが人を救う例外が一つだけある。それは宗教だ。なぜ宗教なら正しさで人を救えるのかというと、その宗教世界観をもって公正世界仮説を無理やり構築しているからだ。例えば、悪いことをすると地獄に落ち、正しく生きれば天国に行ける、などという世界観で。

この宗教世界観を信じるのならば公正世界仮説は仮説ではなくなる。正しく生きれば良いことに報われるという、現実とは違うことが真実となる。

余談だが、ポリティカルコレクトネス宗教的に信じている人々がいるように見える。政治的に正しく生きれば人生が報われると考えている人はやはり公正世界仮説を信じており、それは現実とは違う宗教に他ならない。

そして、公正世界仮説が間違っているという理由のほかに、正しさが人を救わない理由がある。

それは、正しさというのは正しくないものへの糾弾内包しているからだ。自分けが正しければいいという態度を取り続けれられる人は仙人みたいなものだ。普通の人は自分が正しいという確信があればあるほど正しくない人への糾弾をし始める。宗教が時に排他的になるのもこれが理由だ。だが、他者糾弾することがその人を救うことにつながるかというと、これもまた否である

そして、その糾弾は時に自分にも牙を剥く。間違えない人は居ないというのに正しくあることを自らのアイデンティティとしてしまうと、間違えたとき自分糾弾してしまう。自らを裁判にかけるというのは非常に苦しいものだ。

からやはり、正しさは人を救わないのだ。

2020-02-25

anond:20200225171941

オタク向けイラストとして「エロく描こう」という意図東北ずん子には無いで(ただその閾値に達しないセクシーさはあるで)。

二次創作パンツ丸出しの絵が描かれたからといって「元の絵にエロさが内包されている」とは言えへんで。

とりあえずこの二点やな。

増田が「これエロっ」と思う感性を持っていることは否定せえへんで。それは個人勝手や。

2020-02-18

anond:20200217165325

何の記号、という言葉時代によって変わる。それも文化の一端なんだとおもう。ただ、現状おまんこを内包するおまたが性的ものである以上あの記号エッチと捉える人が多いのは当然だと思う。エッチなことは公的にいけないものなのか?議論を呼ぶところだけど私の回答は現状、人権を守るために性的表現公的もの表現するのはやめるべきだと思う。性的人権侵害を防止するために。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん