「兵士」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 兵士とは

2019-04-26

スーパーマリオ64想像をすれば秒で寝れる

アメリカ陸軍兵士も取り入れている「2分で眠りに落ちる」テクニック、昨日試してみたらスッと寝れた!

全然眠くないし嫌な事思い出して眠れなかったんだが、大きく伸びをして、顔の筋肉をぐにぐにほぐして、肩の筋肉に力をグッと入れてから力をだらんと抜いて(一度力を入れた方がより力が抜けやすい)、手をグッと握って力を抜いて、上の方から足先まで力を抜く。

はじめはハンモックに揺られる想像をしていたけど、いまいち暇で嫌な事思い出してきたかスーパーマリオ64を遊んでる想像に切り替えた。

城の外からスタート足音サクサク、鳥がピーチク、ほっ!ほっ!ほほう!と三段ジャンプで城に向かいドアを開ける、左側にキノピオ、てってってっててれれーBGMが始まる。

上を見上げると眩しくなって空のステージへ。BGMが変化、ぴゅううと風を感じながら空を飛ぶ。あとは好き勝手色んなステージ冒険する、オススメすべり台、あと水のステージ。みずびたシティじゃない方な!名前思い出せないけど。

ぐわわ、ぐわわ、ってどんどん下に潜ってくんよ。知ってた?あのステージ深さでBGMの賑やかさ変わるんよ(気のせいかも)

ともかく想像自動化してきて、意識せずとも場面がパラパラ変わるようになったらあとは秒で寝れた。

アメリカ軍ってすっげー!

2019-04-25

anond:20190425094816

戦争真実」とかい目的兵士日記を探していたらそりゃあお察しだろうさ。

 

兵士日記を読んで見つかるのは兵士経験で、兵士戦争を左右なんてできない立場だったんだから

チャーチル日記とか見つけろよ。

歴史

どこまでいっても伝言ゲームしかないと分かれば歴史に過度な期待もなくなる。

戦争について真実を知りたい」となったとき従軍していた兵士の日誌はみつかる。

ただし、それ以上の資料はない。当時の資料孫引きの言説ばかりだと気づく。そこ止まりで終わり。

2019-04-23

http://ch-gender.jp/wp/?page_id=2226

戦争強姦は付き物だからな 犠牲になるのはいつも弱者

ただ兵士になるのは貧困層被差別層が多いという点にも注意する必要がある

救いなさすぎワロタ

2019-04-21

anond:20190421214628

非常時に人材活用したあと、家庭復帰のケアを怠ったのは権力者側の手落ちだと思いますけどね

近代国家なら、ある程度は戦争から帰ってきた兵士再就職とか傷痍軍人治療みたいな面倒見るもんでしょ

戦時中「女も働け」つっとって、戦争が終わった途端に放置とか、無責任じゃないか

anond:20190421210640

うん、それも事実

ここで重要なのは、男がみんな兵士に行ったから女を労働市場につぎ込まざるを得なかったという、即物的資本側の要請だった点

それまで一部のフェミ女性社会進出を唱えても容易に実現しなかったのが、戦争という(保守的愛国的・タカ派的な!!)事情簡単に実現した皮肉!!

そういう意味じゃ大して「フェミ思想」の成果じゃねえっすよ

anond:20190421202446

女の権利みたいな話が出てきたのって、平和繁栄と銃のお陰で男の兵士としての必然性が低下して、家電製品社会保障義務教育のお陰で女の主婦としての必然性が低下したから、だと俺は理解しているが。

 

あと少子化の原因って、産業化が進んで晩婚が進むのと、娯楽が増えてサックス以外の楽しみが増えるからだと思う。

不可分というか、原因と結果の関係にあるということ。

フェミニズムで家父長性が崩れたから、とかではなく、少子化の原因とフェミニズムの原因が同じってだけだね。所謂疑似相関。

ちな横。

怒りは貧者の娯楽なので、MTGも怒りを娯楽にして貧者も楽しめるようにしようのコーナー

いえーい、ケイヤちゃーん、今日も怒ってるー?

怒るのって気持ちいいですよね。

そこで、白を含むPWたちに怒ってもらいました。

Nahiri's Wrath / ナヒリの怒り (白)(白)(赤)(赤)

ソーサリー

クリーチャーをすべて破壊する。あなたライブラリーから備品を、あなたコントロールしていてこれにより破壊されたクリーチャーの総数に等しい枚数探し、それを戦場に出し、その後あなたライブラリーを切り直す。

(弱くね? 装備品だしてもつける先がないやん。あと、ナヒリの怒りはもうあるよ)

Ajani's Wrath / アジャニの怒り (白)(白)(緑)(緑)

ソーサリー

クリーチャーをすべて破壊する。あなたあなたコントロールしていて、これにより破壊されたクリーチャーの総数に等しい点数の緑マナを加える 。

アジャニってマナやすイメージなくね?)

Teferi's Wrath / テフェリーの怒り (白)(白)(青)(青)

ソーサリー

クリーチャーをすべて破壊する。あなたあなたコントロールしていて、これにより破壊されたクリーチャーの総数に等しい枚数の土地アンタップし、さりげなくカードも枚数分引いちゃえ引いちゃえ。

(さりげないドローハゲ特権

Gideon's Wrath / ギデオンの怒り (白)(白)(白)(白)

ソーサリー

クリーチャーをすべて破壊する。あなたあなたコントロールしていて、これにより破壊されたクリーチャーの総数に等しい数の白の6/6破壊不能警戒先制攻撃絆魂の兵士トークンを生成する。

その後、ギデオン新規カードとして刷られない。

銀枠においてはその限りではない。

(そう、実はこの記事ギデオンへの追悼の意味が込められていたんですね、悲しいですね)

2019-04-20

anond:20190420191941

それそれ!

ありえない前提で言うけど、

もし女性自分たち徴兵しろ!という運動をしたら、正しいフェミニズムだと思う。

さらにあり得ないことを言うけど、世界軍隊50%女性になれば、男性兵士戦争意欲ってかなり減退すると思う!

2019-04-15

anond:20190415004530

まじめに興味があるのだが、戦争のどこに希望を見ているのか。

 

兵士として生き抜く自信があるとかならわかるが、恐らくそうではないだろう。

2019-04-14

[] 敗戦後の日本人戦勝国奴隷

いつもアメリカにペコペコしている日本人メンタル

外国人日本人を見て「戦争に負けて奴隷にされるのは悲惨」と学んでいる。

アジア各国も「優秀な奴隷を目指して競い合っている日本人」を見て驚愕している。

「どんだけマゾなの?」と。

 

マゾを通り越して、奴隷こそ最高の人生と開き直っている。

もはや外国人には日本人メンタル理解不能だろう。

2019-04-11

[]キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベル』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向けですぞ

総評

ほどよく100点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。ふむふむ満足であるぞ、と思いつつ帰路についた。とは言え、帰路において考察が止まらないとかはなく、色んな部分が程よく狙ったように及第点ではある。

MCU(マーベルヒーロー映画シリーズ程度のことだと思いねえ)ファン的にはくすりとわらえたり、ほろりと出来たりする要素はありつつ、全体としてのアクションCGバトルの派手さも有りつつ、脚本もウザくならないように欠点塞ぎつつ、いい感じというのが個人評価。大傑作じゃないけど程よく佳作。

ゆえに以上で感想終了である

ヒーロー内面資格

というわけで、ここからさきは感想じゃなくて感想風になる。

キャプテン・マーベル』は良かった。しかし、実はその良かった部分が自明じゃない。様々な要素が程よく及第点から全体合計で佳作なんだけど、何か突出した、訴えかけてくる部分が見つけづらい。

でもそれって無いわけじゃない。無かったら上映後もっと気持ちが尻すぼみになったと思う。だから良かった部分をちゃん言語化しておくほうが良いと思ってのメモだ。

いろいろ考えてたのだけど、『キャプテン・マーベル』は空っぽなところが良かった。その内面というか、背景が、他のヒーローに比べてポジティブに空白だ。そこが素晴らしく良かった。

ヒーローというのは超越的な存在で、それは能力的なものもそうなのだけど、内面的にもそうである必要がある。「信じられないほどの苦境や絶望に対して敢然と立ち向かう断固たる決意」みたいな部分だ。しかし一方で、ただ超越的であるだけではなく視聴者である凡人の僕らと地続きである必要もある。そうじゃないと視聴者ヒーロー感情移入することが出来なくて、彼らの苦悩や活躍他人事の白けた話だとしか思えなくなってしまうからだ。

アイアンマンキャプテン・アメリカというスーパーヒーローであっても、彼らの抱えた周囲から無理解へのいらだちや、内面孤独や、大切な人を失ってしま絶望という様々な苦難は、もちろん具体的な状況は違うのだけど、僕ら一般人生活を営む上で出会うそれらと変わりがない。ヒーローヒーローでありつつ僕らと同レベル人間存在であって、その同類が困難に向かって立ち上がるから胸が熱くなる。

マーベルというアメコミ企業は、扱ってる商品性質上、ヒーロー専門家であって、ヒーローについて多分毎日毎日めちゃくちゃ真剣に考えているから、そういうドラマの基本を十分に研究していてヒーローを生み出している。

その結果、例えば肉親を悪の襲撃や事故で失ったり、自分の将来の希望を奪われたり、社会からの拒絶で友を失ったり、両親との関係コンプレックスがあって取り戻せなかったり、愛を交わしたパートナーに去られたりする。……よくあるなー。

そういう内面的な危機を乗り越えた「から精神的に強いヒーローなのだー! ばりばりばりー! みたいなシナリオは本当に多い。でも、それってなんかこう……やりすぎて陳腐になったり、これみよがしな悲劇ドラマになったりもする。

言い方は悪いが「こんなにひどい目にあったんだから超絶能力を手に入れてもええやん?」みたいなエクスキューズにも見えてしまうのだ。ドクター・ストレンジお前の映画のことだゾ。

この「1)なんだかんだで凡人→2)内面的な困難や絶望の超克→3)不思議出来事が起きてヒーローパワー入手!(2と3は順不同)→4)乗り越えた主人公の爽快なアクション!→5)解決!」というドラマ構造はすごく強力なテンプレなのであらゆるメディアで見ることが出来る。

この構造において、ヒーロー内面的な資格は「不幸とその超克」だ。

でもたぶん、『キャプテン・マーベル』はそこに対して距離を取った。

ドラマを支えるために一応取ってつけたようにその構造はあるのだが、その部分には明らかに重心をおいていない。

主人公キャロルダンヴァース(キャプテン・マーベル)は、たしかにクリー人に洗脳されて傭兵扱いされてたわけで、そういう意味で裏切られていた(っていうか洗脳されてたって相当ひどい過去だよな。エリア88風間シンよりやべーだろ)わけだけど、じゃあそれが彼女内面悲劇であり彼女の中心か? というと別にそんなことはない。

リー指導者である超AIにたいしても自分を騙していた直接的な上官にたいしても、別段そこまで復讐意思はなさそうだ。現に上官のヨン・ロッグは叩きのめしたけれど宇宙船にわざわざ乗せてクリー星へ送り返している。

映画を見終わったあとに振り返ってみたけれど、彼女内面的な意味ヒーローになったきっかけというか契機となるイベントは実は本作のメインな時間軸中に存在しない。そのイベントの欠如は、従来の判断によればドラマ設計の失敗を意味するはずだ。でも、設計失敗の割にこの映画破綻してないしちゃんドライブされている。

これってどういうことなのか? 内面葛藤を経ていないキャロルは前述のヒーロー資格においては失格であるはずだ。しかし画面の中の彼女はさっそうとしてて格好いいし、見ていて気持ちいいし、応援も出来るしヒーローに見える。これってどういう設計なのだろう?

結論から言うと、その資格論にたいする本作の返答は「主人公キャロルダンヴァースは最初からヒーローだった」だったいうものだ。

この「最初から」というのは、文字通り子供の頃からという意味で。

作中でインサートされるように、キャロルは、子供時代記憶としてカートレース事故にあう。子供野球三振する。軍の教練において体力勝負で負けて周囲から笑われる。つまり、僕ら凡人がするような挫折を一通り普通にやっている。

そして彼女はなんだかんだ人生につきもの紆余曲折を経て、当時まだまだ女性に対しては門戸を閉ざしていた空軍パイロットエリート象徴でもある!)に実験部隊ということで潜り込んでテストパイロットになる。

その実験部隊トラブルが起きて、キャロルは恩師ウェンディローソン博士を助けるために飛行任務立候補し、その騒動の中であわや命を失うというところまで行くのだが、それはさておき。

その実験部隊で同僚でもありキャロル親友黒人女性パイロットマリアランボーセリフに「その時(恩師を助けるためにパイロット立候補したときの)のあんたはまさにヒーロー登場! って感じだったよ」というものがある。過去を回想する形で親友主人公を思い返した言葉だ。

この立候補ときキャロルスーパーヒーロー能力を持たない普通地球人だったわけだけど、にもかかわらず、「まさにヒーロー」だったわけである

能力のみならず、内面危機においても主人公キャロルはこの時点で、ヒーローにつきもの特別悲劇経験していない。恋人を謎の組織に殺されたりしてないし、四肢を切断されて生きる力を失ったりしてないし、故郷帝国に焼き尽くされたりしていない。

この作品は「それでもいいんだ」と言っている。そこが良かった。

まりカートレース事故から負けん気で立ち上がったとき子供野球三振したけど凹まずに再挑戦したとき、軍の訓練の綱登りで落下してもへこたれなかったとき、そのときキャロルダンヴァースはすでにしてヒーローであった。あらゆる困難に「なにくそ!」と立ち向かったとき、「すでにしてヒーロー資格を得ていた」わけだ。もちろんアクションバトル映画であるので、主人公キャロルヒーロー能力を得たあとにも虐げられたスクラル人を助けようとして銀河規模の争いに身を投じる訳だが、それはなにも特別なことではなくて、「眼の前の困難に対して意地や義侠心で立ち上がる」ことそのもの子供時代と変わらない。

あらゆる人のあらゆる人生につきものの、しかし本人にとっては重要な、日常の無数の挫折や失意から立ち上がること、諦めずにチャレンジするその姿勢、それこそがヒーローであると『キャプテン・マーベル』という作品は主張している。

それはつまり主人公キャロルだけではなく、広く開かれた一般凡人である視聴者への無言のメッセージでもあるのだ。「ヒーローになるにあたって特別巨大な悲劇喪失必要ない」。「この映画を見ている圧倒的多数普通の人々も十分ヒーロー足りうるよ!」と言っている。

これは脚本家が、従来のヒーロードラマに対してまだまだ満足せずに、ドラマ構造として一歩先に進もうとした野心の結実のように思える。

そのチャレンジがとても良かった。

ハリウッドアメリカロールモデル

アメリカ映画において、とくにハリウッド映画において、さら子供ターゲットに含めたヒーロー映画において、ロールモデルっていうのはすごく重要ポイントだ。ロールモデルっていうのはざっくり「目指すべき人物像」とでも言えると思う。「こういうのが良い人間です」という制作側の提案、という側面がハリウッド映画には確かにある。

日本ではちょっと馴染みのない考え方かもしれないけれど、要するに子供の頃に課題図書で読む偉人伝と同じような役割文化装置だ。二宮欣二とか野口英世とか夏目漱石とか聖徳太子とか。あのような人々の物語と同じようなジャンルとしてキャプテン・アメリカアイアンマンがいる。

人々は彼らに憧れるとともに、彼らを通して、正義や公や仁愛や克己を学ぶ。どういうモデルが「目指すべき人物像」になるかっていうのは、当然制作側/脚本側の提案によるんだけれど、その背景には当然制作当時の(主にアメリカの)世相が反映されている。

近場で言えば『アクアマン』では主人公アーサー・カリー が抱えた苦悩は、まさに「移民二世が抱えるアイデンティティ問題」「おれはどっちの子供なのよ?」であって、すごく現代的だった。

アントマン』においては「娘に愛されたい父親としての俺と、金を稼ぐ社会の中での俺のどっちを選べばいいの?」というこれまた現代的でヴェットな問題が提起されている。『インクレディブル・ファミリー』においては「あっれー。なんか嫁さんのほうが稼ぎ多くて俺ってばヒモみたいな生活になりつつあって、家庭内での俺の地位とか、俺のオトコとしてのプライドとか、どうすればええん?」という現代的な――なんか世知辛くてしょっぱい話になってきたなあ。

MCUにおける二大ヒーローキャプテン・アメリカアイアンマンは「能力を持つもの社会貢献」をめぐる物語対立する。世界を救う能力を持つヒーローは、なんで救う義務があるの? というわりと古典的で、でも正義をめぐる物語としては避けて通れぬ踏み絵のようなテーマだ。

その問答に『キャプテン・マーベル』は踏み込まない。主人公キャロルは行動するが、行動に前だつ問答はない。それこそが彼女提示したヒーロー像で「アメリカ人の目指すべきロールモデル」だ。

困難を前にしてくじけない。不撓不屈。弱者に対して自然に寄り添う慈愛と、押さえつけてくる不当な力に対する反発。しかしそれらは、そういう問題がなにか特別大きな悲劇から、滅すべき悪だから立ち上がるというわけではなく、ごく自然に「それが私だから」というスタンスで、重く扱われない。そこで重要なのがくだらないユーモアと友人と日常であって、災厄を目の前にしてもひょうひょうと立ち向かう。ただ、絶対にくじけない。破れても失敗しても「もう一度」チャレンジする。

主人公キャロルはその戦闘能力においてMCUのなかでもかなり最高峰位置すると思うのだけど、政府超人兵士計画で生まれキャプテン・アメリカよりも、悲劇を背負った社長発明家大富豪ちょいワルモテ親父のトニー・スタークよりも、その内面姿勢において一般的な視聴者に近い。「顔を上げて誇り高く自分らしく生きる」だけでヒーローとして立っている。

その軽さ、明るさ、が心地よい映画であったと思う。

2019-04-06

日本 VS フランス

アメリカの舎弟(奴隷)の日本の勝ち!?

 

ゴーン事件で「問題提起」=仏外相河野氏に伝達(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000019-jij-eurp

問題提起は良いが指示は不要ですね。

此処は日本ですから

 

フランス司法日本司法は違うので、相違があって当たり前である

文句を言うほうがおかしいでしょ。

淡々と進めればいいし、何を言われたのか隠す必要はないと思います

堂々と公表してフランス政府を批判すればいい。

 

日本日本の法で裁くのです。

何を提起したのか知りませんが自国での捜査に重点を置くのがフランスのやるべき事です。

 

フランスアメリカに置き換えてみれば分かるけど、在日米軍基地兵士日本人女性をレイプしたときも同じことをアメリカにも言えよw

2019-04-05

anond:20190405163304

沖縄県女性もいい加減、学習機能を身に付けた方が良い。

在日米軍兵士レイプされる危険性があると分かっているなら、沖縄県女性はみんな本土引越ししてくれば良い。

沖縄県出身の女性でも、本土成功した人はたくさんいる。

本土に住んでるKKOも歓迎してくれるだろう。

anond:20190405063359

1945年日本アメリカに無条件降伏敗戦した。

戦後日本アメリカ戦利品日本アメリカの所有物となり、日本人はアメリカ奴隷にされた。

今も在日米軍駐屯して、日本人を監視管理している。

 

沖縄在日米軍は、兵士日本人女性をレイプしている。

レイプ違法にすると、在日米軍が困るので、日本人はレイプ犯罪を取り締まることができない。

 

日本人は戦争も負けて、現実逃避にも失敗している。

日本人は嘘をつくのをやめて、歴史を学び、現実直視して、問題点を1つずつ解決して、前進して欲しい。

頑張れ!日本人!オリンピック開催までに福島原発事故を終息させておけよ?(外国人観光客にまで迷惑をかけるなw)

2019-04-01

レイプ元年・・・

令和元年がそう呼ばれるまで時間は掛からなかった・・・

あの年、日本では改元が行われた直後に始まった日中韓戦争により、国土は荒廃し、

侵略兵士によるレイプが横行した。。。

2019-03-27

anond:20190327214945

それはネトウヨとかKKOじゃない?

男という時点で有利だから、姓差で女は俺を認めてくれとなると。

神道原理主義日本のみならず、イスラム原理主義もそのへんの要素があるから、ISISでは女性奴隷として売り買いされてた。兵士にさえなれば、暴力で従えた女を服従させられた。

anond:20190326153234

え?アメリカ場合

独立記念日宇宙人が襲ってくる映画造る

・戦没将兵追悼記念日レースやる

スポーツイベントの前に国旗掲揚する。なんなら亡くなった兵士に黙禱捧げたりする。

原爆投下正当化する

これが普通の事として行われてるんだがどこがリベラルなん?

2019-03-26

anond:20190326105235

嘘乙。毛沢東とかは特に統制の無い大人数の兵士を用いて戦いに臨んだりして結果勝ってるので1000人いたからといってチーミングされるとは限らないぞ

2019-03-20

anond:20190320173706

一般人の認識

ガンダム安室とシャーがたたかう話

エヴァパチンコ

マクロス:歌う

ギアス:知らん

ボトムズアストラギウス銀河を二分するギルガメスバララント陣営は互いに軍を形成し、

もはや開戦の理由など誰もわからなくなった銀河規模の戦争を100年間継続していた。

その“百年戦争”の末期、ギルガメス軍の一兵士だった主人公キリコ・キュービィー」は、

味方の基地を強襲するという不可解な作戦に参加させられる。

作戦中、キリコは「素体」と呼ばれるギルガメス軍最高機密を目にしたため軍から追われる身となり、

から町へ、星から星へと幾多の「戦場」を放浪する。

その逃走と戦いの中で、陰謀の闇を突きとめ、やがては自身の出生に関わる更なる謎の核心に迫っていく。

anond:20190320164147

実戦投入を考慮するならFPSは間接射撃を取り入れる必要があるのでは?

弾着観測するだけのゲームとか、前線兵士砲撃即死するシステムとか。

2019-03-19

自称サヨクにとっての慰安婦問題

自分はどっちかというと左寄りで左翼だと思う。

選挙でも常に労働者側の主張をする政党に入れてきているので自民党に入れたことは20年間1度もない。

所謂氷河期世代」というやつで、今は転職を繰り返して割とまともな職場で働けているがそれまでは労働環境でいろいろと苦労もした。

歴史観

自分戦争オタクなので戦争兵器のことを調べるのは好きだが、まず根底には少なくとも米国との戦争は間違っていたと考える。

米国との戦争が避けられなくなった直接の原因は南部仏印進駐だが、そもそも日中戦争が泥沼化しなければそれも必要なかった。

そしてその日中戦争(正確には、日米開戦までは志那事変)についても何度か終了できるはずのターニングポイントがあった。

トラウトマン和平工作を潰したのは陸軍だが、講和戦争が終わってしまえば困るという陸軍の思惑通りに蔣介石との和平条件を大幅に釣り上げた近衛内閣責任も重い。

そもそも何故軍が勝手に兵を進めるのか、「功績さえ挙げてしまえばそれでOK」という流れを作り出した石原莞爾責任が重い。

満州事変のものの是非についての賛否理解するが、関東軍独断専行政府許可を得ようとしても得られないことから自体はれっきとした罪であり罰せられるべきであった。

日韓関係について

日韓の離間で喜ぶのは北朝鮮であることは理解するものの今の韓国北朝鮮はどちらも同じくらいに嫌いだとはっきりと言っておく。

リベラル自称する自分としては、民族主義国粋主義的な考えが好きになれない。

から民族主義国粋主義韓国は嫌いだ。

韓国人の友人はいるし韓国人そのものが嫌いというわけではない…が、自分の知る限りは彼等も韓国を嫌っている。

情報が偏っている理由としては、日本に来ている韓国しか知らないからというのはあると思う。

慰安婦問題について

色々とおかしい点があるのは理解するが、まず結論としては「慰安婦に謝ること自体」には賛成だ。

ただ、現在韓国の求めに応じた場合日本軍は朝鮮半島女性狩りをして20万人強制連行して戦地強姦しまくった上で用済みになれば殺した」ことについての謝罪になってしまう。

そんなことはしていない以上は、韓国の求めに応じてはいけない。

ただ、だからといって慰安婦を「遠征売春婦」というような呼び方をするのも好きになれない。

公募高収入あったもの過酷な重労働を強いたことは事実で、そこは現代における経営者-労働者視点で見るべきなことだと考えている。

「強いられた」という表現を使うと反感を生みそうではあるが、これについては南方で飢えと戦いながら戦争を続けた兵士たちについても同じことが言える。

戦地が飢えとの戦いになったのは米軍輸送船が沈められたからではあるのだが、そもそも無茶な戦争/戦略国民を突き合わせた責任は当時の政府や軍にある。

なので、「慰安婦については、当時戦場で戦って散って行ったり帰ってきた兵士たちと同じくらいには敬意をもって接するべきでは?」とかんがえている次第です。

米国との戦争は確かに国民が焚きつけたということもあるが、「一億総責任論」は当時の軍や政府責任曖昧にする悪習だと思っている。

慰安婦にも謝罪」「兵士にも謝罪」「徴用者への謝罪」…少なくともその人たちが本物であれば必要なことだと思う。

ただ、謝罪をするからには「20万」「強制連行」「朝鮮人だけ」のような誤解を解くこととセットである必要もある。

2019-03-18

anond:20190318102512

死ぬかもしれない兵隊自分たちが正しいと信じていたいよ

一部の特殊部隊や空挺みたいなのは国益とか大臣にお仕えするとかでやる気が出ても

多数派一般兵士には不可能

日本戦争に勝ったら恐怖時代になると兵隊ほとんどが思ってるから日本軍が負ける

2019-03-17

イスラムフォビアに加担したCODBFハリウッドどもがよ?

ちょっとまえは散々イスラム教徒を敵にしたコンテンツ作ってたくせに

最近はww2に女兵士やらポリコレやらソフト路線に切り替えて

「僕らは差別に反対しま~す」

とか白々しく宣ってんのスゲー恥知らず感ある

 

で、今はイスラム以外の

日本とかメキシコ人とか敵にして作品作ってるわけだ

たまには白人の一人でも敵にしてたらどうだ

 

アベンジャーズにいつになったらアジア人は入れるんだい?(笑)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん